おすすめユニフォームで梶裕貴な人気アニメランキング 2

あにこれの全ユーザーが人気アニメのユニフォームで梶裕貴な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月24日の時点で一番のユニフォームで梶裕貴なアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.2 1 MIX(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (40)
323人が棚に入れました
舞台は「タッチ」と同じ「明青学園」。「タッチ」の主人公「上杉達也」の伝説から約30年、今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・親の再婚によって、血は繋か?らないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花走一郎」と「立花投馬」は、明青学園・中等部の野球部に所属する 中学2年生。走一郎は捕手、打者として活躍。投馬は「ある理由」から三塁手を務めているが、人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。走一郎の実妹て?、投馬とは血の繋か?らない義理の妹「立花音美」も中学に入学し、2人の周囲はなにやら騒か?しい。やか?て高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか・・・

声優・キャラクター
梶裕貴、内田雄馬、内田真礼、花澤香菜、高木渉、井上喜久子

ZbpLG41863

★★★★★ 4.5

久々のあだちワールド

クロスガームが終わってからの久々のあだち作品です。

ナレーターは南ちゃんの声で、主題歌も爽やかでテンポよく、
あだちファンは序盤から引き込まれること間違いなしです。

設定は少しややこしく、主人公の投馬が小学一年生の時に、父親が再婚することにより、血の繋がらない兄(投馬と同学年、よくモテる)・走一郎と一つ下の妹・音美(メインヒロイン)と暮らすことになります。

物語は、中学2年から始まっており、7年も一緒に暮らしたためか、遠慮とか距離感とかそういうものはなく、3人は仲の良い兄妹のようにしか見えません。
兄二人は本当に妹思いで、走一郎の方は妹に対して少し過保護で悪い虫がつかないようにしています。投馬だけは信頼しているのか例外みたいです。

音美と投馬は熟年夫婦並みの安定感で、ギャグのセンスもそっくりです。
2人の関係が、仲の良い兄妹から恋人へとどう移り変わっていくのかが楽しみです。

野球の方は、走一郎がキャッチャーで投馬がピッチャーの兄弟バッテリです。走一郎の野球センスはずば抜けていて、頭も良く切れます。投馬の方はフォームの完成度など、技術力はまだまだですが、同年代のピッチャーと比べるとぶっちぎって強いです。
試合のシーンでは、この2人が攻守で大活躍し、特に、守備での投球は力強くて、バトルものと同じぐらい白熱します。

スポーツ、ほのぼの日常系コメディー、恋愛もの、様々な要素があり、
いろんな人が楽しめると思います。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 6

taijyu

★★★★☆ 4.0

あだち充は良いなぁ…

あだち充の漫画はサンデーの良心だと思っていつも楽しみにしていました。
いつも同じ、なんて言われますが、いつも同じく安定して面白い様は職人芸のようで素晴らしい。

ここ十年以上、サンデーは面白いマンガが少なくなって危険水域ですが、あだち充が居なくなったのも理由の一つだと思います。

本作はかつて大ブレークしたタッチの続編、ということで注目されていると思いますが、私はあだち充の最新作というだけで充分です。
まあタッチは後からコミックスで読んだだけなので思い入れが少ないのもありますが。面白かったですけど、有名過ぎて先の展開知ってたし…。

というわけで読めていなかったので、楽しみに見ていきたいと思います。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 3
ネタバレ

てぃーえむ

★★★★★ 4.6

高校生編になるまで我慢して

原作既読。
名作タッチの30年後のお話。
タッチは世代じゃないのですみません全く知りません(-_-;)
知ってたらたぶんより楽しめるのかな?でも知らない私でも楽しめてるので大丈夫です。

キャラクターとか、話の展開とか、ギャグとか全体的に古臭い感じがします。
挿入歌に吹奏楽のタッチの曲が入ってました。セルフコラボですね!
名門高校野球部のダイヤのAが本格的な野球漫画なら、こちらは野球を題材にしたラブコメなんでしょうか?あんまり真剣に野球やってないですねー。

たぶん、現実の野球部とはだいぶ温度が違う気がします。

でも、あだち充さんの漫画のいいところは、野球部分よりも人間ドラマに焦点を当てていることだと思います。さわやかな恋愛が見ていていいなーって思うんです。

さて、肝心の内容ですが、権力をかさに着てやりたい放題の先輩が幅を利かせている弱小野球部に入部して2年目の天才義兄弟バッテリーを中心として話がはじまります。
おとみちゃんは主人公のとうまの血のつながってない妹で、バッテリー組んでる兄はおとみちゃんと実の兄妹なので、音美ちゃんのとりあいにはならなさそう。

中学生編と高校生編があって、当然、高校生編がメインです。
最初のほうの話は中学生編で、ちょっと青春とは程遠いお話が続きますが、
最悪、中学生編は全部早送りにしてもいいので視聴を続けたほうがいいです!

MIXが面白くなるのは高校生編になってからなので。

クロスゲームもそうだけど、あだち充さんの漫画は時系列をちゃんと守ってすすむので、普通のマンガでいう「過去の回想」から始めちゃうんですよね。だから、主人公の成長を見ていくにはわかりやすいけど、序盤がどうしても退屈になってしまうのです。
それから、クロスゲームもそうですが、作中で中学生から高校生になっているけど主人公にあまり変化がないのも退屈に拍車をかけてるかも。
ガキのままって意味じゃなくて、中学生の時点で結構成熟してるっていうか、こんなに中学生は精神的に落ち着いてないでしょって思っちゃいます。
その落ち着きが、刺激のなさになっているので、ファン以外には「つまらない」って見切りつけられそうで心配です(-_-;)

まあでも、私はMIXとても好きなマンガなのでアニメ化は嬉しいです。

どうでもいい部分だけど、毎回変なところで終わる。
ただでさえ中学生編は脱落する人多そうなエピソードなので、しっかりしてほしいかも。

以下、ネタバレ有りの感想
{netabare}
最初のほうは中等部編のお話。
二階堂先輩が悪役だけど、実は事情があってという話。

真相を知っても二階堂先輩には同情はできないし、無理のある設定だと思うので、私は中学生編はあまり好きじゃないです。
この中学生編はスッキリしないって言うか、真剣に野球やってる場面ほとんどないから、全体的にのんきすぎて盛り上がりに欠けるので退屈なんですよね。たぶん、普通の中学生だったら二階堂先輩に我慢できなくて怒って喧嘩になったり、退部騒ぎとかいろいろもめると思うんですよねー。
でも立花兄弟をはじめ部員がみんなおとなしすぎて何ももめごとが起こりません。不思議です(-_-;)

MIXの登場人物の背景を語るのにはたぶん必要な部分なんだと思うけど、最初の中学生編で離脱する人多そう(-_-;)

高校生編になると普通に面白い話になってきます。
恋愛も結構動いてきますし、今後が楽しみです。

{/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 11

69.9 2 博多豚骨ラーメンズ(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (311)
1343人が棚に入れました
「あなたにはどうしても殺したい人がいる。どうやって人を殺しますか。」

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。
殺し屋、探偵、復讐屋、情報屋、拷問師etc――、
裏稼業の男たちの物語が紡がれる時、『殺し屋殺し』は現れる――。
第20回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作!

声優・キャラクター
小野大輔、梶裕貴、小林裕介、中村悠一、浪川大輔、小野賢章、悠木碧、前野智昭、松岡禎丞、平川大輔、浜田賢二、廣田行生、松風雅也
ネタバレ

ezo

★★★★★ 4.2

殺伐ラーメン

ラーメン大好き小泉さんとネタが被ったと思ったけどこっちはラーメン要素は薄そう。

1話目感想{netabare}
殺し屋を殺す殺し屋すらいる殺伐とした博多。

面白かったけどラーメン要素は申し訳程度でほぼなかった。

今後とラーメン要素は増えていくのか?続きは気になるし視聴継続。{/netabare}

3話まで
{netabare}
林は妹を殺した男を自ら殺しに向かう。

斉藤は人を殺しかけた事があると言っても悪意はなかったんだし、何で殺し屋の会社の面接を受けようと思ったんだろう。

1話で期待したけど思ったよりは微妙。

EDはお洒落で好きです。
{/netabare}

最終回まで観終えて
{netabare}
林と榎田の背比べとか飴のくだりとか何気ないやり取りが活きてくる展開が面白かったです。

全体的に小さく綺麗に纏まっていて殺しがメインの話にしてはあっさりしていて観やすい作品だと思います。

本編のBGMとEDもお洒落でとても良かった。
{/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 10
ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.1

世間は狭いですねぇ!

原作未読。最終話まで視聴。

殺し屋を取り扱った作品。
グロい描写もありますが、主人公の人柄のせいか、軽く視聴出来ました。

この作品は、1話~4話までと、第5話以降で趣が違って見えます。
4話のラストで、「博多豚骨ラーメンズ」の意味が明らかになるためです。
4話までは、誰が味方で誰が敵か?って感じだったけど、5話以降は敵味方が理解でき、軽い感じで視聴できます。

【以下は、各話レビュー的な「何か」です】(笑)
{netabare}
【第1話】
とにかく個性的な登場人物が多くて、誰が誰やら・・・。
おいおい、掘り下げとかあるんだろうけど・・・。
ただし、何か面白そうな予感!

【第2話】
斎藤の巻き込まれ体質、恐るべし・・・。
意外とこういうのが長生きする(気がする)

女装殺し屋さんと探偵さんが物語の中心かな?
しかし、妹か・・・。
波乱の予感しかしない。

【第4話】
「博多豚骨ラーメンズ」の意味がようやく分かった!
{netabare}まさか、草野球チームのチーム名とは!

1番 センター  榎田(情報屋)
2番 ライト   大和(スリ師)
3番 セカンド  馬場(探偵兼殺し屋殺し)
4番 ファースト マルちゃん(拷問師)
5番 レフト   ジロー(復讐屋)
6番 キャッチャー重松(刑事)
7番 サード   佐伯(美容整形クリニック院長兼死体屋)
8番 ショート  林(中国人の殺し屋)
9番 ピッチャー 斉藤(元殺人請負会社の社員)
監督は殺人の仲介屋で、マネージャーは復讐屋の助手の小学生・・・。

しかし・・・、
正体を知ってしまったら、試合するの躊躇しちゃうかも!?{/netabare}

【第5話】
次章スタート回。
猿渡&新田VS豚骨ラーメンズの構図になるのかな?

【第6話】
なんか、野球やってるし・・・。
笑う所なんだろうなぁ(笑)

【第7話】
榎田くんが狙われることに・・・。
広いようで狭い世界・・・。

【第8話】
榎田くん、キレキレ!
さすが、お坊ちゃま!(笑)

【第9話】
女装殺し屋さんの過去話。
女装殺し屋さんに危機が迫る。

【第10話】
博多の街が色々と賑やかになってきた。
女装殺し屋VS元親友VSサブマリン忍者の様相か?
まあ、にわか侍は確実に絡んでくるんだろうけど・・・。

リンちゃんの家出が、あっさり未遂に終わったのが面白かった。
やはり、広いようで狭い世界だ。

【第11話】
女装殺し屋VS元親友の物語が少しずつ動き始める。

【第12話】
「博多豚骨ラーメンズ」全員集合!
やっぱりラストはこうじゃないと!

{/netabare}

投稿 : 2019/08/24
♥ : 21

えたんだーる

★★★★☆ 4.0

修羅の街、福岡…。(最終回第12話視聴終了: アニメのエピソード順は1巻→2巻→4巻→3巻でキリ良く締め。)

原作はメディアワークス文庫から刊行されており、あにこれのあらすじにもある通り、第20回電撃大賞の大賞受賞作です。

因みにこの回は大賞を2作が受賞しており、もう1作は『ゼロから始める魔法の書』です。同期作2作目のアニメ化となります。

あとがきで作者は「実際には平和な街」と書いていますが、作中の舞台である福岡市は「人口の3%が殺し屋」という、『BLACK LAGOON』のロアナプラとも比較しうるレベルの犯罪都市とされています。さすがに電撃文庫からは刊行できない感じの世界観ですよね(笑)。

登場人物も裏社会の人間ばかりで、少なくとも原作では普通に銃で撃たれたり首を搔き切られたりして死人が出ます。これ、アニメで本当にそのままなんですかね?

『BLACK LAGOON』、『GANGSTA』、『91Days』レベルの流血場面が予想されるので、そういうのが不得手な方は視聴を避ける方が無難だと思います。

およそタイトルからは想像のつきにくい内容のお話なので、視聴の判断の助けになればと思い放映前レビューを書きましたが、個人的には2018年冬アニメ本命作品の一つとして期待しています。
==[以上、第1話視聴前のレビュー]==

2018.1.14追記:
第1話を観終りましたがレビューを更新しそびれていました。原作通りで、特に流血や殺人は避けていかないようなので、このまま安心して見守ろうと思います。

おまけ:『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』という、公式コラボ(作者は『博多豚骨ラーメンズ』の木崎ちあき)が電撃文庫から刊行されています。なお、実現するか現時点では不明ですが、『デュラララ!!』の作者である成田良悟の作による2巻目の企画もあるらしいです。

2018.2.10追記:
第6話視聴終了。人殺しと博多山笠が同時進行する原作2巻のエピソードに突入。新キャラの猿渡くん登場。『デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ』にも登場するキャラなので、読むならこのエピソード後が良いかも?

何かこの感じだと原作2巻はアニメ2、3話で済ませちゃうかもしれませんね。作画はストーリーを追う上で支障はないもののちょっと微妙な気もするので評点を3.5にしておこう…。

2018.2.19追記:
小百合さんが出てきました。メインキャラとあまり関係のないエピソードはバッサリと整理して第2巻の内容はうまく2話にまとめ切りました。このアニメのシリーズ構成はわりといけている気がする。ああ、なるほど『食戟のソーマ』のシリーズ構成やってる人なんですね…。

ということで原作3巻に入るようです。次回を待て(笑)!

2018.2.24追記:
榎田くん当番回の原作4巻エピソードで、.mmm(エムスリー)登場。なるほど、「第1部完」的な原作3巻のエピソードを最終回にしたいから、独立性の高い原作4巻のエピソードを前に持ってくるということか…。

第8話の感じだと、原作4巻の話はたぶん8、9話の前後編で2話で片付きそう。残り3話で原作3巻ということで綺麗に1クールに収まりそうです。うん、これはなかなか良く出来ている…。

2018.3.6追記:
前回更新時の想定通り、原作4巻の榎田くん当番回は9話にて終了。10~12話の3話を使っての原作第3巻のエピソードで今期は終了だと思います。
(原作的にも、ここで終わっておくのがちょうどキリが良い。)

原作の方は1~8巻とこの3月に短編集の刊行が予定されています。評判が良ければ尺と原作ストック的には2期目はたぶん作っても大丈夫なんですけど、どうなりますかね…?

2018.4.2追記:
最終話の12話を観終わっていましたが更新が遅れました。

9話時のレビューに記載の通り、華九会の件が一段落つく原作3巻相当のエピソードで終了でした。

原作では各巻ごとで章タイトルが「一回表」とか「延長十回」などとなっていたのですが、アニメでは原作のそのあたりを意識してなのか、各話のサブタイトルが野球用語になっていましたね。

エピソード冒頭で一件本編とどんな関りがあるかわからない野球エピソードが挟まれると、クライマックスでそれが伏線として効いてくるという構成はアニメでもうまく原作を活かせていたと思います。

原作モノのアニメ化としては良かったほうじゃないでしょうか。肝心の本編ストーリーがアニメ視聴者層に受け入れられるのか危惧していましたが意外と評判は良かったように思います。原作ストック的には大丈夫な気はしますが、2期はあるのか…?

制作スタッフ、お疲れさまでした。

投稿 : 2019/08/24
♥ : 53
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ