「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(TVアニメ動画)」

総合得点
91.2
感想・評価
14258
棚に入れた
46225
ランキング
18
★★★★★ 4.2 (14258)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.1
音楽
4.3
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

けいぴぃ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

めんまは秩父の神様

イエスは十字架で張り付けにされた後3日後に復活し、バラバラだった弟子たちを呼び集め、イエスが誰だったのかを悟らせた。そして昇天する。これがキリスト敎が生まれた瞬間、らしい。

メンマも小学生の頃に一度死に、幽霊の姿とはいえじんたんの目の前で「復活」した。それでかつての仲間も呼び戻される。彼らの中でメンマは神になった。新興宗教超平和バスターズの誕生である。

それからは神様メンマの機嫌をとるように宴会したり花火を上げたり・・・・

とまあ多少冗談半分に書きましたが、地方のお祭りの起源てこんなものかもしれませんね。
地元の小さな女の子が不慮の事故や不治の病で幼い頃に死に、それを可哀想に思った村人達がその子のために花火上げたり宴会したり、それが何十年何百年も続く祭りになったみたいなね。

まあ子供の頃に一緒に遊んでた子が遊んでる最中に死んだらトラウマになるのも無理ないかな。

ちなみに「超平和バスターズ」と
僕の所属している「バスターズ」は
全くの別物ですので
そこんとこヨロシコ

投稿 : 2019/09/17
閲覧 : 96
サンキュー:

6

ネタバレ

友メロンパン

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あの花の名前は・・・

進学するにつれ疎遠になってしまっていた幼馴染がある事件をきっかけに再び集まり出すといった流れ。ある事件というのは是非見て確認していただきたいのだが何といっても1話からの引き込みは完璧だったと言わざるを得ない。ただ3話から5話にかけて失速ぎみに感じ、最初だけかと思っていたが、後半に入るに引き込まれた。

メインキャラ6人の友情、心の葛藤を描いていて6人それぞれの想いが複雑に交差し、そこに自分の想いも交差する。非常に胸が熱くなる、そんな作品に仕上がっていた。最後まで見ていただければ、感動できることと思う。ただし、キャラにちょっとイラっときたりくさい展開といか、お涙頂戴な話が好みではない方にはあまり面白くないのではとも思う。このあたりは好みが分かれるかなと思う。

私個人は結構ドライな方なので最後まで泣かずにきたのだがとうとう最後には自然と涙が流れていた。とにかく自然に流れて、「あれ?」って思ったぐらいだ。OPED曲ともに作品にあったいい曲になっているので曲の方にも注意していただきたい。作画もきれいで見やすく好感のもてる印象。全体的に非常にバランスのとれた作品だったのではないだろうか。友情物で感動したい方には観ていただきたい、お勧め作品である。

投稿 : 2019/09/17
閲覧 : 125
サンキュー:

18

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

岡田麿里の脚本が光る青春劇

この後に制作されるアニメ映画「こころが叫びたがってるんだ」と同スタッフで作られた青春アニメ。

世界観はまさに前年くらいに流行した少女漫画的な要素をふんだんに撒いている。

女性の脚本家ならではのキャラクターの繊細な心理描写、日常の風景、情感を描いていて、作画も実に爽やかだ。

「とらドラ」でも感じたが、脚本家「岡田麿里」という人物は実に巧みな仕事をする。


しかし。。。青春アニメということなので、ある一定の思春期の男子、女子には人気があるだろうが、大人が観るに値するのかはどうかは別の話である。

良い意味で若々しくエネルギーのあるアニメだが、裏を返せば広く浅いとも捉えられる。

最大の欠点は人物の成長という、大きな課題よりは「感動の共有、共感。」に視点が置かれている。

これも昨今の流行りなので仕方のないことなのだが、できればもう少し文学的な要素が欲しいのが個人的な意見だ。

フランスの映画に似たような題材が多数あるので、気になる方はアニメだけでなくそちらもオススメである。

投稿 : 2019/09/14
閲覧 : 214
サンキュー:

16

スワンa

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後はみんな仲良しでお別れだね

もう彼これ8年も経つんですね、『あの花』の放送から。
当時は良く知らずに見始めて、あーでもない、こーでもない
と色々考えながら、最後は堪え切れずにいっぱい泣いた作品。

でも積極的にアニメを見る様になったのはつい最近、ここ2
年くらいです。その時まず見たのはやはり『あの花』でした。

色白できゃしゃなめんまが、抱きしめたいくらい可愛いくて、
そしてすごく切なくて。薄らぐ記憶を少しずつ思い出しなが
ら何度も食い入るように見ては、同じ場所で目が潤んでくる。

最初は少し複雑に思えためんまのお母さんの気持ちも、今は
とても良く分かるようになりました。それにしてもお母さん、
すごく綺麗な方ですよね。もしめんまが生きてたら、いつか
こんな素敵な女性になったんだろうな。きっと。

構えていても必ず泣かされてしまう、みんなに綴った手紙と
最後のかくれんぼ。それを煽る絶妙なタイミングのED。

あの花。勿忘草とそれに応える白いハルジオン。みんなの想
いが詰る素晴らしい花言葉。普段目立たないこの二つの花が
とても好きになった、忘れることは出来ない大切な作品です。

投稿 : 2019/09/13
閲覧 : 67
サンキュー:

18

ぺー

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見事!掌の上で踊りました

2018.06.16記


深夜アニメ観始めた頃に出会った作品。
5~6周してその度に号泣していたあの頃が懐かしい。。。

話数もワンクール分でほどよく、萌えキャラ?もおらず、OPEDもアニメアニメしてなく、男女問わず普段アニメを見ていない層にも視聴の敷居を低くさせる効果が期待できる稀有な名作。
学生ならいざ知らず、社会人として相当年数の経った私周辺の人々にもなにかオススメしようかなという時に真っ先に候補に挙がるであろう作品です。

もしもお父さんお母さんから「あんたアニメばっか見て!」と冷遇されていて、かつあなたが「は!?関係ないじゃん」と全面対決ではなく「いや意外といいもんだよ。わかってほしいな。」という解決策を望んでいる場合に使えるかもしれないツール。


本題に戻ります。
けっこう語られているところでその通りだなと思うのは以下、

・秩父の描写。どこかしらノスタルジックな雰囲気が郷愁を誘う。
・夏になると見たくなる
 ⇒井上陽水「少年時代」、PSゲーム「ぼくのなつやすみ」の感覚。
・物語に合ったOP/ED。特にエンディングの曲の入りのタイミングが反則。


小学生ならきっとやらかすであろう好きな子への誤った言動。
何もなければ大人になったときの笑い話になるか、記憶も彼方へと去ってしまってただろうに、そうさせてはくれない事態が起こってしまって心に傷を負ってしまった子供たちのトラウマ克服の物語です。

自然豊かな秩父を舞台に、どこかしら自分の子供時代の記憶に引っかかる要素を容赦なく掻き立てながら、最終盤での伏線回収から一気に感情を揺さぶるクライマックスまで組み立ても良く出来ています。


そしてそして、

レビュー書くにあたって久々に全話視聴。

。。。泣かなかった。。。。

さすがに観過ぎたからでしょうか。
慣れちゃったにしても、人間の本質をがっつり捉えて的なものだったら涙腺を刺激したかもしれません。
物語の進行が登場人物のセリフに頼りぎみなのかなぁ。
演出で泣かせるといった部分も気になるなぁ。


差し引いても良い作品だと思いますので、すこしノスタルジックな気分に浸りながら肩の力を抜いて鑑賞してみてください。
泣ける泣けるとハードル上げても泣いちゃうかもですが期待値上げ過ぎは禁物です。




-----
2019.09.12追記


視聴時期:2017年12月 配信


・・・と、2019年7月~9月のクールにてMXで再放送やってくれました。超平和バスターズ最新作「空の青さを知る人よ」の公開記念です。
夏に観るのがいいよね、と言いながら実質初めての夏視聴。なんだかんだ観ちゃいます。

あらためてみると、5人の関係性やら心情にすごい着目して観るとやっぱり良いな、と再認識。

・なんであなるは夏休み終了直前に宿題持って行ったのか?
・ゆきあつがあなるにつき合おうと言うに至る過程だったり
・つるこが髪を切った理由

など、最終話に至るまでの途中過程も悪くない。

けっこうな本数を観てきた現時点での点数配分で考えて評点を下げることも検討しましたが以下2点の理由によりそのままにしときます。

・深夜アニメデビュー間もない時期に出会った感動
・全12話ものを見慣れてきた中で11話分でよう健闘してるなあ



2018.06.16 初稿
2019.09.12 追記

投稿 : 2019/09/12
閲覧 : 270
サンキュー:

64

MONO

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何回見ても飽きない良作

アニメを好きになったのもこの作品のお陰でした。
最近も見てはまたもや泣いてしまいましたが、見れば見るほど色んな角度から物語が見えてきて楽しめます。物語の良さはもちろん、ここまでBGMと映像がマッチして作り出す世界観の作品は中々無いかと思います。王道のアニメ作品ではあるが、色々と見てきた中では個人的にはなんだかんだで再度観たくなるNO1の作品です。

投稿 : 2019/09/11
閲覧 : 34
サンキュー:

6

ネタバレ

tomledoru

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

昔の仲間が集まれた

じんたんにしか見えないとはいえ,めんまが,幽霊として現れたことによって,幼馴染が,秘密基地のようなところに集まれたと思います。

主人公は,決してじんたんや,めんまだけでなく,それぞれの成長の中で別れていった一人一人の葛藤や迷いを克明に描いたところにこの話の奥の深さがあります。

つまりは,すぐに幼馴染が,集まってよかったねという形をとらず,女装癖が出たり,拒絶や不信が募って,それを乗り越えたところにメンバーの再結成があったと思います。

花火という試行錯誤の失敗を経て,本当に昔の仲間たちが心を一つにしたときにメンマが成仏?していく姿に涙がこぼれます。

一話見た時から,お涙ちょうだい物語なんだなと身構えましたが,それを上回る結末がよかったです。がっかりする要素は,それほどなかったですね。

EDの「シークレットベース 君がくれたもの?」と映像もよかったです。

投稿 : 2019/09/02
閲覧 : 15
サンキュー:

1

shitasama

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

泣けます

ラストの曲の入り方が本当に絶妙です
何度見ても同じところで涙ぐんでしまいます。
見ていない人は是非に。

久々に見返してしまいました、確かにめんまが良いのはわかるが、現実を見据えれば、あなるで良いじゃん、可愛いしスタイルいいし…まぁそういう事では無いのだろうけど…

何回見てもいい作品はいいですね(笑)

投稿 : 2019/09/02
閲覧 : 67
サンキュー:

6

ネタバレ

KomcHi

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

過去のジレンマと後悔

始めは主人公を中心として集まった一人一人が、ヒロインに対する秘める想いを隠して、上辺だけで接しようとする、高校生の不器用さ、それでもなんとかしようとするもどかしさが出ていました。

中盤からは、主人公とヒロインに対して、皆の嫉妬、寂しさ、すれ違いや感情が爆発します。皆が過去の後悔を背負って生きているのだと理解し、必死にもがく様を見事に作り込んでいます。

終盤からは、今までとっ散らかっていた感情が、一つにまとまっていく人間性が出ていて、とても良かったです。
最後の一話はここまで泣けるのかと思いました。最後の最後に奇跡が起きる。

最後の3話は一気に見てください。

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 38
サンキュー:

7

ネタバレ

ぬち

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

贈与の愛とは

超平和バスターズという友情の中に交差する恋愛感情、この辺りの人間くささが巧く描かれていました。
特にじんたん。「めんまとこのままずっと暮らしたい」気持ちと「成仏したいというめんまの気持ちを叶えてまたみんなで仲良くしたい」気持ちの葛藤の部分に共感しました。このアニメのテーマは「贈与の愛」、意味は「打算や見返りを省みない一方的に捧げる愛情」とのことです。一緒に暮らせなくなってでもめんまを成仏させようとするじんたんには心を打たれました。

投稿 : 2019/09/01
閲覧 : 43
サンキュー:

7

ネタバレ

Ryo

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一番泣いたアニメ

泣いた。ただただ泣いた。
アニメの中で一番泣いた。

めんまが最後に言った「めんまね!もっと みんなと一緒にいたい遊びたいよ…だから、生まれ変わりする…」というセリフが俺の涙腺にトドメを刺した。

本当はみんなと別れたくないめんま。でも必ずみんなと別れなければならない。だから最後に自分の想いを手紙に綴った。
 
めんまは決して戻ることはない。絶対に。


あの花を見た後のこのやるせない気持ちどこにぶつけたら良いのだろう。

投稿 : 2019/08/28
閲覧 : 53
サンキュー:

0

ネタバレ

ゆきちび

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

頭を空っぽにすれば……泣けるかな?

泣けるアニメや素晴らしいアニメと絶賛された上で見たせいからか、泣かせにきてるのが見え見えで何だか冷めてしまう。

最後のシーンなんかはその感動シーンとやらなんだろうけど、冷めてしまうと

「何叫んでんのこいつら」

との感想。これは私の心が冷めているだけかもしれないが、多分私と同じ感性の人はそうなる。

あとはあなる(名前はツッコまないでおくね)がめんまの幽霊と聞いた時の反応があまりにもおかしい。

作品全体のクオリティは悪くないのに…

投稿 : 2019/08/26
閲覧 : 48
サンキュー:

2

ネタバレ

ひぽさ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良かった。僕の感想なんて見てないで、まず見よう

見よう(大事なことなので)。
ここから先はネタバレ気にしないで書きますね。





ヒューマンドラマなアニメかと。自然に泣けるそんな感じの良い作品。
あなるの感情が高ぶった時の迫真の演技力はすごいと個人的には思った。
泣き系が多いと声優さんの演技力がモロにでるよね。全体的に皆さん上手だと思います。
作画も泣いてるシーンとか見習いたいぐらい上手。

ただ、最終的にメンマが何しに化けて出たのかが本人も良くわからないままだった気がしますが、こまけーこたぁいいんだよという感じですね。たぶん、メンマ自身が死んでしまったことで仲間の仲が悪くなってしまったのを嘆いて出てきたんだと思いますが。だけど今考えたら、おめぇよくわかんねぇタイミングで化けてでやがったなぁ。

投稿 : 2019/08/19
閲覧 : 53
サンキュー:

2

ネタバレ

vWSHY97287

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感動した。

さすがは有名な作品だけあって、非常に良かったです。おすすめですね!

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 54
サンキュー:

3

ネタバレ

ライロキ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

そりゃ二度も同じ仲間と永遠の別れとなれば悲しすぎるでしょ。

小さいころよく遊んでいた仲間の一人が水の事故で亡くなり、
仲間のそれぞれが悲しい思いをして、仲間たちも疎遠になって
いったけど、高校生になって、亡くなった仲間が幽霊なのか何なのか
一人の仲間にだけ見えるように現れて、昔の仲間がまたいろいろ
あったけど集まるようになって、みんなが見えないけども認識する
ようになって、心を通わせるようになって、昔みたいに仲良くなって
きた矢先に、また、幽霊の仲間が消えなくてはいけなくなる。消える
直前にみんなに一瞬だけ見えるように姿を現して。ってある意味残酷な話。
そりゃ涙腺崩壊するよね。悲しすぎる。でもいい物語だった。

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 86
サンキュー:

7

ウォレス

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

2014年6月に観終わった

投稿 : 2019/07/28
閲覧 : 333
サンキュー:

1

らみ♡

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高

アニメで泣いたことないけどこれはめっちゃ感動した(´;ω;`)

投稿 : 2019/07/26
閲覧 : 66
サンキュー:

2

KANO

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

泣かせに来てるアニメ

すみません。個人的には死を題材にした悲しい話しのベースが好みでないのと、ラストに向けて泣かせに行ってる感があり物語の項目の評価が上がりませんでした。各話のEDの流れるタイミングが良かったです。しかし別の観点からすると、もし類似した経験があったり、登場人物達の様に心に宿る物があれば、溢れ出る感情を抑えれない作品だと思います

投稿 : 2019/07/20
閲覧 : 119
サンキュー:

8

ダビデ

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

EDが良かった

ランキングが高かったので気になって観ました。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 379
サンキュー:

21

ネタバレ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何度見てもそこにある輝き

何度見返しただろう。

みんなのアイドル的存在、憧れでもあり羨望でもあり妬みも抱えた存在「めんま」の死によって抱えてしまった原罪・トラウマを克服していく過程を描く。

登場人物みなが自分のせいでめんまを殺してしまったと悩み・苦しみかつての仲間とは距離を置いてしまっている。

主人公は世の中との関わりを避け、引きこもっている。

居間にはかつてのスポーツ万能・学問秀才の彼の栄光を物語るような賞状が飾ってある。

それが主人公の前に蘇った「めんま」を通じて結びついていくストーリーを描く。


繋がらないけど、繋がりたい苦しさ。もがき葛藤は、90年代以降に生まれたものにとって痛切に響き、感動を生む。

そして最後
{netabare}
みんながかつての繋がりを取り戻したところで、めんまは消えてしまう。 {/netabare}

夏のある日、失ってしまったあの子を思い出しながら、前を向いて生きていく。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 74
サンキュー:

4

ネタバレ

nan-nan

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

エンディングが卑怯過ぎる(笑)

涙なしでは観れない作品ですが、何よりもエンディングが反則です!
そりゃ色々混じって泣いちゃいますよ!
でも、劇場版は観ていないってゆ~(笑)

投稿 : 2019/06/24
閲覧 : 77
サンキュー:

4

ネタバレ

shigi

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

小さな約束が他人の人生を変える時

ここまで大号泣したアニメは未だかつてなかった…。

志望校に落ちて結果ニートになってしまった少年が主人公。
小学高学年?の事故で亡くなってしまった少女がヒロイン。

「このアニメは6話からでいい」と言われるほどの酷いスロースターターであるにも関わらず、前半は一体なんだったのかと思われるほどの怒涛の展開を見せる。

幼馴染みの少年少女が陥りがちな問題や悩みなどを鋭く描いた衝撃作だと思います。めんまが幽霊であるとか、じんたんが元リーダー格であるとかは関係性を描くためのスパイスで、本質はそれぞれの溜め込んでいた「闇」である。

しかし、どれが「闇」でどれが「光」となるのか?
果たしてそれは「闇」なのか? 美しく飾り立てればそれは「光」と呼べるのか? 隠すことは「悪」なのか?
全てが等身大のままむき出しで描かれている印象。

もしかしたら「発言できなかったという闇」「本音を呑み込んでいたという闇」を抱えている人にはものすごく刺さるような作品なのかもしれない。

「集団」でいた者が「個」に帰り、「個」からまた「集団」に戻る。
でもそこにはかつてあったような鬱屈したものは無くなって、今度こそ本当に本音を言い合える「超平和バスターズ」になれていた。

そのきっかけをくれたのがめんまだった。
きっかけを無駄にせずに頑張る事ができた、少年少女たちのひと夏の思い出。
分かりあおうとする努力は無駄なんかじゃなかった。

そんな気持ちを分け与えてくれたのが、
あの賛否両論別れる(笑)、「じんたんのお母さんとの約束」だった。
理由なんてどうでもよかった。またみんなで楽しく笑う為には。

小さな積み重ねの「こんなことで?」「こんなのが理由なの?」で、関係はいとも簡単に崩れ去る。

何が最高だったのか頑張って捻りだそうとしましたが
いやもうそんなことさえどうでもいいのです。
とにかく最高だったのです。

刺さる人にはティッシュひと箱使い切るくらいめちゃくちゃ刺さる。
それがこの作品です。

あなたはどっちでしたか?(´◡`๑)

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 73
サンキュー:

7

えりお

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

タイトルなし

最後まで見ても特に感動しなかったです。

メンマが自分にはイライラして共感できなかった。

投稿 : 2019/06/20
閲覧 : 124
サンキュー:

3

Ash-Lynx

★★☆☆☆ 1.4
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

評価分かれる系の代表作

主軸のストーリーがほぼ共感できないし、面白くもなかった。キャラのセリフも大袈裟(特にラスト)で、着いていけない感MAX。

「過大評価」成分ランキングやレビュー見れば分かるけど、まさに評価分かれるタイプ(SAOと並ぶレベル)の作品。2chとかMAL(英語圏のレビューサイト)でもやっぱそんな雰囲気だし。個人的には絶賛されている理由が1ミリも分からん。

ぶっちゃけめんま関係ない人間関係の部分の方が良かった。あれをもう少し先まで描いたりした方がまだ楽しめたな。

投稿 : 2019/06/19
閲覧 : 307
サンキュー:

11

ところん

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一番泣けるアニメ

たくさんのアニメを見てきましたがこのアニメほど泣けるものはありませんでした。誰でも泣けるアニメなのでぜひ見てください!

投稿 : 2019/06/19
閲覧 : 54
サンキュー:

1

ネタバレ

ももへ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪くはない

泣けるアニメとして有名なこの作品、期待してはいたけど思っていたほどではないな(決してただ悪いということではない)というのが正直なところです。

序盤から中盤までの流れはかなり良くテンポよく話が進んでいくのですが、そこから先がだれちゃってる印象。

そもそも物語全体が最終話で視聴者を泣かせるために作られているような感じで、実際話の中心にはずっとめんまがいるし最初から11話の展開ありきで話が進んでいきます。
そのためか、中盤から終盤にかけてはやたらと話の流れがゆっくりになっていたように思います。あの程度ならもっとコンパクトにまとめて欲しかった。引き延ばされた分の穴を塞ぐためなのか回想シーンも頻繁に出てきてかなり気になってしまいました。
賛否両論の最終話は、自分的には悪くなかったと思います。結構臭い演出だったけど割と好きでした。泣くほど感動はできなかったけども。やっぱり問題は最終話ではなく、そこまでの話の持って行き方だったと思います。

アニメとしての出来は良いほうだと思います。あとは構成をもっと練っていてくれたら、ですね。
別に悪くはないのですが、手放しで絶賛できるかといえばNOです。

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 38
サンキュー:

3

こーひーなた

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

よくまとまってる

11話でうまくまとめられてる作品だなーと思いました。特定の人に神作だと言われるような勢いはないですが、誰が見ても良作だと思える作品だと思います

投稿 : 2019/06/16
閲覧 : 72
サンキュー:

4

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

意外と泣くことが出来なかった

ブームで知り、見てみた作品。

決して嫌いな内容ではないし、後半一気に全てが現実になっていく様子は良く描けていると思う。

何故だろう?意外と泣くことが出来なかった。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 52
サンキュー:

5

三毛猫メリー

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

あの花

過去に視聴済み。

泣けるアニメの筆頭。
主人公+周りのキャラがとても濃い。
もし、まだ見てないなら
見ておいた方がいいと言えるアニメです。

いい場面で主題歌が流れてくる。
あの曲聴くだけで泣けてくるという
条件反射になってしまった(笑)
あのアニメのために作られた歌ではないのにすごいですね。

投稿 : 2019/06/10
閲覧 : 69
サンキュー:

15

ネタバレ

かんぱり

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

共感できませんでした

すごく評価が高かったので、見て見ました。

メンマが事故で亡くなって、その出来事がメンマの友達だった人達の心に残したものをそれぞれの人間模様を交えながら描かれていきます。。
作品のプロットとしては良いと思うのですが、実際にはあまり面白く見ることができませんでした。

なぜ、あんなにメンマにこだわるのかよく理解できませんでした。終盤にみんなでメンマぁぁ!!と叫びながら探すシーンは、本当は感動するところなんでしょうが、なんでそこまでメンマなの?と置いてきぼり状態で共感できず、醒めた感じで見てました。
他の方のレビュー見てて、メンマに魅力を感じないっていう感想を読んで、納得できました。たぶん私もメンマに魅力を感じないから共感出来なかったんだと思います。
あともう少し丁寧にメンバーの内面を描いて欲しかったかな。

投稿 : 2019/06/05
閲覧 : 136
サンキュー:

14

次の30件を表示

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のストーリー・あらすじ

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。ギャル友達に流され気味の“あなる”。進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染たちは再びかつてのように集まりはじめる。(TVアニメ動画『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年春アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
www.anohana.jp/tv/
主題歌
≪OP≫Galileo Galilei『青い栞』≪ED≫本間芽衣子(茅野愛衣)・安城鳴子(戸松遥)・鶴見知利子(早見沙織)『secret base ~君がくれたもの~』

声優・キャラクター

入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、近藤孝行、早見沙織

スタッフ

原作:超平和バスターズ、 監督:長井龍雪、脚本:岡田磨里、キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀、音楽:REMEDIOS、美術監督:福島孝喜、色彩設定:中島和子、撮影・CG監督:那須信司、編集:西山茂、音響監督:明田川仁、アニメーションプロデューサー:岩田幹宏、チーフプロデューサー:清水博之/山本幸治、プロデューサー:斉藤俊輔/尾崎紀子

このアニメの類似作品

この頃(2011年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ