「未来日記(TVアニメ動画)」

総合得点
86.5
感想・評価
3794
棚に入れた
19137
ランキング
163
★★★★☆ 3.8 (3794)
物語
4.0
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

未来日記の感想・評価はどうでしたか?

PHXAL28812 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

濃い目の超展開チカラワザ作品

 
濃い。
ジャンルはサイコスリラー…かな? そこに笑いとかラブコメとか色んな要素もブチ込んだ感じ。
異常なキャラたちのキッツイ話が重たいし超展開するしツッコミどころ満載だが、それでも強引に引っ張る力がある。けど26話あるし視聴に気力体力が必要かも。心身の健康状態を万全にして観るべきで、落ち込んだときに「アニメでも観るか…」な感じだと非常に危険(笑)

「ユッキィィぃぃぃぃ~…」の声が耳から離れない。

投稿 : 2021/06/22
閲覧 : 18
サンキュー:

1

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とにかく疲れた。

毎回5話ぐらいまで観ては何度か挫折してきたがようやく完走。
もし苦手な人がいたら8、9話ぐらいまで観ると物語に乗れる感じがする。
秋瀬が出てきて一気に面白くなった。
声優は知らない人ばかりだけど、このキャラはこの人しかいないってぐらい合ってる。
その中でもさすが石田彰の声はオイルのように滑らかでよどみなく、それでいて切れがありいつも聞きほれる。良い声って憧れる。声の出し方とかもだけど。
しかし2クール分以上に長く感じた。

投稿 : 2021/06/14
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスミン茶 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

主人公のキャラがね

途中でダレたけど、終盤は意外に引き込まれて最後まで観られた
でも思ったよりも皆様の評価が高くて驚いたかな

キャラデザの魅力がイマイチなのと、何より主人公ユッキーの性格がアレすぎて終始イラつかされっぱなしでした
弱くてすぐ逃げて、やたらと大声で喚き散らすのがね
それにヤンデレのユノを都合よく利用するクセに次の瞬間には遠ざけたりとか、人をアヤめられないとか言ってた舌の根も乾かぬうちに豹変して虐殺しだしたりとか…寧ろユノよりコイツの方がよっぽどヤバいやろって感じで感情移入出来ないから、観終わってからの満足度も総じて低くなってしまう

終盤のタイムリープする展開等は良かったけど、途中で突拍子も無い所がチョイチョイあって、無性に突っ込みたくなりましたね
いや、幾ら父親でもあそこまで腐った人間と再構築望むか?とか、イケメン秋瀬君の突然のモーホー展開とか(笑)

ED後のオマケは割とおもろかったし、単なるマスコットかと思ってた彼が本編でもあんなに活躍するとは思わなんだ

3周目ではあのゲームをやらないことになりそうで、それぞれのキャラが幸せに暮らしてる別世界が用意されていたけど、2周目は無の世界にただ一人取り残されたユッキーに1周目の勝者=神たるユノが合流して最後終わってたけど、その後にどうなったのかが気になるわね


ヤンデレでひたすらユッキーに付きまとってた風のユノだけど、最後に別に誰でも良かったんだよとサラッと告げる所が意外と冷静で印象に残った
まあ、あんな性格破綻者に執着し続けるのは不自然だし、そもそも取っ掛かりの根拠が薄すぎる
一緒に居残りで作文書いてただけで結婚相手に選ぶか?(笑)
ユッキーの為に殺人マシーンとなるユノのキモの部分だけに、もう少し丁寧に描かないと説得力がね
結局のところ、ユッキーもユノの事を愛してたのか?ってのも怪しいし
途中で散々手の平クルーを見せられてただけに

神様が都合良く万能じゃない点も気になったけど、まあ総じて楽しめたかな
でも何回も繰り返し観たいと思わせないのは、やはり読後感が良くなかったからだろう

投稿 : 2021/06/06
閲覧 : 92
サンキュー:

1

たこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

苦手でした

序盤からツッコミどころが満載でストーリーの整合性がとれてなくて没入できませんでした。
評価が高かっただけに期待してましたが、私には苦手な作品でした。

投稿 : 2021/05/27
閲覧 : 64
サンキュー:

2

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ユノっちによる、ユノっちのための、ユノっちのアニメ(76点)

 ユノっち(cvアスミスじゃない)好きとしては、彼女主演作品として彼女を追っかけているだけでかなり楽しめた。ヤンデレキャラは希少になってしまって勿体ない。


バトルロイヤルものかと思ったら、終盤で☓☓☓になる展開も良い感じだし、なによりユノっちの狂った愛にちゃんと哀しい根拠があるのも良い。


なにより、最終回前に1話の台詞が返ってくる演出がグッド!。最終回主義者としては、色々ツッコミどころがあっても締めのほうで見事にやってくれれば好感触。逆に途中がよくても、グダグダになっていっちゃうと台無し感がある。

投稿 : 2021/05/12
閲覧 : 340
サンキュー:

18

ネタバレ

Rere さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いけど、軸がブレている。

想像を絶する展開とか真相の暴き方、シリアスシーンの描き方はいいけど、気になるのはデスゲームのリアルな世界観に混じり込んだご都合主義的な違和感を感じる展開。。
そうはならんやろ!っていうのが割と印象に残って綺麗に納得のいく作品ではないのかなと思う。
特に作中で散々クズなことしてた雪輝の父親を雪輝があっさり許して、「3人で星を見に行きたいと言う夢のある家族愛」に方向転換したところは違和感しかなかった。
好きな人は好きだと思うけど、作品の方向性の確立が無く、軸はないけどそれっぽく仕立て上げたような作品。
ただアニメーションのクオリティは高いし、戦闘シーンも悪くない、ストーリーも一部の違和感に目を瞑ればかなり楽しめるものだとは思うから見て損はないのかも。

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 160
サンキュー:

1

退会済のユーザー さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

人間じゃない

作品を通して伝えたいことがないものはとても苦手です。
涙を流す作品が好きなので共感や同情、不憫、寂寥感、感動などを求めます。
ほとんどの登場人物が裏切ったり暴言を吐いたり残虐な行為をしたりするためまともな人間がほぼいません。展開が読みづらく、次が気になるのは事実ですがそれだけでは万人を惹き付けることはできないはずです。失礼ですが湊かなえさんの小説の出来損ないにしか見えませんでした。

投稿 : 2021/04/23
閲覧 : 149
ネタバレ

Keiko さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

正解が分からない

ゼウスは身体の崩壊が始まっていて、最終日には新しい神が決定しても必ず世界はリセットされる。世界が無くなって全ての人が死ぬ未来しか無いのなら、3週目の世界も同じように最終日を迎えるのだろうか。それとも、2週目で神になったユキテルが3週目の世界を守って最終日を回避し未来へ続くのだろうか。ゼウスを神の力で修復すれば可能なのかも知れない。
2週目でユキテルを守っているのはすでに1周目で神になったユノなのだから、誰もユノを倒せるはずがないのだ。最終日に世界の全ての人が死ぬ未来を知っているユノには、殺しを躊躇する理由が無い。どうせみんな死ぬのだから。最後、ユノの父親がユノの身長が高くなっていて成長していることに気が付き刺されてしまう。成長してしまっている2周目のユノは3周目の世界で本物とすり変わるのは無理だと悟ったのかも知れない。
ここまで疑問に思うことを沢山書いたけど、作品自体は一気に見てしまうほど面白かったと思う。殺し合いで次の神を選ぶのをやめた3週目は結局どうやって神を選ぶのか気になる終わり方でした。

投稿 : 2021/04/10
閲覧 : 87
サンキュー:

0

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

次とか気になってぜんぶ見ちゃったけど 見おわってもあーよかったぁって思えなかったおはなし

自分が未来で書いた日記を読める未来日記をつかって
戦って生きのこった1人だけが神になれるってゆうお話し

ミステリーとかホラーみたいで
分からないところが次々って出てきて
あとバトルとかそうゆうのが好きならおもしろいかも

にゃんは
こうゆうお話しって気になって見ちゃったけど
みんなの気もちもよく分からなかったし
あんまり好きじゃなかったなぁ

{netabare}
主人公のユッキーは
人を殺しちゃいけないとかって言って
でも
自分が助かりたいときにはユノちゃんにやらせるし

ユノちゃんはユッキーのストーカーで
ユッキーが生きのこるために何でもするって
かんたんに人を殺しちゃうし

幼稚園くらいの子どもとかも殺し合いしちゃうし
ユッキーのお父さんも1人で逃げちゃったりするし

みんなの気もちとか考えがしょっちゅう変わるから
今そうなんだぁって共感しても
次でまた変わったりって。。うーん。。
うまく言えないけど。。感動できなかった。。みたい

あと
食べるの好きなにゃんが気になっちゃったのは
病院の近くの倉庫みたいなところにかくれてるのに
おみまいに来た人が持ってる箱の中のドーナツのにおいが分かったりって
ぜったいにないって思ったし

ほかにもそうゆうのが
あれっ?って思うときが多かったみたい
{/netabare}

時間をこえたりしてて
ここでこうしたからこうなった。。とかって
あとでパズルみたいになってるお話しだから
そうゆうところはおもしろかったって思う

でも、このおはなしっておばかアニメみたいで
コメディが多かったから見てられたけど
ただみんなで殺しあうだけのバトルしたりうらぎったり
自分とか家ぞくだけ助かったらいいって
そうゆうお話しだと思った


だから、みんなを助けたいってがんばる
シュタインズ・ゲートとちょっと似てるところもあったけど
あにこれのランキングで
10位以内になれなかったんだって思う☆

投稿 : 2021/03/27
閲覧 : 1695
サンキュー:

233

ネタバレ

シロクロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

由乃のヤンデレぶりが最高です!

未来日記は我妻由乃のヤンデレで有名だと思うのですが、ストーリーや作画もとても良かったです!我妻由乃の真実に迫っていくほど緊張感が高まりハラハラドキドキです!それに伴って我妻由乃のヤンデレぶりも進化していくのでキャラがとても魅力的だと思います。

投稿 : 2021/03/16
閲覧 : 67
サンキュー:

1

やまと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ヤンデレサイコヒロイン

未来日記をもっているもののなかで神になるために戦うバトルロワイヤルデスゲーム
この物語のおもしろいところは先の見えない展開と毎回続きが気になる引きを見せてくれて1話見たらとまらなくなるところと
個性的なキャラクターたちが魅力的なところですね!
ただ主人公は個人的にはあまり好きになれない感じのタイプの主人公で優柔不断かつ間違った選択をつねにし続けるところに苛立ちをかんじました。
我妻由乃は好き嫌い分かれるキャラではあるが個人的にはあれはあれでよきかとおもいます!

投稿 : 2021/03/05
閲覧 : 101
サンキュー:

3

ネタバレ

ささはら さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

真のヤンデレはユッキー

突っ込み所が多すぎて、スルーしないと見てられないアニメというのは心得て見ましょう笑
「誠氏ね」と世間では言われてますが…雪輝は余裕で超えると思うのは私だけ?
都合よくゆのを愛してると言ったり、突き放したり
簡単に人を信じたと思ったら平気で裏切り殺しまくったり
雪輝の行動理論が意味わかんなすぎて全く共感できない。ゆのの言ってることの方がまだ理解できました。

友達だから!と言いつつ秒で殺すやん… 母を殺したのは父なのに再構築しようとする気持ちが分からんわ…

何度もゆのを拒否ってたくせに結果的に1万年も忘れられないくらい愛してるとは何事か笑
どう考えてもヤンデレは雪輝の方だろ!!!

あと9thが明らかに作者のお気に入りキャラですね。都合よく生き返るしハッピーエンドだし
秋瀬くんはイケメンで中身も唯一まともで作品内の救いでした。ホモ展開も腐女子へのサービスでしょう()

まあ突っ込みだしたらキリがないのでやめますが神になった雪輝以外はハッピーエンド?で良かったです!!26話という長さを一気見させた話の構成力や、複雑さはなかなか面白かったと思います。

投稿 : 2021/02/19
閲覧 : 158
サンキュー:

0

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

我妻といえばこの人

 原作漫画は未読です。本編とOVAを視聴しました。

 舞台は現代(携帯電話時代)の日本ですが、実は神がいてその寿命が尽きかけているので候補者を12人選び戦わせて次期神を選ぶ、というお話です。その12人は携帯電話で未来を予知する能力を与えられていて、その能力がそれぞれ特徴がある点がおもしろいです。その一人に選ばれた主人公は普通の中学生男子で戦う能力は全くなく、中盤くらいまで誰が敵なのかわかっていないためバトルというよりはサスペンス色が強くなっています。
 設定上の細かい点は穴がとても多いですが、そもそも次期神様を殺し合いで選ぶ、という設定がメチャクチャなので深く気にすることなく楽しめる人はそれなりに楽しめると思います。ラストはビターですが、やって来たことがそもそも殺人なので仕方ないかと。OVAで少し救われた感じになります。

 この作品の最大の魅力はキャラクターです。というかメインヒロインが一人で全てもっていっています。無能で甘ったれな主人公をはじめ他の日記所有者たちもあまり魅力的なキャラクターがいない分メインヒロインの印象が強烈です。

 作画は普通です。バトルシーンは沢山ありますが主に使用する能力が予知能力という見た目地味なものなので、それほど美麗ではありません。

 音楽はとても良かったです。シーンにあった曲が気分を盛り上げてきます。OPとEDはネタバレだらけです。

 全26話+OVAと結構長いですが、序盤と終盤はかなり楽しめました。おかしな設定とヘタレ主人公が気にならない人にはオススメです。

 余談ですが、登場する日記所有者たちの中にあまりにも頭部が巨大な女性がいます。実写化を拒絶するための方策かなと邪推しましたが、設定を変更してあっさり実写化されていましたね(笑

投稿 : 2021/01/10
閲覧 : 166
サンキュー:

0

ネタバレ

ゆうか さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあまあ

中盤少し飽きて、「これ2クールもいるか?」と少し思いましたが20話辺りから目が離せませんでした。

思ったより面白かったです。
(終盤の展開が読めなかった)

主人公がウザいという意見もちらほらあるようですが、わたしはそうは思いませんでした。
ただ、 {netabare} 同級生を次々と撃ち殺すシーンはちょっとやりすぎだろ..と思いました。あれって56す必要あったんですかね? {/netabare}

あと、父親がgmすぎますね...
{netabare} ストーリー的に主人公に神になる目的を持たせるためとはいえ、父親が母親を殺す展開は必要だったのか?と思いました。{/netabare}

9thが可愛かったですが、 {netabare} 西島との恋愛も必要あるのか?wと思ってしまいました 。(急すぎる){/netabare}


ヒロインのユノちゃんがヤンデレで、今までにこういうキャラが出てくるアニメがなかったので新鮮で面白かったです。

ダーウィンズゲームかブトゥームみたいな感じかなぁ〜面白いんだろうけど見直したくはならないよなぁと思って見てましたが後半結構良かったので☆4にします。

投稿 : 2021/01/08
閲覧 : 137
サンキュー:

1

むらさきたましい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あまりに強烈なヒロイン

強烈なヒロイン像にくぎ付けになりました。

同様なキャラとしては「NHKへようこそ」の中原岬さんも印象的でしたが、本作の我妻由乃さんは突き抜けてました。
少し後半世界観がややこしくなりましたが、サブキャラたちもキャラ立ちしており、大変魅力的な作品でした。

投稿 : 2020/11/09
閲覧 : 311
サンキュー:

18

Ash-Lynx さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ヤンデレは時空を超える

全体の9割が由乃がユッキーにストーカーする狂気の作品。数あるヤンデレヒロインの中でも、初っ端からラストまでここまでぶち抜いてる奴はいないと思う…。

前半は基本的に各個撃破系のバトルロイヤルだが、戦略要素は微妙でキャラの戦術能力に頼る戦闘が大半。結局キャラアニメで、アクション要素は弱め。"それぞれが制限された未来予知能力"設定が活かしきれていない印象。(ユッキーの家での毒ガス戦は良かった)

終盤でやっとストーリーが顕著に。ここからは由乃のヤンデレが限界突破してさらに理解不能になるし、誰を信じていいか分からないサスペンス感が出てくる。由乃が惚れた動機とか伏線回収はお見事。

投稿 : 2020/10/09
閲覧 : 318
サンキュー:

9

ネタバレ

レオ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ストーリーがとっても練られてます

主人公のゆっきーの言動と行動がイライラするときもありますが、でもよく考えたら、普通の男の子って感じがしてある意味良かったです。
ゆのちゃんが、有り得ないほどメンタルが強くて、非現実的で楽しかったです。
殺しあいの日記のくだりもちゃんと理由があって、最後まで見ると納得しました。
{netabare} 最終回あたりの、誰でも良かったんだよ。って言う台詞が一番心に残りましたww
ゆのちゃんの表情が時々サイコパスになるところがお気に入りですw
{/netabare}
ゆっきーの性格が苦手な方もいらっしゃると思うのですが、ストーリーがしっかりしていて、他のキャラクター達が濃いので、ゆっきーは無視して最後まで流し見るのでも良いと思いました。
昔のアニメだけど、絵も可愛くて綺麗だと思いました。

投稿 : 2020/09/29
閲覧 : 213
サンキュー:

1

涼宮 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ヤンデレ好き

基本ヒロインの意味不明な行動が物語にどう影響を与えるのかみるのが面白かった

投稿 : 2020/09/01
閲覧 : 120
サンキュー:

1

ネタバレ

のん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感動して泣きました

結論から言うととても面白かったですし、最後は感動して泣きました。他の方もおっしゃる通り設定が粗いとこは確かにありますが、ヒロインの由乃がそれをかき消すくらいインパクトが強いです。主人公の雪輝のためなら平気で人をも殺すヤンデレですよ?やばくないですか?由乃が次に何をしだすかが全く想像がつかず、そのワクワクで一気見できました。最後はハッピーエンドで終わりませんが、後日談のOVAが1話あり、そこできちんとハッピーエンドで終わっているので、とってもスッキリしました。多少グロいですが、耐性がない人でもみれるレベルです。由乃かわいいし、大好きです。最高のアニメでした。

投稿 : 2020/08/29
閲覧 : 158
サンキュー:

2

ネタバレ

ただのアニメ好き さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメにハマるきっかけとなった作品だが

正直言ってもう二度と見たくないです。。。
はい。
しかし別に自分は決してこの作品が嫌いなわけでは無くむしろアニメにハマるきっかけとなった作品ですし大好きとまでは行きませんがそこそこ好きな作品です。
良い点として話のプロットがとても魅力的です。
毎回話がちゃんと前え前え進んでいるので1話見始めると止まらないです。
ならば何故もう見たくないか。
それはズバリ単に自分にはホラーの耐性が0に近かったからでしょう。
普通のホラーならまだしもこういうタイプはどうも苦手です。
当時見たとき恐怖を感じなかった自分に疑問を抱きます。。。
ヤンデレって怖い。。。

とその話は置いておいて。
この作品が高く評価されている理由は恐らくしっかりとしたヤンデレキャラがヒロインに居るからですね。
この作品以外にもヤンデレキャラが登場している作品は沢山ありますが(school daysやひぐらしなど。。。)しっかりとヤンデレを描いた作品はそうないかと思います。(自分の知る限りでは)
いわばヤンデレの教科書みたいな作品では無いでしょうか(笑)

ただ、やはり最後の展開の雑さと設定にツッコミ所がありすぎるのはちょっとどうかと思いましたが。
変な服着た爆弾の人が出てきた時なんてめっちゃ笑いましたよ(笑)

この作品自体なかなか面白いですしヤンデレヒロインを学ぶにはお勧めです。
あ、グロもあるので人によっては注意です。。。

投稿 : 2020/07/16
閲覧 : 921
サンキュー:

31

さとう さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:----

なかなか面白い

良く練られたストーリー、質の高い劇伴が光る。
キャラクターはクセがあって面白い?
ただ、主人公が魅力的とは言えないのはマイナス。

投稿 : 2020/07/10
閲覧 : 191
サンキュー:

1

ネタバレ

ka-zu! さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんな神作品もう世の中に出ることはない 愛は時空を超える ユノはヤンデレではないよ。

めっちゃすごい作品ですよこれ。。。。
ユノはただ主人公に救われたかっただけですね。
ユノは主人公に薬を盛って閉じ込めたのも一緒にいたかっただけ;;

投稿 : 2020/07/07
閲覧 : 201
サンキュー:

2

ネタバレ

アニオタガチ勢 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

親の近くで見るのは気まずいシーンあるから一人で見た方がいい。

由乃のユッキーへの愛し方が以上。狂ってる。
途中で本当に好きなのか?って思ったけど、最後ら辺の由乃の家に泊まるシーンで本当に好きなんだなってわかったけど、やっぱり狂ってる笑
鬱系アニメが好きな人にはオススメ!笑

投稿 : 2020/06/24
閲覧 : 257
サンキュー:

4

煮干し さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

凄いヤンデレ

このアニメはまずヒロインの我妻由乃のキャラがすごいです。狂ってますw
でも、その狂った愛が個人的にはすきでした。
ところところでグロいシーンがあったり、トラウマになったりすることがありますねー。見た当時は本当に苦手でしたw
ストーリーとしては結構内容も濃くて、非常に面白いなーって思います。
それぞれのopやedも迫力のある曲なので、気になっている方は見ていただきたいなーと思います!

投稿 : 2020/05/29
閲覧 : 310
サンキュー:

2

ネタバレ

ななし さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最強のヤンデレヒロイン

個人的に、こういうデスゲームものが好きなので面白かった。
由乃ちゃんがヤンデレキャラとは知ってたけど、ここまでとは、、笑 由乃ちゃん含め、みんな容赦なくて好きです 。由乃ちゃんと西島がお気に入り。
ひとりひとり違う日記っていう設定が面白い。
あと、BGMがよかった。サウンドトラックあるなら欲しいくらい。5thの話のゲームっぽい音楽と、ピアノの綺麗な曲が印象的。
最後は少し無理やり感あったけど、全体としては満足です!

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 143
サンキュー:

3

ネタバレ

sekai さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

感性が合わない

物語が進むに連れ、設定の粗さやキャラクターの中身の無さが目立ち、ラストについても無理やり着地させた感が否めない

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 200
サンキュー:

0

gm560 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

あまり深く考えずに見た方がいい作品

最後まで見た感想はヤンデレヒロイン好き向けかな?
怖いっちゃ怖い場面もあるけど、ガバガバ感も気になって、
時々物語に入り込めなくなったりしたけど、
なんやかんやで最後まで見れました。

あまり深く考えないほうが楽しめる作品だと思う。

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 200
サンキュー:

1

VECCI さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

12モンキーズ

バトルロワイヤルデスゲームの走りらしい。ハッピーシュガーライフのレコメンドで視聴開始。主人公シンジくんかと思ったら声優さん違うみたい。重要なポジションのキャラに若本規夫さんがいて彼のボイスを堪能出来ると思ってワクワクしながら見ていた。能力者でもない一般人の主人公の投げたダーツが携帯電話にピンポイントで命中するのは全然いいのです。ダーツが上手い描写はありましたので。普通のダーツが普通の携帯電話を貫通したとこで萎えました。最近のラノベアニメを見ながら設定齟齬などには寛容なつもりでしたが自分の器の小ささを痛感させられました。

それと今は個人的にデスゲームは求めてないだけで、好きな方には普通に楽しめる品質だとは思います。地獄は現実でお腹いっぱいです。アニメにリアルは求めてませんがリアリティくらいはあって欲しい。上手くなくともそれっぽく騙してくれればいいのです。騙す気さえあれば、それを感じる事さえできればこちらも隅や粗から目を逸らすくらいはできます。ここが面白いんだからこれくらいは目を瞑ってね?と言われるのは全然OK。ここまであからさまに騙す気もサラサラないと言われたら撤退あるのみです。

記号ばかりで人間を描けてないとか言うつもりもないですが程度というものはあると思います。ハッピーシュガーライフのさとうはまだ人間を目指すサピエンスではあったと思ってますが、このヒロインや他の面子はただの人語が通じるモンスターです。別種族のパラレルとして闘犬を見るように楽しむものなのでしょうが、ただ今の私が求めているものではありませんでした。

もっと若本規夫ボイスを楽しみたかったというのが感想です。撤退なので点数評価は出来ませんが久しぶりに若本規夫ボイスが聞けたので声優評価に加点してます。

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 176
サンキュー:

9

ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

観終わった

放送時、2・3話で視聴断念して、2020 5月観直して完走。{netabare}
観直そうとした理由は“魔法少女育成計画”や“魔法少女サイト”、“グランベルム”も入る?など、バトロワ物も萌え化が進んでるなーと思ってたら、2020年に入って1月~3月“ダーウィンズゲーム”、4月からは“グレイプニル”と似た感じのものが続き、「以前に戻った?」と思ったり。
それと同時に「以前って何だよ」と思ったらこの作品が浮上しました。
一応これが代表になるよね?バドロワ物のアニメとしては。
それと個人的に評価の高い“ハッピーショガーライフ”の感想で、ちょくちょくこの作品のヒロインの話題が上がってたので気になってたのもあったり。

そして見返してみると、当時途中で脱落して、そこまでの内容どころかどうして脱落したのかもすっかり忘れてたが、思い…出した!
<批判的な内容なので畳んでおきます>{netabare}
順序は前後するけど“王様ゲーム”と似てるんだ、「それ、今思いついたネタ入れてただけでしょ」とツコミ入れたくなる辺りが。
王様ゲームが1分前の出来事を忘れるとすると、こっちは5分前の出来事を忘れる感じ、まぁ王様ゲームよりはマシか?
ホラー作品はそういうことが起こりがちとは分かっていても、ちょーっとキツい。
雑誌掲載のマンガだと毎話センセーショナルなシーンを入れて読者を引き付けないといけないためこういうことが起こりがちなのも分かるけど、それにしたって行き過ぎ。

一例としては、学校爆破されて生徒も沢山巻き込まれたハズなのにその後大した騒動になるでもなく主人公は遺族偲ぶことも無くしれっと普段の生活続けてたり。
但しこれは主人公は周囲に対して他人事を決め込む性格(主体性が無い・能動的でない)らしいのでまだギリギリ納得できる、かな?
と思ったら教団パートにて、すぐ横で信者同士が殺し合いを始めてる中、大して親しい間柄でもないお目方様を救うんだという行動を取って…ん?
目の前で人が殺されるのを放っておけないというなら物理的にもっと近くに居る信者をどうにかしろよと思わざるを得ない。
あれだ、ネームドとモブとの扱いの落差が酷いんだ。
ついでに教団パートでは、ユノがいきなりカゼひいたみたいな描写があるのだが、それが物語にどう影響があるのか不明、意図が分からない。
ずっと後になるけど主人公はクラスメートにラブレターを出そうとしてたこともあって、他人事を決め込む性格もブレッブレ。
こんなのが20話以降までずっと続きます。
キャラの思考回路が不可解、ひいては作者の価値観が私と違いすぎてついていけない感じ(※)。
これについては後述しますが、忙しかったら視聴断念するのに十分な要素になってました。

それに輪をかけて違和感著しいのが…物語の肝心要の「未来日記」の設定。
そもそも神様はもっと前から、百年でも千年でも前から後継者の準備しとけよとか、ひとつの町から候補者選出するなよとか、そこは許容するにしても、だ。
次期神様候補者12人に渡された未来日記は、未来予知機能が授けられる以前の所有者の“書式”に則った表示形式というルールになってます。
つまりは主体性の無い主人公の未来日記は自分自身についての記事が書かれない、主人公のストーカーのユノは主人公のことだけしか記事が書かれない。
もっと分かりやすいのでは、刑事の未来日記は犯罪者についてしか書かれないので、ターゲットが犯罪者になってくれないとそいつの未来を知ることが出来ない、など。
そういった制約が駆け引きのキモになるハズなのだけど、いかんせん日記に書かれた未来がコロコロ変わりすぎる。
こんなにホイホイ変わる未来なんて予知したところであんまり意味が無いのでは?と思ってしまったり。
そうだなぁ、「水の入ったヤカンを火のついたガスコンロの上に置く」ここまでを実行して「数分後にヤカンの中の水は沸騰する」と言った場合、これは未来予知って言える?
で、途中でコンロの火を止めるなどして沸騰しなくなったことを指して「未来が変わった」って言う?
なんかそんなレベルにしか感じなかった、作品名ではなく作中の機能の「未来日記」が。
なにより持ち主が「これから書式変えよう」と思ったら制約も変化しちゃわない?という疑問ががが。
先の刑事で言えば「よし、これからは犯罪以外のニュースも日記に書こう」と思ったら制約が変わるんじゃないの?ってこと、未来ホイホイ変えられるんだし。
そう考えたら、制約があるが故の駆け引きが茶番にしか思えなくなって…。
き、きっと授けられた時点で書式の変更は認められないんだろうきっとそうだろう、と言い聞かせながら見たけど、そういう説明は欲しかったなぁ。
<批判パート終わり>{/netabare}

と、そんな感じで違和感バリバリで視聴を続けるのが苦痛で、3分見ては一時停止~ってのを何度も続けて、回によっては1話分を見るのに3日かかったり。
「そんなことまでして見なくていいじゃん。ましてやそれで文句書くなよ」と言われたらご尤もで、別に文句言うために見てたのではないです。
先に他の方の感想を見てみたら後半アっと言うようなタネ明かしがあるみたいじゃない?ループだか時間遡行だか。
じゃあ序盤の違和感に合点のいく理屈が明かされてスッキリするならそれで構わない、むしろそれを体験したい、ということでそれを心の支えに見続けました。

結論から言うと序盤(といっても23話くらいまで)の違和感を払拭できるような結末は、ありませんでした。
まぁ良いんです。
上記の批判箇所は「これこれこういう部分が気にならない方は見てもいいんじゃない?」というもので、それを乗り越えれば感動までは行かないにしろ収穫はあるんじゃないかな?

なにより「完結してる」のがありがたい。
このテのバトロワ物、または今流行りの異世界転生・転移モノも含め、「黒幕(仕掛け人)」にひと泡吹かせるところまで行かない作品が非常に多くて鬱憤が溜まってたんですよね。
その点この作品はそこまで描かれている。
厳密にはひと泡吹かせるではないけど、少なくとも3周目デウスは未来日記による後継者選抜はダメだと判断を下しました。
ある意味本当の黒幕である1周目ユノも望まぬ展開に散々苛まれ最期ああなるというのは納得の結末。
3周目の他の未来日記所有候補者達の「動機」の回避も強引ではあるけど納得だし、選出範囲が狭い問題もこのオチを考えると仕方ないのかなぁ、とも。
但しこれは完結してない作品を見過ぎた反動で加点してるだけで、本来は「これが普通」と言える状況になってくれたらもっと良いんだけどね…。

あと批判パートで※印を付けてた部分、「キャラの思考回路が不可解、ひいては作者の価値観が私と違いすぎてついていけない感じ」。
放送順が前後するけど同じ作者の“ビッグオーダー”(こっちは放送時最後まで見た)がやっぱり価値観が掴めず「?」だったのだけど、これ見てなんとなく分かってきた気分。
ビッグオーダーでは特に主人公が最後あそこまで拒否しまくったのが理解不能でしたが、「あの世界では未来日記が放送されててそれ見たから」と思うととて~も納得、凄~く納得。
ある意味ビッグオーダーを見るならその前に未来日記は見とかないといけないかも、個人的にはこれが一番の収穫だったかも?
じゃあその作者の価値観・ビッグオーダーと共通する未来日記の価値観とはナンゾ?というと、これが説明難しいんだけど…。
乱暴に言えば過去を変えても別の平行宇宙が作られるだけで現在は変わらない、過去の過ちを無かったことにはできない、ってところかな。
それ自体はよくあることだし理解はできるけど、「この作品はそうである」という説明ナシにさも当然のように話が進むモンだから理解が追いつかない…気がする。

一方、よく話題に上がるユノのヤンデレっぷりだけど、これは事前に推されまくったせいか思った程ではなかった。
個人的には、話し方を僅かでもミスるとそれまでニコニコ笑顔だったのが急変して、いつ主人公に刃を向けかねないか分かったモンなじゃいってタイプの方のが怖いかな。
いわゆる地雷が分からないって感じ。
この作品では2周目トリックを隠すためと「キミを殺してボクが神になる→やっぱやめた、心中しよう」の心変わりで豹変しただけで、それ以外は概ねイエスマンでした。
あと、できればおかしくなった原因に主人公が絡んでた方が良かった気がするが、それは“ハッピーシュガーライフ”もそうだったし高望みしすぎか。


総評としては、上記の批判ポイントが気にならない方は見て損は無いかと。
特にバトロワ物で「完結しない作品」に辟易した時はお勧め。
ヒロインのヤンデレっぷりはあんまり期待しない方がいいかも?{/netabare}


余談・園芸ネタ{netabare}
実はこれを見直そうと思った理由ってもう一個ありまして。
“プリンセスコネクト”に登場するコッコロってキャラの髪飾り(ヤマボウシ?)、同じのを以前にも見たことがあったような?何だっけー何だっけーと必死に思い出したらビッグオーダーが浮かびまして。
他にもあった気がするけど、そこから更に未来日記が途中断念だったことを思い出して、それで見ることに。
連想ゲームでプリコネから未来日記に繋がるのもそうは居まい、と自画自賛してみる。
同時に“まかでみWAっショイ”も見直してるのだけど、これも辛ぇ…。{/netabare}

投稿 : 2020/05/13
閲覧 : 333
サンキュー:

9

ネタバレ

Pocali さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

由乃怖過ぎる…

最初は由乃のストーカー気質が無理過ぎて本気でドン引きしていたけど、最後まで観るとまぁ理解はできた。
でもふすまを開けてしまった雪輝の後を着けたりまでしたのに、記憶を改竄したり…ちょっと都合良くないか?と思ってしまった。
ある意味感情移入して引き込まれたということだけど…
秋瀬くんが死んだのが一番ショックだった。
だが私は腐女子ではない。
秋瀬くんが雪輝を説得できたら秋瀬くんとくっついたのか…と考えると、この終わり方でよかったんだと思う。笑
そういえば初っ端2周目の由乃が1周目の由乃に殺されるシーンがあったのに、そのこと全く覚えていなくて、2周できるってことまで予測できなかった。
もう一度観ると、ところどころ由乃が先をを予測できているのが日記だけじゃなく記憶も混ざってることが分かるのかな〜?
少し無理やり感があるものの、久々に超面白いアニメに出会えて満足でした!

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 119
サンキュー:

2

次の30件を表示

未来日記のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
未来日記のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

未来日記のストーリー・あらすじ

周囲に関わろうとせず"傍観者"であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは、時空王デウス・エクス・マキナと彼の小間使い・ムルムルだけである。もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように未来日記を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知る。(TVアニメ動画『未来日記』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年秋アニメ
制作会社
アスリード
主題歌
≪OP≫妖精帝國『空想メソロギヰ』、飛蘭『Dead END』≪ED≫飛蘭『Blood teller』、妖精帝國『filament』

声優・キャラクター

富樫美鈴、村田知沙、土門仁、田中正彦、真田アサミ、仙台エリ、関智一、桑谷夏子、今野宏美、相沢舞、平松広和、土師孝也、川原慶久、石田彰、松岡由貴、ゆかな、白石稔、若本規夫、本田愛美

スタッフ

原作・構成協力:えすのサカエ(少年エース連載/角川コミックス・エース刊)、 監督:細田直人、企画:安田猛/武智恒雄/井上俊次/太布尚弘、シリーズ構成:高山カツヒコ、キャラクターデザイン:平山英嗣、総作画監督:平山英嗣/岡田万衣子、サブキャラクターデザイン:渡辺るりこ、プロップデザイン:江田恵一、3Dディレクター:石田弘達、3DCGI:酒井寿一/原山希、色彩設計:福谷直樹、美術設定:佐藤正浩、美術監督:徳田俊之、撮影監督:藤田智史、編集:伊藤潤一、音響監督:名倉靖、音響効果:倉橋裕宗、音楽:加藤達也、音楽プロデューサー:斎藤滋、企画プロデューサー:伊藤敦、アニメーションプロデューサー:平松巨規、音響制作:楽音舎、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2011年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ