三つ巴の戦いおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの三つ巴の戦い成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年05月25日の時点で一番の三つ巴の戦いおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

61.6 1 三つ巴の戦いアニメランキング1位
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(アニメ映画)

2007年4月21日
★★★★☆ 3.6 (96)
430人が棚に入れました
ある日の朝、庭を掘り返した飼い犬のシロが、古い文箱を発見。中には下手くそな文字で「おひめさまはちょーびじんだぞ」と書いてある。それは書いた覚えのないしんのすけ(矢島晶子)の手紙だった。その日の夢に出てきたおねいさんが「おひめさま」なんだと思った瞬間、しんのすけは戦国時代にいた。そこで春日家の家臣・井尻又兵衛(屋良有作)とおシリ合いになる。

声優・キャラクター
矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、真柴摩利、林玉緒、一龍斎貞友、佐藤智恵、戸田恵子、来宮良子、此島愛子、玄田哲章、小桜エツコ、京本政樹

メア さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

シロ×しんちゃんの感動作

この作品の1番の(個人的な)見所はしんちゃんがシロを救うため1人、逃げ回り逃げ回り、力尽きてまでもシロを救おうとしていたところあたりでした。
いつものシロの扱いを考えると更に感動が深まって・・・。
その後のシロの行動も泣かせてくれます。
正直最後よりも中盤が1番感動できた作品でした。
(最後のヒロシはかっこよかったですが)



 ※下からはこの話を軽くまとめました
  
  =ネタバレです。

   ネタバレが見たくない人は見ないでください。

    なんとなく思い出したい人は読んで見て下さい。



ケツだけ星人が自分たちの宇宙船を守るために使った、地球を爆発させてしまうほどの円盤型爆弾が1つ、そのまま地球へと来てしまい、しんちゃんの尻に向かっていったことに危険を感じたシロがしんちゃんをかばって代わりにくっつかれてしまう。

その後、その事態を察したウンツィ(Unidentified Nature Team Inspection)とひなげし歌劇団が爆弾(シロごと)確保しようとする。

結局シロを犠牲にして世界を救うといった形で収めようとしたウンツィは野原家に事情を話し、ヒロシたちは戸惑ってしまうが、しんちゃんは断固拒絶。逃げ出すも力尽き、結局シロはしんちゃんを助けるため1人(1匹)ウンツィの元に行くことに。

その後シロを救いにウンツィに乗り込んだしんちゃんは、ロケットに乗り込み(ひなげし歌劇団も入り混じったが)偶然爆弾の解除コードを言い当て、ひなげし歌劇団の服をパラシュートにして脱出。爆弾は宇宙で爆発。


投稿 : 2020/05/23
♥ : 2

66.5 2 三つ巴の戦いアニメランキング2位
FAIRY TAIL ファイナルシリーズ(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (47)
266人が棚に入れました
仲間への想いを胸に、自分の信じた道を進め!

闇ギルド「冥府の門」タルタロスとの激闘、そして育ての親である<火竜イグニール>との哀しい別れを経たナツは、
更に強くなるべく、相棒のハッピーを連れて修行の旅へ出た。

一方、「妖精の尻尾」フェアリーテイルのマスター・マカロフは、何の前触れもなく一方的にギルド解散命令を出し、自身も行方をくらましてしまう。

それから約1年・・・、ルーシィは記者見習いの仕事をしながら、大陸中に散らばったかつての仲間たちの情報を集めていた。
そして年に一度の「大魔闘演武」の取材をしていたある日、ルーシィの前に修行を終えたナツが現れる!
魔導士ギルド「妖精の尻尾」の復活を掲げ、想いを一つに、ナツ・ルーシィ・ハッピーによる仲間探しの旅が始まるのだった!!

声優・キャラクター
柿原徹也、平野綾、釘宮理恵、中村悠一、大原さやか
ネタバレ

てぃーえむ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

全部は手に入らねぇ、だから手に入れたものを大切にするんだ。欲張るな。俺は仲間がいれば他になにもいらねぇよ。

フェアリーテイルもついにファイナルですね。
大好きすぎてなかなか録画したものが見れずにいます・・・。

知らない人のために言うと、フェアリーテイルは魔導士たちの熱いバトルが中心のアニメで、ドラゴンボールやワンピースと比べられることが多いのですが、ドラゴンボールは強敵が出てきたらとりあえず修行して強くなる。
ワンピースは強敵が出てきたら戦いの中で成長して強くなる。
フェアリーテイルは強敵が出てきたら仲間との絆を思い出して急に強い力を発揮して勢いで倒すという特徴があります。
なんで修行もしてないのに急に強くなるの?ってツッコミがありますけど、細かいことはいいんです(*´艸`)

シリーズ通してずっと、仲間のために、絆があれば!、家族が一番、ギルドが大事、みんなと一緒ならだのくさいセリフの目白押しで胸焼けしそうですが、そこがイイんです!!(*´▽`*)

フェアリーテイルはシリーズを追うごとにどんどんかつての敵が仲間になっていって仲間が増えていって、ファイナルシーズンにもなるとものすごい大所帯な仲間の輪になっています。
フェアリーテイルというギルドとその仲間のためなら命だって賭ける。
命を懸けた仲間を必死にみんなで救出する。

それをみてる良い子のみんなも大きなお友達も涙をほろりと流す。
フェアリーテイルはずっとそういうお話です。

今回はちょっとそこに変化はありましたが、基本的な部分は一緒です。


今回はスプリガン12という強大な敵が立ちはだかります。
そして今までの様々な伏線も回収されます。

最終シリーズにふさわしい強敵揃いで、熱いバトルが多かったです。
また、今回はナツの活躍が抑えめになっていて、
仲間達が力を合わせて強敵と戦う様子がたくさん見られて個人的には良かったです。

それにしてもこれでフェアリーテイルも終わりかー
ギルドの雰囲気がとても暖かくて好きな作品です。
個人的にはワンピースよりもフェアリーテイルのほうが好みなんですよね。

なんだか寂しいですね。(/□≦、)

大好きなフェアリーテイルなので、もちろん最後まで見ますよー!!


スプリガン12について
{netabare}
さて、マカロフいわく、戦争になったら確実に勝てない格が違いすぎると評していたスプリガン12。
敵が強大だってヨイショするのはいつものことです(*´艸`)

実際に戦いになってみたら、本当に脅威なのは一部だけでしたね(-_-;)
能力はすごいチートなのばっかりですけど、使い方がイマイチ。
でもキャラクターは今までの敵よりずっと濃くて良い感じ。

あんまり強くなさそうな人からいくと・・・

ナインハルト・・・記憶の中の過去の強敵と戦わせるという魔法ですけど、エルザの言う通り一度敗れた相手ですからね。本体も他の12と比べて弱すぎますね。

ブラッドマン・・・魔障粒子の塊。相手の魔力を欠乏させて、魔障粒子で弱らせる戦い方。他のギルドの人達を大量にはりつけにしてて、レヴィを瀕死にしてガジル相手に力を見せてたけど、それほど強いところはなくやられてました。

インベル・・・もっと強そうなイメージでしたけど、普通に優秀なだけの氷魔法使いでしたね。他の12のようなチートのような魔法じゃない分、インパクト弱いかも。グレイとほぼ一騎打ちみたいな状態で負けてるし。

ワール・・・相手の弱点を分析して弱点に対応した遠距離兵器で攻撃する、魔法障壁を無効化するという特徴持ち。
この手のお話で遠距離攻撃が中心の敵ってなんか弱い印象があるんですよね。
フェアリーテイルみたいな仲間と常に一緒にいる相手には分が悪いけどタイマンならもっと強そうですね。でも手負いのラクサスが元気になったとたんあっさりやられていますね。少なくともラクサスよりは弱いみたいです。

アジィール・・・砂を自在に操る魔導士。街を砂で埋め尽くして水分を奪うということもできます。
最初にやられちゃった人ですけど戦ったのは砂の上じゃなくて空なので、砂漠だったらもっと強かったでしょうね。
能力も強力ですが、空間魔法を禁止されていたエルザだから圧倒できていただけで、禁止解除されてからはあっさりやられちゃいました。

ジェイコブ・・・自分の姿を見えなくする。見えない敵が見える。大勢のものを消すという魔法。戦い方は武器を使った戦い方。
ギルドメンバーを消したけど、空間魔法キャンセル効果で解除されてマカロフに殴られて、ナツにとどめさされてあっさり終わりました。
あれ?透明化はどうしたの?!
透明化とギルドメンバー消した攻撃がどれくらいの効力あるのか謎なので、その効果次第ではもっと強いですよね。
空間魔法キャンセルがなかったらもっと苦戦していたでしょうし。
ただ、上位陣が別格なので、順位はこれ以上上がらないかな。

ここまでは正直、今までの敵と比べて格別に強い脅威ってわけではなかった。
フェアリーテイルが力結集すれば普通になんとかできる相手です。
でも問題はここからです。



ディマリア・・・時間を操る。時間を止めて、止まっている間に攻撃し放題。
このへんから急にチートの度合いが酷くなりますw
本来ならほぼ無敵な能力だと思うんですが、何故か動ける能力使いのおかげで倒せました。
ただ止めるだけじゃなくて、本体の戦闘力も高いです。

この時間を止めるのがどこまで万能なのか不明ですが、
オーガストやアイリーンなど上位陣から恐れられていないところを見るに、
たぶんある程度以上の実力がある相手には効かないんでしょうね。
もしかしたらすごく強いのかもしれないですけど、何しろやられた相手がウェンディ達ですからね・・・。


ゴッドセレナ・・・八竜の力を自在に使えるので純粋な戦闘力として脅威。
魔法のチートさはないものの、イシュガルド最強って言われるだけあって
フェアリーテイルもまともに戦ったら苦戦するでしょうね。
正統派な強さなだけにディマリアのようなチートと比較は難しいですが、
本体の強さがディマリアとは結構開きがあるようなのでこっちを上にしました。

ブランディッシュ・・・どんなものでも自由に拡大縮小ができるチート魔法。
腫瘍まで小さくしちゃいましたよ!!どんだけ万能なんですかね。
本人が好戦的じゃないので大した脅威になってないんですけど、
これって本人が好戦的だったら脅威どころじゃないですよ。
だって、心臓や脳だけを縮小するとか、反対に拡大すれば破裂して一瞬で相手殺せますよね。
敵の魔法を無効化するような能力持ってないと太刀打ちできないような。
少なくとも、敵に回したら確実に死者が数人出ますよね。
ただ、本人がアイリーン、オーガストは別格だと発言しているので、たぶんこの二人には勝てないんだと思います。
いやーこんなチート能力に勝てるわけないですよ。これより上ってどんなんなのよ。

残り3人はまだよくわかってないのでわかったら書きます。

ラーケイド?・・・

アイリーン・・・

オーガスト・・・


{/netabare}

投稿 : 2020/05/23
♥ : 5

pikotan さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

最後までアニメ化してくれてありがとう

フェアリーテイル、ついに終わってしまった。
真島ヒロ先生の作品はRAVEも好きですが、本作もとても面白かったです。
真島作品の魅力はシリアスな話の中でもちょいちょいギャグやお色気シーンをはさんできたり、ライバルや敵だった人が仲間になったりするところですね。
マガジン連載の作品って、そういうの多いですよね。
「昨日の敵は今日の友」みたいな展開が私は好物なんです。
それにフェアリーテイルに登場する敵キャラは根っからの悪人ではなく、敵なんだけど憎みきれない、そんなところも魅力に感じます。

ちなみに女性キャラのお気に入りはジュビアです。
初登場時は怖い感じのキャラでしたが、フェアリーテイルに所属して以降、ルーシーと共に結構なお笑い要員になっていた気がします。
一方でグレイを一途に想う姿がとても愛らしく感じました。

男性キャラのお気に入りは何と言っても一夜です。
どんなときも男前で本当に格好良かったなあ。
一夜みたいなキャラを出してくるところも、真島作品の魅力の一つではないかと思います。

アニメが始まったときは、RAVEと同じく途中で終わるものと思っていましたが、まさか最後までやりきってくれるとは。もう大満足です。
関係者の皆様ありがとうございました。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 6

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

竜か、人か…。

この作品の原作は未読ですが、アニメは2期まで全277話は視聴済です。
私にとって「いつまでも終わらない作品」という位置付けだったのですが、とうとう完結してしまいました。
まぁ、一足先に原作が完結していたので、いつかはこんな時が来るのは覚悟していたつもりですが、やっぱり寂しさは拭えませんね。


「FAIRY TAIL」最終章、
ついに待望のアニメ化決定!

目指せ、魔導士ギルド「妖精の尻尾」復活!!
ナツたちの、暑くて楽しい仲間探しの旅は始まったばかり。

しかし、新たな"闇"は動き始め、"運命の時"を引き寄せる…!!!


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

随分あっさりとしたINTRODUCTIONですこと…
これだけじゃ、この作品の魅力が何も伝わらないんですけど…
と思わずツッコミを入れたくなるような内容ですが、ここで多くを語らないのが、この作品の魅力なのかもしれません。
「知りたきゃ本編でどうぞ」みたいな…

第1期が始まったのが2009年の10月なので、約10年間に渡って放送されてきたことになります。
途中、第2期と第3期の間が1年半空いているので実質8年半になりますが、この長い間、制作を続けてきた作り手の皆さまには頭が下がるばかりです。
どんなに好きな事でも継続し続けるのって大変ですからね。

立派な魔導士を目指す少女ルーシィーは、この物語の主人公であるドラゴンスレイヤーのナツと、話せる空飛ぶ青いネコのハッピーと出会い、憧れだった「フェアリーテイル」に加入して物語が動いていく訳ですが、完走して振り返ってみると、随分物語のスケールが大きくなっていたんですね。

最初はギルド同士の抗争が主でしたが、今思えば単なる小競り合いでしかなかったような…
でも、本当に辛く苦しい戦いの連続でした。
エドラス編、天狼島編、大魔闘演舞編を経てタルタロス編までがアニメ2期で放送された内容です。

そういえば、2期のラストにフェアリーテイルの創始者であるメイビスを主人公とした「FAIRY TAIL ZERØ」が放送されたのは印象的でした。
メイビスには唯一無二の親友であるゼーラという少女がいました。
最初から仲が良かった訳では無かったのですが、とある事件をきっかけに行動を共にすることになるんです。
この物語は涙無しでは見れなかったのを覚えています。

そしてこの3期では、黒魔術教団編とアルバレス帝国編が描かれました。
黒魔導士のゼレフ、「闇の翼」と恐れられたアクノロギア、ゼレフ書最凶最悪の炎の悪魔「END」など伏線の積み残しが色々ありましたが、それらも綺麗に回収されています。

物語もさることながら、この作品で一番魅力的なのはやはりキャラでしょう。
ナツ、ルーシィー、ハッピー、グレイ、エルザ、ウェンディにシャルル…
他にもたくさんの個性的なキャラが登場しました。
どのキャラにも沢山の思い入れがありますが、一推しで見ていたキャラはやっぱりルーシィーだったかもしれません。
明るく素直ですし、何だかんだいいながら一途で可愛いですからね。

この作品を視聴するのが毎週日曜日の日課だったのに…
何か週末の楽しみが一つ減った気分です。

オープニングテーマは以下の通りです。
lolさんの「power of the dream」
THE RAMPAGE from EXILE TRIBEさんの「DOWN BY LAW」
大阪☆春夏秋冬さんの「NO-LIMIT」
BiSHさんの「MORE THAN LiKE」

エンディングテーマは以下の通りです。
Beverlyさんの「Endless Harmony」
EMPiREさんの「ピアス」
みゆなさんの「僕と君のララバイ」
Miyuuさんの「Exceed」

このファイナルシリーズは、4クール全51話の物語でした。
物語のラストでナツが続編エピソードに向かう旅に出発したこと、ゼーラが妖精の姿で「またね。」と言っていたことから、
きっと続編が制作されると信じています。
作り手の皆さま、この10年もの間、たくさんの感動をありがとうございました。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 5

58.1 3 三つ巴の戦いアニメランキング3位
ザ・ソウルテイカー魂狩 -THE SOUL TAKER(TVアニメ動画)

2001年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (42)
226人が棚に入れました
ある雪の降る夕刻の教会。伊達京介は、何者かに襲われ息を引き取ろうとしている母の手で刺された――それが全ての始まりだった。

誤って埋葬された京介は、岬真夜と名乗る美少女の手で墓の中から救い出されたが、真夜は世界的な科学力を持つ巨大多国籍企業・桐原グループに誘拐され、彼は謎のミュータント組織「病院(ホスピタル) 」の刺客・ドクトル凶也に襲われる。窮地に陥った彼の前に現れた謎の男・壬生シローは京介に生き別れの双子の妹の存在とその分身「フリッカー」の存在、そして真夜がフリッカーであるという事実を教える。不可解な母の死の真相と妹の謎、京介の脳裏に浮かぶさまざまな疑問。彼は真夜を救出する為に、シローと桐原の海上施設に乗り込むが…。

Arcieちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

OPから熱くて、ダークな感じというよりはヒーローものを連想。。。

内容は意外とダークな話でありながらヒーローものな感じを出してます。こむぎちゃんのキャラが面白くて、内容のダークさをふきとばしちゃったりするのですが、それはそれで面白いです。こむぎちゃんはキャラがいいので是非マジカルナースを見てください普通に笑えます。個人的には一話一話で終了感を感じさせるので、連続感をもたせて話数の移行に違和感を抱かないで次を見えるようにしてほしかったです。あれオレ前の話の最後見てなかったっけみたいな感じの違和感があったのが少し残念です。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ