当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「失われた未来を求めて(TVアニメ動画)」

総合得点
66.1
感想・評価
771
棚に入れた
4109
ランキング
2909
★★★★☆ 3.4 (771)
物語
3.4
作画
3.2
声優
3.4
音楽
3.4
キャラ
3.4

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

失われた未来を求めての感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

白毛和牛 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

少しマイナーだけど非常に面白いタイムリープ系アニメ

ループ系を扱ったギャルゲー原作という所は在り来たりな内容かなと思ったし、
それに中盤辺りまでの日常パートが続き過ぎてストーリー展開が停滞してるかなと思ったけど、
でも終盤の9話辺りになってストーリーの核心に入ってからが面白さが上がって
その中でも切ない恋愛ドラマを見せられた所は非常にグッと来る物が有りましたが、
改めて本作に付いて言えばタイプリープ要素を使った恋愛ストーリーが非常に面白い内容でした。

【評価】

87点・1A級

投稿 : 2023/06/28
閲覧 : 111
サンキュー:

0

ネタバレ

グレイシア さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

敗者復活ヒロイン

だいぶ前に見たのであんまり覚えてないのですが、

印象をメモったのを見つけましたので少しだけ記しときます。

「違った意味で面白い」

こんなにもヒロインが急に現れた女にそこどけやと言われるものか。

個人的に主人公を純粋な気持ちで好きでいてくれる子がタイプなんですが、

この作品では、ループの中でずっと純粋な心で主人公のために頑張った女の子が

最後に忘れられたかのように扱われてる虚しさみたいなところが逆に面白かったです。

酷すぎだろって。ちょっと不憫という部分で記憶に残る作品でした。

投稿 : 2023/03/11
閲覧 : 112
サンキュー:

0

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

内容を深く観ていたかで評価が大きく分かれる作品

キャラクター原案が製作年が同じ2014年の"冴えない彼女の育てかた"の深崎暮人氏で、制作会社は"まよチキ!""この美術部には問題がある""月がきれい"" やはり俺の青春ラブコメはまちがっている続・完"などのfeel.制作で、俺ガイルとは制作年が1年しか変わらず作画監督や原画担当も同じ人が入っていたので、作画に関して言えばゲーム原作を意識して太めの線を使っていたせいか部分的に弱い部分はあったが、全体を通してみるとアップされた時のヒロインは可愛く描かれていて、決して技術がない会社ではないので悪くなかったです。
キャラクターは冴えカノのラノベ書き下ろしイラスト担当している人なので、加藤恵ちゃんとか好きな人は好きだと思います。

内容はとても良かったです。特にエンディング。
評価が別れるのは11話と12話でいかに登場人物の言葉尻を捉えて映像を注意深く観ていたかで、直接的な表現ではなく、登場人物の会話と一部の映像を見せることで視聴者に考えさせる作り方をしているため、自分の目で観て考えることがとても重要だと気づかされる作品。

最終話の12話で秋山奏と支倉愛理の会話の中で、未来の奏達が送り込んだゆいは佐々木佳織を救うことができなかったが、別の世界線のゆいは佳織を救って奏達に会っている、つまり11話で佳織を救ったゆいが未来の奏達に会っていて、その時点で過去のゆいの行動が未来の世界に影響を及ぼしていないことが分かります。関連して、未来の奏は自分達が送り込んだゆいが今いる世界線に影響を及ぼすかを懸念していました。 その後未来の佳織は長い眠りから目覚め意識を回復するのですが、ここで考えられる理由は 一つだけ。話の筋から未来の奏達が送り込んだゆいが佳織を救って分岐していた世界線が一つに合流したから。ゆいの複数のゴーストが消え、ゴーストに触れて内浜症候群にかかっていた人達の意識が回復したことからもこのことが分かります。
不確実な状況の中で、奏が懸念していたことが払拭され、ここでタイトル回収が行われるのですが、ここで終わらないのがこのアニメの良かったところで、最終話で佳織を救ったことによりクラスメイトの記憶から存在が消えてしまったゆい。しかし、唯一奏だけが記憶の片隅に最後までゆいの存在が残っていて、天文学会のメンバーと一緒に写っていたゆいの面影が残る写真を見ながら涙を流し刹那的に思い出すのです。未来の奏は車中、愛理との会話の中でゆいを作った目的は佳織を救う為だけではなく、例え佳織を救ったとしてもゆいを作り出す、だってゆいに会いたいからと話していました。
ゆいを思い出した奏はここで決意し、最後に進路希望調査票を提出するシーンで未来の奏が量子学の道を志してゆいを作り出したように、自分も量子学の道に進んでゆいを作り出しゆいに会いに行く。失われた未来を求めて.....

ここで本当の意味でのタイトル回収が行われ、佳織を救っただけではなく、ゆいの存在も奏は決して忘れていなかった。
最初観た時は気づけなかったけど、このシーンを改めて視聴してみてとても感動できました。
終わり方が素晴らしく、観る人を選ぶとても良い作品だったと思います。

投稿 : 2021/12/25
閲覧 : 679
サンキュー:

7

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちょっとうす味だけど切ないループもの

あらすじは
これからあにこれのあらすじみたいになるのかな?
でも1話目はちょっとちがったみたい。。

背景とかはふつうかな?
女子の顔はかわいいけど
ときどきちょっとヘンだった。。

メインの奏(そう)クンと英太郎クンは
ふつうのアニメ顔だったけど
そのほかの男子はリアルすぎみたいw

奏クンの声は
ログホラのシロエの中の人だけど
ハナがつまったみたいだった。。
花粉症なのかな?


1話目
{netabare}
なんだか学園ハーレムみたいだったけど
セリフが多かったのかも?
ちょっとヘンな感じがした

奏クンのこと好きな
幼なじみの佳織と友だちの愛理。。
三角関係のおはなしになりそうだったけど
佳織は普通にかわいいだけなのに
愛理が強すぎて。。^^;

終わりのほうで
やっとコクったのに佳織が死んじゃった!?
。。のかなって思ったら
また部室で打ち合わせのところにもどってた

こんどは地震みたいにゆれて
奏クンが行ってみたら
はだかの女子がたおれてた。。

日付とか時計とかよく映るから
気になってたけど
タイムトリップのおはなしだったのかな?

はじめは
ふつうに学園ハーレムみたいだったけど
ちょっとちがうのかな?
また見てみるね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
にゃんは作画はあんまり気にならなかったけど
リボンの色がころころ変わったのは分かった。。

ユイは自分のことも忘れてるっぽいのに
いつの間にか転校生になっててどうして?

幽霊が出たり
フシギな地震みたいのが起きたり
眠ったまま起きない人がいたり

ユイは何か思い出したみたいだけど
水槽みたいなのがあって
誰かが実験してるみたいだった
アレってタイムマシンか何かなのかな?

会話とかあんまりわらえるところもないし
気もちが伝わるようなところもなかったみたい

ただ
こんなこととかあんなことありました。。って
いろんなことがよく分からないまま
どんどん進んでっただけみたい
何回か眠っちゃった。。

あんまりおもしろくないのかも?
{/netabare}

3話目
{netabare}
2話でがあんまりおもしろくないかも?って思ったけど
3話目はよかった♪

愛理が奏クンのこと好きみたいなところとか
佳織とお友だちになったときのこと
リレーで佳織のことかばったこと
ちょっとした気もちがうれしかった♪
今週は愛理のおはなしだったのかな^^

それから柔道部の事件。。

1話目でも出てきたけど
ゆいが佳織をかばって
ケガさせないようにがんばってたね
そしたら奏クンがなぐられちゃって。。
やっぱりゆいって未来からきたみたい☆

幽霊事件も映画研究学会がやったって分かって
オチがついたみたい。。
だったけど
屋上の幽霊はほんとにいるみたい
ゆいが屋上見てたけど何か関係あるのかも?

ラブとタイムトリップとかの謎
気になるところがいくつかあって
これからが楽しみになってきちゃった☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
今週はふつうの青春日常みたいで
みんなで学校サボって川遊びに行きました。。
だったけどナゾはどうなっちゃったんだろう?

今が
思い出になるってゆうおはなしだったのかな?

佳織がゆいのこと
ちょっと恋のライバルみたいに
イシキしはじめたかな?
{/netabare}

5話目
{netabare}
今週も天文学会の日常だったけど
ちょっとおはなしが進んだかな?

にゃんは日常系のおはなしって好きだから
見てても大丈夫けど
おはなしが進まないとあきちゃう人多いかも

シュレディンガーのねこさんのおはなしって
いろんなアニメとかによく出てくるけど
検索してもよく分らない?
ほんとにやった人っていないみたいだから
大丈夫よねw
でも
そうゆうアニメってタイムスリップとか出てくるし

それから
PC研にPC借りに行くおはなしで
AIのおはなしもあって
今はまだ
AIって出来てなさそう。。

だから
ゆいって未来から来たロボットとかなのかな?
{/netabare}

6話目
{netabare}
ゆいが凪沙先輩から聞かれて
「そうしたことだってあるんです。。かつての私は」
って言ってたから
ゆいはタイムトリップを何回もしてるのかな?

でも
今週はそんなおはなしじゃなくって
凪沙先輩の進路のおはなしだった。。

おうちの都合でフィアンセがいて
未来は決まってて変えられないって思ってた
だけどさいごは
「まだ未来が
すべて確定しているわけじゃないんだって。。」って

にゃんは
麗堂さんって大人でいい人だなって思ったけど
決まってるって思ったらいやなのかなぁ。。

あっ。。でも
こうゆうおはなしって
気もちが伝わってきて好きだなぁ☆
{/netabare}

7話目
{netabare}
天文学会はプラネタリウムとお菓子作り

ゆいはクマのマスコットをかくしたり
お茶を買うのを忘れないでって言ったりして
佳織が事故に会わないようにしてるみたい

佳織は
ゆいと奏クンのことくっつけようってしてる?
ほんとは自分が奏クンのこと好きなのに
自分の気もちを無視してるのかなぁ。。

せっかくゆいがマスコットかくしたのに
奏クンが買っちゃった。。
なくなったのの代わりに
プレゼントするのかな?
そしたらもっと大事なものになっちゃうのに。。
{/netabare}

8話目
{netabare}
ゆいががんばればがんばるほど
どんどん佳織と奏クンの仲がおかしくなってきて
見てて苦しくなっちゃった。。

奏クンの気もちもなんとなく分かるけど
女子からコクってるんだから
ちゃんと答えてほしいかった☆

それでそのあと
ゆいのことどう思ってるかって聞かれてるのに
「なんで?」なんてひどいよね
なんで分らないの!?

これから何がおきるか分ってるから
ゆいが探しはじめてから
佳織がバス停に歩いてくるまでドキドキだった。。

でも。。

これからどうなっちゃうのかな?
{/netabare}

9話目
{netabare}
佳織は意識不明のままで何年もたってて
天文学会だったみんなは
いろんな研究をしてるの

それである日
凪沙さんが学校をとりこわして
研究所をたてるって。。

凪沙さんは
あの黒い箱をずっと調べてたみたい。。


今まではSFっぽかったけど
ちょっと変わった
日常のおはなしだったよね
でも
急にほんとのSFのおはなしになっちゃった!?

1番はじめに黒い箱とゆいを作ったのは誰?
とかってよく分らないところがあるけど
やっぱりタイムループのおはなしみたい☆

こんどのゆいは
佳織のこと助けられるのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
幽霊とそれにさわった時の内浜症候群は
ゆいがループしてたせいだった

くり返すたびに
いろんなことがどんどん悪くなってきて
今まで起こらなかったことも起きてきてる。。


今週は
ゆいがどんな気もちでループしてるかって
見てて苦しくなってきちゃった

ゆいはループしてるうちに
だんだん奏クンが好きになってきちゃったのかも?
言わなかったけど
そうゆう思いが伝わってきたみたい。。

それで
もしかしてループを止めるには
ゆいが
どこか誰にも見つからないところに
消えちゃうことかもって思った


だって
始まりはゆいが来たからでしょ?

内浜症候群がひどくなってきてるってゆうのは
前はもっと少なくって
そのもっと前は
幽霊がぜんぜん出ないときがあったってゆうことで

それって
1番はじめに
ゆいがこの世界に来たときがあって
そのゆいって
奏クンたちが送ったんじゃないから
(だってゆいの体はまだなかったから)

(このおはなしとあんまり関係ないから
出てこないけど
1番はじめのゆいと黒い箱って
宇宙人とかが人間のこと調べるために
送ったとかだったのかも?)
{/netabare}

11話目
{netabare}
よかったこと

奏クンが佳織の告白に
ゆいが好きだからってことわった
もうループしなくって済みそう


悲しかったこと

ゆいが消えちゃった。。
消えただけじゃなくって
だれもゆいのこと覚えてないって
ひどすぎるよね。。


来週はどうなるのかなぁ?
ゆいと奏クンが
いっしょにいられる未来がくるといいね☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
みんな忘れちゃって
ゆいはさいごまで出てこなかったけど
(ちょっと映ったりしたけど)
ゆいは何となくみんなの記憶に残ってるみたい

はじめてゆいを作ったのは
ちがう世界の奏クンだったみたい

佳織が事故に合わなくっても
ゆいに会うために
奏クンはゆいを作ったんだ。。


それってもしかして
ちがう世界の奏クンが
高校で会いたくって過去に送ったゆいが
はじめてだったのかも?

それで
佳織が事故に合う過去が生まれちゃったとか^^

ほんとのことって分からないケド
どんな世界でもきっと
ゆいは生まれてきたんじゃないかな☆彡
{/netabare}

投稿 : 2021/11/17
閲覧 : 1770
サンキュー:

124

ネタバレ

しゆん@異世界 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

10月14日

美少女ゲームのアニメということで気軽に見始めましたが、見終わってまさか感動するとは思いませんでした。また、恋愛系はあまり好きではないのですが、SF要素が盛り込まれており楽しむことができました。

10月14日に佳織は事故にあってしまいます。それを回避するためにゆいが未来からやってくるのですが、それを送ったのが奏なんですよね。でも、物理的にどう頑張っても事故にあってしまう。そこで思いついたのが佳織の告白に奏が応えていないからではないのか。事実、奏は佳織を振りますが、佳織の気持ちはすっきりします。それによって事故の回避に成功して、未来の佳織が目覚めます。
「明日また会えるよねって」

普通だったらこのシーンが感動ポイントですよね。でも、私は奏とゆいがお互いに恋愛感情を持ち始めたところに泣いてしまいました。本来、奏と佳織のためにゆいが存在するのに、奏がゆいのことを好きになってしまったら本末転倒ですよね。なので、ゆいはものすごい葛藤の中頑張っていたんだなと考えると涙が止まらないです(ノД`)・゜・。

1人目の奏は医学科に行ったのですが、2人目の奏は量子学科に行ったんですよね。つまり、1人目は佳織を救うため。2人目はゆいを作って会うためなんです。何が言いたいかというと、違う世界線でそれぞれ違う人を好きになるって恋愛×SFにしかできないことなのでこの作品は本当に奥が深いなと感動しました。

投稿 : 2021/05/20
閲覧 : 320
サンキュー:

3

ネタバレ

あーちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

どうだろう。。。

序盤はなんかラブコメやってるな~という感じ。
主人公ってカオリのこと好きなの?
なんでそんなに周りはくっつけたがるの??

個人的には前半の日常パートは退屈で作業しながら再生してても離脱しそうになった・・・
ただ、この日常パートも後々重要になってくるというか、「あのときのあれね」みたいなシーンがあったりするので、飛ばせない、飛ばさないほうがよいかと思う。

8~9話あたりから急に話が加速する。
カオリを助けるために、ユイが何度もタイムトラベルするが、助からない。
(これって、肉体ごと移動してるからタイムトラベルでいいんだよね?)

最終話まで見たけど、11話と12話はどういうつながりなんだろ。。。
どっちにしてもかおりはなぎささんたちの技術もしくは自然に意識を取り戻すことに成功したという事?

タイムパラドクス的な所はどうなったんだろう?

ユイが送られてくる前、カオリが死んじゃったから、ユイを作ることにしたんだよね?(1話)
いろいろあって、ユイは任務完了したから消えてしまった(11話)
ユイがカオリを救った世界線でも、ソウは脳科学の道に進んだ?(12話)
ユイがカオリを救わなかった世界線ではカオリが意識を取り戻して、結果は終息したよねってこと?(12話)
AIボックスって、ユイが来る前からあった気がするけど、何だったんだろ・・・?

投稿 : 2021/04/16
閲覧 : 337
サンキュー:

4

ネタバレ

珊瑚 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優良アニメです。箱いいよね。

ゆいかおりっていうユニットあったよね。このアニメと関係ないけど。

シュタゲ見たの前すぎて覚えてないから劣化版かどうかとか分からないのですが
こちらの方が感動しました。

{netabare}
・世界線は収束するの?しないの?適当に考察というか都合よく解釈する。

最終話。ゆいの任務遂行によって事故自体に遭わなかったはずの佳織が、事故には遭ったが奇跡で回復したことに改編されているので収束が起こったと思われる。

近い世界線から統合されて消えるから、この時点では、上記の佳織復活と最終話でゆいを復活させようとするルート(おそらくAIボックスの解析)はまだ収束していない。

ゆいの意識は佳織の脳のデータ移植させるの失敗した時に偶然生まれたから、植物人間の佳織がいないルートではAIボックスに蓄積されたゆいの記憶とか記録されていた技術から色々がんばってゆいが生まれる。これが最初のゆいかは知らんけど「機能停止したゆい無しで新規で」ゆいが誕生しないといけない件は回収できなくてはならない。ゆい復活は成功する。

当事者のゆいが記憶を引き継いでいて箱にセーブされていることからも分岐した世界線に「順番」があり後の方が優先される。そうでなくては、無数にあるゆいが任務に失敗したルートが優先して収束に使われてしまうだろうから。
(ゆいの意識が佳織の移植失敗時に発生したとき、すでに先代の機能停止したゆいが存在していたのだけど、ここら辺は時間遡行したから!くらいの説明で。)

ので、最後の分岐でゆいが消滅後にゆいの復活を達成したことまでが正史。今度は使命なく過去に送り込むから最終話のAIボックスが光った直後に現れてそのまま消えない。

ゆい復活と佳織が目を覚ますルートとの統合を果たしたら奏はどっちを選ぶの?プレイヤーに委ねる!だといいなと思いました。

もしくは見ながら予想していたのですが佳織の意識の一部だったゆいが佳織に統合されるエンド。最終話で目を覚ました佳織が「夢を見ていた」と語った時、ゆいの記憶を持っているものかとも思いましたが・・・

謎ボックス便利だよね

適当に考察しましたが間違ってたら教えてください。

愛理が奏が好きっていうのはギャルゲだから設定でそうなってるのかなーくらいにしか思わなかったからあんまり可哀想とかなかった
{/netabare}

投稿 : 2021/02/28
閲覧 : 340
サンキュー:

3

ネタバレ

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

失われた未来

2020.7.1 視聴完了。

なかなか面白いアニメでした。
「シュタゲ」のような
「ひぐらし~」のような
「ハルヒ」のような
「orange」のような
そんな要素が含まれた作品です。
上記のアニメが好みなら見てみたらいいと思います。

アダルトゲーム原作だそうですがエロくないです。
ハーレムっぽい所に名残がうかがえますけどね。

4-8話・10話・11話の
EDの映像は印象的でした。(けっこう好き)

面白いけど見終わり少々鬱です。
心が揺さぶられてしまいますね。

投稿 : 2020/07/01
閲覧 : 456
サンキュー:

8

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

敗者ヒロイン復活戦

普通に恋愛モノかと思いきや、実はタイムループ系鬱アニメ。原作のゲームはやったことないです。

主要キャラは主人公(奏)、正ヒロイン(佳織)、真正ヒロイン?兼裏主人公(ゆい)の3人。

ストーリーは…すまん、めっちゃ前に見たから、そんなに覚えとらんのけど、その範囲で書きます(笑)

奏、佳織は天文学会という部活?に所属していて、そこにはこの二人以外にケニー、華宮凪沙、 愛理という三人のメンバーがいて、彼らの活動は天文学会というのは名ばかりで、実際は学校の治安維持みたいな感じ(笑)

前半はこの天文学会の日常回で、こんな感じのストーリーが続くのかなって思ってた。状況が変わるのは、ある日、学校に謎の女の子「ゆい」が現れてから。

彼女は、いろいろ権力のある凪沙の家で暮らすことになる。新たなメンバーが増えた天文学会だったが、実はこの女の子「ゆい」は、これから事故で死んでしまう佳織を救うために、未来の奏が送り込んだ人造人間だったのだ。

ここら辺の急展開には正直ビビった。いや、そうなるんかい!みたいな(笑)しかし、何回佳織を救おうとしてもゆいは失敗してしまう。それなのに、佳織はゆいを恋のライバルだとしか思ってない。まあ、佳織も悪いやつではないんだけどね。。。

一時はゆいと奏、この二人がいい感じになってた。てか、この二人で結ばれてほしかった。だけど、最終的にゆいは見事使命を果たして、消えてしまう、、、だった気がする。正直よく覚えとらんけど。

でも、そのおかげで未来の奏は佳織と再会できてハッピーエンド。めでたしめでたし。。。なわけあるかボケー!!ゆいがあまりにもカワイソウじゃん。なんかまるでゆいなんてどーでもええみたいな終わり方してんじゃん!てか奏もそれでいいのかよ!

最後の最後までモヤっとした気持ちになる作品でした(いい意味でも悪い意味でも)。そういうところも踏まえて、なんだかびっくりしたというかそんな作品でしたね。まあ、おもろかったですよ。

追記)こういうタイムリープ系って必死になって理解しながら見るから、その時は覚えてるけど、見てから時間がたって感想書こうとしてもマジで思い出せんのよね。また、いつか観たいなあ

アニメとしてのみ評価すると☆☆☆かな(5段階評価)

投稿 : 2020/06/23
閲覧 : 314
ネタバレ

ちゃりお さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とても適切な終わりかたであった。

エルビンの某猫理論の延長。エンドレスエイトのような、青豚のような。


追記
{netabare}
シュレディンガーの猫。二重スリット実験に代表される観測しないと波、観測されると粒になるという現象。そこから観測されないと存在しないという理論へ発展し箱のなかの猫の話に至る。
ただ観測してしまえば確定してしまうものであって、一度事故に遭うことが観測されているのだからその事実を変えることはできない。
本作品では恋愛感情という確定していない要素の改変によって事故を回避することとなる。事故に遭う世界線でも一度も主人公は告白に明確に答えていない。つまり、感情は観測されていなかった、確定していなかったのだ。事故に遭う以前で世界が分岐し事故に遭うというイベントが起こらない世界になったわけだ。
それゆえ結末は非常に良かったといえる。むちゃくちゃな終わりかたではない、自然な終わりかたといえよう。


幼なじみが好きな世界では幼なじみが目覚めるハッピーエンドであろうが、ゆいが好きな世界ではどうなってしまうのか、少し気になるところではある。世界は別れたままなのか、一つに戻ったのかもう一度見て考え直したい。

{/netabare}

投稿 : 2020/05/09
閲覧 : 374
サンキュー:

3

ネタバレ

アニム さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

ダルい

このアニメはまず8話まで観ないと本題に入らない。この8話までが物凄く延々とダラダラと日常生活の話で途中半分苦痛にも似た嫌気をさしたりしながらまず頑張って観たくらいだし。もう後半から始まりで良かったんじゃないかと思うくらいにダルい内容だったぞ

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 256
サンキュー:

2

ネタバレ

ぷー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

感想

前半「ココロコネクト」、後半「シュタインズ・ゲート」。

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 287
サンキュー:

3

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

脚本が素敵。

こうじんわりとした切ない余韻がくるアニメを探していたら

失われた未来を求めて


これに決めたぁ!観るぞ!
と視聴開始。


最後までノンストップでした。

こういう話好きです。伏線もしっかり回収され、感情の動き 揺らめき 素晴らしい。

作画で、あ、無理かもって思った人いるかもしれないけれど

作画よりも、これは中身で勝負する作品だと思うので最後まで視聴をお勧めします。


最終話より一つ前の11話でじんわり涙が出てくる少し不思議な作品でした。


ゆいちゃんが断然好きですね。


切ない話をありがとう。

最近の作画ばかり綺麗な量産型の内容のアニメみるぐらいなら

こちらのアニメお勧めですよ!

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 233
ネタバレ

Marsa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いかにもゲーム発!って感じのタイムリープもの作品。

原作ゲームは非実施。全12話。

恋愛・学園ファンタジーで、不幸に合うヒロインの運命を
タイムリープで助けるという話です。

BGMといい、徹底した伏線回収、シナリオも、いかにも
ゲーム発!って感じで、ゲームをよくしてた私には、懐かしい
雰囲気を感じました。
アニメシュタゲはまだ観ておらず、「劣化版シュタゲ」と
本作品は言われているようですが、確かに、しっかりと伏線回収
された話の作りですが、話自身の面白さは、物足りなかったかな。
原作ゲームでは5人のルートがあるんだろなとか、話の流れが
読めてしまうところもあって、驚きもなかったですしねー。

暇な時に観てもいいかなって感じでしょうか。

投稿 : 2018/07/25
閲覧 : 510
サンキュー:

28

ネタバレ

しゅー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

うーん、、結末が納得いかない。

なんとも結末に納得がいかないアニメの1つでした…

個人的に一気見して納得がいかなかった点を述べていきます。

一、そうがいきなり現れるゆいを好きになる最後。最初にかおりに告白されて、両思いな前フリがあったにも関わらず、突然現れるゆいを好きになるのが納得がいかない。

一、ゆいが作られる謎やブラックボックスについては一切解決しない最後。SFチックではあるが、こういった不明瞭な点を多く残した作品はあまり納得いかない…

一、そうがかおりに気持ちを伝えただけで事故を回避できると見せかけて、それはそうがかおりではなくゆいを好きになる(そうがゆいを思い出しやすくした?)ことで事故を回避できるという最後。そもそもこれだけで回避?とツッコミたくなるくらいタイムトラベル作品の中では超偶然に頼った設定。

一、ゆいが最後まるで回避が成功することが分かっていたかのように職務放棄する最後。設定が甘いと言わざるを得ない。

一、あいりが不遇すぎる最後。本当に最後まで何もなかった…

一、存在を消したはずのゆいのことをあまり出てこないアイドルが思い出し、天文学会の分岐点を担う最後。どう考えても天文学会の方が関わりが深いのに、彼女が思い出すのは納得がいかない。

一、最後、そうがゆいのことを思い出しかけているような描写がある。これによって、そうがいつかゆいを作るのではないかと思わせるが、ゆいが生まれても、この世界線ではもう二度と過去をやり直すことはない。(タイムパラドックス①)未来を描いた世界線でかおりが目覚め、過去の世界線に影響を受け?収束しているような描写がある。しかし、未来の世界線と過去の世界線ではゆいに関する記憶があまりにかけ離れている(タイムパラドックス②)。これらのタイムパラドックスが最後の最後に急に突きつけられる。タイムパラドックスの解釈自体いろいろあるが、設定がはっきりしない点が残念。①の設定ではゆいやブラックボックスが生まれた点が不可解になるし、②では世界線を収束したいのか別々にしたいのか不可解なので、設定をはっきりさせるべきかと。

以上、ただ納得しない点を書き連ねただけです。

タイムトラベルを題材とした作品はリゼロやシュタゲがありますが、個人的に一番設定が甘いかなと思いました。それに主人公が好きな子を変えるという点がやはり許せない。事故にあうかもしれない可愛くて一途な幼馴染かつ自分も好意があったはずの子を差し置いて、何パッと出てきた奴のこと好きになってんだ的な感じ。誰に感情移入するかで、作品への感想は大きく変わりそうです。

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 335
サンキュー:

5

ネタバレ

ソムリエ無冠 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

マイナーだが

マイナー作品だが、究極の二者択一と時間移動をテーマにしている点で、興味深かった。
残念ながらシュタインズゲートの影響が強すぎるため、埋もれてしまったが、シュタインズゲートができすぎていただけで、本作もそれなりのものだと思っている。
個人的な趣味に過ぎないが、私はこういう作品をもっと見たい。

投稿 : 2017/05/10
閲覧 : 357
サンキュー:

4

ネタバレ

橙色特別室 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

中盤がつらい

序盤から中盤の日常パートがとにかく面白みに欠けます。終盤まで特に大きな展開があるわけでもなく淡々と進んでいくので、観ていて「なにがしたいんだろう、このアニメは」と訝ってしまいました。この内容なら半分の話数でまとめれたんじゃないか?と疑問に思います。

今やシュレディンガーの猫から派生したような多世界解釈の物語がありふれていることもあり、SFとしては中途半端。また、アニメーション演出や作画のせいで、恋愛アニメとしても素直に楽しめませんでした。原作は知りませんが、アニメ化するくらい人気のあるゲームなんだから、この中途半端さはアニメ制作会社のせいかな、と思えてなりません。

投稿 : 2017/03/16
閲覧 : 317
サンキュー:

4

ネタバレ

りゅぅぞぅ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

いやぁー 久しぶりにつまらなかったかな(;'∀') 頑張ってみました(とばしとばし、早送りにしたりして)

 ジャンル タイムリープ + 学園

 ストーリー

 そこまでも面白くなかったので、適当に私が思った感じで書きます。

主人公:ソウとその幼馴染のカオリがいて

 カオリが事故によって意識不明の状態になったんだけど

ソウはそこから勉強をして、人造人間を過去に送り込んで

 カオリを救うってお話し

実際、アニメの話だと結構分かりづらいです。

  
 ネタバレになってしまいますが、

1話から、カオリ死亡したのに・・・

 なぜか、前のところから話がもどっていて再開して

今度はユイが現れるという

 少しづつ話が変わります
(ルートが変わるっていう表現のほうが正しいのかな?)


 自身の勝手な解釈からすると

何重もの平行線が 1本の線に少しづつちかづいていって

いずれか1本の線になるっていうようなそんな物語でした

投稿 : 2016/11/03
閲覧 : 336
サンキュー:

3

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悲しい

美少女ゲーム由来のアニメは、女の子がみんな可愛いことが
多いです。

このアニメはヒロインの事故を防ぐためにループする内容
ですが、そのためにあるヒロインが影響します。

ヒロインたちは主人公が好きなのですが、嫉妬したり、他の
ヒロインに遠慮して言い出せない娘もいて切ないです。

最終回の前回あたりからとても悲しい気持ちになります。

投稿 : 2016/08/18
閲覧 : 367
サンキュー:

7

ネタバレ

again@君嘘 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

評価のわりには・・

評価のわりには結構楽しめました!
ゆいちゃんの服の色が変わるという素晴らしいマジックも見れましたし、内容を理解すれば感動できます。でもちょっと愛理の扱いがひどくないかな?あと主人公がちゃんと伝えておけばこんな事にはならなかった。

投稿 : 2016/03/21
閲覧 : 338
サンキュー:

4

ネタバレ

コーネリア さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白かったけど

評価が低いけれど割と期待して見始めた作品
ループ、恋愛、友情、人造人間などの要素
外人?の男のキャラが新鮮
絵がすごく良いときと、良くない時の差が激しい

感想等
最初である程度の予測がつく感じ
が、主人公が幼なじみの方のヒロインを振る展開は予想してなかった
最終的にハッピーエンドでもバッドエンドでもないような
途中でヒロインが自分の中でゆいに変わってしまった為、ゆいがいる世界まで見れたらなと思った
24話ならとも少し思う
初感想なので、書き方わからないのでこの辺で
面白かったのは確実です

投稿 : 2016/03/06
閲覧 : 324
サンキュー:

3

ネタバレ

SUGAR MAN さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

学園 × 恋愛 × ・・・ SF !?

作品を簡潔に説明するなら{netabare}『中二病なしの学園恋愛シュタゲ with 人造人間』

不慮の事故で亡くなってしまったヒロインを救う為に、未来で主人公達が作った人造人間の女のコが何度も学園祭前の時期に戻ってやり直すお話。

ソウ(大人):伝えられなかった想いを伝える為にカオリを救いたい
 ⇓
ユイ:ソウ(大人)の笑顔の為に自分が消えてしまうとしてもカオリを救いたい

そんな健気な想いをソウは何年もユイは何度も何度も抱き続けているのは、ちょっと感動でした。

{/netabare}

残念だったのは作画がだいぶ不安定(特に最初のほう)なので、それが気になってストーリーに集中できないことが・・・^^;

後半「そうくるかw」と面白い展開もあったけど
全体的にみると恋愛としてもSFとしてもなんだか中途半端な印象かな。。

投稿 : 2015/12/06
閲覧 : 282
サンキュー:

8

ネタバレ

スパイ隊長(休止中) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ちょっと手抜き感がでてるかな・・・。

「微妙」
※自分のレビューを見るときはプロフィールを参考にしてください。



天文学会に所属する秋山奏(主人公)ら5人が平凡に(?)日々を送っていると、ある日、部室の上の階の方で震動とともに大きな物音が聞こえた。

奏(そう)らはそこに行くと、ゆいと名乗る女の子に出会った。そこから、物語が始まる。

※あらすじは、特に深いわけでもないので、ウィキなどで見ることを参照します。


主題歌を聞いて、見ることを決断した作品。

原作は未プレイ。



まず言いたいのは、1,2話あたり作画が崩壊している!!

とある作品で言う「万策が尽きた」のかな(笑)

ただ、途中から少し作画が安定し始めたから、まあいいかな、と最後まで完走。



見終わって思ったのは、「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」に似ている気がした。

成功するまで同じ時空(世界)で何度もやり直し続ける、というところが似ているかな、と。

なかなか辛いんだろうなぁ~、何度も失敗するのは。

シュタゲもそうだったけど、試行錯誤して違う方法で臨むんだけど、失敗してその人が死んじゃうっていうね・・・。(この作品の場合は死ぬわけじゃなくて、事故に遭って植物人間みたいになるけど・・・)

精神保てないなぁ、自分なら・・・。



一つこの作品を見て、関心を持ったのは、「パラレルワールド」。

今生きている世界と同時に進行している別世界がいくつも存在し、それらがいつかは一つの世界(未来)に収束する、とこの作品では言っていた。

まあ、今の科学技術じゃタイムマシンを作るのは不可能に近いから、上記が正しいのかは分からないけど、なかなか面白い説だなと感じた。

具体的に言えば、人間誰しもが常にいくつかの選択肢を瞬時に提示され、それを瞬時に選択している。

例えば、マクロに言えば、どの大学に進学するか、どの会社に就職するか、とか。ミクロに言えば、夜食はどうするか、飲み物は何を買おうか、とか。

ゲームのように、選択肢が目に見えているわけではないけど、我々は無意識に任意の選択肢を選択していると思う。


何が言いたいかと言うと、我々が選択しなかった選択肢を選択している世界が存在していたとしても、いつの日かは一つの結末にたどりついている、らしい・・・。


そんなわけあるかな?・・・無いかな(笑)

この作品自体、そんなに深くはないし、少し暗いところもあるけど、こういうどうでもいいことを考えながら見ると良いかも?



おすすめは、

Le jour/佐藤聡美(OP)。とてつもなく深い何かを感じる良曲。

投稿 : 2015/11/14
閲覧 : 253
サンキュー:

13

ネタバレ

はにょ~♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハニョー♪

天文学会に所属する秋山奏は、器量良しの副会長佐々木佳織、文武両道の才女で会長の支倉愛理、策略家の令嬢華宮凪沙、アメリカからの交換留学生である長船・KENNY・英太郎ら個性的なメンバーと共に、内浜学園の騒動の解決に当たっていた。
ケガのため放課後遅くに保健室にいた奏は、校舎に響く怪音と振動を感じ、現場に駆けつけたところ、全裸の少女が倒れていた。ゆいと名乗るその少女は、そこにいた事情を全く話さないが、何故か奏のことを知っている様子で、翌日に天文学会に入会する。
そして、学生会からの依頼を受け、天文学会は学園の周囲で起こっている問題である、「校内に現れる幽霊」・「眠り病」・「事故多発地区」などの調査を始める。

内浜学園天文学会
内浜学園は東京から100kmほど離れた海辺に建つ少人数制の学園[13]で、文化系の部活動は「学会」と呼ばれている。物語開始(2008年10月初頭)の時点で、新校舎完成前の旧校舎最後となる文化祭(総合学会)を目前に控えており、学会間や体育系部活との間でトラブルが相次いでいることから、天文学会は学生会からの依頼で治安維持を図っている。(学会内にタレントがそろっているため、学生会執行部が依頼先として選定した)。メンバーは普段は部室でのんびり過ごすことも多いが、今は文化祭関連の他に「校内に現れる幽霊」「眠り病」「事故多発地区」の3つの事件の調査を新たに受け、忙しい日々を過ごしている。

投稿 : 2015/11/02
閲覧 : 251
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 4.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

1話での期待を返してくれ。

18禁ゲーム原作のアニメです。このアニメで唯一よかったのといえば、OP。これはとても良かったと思います。しかし、1話を見た感じからして、ループものだったと思って期待したのですが、途中の話でいらないところが多すぎました。シュタゲのように1シーン1シーンよく見てないと分からなくなるのだったらまだしも、もうほとんどいらない話ばっかりなので、最低でしたね。1話での期待を返せ、と思いましたね。作画に関しても、作画崩壊、作画ミスがあまりにも多すぎて、失望しました。アニメ化なんてしない方が良かったんじゃないかな、と思ってしまいました。

投稿 : 2015/09/05
閲覧 : 326
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

なんか現実ありえなか事だらけで、戸惑ったけど、

でもまたそこが面白かった^^

途中から一気にSF色も強まってよかった!!!

最後にかおりが目覚めて安心安心ε-(´∀`*)ホッ


ゆいcとあいりcが結構せつなかったけど><

いい子だったなぁ(´・ω・`)

頑張っても報われないって事もあるもんね・・・。


てか!私もよくあるけど、デジャブってほんと不思議だよね★笑

投稿 : 2015/09/03
閲覧 : 236
ネタバレ

びふぃずす菌 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

そっか...

久々に出会えた良作でした。
あにこれを始めた頃はまだ高校1~2年生でしたが、
今では20を越えた大人になり、萌え物よりストーリー物が好ましくなってきて、
他の方のレビューから視聴したのがきっかけでした。
エロゲ原作ということですが、ストーリーはなかなかシリアス且つ感動もあり、面白かったです。

感動ものは、感情移入しすぎるところがあるので好きなんですが嫌いです。
切ない気持ちになるのが嫌いって方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな私ですが、{netabare} 途中切なくても、最後がハッピーエンドならOKです! {/netabare}

てなわけで、感動ものに抵抗ある方も一度見てみてはいかがでしょうか?

投稿 : 2015/08/27
閲覧 : 219
サンキュー:

5

ネタバレ

りょうへい@アロエ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

明日また会えるよね?

2010年にTRUMPLEから発売された、18禁の恋愛アドベンチャーゲームが原作。
2013年にアニメ化することが発表され、その1年後に全12話で東京MX他にて放送。
その1年前の2012年にゲームの発売元であるTRUMPLEは活動中止となったので、
このアニメを見てゲームを購入しようとしたら、殆ど出回っておらずに面食らった視聴者がいた模様。
なぜこのタイミングでアニメ化することになったのでしょうか……。

それはさておき、自分は原作をほんの少しだけやったことがあります(今は所謂積みゲーと化している)。
アニメ化と声優のシュガーがオープニング曲を歌うという情報を知ったので、視聴することにしました。

ストーリーは「シュタゲ」と同じく、「ループもの」になります。
原作ゲームはエンドがいくつも分かれていますが、当然アニメはエンドは1つしかありません。
なので、もしこのアニメを最後まで見て、納得できないなあと思った方は、
中古ゲームショップとかで『われめて』の原作をプレイすることをおすすめします。

原作のゲームのキャラデザ・原画は深崎暮人さんが担当されています。
この方の絵が本当にきれいなんです!
原作ゲームの魅力の半分はこの方の原画といっても過言ではないくらい、きれいです!
当然アニメ化するにあたって、キャラデザを担当する山門郁夫さんのプレッシャーは半端なかったと思います。
しょうがないです。
アニメはこれが限界です。
原作と比べると劣ってしまいますが、とてもがんばっていると思います。
{netabare}なお、とある話のシーンで「服の色が突然変わる」という色指定のミスが出ています……。
制作スケジュールの都合もあったのでしょうね……。{/netabare}

ちなみにゲーム版とアニメ版の中の人は同じ人です。
もちろん公式発表はありませんが、18禁ゲームならではですよね。

アニメ独自の魅力のひとつとしてあげるならば、シュガーこと、
佐藤聡美さんの歌うオープニングテーマ『Le jour』。
かっこいいです!素敵です!
これからも歌手としてのシュガーの活躍も、楽しみにしています。
ちなみにシュガーはアニメオリジナルのキャラクターを演じていますので、こちらの演技も必見です。
{netabare}なお、地上波でオンエアされたとき、第2話でオープニングテーマとしてこの曲が使用されましたが、
まだ映像が完成されていない状態でした。
なお話が進むにつれて、オープニングの映像は微妙に変わっています。{/netabare}

(続き)http://aloe.diary.to/

投稿 : 2015/06/21
閲覧 : 239
サンキュー:

6

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

天文学会

1話目衝撃的だったけど、あとは尻つぼみだった感じ。

主人公の幼馴染の佳織の事故を回避するために、人造人間?のゆいを
未来から送り込むのだけれど、内浜病って結局なんだったの???など、
内容回収できていないものが多いとも感じたー

あとは、勉強していない主人公がストレートで医大合格で、
超技術と言われていた、ゆいを高校卒業後14年で完成させるとかねー

山口勝平さんが出ていたのは意外だったけど…

投稿 : 2015/06/09
閲覧 : 317
サンキュー:

3

ネタバレ

(´・ω・`)ショボ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイムスリップとか好きな人にはお勧めかも!!

ん~なんかひぐらしに似た感じの作品です!

前半はキャラのギャグとか会話が楽しくて見ていましたー。
後半はけっこー引き込まれますね^^
僕の中では9話は神回だったかも♪

最初らへんは、どうしてもかおりに感情移入してしまう方が多いかなー。
でも後半になるにつれて、ゆいが気持ちを伝えていく仕草や人間らしい表情などで結局ゆいに感情が入ってしまいます(・_・)
まぁゆいが可愛いからいいんですけどねー。

でも最終話もうひとひねり欲しかったなー><
なんやかんやで、タイムスリップとか好きな人は見てて楽しいともうのでお勧めできますーヽ(´▽`)/

投稿 : 2015/05/08
閲覧 : 648
サンキュー:

7

次の30件を表示

失われた未来を求めてのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
失われた未来を求めてのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

失われた未来を求めてのストーリー・あらすじ

21世紀の初めの、秋の内浜地区。
内浜学園は歴代最高潮の盛り上がりを見せていた。
執行部を中心に開催される、各分科会最大の見せ場・総合学会。
それは新校舎建設とともに、廃校が決まった旧校舎での最後のお祭りだった。
当然、各文化学会の会長をはじめ、学生達は総力をあげてこの最後の文化祭を成功へと導こうとしていた。
何度も賞を取っている美術会の展覧会、吹奏楽会総出演の大公演会、
植物遺伝子の組み換えで実績のある生物学会。
実力ある学会が参戦の名乗りをあげる度に士気は高まっていく。
主人公・秋山秦が所属する「天文学会」が不思議な事件の解決のために動きだすというストーリー。
(TVアニメ動画『失われた未来を求めて』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年秋アニメ
制作会社
feel.
主題歌
≪OP≫佐藤聡美『Le jour』≪ED≫佐々木佳織(CV:高田初美)古川ゆい(CV:友永朱音)『明日また会えるよね』

声優・キャラクター

寺島拓篤、高田初美、友永朱音、瑞沢渓、たみやすともえ、山口勝平、種﨑敦美、大塚明夫、佐藤聡美、後藤邑子

スタッフ

原作:アトリエハイキー、キャラクター原案:深崎暮人/黒谷忍、 監督:ホソダナオト、シリーズ構成:川又り絵、シナリオライター:村井さだゆき/髙橋龍也/篠塚智子、キャラクターデザイン:山門郁夫、音響監督:本山哲、音楽:羽鳥風画、音楽制作:スターチャイルドレコード

このアニメの類似作品

この頃(2014年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ