おすすめブーメラン人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメのブーメラン成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月23日の時点で一番のブーメランアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

80.3 1 ゴールデンタイム(TVアニメ動画)

2013年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (2019)
11022人が棚に入れました
東京のとある私立大学の法学部に入学した主人公・多田万里は、入学式の後に行われる新入生オリエンテーションの会場である学部キャンパスへ移動中、道に迷ってしまう。同じく道に迷ってしまった同学部の新入生・柳澤光央と出会い、意気投合した万里であった。なんとか目的の場所へ辿り着く目処がついたそのとき、2人の前に薔薇の花束を持った美女が現れる。彼女は花束を光央の顔に何度も叩きつけた後、その花束を光央に渡し「入学、おめでとう」とだけ告げ去っていってしまう。スタイルも身につける物も全てが完璧な彼女・加賀香子は光央の幼馴染みで、幼い頃に光央と交わした「結婚」の約束の実現を夢見て、さまざまな形で光央を振り回してきた。そんな香子から逃れるために、有名私立大学の付属高校からこっそり外部受験で現在の大学に進学してきた光央だったが、新入生オリエンテーションの会場でも香子は2人の前に現れる。香子もまた、光央を追って外部受験で法学部に入学してきたのであった。

声優・キャラクター
堀江由衣、古川慎、茅野愛衣、石川界人、木戸衣吹、比上孝浩、佐藤聡美
ネタバレ

エミール

★★★★☆ 3.7

半永久的に愛してよ♡

記憶を失った万里とリア充大学生活&恋愛模様。
こういう学生生活を送っていない人が見ると
ダメージあるかもです笑。

ギャグもあり、リア充でも色んなタイプがいますよね。
愛すべきバカタイプと利口なのか?アホタイプいるけど
これはどっちかっていうとアホタイプだな。いい意味で。
国公立でも笑わせてくれるような子は
知能高めのお笑い提供してくれるので
呆れながらも笑えるユニークな子が多くて面白い。


さて、レビューは以上で終わり。
視聴中ですが、もうそろそろ終わりを迎えるだろうし
いいだろって事で。

清竜人について、語ろうかなと思います(オイw)。

{netabare}

私、色聴もっているんだけど、この人の作る曲は色が凄く沢山ある。
凄い、凄いって感動してしまって、
こんなに色見えるの久石譲さん以来かな。
ニコ動でピアノ弾いてた子も
とても素晴らしかったけど、どこに行ってしまわれたのか。
楽しい!っていうのが凄く伝わって来る曲作るの。
だからこのアニメ、OPとEDで見てた感半端ないw


人は25歳迄に頭角を現すって個人的に思ってるけれど
25歳迄に培って来た物が多分人の基本になると思うんだ。
竜人さんは現在24歳。
伸びしろが凄くありそうで魅力的だなって。
顔はマツケンに似てるけどw
多分、彼は見えてる物が違うと思う。
楽しもうって、楽しいって表現してるのが凄く伝わって来て。
人生って楽しんでなんぼだと思ってる。


個人的にオススメは 

The Movement

http://www.youtube.com/watch?v=8DonVutIst0

Zipangu

http://www.youtube.com/watch?v=Kb3MjItjkw8

MUSIC予告PV
http://www.youtube.com/watch?v=jUe6snnk1kM


聞いていたり、PV見ると
とっても幸せな気分になるのです。

これはまた竜人さんとは別の話。
時々鳥肌がたって涙が止まらなくなるような
曲や歌に出会う事がある。
ああ、天才なのかなって思う。
知らない所で努力続けた人かもしれないけれど。
こんなのに巡り会えるっていうのだけ考えても
生きてるって幸せな事だなって。

今日はバレンタインということで
愛やら恋やらに思い馳せる方もいらっしゃるかと。
こんなのとは無縁なんだよ…とはおっしゃらずに
愛とか恋とか考えてみたり、曲聞いて見たり
本読んだり、アニメ見たり。
胸きゅんする日にしてもいいと思うの。

{/netabare}

って訳でこのレビューを書いてみました。
何でも考え方次第だよねw
とりあえずこのレビューを見た貴方にささやかながらプレゼント。

( ・∀・)っ■  チョコどぞー♪
ささやかながらに愛を込めちょります♡

投稿 : 2019/08/17
♥ : 45
ネタバレ

こうもり

★★★★☆ 3.5

良いんじゃないでしょうか

恋愛要素強めでラブコメをマイルドにブレンドした感じですね。

最初に言っておくとこの作品(前半部分のネタバレがあります)
{netabare} 友達以上恋人未満が恒久的に続く類の作品ではありません。序盤で成就し、その上で出てくる問題に向き合っていく類の作品になりますのでご注意を。 {/netabare}

奇人変人ばかり登場するとんでも設定のラブコメばかり見ている人(私もそう)には若干物足りないかもしれませんが、ずっと見てると結構面白いですよー。
基本がラブコメではなく恋愛アニメである事を強調しておきます。

※ゴールデンタイムが皆常識人で恋愛に対して真剣な人ばかりとは言ってませんのであしからず。

舞台が大学ということで、高校生とは一味違う大学生特有の(若干うっとしいw)ノリもリアルに表現されていたり面白かったです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4
ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0

とらドラと比較しないであげて下さいm(._.)m

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
原作者が、「とらドラ」の竹宮さんと言うことで、観られる前からハードルが上がっちゃった可哀想な作品。とりあえず、その先入観は捨ててあげたほうが、自分のためにも、作品のためには良いかもしれたせんね。

ラブコメ、というよりも恋愛もの。ファンタジー要素あり。キャラが変なんでコメディかと感じる時もありますが、本人たちはけっこう本気です。重めの話もチラホラあるんで、シリアス耐性ないとキツイかもしれません。私は結構楽しめましたが♪


《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
大学生の恋愛話を扱ってるのも珍しく、個人的にはプラス査定です。サークルの飲み方とか、校舎での遭遇の感じとか、懐かしくなりました。

私が思う大学生らしさって、「みんなウソついてる」ってことです。正確には、本当のことを言ってない感じ。

(地方出身者からすると)高校までと違い、自分の過去を知る人がいない大学では、ウソをつき放題、というか、格好つけ放題なんですよね。でも、互いに大人ですから、そのウソには薄々気付きつつも、決して触れない。そして、格好つけてる自分自身だって、「多分バレてんだろうな~」と分かりつつも、偽りの自分を演じ続けてしまう。そういう、ウソとウソとで繋がるのが、大学の人間関係です(かなり屈折した意見w)

でも、それじゃあやっぱり寂しすぎる。

だからこそ、酒を飲み、おおいに語らい、少しずつ距離を縮め、ある時、自分を全てぶっちゃける。すると、一生の親友にもなっちゃったりするんだよね、大学の時の仲間って。

その関係性って、ゴールデンタイムの登場人物達にも、共通する部分があるんです。だからこそこの話は、大学が舞台じゃなきゃダメだと思います。

重い話が大丈夫な人なら、とらドラを念頭におかなけりゃ、普通に楽しめると思いますよ。まっ、ラストは賛否あるでしょうが。
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 44

63.1 2 シャングリ・ラ(TVアニメ動画)

2009年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (328)
2215人が棚に入れました
21世紀半ば、止まらない地球温暖化に抗するため、国連はかつての京都議定書で取り交わされたCO2削減幅を大幅に上回る議決を強行採決する。
結果、経済市場は株価から炭素へ移行された。M7.5の第二次関東大震災が発生し、都市機能が完全に停止した東京都にも、炭素税は容赦なく課せられた。東京再生計画を打ち出した都は、アトラス計画を発動する。しかし、都民全員が移住するはずだったアトラスに実際に用意されたのは、350万人分のスペースだけだった。森林化により街は森に侵食され、その結果難民が続出した。
富裕層と貧困層、格差を産んだこの計画にゲリラの総統・北条國子が立ち上がる。
しかし、アトラス計画には別の目的が隠されていた。アトラスランクの真の意味とは、“後継者”とは何の後継者なのか。

声優・キャラクター
高橋美佳子、有賀由衣、井口裕香、石井真、中田譲治、大塚芳忠、堀内賢雄、京田尚子、石塚理恵、五十嵐麗、中村秀利、金田朋子、平川大輔、櫻井孝宏、中村悠一、福山潤、渡辺久美子、山下百合恵、三澤紗千香、柿原徹也
ネタバレ

モンドリ・ウッテ

★★★★☆ 3.7

「だから、オカマの銀ってなんなんだよ!」

これだけ豪華な声優陣をつぎこんで、これだけ独特な世界観を構築して、なかなかかわいい主人公や味のあるキャラをたくさん配置したにも関わらず、作品自体にまったく知名度がないのは、当時GONZOがそれだけ傾いていたってことなのか。

ただ、その独特な世界観にとっつきにくさはあるので、最初の何話かを観て終わりにした人は多いと思う。10話過ぎあたりからじわじわ面白くなってくるのだが、そこまで我慢して観るのはなかなかにしんどい。私もこれを週一で観るかと言われたら、そこまでの魅力は感じられなかった。

時代設定は近未来で、森、電脳世界、秋葉原、経済戦争、古代日本、レジスタンス、ドSとドM、などなどおおよそ相容れない単語がごった煮状態で存在し、消化しきれていない感は否めない。風呂敷広げすぎたな、というイメージ。


この作品を語る上で絶対に欠かせないのが、二人のニューハーフの存在。

{netabare} 主人公「國子」を影に日向に守り続け、その精神的支えになり続けた、ある意味一番男らしい男キャラ「モモコ」。
一方、もう一人の主人公「美邦」の母親代わりとして寄り添い、死んでもなお傍にあり続けた母性溢れる「ミーコ」。この二人がいなければ、私も最後まで観なかったかもしれない、と言うほどの存在感。{/netabare}

最後は涙を誘う展開もあるので、暇な時にどうぞ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

テモテ

★★★★☆ 3.6

惜しい

何事においても二言目には「エコ」が叫ばれる昨今をSFの形で風刺した作品なんでしょうか。

炭素経済と行き過ぎた森林化による格差の発生という着眼点が新鮮で期待していたんですが、炭素経済や石田ファイナンスのビジネスモデルにどう考えても無理がありやや興ざめ。
加えて後半からはオカルト方向に一気に舵を切られてついていけませんでした。

発想やキャラクターは魅力的だっただけにもう少し世界観をしっかり組み立てて、オカルトを排除した形でやってほしかったです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

ゆうき。

★★★★★ 4.4

作画で避けてたらもったいない名作

ストーリーの完成度が高く、まったく予想できない展開。ほとんどの登場人物にドラマがあって感情移入もしやすかったです。雰囲気はゲーム『穢翼のユースティア』に近いです。←これもオススメ!
政府への反逆行為、為替などの金融に興味があればより楽しめると思います。

第二次関東大震災により日本の都市機能は停止し、人間が生活できなくなってしまう。そこで政府はアトラスと呼ばれる新たな生活圏を作り出す計画を発表し、それから50年後の世界のお話。

しかし、50年経過してもアトラスの完成には至らず、アトラスに住む人々とそれ以外の人々の経済格差は拡大する一方。取り残された人間たちは政府に不信感を抱きレジスタンスを結成する。主人公の少女國子はレジスタンスに所属して、すべての人々に普通の生活ができるように戦うのだった。そしてアトラスに隠された秘密とは……。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

計測不能 3 がんばれ!マリンキッド(TVアニメ動画)

1966年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
9人が棚に入れました
1965年に本作の原型である『ドルフィン王子』を試作放映したテレビ動画が、主人公のビジュアルイメージはほぼそのままに、SF設定だけを大幅に変更した新作海洋冒険アニメ。真紅のスーツに身を包み、白いイルカのホワイティとともに海中を自由に泳ぎ回る少年マリン。彼は海洋研究者の父親とその仲間の研究によって、深海でも自在な活動が可能となった一種の超能力少年だった。酸素供給ガムによって長時間の潜水も可能なマリンは世界中の海をガード。海を荒らす悪人や自然の力による海難によって苦しめられる人々を、その驚異的な力で助けていく。TVアニメ黎明期における海洋SFものの、先駆的な作品のひとつである。

計測不能 5 ドルフィン王子(TVアニメ動画)

1965年春アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
2人が棚に入れました
高度な科学技術を導入した特殊ウェットスーツに身を包む少年ドルフィン王子。彼は脚部に水中を高速で移動できるジェットフィンを装着して世界の海を駆け巡る。王子の武器は、腕から外して海中でも投擲可能なブーメランで、その命中率は百発百中だ。王子はすばしっこくて陽気な性格のイルカ・シロと大の仲良し。海で悪事を働くものがあれば、このコンビがどこへでも出動する。CM製作会社・東京光映と、フジテレビの関連会社・共同テレビの共同出資で設立されたアニメ製作会社「テレビ動画」による海洋SFアニメ。わずか3話分しか製作されなかったが、国産TVアニメ史上では虫プロの『ジャングル大帝』に先立って放映されたカラー作品として、アニメ研究家に知られる。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ