「劇場版 のんのんびより ばけーしょん(アニメ映画)」

総合得点
78.0
感想・評価
187
棚に入れた
917
ランキング
397
★★★★★ 4.1 (187)
物語
4.0
作画
4.2
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場版 のんのんびより ばけーしょんの感想・評価はどうでしたか?

70366 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

沖縄旅行でもやっぱり脳みそとろける。

投稿 : 2019/12/05
閲覧 : 18
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

のんのんびよりは詩じゃないかと

 原作は一部既読。
 沖縄旅行の話と言うことで、劇場版らしいよそ行きな内容。
 この沖縄旅行だが、特別変わったことも起きず、ただ旅行に行っただけといった内容。
 ストーリー的には越谷 夏海が同学年の民宿の娘である新里 あおいと仲良くなるくだりが軸と
なっているが、こちらもそれほどドラマティックな展開はない。ちなみにこの辺のくだりは
シチュエーションが似た1期4話の宮内 れんげと石川 ほのかのストーリーに似た空気感を感じた。
 そんなわけでは親戚の旅行ビデオを観たような感じではあったのだが、それでも退屈になることも
なく、最後まで楽しめた。

 日常系で物語性が希薄な作品があるが、そういった作品の多くはキャラの魅力がそのまま作品の
魅力になっていることが多い。
 本シリーズもそういった面はあるが、他作品以上に季節感、自然の美しさ、郷愁など、多くの人が
感じ取ることができる情緒で魅せる比重が高く、そういった要素を強く押し出している時は誤解を
恐れずに言うならキャラクター性すら不要ではないかと思うことも。
 本作を観ていて気付いたのが、シリアスにしろ、コメディにしろ物語性のある作品は小説を
映像化したような感があるのに対して、断片的な物語に情緒を加えて魅せる本シリーズは詩を
映像化したものに近いんじゃないかと。

 テレビシリーズ同様に相変わらず長い間の使い方が上手いなという印象で、この間が笑いにしろ、
感動にしろ、癒しにしろ、より効果的にしてくれる。
 沖縄的なBGMも良い雰囲気を醸し出してくれた。

2019/10/21

投稿 : 2019/10/21
閲覧 : 25
サンキュー:

1

みけねこ+ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

田舎の原風景と子供たちの取り合せで「のんのんびより」を超えるものはないのかも知れない。

<物語>
夏休みの終わりに、兄貴が福引きをあてて皆で沖縄に行くお話。

<感想>
レンちゃん、小1にして私の画力超えてるよー。(わりとマジに)

物語の中でもレンちゃんの絵という小道具が
いい仕事してました。

レンちゃん、本当にいい子だわ。
今作も大変癒やされました。
そして泣かされました。



(9/1よりDアニメストアで配信中なので宜しければ観てみてくださいな。)

投稿 : 2019/09/12
閲覧 : 50
サンキュー:

7

ネタバレ

ももも さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

安定のクオリティ

宮内一穂(ねぇねぇ)を引率として、福引で当たった沖縄旅行に行くお話。
なっつんが現地で同い年の友達を作り…という、一期四話のようなお話なのですが、経験済みのれんちょんがなっつんのフォローに回るなど、合わせ鏡のように踏まえて作られたお話に見えました。(ひらたいらさん的なのもあるかも)

正直なっつんと現地の子が友だちになった時点で「そういう話かー」くらいまでは思いました。まあストーリーはいいんです。
特筆すべきは、映画でも全くブレなかったのんのんの世界だと思います。
素晴らしかったです。

あ、ただなっつんが鼻声だった気がするのが気になったかも。
あと原作通りなのかわかりませんが、ひかねぇがコミックリリーフに寄りすぎて雰囲気が微妙に作り物っぽくなってる気もした。

dアニメストアのニコニコ支店で見たんですが、
途中、普段アレなのに妙に頼りになるねぇねぇがコメントで「劇場版ジャイアン現象」言われてて笑いましたw

投稿 : 2019/09/07
閲覧 : 37
サンキュー:

2

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

沖縄なのーんヽ(´ー`)ノ

詳細は無印&りぴーとでも観てください。

にいにいが福引で沖縄旅行のチケットを当てて、
みんなで沖縄にバケーションに行きました。
というお話。

でまあ、沖縄の民宿で中1のあおいちゃんと
友達になって、一緒に遊んだよーという物語。
簡単に言うと、本編でれんちょんとほのかちんが
友情を育む感動ストーリーと同じ構図の話。

これは、ちゃんと「のんのんびより」です。
劇場版だけあって、作画もストーリーも文句なし。
のんのん大好きな人なら、きっと満足できる
話だと思いますよ。
とても素敵なお話でした。3期であおいちゃんが
出てくるといいですね。いや、たぶん出るw

投稿 : 2019/09/05
閲覧 : 56
サンキュー:

4

ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

1期4話とリンクする話なのん

dアニメストアで視聴。3泊4日の沖縄旅行編。

ひかげは2期で出番多すぎたから来なくてもよかったような。2期からやたらとひかげを推しているのはなぜだろう。沖縄で3日目のあおいに案内してもらう話はひかげがいなくてよかった。ずっと寝てたのだろうか?

それにしてもほたるんの百合要素ってほとんど無くなったのんなー。1期はクレイジーサイコレズと言われるほどだったが、無くなるとそれはそれで寂しい。

今回のテーマは、少女だちがだらだら暮らしているTV版のノーストレスの桃源郷と(架空の田舎にしているのは現実感を出さないため)、沖縄という実在する場所の勤労少女あおいとの対比だろう。現実世界にどうやって桃源郷を現出させるか?という問いの答えは、あおいの掃除を手伝ってあげるという明快なメソッドだった。

そしてこの作品の最大のポイントは、同学年の強敵(とも)との別れに涙するなっつんと、別れ際になっつんにあおいへのお別れを催促するれんちょんである。時系列的にれんちょんは1期4話のほのかとの別れを経験した直後で、なっつんにはちゃんとお別れを言って欲しかったのでそれを促した。田舎なのでれんちょんもなっつんも同世代の友達がいなくて、だから二人とも別れは身を切られるような痛みを感じたのだろう。

…というか、小1でここまで気づかいが出来るれんちょん、相変らず末恐ろしい。

あとひかげが捕まえた沖縄にたくさんいるオカヤドカリがなぜか天然記念物になっている経緯は調べると面白かった。

新キャラの沖縄地元民のあおい役の下地紫野は沖縄出身だが、沖縄なまりは完璧なんだろうか?わからんけど。

それとこのアニメの内容とは関係ないが、のんのんびよりについてのヨタ話で「ほたるん小学生じゃない説」は面白いと思った。ほたるんはレ〇プされて精神崩壊して自分を小学生だと思っているJKという←ゲス

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 95
サンキュー:

6

ネタバレ

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

期待通り!満足です。

劇場版はけっこう詰め込みすぎて、期待外れが多いが、
これは、ぶれることなく安心して見れました。
景色の作画も申し分なく、星空のシーンは感動しました。
またTVシリーズも見たいです。

投稿 : 2019/08/06
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夜空の星と海の星

沖縄旅行で出逢った新しい友達との夏休み最後の物語。

最初観る前は正直いつも通りだろうと思っていましたが、いい意味で
期待を裏切られました。まさかちょい泣きがあるなんて思ってもいま
せんでした。 吉田玲子さん、ごめんなさい。

旅行に同行した卓兄ちゃん。相変わらず喋らない。この旅行の立役者
なのに。しかも着替えで外に出されたりして可哀そうだなぁ。笑

あおいに観光案内をしてもらうために家族で掃除を手伝う場面、案内
してもらう夜光虫の海と帰宅を拒む夏海、そしてイルカを描けなかっ
たれんげが夏海に渡したスケッチなど。ちょっとウルっとしてほころ
ぶ場面があってとても素敵な脚本だなと思いました。

色の濃淡が強めで明るい風景も陽気な沖縄にマッチした作画。

決してファンの期待を裏切らない癒される作品だと思います。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 60
ネタバレ

たくと さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

期待が大きかった

劇場版 のんのんびより バケーション 観終わり。

好きな のんのんびより 楽しみにしてた・・・んだけど、

・OVAのハワイ(行く直前までで終わった)編で期待が膨らんでた分、ちょっとがっかり。

・間延び感ぱない、

・のんのんびよりらしいブラックジョークが殆どなかった

・唯一の救いが、ひかげちゃんの相変わらずのボケツッコミ

ということで、ちょっと肩透かし。


でもひか姉、おもろ好きだわあ 笑

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

ウィーハウック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

夏休み

ovaの続き、ちゃんとやらなかった沖縄編


デパートに買い物しにきていた一行は福引券をもらったので福引をする、そしたら何とお兄ちゃんが沖縄旅行を当てる。


生徒5人、かず姉、駄菓子屋、ひかげ、このみで沖縄へ旅行に行く。
新キャラとして一行が泊まる民宿の娘(中1)が出てくる。

沖縄での体験(カヤックやシュノーケリング)以外いつもの『のんのんびより』、ひかげがイジられ、かず姉が調子に乗る。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 23
サンキュー:

1

ネタバレ

こたつねこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

なんとなく予想はしていたけど
映画のような特別感は全く無く・・・

のんのんびよりらしいと言われればそうだけど
いつものような田舎に癒される感じでも無く・・・


少し物足りなかったどす。


{netabare}
STAFF

原作:あっと(月刊コミックアライブ)
監督:川面真也
脚本:吉田玲子
音楽:水谷広実

アニメーション制作:SILVER LINK.
キャラクターデザイン:大塚舞

OP:あおのらくがき/nano.RIPE
ED:おもいで/宮内れんげ、一条蛍、越谷夏海、越谷小毬


CAST
宮内れんげ:小岩井ことり
一条蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小毬:阿澄佳奈
越谷卓:????
宮内一穂:名塚佳織
加賀山楓:佐藤利奈
宮内ひかげ:福圓美里
富士宮このみ:新谷良子
新里あおい:下地紫野
{/netabare}

投稿 : 2019/05/26
閲覧 : 50
サンキュー:

4

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

沖縄も田舎なのかもしれないのん

日常アニメの最高峰!劇場版です!海です!沖縄です!
私たちの夏休みはこれからなのんw
いつもの田舎を離れて今回は沖縄に3泊4日
笑いあり涙ありの日常的旅行です
果たして沖縄の人ににゃんぱすは伝わるのか…(笑)

{netabare}  具なのん!!!
一時期挨拶にゃんぱすーで済ましてたな~(笑)
あと3期おめでとうございます!!!!

セミの抜け殻ごっこからのかくれんぼw
田舎だと車もレアだよなw
れんちょんに弱い駄菓子屋の構図好き(●´ω`●)
れんげに見つめられたら敵わないよな~
後部座席にシートベルト大事

ほたるんブラつけてるんだよな
小鞠さんまだブラデビューもしてないんだな~(察し)
最近の小学生は発育いいんだなw

夏海はブレなくていいな
にゃんぱすぱす~は一般人にはまだ早い
ティッシュで喜ぶれんちょん( *´艸`)
さすが兄wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
特賞沖縄ゲットwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
喋らないのにこの存在感(笑)

唐突にこのみちゃん
ひかげも行くのかな?
ひかげさんのこういうところ嫌いじゃない(笑)
土下座できる女子w

この作品の間の静けさで笑い取るの上手いよな
こまぐるみ!!

あ、沖縄行きたくなってきた!
牛放牧されてるんだな…沖縄も田舎といえば田舎だよな
めんそ~れ

ひかげの耳壊れたまま
中一なのにしっかりしてる民宿の娘さん
ひかげさん残念な子だよなw

れんちょんの感性好きだわ
将来すごいアーティストになるんだろうな
駄菓子屋の貧乏性w

カヤックもシュノーケリングもいいな
まずは海で戯れたいよな
メガネ兄www締め出されるwwww
そういうところはシビアwwww

駄菓子屋ヤンママにしか見えないぞw
海ではしゃぐ女の子は最強かもしれない

ラフテー旨そう
娘さんしっかりしてるな~
夜の散歩とか楽しそう

合間に好きなことの練習しててえらいな~
バドやらせてもらえないんだな~
夏海の隠すスキルwさすがwww

うちなーそば
えんぽーるえんぽーるw
れんげ悪いことを覚えるw
誘惑には勝てないよな~ww

一瞬ほたるんが小鞠を襲うのかと思ったw
ひかげってたくましいと思うw床でもいいのねwちゃんとツッコミいれたw

ひかげ船酔いww
シュノーケリング楽しそうだな
泳げなくてもいけるかな
マンタ実際見たらすごく感動するんだろうな
沖縄の海がきったねー花火だぜw

ねーねそういえば教師だったなw
カヤック楽しそうだな
わし一人乗りがいい
小鞠さん小学生みたいw
乗る前からやらかすやついるよな(笑)

ジャングル探検も楽しそうだな
沖縄は天然記念物の宝庫だよな
興味なくても楽しくなっちゃうそれが沖縄
あっという間なんだよな旅行って

沖縄の人から見たらのんのんの田舎もすごくいいところに見えるんだろうな
具(笑)

夏海コミュ力高いよな
ひかげ結局床生活(笑)
こういう粋な感じ好きよ

あおいちゃん将来沖縄系美人になるんだろうな
沖縄の学校は沖縄らしいな
夏海は容赦ないからな(笑)
バドミントンは誰かとやるのが楽しいんだよねw
結局ガチ勢には敵わないよな

沖縄の海の神秘星の砂や
食堂のカップラーメン旨そうだよな
結局考えることは一緒ww
沖縄は昼も夜も見るところいっぱいなんだな

うちの田舎も冬だとこれくらい見えるが…
夏海がヒロインかもしれないな(笑)

れんちょんイルカの絵が描けなかったけど別のいい絵が描けたらしい
楽しみだな~
出会いもあれば別れもあるってやつだな…
時間の経過って本当に早いよな…
のんのんしてるけど感動もあっていいな
こういう思いが人を成長させるんだと思う

めんそ~れ
住んでるおうちにただいまっていうれんちょんの感性好き
 {/netabare}

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 84
サンキュー:

7

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

《祝・第3期制作決定!》卓よ、世間ではそれを”ハーレム”と呼ぶんだぜ(笑)

TV版は第1期、第2期とも視聴済み。
TV版と1ミリも違わぬ、安定感抜群のほのぼのほっこりな世界観は秀逸です。

【はじめに】
{netabare}原作の単行本に付属されていたOVA『沖縄へ行くことになった』の前後の物語。
無口なのに存在感抜群の兄ちゃんが福引で沖縄旅行を引き当てるシーンと、全員の服装が同じ辺りからもうかがえる。

OVAでは、『沖縄旅行が当たった~!みんなで行くぞ~!』って、みんなで準備して、飛行機に乗ったところで終了。
あれれ?せっかくの「ひか姉&なっつん」コンビがまさかの不発で、どこか消化不良・・・。
そんな感想だったので、この作品はとても楽しみにしていたんです。{/netabare}

【舞台は日常から非日常へ】
{netabare}夏休み。
まずは、いつも通り4人で遊ぶ光景。
そして、偶然に偶然が重なり、デパートで買い物をする4人とかず姉、駄菓子屋、そして、卓兄ちゃん。
いわば、ここまではいつもの日常。

卓が福引で沖縄旅行を引き当てたところから、物語が徐々に”非日常”へと動き出します。

そして本作の舞台、沖縄へ・・・。
いつもの、山に囲まれた世界(日常)から、海に囲まれた世界(非日常)へと・・・。{/netabare}

【沖縄でも”らしさ”全開の面々】
{netabare}まあ、舞台が変わったとはいえ、いつものメンバーですからね。
ほのぼのほっこりワールド全開です。

面々の”らしさ”は何気ないシーンでもしっかりと描かれています。

個人的に一番ほっこりしちゃうのはバトミントンで遊ぶシーン。
れんげとバトミントンをする蛍。
あちこちに打ち返すれんげに振り回されながらも、れんげが打ちやすい位置に打ち返す蛍。
れんげに対して、しっかりとお姉さん役を果たす蛍らしさが良く表現されているシーンだと思います。

飛行機や食事の時の座席など、絶妙で良く考えられているし・・・。

終始ニヤニヤ、頬が緩みっぱなしです(笑)。{/netabare}

【唯一、いつもとは違うメンバーが、良いアクセントに!】
{netabare}民宿「にいざと」の看板娘・あおい。
夏海と同じ中学一年生。

民宿のお手伝いをする、しっかり者のあおい。
夏海にとっては、とても気になる存在。

夏海にとっては、同じ年齢の娘は”非日常”。
気になって当然ですよね。{/netabare}

【旅行の醍醐味の表現が秀逸】
{netabare}旅行の醍醐味の一つは、いつものメンバーで非日常を体験すること。
そして、最終日に感じる、得体の知れない”寂しさ”も醍醐味の一つだと思います。

あおいの存在が、旅行の醍醐味である、”楽しさ”と”寂しさ”を、分かりやすく伝えてくれます。{/netabare}

【個人的ツボ=ひかげの存在】
{netabare}フライング土下座~飛行機でビビる~難聴でグダグダ~子供部屋で床寝~船酔い~天然記念物~大人部屋でも床寝~ベット死守~泣いてねぇし・・・。
終始安定のボケ要員。
「ひか姉&なっつん」コンビは鉄壁(笑)。{/netabare}


2019/5/11追記
公式ホームページで第3期の製作が発表されました。
今から楽しみですね。

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 510
サンキュー:

24

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高かよ!

本編 約70分

感想
僕にとって日常系では、この「のんのんびより」が一番好きな作品です。

夏の田舎の緑が綺麗
沖縄の海と青空が綺麗
今回も映像に見惚れてしまいました。

久しぶりに観たこまちゃん
おこちゃまで笑顔がカワユス!
蛍が買い物でベルトを選んでるのを、ブラジャーと勘違いし、黒色はまだ早いとか言って、後で赤面
相変わらずのドジっぷりも健在で良かった^^
海の浅瀬で浮き輪嵌めて立ち尽くす姿も可愛かったし、寝顔も可愛くて尊いレベル。

面白かった所では
沖縄旅行につれてってもらうため、ひかげがれんちょんの前では行きたくないような振る舞いしといて、いざれんちょんがいなくなると、かず姉に土下座して懇願し、その現場をれんちょんに見られてる件では爆笑でした。
ひかげって、飛行機の気圧のせいで初日の半分耳をやられるわ、ダイビングで船酔いもし、一人 地味に沖縄満喫できてなかった不運な子だったな(苦笑)
あと、沖縄について宿泊地近くに沖縄の牛?がいて、れんちょんと夏海がそれ見てしばし硬直。
絶妙な間の後、
れんちょん 「ここも田舎なのん?」
夏海 「沖縄だぞ!」
ここも爆笑!
まぁ石垣島なら都会ではないから田舎って言われてもしゃーなしだなw
いや~ホント ツボで面白い!好きやわ~。

今回は、少し夏海がメインっぽい感じで、民宿の同じ年のあおいちゃんと仲良くなり、一緒にバトミントンしたり、星の砂を小瓶に集めたり、夜の海で満点の星空と海の夜光虫とで幻想的な想いで作りを体験し、最終日の帰る時、あの夏海が帰りたくないと涙するシーンは、こっちもじ~んと胸アツで、ちょいもらい涙でした。
夏海に初めてできた同じ年の友達
良いお話でした。

笑いあり、涙あり、癒しありの3拍子そろった良作。
最高かよ!
お気に入り決定!
70分がアッという間で面白かったです。
またいつか 
今度は3期でみんなに会いたいです。

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 100
サンキュー:

19

はきゅーん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

例:おもしろい!

例:キャラの魅力が十分に伝わる作品でした。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 61
サンキュー:

1

pin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いつもの“のんのん”とちょっと違う

なっつんの心情に感動したよー

けど、今回はあおいちゃんがヒロインだね。

れんげ以下、悲しくも惨敗…

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 52
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

第13話「沖縄へ行くことになった」のつづき

いつも、いなかの自然の絵がきれいな「のんのんびより」だけど
今回も沖縄の自然がとってもきれいだった^^

ふつうのいなかの自然が、ちょっと枯れた感じだとしたら
沖縄の自然は、つるつる光ってるみたいな気がした。。

いつもは水なんてほとんど出ないけど
沖縄ってどこに行っても水があってきれいだけど
海はダイビングとかでいろんなアニメでもよく出てくるからふつうだけど
滝の近くに行ったところが虹がかかって、岩があって、きれいだった^^

ラフティングは川のいきおいが早くないから、こわくなかったけど
木に引っかかったところはちょっと心配しちゃった^^

川に木がはえてる、ってゆうのもTVとかでは見るけど
本物って見たことない。。


シュノーケルは、いつも思うんだけど、パイプが出てるのって少しだけだから
ちょっとよく見ようって思って、あんまり考えないで顔を下に向けたら
水が入ってきて、おぼれちゃわないか心配^^;

でも、海の中が、あれだけきれいに見えるんだったら
ダイビングなんかしなくってもいいかも^^


おはなしもいなかが沖縄になっただけで、そんなに変わらないけど
9人(+地元の子1人)がいるから
いつもの4人以外は、はじめのうちあんまりなれなかった。。

いちお、夏海がメインキャラみたいかな?
民宿の子あおいとお友だちになる。。


それと、れんちょんのお姉さんのひかげがテキトーで
性格もあんまりよくないし、ドジばっかりで
おんなじくらいのサブキャラのこのみとくらべたら
よく自爆して、目立ってたみたい^^

痛いキャラでかわいそうだったけど、名前が日陰ってもっとかわいそう。。

ほかの人たちはふつうにいい名前なのに
クラスにこんな名前の子がいたら、からかわれそうだから
れんちょんみたく、ひかげはただのニックネームだといいんだけど☆彡


あと、特賞当てたお兄さんも、立ってるだけでジャマにされるみたいで
かわいそうなんだけど。。


それから民宿の子、あおいはいい子だった^^

ちゃんとお手伝いとかしてるんだから
バドミントンの壁打ちくらいさせてほしいよね^^

でも、それで夏海と知り合えたからよかったかな^^

星の砂、夜の光る海、あおいがいたからできたんだし
旅行って、地元に知り合いとかいた方が楽しそう^^


だけど、仲よくなったらお別れが悲しかった。。
また会えるといいけど☆彡


そう言えばれんちょんって絵がうまいよね^^
コンクールとかに出したらぜったい入賞するって思う^^

イルカに会えなかったのはザンネンだったけど
代わりに夏海がよろこぶ絵をかけたから、よかった☆

投稿 : 2019/03/24
閲覧 : 130
サンキュー:

29

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

正直、この内容で劇場版は難しいが。。。

この内容で劇場版でございます。と言われても、かなりのアニメ上級者じゃないと寝てしまうくらい。。退屈といえば、退屈なアニメ映画。
しかし、日常描写を事細かく描いているので、非常に庶民的で牧歌的な世界観が良い味を出しているとも言えます。

「君の名は」程の作り込みはないものの、田舎暮らしというのは、退屈ながら都心では味わえないような四季折々を眺めることが出来るので、喧騒の都会で暮らす人たちには一種の憧れに近いかもしれません。

実際は過疎化がひどく、農家や畜産以外の平均時給も低いため一人暮らしを始めるのは厳しいですが、そういう田舎や故郷がある人には非常に懐かしさを覚えます。僕も親戚が長野県なので、縁側でスイカを食べながら花火、虫取りを経験したことがありますが、正に子供にとっては毎日が発見であり冒険でもあるわけです。

そういったことを思い出す内容でもあるので、郷愁にも感じ取れます。都会で高い家賃の狭いマンションで暮らすよりは郊外に安く家を買って住んだほうが、正直言って気楽に生きれる気がしますね。

僕も仕事場は賑わってる下町ですが、家は結構離れたところにあるのでそう感じてしまっているだけかもしれませんが。

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 143
サンキュー:

8

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感想

期待値10だったとしたら11くらいはあった^^
沖縄の良さと魅力、のんのんびよりのいつもの日常がうまくマッチしていた。
自分の中で最高ランクのアニメの一つ。
登場人物に嫌味のある人物一人もいないところも最高。
癒しと少しの感動をありがとう。

アニメ3期心底やってほしいしと思うし観たい。

投稿 : 2019/03/13
閲覧 : 54
サンキュー:

6

ネタバレ

dbman さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

のんのん美より

原作:漫画/時間:71分/アニメーション制作:SILVER LINK.

TVアニメ版も癒しに溢れた作品だったけれど、こちらは劇場版ということで、とりわけ風景画が細部まで丁寧に描かれており気合が入っていたように思います。

今回、新キャラとして登場した宿泊先の沖縄娘・あおいちゃんもさすが新キャラというべきか、可愛らしいだけでなくとっても印象に残る素敵な子でした。

もちろん、いつものお馴染みのメンツもそれぞれに良さが描かれていたけれど、本編では登場回数が少なめだったれんげの姉・ひかげが目立っていたように感じ、いくつもの笑いを振りまいてくれました。

物語としては、どこまでいっても「のんのんびより」という感じで、全体を通して楽しませていただきました。作中一番の見せ所と思われる、{netabare}夜の海に光り輝く満点の星空と夜光虫のシーンは本当に綺麗だった。ちなみにもうひとつの見どころであるあおいちゃんとの別れに夏海が泣いてしまったのは分かるけれど、なんでひかげまで泣いていたのかいまいち分からなかったw 初日は耳がおかしかったし、二日目は酔ったりと、まともに楽しめなかったからってことなのかな。{/netabare}

第一期EDテーマを彷彿とさせるZAQによる劇場版EDテーマ曲「おかえり」も大変ようござんした。(砂も虫も人間も~とか歌詞が素晴らw)

物語、キャラクター、声優、作画、音楽と、どれを取っても非の打ち所のない一作。

ちなみに今作の舞台となった沖縄の風景を観ていたら無性に『ちゅらさん』を見返したくなってしまったw


▼キャスト
宮内れんげ:小岩井ことり
一条蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠:阿澄佳奈
宮内一穂:名塚佳織
宮内ひかげ:福圓美里
加賀山楓:佐藤利奈
富士宮このみ:新谷良子
新里あおい:下地紫野

投稿 : 2019/03/11
閲覧 : 82
サンキュー:

25

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

荒んだ ギリギリ20代にとって 最高の癒しだった・・・

 簡潔に述べると

OVAでも確かありましたよね沖縄編までのお話が!!

それが 劇場版で キターッ  ヤッター



 物語

 夏休み、何をしようか 迷いながら歩いていた

いつもの4人・・・

 すると、駄菓子屋 with先生が 現れた (車で)

デパートに行くっていう話で 強引に 車に

テリーがいったー(すみません、ほとんどの人わからないですよね・・・)

道中でアニキも 見つけ 合流


 まぁ、各々デパートでショッピングしたあとに

各々が手に入れた 福引の券を集めて

 いざっ、福引へ

結果は あのお方が 沖縄旅行引いたーΣ(・□・;)

ただ、気になったのは4名様分・・・

勝手な推測ですけど

(おにいちゃん、こまり、なつみ、ほたる)に分配されたのかな?



 本編の内容としては

宿泊先での 出会い・・・ お別れ・・・(´;ω;`)

まぁ、見てからのお楽しみで




 感想としては

沖縄の自然美をうまく描かれた作品だと思いました

1度しか沖縄に行ってないですが・・・

 この作品を見て、離島に行ってみたいなという気持ちになりました

カヌー・・・ シュノーケリング・・・

ぐらんぶるを見た俺は

シュノーケリング派かな♪


 間違いなく言えることは 荒んでいた心は癒され

生きるの頑張ろうって思いましたbb

 荒んでいる人におすすめ

本当に癒される作品ですVVV
 

投稿 : 2019/03/11
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

沖縄旅行なれんちょんたちなのん!

「にゃんぱす~」で始まる物語。


旅行での楽しい日常。いつもの日常の延長戦。
安定してほっこりできる話。いつも通りと言えばいつも通り。これがのんのんの良さですかね♪

背景の作画も力が入っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
れんちょんに弱い駄菓子屋。デパートで買い物。
れんちょん、お手伝いとは偉い。

ハイスペック兄貴。沖縄旅行を当てる。

れんちょんの天才の発想は最高ですね。沖縄にスケッチブックを見せる発想は天才だ。

沖縄っ子、バドミントン好きなのね。そしてなっつんと少し似てる。

男が兄貴一人ってのもね。兄貴、よく一人できたな。

れんちょん、絵がうまい。絵が好きってのが伝わる。

こまちゃんの名案は嫌な予感しかしない…と思われたが、そんなことはなかった。こまちゃんええ子や…
沖縄でできた新しいお友だち。あおいちゃん。
あおいちゃん、バドミントン経験者の動き。

旅行の終わり。あおいちゃんにもまた会えるさ。
なっつんのお話だったね。
れんちょんの、なっつんとあおいちゃんの絵。最高じゃないですか!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少しうん?って思ったのが、なっつんの声がもう少しだるいような気が抜けた声っぽい方がいい気がしたかな。演技の幅広さはさすがでした。

かず姉が先生してるってのが珍しかった。結局いつも通りだったけれど。

投稿 : 2019/03/06
閲覧 : 56
サンキュー:

7

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夏、れんげ、昆虫

脱力系田舎ライフコメディの劇場版。

優雅で壮大な絵日記を見ているようだ。
星砂と水平線、灯台、満点の星々、
今日もたんぽぽクレヨンは大忙し。
幸せな日常が見事に表現されている。

立ち寄ったデパートの福引で、
特賞の沖縄旅行を当てる導入部から、
主題歌もさわやかで進行と演出が、
とても上手で物語に魅了されています。

僕は以前「山」ではなく「海」に、
舞台を変えたことがこの世界観では、
悪い方に出るのではと皆さんと話をしましたが、
まったくの杞憂に終わりました。

沖縄では快晴の空の下、
{netabare}ダイビング・カヤックからのマングローブ、
旅先での少女との夏の間の小さな友情。{/netabare}
みんなでもっと遊ぶのん!を僕も体感して、
素晴らしく楽しい気分になりますね。

気忙しく疲れた毎日に、
ビタミンと水分を届ける、
清涼感溢れる癒しの日常風景。
皆さんもぜひご鑑賞下さい。

にゃんぱすー!はいつも心に響きますね。

投稿 : 2019/03/04
閲覧 : 200
サンキュー:

38

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

みんなでもっと遊ぶのん!

テレビで2期が放送されてからもう3年…
この作品の大好きな方は、この劇場版を待ちわびていたのではないでしょうか。
かくいう私もその一人です。

テレビアニメ本編は基本的に1話完結型…
そのため劇場版から視聴しても話は通ると思います。
でも作り手の愛情が目一杯注がれたこの作品を隅々まで堪能するなら、是非前期からの視聴をお勧めします。

続編の放送をテレビにするか、それとも劇場にするかは議論の分かれるところだと思います。
個人的にはその作品に合っているなら、どちらでも良いと思っています。
劇場版には尺に限りがあるので、内容を詰め込み過ぎては物語が発散してしまいますし、テレビで放送する場合も尺が合わず中だるみした作品だって無い訳ではありません。

それではこの「のんのんびより」はどうだったか…
個人的には劇場版で正解だったと思います。
物語の構成から劇場版を選択しても尺の長さに違和感が無いこと…
そして繊細かつ緻密な背景のクオリティが半端無く、作り手の徹底的なこだわりが窺えること…
何よりそこまで手がかけられるのが劇場版の醍醐味だと思うんです。

鮮やかな空の青…
新緑に彩られた森の木々…
普段なら何気なく過ぎてしまう背景の一場面にも細やかな配慮が散りばめられているんです。
作り手の皆さんがこの作品を愛してやまない何よりの証拠なのではないでしょうか。
だから視聴にも気合いが入りますし、作り手の頑張りが感じられる作品は見ているだけで幸せな気持ちになれる気がします。

物語は夏休みもあと少しの時期…
いつもの4人組は今日も一緒に遊んでいました。
いつもと少しだけ違ったのは、駄菓子屋とかず姉が車で出掛ける姿を4人に目撃されたこと…
この僅かな差が、このあとの超展開へと発展する訳ですが…
その立役者は、存在は認識されているものの、殆ど出番がなく空気みたいな人…
と言えば、もしかしたらピンと来る方がいらっしゃるかもしれませんね。
こうして「いつもの日常」を大きく逸脱しながら物語が動いていきます。

途中まで視聴して気付いたこと…
それは物語の「間」をとても大切にしている点です。
思考が巡り、次の展開を思わず期待してしまうような「間」だったり、掌を帰すようにツッコミは秒殺だったり…

それもこれも、この作品に登場するキャラが愛されているからだと思います。
しっかりキャラの特徴が定着しているので見ていて安心感が半端ないんですよね。
でもそれだけじゃありません…
4人は多感な時期であると共に、成長期でもあるんです。
そんな彼女たちが時折見せるギャップがグッと胸に響くんですよね。

誰かのために何かをしてあげたいという純粋な気持ち…
そんな気持ちと優しさは伝染する…
この作品の優しさは心底温かいんですよね。
そして、いつもと違う日常をみんなは満喫していくのですが…
緻密で繊細な作画がキャラの躍動感と魅力に拍車をかけてくれているのが分かります。
この作品のキャラと背景…最強の組み合わせだったのではないでしょうか。

どうして楽しい時間ってあっという間に過ぎてしまうのでしょうね。
勿論時間は有限だから一秒たりとも無駄になんてできないし、決してしなかった…
だからこそ…なんでしょうね。
終盤の夏海の言動…私の涙腺は耐えられませんでした。
だって、私も夏海と同じこと考えていましたから…
こうして物語は「いつもの日常」に戻っていきます。

オープニングテーマは、nano.RIPEさんの「あおのらくがき」
エンディングテーマは、4人による「おもいで」
nano.RIPEさんのオープニングは鉄板ですね。
今回も抜群の楽曲を提供してくれています。
エンディングは「4人らしさ」が感じられる曲でした。

上映時間1時間強の作品です。
相変わらず笑いと癒しのバランスが秀逸な作品ですね。
万人にお勧めできる作品だと思います。

投稿 : 2019/03/03
閲覧 : 78
サンキュー:

17

ポテ☆とと さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

作画がマッチしてないかな?(涙)

のんのんびよりシリーズ全部好きですが、
劇場版だから仕方ないかもしれないが、
作画が綺麗すぎる。
のんのんびよりは、
あそこまで綺麗くする必要ないと思う。
綺麗すぎて逆に、キャラとの違和感が気になってしまった。
それ以外は、今まで通りの最高の作品になっている!

投稿 : 2019/03/03
閲覧 : 59
サンキュー:

4

pop22 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

完璧だった

間が絶妙

投稿 : 2019/03/02
閲覧 : 77
サンキュー:

3

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

色々な事をギュー!と詰め込んだ面白さのある作品

今回の舞台は沖縄ですね。
劇場版もテレビ版同様にのんのんびよりしてました。
キャラの特徴をしっかり生かしきり更には劇場版だからこそかキャラの個性をしっかり浮き彫りに出来ていました。
映画の時間としては少し短めでしたがしっかり考えられてかテンポよく上手く纏めてある印象を受けました。
勿論、のんのんびよりならではの展開もお約束なのかしっかり入れていましたし、数度クスックスと笑ってしまうシーンもありました。

メンバーも全員集合でしたし、今回は劇場版のゲストキャラも登場しますがこのゲストキャラの使い方がとても上手い。
楽しい雰囲気にギャグを加えラストは寂しさが残りつつも安定しての楽しさでしっかり〆ていました。

私もよく時には友達と時には一人でも旅行に出掛けますが、旅行先の楽しい雰囲気や帰宅の少し寂しさが入り混じるあの感覚を上手く表現出来ていたと思います。
その時の気持ちを思い出しました(^^;;

この作品はやはり安定した面白さと暖かかさがあり最初から安心して楽しむ事が出来ました。
本当に見てよかったと心から思える作品でした(´艸`)*

最後に、夏海にいい友達が出来ました(♡u ‿u)゚.:。+*

投稿 : 2018/10/01
閲覧 : 88
サンキュー:

15

ネタバレ

leon さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

安定のかわいさと面白さ

ばけーしょんしてて面白かったです。
EDの{netabare} ZAQさんの {/netabare}曲がのんのんびよりの世界観そのものでとてもよく、泣きそうになりました。

投稿 : 2018/09/26
閲覧 : 63
サンキュー:

8

ネタバレ

Tom さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

絵に景色を見せようとするれんちょん、やはりれんちょん。

具の絵が上手すぎてww

OPを見て脚本が吉田玲子さんと知る←

都会かぶれが終始面白かったw

推しは具です。

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 64
サンキュー:

7

ねいばー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:----

尊い

TV版と同様に面白い。

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 73
サンキュー:

4

次の30件を表示

劇場版 のんのんびより ばけーしょんのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 のんのんびより ばけーしょんのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 のんのんびより ばけーしょんのストーリー・あらすじ

旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。ある日、デパートの福引で特賞の沖縄への旅行券を当てた「旭丘分校」の面々。夏休みを利用して、皆で沖縄に行く事になるのですが……。(アニメ映画『劇場版 のんのんびより ばけーしょん』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2018年8月25日
制作会社
SILVER LINK.
公式サイト
nonnontv.com/movie/
主題歌
≪OP≫nano.RIPE『あおのらくがき』≪ED≫宮内れんげ(CV.小岩井ことり)一条蛍(CV.村川梨衣)越谷夏海(CV.佐倉綾音)越谷小鞠(CV.阿澄佳奈)

声優・キャラクター

小岩井ことり、村川梨衣、佐倉綾音、阿澄佳奈、名塚佳織、佐藤利奈、福圓美里、新谷良子

スタッフ

原作:あっと(月刊コミックアライブ連載「のんのんびより」/KADOKAWA刊)、監督:川面真也、脚本:吉田玲子、キャラクターデザイン:大塚舞、美術:草薙、音響監督:亀山俊樹、音楽:水谷広実、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2018年8月25日)の他の作品

ページの先頭へ