おすすめウォルト・ディズニー人気アニメランキング 22

あにこれの全ユーザーが人気アニメのウォルト・ディズニー成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月25日の時点で一番のウォルト・ディズニーアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 ジャングル・ブック(アニメ映画)

1968年8月6日
★★★★☆ 3.3 (3)
13人が棚に入れました
有名なキプリングの名作童話のディズニー・プロによるアニメ--というより、この頃はまだ長篇漫画という響きが相応しい気のする映画化作品。だが、完成の前年にウォルト御大すでに亡く、考えてみれば黄金期は40年代までとしても、本作以降のディズニー・アニメの、絵のタッチといい、作品のクオリティといい、凋落ぶりはなおさら激しかった。ディズニー名作の御多分に洩れず、本作のよさもその音楽と見事なキャラクターの(特にコミック・リリーフの)描き分けにある。さて、インドを舞台にした“狼少年"の話である本作。主人公モーグリは赤ん坊の頃に密林で黒豹のバギーラに拾われ、狼たちの手ですくすくと育つ。が、人食い虎が彼を狙ってやって来たため、みなはモーグリを人間たちのもとへ帰すことを相談。これを嫌って逃げ回る少年は熊と仲良くなったり、猿たちにさらわれたりしながら、ジャングルの掟を身につけていく。そして、見事、虎を追い払うことに成功し、これで人間の世界に帰らずにすむと思った矢先、可愛い人間の少女と出会ってしまい、彼女を追って村へ行く……。ベスト曲は熊の唄う『ザ・ベア・ネセシティ』。熊のBEARと“耐える"の意味でのBEARをかけた、つまり人生には“我慢が肝心"という、ディキシー・ランド風の軽快な歌。

67.2 3 シンデレラ(アニメ映画)

1952年3月13日
★★★★☆ 3.8 (32)
250人が棚に入れました
“サラガブラ、メチカブラ、ビビデバビデブー"。このディズニーの古典、本邦初公開のタイトルには、うしろに“姫"がついてた。時代を感じますな。その後なんべんリバイバルされたかしら。意地悪な継母や姉たち、魔法使いのおばあさん、カボチャの馬車、ガラスの靴、12時の鐘、そして王子様……。すでに心理学用語と化している。大人になって、こんな映画を面白がるのは、ちと難儀。早く娘でもこさえて、一緒に観んことには楽しめないよ。まあ、前述の主題歌がかかるトコ、魔法使いがカボチャを馬車に変えるシーンは、今観てもウキウキはするけど……。

前田定満

★★★★☆ 4.0

シンデレラ城はディズニーの象徴!

1950年のディズニーのアニメーション映画で、
長編第12作目の作品です。

これはかなり名作ですね。
かぼちゃの馬車やガラスのハイヒールなど、
誰もが知る名シーンが出てきます。
また
「A Dream Is A Wish Your Heart Makes(夢はひそかに)」
「Bibbidi-Bobbidi-Boo(ビビディ・バビディ・ブー)」
などの名曲も存在します。

自分がこの作品で好きなのはオープニングの演出です。
「白雪姫」もそうでしたが、オープニングテーマが流れたあと
「昔々あるところに~」という感覚で、本が開かれる演出があります。
まるで映画の観客に読み聞かせをするように。
その演出が映画本編への興味を誘います。


1950年代のディズニー作品である「シンデレラ」、「ふしぎの国のアリス」、「ピーター・パン」、「わんわん物語」、「眠れる森の美女」は大ヒットを遂げて、
この5作品はディズニーの第1黄金期と呼ばれています。
その中でも「シンデレラ」はその黄金期を到来させた作品と言われています。
ウォルト・ディズニーもこの「シンデレラ」が一番好きな作品と語ったそうで、
今やウォルト・ディズニー・カンパニーの象徴ともいえる作品です。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 6

67.2 4 ピノキオ(アニメ映画)

1952年5月17日
★★★★☆ 3.8 (23)
207人が棚に入れました
コロディ原作の、人間の魂を妖精に入れてもらったあやつり人形のお話。主題歌はディズニーを代表する名曲“星に願いを"。“ピノキオみたいに鼻が伸びるわよ"とは嘘をついた子供を叱りつける母親の常套句であります。ずるい狐にダマされて流転の半生ピノキオ君。人形芝居一座に売り飛ばされたり、極楽島で遊び呆けているうちロバになっちゃったり、子供心にも過度の冒険心と怠惰は禁物なのだな、と恐怖心を覚えたものですが……。ゼペット爺さんを、こおろぎのジムニーと共にクジラの腹の中に捜しに行くくだりは、今観ても迫力あります。大人になっても繰り返し観られるディズニー・アニメって、結局、本作などの戦前作品に限るみたい。

65.4 5 ふしぎの国のアリス(アニメ映画)

1953年8月22日
★★★★☆ 3.6 (26)
182人が棚に入れました
キャロルの童話を基に制作されたディズニー・アニメ。時計うさぎを追いかけて穴に入ると、アリスは今まで見たこともない魔可不思議な世界に迷い込んでしまった。チェシャ猫やハンプティダンプティなど、風変りな生き物達と不思議な冒険をして行くファンタジー。しかし出てくるキャラクター達はかなりグロテスクで、ディズニー特有の可愛らしいアニメを想像していると痛い目を見る。下手をすると夢にまで出てきて、うなされかねない程のインパクトだ。“起きなさい、アリス"の一言で救われたのは、アリスだけではなかったのである。強烈なキャラクター達を見直すだけでも価値ある一品。

65.2 6 ダンボ(アニメ映画)

1954年3月12日
★★★★☆ 3.6 (15)
115人が棚に入れました
スピルバーグが「1941」で、ロバート・スタック扮する厳格な大佐が本作を観て涙ぐむシーンを設け、オマージュを捧げている。完成度はともかく、最もシンプルにディズニーらしさを堪能できる漫画映画だ。陽気な“Casey Jr."を初めとする音楽もゴキゲン。ダンボが酒に酔ってサイケデリック・トリップをする、有名な“ピンクの象の夢"のシーンなど、表現にも先鋭的な部分がある。が、何より、サーカス団のオミソであるダンボが母親ゾウと引き離される場面は、先述の大佐のごとく涙してしまう。ネズミのティモシー(いい奴なんだ、これが)の助言で、大耳を使った素晴らしい才能を開花させる情景は、泣けない方がおかしい。YOU CAN FLY……宮崎駿ならずとも、漫画映画は飛ばずばなるまい。

69.8 7 ファンタジア(アニメ映画)

1955年9月23日
★★★★☆ 3.9 (13)
81人が棚に入れました
8つの異なる時代を8つの古典音楽にのせて描く、ファンタスティックなアニメーションによるバレエ劇。ミッキー・マウスが指揮者兼時の魔術師として登場。当時としては斬新な立体音響を採用した。収録曲はバッハの『トッカータとフーガ』、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』、デュカスの『魔法使いの弟子』、ストラビンスキーの『春の祭典』、ベートーベンの『交響曲/田園』、ポンキエルリの『時の踊り』、ムソルグスキーの『はげ山の一夜』、シューベルトの『アベ・マリア』。

褐色の猪

★★★★★ 5.0

一勝二敗

初めて観たのはアニ同(東京アニメーション同好会)の上映会

寝ました、グッスリ寝ました。

後日再観、グッスリ寝ました。。。

数ヵ月後、三回目でやっと全編完観

映像と音響の遭競演は流石です。


これ途中で寝ちゃう人多いと思う。
寝てしまうのは飽きちゃったとかじゃなく所謂陶酔に近いかな。
特にアニメーションファンやクラシック音楽ファンなら猶更
(と自己弁護もしておきます^^;)

何となくシーンやパートが気に入ったなら後はTVでもやってた「シリーシンフォニーシリーズ」等ちょっと漁ると結構堪能できます^^

投稿 : 2019/08/24
♥ : 5
ネタバレ

前田定満

★★★★★ 4.2

クラシック音楽を聴くきっかけに!

ディズニー長編アニメ第3作。
1940年の作品です。
上映時間は約2時間。

自分的にはディズニーの映画で一番好きです。
それどころかおそらく全てのアニメーションを比較しても
この作品が一番好きです。

このアニメは普通のアニメではありません。
普通のアニメと違うところは音楽が主人公であることです。
普通のアニメにはお話があり画があり、それを盛り上げるために音楽が存在します。
しかしながらファンタジアはそれが逆になります。
もともとあるクラシック音楽に画をあてています。
別の言い方をすれば音楽を面白くするために画が存在するのです。

映画の構成としては世にも奇妙な物語のような感じです。
ファンタジアというタイトルの中で8つの作品に分かれており、
作品と作品の間には説明のナレーションが入ります。
指揮者は当時有名だったイギリスの指揮者レオポルド・ストコフスキーが勤めます。

声優が好きな方にはこの映画はオススメできません。理由は台詞がなく、画と音楽だけだからです。
しかしその分のエネルギーを作画にあてているため、画を楽しみたい方、クラシック音楽が好きな方、アニメーションを芸術として観ている方にはオススメです。
またクラシック音楽を聴いたことがない人も聴くきっかけになると思います。
約80年前も昔の作品とは思わない映像技術、作画技術をぜひ一度はご覧になるべきだと思います。

それでは簡単に各作品のご紹介です。
長いので読むの疲れます。
ご了承ください。


1作目はバッハの「トッカータとフーガ」。この曲はファンタジアのどの曲とも違い、ストーリー性がなく情景を表さない「絶対音楽」という音楽です。なので画もただ音を画に表したような抽象的なものです。
{netabare}
この作品はファンタジアのオープニングの役割をしています。
最初は単に本物のオーケストラの映像だけです。途中からバイオリンの弦が動く画が登場し、徐々に画(アニメーション)が増えて、最終的に壮大な画(アニメーション)になっていきます。
アニメーションと実写の融合作品。
まさに芸術作品という感じです。{/netabare}


2作目以降は絶対音楽とは真逆のストーリー性や情景を表す「標題音楽」です。
2作目はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」。
{netabare}
くるみ割り人形はバレエ曲です。ファンタジアでは「序曲」と「行進曲」はありません。
順番に「こんぺい糖の踊り」、「中国の踊り」、「葦笛の踊り」、「アラビアの踊り」、「ロシアの踊り」、「花のワルツ」
くるみ割り人形ですが、ファンタジアの画にはくるみ割り人形は登場しません。
ファンタジアでは妖精や花やキノコや金魚が踊りを披露します。
特にアラビアの踊りの金魚は相当色っぽいです。
最後の花のワルツにおけるストコフスキーの指揮の締めが見事です。{/netabare}


3作目はデュカスの「魔法使いの弟子」
{netabare}
これはファンタジアの看板作品です。
魔法を覚えたばかりの弟子が解き方も知らずに魔法を使い
最終的に魔法が暴走してしまうというお話です。
画は実際の音楽のストーリーに忠実です。
弟子役はミッキーが勤めます。
魔法をかけうかれた弟子がうたた寝して夢を見るシーンは有名なシーンです。{/netabare}


4作目はストラヴィンスキーの「春の祭典」
{netabare}
画として一番好きな作品です。
元々はロシアのバレエ団のために作曲されたバレエの曲です。
しかしファンタジアでは別の解釈をして地球の歴史を描きました。

一部:地球誕生からマグマオーシャンを経て地球に海が現れるまでを描いています。
時代でいうと先カンブリア時代の冥王代の約46億年前から始生代の始め約40億年前まで。
マグマの画と海底火山の画が凄いです。

二部:生命誕生から恐竜絶滅までを描いています。
時代でいうと先カンブリアの真ん中の約35億年前から始生代、原生代、古生代と来て、
やっと中生代の恐竜時代です。
しびれるのはT-REXがステゴサウルスを狩るシーン。
恐竜の他にも海の最強爬虫類モササウルスも登場します。
しかしその後恐竜は干ばつにより死んでいきます。
現在は隕石の衝突とそれによる環境の変化で絶滅したというのが有力ですが、
上映された1940年のあたりでは干ばつにより絶滅したと考えられていました。
恐竜が絶滅したあと再び時代が変わり海が帰ってくるところでお話は終わります。

私が地学好きになるきっかけの作品です。

ただ作曲したストラヴィンスキーはこの映画ができたときまだ生きていました。
自身のイメージと違う画を観て衝撃を受けたようです。{/netabare}


5作目はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。
{netabare}
曲は一番好きです。
タイトル通り田舎の風景を描いた曲です。
それぞれの楽章のタイトルを紹介すると
1楽章は「田舎に着いたときの愉快な感情のめざめ」
2楽章は「小川のほとりの光景」
3楽章は「田舎の人々の楽しいつどい」
4楽章は「雷雨、嵐」
5楽章は「牧人の歌 嵐の後の喜びと感謝の感情」
タイトルはオーケストラスコアに載ってました。

画としてはかなり曲に近いですが、
ファンタジアではこれにギリシャ神話を加えています。
なのでキャラクターもペガサス、ケンタウルス、ユニコーン、ゼウスなどが登場します。
{/netabare}


6作目はポンキエッリの「時の踊り」。
{netabare}
バレエ音楽です。大変楽しい曲です。特に終盤付近から始まるメロディーはノリが良いです。
ここではいろいろな動物が登場してバレエを披露します。
ダチョウ、カバ、ゾウ。しかしみんな女役。
この3種類が可愛く色っぽく見えるのは不思議です。
これぞディズニーマジック!
中盤以降から男役のワニを交えて盛大に踊りは終わります。{/netabare}


7作目と8作目は繋がっています。
{netabare}
7作目はホラーです。ムソルグスキーの「はげ山の一夜」。
悪霊たちの夜の祭りを描いています。
お墓などから出てきた悪霊達が夜の世界で踊り狂います。
小さいときに観たときは怖かったです。
しかし悪霊たちの楽しい祭りも終わりを迎えます。
朝を迎えるのです。
教会の音と共にラストの8作目に続きます。
8作目はシューベルトの「アヴェ・マリア」。
踊り狂った悪霊たちの魂を巡礼者達がロウソクの光でしずめていくという演出です。
小さいときに観たときはつまらなかったですが、
大人になってみると非常に美しいなと思います。
そして太陽の光と共に全ての作品が終了します。{/netabare}




全曲について、映像に合わせるために編曲されているので、まんまではありません。

あといきなり全作品を通して観ようとするのは
やめた方がいいです。
作品ひとつひとつ分けて観ることをオススメします。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 8

イブわんわん

★★★★★ 4.6

初めて見たとき、カルチャーショックを受けたアニメ(400見終わった記念)

とは言え、タイトルが判らずまだ棚に移動していないアニメも多くあるが、区切りとしてこのアニメを選びました。

ご存知の方も多いと思うが、ディズニーではトップクラス(個人的)で、公開が70年以上前の芸術アニメ作品。

で、何にカルチャーショックを受けたかと言うと、音楽と映像との関係です。

それまでは、効果音的な立場のクラシック音楽(BGM)がメインになっており、映像と音楽が見事なまでに相乗効果をかもし出しております。

音楽のイメージをビジュアル化したこの作品を見たとき、とても感動した記憶があります。

また、「展覧会の絵」はこれとは逆に絵から受けたイメージを音で表現しています。
(ムソルグスキー作曲、後にラベルがオーケストレイションし有名になる)

特に「魔法使いの弟子」は今見てもその芸術性、エンターテイメント性には脱帽です。

ミッキーマウスの魔法使いの衣装はあまりにも有名ですよね♪(とんがり帽子に赤いマント)

最近では「かみひこうき」という台詞が全く無いモノクロの短編アニメを見たが、現在においては日本のアニメ文化の方ががかなり進んでいると思いました。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 7

計測不能 8 バンビ(アニメ映画)

1951年5月26日
★★★★★ 4.1 (7)
58人が棚に入れました
完璧に美しいディズニー・アニメの(表現的には)最高峰。故手塚治虫は封切りの週は毎日、弁当持参で朝から晩まで観たと言う。オーストリアの作家F・ザルテンの童話に基づく、「ライオン・キング」のおじいちゃん(“父"はよく言われる通り、手塚の「ジャングル大帝」だろう)のような作品だ。大鹿グレート・スタッグの子として生まれたバンビは兎やスカンク、牝鹿のファリンらと楽しく遊びながらすくすく成長する。母鹿を人間に捕らわれる悲しみ、ファリンをめぐっての争いを経て、逞しい牡鹿となった彼を待つ試練は、キャンプに来た人間の不注意から起きた森の大火だった。バンビ誕生の春の朝流れる“Little April Shower"の素晴らしいコーラス、恋を囁く歌は“I Bring You a Song"。陶然とする甘美のワルツと、音楽も極上である。
ネタバレ

文葉

★★★★★ 4.9

バンビ

1942年アメリカ公開
日本では1951年
ディズニー制作で
日本のアニメーターにも多大な影響を与えた作品

愛らしい動物たちのなめらかな動きと
作画が本当に綺麗で火や水の描写が美しい
戦時中に作られ、今から70年前の作品には見えない

今回字幕無しの英語版で観たが
セリフも比較的少なく簡単な英語なので聞き取りやすい

大自然の驚異の描写が恐怖感を煽るのと
シンプルなストーリーに
小さい頃は惹かれずに最後まで観たことなかったけど
今回はちゃんと最後まで観れて良かったなぁと思う。

とにかく、動物たちが可愛すぎる・・!
特にうさぎのとんすけと
元祖オトメンなスカンクのフラワー、
セクシーでグラマーなミスバニーなど
もう・・ケモナーに目覚めるレベルです(震え声)
バンビがもう我が家の犬と動きがなんだか似てて
可愛くて仕方ありませんでした(笑)観ていて癒されます。

シカの寿命;森の王様のバンビパパを
「賢くて長生きしているから皆が尊敬している」
というバンビママのセリフを聞いて
好奇心旺盛な私は気になってしまったので調べました。

エゾ鹿の寿命は短く雄で6歳。雌でも8歳が限界で
冬の厳しさと痩せて食べるものがなくなるのと
熊や人間に捉えられることも年齢を短くしている要因らしい・・

ちなみにニホンジカはオス 約15才、メス 約20才。
奈良公園にいる観光客から
鹿せんべいを貰っているシカさんは10年だそうです。

と、考えるとバンビパパは本当に長生きですね。
{netabare} 作中で語られていないバンビママが無くなって
バンビが立派に成長するまでを描いているのは
「バンビ2 森のプリンス」で観れるそうです。 {/netabare}

シカと戯れる
{netabare}中学の時に関西に修学旅行行った時
東大寺と奈良公園に寄りました。
とにかくシカさんでいっぱいです
最初は\うぇーい バンビだー/とテンション↑↑でしたが
鹿せんべいを買った瞬間から命懸けのバトルが始まり
シカに追いかけられ、追いかけてくるシカも最初1匹だったのが
2匹・・3匹・・と増え、はじに追い詰められ
後ろ後一歩足を引くと「大変なもの」が落ちてるし、逃げ道がなくなりました。
角でつつかれ制服を食べられて、
結局持っていた鹿せんべいは消えて
その危機感が癖になった私はお財布まで軽くしてしまいました。
バンビがファリーン争奪戦で他のシカと戦うシーンがありますが、
シカって可愛いけど、割と凶暴だな・・(笑)とふと思います。{/netabare}

実写版バンビ??{netabare}
「検索したら出てきたシリーズ」
バンビは母親の命を奪ったハンター達に対する復讐を果たすために
森の仲間たちを集結し、
ハスキーな声で「I’m Bambi……(俺はバンビだ……)」
と、呟いて銃でハンターを撃ちまくるハードボイルドなバンビ・・
あるいみ個性豊か過ぎる登場人物たちと葉巻手に持ってるバンビ・・
なにそれ・・コワイ!!(笑)と思ったら
米国のバラエティ番組がトレーラーを出したものだそうです(笑)
ある意味気になるので、実際観てみたいですね。

ディズニー自身最近よく実写を出していて
(シンデレラや美女と野獣等・・)
今度は「くまのプーさん」実写化するそうです(白目)
熊、兎、ロバ、豚、虎・・食物連鎖完全無視なキャストを期待しています(笑){/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 32

剣道部

★★★★☆ 4.0

ちょっとまて、これはスゴいよ!

BSでたまたま「ウォルト・ディズニーの伝記的な番組」を観ていて、その流れで視聴。「バンビ」は多分、小さい頃に観ているはず。でも、800以上のアニメを観てきた今、視聴してみるとそのスゴさがわかる。

これが70年以上前のアニメだって? 信じられない! 鹿(バンビ)の滑らかで躍動感ある動きは現代でも通じるし、ストーリーは色褪せない。雪降るなかで走るバンビ。あれ、当然手書きなんだけど、だったらどれだけの手間と時間がかかったのだろう?

ディズニーの大ストライキ、第二次世界大戦を経験しながらも制作を続け、5年の日々を費やして完成させた本作。ただ、正直に凄い。

こうなったら、ディズニー初期の傑作と言われる残りの5作品、「白雪姫」「ピノキオ」「ファンタジア」「ダンボ」も観てみようかな、今更ながら♪

※ちなみに、私はディズニーアニメは基本的に嫌いです。アメリカのアニメ映画も同様に。でも、昔のアニメは違いますね。メッセージ性、娯楽性、映像美、挑戦! やはり、ウォルト・ディズニーは天才なんだと思い知らされました(BSのドキュメンタリー番組、「ウォルト・ディズニー 戦争と混乱の時代」も面白かったです。なぜアニメーターの彼がディズニーランドを作るに至ったか、その悲しきも深い物語も分かった!)。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 14
ネタバレ

前田定満

★★★★☆ 4.0

隠れ名作!

ディズニー長編映画第5作
1942年の作品です。
人ではなく大自然に暮らす動物の目線で描かれています。
ディズニーの映画の中ではあまり有名な作品ではありませんが。
隠れ名作だと思っています。
特に田舎好きの私にとって、自然を描いた作品は大好きです。

主人公は鹿のバンビ。
バンビの父親は森の王様でバンビは王子です。

映画の見所1 画の色使い
{netabare}特に背景画。始めから美しいです。
色使いは完璧だとおもいます。
今まで観たディズニーの映画では背景画に関して最も優れてると思ってます。
春夏秋冬の色の使い分け。
生活の変化。
最後の山火事の炎の色など。{/netabare}

映画の見所2 森社会の問題とバンビの成長
{netabare}この話では人間は悪役です。猟師。
姿は出てきませんがね。
もちろん猟師からしたら生活がかかってますから、
悪役なんて言ってはいけませんが。
森の生き物からしたら関係ありません。
森の動物たちの生活を脅かす危険な存在です。
最後は人間のせいで山火事になりますし。
とことん迷惑な存在です。

主人公のバンビの母親は人間に撃ち殺されます。
そんな悲しいことを乗り越えバンビは成長していく姿には大変勇気付けられます。{/netabare}

映画の見所3 動物だって恋をしますよ!
{netabare}そうです。人間と同じ生き物ですから。
恋したっていいんですよ!
それが当たり前なんです。
また幼なじみってのがまた可愛らしいですね〰️
バンビの幼なじみファリーン。
でも簡単には一緒になれません。
動物の世界です。メスをめぐるオス同士の争いがあります。
角をぶつけ合い見事バンビが勝利。
そんな動物のリアルな世界が観られるのもこの映画の見所です。{/netabare}

映画の見所4 森の王がカッコよすぎる!
{netabare}バンビの親父のことです。
バンビの母が死んだとき初めて自分が父親であることを明かします。
〝Your mother can't be with you anymore.〝
「お母さんはもうお前と一緒にはいられない。」
〝Come my son.〝
「おいで、我が息子よ。」
そして母に代わり息子を育てます。


誰よりも勇敢で、威厳があり、誰よりも森を愛している。
出来すぎってくらいカッコいい。
角も他の鹿の倍くらいデカイし、声も渋いし。
またジャングル大帝やライオンキングと違い最後まで親父が生きてるのもいいですね。{/netabare}


挿入歌はあまり有名な曲はありませんが、
オープニングテーマの「Love Is A Song」と、
雨のシーンで流れる「Little April Showers」は大変良い曲です。


この映画はあの手塚治虫にも多大な影響を与えた映画だそうです。
ジャングル大帝を観ると、このバンビに影響を受けていることがよくわかります。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 5

78.2 9 わんわん物語(アニメ映画)

1956年8月10日
★★★★★ 4.3 (10)
53人が棚に入れました
新婚のジムは最愛の妻にメスの仔犬を贈った。その名も“レディ"は成長し、町をうろつく雑種の野良公“トランプ"と仲良しになる。ご主人たちの間に子供でもできてみろ、君なんて厄介ものさ--なんて皮肉を言われ、事実、その通りになった彼女は家出。でも、恋人がいるから幸福なのよ、と二匹のクリスマス。イタめし屋の残飯のミートボール・スパゲティを食べるのが旨そうだった(そしてラブソング“ララルー"流れる)。一本の麺を一緒に食べるうちにチュッと初キス。可愛い……。全く焼けるぜ(犬に嫉妬してどうすんだ?!)。ま、その後はお定まりの野犬狩り等でハラハラさせてくれます。ディズニー映画とその歌曲との相関関係は明白で、佳曲ない所に佳作なし。で、本作はどうかというと、『シャム猫の唄--サイアミーズ・キャット・ソング』はいわゆるエキゾチック・サウンドの定番になった名曲。で、この猫ちゃんは本筋にあまり関係ない“犬なんてダッサい"という嫌味な存在(声は歌手のペギー・リー)なのですが、大甘な物語をいじけた大人にも楽しませる大切な薬味となっていました。おしとやかなレディを見ると、猫派も犬を飼いたくなる?

ふじき

★★★★★ 4.5

ひたすらかわいい

ハイソな住宅街に住むレディちゃんと、自由を愛する野良犬トランプとの恋物語。

何よりレディちゃんが本当に可愛い…。
トランプくん、ズートピアのニックから弱さ(影?)を抜いた感じで、なかなかのイケメンです。
全く感動を狙った作品ではないけど、某有名シーンがあまりにも素晴らし過ぎて、感極まっちゃいました。
私は今回が初見なので思い出の美化ではなく、一連の流れ、登場人(犬?)物、音楽、作画、テンポ、表情、全ての要素がぴたっとハマっててすごいなと。「名シーン」の力はすごい。

私はレディちゃんのお友達のスコティッシュテリアのジャックが大好きです。利口な内面と、他の犬の2倍の速度で動かすモップのような足の動きの掛け合わせがとっても可愛い。

1950年付近のハリウッドは、時代背景を考えてるとなんだか苦しくなるので、あんまり得意じゃありません。ウォルトさんとは逆に、日陰者として作品を残せなかった方々の無念さを、心のどこかで感じてしまいます。
けれど、やはり良いものは良いな、と素直に思える名作です。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 1

セレナーデ

★★★★★ 4.1

スバラシイ

久しぶりに時間を忘れることができました。お犬たちがリアリティとデフォルメの絶妙な配合バランスで描かれてて、ほんとうに可愛らしい。あくびしながら伸びるといった仕草や、仔犬の頃だけ手足が少しずんぐり太ってる体型などは、犬の骨格や動作を研究した痕が見て取れますし、その一方で、人間らしい眉がデンと添えられてることで、アニメーションならではの豊かな表情もしっかり発揮されています。

その可愛らしさの中で語るに外せないのは何と言ってもレディちゃん。オープニングの仔犬レディちゃんの愛くるしさにイチコロ、成長してそこらの人間の女よりも数倍べっぴんさんになったレディちゃんにまたイチコロ、「嫁っこ?」に懲りずにイチコロ、とどめにエンディングのレディちゃん二世3匹セット(ずるいぞ)にまとめてイチコロ。掛け値なしの可愛さ。スバラシイです。

一方、お犬たちが主役の本作ですが、忘れがたきは人間キャラのトニーさん。登場時間は短いですが、レストランオーナーだのに野良犬に気前よく接する粋な態度が、なんとも気持ちいい。仕事だけに生きない余裕が感じられます。一種の気品ですな。ガールフレンドを連れてきたトランプに対し骨を持ってきたジョーへ放った「ブッ飛ばすぞ」は爆笑必至の名言。犬の注文にも快く対応、本人曰く「俺には犬の言葉が分かる」。なんじゃそら。でもそのノリがいい。

そして、あの伝説の名シーン、スパゲッティちゅうを生むことになるのであります。

お話的には、身分違いのロマンスでもあり、男の企画したデートプランで女の子を喜ばせるという、男の妄想が炸裂したようなちと恥ずかしい内容でもあるんですが、そこもまたニヤニヤできていいんですな。

約15年ぶりの観賞。理屈抜きに癒されました。

めっちゃオススメ。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 3

計測不能 10 101匹わんちゃん(アニメ映画)

1962年7月21日
★★★★☆ 3.8 (8)
48人が棚に入れました
トレスマシン、つまり手書きの動画をセルにコピーすることで作画を楽にする、今では当たり前の方法を採用することで、制作が可能となった、101匹ものダルメシアン犬の物語。作曲家ロジャーに飼われる犬のポンゴは、心優しいアニタという女性を主人に引き合わせる。そして、自分もちゃっかり、アニタの愛犬パディータと仲良しになり、15匹の仔犬をもうけるが、アニタの知り合いで毛皮フェチのクルエラに誘拐されてしまい、さあ大変。二匹の親犬は苦労の末、人里はなれた別荘に、他の84匹の仔犬と一緒に捕らえられた15匹を見つけ出す。総勢101匹となった彼らは、黒ぶちのお団子となって白い雪原を逃げ回る。15匹の見分けもつかないのに、他の84匹のキャラクタの描き分けなんかされたひにゃ気が狂ったろうなぁ。子供たちの嫌いなクルエラは、今となれば愛すべき悪役。彼女のテーマ“Cruella De Ville"も、ロカビリー歌謡(?)の名曲です。96年にはなんと実写版リメイク「101」が作られた。

計測不能 11 蒸気船ウィリー(アニメ映画)

1929年9月1日
★★★★☆ 3.6 (5)
21人が棚に入れました
ミッキーマウスの短編映画シリーズとして最初に公開された作品。

日本では1929年9月に公開された。

計測不能 12 ミッキーのミニー救出大作戦(アニメ映画)

2014年3月14日
★★★★★ 4.1 (3)
21人が棚に入れました
『アナと雪の女王』の同時上映作品として劇場公開された。

ato00

★★★★★ 4.2

斬新な映像演出にびっくり。

「アナと雪の女王」同時上映。
前座のショートムービーです。

内容はアニメタイトルそのまま。
とにかくドタバタで楽しいです。

しかし、このアニメの魅力はそこではありません。
最初は、モノクロの小映像から始まる普通のムービー。
そのうち突然映像が破れ、劇場側に登場人物が出現。
もうそこからは怒涛の展開です。
2Dと3Dの融合。
ノスタルジーと最新技術の共演。
アニメの原点もあったり。

もう参りましたとしか言いようがありません。
目がまん丸になりますよ。
こんなアニメ初めてです。
創造力と発想力の勝利でしょう。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 26

計測不能 13 三人の騎士(アニメ映画)

1959年3月18日
★★★☆☆ 2.6 (1)
12人が棚に入れました
戦時中、労組問題を抱えたW・ディズニーは「ラテン・アメリカの旅」を題材にかこつけメキシコに下請けに出した。その、音楽いっぱいの、アニメを実写の合成も試みた作品はそこそこの成功を納め、すっかり中南米づいたディズニーは再び同じ手口を試みる。それがこの作品。ドナルド・ダックが匿名の誕生日プレゼントを貰い、その8mmフィルムを映写するうち、ラテン・アメリカの珍鳥を訪れる唄と踊りの旅に誘われるという筋で、「ファンタジア」の音楽と映像表現の有機的連関を狙ったふしもあるのだが、如何せん安手の観光案内に留まっている。挿話としては最初の“寒がりペンギンのパブロ"や、後段の、メキシコのクリスマスの儀式“ラス・ポサーダス"の解説が面白い。贈物の詰まった人形フィギャータが弾けるイメージや、大きなポップ(とびだす)絵本に飛び込んでの、そのメキシコの旅の部分はまずまずのまとまりがあるが、全体的に空疎。題名の“騎士"とはドナルドに、途中から加わるアマゾンのお騒がせ小鳥アラクアン、リオのサンバ鳥ホセ・カリオカの二羽を指すが、別段、三銃士の模似をするでもなく、物語的には全く盛り上がらず終わる。肝心の音楽もサンバの他はそれほどの演奏を収めていない。

計測不能 14 子ぐま物語(アニメ映画)

1954年8月6日
☆☆☆☆☆ 0.0 (1)
10人が棚に入れました
シンクレア・ルイスの書き下ろし童話『ボンゴ(がんばれバンゴ)』と、ミッキー、ドナルド、グーフィーの3人が登場する『ミッキーの豆の木(巨人征服)』の短編アニメ2本立てを劇中劇で送るディズニー・アニメ。「ボンゴ」の方はアメリカン・ポップス・ミュージックの第一人者、ダイナ・シュアが歌とナレーションを務めるアニメで、子ぐまのボンゴが大活躍する愛と勇気の物語。「ミッキーの豆の木」は童話『ジャックと豆の木』の脚色版で、どちらもいつものディズニーアニメのように高水準の出来。しかし何と言ってもこの作品の目玉は語り手として登場する腹話術師エドガー・バーゲン(キャンディス・バーゲンのお父さん)で、作品の途中に織り混ぜられる二体の人形とのやりとりは大笑い! 意外なラストや「ピノキオ」のこおろぎ、ジムニー・クリケットも登場する出血大サービス映画の1本。

計測不能 15 プカドン交響楽(アニメ映画)

1955年12月23日
★★★★★ 4.1 (1)
8人が棚に入れました

計測不能 16 プレーン・クレイジー(アニメ映画)

1929年3月17日
★★★★☆ 3.5 (1)
1人が棚に入れました
ミッキーマウスの短編映画シリーズとして
最初に制作された作品。
本作より前に一般公開されたトーキー映画の『蒸気船ウィリー』 がヒットしたのち、本作もそちらに合わせトーキー映画と
して作り直され、シリーズ3作目として初めて一般に公開された。




計測不能 19 ピーターと狼(アニメ映画)

1958年1月15日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました

計測不能 20 猛獣狩り行進曲(アニメ映画)

1964年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました

計測不能 21 ディズニーの宇宙旅行(アニメ映画)

1957年8月7日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ