新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「転生したらスライムだった件(第2期) 第2部(TVアニメ動画)」

総合得点
74.9
感想・評価
351
棚に入れた
1320
ランキング
774
★★★★☆ 3.7 (351)
物語
3.6
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期も

二期もなかなか進まない。

投稿 : 2022/05/20
閲覧 : 11
サンキュー:

0

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

視終わった。

原作無知です、最初から前期まで視ました。

投稿 : 2022/03/29
閲覧 : 74
サンキュー:

8

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう少し脚本や演出のひねりが欲しいところ

ライトノベル系のアニメの中でもそつなく面白いですが、「個性」がない作品だと常常思います。

作家が「守り」に入っているのが分かっているので、物語の理屈は通ってますが、勢いや目新しさがありません。

本作はファンタジーの中でも少し古い90年代前半の構成だと思うので、やはり同じファンタジーでも「鬼滅」や「進撃」が流行ることを考えてみても、視聴者の目は制作側より肥えてるではないかと思います。

少し残念な作品だと思いました。

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 110
サンキュー:

10

ネタバレ

カモミール さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

会議シーンがいつまでも続く

会議だとかでダラダラと会話シーンがいつまでも続く、いつになったら戦闘へ行くのかと思ってやっと行ったらあっさりな感じの戦闘。魔王の紹介も2回したり、どうでも良い会話シーンが多すぎる。

投稿 : 2021/12/08
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

祇園 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

俺の友達を殴った報い、きっちりと支払わせてやる。楽に死ねると思うなよ。

投稿 : 2021/11/19
閲覧 : 50
サンキュー:

0

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ガッカリ三下魔王

感想

この2期の後クール。まぁ えらく長く感じました。
この前である 2期の前クールで、あれだけ魔王クレイマンが諸悪の根源で強そうなラスボス感バリバリに煽っといて、いざ後クールになり、さぁ魔王退治だ!と思って観始めれば、仲間内で作戦だのと 話し合いばかりで話が進まず、全然戦いにならなくて イライラが募りました。
んで 後半になり、満を持して宿敵クレイマンと対峙してみれば、なんて三下の雑魚キャラ!
スカされました。
1期や前クールで、あれだけ大物でラスボス感出して煽っといて、いざバトル始まったらシオンにも劣るとか・・・
待たされた挙句、三下魔王に残念感パなかったです。
ホント 割に合わねーよ。。。

原作組や、この作品をよく理解している人からすれば、僕みたいに残念に感じることはなかったかもですが、普通の興味でアニメだけ観てた自分からすると、上辺だけを見て そう感じてしまったかもしれません。
やっぱ1期2期の間や、前クール後クールにも空きの期間があるので、どうしても関係性とか忘れてる部分があり、ちゃんと全部理解していないと思います。
続けて連続で観られたら良かったのかもしれませんが・・・そうすると、今の作画のクオリティーを維持するのはムズイでしょうし。
おそらく、自分が好きな作品なら、もっと理解しようと興味持って何度か見返すなりしてたと思います。
まぁ、それだけ僕には面白さを感じれていなかった証拠ですかね。

僕がこの作品に感じた悪いイメージ?は
無駄とは言わないですが、僕には広すぎる世界観 (要するに大風呂敷広げすぎ)
人間 竜族 鬼族 獣族 精霊 悪魔等々 多すぎなのと関係性が小難しい
キャラが多すぎ(名前が憶えられない)
スライムのリムルがチート過ぎる プラス 大賢者の助言もあり(卑怯レベル)
そんな感じで面白いは面白いけど、大雑把に言ってしまえば、僕には小難しい作品です。

投稿 : 2021/11/08
閲覧 : 94
サンキュー:

20

ネタバレ

ato00 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名は体を表す?

やっぱりこのアニメ大好きです。
2週も観ちゃいました。
一度観だすと止まらない。

本クールはヴェルドラ復活からクレイマン軍との戦争、ワルプルギスまでです。
最初、戦後処理会議が延々と。
テンポの悪い印象はありましたが、丁々発止で楽しめました。
ヴェルドラ復活に驚く面々。
その反応が可笑しかったです。

テンペスト・ユーラザニア連合軍VSクレイマン軍も見どころが多い。
各地での並列的な戦闘がエキサイティングでした。
中でもシュナVSアダルマンの映像美に魅せられました。
シュナは英知の塊、指揮官の才もあるかもです。

ワルプルギスに登場の魔王たちは個性がぶっ飛んでました。
初見のダグリュール、ディーノ、ルミナス。
一筋縄ではいかない連中のようです。
中でも、ルミナス・バレンタインがミステリアス。
容姿と言い、口調と言い、一瞬で私のお気に入りになりました。

3期はいつかな。
のんびりかつ切実に待つとしましょう。

<余談;名について>
{netabare}1期で思っていたのがリムルとミリムの名前が似ていること。
今回登場のギィ・クリムゾンにも「リム」って入ってる。
これって偶然?
リムルが最古の魔王と関係していると疑っている私なのでした。{/netabare}

投稿 : 2021/10/24
閲覧 : 77
サンキュー:

22

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 前半はリムル・テンペストの魔王覚醒後の今後のジュラ・テンペスト連邦国の方向性を
主体とした会議を主軸に、他所でも会話を主体とした描写がメイン。
 ネットの感想などを見ると、この長々と続く会話劇に批判的な意見も結構見受けられたが、
個人的にはこういった政治劇的展開は結構好きだったりする。
 ただ、結構和気あいあいとリムル達が会議を続けているのが事態の危機感や切迫感に
そぐわない印象はあった。
 明るく楽しいのが本シリーズの持ち味の一つだと思うが、ここではコメディ要素を削って、
シリアス色を強めると同時に、もっとハイテンポにしてもも良かったんじゃないかと。

 後半はクレイマン達との戦いが主体で、前作も含めたこれまでが種を蒔いて、育てる期間なら、
ここからはカタルシスの収穫期といった感じで、かなり気持ちいい展開。
 とは言え、ここまで一方的だと、リムルの魔王覚醒、及びそれに伴う部下の強化前とは言え、
テンペスト襲撃とそれに伴うシオンらの死に至る一件などは、随分と弱い相手に
してやられてたんだなという感も。

2021/10/19

投稿 : 2021/10/19
閲覧 : 58
サンキュー:

4

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「再開したら会議ばっかりだった件」2期の分割2クール目だから1期、2期を先に見てね☆彡

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
主人公リムルと、彼を慕い集った数多の魔物たちが築いた国<ジュラ・テンペスト連邦国>は、近隣国との協定、交易を経ることで、「人間と魔物が共に歩ける国」というやさしい理想を形にしつつあった。
リムルの根底にあるのは人間だったスライム故の「人間への好意」……しかしこの世界には明確な「魔物への敵意」が存在していた。
その理不尽な現実を突き付けられた時、リムルは選択する。「何を失いたくないのか」を――ファン待望の転生エンターテイメント、暴風の新章に突入!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:川上泰樹・伏瀬・みっつばー「転生したらスライムだった件」(講談社『月刊少年シリウス』連載)
監督:中山敦史
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:江畑諒真
モンスターデザイン:岸田隆宏
美術監督:佐藤 歩
美術設定:藤瀬智康・佐藤正浩
色彩設計:斉藤麻記
撮影監督:佐藤 洋
グラフィックデザイナー:生原雄次
編集:神宮司由美
音響監督:明田川 仁
音楽:Elements Garden
アニメーション制作:エイトビット

主題歌
第2部OP:「Like Flames」MindaRyn
第2部ED:「Reincarnate」寺島拓篤
{/netabare}
キャスト{netabare}
リムル:岡咲美保
大賢者:豊口めぐみ
ヴェルドラ:前野智昭
ベニマル:古川慎
シュナ:千本木彩花
シオン:M・A・O
ソウエイ:江口拓也
ハクロウ:大塚芳忠
リグルド:山本兼平
ゴブタ:泊明日菜
ランガ:小林親弘
ゲルド:山口太郎
ガビル:福島潤
トレイニー:田中理恵
ミリム:日高里菜
ラミリス:春野杏
ディアブロ:櫻井孝宏
クレイマン:子安武人
ギィ・クリムゾン:石田彰
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#37 訪れる者たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
仲間達の蘇生とヴェルドラの復活を祝した宴。束の間の平和を楽しんだリムルは、皆に今後の方針を話す。リムルは全世界に向けて魔王を名乗り、クレイマンに宣戦布告することを決意する。そして、武装国家ドワルゴンからはガゼル王、ブルムンド王国からはフューズ、魔導王朝サリオンからは大公爵にしてエレンの父、エラルドが赴き、今後のテンペストの動向を決める重要な会議が開催される。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は復活したヴェルドラがみんなにあいさつ。。
リムルとは盟友だって聞いたみんなが、もっとリムルを尊敬する
ってゆう感じのおはなし^^


中盤はパーティーがはじまって
リムルとベニマルがシオンの料理を出されてアセってたら
シオンは復活したときにユニークスキル「料理人(サバクモノ)」を手に入れてて
作ったお料理がマズそうに見えておいしかった♪ってゆうのがおかしかったw


後半はリムルが全世界に、魔王になったことを発表して
クレイマンに宣戦布告することを決めて、会議を開くんだけど
そこに手伝いに来たガゼル、フューズ
それからエレンが魔王にさらわれたって聞いた父親のエラルドも来て参加。。


ってゆう、いつも通りワチャワチャした日常のおはなしで
ふつうにおもしろかった^^


魔王になったリムルとヴェルドラ、それから応援に来た人たちも入れたら
クレイマンなんかかんたんに倒せそう^^
{/netabare}
{/netabare}
#38 人魔会談
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ラプラスたちはクレイマンにまつわる計画を企てていた。そこには、とある人物も同席していて―――。一方リムルは、ヴェルドラとの出会いを含め、各国の要人にこれまでのあらましを話す。エラルドはリムルと敵対するより友好を選ぶべきと判断し、ドワルゴン、サリオン、ブルムンドとの協力関係を再確認。そんな中、「この国、テンペストは滅亡する!!」―――不穏な警告を叫び、乱入してきたのはラミリスだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
ラプラスと話してた「とある人」はユウキで
中庸道化連のボスみたいだったけど、何を考えてるのかな?

そこで、ルベリオスの「奥の院」にスパイに行ってたラプラスの話で
ユウキにホムンクロスの体をもらって復活した道化連の会長のカガリが
そこにいたのは魔王ヴァレンタインだったって教えた。。

それでユウキが、西方聖教会の裏を知ろうとしてたらラプラスが
ヴァレンタインをおびき出すために
魔王を集めるワルプルギスを開こうって。。


中盤は、ヴェルドラが復活して、リムルの朋友になってたことを知った
ガゼルとエラルドが、会議の前にリムルを呼び出して事情を聞いたんだけど
けっきょくリムルの味方のままってゆうことになるおはなし。。


後半は会議がはじまって
リムルが転生してヴェルドラに出会ってからのことを話した。。

それからヒナタのことを話したら
ほかの人たちはヒナタのことをそれほど悪く言ってなくって
様子を見ることにしたんだけど
ヒナタと自分を戦わせたのがユウキだって気づいたみたい。。



けっきょく会議の本題はまだ始まってないのにラミリスが来ちゃったけど
テンペストが滅亡するってどうゆう意味?

あと、クレイマンを動かしてるのもユウキだと思うけど
来週からのおはなしは
ユウキが何をしようとしてるのか、ってゆうことになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#39 ラミリスの報せ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リムルはファルムスの新たな王としてヨウムを擁立するという計画を発表する。それを聞いたガゼル王は「真に王に足る器か」とヨウムを試し、彼は懸命に応えて見せる。「みんなが豊かに、笑って暮らせる世界を作りたい」と話すリムルの人柄をエラルドも気に入り、リムルとその仲間たちは目先の敵、クレイマンとの決戦に意気込む。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、ファルムス王国の2万の兵がいなくなった言いわけの作り話。。

テンペストはファルムス王国にほろぼされた、ってゆうことにして
そのときファルムスの兵たちが間違ってヴェルドラの封印をといて
ヴェルドラに消されたけど、リムルがヨウムとヴェルドラを説得して
守護者としてまつることで話しをつけた。。って


そのあとリムルは、ヨウムをファルムスの新国王に推すことを発表。。
けっきょく答は決まってるのに、ガゼルがちょっとツッコんできたり
エラルドみんなに、魔物を信じるのか?みたいなことを聞いてた。。

何だか、結婚式で神父さんが「はい」ってゆうのを分かってて
「健やかなるときも、病めるときも。。誓いますか?」
って聞くくらいの感じで、ちょっと眠くなってきちゃったw


さいごはクレイマンがラプラスに
ミュウランをダシに使ってユーラザニアに攻め込むって話してたけど
ミュウランは生きてるんだけどw


そう言えば、ラミリスが
「テンペストが滅亡する」って言ってたのはどうなっちゃったんだろう?
何か理由があって言ってたんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#40 会議は踊る
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ジュラの大森林に新たな勢力が勃興し、その盟主であるスライムが魔王を騙ったため、制裁する」という名目で、クレイマンが魔王達の宴(ワルプルギス)を発議した。リムルも本格的に、クレイマンとの戦争に備えるが、敵軍の動きを観察するうちに、クレイマンが狙っているのは目下のテンペストではなく、ユーラザニアであると判明。クレイマンの軍勢がユーラザニアに到着するまであと2日―――。リムル達は間に合うのか……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ラミリスからワルプルギスのこととを聞いて
あと、帰ってきたソウエイたちから
クレイマンが兵を送って、2日後にユーラザニアに着くってゆうのが分かって
リムルはどうしよう!?って悩むおはなし。。

でも、会議が長引いて、みんなで温泉&宴会みたいなおはなしもあって
あんまり緊張感はなかったみたい^^



捕虜の3人を取り調べたシオンの報告がテキトーで
ミュウランがいなかったら、ぜんぜん分からなかったのがおかしかったw


それからヨウムたちは
捕虜を救った英雄として、ファルムスに帰ることになって
いっしょにディアブロも行くことになるんだけど
ディアブロがリムルを大好きすぎるところがおかしかった^^
{/netabare}
{/netabare}
#41 会戦前夜
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ユーラザニアの民の救出、クレイマン軍への対抗。後手に回ったリムルは「智慧之王(ラファエル)」からの助言を受ける。さらに、クレイマン討伐の策は秘書からの進言で!?
{/netabare}
感想
{netabare}
ラファエルの助けで、転移魔法で全軍を送れるようになって
リムルはワルプルギスに参加することになった。。

逆に、ユーラザニアの人たちは転移魔法でテンペストにつれてくることに。。

途中で、ミリムのいないミリム領がヤムザに使われて
くやしい思いをしてるおはなしがあったけど、ミリムはどうしてるのかな?



ラファエルがすごすぎて
ただの住民だと思って油断してる攻めてきたクレイマンの兵は
リムルの強力な軍を見てびっくりするんじゃないかな?

それだけでもう、勝ったみたいなものかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#42 魔王たち
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ベニマルは軍勢を率いてユーラザニアに、ヨウムはディアブロを含めた仲間たちとともに、ファルムスの国盗りへと出向いた。見事にクレイマンの裏をかき、ユーラザニアの避難民をテンペストに転送したリムル。覚醒魔王への進化を目指していたクレイマンはそんなリムルに怒りを募らせる。一方で、最古の魔王ギィと魔王レオン、そしてヴェルドラの姉ヴェルザードは、リムルへの関心を強めていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、リムルはクレイマンに
ヴェルドラが復活したせいでファルムス軍が滅びたってゆうのと
復活したヴェルは弱体化してるってニセ情報を流して
ほかの魔王たちも、いちお、そのことを信じたみたい。。

魔王ギィが魔王レオンをワルプルギスにさそうおはなしがメインで
ギィのところにはヴェルのお姉さんがいる。。



また新キャラとか、あんまり出てこないキャラが多くって
とちゅう眠たくなっちゃった。。

もうちょっとサクサク進んだらいいのに☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#43 開宴の合図
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
人形を依り代にトレイニーを霊樹人形妖精(ドルアス・ドール・ドライアド)に進化させるなど、魔王達の宴(ワルプルギス)に向け準備を進めるリムル。一方で、転送魔法でユーラザニアに到着したベニマル達は、クレイマンの軍勢にゲルドが仕掛けた”罠”で一気に畳みかける。その傍ら、カリオン救出に意気込む三獣士は、敵軍首魁の討伐に向かう。アルビスは、五本指筆頭のヤムザと一騎打ちに。フォビオは、ティアとフットマンに挑む。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
ベニマルたちの思いどおりクレイマンの配下を罠にかけ
三獣士がそれぞれ、強いクレイマンの部下たちと戦う、ってゆうおはなしで
特になくってもいいけど、サブキャラに見せ場を作ったみたいなおはなし^^



ゴブタがかっこよく登場♪って思ったら相手が強すぎて
あっさりアルビスに相手をまかせた、ってゆうところがおかしかったw

ホントに、いなくってもいいんだけど
見せ場を作っておはなしをふくらませただけだったみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
#44 因縁の地で
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ガビル対ヘルメスの勝負はガビルが辛勝。その行く末を眺めていたのは、スフィアを圧倒するほどの技量を持つ、竜を祀る民ミッドレイ。人間によく似た姿の彼は、ガビルと同じ龍人族(ドラゴニュート)だった。一方、ヤムザは魔宝装身具(アーティファクト)「鏡身の腕輪(ドッペルゲンガー)」を使って分身するも、本気を出したアルビスに惨敗。降伏しようとしたヤムザだが、クレイマンに操られ、強制的に暴風大妖渦(カリュブディス)の依り代にされてしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、カリュブディスがあらわれたことで
ミッドレイ対ガビル&スフィアの戦いは中止。。

敵も味方もみんなで避難しようとしてたら
ベニマルが来てくれて、カリュブディスをアッサリ退治^^

ミッドレイたちがミリムの部下だって知ったベニマルたちは戦いをやめた。。

ティア&フットマンと戦ってたフォビオ&ゲルドは負けたけど
ティアたちが、このことを「あの方」に知らせなきゃ
って言ってトドメをささないで去って行ったから生きのびた。。



今回のおはなしって、なんだかよく分からなかったけど
けっきょく何がしたかったの?

来週は何か起きるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#45 示指のアダルマン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
準備を終えたリムルはシオンとランガを、ラミリスはベレッタとトレイニーを連れて魔王達の宴(ワルプルギス)へ向かう。一方、シュナ、ハクロウ、ソウエイは、クレイマンの城の近くに到着するやいなや霧に視界も魔力感知も妨害されてしまう。その霧の奥から、死霊の王(ワイトキング)にしてクレイマン配下五本指の一人、「示指のアダルマン」が現れる。ハクロウ、ソウエイが周囲の敵を足止めし、シュナがアダルマンとの一騎打ちに挑む。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしでシュナ対アダルマンはシュナの勝ちで
クレイマンから解放されたアダルマンは、シュナの手下になるのかな?

それと、リムルがワルプルギスに出席するおはなしの方は
魔王たちの紹介ってゆう感じかな?

あと、ワルプルギスって、殺し合いでもあるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#46 魔王達の宴 ~ワルプルギス~
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンは、魔王全員でリムルを粛清しようと訴えるが、ギィに「魔王なら自分自身の力でリムルを倒してみせろ」と一蹴される。リムルとクレイマンの一騎打ちになるかと思いきや、クレイマンは洗脳したミリムをけしかける。ミリムの相手はリムルが引き受け、クレイマンはシオンが迎え撃つことに。しかし相手がミリムでは分が悪く、追い詰められるリムル。そこに乱入し、リムルに代わってミリムの拳を受けたのは、ヴェルドラだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週の大事なところはみんな、あらすじに書いてあるみたい^^

リムルとクレイマンの戦いは、リムルとミリム、クレイマンとシオンになって
ランガも出たら、クレイマンも部下を出してきて
何でもアリ!?って思ったら、そこで結界が張られて
リムル側の不利で戦闘開始。。

そしたらリムルの側に似付いてるラミリスが
ベレッタも参戦させたいって言い出して、ベレッタも加わることに。。

でも、ベレッタはシオンたちのお手つだいで
けっきょくミリムの相手はリムルがすることになって
リムルがやられそうになったら、ヴェルドラがやってきた!?
ってゆうところでオシマイ。。



どんどん戦うキャラが増えてきて
そのたび作者が強さを決めるんだから、勝負なんかどうにでもなっちゃって
なんだかどうでもいい感じ^^

早く終わらせて☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#47 起死回生
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンの手駒も、クレイマン自身も、リムル達に全く歯が立たない。窮したクレイマンは、ミリムに狂化暴走(スタンピート)を発動させ、皆殺しにするよう命じる。
{/netabare}
感想
{netabare}
クレイマンにあやつられてた九頭獣は
リムルに呪いを解除されて保護された。。

クレイマンはシオンにやられてボロボロ。。

ミリムはクレイマンにあやつられてるフリしてて
フレイはミリムに揚力して、カリオンをかくまってたみたい。。

カリオンは、リムルに獣王国を再建する手伝いをしてもらうことになって
友好関係を持つことに。。


それでクレイマンは悪だくみがみんなにバレて、死にかけて覚醒したんだけど
それはリムルとラファエルの計画通りだった。。ってゆうおはなし^^



もうちょっと残ってるけど、クレイマン編はほとんど終わりみたいで
リムルたちがクレイマンを追いつめてくところがおもしろかったけど
ミリムがどうして
クレイマンにあやつられてるフリしてたのかよく分からなかった。。

「あの方」の正体が知りたかったんだったら
死ぬ前に白状させた方がいいのに
国が滅ぼされたカリオンでも、あんまりツッコまないのがフシギ^^
{/netabare}
{/netabare}
#48 八星魔王
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クレイマンを追い詰め、黒幕を聞き出そうとするリムルだが、クレイマンは死んでも口を割らない。仕方なくリムルは、クレイマンを処刑する。10人だった魔王はクレイマンが死に、カリオンとフレイが魔王の座を降りると宣言したことで、リムルを加えて8人となった。新しく呼び名を考えるようギイに強要され、リムルは「八星魔王(オクタグラム)」と命名。一匹のスライムが八人の魔王のひとりとなり、新たな時代へ突入したのだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、リムルはあっさりとクレイマンをたおし
そのあとヴェルドラが、ロイの侍女のルミナスが本物の魔王ってバラしたり
カリオンとフレイが、ミリムの配下になって魔王引退。。

リムルが、8人になった魔王の呼び名を決めることになって
八星魔王(オクタグラム)ってつけた。。


そのころルベリオスではラプラスが
魔王がいない間に法皇の正体をさぐろうとしてたけど
ヒナタに会って逃げて、帰ってきたロイに
クレイマンが殺されたことを聞いたラプラスはバトルでロイをたおした。。

そのあとは、みんなのその後みたいな、わりとどうでもいいおはなし^^



クレイマンが思ったより仲間思いで
仲間もクレイマンが死んで、本気で悲しんでたのがかわいそうだった。。


やっと終わったけど
魔王たちの集まりに名前をつけるまでのおはなしに
ほとんど1話使っちゃったみたいな感じで
もうちょっとサクサク進めてもよかったかも。。


それと、ヒナタの正体が気になるみたい。。
何を考えてるか、とか。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


リムルが魔王になってクレイマンをたおし
正式にワルプルギスの1員になるまでのおはなしで
ふつうにおもしろかったけど
今季は特に会議が多くって、ちょっと内容が薄かったかも^^








.

投稿 : 2021/10/11
閲覧 : 203
サンキュー:

47

ネタバレ

ごる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見ていて爽快感!

転スラは安定の面白さがありますが、今回はクレイマンとの決着をつけるだけあって、各魔王の登場や物語にも大きな変化があるのでより面白いです(°▽°)

元々、みんな強い魔人に進化してるけど紅丸なんかは相当な強さになってますね( ゚д゚)

魔王会議でのリムルがクレイマンを論破していくところは爽快感があって良かったです( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ

投稿 : 2021/10/06
閲覧 : 51
サンキュー:

5

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメとしての出来は素晴らしい

原作読破済みだったので、ハッピーエンドの1期とは違い波乱の2期ということは知っていたので、前半(ファルムス侵攻)までは退屈、と思っていだけど、改めて見てみるとユーラザニア編も十分面白い。
また、今期の魅力はリムルにとっての敵たちの同化っぷり。クレイマンは中庸同化連の一員だからまだしも、しょうごの道化っぷりが半端ない。いや、クレイマンもハンパないけど。
最後は綺麗に全て片付いて終わり、映画に続くらしい。

1点だけ、アニメに入れると間延びするからなのだろうけどリムるの心理描写はだいぶカットされていたイメージ。活字に抵抗がない方には書籍版もぜひお勧めしたい。

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 62
サンキュー:

6

ネタバレ

福松 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

期待はしていたのですが

第一期第一話より、ア〇マ無料でようやく追いつけました。
でも、PCのサブモニターで流し続けて重要そうな場面だけ台詞に集中するというながら視聴となりました。
展開がほぼ読めていて、細部だけは追っていこうと思っていたからだと思います。
魔法の名前とか、キャラの名前とかにあまり興味が引かれませんでした。登場キャラも多すぎるし。
小さな波乱はありましたが、超絶展開はなかったですね。
視聴していて極度の嫌悪感を覚えることがなかったのは救いなのかどうなのか。
「リムルさま~」の連呼はちょっと嫌でした。
最序盤とシズさんの話は良かったと思います。
映画では黒幕を倒して、第三期は異次元か未来からの侵略者と戦う、という流れではないかなって思います。

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 96
サンキュー:

11

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全体でなく部分的な感想ですが

前半の会議ら辺は、ベルドラ登場時の周りの反応や関係性を丁寧に表現していました。
ただ、ワルプルギスでのベルドラ乱入時の反応が恐ろしい程スルー。
姉らしき龍も出しておき、前振りを散々しといて、リアクション薄いなーと。
尺が足りなかったのだろうか…
とりあえず、その点で物語は少し下げました。
しかし、大きく気になったのはそれ位で、安定して面白かったです。
新キャラを出しつつも設定が良い。
最後にただ戦って終わりというのでなく、ヴァンパイアの魔王が従者と逆という細かい演出を入れてくる所が素敵です。
長くやっていても視聴者を飽きさせない。
魔王もいきなり大勢出されてお腹いっぱいになりそうだったけど、数人減り覚えやすくなったというか、わかりやすくなったというか…

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 67
サンキュー:

5

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あー、すっきりした

続きが気になるので視聴開始。

【作品概要】
分割になった転スラの2期後半。
前半で激おこのリムルがどうするかの後半。

【作品に対する感想】
魔王クレイマンと事を構えると決めて終わった2期前半。
で、実際ドンパチが始まるまでに5話かかりました。

これを「テンポが悪い」ととらえるか
「しっかりと説明がされている」ととらえるかは視聴者次第でしょうが、
私は後者と取りました。
あまり気になりませんでした。

完全情報ゲーム…ってところでしょうか。
色んな陣営の思惑を全部説明して回るから時間が掛かる。
「なんで?」ってのがない代わりにテンポが犠牲になる。

シュナさん久々の戦場で萌えました。
普段はほぼ保母さん的な雰囲気になってますが、
キリっとした低いトーンの声がいいですよね。

ワルプルギス、魔王の価値観がそれぞれでよかったと思います。

クレイマンは魔王間でもあまり重要と思われていないようですね。
ミリムの精神支配が解けた瞬間、詰みになりそうです。
って思ってたら最初から出来レースでした…と。

ヴェルドラムチャクチャ(^^;
超えてはいけないラインを平気で越えてくる。
笑ったわ。

クレイマンボコボコであースッキリした。
2期の前半も似たようなことがあった気がしましたが、
水戸黄門的勧善懲悪は根底では好きなのかもしれません。

適当なレビューですが、転スラはあまり構えず、
なんとなくでいい気がしてきました(笑

投稿 : 2021/10/01
閲覧 : 80
サンキュー:

15

ネタバレ

hidehide さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少しのグダつきは

週の楽しみが1つ減った…
映画、3期、とまだ先なのか…と
少し寂しくなった作品。
1期からの愛着でしょうかね。

次からの展開、その先を知っているが故、
早くアニメ化が楽しみですね。

…にしても、大人化していない、
あの状態でのミリムでも
覚醒したリムルを圧倒するのですね。
転スラ日記でのミリムの愛くるしいさ、と
許せる範囲?の粗暴さを見た上での真顔戦闘。
やはり、最強最古の魔王、恐るべしですね。

1年待つのは辛いので…
転スラ日記的なモノでも見たいです。
映画、期待しています。

投稿 : 2021/09/28
閲覧 : 63
サンキュー:

7

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

会議長すぎ。

会議がながい。
クレイマン弱すぎ。
以上

投稿 : 2021/09/27
閲覧 : 58
サンキュー:

10

ネタバレ

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スライム無双

1期ではカリュブディスの攻撃など少しの危機はあったものの順風満帆ににリムルテンペスト共和国は発展して行き、シズ先生の教え子達も無事救えてめでたしめでたしからの2期。

順調成長しすぎて、魔王とファムルス王国に目を付けられてしまった事で国壊滅の危機にさらされる。

リムルも刺客ヒナタに狙われるも、一命を取り止め
国に戻ると大勢の仲間が死に胸を痛める。

魔王になれば死者を救えるかもしれないという事で、平和主義者だったリムルが鬼の如し襲撃してきた軍隊を殺戮しまくり、魔王に進化し更なるチートに。

死者も復活させる事が出来、リムルの進化に伴い部下達も進化を遂げ、ディアブロが仲間に加わりヴェルドラも封印から解かれるなど盤石の体制で、魔王クレイマン討伐へ。

流れとしてはこんな感じだが、他の口コミにもあるように魔王になってからクレイマン討伐に向けての会議回がやや長くて少し中だるみしてしまった。

こちらとしては迫力のバトルシーンが観たいものの焦らしてくれる…

後半は部下たちはユーラザニアでクレイマンの軍勢と、リムルはワルプルギスでクレイマン本人とバトル。
リムル軍強すぎる・・・
もうちょっと見応えのあるバトルを観たかった。

なんだかんだ言ってもリムルと仲間達が楽しそうにしているのを観ていると癒される。

クレイマンのCV子安さんはディオやミストバーンもやっているが、悪役が板についているなぁ。
あと登場人物が多過ぎて覚えきれない。
そしてチョイ役でも使っている声優陣が豪華。
そしてヴェルドラの繰り出す技が笑える。
許可取りして迄使うとは本気度が伺える。

原作未読だがまだまだ続くようなので3期にも期待。

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 60
サンキュー:

7

ネタバレ

セイギ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ダラダラやりすぎた感

1期のスピード感なら良かったが、会議のくだりなどダラダラやりすぎた感が凄く勿体ない
魔王リムルになる前までは凄く面白かったが、肝心のなった後からクレイマン討伐までが長すぎて飽きてしまった
ヴェルドラとミリムが可愛い
波動拳、昇竜拳などネタは良かった笑

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 66
サンキュー:

4

ネタバレ

はる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

茶番

茶番なんだけどそこが転スラらしくていいなって思った。

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:----

転生したらスライムから魔王になった件

前半部分は会話系が凄く多いイメージがあり少し退屈する部分もありますが、リムル勢力がかなり強化された点でも戦闘がかなり楽しみにもなるそんなスタートでした。

VSクレイマンがこの作品のメインになってくる訳ですが、個人的に見所として1つはシュナの戦いではないでしょうか?
彼女の戦闘って殆ど過去に無かった気がします。
だからこそ見所を感じたのと新鮮でした。

次はベルドラの活躍ですね。
彼には本格的な戦いはなくとも魔王ミリムと遊ぶ……いわゆる足止めと言う役割です。
戦闘では、ストリートファイターやドラゴンボールの技を叫びなが足止めすると言う厨二病全開ですが、強いのなんのってw
暴風竜ベルドラ……あのベルドラが厨二病アニオタみたいになっていたのが、面白く、技のチョイスがいい。

ストリートファイターやドラゴンボールは全然知らない私ですが、技名くらいは聞いた事があるから元ネタを知らなくても置いていかれることも無いし、有名作品だから大抵の人もついていけるのが、凄く良かったと思います。

そしてVSクレイマン
1番のボスキャラなのに……弱すぎる……
彼は魔王役でしかないので、役なんですが戦いが呆気ない……シオンに一方的にボコられてました。
正直、腐っても魔王役なんだからそれなりに強さを見てみたかったのに残念。

挙句の果てには、奇跡?的な覚醒もするのに、その覚醒すら予測されてたのは可哀想なレベルww
そして、凄く弱かったw
あまりに圧倒的力差w

今回で新しい魔王の形も出来たし物語としては区切りいい所で終えられたように思います。

さらに劇場版と来ましたか2022年秋だそうですが楽しみですねw

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 65
サンキュー:

12

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

次回、開戦!?

1期のオークロード戦もそうだったけど、めっちゃ開戦焦らすよね、このアニメ。
ドラゴンボール感ある。

戦争が始まってからは予定調和の俺たちTUEE展開を披露しつつ、
ベニマルがカリュブディスもどきを瞬殺するようなサプライズもあって楽しめた。

また、ミリムの配下のハゲが「ミリムの遊び相手になれる」程度に強かったり、
ピエロたちが「カリュブディスは倒せない」けど無視できない戦力を持っていたり、
シオンがクレイマンをボコボコにしたりと、
何かとキャラ間の力関係を明確にしたがるような描写が多く見られた。

あまりスマートな手法ではないけど、気持ち良さが売りのこういう作品においては結構アリな手法なのかも。

『リゼロ』なんかもたぶん似たようなことやってるっぽい?
作品の類似点としては、「“化け物みたいに強いキャラ”と“倒すべき敵”が共通ではない」といったところか。

シズさんの仇っぽかった魔王レオンは敵意無さそうなので、
次の「倒すべき相手」はカザリーム、ピエロ、ユウキ・カグラザカ辺りだと思うが、
八星魔王たちがリムルと友好関係を結びそうな感じを見るに、なんかもう怖いものが無さそうにも見える。

ドラゴンボール超でビルス様がバックにいるぐらいの安心感。

果たして、今後リムルを窮地に追い込む敵は現れるのか……!?

投稿 : 2021/09/25
閲覧 : 61
ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

スライムに戻る必要なくない!?

1期に引き続きの視聴です。
リムルが仲間をどんどん増やして街も順調に発展していった1期。

リムルが強すぎることや、あまりに順調に全てが進んでいく様に
面白いんだけど物足りなさもあったのも事実。

この2期では序盤に順調だった街づくりにピンチがやってきます。

かつてシズさんの教え子の一人だったヒナタ。
リムルでさえも圧倒する強さを持つ騎士との戦い。
やっぱり
下手をすると死んじゃうかもってハラハラ感のあるバトルは
観てて入り込めます!
まあリムルは死なないよね~ってのはありますけど。


そしてその間にリムルの街も襲われたりって展開が続き
1期ではほとんど
感じなかったドキドキ感があって良かったです。

相変わらず、どんどん出てくるキャラの中では
魔王クレイマンに弱みを握られて苦闘するミュウランが良かったです!
ヨウムを好きになるの早くな~い!?ってところはあるものの
好きな人を傷つけないために自らを犠牲にって行動は切ないし
強いのに顔をおすぐ赤らめる仕草が可愛い!!

あと可愛くないけど「ガビル様~~!!」ってどんな時も
ガビル推しのガビルの舎弟(名前あるの?)がアホで
お決まりなんだけど登場するたびに癒されました^^

1期と同じで平和に仲間を増やしていた序盤は良かったのですけど
ファルムス王国の同じ転生組の人間達にシオンが殺された回あたりから
せっかく良くなったって思っていた自分的には
ちょっと・・・な展開に。

シオンを生き返らせるためにリムルが魔王になるってくだりは
今までの戦いをまるで無にするかのようなビームでの掃討攻撃でした。
バタバタと倒れる兵士。
(そしてどんどん増えていく死者のカウント)に今までリムルのことを好意的に観れてた
自分は正直残念な気持ちになりました。

1期から一緒に観てた小学生の娘が笑いながらこのシーンを観てたのを
ちょっと怖く感じちゃったんですよね~。
(圧倒的な力はスカッとするのもわかりますけど・・・)

少々説教臭い感じですけど、敵にだって個人には
嫌々戦争に参加させれられた人もいるだろうし家族もいるかもって
考えちゃうんですよ。
仲間を生き返らせるために無慈悲な虐殺を主人公がしちゃうのは、ちょっと受け入れられませんでした。

(この回を境にリムルの印象が変わったの自分にはなんかスッキリしない感じが最後までしちゃいました。)

中盤以降は
リムルが強いのは良いんだけど、弱い敵を相手にしないで強い敵との
バトルだけ魅せてくれたらもっとワクワクしたかな。

魔王となったリムルが参加した
魔王たちの宴(ワルプルギス)での魔王大集合の話では
この期での悪役クレイマンとの戦い(茶番?)が繰り広げられます。

圧倒的な強者ミリムが実は最初からクレイマンに操られてる振りを
してたってことが判明。

そして何度も本気出す~って変身していくクレイマンをその
反撃すら許さない感じでリムルが圧倒!!
これは茶番としか言いようのない展開で、リムルが魔王たる存在だと
ワルプルギスに参加した魔王達に認めさせての終幕。

魔王達を含めてキャラが多すぎるのはしょうがないとして
強いんだか弱いんだかイマイチわからない中庸道化連だけでなく
リムルがヤバイって思うような
ヒナタのような強物との生死を賭けたバトルってやつを次作以降では
期待したいものです。

投稿 : 2021/09/24
閲覧 : 104
サンキュー:

26

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

破SFスーパー英雄(?)列伝18

転スラ日記をはさんで2期の1部と2部がよ~やく終わりました。
相変わらずの面白さですが、1部が危機からの反撃という形で盛り上がったのに対し、2部は既に魔王クラスの強さを得てるせいか、リムルも配下の部下もピンチって感じが少なく、その点は少し盛り上がりに欠けたかも知れないですね。

あと、最初からミリムは洗脳されてなかったと言うことですが、ミリムにそんな演技が出来ると思ってんのかっ!
洗脳されてるということで、危機感がありましたけど、ここはちょっと無理があったような・・・(汗)

今回魔王のひとりクレイマンを倒した訳ですけど、ここまで強くなってしまうと、どう危機感を出すかが、今後の課題になってきますね。
敵が出てくる→圧倒的な強さでぶっ倒す→新たな敵が・・・
というのは確かにカタルシスがあって観てて楽しいですが、そればっかりだとマンネリになる恐れもあるので、どうそこら辺を次回見せてくれるのか楽しみです。

おまけ
ワルプルギスに突然現れたヴェルドラ
リムル
「呼んでもいないのに何で出てきたんだ、冷やかしなら帰れよ!」
ヴェルドラ
「リムルよ、お主も大概酷いな。まぁいい、用件は・・・これだ。」
「(スラムダンク最終巻を手に)こんないいところでお預けなど我に対する嫌がらせか!花道のリハビリはどうなった?新スタメンは誰が・・・」

今後は書かれないそうですが、やっぱり続きも見たいですね
って、何スラムダンクの話入れてんだっ(はどーけん!)ぎゃーっ

おまけ2
ワルプルギスに突然現れたヴェルドラ
リムル
「呼んでもいないのに何で出てきたんだ、冷やかしなら帰れよ!」
ヴェルドラ
「リムルよ、お主も大概酷いな。まぁいい、用件は・・・これだ。」
「(HUNTER×HUNTER36巻を手に)こんないいところでお預けなど我に対する嫌がらせか!最新巻はいつになったら出るんだ」

これ、いくらでもネタができそうな(かめはめ波ー!)うぎゃーっ

投稿 : 2021/09/24
閲覧 : 88
サンキュー:

16

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

助けたその後、再建に挑む

シオン達を無事に生き返らせることができたリムル
何度もトライ&エラーを繰り返し...

そして王国の再建を始めるのだった
やっとヴェルドラを牢獄から脱出させたな...!
尚脱出する前にイフリートと将棋の続きをしていましたwww勿論総集編をして

やっと皆に顔を合わせたのに、まーたシオンの料理を食べざるを得ないのかよwwwww
だったが食べた結果...

う ま し

38話
国王達を呼んで今後の会議をすることにしたのだが
ヴェルドラの件で中断してしまい...
ここで国王らにも転生したってことを話した
ヴェルドラの件は公表することに、そして友好を結ぶことに
後は2期の最初で交戦したヒナタの件だが、本来理性的だと言うことが発覚
じゃあ何故攻撃して来た?
どっから情報が漏れた?1期の最後付近でシリウスを読んでいたアイツか?

そんな中、またテンペストの危機が...

39話
今日は他国との会話がメイン(視聴者はつまんなかった)
テンペストと友好がある国の思惑が理解されてきた模様
そして仇のクレイマンは動き出す...

40話41話
ワルプルギスと言う名の会議でクレイマンやミリムが集まる模様
そこでの議題は、リムルが魔王になったということ
これは向こうも黙ってはいないな
奴らは、テンペスト本国ではなく、獣王国を先に攻め込み魔王への目覚めの一歩を踏む模様
...後手に回ってしまったか

42話
さて国民達をクレイマンの手先の元に向かわせたリムル
向こうはどう出る?
そして久々に登場したミリム...!
だが怪しいペンダントの魔力によって人形化されてしまい...
...今宵の茶会は暴れそうだ...

43話
さておっぱじめよう
魔法で落とし穴を作り、そこを一網打尽に
そして将を引きずり出す...
ここまでは順当だ

44話
今日は三獣士の戦闘がメイン

45話
遂に始まる魔王同士の会議
クレイマン...ミリムを道化人形として扱いやがって...!
こ れ か ら 貴 様 に 生 き 地 獄 を 味 合 わ せ て や ろ う 

46話
クレイマンの発言の後に異議を唱えたリムル
それがおっぱじめの合図だった
数では一人足りねーじゃんのリムル
だがミリムの洗脳を解けば終われるはず...!
しかし、そこに乱入者が...留守番してたアイツが!

49話
そう、ヴェルドラだった
しかも波動拳に昇竜拳wwwwwそしてかめはめ波wwwww
それと実はミリムは洗脳の術がかかっていなかったことが発覚
「敵を騙すには味方から」がよーく分かる
そしてクレイマンは二段階に移るのだった...手足斬られても生きている生命力は認めよう

50話
そして新たな魔王の時代は幕を開けた
この次は映画で...
クレイマンを利用していた後ろの悪を追うために

投稿 : 2021/09/23
閲覧 : 155
サンキュー:

6

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

第2クール目も良かった♡

転生したらスライムだった件 第2期 第2クール(#37~#48)の全12話 感想

前半が会議ばっかでなんか批判されてたらしいけどこんくらい我慢しろカス共。
進撃の巨人Finalもゴミみてぇなくっれぇ話し合い数話続いてただろ、てかずっとか😒

クレイマンのクソ野郎をぶっ倒したし良かっただろ。子安さんもいい感じに演技してたし😏クレイマンのイカれたモード頭おかしすぎてゲラゲラ笑ってた🤪やっぱりリムル様カッコよすぎ✌(´>ω<`)✌
クレイマンボコボコにされてて草🙄
どうでもいいけどギィの見た目割とすき。石田ァって感じ

終わりも色々謎多く残して終わってたけど八星魔王(オクタグラム)結成したしクレイマンもぶっ倒したから良かったです。

劇場版も楽しみ🤗

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 62
サンキュー:

9

ネタバレ

ダビデ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

二期前半クールから評価はダウン

二期前半クールから盛り上っていくところなのだけれども、いまいちな感想でした。
なんか、演出がギャグっぽくなっていて、監督さんが変わったのかとググってしまうほどでしたが、変わってませんでした。

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 87
サンキュー:

8

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

やっぱり これは 面白いし先が気になる

やっぱり これは 面白いし先が気になる
異世界物では 間違いなく ピカイチで 面白い・・

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 49
サンキュー:

4

ネタバレ

本好きの下戸 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

尻上がりに良くなった

始めはどうなるかと思ったが、回を重ねるごとに転スラらしいサクサクとした戦闘展開になって満足。次も未定ながらあるみたいなので楽しみ。

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 75
サンキュー:

6

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんだかんだ収まった感

最終話まで視聴終了しました

後半は戦闘シーンがそこそこあって結構楽しめたけど、やはり序盤の数話に及ぶ会議のくだりがとてもつまらなかったのが痛かった

でも戦闘シーンの演出はとても迫力があって見応えがあったし、声優さんの演技も良かったと思うのでまあ無難に面白かったって印象かな

あと劇場版公開決定おめでとうございます

投稿 : 2021/09/22
閲覧 : 147
サンキュー:

7

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

第2期 後半戦

コミカライズ版の進み具合に合わせる形で終わり。

アニメ1期は、原作ライトノベル、コミカライズ版の売上に
大きく貢献したみたいだけど、それ以上の獲得は難しい感じに思う。

それと、第1期の進みの速さだと、2期は分割しなくてもよかったのでは?

ギィ役に石田さんは、なんとなくわかるけど、
ベレッタって、男のデーモンじゃなかったっけ?

3期は、流石に無い気もするけど…
やりそうな終わり方で〆たね。

投稿 : 2021/09/21
閲覧 : 69
サンキュー:

5

次の30件を表示

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

転生したらスライムだった件(第2期) 第2部のストーリー・あらすじ

主人公リムルと、彼を慕い集った数多の魔物たちが築いた国
<ジュラ・テンペスト連邦国>は、近隣国との協定、交易を経ることで、「人間と魔物が共に歩ける国」というやさしい理想を形にしつつあった。リムルの根底にあるのは元人間故の「人間への好意」……
しかしこの世界には明確な「魔物への敵意」が存在していた。その理不尽な現実を突き付けられた時、リムルは選択する。
「何を失いたくないのか」を―― ファン待望の転生エンターテインメント、暴風の新章に突入!(TVアニメ動画『転生したらスライムだった件(第2期) 第2部』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2021年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ