丹沢晃之おすすめアニメランキング 9

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの丹沢晃之成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年10月15日の時点で一番の丹沢晃之おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

59.3 1 丹沢晃之アニメランキング1位
009 RE:CYBORG(アニメ映画)

2012年10月27日
★★★★☆ 3.5 (141)
616人が棚に入れました
西暦2012年秋劇場公開される、神山健治監督最新作の製作が発表されました。タイトルは『009 RE:CYBORG(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)』です。日本SFマンガの金字塔であり、全てのサイボーグマンガ・アニメーションの原点である、石ノ森章太郎原作の『サイボーグ009』。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』の神山健治監督が自ら脚本・監督をてがけ、2013年という、リアルタイムな現代を舞台に、全く新しい物語を生み出します。

声優・キャラクター
宮野真守、杉山紀彰、吉野裕行、増岡太郎、丹沢晃之、大川透、斎藤千和、小野大輔、玉川砂記子

ソーカー

★★★★☆ 3.8

押井守、化石となる

原作は見た事ある程度で知識は皆無に等しい私ですが、結構に楽しめました。
押井的なものの詰め合わせですから、押井ファンならニヤリと出来ます(笑)
ビューティフルドリーマー、人狼、天使のたまご、攻殻、パトレイバー等々

おそらく、3.11以降の殺伐とした世相を鑑みた上で、少し違う角度からスタンドアロンコンプレックスのようなものを描いてみせた作品だと思います。
なので、メッセージ性が強すぎます。それも問いかけじゃなくて、己を持てという呼びかけに近い。

しかし、そういうのは皮肉を込めてオブラートに包みながら語るもんでしょ。
文脈無視してあまりにストレートすぎると逆に伝わらないんだな、と思った。

押井守は神、じゃなくて、化石の方でしたかね(笑)
まぁ、なんかこう面白いは面白いが、メンドクサイ映画でした。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 13

素振り素振り(咎人)

★★★★★ 4.6

新時代への挑戦的な作品 喰い込み万歳

攻殻機動隊SACや東のエデンで有名な神山健治が未完の傑作と謳われるサイボーグ009をCGアニメとして製作したのが本作『009 RE:CYBORG』

オールCGでCGには「セルルックCG」を起用
昨今のアニメ映画では上位はCGアニメが独占しているためにCGを起用、CGを使いつつも日本独特の雰囲気を出すためにセルルックCGを起用
作画は多少のカクつきはありますが、それはセル画の雰囲気を出すためにわざとしたものなので突っ込むのは野暮と言うものです(うろ覚え)
個人的にはフランソワーズたんの索敵ワールドが超美麗で(セルルック関係ありませんがww)もう虜です(笑)、他にも細かい動きが凝っていて観ていて何だか楽しくなりました
終盤のテレポーテーションのシーンでのフランソワーズが他のシーンの彼女に比べて異様に可愛かったです
新時代を築くには十分な作画の良さでした、劇場で観る場合は是非3D視聴をオススメします(3D作品の恒例行事ですが眼鏡の人は眼鏡on眼鏡に成るのでご注意を笑)

音楽はいつも通りの川井憲次でした、要するに最高だったって事です^^
OPから、かの名作イノセンスを彷彿させる感じでかな~り気持ちが高ぶります
本編でのBGMのデキも良く、音楽のテンションは全体的に高め
多少BGMが台詞を邪魔していましたが許容範囲だったのでさほど気に成りませんでした

とまあ、作画と音楽は星評価で5をつけてしまうほど素晴らしかったです

肝心の内容ですが・・・個人的にはかな~り面白かったんですが一般受けはほぼ確実にしないでしょうね・・・
いつも通りの神山節でめっさ説教臭い(笑)←一応褒め言葉ですw
原作未読でも楽しめたという意見が結構見受けられるのですがそんなことは無いです(笑)
少なくとも『誕生編』と『地下帝国ヨミ編』は読んでおいた方が良いかも知れません(各00ナンバーの能力把握、00ナンバーから名前を引き出すのは基礎知識とします、本編内では名前も能力も説明が無いので・・・)
あとは神山健治や押井守等々の説教臭い作品に慣れておくのも出来ればやっておきたい事です、本作もそれなりに説教臭いので(笑)
では、本編について
まず始めに00ナンバーサイボーグ招集から始まるのですが・・・というかこの招集からラストまではすんなり進んでいって何だか物足りない感じでした
過去の神山健治作品では東のエデンに近い作品でした(消化不良感や物語の起伏の無さ等々)
原作では明確な敵が居ましたが本作は明確な敵は居るのですが明確とも敵とも言い難いもので何とも形容しがたいです(笑)
クレジット前のラストは後編が存在するかのようなオチでしたがあれはあれで一応完結しているのですが、まあ不満の人の方がが多くなるようなオチでしたね(私的には良かったと思うのですが)
とまあ、物語に起伏が無くとんとん拍子だったのに関しては不満が募りますが概ね満足出来る内容でした(ただ、確実にファミリー向けの作品では無いので要注意笑)
(地下帝国ヨミ編のラストを知っている人には思わぬサプライズがありますよ)
どうでも良いけどジェットとハインリヒの会話が無いのだけは俺は許さんぞ
あと、PVにあった全員集合のシーンが自分が見逃したのかもしれませんが無かったような・・・まず本編で全員集合シーンがほぼ無いに等しいと言う・・・残念

声優とキャラについては良し悪しの両方がわんさかありました(笑)
声優に関しては概ね良しで、悪い点というか微妙な点が一点のみ
その微妙な点ってのは皆さんご存知ピュンマさん、ピュンマのCVの杉山さんは十分頑張りましたよ、ただ新キャラデザと杉山さんの声が全く合って無いんですよwww顎鬚生やしたおっさんであの声はさすがにねwwwあれに関しては声優のチョイスミス若しくはキャラデザミスですww
とまあ声優に関しては以上、次はキャラについてです
原作通り各々のキャラに出番の差はありますね
ジョーとジェットが核と成るので必然的に出番は多かったです、んで全然出番が無かったのはこれまたピュンマさんwww神山監督はピュンマが嫌いなのかと思うくらい全てが悲惨です(笑)
他にはグレートが少し少なめなくらいで後は大体同じくらいでした
キャラデザが原作と比べかなりの改変が行われましたがどのキャラも格好良く成っていて満足でした(これまたピュンマさん除く)
例の彼以外はどいつも見せ場があって格好良さ満点
寡黙なジェロニモと哀愁漂うグレートはものすっごい格好良かったです、ジェロニモさんマジ無双www
フランソワーズは原作なんて比にならないほど可愛かったです、やたらに服が尻に喰い込んでるし、ご馳走様ですた(笑)
全体的に良かったです

と、以上の通り個人的には絶賛ものでした
是非シリーズ映画化してもらいたいものですが・・・難しいでしょうね・・・して欲しいですが
『過去の作品を用いて未来を築いた作品』
本作を簡潔に表現するとこのような感じですかね
尿意と戦いながら観ていたのでつたない文章でこの程度しかレビュを書けませんが素晴らしい作品であったことは確かです
本作は誰がための作品なのかそれは己の眼で確かめろ!!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 14

けみかけ

★★★★☆ 3.5

ロールプレイングな問題提起に映画としては微妙な気がすんだけど、んなことよりゼロゼロナンバー達にまた遭えたことへの感動がオイラには無かった;

ソラピーのレビュが物語の本質を、素振りさんのレビュが技術的側面や原作との関連性を、それぞれ適切に書かれているのでオイラとしては特に書くことが無いですよwww










主人公達ゼロゼロナンバーの出生の秘密や能力の詳細といった導入的部分は本編では特に語られない
原作を全く知らない人は基本的に無視する方向に感じます
また、原作の「天使編」や「神々との闘い編」といった神話や宗教をモチーフとしたお話ののほどが中途半端に終わってしまっていることからなのか、これら『巨大過ぎた大作』達をかき集めて最終的に「地下帝国ヨミ編」に落とし込むってのはなかなか面白い試みだったと思います
(別にブラックゴーストとか出てきませんけど)


ってかw
キャッチコピーでも「石ノ森章太郎の未完の傑作」とかゆーてるけど、009って先生にとってのライフワークだったわけでしょ?
先生が亡くなられて、「未完」であることに違い無いのかもしんないけど、そう易々と未完、未完と言うもんじゃないよwww










まず例のオーバークロックのテストみたいな動きカクカクなしょっぺぇCG
日本のアニメの得意とするリミテッドアニメーションっぽさを3DCGに転用するために秒間フレーム数をあえて落したというのですけど、アレに関してはまだまだ違和感タップリで課題が残ったと思います
てかリミテッドアニメーションってもともとある程度の「手抜き」から生まれた技ですし、なによりリミテッドアニメって結局行き着く先は「溜め」と「貼り」な訳じゃないっすか?
それがなんで秒間フレーム落すって考え方にしたのか?
安直過ぎですよ、どうかしてるw


ただナンモカンモが失敗してるって訳ではなかったです
例えば【加速装置】の描写には素直に拍手ですよ
最近の映画だと、人が認知出来ないスピードで動く物体ってのは例えば「マトリックス」とか「リターナー」みたいに『ハイスピード撮影&スーパースローモーション』がベターなところですよね
それ以外ってなると「仮面ライダーカブト」辺りがやってた、あえての『早回し』で荒々しくてデタラメなスピード感の演出があります
後述は安っぽいけども迫力ある画作りには十分な技法やったんです
で!今のはどれも実写の話でしたけど、今作は後述の方の技術を用いて『リミテッドアニメーションっぽさ』を作ってましてコイツがなかなかカッコイイ
世界的主流のフルアニメーションCGに対する純国産っぽさ、ってのはまあまあ出せているのではないかと思います










で、お話の方なんですけど、オイラ個人としてはあまり心に響くモノは無かったです;
実際の史実で起きた戦争や事件との関連付けしたんですし、これって争いを繰り返す人類の醜さ、愚かさを素直に描けばよかったのではないでしょうか?
“主犯が超常現象”“目に見えない神が黒幕”ってのは納得がいく、いかないの問題ってよりちょっと遠回りし過ぎ
いたずらに争いの種を振りまく神、それに打ち勝つことこそが主人公達の目的地だ!って答えまで最後には提示しきっちゃてますけど?
じゃあサイボーグの彼等には出来て、人類には出来んのはなんでや?
サイボーグと人類の違いって何?
脳波通信?
そーじゃないでしょw
結局「RE:CYBORG」ってタイトルに込めたかったものってなんなの!
こーゆー複雑な問題はいくつかの正解を同時にチラつかせて、観た人自身に答えを決めてもらうような作りにした方が映画としてはgoodなんじゃないでしょうかね?;










まあ本音を言うとその辺が例え微妙でも、石ノ森キャラクター達への愛さえ感じれればそれでお腹イッパイになったのかもしれないんですけどw
その辺がなってないのよ、この映画はw
そりゃ、ジョーの詰襟萌えとかイワンを抱っこするジェロニモがお父さんしててニヤニヤとかあったよ!w
でもそーじゃないでしょ!w
それじゃネタでしょ!w
だってグレート・ブリテンとピュンマの雑魚っぷりなんすかあれ!?
キャスティングにも納得いかん!
なのに「赤い眼鏡」か「人狼」みたいなコンバットスーツの兵隊が出てくる原作無視っぷりはどーゆーことなの?w


あ~、正直ツマンナイってほどではないのです、エエところもまあ・・・
でも今作のキャッチコピー「終わらせなければ始まらない」って同日公開の「映画スマイルプリキュア」でもちゃんとした答え出して話の中に盛り込めてるしw
それと例のリミテッドアニメーションっぽさの追求って課題もどうもティム・バートンが「フランケンウィニー」で解決したっぽい?
(厳密にはストップモーションっぽさですが)
なにより、現時点での日本のアニメっぽいCGの最先端ってやっぱりプリキュアの東映CG班、あのレベルが今の水準でしょーよw
オイラの目には相対的にヨロシクナイ映画になっちまったと思いますた┐(´д`)┌


超余談ですがなかなかどうして秀逸な川井憲次による今作の劇伴
素振りさんは「イノセンス」っぽいと書き、ソラピーは「劇パト」っぽいって書いてましたけど、オイラにはタイトルバックのコーラス曲がドコとなく「アヴァロン」っぽいと直感的に感じました
三者三様に褒めてるのがウケますw
まあとにかく川井サントラの集大成的完成度だったということっすよ^q^

投稿 : 2019/10/12
♥ : 17

76.1 2 丹沢晃之アニメランキング2位
モブサイコ100 II(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (281)
1126人が棚に入れました
ごくフツーの暮らしがしたいと願う中学2年生・影山茂夫、通称「モブ」。
一瞬で人混みに紛れてしまうほど、サエない外見をした彼は、
じつは誰よりも強力な超能力の持ち主だった……。
そんなモブと彼を取り巻く人々との青春や恋、静かに降り積もりやがて爆発する数々の感情。
そして、かつてモブの前に立ちはだかった謎の組織「爪」の再臨。
思春期真っ只中の少年の魂が咆哮する、明日はどっちだ!?

声優・キャラクター
伊藤節生、櫻井孝宏、大塚明夫、入野自由、松岡禎丞、佐武宇綺、藤村歩、細谷佳正、國立幸、松井恵理子、楠大典、丹沢晃之、M・A・O、石田彰
ネタバレ

dbman

★★★★☆ 3.9

続編もさすがの安定感

原作:漫画/放送期間:第2期:2019年1月-/アニメーション制作:ボンズ/平均満足度は暫定値

前作、第一期を先日観終えたばかりで、とても楽しませてもらったということもあって、期待しながらこちらの第2期も視聴開始。

相変わらず、このキャラデザをよくぞここまで魅力ある作画に見せてくれる制作・ボンズの手腕はさすがです。オープニングも前作に引き続き、一見して好感の持てるオサレカッコイイといったものとなっていました。

物語は第一期同様に立ち上がりは抑え気味なエピソードが続いた印象で、新キャラ・森羅万象丸(声:楠大典)が登場。その愛着の持てるキャラクター性から、ヤムチャ的立ち位置という匂いがプンプンしていたので、今後レギュラー的に登場しそうな様相。

そして、作中で表現されているモブの“%表示”同様に溜め込んでいたように第四話から一気に面白い展開へと発展。{netabare}その強さはモブさえも上回る最強の霊能力者・最上啓示(声:石田彰)の出現により、見どころ抜群なバトルやシリアス展開に。もちろん、要所要所で、霊幻新隆による笑いどころも散りばめていたのはやはりこの作品の面白いところ。

ちなみに演じているのが石田彰さんとあって、設定も近い「夏目友人帳」の祓い屋・名取周一が頭をよぎったのは私だけじゃないはず。だからどうしたって感じだが、こういったミステリアスなキャラに石田さんはベストマッチしているので、今後注目キャラのひとりとなりました。(どこまで物語に食い込んでくるのか未知数だけれど){/netabare}

ともあって、原作未読な私としては、先の展開が実に楽しみな作品となりました。


■アニメ関連情報
なお、主人公・影山茂夫役の伊藤節生さんがメインパーソナリティーを務める公式ラジオ番組が、公式サイトにて毎月1回の不定期配信中。番組の音声動画は順次、Youtubeにもアップされている。

▼Youtube動画:【モブサイコ100Ⅱ】塩中放送部#01
https://www.youtube.com/watch?v=-n63-Lhv4Bg


▼キャスト
影山茂夫(モブ):伊藤節生
霊幻新隆:櫻井孝宏
エクボ:大塚明夫
影山律:入野自由
花沢輝気:松岡禎丞
ツボミ:佐武宇綺
浅桐みのり:M・A・O
最上啓示:石田彰

投稿 : 2019/10/12
♥ : 22
ネタバレ

shino73

★★★★☆ 3.8

ねじ式

ボンズ制作、アクションコメディ。

世界は非科学的な怪奇現象で溢れている。
人々はそれらと出くわした時、
成す術もなく恐怖の闇に飲み込まれる。
そんな混沌とした闇と対峙する者たちがいる。
それが霊能力者である。

シュールな笑いと、時々感動。
間違いなく優れたコメディであり、
前作を軽々と超えて行く物語の力に圧倒されます。

霊とか相談所のホームページ作成が、
物語を見事に水平展開させ、
舞台は全国に渉り珍道中が始まる。
{netabare}トンネルダッシュばああは最高のキャスト。{/netabare}

影山モブと師匠霊幻新隆の、
奇妙な信頼関係と2人の葛藤が描かれ、
モブの人間的な成長が物語の軸になっている。
ふと立ち止まって考えさせられる、
不思議な言葉(台詞)の魅力がありますね。

素朴に生きて来たモブに芽生える疑問の数々。
{netabare}霊にも存在理由があり生者と同等の尊厳がある。{/netabare}
存在神学、真理の非隠蔽性。
それは僕たちの感覚を超えて深いものだ。
油断していたら不覚にも感動する。

ぜひこの2期は見るべし。
そしてせっせと真理のねじを巻こう。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 37

イムラ

★★★★★ 4.7

1期の名曲OP「99」MOB CHOIRは高校の合唱部とかで歌ったらカッコいいんじゃないかと思うんです

<2019/4/28 初投稿>
原作は未読。
本作は2期目ですが、1期とまとめてのレビュー・評価です。


ヘタウマと称される作品であっても、人によっては「ただ下手なだけ」「手抜き」に見えたり。
ヘタウマって見る人の感性にマッチするかどうかなのでしょうね。

モブサイコ100、私はピッタリハマってしまいました。

その絵柄・キャラクターデザインは至ってシンプルで見ようによっては雑とも。

でも表情は豊か(←ここものすごく大事)

どこかで見たような絵なのに、どれとも似ていない、目だけでもそれとわかる不思議な個性。

さらにこれをアニメ化したbonesの力量が相まって高品質のアニメに仕上がっています。

物語も
「もしモブキャラのように地味な男の子が超絶超能力者だったら」
という一見シンプルで底が浅そうなお題をうまい具合に膨らませてます。

こういうのをセンスの塊と言うんだろうな。
ONEさん、すごいわ。


主人公は地味だけど心の優しい少年・影山茂夫(シゲオ)。
茂夫の音読み+モブキャラのように地味なことから通称「モブ」と呼ばれています。
実はモブにはものすごい超能力(と霊能力)があります。
周囲にはその能力をひた隠しに隠して・・・というわけでもないようですが、いかんせん陰が薄くて中学のクラスメイトは誰も気がついていない 笑。

そんなモブが強さを発揮する爽快感と熱いバトルを味わう作品であり、

モブの師匠(?)の霊幻新隆(れいげんあらたか)やクラスメイト、超能力者達、"エクボ"などの悪霊、変な敵達など味濃いめのキャラの皆さんを楽しむお話でもあり、

そんな人たちに囲まれたモブの成長物語でもあります。

よくよく考えてみると、やはり今期放送された「ブギーポップは笑わない」といろいろ真逆な作品かもしれませんね。

ブギーポップは箱庭的
モブは一つの点を大きく膨らまして

とか言っても漠然としすぎでしょうか。
(私はどちらも好きです)


本作は物語性とエンタメ性合わせ持つ超優良作品だと思ってます。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 26

59.8 3 丹沢晃之アニメランキング3位
タユタマ Kiss on my Deity(TVアニメ動画)

2009年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (283)
1654人が棚に入れました
あなたと ひとつになるために 生まれてきました。
明治時代から続く名門女子学部「フローレス」と、近年創設された男女共学の一般学部「スライトリー」が共存する「創聖学院」。
そこに通う「泉戸裕理」は、学院で出土した遺跡で500年にわたる封印から解放された「太転依(たゆたい)」と呼ばれるその土地を守護する存在に出逢う。その際、太転依の1人である「綺久羅美守毘売(きくらみかみのひめ)」より、自らの化成である少女「ましろ」を託される。500年越しの悲願である、人間と太転依の共存を実現させるために――。

声優・キャラクター
日野聡、力丸乃りこ、下田麻美、水橋かおり、伊藤静、置鮎龍太郎、若本規夫、丹沢晃之、なかせひな、津野田なるみ、永見はるか、中川里江、岸尾だいすけ
ネタバレ

Baal

★★★★☆ 3.9

和風ファンタジーと恋物語。

Lump of Sugarによる美少女ゲームを原作とする作品です

原作未プレイ


伝統のある名門校の流れを汲む女子学部「フローレス」と近年できた

男女共学の一般学部「スライトリー」の2学部が存在する創聖学院。

その一般学部に通う泉戸裕理は八衢神社の一人息子だった。友人である

河合アメリや要三九郎と共に平凡な学園生活を送っていたのだが

学院の拡張工事により遺跡のようなものが見つかる。そこには泉戸の

神社に伝わる神「太転依」の文字があった。しかし科学鑑定から学術的

価値は何もないとされ工事は継続されることに。災いが起こることを

阻止するために御魂移しを行うことにするのだったが・・・


久しぶりにアニメを多く見始めた頃に見た作品を見返したくなり

視聴してみたのだが、それまでに視聴した作品の数が多く多様な種類

に出会っていたためか以前とは大きく異なる印象を受ける事になった。


物語の内容自体の印象は前と変わらず面白かったですし、曲に関しては

色褪せる事もなかったですがやはり年代そのものだったのですねと

いう印象を強く受けてしまった。初視聴時(と言っても1年半程前ですが)

ほとんどアニメを見た事がないという状態だったのであまり考えも

しなかったのだろうと思います。

最近の作品ばかり見てると少し古い作品を見るのに抵抗が出来てしまう

のかなぁと感じてしまいました。


でも自分はこの作品にアニメを見始めてすぐに出会えた事はとても

良かったと思います。

そしてこのOPはずっとずっと先でも自分の中で輝いてるだろうと思います。

2016/03/13追記


2014/11/07時点の感想
{netabare}神様と人間が共存する(いや、したいなのか)という舞台の

下で繰り広げられる恋物語。前半のつかみや構成は

わりと良かったと思います。まあ、ありきたりな展開と

言えば、そうなんですけど。後半では展開に少し無理があるような

部分もあって、少し???な時もあり(原作等などは未プレイで

その上、理解力に欠けるので自分には分からなかっただけです)

少し違和感を持ちながら、そのままなんとか繋げながら

最後まで見ました。結末をなんとか結んでいたので良かったです。

それから、あのOPの『The fine every day』は

かなりいい曲だと思います。{/netabare}

投稿 : 2019/10/12
♥ : 30

ぱるうらら

★★★★☆ 3.2

とにかく頑張って1クールにまとめたアニメ

『タユタマ Kiss on my Deity』はPCゲーム原作、1クール(全12話)の妖怪・恋愛アニメです。


エロゲ原作のこのアニメ。この作品を初めて観た頃は、タイトルが『タユタマ』だか『たまゆら』だか分からなかった事だけはよく覚えている。
物語は、ある遺跡の霊払いに高校生で神職の主人公が向かうが、霊払い中にその封印が解け、色々あって可愛い女の子を養うといった流れで始まる。序盤からとにかく急展開で、キャラの掘り下げ方も浅く、視聴者のことを考慮せずにガンガン物語を進めていったため、「あぁこんな子や妖怪も居たなぁ」程度にしか話も登場人物も覚えれらなかった。故に、序盤から中盤に駆けてはとにかく観た物を受け入れることが大事。キャラデザは可愛いのでそっち方面は大丈夫だろう。
ましろたん萌えぇ(笑)

盛り上がるのは終盤。"ましろ"の不調や幼なじみの心情描写が一層シリアスなムードを醸し出すことで漸く面白くなる。クライマックスでは"ましろ"に関する話により、しんみりした気持ちにも為れてそこそこ良い幕引き。だが、急展開によりキャラの掘り下げ方が甘かったか、誰が何をしてもあまり心が動かされる事はなかった。

この作品を一言で纏めると『ビジュアル面でのキャラ(萌え)アニメ』。面白かったかと言われると微妙な所だ。しかし、面白かった印象はなかったのに無性にまた観たいと思ってしまうのはなぜだろう。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 6

Ssoul(輝子P)

★★★★☆ 3.4

人間とタユタマの関係をよくするために戦っていたけど、まずは自分の事を考えましょう。

はじめは世界観が分かりにくいですが、少しじっくり見てみるとわかってきます。もう少し過去の所を詳しく話してほしかったです。

エロゲ原作ですがぜんぜんエロパートも無く、かなり楽しめました。そして恋の三角関係もかなり深く描かれていてより面白くなっていました。私が特に好きなキャラクターは義理の妹の「小鳥遊 ゆみな」です。義理の妹なんてすごく珍しいので気に入りました。

けれど戦いパートはあまり面白く無かったでした。私てきにはもっと恋愛パートを増やしてほしかったです。

オープニング

「The fine every day」
かわいい曲です。けれどオープニングでネタバレが入っていた所は残念でした。ネタバレは簡便してほしいいです。

エンディング

「キズナノ唄」
超かわいい曲です。この作品にぴったりの曲でした。私敵にはこの曲をオープニングにしても良いと思いました。画像がギャルゲ見たいに描かれていた所が私の好みでした。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 3

62.0 4 丹沢晃之アニメランキング4位
エリアの騎士(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (256)
1373人が棚に入れました
主人公の逢沢駆は名門・鎌倉学館中等部サッカー部マネージャー。同サッカー部のキャプテンでU-15日本代表の司令塔(MF)としても活躍する兄・傑に憧れていながらも、精神的な弱さが災いしマネージャーという役割に甘んじていた。それでも傑は駆の“ストライカーとしての才能”を信じ、将来はワールドカップという大舞台で自らの“ラストパス”を弟につなぐことを夢見ていた。また、アメリカから帰国した幼馴染の美島奈々も二人を見守り、時に駆を励ましていく。しかし、そんな兄弟に交通事故という不運が襲いかかる…。

声優・キャラクター
三瓶由布子、福山潤、伊藤静、白石稔、新垣樽助、真堂圭、田原アルノ、佐久間レイ

ジェフ

★★★★★ 4.7

サッカー

サッカー漫画で一番おもいろいです

これを見てサッカーのおもしろさを実感しました

投稿 : 2019/10/12
♥ : 7

ローズ

★★★☆☆ 3.0

一サッカーファンとしての個人的な意見

身近な登場人物が高校生にも関わらず、日本代表に選出されレギュラーメンバーになる等、
かなり現実感からかけ離れた内容の作品ですが、あくまで原作が漫画のアニメと考えれば、仕方のない事なのかなあと考えてしまします。

上記の内容は、個人的には許容範囲なのですが・・・



ここからは、一サッカーファンとしての意見です。

心臓移植をしてサッカーをする・・・かなり強引です。

日本では、元・日本代表で活躍した松田直樹選手が、練習中に心疾患でお亡くなりになっています。
海外でも、昨シーズン、イタリア・セリエB(2部リーグ)でモロジーニ選手が試合中に心疾患でお亡くなりになっています。
イングランド・プレミアリーグでは、ムアンバ選手が心疾患で倒れましたが、なんとか一命を取り留めて回復しました。(サッカー選手としては引退しました。)

現実に起きている事故を知っているので、この作品は楽しめないです。
むしろ、不快に感じます。

他にも臓器移植や死んだ人間を利用する事などの問題点が多々あり、楽しんで視聴できるサッカーファンはいないと思います。

フィクションなのだからあまり気にしなければ、という意見があると思いますが、
それなら、死んだ人間を生き返らせて選手として活躍させればいいのでは、と思ってしまいます。


このアニメを視聴して楽しいと感じるサッカーファンの人とは、サッカーの話をしたくないです。
(サッカー以外の話題は別ですが^^)


とりあえず、放送が終了して良かったです。
再放送や2期目の放送は、大反対です。


絶対に負けられない戦いと謳って、日本代表の試合を放送しているテレビ局やサッカーに疎い原作者の人には、倫理観や道徳心を持っていただきたいです。

本当にサッカーの事が好き、というのが大前提になりますが^^

投稿 : 2019/10/12
♥ : 17

takumi@

★★★★☆ 3.5

迫力がもうちょっと欲しかったけれど正統派な雰囲気に好感は持てた

原作未読。
サッカー兄弟の葛藤とかすれ違いでいくかと思いきや、
衝撃的なアクシデントが・・・
という古風な雰囲気で始まったこの作品。
内容は古風だけど、作画はちょっと新しめだった。

サッカーを通して成長していく少年の姿を描くなら
少しずれて放送が始まった『銀河へキックオフ』のほうがダントツだが
こちらは年齢的にもう少し上の世代なので、想いや考えも少し違い
それはそれで見応えがあった。

また、「リトルウィッチ」と呼ばれるほどのサッカー能力を持ちながら、
主人公である相沢駆の所属する高校のサッカー部マネージャーを
務めるヒロイン 美島奈々の透明感は魅力だったw

土曜日の早朝という放送時間だったので
子どもを中心に大人と見れる作りにもなっていたと思う。

だけど技的には、サッカーに詳しい人から見たら物足りなかったかも。
ストーリーもちょっと間延びしてみたり、
臨場感が足りない数話で途中ダレぎみになった。
演出面で、スピード感のメリハリとかも、もう少しあっても良かった。

でも、ただただスポーツしている姿をカッコよく見せるだけでなく
メンタル面なんかの人間ドラマな部分も見せてくれることでリアルになるし、
逆にそのリアリティをどこまで追求し、
かつ、子どもにもわかりやすく見せるかって、
ずっと長年アニメ界が抱えていることのような気がする。
どんどん吸収してしまう子ども時代にこそ、本物を知るべきという考えも
一理あると思うし、なかなか難しいところではあるなぁと。

そんなことを思いながら、久しぶりに観ていたサッカーアニメだった。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 24

61.5 5 丹沢晃之アニメランキング5位
トワノクオン 第1章 泡沫の花弁(アニメ映画)

2011年6月1日
★★★★☆ 3.6 (146)
791人が棚に入れました
近未来の東京――。ベスティアと呼ばれる特殊能力に目覚めた少年少女が確認されるようになっていた。自らの能力に飲み込まれ、暴走するそんなベスティアたち。そのベスティアを人知れず鎮圧するためのサイボーグ部隊を擁するクーストースが暗躍する。ある夜、ベスティアの少年が追いつめられた時、獣のようなベスティアが現れ、深手を負いながらも、少年を連れ去る。それはインサニアと呼ばれ、クーストースがかねてから狙っている謎のベスティアだった。翌朝、ベスティアの少年――ユーマは目を覚ます。そこはファンタジアム・ガーデン。ベスティアとなった少年少女が集う場所だった。そしてユーマは、クオンという少年と出会う……。

けみかけ

★★★★☆ 3.9

2011年を代表する・・・ってか今年最高のアクション超大作!!!

『08MS小隊』などでお馴染み、飯田馬之介監督の遺作となってしまったオリジナル映画


近未来の東京を舞台に、異能者となってしまい謎の組織から命を狙われる若者達
これを救うべく立ち上がった変身ヒーローの戦いを描くミュータントバトルアクションです


全6章の連続公開モノということで、
この第1章自体は導入的な要素が強く、見終えても映画を一本見たという感じにはならない
空の境界的なものを期待しても無駄です
最近なんか多いですね、こーゆー映画っぽくまとめない映画
普通にハイクオリティなOVAの1話、という感覚


ただこの第1章を少しでも面白いとも思っていただけた方・・・グロ描写に耐性のある方・・・バトルアニメが見たいと思っている方・・・
是非に全6章の完走を目指してください!


乱戦&高速なバトルシーンや圧巻の変身シーンなど、
作画的な見どころは多数あり
今年のアニメ全ての中でも最高の正統派アクションに仕上がっております^q^


豪華声優陣の演技は丁寧だし、キャラクターデザインも可愛い!
後半はロマンスを感じるお話の比率も高くなってきますよ
マジ、スクライドとか見てる場合じゃねーっす!w

投稿 : 2019/10/12
♥ : 18

Baal

★★★★☆ 3.6

能力に目覚めしモノたち

アニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズ

によるオリジナル企画として全六章の劇場アニメ

制作された作品です。これはその第一章です。


異能の力を覚醒させてしまった人たちの

それらを人知れずに排除しようとするものたちと

それらを救おうとする人たちの戦いが描かれて

います。


第一生は能力に目覚めてしまったアトラクターと

呼ばれる存在をすべて救おうとする主人公クオンと

新たに目覚めてしまった少年やキリという少女

が出会う物語です。


まだ第一章ということでどうして能力に目覚めてしまった

人が現れていくのか、現れる理由とは。そして

なぜ排除しようとするものと守るものがいるのか

というようなことはほとんど物語の中には出ていません。

どちらの存在も秘密裏に動いているとのことで

戦いが周りを封鎖した状態にしてから始まり、

その戦いが異能によって体を異形の存在とした

クオンたちとその秘密裏に動く異能に目覚めたもの

を排除しようとする組織のサイボーグととなっています。

あまり異能といっても魔法のような感じではなく

相手もサイボーグということでかなりが肉弾戦と

なっていて派手な演出とかは感じられなかったですが

その肉弾戦の動きは結構よかったと思います。

まだ存在等の理由が明かされていないので

これからそういうことにも焦点が当てられた

彼ら彼女らたちの物語も見ることが出来るのかなと

思うので第二章以降も楽しみです。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 14
ネタバレ

かげきよ

★★★★☆ 3.8

迫力の異能集団バトル

サイボーグ戦術部隊VS異能者集団の戦いを描いた物語。

声優さん、結構豪華です。
作画も凝っていてアクションシーンはスピード感があり迫力はなかなかです。

第一章と言うことでメンバー紹介と概要であっと言う間にEDへ。

社会秩序を乱す異物を排除したいサイボーグ組織、
異能で苦しむ少年少女を助けたいクオンとその仲間達。
それぞれ思う正義があるようです。
{netabare}
主人公、少年の姿ではありますがクオンと言うだけあってかなり長生きしていて色々含みがありそうです。
能力覚醒する子供達にはトラウマや精神的な苦痛の跡があり、
こちらも何やら意味深いものがありそうです。
{/netabare}
取りあえず第二章も観てみます。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 6

60.6 6 丹沢晃之アニメランキング6位
トワノクオン 第2章 混沌の蘭舞(アニメ映画)

2011年7月16日
★★★★☆ 3.6 (75)
418人が棚に入れました
人々を怯えさせる連続殺人事件。その現場にはいつも花の絵が残されていた。“能力者”がかかわっていると考えるクオンたち。
一方、サイボーグ部隊WTOCの一人、イプシロンもまた同じ事件を追う。クオンが気付いたのは、事件現場にいつもかすかに漂う甘いにおい。デルタ(ひずる)とともに調査をしていたイプシロンは、花にまつわるデータを検索するうちに、花が美しいだけの存在でない事実を確認する。事件の犯人とその動機とは一体……。
ネタバレ

Baal

★★★★☆ 3.9

能力が目覚めるとき・・・。その人は一体何を思うのだろうか・・・

アニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズ

によるオリジナル企画として制作された劇場アニメ

です。全六章あり、この話はその第二章です。


内容はこの街で謎の殺人事件が発生する

能力者による犯行としてクオンたちはその事件を

追う。また能力者を殲滅せんとするものたちも

同じ事件に対して動き出していた。

またそんな中でキリは謎の少年と出会っていた

のだった・・・。という始まりでした。


能力者がどうしてその能力を手にするのか

そしてその事件の真相は如何にというのを

中心として動く話でした。

能力者が特に元々普通の人間だったものが

如何なるときに異能の力を手にしてしまうのか

が少し分かるようなところがあって

少しずつこの世界での異能のあり方やそれらを

追うもの救うもののそれぞれが思うことが

分かっていく感じがしてよかったです。

元々能力を持たない人間が能力を手にするのは

{netabare}心に強く願いを思った{/netabare}この時に

生じることがあるみたいです。何か他の条件も

必要そうでもありますが・・・。

元々何らかの素質みたいなものを持っている

ものがそういったことをきっかけに能力を目覚め

させるのかなと思いました。


この作品は物語の背景や世界が少しずつ明かされて

いきながら、一章ごとにひとつの物語が完結して

いく形だと思うので(ここまで見てそのように

思いました。)深まりながら先に少しずつ分かって

だんだん面白くなっていくのかなと思います。

三章以降も楽しみに視聴したいと思いました。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 9

けみかけ

★★★★☆ 3.5

完全に失速してしまった 第1章の興奮はどこに

第2章は終始、「クオンが救えなかった仲間」という部分に焦点が合わされており、完全にクオンの失敗談として描かれる


今回のゲストキャラの心的閉塞感はハンパなく、確かに辛い道を歩んで来てそうなっちゃたわけだが、まるで心を開いてくれず救う余地を見せてくれない
今作で突然現れたゲストキャラに同情の念を抱くにはちょっと軽かったかな・・・というのが率直な印象


バトルよりも殺人事件の真相追及という謎解きが大部分を占めるというのもあってカタルシスに欠ける内容だった


第1章から特にキャラの掘り下げなども無く、謎もいまだ多い
あんなにカッコ良かったクオン様もカップラーメンを「1000年に一度の発明」とか真顔で言っちゃうただの電波野郎になってるし
強いて言うなら第1章では敵役のサイボーグ達の中では「若い」という理由でハブられ気味だったデルタとイプシロンの人物像が見えてきたので、この二人を掘り下げる話が今後あるので大丈夫

投稿 : 2019/10/12
♥ : 7
ネタバレ

かげきよ

★★★★☆ 3.8

異能者バトル第二章

サイボーグ戦術部隊VS異能者集団の戦いを描いた物語の第二章。

今回は花にまつわる殺人事件を両組織が追う間接的な戦いになっています。

作画は綺麗で花も良く描かれてていると思います。
音楽自体は結構好きですがあまり効果的な使われ方とは言えない気がしています。
{netabare}
殺人事件を追いながら人物の掘り下げ回ですね。
深くは掘り下げては居ないですが人と成りは分かってきました。

花の匂いを使い、人の感情をコントロールし事件を起こす能力者の話でした。
今回クオンは悲しい事に対象者(犯人)を救う事が出来ませんでした。

個人的には今回に関してはサイボーグ側寄りです。
どんな事情があるにせよ許しがたい罪を犯してしまっていましたのでこの結果は仕方のない事だと思います。

一章では全員救うという意志や理想を見せて、今回は現実を見せたという感じです。

分かりやすい展開ですが悪くないと思います。
{/netabare}
さて次は第三章を観てみます。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 5

61.5 7 丹沢晃之アニメランキング7位
トワノクオン 第3章 夢幻の連座(アニメ映画)

2011年8月13日
★★★★☆ 3.6 (76)
407人が棚に入れました
イプシロンをサイボーグたらしめた事件。すでに忘却された記憶のはずだったが、ある能力者の少女との接触をきっかけに、過去の世界への扉が開き、それはクオンたちの心をも巻き込んで広がった。過去で対峙する二人。それは運命を大きく変える邂逅だった―。
ネタバレ

Baal

★★★★☆ 3.9

夢の中にある幻想

アニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズ

によるオリジナル企画として制作された劇場アニメ

です。全六章の第三章です。


内容はとある能力に目覚めた少年を助けるべく

動くクオンたち。そこに現れた能力者を殲滅

せんとする組織のサイボーグたちと交戦する。

そして突然何かが起き、テイとサイボーグの

一人イプシロンとその少年ツトムが昏睡状態

に陥ってしまう・・・。という感じで始まる

物語です。


今回は夢にまつわる能力関係の物語です。

テイはテレパシーを用いて皆と繋がること

ができる能力者です。

{netabare}そして助けようとした少年ツトムの過去と

昏睡状態に陥って彼ら彼女らの過去の記憶が

シンクロし、それから助けるために自ら入り

込んでいってクオンを含めた{/netabare}彼ら彼女らの

過去の記憶を垣間見ることのできたのが

よかったです。それが今のクオンがどうして

こうやって生きていくことを選択したのか

と関わるのかなとも思いました。

何千年と生きてきたクオンはその過去の時を

どう感じどう考えてそして今はどう捉えるのか。

この様々な思いを抱える能力者たちの中で

その一人としてどうなっていくのかなと思いました。


だんだん能力者を殲滅せんとする組織の

力や判断の仕方ややり方が少しずつ分かる

そんな話でもあったのでその組織と

クオンたち能力者たちは今後の戦いはどうなって

いくのかなと思います。

第四章以降の展開も楽しみに思います。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 10

けみかけ

★★★★★ 4.2

遂に動き出した物語 次々に明かされる真実 シリーズ最高傑作回!

全シリーズ中でも一番の面白さ
毎度エンドクレジットのIida Umanosuke(1961~2010)でウルっと来てしまうのですが、今回は率直にお話が盛り上がってきてホンマに泣きそうでした;;


今回クオンたちのサポートにまわっているテレパシー少女のテイの力が敵サイボーグのイプシロンの潜在意識と干渉してしまい、二人は夢の中を永遠に彷徨い続けてしまいます


テイを夢のループから救うべくクオンもまた夢の世界へ旅立つことを決意する


しかし夢の世界で待ち受けていたのは、それぞれが抱える心の闇、それをただひたすら繰り返す悪夢の連続だった


そこで遂に明かされるかつて生身の人間であった頃のイプシロン、そして1000年の時を越えたクオンの過去


これまで1000年の時間を経ていることを示唆してきたクオンの言動を裏付ける形となる話でもありますが、
イプシロンがサイボーグになることを決意するきっかけというのがあまりにショッキングなものでして;
覚悟を決めて視聴する必要があります


夢の中が舞台、というのもあって本編では荒々しいラフなアウトラインの作画での激しい戦闘シーンやサブリミナル的なカットの挿入をした演出もあり、お話以外の面でも楽しませてくれます
(てかあれモロにサブリミナルやろ;いいのか;?)


大いに満足&次章以降はいよいよクライマックスということで期待もより膨らみます

投稿 : 2019/10/12
♥ : 9
ネタバレ

かげきよ

★★★★☆ 3.7

異能者バトル第三章

サイボーグ戦術部隊VS異能者集団の戦いを描いた物語の第三章。

能力者の能力が重なり合い夢の中に取り残された者をクオンが助けにいくお話でした。
{netabare}
サイボーグの一人(イプシロン)を巻き込み、それぞれの過去が露わになる回でした。

それぞれの道を歩むきっかけとなった過去を紹介してくれました。
作画の演出もありなかなか壮絶でした。
異能者もサイボーグも原点は同じ様で争いも不毛に感じてしまいます。
でももう後戻りできないんでしょうね。
これからの戦いどういう結末になるのか注目です。
{/netabare}
さぁ四章へ!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 3

62.1 8 丹沢晃之アニメランキング8位
トワノクオン 第4章 紅蓮の焦心(アニメ映画)

2011年9月10日
★★★★☆ 3.6 (74)
398人が棚に入れました
クーストースがファンタジアム・ガーデンの存在を察知する。クオン(声:神谷浩史)はテイ(名塚佳織)を守るため、サイボーグ部隊WTOCと対峙する。そのとき、サイボーグ部隊のイプシロン(鳥海浩輔)に異変が起こる。異変を知ったクーストースの指揮官・上代(三木眞一郎)は冷酷にも、イプシロンを破壊する命令を下す。
ネタバレ

Baal

★★★★☆ 3.9

紅蓮の炎をあげし者は何を見るのか。そして二つの大きな力が・・・

アニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズ

によるオリジナル企画によって制作された劇場アニメ

です。全六章の第四章です。


夢の中を彷徨っていたその後に各々の記憶が

蘇ったり顕になったりして、迷いや戸惑い

そして驚きを感じながらもそれぞれの目的の

ために動き出したクオンとイプシロン。

その中でまた能力が暴走し、クオンたちと

イプシロンたちサイボーグ部隊は対峙する

こととなる。その戦いの中で、イプシロンの

{netabare}内なる記憶と共に封じ込めていた異能の{/netabare}力が

暴走を始め、クオンたちは{netabare}同じ能力者として

彼を助けることを{/netabare}するのであった。

{netabare}もちろんファンタジアム・ガーデンのメンバー

たちの中には元々敵であったため彼を受け入れること

に反対する人たちがいました。{/netabare}

そうした中でイプシロンこと風見瞬は自分のこと

を考えそしてこのガーデンの人たちのことを

考え、{netabare}自ら出ていくことを{/netabare}決めたのでした。

という感じからです。


この話では今まで様々な能力者と出会い、

イプシロンらサイボーグと戦いながらクオンの

過去や能力者の生きる意味などを

考えるようなもので構成されていましたが

ここからはクオンの過去とサイボーグを使い

能力者を根絶やしにしようとする組織の

動きが活発になり、一つ一つの思いや使命、

野望が渦巻く物語となっていていよいよ核心

に入っていくのだなと思いました。

またそう考えると物語の核心にある真実が

一体何なのかが少しずつ現れながらも

まだわからないといったところなので

この先一体どうなるのだろうかと思えて

この続きが早く見たいと思いました。


この第四章は本当に大きく動き出したかのように

感じる話でした。しかも終わり方がまさか・・・

という感じだったので第五章以降の続編が早く

見たいし、なんとなくワクワクするような感覚

があって本当に続きが見たいと思いました。

(何度も続きがみたいと言ってますが終わり方が本当に

次どうなるのかと思わせる感じになっていました。)

投稿 : 2019/10/12
♥ : 10

けみかけ

★★★★☆ 4.0

クライマックス突入!

第3章以降完全に波に乗りました!
前作で明かされたサイボーグ、イプシロンのあまりに残酷過ぎる過去
そして秘められた自らの身体に宿った得体の知れない力・・・


おぞましい力に目覚めたことへの恐怖に苛まれ自分を責めるイプシロン
遂には仲間から銃口を向けられてしまいます
力に目覚め、能力者となったイプシロンを救うべく動いたのは何者でもなく、1000年前の罪を背負い続けるクオンの方からであった


↑のサムネを見ていただければ解るかと思いますが、今回重要な役どころを持つのはイプシロンこと風見瞬
そしてデルタこと飛鳥ひづる
サイボーグであるはずの彼等に残された人間の心の部分・・・
そしてクオン達、能力者もまた一人の人間であることに変わりないはず・・・
人の命ほど代え難いモノは無いんだ、と訴えかける今作のテーマとなる部分を、遂に力一杯出してきましたね


いよいよクライマックス!
この次の回ではいよいよ黒幕であるクーストースの指揮官、上代の目的が明かされます!

投稿 : 2019/10/12
♥ : 4
ネタバレ

かげきよ

★★★★☆ 3.9

異能者バトル第四章

サイボーグ戦術部隊VS異能者集団の戦いを描いた物語の第四章。

クオンとサイボーグ部隊との交戦中サイボーグ部隊の一人イプシロンに異変が!というお話でした。
{netabare}
起承転結の「転」ですね。
うすうすはあるかなとも思ってましたので超展開とまでは行きませんが、
異能の力が発現してしまったイプシロンはクオンに助けられ異能者側の実情を知り、
仲間になります。

サイボーグとして操られながらも自分の心で打ち勝つ姿はなかなか良かったです。

なんて事思ってたらクオン殺されちゃったみたい!?
不死身っぽいから平気とは思うけど…。
ここに来て良いところで引っ張りましたね!

なんかサイボーグ側のお偉いさんクオンの兄弟かも知れないな…。
とも思いつつ
{/netabare}
次の5章へ。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 3

61.9 9 丹沢晃之アニメランキング9位
トワノクオン 第5章 双絶の来復(アニメ映画)

2011年11月5日
★★★★☆ 3.6 (72)
385人が棚に入れました
ファンタジアム・ガーデンから脱出したイプシロンとベスティア(能力者)たちを追ってサイボーグ部隊が出動する。行方不明のクオンは果たして生きているのか。そして思わぬ真実が明かされる。
ネタバレ

かげきよ

★★★★☆ 3.7

異能者バトル第五章

サイボーグ戦術部隊VS異能者集団の戦いを描いた物語の第五章。

生き残ったイプシロンと異能力者たちを追ってサイボーグ部隊が出動! 行方不明のクオンの生死は?みんなの運命は?
というお話。

{netabare}サイボーグ側のリーダー上代は実は異能者。
どうやら異能の力を吸い取り活用できるみたいです。

何か怪しいと思っていて前章でクオンの弟かなと予想しましたが、それはハズレ。
弟は木の根本地下に封印されていました。こっちも気になるんだけどね。

上代は裏のある悪そうな奴ですが口がうまいので能力者の子供たち何人か付いていっちゃいました。

うーん最後どうなるんだろ?
コレ結構楽しめますね。
{/netabare}
さぁ最終章へ

投稿 : 2019/10/12
♥ : 4

けみかけ

★★★★☆ 4.0

【布石は揃いました】

毎度劇場に足を運んでは、客入りをチェックしてます
単館上映なこともあってか、平日の昼間にもかかわらず必ず7~8割の客入り様でオイラが心配するほど注目度は薄くなさそう
あにこれ内でも「もっと評価される」べくレビューしたいと思います
もはやこれは2011年を代表する傑作です(キリッ
第4章まではご参照の上、以下今章について。。。


前作ラストで腕をチョン切られ、頭を打ち抜かれた末に戦術核っぽい爆撃を受けてしまい生死不明になったクオン
そして彼に味方した風見瞬


クオンの古い友人である神無月は、能力者の子供達を連れて命辛々逃げ出し身を隠すが、神無月一人だけは敵組織に単身で乗り込もうとする


そこで敵組織のボスである上代と対峙した神無月は、クオンにも明かさなかった『ある重要な秘密』を問われ非道な拷問を受けることとなる


うっすらと見え隠れする上代の目的・・・
そして超展開とも言うべき予想打にしなかったラストは・・・これまでのお話を一気に覆す、上代が目的のために用いるまさかのその『手段』に驚愕です;


毎度思うんですが、もはや言及するまでもないなというか・・・戦闘シーンの作画が素晴らしいです








ちなみに風見瞬の能力者としての覚醒が本格化し、前作ラストとは違う姿に変身するのですが、これは前の方がカッコ良かったと思います^^;

投稿 : 2019/10/12
♥ : 5
ネタバレ

Baal

★★★★☆ 4.0

過去の出来事の真実は如何に。突然大きく動き出した彼らの先に・・・

アニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズ

によるオリジナル企画で制作された劇場アニメです。

全六章の第五章です。


風見瞬の行動によってファンタジアム・ガーデンの

居場所がわかってしまう。瞬はサイボーグとして

肉体を支配され、意志と反してガーデンの能力者

達を攻撃してしまう。その時彼は自らの意思で

{netabare}自らの異能の力を発動させ、組織の

干渉を受け付けなくして{/netabare}クオンと

共に戦います。しかし{netabare}クオンが倒され、さらに

ガーデンごと彼ら二人を爆撃し消息不明と{/netabare}なって

しまいます。そうして騒ぎが拡大しつつある中

の後からこの物語は始まっていきます。

{netabare}瞬は生き残り、他のガーデンの仲間たちを

探してそして組織から逃げながらあたりを彷徨う

ことになってしまいます。一方ガーデンの仲間たちは

協力者の元に何とか無事に逃げ込むことができて

いました。その時クオンは穴に落ちてとあるものを

見てしまいます。さらに協力者の神無月はなんと

組織の中にいて、そのリーダーと話をしていたの

だった・・・{/netabare}

こんな風に始まっていきました。


この物語はクオンの過去の出来事にまつわる話と

なぜ組織はこのようなことをするのか、そして

神無月がなぜ協力するのかなどが盛り込まれた

怒涛の展開の連続でした。

今までのから、打って変わったかのように物語が

もすごく一転二転とする感じがしました。

それぞれが様々な過去の出来事や今あるものを

抱えながら、生きていてでもそのことは簡単に

明かしてはいけないことなのかと思いながら

それでもその信念に揺ぎはなく、ただその思い

を胸に戦う感じがよかったです。


全体として一気に面白さが増してきたように

思いました。今までの章での謎や何かを示唆

するような描写が突然それぞれの歯をかみ合わせ

始めた、次々と新たなかみ合わせを生み出して

どんどん回転を始めていたかのようでした。

次が最後の第六章でこの千年生き思ってきた

クオンは一体どうなるのか本当に楽しみです。

投稿 : 2019/10/12
♥ : 10
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ