「天空の城ラピュタ(アニメ映画)」

総合得点
90.6
感想・評価
2324
棚に入れた
13971
ランキング
47
★★★★★ 4.2 (2324)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.0
音楽
4.3
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

天空の城ラピュタの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

土に根を下ろし風と共に生きよう 種と共に冬を越え鳥と共に春を歌おう

 全124分。

 久々に見たくなって、ふと見てみましたが、、、やっぱり面白い!不朽の名作ってこういうのを言うんだなぁ、と感心しました。

 色々アニメ見てきましたが、改めてラピュタはアニメのレベル高いと思います。作画、BGMがすごく良いですし。町の風景や洞窟の中、食事シーン、空、自然、ラピュタなどスゴイ綺麗です。2時間という枠の中でまったく飽きない、結末はわかってるけどどんどん次が見たくなります。

 キャラも良いです。パズーが住んでる町の人たち、ドーラ海賊団とみんなが暖かみを感じます。敵側も冷徹さや欲望に忠実なところなど、それはそれで人間味があっていいですよね。

 時間を置いてまた見てみたいですね。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/09/04
閲覧 : 284
サンキュー:

34

ネタバレ

栞織 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

細部でいろいろひっかかり バルス祭りが憂鬱になる

これは当時映画館で見ましたね。見た知り合いは「子供をバカにするな」と言ってあざ笑っていましたが、私にはそういう感想はありません。むしろ子供向けなのに活劇としてはよくやったと思います。子供がよく乗れる話になっています。「未来少年コナン」の焼き直しのストーリーなのですが、コナンよりも短時間で見られてコンパクトにまとまっています。しかも昔の作品ですがナウシカよりも作画はかなりよくて、今見ても遜色はありません。よくできた作品だと思います。

ただ私が最近のバルス祭りに乗れないのは、この映画には細部でひっかかる描写が多いからです。例えば私がひっかかるのは、ムスカがシータと玉座の間の繁みに来た時、ムスカが藪蚊を手で払いのけながら、メモ書きの手帳を取り出して碑文を読み、「私にも読めるぞ」と喜び、それを見てシータが眉を顰めるシーンです。見ていて、語学習得者に対する非常に冷ややかな視点を感じる。そのような語学学習を一生懸命している者を、シータの視点であざ笑っているような感じを受ける。要するに、作り手のそのような浅はかな考えがにじみ出ている。こういった場面は他にも散見されますが、いちいち書き留めるのが面倒なので書きません。

そして物語の構造上、ムスカひとりに悪を集約している点もあまり感心しないです。だいたいムスカほどの人物が、シータひとりに入れあげるという描写もおかしなもので、彼にはあのようなドレス服を贈ったりするメッチェンが他にもいそうなものですが、それは映画にはまったく登場しません。まあロリコン男性としては納得のいく描写でしたが。比較に出して悪いのですが、カリ城では伯爵側に不二子の存在がいたので、バランスが取れていたと思います。この映画では不二子に当たるキャラが年寄りのドーラだけで、ムスカにまったく関与していないので、非常にバランスが悪い感じを受けますね。

まあそうは言ってもよくできた映画だし、昨今の月刊ムーに見られるような、超宇宙人地球関与説みたいなものをうまく描いているので、面白い作品だと思います。実際に地球に私も、古代では宇宙人が降りてきていたのではないかと思うのですよ。それが、土着的な一般民衆にその子孫がいるとした点で、この作品は画期的だったのではないでしょうか。

付記です。上記のムスカとシータの場面ですが、先ほど新説を聞きました。実はシータはムスカ以上の語学力を持っていて、ムスカが手帳をたよりにやっと碑文を読んでいるのを冷ややかに見ているというシーンなのだそうです。そう言えばシータは幼少時に、祖母から一度教えられただけで、古代言語の呪文を覚えていたようでした。シータがそんなキャラ設定とは気づかず、これは失礼いたしました。

投稿 : 2022/03/21
閲覧 : 105
サンキュー:

7

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ロマン主義

「風の谷のナウシカ」はロマンよりもどちらかといえばディストピアSFなので、非常に考えさせられる内容で頭を使うマニア向けのアニメだと思う。

しかし、「天空の城ラピュタ」は子供から大人まで難しいことは一切気にせず観れると思う。基本的に勧善懲悪で、子供の男女が主人公なのが良い。

確かに内容を掘り下げようと思えばいくらでもできるだろう。しかしそれはこの作品において「野暮」ということである。

それよりは、カッコいい飛空艇にあこがれ、おいしそうな料理に舌なめずりをして、空賊たちの生き様に笑えばよいのである。

アニメってそういうものでしょ?

投稿 : 2021/01/29
閲覧 : 182
サンキュー:

16

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ボーイミーツガール

感想を書き始めたは良いのですがうまく言葉にできません。
そうですね、シータがかわいかったのとドーラがかっこよかったのと、ムスカの小物感が良かったですね。

94/100点

投稿 : 2020/10/27
閲覧 : 205
サンキュー:

8

ネタバレ

tomledoru さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ビンで頭を殴った少女(違った視点から)

何かのコラムで滅びの言葉より,恐ろしいのは「そのシャツ誰が縫うんだい」というのがあったとかなかったとか。

ジブリの作品全体的に言えるのは「女性」が強く描かれていること。

相手がたとえ悪人でも,ビンで殴ったら「傷害罪ですよ」。(笑)

天空の城ラピュタ は,パズーの冒険物語とか,ロボットがかわいそうとかいうのですが,実は,守っているのがシータで,守られているのがパズーと考えてはいけないでしょうか。パズーは金貨三枚でのこのこ帰っていくし…

ドーラ一家の息子が「あの子もママみたいになっちゃうのかな」と言ってみたり,偵察用の凧に乗る際にシータは女の子だから,戻ってくるように言われるが「おば様も女よ」と言い返したりしている。

玉座の間で銃を向けられるムスカとのやり取り,も,少女とは思えぬ「圧巻」的な態度で感心してしまいます。

最大の疑問は,滅びの言葉「バルス」を言ったとき,言う時でもいいのだけれど「二人とも心中する」覚悟があったのだろうかということ、それが引っかかっていますね。結果オーライですが。

最後大きな木が,天に昇っていくのがブロッコリーに見えるのは私だけでしょうか。

惜しむべきは,「天才的な作品」にもかかわらず,公開当初評価されず,興行成績も芳しくなかった「早すぎた名作」であることかな。

投稿 : 2019/09/10
閲覧 : 283
サンキュー:

8

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何回観てもTVでやっているとついつい観てしまう。

ジブリの1作目の作品ですよね。
今日(2019年8月30日)テレビでやっていたのでついつい観てしまいました。
何度観てもあきないですね。ぜんぜん古く感じません。
世界観も風景画も音楽もいいですよね。宮崎アニメでは一番好きかも。
ドーラの若いときってお綺麗なんですね。ドーラの部屋に掛けてある写真
に初めて気がつきました。何度も観ているのに新しい発見です。
親方と海賊の戦うシーンが結構好きでおかみさんの一言もいいですよね。
喧嘩ってあんな感じなら許せるかも。

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 225
サンキュー:

20

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バルス!

詳細は……毎年やってるから観たらいいと思います。

ま、バルスで一躍有名になりましたが、ボーイミーツ
ガール的なアニメの不朽の名作と言っていいでしょう。

ていうか、観てない人いるのかしら?

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 205
サンキュー:

7

ネタバレ

タツヤ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

傑作

全てが素晴らしい
褒めるとこありすぎてあれなんで
逆になんだっけあの虫、名前忘れたけどあれ気持ち悪笑い。

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 192
サンキュー:

5

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり「ラピュタ」かな!?

ジブリ企画www

アナタの一番好きなジブリ作品は何ですか?

私は「天空の城ラピュタ」推しです(-ω☆)キラリ

「バルス」

つい唱えちゃいますよね(笑)

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 176
サンキュー:

3

ネタバレ

よろず さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ラピュタだけでなくTwitterの鯖まで落とした伝説のアニメ

たった一言でラピュタだけでなくTwitterのサーバーまで落としてしまった国民的超有名アニメ

投稿 : 2018/05/25
閲覧 : 193
サンキュー:

1

ネタバレ

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何回でも見てしまう。 88点

全てにおいてハイレベル。
バルスが放映する度に騒がれ、ラピュタパンなどいまだに話題を提供している作品です。
放映して20年以上経過している作品とは思えないクオリティの高さを感じます。

ラピュタを探す冒険が物語の目的ですが、序盤だけの登場の親方の存在感は圧巻です。
また、ドーラの存在はジブリのその後の作品での元祖と思ってます。
ムスカ大佐の名言はネタとして、伝説級ではないでしょうか。

興業成績では、千と千尋、もののけ姫、君の名はなどに遠く及ばないですが、この作品を超える作品はそうそう無いと思います。

投稿 : 2018/04/09
閲覧 : 217
サンキュー:

14

ネタバレ

筒井筒 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

決断の速さと潔さは、王族か女なジブリ系方程式?

割と、ジブリの中ではヒーローしている主人公だが、なぜか、肝心な決断をするときは、女の強さを主張する。男女の絆とか。応援やバックアップは男の方。
この間、テレビでやっているのをみて、まだ初期の段階だしとは思っていたのだが、もののけ姫やハウルの動く城もそう。まだまだ、女性が強くはなかった時代だし、といっても、新しい時代の予感があって今がある。
時代の移り変わりがそういうことだと、いつか気づく世代が生まれているんだなぁと、思ってみましたが、どんな感想を持ちましたか?
と、作品の感想は、やっぱり、スピード感も展開もいいし、世界に飲み込まれてしまって、そんなことは、あとで、そういえば・・・的なものですので。オタク会議でもしたいなぁと思ったりしました。

投稿 : 2018/01/08
閲覧 : 243
サンキュー:

11

ネタバレ

まる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

伝説ですな

『バルス!!』

これ以上説明あるか?ねーよな。

至高

投稿 : 2018/01/01
閲覧 : 174
サンキュー:

2

ネタバレ

狗が身 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ドーラ一家の男どもはロリコンという残念な事実…。

パズーとシータが眩しすぎてストーリーどころじゃなかった。
なんだよこの2人、素敵すぎるよ…!

シータって境遇的には悲劇のヒロインと言えるし、声も姿も性格も非常に可愛らしいんだけど、冒頭でいきなり男の背後から瓶で殴りつけたり意外と行動派。
助けられる場面は多いけど、記号的なヒロインじゃないんだよね。案外、ドーラが言ってたように歳を経るとドーラみたくなるのかもしれない。…恐ろしいことだけども。

そして主人公のパズー。彼はめちゃくちゃ逞しい。そして性格が格好良い!
ラピュタという共通点があって、境遇も似ているところがあるとはいえ、見ず知らずの女の子の為にああも命がけで立ち向かえるんだものな~。
確かにラピュタの秘密を解く鍵をシータは握っているけども、パズーがシータを助けたのは決してそれだけじゃなくてパズーの性根なんだってのは、ちゃんと伝わってくるんだよね。
パズーの住んでる町の住人たちがドーラ一家から2人を庇ったところからみても、そういう人たちに囲まれて育ってきたんだろうし。

思春期に入ろうかというばかりのこの2人のやり取りが可愛らしいのなんのって…。あれはドーラぐらいの婆さんが感化されるのも納得だよ。
これだけの冒険を通しても、まだこの2人から恋愛の雰囲気が漂ってこないってのが良いんだよね~。純粋な冒険記って感じでさ。
きっとこの2人はこの後から何年か経って、お互いが段々と大人びていくにつれてようやく異性として意識し出すんだろうな~なんて考えて、ついついニヤけてしまう…。

本作はとにかくキャラクターが魅力的で、パズーとシータ以外もドーラやムスカといった面々も非常に個性が強くて楽しい。
正直言ってラピュタの設定自体はそんなに面白くないというか、なんか『ONEPIECE』とかにありそうで今では新鮮味に欠けるかも。
ストーリーの善し悪しはキャラクターを好きになったかどうかで分かれると思う。僕の場合、パズーとシータが好きだから、ずっと楽しかった。


それにしてもドーラ一家の子供らのマザコンっぷりは、コメディ要素にしても酷いものがあるな…。注意する時なんかに優しい声だったりしてるけど、決してドーラが甘やかしてるって訳でもないだろうに。
「ママ」って呼ぶ時の声の情けない感じときたら…果ては14歳ぐらいの女の子に頬を染めるというね。アカン、アカンよアレは…。

投稿 : 2017/05/19
閲覧 : 490
サンキュー:

22

ネタバレ

古酒(クース さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ムスカ

宮崎駿が苦手と言ってなんだけど
コナンやらナウシカの系統は好きだよ。
と、なれば苦手なのは大体わかるね?

だからこれも大好き!一番はこれかもしれない
ストーリー自体はよくあるような話なんですがね、
私はこういうの、好きだよ。

無難じゃない、王道なんだよ。

この作品には
日本中から愛されている悪役がいる、と 思う

「みろ、人がごみのようだ!」で、おなじみのムスカである。

日本のアニメで
これほどの人気と、有名な悪役はどれほどいるだろうか?

色々考えてみるがなかなか出てこない。

よくある話の、よくいる主人公やヒロインのおかげで
すごく目立ってるからな。ムスカ。

彼の前ではどんな悪役もごみのようかもしれない

ここに、この作品をみてない人なんて居ないと思うけど、これは観るべき。
ムスカだけでも、どうぞ。

投稿 : 2017/02/11
閲覧 : 168
サンキュー:

8

ネタバレ

しゃけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バルス

で有名なこの作品ですが言わずと知れたジブリの名作です。
ジブリのなにがいいって緩急のつけ方だと思います。
明るいとこは明るくてしっとりするとこはすごく淑やかで・・・
見たことない人はいないと思いますが、そこらのアニメよりは確実に面白いので観たほうがいいでよ。

投稿 : 2016/12/12
閲覧 : 179
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

いったい何度観たことだろう。

幼いころにコレを観てから、何度観たのか忘れてしまう位ラピュタが好き。
どれくらい好きかと言うと、シータとムスカの真名をほのかに覚える位。
リュシータ・ウル・トュエル・ウル・ラピュタ。
ロムスカ・パロ・ウル・トュエル・バルス!

大変申し訳ない。うろ覚えの上、ムスカは完全に忘れてます。
でもきっとこんな感じだったはず。
ネットとかで調べればすぐ検索できそうですけど、何か負けた気がするのでしない(キリッ


お話しは素敵な出会いから始まるボーイミーツガール的冒険ストーリー。
パズーがシータを塔から掻っ攫うシーンは未だに覚えてますし、大好きなシーン。
王道的な冒険物語で最後まで非常にワクワク出来ました。
また、いかに科学が発展しようとも、草や木等の方が偉大だなって感じさせられるお話しだったなって。
人類の英知を誇ったラピュタ。
金銀財宝や多数の武器等でどんなに見繕ってみても、大地から離れは生きていけない。
自然は人類、地球にとって掛け替えのない財産。
人が生き残っていないラピュタ。その平和な描写はやけに鮮明に覚えてます。


最後に、目玉焼きトースト。
きっと誰もが食べたくなったと信じてます。

投稿 : 2016/04/16
閲覧 : 147
ネタバレ

はちこ風味 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

言わずもがな

語ることは先人が語ってくれていよう。
作画美術の面は味という面では今のアニメより勝る。

否定するところを探すのが面倒になるくらい、
いい作品だ。

投稿 : 2016/02/09
閲覧 : 147
サンキュー:

1

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

金曜ロードショーの定番 「親方ぁ!空から女の子が!!」 jubeatはハイテンションです 太鼓では通常です

最初の追いかけっこも楽しくシリアスに魅せてくれるが
{netabare}ラピュタを二人で封印するシーンがいつまでも語り継がれる...
バルス!!{/netabare}
この言葉、後世に伝えよう...

その前の「40秒で支度しな!」もいい
ドーラさん、貴女は賊なのにいい人だし、名言も残してくれるからなあ
「まったく、いつまでたっても子供なんだから...」

「君をのせて」は小学生時代に歌ったことを覚えています
太鼓では関ジャニ∞の仕分けでやってたな、大倉君が

jubeatではハイテンションにアレンジされている
でもノーミスが難しい
そしてロング譜面も・・・

投稿 : 2016/01/16
閲覧 : 420
サンキュー:

13

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

えっ。ムスカがみどころでしょ やっぱ

 お偉いさんにつかまって飛行船にのっている

少女・シータは空賊?たちが飛行船に攻撃してきたせいで

飛行船からflyしてしまうん・・・

だけど、シータが持っていた不思議な石のおかげで

ゆっくりと降下していって その光景を見た 少年・パズーが助ける

 そこから、ある意味3つどもえがはじまる

パズー+シータ VS ムスカ VS 空賊

 そこから、シータが捕まったこともあってか

パズーと空賊が手を組み、ムスカと戦うことになる


 正直、記憶にのこっているのは ムスカの名言集

これは知っててあたりまえだから言いません!

 
 結論、ラピュタとトトロが一番ストーリー覚えてますw

投稿 : 2015/12/10
閲覧 : 229
サンキュー:

5

ネタバレ

遊び人2000 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まるで人がゴミのようだ

まるで人がゴミのようだ
    ____
   /    )\
  /    彡/ ヽヽ
 /   ノ ̄ ̄  | |
`| _| ヘ_ ノ|ノ
 \(6ソ ̄( ̄)^( ̄)
  |ヒ    ̄ _厂|
  Y|  __ /
  | \   ̄ /
  厂 ̄ヽ__ノ
 /\三三\/ 〉
/L__\ ̄7ハ ̄\
  / \| \ 丿
  \   L∠乙ノ\

投稿 : 2015/09/23
閲覧 : 179
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

本作は最も一般大衆に人気の作品というイメージがある。【となりのトトロ】もその点でいえば相当なものだけど、あっちが女性(というか女子?)向けなところがある一方、こっちは男性・男子受けが良い。
何故なら純粋なファンタジーであり、ボーイミーツガールだから。どっちも男子の大好物である。僕も大好きだ。
物語は、海賊の襲撃→パズーが空から落ちてきた少女シータを介抱するところから始まる。
んで、敵対していた海賊と協力してムスカ大佐の野望をシータと共に打ち砕く。話を簡単にまとめるとそんな感じだ。プロパガンダとしての側面もとくにないので、分かりやすい。とくに考えることもない。


先に不満を挙げると、キャラクターの内面の掘り下げ不足がある。
パズーは終始シータの為に全力で行動しているけど、そもそも何故シータにそこまで固執するのかが描かれていないんだ。
パズーにはラピュタの存在を証明するという夢があり、シータはその為の重要な存在であることは確かだ。でもパズーの言動は明らかに自分の夢の為ではなく、シータの為である部分が大きい。それも、夢に近づかせてくれた恩人、というよりも、好きな女の子に向けるそれだ。
たぶん、本作を観た多くの人はパズーとシータは相思相愛だと思うだろう。あのエンディングのあとで、二人で暮らしているところを容易に想像できただろう。

この流れ自体は嫌いじゃないし僕としてもウェルカムなんだけど、せめてパズーの内面でシータへの感情が恋愛感情に変化するようなところを挿入しておいて欲しかったかなー。ムスカへの敵対心とかシータへの想いだけであれだけリスクの高い行動をすることになんの疑問も持っていないってのはちょっと……。
確かに、パズーの育った街が街だし、正義感が強く、優しい少年であることは間違いなく、違和感といっても些細なものかもしれないけど。
ところで、パズーはいつの間にムスカのことを悪党と認識したんだろうね? 「ムスカを止めないと大変なことになってしまうよ!」みたいなことを言ってたけど、パズーの前でムスカってそれほどあくどいことしてないんだけどなぁ。お前、ニュータイプかよ。


一方、ムスカやシータの造形は良かった。本作は表面上のキャラの魅力こそが重要なので、その点で言えばムスカとシータは優秀だ。
ムスカは典型的な悪役として充分にその存在感を発揮していたね。化けの皮を剥いだのは終盤だけど、その短い時間の中で次々と名言を残していった。あと恐るべき射撃のテク。あの暗闇でおさげを正確に二発連続で撃ち抜いて「次は耳だ」ってカッケェなおい。前髪の後退が始まってるくせに。

そしてシータ。彼女が一番キャラとしては魅力的だったかなー。度胸良し、性格良し、器量良し。序盤で捕まってる場面から始まり、いかにもか弱いヒロインって感じと思っていたらその直後、瓶でムスカをアレしちゃってビックリ。その後も男の理想を具現化させたかのようなヒロインっぷりを発揮し、すっかり彼女に魅了されてしまった。手料理食ってみたいなぁ。
彼女の場合、パズーに心を許した理由が分かりやすく、簡単ながらもしっかり描かれているのが好印象に繋がっている。確かに、よく分からないうちに周りが敵だらけという状況に陥った中、ただ一人自分に手を差し伸べてくれた男の子。これで特別な意識をしないワケがない。それが恋愛感情なのかそうじゃないのかは置いとくとして。

内面をそこまで気にしないのであれば、パズーも充分に魅力溢れるキャラクターだ。偶然出会った女の子の為に40秒で支度したり3分間の間で少女と心中する覚悟を決めたり大の男相手に啖呵を切ったりと、とにかくやること言うことが男前。
少年少女の無双っぷりは宮崎作品の特徴の一つだけど、僕はこれが大好きなんだよなぁ。

……キャラの良し悪しは当然あるとして、それでも、そうした欠点を補ってキャラの魅力を引き立てる躍動感には脱帽するしかない。キャラの仕草や動き一つ一つにキャラの性格が現れてるんだもの。これにはビックリだ。


今観てみれば欠点がないワケではないけど、確かに今なお人気が衰えない理由が分かる作品でした。
ストーリーよりもシチュエーションが魅力的であることが、より多くの人に好まれる理由なのかも。ボーイミーツガールと冒険活劇はやっぱり強いなぁ。
キャラ自体は好ましい造形だけど、内面の掘り下げが弱いと感じたので、ストーリーは☆4つ。

投稿 : 2015/08/09
閲覧 : 188
ネタバレ

完熟でこぽん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

小学生の時みて、その余韻が中学まで続いた…

最高デス

最高ですね

それしかないです

ゼロの使い魔も好きですが

やはりこれが一番かなw

投稿 : 2015/07/14
閲覧 : 308
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

傑作です

ただ、こういう誰もが絶賛する作品の点は制限してます。

投稿 : 2015/02/17
閲覧 : 292
ネタバレ

柄汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

バルスwwww

ムスカの印象が強すぎて
見終わったとは評価したものの
バルスとか
目がぁああ目がぁああとか
そういうのしか思い出せませんw

投稿 : 2014/12/05
閲覧 : 253
サンキュー:

1

ネタバレ

honoharu☆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

天空の城ラピュタ

ある飛行客船を襲撃した海賊ドーラー家。目的はシータという少女が持つ青い石のペンダントだった。シータは船外に逃げ、落下してしまう。高スピードで落下する途中、気を失った彼女のペンダントが光り、ゆっくりと地上に下降していく。、、、、、、らしい

投稿 : 2014/11/29
閲覧 : 221
サンキュー:

0

ネタバレ

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

完璧な冒険活劇

セリフ全部言えるぐらいの勢い。

宮崎はこういうのをもっと作るべき。

社会派とかそういうのはいらない。



りーてらどばりーたうるすありあろすばるれとりーぬ

投稿 : 2014/10/11
閲覧 : 179
サンキュー:

2

ネタバレ

AR15 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

(観た中で)一番ジブリらしいかも…

個人的にはジブリの中で1,2を争う作品。(相手はナウシカw)

「空」と「古代文明」と「仲間」と…ってジブリらしさが全編に渡って
溢れてます。

最後、多少説教くさいセリフが出てくるけど、名セリフも多いですし…

このアニメ、見終わった後に、
「この二人の◯十年後ってどうなるんだろう?」と考えると面白いですよ。


年老いたパズーが自分の孫に「ラピュタは…」
孫:「おじいちゃん、また同じ話してる~」とかw

投稿 : 2014/08/31
閲覧 : 199
サンキュー:

2

ネタバレ

mvus さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

不朽の名作

たぶん最初に観たジブリ作品はラピュタだと思う。
どのシーンも音楽とともに脳内再生できるくらい繰り返し観ました。
どれだけ歳をとってもまた観たくなる作品だと思います。

投稿 : 2014/08/26
閲覧 : 215
サンキュー:

3

ネタバレ

無心 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ジブリで一番好きな作品

名作の多いジブリの中で一番好きな作品。次いで魔女宅、紅豚、蛍墓など。

初見は小学生の頃でしたが、
「空から女の子が降ってきた」
「あの雲の中に父さんがいたんだ」
とても夢のあるストーリーに釘付けになって何度も何度も見ましたね。

そんないたいけな当時の自分の目にも、ムスカの存在感は圧倒的でした。家族中でパズーやシータの活躍に目を見張る中、自分は密かにムスカを応援していました。成分表にムスカが上位にいる、とても愛されてますね。

大人になってから見るよりも、子供のうちに一度は見ておきたい。そんな作品です。

投稿 : 2014/07/08
閲覧 : 248
サンキュー:

28

次の30件を表示

天空の城ラピュタのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
天空の城ラピュタのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

天空の城ラピュタのストーリー・あらすじ

ある夜、飛行中の飛行客船を、航空海賊の一団が襲撃する。政府特務機関に捕らわれ客船に乗っていた少女シータは、混乱に紛れて特務機関の指揮官であるムスカ大佐を気絶させると、彼の懐から青い石のペンダントを奪い取る。窓を伝って逃げようとするが、海賊に見つかり、驚いた拍子にシータは客船から転落してしまう。雲間を落ちていく中、気を失った彼女の胸にかかっていたペンダントの青い石が突然光を放ち、シータは光に包まれゆっくりと降下していった。鉱山町で働く少年パズーは、青い光とともに空からゆっくりと降りてきたシータを助け、自宅にかくまう。一夜明けパズーは、シータの行方を追う空賊や政府からシータを守り逃走を図る。(アニメ映画『天空の城ラピュタ』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1986年8月2日
制作会社
スタジオジブリ
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E5%9F%8E%E3%83%A9%E3%83%94%...
公式サイト
www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20130802/
挿入歌
井上杏美『君をのせて』

声優・キャラクター

田中真弓、よこざわけい子、初井言榮、寺田農、常田富士男、永井一郎、糸博、鷲尾真知子、神山卓三、安原義人、亀山助清、槐柳二、TARAKO

スタッフ

原作:宮崎駿
監督:宮崎駿、脚本:宮崎駿、プロデューサー:高畑勲、作画監督:丹内司、美術:野崎俊郎/山本二三、音楽:久石譲

このアニメの類似作品

この頃(1986年8月2日)の他の作品

ページの先頭へ