ピクチャーマジックおすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのピクチャーマジック成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月12日の時点で一番のピクチャーマジックおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

60.0 1 ピクチャーマジックアニメランキング1位
ラムネ(TVアニメ動画)

2005年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (146)
1009人が棚に入れました
ある夏の日、都会から海岸沿いの小さな町に引っ越してきた幼い主人公と妹。様々な出会いと思い出を重ね、やがて気づく「お互いの距離」。「普通の日々」が特別なものであったと気づいた時、主人公とヒロインたちの物語は……。

各シナリオのポイントに「ラムネ」が印象的に登場し「夏」と物語を盛り上げる。

声優・キャラクター
谷山紀章、後藤邑子、友永朱音、佐藤美佳子、やなせなつみ、田口宏子、新谷良子、鳴海エリカ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ふ、ふつうですね・・・(変な感じのするところは抜きで)

18禁ゲーム原作のアニメである。

好きな声優が出るというので見てみたんですが

やっぱり物語は普通でした。まあその声優の役の

ルートだったので声だけは聞いていて良かったです。

内容的なことを言うと主人公が事故を起こしたあと

1年も眠っていたのに肉体への損傷が少なすぎです。

意識不明なら体はどんどん痩せていくのに・・・。

まあ、そんなツッコミを入れながら見た作品でした。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 11

えんな さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

特にこれと言って

主人公がヒロイン一筋ってくらいで、印象に残るものが無かった。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 10
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

後藤邑子さんのおっとりヒロインは癒される…

「NG騎士ラムネ&40」とは何の関係もないエロゲ原作ラブコメ。タイトルの意味は途中で回収される。

夏の海辺の田舎町が舞台で「AIR」序盤のほのぼのとした展開がずっと続くような内容。のんびりまったりしているので日常アニメの感覚で見るといいと思う。
毎回、登場人物の幼少期の回想シーンから始めることでキャラクターの成長を描いているのが特徴になっている。

恋愛描写については一見ハーレム物に見えるが、主人公と七海は最初から結ばれているのでハーレム感はそれほどではない。
最近の恋愛アニメはドタバタしたりギスギスしたりと見ていて疲れる作品が多いが、この作品はメインヒロインの七海が癒し系キャラでのんびりしている。後藤邑子さんのふぁ~みたいな感じの良い意味で間の抜けた演技が心地よい。
原作はぽんこつシリーズと称しているそうだが(「ポンコツヒロイン」という言葉の起源らしい)、七海はしっかりしている方でむしろ主人公の方がぽんこつに感じた。

中盤からはしみじみした話が多くなる。4話の多恵先輩の話は良かった。
{netabare}11話終盤で超展開になるが(「君が望む永遠」の男女逆パターン)1年間昏睡してたらしばらくは全く動けないよね。リハビリもしないが他の作品ではその辺はちゃんと描いているんだが…「僕だけがいない街」では昏睡中の体のケアをしっかりやっていたし。それはいいとして、最後の親同士の再婚話の顛末を見たかったw{/netabare}

作画は悪い回もあるが(背景の出来が良いだけに目立つ…)、キャラデザは最近では見当たらない味のある絵だとは思う。7話のクレイモデルの予告は未来日記を思い出した。

あとどうでもいいことだが、2ch(現5ch)で麦わら帽子をかぶって両手を挙げて笑っている女子のAAをよく見たが、この作品の七海だと気付いた。
{netabare}それと「帰宅部活動記録」のしりとりの「る攻め」をやっていて感動した。{/netabare}

投稿 : 2020/08/08
♥ : 5

54.7 2 ピクチャーマジックアニメランキング2位
ソウルリンク Soul Link(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (52)
341人が棚に入れました
西暦2045年。中央士官学校予科3年の相澤涼太は、先輩の七央や同級生の沙佳らと共に、国際宇宙港に集まっていた。宇宙研修のため、周遊型スペースステーション・アリエスに向かうためだ。やがて一行はアリエスに向けて飛び立ち、涼太の初めての宇宙研修が始まった…。

Shemhazai さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

良い部分と悪い部分が

エロゲ原作。声優は原作リメイク版と一緒で個人的に嬉しく、音楽も本編含め素晴らしい。が、作画は安定せず、1クール故か物語も今一つ、登場人物達の特徴もあまり生かされず終了、と惜しい部分が目立つ。これを見るくらいなら原作を推奨するが、原作も個人的にオススメまでは出来ない。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 15

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

スリルリングな雰囲気は味わえた。

2006年4月~TV放送アニメ。全12話+特別編※一部規制有り。
2004年12月にNavelから発売されたアダルトゲームが原作。

西暦2045年の宇宙ステーション「アリエス」を舞台にしたSF物
で、陰謀に巻き込まれ、戦いに翻弄されつつ謎に迫るなかで
本当に隠された真実に辿り着けるのか?というサスペンス。

エログロ傾向のアクションや陵辱などを含むシリアスで陰惨
な描写を含む内容でした。TV放送はディレクターズカット等
R15他何らかの規制をして放送した様です。

一部の表現や描写がTV放送には不向き不適切というもので、
基本的には如何にもアドベンチャーゲームが原作というよう
内容で、緩急にラブコメ等の他コミカルな描写等も多少有り
ますが、基本はシリアスでサスペンス煽りが多かったです。

敵から身を護る為のアクション等もそこそこ有りますが・・
動きはそれほど良くなく、演出がそれなりでギリギリな感じ。

キャラデザ等も良く崩れますが必要な場所ではそつなく・・
デザイン自体も、特に良くも悪くもなく普通かなと感じた。
展開も比較的セオリー通りで、そこそこ次の展開が気になる
感じで、演出は上記の通りスリルを煽る感じも良く感じた。
音楽も特にチープな感じもなく、普通に雰囲気に合った感じ。

10.5話の特別回想編 -CELLARIA/NANAMI-を含めても全13話で
短いので、展開や諸設定等に興味が有る内にどんどん進み、
勢いがあるうちにクライマックスを迎えるので割りと見易い。

特にこのアニメでなければ、という固有の推しが無いので、
根明なハーレム系アニメの規制とは違う部分での規制云々が
推しみたいで、明確に視聴者を分けてしまいそうな作品かな。



相澤 秀平:伊藤健太郎、幼少期:小林ゆう
中央士官学校本科2年。頭脳明晰にして運動神経抜群。
予科(少年科)を2年飛び級して本科に入学したエリート。
仲間達を代表する統率力と行動力があり正義感も強い。
少々デリカシーに欠如した軽い性格で一般常識に疎い。

相澤 涼太:荻原秀樹、幼少期:井ノ上奈々:秀平の弟。
中央士官学校予科3年。おっとりとしたマイペース派。
争い事は好まず、やや流されやすく引っ込み思案な性格。
周囲に振り回され易いが、正しいと信じた事は譲らない。
秀平がいない間、仲間を纏めるリーダー的存在となった。


森崎 七央:佐久間紅美:相澤兄弟の幼馴染で秀平の恋人。
中央士官学校予科4年。医療班に所属。清楚な美少女。
確り者で真面目で努力家。お嬢様育ちの為やや天然気味。
家庭的でお菓子作りが趣味。他人へは優しく親切。

永瀬 沙佳:増田ゆき:乗り物の運転センスは天才。
中央士官学校予科3年。予科では委員長を務めている。
乗り物マニア。既に大半の乗り物の操縦免許を取得済み。
積極的であり責任感が強い。黒髪ロングの活発な美少女。

新田 亜希:大野まりな:猫被りだが勝ち気で生意気。
中央士官学校予科1年。金髪ツインテールの美少女。
異母兄の和彦とは仲が悪いが、心の奥では信頼している。
天才的頭脳。特にコンピュータ関係の扱いに長けている。

ユウ=ヤマナミ:嶋方淳子:謎が多く
アリエスに取り残された民間人女性。戦闘能力は高い。
緑色ロングの髪を横にまとめ横ポニーテールにしている。
寡黙で冷静沈着で他人との接触を嫌い、単独行動を貫く。

稲月 ななみ:柳瀬なつみ
民間人の少女。いつも笑顔でいるムードメーカー。
食料倉庫に隠れていたお菓子が大好きな食いしん坊。
性格は外見同様に幼いが、やたら物覚えが良く勘も鋭い。

セラリア=マーカライト:手塚ちはる:合衆国国籍の軍人。
中央士官学校の女性教官。英語、機械技術、特別演習。
「特別交流プログラム」制度によって招かれた臨時講師。
眼鏡をかけ冷静でクールに見えるが意外と情熱家である。

カレン=タチバナ:庄子裕衣:底抜けな明るい陽気な性格。
南アメリカ大陸の出身の日系人の子孫で日本語が堪能。
戦闘能力は高く勘も鋭い。ただし人情に弱いところがある。
元々は正規の軍人であったが、現在はハララクスの一員。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 3

Moji さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

宇宙ステーションでの学園アニメ

宇宙ステーションでの楽しい学園生活のはずが、テロリストに占拠されてしまう。
こんなのが仕官になって大丈夫か?みたいな生徒なので、最初の数話はガマンが必要。
テロリストが活動を始めて、これからと思ってもテロリスト側もたいしたことがないのでガマンが必要。
ギャグアニメにするか、もっとまじめに行動してくれればいいのにと、イライラがつのる。
しかし、所詮エロゲー原作、「いやー、未来は平和でいいねぇ」と思えば、腹も立たなくなり、見事完走できた。
本来ならば、感動のシーンであるはずの場面が、登場人物たちのダメっぷりで全て台無し。
これ、設定やあらすじはよいのだから、キャラの性格と脚本練り直してリメイクすればかなりイイアニメになると思うのだが・・・。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 1

55.8 3 ピクチャーマジックアニメランキング3位
鍵姫物語 永久アリス輪舞曲(TVアニメ動画)

2006年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
179人が棚に入れました
「アリスの物語」をこよなく愛読する少年・桐原有人は、主人公・アリスと瓜二つの少女・有栖川ありすに遭遇する。しかしその時、有人が探し求めている失われたアリスの物語「終わらないアリス」を巡る争い「アリスロワイヤル」の戦場に踏み込む。その争いは全ての物語を集めると願いが叶うとされる「第3のアリスの書」を完成させるために、「メルヴェイユスペース(幻想空間)」でのアリス能力者=鍵姫たちの熱き戦いが繰り広げられていた。この時こそ、有人らのアリスを巡る戦いの幕開けだったのだ。

声優・キャラクター
清水愛、狩野茉莉、豊永利行、松来未祐、河原木志穂、浅野真澄、子安武人、かないみか、金田朋子、関智一
ネタバレ

ユニバーサルスタイル さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

鏡の中にあるのは少女の心

この作品は本当に素晴らしいと思います。
『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の作品世界をベースにとても不思議で幻想的な雰囲気が作り出されており、この作品独自のアリスの設定もまた魅力的でした。

全然知らない人に説明するならローゼンメイデンに似ている、と言った感じだと思います・・・。厳密には違うんですが。

「アリスの物語」を巡って少女達が幻想空間で戦います。
アリスの物語には少女の夢や希望を叶えてくれる、そういう力があるのだと思います。
自身の夢や希望を賭けて争った結果、勝者のみがアリスの物語を手にすることができます。
タイトルの「鍵姫物語」は、アリスの物語を開く鍵を用いて戦う少女達=鍵姫のお話という意味です。


こういう、いわばバトルロワイヤル自体はありふれていると思いますが、徹底したアリスの絵本のような雰囲気が独創的です。

舞台はヨーロッパのどこかにある街、小洒落た所です。
主人公達の通う学園も西洋風で華々しい香りがします。

街を歩いていたら突然異世界に迷い込んでしまうような、現実と幻想が混ざり合っているような不思議な空間。まさにアリスですね。

登場するキャラクターも、萌えを意識した美少女ではあるものの、煌びやかな衣装や高貴さを感じさせる人柄辺りに魅力を感じます。

近親、同性での危ない関係も耽美というか、素敵ですね。
主人公の妹のきらはちゃん、きらはの親友のキサちゃん。大好きです。


音楽も素晴らしかったです!
調べたら、伊藤真澄さんの別名義と聞いて。納得の完成度です。
伊藤さんの透明感のある音楽、アリスにマッチしてます。
サントラが欲しい位に、心に響く音楽でした。

この作品で最も魅力的なのは、清水愛さんの歌うED主題歌「記憶薔薇園」。
作曲しているのが伊藤真澄さんというのが大きいと思います。とても不思議で中毒性のある曲です。
これ一曲でアリス輪舞曲の魅力が伝わります。



ここまで褒めっぱなしですが、かなり不満も。

話の着地点、オチが微妙で興ざめしてしまいました。10話辺りでクライマックスを迎えたはいいものの、その後の展開が呆気なくつまらなかったです。

それから最後まで主人公の桐原有人に魅力を感じられませんでした。
正直こんなにイライラする主人公はあまり居ないかな・・と。

極めつけは、作画がひどい!!!
いや、この作品の作画は本当に許せないですよ。
作品の世界をぶち壊しかねないほど崩壊してます。確実に魅力を殺してます。
色々衣装とか背景とか面倒だというのは分かるんですが、もっと作画の質が高い状態でこの作品を見られたらどんなに面白かったかと思うと、悔しいです。

作画が悪くて憤慨することって滅多にないですけど、これに限っては許せません。




まとめると、作画以外は概ね素晴らしいと思います!
本当に作画以外は色褪せない出来。。。。
この作品の世界が大好きなので、リメイク希望です。




{netabare}
きらはちゃんマジ天使!あんなお兄ちゃんほっといてキサちゃんと付き合っちゃいなよ!
でも有人に熱い視線をぶつけるきらはちゃんが可愛いのも事実・・・歯痒い・・・。
きらはちゃんをください。
{/netabare}

投稿 : 2020/08/08
♥ : 12

k-papa さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ブラコン付きファンタジー

OPの霜月はるかさんのLittle Primroseがとても綺麗な曲で好きでした。
本の国との夢見るファンタジーと思いきや、
介錯さん原作なので変な色物が付きます。
お兄ちゃん思いの妹が絡んで変な愛憎関係が
入っております。

うーーん、よく出来た萌アニメとの印象です。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 4

浩平 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

お互いの心の物語を賭けて闘う百合アニメです

世界観はローゼンメイデンに似通っています。
まあ、設定はアリスなのですからそれは仕方ありません。

そして百合ものです。

少女はお互いの心の物語を賭けて戦うのです。

キャラでは「きらは」が個人的には可愛かったです。
彼女以外にもたくさん可愛い女の子が出てきますので、そういったアニメが好きであればオススメです。

最後に一言、「乙女の秘密に触れられるような作品でした。」

投稿 : 2020/08/08
♥ : 4

計測不能 4 ピクチャーマジックアニメランキング4位
Memories Off メモリーズオフ 2nd(OVA)

2002年1月1日
★★★★☆ 3.3 (3)
29人が棚に入れました
同名の人気ゲームのオリジナルビデオアニメーション版。主人公の少年・伊波健は、とある私立の高校に通う高校3年生。健は所属していたサッカー部の最後のトーナメント戦を終えて引退、大学受験に備えるために勉強を始めようとしていた。しかし、それまで自分の大部分を占めていたサッカーを失ったことにより、やる気が出ずまるで将来が見えない不安に陥っていた。それとは対照的に、優秀なピアニストの道を目指す恋人の白河ほたる。今も夢を追っている彼女を眩しく思い始めた健とほたるの間には、徐々に溝が生まれ始めてしまう……。

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

甘い夏の空気と寂しい秋の風。

KID制作の恋愛シュミレーションゲーム

『Memories Off』シリーズのOVA第二弾である。

全3話であるが3話で一貫したひとつのストーリー

を展開するので前作OVAとは少し違う感じです。

登場人物はMemories Off 2ndに出る主人公

とヒロインが出ています。(全員ではありません)

この作品はこのレビューのタイトルのように

甘く切なく寂しいといったひと夏のお話といった

感じです。

友情と恋愛感情の葛藤、揺れ動く二つの感情や

想いをどことなくしまえない切ない部分も持った

雰囲気を感じ、そして前を向いていけるそんな

風な作品だと思いました。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 7
ページの先頭へ