佐々木皓一おすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの佐々木皓一成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の佐々木皓一おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 佐々木皓一アニメランキング1位
バーバパパ(TVアニメ動画)

1977年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (9)
88人が棚に入れました
土から生まれたバーバパパはどんな形にも変形する力(バーバトリック)を持つ不思議な生き物。バーバママとの間に7人の子供も生まれ、バーバ一家は人間の子供達と一緒に遊び、いろいろな発見をし、時には社会問題にあたっていく。

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

バーバトリック!!

肝付兼太さんと小原乃梨子さんが2人だけで声を当てています。
やっていた当時は今の5分アニメと同じような枠でやっていました。

海外で作られた映像を、日本での音源を再編集したこの“1977年度版”
音楽とアフレコでここまで和製アニメっぽくなるのかとビックリしますね。


庭の土から生まれたバーバパパは、“バーバトリック”という、
どんなものにも形を変えられる能力でいろんな場所へ旅したり人助けをします。
最初は怖がられて逃げられたりもしましたが、心優しいバーバパパは、
少しずつみんなに認められていきます。

最初は1人で様々な土地を旅するのですが、ある時から家族ができます。
その始まりがバーバママとの出逢いですね(*´艸`*)

バーバパパは、自身の生まれた庭へ帰ってみると、そこから生まれた
“バーバママ”に出逢います。そこでバーバパパはハートの形に変身したりお花をあげたりし、
見事バーバママと結婚。庭からたくさんの子供達が生まれ大家族になりました。
この子供たちがまた可愛くて面白いので見どころですね。バーバモジャが可愛いw

元々が『Barbapapa』という海外の絵本なので、道徳的なストーリーの中に
創造性を刺激されるバーバトリックの変身能力が魅力の本作。
(今ではバーバトリックという変身時の掛け声言わないみたいですw)

数学や生物学を教えていた教師、そして建築設計士である
2人の作者から生まれたアイディアと聞けば、納得がいく絵本なのだと思います。

柔らかそうでどんな形にも姿を変えられるバーバパパ達が、家族で力を合わせ、
世界中を旅するのを読んでるととても癒やされます(笑

はじめて日本で出た本は “おばけのバーバパパ” 

バーバパパはおばけでは無く、
フランス語で“綿菓子”という意味なのですが、

日本では何故かお化けという事になってますね。
長年不思議だったのですけど、調べてみるとどうやら

“オバケのQ太郎”から来てるようです。


なんでやねん!

投稿 : 2019/11/30
♥ : 10

天神 羅愚羅 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

毛虫には 尻尾がないぞ 本当だぞ

のび太とスネ夫だけで演じているアニメでしたね(゜-゜)
 
特にストーリーとかあったのかしら?(゜-゜)
夕方に再放送していたので、もっと古い作品かと思ってました(^_^;)
なんとなく、全体の雰囲気が60年代の「ラヴ&ピース」っぽかったんで(^_^;)
・・フランス原作だったんですね(^_^;)
 
 
♪バーバー・・トリック・トリック♪(´∀`)ノシ

投稿 : 2019/11/30
♥ : 6

62.4 2 佐々木皓一アニメランキング2位
おじゃまんが山田くん(TVアニメ動画)

1980年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (15)
87人が棚に入れました
『がんばれ!!タブチくん!!』『ののちゃん』などで知られる漫画家いしいひさいちの4コマギャグ漫画が原作で、30分の中で3話放送する『サザエさん』同様の構成が採られた。アニメの実制作は後に『キャプテン翼』を手がける土田プロや『楽しいムーミン一家』のビジュアル80が担当。それまで東映アニメーション(当時は東映動画)が担っていたCX系日曜夜7時の放送枠の後を継ぐ格好となった。定年退職したが今なお元気なよしお以下、山田一家は東京の下町・東江戸川区に暮らす大所帯。そんなよしおが大家を務めるアパートの山田荘には、東江戸川大学の学生3人組ら一癖も二癖もある面々が集い、今日も一家を巻き込んでの大騒動に。本作のトピックのひとつは、商芸人にして国会議員であったコロムビア・トップ(本名は下村 泰)がよしおを演じている点。なおOPの歌詞にも歌われた本作の舞台・東江戸川区東江戸川三丁目は架空の地名。

kuroko85 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

内容よりオープニングの方がよっぽど面白く

もっとも古典的な日常系ですね。

確か原作は4コマ漫画だったと思います。
東江戸川3丁目の山田さんちを中心とした
近所の方々の日常です。
ただ、タイトルの「山田君」より下宿していた
人の記憶の方が強い。

ただ、内容よりオープニングの方がよっぽど面白く
この作品を表していたと思う。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 4

計測不能 3 佐々木皓一アニメランキング3位
水木しげるの妖怪ワールド 恐山物語(OVA)

2005年1月1日
★★★☆☆ 3.0 (1)
7人が棚に入れました
『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの水木しげるの妖怪ワールドを描く作品。舞台はみちのく。霊峰・恐山の秋の大祭が終わるころ、人々が寝静まると日本中の妖怪たちが集まってくるという。しかし、その年は三尺坊たちが山天狗に謀反を翻し、山天狗を岩穴に閉じ込めてしまったのだ。まだ山に残る人々を傷つけないため、軽々と岩穴から出られない山天狗。チャンスとばかりに人間を襲う三尺坊たち。バックボーンにあるのは“日頃やりたい放題の人間に向けられた妖怪たちの怒り"。意を決して岩穴から出た山天狗と女の子の出会いと戦いの行方は? ナレーションは水木しげる自らが行い、監督には『こち亀』の佐々木皓一、脚本に『サザエさん』の雪室俊一を迎えた豪華な一作。怖いようで怖くはない妖怪たちが織りなすドラマとテーマが見逃せない。

64.5 4 佐々木皓一アニメランキング4位
さすがの猿飛(TVアニメ動画)

1982年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (33)
178人が棚に入れました
国際的に通用するスパイ育成学校である忍ノ者高校。そこで突風“神風の術”を巻き起こし、女の子のスカートをめくるのが大好きな健康優良児・猿飛肉丸。彼こそはこの学校一番の才能の主だった。だが肉丸のそんなイタズラを、彼の恋人であり、校長・霧賀の娘でもある魔子が、いつも激しく叱るのだった。

声優・キャラクター
三ツ矢雄二、島津冴子、三田ゆう子、八奈見乗児、増山江威子、増岡弘、緒方賢一、土井美加、田中真弓、田中秀幸、島本須美、塩屋浩三、よこざわけい子、井上瑤、千葉繁、間嶋里美
ネタバレ

ぶらっくもあ(^^U さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

恋の呪文は好きトキメキとKiss♪

原作 細野不二彦氏 制作 - NAS、旭通信社 制作協力 - 土田プロダクション
音楽 久石譲氏
1982年10月より63話
{netabare}
私立忍ノ者(しのびのもの)高校に転校してきた猿飛肉丸と校長の娘で幼馴染みの美少女くノ一・霧賀魔子の破天荒なラブコメ、
{/netabare}
もう30年以上前なんだな、私的にはそんなに昔に感じないのが不思議、日曜夜7時ゴールデンタイム、おじゃまんが山田君の後番組だったかな、チビデブまんまるエッチだけどけっこう最強系主人公肉丸と、肉丸の幼なじみ許嫁の魔子ちゃんかわいくて、気に入って毎週観てた、肉丸の必殺技?神風の術ってあるんだけど、大概女の子のスカートめくりに使われてて、毎回前半15分はドタバタエッチなコメディーで、後半はピンチな魔子ちゃん肉丸助ける~みたいな展開(魔子ちゃんいじめたなーっ!って無茶苦茶怒って強い)みたいなのが多かったかな、原作のストック不足でアニメオリジナルらしき話多いんだけど、その殆どが何がしかのパロディーで、時代も世界観もとにかく脈略無視な回多かったね、今みたいなワンクール単位じゃなく最初っから原作足りないけど、とりあえず一年ガンバロー!?みたいな感じだったのかな、、

ただね、

スカート捲られようが他所の娘に目が行こうが、最初っから魔子ちゃん肉丸にベッタリで、何が彼女をそうさせた?みたいな?幼なじみ二人のエピソード回があって、、、

ネタバレかもだけどあえて書く、旧い作品だし許してね、

幼い肉丸と魔子ちゃん真冬の雪穴に落ちて遭難しちゃう、雪穴深く幼い二人は這い上がれそうもない、途方に暮れる魔子ちゃん横で肉丸いきなり横穴素手で掻き毟る様に掘り始める、「雪柔らかいから掘りやすいよ~、」嘘でね、肉丸の手先血まみれ、「何やってんのよ!」と魔子ちゃん、肉丸魔子ちゃんを掘った雪穴に押し込め自分の身体で蓋するんだね、肉丸の身体で風は防げるけど、、「ちょっと……あんたはどうするのよ!?」「ごめん。僕が入れるほど大きくは掘れなかったんだ。それに指がもう……」「肉丸のバカっ!どいてよっ!肉丸死んじゃやだっ」

神回だったね、そりゃ惚れるわな、

最終回は原作とアニメで大違いだったね、原作はしんみりだけど良い話、アニメはハチャメチャだったけど、、
{netabare}
地球滅亡の危機だったり宇宙戦艦?大和?(ヤマトじゃなくダイワっての(汗))出てきたり、、
{/netabare}
まあいいいか~みたいな、

音楽は今では巨匠の久石氏、1984ナウシカ以前だったんだ、ただ印象的だったOPスキトキメキトキスは、当時うる星やつらで活躍してた小林泉美女史によるもの、唄は伊藤さやか嬢、
登場人物も灰汁無くおもしろかったし今でも画はけっこう観れる部類じゃないかな、当時ウザめだったパロディー回も世相反映で今観ると逆に面白いかも知れない、機会あればまた観たい作品です。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 28

k-papa さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

細野さんのキャラの可愛さを生かした作品

OPも素敵なアニメ。
そして原作の細野さんのキャラを生かした作品です。
そう、霧賀魔子ちゃんがとっても可愛いです。
当時PC8801でわざわざCG作りました。

それにしても当時はいい時代でしたね。
そうパンチラわざの神風の術が公で出来ましたから。

作品中に神風の術を科学的に解析していたのには
笑いましたが。
パンチラ意外にあまり使えない気もしますわ。

チビデブの肉丸君の運動能力の脅威さに
不条理さをつくづく感じましたわ。
あんなに動けば痩せるでしょう。

今見るとどうなんでしょうね。(^^;;;

投稿 : 2019/11/30
♥ : 9

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

まさかの新連載! 魔子ちゃんはアニメが至高です

好き!トキメキ!とキス!

逆さから読んだら  !スキと!キメキト!き好

月刊ヒーローズで、続編の『さすがの猿飛G』が連載してますね
時代を超え過ぎでしょう(笑)確かにヒーローズ連載は納得できますけど
新しい絵柄の魔子ちゃん、もうちょっと可愛くしてくれー

1982年放送開始。全69話。

猿飛肉丸が本作の主人公。スケベで肥満の低身長。
見た目は丸くて頼りないが、天才的な忍術の使い手で、実力は折り紙付き。

ヒロインの魔子ちゃんといつもイチャイチャしていて、周囲も公認のカップル
見た目と違って頭が切れて男気もあり、彼女も大事にする。お婿さんにしたいキャラ1位!・・ちがう?
肉丸の両親や祖父もぶっ飛んでて味があります。

アニメと漫画ではかなり違いがあるので、アニメのぶっ飛びギャグとパロは独自の展開ですね。

たまに入る艶っぽい表現が、少しドキッとする
なんであんなにお母さんエロイんや・・

原作たまったら、さすがの猿飛Gもアニメ化しないかなー
アトム ザ・ビギニングやったしワンチャンいこうぜ~

投稿 : 2019/11/30
♥ : 8

計測不能 5 佐々木皓一アニメランキング5位
一発貫太くん(TVアニメ動画)

1977年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (7)
42人が棚に入れました
タツノコプロが製作した、大家族を主人公に据えた野球ファミリーコメディーアニメ。戸馳家の子供たちは、プロ野球選手だった亡き父と、今は屋台のラーメン屋で家計を支える母・久美子に育てられた8人兄弟だ。彼らは愛犬の十兵衛を仲間に加えた家族での草野球チーム「ホーマーズ」を結成。久美子が監督を務めていた。中でも将来のプロ野球選手を目指す三男・貫太はなかなかの頑張り屋だ。豆腐屋の美少女・花子ちゃんの応援を背に、今日も貫太のバットが唸る。『タイムボカン』シリーズの笹川ひろしが総監督を担当。また後に『うる星やつら』で躍進する名アニメーター・高田明美が、サブキャラター設定を担当している。

計測不能 6 佐々木皓一アニメランキング6位
おじゃまんが山田くん(アニメ映画)

1981年3月14日
★★★☆☆ 2.4 (1)
18人が棚に入れました
 人気漫画家いしいひさいちが原作のTVアニメ。その劇場版新作。東京の東江戸川区に暮らす山田一家。同家の次男で高校生ののぼるは、プロ野球の選手に憧れていた。そんな彼にある日、プロからのスカウトの話が! だがそれは実はプロ野球ではなく、なぜかプロレスラーとしてのスカウトだった!?(「ねばれ!激闘デスマッチ」)山田家の主婦で、同家が経営するアパート「山田荘」の大家いねは、最近太り気味。ダイエットをするために近所のテニスクラブに入会するが、そこで彼女が出くわしたのは、女の子目当てにクラブに入ろうとする我が子のぼるだった!(「でべそカップは母子の対決」)TVシリーズ毎回は30分枠で3話分のエピソードを消化するが、映画もそれに倣った3話構成。OPとEDもTVと同様で、翌82年には本映画の内容がTV版の一回分として放送された。実写作品『月光仮面』の併映作品。

計測不能 7 佐々木皓一アニメランキング7位
ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説(アニメ映画)

1998年7月18日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
インドの古典叙事詩『ラーマーヤナ』の物語が原作の劇場アニメ。日本とインドの合作作品だが、主要スタッフの大半は日本人である。日本では大ヒット映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』の併映作品として当初、上映された。古代インドのコーサラ国。同国に生まれた4人の王子の一人ラーマは陰謀によって宮殿を追放される。14年の時を経て立派な若者となった彼は、美しい妃シータをめとって森の中で平穏に幸福に暮らしていた。だがラーマが森の魔族を退治したことで、魔王ラヴァナは激怒。その報復にと、愛するシータが拉致されてしまう! ラーマは自分に味方する弟のラクシュマナ、そして心を通じた森の友・猿の軍団の協力を得てシータの救出に向かった。だがラヴァナ軍の猛攻の中で、ラクシュマナが重傷を負う。窮地に陥ったラーナのもとに駆け付けて瀕死の弟の命を救うもの、それは猿軍の勇将ハヌマーンだった! 今、魔王を打倒すべく、ラーナたちの反撃が開始されようとしている。日本側の監督の一人、および企画、制作、共同脚本に、かつてNHKで数々の報道番組を担当し、後に映画プロデューサーとして活躍の酒向雄豪が就任。2時間15分の長編作品で、随所にインド映画らしいミュージカル的な要素も見られる。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ