おすすめ地球防衛人気アニメランキング 12

あにこれの全ユーザーが人気アニメの地球防衛成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月21日の時点で一番の地球防衛アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

58.3 1 美男高校地球防衛部 HAPPY KISS!(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★☆☆ 2.9 (19)
76人が棚に入れました
日本の北関東のとある街、眉難市―
眉難高校の“地球防衛部(笑)”は相変わらず何もしない部だった…。

部員の 修善寺鏡太郎、 霧島龍馬、 和倉七緒、 万座太子と 道後一六が
のほほんとお茶を楽しみ、
一銭の得にもならない馬鹿話をだべるだけの部だった。
放課後 “黒玉湯”へ移動する一同。
気持ちよすぎて湯に沈む修善寺の腕を霧島が引き上げると、
一緒に釣れたのは奇妙な格好をした美少年だった。


「私はホニャラランド
ホニャラ王家第一王子のカルルスさん!
みなさんをハッピーに統治しに来ました☆」

こうして5人は魔法の国(ホニャラランド)の跡継ぎ争いに巻き込まれる事に…

声優・キャラクター
下鶴直幸、小俣凌雅、石井孝英、安田陸矢、葉山翔太
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0

今観てる

1話感想{netabare}
あれ、今シリーズはゾンビ先生ナシ?
カワウソはなんかラスボスっぽい…ってかガッチャマンクラウズのゲルサドラみたい。
そして敵側は…フェネックか?あれは。
このスタッフなら「フェネックやめるのだ」をやりそうで怖い(期待){/netabare}

4話までの感想{netabare}
3話
  ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_
  ノ       )
  | / ̄ ̄\ |
  | |   | |
  ( |   | (
  | \ヘヘ/  )
  \__/\__/

 パンとか止める奴

あ、やっぱズレたわ…一部で有名なアスキーアートね。

4話は…糸井重里?
最近はとんとバラエティ見ないのだけど、埋蔵金モノってやってたりするのかい?
それにしてもネタのチョイスが相変わらずアレ。
ニワカ臭いヲタ表現よりよっぽどヲタで、“なんちゃらに恋は難しい”は見習って欲しいトコロ。{/netabare}

7話までの感想{netabare}
5話のマーサの過去、これって“政宗君のリベンジ”でも思ったけど、かつてあんな姿だったのを努力して今の姿になったのなら、それは誇ってもいいような?
自慢になるじゃん、なんで隠すんだろ?って思ってしまうのだけど、リアルの自分の周りにそういう人居ないからなぁ…過去の自分の姿は嫌がるもんなのかい?
逆にどんなに食っても太らない奴、こっちは居た居た、ローレル指数2ケタの奴。
それでいて小食でも虚弱体質でもなんでもなく普通に健康なんだよね。

6、7話はこれといって語ることナシ。
とりあえずカワウソのウザさ(ワザとだと思う)は健在、いつまで続くんだろ?最後まで?
それと鏡太郎は睡眠障害を疑った方がいいレベル、ちょっとイラっと来てるかも。
実は夜中起きてるって展開とかあったりする?
そうでないなら脳に障害あるんじゃないかな、長生きできなさそう。
生徒会長と反目することになった理由と関係があるのかなー、と思ってるのだけど…。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

65.5 2 アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd(TVアニメ動画)

2016年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (200)
953人が棚に入れました
サミット開催に向けた「宇宙エレベータープロジェクト」が急ピッチで進む、首都・東京。強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪に対処すべく創設された、ダイハチはロゴスによるテロから日本を救ったことで、今や日本中の注目を集める存在となっていた。しかしロゴスの脅威が去ったもののウィルウェアを悪用した犯罪は、その後もエスカレートする一方…。円やあさみが去ったものの一癖のある新メンバーを迎えた黒騎たちダイハチの面々は、今日も知恵と勇気と口八丁、そして新たに成立した法律によって実現した民間警察の協力を得て凶悪事件に挑む。
ネタバレ

ninin

★★★★★ 4.2

なにわ・なにわ・なにわともあれ解決だー!解決だー!

オリジナル作品 全12話

アクティヴレイド 機動強襲室第八係の2期です。1期から観ることをオススメします。

1期よりさらにパワーアップした感じです。

ウィルウェアという体に装着できるパワードスーツがある世界。そのウィルウェアでの犯罪も多く、それを取り締まる組織である機動強襲室第八係=ダイハチの活躍を描いたものです。

1期のキャラの中では、移動になったり、退職して全然別の仕事をしたりとしていますが、本編でも深く関わっています。

その代わり新キャラも多数出てきます。中には大丈夫?という感じのキャラも結構出てきますねw 軽いノリは相変わらずです。

その中でも1期からのメンバーの花咲里あさみ・瀬名颯一郎2名は、とても優秀なキャラなはずだけれど、どことなくずれていて行動や他のキャラとの関わり方が面白かったですね。

1話1話にきちんとそれぞれエピソードがあり、その点と点が終盤にはきちんと線となっていて繋がっていることは見事でした。

最後は強引な感じもしましたが、スカッとしましたね。{netabare}(特に陽ちゃんが、バードこと八条司稀をぶん殴るシーンはスッキリしましたw){/netabare}

観ていて楽しかったです。シリアスなところもありますが、みなさんテンション高めの明るい作品です。メカが苦手でなければ是非1期から観てくださいね^^

OPは声優でこの作品での重要人物の一人を演じている相坂優歌さん、テンポも速く高音で力強い曲でしたね。

EDはこの作品でよく出てくるパソコンのソフトのアバターのLikoさんが歌っています。中の方は黒沢ともよさん、現在は、響け! ユーフォニアムの黄前久美子役を演じていますが、全然違いますねw

最後に、{netabare}瀬名の{/netabare}会社の専務、セリフはほとんどピーが入っていましたねW あのキャラは新井里美さんしかできませんw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

えたんだーる

★★★★★ 4.2

笑いを取るメカたち

オリジナルTVアニメ。

本作の世界観については1期目のレビューを見てください。

1期目の主人公といえるあさみちゃんは大阪の機動強襲室第九係に異動となり出演機会が減りましたが、変わってオスカー2こと黒騎くんが主人公という感じになりましたね。

2期目も様々なウィルウェアによる犯罪があり、ダイハチ(&第九も)が出動しました。

今期も活躍の機動強襲指揮車両(鉄道の線路と道路のどちらも走れる)他、大阪カタパルト、東京カタパルト、オスカー2用水中ユニットなどいろいろなメカが楽しませてくれました。

ストーリーも1期目同様にシリアスな事件の中にもコミカルな描写を忘れず、大いに笑わせてもらいました。ただ、科学考証はもう少し頑張ってほしかったかな。静止軌道から東京にポリカーボン索は下せないと思うよ…?

…やっぱり特撮ヒーローを意識したデザインや演出は多かった気がします。
あとあさみちゃん、部下を投げてぶつけるのはやめましょう(笑)。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 27

シャベール大佐

★★★★★ 4.2

1期よりも笑いや勢いがパワーアップ

SF警察メカアクションの2期。1期が好きだったので期待していた作品。
とても面白かったです。
前作も全体的に深刻さのない軽いノリの作風でしたが、今回はコメディ色がさらに強くなって、好きだった1期よりも楽しめました。
基本は1話完結ですが、全体を通したストーリーもあり、最終回には1期の最初からのネタふりの回収などもあって、とても良いまとめ方だったと思います。
前作からの変更点としては、レギュラーキャラのうち数人が異動または転職していて今回は違う立場で登場しており、またそれに伴い新キャラも加わります。個人的に1期でいちばん好きなキャラだった花咲里あさみも異動していて、やや出番が少なくなったのは残念でしたが、キャラの魅力はパワーアップしていて、登場するときのインパクト的には大満足でした。新キャラでは、カタコトの日本語でマシンガンのように下品な言葉を連発するアビゲイル専務が良いキャラで、出てくると毎回笑ってしまいました。声を担当したのは新井里美で、さすがにこういう個性的なキャラはお手の物ですね。
作画は、かなり崩れが気になる回もありましたが、アクションシーンなどは良く動いていて、全体的には悪くなかったと思います。
笑いあり、アクションあり、かわいい女性キャラありの、肩の凝らない娯楽物といった雰囲気で、1期も2期も面白かったと思います。続編があれば、このキャラたちで1話完結の楽しいエピソードをいくらでも作れそうなタイプの作品なのに、あまり人気がなくて3期を期待できそうもないのが残念です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 11

67.1 3 魔神英雄伝ワタル(TVアニメ動画)

1988年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (90)
569人が棚に入れました
小学4年生の戦部ワタルは、龍神池と呼ばれる池から現れた守護龍に「神部界」という神々の世界へと連れて行かれる。その中心に存在する神々の山「創界山」に突如現れた隠れもなき支配者、悪の帝王「ドアクダー」が神々と創界山を支配していた。本物の「魔神」となった龍神丸と共に、創界山の象徴である七つの虹を取り戻す為、ドアクダー退治へと旅立つ。

声優・キャラクター
田中真弓、玄田哲章、林原めぐみ、西村知道、山寺宏一、緒方賢一、沢りつお、丸山裕子、伊倉一恵、稲葉実、龍田直樹、笹岡繁蔵、戸谷公次、飯塚昭三

キリン 

★★★★★ 4.4

はっきし言って、おもしろカッコいい

当時小学5年生の私には
ドンピシャな大好きアニメでした。

龍神丸(主人公ワタルの搭乗するマシン)のカッコ良さに
心奪われ、ビデオに録画して、何度も観たもんです。

このカッコ良さをお母さんにも知ってほしくて、
わざわざ居間でビデオを観ていましたが、
全く興味を示しませんでした。
30代の女性には、向いていないかもしれません。


ロボットアニメですが、
戦争でもなく、地球防衛でもなく、
ワクワクするような冒険モノです。
これも当時のRPGブームの影響があるのかもしれません。

毎回、冒頭で目的地までの現在の進捗状況が解かる
簡略地図みたいなのが、出るんですが、
それだけでも、『先が楽しみ』と想像を膨らませたり、
『とうとうここまで来たか』
と道のりを振り返ってみたりと、ワクワク出来ました。

ヒミコ(ワタルの仲間)役の
林原めぐみさんの声が物凄く印象的で
「なんてヒミコは可愛らしい声なんだ」と
年上の大人の女性の声を小学5年生のガキんちょが
妹のように、いとおしく感じていました。

ラスト(総集編除く)の演出も文句なしで
何度観ても、今観ても泣いちゃいます。
(ラストだけは居間ではなく、自分の部屋で観ます)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

ひげ

★★★★★ 4.4

現在の声優ブームの最深部では・・・

 もはや何次かわからない状態だが・・
ワタルを経験していればこの作品がすべての発端であることはまちがいないとおもう。 
 林原めぐみの登場です。
作品自体も一時代築きあげた超名作。
 完全にターゲットを子供にしぼり、キャラもロボットもお話もわかりやすくしました。3.4頭身くらいのしゃべるロボットがでてくる。そんなアニメが以後たくさんでてきます。
 なんといっても超人気のライバル『虎王』がいることが最高の魅力。やはり作品のおもしろさはライバルキャラにあるといっても過言ではないっすね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

HeX

★★★★☆ 3.8

さまざまなアイデアがふんだんに

主人公が異世界に召還され、付加された高い能力をもって何かをする(大抵は悪を倒す)というシチュエーションの源流ではないでしょうか。
そのほかにも、キャラクターの特性とマッチしたロボ(魔神)、ロボが意思を持っている、敵味方ともに魅力あるロボが出る、ステージ(階層)クリア制というゲーム(RPG)的な展開などいろいろなアイデアが盛り込まれていたと思います。

ストーリーは、さすがに純粋に子供向けというのもあってかなりシンプルではありますが、ライバルの虎王との絡みなど、見せ場もあります。

今となっては古臭い感じも否めませんが、今も活躍されている声優さんの熱演や、今のアニメの設定等の元ネタになっていそうな部分を見つけたりと、楽しみ方はあると思います。

リアルタイムで視聴して楽しんでいた世代としては、ただ懐かしくて見てしまいますが。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

59.9 4 ゲートキーパーズ(TVアニメ動画)

2000年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (53)
463人が棚に入れました
1969年。人類は科学という偉大な力を手に入れた。一方では破壊のための軍拡を行いまた、一方では生産のための経済成長に邁進するという矛盾の中にあった。そんな矛盾につけこむかのように、未知の敵「インベーダー」が出現。インベーダーに対抗すべく秘密裏に結成された地球防衛機構イージス(AEGIS)。国連指揮のもと、彼等は地球防衛の最後の切り札として、 特殊な能力を持つ戦士達「ゲートキーパーズ」を結集した。ある日、ごく平凡な高校生、浮矢瞬(うやきしゅん)は、眠っていたゲートキーパーの能力をイージスに見いだされる。そして特殊遊撃隊隊長に任命された。少年のゲートの能力が開花したとき、新たな戦いの物語が始まるのだった。

声優・キャラクター
櫻井孝宏、川澄綾子、飯塚雅弓、高野直子、西村ちなみ、愛河里花子、鈴木真仁、有本欽隆、長沢美樹、小桜エツコ、子安武人、ひし美ゆり子、千葉千恵巳、関智一、芝田秀勝、飯塚昭三、矢島正明

のぶちゃん

★★★★★ 4.6

まさに隠れてしまった名作

この作品面白いです、もーれつに。
絵柄でナデシコくさいとか、設定がつまらなさそう、萌えアニメくさいとか言って見てない人は損してる。
作品の設定が昭和。ほとんどそれ自体は生かされていないけど、
来週もまた観たい!最後まで観てよかった!と思わせる昭和時代のアニメのような魅力がありました。

インベーダーとかつまらなそうな設定なのに、ちゃっちさを吹き飛ばすくらい展開が熱い!
あと番長は凄くいいキャラ、最後までみたら感動もの。
OPの曲は今聴いても、熱くなれる元気ソングです。個人的にはEDも凄く好きだけど。

とりあえず2000年NO.1クラスのアニメなのはまちがいない。
騙されたと思って観て欲しいアニメ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

ソーカー

★★★★☆ 3.6

モーレツに元気が出る昭和ネタアニメ

カレイドスター以前のGONZO×佐藤順一のアニメ。
高度経済成長期を舞台にインベーダーと呼ばれる謎の生命体と王道バトルを繰り広げる。
昭和ネタがあまりにも露骨でちょっとくどいけど(笑)普通に面白いです。
単なるハーレムアホアニメではなく、昭和から平成へ向けた熱い希望つまってます。
キャラ立ちも良くストーリーも単純明快かつ多彩なエピソードの数々がとても魅力的です。

クソ虫排斥運動を繰り広げる過激思想を持ったラスボスが非常に良い。凄く良い。
頭をからっぽにシンプルに楽しむことをオススメします。OVAは別物として見た方がいいです。
個人的はカレイドスターより好きなので、もうちょっと評価されてほしいですね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 11

月夜の猫

★★★★☆ 3.3

B級以下だと思えば結構面白い。

2000年4月3日 - 9月放送全24話。山口宏(原案)
アニメーション制作GONZO(※GONZO初のテレビアニメ)

1999年12月角川書店より発売されたPS専用ソフトを元にして
連載漫画/ライトノベル/テレビアニメと各方面に展開した。
続編のOVAゲートキーパーズ21(全6話+ドラマCD6話)もある。

高度経済成長期の日本を舞台にインベーダーと呼ばれる謎の
生命体と戦う少年少女を描く。


メカデザは結構良い感じで3D等造形も綺麗でGONZOらしい。
2Dと3Dの違和感や時々3Dの強引な訛りも如何にもGONZO?
舞台背景や諸設定は何となく面白い雰囲気で世界改変物?

序盤は如何にもなラブコメ風だったりギャグ風描写も多い。
敵キャラなど中途半端にギャグっぽいシリアス風で微妙。
シュールというよりセンスが微妙?台詞も含め可也微妙・・
高度経済成長期ということで可也レトロな雰囲気。


主人公がドルアガのジンを強気にした感じ。変な髪型・・
ルリ(川澄)は中々良い感じ。ギャップが巧く出てる。
おっとり系令嬢は"ポンコツ"とか体育会系元気ブルマ少女、
寡黙クールビューティーキャラ、中国系チャイナ服少女に
学校の保険医・・「OH! モーレツ」な謎の女性等・・
眼鏡推しなのは・・原案者の趣味?可也B級という雰囲気。

結構な布陣で不思議というより変な世界観に微妙なギャグ。
戦闘シーンなどシュールと言って良いのか意味不明・・
おばちゃん(くじら)女子中学生(能登)等ちょい役やゲスト
登場のキャラも結構多く、番長(子安)さんなどもいる・・

心を広く持たないと・・途中で挫折する作品だと思う・・
たぶん昭和の古き良き時代のギャグを彷彿とさせる狙い?
物凄いチューニングのズレを感じる・・21よりは面白い。

典型的に徐々に新キャラ登場のエピソードで掘り下げつつ
仲間が増えていき、1クールが終わる頃に愈々謎に迫る!
というような感じ。




メインキャラクター

浮矢 瞬:櫻井孝宏
「疾風」のゲートキーパー。その能力は剣の形をとる。
大気の流れを制御する事で乗物の性能を最大限に引き出す。
正義感溢れるの熱血漢。ゲートキーパーズ隊の隊長にる。

生沢ルリ子:川澄綾子
「生命」のゲートキーパー。光の矢を操る。治癒能力を持つ。
瞬よりも早くゲートキーパー能力に目覚めている先輩格。
品行方正な学園委員長。幼少期瞬の言葉にトラウマがある。

指令:有本欽隆
イージス極東支部の司令。本名は時渡哲也
基地のカモフラージュに作られた楯神高校の校長。

朝霧麗子:飯塚雅弓
「幻惑」のゲートキーパー。ピアノを弾くことで能力を発動。
かなりおっとりしていてマイペースな性格の天然系御令嬢。

近衛かおる:高野直子
「迫撃」のゲートキーパー。格闘戦では右に出る者がいない。
明るい性格。戦闘時は体操服とブルマを着用。

フェイ:西村ちなみ
「赤熱」のゲートキーパー。炎を操る
フルネームは鳳妃玲。活発な少女だが家庭環境は複雑。
中国出身でイージス上海支部から極東支部に転属してくる。

鉄 恵:愛河里花子
「鉄壁」のゲートキーパー。その名の通り鉄壁の防御を誇る。
寡黙で人付き合いが苦手。覚醒後イージスに入った。

落合恵子:長沢美樹
司令の秘書で瞬たちからは秘書さんと呼ばれている。
基地のカモフラージュに作られた楯神高校の保健医。

メガネ:小桜エツ子
瞬達の同級生。本名は目黒兼武。ゲート能力はない。
イージス極東支部のチーフメカニック担当の技術者。

小川薔薇子:松澤由美
特殊自動車/兵器/ロボなどの発射に居合わせ、その突風に
スカートを捲られ、「OH! モーレツ」という謎の女性。
実はイージスの秘密隊員で、セリフは発射の合図だった。

ジム・スカイラーク:三木眞一郎
「音速」のゲートキーパー。イージス英国支部所属。
瞬とは良きライバル関係。

ジュン・サンダース:井上喜久子
「電光」のゲートキーパー。元軍人で真面目で実直な性格。
イージス北米支部所属

番場長太郎:子安武人
通称「番長」姫路市在住で成り行きから瞬たちの仲間となる。
思い込みが激しく無鉄砲な性格だが情には厚い。
生沢を「ルリ子姫」、落合恵子を「秘書姫」と呼ぶ。

補佐官:立木文彦:寡黙で司令を補佐する人物。

福岡康孝:塩沢兼人[故人]

影山零士:関 智一
驚異的な洞察力や未来を予見する「眼光」のゲートキーパー。

悪魔伯爵:柴田秀勝
マイナスゲートが生んだオリジナルインベーダーの一人。
コードナンバー「S-05E」。

機械将軍:飯塚昭三
マイナスゲートが生んだオリジナルインベーダーの一人。
コードナンバー「S‐04G」。口癖は「ハイル、ベーダー」

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

58.9 5 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!(TVアニメ動画)

2016年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (60)
262人が棚に入れました
眉難高校の「地球防衛部」は、ひょんなことからバトルラヴァーズにラブメイキング(変身)して征服部が繰り出す怪人と戦うことに。 バトラヴァ活動もはや半年。 テレビ宇宙の放送する番組のせいで征服部と戦わされていたことが判明、和解した防衛部と征服部が力を合わせ、黒幕の番組ディレクターを倒し、無事打ち切りに。 これで戦うことも無くなったよね!と高校生活を満喫しようと、いつもの黒玉湯でお湯につかっていると……

ninin

★★★★☆ 3.5

男子アイドルの定義

全12話

美男高校地球防衛部LOVE!の2期です。1期から観ることをオススメします。

今回も美男高校の部活動の一つである地球防衛部(特に何もしていない部)の活躍をコミカルに描いた作品です。

新キャラ出て来てあることで地球防衛部を敵視し、怪人を次々に送り込みますが愛の力で倒していきます。

と書くと凄くシリアスなことをしているように思えますが、結構適当な感じでお話が進み、最後は魔法少女みたいに変身して敵を改心(浄化)させますので、誰も死なないし傷つくこともありません。(決めポーズは最後まで慣れませんでしたw)

まったりとした感じで観ることできます。

女の子は一切出てきません。

終盤はちょっと盛り上がりましたが、最後はやっぱりまったりして終りましたねw

「銀魂」や「イクシオン サーガ DT」を手がけた方が監督していますので、あの独特なノリが好きな方にはオススメです^^

OP 地球防衛部方、EDは敵方が歌ってます。

最後に、地球防衛部の顧問の先生は相変わらず可哀想でしたねw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 11
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★☆ 3.6

前作とあまり変わらないような感じ

 相わらずの湯本達だったです。風呂ばっか入ってるし、ラブライブとかとは対照的に、男しか出てこないアニメだったです。

 敵が別府兄弟になっただけで、ストーリーもワンパターンな感じで、やや飽きる感もあったけど見たです。
 一人一人変身シーンもやっていたけど、終盤は省略あったし・・・・。

{netabare} ここで鍵を握るのは強羅あんちゃんでしたです。強羅あんちゃんめぐっての終盤になっていくし・・・・。
 最後は、前作登場キャラ勢ぞろい。{/netabare}

 これでいいのか?でしたです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.5

バカですね~~(笑)いい意味で

腹がよじれるほど笑わせてもらいました。全員ボケしかいなくてツッコミ要素しかないアニメはロボットアニメ「クロスアンジュ」とそっくりです。

恐らくは制作側もジョークで作っているのが見え見えなので、居酒屋でへべれけ頭のような状態でアニメを見る感じが好きな人はたまらないと思います。

ツッコミ役が一人もいないことが観ていてイライラしますが(笑)

愛嬌のあるアニメです。ジョークが気に入らない人にはおすすめしません。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

50.7 6 声優戦隊ボイストーム7(TVアニメ動画)

2013年秋アニメ
★★★☆☆ 2.8 (33)
204人が棚に入れました
東京・秋葉原にある喫茶店「そぷらの」のアルバイト6名とその客1名は、「長官」を名乗るマスターにより「日本(主にオタク方面)の平和と萌えを守る戦士・ボイストーム7」に任命された。彼らは美声を武器に、オタク文化を破壊する妄想獣に立ち向かう。

声優・キャラクター
柿原徹也、宮田幸季、三木眞一郎、櫻井孝宏、加藤英美里、羽多野渉、赤﨑千夏、関俊彦、江口拓也、千葉繁

ninin

★★★☆☆ 2.8

アキバのを守るヒーロー誕生!

全11話 15分のショートアニメ(最終話のみ30分に拡大)
半分は実写で若手男子声優のチャレンジ企画です。

秋葉原にあるとあるカフェ、マスターが長官になり、バイト6名と客1人が「ボイストーム7」となり、オタク文化を破壊する妄想獣を倒すため日々戦い続けるというお話です。

漫画に声と効果をつけた作品で「モーションコミック」というそうですが、本当にそのままですね〜そのかわりに声優さんが頑張ってました。

戦隊ものとオタクを合体させた作品でギャク作品です。特に目新しさものなく、落ちもこんなものだろうという感じでした。

あまりオススメしませんが、実写の部分はもしかしたら今後ブレイクする声優さんがいるかもしれないので、先取りに観るといいかも知れませんね〜

最後に、本編のメインの声優さんは有名な方ばかりですw

投稿 : 2019/08/17
♥ : 23

nk225

★★★☆☆ 2.3

クロージング:『cafe*soffive』が意外と良かった。

2013年10月より12月まで、日本テレビにて15分枠で放送された。
内容は2部構成となっており、前半はフルカラー化された原作漫画に効果音やパンを取り入れた「モーションコミック」を放映。
後半は本作のために結成された81プロデュース所属の若手男性声優によるユニット「soffive(ソーファイブ)」が出演する実写パート『cafe*soffive』を放送する。内容はボイストーム7に憧れるウェイター5人が、謎の人物「M」からの指令を受け様々なことにチャレンジするというもの。

オープニングテーマ「C.A.L.L.I.N.G」

エンディングテーマ
「VOICE OF LOVE」(第1話 - 第9話)
「MESSAGE」(第10話・第11話)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

紫煙の心 by斑鳩

★★☆☆☆ 1.8

何をしたいのか

端的にに言えば面白くないです。
作品自体はふきだし付きの漫画を声優が朗読する物なので
基本、絵は動きません。
声優陣は一線級の方たちなので特に違和感などはありませんが
原作?のネタがよくあるオタクネタばかりでイマイチ笑い所が掴めません。

また10分枠の後半は、新人の男性声優がコントの真似事みたいな事をする
コーナーも「やっつけで作った台本でしょ?」と言いたくなるほどひどい構成で
視聴するのがかなりきつい。
いつもこの手のコーナーって誰得と思う。
(最近では「あいまいみー」の後半もひどかった)

上記理由で第5話で視聴を中止しました。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

64.9 7 絶対無敵ライジンオー(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (32)
183人が棚に入れました
小学校が変形して秘密基地となり、そこからスーパーメカが発進するといった奇想天外な設定でファンのド肝を抜いた通称“エルドランシリーズ”第一作。地球を守る戦士エルドランは、宇宙において悪のジャーク帝国と戦いその結果小学校へと墜落してしまう。そこで居残り授業を受けていた5年3組の生徒18名に、自らが操るロボット・ライジンオーを託すエルドラン。今ここに“地球防衛組”が誕生した。

声優・キャラクター
松本梨香、岩坪理江、まるたまり、吉田小南美、島田敏、梁田清之、林原めぐみ、吉村よう、辻村真人、笹岡繁蔵

ひげ

★★★★☆ 3.7

以後ひとつのテンプレとかした設定、エルドラン3部作の最初。

こういうのは思い出補正がはげしいのでなんとも・・。
小学校自体が秘密基地になるという当時は斬新な設定。
以後の作品に多大な影響を与えました。
とにかくぶっとんでるんですww。

内容は勇者シリーズとおなじく変形、合体、テコ入れで新メカ登場でゴットライジンオーにww。お約束です。

ただキャラクター、OP,ED、ドラマ仕立てとかなり凝っていたのでものすごい人気に。いまでもかなり人気ありますね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

Tuna560

★★★★★ 4.2

『絶対無敵ライジンオー』作品紹介と総評

「勇者シリーズ」と共に1990年代のロボットアニメを代表する「エルドランシリーズ」の第1作。
「勇者シリーズ」同様”子ども向けの作品作り”となっていますが、教室が司令室になり、学校が変形してメカが出撃するなどの、前代未聞の展開が特徴で、独自路線を歩んでいます。

(あらすじ)
陽昇学園の5年3組は元気な少年少女たちの集まりだ。元気が良すぎて脱線気味なのが担任の篠田俊太郎の悩みの種。そんな5年3組が居残っていた土曜日の午後、陽昇学園の上空から巨大ロボットとそれを操縦していた「光の戦士 エルドラン」が落ちてくる。5次元人との戦いで深く傷付いていた彼は自分が戦えないことを語り、「大地の使者ライジンオー」を子供たちに託す。その日から5年3組改め、「地球防衛組」と5次元世界「ジャーク帝国」との戦いが始まる。(wikipedia参照)

物語の基本は一話完結で、主要生徒がロボットを操縦し、「ジャーク帝国」の怪物を倒すという物です。しかし、主要生徒のみならず、クラス全員に役割があったり、全員が集まらないと出撃出来なかったりと、結構細かい設定があって面白かったですね。

また、「ジャーク帝国」の怪物は大人達が行う”迷惑行為”をパワーにして生まれ、大人の”迷惑”を子ども達が倒すという構図も面白く感じました。

ロボットのデザインも格好良く、当時「勇者シリーズ」よりもハマっていたのを今でも覚えています。

子ども向けアニメなんですけど、しっかりと道徳的な事が描かれていた印象を受けます。
最近、この手のアニメが無くなってしまった事を残念に思いますね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.6

ひとーりじゃーないさー♪

エルドランシリーズの1作目。
突然地球を守る使命を与えられた子供たちは、
いろいろな迷惑が怪獣となって
襲ってくる邪悪獣たちと戦い成長していく話です。
いちおう単独機を動かしたりはできるけど
全員揃わないとちゃんとした力が発揮できないという設定ゆえに
メインパイロット以外の子たちもそれぞれの
得意なことや特徴を活かしメインキャラのように輝ける作品。
子供たちだけでなく先生や敵キャラもいい感じでした!

学校が教室が変形し基地になり、
体育館やプールや校庭が開きロボットが飛び出すというのは
非常に夢があり今でもわくわくしますね!

特に後半は面白かったですねー。

音楽もいいです。主題歌はもちろん、BGMもいいです。
特に基地変形時や敵関係のBGMがいいですねー。
ただ邪悪獣がパワーアップしたときのBGMが
毎回途中で途切れちゃうのが残念あそこからがいいとこなのにー。

今見ても楽しかったし元気がもらえる作品です。
ほんとは100話くらい考えてあったらしいからもっと見たかったなー。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

60.3 8 妄想科学シリーズ ワンダバスタイル(TVアニメ動画)

2003年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (21)
114人が棚に入れました
『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』は、ワンダーファーム制作のメディアミックス作品。TVアニメ、CDドラマ、コミック、ゲーム等各種媒体で展開された。
またアニメ放送に先駆けて出演声優によるユニット「みっくすJUICE」が結成され各種プロモーション活動を行った。
【ストーリー】九十九科学は13歳にして、あらゆる知識を蓄えた天才科学者。彼はあらゆる物理法則・科学理論・誇大妄想を駆使し、化石燃料を使わない「地球に優しい月世界旅行」を実現するため、助手兼美少女型技術試験衛星ロボット「キク8号」と実験(ワンダバ)を行っていた。
そして、売れないアイドルグループ「みっくすJUICE」が人類史上初の「月でコンサート」を行い一躍スターになるため、九十九博士の実験台となる…。

声優・キャラクター
宮田幸季、清水愛、森永理科、中原麻衣、斎藤千和、植田佳奈、千葉進歩

Moji

★★★★☆ 3.5

元祖ロケットガールズ

天才金持ち少年がアイドルユニットを月へ送る話。
「ロケット燃料を使わず地球にやさしく」がコンセプトなのだが、液体水素と液体酸素を使用するロケットが実際にあるのでソレでいいのではという突っ込みは無しにしたい。
所詮コメディで、人体には耐えられそうも無いが、アイデアは素晴らしく(?)、一応科学的根拠に基づいているらしい。
UHF系の深夜番組なのだが、時々ある全裸シーンや下着シーンが無ければ、完全に子供向けアニメである。
むしろ、そういったシーンを排除して夕方枠用にした方が子供にユメを与え、良い作品になったのではないかと少し残念。
もう少し、マジメなロケットモノには「ロケットガール」がある。
作画が解像度が低いシステムで作成したらしく、ギザが気になるが、ど素人が描いたようなカットはないので、安定感はある。
「ワンダバ」とはもちろん、ウルトラマンの地球防衛チーム・MATの出動する時に使われる名曲であるが、この作品でも出動時に効果的に使われている。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0

64.5 9 熱血最強ゴウザウラー(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (15)
94人が棚に入れました
ある日のこと、太陽系の惑星が次々と謎の光によって機械に変えられた。始業式の前日の夜、自室で寝ていた春風小学校に通う6年2組の峯崎拳一は隕石が自宅に落下し、自分の身体が機械になってしまうというおぞましい夢を見る。結局拳一はその事が引っかかって翌朝まで一睡も出来ず、釈然としないまま友人の立花浩美とクラスメートの喧嘩相手でもある朝岡しのぶらと一緒に登校する。しかし登校途中に変な恐竜のロボットを見た拳一たちは驚いて逃げ出した矢先に、宇宙からやってきた機械王「歯車王」と手下「ギーグ」に襲われる。しかし突如出現した恐竜ロボットに6400万年前に飛ばされる。そこでも光の戦士エルドランが螺子のロボットたちを相手にしていた。自分たちの世界を守るよう3体の恐竜ロボを託され再び転移した先は学校だった。自分たちの教室と融合し、身動きが取れない。しかも町では敵が暴れている。こうして拳一とその同級生たちは「ザウラーズ」として恐竜ロボを操りながら、小学校生活最後の一年が戦いと冒険の日々に変わっていく。

声優・キャラクター
高乃麗、林原めぐみ、天野由梨、上村典子、島田敏、篠原あけみ、大谷育江、小林通孝、梁田未夏、菅原正志、青森伸

ichinana

★★★★☆ 3.5

小学生×ロボ×恐竜 で外れるわけがないっ!!!!

エルドランシリーズ3部作では、本作は一番好きだったかな~
前作のガオガイガーも良かったけど、この学校がロボになるっていうところとか
クラス一丸となって戦うところとか、リアルタイム小学生世代としては燃えまくったってもんです。

ストーリーはあやふやですが、こういうストレートな作品ですとやっぱり敵に惹かれます。もうエンジン王かっこよすぎ!!
敵(ライバル)が仲間になる設定は、少年誌の王道中の王道ですが、やっぱりいいですね。主人公サイドが霞みます。

クラスの中ではハカセがいい味を出しています。
「失敗は成功の元です」が口癖な彼女ですが、そのセリフを吐いている時は、メガネを反射させて心情が映らない描写にすることが多く、彼女の悔しさ、歯がゆさを表しているのだなと、今さらながら思います。。。
本当に視聴当時は全く分かりませんでした。科学の礎は間違いなく多くの失敗のもとに成り立っているのですが、やはり失敗はしたくないものです。

でもそんな彼女もキングゴウザウラーの合体シーンでは主役3人とは別にセンターポジションをゲットです。いやマジ投票したくなるから・・・(←選挙じゃない!!)

OP,EDは人気曲ですが、キングゴウザウラー合体シーンの挿入歌が好き。麗さん・・・さすがはジャズシンガーです!!
主人公の声とちょっと変えて、妙にミスマッチ(アダルト)な感じでしたが、口ずさむのに丁度いいテンポで中毒性のある一曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんか最近低年齢層向けのロボットアニメって減りましたよね。
特撮も日曜午前の○様向けになってるし・・・

変身(合体)、ロボ、ドリルは絶対捨てちゃいけないよな~

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★★ 4.2

タイトルなし

エルドランシリーズ3作目にして現状最後の作品。(パイロット版のみのダイテイオー除く。
再びライジンオーのようにクラス全員で戦う形になり
この作品では全員がロボットの搭乗員になります。
物語の最後には卒業が待っている6年生という設定や
{netabare}敵や恐竜との{/netabare}悲しい別れなどエルドランシリーズでは一番シリアスな感じがする作品。
でもやっぱりこのシリーズらしく明るさも強いので暗くなりすぎないです。

先生、エルドラン、防衛隊が結構活躍してくれるところもいいですが
やっぱりザウラーズがよかったかなー。よくありそうなそこそこに仲は良いけどばらばらな感じのクラスが
ゴウザウラーと出会い数多の戦いを乗り越えていくことで大切なことを学んでいく。
そして子供たち自身がゴウザウラーに感謝し卒業式をやってあげるあのラスト、良い・・・!
特に拳一はデリカシーなくて問題児なとこもあったけど
{netabare}機械化されて{/netabare}からの成長っぷりが良かったです。

あと最後の運動会に最後の夏休み、みんなが塾などで忙しくて昔のように遊べないなど
6年生ってのを活かした寂しいけど前向きな話が多いのが好きですね!

悪い所は
・{netabare}校長先生や高木先生など{/netabare}嫌な人に見えてもだんだんといい所が出てくるって感じなんだけど
{netabare}洋二くんの親{/netabare}って結局そうゆうフォローがないような・・・。

・ひろみくん後半影薄すぎるかなぁー。メインキャラだったのに。

それでも面白かったです!特に終盤は泣きまくりでしたw。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

56.0 10 ザ・ウルトラマン(Webアニメ)

2015年9月4日
★★★★☆ 3.3 (16)
39人が棚に入れました
日本アニメ(ーター)見本市 第30話

1975年、宇宙は平和を取り戻していた。 そんな時、ウルトラ兄弟たちが何者かによって次々と殺害されてしまう。 犯人の名は宇宙大魔王ジャッカル。 遠い昔、ウルトラマンキングに敗れブラックホールに追放された宇宙人である。 やがて地球に侵攻したジャッカル軍は人間体で潜伏するウルトラ戦士たちを炙り出すため、 捕虜にした人間たちの処刑を決行しようとする。 諦めかけたその時、頭上に謎の鎧戦士が現れた…。
ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0

やはり、ゼットンは強かった!

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
日本アニメ(ーター)見本市の作品群。監督は、「フォトカノ」の監督などで知られる「横山彰利」さん。

ウルトラマンといえば本来特撮ですが、「アニメでも良いな」と思いました。私はウルトラマンにはあまりハマらなかったので、思い入れは薄いですが、それでも感慨深かったです。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
ラストの大団円は熱く、古い時代のウルトラマンはやはり格好良いですね。なんか、(ジージェネとかで)最近のモビルスーツをファーストガンダムやΖガンダムで倒した時のような、胸のすく思いがしましたw

とはいえ、一番印象に残ったのは、冒頭の「ウルトラマンVSゼットン」。「メロスVSジャッカル」より、ずっと面白かった。ゼットンは、テレポートにバリア、遠距離攻撃もあり、冷静に考えてもチート級の強さw スパロボにボスとして出て欲しいな(笑) あの「ピポポポポ」という効果音は、なぜこんなに恐怖心を煽るのでしょうか? 未だに謎です(なんか、未知なるものへの恐怖なのかな)。

あとどうでも良いんですが、メロスの鎧? がアレックスガンダムのチョバムアーマーっぽいと思ったw

(下らないレビューですね、すみません)
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19

計測不能 11 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!(アニメ映画)

2017年8月19日
★★★★☆ 3.3 (6)
32人が棚に入れました
 北関東・某所……眉難市。 眉難高校に通う防衛部の5人(箱根有基、由布院煙、鬼怒川熱史、鳴子硫黄、蔵王立)は、ひょんなことからバトルラヴァーズにラブメイキング(変身)して怪人と戦うことに。
 怪人と戦う合間に、海へ合宿に行ったり、眉難山に出かけたり、 文化祭、遊園地、クリスマスにお正月、バレンタインデーもと、ちゃっかり高校生活をエンジョイした防衛部も、気づけばあっ!という間に1年が経っていた。
 いよいよ卒業シーズンを迎え、卒業する3年生も、見送る1年生&2年生も口には出せない、 複雑な心境を抱えていた……。

公式サイト http://boueibu.com/index.html

声優・キャラクター
山本和臣、梅原裕一郎、西山宏太朗、増田俊樹、麦人、杉田智和、神谷浩史、福山潤、寺島拓篤、安元洋貴、河本啓佑、村上喜紀
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★☆ 3.6

卒業しても変わらない地球防衛部かなぁ・・・

 地球防衛部3期目となる劇場公開ファイナルエピソードで、眉難高校卒業式を迎える前と卒業式当日、ラストを迎えるお話だったです。

{netabare} 校庭で地球防衛部がバレーボールで遊んでいる所から始まり、いつものようにダラダラかと思ったら、卒業の話題になって、有基くんがナイーブになるです。

 黒玉湯で煙と熱史がくつろいでいるとウォンバット、生徒会、別府兄弟、硫黄、立もやってきて卒業の話題で盛り上がるです。ところが、下呂くんから始まって、全キャラのキャラクターソングによる回想となりそれが、30分以上におよびある意味飽きるような気がしたです。
 気の抜けた有基くんから、卒業式の場面に移り、またもや怪人登場といつもの展開になるです。ご丁寧に変身シーン全各キャラしっかりやるためこれもこれで長く感じるです。

 元気のない有基くんも怪人につけこまれるも先輩たちの協力もあり立ち直り、真の愛に目覚めたとでもいうのか?いつもとは違う方法?で怪人を浄化して、めでたしなんだなぁです。

 卒業といってもいつもと変わらない防衛部だったです。

 最後は最後で、銀河鉄道登場と名残惜しいような場面となって、{/netabare}今までの最終回でも何となくな終わりと違い、本当に終わりみたいな幕切れだったです。

 殆ど、物語よりも変身とキャラソン回想で、全体を恨めた感じだったので拍子抜け感が、拭えないです。あと若い女性が喜ぶような、服を着ていないシーンがOPなどにあったのは、その層のファンのためのサービスだったのでしょうかな感じです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

計測不能 12 ARIEL(エリアル) VISUAL(OVA)

1991年1月21日
★★★☆☆ 3.0 (3)
10人が棚に入れました
18年間の長きに渡って綴られた、同題SF小説を原作とするOVA第一弾。宇宙の三流企業ゲドー社は会社を長らえさせるため、適当に手を抜きつつ地球侵略を進めていた。そうした実態を知らない本社は、地球防衛の任にあたる巨大女性型ロボのARIELの存在こそが侵略業務の障害となっていると勘違いして全面攻勢を画策。科学力の差から、実際にはなかなか敵に抗しきれない地球危うし? 本作は比較的初期の段階に映像化されたもので、オリジナル色が濃い内容となっている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ