「五等分の花嫁(TVアニメ動画)」

総合得点
73.8
感想・評価
469
棚に入れた
1778
ランキング
600
★★★★☆ 3.6 (469)
物語
3.4
作画
3.2
声優
3.9
音楽
3.5
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

なかやまん

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

せっかく豪華やのになぁ

原作を読んでいるのだが、
話の展開自体は、まぁありがちなんだろうけど、

ヒロインが5つ子ってことで、
誰が選ばれるかってのは分かりづらいし、

ヒロインこの子に決まってて、どうくっつくのかを見守るだけではないというか、

それは他のラブコメと違ってちゃんと平等に?5択まであるのは、先が読めなくていいのでは。

アニメ化の声優陣が発表された時に、
一言、豪華やなぁと。
それもちょっと数年前によくアニメ見てた人に刺さりそうなキャストやなぁと

はい。私です。

原作を読んでてキャストも良いなら期待値は当然上がってしまうわけで、

楽しみにしてたんだけれども、

作画が...

顔が...

うん。
お金かかってそうやのに、
なんでそこ頑張れへんかったんかなぁ?

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 14
サンキュー:

1

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

赤点回避。5人+1人の絆。  2期!

主人公が勉強を教えていくという話なのですが、キャラが皆かわいい!それに設定の5人姉妹というのも、後に何かありそうです♪

あやねるのcmで魅了され、そして新たな声優さん。
皆魅力のある声優さんです!



漫画単行本全て読んでます!1日で読破。
控えめにいって大好きです♪

一花、お姉さんキャラ最高。
二乃、ツンが多いけど優しいところも。最高。
三玖、ツンからのデレデレアマアマ最高。
四葉、元気っ子少女、皆想い。最高。
五月、真面目っ子しっかりで姉妹想い。最高。


皆それぞれおばかだけど、5人いれば大丈夫。

フータローも優しいし面倒見がよい。

作画すごく良い。色合いが綺麗。徒然チルドレンみたいな、淡い優しい色だけど、目に残る感じ。

一花と三玖に心を奪われました。
5人揃って乗り越えるということが目指すところ?なのかな? 順番に絆深めていくところが現実的でいいと思うぞい。


力はいってますね。花嫁は誰なのか。学園生活を二人は思い出すように…夢のような日々を。


作画は、走って動いているのはあまりかもですが、作画とイラストの綺麗さはかなり良い。

1話。貧乏学生フータロー。彼と彼女達の出逢い。
オープニング、5人の呼び掛け良いぞ良いぞ!
(松岡くんの演技が思った以上にはまってる)
フータローは勿論全て満点。
お金がない上杉家。(妹はこまちゃんだ…)
五月さん、転校してきた。まさかの家庭教師の相手。
ああ、いつもの松岡さんだった。

(5つ子なんだよね。)

思った以上に皆がかわいすぎる。四葉かわいいわ~♪
三玖~♪ (この子がいまからでれるんだぜ…最高だろ)
二乃~♪ この子が一番思ったのはツンツン。
五月~♪ガーンかわいい~♪

はーい~♪5つ子家庭教師の始まり。
(松岡くんがケイネスみたいになってる。)
一花ちゃんはえっちいお姉さん。着てません~♪

二乃のハニートラップ。特に二乃はね。
ライハちゃん~♪超絶かわいい妹ちゃん。

フータロー。頑張れ。全員赤点候補だぞ~♪

花嫁五月っぽさがアニメだとあるな。関係からして五月がヒロイン枠としては可能性高そうだな…
自分的には三玖がいいと思ってしまい、フータローだったら誰でも幸せにできそうだけど、合うのは一花とかっぽい気がする。

2話。三玖メインでっせ!かわいいの連続だぜ!

2話。主人公、家庭教師のバイトの始まり。
眼鏡…かしこそう…五月、見た目はかしこそう…
そう、かしこそうではあった。ただそれだけだった。
抜き打ちテストは全員合わせて100点です。全員赤点候補生。
勉強嫌いな5人。ただ、三玖は戦国武将は大好き。
それは秘密なのだ。
四葉はフータローになついているのだ。
戦国武将大好き三玖。
(フータローは恋とかはまだ、本当に望んでいない)

かわいい。照れてる三玖。そしてフータローより知識が豊富なのだ。詰めが甘かったな!フータロー。
鼻水なんて入ってないよ。これを知らないフータロー。だが、フータローもそこで諦めない。

三玖、四葉のマネ、上手かったな(笑)

そう、そして、フータローのそういうとこに三玖は次第に魅かれていくのだ。ダメなことをダメと諦めない。諦めないフータロー。
希望の光を見出だす。

三玖は膨れっ面がかわいい。

(少しだけ作画が怪しかったね。ていっても走るところとかだから、あまりそういうのは良いよね。)

5人の、皆が違うところができるってのがまた良い。
恋していきます。エンディング好き。原作絵♪
イラスト綺麗。

次回は少し家庭教師日常。テンプレラッキースケベに恋心の芽生え。

そして一花編かな?

3話。家庭教師開始。そんな時にニノの妨害が入ってしまう。だけど、三玖はついてくる。進歩ですね。
料理対決。三玖は料理が苦手です。
でもフータローは貧乏なので、基本食べれます。
両方旨い。そう言える。
ニノは5人の、姉妹のいる空間を邪魔されたくない。

裁判開始。冤罪ですが。
(作画ファイトだよ!)

そう、ニノは仲良しでいたい。昔のように。

4話。家庭教師のお金。ライハちゃん大喜び。
妹力。かわいさの塊であるライハ。天使…

浴衣4人組。花火大会。宿題やってからな!

一花の様子が?何かあるのかな?

5人の想い出の花火。そんな中、場所を知っているのはニノだけ。

フータローがミクに好かれるのはそういうこと。
さりげない気遣いです。

一花がおじさんと…   ミクかわいい。おこミク。


一花は女優を目指しているんですよね。変なことしてるのではないです。ネタバレですね。すみません。

(作画、ファイトです。)
演技は申し分ないと思います~♪

5話。一花と花火の続き。フータローのお節介をやく理由。自分でもまだわからないのだ。
フータローは自分が友達ですらわからないという感情

一花のポカン顔。かわいい。

フータローはなんのために勉強をしてるのか。それはあの人との約束…

ニノ、あんたも探しにいきんしゃい。

フータロー…答えを自分で見つける。
すかさずミクの手をキャッチ。
パートナー。友達とは言いづらいフータローの言葉。

期待の若手女優の一花さん。
(ミクがキラッキラッに光ってらっしゃる。)

一花の夢の第一歩。本心を隠す彼女に、フータローは自身の状況を語る。

一花が取り繕うのは、下4人に胸を張りたいから。
真剣に取り組むフータローの姿は人の心を動かすものなのだろう。

フータロー、まさに外道の顔。


花火大会は一緒に見られなかったが、一緒に花火はできたのでした。

かわいければいいじゃない?いいでしょう!
良い笑顔です。

一花さん、膝枕。でかい。お疲れさんです。
フータロー。

次回、勉強会ですね。そこからテスト。

6話。五月への接し方、ニノへの接し方をまだ掴めないフータロー。五月かわいい。言い方ぁ!
テスト勉強は二人を除いて。(中間試験でフータローは中野家のお父さんから成果を求められる。5人のうち一人でも赤点ならクビ。声優…ラスボスじゃねーか。)

ニノの五月の声まね。なかなかうまい。お風呂越しだから、なかなか似ている。ニノに今回の条件を知られてしまう。

五月との喧嘩、どうなるでしょうね。
フータローはミクのベッドで寝ます。寝ぼけてミクが入ってきます。本来はいけませんが、これがある意味解決の鍵になります。

7話。五月と喧嘩していたが、ミクのおかげで仲直りできた感じ。勉強もぎりぎりまでした。
そのせいでなんと遅刻してしまう。
しかし、四葉が先についたお陰でドッペルゲンガー作戦を結構。(四葉の声真似、ミクが一番うまい)
フータローも真似? 無理があったか(笑)
そしてテスト。結果を出せるだろうか?

(フータローだけテスト難しくされていますが、問題なし。先生の私情で。)

フータローのお陰で点数は着実にアップ。それでも皆が赤点回避は出来なかった。
結果を出せなかったフータロー。

ニノの言葉巧みな嘘でなんとか解雇は回避。
(この事実をしっているのはニノと五月だけ。まだ知らなくて良い事実。)

次回、料理を作るミクです!

8話。ミクの料理を食べ過ぎたフータロー。そして今回は下手なフォローをする四葉。
四葉の「嘘」 破壊力絶大でしたね♪

そして後半、ニノのピアス。2巻最後なので、やってなかった話で帳尻あわせですかね?
この話も好きです。メアドのお話し。
そしてニノが昔のフータローの写真を見る…


林間学校もすぐそこ。次回から林間学校編ですね。

その前にフータローの林間学校準備やら、前田くん、一花とミクの話も来そうです。
都合上とばしそうでもあります。

9話。前半。前田くんが一花にキャンプファイアーの躍りを誘うとこです。このときの一花は仕事があり、代わりにミクが入れ替わりで一花を演じますが、断るためにフータローと恋人だと嘘をついてしまう。
この事から、後に、ミクは自分が踊りたいけど、一花に譲ろうとし、一花も我慢しなくてもいいのではないかという考えが浮かびます。

林間学校前日、ライハが風邪を引き、フータローはバスにのれなかった。父がわたした林間学校のしおりには多くの付箋があった。楽しみだったからでしょう。

間に合わないと思ったらなんと姉妹5人が待っててくれるというご褒美です。車で旅館に向かいます。

5人にはそれぞれの考え。
一花は休学するかどうか、ミクを応援したいが自分はどう思っているのか?
ニノは写真のあの人にあいたい。
ミクは一花がフータローと踊ることを後押しするが、平等という言葉をなぜか使ってしまう。
四葉はこのときはまだとにかく皆で楽しみたい。フータローになにやら感情は抱く様子ですが。
五月はフータローを信じるためになにかをやるようです。彼女にはフータローを信じきるには何かが不安なのでしょう。

フータローもどうするかです、何故かテンションも高い。どうしてか。

10話。今回は林間学校でニノが金髪の子と出会う。
肝だめしでフータローが金髪のかつらをかぶってしまったいるという偶然。
フータローとは気づかずに。そんな彼に惹かれてしまうニノ。

好感度を気にしているフータロー。

一花の涙。いい感じでした~♪ 知らずうちに流す。
フータローの言葉がささったのでしょう。

一花はフータローと密室に閉じ込められてしまう。


肝だめし、漫画の迫力がほしかったかな~♪

11話。一花お姉さんの休学の話。彼女には迷いがある。ミクのためにやめるべきか、それとも自分に正直になるべきか、未練がないのは嘘だろう。

そんな中、一花は知ってしまう。キャンプファイアーで踊る意味。知らなかったのだ。伝説のことを。

そして見られてしまう。二人一緒のところを。

ミクの平等という言葉。

(五月が一花を演じているというのはわかってしまいますね。風邪ということで姉妹も判断しにくいのかもですね。実際声で判断は難しいですからね)

五月はフータローを試しているのです。
ここでの上杉くんという呼び方が鍵です。

(フータローも風邪が悪化しています。)

かまくらでのミクとフータロー。ドキドキしろ!

平等じゃなく、公平に
ミクの乙女な顔、いいですね♪

一花は安静にしてます。

最終話。五月のフータローを試すのは、かつての父に何かあったからだろう。

フータローも、なんだかんだで少しずつだが、五つ子のことをわかったのかもしれない。終わりらへんは漫画と少し違いますが、ご愛敬でしょう。

個人的に、漫画を読んでほしい作品です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人的に、1~5の声優さんで、初めは、五月役のいのりんは合わないイメージでしたが、そんなことなかったですね。
ガーンの演技、好きですね。
一番しっくりくるのはやはりミクでしょうか。
おとなしくも、感情がつまっている感じです。
ニノの高飛車な感じも、竹達さんの演技がうまく出ています。
四葉の天真爛漫な感じはあやねるの演技が元気一杯という感じで、しっくり来ます。cmで5人全員やっていたのもとてもすごかった。声優の本気ですね。
一花の演技の花澤さんは、妹っぽいキャラや、キレるようなキャラも好きですが、お姉さんキャラもいいですね。お姉さんしようとして、まだお姉さんになりきれていない感じも出ている気がします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アニメも思ってた以上に良いです。
大好きですわ。おいちゃん。

5人のかわいい個性が出ていて、最高。
皆がそれぞれのかわいさがあります。
作画が不安定というか、単調っぽさがあるのが少し残念ぽさがある感じですかね。

光や背景の作画はよいと思うのですが、人物の作画ですかね。自分はそれでも大丈夫だ、問題ない。

覇権はかぐやさまっぽいかもですが、自分はこっちの少し違うラブコメ感も大好きです。

余談。
5人の呼び方。フータローにたいして。
一花 フータロー君
ニノ 上杉
ミク フータロー
四葉 上杉さーん
五月 上杉君

だったかな?



原作がかなりいいところ来てます。フータローの恋の行方です。最新のだと四葉の話でしたね。


原作8巻。最高でした。
{netabare} ニノがフータローに恋心を告白して、モヤモヤのまま旅行先で家族全員集合。それぞれの悩み。

一花。彼女は自分が期末試験1位になって、自分が告白してもいいのだろうかと思ったところで、ニノの告白シーンを目撃してしまう。この恋心が本物なのか…
そう、彼女はフータローのことが好きだという自覚がなかった。彼女も誰にもとられたくなかったのだ。

ニノ。告白した後、フータローにグイグイせめていきます。今までのことがうそのよう(ツンデレです)
しかし、少し事件がありなかなか二人きりになれない。そして最後には色々と驚くこととなる、ライバルが増えたね!

ミク。今回の一番のメインです。一花から1位をとられて、自分は生徒と教師の関係ではこれ以上を望めないと感じてしまう。だからこそ、色々起こしてしまうが…そこは愛なのです…

四葉。今回は相談役といった感じで関係してきます。一花と絡む感じです。お姉さんという感じがしました。

五月。色々と引っ掻き回され役です。今回はなんせ五付き合いちゃんが5人もいますからね~♪
そして本物を探すではなく、偽物を探すという。

次かな。四葉回は。
四葉は、次にくるんだろうな。

{/netabare}
9巻、これもよかったですね。
物語はいよいよといったところに来てる感じです!
それぞれの思惑が動き、振り回されます!

10巻。
修学旅行。
{netabare}
一花やニノ、ミク、四葉、五月の決心がみられる話でした。フータローがすき、だけど家族もすき。その天秤がどちらに傾くか。

驚きはなんといっても麗奈。あの頃の彼女。
四葉。彼女だったのだ。
{/netabare}


そして2期。作画凝っててほしいです。

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 214
サンキュー:

19

ネタバレ

scandalsho

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

豪華声優陣だけが魅力!?

原作未読。最終話まで視聴。

美人揃いの五つ子。
家庭教師は同級生の男の子。

設定がありえなさ過ぎてどこからツッコめばよいのやら・・・。

せめて、コメディ要素が強ければラブコメとして楽しめたんだろうけど・・・。
コメディとしては笑いどころが少なすぎ。

さすがにヒロインが5人もいると、1クールでは間延びし過ぎかな。

{netabare}ご想像にお任せします{/netabare}エンディングも、何だかいただけない。

まさか、原作完結していないとか?
だったら、こんなエンディングにしなければよかったのに・・・。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 159
サンキュー:

40

たいが

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

びみょう

ツイッターでおもしろいと話題だったから見たものの、、、
この先面白くなるのか、、、

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 22
サンキュー:

2

HIRO chan

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いがいやいがい面白かったです。

TBS系の深夜に放送していたアニメです。
キャラデザインがあまり好きじゃなかったので、録画はしたが、全くみてませんでした。ある時何気なく5話あたり(記憶があいまいです。)を何気なく再生していたら、はまって最初から見直しました。5人姉妹(同じ年)の声優さんのキャスティングがぴったりハマっていたと思う。又 ほろりコメディーも各話よくできていたと思います。

キャスト
上杉風太郎:松岡禎丞
中野一花:花澤香菜
中野二乃:竹達彩奈
中野三玖:伊藤美来
中野四葉:佐倉綾音
中野五月:水瀬いのり
上杉らいは:高森奈津美
上杉勇也:日野聡

投稿 : 2019/06/12
閲覧 : 43
サンキュー:

7

ネタバレ

うざっしー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

物語のゴールを明確に見せていることだけはいいと思う

五つ子のハーレム物。男性向けおそ松さんと言った印象。
それぞれの性格は一花=トド松、二乃=カラ松、三玖=一松、四葉=十四松、五月=チョロ松だろうか。異論はあるだろうけど。

ハーレムヒロインたちが五つ子であるメリットは、
・乳のサイズが平等
・顔が同じでも非難されない
・先にゴールのシーンを見せても顔が同じなので誰と結ばれるか分からない
だろうか。全員平等で誰とくっつくか分からないと言うのはハーレムラブコメとしては大きなアドバンテージだろう。

この作品は中高生男子に強く支持されているようだが、内容自体はシスタープリンセスの頃から山ほどあるような古くっさいハーレムラブコメでしかない。
主人公の恋愛アンチでガリ勉な性格など「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」に似ていると思った。

最も矛盾を感じる点は五つ子の顔が同じ事を利用したトリックで、原作マンガは無声の白黒なので髪型を変えられると区別がつかなくなるのだろうが(でも原作の時点でそれぞれ髪の色が違う設定なんだが…)、アニメは髪の色の違いがあるので「なんで入れ替わりに気づかないんだ?」としか思えない。さらにアニメでは声の違いもあるので入れ替わりトリックが全く成立してなくて疑問ばかりを感じた。

あとは、
{netabare}「俺はこいつらのパートナーだ!(ドヤァ」
これほんと意味不明。パートナーだから何だと言うのか。
それと12話のハゲ出っ歯の教師が雰囲気ぶち壊してるw{/netabare}

そもそも長期連載前提のせいだろうが、{netabare}みんなで花火を見るだとか{/netabare}どうでもいいようなことをさも重大な事のようにして引き伸ばしていてテンポが悪い。
ただゴールは明確に見せているので、ラストまでのストーリーは決めているのだろう。でもその分引き延ばしずらいだろうなと思う。

あと細かい点では、{netabare}三玖が信長は頭蓋骨に酒を入れたと言っているが、入れてない。信長公記では薄濃にして飾ったと書かれているだけ。講談社に入れた編集者ならそのくらい知ってて当然だと思うんだが。
それと石田三成と大谷吉継の逸話で垂れたのは鼻水と確定してないんだよな。ハンセン病で崩れた顔の肉片とも言われている。
ただ戦国ネタで歴史の勉強の興味を引く手法は自分が家庭教師バイトの頃にやっていたのでなつかしかったw{/netabare}

声優陣については、五月の水瀬いのりがいつもと違う固い演技をしているので個性が出せていない(ネトゲ嫁とかもそうだったが)。これだったら水瀬いのりじゃなくてもいいような。
三玖と五月を逆にすべきだったと思う。水瀬いのりは三玖みたいなクールキャラは得意だし、伊藤美来は五月をろこどるのなにゃこみたいに演じればそれでいい。
そもそもこの一期は{netabare}五月だけが冷遇されているように感じた。一期は三玖がメインヒロインのように感じる。二期から違ってくるのだろうけど。一期のラストは前田夫妻が全部持って行った感じ。{/netabare}

問題にされた作画だが、確かに悪い。崩れているというより、表情や歩き方、体の動きがおかしいと感じることが多い。12話のキャンプファイヤーで炎が動いているのに皆が固まってるのは酷すぎた。
11話はシャフトが協力して改善していたが(山村杉山伊藤潮月となぜかシャフトオールスターwマギレコはどうなったの…)この作画で普通だろうってくらい。
ただ「ゲーマーズ!」「Just Because!」「はじめてのギャル」辺りよりは作画はいいと思った。←クソ作画アニメで鍛えられている

投稿 : 2019/06/11
閲覧 : 190
サンキュー:

14

衛狸庵

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

なんやようわからん

経済的に恵まれない秀才主人公が退学寸前のアホ五つ子の姉妹にアルバイトで家庭教師をする話。原作見た事もありません。
で、何やら恋愛が絡んでるみたいなんですが、よう解らん。
ハーレム物の定番で主人公は鈍感でつまらない奴です。
正直、居ても居なくてもどうでもいいような……いやいや、恋愛物なのに居ないとまずいか……
姉妹達は取り合うのか?譲り合うのか?真剣なのか?なんとなくなのか?
箱入り娘達は他の男を見た事無いのかと疑問に思う。
その上、五人に魅力が感じられない。
物語も、盛り上がる事無くエンディング。
なんか、こう、もっと感情をぶつけ合うようなのが欲しかったかな。
で、結局誰と結婚したのかな?まぁ、その辺のぼかしは演出としてはありかな。

投稿 : 2019/06/04
閲覧 : 43
サンキュー:

2

ネタバレ

響-n4

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

奥の深い、奥手なアニメや、、。!

このアニメでまず一言言いたいです!キャラ可愛すぎる!!!
特に二乃と五月!
僕はこの↑二キャラが推しですね。

はい、ではレビューを書かせて頂きます。
そうですの~、このアニメは確かにラブコメであり、でもキャラ一人一人のストーリーを鮮明に造り込まれている作品だと思いました。
当初、一話を観た時はよくありげな教師系かー。と思い観ていませんでしたが、後々youtubeで発見し、全キャラの可愛さと共に、このアニメと引かれて行き、どっとはまってしまいました。
当初 観る前の思っていた感じとは裏腹に、この五姉妹が全ヒロインという点にも引かれましたかね。
だいたいのアニメはそのアニメにヒロインは一人しかいないと思いますが、このアニメは全員(この五姉妹)がヒロインだという凄さに+やはり個人のストーリーが良く出来ているなと思いました。
原作は見ていないので偉そうには言えませんが、一花がアニメ版9話辺りで叩かれたのって酷いと思います。
何よりもこのアニメのストーリーを決めるのはこのストーリーを造った作者自身ですし、、。
でもヤンデレも捨てたもんじゃないと思いました。
確かにアニメ上(原作上でも)で姉妹を裏切り、一人独占しようとする動きに対し、批判するのは分かりますが、それも一つの手段?というのか、パターンというとか、でも本当によく造り込まれた作品だと思いますよ。

最後に。
今回のレビューでは書きたい事が多すぎて、言葉が思い付くにつれ それに被さっていくように、上書きセーブされて行き、結局言いたい事があまり書けないかったのですが、この気持ちだけでもレビューをご覧になられている方に届けれれば幸いです、

投稿 : 2019/05/29
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ネタバレ

kooodain

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

可愛い…かわいい……好きなキャラがいるかどうかに尽きる

とにかく絵のタッチも最高に私の好みでした。
さらに好きなキャラが三人も出来たという今までで異色の作品になりました。

貧困な主人公が大金持ちの五つ子の家庭教師になるという話です。
ただし個人個人で得意分野が異なり全てにおいて落第点という状態です。
勉強嫌いな五つ子を勉強させるところから始まりますw
アニメの半分まではそんな感じです。
それと同時進行で五つ子側の恋愛も進んでいきます。

個人的に思いますが多分続編があったら五つ子全員を好きになるかもしれません。
そんな気がしてならないです…。

作品としては少しだけ特色のある恋愛物と言ったところです。
あとは絵のタッチが他と異なるのでそこがツボの人は最高かもしれません。
絵が好みすぎて1週目は作画について何も思いませんでした。
が、確かにちょっとやばいだろっていう作画の崩壊が何箇所か見受けられました。
誠に残念です……。

ちなみに私の好きなキャラは長女と三女と四女です。

え?!ま?!?!?!
今調べてたら2期の制作が決定してましたよ!!!!!
いよっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁあっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!
(作画班今度は頑張って下さい)
今まで感想を書いてて最高な気分になりましたwwwww
いつかは発表されてないので2021年以降ですかね……。
何はともあれ吉報を見れて幸せです。
またあの可愛い女の子達に画面で会えるとは………。
私の命はこの2期が放送されるまでは延命されそうです^^

▼物語の評価
恋愛物としては特色があるちょっと異色に感じた。
シリーズ構成もよく出来ていてテンポよく進んでいく。
ちょっとした謎も一応2つだけあってそれも面白くしている要因。
▼作画の評価
絵のタッチがドストライク。
でも作画の崩壊がひどい部分があったので大幅な原点です。
良いシーンや力の入ってるシーンは最高に綺麗で可愛いんですけどねぇ。
非常にもったいないです。
▼声優の評価
各々の五つ子によく合っているキャストだったと思います。
あとモノマネみたいなのをしないといけないのでそこが面白いですw
主人公は…キリトの人?良く見てませんでしたが多分そうでしょう。
演技が今までのどの作品とも違いあまり松岡を感じさせませんでした。
今調べたら松岡でした。
松岡をあまり感じさせない松岡は珍しいので演技を意図的に変えているのでしょう。
それでも松岡とわかってしまうんですけどね…。
▼音楽の評価
EDもOPもとても作品にあっていてよかったです。
EDは特に曲としても素晴らしかったと思っています。
OPは出だしのあれがあるかないかで全然評価が変わっていたでしょうww
BGM?特に何も言うことはないです。可もなく不可もなくです。
▼キャラの評価
とにかく可愛い。可愛い。可愛い。可愛い。可愛い。
五つ子なので5回言いました。
でも好きなキャラは上述した3人です。
この手のハーレム物の作品にしては珍しく3人も好きなキャラが出来ました。
それだけ魅力的なキャラもしくはそう描かれているという事でしょう。
特にネタバレにならないネタバレ→{netabare}五つ子何であの髪の色になった?染めてるのか??{/netabare}

投稿 : 2019/05/24
閲覧 : 40
サンキュー:

7

ネタバレ

しんじの元嫁

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

※エロ注意 ※グロ注意

女ってのはバカで無能、なにもできないから、俺が教えてやらないと、俺が助けてやらないと。
俺は先生なんだから。

俺のことを好きになってくれる。
俺のために何かを抱えている。
俺が解決してやらないと。

教科のことだけじゃない。
5人の性格も把握して、人間性も育ててやらないと。

{netabare}
気持ち悪いでしょ。
でも、女の子を自分の手で育てたいとか、そのことで愛されたい、でも自分はかっこつけていたいとかって、やっぱ心の奥底で思っちゃっていたりするんですよ。

そういう欲望があって、達成されたら気持ちいいんです。
汚いけどね。

映像とは疑似体験で、現実では許されない行為だからこそ、アニメであじわってるんですよ。
やってることはエッチ以上にエッチですよ。

同時にグロいものでもあった。
五等分って発想がこわい。
顔は同じで性格はバラバラ。
5人合わせて100点。

現実だったらホラーだ。
心を5つにバラして、どの部位が好きかって言ってるようなもんでしょ。

んで、バラバラの心たちを、おんなじ外見ならどんな中身がいーかなっつって見定めてる。
花嫁蠱毒って感じですかね?
俺の花嫁にふさわしい性格はこんな人だっつってね。

ただ、たくさんの女の子とイチャイチャできるハーレムっていいよねって。
こんな気持ち悪いこと人前じゃ言えないけど。

気持ち悪いついでに白状すると、このアニメ、イヤホンつけてみていたからさ、毎回OPで左耳からくる一花のささやき声にゾクッとしたわ。
気持ち悪いけど、気持ちいいんすよね。{/netabare}

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 96
サンキュー:

9

jintan117

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

五色×恋愛×ガリ勉×耳きゅん×良作ラブコメ

五等分の花嫁感想。見ながら思ったことをメモしたから乱打してく。

恋愛フラグ回収まであと一歩のところで言葉を間違いフラグを折る。と思ったら不意打ちでいきなりラブコメ主人公してくる。5人の照れる反応も必見。
豪華声優陣の色を強調してる神opとても良き。

細かい気遣い見えないお節介イチカ好き。

中間試験、遅刻回避作戦名付けてドッペルゲンガー作戦、ふうたろうも乗っかってよつばのふりをするが、あっけなくバレる、
生活指導の先生「お前遅刻した上にふざけてんのか?」
ふうたろう「ですよね?( ͡° ͜ʖ ͡°)(キリッ)」
→このくだり好き。

急な四葉の恋愛展開!?ってうそかーいw…?…?
これはそゆことか///

音響の仕事っぷりがよい。

なんか一花色強め
ヒロイン色は五月が強め。

最終話まで見て感想は一言「一体花嫁はだれなんっ…だぁ!!!」
主希望は三玖。みんなは誰がいい?
めっさ好きなラブコメでした。見たら次が気になるよ。
最後まで見てくれてありがとう!
ではまたよろしく(・∀・)ノ

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 29
サンキュー:

8

ネタバレ

plm

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ふーたろ~

ラブコメはやはり主人公が重要だと思う
不器用なりに五つ子と向き合って歩み寄ろうとする姿勢に好感が持てた

顔が同じだけどそれぞれの主に内面的な部分で
関係に差がでてくるっていうのが面白い設定だった
まあアニメだと髪色や声も違ったので外見上の印象もだいぶ違ったけれど

三玖かわでした

投稿 : 2019/05/20
閲覧 : 46
サンキュー:

6

ネタバレ

しんのすけ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

結局 花嫁は誰?

(20190410)

学園ラブコメ & ハーレム もののアニメではありますが、
第一話で結婚式、花嫁の顔まで出てきます!!!
つまり、
多くのハーレムアニメとは異なり、
主人公は その中の誰かを選ぶのです!!!
(これは斬新ですね)

設定は、
結婚式直前の主人公達の出会いを、回想するという事のようです。

五つ子姉妹は、姿こそ同じだが、性格は別人?
どの娘も異なる魅力を備えています!

そんなわけで、毎回誰なのか知りたくて見ていたのですが、
結局わからないのです!?
(最終話での「やられた」感がハンパなかったです!!)


技術的?な事では、豪華声優陣 という事がポイントです!

「松岡禎丞」さんは同シーズン「ソードアートオンライン」があったので、忙しかったでしょうね!
(「盾の勇者」にも出てましたね)

「花澤香菜」さんは、個人的に声が好きなので、
「一花」がたくさん登場する放送回を何回も見ちゃいました!
(キャラの魅力を引き出せていたと思います。さすがです)

「竹達彩菜」さんの、ツンデレキャラは最高です!
(ほんと上手いと思います)

「水瀬いのり」さんは、どうしても注目してしまったのですが・・・
このキャラがイマイチな感じで、勿体無かった様に思えます!

「伊藤未来」「佐倉綾音」の二人ですが、
すみません知りませんでした(ほんとにごめんなさい)
この作品でのこの二人の仕事は、完璧なのではないでしょうか!
それぞれのキャラの魅力を極限まで引き出せていたと思います!
この作品では重要なポジションでしたので・・・
(好きな声優さんが増えました)

という感じで、
この作品、ストーリーも良いのですが、
声優さんの演技力・表現力も魅力です!


個人的には、
原作を知らないので、詳しいことは判らないのですが、
主人公の性格?を一変させた娘がいますよね!
しかもその娘、この五つ子の中の誰かですよね(たぶん)
知りたい、そのエピソードが知りたいです!


(20190225) 追記
書き漏らしがありました。
五つ子の瞳です!
あの吸い込まれるような青い瞳が印象的でした。
特に 重要なシーンになると瞳がアップ になります。
この演出が とても良かったと思えます。

目は口ほどにモノを言うんですね!


(20190516) 追記
だいぶ経ってしまいましたが、
続編製作が決定したようですね!
今度こそ、小学生の頃の事を知りたいです。

投稿 : 2019/05/16
閲覧 : 79
サンキュー:

4

Dave

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

っていうギャルゲー

5人兄弟の女子高生を、同じ高校生が家庭教師として教えながら攻略していくギャルゲー。声優陣をみるととても豪華なんですよね、【よりもい】並みに。しかし、私にはどうしても中身があるようには思えない作品でした。いくら優秀でも、同い年の高校生を家庭教師には雇わないだろ、という突っ込みはさておき、5人の似たような顔のヒロインをどう攻略していくか、というのがペラいというか…。

そもそも、どうしてこの5つ子は勉強しようとしているのかの動機が不明だし、主人公にこぞって反発する⇒懐柔というのもテンプレ展開で。5つ子だから顔が同じなので、髪形や服装で差別化するしかないんだけど、さすがに5人となると誰が誰だか…精一杯差別化しようとしたとは思うんですが、失敗してると思います。

5人と均等にストーリーをすすめようとすると、どうしても尺が足りないんでしょうね、結局誰にも肩入れできないまま早送りで終わったギャルゲーのようでした。

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 55
サンキュー:

5

ネタバレ

iksg

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スタッフの原作への理解の欠如

まず気になったのは5つ子のヒロインで、姉妹は互いに入れ替わりも可能という設定なのに、それぞれ個性がはっきりとしすぎていること。

見た目だけならまだいい。ただ声まで違うとなったら、劇中で起きている5つ子の1人を、姉妹の別の1人と勘違いする、通称入れ替わりネタはもはや茶番に過ぎない。

原作を少し拝見したが、5つ子には服装、表情、髪型など、少しの差異はあれど、漫画自体が白黒というのも関係して入れ替わりネタは絶妙な要素として活きている。

しかし、アニメはどうだろうか。上記の違いは原作通りだとして、髪の色を区別させ、表情の書き分けも濃くなり、声まで別人。

何度も言うが、そこまで区別がはっきり出来ているのに、入れ替わりネタ、勘違いネタの術中にはまっている、主人公を中心としたキャラクター達は、視聴者側からしたら物凄く滑稽だ。

もちろん、アニメの劇中のキャラクターの感覚と、我々視聴者がモニターを通して得る感覚は別物だということはわかっている。

しかし、アニメーションを楽しむ上で大切なのは臨場感である。それがアニメ制作スタッフの原作への理解の足りなさのせいで損なわれるのは非常に残念である。

このアニメの制作スタッフは本当に原作の持ち味を理解しているのだろうか。美少女が肝なのに作画は一部のキャラを除いて荒いし…今が旬の人気声優陣さえ付ければヒットすると思ってそう。
(実際にヒットしてしまったので凄く複雑です…)

投稿 : 2019/05/13
閲覧 : 43
サンキュー:

1

GJ

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくもこんな豪華声優陣集めたなぁってアニメ

とりあえず声優陣が凄い!五つ子って設定は斬新で評価できる。ただラストは?最終的にどうなったか理解できないまま終わったのが残念

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

こまたち

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくあるエロゲ作品の1つ

原作は漫画みたいだが、まるでエロゲ・ギャルゲ原作のような作品。

”5人の魅力的なヒロインから好きな子を選んでね”みたいな、そんな作品。酷評もされているようだが、正直つまらなくはない。話のテンポがよくて飽きない。キャラもまあまあ可愛い。ただ、それだけ。

凡庸の中の凡庸というべきか、特筆すべき点はなし。暇つぶし程度にならおすすめできる。ただ、これを30過ぎたおっさんが妄想全開で描いてるのかと思うと寒気がしてくる。中身は童貞中学生が妄想全開で書いたようなシナリオだしね。

あと物語の細部設定にも苦言。いつの時代の学校ですか?いまどきメアド交換なんてしません。テストに厳島の戦いなんて出ません。髪色違うのに姉妹の見分けつかないか?漫画ならわかる。全員白黒だしね。それをそのままアニメに持ってきちゃう当たりセンスを感じない。全体的にまったく現実感を感じないのは、現実を舞台に描く本作ではあきらかなマイナスポイントです。

恋愛が主題なのはわかるが、それ以外をないがしろにしすぎ。そしてそのラブコメも凡庸ときた。お世辞にも面白ったなんて言えませんよ。

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 42
サンキュー:

4

ネタバレ

U

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

C. ネタバレ注意 - 健気な妹がかわいい

春場ねぎによる漫画
「週刊少年マガジン」2017年36・37合併号より連載開始

<主要登場人物>
・上杉 風太郎(高2):松岡禎丞
・中野 一花:花澤香菜
ショートヘア 女優を目指している 汚部屋住人
・中野 二乃:竹達彩奈
ロングヘアー+黒いリボン 料理上手
・中野 三玖:伊藤美来
セミロング 歴女
・中野 四葉:佐倉綾音
ショート+カチューシャ風リボン 運動神経が良い
・中野 五月:水瀬いのり
ロングヘア+星形髪飾り


物語は結婚式場の控室で花嫁の支度を待ちくたびれたのか眠ってしまった花婿の風太郎が
花嫁と出会った高校時代を回想するシーンから始まる

風太郎は父(日野聡)、小学生の妹らいは(高森奈津美)の3人家族
家に借金があるようで慎ましい暮らしをしている

ある日風太郎が学食で焼肉定食の”肉抜き”を頼み席に着こうとすると
いつもの席に同時に座ろうとする見慣れない女子学生が。。。
100点を取りながら食事中も試験問題の復習をする風太郎
相席することになった彼女から勉強を教えて欲しいと頼まれるが無下に断ってしまう さらに
えび天やプリンなど風太郎には贅沢品が並ぶトレーを見て「太るぞ」と捨て台詞
これが五月との出会い

後に父から彼女の家庭教師をするよう言われるが
本人からの勉強を教えて欲しいという申し出を断っているのできまずい
が 妹の「これで借金が返せる」という言葉に奮起し五月のマンションに向かうと
五月は五つ子で5人全員、高校を卒業させなければならないことを知る

5人はお嬢様学校を落第しかけたため転校することになったほど勉強ができない
しかも最悪の出会いをした五月や5人姉妹が住む家に風太郎が入る事を嫌う二乃など
5人を居間に揃える事さえ難しい

そんな風太郎が三玖、四葉、一花たちの趣味や夢に寄り添うことで距離を縮めていき
やがて5人は風太郎に思いを寄せるようになる

***

おそ松さんは顔だけで個別認識できるようになるまで時間がかかりましたが
この5つ子は髪型と髪の色が違うので一目瞭然
始めからとても分かりやすいのですが、それだと5つ子設定の意味は?

5つ子と風太郎が心の距離を近づけるエピソードの1つ花火大会で
はぐれてしまった5つ子+妹を探すシーン
誰かを見つけると「ここにいて」って置いて次の子を探しにいくのですが
見つけた順に屋上に連れて行けばいいと思うのですが。。。
キャンプファイアー前日 一花と倉庫に閉じ込められるというべたなエピソードもあり
風太郎は成績優秀ですが賢くはないようです
観ていてイラっとするそんな要領悪いところに5人は魅かれていくのでしょうか

1話冒頭と最終話の結婚式シーン
私は相手は五月だと思ったのですが漫画の方はまだ続いているようなので
読者の人気で決めるんですかね それとも
視聴者+読者お好きにどーぞ なんでしょうか?
小学生の頃、風太郎の人生を変えた女の子が5人の誰なのかと併せて気になるところです


三玖のしゃべり方が苦手です
控え目で奥手風であんなしゃべり方をするキャラを少し前にも見たような気がします
昨今の男子はこういう子が好きなんですか?

19.4.3

-追記-
5月5日、5つ子の誕生日イベント(ライビュですが)に行ってきました
いつも私が行くイベントは女子率99%なのでほぼ男子のイベントはリゼロ以来です
こういう層を狙ってるからあの内容なのか。。。

投稿 : 2019/05/08
閲覧 : 56
サンキュー:

10

ネタバレ

ダレイオス

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

各キャラの性格は個性が出ていて差別化が出来ていたのは良かったです。

貧乏で借金を抱えているが頭が良くて勉強が出来る高校生の男の子が
主人公の作品で、主人公がある日家庭教師のアルバイトを
することになるのだけど
その相手が自分が通っている高校の生徒で5つ子の女の子だったという設定

5つ子の女の子の殆どの子は最初は乗り気ではないし
主人公とそれほど仲が良さそうな感じの女の子は少なく
主人公も本当は家庭教師をやりたくなさそうだけど借金返済のために
家庭教師をやって5つ子の女の子が勉強が出来るようになるように
頑張るという開始

始まって思うことは5つ子の女の子達の胸を強調したカットが多く
セクシー路線かな?という印象
胸の描き方は大きく描いていて胸の皺の描き方も丁寧で
セクシーだな・・・と感じるには十分な質があり
エロアニメとしては楽しめる印象
女の子の見た目は5つ子だけど各キャラ髪の毛の色を変えていて
髪の毛の形もそれぞれ違い個性は出ている印象でした。

あと5つ子の女の子達は勉強は出来なくて赤点レベルの学力で
それを何とかするストーリーにも見える感じ

そして女の子の個別回をやりながら
このアニメのテーマとも言える
勉強が出来るようになるための雑学をやりながら
上手くコメディ要素を取り入れながら
進めていて見ていて楽しめるものでした。

5つ子の女の子達は性格もそれぞれ、おバカな明るいキャラだったり
主人公を嫌っているいじわるなキャラだったり、お姉さん的な色気を持ったキャラ
で性格は個別化出来ていましたので
それぞれのキャラクター性は楽しめました。

主人公は表向きは5つ子の女の子達に多少嫌気をさしたりしていて
接し方はそこまで当たりがいい感じではありませんでしたが
実際にやっていたことは5つ子の女の子達をメンタル面で支えたり
少しギクシャクしている5つ子の女の子達が仲良くなるように頑張ったり
5つ子の女の子達のことを考えて頑張っていたシーンも多く
好意的に見れるケースが多かったです。

この手のアニメだと普通はハーレムぽくなりますが
このアニメはどちらかと言えば5つ子の女の子達の友情に
スポットをあててみたり
5つ子の女の子達が色々と頑張っていることに
スポットにあててみたり
友情や頑張っていることに力を入れていた感じであまりハーレムぽくはなかったです。
一部の女の子達は主人公に対して
最初は協力的ではない関係性が続きますが
それが面白さに繋がっていたり楽しめました。
そして徐々に主人公のことを理解して態度が軟化していく感じに
描かれていたのも良かったです。

ただ後半は勉強を頑張るというテーマは
どうでもよくなっている感じはしたし
普通の恋愛ものにシフトしていった感じもあるので
内容に特異性やオリジナリティーに溢れた作品には
見えませんでした。
しかしながらまじめに恋愛ものにはなっているので
ハーレムて感じはしなかったし
その点は良かったです。

1クールアニメとしての終わり方は強引だったな
と感じました。
1話で主人公が5人の誰かと結婚するという展開で始まり
その回想ストーリーで始まる構成にしては
上手くまとまった終わり方ではありませんでした。

あと「五等分の花嫁」と5人で一人前というスタンスを
とっている作品なのはわかるのですが
テーマと言える学力の向上については
中間テストでは「とんち」で解決しているので
無理があるかな・・・と思ましたので
いい話風に進めてはいたり
努力はしたや友情的な部分は悪くはないのですが
話には無理があるかなと思ました。何か引っかかるよね。

5つ子の女の子達が顔が似ているから
誰が誰だかわからなくなる展開をしつこくやっていたけど
これは強引かなと思いました。
チョット無理があったかもしれませんね。
同じネタを繰り返すのもしつこさはありました。

作画に関しては序盤のセクシーシーンは頑張ってはいましたが
それ以外は思ったよりはギリギリでした。
そこまでは質は高くなかったな・・・
5人子の女の子達の顔が全員同じなのは設定と言ってしまえば
それまでだけど、どちらかと言えば
上手く作画を誤魔化している感じでした。
セクシーシーンも後半はあまりなくなり楽しみが減って残念
作画はあと一歩と言った所でしょうか

声優さんについては5人子の女の子達はそれぞれ個性が出ていている
演技作りは出来ていたし声質も全員合っていて個性も感じさせられました。
友情の場面での高い演技力はかなりのものがありました。
そして主人公に対してのチョットいたずら心が感じさせられる
意地悪なシーンでの演技作りも視聴者の心を掴んでいて良かったです。
主人公役の方も5人子の女の子達に対して一生懸命さは伝わってきたし
かなりのものでした。演技力に関しては問題はありませんでした。

まとめるとセクシーシーンは良かったが作画自体の質は低かったのは残念でしたが
内容はハーレムというよりは序盤は友情や頑張っていることに
力を入れていて楽しめました。
各キャラの性格は個性が出ていて差別化が出来ていたのは良かったです。
主人公に協力的でない女の子との関係も楽しめましたし
徐々に関係が軟化していく過程も楽しめて
主人公が5人の女の子達のために頑張る所も良かったです。
後半は学力がどうとかは、どうでもよくなっている
感じは気になったがまじめな恋愛ものになっているので
その点は良かった。ただ普通の恋愛ものなので
そこまでは特異性はなかったですね。
終わり方も上手くまとまっていないのもね・・・
ただ悪くはなくて楽しめたのは確かでした。

投稿 : 2019/05/07
閲覧 : 40
サンキュー:

9

ほのほの

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優劣のないラブコメ

姉妹がヒロインの作品はたくさんあるし珍しくは無い。
けど、勉強の出来が同じ、スタイル格差も無し、環境も全部一緒など最初の設定でヒロインに優劣を付けないのはかなり珍しいと思う。

性格とアプローチ、見た目でどれだけ好かれるか、どんなエピソードを生み出せるかだから、ラブコメとして、これ以上ないくらい平等な条件だなーと感心してる。


作画は安定性あまりなくイマイチだなって思ったんですが、三玖だけは妙に綺麗な絵のまま安定してた感じですね。

原作4巻までだったから、ストックは十分あるし折を見て2期ありそう

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 65
サンキュー:

11

ネタバレ

みつぽん

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

結構個性の違う結構個性の強い五つ子少女と同学年の男子家庭教師のお話

ふわふわほっこり見られました

今回はなんか絵が五つ子なので個性の表現は声優さんが握っているような感じがして

声優さんを気にしながら見た感じと表現が豊かにも感じられた

家庭教師役の少年も癖がなく最初から最後まで好感が持てた

早い話私の心は物語の中に溶け込んでた感じでした

なので個人評価76点です

かなり優しく好感の持てる作品でした

実際五つ子に生まれたらどんな感じで育つのだろうかとか

まとまりあるのかとか

いろいろ考えが浮かんでしまった

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 28
サンキュー:

1

ミサキ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かなり好きな作品

久しぶりにレビューを書こうと思った作品です。

賛否両論ですけど、僕は好き!

髪の色で誰と結婚したか分かるじゃんっていう人もいますけど、あれはアニメにするにあたって色を分けないと観てる側が分からなくなるからの配慮だと思う。

続きが気になって思わず原作を買ってしまったけど、うん、面白い!

声も好きな声優さんばかりなので、かなり満足!

結婚相手は、アニメ放映中は一花か三玖がいいなと思っていましたが、原作を読んでいるうちに、二乃可愛いじゃんって思えてきましたw

四葉も五月可愛いんですけどね。
でも、なんかアニメでは五月ヒロインっぽかったですね。

まぁどんだけ酷評されようと、好きな作品は好きでいいんじゃないかと思える作品でした。

酷評されるかどうかは知らんけど・・・(-_-;)

あ、それとまたしばらく書きたいレビューがなければ出てきませんので、あしからず。

投稿 : 2019/05/05
閲覧 : 20
サンキュー:

6

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

五等分できるかな?

2019.5.4視聴完了。
コミック既読。

前評判の高かったアニメですが
それなりに良かったと思います。
作画崩壊してたんですね~
全く気付きませんでした(笑)

5人姉妹がそれぞれ可愛く
声優の演技も素晴らしかったので
マイナス要素はあまり感じませんでした。

投稿 : 2019/05/04
閲覧 : 54
サンキュー:

10

Mi-24

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

5人姉妹とのハーレム物。

5人姉妹と主人公とのかかわり合いは、綺麗に5等分されてそれぞれの印象が薄まった感じ。
最終回後半のエピソードは必要だったのか疑問な内容。
これと言って、面白いエピソードも特に無く。駄作。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 58
サンキュー:

5

月宮

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 1.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

評価難しい。中野家のアットホームな雰囲気が好き

先に言っておきます。原作購読済み。
原作、最高です……///




アニメは漫画の宣伝媒体なのかな?って出来だと思います。正直クオリティは高くないですが、こういう話なんだな…って掴む分には視聴オススメです。


作画崩壊がネットで騒がれ始めて、ようやく作画が安定。(ただし11話のみでシャフトのスタッフさんが協力したとかなんとか…)

尺が短く、最後はトントン拍子で進んだため内容も薄く、四葉や五月はかなり影が薄かった気がします。

まぁ原作を買おうか悩んでる人はこれ見て考えてみては……?

自分はアニメ視聴後、即買って読みました。
最高です。今は四六時中、五つ子のことしか考えてません!

まぁ内容は弱いですが、ヒロインはみんな可愛くOPは自分の好きな「ヒロインがみんなで歌うアニソン」なのでメロメロでした。

声優陣もそれぞれのキャラに合った選出だったと思います。EDも内田彩さん(・8・)のアニソンよりJ-POPにありがちなリフレインが耳に残るようなしっとり曲でそれも良かったです。

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 56
サンキュー:

5

ネタバレ

オカルトマン

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感想

今期のアニメでは好きな部類のアニメ。
5つ子の美少女達とのラブコメ。
2期も行けそうなのに1クールで終わるアニメ。
私は、3女が圧倒的に好きです。
{netabare}最終回は視聴者の想像にお任せで終わる。{/netabare}

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 33
サンキュー:

7

preston

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いいブヒアニメ

エロゲもそうだけど、最近の個人的な趣向として
ブヒれればおk的なノリになってるので、
そういう意味ではドストライク。
作画?粗を探したってしょうがなくね?

【満足度:80/100】

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 29
サンキュー:

3

ネタバレ

K.S

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白かったです。

4話まで視聴
{netabare}
 全員「たっくん、愛してる~」に見えてしまうんだが・・・
 とりあえず・・・面白いね~

 悲しくなるほど学力の無い5姉妹の家庭教師(なして同級生?)
 をする事になった風太郎君・・・
 「どうして一流大学生ではなく同級生?」というコンセプトが面白い。
 この財力なら誰でも受けるだろうに・・・

 でも・・・冒頭の学食のシーンは異議あり!
 どう考えてもおにぎりをもってきた方が安い!
 僕ら会社員だってカップ麺で済ませる時もあるのだよ・・・
 東京ではランチ難民も多いから弁当持参の方もたくさんいます・・・
 学生が毎日200円の出費はありえないのでは?

 この夏祭りのシーンって見所満載で面白かったんだけど・・・
 この袖のチョン掴みとおんぶのシーンはいいな・・・
 実際、おんぶって結構重いんだよね・・・
 お姫様だっこの方が男は楽なんだが・・・言えないけど・・・

 カップルか・・・友人?知り合い?
 でも・・・でもさ・・・

 これキャストやばいですね・・・
 声優さんに詳しくないけど、だいたいの方は存じてます・・・
{/netabare}

6話まで視聴
{netabare}
 5話は一花ちゃんメイン
 この声優さんが花澤さんというのが驚いた。
 本当に声優さんって凄いな・・・
 正直、キャスト見なかったら気づかなかった。

 とりあえず、一連のイベントで一花は協力してくれそうだね・・・

 6話は・・・
 色んな意味で風太郎は最低だ・・・
 とてつもなく誤解を招くシーンは傑作だったな・・・
 こういう時って普通、言葉を選ぶのに・・・
 チョイスする言葉がことごとくアカン言葉・・・

 五つ子パパがTELで登場・・・
 そして・・・現状ではクビ宣言・・・
 更に五月ともめる・・・

 勉強が出来ないって・・・僕も全くダメだけど・・・
 仕事上、どうしても勉強しなければいけない仕事なんで
 勉強は必須なんだが・・・面倒だね・・・

 しかし・・・学力だけが人生とは思わんし・・・
 最低限、自分の名前が漢字で書けて、九九が出来れば十分だと思う。

 この家庭教師(しかもJKに・・・)どんなご褒美だ? {/netabare}

7話まで視聴
{netabare}
 結局、三玖は風太郎に惚れている・・・
 五月も惚れている・・・でいいのか?

 そして五月がウルトラ可愛いんだが・・・
 で・・・ウルトラアホな妄想はともかく・・・

 テストって一日で全部すんの?
 普通、何日かに分けてしないの?

 二乃って最後は何で風太郎を助けたんだろう・・・{/netabare}

全話視聴
{netabare}
 いや・・・うん・・・面白かったんだけど・・・
 ラストは誰と結婚したのさ?読者の想像にまかせるという形式なの?

 遭難とかちょっとベタといえばベタなイベントだったんだけど・・・
 まぁ結局はみんな風太郎君に好意を寄せたって事なんだわな。
 ・・・原作読も。
{/netabare}
 

投稿 : 2019/04/28
閲覧 : 46
サンキュー:

6

やまげん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

凡庸

五つ子という設定以外に特筆すべきことが見当たらない。

5人と風太郎で何か作品を作ったり大会に参加したりするでもなく、日常が続いていく感じで、けっこう退屈に感じてしまった。笑えるシーンもほとんどなかった。

作画は良くない。EDのクレジットを見ると、原画・動画に外国人の名前がずらっと並んでいた。きちんと仕上げてくれる海外のスタジオもたくさんあると思うが、今回はあまり良くないところに依頼したらしい。

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 30
サンキュー:

3

ネタバレ

ninin

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どんな時も五等分

原作未読 全12話

高校生で落第寸前の富豪の娘で五つ子姉妹たちを進級・卒業できるように同学年で成績優秀な上杉風太郎は、ある事情で五人の家庭教師をすることになりました。五人に振り回されながら家庭教師を続けていこうと奮闘する学園ラブコメ作品です。

お姉さんのような長女一花(いちか)、口が悪いツンツンの次女二乃(にの)、口数の少ない三女三玖(みく)、元気いっぱいの四女四葉(よつば)、真面目な五女五月(いつき)と全く性格の異なる5人でしたね。

声優さんも順番に、花澤香菜さん、竹達彩奈さん、伊藤美来さん、佐倉綾音さん、水瀬いのりさんと豪華でキャラに合っていましたね(ちなみ風太郎役は松岡禎丞さん)

五月はとあることがあったので仕方がないとしても、二乃は最初ツンツンしすぎてキツかったですねw

切りのいいところで終わっていますが、恋の行方はまだまだ途中というところでした。

OPは五つ子役の5人が、EDは内田彩さんが歌っています。

最後に、{netabare}誰が風太郎の花嫁になるのか最後までぼかしていましたが、アニメ版だけ観ると三玖ちゃんに成就してほしくなりますね〜{/netabare}

投稿 : 2019/04/27
閲覧 : 60
サンキュー:

25

次の30件を表示

五等分の花嫁のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
五等分の花嫁のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

五等分の花嫁のストーリー・あらすじ

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!(TVアニメ動画『五等分の花嫁』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
手塚プロダクション
公式サイト
www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/
主題歌
【OP】中野家の五つ子「五等分の気持ち」【ED】内田彩「Sign」

声優・キャラクター

松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのり

スタッフ

原作:春場ねぎ『五等分の花嫁』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:桑原智、シリーズ構成:大知慶一郎、キャラクターデザイン:中村路之将、プロップデザイン:荻野美希/川石テツヤ、美術監督:斉藤雅己、色彩設計:油谷ゆみ、撮影監督:染谷和正、編集:内田渉、音響監督:平光琢也、音楽:田渕夏海/中村巴奈重/櫻井美希

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ