当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「五等分の花嫁(TVアニメ動画)」

総合得点
86.4
感想・評価
1086
棚に入れた
5031
ランキング
197
★★★★☆ 3.7 (1086)
物語
3.6
作画
3.3
声優
4.0
音楽
3.6
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

五等分の花嫁の感想・評価はどうでしたか?

クリミール さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

上杉、起きなさいよ!の目覚ましが欲しい。

二乃が可愛いのよ。
正直それだけなんだけど、むしろそれでいい。

推しをひたすら愛でるアニメ。

内容は主人公と五つ子の姉妹が勉強という名の名目でイチャコラする感じだったと思います。

二乃しか見えてないのであまり内容は意識しておりませんでした。

姉妹思いで、想い人には一途で真っ直ぐで、抜けてるところもあると思えば、やる時はやる肝っ玉。料理もできて、女子力も高い、、、最高ですわ。

CV:竹達さんもポイント高いです。合いすぎて鳥肌が立ちます。

投稿 : 2024/03/10
閲覧 : 29
サンキュー:

1

きゅん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

四葉が可愛い

二乃と四葉可愛い〜
いちかとみくのキャラが苦手〜
声優さん達が豪華〜

投稿 : 2023/12/21
閲覧 : 36
サンキュー:

1

ネタバレ

ぴかちゅう さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

気楽に見れる恋愛アドベンチャーゲームのようなアニメ

実は9月下旬に体調を崩してしまい(コロナではなく、寝込むほどでもなかったのですが)、気楽に見られるアニメを、ということで、ついにこちらを視聴しました。アニメ○トはもちろんダイソ○においてもグッズやカードが売られている人気作ということで、以前から気にはなっていたのです。1シーズン目の放映が2019年という、私が多忙であまりアニメを見れなかった年だったこともあり、これまで視聴できていませんでした。

結論からいえば、ストーリーの質はかなり低いけれども、まぁ楽しめた、という感じです。エンタメ作品ですね。

ストーリーは、お金持ちの5つ子の家庭教師として、どうしてプロではなく高校生を雇うのか、というそもそもの設定に説得力がありません。また、主人公は、論外だとは思わないけれども格別魅力を感じず、どうして5つ子が彼に惹かれるのか、もあまり納得がいきません。一応過程が描かれているケースもありますが(一花、三玖)、それで好きになるのかなぁという。

この作品にはなんとなくの既視感があるのですが、それは結局、典型的な恋愛アドベンチャーゲームと同じ感じ、というところにあるだろうと思います。そもそもの設定の説得力のなさ、なぜか親と同居しておらず主人公補正で主人公を好きになってくれるヒロインたち、そして同じ相手を好きになっているのに仲良くし続けることができるヒロインたち、といった主人公に都合のよい展開が目白押しなのです。

しかも、恋愛アドベンチャーゲームの場合、分岐があるために、その分岐で恋愛関係になる女の子以外は、当初主人公に好意を持っていたとしてもあきらめてくれるのですが(それ自体が都合のよい展開の一つではありますが)、本作の場合、アニメという性質上、分岐はありません。そのため、1期ではまだそこまで明確ではないですが、今後、5つ子が全員主人公を好きになったとしたら、普通は修羅場になりそうですが、そうならないとしたら、それはあまりにもリアリティに欠けると言わざるをえないのではないでしょうか。もっとも、この作品の雰囲気的にはそうはならないのでしょう。

しかし、いろいろ批判を書いたものの、気楽に楽しめた、という意味では視聴してよかったですし、2期も視聴するつもりです。なんだかんだヒロインたちが可愛いのと、変な登場人物や変な展開は起こらず、その意味では安心して気楽に楽しく視聴できる作品ですね。なので少し甘めの点数をつけました。
 

投稿 : 2023/12/12
閲覧 : 49
サンキュー:

3

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

トニカクカワイイ

こういった露骨なハーレムウハウハと思われる作品は
観る気が起こらないんで、リアルタイムでは視聴しませんでした。
しかしあまりに推す知り合いがいたため、
ええ歳こいたオッサン数人で酒を飲みながらハーレムアニメを
視聴するというカオス状態(嫁はドン引き)で視聴開始。
(しかも半数はアニメ見ない人)

【作品概要】
 学園物です。
 主人公は頭いいオラオラ系の高校生、上杉風太郎。
 経済的に困窮気味ゆえ、家計の足しにするため、
 赤点オンパレードの留年寸前の高校生の五つ子の
 カテキョをすることに。
 
【作品に対する感想】
 この作品はとにかくおにゃのこが可愛く描けてると思います。
 可愛い女の子を愛でる方にはおすすめですし、
 ハードボイルド愛好家の方には全くお勧めできません。

 ハーレム系らしくどの属性(性癖)の方でも
 誰か推しの娘がいるように視聴者に配慮されたキャラ設定。
 この辺りはあざといと思うか、素直に受け入れられるかは
 人によると思います。

 五つ子という見た目では判別がつきづらいという設定を
 活かしたトリックが、他ハーレム系との差別化ですね。
 これが作品トータルとしてどう作用するかで、
 最終評価は上下しそうです。

 思ったより面白いので、続きも視聴しようと思います。

1)物語
 五つ子トラップは
 「それは無理だろ」で笑いをとる方で使われてたり、
 過去の推理に思いを馳せたりと、
 上手くワンパターン化を防ぐことに使えてると思います。

 とはいえ、使い古されたシチュエーションも多く、
 その辺はマイナスにしています。
 
2)作画
 おにゃのこの可愛さを最大限に描けている点は
 プラスに見ています。

 特にむくれ顔(さらに特に三玖)、ポッとした表情は
 核ミサイルの威力です。

3)声優
 ハーレム=松岡さんですか…。
 五つ子も人気の方を集めた感じです。
 
 

5)キャラ
 ➀三玖(不思議系バカ)
  1期の段階では最も信者を集めたと思われます。
  ジト目属性持ちの私にはこの娘のキュン顔は防御不可です。

 ➁一花(お姉さん系バカ)
  最初のだらしない描写でマイナスが大きかったですが、
  気遣い上手なところで徐々にポイントアップ。
  この娘もキュン顔の破壊力が高いです。

 ➂五月(真面目系バカ)
  ハーレムもののスタンダードヒロインという印象。
  
 ➃四葉(真っ直ぐバカ)  
  と見せかけて膝枕はヤバかった。

 ➄二乃(キレすぎバカ)
  風太郎を敵対視し、ちょっと常軌を逸した妨害する女。 
  事情はそれぞれあるんでしょうけど、やりすぎですね。

6)予測(妄想)
{netabare}
 2000日後ということで、作品の5年後くらいに
 五つ子の誰かと結婚しているという事実が
 示されていますが、誰なんでしょうねぇ?

 三玖…ハーレムもので最初にぐいぐい来た方はどうも
    負けヒロインになることが多い気がするんで…。
    個人的には一番推しの娘なんで報われてほしいんですけどね

 一花…ハーレムものでは何故か長女が選ばれにくい気がします。

 二乃…最初一番仲悪いのが最終的にくっつくってパターンも
    多いですしね。

 四葉…この手の元気キャラは絶対結ばれないって印象
    なんですけど、ぼく勉みたいな例外もあるしなぁ…。

 五月…このタイプが大体メインヒロインなことが多いんですけど、
    今作は外れる気がして仕方ない…。

 らいは…ってちょっとまて!

{/netabare}

7)気になる点
 高校の試験ってこんな一問一答みたいな丸暗記で済むのか?
 (ぼく勉でも気になりましたが)
 英語や理数系はとてもじゃないけどこんな浅い理解じゃ
 対応できないんじゃないかなって思えます。
 まあ、話の本筋じゃないので、重箱のスミなんですけど(^^;

投稿 : 2023/10/21
閲覧 : 108
サンキュー:

18

ポリゴン@Radio さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

主人公と5人の誰が仲良くなるのか

主人公と5人の誰が仲良くなるのかそれが気になってしまう!
どうなるのか気になって見続けてしまう!

投稿 : 2023/08/23
閲覧 : 61
サンキュー:

1

白毛和牛 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ヒロイン達が5つ子という個性的なラブコメ作品

この作品はヒロインが5つ子という非常に珍しい設定のラブコメですが、
改めて本作の魅力に付いて言えば5つ子ヒロイン達が可愛いし、
それに5つ子ヒロイン達を演じてる声優さんも良かったですが、
ただ敢えて本作の難点を言うと1期目の制作は手塚プロダクションなので
残念ながら作画に関しては悪かったですが、
ただ作画の悪さを考慮してもストーリーやキャラは良かったので
全体的に見れば高評価となります。

【評価】

83点・1A級

投稿 : 2023/07/22
閲覧 : 58
サンキュー:

0

ヒロインコレクター さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

楽しめました

作画に大分問題はありましたけどそれ意外はよかったと思っています
ラブコメ作品としてもよくできていると思っています

投稿 : 2023/06/28
閲覧 : 45
サンキュー:

0

ネタバレ

これ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 1.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

5つ子からのハーレム?!

5つ子の女の子の家庭教師をする事になって
そこからみんなとラブコメしていくあたらしい
切り口になったラブコメ作品で
5人推しが全員バラけるくらいにキャラの魅力を
存分に味わえるうえに
キャストの豪華さはやばい
こういうラブコメ作品はなんと言っても女の子をいかに可愛く見せられるかが大事なんだけどこちらの作品はあまり作画を気にしない自分ですら気になるくらいに作画が崩壊してたのが難点だった

投稿 : 2023/06/08
閲覧 : 101
サンキュー:

6

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

王道ハーレムツンデレラブコメ。ひねりは面白いが出落ち感も。

 実は本作と冴えカノという2つのメジャーラブコメを見ずにここまできました。少年誌的王道ラブコメでしょうから、過去の例から言って物足りない結果になるかなあと思っていたからです。
 が最近ラブコメアニメが増えてきた気もするので、人気作ってどんなイメージなんだろうという興味で見てみました。

 前情報はほぼゼロです。あるのは作画崩壊くらいですけど、作画の出来不出来は回によってありますが、動いている限りギャグになるほどの作画崩壊には感じませんでした。時々メチャメチャ綺麗な止め画もありますので、まあ、単なるネタですね。キャベツほどのインパクトはありません。
 海外のスタッフが異様に多くクレジットされていましたので、事情はなんとなく察します。

 で、ストーリーなんですけど、結婚式の場面からですね。なるほど倒叙法で、誰が花嫁になるか答え言っちゃうんだ、と思いました。花嫁誰エンドかが面白味の話かと思っていましたが、花嫁の髪の毛の色で相手わかるじゃん、っていうのは間違いなんですかね?なんとなく色的には2の子じゃん、という感じで見てたしスキー場でのお守りとかデレ方とか見るとそう見えるのですが、違うのでしょうか?明言してないのでそれとも違う子なんでしょうか?

 スキーで主人公は4の子といると楽しい的なメモもあったので、アレ?とは思ったんですけどね。ヴェール下の色合いが不自然に茶色をかけていたのでそこはまだ見せないよ、ということ?
 心情を丁寧に描いていたのは1だし、ラブコメ王道なら初めて会った5の子とも言えますが…うーん。やっぱり色というかストーリー的には2ですよね?
 どういうことかと言うと、2の子がピアス穴を開けてもらうという部分は初体験のメタファで、その時昔の写真の話になり修学旅行の写真のエピソードになります。また、父親に嘘をついたのも2の子だし。もちろん他の子達もエピソードはありますけど、ピアスはものすごく唐突だし、写真は重要エピソードです。作劇法としてはつまりそういうことでしょう?と思ったわけです。1と4はむしろ負け犬フラグにしか見えないし、5の子は絡みが少なすぎます。あるとすれば3ですけど…3と2で比較すると2のエピソードが濃すぎます。
 そして何より髪の色がメタ的な違いで、本当は同一色という設定なら、冒頭と最後の花嫁の髪の毛は誤魔化すはずです。そこをあそこまではっきり色を見せているなら、やっぱり2の子の結論な気がします。

 これは続編アニメ見て行くと解答があるんでしょうか?そこは上手い興味の引き方をする終わりでした。
 ただ、です。答え合わせは興味あるけど、5名のキャラによるドラマが少なすぎな気もします。1の子が特殊でいい感じにドラマがあった以外は、基本全員がツンデレです。林間学校…というか試験の段階でもう全員デレてるじゃん、という感じで少し単調でしたね。

 あと主人公が「かぐや様」のキャラ設定、家庭とすごく重なりますね。貧乏イケメン優等生妹ありちょい悪父親ありです。というか、まあ本作がほぼ既視感の塊ではありますけど。5つ子というハーレム設定を上手くつかって新鮮味は出せていたと思います。しかもメインヒロインがおバカというか残念ヒロインなのも面白かったと思います。出落ち感はすごいですけどね。

 もうちょっとキャラ造形に幅を持たせて、ツンの要素をエピソードに絡めて、ストレスの多い展開にすればもっとドキドキする話になったのかなあ、という気はします。

投稿 : 2023/05/16
閲覧 : 136
サンキュー:

9

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

予告の段階で

鬼滅のレコメンドから視聴しました。

ラブコメの雰囲気が苦手で、興味が湧かず途中で断念しました。

投稿 : 2023/02/24
閲覧 : 104

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

単なるゴリ押しではなかった

当時からかなりの話題になっており、続編やら映画やら作品展、そしてJRで五等分の花嫁でジャックされた電車が走っていたりと知人はゴリ押しが凄いなと呆れて言うほど。

内容としては五つ子の美少女を同級生の主人公が家庭教師をするラブコメで、一筋縄ではいかず悪戦苦闘しながら、それぞれとの距離を縮めていくさま、とりわけツンデレの次女がデレデレになるところにはニヤリとさせられるものがあり、第一印象は苦手でしたが、一気に株が上がりましたね。

また、テスト当日に学校に遅刻しそうになった時のエピソードとかは何気に爆笑したものでした。


同じくマンガ原作のぼくたちは勉強ができないや、神のみぞ知るセカイに近い印象でこれらが好きな人は楽しめる内容なんじゃないかなと思います。

投稿 : 2022/12/22
閲覧 : 181
サンキュー:

6

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

大人気らしいですね。

【概要】

アニメーション制作:手塚プロダクション
2019年1月11日 - 3月29日に放映された全12話のTVアニメ。

原作は『週刊少年マガジン』にて連載されていた漫画作品。
著者は、春場ねぎ。

監督は、桑原智。

【あらすじ】

多額の借金の貧乏生活から、安アパートで父親と妹と三人暮らしをしている、
高校2年生の上杉風太郎は、校内テストでALL100点のガリ勉で友達がいない。
その風太郎に父親が好条件の家庭教師のアルバイトを見つけてきた。
生徒がお金持ちの娘で1回が25000円と破格の条件だが、どうみても怪しいと思う風太郎。

やっとお腹いっぱい食べられるようになると喜ぶ小学生の妹の手前断れず、
引き受けた風太郎だが、生徒はお嬢様学校から転校してきた同級生で五つ子だった。
五つ子姉妹はかなりの美少女であるが、成績が進級も不可能なレベルなうえに、
彼女らは教わる気が無く、風太郎を拒絶して家庭教師をクビにしようとする者までいる。

風太郎の課題は、勉強を教える以前に五人姉妹から信用を得ることだった。

【感想】

アイドルをグループで売ってるみたいに、アニメもヒロインをまとめ売りなのかな?

アニメ1期を観終わった限りでは、作画が物足りない声優アニメ止まりであって、
劇場版の興行収入が20億円を突破してるのが不思議だったのですが、
原作全14巻を読了した感想としては、綺麗な作画で魅力的なヒロイン5人を堪能し尽くす、
男性向けラブコメとして非常に完成された作品ではあるのですね。

三段ぶち抜きスタイル画や見開き大ゴマを使って、5人のヒロインのボディラインを強調したり、
タイツフェチが喜ぶようなカットを入れる。そんな作画ありきの漫画のアニメ化ですので、
キャラデザ自体は原作準拠ですが、作画自体はパッケージ版では修正されていましたが、
オンエア版は作画崩壊とか言われるカットがあったみたいですね。
2期は原画がほぼ日本人ですが、1期は中国人比率が高めなのがクオリティに影響してますかな?

一花、二乃、三玖、四葉、五月から好みのヒロインを推すも良し、
5人まとめて推して5倍楽しむも良しで、キャラ人気有りきの作品ではあるのですが、
原作4巻までのアニメ化ですので五つ子の風太郎への恋心もまだヒートアップまでいかず、
走り幅跳びでいう助走の段階じゃ、まだまだ楽しむのには足りずの1期でしたかな。

「ニセコイ」の一条楽がクズすぎて少年誌のラブコメはもうええわ!でしたが、
こっちはハーレムアニメと思いきや、上杉風太郎くんは嫌な人間じゃなかったので、
ちゃんと見られたのは良かったですね。

ともあれ、なんでこの作品が人気なの?を理解・納得・共感したければ原作を読むのは必須ですね。
私は、原作は面白かったですしドキドキしましたね。
ヒロインレースの結果に納得しないファンが多いみたいですが、
自分はそこまで作品に入れ込んでないので、そこは気にならなかったですね。


とまあ、薄くて浅いことしか書いていませんが、
これにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2022/11/11
閲覧 : 204
サンキュー:

29

奥田太鳳 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 1.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:----

一期はねぇ…

作画がね…2期から神よ
あとキャスト豪華すぎて引くよねw

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 150
サンキュー:

2

たいが さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

びみょう

ツイッターでおもしろいと話題だったから見たものの、、、
この先面白くなるのか、、、

投稿 : 2022/09/24
閲覧 : 323
サンキュー:

4

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

漫画がものすごく売れていると聞いています。

仕事の一環で観ました。

「少年マガジン」のラブコメ枠ということで、アニメ化して漫画の売り上げがあがったらしいです。

この手の漫画が売れるのは昨今珍しいので、本当に作っていてアニメの影響は計り知れないのだと思う次第です。

アニメを見てる人口は増えているのかも。

投稿 : 2022/09/13
閲覧 : 660
サンキュー:

22

ネタバレ

れるびい さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

うーえすーぎさ~~ん

ご無沙汰しています、れるびいです。
少し前にメインPCが壊れまして、セカンドPCでアニメばかり観てました。
壊れたのがグラボなので、値段が高くてまだ復旧してません。

五等分の花嫁は最初、ただのハーレムものと侮っていて、見ていませんでした。
少し前にコンビニとか色んなとことコラボしていたので、見てみようかと思い視聴しました。
普段あまりラブコメを観ないんですが、面白かったです。

この五つ子と言う、現実ではまずあり得ない様な設定ですが、
五つ子ではないけど、実は僕自身の友達に5人姉妹が居ます。
知り合った時は5人姉妹と聞いて冗談かと思いました。
ここ数年連絡とってはいないのですが当時はよくキャンプ行ったり海行ったりしました。
5対1で遊んでた訳じゃないし、アニメみたいなドキドキな展開はあまりありません。
が、今思えば非常にレアな環境でした。

自分は五等分の花嫁を知ってまっさきにその5人姉妹を思い浮かべたのですが、
キャラクター的に割と現実とかけ離れてはいませんでした。
見た目はみんな美人系だけど性格は五人五色。
姉妹間で言い争ってる感じとか、割とドロドロした微妙な姉妹関係とか、
でもなんだかんだ姉妹の絆が深かったりとか、
このアニメを見て、結構リアルだなと感じました。

自分の推しは天真爛漫キャラの四葉です。
と言うか四葉役の佐倉綾音さんが好きなのかもしれないと思いました。
OPの「うーえすーぎさ~~ん」がものすごく頭に残ってます。
佐倉さんの役は進撃の巨人のガビとか、のんのんびよりの夏海とか
好きなキャラ率がすごく高いです。

原作読んでないので最終的に風太郎が誰とくっつくのか楽しみです。

投稿 : 2022/07/27
閲覧 : 254
サンキュー:

19

おたまめ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

最高やし、3期や4期出て欲しい

ホンマにいい作品。これは3期や4期出て欲しいくらい。てか出て!映画だけじゃ物足りなくなってしまった。お願いします、3期や4期出してください!

投稿 : 2022/06/23
閲覧 : 124
サンキュー:

2

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

五等分の気持ち

 全12話。原作は1話のみ。

 だいぶ前のYouTubeの無料公開で見ました。ラブコメ、ハーレムもの?として結構面白かったですよ。作画はあんまりよろしくなかったけど。。。

 学年成績1位の貧乏学生が五つ子姉妹に勉強を教える!という話。でもドラゴン桜みたいな勉強のやり方を徹底的に突き詰める!という話ではなく、五つ子ちゃんたちと風太郎の関係を描いたものです。五人とも勉強に後ろ向きで逃げ出したりしてたので生意気だな~と思ったのですが、風太郎との関係が深まるにつれちゃんと勉強するようになりかわいらしくなってきましたね。

 1期はまだラブコメって感じではないですね。三玖と一花が風太郎に少し気がある?というところ。まだまだここからですね。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/06/05
閲覧 : 294
サンキュー:

19

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

えっ?みんな可愛いんだけど、なにか。

「五等分の花嫁」

タイトル、挿絵でいかにもハーレムな感じの作品なのかなって
思ってました。
可愛い容姿だけど勉強が・・・な五つ子ちゃんと
そんな彼女達の家庭教師をすることになった成績抜群の同級生の
上杉風太郎との青春ラブコメストーリーです。

よく双子って容姿だけでなく性格が似てたり相手の事を理解してるって
イメージですけど、
この五つ子ちゃんは髪型、髪色は違えど顔、スタイルは一緒なのに
それぞれ考えてることや性格とかが全く違います。

出だしは誰が誰だか?って感じで混乱しますけど、一人一人の
エピソードをこなしつつ進む展開で彼女達のことを知っていけるように
なっていて数話の段階で
はっきりと5人を識別出来るようになっていきます。
(実際は容姿や声とか同じなんだろうから無理なんでしょうけどね)

それはやっぱり5人それぞれを自分でも知っているレベルの
人気声優さん達が務めてるってことも大きいんでしょうね。

毎回大好きだったOPの「五等分の気持ち」
 ふ~たろうくん? CV.花澤香菜
   上杉起きなよ! CV.竹達彩奈
     ふ~たろ~~! CV.伊藤美来
       上杉さ~~ん CV.佐倉綾音
        上杉君 起きて? CV.水瀬いのり
5人が呼びかけるように歌い上げる可愛い魅力一杯の楽曲で
ちょっとにやけつつ聴き入っちゃってました。

ED「Sign」内田彩 もこの作品にピッタリな可愛らしい歌声が
耳に残る素敵な楽曲でした。

五人もの女性の心を掴まなくてはならない風太郎は
真面目である意味誰に対しても手を抜かない良いやつでした。
妹が可愛くて兄想いなのも鉄板なんです。
ある意味ツンデレ体質なのが女子受けするんでしょうかね。

花火回の最後の公園でのシーン。
残った5本の花火を選ぶシーンで一花と三玖の二人が同じ花火を
手に取ってしまいます。
風太郎に恋心?、興味を抱く瞬間になんか微笑んじゃいます。

これやっぱり5人とも風太郎を好きなっちゃうんだろうなって予感に
なんかにやけちゃいますし、逆に一人以外ははどこかで負けが確定して
しまうだろう未来にちょっぴり切なくも感じます。

林間学校での出来事をメインに風太郎との関係だけでなく五つ子ちゃん達同士の関係性も徐々に進展していきます。

ところで、この作品ではあなたは誰推しなの??って
のが必ずありますよね~絶対。
自分的には
最初の印象が今一つだったけど後半どんどん好印象になった
妹想いの長女の一花かな~~。

あっでも最初から風太郎推しの三玖もずっと可愛かったな~。
一花と三玖の同じ男を好きになっちゃったけど姉妹の絆、思いやり
が暖かくて、その優しさも癒されました。

っていうかいつも元気もらえて、一瞬メッチャドキッとさせられる
四葉も良かった回あったな~・・・。

って結局、姉妹が仲良くあることを優先する二乃であったり
真面目で不器用だけど誰よりも優しい五月も含めてみんな可愛くて
やっぱり今の段階では選べない・・箱推しだ~。
ってスイマセン・・・。
(みんな良い子だし、容姿も一緒だし・・・
でも一人に決められないただの浮気者なんだろな~><!)

林間学校での結びの伝説。
色々あってのキャンプファイヤー。
風太郎が寝てる部屋に5人が集まって同時に電気のスイッチを!
って最後の最後でまさに双子的な阿吽の呼吸で居合わせて
一緒に手を握って引き分け!?って展開でした。

伝説の2000日目での結婚式。
花嫁衣裳での姿は彼女達の特徴を消していて風太郎が
誰と結ばれたのか結局分かりませんでした。
(これって答え出てるのかな!?)

まあ2期も劇場版もあるみたいなのでゆっくりとこのラブコメの
行く末を楽しみたいです!

投稿 : 2022/06/05
閲覧 : 306
サンキュー:

21

ネタバレ

お茶 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

誰推しかによって評価が割れる作風

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。
ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!(TVアニメ動画『五等分の花嫁』のwikipedia・公式サイト等参照)
というあらすじ

ハーレム作品は人によっては嫌悪感があると思いますが、設定などを工夫することによって、嫌悪感を軽減していた作品に感じました。
嫌悪感の要因の一つに説得力のないご都合主義があると思います。
本作でもなかったとは言い切れませんが、家庭教師という関係を設定することによって、彼ら彼女たちが一緒にいることへの言い訳ができ、
「僕たちは勉強ができない」でもそうでしたが、彼女たちの苦手なことを克服するという物語は、恋に発展する手段としてわりと説得力があると感じます。

五人それぞれの性格や、得意教科と苦手教科があるというキャラ作りは、それぞれの良さが伝わりやすく、誰かしら推しにさせるような構図で、五つ子という設定+恋敵という関係は、誰が選ばれるかということに焦点が当たる。

移されている尺の違いや、キャラクターの立ち回りとして残念な人もいる一方で、良い写され方をされているキャラもいて、推しの違いによって評価が割れる作風だと思いました。

{netabare} ~花嫁があの子だった件については…否定派ですw {/netabare}

投稿 : 2022/05/26
閲覧 : 458
サンキュー:

19

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「ハッピーエンディング」を目指す良くできた恋愛シミュレーション!?

観る前は、「五等分」ってどう言う意味なんだろう?と言うのが正直なところでした。
例えば、記憶障害で五重人格が入れ替わるとか、死んだ姉妹が入れ替わるとか。
どちらにせよ「花嫁」ってつくからには報われない切ない物語かなと思っていました。
そのため観るのをためらっていた作品です。

でも、巷では、大人気。
なぜかアニメを観ていない年上の先輩にも勧められる始末。(お子さんの影響らしい…)
そして、今は、劇場公開で大盛り上がりみたいなので、この機会に観てみました。

そしたら、実際はもっと単純で五つ子の日常ものでした。
オーソドックスなラブコメで面白かったです。

でも、単純に面白かったのは、最初だけ・・・。
実は、「五等分」の意味が分かってくると、ある意味その残酷さが垣間見えます。
そして、視聴者に対しては、一種の拷問です。
だって、最後は、誰か一人を選ばなければならないのですよ・・・。


■五人五色
{netabare}
五つ子は、五人五色、つまり、まったく性格や特性、趣味嗜好が異なります。
一応、髪型や色、服装で描き分けられていて、区別はつくようになっています。
でも、設定上は、全員同じ顔で、他人から見たら区別がつきません。

その5人が主人公のことを好きになってしまいます。
すると、五つ子特有の「問題」が出題されます。
{/netabare}


■好きな人は、五等分できますか?
{netabare}
超「難問」です。

・だれかの失敗は5人で乗り越えること
・誰かの幸せは5人で分かち合うこと
・喜びも、悲しみも、怒りも、慈しみも、いつも一緒に全員で5等分

そんな絆で結ばれ、今までいろいろ乗り越えて生きてきた五つ子です。
小さい子供のうちは、確かにそれで良かったです。

でも、大人になるに従って、その絆が試される時がきます。
5人は、性格や特性が違うので、将来は、当然同じ道には進めません。
いつも一緒にいられなくなり、分かち合うことが難しくなります。
でも、そのくらいならなんとかなるかもしれません

しかし、同じ人を好きになってしまった瞬間、それはもうどうにもならなくなります。
なぜなら、結婚できるのは、当然5人のうち1人だけですから。
好きな人を仲良く5等分するわけにはいかないのです。
実際にそれをやったら怖いです。
そうかと言って、選ばれた誰か一人の幸せを5人で分かち合えますか?


この物語は、主人公が落ちこぼれの5人の家庭教師になります。
そして、いろいろな「問題」を解けるようにして試験のクリアを目指します。
5人は、努力のおかげで徐々に「問題」を解けるようになっていきます。

しかし、最後に解かなければいけないのが「五等分」と言う超「難問」なのです。
もちろん、普通に考えたら解けるはずもありません。
では、いったい5人は、どのような「解答」を導き出すのでしょうか?
{/netabare}


■視聴者に対する挑戦状!?
{netabare}
真っ先に思いつく「解答」は、「5人は、だれもくっつかない」です。
でも、第1話の冒頭で早々にそれは否定されます。
なぜなら、5人のうちのだれか一人とは、必ず結婚するからです。
でも、その結末の明かし方が憎いのです。
結ばれる一人が誰だか分からないようになっているからです。

この物語では、このように冒頭ですでに結末を明かしています。
それでいて、その結末は、どうなってしまうか分からないのです。
この矛盾は、ある意味視聴者に対する挑戦状にも受け取れます。
{/netabare}


■よくできた恋愛シミュレーション
{netabare}
原作は、「週刊少年マガジン」に連載された漫画です。
この雑誌は「少年」と言うからには、10代の男の子が対象なのでしょう。
そう考えると、この物語の人気の理由が分かりますよね。

ヒロインは、性格や雰囲気がまるで違う女子高生の5人。
中学生にとっては、自分よりもちょっと大人のあこがれの女性。
高校生にとっては、ちょうど自分と同じぐらいの恋愛対象の女性。
つまり、思春期の男の子にとっては、"ヒロイン"そのままの意味の女性です。

そして、「結婚」と言う「ハッピーエンディング」と言うゴールが示されている状況。
もちろん、どのヒロインとゴールできるかは、最後まで分かりません。
ここまでくれば、もはやよくできた恋愛シミュレーションゲームです。
自分が攻略したい"ヒロイン"は誰か?
その答えを見つけ、後はゴールまでその子のことばかり考えてしまいます。
この作品は、10代の「少年」の攻略魂に火をつけてしまったのかもしれません。

ちなみに私は「推し」と言う表現は、少し違う気がしました。
これは、「誰を応援したいか?」になり10代の「少年」の感覚ではない気がします。
どちらかと言うともっと上の年代の男性からみた感覚なのかなと思います。
{/netabare}


■原作に忠実
{netabare}
この機会に原作漫画も少し読んでみました。

キャラデザ、作画、ストーリー、セリフ・・・。
このアニメは、どれをとっても、これでもかってくらい原作に忠実です。
これは、すごいことですね。
人気原作漫画がそのまま動いて、しゃべってアニメになっているんです。
これなら、アニメも人気が出るのはうなずけます。
アニメで人気がでると、原作の人気もさらに加速します。
とても良い循環が生まれ、日本の漫画・アニメ文化の理想の姿の1つだと思いました。
{/netabare}


■まとめ

答案用紙は、まだ白いまま、終了のチャイムが鳴ってしまいした。
つまり、結ばれる一人が誰だか答えが出ていません。
そして、私たち視聴者のやきもきも続くのです・・・。

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 220
サンキュー:

25

ネタバレ

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブコメではNO.1でした!

学園系ハーレムラブコメです。ただし私は五つ子の絆や思いやりといった所に最も感動しましたね。正直号泣しましたw五つ子たちの個性も素晴らしく、何と言っても豪華な声優陣ですよね~。ハーレムボーイにはやっぱり松岡さん!妹思いの長女に花澤さん!ツンデレガールの竹達さん!おっとり控え目娘に伊藤さん!元気印には佐倉さん!しっかり者だが末っ子には水瀬さん!ちなみにこの1期での私の推しは3女の三玖です!!!あと実は主題歌や挿入歌もいい曲です!12話の特別エンディングで流れる「ごぶんのいち」は隠れた名曲だと思います。

投稿 : 2022/03/14
閲覧 : 300
サンキュー:

5

てんてん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

そこそこ面白かった

男性視点から見れば面白いでしょう。そりゃハーレムだもの。みんなチョロインすぎるのが気になるところだけど。でも5人のうちの一人に感情移入してしまうと評価がガラッと変わってしまう作品だと思う。そして三玖ちゃん無双のクール。現実的ではないがファンタジーな恋愛ものとしてとらえればそこそこ面白いと思う。

投稿 : 2022/02/26
閲覧 : 290
サンキュー:

4

けいP さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

漫画アニメの弱点を逆手に取った?

別のアニメのレビューで
キャラの描き分けが上手くない
みたいな事を書いた記憶があります。
登場人物が多くて描き手にあまり画力がないと
髪型や髪色を変えていても
よく観ると同じような顔とか
あったりしますが、
この作品はそんな漫画やアニメの
弱点を逆手に取ったような設定ですね。

主人公の家庭教師をする相手が五つ子
なので皆同じような顔でも問題ないし、
最終的にこの中の誰と結婚するか?
も姿を見せても声がないと誰だか分からない(そこを推理し楽しむ)。
ウマい事考えたな~と思いますねw

これ逆に実写化しづらいですよね。
五つ子の女優を集めるなんて無理があるし、
一人の女優に5役やらせるのも大変。
漫画アニメならでは(小説でもいけるか)
の設定ですね。
余談だけど昔タッチの実写化あって上杉たつやかずやを本物の双子の俳優が演じていましたね。ん?上杉・・・ちなみに南ちゃん役は長澤まさみさん。
実写だとせいぜい双子か頑張って三つ子ですかね。

もうすぐ映画が公開されるみたいなので
それまでには全部観たいです。

2022/2/12追記

全話見終わりました。

上の方でも触れてるけど、風太郎の名字が上杉なのはやはりタッチリスペクトなのかな?タッチはカズヤが交通事故で死んでタツヤと南ちゃんがくっつくけど(当ってる?)
もしカズヤが死ななかったら南ちゃんはカズヤとタツヤどっちにくっつくんだろうかと原作者は思って、それなら自分でそんな話を作ってしまおうという事でこの五等分の花嫁の話を考えたのかな?全部自分の推測ですけど。

実は五つ子ではなく一人っ子で、五つ子というのはその子の中にある人格、つまり5重人格なんじゃ?とか考えたけどそれはなかったw

もちろん2期も観ます。

投稿 : 2022/02/19
閲覧 : 371
サンキュー:

14

lostmemory さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

児童書に負けてる

四つ子ぐらしという児童書を思い出しました。
一人っ子だと思っていたら実は四つ子であることが
発覚し急に4人で暮らすことになる少女達の話。

正直向こうの方が男が絡んでこないし、等身大の
少女達が協力して色々乗り越えていく王道系なので
面白いと思います。こういう男取り合いみたいなのは
王道といえばそうなのですが結局ハーレムエンドか
一人以外みんな不幸かの2択なので好きになれない。
終わり方が最初から見えてるのでなおさらつまらない。

ちなみに児童書の四つ子ぐらしの名前は
長女:一花
次女:二鳥
三女:三風
四女:四月
数字の後ろを繋げると花鳥風月に
なるようになってます。4人が協力して
初めて1つの事が出来るという裏返し。
児童書ですが大人でも楽しめるのでオススメ。

え?この作品のレビュー?美少女で頭悪いって一人いる
だけでも面倒なのにそれが5人も…主人公に同情する。
どんなに外見がよくても人間中身なのは現実も空想も
同じ。バカはほんとに手に負えない。この作品のような
子が良い!と思っている人はもっと現実の女性と付き合い
ましょう。天才とまでは言わないがある程度の頭の良さは
絶対必要だと分かるから。

投稿 : 2022/02/15
閲覧 : 271
サンキュー:

6

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

船頭多くして船山に上る

原作は雑誌でパラパラと


視聴動機は、マガジン案件だったから。けっこう近年のマガジン頑張ってるんですよね。
そして蓋を開けてEDのキャスト陣を見たらこれまた豪華。

中野家のご姉妹
長女 : 一花 (いちか) CV 花澤香菜
次女 : 二乃 (にの) CV 竹達彩奈
三女 : 三玖 (みく) CV 伊藤美来
四女 : 四葉 (よつば) CV佐倉綾音
五女 : 五月 (いつき) CV水瀬いのり

進級も危うい五つ子ちゃんの家庭教師を請け負う学年一の秀才上杉風太郎主演のハーレムラブコメとなります。風太郎の声は松岡禎丞さん。日本にはハーレムラブコメに松岡さん以外を出演させると禁固刑となる法律でもあるのでしょうか?出ずっぱりです。
富裕層中野家と貧民層上杉家の対比です。バイト代の高さを動機付けになにかとたいへんな五人の成績を上げるべく奮闘しながら、とはいえ同学年の美人五姉妹相手に健康な高校生男子が何も思わないわけでもなく、、、いやその前に先方が機先を制してデレ始める鉄板の展開でした。
わりきって観る感じでしょうか?キャラとストーリーを持て余してる序盤です。


観終わって、、、
ぶーぶー言いながらも後半面白くてそれなりに満足しました。
結局のところ、

{netabare}五人まとめてかかってこいやー!{/netabare}

というわけで選べん。


まずは良い点。キャラの配置から。五人がそれぞれ個性的でキャラが被りません。おかげ様で名前と顔の一致が早い。

一花:THEお姉ちゃん。ふわふわしながら締めるところは締める。長子の割に合わないところを飲み込んで責任を全うしようとしてる。意志の強さがショートヘアーに表れているのか?{netabare}良い{/netabare}
二乃:勝気さと家族思いのギャップ。女子力も高い。風太郎への警戒は人一倍強いが、こういった子のバリアを突破した時に見せるだろう情の深さは楽しみである。{netabare}良い{/netabare}
三玖:不器用女子。人との距離の取り方に難があれど、あばたもえくぼってやつ。心根の良さと頑固さが見え隠れしほっとけないタイプ。{netabare}これまた良い{/netabare}
四葉:奉仕の心。明るくアホそうに見えてそのくせ周りへの気遣いを欠かさない。もっと自分だしていいんだよ、の守ってあげたいタイプ。{netabare}なんだかんだ良い{/netabare}
五月:キタ!ツンデレ。頑張っても結果が出ない。そこを男のValueで彼女の不足を補ってあげるぜ!と勘違いしたい。主人公にだけ冷たい。落としたい。{netabare}というわけで良い{/netabare}

声優さんの魅力もさることながら、誰がヒロインでも一本書けそうです。さらに風太郎の妹らいはも存在感出してくるので侮れません。


ただしこちらは全体のバランスを無視して単品で一人一人に焦点を絞ったら?という前提が必要。

 みんな良い = {netabare}どうでもよい{/netabare}

なのです。
・みんな巨乳はやりすぎでは?安直な感じもします。
・狭い空間(中野家のマンションの中)が主戦場なので一対一になりにくく、かといって姉妹同士牽制しあう描写もソフトで消化不良。
・順に攻略した末での落としどころが見えづらい。結局情感揺さぶられるほど感情移入するにはせいぜい三角関係ぐらいにしとかないと破錠するよね。難しい設定。
・言っても同年代5人ですから。先輩後輩のような縦の関係もないと物語を膨らませることは難しい。これも設定になるのかな。


こういった背景もあって、数話観ると割りきってブヒる視聴姿勢で臨むか、嫌気さすかどちらかになりそうな気配です。

{netabare}アバンの結婚式描写などご都合展開飛び越えての超展開も期待できそうな伏線は配置されてますが、{/netabare}

作品の焦点をどこに置けば良いのかイマイチ掴みきれておらず、途中しんどかったです。船頭多くして船山に上る感じ。
まるで、ホテルのビュッフェで和洋中華それ以外と単品のクオリティがそこそこ良いけど全部食べろと言われると持て余しちゃうような感覚に近いかもしれません。

それと、五つ子全員お勉強が出来ないというのもなんか釈然としません。
勉強ができるのと地頭の良さは別物とはいえ、一定の尺度の中でだったり要求水準を求められて成果を上げるとか努力することって人として必要でしょうに、それがないというのが一点。それなりにインプットがないとアウトプットするネタに困るのが人間だと思うよ、が二点め。
それが揃いも揃って全員かよ!ある意味すごい姉妹だと思われます。

 {netabare}お母ちゃんも空の上で泣いてるで。{/netabare}


{netabare}林間学校編に突入してから{/netabare}加速していった後半が良かったのでOK!とします。
ちょっと五人それぞれが揺れ動いてくるあたりから物語が締まってくるので序盤で切っちゃうともったいないかもしれません。


OPの ご ・ と ・ お ・ ぶ ・んっ  もTHEアニソンらしくて良かったですよ。
{netabare}タイムリーにスキー場で流れてて、ウチの子供は「きもっ」って言ってましたが。。{/netabare}



視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴
-----

2019.04.06 初稿
2019.09.16 修正
2022.02.10 修正

投稿 : 2022/02/10
閲覧 : 1215
サンキュー:

64

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かなりの数のラブコメ作品観てますがとても面白かったです

リアルタイムと動画配信で2回視聴済み。(アニメ作品を2回観ることは滅多にないですけど。)

先ずストーリーは話の面白さを伝える内容ではなく、五つ子の可愛さを見せるために作られているようなもので、ストーリーだけを切り離して評価してはいけないんだと思いました。
だからキャラクター(特に五つ子ちゃん)が好きじゃない人はこの作品はあまり好きになれないなと感じました。

その上で、キャラクターの特徴を掴むために三玖の回から始まって一花の回に至るまで、ちょっとしたハプニングシーンやお色気シーンがあって、五つ子の家庭教師や中間試験、林間学校などのイベントで、ストーリー性はあまりないけど五つ子の可愛さで続きが気になるラブコメ好きにはたまらない内容となっていて、とても楽しめました。

作画崩壊なんてことを言われてるけど、個人的には全然気にならなかった。
部分的に怪しかったのが、2話、4話、6話で、作画崩壊があったと思われるのが3話と10話。
時間にしたらどの回も1秒前後くらい。

同時並行で『どろろ』と『臨死!!江古田ちゃん』制作してたみたいなので、『どろろ』なんて手塚治先生の代表作みたいなもので手を抜くわけにいかないから、優秀なスタッフも取られちゃうでしょみたいなこと考えてたら逆にこの作品がかわいそうになってきました。
五つ子がアップされたカットは可愛く描かれていたし、同じ人が全ての原画を担当してるわけではないので、美少女描くことに慣れてない古参が重要でないコマ割り担当して文句言うのは違うと思った。

全体を通して見れば原作に即した作画で全然悪くないし、五つ子ははっきり言って可愛いかったです。

間違いなく可愛いかった。

キャラクターデザインは2期のかおり監督のバイブリーアニメーションスタジオよりもこちらの方が好み。
理由は1期は"春場ねぎ"先生の男性目線に沿った作画で描かれているが、2期は"かおり監督"の女性目線の作画で描かれているから。

『明日ちゃんのセーラー服』 に通じるところもあるけど、男性と女性では女の子の可愛さを感じる目線が違う。

11話の一花回で風太郎との絡みのシーンで異常なまでに作画が良かった(瞬間一花が三玖の可愛さを超えました。)けど、後で調べてみたらシャフトが関わっていたみたいで、3期があるとしたら是非シャフトにお願いしたいと思った今日この頃。

投稿 : 2022/02/10
閲覧 : 239
サンキュー:

8

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

焼肉定食。焼き肉抜きで。

投稿 : 2021/10/12
閲覧 : 167
サンキュー:

2

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

勉強×五つ子ラブコメ

見やすさ☆4
ヒロインに五つ子が出てきて、主人公の初恋の相手と結婚相手は誰でしょうみたいな伏線が描かれているのは斬新だった。五つ子の誰推しかていうので意見が割れたりして話題になったアニメ。

投稿 : 2021/09/21
閲覧 : 422
サンキュー:

9

§レイン・スターク§ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

★★★

2021.9.17 ★★★(3.4) 2度目観賞評価

投稿 : 2021/09/17
閲覧 : 185
サンキュー:

1

次の30件を表示

五等分の花嫁のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
五等分の花嫁のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

五等分の花嫁のストーリー・あらすじ

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!(TVアニメ動画『五等分の花嫁』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
手塚プロダクション
公式サイト
www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/
主題歌
《OP》中野家の五つ子『五等分の気持ち』《ED》内田彩『Sign』

声優・キャラクター

松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのり

スタッフ

原作:春場ねぎ『五等分の花嫁』(講談社『週刊少年マガジン』連載)
監督:桑原智、シリーズ構成:大知慶一郎、キャラクターデザイン:中村路之将、プロップデザイン:荻野美希/川石テツヤ、美術監督:斉藤雅己、色彩設計:油谷ゆみ、撮影監督:染谷和正、編集:内田渉、音響監督:平光琢也、音楽:田渕夏海/中村巴奈重/櫻井美希

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ