オールスターおすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのオールスター成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月09日の時点で一番のオールスターおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.0 1 オールスターアニメランキング1位
DVD付き初回限定版『みなみけ』第10巻(OVA)

2012年10月5日
★★★★☆ 3.8 (238)
1196人が棚に入れました
特別仕様カバー『みなみけ』第10巻より厳選した4話を収録!
第179話「暑いからね」 第185話「魔法の言葉」 第189話「フンイキ」 第192話「気まぐれ」がDVD化。

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

なにこれ変な書き方しないでよwタイトルは「おまたせ」なんかホントおまちどうさまなOVAやでこれしかしw

例の新スタッフによるみなみけ4期のデモンストレーションです
毎度お馴染みですが、音響関連のスタッフ以外は全て一新
てかもうみなみけのファンはちょっとやそっとじゃ驚きゃーせんw


特別に気合を入れてるわけでもなく、ぬるりとほんわか、いつもの南家
OPとEDは以前に発表されたキャラソンを使って新規に作り直したモノ
たぶん実際に4期が始まったら前作から4年も経ってることですし、新規ファンの獲得や旧ファンのリターンのためにも無駄に盛り上げてくるかもしれないですけど・・・
【別にそーゆーのもうええねんw】
そーゆーのは3期12話でお腹イッパイやでw
だってあれが最高傑作でしょ?w
これがみなみけ、これでみなみけ、いつものマターリみなみけ


でも「おおかみトウマ」可愛いよぉw可愛いよぉw


このOVA自体は原作者のコハルせんせいさんが選出した傑作エピソのアニメ化ということで、「べつばら」のように基本的には原作に準拠した【ショートショート形式】
4期が実際にこのショートショート形式を取るのかは現時点では定かではありません


これまでの作品とイチバン違うポイントはエピソとエピソの区切りに3頭身のSDキャラによるエピローグを挟んで最後に必ず「みなみけ!」ってキャラに言わせてアイキャッチ代わりにしてるとこ
これは面白いので是非4期でもやってほしいですw


実際は原作準拠と言っても後付け後付けで勝手にエピソを膨らましているので、シナリオの作り方は1期に近いです
保坂先輩が壮大に歌いだす、とかアニメ側で付け足された設定もしっかり引き継がれています


しかしまあ・・・声優さん方は4年のブランクなんて感じませなんだなぁ・・・ほっと一安心
この調子で4期にも期待したいっす

投稿 : 2019/12/07
♥ : 16

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

4期が始まる前に

「みなみけ」4期がもうすぐ始まるということで
今までの原作からのよりぬきを5つ集めたOVA。
キャラデザが少し違ってて「おやっ?」と思ったのだが
みなさんのレビューを読んで納得。
「みなみけ」はその放送の都度にスタッフが入れ替わり
キャラデザなども変わってしまうらしい。
僕は最近になって一気に観ているものだから、知らなかった。

初めての方もいらっしゃるかもなので、「みなみけ」を簡単に説明すると
南家の3姉妹、長女・春香(高2)、次女・夏奈(中2)、三女・千秋(小5)の
家の中や学校での日々の出来事を中心に描いた日常系作品。

この姉妹のその年相応のキャラも、平凡ながらなかなか面白いのだが
周囲を固める登場人物たちも、個性豊かで笑わせてくれる。
でも、爆笑するというより、クスクスっと笑う感覚。
ひとつの話が短く、1話の中に4~5つの話が入っており
季節や時間もそれぞれバラバラなので、好きなところから観れる。

このOVA作品では、ほぼ主な登場人物が顔を揃えているので
各人のキャラの予習にはちょうどいいかも。
個人的には、冷めた雰囲気の小学生・千秋がツボ。
あと、ナルシストの自覚がありそうでなさそうな痛い保坂も笑える。
ちなみにこの作品だけだと「まこちゃん」は俺っ子なのか男の子なのか
わかりにくいと思うので一言だけ説明しておくと、
彼は女装している少年である。

しかし、いくらOVAとはいえ30分以内で終わってしまうのがもったいない。。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 31
ネタバレ

ゆ~ま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ようやく手に入ったので、早速視聴。

原作はコミックにて追従中。
アニメは3期まで視聴済みです。前回のOVAも観た・・・はずw

{netabare}
4期を担当するスタッフによる、コミック10巻初回版の特典OVAです。

2期と3期はともかく毎度スタッフや会社が変わる為、物語やテンポ、キャラデザ等大きく変わってしまうという不思議な現象を起こしているタイトルですが・・・。
ということで、今回は3つ目のチームという認識なのですが。

結論から言って・・・面白かったです。大変満足しました。
10巻発売時に手に入れるチャンスがあったにも関わらず、当時初回を買わなかったことを後悔していました。がこの度たまたま入った古本屋にて格安(定価よりは確実に安いはず)でみつけまして・・・。
毎度チームが違うだけあって、どうしても1期をベースにデザインやテンポを評価してしまうわけですが、良かったと思います。若干顔が長めかな?とか感じましたが、まぁそれはそれでw

3期から約3~4年経過しているわけですが、ブランクをほとんど感じさせないキャストの方々には、頭が下がるばかりです。

この出来で4期も作られていると面白そう、と期待してしまっていますが・・・果たして。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 11

61.3 2 オールスターアニメランキング2位
プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち(アニメ映画)

2013年3月16日
★★★★☆ 3.6 (23)
135人が棚に入れました
プリキュアの守護妖精になるために勉強する妖精が通う妖精学校。ある日そこからプリキュア達の元に「プリキュアパーティ」の招待状が届く。妖精学校ではプリキュアの人気をねたむグレルが心の影を映す「影水晶」から生まれた自分の影と共に行動、パーティに参加するため妖精学校を訪れたプリキュア達から変身アイテムを奪ってしまう。泣き虫の妖精、エンエンはグレルの行動を止めようとするが勇気が出せないままグレルに巻き込まれてしまう。そしていつしかグレルの影は巨大な力を身につけ暴走してしまう。

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

「ファミリー向け」のタブーと向き合う、シリーズでも稀に見る難問とぶつかるプリキュア 梅澤淳稔プロデュース作品集大成

前作、NS1では視聴者の子供達に一番近しい存在として『キュアエコー』というオリジナルキャラクターを見立て、それを軸に物語を作る試みをしていました
今作も同じく、視聴者層に親しみを感じてもらえるようなオリジナルキャラクターとして、舞台となる妖精学校の生徒『エンエン』『グレル』という二匹の妖精が登場します


プリキュアに変身する少女達も普段は普通の中学生ですから、当然日常生活や学校生活の中で起こる中学生らしいイベントのエピソードや悩みごとといったトラブルなんかがテレビシリーズでは絡められてくるわけです
しかし実際の視聴者層は小学生以下がメインターゲットになってますから、プリキュア達はお姉さん的存在になっちゃうわけですね
そこで、今回のエンエンとグレル
プリキュアのパートナーとなるべく妖精学校に通う幼い妖精ってことで、あえてプリキュアのようなスーパーパワーを持たない、かつ幼いキャラクターという、視聴者層とダブる存在を見立ててやったようです


まずグレル、この子は目立ちたがり屋で学校の皆がもてはやすプリキュアには少し妬みを感じています
「プリキュアなんて、ちっとも凄くねーじゃんか」と意固地になった彼は、学校の皆から厄介者の目で見られてしまいます
そこでプリキュア達を一泡吹かせてやろうと今作の黒幕である『影』の誘惑に乗っかってしまうのです


次にエンエン、この子は自己主張が苦手なため学校の輪の中にイマイチ打ち解けられず、グレル以外の友達がいません
また、グレルに対しても強気に話すことが出来ないため、影に唆されたグレルを諭してあげることも出来ない


この二匹、つまり集団の中に溶け込めない“KY”或いは“ぼっち”な二匹が今作の実質的主役なんです


プリキュア側のリーダーシップを握る『スマイルプリキュア』の面々と「新しい血」として参戦する『ドキドキプリキュア』の面々が初顔合わせをする、という恒例のファンサービスこそあるものの、あくまでプリキュア達は二匹の自律と活躍を手伝うための見守り役に徹している、というのが今作の特徴


今作のプロデューサーで第二期プリキュアシリーズ(フレッシュ~スマイル)の育ての親である梅澤淳稔Pは、昨今のニュースを騒がす「いじめ問題」を取り上げたかったらしいです
が、しかし直接「いじめた」or「いじめられた」と暗い話題を扱うのは視聴者層に未就学児が大半を占めていることもあって難しい
そこであえて“ぼっち”をいじめと置き換えてシリアス過ぎないように気を払ったようです


ただでさえ“ぼっち”だった二匹が、取り返しのつかない事件を起こして後戻りが出来なくなってしまう負のスパイラルに陥る今作
そこで生きてくるのが「キュアパッション」と「キュアビート」の存在
この二人のプリキュアこそ梅澤P作品を代表するキャラと言えるでしょうがそれもそのはず、この二人は初めプリキュア達と敵対していて、その後に芽生えた友情で仲間となったキャラなんです


「過ちを犯してもやり直すことは出来る」


一見して綺麗事を言っているだけのように聞こえますが、この台詞をパッションとビートが言うだけで凄く説得力が増します
この点は今作で最も評価したいところです


前作NS1ではキャラは登場すれど台詞は無し、というオールスターズ恒例のお祭り感を削ぐお話が残念でしたが今作でもやはり台詞があるキャラは限られてしまっているのが実際問題です
具体的にはブラック、ホワイト、ルミナス、パッション、ブロッサム、マリン、ビート、それにスマイルとドキドキの面々のみで残りはモブと同じ扱い


ただしグレルとエンエンの二匹こそが主役、プリキュアはあくまでキーパーソン
と割り切ったお話作りを感じられますので、前作からはかなり進歩したと思います


どちらにせよ胸にくるお話であることに変わらず、深夜の劇場で涙ボロボロ落とさせてもらった良い意味で期待を裏切ってくれた作品ですね

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

計測不能 3 オールスターアニメランキング3位
映画プリキュアドリームスターズ!(アニメ映画)

2017年3月18日
★★★★☆ 3.7 (8)
34人が棚に入れました
ある日、いちかの前にサクラと名乗る謎の少女が現れた。「桜が原」という異世界から来たというサクラは、鴉天狗によって連れ去られた友達の狐であるシズク、そして奪われた桜を取り戻すため、「スイーツ」「宝石」「鍵」のプリキュアを探しているという。
いちかたち『キラキラ☆プリキュアアラモード』の5人は、『魔法つかいプリキュア!』・『Go!プリンセスプリキュア』とともにサクラを助けるため、「桜が原」に向かうことになる。

声優・キャラクター
美山加恋、福原遥、村中知、藤田咲、森なな子、かないみか、阿澄佳奈、高橋李依、堀江由衣、早見沙織、齋藤彩夏、嶋村侑、浅野真澄、山村響、沢城みゆき、東山奈央、古城門志帆、木村佳乃、山里亮太、関町知弘、田所仁

このままじゃダメだ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ファンでもこれは厳しいかも

視聴してから半年くらい経っているので、うろ覚えですが
カラス天狗の立ち位置(キャラ自身はギャグなのにラスボスで強い)というところが受け入れづらかったです。真面目に戦ってよ!と思ってしまうからかもしれません。

因みに、タイトルにおいてのファンは監督のことを指しています。
宮本浩史さん。
若いながらも、優れた3Dモデラー、演出、監督として、プリキュアのED等を担当されています。
この方の作る3DCGキャラは手書きアニメらしさを残しつつ、そして可愛らしい顔立ちをしているのが特徴で、スマイルプリキュアのEDなどは、これ手書きなんじゃないか?と思ってしまう程でした。
オールスターズでは、全てのキャラのCGキャラをデザインしたことでも知られています。正解するカドでも男性キャラの素体づくりに一躍買われたのだとか…
実際東映の3DCGキャラと言えば宮本さんと言えるくらい有名な方なので、CGアニメに興味がある人は、頭の片隅に置いておくと良いかも。

そして、監督としては、GOプリ劇場版「レフィのワンダーナイト」に続き、2本目ということになります。

CGでの絵作りはやはり面白いですね。
戦闘シーンはCGだけど集中線(漫画でよく見られる強調する線)を使って、それがまた良い味を出していますし、殴ったり蹴ったりというワイルドなアクションシーンがプリキュアというコンテンツと融合して面白い絵面になっています。

ただ、一点だけ残念なところも…
「レフィのワンダーナイト」でも思ったのですが、キャラクターの性格があやしい…

まあまだ、作品撮るのは2本目ですから、今後の活躍にも注目しています、ということでよろしくお願いします!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

ヌンサ(亢宿) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

作戦会議の間、ちゃんと待ってくれる

今作視聴前のプリキュアシリーズ視聴状況

6割:Go!プリンセスプリキュア
完走:魔法つかいプリキュア!
4割:キラキラ☆プリキュアアラモード



"出演するプリキュアを直近の3作品に絞る"という手法は、今作が初めてだそうです。
もっと前からやっているシステムかと思ってました。

そのプリキュアの中にも良い意味で上下関係があり、さながら中1~中3(あるいは高1~高3)のようです。
メインのターゲット層(幼児)にとっては未来の話ですが。



映像は、後の「映画 プリキュアスーパースターズ!」のように特定のシーンでプリキュアがフルCGになります。



ストーリーがやや分かりにくかったりしましたが、山里亮太さんの演技が思いのほかコミカルで上手かったりしました。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

地味な男 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

視聴者に対する配慮が行き届いていた。

久しぶりにプリンセスプリキュアと魔法使いプリキュアを見れて良かったと思いました。しかし、みらい等のキャラの発言に少し違和感を感じたシーンがありました。(あれ?こんなこと言う性格だったっけ?みたいな感情。)それ以外は丁寧な作りで良かったです。タイトル通り、子ども達を飽きさせぬよう、キャラクターが視聴者に話しかけるシーンがあったり、綺麗な映像で我々を引き付ける等視聴者を飽きさせぬ為様々な工夫があり良かったです。
バトルに関しては、高速移動ができる敵が現れ、プリキュアたちはそのキャラに圧倒されるのですが、こういう時に一人でも高速移動ができるプリキュアがいれば良かったのにと思いました。(笑)
見て損はないですよ!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 4 オールスターアニメランキング4位
映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ(アニメ映画)

2018年10月27日
★★★★☆ 4.0 (9)
27人が棚に入れました
 な・な・なんと!プリキュアオールスターズがちっちゃくなっちゃった!それは【プリキュアの想い出】をねらうミデンのしわざ!想い出を奪われると、これまでの事をぜ~んぶ忘れちゃうみたい!?
 残ったプリキュアは『HUGっと!プリキュア』と『ふたりはプリキュア』だけで、絶体絶命の大ピンチ!
 こうしちゃいられない!みんなで力を合わせて、キラキラ大切な想い出を取り返しに行こう!!

 「プリキュア」シリーズ15周年記念の劇場版アニメ。

監督:宮本浩史

脚本:香村純子

制作:東映アニメーション

このままじゃダメだ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

プリキュア・メモリ

貴方の好きなプリキュアは誰ですか?
2タイトル以上好きなプリキュアがある人におすすめしたい映画でした。
総勢55人のプリキュアすべてにセリフがあり、活躍してくれます。

もっとも、尺の都合上キャラによってはセリフがわずかしかないということもあるのですが、「あなたの好きなプリキュアは?」と問われ、「キュアハニー!!あっでも、トゥインクルも好きだし、ムーンライトも…選べないよお!」と思い巡らす記憶、このキャラはこんな可愛さがある、そしてこのキャラは・・・と考えるうちに、画面で活躍している以上の頭に蓄積された活躍が重なって、シリーズ終了から5年以上経っているのに、しゃべって、活躍していることがとても貴重なことに思えてきて、胸が熱くなりました。

大きなお友達は心の中で絶叫できる、静かな体験型の映画が私の中で構築されました。

ああ、ミラクルライトを振り回して好きなプリキュアの名前を大きな声で叫べたら、さぞかし気持ちが良いだろうな・・・
いっそ20歳くらい若返りたい。

まあ、今までの思い出を奪われるミデンの能力はご遠慮願いたいですけどね。

この映画の為に全キャラ起こしたと言われるちびキャラたち。折角なのでもうちょっと見ていたかったかも。

ドラマパートでは幼児化したルールーちゃんが一番かわいかったです。
幼児化したさあやとほまれ、えみるに翻弄されるはなのドタバタはちょっと面白かったけど、コメディだけでは終わらないのがはぐプリでしたね。
途中で心が折れて泣き出しちゃうはなをなぎさは擁護して「だってまだ中学生なんだよ。」と発言しましたね。でも大人でも泣きたいときはいくらでもありますよ。辛いとき助けてくれる人はいない様に思えるかもしれないけど、役場や病院の先生に相談してみましょう。すぐ解決にはならないかもしれませんが、出来るだけいろんな人に相談を聞いてもらうと、解決の糸口が見つかりやすくなりますよ。
なぎさは初代の重圧から、達観した思考をもってしまったのかもしれないけれど、もっと子供っぽさを持っていてもいいのかなと思います。
なぎさが子供らしさを得られる社会に、これからのプリキュアはなっていってほしいですね。

見せ方において、やや不満が残ったのは、説明過剰でテンポが崩れてしまっていたことです。
本作は、かなり映像の情報量が多かったので、省略してもいけた気がします。その分見せ場に多く時間をとってもらえると私は嬉しかったです。

そんな本作の映像ですが、前半ドラマ多めパートは手書き作画で、後半オールスターズはCGでという住み分けになっています。
お互いの質感を合わせるために、なんと手書き作画の処理をCGに似せるという試みを行っていました。

すごいよ!流石スーパーモデラー出身の宮本さんだ!

そして、大量のキャラを生成し、動かす、先鋭の東映デジタル部の技術力の高さ。いつも驚かされます。
いや、ほんと、日本で一番すごいCGアニメを見たかったら、プリキュアを見ろっていつも思います。

さて、そんな本作ですが、ターゲット層である幼児に受けるかは疑問です。
年齢的に過去のプリキュアはそんなに知らないでしょうし、ママ目線でのプリキュアって需要あるのでしょうか。フィルムカメラとかってちっちゃい子分かります?
敵が怖くないのは一応意識してるのかなと思いますが、ちびキャラで結構楽しめたりするのかな。高校生くらいまではちっちゃい子の気持ちがまだわかってたような気もしますが、いつの間にか忘れちゃうものですね。
大好きだったアニメとか、大切なことを忘れていることがあり、時々情けなくなるのですが、そんな状況の中で、過去を思い出させるきっかけになった本作はとても有り難い存在でした。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

ヌンサ(亢宿) さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

ファンになって日は浅いですが

今作視聴前のプリキュアシリーズ視聴状況

完走:Yes!プリキュア5
半分:フレッシュプリキュア!
完走:スイートプリキュア♪
完走:スマイルプリキュア!
8割:ドキドキ!プリキュア
序盤:ハピネスチャージプリキュア!
序盤:Go!プリンセスプリキュア
完走:魔法つかいプリキュア!

他は未視聴





ついに劇場にプリキュアを見に行ってしまいました。
でも「土日に行って、席が子供たちでいっぱいだったら肩身が狭いだろう」と思ってわざわざ平日に行きました。

幸いにも(?)客席は数家族でした。
しかし、誰もミラクルライトを振らない(^▽^;)
これが結構さみしくて、次回プリキュアの映画を見に行くときは、
恥を忍んででも子供たちがたくさんいる日に行こうかなという気持ちになりました(笑)



作品のクオリティですが、素晴らしかったです。セルルックCGが。
物語の後半から多分フルCGになるのですが、なぜ"多分"と書いたかというと、たまに手書きのカットがあったような気がしたのです。でも、それくらいセルルックCGのクオリティが向上していることは間違いありません!
「HUGっと!プリキュア」のエンディングを見ていても度肝を抜かれましたが、近い将来テレビシリーズのプリキュアが全編(あるいは変身後のみ)フルCGになっても違和感ないかもしれません(異論は認めます)。

中盤やけに重苦しい展開だったり、観客に歴代の好きなプリキュアの名前を言わせようとしたりと「完全におっさん向けやんけ(笑)!」な展開は少し複雑な気持ちでしたが、まあ泣きましたよね。

ほんの少しだとしても、全てのプリキュアにセリフがある!
プリキュアたちが、シリーズごとに必殺技を繰り出すシーンのカタルシスは半端なかったです。
今作のテーマは、プリキュア15周年ということもあって『思い出』なのですが、クライマックスにプリキュアたちが思い出について各々述べるシーンは、卒業式の訓示っぽくて涙ちょちょぎれました。

上映時間の関係上、難しかったのでしょうが、ベビープリキュアの可愛さはもっと押し出してもよかった気がします。
何とももったいない。アムールだけ異常におとなしいのは最高でしたが(笑)。

宮野真守さんの演技も安定の素晴らしさでしたし、エンディングのダンスは永久保存ものだったりと、
劇場に足を運んだかいのある作品でした。他の劇場作品も、随時見ていきたいです。




P.S.あとモフルンが最高でした(^_^)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

これは一種のドラッグムービー

シリーズ15年の歴史を誇るプリキュアは本作でついにギネス入りを果たしたらしく、総勢55人の歴代プリキュアが集まり、しかも顧客は女児ではなく大人に向けてオールスター映画を作っているので、徹頭徹尾、プリキュア漬けのドラッグムービーである。作画はさすが東映といったかんじで金を掛けまくっている。いわば狂気そのものである。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ