おすすめ古川順康人気アニメランキング 7

あにこれの全ユーザーが人気アニメの古川順康成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月20日の時点で一番の古川順康アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

62.5 1 鉄人28号[2004年版](TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (22)
70人が棚に入れました
第二次世界大戦末期、大日本帝国陸軍は決定的な兵士不足に悩まされていた。そこで考えられたのが不死身の兵士鉄人を作り出す鉄人計画であった。鉄人計画には当時天才科学者と謳われていた金田博士が選ばれ、南方に在る陸軍秘密研究所で鉄人達を開発していたが、計画はかなり難航していた。そんな折、金田博士の息子である正太郎が東京大空襲で死んだという報せが入った。金田博士は悲しみのあまり28番目の機体に「正太郎」と名付け、我が子の様に大切に作り上げた。そして遂に大日本帝国の劣勢をたった一機で覆すほどの性能を秘めた人型最高兵器・鉄人28号が完成する。だが、アメリカ空軍が秘密研究所に空爆を仕掛け、金田博士は敷島に「この世には生まれてはならない物がある」と言い残し、鉄人と共に爆撃を受ける。敗戦後、敷島が日本に復員するとなんと金田正太郎が生きている事が判明する。

ポール星人/小っさ

★★★★☆ 3.9

カッけ~鉄人を見たいのならば良いのですが

ちと暗すぎないすかね。
何度か見返す位には好きなんですが、ちと今どきの若い子は退屈しちゃうんでないかなと。いや、見もしなかったんでしょね。
私はオッサンなので"なのに貴方は京都に行くの"がEDに流れちゃう様な見せ方は大好きですが。
やっぱ昭和世代へのサービス作品だったんでしょうね。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 4

血風連あにこれ支部

★★★★☆ 4.0

いいも悪いもリモコン次第

鉄人28号の今川版リメイク。
鉄人は太陽の使者、FXと二度リメイクされておりこれが4度目のアニメ化という事になる。
過去のリメイクは子供向けに作り直した感じもあって、割とファンキー(いつの言葉だ!?)なデザインになっている。
少々の改良は良いが、FXなどはまったく鉄人の原型がないのでガックリきたものだ。
横光先生はアニメに口を出さない事で有名だが、名前を借りただけみたいな扱いだと流石に辟易してしまう。

そこであのGロボ監督をやってのけた今川泰宏の登場である。
原作クラッシャー? 何の事ですか?
この鉄人は最も原作に忠実なデザインに仕上がっている。余計なものを一切付け加えていない、シンプルなフォルム。完璧である。
キャラの作画も横山風で、時代設定は終戦直後の日本。これは間違いなく大人向け、いやシニア層向けと言っていい。
子供は眼中にないって程ではないだろうけど、メインのターゲットは間違いなくおっさん爺さんである。

キャラデザは凄く好きなのだが、予算はあまり取れなかったのだろう。
鉄人の派手なロボットバトルを期待していると肩透かしを食らうかもしれない。
予算の取れなかった今川監督は金棒を失った鬼のようなものだが、それでも戦後の日本を舞台に、荒れ果てた地を復興させる人々のドラマとその中を駆け巡る鉄人の戦いは十分に見ごたえがある内容だ。
基本フォーマットは「父と子」である。
Gロボもそうだが、今川監督はよっぽどこのテーマにこだわってるんだなと感じられます。

また、ロボットも武器も使う人次第で便利な道具から恐ろしい兵器になりうる。
〝いいも悪いもリモコン次第”このメッセージ性は、鉄人が操縦式だからこそだろう。
ロボットアニメは多々あれど、こういう事を視聴者に対してストレートに問いかけられる作品もあまりないのではないか。

原作もアニメ第一作もあまりに古い内容なのでフォローするまでには至っていませんし、話が暗いって言われても否定はできませんけど。
リメイク版の雰囲気はすごく好きだし、そのドラマ性は今見ても遜色ない内容だと感じました。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 8

シャベール大佐

★★★★☆ 3.9

予想外に暗く重いストーリー

鉄人28号の4回目のアニメ化となる2004年の作品。
テレビでたまたま初めて観たときに絵と音楽の質の高さに驚いた覚えがあります。いかにも少年漫画らしい大雑把さと、予想外に暗く重いストーリーのギャップも印象的でした。
舞台となるのは太平洋戦争の記憶がまだ生々しい昭和30年代の日本。作品の内容にも戦争の影が色濃く出ています。戦時中に兵器として開発されたロボットである鉄人を、単に人殺しのための兵器として見るのか、それとも使い方によっては人の役に立つ道具として扱うのかという葛藤や、科学者の研究と人道的モラルの問題など、全体的にやたらと暗い話が多いです。昔の子供向け漫画ってこんなに重い話が人気だったのかと少し驚きましたが、この感想を書くために調べてみたらストーリーにはアニメオリジナル要素も結構あるようなので原作の雰囲気とどれくらい違うのかはわかりません。個人的には、大人の登場キャラに比べて主人公の少年探偵である正太郎くんがあまり魅力的に見えなかったのは少し残念でした。
作画に関しては、昭和30年代の街の様子が(時代考証的にはどれくらい忠実な描写なのかわかりませんが)とても魅力的でした。ずんぐりむっくりな鉄の塊といった雰囲気のロボットも重量感があって良かったです。
音楽は最初のアニメ化のときの曲を使ったOPとEDもレトロな雰囲気の作品に合っていて良かったと思いますが、千住明が担当したBGMが特に印象的でした。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 16

53.9 2 アーシアン[EARTHIAN](OVA)

1989年7月1日
★★★☆☆ 2.7 (13)
61人が棚に入れました
アーシアン(地球人)は滅ぶべきなのか、長きに渡り調査し続ける天使たち。翼も髪も黒い突然変異の天使、ちはやは、アーシアンを救おうと、プラスの調査員となり、マイナス面を調査する白い上級天使、影艶とともに、地上に舞い降りた。

えんな

★★★☆☆ 2.5

感想

う~ん、あらすじは面白そうに感じたんで期待して見たんだけどがっかり

80年代のアニメは当たり外れが大きい

投稿 : 2019/09/14
♥ : 8

月夜の猫

★★★★☆ 3.1

天使がいっぱい♪

流石に絵が古い・・

中世的な男の子が主人公。
地球を「監視」する天使云々等
ファンタジーな内容の物語。

シリアス路線でミステリアス
な雰囲気で展開していく。

世界観や設定は好きなので
作画等を今風にすれば或は・・

話数も短いのでレトロな雰囲気
を楽しむ感じかな?

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

計測不能 3 闘士ゴーディアン(TVアニメ動画)

1979年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (7)
30人が棚に入れました
タツノコプロが『ゴーダム』以来ひさびさに手がけた巨大ロボットアニメ。主人公の青年ダイゴの体をおおうように小→中→大のロボット3体がひとつとなる分身合体システムが大反響を呼び、商品展開が大好評だったため、全73話というロングラン放映を成し遂げた。未来の地球。アメリカ西部にある街ビクトールタウンを守るメカ・コン第18連隊に、新たな隊員=ダイゴ大滝が加わった。その夜、地球を荒らすマドクター一味が街を襲撃。これに応戦するダイゴだが苦戦を強いられてしまう。そんな時、謎の巨大ロボットが現われ、マドクター一味を撃退してダイゴを連れ去っていく。この分身型巨大ロボット=ゴーディアンを動かしていたのは、ダイゴも知らなかった姉のサオリで、ゴーディアンは本来ダイゴのために父が開発した機体だった……。

声優・キャラクター
安原義人、井上瑤、納谷六朗、鈴木清信、増岡弘、高島雅羅、吉田理保子、鈴木れい子、村松康雄、北村弘一

計測不能 4 ダークサイド・ブルース(アニメ映画)

1994年10月8日
★★★★☆ 3.1 (8)
20人が棚に入れました
人気小説家・菊地秀行と漫画家あしべゆうほによる同題コミックをベースにした伝奇アクション劇場用アニメ。主人公ダークサイドの声は宝塚出身の旺なつきが演じた。世界を牛耳る大企業ペルソナに狙われたテロリストたちは、魔界都市・新宿へ逃亡。町の不良グループ・メシアはテロリストの達也をかくまう。だがやがてペルソナの刺客アサシンが達也を殺害。彼に想いを寄せていた女性セリアは謎の青年ダークサイドによって闘争心を目覚めさせられる…。

計測不能 5 エイトマン AFTER(OVA)

1993年8月21日
★★★★★ 4.3 (1)
12人が棚に入れました
作・平井和正、画・桑田次郎による少年マンガで、1963年にTVアニメ化もされた『エイトマン』の続編OVA。全4巻が刊行された。とある科学者を追う私立探偵・羽佐間は、凶悪なサイボーグに襲われ命を落とす。羽佐間の依頼者であり、エイトマンの開発者でもあった谷博士は、羽佐間を新たなエイトマンとして復活させる。己が人外の存在になったことに悩みつつも、羽佐間はエイトマンとして、一連のサイボーグ犯罪の黒幕を追う。物語の舞台は原作マンガの最終回から7年後となっており、谷博士をはじめとする原作版のキャラクターがサブキャラクターとして再登場する。エイトマンの特徴である、弾丸よりも早い高速移動能力を生かした戦闘シーン――銃弾の雨を容易にかわす、目にもとまらぬ速さで相手に打撃を与えていく――、サイボーグとなったことに苦悩する羽佐間の描写等、原作版『エイトマン』の魅力を汲みつつ、現代的に再構成した佳作となっている。

計測不能 6 キャプテン翼 「最強の敵!オランダユース」(OVA)

1995年12月16日
★★★☆☆ 2.9 (2)
11人が棚に入れました
爆発的なサッカーブームを生み出したサッカーマンガの金字塔『キャプテン翼』、アニメ化されたその作品の人気は日本のみならず、世界規模に及び、ヨーロッパのプロサッカー選手にも『キャプテン翼』を見た者は数多い。 その『キャプテン翼』の原作コミックにおける「オランダユース編」をアニメ化、「ジャンプ・スーパーアニメツアー」で公開された特別作品が、本作である。原作コミックでは「オランダユース編」には登場しないオランダユースのエース、クライフォートが登場している。 全日本ユースはヨーロッパの強豪国オランダユースチームを日本にまねいて試合を行った。数々の名選手を擁するオランダユースチームを前に、全日本は果たして勝利をつかめるのだろうか!?

計測不能 7 幻想叙譚エルシア(OVA)

1993年6月25日
★★★☆☆ 3.0 (1)
8人が棚に入れました
海賊・神話・子供という一見つながりそうにない3つのキーワードをテーマとした異世界冒険ファンタジーOVA。 小国メガロニアが古代文明のテクノロジーを使って近隣諸国を制圧。メガロニアの目的は伝説の船「エルシア」だった。神の船とも伝えられるエルシアを手にすることで、メガロニアは世界の覇者にならんとした。その一方、8人の子供ばかりによる海賊団があちこちの海で金持ちの大人たちから金銭を強奪していた。少女エイラに率いられた海賊団の一行は、メガロニアからエイジア島へ向かう派遣軍と遭遇。メガロニアの王女クリステルや若き将校フェルキスらの戦いに巻き込まれるエイラたちだが、やがてエルシアがその巨大な姿を浮上させ……。 本作の実制作はJ.C.スタッフが担当。キャラクターデザインと作画監督は『女子高生 GIRLS HIGH』などのアニメーターである梅津泰臣が手がけた。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ