「百錬の覇王と聖約の戦乙女(TVアニメ動画)」

総合得点
58.0
感想・評価
221
棚に入れた
897
ランキング
4674
★★★☆☆ 2.7 (221)
物語
2.4
作画
2.7
声優
3.0
音楽
2.8
キャラ
2.7
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ネクラ

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

頭を空っぽにして見る分にはいい

ストーリーが途中から始まり理解するのに時間がかかりました
世界観やストーリーの大筋の流れはいいと思うのですが
戦闘シーンや親と子や妹など盃交わすなどの過程があるのですが
色々ざる過ぎる部分があるため
特になんも意識しないで見る部分では面白いです
あとはキャラクターが可愛いい事ですね

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 13
サンキュー:

1

ネタバレ

とーあ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

めちゃめちゃハーレムやん!!

沢山のレビュー見たけど酷評が多いなぁ((((;゚Д゚)))))))
たしかにツッコミ所あるしなぁ(>人<;)
私は良い所や気に入ったところを書こう(≧∇≦)

まず異世界に行って主人公強くなるもの好きですww
スマホを駆使して一手二手三手先を読み敵国との戦に勝利していくところ好きです( ´ ▽ ` )
やっぱ主人公最強じゃなきゃ(о´∀`о)

そしてハーレム\(//∇//)\
いやー
羨ましい(*≧∀≦*)
自分なら簡単になびくことは秘密ですよ(〃ω〃)

彼女連れて異世界に戻ったあと気になるなー
二期…
やらない?

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 28
サンキュー:

4

むにぅ

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

つまらない。

EDだけ気に入った。
原作知らないと付いて行けない。
(原作も駄作と言われてるらしいが・・・。)
作品見終わったが感情移入する話が無い。
最終回がマジつまらない。アニメ何百作品か見ていたけど初めて面白く無い最終回かも。

異世界に飛ばされて地位を伸し上がるのが面白いのに伸し上がった後の話でスタートとか・・・。仲間になる前の回想は出るけどそれだけで感情は入らない。

これほど2期を期待しないアニメは初めてだ。

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 26
サンキュー:

2

TaXSe33187

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

CM跨ぎで山場をカットする斬新アニメ

そもそも原作が酷いで評判のところにナツコを投入する隙のない構成

主人公のチートはスマホの検索能力と電子書籍のみってのは努力や知恵を絞る様子が有ればきっと面白かったはず
それを何故か転移から1年経って権力を握って地盤を固めたところからスタートするからでただただスマホ片手にドヤ顔決めるだけのキャラになってる
しかもこれが原作通りの始まり方ってあたりがもう言い訳のしようもない
どうやって転移してきたのかはOPでダイジェスト的に展開されるって斬新にも程があるだろうと

現地妻達はお約束の巨乳とロリでズラッと並べてテンプレ感も完備
ついでに元の世界(時間)に本妻をキープして、現地妻には手を出さない芯のある男をバッチリ演出
……だからね、日本の本妻なんて転移前の描写ゼロだから1ミリも愛着湧かないんだって
しかも言い訳重ねて現地妻の誘惑はギリギリのラインまで受け入れるし、露骨な誘惑を諫めようともしないから、
ただエロいチキンレースを楽しんでいるようにしか見えない
しかも現地妻が惚れた理由すらも半数が描かれていない上に、残り半数は理由もなく求婚してくる始末
スマホ太郎のが多少なりとも描いているレベル。これが商業作家の作品だからレベルが高いとしか言いようがない

戦闘は孫子達偉人の知恵を「チート」呼ばわり、戦う相手も「チート」扱い
敵の異能をチートと呼ぶこと、スマホ知識で戦うことをチートと呼ぶことはともかく、
借りてきた先人の知恵そのものをチートと呼ぶのは理解できない

そして自陣営最大の武器である鉄について、製鉄技術はイングリッドの工房で秘匿・独占している
それ自体は良いけどそれならなぜ末端の兵士まで鉄装備が行き渡るのか?
個人の工房で数百単位の鉄の装備を鏃にいたるまで用意するなんて現実的にあり得ると思うのか?
刀でハンマーを真正面から受け止めたり、そもそも居合いをするにも刀の差し方が逆だったりなんてもう気にならないレベルで全ておかしい

もしかしたら「他にも工房があってそこで作ってるんじゃないの?」と思うかもしれないが、
工房は主人公の住む屋敷に併設する形で用意してあって、国家機密として厳重に警備されている様子が描かれている

ちなみに同じ工房でガラス加工を始めてそれを特産品としているが、整地もされず、馬車など乗り物も発展していないなかで壊れやすいガラスが売れるのか?
仮に徒歩で厳重に梱包して運搬したとして、それを平民が買える値段になるのか?
仮に貴族のみが購入するならば数を売れず、利益としてはかなり薄いのでは?
なによりガラス製造と製鉄とを一つの工房で独占して、暴動が起きないのか?というか工房の機能がパンクしないのか?
脚本どころか原作の設定段階でこれだけの疑問が浮かぶ

そして脚本
タイトルに書いたが、なんでライバルのナンバー2を倒すシーンがCM跨いだらカットされるのか分からない
それどころか最終回すら、主人公不在で不利な状況→主人公が異世界に戻って現地妻を助けるって王道展開なのに、
特殊EDからのCM跨いだCパートで戦勝の凱旋パレードを行っている超展開
しかも原作的にはCMの間に数巻分話が飛んでいるとか…
1クールで畳めないのは分かってるんだから、普通に「俺たちの戦いはこれからだ」ENDで良いだろうに
なぜ展開をぶっ飛ばしてまで勝利に繋ごうとするのか…
というかそこまで展開がぶっ飛ぶなら日常回2話分要らないし、スルトの名前とか本妻2Pカラーがでてくる(回収されない)伏線回を入れなければよかったのに

どこの話数を切り取って、どこの展開に目を向けてもツッコミどころが出てくる、本当に隙の無い展開で目が離せなかったのだけは評価点かな…

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 152
サンキュー:

1

ストックトン

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

一応、主人公最強系みたいなノリかな。
本人には力は無いけど。
歴史上の戦術使って戦に勝っていくのが
ちょっと意図して戦ってる信長協奏曲
みたいな感じがした。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 80
サンキュー:

1

でんでんでん

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

酷評の多さに納得。

放送からちょっと遅れて動画配信サービスで一気見。
酷評が多かったけど、主人公最強もしくは天才なのは好きなので視聴してみました。いや、本当に酷い。
異世界+スマホってことで「異世界はスマートフォンとともに。」と比較できますが、さすがに「異世界はスマートフォンとともに。」よりはマシでした。
該当作に「うたわれるもの」の要素を加えた感じですかね。

前提なく始まったので最初はワケわかりませんでしたが、Wikiで見て大凡の前日譚は知れたので、まぁそこは良いとして。

主人公のキャラがとにかく酷い。
チートながら能力が高くて人望も厚い、だけど女にゃ滅法弱いって昭和40年代のキャラかと。
サービスだとでも思ってるのか、風呂回や女性陣に迫られるシーンが多いんだけど、主人公がドギマギするもんだからテンポが悪い。

いちいち古臭い演出に終始し、主人公の優しさや仲間想いなどの表現がとにかく薄っぺらい。

辟易したのは物語の進め方。
たぶん作者は戦術・武器・中世の文化・奴隷売買の構図など、物語に必要となる核の部分を知らず、勉強もせずに書いてるんじゃないかな。
安いヒューマニズムやチョロさはそこから生まれるんだと思う。

小学生ぐらいの頃だったら満足できたかなぁ、という作品でした。

投稿 : 2019/03/20
閲覧 : 309
サンキュー:

2

はきゅーん

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

なにこのくそあにめ?w

酷評だからある程度の覚悟はしてたけど、ひどすぎw 

あまりのウザ♂キャラや、寒すぎる展開に爆笑したw

なにが、、はい、あ~ん、だw 唐揚げ食ってんじゃねえよw 

投稿 : 2019/03/19
閲覧 : 151
サンキュー:

2

K

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

そうか。

単純にハーレムアニメだった。

投稿 : 2019/03/18
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ネタバレ

Saura

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前提の説明が何も無いためよくわからない

1話目から前提がよくわからず話に入れませんでした、スマホばかりではっきり言ってつまらなかったです。
1話で切るべきか迷いましたが、最後まで観ないのも勿体ないなと思って観た結果、訳がわからない。

とりあえず、よくわからん。
歴史が絡んでるバトルハーレムアニメなのだろうか...

異世スマの方が全然良かったかと思います。

投稿 : 2019/01/23
閲覧 : 117
サンキュー:

1

ネタバレ

Pyg

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

0話的なのが欲しい

最初から、わけわからん状態。
某魔法系異世界スマホみたいな、0話見たいな話が、最初に欲しい。

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 82
サンキュー:

2

ちょっちゅね~

★★☆☆☆ 1.3
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

矛盾と苦痛の作品

まずは事前知識なしのアニメのみの大雑把なあらすじを述べる。

「突然異世界に飛ばされて約二年間、小国(又は集落)の小競り合いの絶えない世界で小国の王になった主人公。
その王になった理由であり、最大の財産のスマホからWikipediaや電子書籍などに掲載されている戦略/生産技術を参照して自国の安寧への道を進むのであった。
生産知識の主な物は鉄の精製についてであるが、鉄等の金属類の強度と硬度を無視した現代社会でも世紀の発明以上の材質を使用した武器などの数々。
戦略/知略については、鼻で笑われるならまだ良いレベルのポンコツ作戦。
また1年後には戦争中に元の世界に一旦戻り、最大の資金的援助者の幼馴染を連れて異世界に戻るのであった。」


さて簡易的だが冷静に考えて下記の項目を挙げてみる。
①通算約3年間異世界にいる
②スマホの充電/経年劣化問題
③金属強度/硬度について
④知略/戦略の実行力について
⑤資金的支援者の拉致

まず①の「通算約3年間異世界にいる」だが、学校は中退若しくは死亡扱いされているのが普通であるが、一度元の世界に戻った際にこんな発言をされた。
   「うっせ~!こっちじゃぁ無職の少年なんだよ!!」
   「買ってやるよ。多少高いものでもいいぞ」(幼馴染に対しての発言)
まず死亡扱いなので無職ですらない。そして幼馴染に何か買うという発言だが、死亡した男子中学生が資金を持っているはずはないでしょう。
若しくは幼馴染の財布でプレゼントを買うというお茶目なジョークだった!?

続いて②の「スマホの充電/経年劣化問題」だが、12話にて主人公自身が
「電気もガスも水道も、何も無い世界だぞ・・・。」と言っている。
これはスマホの充電設備が無いこと遠まわしに発言している。
仮に携帯用ソーラーチャージャーを都合良く持参してたとしよう。3年という経年劣化により、携帯用ソーラーチャージャーは経年劣化によりエネルギー変換効率が非常に悪いため、充電できるほど発電は望めないだろう。

③の「金属強度/硬度について」だが、日本刀で真上から振り下ろされた金属製ハンマーを刀で受け止められるだろうか。材料力学では、引張試験という材質の強度と加工硬度を調べるのだが、作中で使用されている鉄は明らかに常軌を逸脱した材質であり、決してWikipediaを参照して加工できる材質ではない。

④の「知略/戦略の実行力について」だが、周囲からは厚く信頼されている為、素直に主人公の作戦を実行している模様。だが言い換えれば全員がYESMANであり、作戦等を理解している者は皆無である。また知略/戦略とは名ばかりであり、Wikipediaを参照するのは良いが実際に成功するかは別の問題である。

⑤の「資金的支援者の拉致」だが、誤解しないで貰いたいのが幼馴染が付いて行くと自らの意思で決定した事だ。だが親に告げずに行方不明になるという事を考えれば、被害者2人目の誘拐/拉致/監禁事件を疑うだろう。また周辺被害としてはTV取材や街の厳重警備等の大迷惑だろう。
また電子書籍や電話使用料等の金銭問題は幼馴染が支払っていたとしたら、スマホの使用停止も時間の問題であり、現実問題を考えると最悪の選択だろう。


本音を言えばアニメなのであまり突っ込みたくはないのだが、あまりにも酷い作品であり、商業商品としては”ワゴンセールでも売れたら良いね!”というレベルだった。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 172
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スマホは異世界転生アニメのマストアイテムなのだろうか。。

異世界転生系ハーレムものだが、とりあえず、キャラ絵はかわいいと思います。
物語の方は、スマホで調べて三国志のような古典物語の台詞を持ち出してきて、ちょっと台詞が浮いているときもあったような気がしました。
 前半のんびり話が進んでいたのに
後半になって急に加速するのはどうしたことなのか。
 なによりも、話がハーレム要員を増やすだけで、その要員たちはそれほど活躍するわけでもないので、話の変化が少なすぎる気がした。そして結末が異世界から帰ってきて終わりのようなそんな無責任な話で興醒めした。
 なによりもヒロインたちとキャキャウフフの描写が足りない、戦闘の場面はそれほど面白くない、戦略は古の戦いの劣化コピーぽいので、やはり面白くない。完走しましたが、キャラ絵がカワイイだけでは物足りなく感じました。

投稿 : 2018/12/19
閲覧 : 71
サンキュー:

1

ネタバレ

ごる

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ツッコミどころは満載!

開始時点から異世界に来て2年、尚且つ宗主となっている状態からスタートなので何だかよく分かりません(´・ω・`)
魔法も使えるような使えないようなところと主人公はスマホで戦術調べて指示を出す(;゜∀゜)ソレダケー
現代の幼馴染みでの彼女と通話できるし、充電されてるしで原作見れば分かるのかな?
でも、これでは原作も見ないです…(;・ω・)
最初から、ハマる要素がほとんどなく物語もすすんでいきますが、最後まで見れば少しは感動できるかな(* ̄∇ ̄)ノ
ただ、幼馴染みまで連れてきて2人異世界で暮らすってのは…ww

投稿 : 2018/12/17
閲覧 : 123
サンキュー:

2

ネタバレ

蒼い星

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

戦記作品にもネタ枠にもなれない。

アニメーション制作:EMTスクエアード
2018年7月 - 9月に放映された全12話のTVアニメ。

原作は、ホビージャパンの『HJノベルス』レーベルから刊行されている、
作者・鷹山誠一によるライトノベルで原作イラストは、ゆきさんが担当。
漫画家・chanyによるコミカライズ版は、web漫画サイトのコミックファイアで閲覧可能。
監督は小林浩輔。

【概要/あらすじ】

時代も場所も定かではないが中世よりも遥か昔を思わせる世界。
一軍を率いる黒髪の少年がいた。

「狼」の氏族を束ねる宗主である彼の名前は、周防 勇斗(すおう ゆうと)
彼は、幼馴染である志百家美月(しもやみつき)と月宮神社に肝試しの最中、
御神体の鏡の間とスマートフォンの間に自身を挟んで合わせ鏡で自撮りしたところ、
日本語が通じない異国の世界・ユグドラシルへ召喚されたのだった。
勇斗が召喚された理由は、危機的状況にある「狼」の氏族を救うためなのだが、
救世主である「勝利の御子」どころか勇斗自身には何の力もなく、周囲の期待は落胆へと変わっていた。

それから2年後。彼は何故か通じるスマートフォンを使ってネット書籍などから得た、
人類が数千年培ってきた、この世界には存在しない戦争や産業など様々な知識を実践できる協力者を得て、
「狼」の氏族の危機を救い宗主の座を継いでいたのだった。

そして今、金髪の副官・フェリシア、銀髪の武人・ジークルーネなど、
勇斗を信頼する女性たち腹心が彼の傍らにいて、共に氏族を治め戦っていた。

【感想】

また、なろうか?と言えば、原作者はラノベを何冊も出しているプロの小説家らしい。
『異世界はスマートフォンとともに。』と同じ『HJノベルス』であることに、
この出版社は大丈夫か?と思わないでもない。読む人買う人がいるのだから趣味趣向は人それぞれだが。

作品の内容は、西暦が始まるより遥か以前の文明レベルの世界で、
現代日本人の主人公がスマホでググったり電子書籍で勉強した知識を元に、
軍人としても政治家としても無双。主人公は部下からも民からも慕われる少年王であり、
出てくる少女キャラの殆どが主人公にべた惚れで彼女らは主人公を称える台詞だらけという。

主人公は英雄扱いで部下は女の子だらけでモテモテで色仕掛けのサービスシーンありきで、
なんとも安易なアニメに見える。これを観て主人公になった気持ちになれば承認要求が満たされるのだろうか?
女キャラはエロ担当兼主人公に役に立つ技能持ちというわけで、
人柄云々より主人公に尻尾振って組織内で役割を持つことだけが存在意義ってことで、
形式的にじゃなくて精神的にも完全な主従関係に見える。
それは、スマホでのみで主人公と繋がった献身的な正妻・美月も同様なわけで男尊女卑っぽいような気がする、

主人公の周りの男キャラは女キャラと比較して扱いが更に数ランク下がり空気だったり老害の無能だらけで、
年配のおじさんが親子ぐらい年齢が離れた歳下の小娘上司に仕えて敬語が当然な世界。
有能扱いのおっさんもそれなりには存在してるけど、例外中の例外みたいなもので、

主人公>>>>ギャル>>>>>>>>>>>>>>おっさんや若者

と、作中の描写では「狼」の氏族内での登場人物の扱いにカーストが明確にあって、
発想がギャルゲやエロゲ並なのに軍事や内政の専門用語を乱発して中途半端に真面目ぶってるのが引っかかる。

『サラリーマン金太郎』も主人公がモテモテで主人公補正で強運とコネで仕事ができるマンではあるが、
あちらは失敗も少なくはないし立身出世モノではある。
立身出世といえば、太閤秀吉の歴史小説なんか織田家に仕官する前は針の行商人など職を転々としていたり、
信長に取り立てられてからは小物から始まり、武将として出世を繰り返して天下人に駆け上がる。
『国盗り物語』にせよ主人公が血筋によらずに偉くなる話では、出世前からじっくり描いたうえで、
立身出世に伴う様々な出会いや出来事を噛みしめるのがストーリーの肝なのではある。

だが、このアニメでは第1話では既に主人公は君主であり、
(主人公は自嘲しているが)借り物の知識で主人公無双を横目にハーレムメンバーが主人公万歳をしているだけである。
先人の未来知識で美味しいとこ取りで、知識を目に見える形にする過程の描写が作中には無く結果の羅列の繰り返し。
知識はあるだけでは意味がなく、伝授するにも教える技術を要するし、される側に理解力がないと無意味なのだが。

酷いアニメとしてネットで一時期話題になったが、そりゃそうだ。
現代から過去世界ユグドラシルに飛ばされるまでの下りを本編でやらずにOPアニメでやる。
原作は読んでもないのだが漫画では現代知識を再現する前後の説明や主人公の行動原理を語っているのだが、
アニメではそれすら省略して行動の結果だけを繋ぎ合わせるという構成なので、
視聴者は登場人物やストーリーに没入することなんて不可能ではある。
全12回で原作8巻まで詰め込むのに無理があるし、知識無双アニメであるのに、
作中では専門用語や固有名詞が並ぶものの、設定や知識の説明がアイキャッチでしかやっていない。
だから、ノリと勢いと借り物のスマホ知識で俺TUEEEEEしているアニメにしか見えない。

16巻も出ている原作小説を今更読む気にもなれないので、
単行本を売る気があるのか無いのか最新話まで全部web公開中の漫画版で確認してみたのだが、
主人公がユグドラシルという世界に召喚されて、役立たずとして蔑まれる身から部族の信頼を得る過去編の途中である。
比較すると、アニメ版では慣れない土地での食事で主人公が腹を壊したなどの苦労の数々も特に語られてもなければ、
『あのときは苦労したな』などと会話の端々にあがるのみなので、口先だけの苦労にしか見えない。

前宗主の息子でフェリシアの兄でもあるロプトとの精神的な交わり&関係の破滅と、
宿敵としての因縁ができるまでのストーリー。主人公が召喚されて第1話冒頭に繋がるまでの経緯も含めて、
役立たずだった主人公の変化や氏族内での人間関係の変遷をせめて1話まるまる使うべきなのをこともあろうか、
此のアニメではアバンのサービスシーン1回とルーネとの模擬戦&殺害事件の短い回想2回だけで処理している。

だから、主人公の積み上げてきた実績や周囲から得た信頼、
再登場したロプトの主人公への敵愾心などが描写不足・説得力不足ではあるし、
描写不足と言えば、主人公配下の男武将と敵の切り札武将との一騎打ちの省略など合戦シーンは迫力皆無で、
元々が戦記物としてのこだわりが薄い上に、萌えない女キャラでエロコメっぽいことやらせて客引きをしようとする、
そんな、スタッフの志の低さから恵まれないアニメではあるのだが、
特に悪い部分として、雑で説明不足なうえに媚び売りまくりな構成のシナリオ作りが、
そのままアニメ版の欠点になっている。
読んではいないんだけど、作者の知識が間違ってるの指摘もある原作そのままにアニメ化してもグダってたかもだから、
1クール向けに編集したのが悪いとも言い切れないけどね!

低予算で作画がイマイチなのを鑑みても良い作品作りをしようという熱意が、このアニメには存在しない。
ぬるい考えで適当に作られたアニメなのを視聴者に見透かされているのも不評の原因ではないのか?
単なるビジネスでやる気のないアニメを作るぐらいなら、もっと有意義なお金の使い方があるのではないか?
と思わないでもなかった。まあ、良いスタッフを揃えれば良くなったとは言い難いし、
メインスポンサーがホビージャパンと自社枠アニメなので、
業界の関係で偶々アニメ化された粗製濫造アニメの一例として、どうでもいいものを観てしまったと正直なところである。

・最後に素朴な疑問!

スマホ代を2年間払い続けてくた美月もそれが不可能になってしまって、
これからどうするんだろう?スマホ使えないんじゃ主人公がただの少年じゃん!と思ってたら、
実は美月がバイトして支払ってるという名目で、主人公とギクシャクしてた父親が本当は払っていたというのが、
原作者のツィートで発覚。え?これ重要じゃないん?アニメ未登場の父親が実は最終回で主人公と和解してるのに、
主人公と美月のイチャイチャデートには潤沢に尺を使うくせに、主人公と家族の関係とか大事な部分までカットするの?
ってことで、本当にダメなアニメだなと思ってしまった。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2018/12/12
閲覧 : 247
サンキュー:

37

順順

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

よくある作品

異世界にスマホって似たような作品があるから、
面白みに欠ける。
物語の初めの方ぶっ飛ばしてる謎。
この作品アニメ化するくらいなら、
他の作品に金回して質上げた方が良いと思う。

投稿 : 2018/12/11
閲覧 : 70
サンキュー:

2

徳寿丸

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

量産型模倣作品

原作未読。
2013年から連載が始まって、まだ続いてるようです。もうこの手の作品は巷に溢れているのであとは好みとインスピレーションでしょうか・・・。正直今更感一杯の内容ですが大人の事情でのアニメ化なんだろうなぁと思いつつ作者の方には同情すら覚えるわけですが・・・。当然2013年といえば「ゼロ使い」は3期位まで放送してると思うのでそれら異世界転移ものの影響を受けての模倣モノと言えるでしょう(別に悪いわけじゃない)。でもま、これら模倣モノを観る位なら「ゼロ使い」とか見直した方が楽しいかもしれませんね。自分のようにひねくれ者なら敢えて視聴してこうして批評するってのもありですが(笑)。ただね、作品を創るってのはたとえ模倣でも大変な労力なのは間違いないと思います、自分にはとてもできないでしょう。とはいえ、独自性のつもりかはたまたただの手抜きか知りませんが、現代の便利アイテムをそのまま使用できる状態で尚且つ連絡も取れるじゃ興醒めというかね・・・苦労しない最強系って手抜きでしょ?何を共感すればいいのよ?


私のツボ:結局悠木さんの存在感っていうね

投稿 : 2018/12/09
閲覧 : 61
サンキュー:

4

ネタバレ

Kaya

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

2話まで視聴

投稿 : 2018/12/09
閲覧 : 48
サンキュー:

0

衛狸庵

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

作品として破綻している

話に流れが無いと言うか、脈絡無く戦いが始まって、盛り上がりも無く終わる。ダイジェスト?
原作もこんな感じなのかな?
背景等の説明も無く、摘まみ食い、虫食い的な話の流れは退屈でしかなかった。
戦記物風展開と北欧神話を持ち出して屁理屈こねてるけど、中身の無いくだらない乳アニメの領域を出ない。
たぶん作者は、主人公をかっこよく表現しているのかもしれないが、見ていて惨めな奴って感じしかしなかった。
周りの女どももビッチばっかりでハーレム要素も台無し。
奴隷で買われた女の子ぐらいかかな、可愛いと感じたの。

投稿 : 2018/12/03
閲覧 : 68
サンキュー:

3

ネタバレ

リタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

題材が北欧神話だから

説明なしにいきなり中盤あたりの内容をぶち込んだり北欧神話を元に進めたり、興味を引くようなには作っているけれど残念なことにキャラ個性も薄めで印象に残りにくいストーリーになっていた。

ただ一点は魅力的だなと感じたのは、どれだけの美女に囲まれようと一人の女性への気持ちを貫き通していた姿は良かったし、終わり方も現実的には最悪かもだけれど、アニメ的には自分は満足出来た。

すごく評判が悪いけど、もう少し神話や原作を崩壊させないよう丁寧に作ればもっと魅力あるものになった気がする。異世界+スマホ+幼馴染要素のスマホを前面に押し出せばなと。

投稿 : 2018/11/27
閲覧 : 54
サンキュー:

3

羽生結弦

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

毎期かならず出てくる

諦めずに最後まで視聴。
1話目から気持ち悪かった。
前にあったスマホも酷かったが更に酷い作品を世に出すか。

投稿 : 2018/11/26
閲覧 : 79
サンキュー:

2

ネタバレ

scandalsho

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

異世界スマホの第2期!?

と思ったら、異世界スマホをはるかに下回る駄作でした。
以下、かなりの酷評です。

原作未読。最終話まで視聴。

【この作品からは原作者のキモさしか伝わってこない!】
{netabare}この作品が原作通り忠実に描かれているとしたら、原作者は相当気持ち悪い人だなぁ・・・と。
(原作未読なので間違っていたらスミマセン)
この作品を見る限り、原作者が主人公に自身の理想像を投影していることは安易に想像できる。
安易な形で得た知識をひけらかすだけで、女の子たちにモテモテになりたい。
それが、原作者の欲望。希望。理想。
自分で考えよう、自分が苦労しようとは思わない。
あくまでも安易な受け売りだけで女の子にモテモテになりたいって・・・。
ウワッ、キモっ・・・。{/netabare}

【アニメ化するなら、もう少し原作を吟味しましょうよ・・・!】
{netabare}制作サイドにも問題があると思う。
何故、現役中二病患者が書いたとしか思えないような駄作をアニメ化しようと思ったのか?
もう少し、慎重に原作を吟味するべきであると思う。

更に致命的なのがキャラデザがイマイチなこと。
第1話から作画がとても不安定なのもマイナス要素。
戦闘の場面には全く迫力がない。
背景と人物の縮尺が度々おかしい。

主人公の声優さんのON/OFFの演じ分けイマイチなのもマイナス評価に拍車をかけてしまう。

異世界スマホは笑えるところもあったけど、この作品については笑い所すらない。{/netabare}

【主人公に苦労や苦悩のない作品は、絶対に視聴者の共感を得られない!】
{netabare}この作品に関わった大人たちが少し工夫をすれば、それなりに見れる作品になったと思うんですよ。
鉄の試作に成功。原材料の安定供給方法を確保。鉄の量産に成功。そして日本刀の試作、性能向上・・・。
このあたりを丁寧に描くとか。

「主人公最強」なら面白い。
「ハーレム」なら面白い。
「異世界」なら面白い。

いえいえ、それは間違いです。視聴者を馬鹿にし過ぎです。

大切なのは、主人公の苦労と苦悩。
これが無いと、絶対に視聴者の共感を得られない。{/netabare}

【本作が駄作である「異世界スマホ」をはるかに下回る”超駄作”である一番の理由】
{netabare}それは、主人公が何もしないこと。
異世界スマホの主人公は、少なくとも自分が先頭に立って戦った。
ここの主人公はいつも高みの見物。

第9話ラストの、酒場で揉め事のシーン。
酔っ払いに両肩を掴まれた主人公。
ところが、事態を収拾したのは、なんと、取り巻きの女の子。
「このお方をどなたと心得る・・・」
いやいや、酔っぱらいくらい投げ飛ばしなさいよ(笑)。
いちいち肩書と身分を明かさないと何も出来ない主人公。
カッコ悪い・・・・・・・・・{/netabare}

《以下、気になった回の”酷評”です》
{netabare}【第1話】
第1話から作画が酷いとか、今時、ありえないよね・・・。
更に致命的なのはキャラデザがイマイチなこと。 

ここの主人公も、異世界でスマホを使う。
しかも、本家よりもたくさん使うようだ(笑)。

異世界+主人公最強+ハーレム。
まさに異世界スマホの第2期。

ただし、この作品の舞台は「異世界」ではなく、『過去の地球』なんだそうだ・・・。
そうか、昔の人は首の後ろに紋章みたいな物が浮かび上がったんだ・・・。
知らなかった!
は~っ。バカバカしい・・・。

今期の酷評枠の作品になりそうな予感しかしない。(笑)

【第6話】
イマイチなキャラデザの女性陣の入浴シーンを毎回毎回見せられた挙句、ここにきて温泉回。
目的が分からない。
まさか、サービス回のつもりか?

「異世界スマホ」のレビューでも書いたけど、思い入れや愛着の無い主人公のハーレムラブコメは、視聴者にとっては苦痛でしかない。

【第8話】
ついに、現在の社会問題でもある「いじめ問題」にまで足を踏み込んだ・・・。

あのね・・・、おかしなたたみ方をするくらいなら、最初からしなきゃいいのに・・・。
いじめ問題について、真剣に考えるつもりがないなら、省くべきエピソードだと思う。
制作サイドの無能さ丸出しの回。

【第11話】
「守られてばかりじゃカッコ悪いから・・・」
自分のことをカッコ悪いって自覚があったんだ!
「誰も死なせたくはない!」
あなた、今まで何人の人を殺してきたの?まさかの自覚無し?
「剣術の稽古を怠っていた訳じゃない!」
で、最後は体当たり?はぁ?

【第12話】
スマホを使いこなすとは、やるな古代人(笑)。

こっちじゃ「ニート」、あっちじゃ「宗主」。
だからあっちへ行くんですぅ・・・、って、単なる現実逃避じゃねーか!。
何だ?このラストは?{/netabare}

徹頭徹尾、ダメダメな作品でした。
カッコ良かったOPとEDの無駄遣いアニメ(笑)。

投稿 : 2018/11/20
閲覧 : 123
サンキュー:

32

ネタバレ

ジャッジ・シャンゴ

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

文化的愚行とは・1(見たい人だけが見てください)

これはこのアニメの作品としてのモラル以前の問題…
レンタル屋、いいやアニメ業界は何ゆえに、こいつを、こんなクソだっさいコンテンツを全国のツタヤやゲオにまんべんなく入れる訳?
戦闘もキャラ萌えもドラマも中途半端だったアニメ版ビートレスみたいなことしてるよ?
夢100tvや千銃士とかいう腐夢属作や音楽少女という美少女楽園枠のなりそこないは全国のレンタル屋にまんべんなく入らなかったから咎を逃れることが出来た
けどこの中途半端アニメは咎を背負うことになったのだ
何故?
業界は全国のツタヤやゲオに本来ならメイドインアビスやヴァイオレットエヴァーガーデン、宇宙よりも遠い場所といった優良なドラマ系統アニメを
まんべんなく入れるべきだったのにしなかった
一方でこいつは通常通り最終巻まで入る
PPTシステムにより安く払い下げで…
7~8月にも払い下げ、レンタル屋=雑魚の最終処分場みたいな意識の低い業界連中が量産型腐夢属作アニメを5作も全国のチェーン系レンタル屋に入れたという愚行が起きた。
俺はそのせいでホスト顔の長身イケメン絵柄の腐夢コンテンツに激しい敵意を植え付けられたんだよ…(´;ω;`)

本作について作者やスタッフも大概だが
このすばやリゼロ、オバロの作者・アニメスタッフにも責任取ってもらうよ
お前達のヒットで異世界転生・召喚・異世界最強無双ものアニメ企画の乱造が始まり
来年はスマホやこいつなんてまだカウンター受付レベルでしかないとんでも異世界ものが登場予定なんだぞ?

ホビージャパン映像レーベルも所詮10年代のトライネットだ。
よりもいやメイアビみたいな良質ドラマ系も
スロウスタートやごちうさみたいな最強の萌えも
「B」やFate/Zeroみたいな高級スペクタクルも排出出来ないんじゃねぇのか?(笑)
レンタル屋に本来まんべんなく入るべき作品を差し置いて入ったのは事実、作者や制作スタッフが永久に背負わなければならない咎の十字架なんだよ。

投稿 : 2018/11/19
閲覧 : 60
サンキュー:

2

ネタバレ

デューク

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

幼馴染の彼女を放っておいて異世界でハーレムを堪能

ある意味、「異世界スマホ」なんですが、こちらではスマホの検索機能だけを利用してチートします。プチミの二人が可愛いです。

投稿 : 2018/11/16
閲覧 : 56
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

主人公最強系異世界召喚ハーレムバトル

公式のINTRODUCTION
{netabare}
戦乱の黎明世界「ユグドラシル」に迷い込んだ現代の少年、周防勇斗。

弱肉強食、幾多の氏族が覇権を争うこの世界で、
勇斗は現代知識を武器にわずか十六歳で数千もの軍勢を率いる宗主(パトリアーク)にまで昇り詰めていた!

異世界で王になった少年と、盃の契りを結び彼に絶対の忠誠を誓う麗しき戦乙女たちが織りなす、
爽快無双ファンタジークロニクル!!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:鷹山誠一
イラスト:ゆきさん
シリーズ構成:高橋ナツコ
監督: 小林浩輔
キャラクターデザイン:いとうまりこ
総作画監督:いとうまりこ/谷津美弥子
制作会社:EMTスクエアード
{/netabare}
キャスト{netabare}
周防勇斗:酒井広大
フェリシア:末柄里恵
ジークルーネ:伊達朱里紗
イングリット:河瀬茉希
リネーア:高尾奏音
アルベルティーナ:悠木碧
クリスティーナ:竹達彩奈
志百家美月:内田彩
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

EPISODE 1「盃の誓い」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高橋ナツコ 絵コンテ/演出:小林浩輔 作画監督:重松しんいち

現代からユグドラシルに召喚された周防勇斗は、小さな氏族《狼》の宗主として隣接する大国《角》との戦争を指揮していた。スマホから得た戦術の知識、そして特殊な力『ルーン』を持つ少女フェリシアとジークルーネの力で見事勝利を収めた勇斗は《角》の宗主と対面することになる。しかしそこに現れたのは年端も行かぬ若き宗主リネーアであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
設定はあんまり説明されてなくってよく分からなかったけど
よくある主人公最強系異世界召喚ハーレムバトルで
異世界に召喚された主人公って今季は3人目かな?w

「異世界はスマートフォンとともに。」とか
「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」に似てるけど
勇斗クンは特別な力はなくってスマホがあるだけ。。

それで戦略とか技術を検索して使って
はじめは言葉も分からなかった狼の氏族でトップになったみたい。。

ユグドラシルでは日本のヤクザ屋さんみたいに盃を飲んで
親分、子分とかになる世界みたいで
今回のおはなしでは角と戦って勝ってリネーアを妹分にしちゃった^^

おはなしの中では勇斗クンのまわりはチート能力を持った女子ばっかりで
「お父様」とか「さすがですお兄様」とか言われてるのw

「いせスマ」とか「デスマ」って
主人公の性格があんまりはっきりしなかったけど
勇斗クンはやさしいけどヤルときはヤル!ってゆう感じで
男らしいところがいいみたい☆

あと、作画はときどきビミョー
声優さんは新人みたいな人が多いみたい。。


よくあるバトルものみたいだったらとちゅうで止めちゃうかもだけど
何話か見てみるね。。
{/netabare}
{/netabare}
EPISODE 2「狼の戦術」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高橋ナツコ 絵コンテ:南康弘 演出:北村淳一 作画監督:林隆祥

妹分となったリネーアと《角》の氏族を守るため、勇斗は強大な敵国《蹄》と戦うことを決意する。すべてを蹂躙するチャリオット部隊を前に、勇斗は《狼》と《角》の力を合わせた総力戦で挑む。優勢に思えた戦況だったが、《蹄》の宗主ユングヴィは勇斗の戦術の弱点に気づき、守りの薄いリネーアを追い詰めていくのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
勇斗クンは相手を休ませないように毎晩ジーク(ジークルーネ)たちにおそわせて
つかれさせておいてから攻撃して
ユングヴィが角を攻めたとき勇斗クンはかくしておいたジークたちに
うしろから攻撃させたの

ユングヴィも鉄の武器でを使うからなかなか決まらないかな?って思ったら
ジークはさいごに日本刀を出して
ユングヴィの剣ごと首すじを切ってたおしたの。。

前に大根のカツラむきは洋包丁ではうまくできないってTVで言ってたけど
和包丁って片刃だから力が片っぽにしかかからないから切りやすいんだって
日本刀も和包丁とおんなじで片刃だからよく切れるのかも?

あと、前にフシギに思って剣のこと調べたことがあったんだけど
日本の刀は人を切るための物だけど
西洋の剣は盾を使うからこわれないようにぶ厚くって重たい剣で
たたき切るとかぶんなぐるみたいに戦ってたみたい

日本刀は切れるけど薄くって固いからショックとかに弱くって
刀同士がぶつかって刃がぼろぼろになったり
何人か切ったら脂がついて切れにくくなるから
戦場ではたおした相手の刀をひろって使ってたみたい^^;


後半は勇斗クンがおふろに入ってたら
護衛って言ってフェリシアとジークが入ってきて
そこにリネーアも入ってきて勇斗クンに結婚申しこんできたの^^
勇斗クンに角の王様にもなってもらいたいみたい。。

それでフェリシアが「みんなにも相談して」
って言って取りあえず返事は先にのばしたの^^


さいごは新しい敵が画面に映ってひと言。。

このパターンって「はねバド!」とか「はるかなレシーブ」でも見たみたいw


主人公がスマホで戦略とか考えるってゆうのはちょっと変わってるけど
主人公最強系ハーレムアニメでよくある展開だから
いちお来週も見るけど
あんまり変わらないみたいだったら見るのやめちゃうかも?
{/netabare}
{/netabare}
EPISODE 3「双紋と双子」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脚本:高橋ナツコ 絵コンテ:三宅和男 演出:今中奈々 作画監督:川口明弘

リネーアからの求婚に頭を悩ませる勇斗。そこへ、虎心王の渾名を持つ《雷》の宗主、ステインソールが現れる。二つのルーンを持つ彼に、ジークルーネでさえ恐れを抱いてしまう。さらに《爪》の国からやってきた双子のエインヘリアルに、勇斗は王としての器を試されるのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだけど
ステインソールが何しに来たかよく分からない。。

様子を見に来ただけかもしれないけど
狼の前の宗主を殺したみたいだから
殺されるかも?とか考えないのかな?

それとも、二つのルーンを持っててすごく強いから
1人で敵の中にまで来ても平気なんだったら
勇斗クンを殺せば狼の国はすぐ手に入りそうなのに
ホントに何しに来たのかな?


あと、勇斗クンって市場で奴隷商人から奴隷を買って
お城で使ってあげるつもりみたいだけど
宗主なんだから
自分の国の中で奴隷なんか売るなんてやめさせたらいいのに☆彡

みんな家族がいるんだから
もし、戦争で負けて自分と家族が売られたらいやだろう?
とか言ったら分かってくれるんじゃないのかな?


あと、爪から来た双子は
おばかなお姉さんを妹がからかってよろこんでるみたいにしか見えないけど
そうゆうギャグってあんまりおもしろくないなぁ。。って

それでまた
「結婚してくれ」とか言ってくるなんて
この作者ってどれだけハーレム作りたいのかな?


けっきょく、子分になりたいみたいだけど
何かテガラを持ってこないとだめみたい。。
ステインソールと戦うとかかな?
3話見たけど
あんまりおもしろくなりそうじゃないからにゃんはここで止めちゃう
楽しく見てる人ゴメンナサイ。。

みんなのレビュー読んで、おもしろくなりそうだったらまた見るね☆彡
{/netabare}
{/netabare}



終わったみたいだからみんなの感想、読んでみたら
こまかい説明なしでどんどん進んでっちゃうから
置いてけぼりにされた、って思う人が多かったみたい

それにテンポが良すぎてバトルがアッサリしすぎてもり上がらないとか?


でも、いいってゆう人も何人かいたし
ダメだってゆう人でも途中で断念してる人が少ないから

こまかいこと気にしなくって
主人公最強系ハーレムアニメを見たかったら
ふつうくらいには楽しめるみたい^^

投稿 : 2018/11/14
閲覧 : 276
サンキュー:

38

ネタバレ

ももへ

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 2.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

1話から既に物凄いインパクト

友達が観てみろとやたら推してくるので視聴を開始したんですが…
1話の初っ端からイチャラブが始まって絶句しましたね。普通ああいうシーンはもっと後になってから入れるもんだと思うんすけど。「お兄様…?兄弟には見えないけど…てかなんでスマホ持ってんの?」と首を傾げていたらそのままop開始。
置いてけぼりにされている感が凄い!
その後も「何の因果か…って何の因果だよマジで!どうやって宗主になったんだ?」「エインヘリヤル…って何…?」「まーな…がるむ?って何?あぁ、誰か説明してくれぇ…」と混乱している自分をほったらかしにして物語はどんどん進み、「あれが交渉術wwwこwうwしょwうwじゅwつwww」「妹追加www」とかやってるうちにedが終わってましたとさ。
とにかく話の流れがめちゃくちゃに速く、その中に説明なしで理解不能な単語をぶっこんでくるので、全くついていけなかったです。その後も一応最後まで観てみたんですが、女の子を中心にハーレムメンバーが増えるだけで基本この流れでした。これを濃いストーリーと評していいものだろうか…
キャラも、基本的に主人公を凄い凄いと褒め称える人たちばかりで、魅力が感じられませんでした。まあ、肝心の主人公が「俺のはチート」とか言い放っちゃう大変痛いお方だったので…。終始イラつかせて頂きました。

正直ここまでの作品に出合ったことがなかったので、いい経験にはなりました。
友達をぶん殴って来ます。

投稿 : 2018/11/14
閲覧 : 54
サンキュー:

5

wp38

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なるほど・・ね

事前情報をあまり入れずに視聴したからか、勝手に異世界”転生”だと思ってたけど”召喚”だったんだね。
それもあって、期待してた展開とはかなり違ってた。
召喚先の世界には魔法みたいなものが存在してるが、火や氷などのよくある魔法ではない。
現代器機のスマホは持ってるものの、異世スマみたいな使い方じゃない。
これらの事から、過去視聴した同じ異世界召喚モノの「Dog days」、それをリアル描写にしたものって
感じがした。
あと、ワクワク感が今ひとつって思った。
レビューを少し見て回ったけど、結構酷評してる方が多かったのにも納得がいった。
ただ、自分としては嫌いじゃなかったよ。中だるみ感はあったけどw
あえて言うなら、召喚理由とその経緯の説明が無かった事に少しモヤモヤしてるかな。

投稿 : 2018/11/07
閲覧 : 47
サンキュー:

3

人斬り納刀斎

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ヴァ◯ナに指入れても地上波大丈夫らしい

まあ観ててこっちが寒くなるというか、悪い意味でゾクゾクするアニメは少なくないね。これもその一つ。

声優さんのセリフ聴いてドキドキしたいなら観ればいいと思うよ。
シナリオも演出も酷いけど。

投稿 : 2018/10/28
閲覧 : 107
サンキュー:

2

ネタバレ

ninin

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スマホハーレム異世界バトルファンタジー

原作未読 全12話

別の世界?に飛ばされた主人公が、現代より劣る世界で争ってる勢力の中の「狼」と呼ばれる勢力の中で、スマートフォンから得られた知識により、他の勢力と覇権をめぐる戦いを描く異世界ファンタージ作品です。

ハーレムシーンが多かったのはこういう作品ではつきものですが、もう少しお話を進めてほしかったです。

最終話で{netabare}現代に戻るシーンを描きたいのはわかりますが{/netabare}、結局どうなったのかよく分かりませんでした。
{netabare}
(現代に戻るお話もないといけないのかも知れませんが、EDで王冠をつけてのパレードは、結局、他の勢力とはどうなったのかよく分かりませんでしたね)
{/netabare}
異世界ものは好きなのですが、この作品は合いませんでした。

OPは内田彩さん、EDは悠木碧と竹達彩奈による声優ユニットのpetit miladyが歌っています。

最後に、主人公をお兄様と呼ぶのはいいとして、お父様やオヤジ様(殿)と呼ぶのはかなり違和感がありましたw

投稿 : 2018/10/20
閲覧 : 263
サンキュー:

20

ネタバレ

どどる

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

知識無双系

テンプレの転生ものにしてはかなり楽しんで見てます。

文明建国SLGではなじみのある、「あなたは戦乱絶え間ない地方の領主です。周囲の敵を倒し、あなたの王国を拡張してください」というところからのスタート。
歴史ものがちょっと好きな私にとっては主人公の考え方が馴染みやすく、細かい部分で加点できてなかなか楽しいです。

上澄みすくっているだけではありますが、アニメの主人公に与えられてしまいやすい「勇敢」「正々堂々」といったキャラクター性を持っていないのは、この系統のアニメの主人公としては特筆するべきことです。
戦争ものの軍師キャラが「正々堂々戦いたい」とか口にした瞬間に私の怒りはマックスになります。
そのへんはセオリーおさえていて、安心して見れています。

早いところだと終わったようですが、アマプラで観ているとまだ11話。
{netabare} 「大将が前線に出てさえいれば」っていうのは豊臣秀頼、徳川慶喜の例で日本史にかなり強いイメージで残っているところですし、日本の歴史ファンタジーっぽい終盤の盛り上げかたです。
三段撃ちとかは教科書通りってかんじでちょっとダサさかったですが、歴史を踏まえた上でifの方をやる、というのは良い意味で教科書的です。

大将が前線に出るエピソードではナポレオン軍団のセリュリエ将軍などもありますが、銃と大砲の時代に年老いた指揮官が兵卒の十歩前を走ることが、軍事行動において大きな意味を持ったことは確かなようです。
乃木将軍のように前線好きでほとんど死に場所探しを急いでいるかのようなというエピソードもあります。
そういえば銀河英雄伝説でもどの指揮官は後方前線前線後方と、よく指揮官の性格の単純化に使っていました。
とかく「指揮官と前線」というのは単純ながら奥深いです。
{/netabare}

最終話視聴。
全体的に描写不足だし安っぽいしヒロイン多すぎてテンプレ台詞喋る以上の描写がないしとこのへん許せない方多数かと思いますが、私にとっては「地雷になるポイントがなくまあまあ楽しくみられる下らないアニメ」として安心して見られるまずまずの優良株でした。

投稿 : 2018/10/16
閲覧 : 119
サンキュー:

6

fluid

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.0 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

感情表現が原始人レベルのハーレムアニメ

年に一本あるかどうかのひどい作品。

なんで異世界に来たのかとか、何で女の子にモテモテなのかとか、
すべての場面において説明がない。作者の頭を疑うレベルの作品でした。

昔、学校の歴史の授業で、なんでそうなのかロクな説明も無く出来事と年号だけ叩き込まれてた頃の苦痛を思い出しました。

[考察]
こんな世界があったら楽しそうだなとか、女の子にモテモテだったら良いなとか理想をそのままアニメにした感じで、そこに至るまでの流れが描かれてるシーンが一つも無い。
楽しそうなシーンだけ見せられても途中が無いから視聴者が努力しても感情移入が出来ない、受け入れられない。
残念なアニメに仕上がってるのはそれが原因だと思います。

投稿 : 2018/10/12
閲覧 : 79
サンキュー:

4

次の30件を表示

百錬の覇王と聖約の戦乙女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
百錬の覇王と聖約の戦乙女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

百錬の覇王と聖約の戦乙女のストーリー・あらすじ

戦乱の黎明世界「ユグドラシル」に迷い込んだ現代の少年、周防勇斗。弱肉強食、幾多の氏族が覇権を争うこの世界で、勇斗は現代知識を武器にわずか十六歳で数千もの軍勢を率いる宗主(パトリアーク)にまで昇り詰めていた!異世界で王になった少年と、盃の契りを結び彼に絶対の忠誠を誓う麗しき戦乙女たちが織りなす、爽快無双ファンタジークロニクル‼(TVアニメ動画『百錬の覇王と聖約の戦乙女』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2018年夏アニメ
制作会社
EMTスクエアード
主題歌
≪OP≫内田彩『Bright way』≪ED≫petit milady『世界中が恋をする夜』

声優・キャラクター

酒井広大、末柄里恵、伊達朱里紗、河瀬茉希、船戸ゆり絵、内田彩

スタッフ

原作:鷹山誠一、イラスト:ゆきさん(HJ文庫/ホビージャパン刊)、コミック連載 コミックファイア 漫画:chany(ホビージャパンコミックス刊)、監督: 小林浩輔、シリーズ構成:高橋ナツコ、キャラクターデザイン:いとうまりこ、総作画監督:いとうまりこ/谷津美弥子

このアニメの類似作品

この頃(2018年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ