ネットゲームおすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのネットゲーム成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年09月25日の時点で一番のネットゲームおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

84.8 1 ネットゲームアニメランキング1位
オーバーロード[OVERLORD](TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.9 (2168)
11447人が棚に入れました
時は2138年。

仮想現実の中を自由に遊ぶことのできる体感型ゲーム全盛の時代に一大ブームを巻き起こしたオンラインゲーム《ユグドラシル》は静かにサービス終了を迎えるはずだった。

しかし、終了時間を過ぎてもログアウトしないゲーム。突如として意思を持ち始めたNPCたち。ギルドの外には見たこともない異世界が広がっていた。

現実世界ではゲーム好きの孤独で冴えない青年が、骸骨の姿をした最強の大魔法使い・モモンガとなり、彼の率いるギルド《アインズ・ウール・ゴウン》の伝説が幕を開ける!

声優・キャラクター
日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、沼倉愛美、白熊寛嗣、子安武人、M・A・O、五十嵐裕美、渡辺明乃、村瀬歩、悠木碧、稲葉実

ハタ丸 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

実はギャグアニメ

ヒロインのアルベドがアイドルマスターの四条貴音(原由実)と同じ声優のため観ることにした。アルベドはかなり残念なヒロインだったが、ギャグが素晴らしく楽しませてもらった。

良い点
・主人公が元社会人のため言動に違和感を感じない。また、主人公役声優の演技が素晴らしく、プロのイケメンボイスを堪能させてもらった。この作品は全体的に声優の配役が当たりだと思う。
・主人公とその部下のやり取りが絶妙なギャグとなっている。アルベドとその他のヒロインも当然のようにギャグ担当。
・OP/EDは何を言っているのかよく分からないか、不思議と耳にこびりついてしまう。

悪い点
・低予算?のためか戦闘シーンに迫力が無い。
・これからさらに面白くなりそうなところで終わりになってしまう。
・ロードオブザリングやウィザードリィなどのファンタジーの知識が無いと良く理解できないところがある。
※ストーリーの流れは問題なく理解できます。

自分が考えていたよりもずっと面白かったし、2期があればいいなと思う。
ファンタジーの知識がある人に特におすすめしますが、無くても十分楽しめます。

<追記>
youtubeにあるPVを確認したところ、非常にありがちで詰まらなそうに感じた。PVを見て本編を観るのを止めた人は、一度本編を観てみることをおすすめします。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 13

こた さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

詰まらないアニメ(糞)だと思っていたのが正直なところ

よくこういう系の作品にある主人公みたく、視聴者をイライラさせないというのはでかい。到底主人公が口にするセリフではないとか関係なく、言うことははっきり言う。至高の御方とでも言おうか、常に偉大なのである。作品の核である主人公がどっしりと構えてる(一応心がけているという設定だが)、それであってこそのオーバーロードであるといえる。
例えると、上の者(社長とか?)がいいとその会社も良くなるような、そんな感じか。実質いくら超個性的なキャラを揃えても、主人公次第でいくらでも台無しにできてしまう。
またヒロインともいえるキャラの印象が、登場頻度はそこまで多くないにせよこれまた濃い。とくに笑みが……(笑)
最初は全く期待されてなかったみたいで低予算とはいうが、それはほとんど気にならないレベル。
主人公のアイテムの課金がどうとか言われてるけど、この作品は嫌いになれない。
二期ももちろんあるべきだと思うし、劇場版まで観たくなった。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 34

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

世界征服なんて面白いかも知れないな・・・

原作未読。
主人公最強+バトル+コメディ(?)系。

ゲームの世界から異世界にゲームキャラクターのまま転移させられて・・・。
但し、SAOとは違って、主人公は元の世界に戻りたいという訳ではないらしい。

主人公は骸骨だし、お仲間は悪魔や吸血鬼だし、正直『どんな話なんだろ?』と思いつつ4話まで視聴。
そして、ようやく理解できました。

『これはコメディなんだ!』と・・・。

敵に対して強すぎる主人公とお仲間たち。「主人公最強」も行き過ぎるとコメディになってしまうんですねぇ。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 115

62.0 2 ネットゲームアニメランキング2位
ディアホライゾン(被)(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (21)
67人が棚に入れました
もはや未踏の地は存在しないとされる世界。冒険は意味を失い、ただの仕事と化してしまったこの時代に、サラリーマンのように働く冒険者の姿があった…!

声優・キャラクター
山下誠一郎、田中あいみ、山村響、芹澤優、藤原啓治、稲田徹
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

元ネタを知らんのに、観るのにはムリがあったw

[文量→一言・内容→感想系]

【総括】
ディフォルメキャラによる、ギャグ系のショートアニメ。

ギャグの種類は、パロ系、シュール系、ブラックユーモア系。

まあ、笑えたのは2、3回くらいかな? 元ネタ(原作ゲーム)を知っていれば、もっと面白かったのかも。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
一番笑ったのは、1話からずっと思ってた、「被り物、意味ないやん」ってことを、11話でセルフツッコミし、アッサリと被り物を脱いだところかな。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
被り物無い方が、作画も楽そうだし、観やすい気がするな。

2話目
2話目でメタ系の自虐系のネタか。手抜きが面白ければ良いけど、それがつまらなければ擁護できない。つまんないので、この話で、☆1下げます。

3話目
オオヨ! しか言わないキャラ、なんの漫画だったかな~。ヤンキー漫画だったような?

4話目
メッチャ切れてるし(笑) 被り物が主体なの?

5話目
新人イビりしても満たされない(笑)

6話目
福島っぽい訛りだね。

7話目
イケメン? エヴァパロだね~。

8話目
キャラ、激変w

9話目○
変態に、ドン引き(笑)

10話目
フグやんw

11話目○
核心(笑) 普通に脱いでるしw 被り物とは?

12話目
多分、意味などないのだらう。

{/netabare}

【余談~ ウマ娘と同時期視聴で思ったこと ~】
{netabare}
私は競馬(というかギャンブル)はやらないので、ウマ娘は競走馬のWikiを読みながらの視聴だったのですが、「ハルウララ」のページでこんな文章がありました。ハルウララ(弱すぎる競走馬、で社会現象を起こした馬)に騎乗した、武豊さんのエピソード。

【なお、武豊はこの日の騎乗について、オフィシャルホームページの日記において「あまりにも異常な騒がれ方で、正直なところ辟易としています」「生涯で一度も勝ったことがない馬が、GIレースを勝った馬達よりも注目を集める対象になるというのはどうにも理解し難いものがあります」と述べ、過熱するブームに対する違和感を表明した】

本作の2話(まだ1話しかやっていないのに、総集編をやって作画を使い回すという、メタネタ)や、先日のポプテを見たときに、ふと、このことが心をよぎりました。

まあ、好きな人がいれば、それで良いんですけどね。
{/netabare}

投稿 : 2020/09/19
♥ : 11

煮干醤油 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

全く話題にならないけど.....面白いよ、これ。

なんか、誰も見てない感じだけど、これ面白いよ。

ゲーム本体は未プレイ、なんもわからないまま見始めた当初は面白さがわからなかった。

1話冒頭の普通のアニメ部分を見て、「よくあるゲーム原作のクソアニメ」と思って止めなくてよかった。これはあくまでもフリの部分。



何で被り物してんだよ!

とか、

被り物取ったほうが強ええだろ!

って突っ込みながら見てたら、登場人物自らそんなセリフを口にする。

最終回終盤の展開とセリフ、シュールなギャグなどもとても良かったと思います。

ただ、見返すとやっぱり序盤の数話が弱く、3話で判断する人だと、リタイアしても仕方ないのかな...とは思う。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 3

56.8 3 ネットゲームアニメランキング3位
.hack//Roots[ドットハック ルーツ](TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (106)
733人が棚に入れました
西暦2017年、世界最大のプレイヤー数を誇るネットワークRPG『The World』。司やカイト達がプレイしていた時から7年が過ぎ、現在は『The World R:2』として運営されている。
前作より格段にバージョンアップされている『The World R:2』だが、プレイの自由度が高い故に秩序は崩壊していった。現実逃避から『The World』を始める者が多く、ハセヲもその一人だった。
キャラクター属性黒の錬装士を選んだハセヲは初めてログインし無法地帯と化した世界でいきなりPK(Player Kill)されプレイする気を無くす。そこにオーヴァンと名乗る見知らぬ男性PC(プレーヤーキャラ)に蘇生されるが不可解に感じ、その場を離れる。しかし、『The World』内で特異な存在として知られているオーヴァンとの接触はハセヲを孤立させていくのだった。そんな中、オーヴァン率いるギルド『黄昏の旅団』の一員の少女キャラ・志乃(しの)との出会いがハセヲを変えていく…。

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ロストワールド

前作の未帰還者事件が一応解決した後で
リビジョンUPされたThe World R:2を舞台
にゲーム内の出来事を綴った話。

ゲームキャラの描写が主ですが、会話等
に「マニュアル」を読めとか「電話が来た」
といってキャラが放置状態になる描写や
可愛いPC(プレイヤーキャラ)が野太い声
の男性だったり解りやすく描写している。

あくまでゲームのプレイヤーと強調する
シーンを織り混ぜているのが特徴。

冒頭から意味ありげな伏線を張った展開。
音楽 - ALI PROJECT世界観に浸れる。

高校の友人の勧めでゲームを始めた主人公
ハセヲ「櫻井孝宏」は聞いていた話と大きく
違い・・PKが横行する殺伐とした雰囲気に
戸惑いを隠せなかった・・どうやら聞いて
いた世界観はR2以前のゲームの話・・

PKされた所をオーヴァンに助けられ一応は
もう少し続けようとするが、モラルの低い
プレイヤーにカモの様に狙れ心が折れそう
な時・・志乃に出逢う・・

二人が所属する「黄昏の旅団」・・

旅団に入ったばかりのタビー「 豊口めぐみ」
旅団の先輩「匂坂」置鮎龍太郎の交流を中心に
キー・オブ・ザ・トワイライトの謎を追う。

謎に近づくに連れ・・ゲームの根本を脅かす
大きな問題に直面してしまうというもの・・

唯一ハセヲが自分から接するフィロ「滝口順平」
が・・何とも云い難い味わい深さを出してる。

中々謎に辿り着かず、少し謎が溶けると別の
大きな問題が起きて更に謎が深まる仕様。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 1

ストライク さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ごめんなさい

ゲームはやってないし、このシリーズは この作品が初見


う~ん
つ、つまらん
8話で断念><
良さが解らなかった・・・

8話までバトルなし
かと言って、ログホラのような改革する訳でもなし・・・
最初から謎ばっか(前作を知らないからか?)
全然話が進行しない
何がしたいのかわからない
キャラが魅力的でなくて感情移入できない
ログアウトできるのに、リアルが描かれてない
なんでそのゲームで遊んでるの?
何がおもしろいの?
全然伝わってこない
なので、眠くなる
こりゃ苦行だw
時間勿体ないと判断しました。

唯一心残りは、志乃役 CV- 名塚佳織さんの声が好きなんだけど、最後まで完走できなかった事ですね。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 26

coldikaros さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

完全にゲームの序章を描いたアニメ

これはゲームやらないと最後まで見たところで、すっきりしない作品です。
なんせこの後の話がゲームに繋がっているからです。
.hack//signは序章を描いている作品でありながらそれ自体に魅力を持っていたのに対して、この作品はまるっきりゲームの序章になってます。
はっきり言ってあんまり面白くはないです。
というより、.hackという作品群はアニメやマンガ、ゲームといった様々なものにメディアミックスすることで初めて一つの作品とするという珍しい形態をとった物です。
その上で、物語の枢軸はあくまでゲームであると言っているのでアニメに全てを求めるのは筋違いではあるでしょう。
とは言っても、signより面白くないのは確実なのでもう少しちゃんと出来たんじゃないかなと思わされるアニメです。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 3

57.1 4 ネットゲームアニメランキング4位
銀の墓守り(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★☆☆ 2.9 (66)
360人が棚に入れました
主人公・水銀はプロ級の腕前のゲーマーだ。しかしその腕前を知っているのは、クラスメイトの陸怜だけ。ある日、水銀は陸怜からゲームのデバイスをもらう。喜んだのも束の間、突如、陸怜は誘拐されてしまう。残されたゲームのデバイス…水銀が手を触れると、その中に吸い込まれてしまった! このデバイスの中に広がる仮想世界とは何なのか?水銀はそこで何を見つけるのか?

声優・キャラクター
福山潤、斉藤佑圭、小清水亜美、西田望見、水樹奈々
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

う~ん・・・。評価が出来ないアニメ

原作は中華のウェブコミックらしい。
当然、未読。12話まで視聴。
15分のショートアニメ。

前半はゲーム+ラブコメ。物語の導入的な話。
{netabare}第6話のラスト、わずか30秒足らずでまとめられるほどの内容。
内容が薄いのか、展開が遅いのか?{/netabare}

後半はゲーム+バトル。
{netabare}主人公はゲームの世界に連れていかれ、バトルを始めるが・・・。{/netabare}
後半は、話にまとまりがなく、とっちらかっている印象。
{netabare}そもそも、主人公はヒロイン・陸怜を助けたかったはずだよね?
この展開がヒロイン救出にどうつながるんだろう?{/netabare}
様々な疑問を残したまま、第1期は終わってしまいました。
第2期は来年1月からあるそうです。

何一つ解決しないまま第1期が終わってしまうアニメは、正直、初めてでした。
「斬新」というか何というか・・・。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 17

ハウトゥーバトル さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

強い=モテるわけじゃない

視聴理由 特になし

序盤 キャラの名前が…

中盤 えぇ

終盤 え?終わり

この話は人気ゲームがかなり力を持った話
ジャンルはバトル・ラブコメ・主人公最強
ゲームの金が現実で使えるとか…そんな馬鹿な。不正プレイヤーもっと重罪になるじゃん…出来ないだろうけど
この話は中国のマンガ原作らしいです。そして原作を軽く呼んでみたところ(中国語読めない)、かなり内容が違いました。何を言ってるか分からなかったのもありますがあまり面白くなさそうでした(原作が)。アニメの方も単調な芝居が続くだけでした。展開が進んだと思ったらトンデモご都合で、おもわず「え?」と言ってしまいました。
バトルシーンもよく分からなく制作側のロマンなのでしょうがただただ「無駄な動き多すぎw」としか…
ラブコメ要素もごっこ遊びとしか思えないクオリティ。強い=モテるわけじゃないからね。全国の中国男子達
とにかく「内容が薄い」というのと「要素が不完全」が主な批判の1つですね。
ラストも「え?終わり?」みたいな感じでした。いわゆる「俺たちの戦いはまだ始まったばっかだ!」みたいなやつです。しかし、安心してください。2期がございます。2期に期待しましょう

監督は大倉雅彦さん。監督は今回で2回目だそうですが、もう少しどうにかならなかったんですかね
シリーズ構成はきむらひでふみさん。「キディ」両作のシリーズ構成を担当した人です
キャラデザは津幡佳明さん。
制作は絵梦さん。中国のアニメ会社です

作画は普通。特に何もないけど頑張っているのは伝わった
opはボカロPでもあり歌い手でもある最古参ユーザーの一人、トゥライさんこと湊貴大さん作詞曲、ブラック・ブレットedを作編曲した齋藤真也さん編曲、青の祓魔師京都編edを歌った暁月凛さん歌唱の「マモリツナグ」
edは張匯泉さん作詞、銭襄さん作編曲、RiyOさん歌唱の「The Game」
声優さんは無駄(とかいったら大分失礼ですが)に福山潤さんを中心とする有名さんを使っていましたが、正直合っていないと思いました。福山潤さんは使うべきとこで使えば物凄い良キャラになり物語に多大な印象を与えるのですが今回はあっていなかったように思います。おかげで「名前だけで選んだ」みたいな印象がついています。声優さんにも失礼ですし、ちゃんとオーディションした結果なら制作側にも本当申し訳ないのですが、実際そう思ってしまいました。

総評 見るというなら止めはしないけど、話題には出さない

投稿 : 2020/09/19
♥ : 5

chariot さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

カオスすぎる…

中国の漫画原作(らしい…)のショート15分枠、全12話。
(2018年1月から2期予告あり)
ジャンルはゲーム+バトル+若干恋愛っぽさもありつつ…

主人公・陸水銀(りく すいぎん)はネットゲーム「ダンジョンセンチュリー」で陸怜(りく れい)と出会う。
……あらすじ書きにくい。。。


えーと…
まず観終わった感想としまして……笑いました。
2期あるとか知らなかったもんで最終回らしさもなく問題も解決せず「なんじゃこりゃ」状態。
元々の構成がとっちらかった作りだったせいか、ここで終わりと言われてもその程度の作品かあ、ぐらいにしか思えないのが痛いですね。。
なのであまりのカオスさに笑いが……

2期やるだけの何かがあるのだろうか?
来年1月になるまでに現在の状況を覚えていられるだろうか?


物語2.5
序盤はそれほど悪くないように思いました。
水銀が陸怜と出会い、想いを募らせ、ゲームサービス終了となる辺りまではネットを介した恋愛物として比較的よくある形ではあるものの見られないほどではなかった。
しかし中盤で話が大きく動き出した途端状況が転々とし何をしたいのか解らなくなるという状況に。
(水銀って陸怜助けたいんじゃないの?)
シーンはつぎはぎだらけで主人公ですら行動原理の不整。
ショート枠では…というレベルではなく話の構成に問題があるように思いました。


声優4.0
特に演技が良かった訳でもないんですがベテラン勢を揃えている所で加点。


キャラ3.0
人数はそれなりにいるけれど魅力を感じられるキャラがいないので減点。
個人的にワンチョイ(水銀の猫)は可愛かったが後半出番なし。


まとめ。
ショート作品なので暇な時にでも…とお勧めするのも気が引ける気もしないでもない……
じゃあなんでお前は最後まで観たのか?と問われると……
正直「惰性」以外答えようがない……

キャストとか見て好みの声優さんがいたら見てみてもいいかもしれない。




気になる所:
陸怜。
水銀も父である遊七も常に「陸怜」と呼んでいたが、陸は苗字じゃないのか??
「陸 水銀」「陸 遊七」「陸 怜」じゃないのか??

水銀のアバター。
鉄仮面にランニングとブリーフって…
ただの変質者だよ(笑)

投稿 : 2020/09/19
♥ : 7

57.3 5 ネットゲームアニメランキング5位
銀の墓守りII(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★☆☆ 2.9 (18)
87人が棚に入れました
新しい仲間を増やすために、水銀が「グレイブバスター」の初心者教程に参加する。そこで水銀はクラスメイトのシャア、バーチャル格闘ゲームの世界大会にて3年優勝した・ティターンと出会う。彼らを指導する美女教官・リンが出した彼らの初心者任務は、リンを倒す事…

声優・キャラクター
福山潤、斉藤佑圭、谷昌樹、小清水亜美、阿澄佳奈、保志総一朗、西田望見、菅生隆之

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

電脳世界の物語…盛り上がってきたと思っていたのに…

この作品は言わずもがなですが「銀の墓守り」の続編に位置する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前期を未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

物語の主人公である陸水銀は貧乏苦学生で、生きるためにバイト三昧の日々を過ごしていました。
そんな彼の唯一の楽しみは、無課金でも十分に楽しめる「ダンジョン・センチュリー」というネットゲームに没頭すること…

彼がゲームにのめり込むのはゲーム自体の面白さもあるのですが、ゲーム内で心動かされた人と唯一無二の時間を共有することができたから…
それでもそんな時間が長くは続かないのがこの手の作品のお約束…

陸水銀と彼女の唯一の接点であったゲームのサービスが突然打ち切られるだけでなく、二人にとってはこれ以上無いほどの最悪が待ち受けていたのでした。
でも、陸水銀が激しく落ち込んだのも束の間…彼女に繋がる手がかりを手繰り寄せその身を投じていく…

これまで以上の強敵と厳しいルールを乗り越えて前に進む水銀…
どんなに苦しい局面でも決して目を逸らさず進み続けた水銀…
そして「俺たちの冒険はここからだ…」的な感じで1期の物語が幕を閉じました。

日本の旬な作品と比べるつもりはありません。
でも、物語の展開自体はこれまでのハオライナーズ枠の中では面白い部類だと思います。
それに声優さんだって…
2期から登場するもう一人のヒロインという立ち位置であるファリンのCVは西田望見さん…
そして1期から小清水亜美さん、浅倉杏美さんや奈々様が出演している上、2期からあすみんも登場するという、この豪華声優陣を見たら心だって踊ります。

だから個人的にはこの2期の放送が結構楽しみだったんです…
そして見始めてもその気持ちは継続していたというのに…

何で6話で突然終わっちゃったんでしょう…?
しかも、物語の脈絡は何一つ変わらない状況で…

最近、日本の作品でも0.5クールで放送される作品が出てきています。
それでも短い尺ながらも視聴者の腑に落ちる結末がきちんと用意されています。
それはある意味当たり前だと思うんです。
何故なら世の中に発信するという事は責任を伴うことだから…

どんな製品、商品、サービスを取ってみても中途半端なモノは基本世の中に出せませんし、仮に出したとしても淘汰されるのがオチだと思います。

でも、一番こんな展開を一番悔しいと思っているのは作り手の皆さまなのでしょう…
自分の全部をつぎ込んで作品を作り上げるんです…
色んな思いを馳せながら何度も苦しみを乗り越えて放送まで漕ぎ付けた…なんて事は、きっと一度や二度ではなかったと思います。

自分の全てを出し尽くして最後まで作り切った上での評価なら、どんな評価でも甘んじて受けることでしょう…
だって、例えどんなに耳の痛い評価でも、その中に自分にプラスになる要素が含まれているのですから…

でも、完走できない事に対する評価…自分の全部を出し切れない中での評価って、自分にとって何のプラスになりません。
これって自らをもっと研鑽したいと切磋琢磨している人にとっては、苦しみに値するのではないでしょうか。

そしてそれは出演された声優さんに対しても同じことが言えると思います。
忙しい皆さんがこの作品のために時間を割いて、最高のパフォーマンスで作品を後押ししているというのに…
根幹がポッキリ折れてしまっては結局痛みしか残らないと思うんです。

せめてどの様な贔屓目で見ても中途半端で投げ出したと言わざるを得ないこの状況について、しかるべき方による説明責任があるのではないでしょうか。

限りある日本のTV放送の枠に入れ込むための苦渋の選択だったのか…
はたまたもっと違う大人の事情が絡んでいたからなのか…
真実は闇の中ですが、視聴者としてはこんな終わり方は残念で仕方ないのが本音です。

オープニングテーマは、1期と同じ暁月凛さんの「マモリツナグ」
エンディングテーマは、クラスメートさんの「君 君 君」
オープニングは1期の時から好きだったので、聞いた途端色々な懐かしさを感じました。

0.5クール6話で本作品は幕引きしましたが、続きの気になる人が続出する終わり方だったと思います。
次期に向けての布石だったのでしょうか…?
きっと物語はここから更に面白くなる様な気がするので、続きが制作されるなら是非視聴したいと思います。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 11

chariot さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

魔法戦争もびっくりの結末…

中国の漫画が原作っぽい全6話。
1期は15分枠で12話でしたが2期は30分枠で6話です。
1期観ていた方がまあいいんですけどカオスな話なので観ていても観ていなくてもよくわからないのは同じなんじゃないかと。。


えーとストーリーがなんだと語るのももう面倒な感じですが、とりあえず衝撃的だった事が「打ち切りじゃね?」という感じの終了です。
終わるの知らなかったし何より全く話が終わってないし。
俺たたエンドなんてモノも世の中にはありますが…それどころじゃない。
ED終了後に表示された「最終回となります」の文字に、はい????え…いま幻覚が見えた???ぐらいびっくりです。
1期終了時も「これで終わり??」ってぐらいの終わり方でびっくりしましたが最後に2期放送決定が告知されたので「だよね~」と思ったりしたのですが、今回はもう思考が追いつかないレベルでびっくりでした。
もうこれは新手のドッキリなんじゃないかとか、これで話題を取ろうとしてるとか、色々考えちゃったりします。
まあ全く人気のない作品であった事はわかっていますし、当然円盤の売り上げも期待出来ない状況なので仕方ないとも思いますが…
もう出演声優さんたちはどんな気持ちで演じてらしたのか考えると……
声優さんたちは頑張っていましたし、OPも1期と同じでしたが耳に残る良い曲でしたし、EDも可愛いので声優と音楽は3.5にしました。


とりあえずおススメはしないというか、出来ないです。
数年後に3期とか始まったりしても観る気力がないように思います。

…久しぶりだなあ…ここまで観て損した感のある作品って。。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 7
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

第1期を完走したので、使命感だけで第2期も視聴しました

原作は中華のウェブコミックらしい。
当然、未読。

第1期は15分のショートアニメだったけど、第2期は30分物なんだそうだ。
しかし、全6話とは、なかなか斬新な・・・(笑)

第1期をざっくりおさらいすると、フルヘルメット以外は下着姿という最低ランクの装備で敵を倒している伝説の無課金マイスターの「陸水銀」が、トーテムズにさらわれた「陸怜」を助けるために『グレイヴバスター』というゲームの世界へ行くお話。

ちなみに「陸水銀」は、{netabare}「墓荒らし」を名乗る何者かに殺害された祖父「陸遊七」から、100億円を贈与されている(グレイヴバスター内で課金されている状態)。

課金額=ゲーム内での強さという世界。
そう。水銀はゲーム開始時点で「最強級のプレイヤー」{/netabare}という位置づけなのです。

以下、各話レビュー的なものです。
{netabare}
第1話
なかなか話が進まねぇ。第1期と同じ症状だ。

第2話
課金額=ゲーム内での強さという世界。
ボンボンのティターンが1億円を課金したが、軽く圧倒する水銀。
トーテムズの幹部「北風」になすすべなく敗れた後の、水銀のセリフ。『あのチート野郎!』は少しウケた。
人のこと言えるか!

第3話
現実世界に戻った水銀。ファリンと合流。
で、『グレイヴバスター』のステージ18へ・・・。
そして、ステージ18のボス「アスラン」との戦いへ。
ところが、水銀の前にトーテムズのメンバー「西風」が現れる。

第4話
ステージ18のボス「アスラン」との決戦。
アスランの急所に陸遊七の記憶が封印されているらしい。
分かるような分からないような理屈で水銀が勝っちゃった!
 
第5話
アスランとの戦いのその後・・・。
シルバーバックのメンバーと『財力値』争い。
まあ、当然のごとく圧倒する水銀。

で、ステージ0の入口へ・・・。
そして、陸遊七がアスランの中に封印した記憶を取り戻す。
同時に、良い装備を手に入れる。

西風の力で、久々に陸怜と言葉を交わした水銀。

第6話
ステージ0に付いた水銀たち。早速、陸怜の元へと向かうのかと思いきや・・・。

大暴れしているプレシャスの幹部・藍田玉を食い止めるために引返す水銀。
ところが、いきなりピンチの水銀。
すると、トーテムズの幹部・パープル(北風)に助けられる。

藍田玉はビリオンプレイヤー(10億円課金という意味らしい)一歩手前の存在。
なにやら『Lone Star Grade』の称号を得ないとビリオンプレイヤーの仲間入り出来ないんだそうだ。

水銀は、遊七から、『墓守』の称号も得ていたので、ビリオンプレイヤーなんだそうだ。

で、なんやかんやで藍田玉たちとともに、トーテムズのリーダー・テムジンの元へ・・・。{/netabare}

で、終わり!?
はぁ~!?
いやいや・・・。本番はここからではないのか?
まさか、第3期に続くのか!?

投稿 : 2020/09/19
♥ : 16

計測不能 6 ネットゲームアニメランキング6位
アラド:逆転の輪(TVアニメ動画)

2020年夏アニメ
★★★☆☆ 2.4 (7)
30人が棚に入れました
アラド暦1013年の夜、マント姿の男が月光酒場に現れた。男の座ったカウンター席に後ろでは若い冒険者たちがかつての「魔界大戦」の話題で盛り上がっていた。光すら差さぬ魔界、姿を消した使徒、そして4人のウェポンマスターの武勇……その内容はあまりにも大げさで、男は思わず酒を吹き出した。彼らをばかにしたわけではない、男はただ昔のことを思い出しただけだった。魔界大戦の経験者ではないかの問いかけに男は伝説を語りはじめる……。

声優・キャラクター
小野友樹、内山昂輝、花守ゆみり、近藤孝行、石川由依、高橋李依、鈴木崚汰、内田秀

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

そんな悪いわけでも無いけれど… 魅力は感じない

TV放送していたので見てみました。
最初から主人公が登場せず、伝説の戦いとか頂上決戦を描く、というやり方なのかなーとは思いました。
その割にはそんなに強そうでもないような…。

まあ主人公はツンツン頭の人なんですよね。
主人公が好感が持てるかまだわからない段階ではありますが…

正直この時点で興味は惹かれなかったです。
キャラが特段格好いい、可愛いと思えなかったですからね。
今期も本数は少なそうなのであまり厳しく切る必要も無いのでしょうけれど、特に面白くないアニメを見るなら他のことをしたいです。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 1

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

常にへそ出しパケ絵ファッション<40>

1話視聴。
0話を丸々観せたのに、それとは世界観が違っててなんか特殊能力学園モノでやけに唐突感のある始まり。
どういう人が何をやってるのか不明なまま話が進んでいく。
その辺はゲームで知ってねってことなのかもしれないが、アニメから入るとよくある設定のよくあるキャラがよくある話をやってるって流してくしかないですわね。
そんなモンを原作ゲームのファン以外が見る理由ってありますかねー
主人公が召喚先に飲み込まれるヒキだけはよかったけど、どうせゲームゲームした展開でどーとでもなるんだろうし、もういいかな。

3翻<45>
0話視聴。
0話から始めるアニメに当たりなしという格言がございますが、韓国のゲームのアニメなんですねー。この時点で3翻載ってるよ。
80年台OVAみたいなシリアス調キャラデザにノスタルジーでも感じればいいんですかねー。
内容は説明不足も相まっていかにもゲーム。
圧倒的な力の差の描写からすると手加減して戦ってくれてるとしか見えない優しさバトルにもうドッキドキ。
まあコロナ禍で本数減ったし、第1話くらいは・・・ってなところ。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 0

みゃー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

私にとっては懐かしのアラド戦記

ダンジョン&ファイター(日本でのタイトルがアラド
戦記)という韓国発のネットゲームが元の作品。

私このゲームめっちゃやってました!ww

初めて触れたネトゲーでしたし学友と一緒に
やっていたので学校での話題はほぼアラドw

やれアバターを揃えたいだの、スキル振りを
どーするかだの、武器の強化に失敗してお金と装備を
失っただの、話題が尽きることはありませんでしたw

現在でも韓国と中国では凄まじい人気らしく8月には
中国でモバイル版がリリースされるのですが…


なななななんと!!!事前登録者数が5500万人到達
してるみたいです!!規模がイっちゃってますねww


さて、話をアニメの方に戻しますw

10年ぐらい前にも1度アニメ化されましたが
作品自体に繋がりはありません。

ゲームをやっていた身としては物語上の伝説的な
人物達が出てきているので懐かしさも相まって
一応視聴は継続しておりますが、物語内の専門用語
などの説明がなされていないのでゲーム未経験者が
置き去りにされることはおそらく必至ですw

ゲーム未プレイの方には視聴はオススメ出来ません。

もし興味ある方はアニメ見るより
ゲームをプレイしてみてくださいw

アラド戦記楽しかったなぁ…(遠い目w)

投稿 : 2020/09/19
♥ : 6
ページの先頭へ