当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「中二病でも恋がしたい!戀(REN)(TVアニメ動画)」

総合得点
85.7
感想・評価
2682
棚に入れた
15663
ランキング
225
★★★★☆ 3.8 (2682)
物語
3.6
作画
4.1
声優
3.9
音楽
3.6
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

中二病でも恋がしたい!戀(REN)の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

wkr さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

モリサマーと凸守が好き

比較的日常要素少し強めな二期。日常パートは厨二病要素を絡ませた会話や展開も痛々しくもキャラの要素が出ていて楽しめた。モリサマーが選挙に出る回は画面を直視できなかった程痛々しかったです。が肝心の作品の本筋がダメでした。特に個人的に新キャラの使い方が下手。忘れようとしたけど、結局に勇太のことが好きだった...的なキャラ設定。勇太と六花が付き合った状態で登場するため、そのキャラ設定をうまく利用出来ておらず、無意味なキャラになっていて、そのキャラの葛藤などはもはや茶番としか。勇太との関係性も一応、一期一話の時の時点では存在しているため六花との関係性の差もすぐに埋めれるはずで、一期序盤で登場させてから六花のライバル的な立ち位置にした方が良かったはず。個人的には新キャラが勇太を誑かしてから六花とのドロドロ三角関係を描いて欲しかったです。話は変わりますが、私はモリサマーと凸守が主軸の話の方が面白いと思います(好み)、というか作って欲しい。最初は嫌い同士の関係性はラブコメでは王道ですし、勇太と六花よりもラブコメ的に話を発展させやすいかなと。

投稿 : 2024/03/14
閲覧 : 99
サンキュー:

4

てぃるふ@棚高評価順 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

マンネリ感が否めない

終盤にマンネリを感じてしまった
1期は中二病の終わりに悩む展開で感傷に浸ることができたが、2期はいまいち記憶に残ってる話が少ない
しかしキャラは可愛いし作画は良いので見て後悔するほどではない

投稿 : 2024/01/28
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ネタバレ

蒼い✨️ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラ推しで全てが解決するのでしょうね?多分。

【概要】

アニメーション制作:京都アニメーション
2014年1月8日 - 3月26日に放映された全12話 + OVA1話のTVアニメ。

原作は、著者・虎虎とイラスト・逢坂望美による、
KAエスマ文庫から刊行されていたライトノベル。
監督は、石原立也。

【あらすじ】

主人公で元中二病の高校生の富樫勇太は、現役中二病の小鳥遊六花と恋人同士になった。
六花は過去にいろいろとあって、彼女のパーソナルスペースとして中二病になっていた。

今回は、勇太や六花たちが二年生に進級しての話。
六花と同居してた姉で保護者でシェフの十花はイタリアに行き、
母親は就職のための地方研修で二年間の県外暮らし。六花を引き取ろうとする祖父であるが、
祖父の手続きのミスでマンションの部屋を解約してしまい、
六花には祖父の家は居心地が良くなかったりで、新居が見つかるのまでの間、
六花は勇太の家に住むことに。勇太の家族は父親の海外出張先のジャカルタに行き、
有耶無耶のままに勇太と六花の同棲生活となるところだったが、
勇太の三つ年下の妹の樟葉(くずは)が、日本での中学生活を続行するために帰国。

初々しくも全く関係が進展しない二人ではあったが、
中学時代の中二病の心の師匠で勇太と親しかった少女・七宮智音が現れて、
恋人であるはずの勇太と智音の仲の良さに嫉妬がバレバレな六花であった。

【感想】

京都アニメーションに限らないですが、アニメの企画を通すにも取捨選択がありまして、
近年の京アニでは通らなそうなラブコメディ。

この作品では女の子がおさなげでおかしな口調だったりの賑やかしのボケ役で、
常識人ポジの男性主人公がツッコミ役、あ…これってkey作品の日常パートの系譜を継いでる?

1期で六花の問題が明らかになって、勇太との関係が恋愛状態に変化して、
2期では恋人関係の維持+学園コメディの話がずっと続いていまして、
視聴者的にはイチャイチャも喧嘩もするカップル見守り隊の心境でギャグもついでに楽しめれば良い。
その温さに心地よさを感じ、主人公カップルを引っ掻き回す恋のライバル役としての、
智音(さとね)というスパイスで嫉妬する六花に可愛さを感じるのかな?

ただ、自分としては中二病装飾まみれの日常ギャグ会話がそこまで楽しくて笑えるわけでもなくて、
新キャラを投入しても展開にマンネリを感じたかな?
凸守絡みのモリサマーの汚れ役としての羞恥心混じりのリアクションギャグの数々は、
カラダを張った芸人っぽくって面白かったですけどね。

このアニメって結局、動きを含めたハイレベルな作画力と妄想世界の演出で下支えされた、
美少女キャラクターの愛嬌と奇行によって生かされているのですよね。

1期ではそれなりに高評価したものの、継続的に楽しみ続けるには、
例えば、同社の「響け!ユーフォニアム」と違って早めに賞味期限に達してしまって、
個人的には面白くて続きが楽しみという風ではなかったですね。
終盤近くの真剣に悩む智音や六花などの恋心が描写されている、
シリアス部分の作画芝居は京アニらしい美しさで光るものがありましたけどね。

実は満足感が高くはない2期ですが、映像のクオリティが高いアニメ会社ですので、
採点システムの都合上で、総合的な評価は低くはなりませんでした。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2023/12/18
閲覧 : 124
サンキュー:

23

白毛和牛 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

2期は既に蛇足だった

はっきり言って2期は既に蛇足だったなと。
因みに内容的には2期から七宮という新ヒロインが投入されるけど
この七宮のキャラがイマイチ何の為に配置されたのか分からなく、
別に三角関係となって勇太を巡って六花と争う分けでもないし、
本当に何の為に出て来たんだろうとしか思えなかったし、
それ以前にストーリー的にも1期の時点で勇太と六花の関係が出来上がってたので
ラブコメとしては既に1期の時点で終わって2期になって広がりを見せられる内容じゃなかったですね。

【評価】

50点・1B級

投稿 : 2023/02/04
閲覧 : 139
サンキュー:

1

ネタバレ

マーティ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

黄昏の・・・上級契約

 全12話。原作は未読。

 「中二病でも恋がしたい!」の2期ですねー。僕はとても楽しめました。

 2期は、勇太と六花が恋人同士になった後の話です。1話で無理やり二人を同居させて(笑)、なかなか恋人として歩み寄らない二人を周りの人たちが支える、というもの。
 周りがとてもいい人たちで、恋人同士だとわかっても茶化したりいじめたりせずに、ちゃんと応援したり二人をよりくっつけようといろいろ応援するのが良いですね。

 七宮という新キャラも登場。最初はあまり好きではありませんでしたが、話を追うごとに段々好きになっていきました。胸に秘めた思いを思うとちょっと切ないけど…良いキャラだったと思います。

 加えて今回は、凸守と森サマーの関係も好き。喧嘩するほど仲が良いコンビですね。クリスマスの話でフラグはあったけど、今回はさらに仲良くなりましたからね。

 勇太と六花の様子は見ててこっちが恥ずかしくなる感じでした(/ω\)。だからこそ応援する同級生たちの気持ちもわかります。

 これにて感想を終わります。ここまで読んでくださりありがとうございました。

投稿 : 2022/10/16
閲覧 : 236
サンキュー:

19

ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

IMAGINE

再び春、新学年の始まり。
主人公勇太は結局、今まで通り、
六花に振り回される毎日のようだ。
妹を含めた3人での共同生活の始まり。
六花の愛弟子、凸守の入学。

また賑やかな日常が戻ってきました。
新キャラを加え、ラブコメ成分30%増しです。
{netabare}生徒会長選挙や海の家でのアルバイト、
修学旅行など、イベントてんこ盛りです。{/netabare}
愛猫キメラもおめでとう(*´▽`*)

愛すべきキャラクターが全てでしょう。
中二病なる思春期の病を題材としていますが、
そこは自分が自分でいられる場所であって、
誰しもが持つ、大切な場所なのです。
イメージを「日常を生きる力」に変える。
その衝動にどこまでも忠実な人たちの物語。

物語序盤とラストで同じセリフを語らせる。
{netabare}一緒に楽しい時間を過ごして、
一緒の家に帰る、こんなに幸せなことはない。
とても印象深く心に残りました。{/netabare}
シンプルに伝えたかったことなのでしょう。

少女が勇者を求めて旅をする。
たったこれだけの物語かもしれない。

そして浮き上がるタイトルバック、
そういうことか、お見事です。

投稿 : 2022/07/04
閲覧 : 814
サンキュー:

67

ネタバレ

ちゃかぽこ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメってやっぱいいな

中学生の頃にアニメにどハマりし、高校、大学と年齢があがるにつれていつしかアニメはあまり見なくなってしまっていました。
今回は特に理由もなく、久々にアニメを見てみようとずっと名前だけ知っていた中二病シリーズを観てみました。
恋愛もののアニメは大人になってから見るとより感情移入できていいですね!
自分が失恋を経験したこともあるので七宮ちゃんの気持ちが痛いほどよくわかるし、それに打ち勝って富樫くんと六花ちゃんを応援する行動は僕にはできない勇気に満ち溢れた行動だなと思いました。
あと七宮ちゃんの脚が良い。言動が中二病だからふと出てくる女の子らしさにギャップ萌えっぽさがあって好きです。
ベランダでぺたってなるところとか。
そして一期二期通してオープニング曲が大好きです。
このアニメのおかげで中学時代のアニメが大好きだった頃の気持ちを思い出せました。また色んなアニメ観てみたいと思います。

投稿 : 2022/06/16
閲覧 : 154
サンキュー:

5

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラの掛け合いを楽しむ2期

中二病だった彼と中二病の彼女のラブコメ2期になります。

1期で綺麗に終わったので、2期はこれからどう続くのかなと思ったら、両親不在でいきなり同棲から始まってとかこれラブコメの定番展開ですねw

2期は1期のようなシリアス展開がなくて、キャラたちの掛け合いを楽しむ感じでした。
森夏と凸守のコンビの掛け合いは相変わらず楽しいですね♪

新キャラとして、勇太の中学のクラスメイトで中二病のきっかけになった七宮さんが登場して、熾烈な三角関係になるかと思ったら、六花と勇太のことを考えて身を引くところはいじらしくていい子だなって思いました。

7話で彼女が六花に言った、自分の選択についての話、六花への問いかけはとても重要で、六花と勇太はどんな結論を出すのか、続きの劇場版がとても楽しみです♪

投稿 : 2022/03/13
閲覧 : 279
サンキュー:

26

かとー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やはり六花は可愛い

レビュー書いてなかった。

やはり六花は可愛い

ラブコメといったらこれ。

京アニの素晴らしい作画も堪能する作品

投稿 : 2022/01/27
閲覧 : 136
サンキュー:

4

ひろたん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

前作(1期)に比べると微妙だが、本当の意味でタイトルが回収されるのはこの「戀(2期)」

第1話だけ観ると、どうしようもないなこれ、だめだわって思ってしまいます。
でも、第2話まで観るとようやく主旨がわかってきて、なるほどねって思います。
そして、この主旨がそのまま最終回へとつながるところは上手いなと思いました。
また、この時、本当の意味でタイトルも回収されたことが分かります。
「中二病でも」の「でも」の意味を視聴者にすっと腹落ちさせるところはなかなか。


正直、1期は面白いのですが、「戀(2期)」は、そこまで面白くありません。
でも、1期だけだとタイトルは回収されないので、「戀」まで観るべきです。
「戀」とは、「恋」のことです。
1期が「中二病」編だとしたら、「戀(2期)」が「恋」編になります。
つまり、1期だけだと「中二病」止まりになってしまいます。
2期まで観て初めて主人公と六花の「恋」の行方が分かるというわけです。


この作品は、1期にはなかった面白くなりそうな要素が結構あったと思います。
同居あり、中二病リハビリあり、学園コメディあり、そして、恋のライバル出現。
でも、どれも突き抜けたところはなく、普通だったかなぁと言う印象です。
1期にはあったシリアスが無くなった分、ぬるさが前面に出てきた感じでしょうか。
1期が面白かった分、もう少し頑張ってほしかったと言うのが正直な感想です。

投稿 : 2022/01/27
閲覧 : 345
サンキュー:

24

ちあき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

『中二病でも恋がしたい!』の続編。
第一期は中々考えさせられるところもありましたが、本作はそこまで……

投稿 : 2021/10/25
閲覧 : 658
サンキュー:

6

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

魔王魔法少女VS邪王真眼

中二病と言う言葉の語源は伊集院光の深夜ラジオから来ている

「かかったかなと思ったら中二病」

中学2年生で思いがちな全能感をネタにして
伊集院が病気かどうか判断すると言うもの

人の恥部を晒して笑いと同時に共感させる
いつもの常套句である

これがネット上に広まって
今作のように痛い言動や行動をする人を差す言葉になった

京アニが角川と組んだKAエスマ文庫の処女作
中二病をキーワードに原作ではアンチカウンターがあるけれど
アニメ版は主人公のゆうたと六花の恋模様を見守る視点

2期は原作にも登場した自称魔法魔王少女
ゆうたの中学時代の同級生七宮によって
六花の揺れる心がポイントになっており
所謂三角関係が終盤の見せ場になっていた

個人的な感想だが六花は1期の序盤こそ
邪王真眼の使い手と言う設定の行動をするが
ゆうたを意識しだしたころからはだんだんと薄れ

サブキャラである凸森とモリサマーの掛け合いの方に
目が行くような状況
二期の七宮が入った事でより中二病の六花は薄れたかなと

ゆうたは面倒見がいいキャラクターと言うイメージ
六花に対しても上手くフォローしている感はある

七宮は神出鬼没の自由人らしさがあるが
終盤のゆうたへの想いは魅力的

一期に比べるとパワーダウンは否めなかったが
ニコ生生放送の面白さは2期の方が上だったしw

薩摩のギャグマシーン赤崎さん(モリサマーの人)も絶賛の
修学旅行で訪れた鹿児島の作画の高さは特徴かな

ハズレではないが一期があまりにも凄すぎた

投稿 : 2021/09/12
閲覧 : 192
サンキュー:

4

まつまつ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

友情物語としては良作だけどラブコメとしては・・・

あにこれでは高評価なのだけれども個人的にはイマイチ。

ラブコメ展開としてはもっと胸キュンさせてくれる作品が沢山ある。
バトル物として観てもイマイチ良く分からない。
コメディー作品としてもイマイチ笑えない。
仲間達の友情物語としてはなかなか良作。


中二病でも恋はするでしょう。
六花も丹生谷も七宮も可愛いし。

自分自身が感情移入出来る人物がいなかった。
まぁオジサンが観てときめくアニメでは無かったのかな。

京アニ作品のクオリティーは素晴らしいものだが、
内容は個人的に当たり外れがかなりはっきりしている。

今まで観てきた京アニ作品には普通という物はほとんど無く、
面白いかつまらないかで結構感想が分かれる。

評価からもこの作品のファンが多い事が分かるし、作品を否定する気も一切ないですが、個人的な感想としてはこんな感じでした。

投稿 : 2021/08/18
閲覧 : 225
サンキュー:

7

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中二病でも恋がしたい!戀(REN)のかんそう 1期を先に見てね~

1話目の感想
{netabare}
やっとはじまったね♪
みんな新学年になって
前よりももっとおもしろくなってたみたいw

モリサマーがけいおんの澪ちゃんみたいになってたね
でも
中身はおんなじだったw

凸モリは1年生
入学式であいさつってあたまいいんだね^^
でも
空気よまないで中二のあいさつになってて
すごいなぁ^^;

ユウタはリッカと同せい中
でも
なんだか兄妹みたいな感じがいいなぁ☆

リッカのお姉さんのトオカさんとみんなのバトル
リッカと凸モリだけじゃなくって
ユウタとモリサマとクミン先輩まで参加してたけどどうして?w
バトルはにがてなにゃんだけど絵はとってもきれいだなぁって。。

さいごのほうで
上に引越ししてきた人がいたみたいだけど
これから何かあるのかも。。

あと
ユウタのノートから落ちた紙って何だったのかな。。
(ハ~はっくしょ!)
{/netabare}

2話目
{netabare}
モリサマ心配しすぎ!w
でも
まわりが心配しないとぜんぜんユウタって動かない。。
ほんとにおじいちゃんみたいw
ドキドキとかすることあるのかなぁ

かざりちゃん
ふつうの顔して百合とかってw
やっぱりユウタ心配なんだ。。

デートしたけど
手をつないだけど
恋人どうしなのに
なんだかドキドキがつたわってこないなぁ。。

でも
いっしょに帰っていっしょに暮らしてるだけで
リッカはしあわせ♡なんだ♪
ユウタもそれでいいって思ってる。。

だけどかざりが言ってた
「なんとなく先のばしにしてるとやっかいなことが。。」って
もしかして上からおりて来た魔法使い(?)な女の子のこと?
{/netabare}

3話目
{netabare}
いままであんまりそうゆうのなかったけど
ユウタもやっぱり男の子(男の娘!?)だったんだ。。
夢でリッカと。。

七宮さん出てきたね
邪王真眼に応援してるって言ってたけど
口にしないかぎり別れじゃないんだよとかって。。も
これから
恋のライバルになっちゃうのかな?(モリサマみたいw)

でも
七宮さんのおかげで
2人がちょっと近づいたからよかったよね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
モリサマが生徒会長に立候補して。。

今週は「中二病でも恋がしたい!」の
中二病のほうだったみたいw

凸モリとモリサマちゃんやっぱりいいコンビ
モリサマは中二病卒業とかって言ってるけど
ときどき中二病だよね^^
凸モリのこと悪く言えないって思うなぁ。。

今週もいっぱいわらっちゃったw
ユウタのツッコミもたのしい♪
{/netabare}

5話目
{netabare}
部活の代表があつまって
活動内容の報告しなくっちゃいけなくなって

「極東魔術昼寝結社の夏」は
報告するような活動してなくって
でも
クミン先輩が昼寝はしてるよ!って

それで
ほかの学校の昼寝部と試合することになったの。。

ちょっとにゃんがびっくりしちゃったのは
お昼寝大会ってほんとにあったこと^^
「http://labaq.com/archives/51516443.html」
マジメにお昼寝かんがえてる人たちっているんだね。。

リッカがやきもちやいたりするところはあったけど
やっぱりお昼寝中にバトルってなんにもできないよねw

おはなしは楽しかったけど
日常アニメとかみたいで
いつもより心にのこったところとかそんなになかったかなぁ。。
{/netabare}

6話目
{netabare}
今週はドキ♡ドキ♡しちゃった(うふ)

前半はいつもみたいだったけど
くみん先輩ギャグ暴走しちゃってたw
手荷物を。。ハエ取り草が。。たいくつしたw
モリサマも中二病ちょっともどってたし

みんな2人の恋が気になっちゃってるね^^
やっぱり
さいごの修学旅行だもんね

モリサマっていつも2人の心配してるみたいだけど
今まで誰かと付きあったことなかったんだ。。
ちょっとホッw

後半
リッカが男子のへやに行って
かくれた布団の中で2人が近づいて
わぁっ!。。あらら。。(*´艸`*)
何にもなかったけど明日の約束しちゃった

でも
リッカがおへやにもどる前
ほっぺにチュッって。。

2りだけの自由時間
ユウタもちょっとハイテンション!?
いっしょに中二病してたねー
今日はこれからなにかありそうかも☆

来週がたのしみだねっ♪
{/netabare}

7話目
{netabare}
2りっきりの自由時間♡
だったはずなのに迷子になってた七宮さんに出会っちゃって
ユウタは七宮さんのことばっかり気にしてるみたいで。。

だれにでも親切でやさしいのがユウタのいいところだけど
おサルさんに追いかけられて
リッカのこと完全にわすれちゃったのはダメダメだよね><

七宮さんがユウタと仲よくしてるの見てリッカがさびしい思いして
さいごにリッカとユウタがまた仲よくなるっていつもかな?
でも
今日七宮さんが言ってたのって
ほんとはユウタのこと好き。。ってゆうことじゃなかった!?
また何かあるかも。。ちょっと心配

あと
モリサマのブログやってるのってだれなんだろう?
{/netabare}

8話目
{netabare}
今週はモリサマと凸モリのおはなしだったね^^

本物の偽モリサマーが出てきて
自分が本物だって凸モリに信じさせようって。。
それって凸モリのこと好きだから。。


モリサマと凸モリってどんな関係?
なんかいっつもけんかしてるし友だちとはちょとちがうみたい。。
ライバルとかに近いのかなぁ

でも
偽者が出てきて凸モリがとられそうなモリサマちゃんは
ほっとけなくって偽モリサマと戦っちゃうし
凸モリも偽モリサマにせまられて
モリサマちゃんに助けて~って。。

なんだか恋人に近かったりして^^
ほんとはどんな関係なのかなぁ。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
クミン先輩のおばさんがやってる海の家をみんなで手伝いに来たよ

リッカはこの頃
邪王真眼の力が弱まってきてるみたい。。
相談したかったのかな?七宮さんのことも誘ってた。。

終わりのほうまで
いつもみたいにおはなしはあんまりすすまなかった
リッカは恋しちゃって中二病忘れそうなのかも?

でも
ユウタとリッカの恋ってふつうの人とちがくて
ユウタは中二病のリッカのことが好きになったと思う
リッカはそのこと思い出したからまた力をとりもどしたのかなぁ。。

だけど
七宮さんってそうなれなくって
自分からユウタと離れてっちゃったでしょう?

それで今ね
リッカが中二病でもユウタに恋してるの見て
中二病でも恋してもいいって七宮さん気がついたのかも。。

あの時のこと思い出して真っ赤になってたけど
きっとほんとの自分の気もちに気がついたのかなぁ

これからどうなっちゃうんだろう。。
{/netabare}

10話目
{netabare}
七宮さんくるしそう。。
誰かを好きになるってくるしいし
自分であきらめちゃったからもっとくるしいのかも

リッカのどんなところがが好き?ってきかれて
「いろいろあるけどまぁ全部。。」ってユウタ
どうして七宮さん自分で自分のこと傷つけるの?

見てるとにゃんもくるしくなってきちゃう。。
早く天使の力にかてるといいね☆
{/netabare}

11話目
{netabare}
クミン先輩が言ってた「恋は夢のよう」って
ほっといたらそのうち忘れちゃう。。ってゆうこと?
そうだといいんだけど。。

リッカのさがしてたのって
スクルド、ベルダンディ、ウルド
「ああっ女神さまっ」のこと?

にゃんは中二病になったことないから
リッカの気もちがよく分からなかったけど
ユウタのむぎゅーっってちょっとドキドキ♡

やっぱり中二病ってよく分からないけど
七宮の思いってアンエンリュウに勝って消えるくらいの
恋だったのかな。。
モリサマが心配してたのって何だったの?

きっと中二病同士だと伝わるのかなぁ。。
クミン先輩がうらやましいって言ってたの
ちょっと分かったみたいカモ。。

さいご七宮が
「勇者バイバイ」って言ったから
戦いはほんとに終わったみたい

あっ!。。今回のバトル見てて思ったの
よく分からない戦いだったけど
「境界の彼方」にちょっと似てたかも。。って
もしかして「境界の彼方」ってほんとは
{netabare}中二病の人たち集まってバトルごっこしてただけなのかも?{/netabare}
(にゃんは中二病がほんとによく分からなくって
へんなこと言ってたらごめんなさい。。)
{/netabare}

最終回
{netabare}
新学期がはじまって
モリサマと一色くんがまた変わってたねw

最終回だから。。?って期待しちゃったよね
かくれて見てる昼寝部のみんなといっしょにドキドキしちゃった(*´艸`*)

うーん。。
ハッピーエンドだったけど
かわいかったんだけど。。
上級契約も見てみたかったぁ☆

でも
モリサマみたいに
「しなさい!」とかってちょっとちがうよね^^
{/netabare}

見おわって

1期の終わりのほうって感動しちゃったけど
2期は最終回でもなんだかふつうだった。。

ふつうにおもしろかったし
京アニだったから気もちとかいっぱい伝わってよかったけど

もうちょっと何かあったらもっとよかったのになぁ☆

投稿 : 2021/06/08
閲覧 : 1889
サンキュー:

230

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

新たなる恋のライバル!?

2期は中二病よりも
ラブコメのが強くなってきたなあって印象で
新キャラの七宮がでてきてこのキャラは個人的にはめっちゃ好きでした!
それでいて恋のライバル!?みたいな感じの展開でしたが
主人公はやっぱり立花に一途なのがよかったですね!
最後の方とかもうキュンキュンで
めちゃめちゃ純粋な立花はやっぱりかわいすぎなんだよね(❁´ω`❁)
もうほんと、おまえらしあわせになれよ!!っておもうwww

そして凸守と丹生谷の二人の関係も相変わらずよきよきだったです!

投稿 : 2021/06/08
閲覧 : 200

りは さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

果てしない夢の世界

2期ですが高いモチベーションです。

ブルーレイBOXセット1と2を購入して、
一気に観ましたが、
とても価値のある作品でした。
京都アニメーション最高。

中二病の今後の問題に対して、
アンサーと言える作品でした。

疲れた時にまた観直します。
ありがとうございました。

投稿 : 2021/02/27
閲覧 : 198
サンキュー:

9

ネタバレ

ハルジオン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

やっぱり立花は可愛い!

付き合ってからの話だから一期よりも恋愛の要素が強くなっていた。
一期を見たなら是非見て欲しい!

投稿 : 2020/12/23
閲覧 : 191
サンキュー:

9

アニメ神 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

神作すぎて草

もうね、1期のエンド神ってた!まぢあれ泣くぜ😥😥六花神!!!!てか、出てくるキャラみんな神ってる‪w‪w‪
見て損ないよ絶対に‪w‪w‪w神作!!!えぐいあーもう神

投稿 : 2020/12/15
閲覧 : 151
サンキュー:

4

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

🏅1期を凌ぐほどの大傑作

「邪王真眼があったからここまで来れたんだよ。
 だから信じてあげてよ…自らの強さを。」

1期視聴後これ以上は蛇足とか思った自分を殴りたい。
1期2期共に紛れもなく素晴らしい大大大傑作である。

新キャラは七宮智音。
中学時代における勇太の中二病の師匠。

「連関天則」
七宮の絶対的ルール。世界の理。
自分が認めさえしなければ世界に変化は起こらない。
自己の連続性を担保する為に外部の影響を遮断する。

一人拗らせた中学生の末路。
臭いものには蓋をする、嫌なものから目をそらすである。

苦難を乗り越え中二病を依り代に生き延びてきたはずの七宮が見たものは
虚構と現実どちらも手に入れた六花の姿。


自我を守る為、雄太との断絶を選択した七宮。
結果彼女は自分自身で自らの時間を止めてしまう。
一人で解決出来ない問題を雄太のコピーで凌いだ六花。
雄太により他者の存在を受け入れるようになっていく。

他者を拒絶し自己完結を望んだ七宮と
他者の介入による変化を受け入れた六花。

同じ課題に対し異なる道を進んだパラレルな2人が対峙した時、
未熟な彼女らでは自らのあり方に揺らぎが生じるのは自明。

六花の邪王真眼は輝きを失い始め、
七宮は封印したはずの過去に飲まれてしまう。

そのあとなんやかんやありまして(名場面いっぱいで書ききれん)
2人はそれぞれの課題を見出し、周囲の力を借りてそれらを達成する。



「私は変わらない。」
序盤、自己の連続性にのみ執着し高らかにこう宣言した七宮。

「変わらないために、強く大きく変わる戦いが必要だったんだよ。」
過去の執着との決別を果たし変化を受け入れられた新生七宮。
「なんだそりゃ。でももしかして、それが連関天則か?」
「うん、そだね。それが連関天則だよ。」

七宮に救われた雄太
雄太に救われた六花
六花に救われた七宮

自分の中でグルグル回るだけだったものが人から人へと繋がり続いていく。
【連関】…物事の、互いに連なり続いているような関係
"連関"天則が真の意味を持ち、七宮の生き方が初めて他者と共有、そして肯定された瞬間でもある。



1期は六花が一方的に雄太から救われる話でしたが、
2期はメインキャラ達の相関関係が割と複雑になります。
雄太、六花、七宮、森夏、凸森、くみん先輩のメインキャラ達は全員が全員重要な役割を担うバランスと配置が非常に素晴らしいです。全員大活躍なのでキャラ推しの方も楽しめると思います。

OPの変態曲もスゴイがあのグルグルキャラが回る映像ってメチャメチャスゴイ技術なんじゃないの?よくわからんけど。

あの1期からの、この2期。これはたまげた。京アニしゅごい。

投稿 : 2020/11/08
閲覧 : 520
ネタバレ

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やっぱりモリ・サ・・、丹生谷森夏が好みかなw

1期でスロースタートをきった富樫勇太と小鳥遊六花。

結論から言うと、二人の恋は相変わらずスローな進捗の様で・・・。


とは言え、人の恋路に口出す奴は馬にけられてなんとやら、
二人が納得しているようであれば、それはそれでいいはずなのですが・・・。


せっかく同じ屋根の下に住んでいるのに、
全然前進をしない二人に、周囲の皆様は興味津々、おせっかい焼きまくりで、気になって仕方がない様子。
挙句にはライバル的な存在の七宮智音まで登場し、あれやこれや。

どちらかというと、日常イベントが多かったかな、このシリーズは。
イベントでも各キャラの個性が発揮され面白かったですね。
それぞれのキャラに活躍のエピソードがあったのが楽しかったです。

そして、一大イベントの修学旅行。
ここでも、なんやかんやで大きな進捗は無く・・・、でも心の距離は縮まり、壁は低くなってはいるかな。
とは言え、観ている視聴者としてはイジイジだし、周囲のキャラもイジイジ。

1期では中二病シーン・パートで背中のあたりがモゾモゾした私ですが、
今回は勇太と六花の2ショットシーンで背中のあたりがむずむずしてしまいました。
結局、スローペースでもお互いが納得の上で、少しづつ前進していくことを選んだようで、最終話でも、ドカンと大きな前進はなかったかな。
いや、上位の契約まで進んだこと自体が大前進かな?

それにしても周囲の女性キャラの小姑っぷりが半端なかったですね。
まぁ、恋愛に不器用な六花が心配で気になって仕方がないんでしょうね。

あとライバル的存在として登場した七宮智音はなかなかに辛い決断をしましたね。
{netabare} 恋愛物語の中で、選ばれなかった方はもうどーしようもないですからね、厳しい話ですが。そこを彼女なりの「戦い」で乗り切ることにした訳ですが・・・。 {/netabare}
今回は「自分の好きなこと、好きな方」を選択し、中二病を貫くことを決意したようですが、きっと彼女もいつの日か、変化を受け入れられる日、中二病を卒業しても良いと思える相手にであることでしょう(アニキャラに言うのもなんですが)



さて、私的には(キモイ話で恐縮ですが)丹生谷森夏の水着姿が観れたのが眼福でした。
それと偽モリ・サマーエピソード、面白かったでぇす!!



実は、この記事は映画版:Take on Meを観た後書いているので、
この後のお話も知ってはいるのですが、ここまでのスローペースが一気に爆走する感じでしたね。




でも、やっぱり中二病パートは苦手かも・・・。



1期を観て楽しかった方ならとっても楽しめると思います。
各キャラが活躍するエピソードも楽しいです。
機会がありましたら、ぜひご覧くださいませ。

投稿 : 2020/10/06
閲覧 : 214
サンキュー:

17

あ~にゃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

七宮を応援したい!

こういうラブコメではどうしても七宮の様なキャラを応援したくなってしまう。

大抵のラブコメはメインのヒロインは六花の様に天然かわいい系で、七宮のようなサブヒロインの方が色々と気を使って人間的には大人なのに最終的に報われないパターンが多い。

私なら絶対に七宮を選びます!

投稿 : 2020/08/29
閲覧 : 177
サンキュー:

5

ネタバレ

遊微々 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

小鳥遊六花は歩み続ける。

1期に引き続き2期も見ました。

うーむ、中二病設定で若干ややこしくはなってるけども、要は2期のテーマは

・好きなことの為に別の好きなことを諦めなくてはならない状況がきたときに、片方を取るか、それとも諦めず両方をつかみ取るか
・想いを伝えあった者同士、どうしたらそこからさらに一歩踏み込んだ関係に至れるか

ということでいいんですかね?
前者に関しては片方を諦めたのが七宮智音、両方をつかみ取ったのが小鳥遊六花。
後者に関しては、お互い初めての恋人同士(しかも中二病持ち)だから、普通の恋人って何だろう、恋人らしい関係って何だろうと悩みながらも二人のペースで距離を近づけていった。
という解釈であってんのかなこれ?

まあストーリー云々よりも六花ちゃんですよ六花ちゃん。もう可愛すぎるでしょうよこの娘。素が出た時のギャップったらもう最高です。
特に6話の布団でのやり取り、いやーいいですねー。ああいう若干背徳感のあるシチュエーション大好きですよ。
あとモリサマーはやっぱりいいキャラしてます。見てて退屈しないです。全然中二病抜けてないですし。

あとは映画が残ってますが、別の作品も残ってますので一旦ここで小休止。余裕が出来たら映画の方にも目を通すことにします。

投稿 : 2020/08/09
閲覧 : 223
サンキュー:

22

ネタバレ

鰺鱒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

涙で滲むED

原作知らず。1期視聴済み。

痛々しい子たちが、少しずつ変わりゆく自分と向き合う、素敵で切ない恋の物語。

1期のような大きなストーリーはありません。その分深い物語が展開されたと感じています。1期をみたなら、できればオープンな心で観てほしい珠玉の一作と思います。

作画は一期同様でデザイン、アニメーションともにこの上ない出来。工夫された構図も楽しいし、相変わらず「仕草で語る」アニメーションは健在。声の演技はいまさら何かを言う必要がなく、新キャラも「必要十分にうざい(賞賛)」。

作品全体の構成はおおざっぱに切れば、序盤=単発日常もの+終盤に向けてのSetup、6話から後半=物語の本流という形になっています。キャラ配置的には、一色君の完全なMOB化、凸守がサイドストーリー担当としての役割が濃くなるなど、若干の違いはありますが、基本的には必要なピースを必要な場所にうまく配置していると思います。

なんなんでしょうかね、アイディアと技術を詰められるだけ詰め込んだこのOP映像は。見入ってしまいます。EDはEDで、こちらも女性陣の魅力にあふれています。OP/ED曲もよいですし、劇伴も繊細に作られていて、見事と思いました。

以下、個人的見解・感想{netabare}

1期に対する2期の位置づけをどう捉えるかで、評価が分かれると思う。僕はこの2期を「1期の物語を前提とした、でも独立な、並行する2つの恋の物語」と解釈した。なので、1期と2期のどっちが良いか悪いかを比較する気がおきない。

独立の物語として受け入れた分、六花も七宮も等しくヒロインであると思っている。だからこそ、相反するものと知りながらも、六花の恋も七宮の恋も叶ってほしいと思わざるを得なかった。

全て勇太の不始末という見方もある。それはそれでその通りだけど。。。これに尽きるかも。

――抑えきれない感情の発露(11話ED中の僕)
{netabare}ばか(グス)。お前。。
自分に素直になっていいのに(エグッ)
。。。なれよぉぉお(ワーン)

最初はしっとりと、次第に抑えられなくなって、最後は普通に泣いてました。
暗炎龍との戦いを何とかこらえきったと思っていたのに、とんでもない締め方しやがって・・・くそぅ。ばかゆーた。

七宮が闘ったのは、気付いていたけど気付けなかった恋心・憧れの象徴。吹っ切るため、「ただの魔法魔王少女」な自分であるために、恋になる前のユーシャとの関係を願って。そして勝った。はずだった。

だのに、ユーシャは自分すらも気付いていなかった連環天則の真実を指摘してしまう。自分をわかってくれるユーシャ。同じ恋がまた巡ってくる環の中にいる自分自身。魔法魔王少女はユーシャが認めてくれた魔法魔王少女であり続けるために、自らのルールに則りその環を断ち切る。バイバイ。

もちろん、全てが語られているわけではないので、僕の理解が間違っている部分も大きいでしょう。でも、僕は7~11話をこう受け取りました。そう理解しちゃったんだもん、泣くしかねーわこんなもん。

ほんと、ばかゆーた。{/netabare}


――ビデオテープなら擦り切れる
{netabare}第6話の終盤、ゆーたの頬にキスした後、ひょこひょこ後ずさりする六花がもう。もぅ・・・・。もーーーーー。なにあれ。なんなのあれ。{/netabare}

――12話の構成・最終話の位置づけ
{netabare}正直なところ、12話構成はすこし長かったと思います。あいだの1話分くらい。

最終話の見所(不評も含めて)は人それぞれとおもうけど、僕としては六花が七宮の闘いの意味を理解し、その思いをわかった上で「上級契約」を望んだという描写にぐっと来た。もちろん六花はかわいらしい。悶えるわ。脈絡も何にもないディープキスよりも、この2人の頬キスの方が遙かに悶える。苦しい。並行していた恋の物語を1つにあわせ、ちゃんと物語を閉じた。良かったと思う。

一色くん、お幸せに。

にしても、モリサマたちが想像した「上級契約」をキメラがしてたとはね。海の家だろうかね(笑)。動物たちの求愛行動には吹いた。{/netabare}

{netabare}{netabare}{netabare}京アニ、エスキモーキス好きよね。六花と七宮の間で交わされたエスキモーキス(鼻ぽち)も良かったなぁ・・・・鼻ぽちは出来る相手がいるなら、してみた方がいい。彼氏彼女、奥さん旦那さんでも、親子でも。{/netabare}{/netabare}{/netabare}

{/netabare}


[2020/06/29 v1]
[2020/06/30 ちょっと修正]

投稿 : 2020/07/01
閲覧 : 471
サンキュー:

26

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

楽しかった

1期だけで完結していると思うが、眠り姫くみんちゃんがダジャレのくみんちゃんになってしまったり、凸とモリサマーの相変わらずのじゃれ合いは楽しかったが、六花もかわいいんだけど、やはり2期は七宮が可哀そうすぎて肩入れしまった。
中学時代に気づいてやれよ鈍チン勇太!
こうなってしまうと友達として今まで通りは無理ですよ。

投稿 : 2020/05/22
閲覧 : 179
ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

同棲なんてドウセイっちゅうねん!!

倦怠期?ケンタッキーフライドチk…
    (;==)ノ☆);><)イッターァイ♪

くみん先輩には癒されますね


見終えました。

一期の続きで、
中二病に戻り勇太と付き合いだした六花が、
恋と中二病の両立に悩みながら、上級契約
を交わす道のりを描いた物語。

厳密にはできてないんですがw


中二病でいる時に見える世界と、
恋愛をしている時の見える世界が違い戸惑う六花。
好きになるほど中二病でなくなる…どうしよう…
という不器用さがうまく表現されていると思います。
まさしくタイトル通りの心境でしたね。

6話でのキスシーンは胸キュンでした♪
六花の振り返り不意打ちキス…イイね。

モリサマーを弄る凸守、イキイキしてましたね!
モリサマーは中二病の過去を隠して生徒会長に
なろうと、凸守に応援演説を頼むのです。
あれだけ過去を内緒だと言ったのに、
全学生の前で…
「今からモリサマーのお言葉を伝えるデスッ!」
と言いながらマビノギオンに手を…

もう、この時点でモリサマーがのたうち回る
姿が想像できてしまって私は爆笑です!

もうやめたげてー。
モリサマーのライフはゼロよ!笑

そしてくみん先輩の昼寝は世界を狙える!

二期でも皆イイキャラしてて高評価でした。
もちろんラブストーリーも綺麗に幕をとじた。
六花と勇太にはゆっくり愛を育んで欲しいですね。

投稿 : 2020/05/16
閲覧 : 238
サンキュー:

23

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ライバル登場

もはや見どころなどは出尽くしているであろう。
一期に比べ二期は恋に的をしぼっている感じだったが、七宮を悪役にせずに物語を構成したのは素晴らしいと思う。
物語の評価についてはここだけで5点満点付ける価値があると思う。
一期に引き続き凸守ちゃん可愛すぎ。
上坂すみれと知った時はビックリしたが、一番のハマり役だと思う。
上坂すみれが「○○です!」と最後の「です」を強調する役が多く、これが最初かそうでないのか分からないが癖になったのだろうか。
異世界バトルシーンからの現実のちょこまか戦闘してる雰囲気を出してるシーンに移る場面がとても愛らしく客観的に痛くもある。
一期が好きなら映画で完結するので、OVAはともかく一期→二期→映画と観て損はない。

投稿 : 2020/05/07
閲覧 : 228
サンキュー:

5

春秋 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

みんなかわいい

福山潤内田真礼赤﨑千夏浅倉杏美上坂すみれ長妻樹里京アニの本気ラブコメバトル純愛

投稿 : 2020/02/11
閲覧 : 213
サンキュー:

4

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キャラが可愛い

ライバルが登場するが、もっと押しが欲しかったところ。ラストは良かったと思う。

投稿 : 2020/02/05
閲覧 : 146

オカルトマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感想

六花と七宮がとにかく可愛くて面白いと思った。

投稿 : 2020/01/25
閲覧 : 409
サンキュー:

6

次の30件を表示

中二病でも恋がしたい!戀(REN)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
中二病でも恋がしたい!戀(REN)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

中二病でも恋がしたい!戀(REN)のストーリー・あらすじ

色々な事情が重なり、一緒に暮らすことになった勇太と六花。
付き合い始めた二人にとってはどきどきな内緒の同棲!
なはずが…
普通の女の子とも付き合ったことのない勇太には、中二病の彼女はハードルが高すぎた!?
恋愛をどう進めていけばいいか悩む勇太。そして1つ学年が上がってパワーアップした丹生谷、くみん、凸守たち。
さらには十花に六花との同棲がばれて……
またまたドタバタな生活が始まる!(TVアニメ動画『中二病でも恋がしたい!戀(REN)』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
京都アニメーション
主題歌
≪OP≫ZAQ『VOICE』≪ED≫Black Raison d'être『Van!shment Th!s World』

声優・キャラクター

福山潤、内田真礼、赤﨑千夏、浅倉杏美、上坂すみれ、長妻樹里、天野由梨、福原香織、設楽麻美、保志総一朗、井上喜久子、仙台エリ

スタッフ

原作:虎虎(KAエスマ文庫/京都アニメーション)、キャラクター原案:逢坂望美、 監督:石原立也、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美、美術監督:篠原睦雄、色彩設計:竹田明代、設定:高橋博行、撮影監督:山本倫、音響監督:鶴岡陽太、音楽:虹音

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ