「とある魔術の禁書目録[インデックス](TVアニメ動画)」

総合得点
88.0
感想・評価
7996
棚に入れた
34939
ランキング
114
★★★★☆ 3.9 (7996)
物語
3.9
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

とある魔術の禁書目録[インデックス]の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2回目2021.11.2

2回目2021.11.2

投稿 : 2021/11/02
閲覧 : 15
サンキュー:

0

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「不幸だ~~!」って説得力ないじゃん

とあるシリーズの一番最初の作品。
レールガン1期、2期を先に観てしまったので自分の中では
上条とはどんな奴なのかを知ったストーリーであり、
インデックスを助ける為に記憶を無くした上条と美琴との
新たな出会いのストーリーでもあるのかな。

それにしても、上条の周りには次々と面白いキャラが現れます。
特に魔術側のよくわからない人がちょっと多すぎて混乱したかも。

それでも話数が進むにつれて徐々に理解出来るようになってから
少しずつ面白くなってきました。
(キャラについては、多くて混乱してきたら早めにアニメの
公式ホームページとかで調べて、一度頭を整理すると良いかもです)

主人公の上条はセリフが説教臭いのはちょっとあれですけど
その右手イマジンブレーカーの威力は圧倒的で
相手が強ければ強いほど、その凄まじい力でさえも打ち消してしまう
ので負けません。守備力最強だよな~。

幸運まで打ち消してしまっていつも不幸との設定みたいですけど
出会う女の子はみんな可愛い子ばかりだし、
着替えシーンや、裸シーンにいちいち出くわす姿に
「不幸だ~~」は説得力ありませんよね。
それにしても出てくる女の子がもれなく下着や裸になるのは
必要なんですかね~。
小学生の娘と一緒に観てるし、ストーリー的には小学生でも十分楽しめる作品だとも思うので、そこは少し考えてほしいものです。

最近観た海外ドラマの「ゲーム・オブ・スローンズ」とまでは
いかないものの(こちらは娘とは無理、汗)ヒロインが脱ぐのは
ある意味お決まりなんですかね?!

好きな話はレールガンでも描かれてた(こっちが先か・・)
レベル6計画のところと、ラストオーダーの話かな。

学園1位のレベル5のアクセラレーター。
レールガンを先に観てて、印象最悪からのスタートだったせいなのか、
アクセラレーターが上条にボコられてからが
どんどん憎めない良いやつに変わっていくのが面白いですね。
ラストオーダー「ミサカはミサカは~~~」とのやり取りは
とっても楽しくって、このコンビが出てくるのを待ってる自分が(笑)

レールガンよりも登場キャラが多いし、
魔術側の謎というか闇がどんどん積み重なっていくので2期以降が
どんな展開になるのか気になります。

終盤の展開はレールガンシリーズほどの爽快感はなかったですけど
それでも美琴と上条の絡みが面白いし
この先の2人やインデクスとの関係とかも楽しみですね。

誰にでも優しい上条はこの先、誰を一番に守るのかを選択するような
展開はあるのでしょうか?
(ないかもだけど、楽しみに続きを観ましょう!)

投稿 : 2020/09/14
閲覧 : 411
サンキュー:

24

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とある魔術のインデックスの感想

ちょっと未来の世界なのかな
科学が今よりちょっとすすんでて
超能力とかつかえる人が多いみたい

そんな学園都市で高校にかよってる 
かみじょう とうま くんのところに
魔術師においかけられてにげてる十字教のシスターがきたんだ。。

とうまくんってやさしいよね。。
とくに女子にw
でも
わるいことしてるって思ったら女子でもなぐっちゃう。。
それでおせっきょうも^^

はじめはよく分からなくってつぎが気になっちゃって
だんだん魔術とか超能力がどうなってるの?とかって気になって
どんどん見ちゃった

コメディがおもしろいし
かわった人たちが多いし
にゃんはレールガンをさきに見てたから
知ってる人たちがたくさん出てきてよかったなぁ^^

それでおもしろいところだけじゃなくって
泣いちゃたところもときどきあるんだ

バトルが好きな人はたのしいと思うし
とうまくんの力ってすごいのかもしれないけど
あんまり役にたたなさそうなときもあって
かんがえながらバトルしたりってゆうのもおもしろかった^^

いろんなキャラの女子がいるし
サービスなのかな水着の回とかもあって男子むけみたい

19話からの
ラストオーダーとアクセラレータのおはなしが
とってもかなしかった。。

にゃんはレールガンのほうが好きだったけど
インデックスのほうもいろんなキャラが出て
いろんなアイデアとかがいっぱいあって
24話あったけどさいごまでたのしかった♪

ラストオーダーとアクセラレータのおはなしが気になったら
レールガン2期も見てね。。
悲しいけどおもしろいよ☆

投稿 : 2020/09/01
閲覧 : 1520
サンキュー:

333

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

科学と魔術が交差するとき物語が始まる

上条当麻の忙しい日々の始まり。
上条当麻のスケジュールの時系列があるのですが、それをみると本当に忙しい人w
恐らくこんなスケジュールこなす高校生は上条さんだけですよww

禁書目録のヒロインはインデックスさんなんですが…以下インさん
インさんの出番少ないですww
インさんを巡っては様々な出来事がありましたね。

何しろ彼女は十万三千冊の魔道書を記憶している完全記憶能力を司る魔道図書館なのですから…中でも印象的なのがVS神埼、彼女は聖人で生まれた時から聖人として力が備わってるので上条さんとの戦闘に置ける相性は悪いのでこの戦いはどうなるのかハラハラします。
上条さんが彼女に勝つビジョンは未だに思い浮かばないです。

そして一番印象に残るシーンは白い羽根…通称ドラゴンブレス…彼はそれにより記憶を失い1度目の記憶的に死を迎えます。

とあるシリーズ1期はVSアクセラレータや、半分ネタかな?と思う水着ワンピ青ピアスが出てくるエンジェルフォートやVSシェリーなどかなり見所が多いと思います^ ^

中でも見所はラストオーダーとの接触エピソードです。
ラストオーダーの言葉と超電磁砲Sのアクセラレータを見ると見えてくるものがあります。

アクセラレータは凄く優しい人なのかもしれません、
レベル6計画に参加したのもは彼もシスターズに向けて伝えて居るのですが…

学園都市1位は常に喧嘩を売られる存在です。
第1位は最強ですが無敵ではない…アクセラレータは喧嘩を売られるそんな生活に嫌気が指していたわけですね。
彼の過去の描写が少しあります。
それは彼が公園で1人で遊んでて知らない子に一緒に遊ぼうと誘われるのですが途中能力が発動してしまい、その子に怪我をさせてしまう描写です。
確かそこに声はなかったので私が見て感じたイメージですけどね。

それが恐らくトラウマになったと考えます。
自分の力は人を傷付ける…それが1人で居始めた理由なのかもしれません。

アクセラレータは人を本当は傷つけたくなかったのかもしれません。
それが正当防衛だとしても…
だから、彼は求めたり最強のレベル5から無敵のレベル6を…アクセラレータも言っていましたが誰もが喧嘩を売ろうとも思わない無敵の存在にになろうとした…そうすれば彼は誰も傷つけなくて済むのだから。

ラストオーダーはアクセラレータが実験を始める前にシスターズに声を掛けて頂いた事をこう解釈します。
本当はシスターズから実験中断の申し込みを待っていたと。

彼は実験開始前にシスターズは人形だと聞かされていました。
ボタン1つで量産出来る人形だと。
それでも、アクセラレータの心の奥隅に、この実験への不信感があったのでしょう。
それでも人形だかりと割り切った…
もしも、シスターズが助けを求めたらアクセラレータは手を引くつもりだったのかもしれません。

でも、それは間違えだと気付かされた。
上条当麻の一撃で…それでも許されない罪を背負いアクセラレータがラストオーダーを守る事を決意する。
そして、彼は学園都市の裏の部分へと対立していく。

そんな科学と魔術が交差するきっかけの始まりの物語です^ ^

投稿 : 2020/08/07
閲覧 : 245
サンキュー:

17

ネタバレ

梨子友 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

主人公最強&まわりのキャラがいい。

物語としては、ライトノベル原作なのでわかりやすく、他の主人公最強系と比べると普通に面白いです。

声優さんも安定しています。

キャラの評価も非常に高く、小学生の時に見た僕はキャラ全員になりきっていた悲しい過去もありました。しかし、化学や最先端を知らない当時の僕でも入り込める作品とキャラクターでした。

また主題歌も作品を表していて盛り上がれます。

総合的に評価の高い作品ですので是非見て下さい!

投稿 : 2020/07/11
閲覧 : 123
サンキュー:

3

ネタバレ

k57x83 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

なんじゃこりゃ

レールガン見たくて、一応こっち見始めた

が、主人公がなんの前触れもなくいきなり正義面して語りだすのに耐えきれなくなり挫折

投稿 : 2020/04/04
閲覧 : 422
サンキュー:

6

ネタバレ

なばてあ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

孤食窓前とした盆揺さ

原作未読。

たぶん原作が連載を開始した当初は、目新しいほどの完成度があったのだと思う。ただ16年経って、いまとなってみると、物語構造やキャラ設定に古さが際だつ。逆にいうと、この作品がラノベのひとつのメインストリームとなって、フォロワが粗製濫造された結果、オリジネータの価値も毀損されたという顛末なのかもしれない。

わたしが一番つらかったのは、上条当麻とインデックスのふたりにみじんも魅力を感じなかったこと。当麻の性格や主義主張というのは、約めていうと、ただただイノセントな正義感しかない。世俗権力や宗教権力が練り上げた論理や原理を前にして、愚直で素朴な正義感のみを得物に斬った張ったしていく構図は、もはや古色蒼然。

{netabare}たとえばほぼ同時期に発売された『Fate/stay night』の衛宮士郎のキャラ設定は、上条当麻のそれにすこし似ている。イノセントな正義感のみで、スケール違いの大きな論理や原理と対峙するのは一緒。ただ型月は、士郎のその性格や主義主張を、一種の闇で呪いに貫かれた病であると断じた。その救いのない自己言及が、士郎のキャラ的命脈をかろうじて保った。{/netabare}

それとくらべると、ただただ、イノセントで、ただただ、正義感に終始して、その裏付けもなにもない本作の主人公は、有り体にいうと「うすっぺらい」印象が否めない。彼の能力的にも、物語の最後はゲンコツで殴るという大時代的な展開に収斂せざるをえず、それこそ、ハリウッド映画で無限に繰り返されてすり減ったクリシェそのものでしかない。

腹ぺこ大王のインデックスにしても、大食いのロリッ子という設定は、いまとなっては見るべきものがほとんどなにもないのは衆目の一致するところだろう。「10万3千冊」の設定が活かされてくればまたちがうのかもしれないけど、わたしはまだその瞬間を目撃していない。でも、現在のやや退屈な印象が覆される予感はほとんどない。

・・・さて、コアたるふたりはひたすら(ふたつの意味で)凡庸なのだけれど、そのまわりのキャラが魅力的だというのは、世評通り。エピソードとしては「レベル6シフト計画」がたしかにグッと引き込まれる。刊行当時としては異例なほどハードな展開だったのだろうと推察する。その展開に加えて、一方通行と超電磁砲のふたりが千両役者なので、いまでも全然見られるくらい、ここはおもしろかった。

ただ、・・・そこだけだったのかな、やっぱり。科学と魔術というふたつの領域を掛け合わせた世界観はなかなかおもしろいけど、結局、科学サイドのおもしろみに魔術サイドがほとんど太刀打ちできていない。結果、・・・科学サイドのみで展開する『超電磁砲』がしっかりと物語の醍醐味を独占してしまう結果になっていると言わざるを。

衝撃:★
独創:★☆
洗練:★☆
機微:☆
余韻:☆

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 216
サンキュー:

5

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

超能力と魔術が入り混じった世界?

再視聴したので感想を書きます。
レールガン3期が始まって、レールガンの1期2期を見直して
でも、なぜ黒子が入院中なのかがわからず、たしか大覇星祭
の話もインデックスの中にあったようなと思い再視聴しましたが、
インデックス2期でやっとわかりました。インデックス2期について
の感想はこの後に書きます。

話は超能力者を教育する学園都市で魔術師がやってきて色々事件が
起こる話でしたね。
主人公の上条が超能力者ではないのに右手で超能力も魔術も無効化
してしまうという超チートの能力を持っています。
その右手を使って色々な出来事や事件を解決していきます。

最初のエピソードでインデックスの記憶を1年ごとに消さないといけ
ないことを解決して逆に自分の記憶がなくなってしまった時の病室
でのやり取りは泣けましたね。

アクセラレータの話も1期だったんですね。

再視聴しましたが、忘れている内容もあったので楽しく視聴させて
いただきました。

投稿 : 2020/01/28
閲覧 : 203
サンキュー:

16

ネタバレ

latte さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

超能力とか魔法とか

ずっと見たいなーと思っていたけれど、とあるシリーズはどれから見ていいかわからず放置していました。でも、やっと視聴!!!
人気な作品だけあって面白かったです。

超能力者であふれた学園都市で生活する、不思議な力をすべて打ち消す力を持つとうま。ある日ベランダで白い服を纏った女の子を拾う。彼女はインデックスと名乗り魔術は存在すると語る。
何話かで話が区切られているので見やすいし面白かったです。

{netabare} 最初のインデックスの話も、周りの人達のこと考えると切ないし。みさかの話も殺されるために作られたとか切ないし。なんでこんなことに。。。って思う。不思議な力を持つとこうなるのか。。。{/netabare}
アクセラレータがお気に入りです。なんかいいやつですよね。見た目と中身のギャップ良きです!!!

続きものんびり視聴していきます♪

投稿 : 2019/10/09
閲覧 : 349
サンキュー:

13

ネタバレ

プラント浜口 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

辻褄があってないように思えて断念

■世界観は面白い
・超能力や魔術が当たり前の世界で「非日常とバトル」が好きな私には合う
・その中で主人公が葛藤する姿も良い

■辻褄が合ってないように思える
・主人公が考えるロジック(敵は、組織とヒロインのためを思ってやってる。一方で主人公は目先しか見ずに行動してる。ように思える)が狂ってるようにしか思えずに、納得いかず。。。

総じて、あまり感情移入ができず、好きなキャラも出来なかったので、友人からの紹介であったが、時間の無駄と考えて断念。


#2019/07

投稿 : 2019/07/23
閲覧 : 213
サンキュー:

3

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作を読んでいないけど楽しめた

超電磁砲の存在がなければ、まだ、見ていなかったかも。

科学には能力者名が、魔術には魔法名があり、両者をきっちり分けて見られるのは面白かった。

原作が凄いと聞いたので、続編が楽しみだった作品。

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 165
サンキュー:

6

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やっと見終わった♪

すごく評判が良いのに、1〜3話くらいで何度も何度も先に進まず挫折していたけど今回は気合を入れて観てみた。

10話前後くらいから?急に何かのきっかけで面白くなってきて、そこから一気に最後まで楽しめた。
多分主人公不遇系が苦手なので段々仲間的なものが増えていくあたりから面白くなってきた気がする。

ストーリーもしっかりしてるし、主人公のヒーロー精神も苦にならず、このまま二期もシリーズものも楽しもうと思う。 見続けてよかったー。

投稿 : 2019/04/25
閲覧 : 246
サンキュー:

6

ネタバレ

noRespect さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

監督交代しないかな

原作読んでるけどうーん…

投稿 : 2019/02/07
閲覧 : 171
サンキュー:

2

ネタバレ

ただのアニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何故、設定に超能力とありながらメインを魔術にしたのか?

1期と2期を見終わったものです。

公式のあらすじ...
{netabare}東京西部に位置する巨大な『学園都市』。 総人口230万人を数え、その約8割を学生が占めるこの都市では、超能力開発のための特殊なカリキュラムが実施され、学生たちの能力は「無能力レベル0」から「超能力レベル5」までの六段階で評価されていた。

とある高校生・上条当麻かみじょう・とうまも、学園都市に住む学生のひとり。
彼は自分の右手に宿る力――異能の力なら神の加護すら打ち消す
『幻想殺しイマジンブレイカー』のため、落第寸前の『無能力』(LEVEL 0)の評価を受け、不幸まっしぐらの人生を送っていた。

そんな上条の学生生活は、夏休みのはじめに空から降ってきた純白のシスター(インデックス)によって、大きく変わってしまう。
「魔術」の世界から逃げてきたという彼女――『禁書目録インデックス』との出会いに始まって、さまざまな事件に巻き込まれていく上条...{/netabare}

感想
{netabare}原作未読
全24話

まず、ハッキリ申し上げると、とても面白かったです。
最初は子どもっぽいキャラデザが気になりましたが、ストーリーは24話ある割にテンポも良くまるで1クールしか見ていないように颯爽に見終りました。

僕がこの作品を最初に観たのは大分前で見た当時はそこまでなあ...って感じでしたけど他の作品を見ていくに連れいかにこの作品が良いのかということが分かっていったので、今回の書き直しに至りました。

って、いっても書く事ほとんど書いちゃったんですけどねw。

もっと、細かくストーリーについて語りますと、良いところでギャグを入れたり途中でちょびちょび出てくる御坂ミコトと上条のラブコメっぽのも結構個人的には好きでした。

しかしながら勿体無いのが、背景の設定に超能力があるのにメインを魔術にしているという事。
まあ、それは「とある科学の超電なんとか...」を出すためには必要だったのかもしれませんが、どうしても個人的には勿体ないと思ってしまいます。

個人的にはとてもおすすめの作品です。
見ていない方は是非。{/netabare}

投稿 : 2019/02/06
閲覧 : 357
サンキュー:

25

ネタバレ

つぶあん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

魔術と科学が交差して不幸だ~が加速する

何度もリピートしてます。
第3期が始まって現在おさらい中です。

異能の力をすべてを打ち消す能力「幻想殺し(イマジンブレイカー)」
を右手に宿す少年、上条当麻。
突然ベランダに引っかかっていたシスター、インデックスと出会うことに
より、魔術と科学の大きな争いの流れに巻き込まれていく。
不幸だ。

と、こんな話は有名なのですが、
私の好きな作品の一つです。

この作品は何といってもキャラが魅力的でした。

まず、当麻君。
右手で神の祝福や幸運も打ち消してしまうため、普段からホントついてない。
でも、その右手で他人の不幸を打ち消す役割になっているのが、当麻の
主人公たる所以なのでしょうね。
そしてその不幸こそが、携わる人々との右手では壊せない絆を作って
いるのかなと考えてしまいます。
それって素敵な幸運じゃないかな?

そしてインデックス。
物語のヒロインで、10万3千冊の魔導書を頭の中に記憶する少女。
記憶消去を1年毎に行わないと死んでしまう、という呪縛を当麻に解除されて
からは当麻の家に居き、とにかくエサを与え続けなければ噛みつく
猛犬注意なペット?的な存在となります。
なんか、どんどん物語の中心から外れた存在となってしまうので、実は
悲劇のヒロインかも?
でも物語の外にいても、この子が出てくると雰囲気が明るくなりますよね。

御坂美琴。
この子は何も言わずとも有名なトラブルメーカーです。
この子は電磁砲で書きたいので詳しくは省略。
当麻君との恋模様がどうなっていくのかだけが気がかりですね。

アクセラレータ。
最初、シスターズをただ殺しまくるクズでした。
ですがラストオーダーと出会い、変化していくのを見ていくと、
目が離せない存在となってしまいました。
裏の主人公と言えるかもしれませんね。

そして忘れちゃいけない月詠小萌先生。
当麻の担任です。
小さくてかわいいのに、ズボラで酒好き、タバコ好きと見た目からは
想像もつかないところがたまりません。
実はかなりの年齢とかなんとか。
教えるのが大好き、生徒想いの素敵な先生ですね。


この1期はあまり深く考えずに観れた作品でした。
2期、3期とどんどん魔術やら科学やらの設定が難しくなっていくので
一番気楽に見れたのかもしれません。

見直してもやっぱり好きな作品でしたよ。

投稿 : 2018/10/29
閲覧 : 197
サンキュー:

13

ネタバレ

かがみ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

科学と魔術の交差する豊穣な世界観

灼眼のシャナと並ぶゼロ年代電撃文庫の看板作品。本作はゼロ年代初頭のセカイ系的想像力とゼロ年代中盤の決断主義的想像力を絶妙な匙加減で折衷的に取り入れている。上条当麻も一方通行も世界を左右する力を持つ少女に全面的に承認される決断主義的ヒーローである。本作はそういう意味でも当時のライトノベルにおける到達点に位置していた事は疑いないであろう。

ただ、やはり時代は移り変わった。決断主義的想像力は乗り越えられつつある。上条の「説教」は、いま聴くと「理想の押し売り感」をどうしても感じてしまう部分は否めない。世界は白か黒かで分けられるほどに綺麗ではない。誰しも事情を抱えてグレーゾーンを生きているのである。

とはいえ「ベタな決断主事者」の上条に比べ「メタな決断主義者」である一方通行は、いまもなおダークヒーローとして魅力的な輝きを放っている。ラストオーダー編は何度観ても素晴らしい傑作エピソードです。

投稿 : 2018/10/23
閲覧 : 189
サンキュー:

4

ネタバレ

R子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白いんだろうけど・・・

じっくり観たら面白いんだろうけど、長い><;

途中までは良かった(わかりやすかった)けど、一難去ってまた違うの出てきちゃったよ、的な展開がものすごく苦手な私にはだめだったかも・・・。

やたらと回りくどい説明口調なモノローと、もうええわってなるくらいくどい口癖のキャラが、別の意味で気になりすぎて内容が頭に入ってこなかった・・・。

投稿 : 2018/10/02
閲覧 : 215
サンキュー:

9

ネタバレ

setuchi さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最初の一歩

「とある」シリーズは禁書目録と電磁砲で主人公が男と女で変わるお話で
基本的にどちらもその才能を駆使して一般的な倫理観から逸脱してしまった
敵役と戦うお話で、どちらの主人公も苦戦はするものの最後はきちんと
強さを魅せてくれる、そんなアニメーション。。
禁書目録は男子高校生のお話。

↑一般的な倫理観から逸脱してしまったと書きましたが違いましたねw
禁書は神とか吸血鬼等出てきますから。。w
戦うのは間違いありません。

主人公が相手を倒す際にながーーぃお説教をするのが
このアニメの特徴でwそれが的を得ているのかどうかを
考えながら観る楽しさがありましたw

最近のアニメを一通り観た後でこれを視聴したせいで
絵や音楽が若干古いなぁと感じましたが
これはもう仕方が無いことと割り切って最後まで視聴。
それでも見応えは十分ありました。

電磁砲と合わせて長い長いアニメの最初の一歩な作品なので
しっかり見ておけば先々を楽しめる事は間違いありませんwwww
視聴おすすめしておきます。

投稿 : 2018/09/28
閲覧 : 151
サンキュー:

2

ネタバレ

人類の宝 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

設定がこれ程厨二病感漂う作品は稀

3〜4話で話の区切りがつくので見やすいです。基本的な流れは、事件が起こる→犯人を見つける→犯人の目的を知る→主人公が説教する→犯人を倒す、というのがほとんどですがこれが意外と面白いです。さらにキャラクターも魅力的で可愛いので多分好きになります。
しかしこの作品の最大の魅力でもあり、最大の問題であるのが、タイトルにもあるように厨二っぽい設定です。実はこの作品、少々難解な部分があります。さらに、敵やら組織やらの名前が大して登場してもいないのに紹介されたりしてアタマがごちゃごちゃになることがしばしば(これは馬鹿な自分の頭のせいですかねw)。それさえ受け入れられればこの作品は面白いと思うので試しに4話くらいまで観ることを進めます。

投稿 : 2018/08/29
閲覧 : 189
サンキュー:

4

ネタバレ

KkLYN09923 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い

ラノベの中で1番すきです。
3期からとても熱い展開なので是非見てください

投稿 : 2018/06/05
閲覧 : 153
サンキュー:

3

ネタバレ

オヤシロさま さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

3期まだ?

早く観たい☆
アクセラレーターがかっこよくて
ラストオーダー可愛くて(*^^*)
それ観てるだけでほっこりする☆

投稿 : 2018/04/24
閲覧 : 164
サンキュー:

1

ネタバレ

ラグマット さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

魔術と科学を織り交ぜたストーリー

主人公は能力者の集う街、学園都市のレベル0。
つまりは無能力者であるが、彼の右手には特別な力があった。それは異能の力を無効化する能力。

無能力者の主人公が異能の力を無効化する右手で能力者や魔術師と戦う話です。まぁ原作は小説で、そこでは色々と主人公についての説明もあるのですがアニメ版では特にありません。

つまり、少なくとも初見の方にはただの学生にしか見えないわけですが、その状態でありえない反射神経や学園都市最高の能力者を倒すわけですから御都合主義の色が強かったようにも見えます。

投稿 : 2018/04/11
閲覧 : 127
サンキュー:

2

ネタバレ

アニメの探求者 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

しょうもない、カッコ悪い

とにかくしょうもない、ダサい。
最初の方のアパートでの戦闘では、紙に書いたインクが水で滲んで魔法が作動しなくなったというしょうもない展開。
紙にマジックで魔法の印を書くというのがカッコ悪すぎる。
その次のアパートでの回復の魔法のシーンだが、ちゃぶ台の上に部屋と同じ配置になるように小物を置いていたがすごく安っぽくてカッコ悪かった。
想像を絶するつまらなさのために視聴を断念した。

投稿 : 2017/11/16
閲覧 : 243
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

憎めない敵キャラに良さがある

とあるシリーズのアニメ第1作目にあたる『とある魔術の禁書目録』

2008年に制作された作品ですが、古めかしさをあまり感じさせず、新鮮な気持ちで見ることができました。
科学と魔術という対になるもの同士の物語です。
科学側の話は飲み込みやすく、善悪がはっきりしてる話が多かったです。
ただ魔術側の話は、敵キャラにもそれぞれの事情があって、好きで悪事をしてるわけではないということを感じました。
敵は悪いからみんな倒す。よくありがちなこのキャッチフレーズはこの作品には通用しません。
敵にしっかりスポットが当たっているので、敵にも感情移入してしまいそうになります。(笑)
専門用語もそこそこ出てくるので、わかりにくいと思う方もいるかもしれません。
そこらへんはwikiなどを参照にしながら見ると良いでしょう。
主人公である上条当麻は、自己主張ばかりでウザいと言われがちですが、
私は主人公っぽさが馴染み出ていて良いと思います。
第2の主人公である一方通行も、終盤大活躍するので最後まで飽きない良い作品です。
声優も有名な方々が担当しているので、雰囲気が出ていて良いです。
歌は2期の方が個人的に好きな曲は多いです。
私はハマりすぎて原作を一気に爆買いしました。
かなりオススメの作品です。

投稿 : 2017/09/12
閲覧 : 142
ネタバレ

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

哀れな主人公ですな。。

6話まで見ました。
大体の超能力や魔法を打ち消せる能力がある主人公がレベル0だと言って、学園も普通の無能生徒と扱うわけがないと思います。。
まぁ、設定に突っ込むのはやめにするとして、ここまで見てきたところの感想:「主人公、、可哀想。。」
朝ベランダに追われてる身の不憫なシスターが干されていたからと言って夕方に命を張ってまでして彼女を助けるとは..挙句に彼女の完全記憶能力と死について主人公が知っても、たった数日しか関わっていない人の事を全て知ったつもりで主人公は魔術師から守るヒーロー気取り。女の刀使いに殺されかけている時の主人公の発言、観ている側なのにすっごく苛つきました。
もし自分が彼女の立場だったら主人公を殺していましたね。ですが彼女も頑なに魔法名(だっけ?)を口にしなかったのも何か事情があるのでしょうから「もし自分が彼女だったら」なんて言えませんがね。

あの日、ベランダに干されていたのは追われてる身の中年男性だったらこの話はそこでendですが、そこにいたのはシスターさん。服も破いちゃったし男の本能で見捨てる気にはあまりなれません。
それが全ての元凶。結果主人公は未知の魔術の世界に関わってしまうことになった。なんて主人公は不幸なんだろうか。

だけど結果、インデックスは救われた(6話の段階で)。これはまさに不幸中の幸いです。


現段階で一番気になっているのは主人公とインデックスが出会ったとき、彼女が魔法名(だっけ?)をサラッと口にした事です。
何かの伏線かな?
どんな回収になるのか期待して継続視聴しまーす。

投稿 : 2017/09/07
閲覧 : 173
サンキュー:

2

ネタバレ

らむね さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

電磁砲も観ての比較

禁書目録1期と超電磁砲1期を観ての感想です。

今更って感じで初めて見たんですが、正直、そんなに面白くなかったです。
以下、微妙に思った点。


”インデックス(という名前の少女)”がシリーズタイトルなわけですが、その少女の存在感が薄いですね。多分ラノベ1巻を3~4話のアニメにしてるんですが、{netabare}インデックスメインの話は最初の1巻分だけ。
そのあとは、インデックスは主人公青年(当麻)の家に居候し、2巻以降はいろんな理由で襲ってくる魔術師たちVS当麻が大まかな流れです。
インデックスが活躍することは少ないし、また自身にもそれほどメインキャラとしての魅力があるようにも感じられない。{/netabare}
ちょっと長く続くシリーズのタイトルと主役の設定をミスった感があります。


主役である当麻のもつ特殊能力は、{netabare}相手の魔術やら超能力やらの”異能の力”を、彼の右手が打ち消す、というものです。
なのでバトルの決着は、相手が魔術を使う→右手で打ち消しつつ接近→右手で殴る、というのが基本パターン。
正直、魔法が出るアニメの決着として地味です。{/netabare}


舞台は、{netabare}”超能力者を科学的に育成するために造られた巨大な学園都市”で、学生のほとんどが多様な超能力を持っている。そういうキャラも少し出るのですが、ほとんどは外部から襲ってくる魔術師VS当麻で、基本殴るだけ。
超能力学園都市という設定をほとんど活かせていない。{/netabare}
たぶん普通の日本の町を舞台にしても問題なくできそうです。

と、残念ながら私にとっては”のめりこめない”作品でした。
ここまでマイナス面ばかり書いてしまったのも、このあと観た超電磁砲が、上記のデメリットをすっきり解消してくれる良作だったからです。
禁書目録と超電磁砲はどっちが面白いか論争がネット上にあるみたいですが、私にとっては超電磁砲のほうが面白い、それもかなり、という感想でした。

投稿 : 2017/09/06
閲覧 : 163
サンキュー:

6

ネタバレ

※アニをた獣医師() さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何回見たことか! 待ってるんだけどなぁ…

この作品で自分はアニメの沼にはまった
とりあえずこのアニメは、まずはその幻想をぶち殺す、っていうアニメですね

3期ないですかね?ずっと待ってるんですけどねぇ…
左方のテッラ、後方のアックア、右方のフィアンマ、その他、イギリスの王女やら、バードウェイやら、見たいんだけどなぁ…
一番みたいのは、一方通行と上条さんの悲しい激突
それと、一方通行さんの天使のとこ。あの言葉を聞きたい…

投稿 : 2017/07/25
閲覧 : 184
サンキュー:

10

ネタバレ

でんどうず さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:----

評価が難しい。

物語の評価的には未だ解らない何しろ進んでないので。

殺人を日常とする人達が萌えな美少女ばかり
殺人などの犯罪はこの世界においては「罪」にカウントされてない。
全てが登場人物(作者)に都合の良いよう出来過ぎている。
そんな子供の遊びに全てが支配されていて全くリアリティーが感じられ無い。

展開がワンパターンすぎて飽きる
おっさん一期で飽きてしまった。

ヒロイン毎にイベントが用意されてて
主人公が首を突っ込む
敵の目的を知る
主人公説教する
敵倒される
敵改心する(仲間になる)

これが基本構成と思う。
(ウルトラマンとか水戸黄門の様な印象)
テンプレが有ってそれに素材をはっつけていく感じかな?

キャラクター
これもワンパターンに見えてしまう。

見た目や口調でごまかしてはいるけど

素材Aと言う人格が有って
それに特殊素材をはっ付けて(口調とか)
特殊性を持たせているように見せてるだけなので
Aと言う基本人格は一緒なので行きつく結果が同じっぽくなりやすい。

ストーリー物と言うよりヒーロー物と思うんだけれど
キャラクターがこれでは、おっさんの様に一気見しちゃうと飽きる。

そして主人公
まぁ行動原理は置いておくとして
能力無効か以外は無能力者の人間?と言う設定と思ってみると
何やらおかしい。

能力者をパンチでふっとばし
ふっとんだ敵がコンクリ砕いてめり込むとか
人間の技じゃない。

能力の効果範囲が解らない。
能力で生み出された銃の弾?
圧縮空気やコンクリ飛ばされても無効化は無理?
つまり物理現象は無理?

って事は炎や雷は実際の炎や雷ではないの?
ゴーレムっぽい奴の勢いの付いたパンチ無効化してたのは何故?
とイマイチ納得がいかない。

引き出しの少ない子供がウルトラマン見る感覚で見れれば
良いのだろうけど流石におっさんにはもう無理。

そんな子供理論で政治、倫理、科学技術等
のハードな領域に幼稚な知識で手を出し磨きをかけてしまっている。

対象年齢はだいぶ低いと思う
小学生高学年~上は高校1・2年が限界ではなかろうか?
(中二病で微妙な堅さに憧れる年齢層向け。)
それ以上だと穴が目立って満足しきれない感が否めない。

設定はまぁ良いので
いろんな部分のハリボテ感がどうにかなれば
もう少し面白くなると思う。

投稿 : 2017/06/15
閲覧 : 175
サンキュー:

3

ネタバレ

シーチキンフロスティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

これ観たらレールガンも是非!

10万3000冊の魔導書を頭にインプットしている
インデックスの能力を恐れ、
多くの敵と対峙することになる話です。

上条当麻という主人公のベランダに
突如洗濯物のように干されていたインデックスと
接触したことがきっかけで、
学園都市の主張する科学と魔術師の魔法とが
絡み合うことになるので話が少しずつ複雑になっていきます。

レールガンとのコラボができるのも
科学と魔法の物語が平行線をたどったり交錯したりを
繰り返すからこそ出来るのではと思います。

また、上条当麻には科学的能力は無いとされていますが
それでも弱者が対抗しちゃいけないのかという
気持ちを押し出し、打開困難な状況でも
抉じ開けるために力を振り絞る姿は圧倒されます。

投稿 : 2017/06/02
閲覧 : 131
サンキュー:

6

ネタバレ

K.S さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

とても面白いです。

久々、2回目視聴

3話まで視聴

 {netabare}なんでも異能の力を消し去る右手を持つ上条当麻・・・
 不幸を売りにしてる訳ではないんだろうけど、なにげに悲惨なヤツ

 御坂嬢は超電磁砲よりさらにぶっとんでる気がする・・・
 いきなりの登場から凄まじい発言だし、レールガンかますし・・・

 禁書目録を拾う?シーンも悲惨さ前回だな・・・
 可愛い幼女?少女?だけどありえない設定・・・
 そして魔術と能力(異能?)ってどう違うの?

 そしてロリ先生・・・
 上条くんはロリにもてるのか?御坂嬢だって中2なんだから
 十分すぎるほどロリじゃん。

 御坂嬢ってこんなぶっ飛んでたっけ?
 ハッキリいって完全な喧嘩好きのキチ○イ中学生じゃん!
 ツンデレにしたって限度を超えてる・・・

 魔術って詠唱の後にしか効果が出ないのか・・・
 後、女性しかも少女に暴力はやめましょう!
 いかなる場合でも男として最低です!
 シリーズ全般非常にいい出来なんだけどこれは受け付けないな・・・

 ロリ先生、部屋きったねーー!
 そしてパジャマが可愛い!魔術スゲー!{/netabare}

6話まで視聴

 {netabare}記憶がいっぱいになるって・・・
 10万3千冊の本を丸暗記してればそうなんのかな?
 完全記憶って凄いな・・・んな細かい事まで覚えたれんの?
 でも、悲しい事の風化や思い出の美化もないのか・・・

 うーーん。当麻のいう事も分かるけど・・・
 相手側のいう事も・・・
 難しい・・・記憶の死と肉体の死・・・
 で・・・結局、当麻は・・・インデックスかわいそう・・・{/netabare}

投稿 : 2017/05/21
閲覧 : 150
サンキュー:

7

次の30件を表示

とある魔術の禁書目録[インデックス]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
とある魔術の禁書目録[インデックス]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

とある魔術の禁書目録[インデックス]のストーリー・あらすじ

超能力が科学によって解明された世界。能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。こうして、上条当麻はオカルトの世界へと足を踏み入れる。(TVアニメ動画『とある魔術の禁書目録[インデックス]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年秋アニメ
制作会社
J.C.STAFF
公式サイト
toaru-project.com/index_1_2/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%82%E3%82%8B%E9%AD%94%E8%A1%93%E3%81%AE%...
主題歌
≪OP≫川田まみ『PSI-missing』、川田まみ『masterpiece』≪ED≫IKU『Rimless ~フチナシノセカイ~』、IKU『誓い言~スコシだけもう一度~』

声優・キャラクター

阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、勝杏里、こやまきみこ、新井里美、岡本信彦

スタッフ

原作:鎌池和馬、原作イラスト:灰村キヨタカ(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)、 監督:錦織博、キャラクターデザイン:田中雄一、シリーズ構成:赤星政尚、美術監督:廣瀬義憲、プロップデザイン:岩瀧智、色彩設計:安藤智美、撮影監督:福世晋吾、編集:西山茂、音響監督:蝦名恭範、音響制作:デルファイサウンド、音楽:I'veSound/井内舞子

このアニメの類似作品

この頃(2008年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ