「ゴールデンカムイ(第二期)(TVアニメ動画)」

総合得点
65.9
感想・評価
199
棚に入れた
739
ランキング
1455
★★★★☆ 3.8 (199)
物語
3.9
作画
3.5
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

NASA

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3期も見たい

展開に緊張感があって、特に2期から顕著になっててかなり面白かった。

シナリオも良いが、ラッコ鍋回みたいにほどよくギャグも挟んでくれてるし、恋愛要素もあるがちゃんと綺麗に描けていて、どの面においてもクオリティが高い。

作画がショボイのが少し残念。

投稿 : 2019/01/28
閲覧 : 39
サンキュー:

4

ネタバレ

ninin

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あいつは、俺は、不死身の杉本だ!

原作未読 全12話

ゴールデンカムイの2期です。1期から観ることをオススメします。。

元陸軍兵の杉元佐一とアイヌ民族のアシㇼパを中心に北海道で隠された金塊を探すお話です。

1期同様みなさんキャラ濃いw

サバイバルな食事と面白エピソード、金塊をめぐる真面目な抗争と、コミカルな展開とシリアスな展開のバランスが良くて飽きません。

今回はBLぽい感じが多かったですねw

お話はかなり核心に近づいてきましたが、切りのいいところで終わったのでまだまだ続きそうです。

原作にストックが溜まってたら、続きが観たいですね。

OPはさユり & MY FIRST STORY、EDはeastern youthが歌っています。

最後に、{netabare}ラッコ{/netabare}鍋って色々な効能があるのですねw

投稿 : 2019/01/24
閲覧 : 59
サンキュー:

20

ネタバレ

MuraBustan

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まだまだ

続きがどうなるのか?気になる。

投稿 : 2019/01/20
閲覧 : 30
サンキュー:

5

ネタバレ

フィリップ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

さまざまな角度から表現される「純粋な生」の形

アニメーション製作:ジェノスタジオ、監督:難波日登志、
シリーズ構成:高木登、キャラクターデザイン:大貫健一、
原作:野田サトル

あまりにも中途半端な終わり方だった1期目。
期待した2期は、いきなりグロテスクなネタからの始まり。
江戸貝弥作を観ていて頭に浮かんだのは、
アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』、
トビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』、
ジョナサン・デミ監督の『羊たちの沈黙』という
ホラー・サスペンス映画だった。
この映画の共通点は、アメリカの有名殺人犯、
エド・ゲインをモデルにしていること。
江戸貝弥作の人物像は、明らかにエド・ゲインそのままと言っていい。
私としては、アンソニー・パーキンスの不気味な演技や、
チェーンソーを振り回すレザーフェイスを想起しただけに
少し拍子抜けしてしまったが、衝撃的といえる回だった。

このことに気づいて色々調べてみると、
ゴールデンカムイの登場人物の多くは、
実在の人物をモデルにしていることを今更ながら知った。
舩坂弘軍曹は分かるが、家永カノの殺人ホテルや尾形百之助、
白石由竹まで参考にしている人物がいたことには驚いた。
荒唐無稽なようで、かなり現実に即した設定になっている。

2期の見どころは、網走刑務所でのシーンになるが、
個人的に好きだったのは、谷垣源次郎と尾形百之助の過去の話だった。
谷垣は1期で東北マタギをやめて、軍隊に入ったことが明かされるが、
その理由について語られることはなかった。
それが明らかになる18話では、アイヌの終活についての話から始まる。
アシリパの祖母が死装束を作っているという。
アイヌでは若い者に送ってもらわないと死後の世界に行けないと
考えられている。だから自分の子供のいない人でも、子供を必死で育てる。
谷垣はアシリパの祖母に食べさせてもらった恩から、
自分も子供のひとりで、アシリパを無事に村へ帰すことが
役目だと思っている。
谷垣は自分の役目をずっと探していたのだった。
そのときに、過去にあったことを思い出す。

東北マタギだった谷垣にとって、狩猟は命懸けの仕事。
想定外のことが起こったときのために、
非常用携行食のカネモチを持参するのが常だった。
カネモチは米粉に水を加え、味噌か塩を混ぜて捏ね、
葉で包んでいろりの火で蒸し焼きにする。
谷垣は自分用として、クルミを混ぜたものを作っていた。
そんな作り方は邪道なのだが、谷垣のこだわりの一品だった。
{netabare} このカネモチを小道具にした、谷垣と妹の夫、賢吉に対する
憎しみと赦しの物語は見ごたえがあった。
賢吉は自分の役目のために命を懸けて行動した。
その姿を見た谷垣は、自分の生まれた役目について、
誰かのために生きることを考え続けている。

谷垣と対照的なのが尾形だ。
妾の子供だった尾形は幼少時に母親が苦しみながら
生きてきたさまを間近で見続けてきた。
夫に家に帰って来て欲しいと願い、毎日あんこう鍋を作る。
そんな母が嫌だった尾形は、銃で鳥を撃つようになる。
鳥鍋を勧めても母はあんこう鍋ばかりを作り続けるのだった。
やがて尾形は、心を失った殺人者になっていく。 {/netabare}

この物語を観ていると、どれだけ心が歪んでいても
「純粋な生」の形を見せられているような気になる。
過去がしっかり描かれ、ひとりの人間の形が
浮かび上がってくるのがいい。
明治初期の時代背景からすると、このような生き方は、
それほど特別なものではなかったのかもしれないとまで思えてしまう。
アシリパの父が娘に対して望んでいたことも明らかになり、
さまざまな人々の想いが交錯していく。

アイヌの金塊の行方。
登場人物たちは何を悟り、何を選び取っていくのか。
原作ファンからは評判が芳しくないようだが、
アニメだけを観てきた者からすると、
1期と2期でとても上手くまとめられていたと思う。
網走刑務所まで描いてくれたことで、物語は一区切りついた。
今後は原作を追っていくつもりだ。
(初投稿:2019年1月8日)

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 229
サンキュー:

54

てぃーえむ

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

鶴見中尉に敬礼!

ゴールデンカムイ2期。期待通りの面白さでした。

相変わらず毎回毎回飯テロ仕掛けてきます。
きっとわざとやってますね?(´‐` ○)\(○`ε´○)
だってご飯だけやたら作画力入ってますもん(*´艸`)

2期に入って、主要キャラを掘り下げた話が増えて
キャラクターへの愛着も増すばかりです。
アシリパさん、杉元、白石の3人旅が中心だった1期も良かったんですけど
2期は誰が敵で誰が味方か目まぐるしく状況が変わるなか、敵?とも一時共闘したりとなかなか見ごたえのある話が続きます。

鶴見中尉は1期では頭おかしい人っていうイメージでしたが、
あれ?もしかして鶴見中尉比較的まとも?!
なんか周りにどんどん頭のネジ飛んでる人増えてきてまともに見えてきましたよ。
2期では人たらしな側面が多くなってますね。
人たらしの天才なのはいいですけど、なんで鶴見中尉を慕う人は
変な人ばっかりなんでしょう??(-_-;)
「鶴見中尉に叱られてしまうっ!!((((;゚Д゚))))ガクガクブル」
部下の皆さんみんなこういうけど、なんか嬉しそうなんですよね┐(~ー~;)┌
もしかして叱られたいの?!
寡黙な月島軍曹がすごくまともに見えます!
そして鶴見中尉、変な部下とか変な知人の相手をまじめにしていて
かなりツボです(*´艸`)
2期になって鶴見中尉結構好きになりました。

谷垣さんと尾形さんはかなり重い過去がありましたね。
まあ、重そうな何かを持っている感じはしていましたけど。


アイヌ文化への尊敬が感じられるし、ご飯美味しそうだし
キャラも立ってるし面白いですね。

一つ残念なのは、人の皮を使って作った服などで、
耳の形とかが出ていてすごく気持ち悪いです・・・
ちょっとあれはきついなあ(-_-;)

鯉登少尉、二階堂はかなり頭おかしいけどいいキャラ。

お気に入りは土方さん、鶴見中尉、尾形さんです。
渋いおじさま剣士、カッコイイ!
そして鶴見中尉に叱られたい(*/∇\*)

ダメっ! 二階堂ダメっ!!
二階堂! ダメダメっ!!(゛ `-´)/

投稿 : 2019/01/19
閲覧 : 51
サンキュー:

16

ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アチャに会いに行こう編 だけでなく、 オガタ・タニガキ編もありますよ~

 2期 続編です


 見どころをかいつまんで説明しましょう


 エドガイ君の センセーショナルなファッションじゃないですか?

人の皮を使って 作った服Σ(・□・;)

 ってか、登場人物の何人か

ツルミさんに 執着しすぎじゃないww

 個人的にはそこが好きですが

今回の好きだったシーン

・ニカイドウのアシが銃になって ふざけていたシーン

・エドガイ君のファッション




 感想

 好きなキャラトップ3などは変わらない

まぁ、3位が シライシじゃなくて エドガイ君に変わるくらいです

やっぱり、思ったことは 能登麻美子さんの声は癒されます

 そんな風に思うのは私だけでしょうか

3期も是非ともやってほしい

 アシリパ奪還編期待しています

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 24
サンキュー:

3

衛狸庵

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

カオス

誰が敵で、誰が味方なのか。
仲間なんていない、そこには利害があるだけ。
網走へと向かう連中は、時には手を結び、又敵となる。
そんな感じで、先の見えないストーリー自体緊張感があって面白い。
でも、なんだかオホモダチ的な雰囲気は、ちょっと……まさにカオス。

キャラは1期同様立ってますねぇ、いや、立ち過ぎて萎える……きもいわ!
そんな中、インカㇻマッの美しい声に癒されます。

キャラが多く、キャラそれぞれに話があり、それが様々に絡み合っている話、とても上手く出来ていると思います。
ただ、ちょっと過去語りがくどかったかな。

1期に比べると少し勢いが落ち、狂人達バカ騒ぎって感じの2期。
1期の様な緊迫した、命の遣り取りのシーンは少なく、少し物足りない感じがしました。
大砲でドカァンとか機関銃でドッドッドッなんてぇ……
今回は、男臭い中、ラブストリーも有ったりして、1期とは雰囲気が少し変わっていましたね。
そこもまた、見ていて飽きない所ですかね。

原作が貯まったら3期もありそうですね、期待しています。

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 26
サンキュー:

2

はちくじまよいちゃん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ゲテモノキャラ勝負だったような・・・

 ストーリーの部分を期待していたのだけれど、盛り込み過ぎでとっちらかってしまった印象。それよりも変態さんたちの宴みたいな側面のほうが面白かったです。

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 34
サンキュー:

4

ネタバレ

しんじの元嫁

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

本気で1話切りするところだった・・・にょろーん

最初アニメみたとき、戦争のシーンで「俺は不死身の杉元だああああああ!」と叫びながらたくさんの人をぶっ殺していて、これ、俺には合わないタイプのアニメだと、しばらく見るのをためらっていた。

しかし、ネットをみると、「金カムがアイヌやジェンダーに配慮しているという語り方をしないでほしい」という書き込みを目にした。
裏を返せば、原作のマンガを読んで、アイヌやジェンダーに配慮していると考える人がそれなりにいるということだろう。
1話の初っ端から、あんなに狂気じみたシーンだったのに、そんなことがありえるのだろうか?
抵抗はあったものの、好奇心が抑えきれず、録画していたものを思いきってみることにした。

結論から述べると、アイヌやジェンダーに配慮しているというのは、間違ってはいない。
しかし、少し言い方が雑な気はする。
配慮というより、尊重である。
そして、この作品が尊重しているのはアイヌだけではなく、大地に宿る自然と動物、それと向き合う人間の営み、信仰や思想、感情のすべてなのだと感じた。

ほとんどのアニメに共通しているのは、人間とはどういうものかということを示してるということ。
そして、作者からみた、「ありのまま」の社会の姿や理想の社会のが描かれている。
そして、社会全体の姿を捉えようとすればするほど、世界を巻き込もうとしがちである。
『エヴァンゲリオン』を代表するセカイ系ブームは、『コードギアス』『涼宮ハルヒの憂鬱』『魔法少女まどか☆マギカ』などを生んだ。
アニメに限った話ではないが、世界中の人間や神様が巻き込まれている物語であれば、スケールが大きく、人間や社会の本質を捉えているように感じやすい。

対してこの『金カム』、大目にみても、巻き込まれているのは日本やロシア、せいぜい東欧だけであり、ほとんどの物語は北海道の中だけで、登場人物はアイヌの人々、陸軍の第七師団、網走監獄の関係者と限定されており、人間や社会のすべてを描いているという僕の主張は大それたように思われるだろう。
しかし、焦点を絞り深く物語を掘り下げていけば、人間や社会の本質というのが見えてくるというのが僕の考え方であり、この作品を見て改めて感じた。
逆にいえば、『コードギアス』や『とある魔術の禁書目録』は世界を描いてみせたように見えて、浅く広く、キャラが過多であり、掘り下げが不十分で人間や社会の姿というのが見えにくくなっているのではないだろうか。

『金カム』の切り口は、日露戦争後の北海道、そして戦争を経験した軍人とアイヌの少女である。
アイヌの生活は、人間がその土地の自然や動物と、いかに共存してきたかという一例であったが、それが映し出されることによって、生活を守るための風習や信仰のカタチを視聴者は観察し、アシリパの解説のおかげでそれらの背景を知ることとなった。
人間は生きていくうえで、知恵をしぼり、伝統を受け継いで生きてきたのだということを感じた。

ここまでだと、たしかに、アイヌを尊重し、そこから人間というものが見えてくるかもしれない、という主張で終わるが、『金カム』が描いたのはそれだけではなかった。

ここで、レビューの冒頭である、狂気じみた杉元の話に戻る。
埋蔵金の手がかりである刺青獲得争いでの、不死身の杉元の狂気じみた強さにたいして、僕は魅力を感じつつも恐怖していた。
対峙する第七師団の軍人たちも、狂気に満ち、非常に怖い人達であった。
これは物語を盛り上げるための、キャラ付けなのだと思っていた。

17話、囚えられた仲間の白石を救出するために、詐欺師である鈴川が変装をして交渉を持ちかける。
変装はバレ、鈴川は殺されるわけだが、アシリパはそのときのことを、その現場に居合わせた杉元に問う。すると
「アシリパさん。鈴川は悪人だ。悪人は人の心が欠けているから普通の人間より痛みを感じないはずだ。だからいちいち同情しなくていい」
優しく話す杉元。対してアシリパは自分がバカにされたのではないかと怒る。
しかし、杉元の返事は残酷な過去が元になっていた。
「俺はそう思うようにしてきた。戦争の時も敵兵は俺達と違って苦しまずに死ぬはずだって。戦場では自分を壊して別の人間にならないと戦えない。俺達はそうでもしなきゃ生き残れなかったんだー中略ー日本に帰って来ても元の自分に戻れない奴は心がずっと戦場にいる。」
そして、杉元は、故郷の人々と干し柿を思い出す。

なんということだろうか。
僕は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が戦争で失われた人間性を取り戻す過程を丁寧に描いた作品で最高のアニメだと評価した。
『金カム』も戦争で失われた人間性を取り戻そうとしている人々が描かれていたのである。
それを、迫力のあるエンタメのなかに潜ませていたのである。

この残酷な事実に21話、盲目の盗賊である都丹に、殺し合いの最中、杉元は追い打ちをかけられる。
「俺にも見えるぜ。あんたはもう元の自分には戻れねぇ!」
あぁ、そうか、僕が初めて『金カム』を見て忌み嫌った杉元は、戦争によって狂わされた者の姿で、元々の杉元とは違うということか。
第七師団の狂人っぷりも、単なるキャラ付けではなく、元の自分に戻れない者たちを表現しているということか。
戦争によって変わり果ててしまった杉元は、自分を取り戻せるのだろうか・・・?

そして、この都丹が盲目になったのは、服役中の硫黄山での苦役が原因だったのである。
この部分をピックアップしても、「産業革命による過酷な労働者」や「盲者」に配慮、いや尊重しているといえるのではなかろうか?
そうした物語が、囚人や軍人、アイヌの人々にあったのである。

『金カム』のなかで名前のついた主要キャラクターには、それぞれとてつもなく深い物語があり、愛、友情、権力争い、プライド、怨念という人間がもつ本質的なものが描かれていた。
そして、その人間がどのように社会をつくっているのかということも。
それが、この『金カム』という作品が、セカイ系の作品とは違うアプローチで、より深く人間や社会を描いたと主張する理由である。

いらないキャラクターはいなかったし、どのキャラクターも強く、かっこよかった。
まさか看守の門倉も強キャラだとは思わなかった。
どのキャラクターも、”生きていた”

人間を尊重どころか、アニメキャラに命を吹き込み世界をつくってしまったという印象である。


ここまでくると、すごい社会派アニメなのだと思う。
しかし、『金カム』のすごいところは、これだけ人間や社会を描いているのにも関わらず、メッセージを押し付けることはなく、そのすべてが物語の面白さにつながっているエンタメだということ。
緊迫感のある戦略アニメであり、バトルアニメであり、ギャグアニメであり、○モアニメなのである。

チタタプ、オソマ、変顔、とても笑った。

てかさぁ、ラッコ鍋って、18禁のBLエロ漫画が流行ったもんだと思ってたにょろーん。
まさか、人気少年向けマンガの1シーンだったとは・・・
たまげたなぁ・・・

でもさ、ラッコ鍋って歴史的○モシーンではあったけど、めちゃくちゃロマンチックなラブストーリーにもつながっててすごいよね。
でもそれもスパイ行為のひとつだったとか、やっぱりあいつは敵だったとか、あいつとあいつはつながっていただとか・・・

互いの素性を暴くために、記念撮影するのもエモいし、ギャグも忘れないし。

シリアスも笑いもアクションも全部つながっていて、その舞台である自然もキャラクターも生きているようで、すごすぎる。

物語とキャラの評価に関しては、自分史上最高級にょろーん!

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 51
サンキュー:

15

ネタバレ

天地人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

もっと私的アニメ感想簿55

最終回、のっぺらぼうとついに対面する杉元
「あにこれの感想にアシリパさんを利用する気か・・・あの子をアイヌのジャンヌ・ダルクと錬金の騎士(違)にでもしようってのか」
「アシリパさんには山で芝刈りに行ってみそを食べてオマソオマソしてチ○ポ先生を連呼していて欲しいんだよ俺は!」
「お前、白石晴香さんに恥ずかしい事言わせたいだけだろうが(ギクッ)」
「な、何をいう、俺はたた(尾形に撃たれる天地人・・・って、おいっ )」

何か、本編と違うような気がしますが、気のせいですよね(冷汗)
誰だ、撃たれて清々したと言う奴は(お前だお前)

期待以上の出来だった1期に続き、満足の2期でした。
シリアスな話の中に繰り広げられるギャグが、いい感じで飽きさせない展開で、原作を読んでいるのに続きがどう描かれるか、気になってしょうがなかったです。
というか、より多くの変態が出てくるのが楽しみだけだったりして(おいっ)
そしていよいよ舞台は樺太へ
ラストの杉元とアシリパのセリフにはグットストライカー(それ、ルパンレンジャー)じゃなくてグッときました。
特に最後の
「俺は不死身の杉元だ!」
には思わず、うぉ~って叫びそうになりました(笑)
さすがに原作に追いついてしまうので、また時間を置いて3期が作られるのを待ちたいと思います。

おまけ
鶴見中尉率いる第七師団に襲い掛かる囚人達
鶴見中尉
「着け剣、一匹残らず駆除だ!」
部下
「駄目です、囚人の中にとんでもない奴らが(何者だ?)」
「トリ頭やオカマ、とんでもない速さで近づいてきたり、触るだけで銃や剣を粉々にする囚人が・・・ぎゃ~」
確か安慈って、懲役25年で北海道で服役してるはず(おいおい)

投稿 : 2019/01/11
閲覧 : 34
サンキュー:

12

scandalsho

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

BL回あり、温泉回ありと盛りだくさん!

原作未読。最終話まで視聴。

第2期というよりは分割2クールの後半。
ハラハラドキドキの第1期と比較して、コメディ要素が多くなった印象。

杉元と白石のおバカぶりは相変わらず。
鶴見中尉とその部下たちは、変態度が増し増し。

更にBL回あり、温泉回ありと盛りだくさん。
度々、腹を抱えて笑い転げちゃいました。

そして、これらとは対照的に、シリアスな急展開でエンディング。

第3期を期待して待ちたいと思います!

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 99
サンキュー:

26

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

はやく 続きを・・

はやく 続きを・・ 面白いわ・・・ 早く 続きが見たい・・・

投稿 : 2019/01/08
閲覧 : 26
サンキュー:

5

えたんだーる

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

合従連衡(がっしょうれんこう)でスリリングな2期目

ゴールデンカムイの2期目です。話数のナンバリングも1期目からの継続で、1期目かその部分に相当する原作を読んでいないと意味不明なお話かと思われます。

ということで、以下のレビューは1期目を観ていることが前提で書かれていますので悪しからず。

1期目から既に登場していた杉元(主人公)+アシリパ(ヒロイン? もう一人の主人公?)による主に私的な事情により金塊の手がかりを探す陣営、鶴見中尉率いる第七師団による金塊を資金とする軍事政権樹立を画策する陣営、明治維新を生き残った土方歳三率いる蝦夷地独立のための資金として金塊を探す陣営について、それぞれの陣営が時に反目し、時に他陣営を追い落とすために他の2陣営が手を組むといった混戦模様が描かれます。

また明確にいずれかの陣営に属していないと目される谷垣、尾形、インカラマッ、キロランケなどの面々や金塊の在処の鍵となる「のっぺら坊」を収監する網走監獄の典獄(てんごく: 責任者)である犬童なども絡んで一種バトルロワイヤル的な展開が続く2期目でした。

2期目のクライマックスとして「のっぺら坊」の正体が視聴者にも明かされる最終話が用意されていますが、物語的には1期目と2期目を合わせてようやく「序章」とった趣きで、アニメのみで原作を追っていない視聴者としては今後のストーリーのアニメ化が期待されますね。

1期目のレビューにも書いたのですがアニメの題材になることは珍しい日露戦争直後という時代設定や、アイヌの風習などに関する描写も興味を誘うところです。

民俗学的な興味があると、わりと楽しめる作品なのではないでしょうか。1期目同様何か食べているシーンは多いです。なお、ラッコの肉に関しての作中で描かれたような効能については私は知りませんでした(笑)。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 75
サンキュー:

36

ISSA

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

五感を刺激する

視聴完了

原作の良さである、冒険&グルメ&歴史&魅力的なキャラ&笑い&変態…
描かれて良かったです、1期よりテンポ良くなって展開面白い。
アシリパちゃんの声も慣れたかな。

相変わらずの低予算からの作画や原作カットしてるのが残念。
原作既読組からは不満かな…

それでも3期見たくなりますね。


余談
この作品にも幕末の土方歳三&永倉新八が登場します。
幕末や明治維新の頃って新撰組や坂本龍馬、西郷隆盛、勝海舟、徳川慶喜…
アニメでも描かれる魅力的なキャラ多く輩出する時代ですね。

戦国時代同様に大きな転換期だからこそ魅力的なキャラ多く登場してた頃…
ゴールデンカムイはそんな時代の残火を感じられるアニメですね。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 52
サンキュー:

23

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<65> 明治末期のアイヌの地で金塊を巡る争い。二期。ひんなひんな。

明治末期のアイヌの地で金塊を巡る争い。二期。
がさつで野蛮な金塊探しに、品の無いギャグと意外と細かいアイヌ ネタ、アイヌ グルメが入った冒険もの。絵は粗めだし展開もちょっと大雑把だけど、他ではなかなか味わえない雰囲気。野趣に富む。
二期で完結しなかったのは意外。つまり、少し展開が遅い気もする。相変わらず面白いけど、一期ほどの勢いは感じられず、新キャラもいまひとつ。
三期の巻き返しに期待。

14 話は最後の晩餐w

1 話視聴。
明治末期のアイヌの地で金塊を巡る争い。二期。
がさつで野蛮な金塊探しに、意外と細かいアイヌ ネタやアイヌ グルメが入った冒険もの。品の無いギャグを遠慮なく挟む。絵は粗めだし展開もちょっと大雑把だけど、他ではなかなか味わえない雰囲気。野趣に富む。ひんなひんな。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 25
サンキュー:

4

ネタバレ

dbman

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

第二期もヒンナヒンナ

原作:漫画/放送期間:2018年10月-12月/全12話/制作:ジェノスタジオ

第一期視聴後、そのままの勢いでこちらの第二期も一気に最後まで視聴。分割2クールということもあるけれど、第一期同様に楽しませて頂きました。

登場するキャラクターが多種多様なので、アシㇼパちゃんはその可愛らしさで癒しを、杉元&白石はおバカさで笑いを、土方さんは渋さ&格好良さを、尾形はクール&狡猾さを、鶴見&手下周辺からは変態さを。などなどこれでもかってくらいにバラエティに富んており、飽きる暇がありまてん。

{netabare}インカㇻマッと谷垣を助け、瓦礫に埋もれて牛山が死んでしまうという感動シーンかと思いきや、ギャグに持っていくくだり、ありそうでいままでになかった展開は最高でした。第一期の途中から薄々思ってはいたけれど、この作品はシリアスとギャグの対比を図ることが難しすぎるw

全体を通して面白かったけれど、ウホウホ回だけはあまり美味しく頂けませんでした。腐向けなのか、ウホ向けなのか…。腐向けのサービス回ならばここではなく第一期の序盤に組み込まなければ、そちらの層を取り込めないでしょうに。それでも、股間をそこらに生えているキノコで隠したり、杉元の肛門を白石の顔面テロップで隠していた演出は笑ってしまったけれどもw

原作はまだ連載中ということで、物語はまだまだ続く展開で終了。続編がある閉め方でもあるので、原作に手を伸ばそうか、アニメでの続編を期待して待つべきなのか考えどころである。(きっと待ちきれずに原作読んじゃうこと濃厚だけど)

物語とは何ら関係ないけれど、アシㇼパを演じている声優の白石晴香さん。2018年秋放映アニメで一番笑った『うちのメイドがウザすぎる』ではミーシャ役。同じく2018年秋放映アニメで一番和まされた『アニマエール!』で牛久花和役。つい先日視聴して大変面白かった『アクションヒロイン チアフルーツ』では一番お気に入りキャラとなったムラムラこと紫村果音役。などなど、私的ツボアニメ&ツボキャラを演じているということで、いま最も気になる声優さんのひとりとなりました。検索して出てきた宣材写真が、クッソエロ美人だったし。


▼キャスト
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
インカㇻマッ:能登麻美子
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之

▼制作
原作:野田サトル/漫画:既刊16巻
監督:難波日登志
助監督:川越崇弘
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:大貫健一
アニメーション制作:ジェノスタジオ

▼主題歌
オープニングテーマ「Winding Road」歌:MAN WITH A MISSION
エンディングテーマ「Hibana」歌:THE SIXTH LIE
{/netabare}

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 96
サンキュー:

30

ケンシロウ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

変わらずの面白さ

原作途中まで既読。

1期に引き続き視聴、変わらず安定の面白さだった。
OPの曲もよかった。

ただしキャラデザのチープさも相変わらずで、NHK Eテレの幼児向けアニメと同レベルのクオリティは改善してほしい。
これはもう制作会社を変えないと変わらないのかなと思う。

3期があれば原作ストックの関係でだいぶ先になると思うが楽しみにしたい。

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 26
サンキュー:

7

maquit

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

決断

★★★☆☆(3.5)

分割2クールで
全24話、時間にして10時間程度
期間としたら中断期を挟んで9ヶ月
この作品を正確に理解しようと努めてきた結果、
行き着いた答えがギャグアニメ(マンガ)なんだってこと

もちろん
刺青人皮に端を発した金塊を巡る大河ドラマであるし、
郷土愛に溢れたアイヌの歴史文化史でもあるし、
北海道の厳しい自然を生き抜くサバイバル作品でもある。
でも、
(自分にとって)基本はギャグ!


正直言って、長期連載のマンガ原作アニメは
視聴するにはまとまりが悪く好きではない。
加えて、
物語が進むに連れ、三つ巴四つ巴と関係性が複雑に。
輪をかけて登場人物の一人ひとりのキャラが濃い!
そのキャラの背景と関係性を理解するのにたいへん苦労する。
こうゆう作品は紙媒体で読むのに限るのだ!!

ということで
全巻一気に大人買いするか、まめにブックオフを回ろうか…
(Kindleは持っていない!)

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 28
サンキュー:

9

snow

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

凡<59>

カットしたところがもったいなさすぎて長めのCMを見たと思うしか。
そう思っとけば超大作やん、CMフィルムにしては。
Ren4を出すアニメとトラブル起きたら嫌やーんとヘタレるアニメがあるのだねぇ。

A5牛を適当に切ってもそりゃ美味いよ<59>
1話視聴。
クォリティは1期と同じ。
相変わらず雑にシーンを切り捨ててるのも同じ。

江渡貝くんのファッションショー、キャットウォークという言葉はこの時生まれたという嘘知識もカット。全世界に啓蒙すべきなのに!
あと、ホモ臭さを脱臭してる感。鶴見中尉が江渡貝くん説得するときの細かい描写の省かれ方で。

てかこの前にあるはずのヤクザカップルの純愛編はどーなった?

投稿 : 2019/01/03
閲覧 : 43
サンキュー:

4

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 2期ものだが、1期で感じられたキャラの面白さ、シリアスとギャグの絶妙なバランス、アイヌ
文化や明治期の北海道の風俗の紹介などは相変わらず踏襲。
 特にキャラの面白さはより強まった感じで、悪党キャラ達によるユーモラスな描写の数々は
エルモア・レナードの小説やクエンティン・タランティーノの映画に通じるような魅力も。
 加えて1期では本筋の金塊探しの部分がやや単調になった印象があったが、本作ではこちらも
面白くなってきた感が強く、主人公である杉元 佐一のグループ、土方 歳三のグループ、第七師団、
網走監獄の四つどもえ展開が目が話せない。
 1期ではあまりよろしくなかった映像演出も良くなってきた感があった。

2019/01/02

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 16
サンキュー:

5

ネタバレ

ごまちる

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

そろそろ…

内容は面白いんだろうけど、一期目の面白さがなくなってきたかな。
変な趣向に走ってしまっている感じがする。
無駄に続けるよりも、もう終わらせた方がこの作品を綺麗に終わらせることができるだろう。

投稿 : 2019/01/02
閲覧 : 18
サンキュー:

1

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヤバい奴らの金塊争奪サバイバル、新章突入ッ!!!

言わずもがなですが、本作品は「ゴールデンカムイ」の2期目に相当する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

1期では日露戦争の終結…そしてアイヌが秘蔵している金塊が北海道のどこかに眠っており、その在り処は網走監獄の脱獄囚らの身体に刻まれた入れ墨だけが知っていることを突き止めます。
日露戦争の生き残りである「不死身の杉本」はアイヌの少女であるアシㇼパと行動を共にすることになるのですが、北海道制服や蝦夷共和国を再興するなど、あっと驚くような謀略が水面下で蠢いており、金塊を巡る様々な衝突が北海道で引き起こされるようになりました。

確かに、金塊を巡る物語がこの作品の本分なので本筋の展開は確かに面白いのですが、この作品の最大の魅力は、アイヌの様々な風習に触れられる点とアシㇼパの変顔だと個人的には思っています。
普段のアシㇼパは、凜とした芯の強さを感じる女の子…
でもアシㇼパの変顔は、この作品の初見の人なら絶対に気が付かないほど、ものの見事に変化するんです。
最初は見て笑うだけでしたが、最近はアシㇼパならではの才能なんじゃないかと思うようになりました。

そして2期…
物語の舞台は、網走監獄並びにそこまでの道中…
登場人物は、これまで以上に濃厚なキャラが登場します。
1期でも十分濃厚だと思っていましたが、2期で登場するキャラは…何というか「キモイ感じ」のキャラが多いんです。
金塊を巡る命懸けのサバイバルに首を突っ込んでいるんです。
頭のネジが1本や2本外れていてもおかしくないのかもしれません。
むしろ、そうじゃないと自我が保てないのかも…とも思いました。

アイヌの金塊を巡り渦中の人となっているのは、網走監獄に収監されている通称「のっぺら坊」
そして大多数の人が網走監獄に向かう理由は、のっぺら坊に金塊の在り処を聞き出すため…
そう、大多数の人の目的であり、向かった全ての人の理由ではないんです。

しかし、これまで金塊の在り処を秘匿し続けてきたのっぺら坊です…
そう簡単に金塊の在り処を口にする筈はありません。
それならば…のっぺら坊が口にしたくなる状況を作ってしまえばいい…
2重3重の策略が張り巡らされています。
そういえば、1期で女占い師・インカㇻマッが「アシㇼパの連れ3人のうちの1人が裏切る」と予言していましたっけ…。

そして網走刑務所に全ての役者が集結し…これまで温められてきた各々の作戦が激突します。
戦いは激しさを増し、築かれていくのは死体の山…
自分の…もしかしたら一人よがりかもしれない目的のために、そこまで人を殺せるの…?
と思えるほど壮絶な雰囲気が網走刑務所全体を覆い尽くすことになるんです。

それぞれの思いはどれだけ成し遂げられたのでしょうか。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

しかし、アシㇼパ役の白石晴香さん、インカㇻマッ役の能登さん…流石としか言いようがありません。
紅一点的な存在である事も相まって、存在感が半端ありませんね。
ただでさえ濃厚な男性キャラが多い中、決して存在が薄まることはありませんでしたから…

オープニングテーマは、さユり & MY FIRSTさんの「レイメイ」
エンディングテーマは、eastern youthさんの「時計台の鐘」
さユりさん、今回もやってくれました…
誰かと組んで歌うのを見るのは初めてだと思いますが、今回の「レイメイ」も全身に鳥肌が立つほど格好良い曲です。

1クール全12話の物語でした。
金塊の謎は未だ闇の中です。
きっと3期の放送してくれることでしょう。
ここで終わったら尻切れトンボですから…
原作ストックが無くなったのなら溜まるまで待ちますので、このクオリティのまま最後まで突っ走って欲しいと思います。

投稿 : 2018/12/31
閲覧 : 36
サンキュー:

18

シャベール大佐

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

変態キャラがとんでもなく強烈な、冒険活劇の2期

明治時代の北海道を舞台にした冒険活劇の2期。全12話。
内容的には普通に1期の続き。作風も変わっていないので、問題なく楽しめました。前作の感想では、全体のストーリーだけでなく、戦闘、ギャグ、キャラ、グルメ、豆知識など、いろいろな要素で楽しめる作品だというようなことを書いたのですが、今作では、その中でもとりわけギャグとキャラの部分が印象に残りました。特に剥製職人の江渡貝などは、変人なんていうレベルでは収まらない、完全な変態キャラで、なんかもう、とにかく凄かったです。物語的には、この2期でも完結までは至らず、いわば大きな流れの途中から途中までの部分が描かれていたわけで、ここだけを単体で評価をするのは難しいのですが、毎週のエピソードは安定して面白くて、視聴者を楽しませるための引き出しを多く持つ作品は強いなあ、という感じがしました。
最後まで観終わって、原作の進み具合がどうなっているのかは知りませんが、ここまで見せられたからには、是非ともアニメでも完結まで描き切ってほしいですね。どちらかというと、刺青人皮や金塊を巡るストーリーが気になるというよりも、愛着が湧いてしまった杉元やアシリパたちの行く末がどうなるのかを見届けたいというような気持ちです。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 49
サンキュー:

13

37111

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒンナヒンナ

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:今期こそ作画頑張って!内容はお墨付き。
期待度:★★★★

グルメパートとシリアスパートの温度差がどうも。。。原作からそうなんだからしょうがないけどね。
感想としては1期目と何ら変わらない。3期目楽しみです。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 70
サンキュー:

20

まだ初心者

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い

1期同様の評価です。
敵味方が目まぐるしく入れ替わって見応えありました。相変わらずシュールなギャグがたくさんあって面白かったです。
早く3期が観たいです。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 16
サンキュー:

5

ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

After the Gold Rush

アイヌの金塊を巡る一攫千金サバイバルも、
敵見方、登場人物が複雑に絡み合い、
生存競争も苛烈になってきました。

冒険・グルメ・戦闘、そしてアイヌ文化と、
どこか実写的な編集と演出で、
少々ギャグ寄りの演出も多くなってきましたが、
相変わらず引き込まれるなといった序盤の印象。

明治後期の北海道を転々としながら、
のっぺら坊、刺青人皮の行方、
物語は大きな核心へと向かっていきます。

絵柄で避けていると勿体ない、
優れたストーリーテリングを持つ、
近年を代表するサスペンスフルな娯楽活劇。
大きな視点で見ると面白いですよ。

最終話視聴追記。
中盤以降、ハードゲイにはたまらない展開だ。
原作の素晴らしい演出に加え、
声優陣の最高の演技とキャスティングを評価したい。
特に鶴見中尉と谷垣は完璧でしたね。

アイヌ民族の誇りを後世に伝える。
{netabare}未来を託された少女は樺太へと。
暗躍するパルチザンの革命は何処へ向かうのか!?
杉元、アシリパの活躍に期待したいと思います。{/netabare}

アイヌ民族は弥生人を経由しない、
縄文人の純血種に近いのかも知れません。
どうか偉大な文化が後世まで伝わりますよう。

今年を代表する作品だと思います。

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 176
サンキュー:

47

ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ただでさえ濃すぎる男祭りにさらにキワモノ共を投下

原作未読 1期視聴済


2018年春クールのベスト。私にとって『ゴールデンカムイ1期』をこのように位置づけてます。
冒険、グロ、エロ、メシ、歴史、アイヌの文化、サバイバル、狩猟、奇怪な登場人物たち、、、成分豊富な幕の内弁当みたいな良作でした。

1期終了時に3か月後開始の2期の案内があったこと。2期第1話分を第13話と表記していること、実質の分割2クールになりますので、1期第1話“ウェンカムイ”からの視聴は必須になるかと思います。

2期は1期の面白さをそのままに、周囲のキャラにも目を向けた仕様です。新キャラの登場もあり、この作品だからこそ受け入れられるようなキワモノ2トップ、江渡貝くん、鯉登少尉あたりが活躍します。殺人ホテルの主人家永はちゃっかり準レギュラーに収まってますね。総じてキャラクターは豪華絢爛、キャラ立ちもしてるので名前を忘れることもなさそうです。
やや“狩猟”成分が減ってても、それでもグルメは健在。1期では敵対していたあの人この人と食卓を囲むシーンもあったり、相変わらずの面白さを維持してます。1期終了時に定まった目標、

「目指せ!網走監獄」

のっぺら坊の正体がアシリパさんの父親か否か?金塊に群がる男連中のこれまた男臭い物語は続きます。季節は冬から春夏に移り、冬の厳しい北海道でのサバイバルはいったん休止。OPも新芽が芽吹く春夏Verへ。
キワモノ2トップに笑って、シリアスなキャラ回{netabare}(谷垣、尾形){/netabare}に震えて、網走への珍道中は退屈知らずです。谷垣は胸ボタンバァーンの擬似ケンシロウではありませんでしたね。1期最終盤登場のインカラマッも2期で活躍します。
キャラに引っ張られる部分もありましたが、1期で感じた“似非ヒューマニズムを廃した生命のリアリズム”が健在だったことはなによりでした。

“相変わらず面白い”

むしろギャグはより変態的に、シリアスはより人の内面の深掘りに向かって、それでなお相も変わらずバランスが取れている満足の2期でした。
尻切れトンボ感のあった1期最終話と比較しても一段落ついた時点での終幕は好感です。


杉元が干し柿を食める日々が果たして到来するのか?
もう後戻りできない修羅の道に入って抜けられないのか?

当然3期ありますよね?
引き続き期待して待つことにします。



以下余談
■ポーランド人×樺太アイヌ
ポーランドはロシアに蹂躙されてた時期が長く、ちょうどこの時代も政治犯やらの名目で極東に多くのポーランド人が送られていた時期。抵抗の歴史はワルシャワに行くと肌で感じることができます。ショパンの「革命のエチュード」もロシアにやられてた時期に曲にしたものですね。
{netabare}迫害を受けたポーランド人の息子にあたるのが、アシりパの父ウィルクである。娘をレジスタンスのリーダーにという思いは出自を考えれば。国が無くなる経験が血肉に染みついてる者の行動としては理解できる。{/netabare}

■ロシア内のパルチザン
ロクでもない輩と思ってよし。ゴールデンカムイで展開されている年代(明治40年頃?)から10年くらいした後、尼港(ロシア領ニコライフスク)で日本人入植者を虐殺した尼港事件が起こります。
「大正9年5月24日午後12時を忘れるな」
元は帝政ロシア時代の政治犯だったり凶悪犯が母体の連中。国内を掌握しきれていないレーニンが帝政ロシアの残党を掃討することを目的に釈放し武器を与えたならず者集団です。
{netabare}ゴールデンカムイは今後舞台を樺太に移してパルチザンとの連携を示唆していますが、発生から100年を迎えんとするこの時期、日本人は尼港事件を忘れてはいけないんだろうと思います。{/netabare}

投稿 : 2018/12/30
閲覧 : 152
サンキュー:

40

くにちゃん

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作好きだからこそ評価が難しいー。

タイトルどおり原作好きです。
で、内容自体は一部番組の進行上カットされたりしてる部分を除けば、概ね原作どおりです。と、なれば当然評価が高くもなろうものですが、単にアニメだけの評価となると先の展開が分かってしまってるんで、先の展開への「驚き」やら「期待」などがどうしても薄くなってしまい、どちらかというと漫画のおさらい的な位置付けになるため、どうしても「物語」の点数が低くなってしまいますがご容赦ください。

投稿 : 2018/12/29
閲覧 : 30
サンキュー:

8

たわし(フレディ)

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

内容は本当に面白い

漫画賞を総なめしてるだけあって、ストーリーが本当によく練られている。

本編は基本的に日本史や世界史を知っていなければこの面白さは伝わらなし、あるいは映画をよく観る人でなければ、演出や世界観を許容するのに時間がかかるだろう。

知識がないと楽しめないという意味では非常にインテリな作品だといえる。正直アニメーションの出来は総じて高くないものの、ストーリー自体が非常に面白いのと「るろうに剣心」的なロマンスもあるのでバランスの良い作品になってる。

どちらかといえば、これは原作漫画を買うための販促の匂いがする。

内容の濃さで言ったら、これ以上の作品はないと思う。アイヌ文化、ひいては日本の風俗を知る上では重要な作品です。

全話視聴:人気がじわじわと高まっているので、おそらくは3期あるでしょう。
最近のアニメはドラマ構成なので、原作やキャラクターグッズの売れ行きでかなり動いてしまいますが、売れ行きは他のアニメに比べると良いかと思われます。

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 101
サンキュー:

18

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2期だからぜったい1期から見た方がいいって思う☆彡

公式のINTRODUCTION
{netabare}
北の大地・北海道に渦巻く野心!!

アイヌから奪われた金塊を巡る生存競争サバイバル、新章突入ッッ!!!

アイヌの埋蔵金を求めて旅を続ける、「不死身の杉元」の異名を持つ日露戦争の英雄・杉元佐一とアイヌの少女・アシ(リ)パ。だが、埋蔵金の在り処を示した刺青を持つ24人の脱獄囚を追う中で、新たな事実が浮かび上がる。埋蔵金を奪い、アシ(リ)パの父を殺した人物とされる「のっぺら坊」こそが、アシ(リ)パの父だというのだ。事の真偽を確かめるには、網走監獄に収監中の彼に会うしかない。「脱獄王」の白石由竹やキロランケを仲間に加えた二人の旅は、小樽から札幌、夕張へとその歩みを進めていく。一方、彼らと埋蔵金の争奪戦を繰り広げる第七師団の鶴見中尉や新撰組「鬼の副長」土方歳三の勢力も、それぞれの野望を胸に次なる行動に打って出る……。

明治時代後期、北の大地に勃発した一攫千金サバイバルは、さらに苛烈さを増していく!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:難波日登志
助監督:川越崇弘
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:大貫健一
メインアニメーター:羽山淳一
銃火器設定:渡辺浩二
プロップ設定:浅沼信也
動物設定:墨佳遼
美術監督:森川篤
色彩設計:茂木孝浩
撮影監督:戸澤雄一朗
CGディレクター:奥村優子・濱田康平
編集:定松剛
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
音楽:末廣健一郎
アニメーション制作:ジェノスタジオ
製作:ゴールデンカムイ製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
{/netabare}


1話ずつの感想

第十三話 江渡貝くん
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 杉元たちが夕張に向かっている頃、ひと足先に同地を訪れた鶴見中尉一派は、剥製工房を営む青年・江渡貝弥作に接触していた。その目的は、江渡貝が墓地から盗み出したと思われる脱獄囚の刺青人皮を入手すること。江渡貝が墓泥棒を働いた際に落とした人皮の手袋を突きつけ、巧みな話術で彼の懐に入り込んでいく鶴見中尉。そして、工房の奥にある無数の人間剥製を鶴見中尉が目の当たりにしたとき、江渡貝がその本性を露わにするッ!
 母の歪んだ愛情を受けて育った江渡貝は、死んだ母を含む人間剥製を生きた家族だと思い込んでいる常軌を逸した人物だった。鶴見中尉は人間剥製の仕上がりをほめ讃えると、上着の下に着ていた刺青人皮を見せつけて彼を懐柔。江渡貝を母の呪縛から解放し、刺青人皮の争奪戦に混乱を起こすためにその偽物を作るよう依頼する。
 時を同じくして、谷垣が療養していたアシㇼパのコタンにはインカㇻマッが姿を見せていた。インカㇻマッの占いによれば、アシㇼパと旅をする者の中に彼女の命を危険にさらす裏切り者がいるという。孫の身を案じるフチを安心させるため、アシㇼパを連れ戻すことを決意した谷垣は、インカㇻマッとともにコタンを旅立つ。
{/netabare}
感想
{netabare}
おはなしはあらすじにほとんど書いてあるから気になったら↑を読んでね☆彡


春で、杉元さんとアシㇼパがフキの若葉を食べてるところは
口が黒くなるとか、子どもがおやつで食べるとか
これってほんとの道草だよね^^

アイヌは夏と冬しかなくって
冬は男が狩りに出る季節で、夏は女が山菜や野草を取る季節って言ってたけど
夏のほうが動物とかいっぱいいて、狩りがしやすいんじゃないのかな?

サクラマスのお鍋がおいしそうだった^^

それで、サクラマスの身が赤かったから
「マスって身が白いんじゃないのかな?」って思って調べたら
{netabare}日本ではサケとマスって区別ははっきりしてないみたい。。

英語のサーモンとトラウトは
住んでるのが海か川かで分けてるから分かりやすいけど
ヒメマスと紅鮭はおんなじ種類だけど川に住んでるのはヒメマスだから
ゼッタイそうって言えないみたい^^
(https://e-concern.com/salmon-trout/)

ちなみに、サケの身が赤いのはエビとかカニのプランクトンを食べるからで
色素が移って赤くなるんだって。。
だから川にしか住まないサケ、マスは
そうゆうプランクトンを食べないから白くって
養殖のサーモンはホントは白いから赤い色素をエサに混ぜてるんだって!{/netabare}

みんな寝るときは野宿だったけど、夜は寒くないのかな?


鶴見中尉が江渡貝さんのところに行くおはなしは
江渡貝さんの作った人間のはく製がグロかったけど
絵だから死んだ人ってゆうのが伝わってこなくってよかった(ホッ。。

にゃんこにデレる中尉さんはおかしかった^^
賛美がトクイな中尉さんは
どこまでホンキ言ってるかわからないからコワかった。。

あと、江渡貝さんの目の下の線が気になったけど何だろう?

あと、ファッションショーはおかしかったけど
この作者の人ってよくこんなこと考えつくなぁ。。
グロおかしくって「ジョジョの奇妙な冒険」とか思い出しちゃう^^

それにしてもこのおはなしって
だんだん変態さんばっかりになってきたみたい^^;


それから小樽にいる土方さんは永倉さんたちと話しながら
「のっぺらぼうはアイヌに成りすました極東ロシアのパルチザンじゃないか」って言ってたけど、ときどき聞くけどパルメザンチーズに似てたから
どこかの地名かな?って、聞くと粉チーズ思い出してたw

でも、今回「ロシアは帝政ロシア、レーニン率いる共産党
そして少数民族などのパルチザン。。」って教えてくれたから
そうゆう意味だってはじめて知ってちょっと勉強になった^^


インカㇻマッがアシㇼパの村に来て
アシㇼパの仲間の1人がうらぎる、って言ってフチをおどかすから
谷垣さんがアシㇼパをむかえに行くことになったけど
オソマが手作りのテクンペ渡してたけど、オソマって女の子だったのね!^^

さいごに鶴見中尉がインカㇻマッに
「コタンにいる谷垣を利用しなさい」って言ってたから
インカㇻマッは鶴見中尉の仲間なのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十四話 まがいもの
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 試行錯誤の末、江渡貝は刺青人皮の偽物を6枚完成させた。だがそのとき、土方の一味に加わった尾形が、鶴見中尉の企みを暴くために工房を襲撃。江渡貝は刺青人皮とその偽物を持って逃げ出し、尾形を迎え撃った月島軍曹もすぐに彼の捜索に向かう。さらに杉元と白石までが姿を見せたため、尾形は二人に月島軍曹の邪魔をさせようと画策。杉元と白石、月島軍曹、尾形が各々の思惑で動く中、江渡貝と彼が持つ刺青人皮の行方は……!?
 炭鉱施設内で尾形に見つかり、銃を向けられる江渡貝。そこにトロッコに乗った月島軍曹が助けに入り、二人はそのまま坑道内へと逃げ込む。杉元と白石、尾形もトロッコに乗り込んで追跡するが、そのさなかに大規模なガス突出が発生ッ! 坑道にガスが充満し、瓦礫の下敷きになった江渡貝は月島軍曹に刺青人皮を託して息絶える。牛山に救出された杉元たちだったが、安堵したのも束の間、工房で真偽不明の刺青人皮を手にした土方と遭遇。彼らと手を組むか殺し合うかの選択を迫られる。
 一方、月島軍曹から刺青人皮と5枚の偽物を受け取った鶴見中尉は、江渡貝が遺した「鉄」という言葉から、偽物と本物を判別する方法があることに気づく。
{/netabare}
感想
{netabare}
江渡貝さん、死体をはく製にするだけじゃなくって
鶴見中尉が大好きでぺろぺろしてもらいたい
ってホントに変態さんだったけど、サブキャラのサブキャラのまま
杉元さんと1回もからまないで死んじゃうのってちょっとかわいそう。。

ってゆうか、使い捨てのキャラなのに濃すぎだし
その分、メインキャラがあんまり出なくなってきてるみたいで
大丈夫なのかな?って。。

「オーバーロード」も「弱虫ペダル」も
濃いサブキャラがどんどん出てくるのはいいんだけど
サブキャラを見せるだけ、みたくなってきておはなしが進まないから
だんだんあきられてきてるみたい。。


でも、おはなしは今回もサクサク進んでトロッコでバトルから
炭鉱で爆発があって火事になって生きるか死ぬかってゆうところを
牛島さんに助けられて土方さんたちの仲間に引き込まれそうになって。。
っておもしろかったし

のっぺらぼうがアイヌで、アシㇼパのお父さんか?ってゆうナゾと
ニセモノの皮とホンモノを見分ける方法のナゾとかもあって
あきないで見れた^^

さいごに鶴見中尉がやってたことって
ニセモノはタンニンなめしをしてるから
水にぬれると浮き出てきたタンニンが鉄と反応して黒くなるから分かる
ってゆうことかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十五話 昔の話をしよう
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 夕張に留まり、江渡貝の工房で刺青人皮の偽物を見分けるための手がかりを探す土方たち。そこに突然火炎瓶が投げ込まれ、建物内に火の手が上がる。鶴見中尉に証拠隠滅を命じられた第七師団の兵士が、工房を包囲して攻撃を仕掛けてきたのだ。これに応戦する土方と尾形だが、徐々に追い詰められ、ついに中への侵入を許してしまう。第七師団の兵士たちが攻勢をかける中、二階堂が土方に、さらに兵士のひとりが尾形に襲いかかるッ!
 窮地に立たされた土方と尾形を救ったのは、月島軍曹の遺体捜索から戻ってきた杉元だった。牛山が鉄格子を外した窓を抜け、工房から脱出する土方たち。だが、刺青人皮の偽物を見分ける方法がわからないままでは、金塊の隠し場所をのっぺら坊から直接聞き出すしかない。杉元と土方の利害がひとまずの一致を見たことで、両者は芦別での合流を約束し、二手に分かれて逃げることを選択。道中、二組はそれぞれしばしの安息を手にし、永倉は土方と再会した日のことを述懐するのだった。
 後日、杉元たちより先に土方たちが芦別に到着するも、杉元に裏切っていたことがバレるのを恐れた白石が逃亡。そのさなかに第七師団に見つかってしまう……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はチン○先生、おっ○いって下ネタが多かったみたい。。
あとは脳みそを食べろ、ってゆうおはなしとか。。
下ネタでもいいんだけど
何回も言わせて笑わせようってするのはちょっとしつこかったみたい。。

こわがるシーンとか牛山さんに助けられるところ。。
家永さんがヒロインっぽくなってたよね(だが男だ)w

谷垣さん、インカㇻマッにチカパシがついてきちゃったけど
家族がいなくって、やさしくしてくれる2人のこと家族って思いたいのかも?


永倉さんと土方さんの再会のおはなしが「昔の話」だったのかな?

原作が好きってゆう人はカットするとおこるのも分かるけど
いろんな人のサイドストーリーはいくらでも入れられるって思う

でも、メインだけでも長くなりそうなのに
サイドストーリーまで入れると長くなりすぎて、あきてきちゃうみたい。。

でも今回、刺青人皮を集めてもホンモノかニセモノが分からなくなったから
のっぺらぼうからアイヌの金塊をかくした場所を聞き出す
ってゆうおはなしになるかも?

そうなったらおはなしはあっとゆう間に終わっちゃうかもだけど
それって、のっぺらぼうがアシㇼパのお父さんだって分かるときかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十六話 旭川大七師団潜入大作戦!!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 アシㇼパの目撃情報を頼りに谷垣たちが旭川を目指している頃、杉元とアシㇼパたちは芦別に到着。無事に永倉と合流を果たすが、白石が第七師団に連行されたことを知る。一方、ひと足先に白石の救出に向かった土方とキロランケは、アイヌが「カムイコタン(神の領域)」と呼ぶ事故の多い渓谷で奪還作戦を決行。白石を護送中の第七師団が渓谷に架かる吊り橋に差し掛かったとき、橋のたもとに立ちはだかった土方が刀を抜くッ!
 土方の狙いは、橋を切断して白石を川に落とすことだった。それを確認したキロランケが舟で近づき、手を差し伸べる。だが、杉元のことが脳裏をよぎった白石は、その手を取ることができなかった。救出は失敗し、白石は旭川にある第七師団の本部に連れ去られてしまう。
 その後、杉元と土方たちは旭川近郊で落ち合い、土方の伝手で脱獄囚のひとりで変装の名人・鈴川聖弘の協力を得る。第七師団本部への潜入手段として、網走監獄の犬童典獄に成りすますことを提案する鈴川。準備が進められる中、土方と白石が内通していたことを知った杉元は非情になろうとするが、殺さなくて済む人間は殺すな、というアシㇼパの言葉を静かに受け止めるのだった。{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしと
片足をなくしておかしくなって入院してる二階堂さんに
鶴見中尉が散弾銃のしかけ付き義足をプレゼントするおはなし。。


二階堂さんがモルヒネを盗んでおかしくなってるところに
有坂中将ってゆう武器開発者の人が来て
鶴見中尉が二階堂さんの義足を作ってもらうおはなしだったけど


有坂中尉が馬車からかっこよく飛び下りてコケながら笑ってたり

有坂さんが作った28cm榴弾砲が美しかった、ってゆう話を鶴見さんがしだして
その援護射撃が敵味方、若い男たちの体を引さきながら
臓物と血の雨を降らせてたところを鶴見さんが走った、ってゆう話をしながら
「圧倒的な力が生み出す美しさでした♪」とか言って

「鶴見クン頭がどうかしてる!」って有坂さんに言われた中尉が
「はっ!前頭葉が吹き飛んでおります!♪」ってボケたり


そんな鶴見さんと有坂さんの話を聞きながら
月島さんがマジメに

大きな戦争がおこる。。鎮痛剤の需要が高まる
そして日本がほこる高品質の武器。。
アイヌの金塊をそれらの投資にあてる
戦争が道民の仕事を生む

戦争がおき続けなければいけなくなる。。
まさに戦争中毒。。

って言ってる横で2人が銃を使って
「ダダダダ。。」って言いながら遊んでるのがとってもシュール。。


二海堂さんに有坂中尉を会わせるところで変なおばさん(?)が入ってきて
「だれ、この人!?」ってゆう二階堂さん。。
「だれだお前!?あっち行け!」って鶴見中尉がその人をいきなりつき飛ばして
本物の有坂さんがはいってきたりするコント。。

病室で義足の散弾銃を使ってみせて
「お前ら病院で何やってんだ!!」ってお医者さんに怒られたのに
そのお医者さんを見ながら笑ってる鶴見中尉たち。。

「ステキな足をもらえてよかったネ^^」ってゆう記念写真みたいな絵に
ケシの花とか写っててとってもシュール。。

こんなひどいおはなしをコメディにしちゃう作者の人って
もしかして麻薬でもやってるのかな?って思ったけど

戦争はじめたりするえらい人たちって
あんまり痛いって感じない人たちなのかな?って
ホントに笑いながら武器の話とかしてるのかも?って

ときどきニュースで浮浪者狩りする人たちとか
この前もハロウィンで車をひっくり返した人たちがいたけど
ほかの人がひどい目に合っても関係ないって思う人は
きっとえらい人の中にも多いんじゃないかな?って。。


あと、あらすじのおはなしは
あらすじを読んだらだいたい分かるから書かないけど

杉元さんが白石さんを殺そうって考えたところで
眠ってたはずのアシㇼパが起きて
「殺さなくて済む人間は殺すな」って言ったところはよかった☆


このごろ、このおはなしって
人をかんたんに殺したりするおはなしがコメディになるのが多くなってきて
何を見せたいのかな?って思うときがふえたから
こうゆうおはなしっていいな☆って思う
{/netabare}
{/netabare}
第十七話 腹の中
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 第七師団の本部に潜入した杉元と犬童典獄に変装した鈴川は、淀川中佐との面会を果たす。淀川中佐の前に出世につながる手柄をちらつかせ、白石を渡すように迫る鈴川。だが、そこに鶴見中尉の命を受けた鯉登少尉が現れ、本物の犬童典獄が流暢に使いこなす薩摩弁で揺さぶりをかける。対する鈴川も見事な受け答えで天才詐欺師の面目躍如たるところを見せるが、そこに綻びが生じた瞬間、鯉登少尉が二人に向けて拳銃の引き金を引くッ!
 鯉登少尉の銃撃で鈴川は絶命し、杉元も重傷を負った。白石とその場を離れ、第七師団の本部を抜け出す杉元。二人は尾形と合流し、飛行準備中の飛行船を乗っ取るとそのまま空へ。追いすがる鯉登少尉をアシㇼパの協力で退け、なんとか危機を脱することに成功するのだった。
 飛行船で移動中、杉元は白石に土方との内通を問いただしながらも、相手に渡した刺青人皮が偽物だったとして不問に付す。その後、エンジンが故障した飛行船を捨てて大雪山へと逃げ込む一行だが、今度は急激な悪天候に見舞われてしまう。鹿の体内で寒さをしのぐ中、杉元はアシㇼパとの何気ない会話をきっかけに、今もなお戦場にある自分の心が少し溶けるのを感じていた……。
{/netabare}
感想
{netabare}
犬童典獄に変装した鈴川さんは白石さんを監獄に返せってゆう代わりに
ニセ札職人の囚人をつれてきたって言って
証拠のニセ札と原板を持ってきたんだけど
どうやって用意したのかな?^^

あと、鯉登少尉から薩摩弁で話しかけられてもふつうに答えられちゃう
鈴川さんって結婚詐欺師にしておくのはもったいない人みたい^^

鶴見中尉に連絡して返事が来るのを待つ間
いつバレるかドキドキしながら見てたけど

さつま揚げを食べたことあるかってゆう質問に鈴川さんは
犬童はお酒を飲まないのに「酒のつまみに合う」って答えて
バレて拳銃1発で殺されちゃった。。


そのとき杉元さんもいっしょにいて2発撃たれて重傷。。のはずなのに
ふつうに動いてて「あれ?板でも入れてたのかな?」って思ったら
あとで1発は体の外に抜けててもう1発は体に残ってるって。。不死身^^


それから白石さんをつれて尾形さん、と飛行船をうばって逃げて
もうちょっとのところで鯉登さんに追いつかれちゃったんだけど
鯉登さんがほんのちょっと空を泳いで追いついたところがおかしかったw


白石さんと会った杉元さんは白石さんが裏切ったことを話し出して
どうなるのかな?って思ったら、アシㇼパに言われたからじゃなくって
白石さんが土方さんに渡した刺青人皮のコピーがニセモノだったから
ほんとは裏切ってなかったってゆうことになったみたい^^よかった☆


飛行船の上での戦いにアシㇼパは馬に乗って追いかけながら弓で応援。。
さいごはヒモを腰につけた白石さんが鯉登さんに飛びかかって
落ちたけど木に引っかかって助かったみたい^^

それからおこった鯉登さんが早口でどなってて
薩摩弁がじょうずに聞こえたから調べたら中の人は小西克幸さんで
和歌山出身で九州じゃないのにすごいうまい^^
ちゃんと字幕もついてたし^^

どこかで聞いた声?って思ったら「かくりよの宿飯」の大旦那さんだったw


それからアシㇼパもいっしょになって飛行船で大雪山まで行ったんだけど
第七師団が追いついてきて
しょうがないから大雪山をこえて逃げることになったんだけど
とちゅうですごい風がふいてきて寒さでこごえそう。。

それで見かけたシカを狩って腹をさいて体の中にかくれたんだけど
尾形さんは1発で2匹もたおしてすごかった!!


その間に白石さんが寒さでおかしくなってハダカでどこかに行っちゃって
ケガをしてる杉元さんをかばってアシㇼパがさがしに行ったんだけど
白石さんがいつの間にかもどってきて
こんどは杉元さんがアシㇼパをさがしに行くの。。

それでなんとか2人が出会って
杉元さんがシカを見つけて撃ったんだけど、こんどは撃てた。。

そのあと2人はシカのお腹の中にかくれたけど
アシㇼパは鈴川さんが殺されたときのこと聞いてきたの

杉元さんは「あいつは犯罪者だから苦しまなかった」って答えたけど
そう思わなかったら戦地で人を殺して生き残れなかったからみたい。。

故郷に帰って元の人にもどれた人もいるけど
そう思えなくっておかしくなった人たちは
日本に帰ってもずっと心は戦場にいる。。って

にゃんはそれを聞いててなみだが出てきちゃった。。

イラク、アフガニスタンの戦争に行っておかしくなった人たちが
人をおそったりする事件がアメリカではときどきあるみたい
眠っててちょっとした物音を銃声だと思って飛び起きたり。。
PTSDで苦しんでる人も多いみたい。。


それからアシㇼパはシカのレバーを食べはじめて
杉元さんにも渡しながら「食べ物は何が好きか?」って聞いてきて
杉元さんはふるさとで食べた干し柿を思い出したの。。
「さいごに食べたのは戦争に行く前だ。。」って

「帰ってきたときは春だったから食べれなかった」ってゆう杉元さんに
「杉元も干し柿を食べたら、元の杉元にもどれるのかな?」ってアシㇼパ

それで杉元さんがむかし幼なじみたちと食べた干し柿を思い出して
静かに泣いてたらアシㇼパが
「すべて終わったら、わたしをおまえのふるさとにつれて行け」って。。
そこでオシマイ。。

さいごはジワーってするおはなしでにゃんもなみだが止まらなかった。。

早くみんなの心が戦争からもどってこれるといいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第十八話 阿仁根っ子
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 杉元たちが大雪山を下山している頃、谷垣の一行はとある町で電報を受け取る。フチが死装束を用意していると知り、アシㇼパを連れ帰る役目をあらためて心に刻む谷垣。そのとき、彼の脳裏に役目を欲していた過去の自分がよぎり、鶴見中尉に身の上を語った夜の記憶が蘇る。
 マタギだった頃の谷垣には、賢吉という同じマタギの親友がいた。妹のフミが彼のもとに嫁ぎ、そのことを喜ぶ谷垣。だが、その幸せは唐突な終わりを迎えるーー。
 燃え落ちた家の中で、遺体となって見つかったフミ。その胸には刺し傷があり、付近からは姿を消した賢吉の刀が見つかった。復讐を誓った谷垣は、噂を頼りに第七師団への入隊を志願する。だが、賢吉の消息はようとしてつかめず、出征先の旅順で彼を発見したときには、すでに瀕死の状態となっていた。賢吉から妹の死の真相を聞かされ、やり場のない虚しさに襲われる谷垣。故郷もマタギとしての人生も捨てた彼にとって、それは生きる目的を失うことでもあった。終戦後、そんな谷垣に親身に接し、居場所を与えたのが鶴見中尉だったのである。これまでの過去と決別し、旅路を急ぐ谷垣。そして、釧路付近の湿地帯で一行は杉元たちとの再会を果たす。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、自分の居場所のおはなしだったなかな?

谷垣さんがずっと探してた賢吉さんと会ったのはロシアとの戦闘中で
体に爆弾をくくり付けてこっちに飛び込んでくるロシア兵1人に
こっちは10人くらいやれてたんだけど

その中で向かってくるロシア兵の1人に飛びかかって
止めようってした人が賢吉さんだったの。。


谷垣さんは、生きのこったけどボロボロになった賢吉さんに近づいて
とどめをさそうってしたけど、自分のこと誰かも知らないで
秋田の阿仁に住む谷垣に伝えてくれって
谷垣さんの妹殺し事件の真相を話し出したの

それは疱瘡(調べたら天然痘のことで致死率が平均で約20%から50%!)
にかかった奥さんに

「疱瘡だって知られると家族も村にいられなくなったりするから
誰にも気づかれないように自分を殺して家も燃やして逃げるように」

って言われた賢吉さんのおはなしで
賢吉さんには「逃げてどこかに居場所をさがすように」って言ったみたい。。

おはなしのさいごで目も耳も聞こえない賢吉さんに
持ってたクルミ入りかね餅を食べさせてあげて
賢吉さんが谷垣さんだって気がついて死ぬところは
悲しくってなみだがボロボロ。。って


それでさいごは谷垣さんたちが杉元さんたちと会って終わり。。



今週はメインストーリーじゃなかったけど
切ったりできないおはなしだったと思う。。


谷垣さんが、お世話になったフチが死ぬ用意をしてるって聞いて
自分のお母さんと重ねたり

復しゅうをするために谷垣さんが賢吉さんのあとを追って戦争に行って
谷垣さんのお母さんは娘が殺されて、谷垣さんも戦争に行くってゆう心労で
死んじゃったおはなしとか悲しいおはなしで
ずっとウルウルしながら見てた。。


自分が疱瘡にかかると
家族まで村八分にされるとかってかわいそうだなって思ったけど
昔はうつると大変だからって、少しでも離れるしかなかったのかな?って
天然痘のことを調べてて思った。。


自然災害とか伝染病とかこわい動物とか、人間の敵っていろいろあるのに
人間どうしが1番こわい敵になる戦争ってほんとにバカだなって思う。。

食べるものがなくって、人が人をおそって食べなくっちゃならなくなったら
人の肉を食べてでも生きたいって思う人は少ないって思うけど

戦争ってそれと変わないことしてるんだって思って
戦争するくらいだったら自分が死んだ方がいいって思う人がふえたら
戦争ってつづかないと思う。。

死ななくってもいい人まで殺す戦争って、天然痘より悪いって思うから。。
{/netabare}
{/netabare}
第十九話 カムイホプニレ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 谷垣の一行と合流後、杉元たちは近くにあるアイヌコタン(村)に立ち寄る。谷垣からフチのことを聞かされ、その身を案じるアシㇼパ。彼女を気遣い、杉元は一度故郷に帰ってはどうかと提案する。だが、強い覚悟でこの旅に臨んでいるアシㇼパにとって、もはや引き返すという選択肢はなかった。自分の未来のために前に進もうとする彼女の決意を受け止めた杉元たちは、のっぺら坊のいる網走監獄に向けて再び出発するッ!
 一方その頃、小樽を訪れた鯉登少尉は、信奉する鶴見中尉から旭川の本部で起こった出来事の報告を求められていた。白石に逃げられた失態の埋め合わせとして、彼の刺青人皮は写してあり、鈴川の刺青人皮も入手したことをアピールする鯉登少尉。そんな中、尾形が杉元らと行動していると知った鶴見中尉は、尾形と彼の父親である元第七師団長・花沢中将との関係に思いを巡らせる。
 花沢中将は二〇三高地での被害の責任を取って自刃したとされたが、真相は違っていた。妾の子ゆえに父の愛を受けずに育った尾形が、自殺に見せかけて殺害したのだ。裏で糸を引いていたのは他でもない鶴見中尉であり、そこには第七師団の結束を強める狙いがあった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ひさしぶりにアイヌのおはなしを見れたみたい


近くのコタンに招待されてカムイホプニレってゆうお祭を見に行くの。。

獲物はカムイがこの世界に殺されに来てくれる
つかまえたカムイをていねいに送りかえせばまた来てくれる

そんなお祭で、にゃんはべつにアイヌの人を悪くゆうつもりはないけど
見てて「オーバーロードⅢ」の第8話を思い出しちゃった。。

アインズが冒険者たちを殺して
「狩り殺した者の義務としてすべて有効活用しなければ。。」とか
「それが供養だ」って言いながら殺した人間をバラバラにして使う。。

とくにアルシェってゆう冒険者は
ひどいお父さんといっしょにいる妹2人を助けたくってガンバってたのに
殺されて、声までエントマに取られて有効活用されちゃったんだけど
殺された方はそんなことしてもらいたくないんじゃないかな?って思った

「助けて」って言ってるのに殺されて自分の声とか有効活用されるより
その辺に捨てられて腐ってったほうがいい、って思うんじゃないかな?って

かってに殺しておいて、供養とか、お祭って
やられた相手がほんとに霊になってどこかで見てたら
ぜんぜんおもしろくないんだろうな。。って


後半は尾形さんのおはなしで
半分血のつながった弟を戦地で殺して
お母さんも殺して
さいごはお父さんも殺した人で

親に愛されなかった人はおかしくなる、みたいなこと言ってたけど
お母さんにも愛されなかったのかな?って。。

お父さんを殺したわけは何となく分かるけど
お母さんと弟を殺したわけはよく分からなかった。。


平気で人を殺せる尾形さん見ててなみだが出てきちゃったけど

家族を殺すおはなしって
はじめての人間アダムとイブの子どもの長男カインが
弟のアベルを殺すおはなしがのってるくらい大昔からあったし

未遂も入れた殺人事件のうち55%が、「親族間殺人」
ってゆう記事があったから尾形さんみたいな人って多いのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第二十話 青い目
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 釧路の海岸で食料を調達していた杉元たちは、突如バッタの大群に襲われる。避難した番屋の中でしばらく過ごすことにした男性陣は、その間、ラッコ鍋を食べることに。ところが、ラッコの肉が煮えるにつれてなぜかムラムラしてきてしまい、しまいにはそこに現れたキロランケも交えて相撲で気分を発散しはじめるのだった。
 一方その頃、舟で沖に避難していたアシㇼパは、一緒になったインカㇻマッから衝撃の事実を明かされるッ!
 インカㇻマッによれば、アシㇼパの父はすでに殺されており、キロランケこそがその犯人だという。杉元らと合流後、本人に真相を問い詰めるアシㇼパ。キロランケはこれを否定するが、インカㇻマッは長沼の競馬場で入手した彼の指紋と、埋蔵金の強奪現場で見つかった遺留品の指紋が一致したことを証拠に挙げる。すると、今度はそれを聞いた尾形が、彼女と鶴見中尉が通じていることに気づく。結局、犯人の特定に至る決め手はなく、アシㇼパたちは疑心暗鬼のまま旅を続けることとなった。
 時を同じくして網走監獄の内部では、鶴見中尉の命を受けた宇佐美が潜入活動を行っていた。だが、看守部長の門倉にバレてしまい、早々の退却を余儀なくされる。
{/netabare}
感想
{netabare}
アシㇼパが昼寝をしてるマンボウの上に乗って
体を切っても逃げなかったけどマンボウって痛くないのかな?
なんだかかわいそう。。


ラッコの肉は谷垣さんとインカㇻマッが夫婦だって思った近くのアイヌの人が
かならず2人だけで食べるようにって言って、くれたもので
媚薬みたいな感じなのかな?

男の人たちだけでラッコを食べてみんなが色っぽく見えてきて
はだかになってすもうをするところがおかしかったw

インカㇻマッは谷垣さんのこと好きみたいで
あとで、抱きつくシーンとかあったけど
このおはなしって、変態さんばっかりかな?って思ったら
ふつうに男女ってめずらしかった。。

でも、あとでインカㇻマッが
「キロランケがアシㇼパのお父さんを殺した」とか言いだして
「その証拠が鶴見中尉からのだ」って尾形さんが言いだして
誰が味方でだれがうらぎり者か分からなくなってきちゃった。。

それでも杉元さんは
「網走に行ったらのっぺらぼうがアシㇼパのお父さんかどうか分かるから」
って言ってブレないところがよかった☆


最後に、網走監獄で宇佐美さんがスパイだってことバレて
おそってきた囚人2人を殺して逃げたおはなしは何だったのかな?
それだけで終わっちゃったけど、オマケ?
{/netabare}
{/netabare}
第二十一話 奇襲の音
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 屈斜路湖の湖畔にあるコタンを訪れた杉元たちは、村人から盲目の盗賊団が付近一帯で暴れているとの情報を得る。白石によれば、その親分は脱獄囚の都丹庵士で間違いないという。新たな刺青人皮を手に入れるべく、情報を求めて近くの温泉宿へと足を運んだ杉元たち。だが、相手の居場所を突き止めるよりも先に、夜の暗闇に乗じて盗賊団が襲撃。露天風呂に入っていた杉元たちは動けず、武器を持った敵に囲まれてしまうッ!
 なんとか森に逃げ込み、夜が明けるのを待つ杉元たち。そんな中、湖を渡ろうとした谷垣とインカㇻマッの舟が転覆してしまう。占いによってアシㇼパの父とは再会できないと信じるインカㇻマッは、それが現実になったと受け入れるが、谷垣に救われたことで運命は変えられると認識を改める。その後、日が昇りだしたのを合図に、杉元たちは反撃を開始。盗賊団の隠れ家に突入し、杉元と都丹が激しい攻防を繰り広げる。だが、そこに現れた土方が戦いを止め、両者に協力を促すのだった。
 後日、杉元たちは土方の案内で北見の写真館へと赴く。キロランケとインカㇻマッの互いへの疑念を知った土方には、撮った写真を身辺調査に利用する狙いがあった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は目の見えない盗賊対はだかの男の人たちのおはなしだった^^


相手は目が見えないけど
舌打ちをして帰ってくる音で敵を見つけることができて
みんなは追いつめられてくの。。


先週はラッコ鍋を食べてハダカですもうをした杉元さんたちだったけど
あんまりハダカは出なかったけど

今回は夜におふろに入ってるときに盗賊におそわれたから
みんなハダカのまま逃げ出して
その分、ファンサービス回だったのかも?
かくし方がゼッタイそうw


インカㇻマッが谷垣さんとキルランケと舟に乗って逃げるとき
占いでは舟はあぶない、って出てたんだけど
水に落ちてもに谷垣さんに助けられて
インカㇻマッは(運命は変えられる)って思ったみたい。。


日が昇って、盗賊がアジトに帰ったのを追いかけて
アジトに入った杉元さんたちだったけど
アジトは暗くって杉元さんたちが不利。。

そんな中で、朝とった菱の実をまいたせいで逆転して
杉元さんは親分をつかまえたんだけど殺すのをためらってたら
相手も銃をつきつけてきて、どうなるのかな?って思ったら
土方さんたちが窓とかこわして入ってきたの


土方さんは親分の都丹庵士と知り合いで
都丹庵士は杉元さんたちが犬童天獄の仲間じゃないって分かって
協力することになってそのおはなしはおわり。。


それから根室の鶴見中尉は犬童天獄が囚人を硫黄鉱山ではたかせて
そのお金で武器を買ってることを
帰ってっきた宇佐美さんから聞いて

武器のかくし場所を調べてるとちゅうで見つかった
宇佐美さんのおしおきがはじまったんだけど
宇佐美さんのほくろ2つに落書きする刑で、かわいいw

鶴見中尉も仲間にはやさしい人みたい。。


それから土方さんはみんなで記念写真を撮ったんだけど
都丹庵士は土方さんの昔の写真を持ってきてて
杉元さんが、若いころの土方さんに似てる、って土方さんに言ってたの
「鬼のように凶暴だが、どこか優しくて。。」って

このおはなしって
みんなで殺しあいするおはなしだからみんな狂暴だけど
ホントはやさしい人しかいないのかも?


みんなで殺し合いのおはなしだったハズなのに
男の人たちがみんなハダカで何だかコメディみたいだったw
{/netabare}
{/netabare}
第二十二話 新月の夜に
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 網走監獄が近づくにつれ、のっぺら坊が本当に父かもしれないことに不安を募らせるアシㇼパ。そんな彼女を勇気づけたのは、小樽から苦楽を共にしてきた杉元の存在だった。ついに網走へと到着した杉元たちは、白石の発案でトンネルを掘って監獄内への侵入を目指す。アイヌの漁師を装って作業を進めること数日、トンネルは土方が指定した地点まで到達。だが、杉元たちが出口から顔を出すと、そこには看守部長の門倉の姿が……。
 土方と密かに通じていた門倉は、杉元たちを出迎えると、毎日独房を移されているのっぺら坊の移動先を教える。その情報をもとに、月の出ない夜を待って行動を開始する杉元たち。だが、のっぺら坊のいる独房まで無事にたどり着いたものの、中にいた偽物が突然叫び出したために侵入がバレてしまう。混乱した状況の中、目の前の男が父ではないと確信し、失望と喜びが交じった感情を覚えるアシㇼパ。そのとき行動を共にしていた都丹が裏切り、彼女と杉元は引き離されてしまうのだった。
 一方、侵入者の報告を受けた犬童典獄は、監獄を防衛するために対岸へと渡る橋の爆破を命令。時を同じくして、鶴見中尉の一派を乗せた駆逐艦が監獄に迫るッ!
{/netabare}
感想
{netabare}
いよいよアシㇼパがのっぺら坊に会うおはなしだったけど
監獄のまわりには川が流れてて
そこで鮭を取るアイヌのフリをして小屋を建てて
そこからカベの下に穴をほって監獄に入る計画。。

鮭とイクラがおいしそうだった^^


インカㇻマッはアシㇼパのお父さんに会って、けじめをつけたくって
谷垣さんはアシㇼパをフチのところまでつれて帰らなくっちゃだから
そのあと2人は正式に婚約する約束をして、よかった♪

でも「これが終わったら。。結婚するんだ」
ってゆうのは死亡フラグだから、心配。。


忍びこんで、のっぺら坊に会うところまではうまくいったけど
そのあと、のっぺら坊がさけび出したところで
アシㇼパと杉元さんはバラバラになって
さらに鶴見中尉まで来ちゃって、もうさいごはゴチャゴチャ。。


都丹が裏切った、ってあらすじには書いてあるけど
アシㇼパを「本物に会わせる」って言ってたけど「のっぺら坊」のこと?


来週はいろいろ分かるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第二十三話 蹂躙
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 アシㇼパが連れ去られたのは、門倉から独房にいるのっぺら坊が偽物だと知らされていた土方の画策だった。その狙いは本物ののっぺら坊とアシㇼパを引き合わせ、金塊の在り処を聞き出すこと。舎房に乗り込んできた鶴見中尉の一派と杉元たちがにらみ合いを続ける中、土方はアシㇼパを連れて本物ののっぺら坊がいる場所へと急ぐ。一方、監獄内の攻防は、門倉がすべての囚人を解き放ったことでさらに激化の一途をたどるッ!
 鶴見中尉の一派と700人を超す凶悪犯との戦闘を尻目に、白石はその場を離脱することに成功。杉元からアシㇼパを助けてほしいと頼まれ、彼女を探しに向かう。
 時を同じくして、本物ののっぺら坊が教誨堂にいると知ったアシㇼパは、そのことを杉元に伝えようと土方のもとから逃げ出していた。だが、途中で出会った白石から杉元の伝言を聞かされ、監獄の正門で待つことを決断。一方、杉元はキロランケの助けで舎房を脱出後、アシㇼパのマキリ(小刀)を受け取って教誨堂を目指す。教誨堂内で土方と犬童典獄による決闘の火蓋が切って落とされようとする中、二階堂の急襲を深手を負いながらも退けた杉元の前に、ついに本物ののっぺら坊が姿を現す!
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はバトルばっかりで
バトルがニガテなにゃんはあんまりおもしろくなかった。。

とくに鶴見中尉がこの作戦を
「監獄の暴動を止めるために攻撃した」って中央に知らせるために
みなごろしにしようってしたのが、気もち悪かった。。


インカラマッがうらぎったのは「杉元さんたちが失敗して
のっぺらぼうとアシリパを無事につれ出せるのは鶴見中尉だけだからで
金塊なんて誰が手に入れようが私にも谷垣さんにも関係のない話」

って言ってるの聞いて、谷垣さんが
(女というのは恐ろしい。。)って思ってたけど
男とか女ってゆうのは関係ないんじゃないのかな?って。。

でも、鶴見中尉が金塊のありかを聞きだしたら
2人ともすぐに殺しちゃいそう。。


谷垣さんが、建物の下敷きになったインカㇻマッを
助けようってしてたところはかっこよかったけど
そのあとで来た牛山さんもかっこよかったのにすごすぎて
笑っちゃったw


あと、人質にした、のっぺらぼうのニセモノを二階堂に撃たれて
死んでるの分かってて、平気で「のっぺらぼうに当たったらどうするんだ?」
ってゆう杉元さんを見て「えっ?」って引いてる白石さんが
人が死んでるのに、ギャグになってておかしかった^^;


700人の囚人が解放されて、第七師団63人と戦うところからは
もう、メチャクチャ。。


杉元さんは白石さんと逃げて、1人になったところを二階堂におそわれて
口にナイフがささったり、スネを撃たれたりしてるのに
それでも、のっぺらぼうをアシㇼパのところへつれて行こうとして
はいずりながら教誨堂に向かう杉元さんが会ったのは

土方さんと犬童天獄が戦ってるすきに逃げだした
本物ののっぺらぼうだったけど
本物のアシㇼパのお父さんなの?
{/netabare}
{/netabare}
第二十四話 呼応
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
 杉元にアシㇼパのマキリを見せられたのっぺら坊は、それが娘のものだと気づく。彼は金塊の在り処を教える条件として、アシㇼパを連れてくることを要求する。
 一方、監獄内の争いは最終局面を迎え、土方が犬童典獄との決闘を制し、鶴見中尉の一派も囚人たちを制圧。そんな中、インカㇻマッが杉元と一緒にいるのっぺら坊を見つけ、アシㇼパは彼が本物の父だと確信する。だが、直後に何者かの銃弾が杉元とのっぺら坊を襲うッ!
 二人を狙撃したのは尾形だった。のっぺら坊は絶命し、かろうじて一命を取り留めた杉元を谷垣が救出する。だが、その後も状況は悪化の一途をたどり、キロランケの裏切りによってインカㇻマッが重傷を負い、アシㇼパを連れ去られてしまう。さらに鶴見中尉の一派に囲まれた杉元たちには、もはや抵抗する力は残っていなかった。
 翌日、鶴見中尉のもとで治療を受けた杉元は、昏睡状態から目を覚ます。キロランケたちを追って樺太行きを直訴する杉元に対し、鶴見中尉はこれを承諾。同行を申し出た谷垣に月島軍曹と鯉登少尉を加えた先遣隊として樺太に向かう洋上で、杉元は強く心に誓う。必ず生きてアシㇼパと再会し、彼女を助け出してみせるとーー。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はよく分からないうちにどんどん進んでて
いつの間にか敵が味方になってたみたい!?


のっぺらぼうはアシㇼパのお父さんで
杉元さんが「どうしてアシㇼパを巻きこんだ?」って聞いたら

「アシリパは山で潜伏し戦えるようゲリラとなって戦えるよう仕込んだ
私の娘はアイヌをみちびく存在となる」って言ってたけど
将来アシㇼパにアイヌの独立運動をおこさせようとして教育してたのかな?

でも「アイヌを殺したのは私じゃない。。アシリパに伝えろ、金塊。。」
まで言ったところで尾形さんに撃たれて殺されちゃった!?
そのあと、杉元さんも頭を撃たれて倒れちゃって
双眼鏡で見てたインカㇻマッがアシㇼパに教えたの。。


あとでインカㇻマッが「アシリパちゃん、逃げなさい
これで金塊の謎をとくカギは、あなたの中だけにしかなくなった。。
みんながあなたをめぐって殺し合いになる!」って言ってたけど
アシㇼパって、はじめから金塊の謎をとくカギ、持ってたの? 

それがホントだったら
お父さんに会いにこなくってもよかったんじゃない?


キロランケと尾形さんがうらぎってるの知らないで
アシㇼパと白石さんは2人といっしょに逃げてった。。


谷垣さんは「杉元さんが撃たれた」ってキロランケに聞いて助けに向かってて
とちゅうで刺されて倒れてるインカㇻマッを見つけて、どうしたのか聞いたら
「ウイルクが撃たれた時、キロランケがどこかに合図していました」って。。
そこに鶴見中尉があらわれて次のシーンに変わっちゃった。。


キロランケは船に乗ろうってして白石さんにインカㇻマッのこと聞かれて
「あの女が第七師団のスパイだからつれて行けない」って。。
そこに来た尾形さんが「谷垣たちは鶴見中尉につかまった。。
ウイルクと杉元は、確認したが二人とも死んでいた」ってテキトーな返事。。


次の日、頭を撃たれたのに杉元さんは生きてて
鶴見中尉に助けられて病室でおにぎり食べて。。ホントに不死身w

お医者さんは家永さん。。そう言えばこの人ってお医者さんだったんだね^^

刺されたインカラマッも家永さんに治療してもらったけど
こっちは不死身じゃないからあぶない状態みたい。。
でも、キロランケが樺太へ向かったはず、って聞いて
さっそく杉元さんが鶴見中尉にたのんで樺太に向かったの!?

2人は刺青人皮で取り引きしたみたい。。


キロランケと尾形さんが2人で話してたけど
尾形さんがウイルクだけじゃなく杉元さんを撃ったわけは
ウイルクが杉元さんに
金塊のありかか、キロランケのことを話してたからだって。。

キロランケと尾形さんはウイルクを殺しちゃったけど
金塊はいらないのかな?
それとも、アシㇼパがいれば金塊は出てくる、って思ってるのかな?


それから、インカㇻマッは刺された時のこと思い出してたけど
キロランケは殺すつもりはなかったけど
アシㇼパを止めようってしたインカㇻマッを、おどかすために出したナイフが
もみ合ってるときに刺さっちゃったみたい。。

そのときキロランケは
「なんとかしないと俺達は大国に飲み込まれてしまう!」って言ってて

「どうしてウイルクを殺したの?」ってゆう質問には
「金塊の情報を古い仲間に伝えに行くはずだったのに
あいつが変わってしまったんだ!」って


そのころ「アシㇼパがどうして樺太にいると思うか」って聞かれた鶴見さんは

「のっぺらぼうは7人のアイヌを殺したあと
金塊を少量持って樺太へ向かうとちゅうで捕まった
確かな情報を持って行き本体を動かすつもりだったと私は見ている。。

キロランケはアシリパという重要なカギを手に入れて
かつて極東でゲリラ活動をしていた仲間と合流する可能性が高い
パルチザンにアシリパが確保されるとやっかいだ」

って言ってたから「古い仲間」ってパルチザンの仲間だよね?

でも、さっきも書いたけど
いつの間にか「アシㇼパが金塊のかくし場所を知ってる」
みたいになってるんじゃない?フシギ。。


それから土方さんたちは地下で犬童天獄が集めてた
脱獄囚の情報を手に入れて、これから南へ向かうみたい。。



キロランケと尾形さんって、どうゆう関係?
尾形さんはアイヌの独立国ができて、いいことでもあるのかな?


あと、ウイルクって、鯉登(父)さんが言ってたみたいに
「仲間を動かすためには、まず自分の娘から」って思ってたのかな?

でも、自分の子どもを戦争に出して人殺しにして
仲間の子どもも戦争に出させて人殺しにして
それでも守らなくっちゃいけないモノって何だろう?


杉元さんはいつの間にか、金塊のことよりアシㇼパの心配してたよね。。

「アシリパさんには山で鹿をとって脳みそ食べて。。ほしいんだよ俺は!」
ってウイルクに言ったところはおかしかったけど

自分は戦争に行って人殺しになって
友だちと干し柿を食べてた子どものころにはもどれないから
アシㇼパは自分みたいな人殺しにはしたくない☆彡
ってゆう気もちが伝わってくるセリフだった。。

ウイルクより、アシㇼパのことを大事に思ってそう。。
{/netabare}
{/netabare}



見おわって。。


1期より豆知識みたいのはへって
変態さんのサブストーリーがふえたみたい?
でも、人を殺すような変態ネタは引いちゃうよね。。

それ以外はおはなしがテンポよく動いて
1期とおんなじくらいおもしろかった


「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドだったけど、いちお終わったみたいで3期は原作を待ってるのかな?
だから物語の☆は4つ。。


でも、こうゆうおはなしって
人気があるうちは、いくらでもダラダラつづけれそうだから
次で終わるんだったらいいんだけど
じゃなかったら、ぜんぶ終わってから見た方がいいのかも?

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 199
サンキュー:

44

次の30件を表示

ゴールデンカムイ(第二期)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゴールデンカムイ(第二期)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ