中山さらおすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの中山さら成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の中山さらおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

58.8 1 中山さらアニメランキング1位
グリーングリーン(TVアニメ動画)

2003年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (154)
1204人が棚に入れました
『グリーングリーン』は山奥の全寮制男子校"鐘ノ音学園"の共学化にまつわるドタバタコメディを描いた18禁恋愛アドベンチャーゲームのシリーズおよびテレビアニメ。略称はグリグリ。
【ストーリー】山奥の全寮制男子高校"鐘ノ音学園"で禁欲生活を送る祐介とバッチグー・一番星・天神の3バカトリオ。
異性と無縁の彼らの学校に、夏休みまでの1ヶ月間だけ女子が編入してくる事になった。3バカに歓迎委員長を押しつけられてしまった祐介は、到着した女子のバスに近づいていった。
その時、開いた扉から現れた女子がいきなり抱き付いてきた。「祐介くん、見―つけた!」初対面!?のはずの"千歳みどり"に押し倒された祐介は気を失ってしまう。

声優・キャラクター
武内健、中山さら、藤巻恵理子、満仲由紀子、杉本沙織、鈴木麻里子、植田佳奈、田中一成、土門仁、浜田賢二、吉竹範子

ソーカー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

エロコメディというより変態コメディ?

男子校に一ヶ月だけ女子が編入してきて、男子は大騒ぎ。
ドタバタの微エロコメディですが、終盤はお約束のシリアスな恋愛モードに突入します。

詳細な内容はあんまり覚えてないのですが、それだけどうでもいいコメディが多かったんでしょうw
とにかく、主人公の親友の3バカ男子がうざいぐらい「ド変態」
見れば分かりますが、エロというより変態コメディといった方がいいかもしれません。
主人公は割と常識人なので、見れないことはないのだけど。

ヒロインは何故か初めから主人公にはベタ惚れです。
まぁヒロインにはちょっとした秘密があるのですが・・・
それはかなりのネタバレなので、一応自粛しておきます。
ラストは切ないけどもの凄くいい話で、綺麗に締めくくられていますね。

結果的に良かったのか悪かったのか、評価しがたい内容になってしまった
でも・・・まぁちょっと男子キャラがうざすぎだったかな・・・
露骨に変態ですから、無理な人は絶対無理だと思いますw

エロゲ原作ということで、18禁版のOVAアニメあったりします。
このアニメを見て、もっとエロが見たいならOVAを見れば良いかと。
確かOVAはテレビアニメの続きだったと思いますし、出来自体は悪くなかった記憶がある。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 14

セメント さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

バッチグーっしょ!

伊集院忠知、そんな名前であったのか・・・


田舎の男子校が共学化、モテたい男子達が入ってきた女子達と織りなすドタバタギャグコメですね。
女子高が共学化するのはありがちですが、男子校の共学化はちょっと珍しいかも・・・?
まぁ良いですよねこういうの、からっとした太陽光の下で若草の生い茂る青々とした情景が懐かしさを誘います。

原作はエロゲ、アニメの方も少しばかり、否、かなりお下劣な描写が多々出てきます。
とはいえ、青春の一ページとも言える実に青々しいものなので何の憂慮もございません、結構笑えます。
驚くことなかれ、なんと脚本はヤマグチノボルさんです、私なんかは「ゼロ魔」の印象が強くて、元はエロゲライターの出だった事実に驚いたものです。
実は泣きゲーという面もあって原作の評価高いんですけど、アニメ版の人気は微妙でしたね。

声優はあまり聞いたことのない方々ばかりでした。
良くも悪くもこの時代のアニメって感じです。

これマイナーアニメかなぁと思ってたんですが、なんと調布FMのアニソン特番で流れたんですよね、OP「グリーングリーン」。
放送後は二度と話題になることも無かろうと踏んでいたのに"これ流れちゃうんだーって"って思いましたね、エロゲ原作アニソンの流れで掛かってました。

これヒロインよりも三馬鹿の方がよっぽど印象に強いですw
三馬鹿達による女性を蔑ろにしたセクハラ言動の数々、破廉恥極まりない。
バッチグーあたりは目に言えた屑な分救いがありますが、ごわすが洒落にならないレベルで犯罪者思考・・・


「ヴァルドラ」のパイ拓ラリーというのはご存知でしょうか?
秋葉原の街で1週間だけ設置されたおっぱい型判子でスタンプラリーをするという頭の悪い企画があって、"何これ"と思いながらも参加してしまった苦い思い出があるのは差し置いて
本作で既にパイ拓という概念は提唱されていたんですよね、3話で野郎どもが女子のパイ拓を取ろうとする回があって。
まぁ何にしても頭が悪い・・・w

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

わかりやすいエロ。コメディを免罪符にした変態行為

エロゲ原作。
かなりギャク寄りのハチャメチャ学園コメディです。
コメディとはいえ、公共の電波に乗せるにはやりすぎといわざるを得ない場面が多く、時代を感じさせる直球なエロ・・・というより変態行為が特徴の作品。
まさにエロゲ原作だなぁ、と感じちゃいます^^


主人公はエロゲの定番。
見た目も性格も無難で当たり障りがなく、女性にちょっぴり優しい常識人です。
正直、面白さも魅力も全くないですが、万人にモテても不自然じゃない仕様になってしまうのは、プレイヤーの代行で恋愛をするゲーム主人公の宿命。
この点は仕方ないと思います。

没個性な主人公はさておき、本作でエピソードを作るのは強烈なサブキャラ(男)の3人組です。
お約束的な特徴づけ、それも一昔前の古い感性でのサブキャラらしさが際立っており、立ちすぎていてハンパない嫌悪感。
見た目も言動も果てしなくウザいうえに、やっている事はセクハラという域を超えてもはや性犯罪。
強姦以外の犯罪行為は、ほぼやっちゃいます、コイツラ。
本作に何やら思い入れがあれば別ですが、初見の人は等しくキモチワルイと思うでしょう。
この連中に耐えられるかどうか、それが全てだし、見るに耐えずに視聴を切る人がいても何ら不思議はありません。

エロの方は直球です。
バトルや普通の学園生活のなかの偶然を利用してみせるのではなく、「もうスケベな事がしたい!」そんなキャラクターの行動の果てにあるエロw
裸やパンツはもちろんのこと、性的な想像力を掻き立てるような描写が多数。
バカバカしいですが潔くもあります。
いまどき、服を脱ぎ去って裸になって女子に飛びかかっていくような行為、ルパンにしか許されないと思うのですが・・・・コイツらはそれをサラッとやちゃうんですよね。
アホだなぁ、まったく(゚∀゚)


こういう作品ですので、内容についてはあまり語るべきことはありませんが、一応SFの混じったラブコメ。
メインヒロインは2人で、主人公を巡って色々悩んだり駆け引きする、普通にありがちなお話になっています。TVシリーズの最終話だけだと、えらく半端な終わり方になっていますが・・・・結末はOVA(18禁)で、という荒技で締めくくられています(^_^;
まぁ、原作が原作ですから、その方が自然なのかもしれませんね。


総じて、アニメとして質は決して悪くはなかったです。
ただ、内容があまりにもコテコテなので、その点で確実に視聴者層を狭くする作品であることは間違いありません。エロ目的で観るにしても、いろいろとハードルが高いと思います。
クソなウザキャラ達も、観ていくうちに愛嬌がでてきて終盤では何とかナマ温かく見守られるようになりました。
どうしようもない奴らですが、軸が全く1ミリもブレない変態なのでギャグ作品を作るには必要不可欠。
その点だけは、評価していいと思います。好感度は最悪ですがw


一時代前の典型的エロギャグを象徴したような作品なので、興味のある方はドーゾ。


【エロ成分】
パンツ  :☆☆
おっぱい :☆☆☆
裸    :☆☆☆☆
性行為  :☆☆☆☆
マニアック:☆☆
エロス総評:☆☆☆

投稿 : 2019/12/07
♥ : 28

66.1 2 中山さらアニメランキング2位
D・N・ANGEL-ディーエヌエンジェル(TVアニメ動画)

2003年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (101)
805人が棚に入れました
『D・N・ANGEL』(ディー・エヌ・エンジェル)は、杉崎ゆきるの漫画が元となった作品作品。14歳の大助が伝説の大怪盗“ダーク”に変身することによってさまざまな事件に巻き込まれていく。

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

少女漫画と少年漫画の中間みたいなアニメ?

所謂変身物の怪盗アクションファンタジー。全26話。

穏やかで優しい性格。少し気弱でお人好しな主人公には
秘密が・・恋愛感情が高まると超美形で自信家なダーク
に変身してしまう。
しかも実家は江戸時代から続く怪盗稼業の名家だった・・

普段は普通の中学生の日常をおくりつつ・・美術品を華麗
に盗んでいく大怪盗の二重生活が始まった! という物語。

容姿端麗な梨沙と快活な梨紅・・大助とダークの四角関係?
同じ中学生でダーク捜査の総司令「怜」との因縁の対決・・

恋愛のコメディ要素と怪盗アクションのシリアス要素の緩急
に、伝記の因縁めいたものを絡めたファンタジー。

主人公はややショタ系(入野自由)とドライ系(置鮎龍太郎)の
二面性に好敵手が石田彰なので、可也萌えるかもしれないw

物語的には、徐々に大きな陰謀に対して勧悪懲悪な方向に
展開していき、最終的には成長して解決に向かうスタイル。
ウェイトはコメディ要素は控えめで、恋愛も心理描写中心。

キャラデザは結構好みだけどデティールが低い・・崩れて
酷いというわけではなく、もう少し丁寧で、決めポーズ的
なカット程度でも少女漫画風の演出をしてくれたら・・と。

主人公が中学生ということも有り、ややソフトで簡潔。
子供向けではあるけど、若干暗いシリアスな展開も多い。


丹羽大助:入野自由 東野第2中学2年生。
大怪盗ダーク。小柄で華奢?だが体力身体能力は高い。
ダーク・マウジー:置鮎龍太郎 魔術を使える翼主。
大助の恋愛感情が高まった時の変身後の姿。

原田梨紅:中山さら 原田梨紗の双子の姉。
快活でラクロス部に在籍。乙女チックな傾向も強い。

原田梨沙:浅野真澄 原田梨紅の双子の妹。
容姿端麗で理想が高く姉の梨紅には対抗意識がある。

日渡怜:石田彰 ダーク捜査の総司令。
丹羽家とは代々因縁のある「氷狩家」の最後の生き残り。

日渡警視長:小山力也 日渡の養父。
26歳だが警視長に就いており、最高幹部候補。

クラッド:草尾毅 ダーク・マウジーの半身。
ダークとは対照的に黒い翼ではなく、白い翼を持つ。

丹羽笑子:玉川紗己子 大助の母。とても明るい性格。

丹羽大樹:青野武 大助の祖父。容姿とは裏腹に根明。

丹羽小助:寺杣昌紀大 助の父親。考古学者。

冴原剛:白石稔 狂言回し的ポジションで突っ込み役。

冴原警部:平松広和 冴原剛の父。ダークを追跡する警部。

トワ:田中理恵 自称「まだ100歳にも満たない小娘」

州崎由希:小菅真美

野澤菜海:長澤奈央

若本規夫・櫻井孝宏・雪野五月・井上喜久子その他大勢。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

春原最高! さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

桧尾みおちゃん可愛い

最終回OPは流石にwww
最初無音だったからDL失敗したかと思ったけど、まさかそんな使い回しで来るとは。
この作品はとにかくヒロインが良かった。
原田姉妹に桧尾みお、そして日渡くん。
原田妹は序盤は大嫌いだったけど、後半持ち直したからまあ魅力のあるキャラになったと思う、個人的には許せないけどな。
原田姉は最初から応援してた、こういう子が一番乙女なんだよね。
桧尾みおちゃんはその中でも一際輝いてる。破天荒な性格と口調が癖になるし、それとのギャップが刺さる。
その揉み上げは玲音ちゃんリスペクトですかね、ここも良き。
こんなに魅力的なキャラはアイ・アスティン以来かなぁ。
やっぱり自分は元気系金髪ロリが好みなのかもしれない。
そして日渡くん。
ちょっと昔の作品ってBLちょいちょい入れるの好きなんですかねぇ、よく見る気がする。
最後とか完全にヒロインじゃないですかw
物語は後半そこそこ良かったかな。
永遠ちゃんとかみおちゃんとか登場した辺りから楽しくなってきた。
終盤は薄っぺらいところもあったけど、まあ言ってること自体は好きだったから個人的には悪くはなかったかなと思ってる。
問題は序盤。
ダークの羽のこととか、もっと説明欲しかった。
あと、こんな凄い力があるのにやってる事が盗みってのがなんか……それ違くね?って受け入れられなかった。
しかも手口がまんまコナンで見たこと多々あるんですが、共通の元ネタとかあるんですかね。
OPだけ好きで見続けられたようなもので、それほど良作だとも思わなかったけれど、個人的には楽しめた作品だった。
そこまでおすすめはしないが、暇でこの年代の作風が好きな人なら楽しめるかもしれない。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

ぜそたそ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

いちいち泣けます甘いです酸っぱいです恋したいです

小学校低学年くらいの頃に好きだったアニメで、最近タイトルを思い出したので一からちゃんとみてみました。

やっぱりopとかedとか、すごい懐かしくて、大していい曲じゃない(主観ですが)のに思い出補正で素晴らしい曲に聴こえてしまいます。

ただ、ストーリーとキャラに関しては、思い出補正とかじゃなくて素晴らしいと思いました。

最近忘れかけてた、人を愛する心、自分を犠牲にしてまで誰かを守りたいという思い、大変ご無沙汰な甘酸っぱい恋。
熱く、切なく、温かく、優しく、柔らかく、甘くetc
そこらへんのあらゆる感情といいますか、人間らしさ、人間臭さってものを、純粋に表現してるので、すごいストレートに心に響いてきます。
ほんと、忘れかけてた大事な感情を思い出させてくれるアニメです。

打ち切りになった作品ですが、アニメオリジナルな完結の仕方も、悪くないものでした。っていうか、グダグダな感じにならないでしっかり終わったので、逆にこの終わり方で良かったとも思っています。

最後に一言言うなら、小中学生くらいから人生やり直したいと思わされるアニメでした。
まだ22歳ですけど。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

56.1 3 中山さらアニメランキング3位
ゆめりあ(TVアニメ動画)

2004年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (28)
270人が棚に入れました
16歳の少年・智和は、ある夜不思議な夢を見る。
翌朝、目覚めた彼の前に、モエラと呼ばれる夢の世界で出会った少女・モネが現実の世界に現われる。そして、クラスメートの吾妻みづきらとともに、夢世界を侵略してくる敵と戦うことになる。また、その戦いや彼女らと過ごす生活の中で主人公は少女達との関係を深めていく。

声優・キャラクター
有島モユ、浅野真澄、井上喜久子、中山さら、仲西環、鈴木麻里子、田中かほり、羽多野渉、稲田徹、福圓美里

ネロラッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ナムコがギャルゲーを作ると…

ナムコがギャルゲーを作るとこうなるのか(爆笑)

異世界で戦う主人公と美少女たちのハーレムアニメ。
メガネっ娘お姉さんに井上喜久子ちゃんってだけでもツボですが、更にシリーズ構成、脚本はスタジオオルフェが担当しているので、バカバカしさや、お色気が良かったよ!
マイナスは異世界での敵の真意が全く解らなかったことだな。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

MameJ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

これは予想外に面白かった。

改変後の世界を元のハーレムではなく、仲間が存在しつつも、フェイドゥムを封じるために命を落とした母と家族での生活をも取り返し、まともな形で具現化した主人公の想いが爽やかでよかった。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

lg さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

-感想-

鑑賞回数:1回 ※評価はしてません。

【総合】
----------
 大分前に見たので内容は覚えていません('ェ')

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

57.0 4 中山さらアニメランキング4位
ワンピース~アドベンチャー オブ ネブランディア~(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (21)
117人が棚に入れました
過去にデービーバックファイトと呼ばれる仲間を奪い合うゲームでルフィたちを苦しめたフォクシー海賊団が再登場。悪魔の実の能力を封じる「能力者封じの島」を舞台に、新たに作戦参謀としてコーメイ、ドウジャク、カンショウの3人を手下に引き入れたフォクシー海賊団と麦わらの一味が、再びデービーバックファイトで戦う様子を描いていく。

声優・キャラクター
田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子、矢尾一樹、チョー、市川猿之助、木下ほうか、音尾琢真

ウィーハウック さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

フォクシー再び

アニメスタッフ、フォクシー好きすぎん?原作キャラだけど登場回多すぎ、まさかそれの特別エピができるなんてwwww

二年後、時系列的には魚人島とパンクハザードの間かな?

ロビンがお嬢さんと言われて、それにゾロが突っ込むシーン好き。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

「損してるぞ、こんな冒険知らねェなんて。海賊ってのは自由に冒険するもんだ。このでっかい海を。」

2015年の冬に放送されたオリジナルアニメ。

ある程度ワンピースを見たり読んだりしたことがある人ならば、
現状がどうなっているかを知らなくても楽しめるようになっています。

正直ストーリーはあまりよくないなので、
ワンピースが好きな人に暇つぶしで観るなら勧めたい、という印象です。笑

ワンピースに興味ない人がこの作品を観て、
「もっとワンピースを観たい!」にはならんでしょうね(毒舌)ww

2時間の作品です。


● ストーリー
航海をしていると、
とある島で救難信号を出している美女たちを発見。

島に上陸をすると、
それはかつてルフィが破った相手・フォクシー海賊団だった。

フォクシー海賊団と再戦(ゲーム)をすることになったルフィたち。
しかしその裏でルフィたちを狙う海軍の作戦が動き始めていた。


ワンピースはずっと原作を読んでいます。
アニメはこういう特別篇だけ観ています。

フォクシーが登場した時には正直驚きました。

なぜなら、ワンピース史上1番つまらない話だったからです(私の中で)。
キャラもいまいちだしさ(私の中で)。

でもまあ、久しぶりに見るフォクシーは
そこまで悪いキャラではなかった気がしました。
ルフィはフォクシーのこと気に入ってそうだしねww


≪ 今回のラスボス~コーメイ~ ≫

今回はフォクシーはおまけ、
メインの敵キャラはコーメイというオリジナルキャラです。

海軍本部中将。
策略を用いた戦法を得意とする。

何も考えずに突っ走るルフィとは、
確かに相性が悪そう。笑

普通なら策略を考えるのってとても難しそうだけど、
単純なルフィ相手だとものすごく簡単そうに思える不思議ww

諸葛孔明を意識したようなキャラで、
特別な目新しさや斬新さはなかったかな。

キャラの☆は、
麦わら海賊団の魅力を加えて、評価を少し上げています。
オリジナルキャラ達だけなら、もっと低い。笑

cv.は市川猿之助さん。
こちらは、はまり役でよかったです♪

ワンピースのゲスト声優は
毎回上手な方が多い気がする。


≪ 面白い設定。残念な演出。 ≫

コーメイとのバトルは、
海軍基地のあるネブランディアという島が舞台。

詳しい説明は避けますが、
「能力者殺しの島」とコーメイが名付けていることから、

ルフィにとっていかに厄介な島か、
想像していただけるかと。

この設定はなかなか面白く、
次々とルフィを追いつめる策略にはワクワクしました。
それをどう乗り越えるんだ!?って。


さて、問題は演出面です。

コーメイがいかに難敵であるかを見せたかったのか、
『麦わら海賊団、絶体絶命!!』な描写が多い。

ルフィがピンチな描写も、とても多い。

確かにピンチなのですが、
あまり多用されると観ているこちらの緊張感がなくなります。

「どうせ誰かがなんとかして助けてくれるんでしょ?」な
ひねくれた思考が、緊張感をむしばみました。笑

果てには、ピンチでもないのにピンチに見せかける、
“ピンチ詐欺”までも。笑

さらっとしたピンチ詐欺ならギャグに変わるのでしょうが、
長い時間をかけてしまうと、ひどい演出でしかない。

演出で盛り上げようとするのは大事だけど、
演出を盛りすぎるのは悪。

コーメイとの決着をつけるシーンも、
正直どうでもよかったですww

今回は拳と拳がぶつかり合うような、
ワンピースによくある戦闘シーンはかなり少なめでした。


● 音楽
子どもの頃にワンピースが好きすぎて、
サントラにまで手を出したのが、
私のアニメ音楽好きの原点。

音楽担当の一人、田中公平さんは
オーケストラを使った重厚な音楽が特徴的。
(初代OP「ウィーアー!」も田中さんの作曲。)

田中さん作曲の曲はどれもアツいんですが、
その中でも昔から大好きな曲があって。

それが「許せないヤツとは、戦え!」の前半。
(さらに詳しい曲名がわからん…。
 後半の曲もベースがかっこよくて好きだよ!)

これが今回流れた時は、
テンション上がったな~!!

かなり初期の曲だけど(サントラ2に収録)、
今使われても違和感ないのがさすがっす!

曲名が全然思い出せなかったので、
カセットテープを引っ張り出してきました。笑

久しぶりに聴くとどの曲もアツくて、
こりゃワンピースのサントラに再びハマりそうです(笑)


● まとめ
ストーリーは残念な仕上がりでした。

今回の見どころは一体どこだったのだろう…。
何事にも無気力なヘタレゾロは、目新しかったかなww

でも考えてみれば、ワンピースのアニメオリジナルエピソードって
毎回こんな感じだった気もする。笑

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7

49.2 5 中山さらアニメランキング5位
グリーングリーン(OVA)

2002年1月1日
★★★☆☆ 2.6 (10)
77人が棚に入れました
滅多なことでは、町に出られないほど山奥にある全寮制の男子高校・鐘ノ音学園。ここで主人公の高校2年生・高崎祐介は悪友・バッチグー、一番星、天神泰三の学園三バカトリオと共に怠惰な学園生活を過ごしていた。そんなある日、学園が夏休みまでの1ヶ月、女子を編入させて共学にするテストを行うことに……。お祭り騒ぎの中、ついに迎えた編入当日。バスに近づいた祐介にいきなり抱きつく女子が1人……彼女は自分を千歳みどりと名乗るが、祐介には誰だか見当もつかない。そんなみどりにアタックされながら、祐介の新たな学園生活がスタートする……。原作は同名のPCゲーム。みどりをはじめ、美少女キャラクターがズラリと並び、祐介を中心としたハイテンションラブコメディーが描かれる。
ネタバレ

ANKR2gou さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

タイトルなし

{netabare}
花乃香創立際に訪れた鐘ノ音学園の面々。
お化け屋敷で風紀委員長 亜里紗の胸を触って痴漢騒ぎを起こす伊集院。
険悪な状態で始まる1週間の体験入学。
女子寮でみどりの下着が無くなり犯人扱いされる伊集院と一番星。
濡れ衣を晴らす為に犯人捜しを引き受ける2人と手伝わされる男子達。
見回り中の高崎に差し入れを持って来たみどり。
明け方まで話し込んだ2人は伊集院と一番星に見つかり、サボっていたと責められる高崎。
揉めてる男子達の頭上を鳥が…。
カラスが犯人と分かり一件落着。
{/netabare}

18禁OVAもある。

グリーングリーン (THIRTEEN) エロリューションズ

こっちの出来も酷いけど作画は多少ましw
{netabare}
高崎とみどり 高崎と双葉 の2絡みだけど全然エロくない。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

uppo さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

「愛している」の意味を きみと考えてた~

原作プレイ済。
ただのエロアニメ。
ってか何でエロアニメがあるんだ?
ストーリーはアニメの「グリーングリーン」の補完みたいな感じ。
ちなみにアニメ「グリーングリーン」は原作とは違うオリジナルストーリー。
アニメはオススメ出来ない。
原作はエロゲだが、やれる方にはオススメしたい。
3部作だから全部プレイするとかなりかかると思うが、それに応じた感動はあるかと思う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

計測不能 6 中山さらアニメランキング6位
劇場番ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!(アニメ映画)

2008年12月20日
★★★★☆ 3.3 (4)
24人が棚に入れました
風祭華は、最近起こり始めた身の回りの怪奇現象に悩み、幼い頃祖母より教わった「ゲゲゲの鬼太郎」に助けを求める手紙を出す。

その声に応じた鬼太郎だったが、華は鏡爺に連れ去られ、同時に家族は華の記憶を失ってしまった。鬼太郎も鏡の世界に閉じ込められ、仲間達は全国各地に飛ばされてしまった。

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

タイトルなし

オリジナルストーリーだったけど正直5期の本編よりこちらのほうが面白かった。
しかし四十七士を一気に消費させてしまったのはこの映画が原因なのでそこだけは残念ですね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

59.0 7 中山さらアニメランキング7位
エレメントハンター(TVアニメ動画)

2009年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (60)
434人が棚に入れました
地球から元素が消失を始めたのは物語開始の60年前、2026年、地中海での酸素消失が最初であった。それからほぼ毎年のごとく、地球から一つまた一つと元素が消えて行き、それによる陥没などの被害も多発、地球人口は最盛期の10分の1にまで減少。事態を重くみた国連はわずか10年でスペースコロニーを建造し、そこで各種元素の保存および元素消失現象の原因の追及などを行う。そして、その経緯にて消失した元素は次元を隔てた別次元の地球・ネガアースへ流入し、その星の現住生物に取り込まれQEX(キューエックス)と呼ばれる怪物へ変化させていたことが判明。そこで国連は『エレメントハンター』という元素回収チームを発足させる。しかしネガアースへ赴けるのは、なぜか13 歳以下の少年少女だけであった。

声優・キャラクター
本城雄太郎、榎本温子、桑島法子、小林沙苗、佐々木望、陶山章央、山口理恵、中山さら、真山亜子、小山力也

さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

石川智晶さんのopばかり聞いてた気がする・・・

何気にゆる~く昔nhkで見てました。
元素消失から、国連は『エレメントハンター』という元素回収チームに少年少女が選ばれる。
エレメントハンターがQEX(キューエックス)と呼ばれる怪物を回収するお話。
戦闘シーンも緊迫感なかったような。
教育番組として見るのはいいのかも(元素の暗記とか)
デジモン(あんまり見たことないですけど。)好きな人にはいいかも。
そもそも元素消失したら、生存自体が危ないような^^


石川智晶さんのopばかりはまって聞いてた気がする・・・。(ぼくらの、seedなど歌ってた人です。)
edはちょっと面白かった^^

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

lg さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

-感想-

鑑賞回数:1回 ※評価はしてません。

【総合】
----------
 面白い作品わないかなーと何気に見た作品でわあったけど
 理科/科学とか好きな分野で特に元素記号とか大好きだったので
 見ながら懐かしいなーなどと思いながら割と楽しめました!!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1
ネタバレ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

元素消失それから地球を救えるのは選ばれた少年少女のみ

ある日突然、地球から元素が消失した。

それから60年、地球から消失した元素の

行方を突き止め、そこから元素を回収するために

その世界(ネガアース)にアクセスできる少年少女を

集め、エレメントハンターを組織した・・・。

主人公らは正式に組織されたメンバーではなく
{netabare}
選ばれたエレメントハンターとは違い三人

いないとネガアースに接続できない(選ばれた人は

一人でも接続できる)特殊なぞんざいで
{/netabare}
色々と苦労しながら成長していく。

そして元素消失の真実
({netabare}
カー博士が幼い頃に叫んだとある一言がこの世界の

元素消失を引き起こしていた。そしてそこから

救えるのは博士自身だけだった。
{/netabare})

それを知った主人公らがひたむきに世界を救うために

戦うのはすごいと思いました。

物語のクオリティはそれなりに良かったんですが

キャラデザ等が低年齢向けな感じがして

その点について、少し残念だった。

OP、ED等の曲についてはどちらも

かなり良かった。OPは何度聞いても

感動できるし、EDでは元素が簡単に覚えられて

なんか良かったと思います。(自分はフルで

ほとんど覚えてしまいました。)

10/20 星評価、コメント変更、追記

個人的点数評価 73.94点

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ