夏川椎菜おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの夏川椎菜成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月16日の時点で一番の夏川椎菜おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

80.6 1 夏川椎菜アニメランキング1位
アルドノア・ゼロ(第2期)(TVアニメ動画)

2015年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (1552)
8889人が棚に入れました
西暦2016年、アセイラム姫暗殺事件から約1年半後。地球生まれでありながら火星騎士の地位を得たスレインは、専属の部下を従えて、地球軍との戦闘に参加していた。一方、新たな戦地へ赴くべく、修理を終えるデューカリオン。そこに続々と、かつてのクルーたちが戻って来る。

声優・キャラクター
花江夏樹、小野賢章、雨宮天、三澤紗千香、小松未可子、村田太志、加隈亜衣、大原さやか、中井和哉、鳥海浩輔、茅野愛衣、嶋村侑、水瀬いのり、大川透、平川大輔、夏川椎菜、興津和幸、千葉進歩、竹内良太、豊永利行、生天目仁美、三宅健太、木島隆一、逢坂良太
ネタバレ

ニワカオヤジ

★★★★☆ 4.0

ちょっと長いですが、最後にみなさんが批判されている問題を考察してます。

1期・2期通しての感想です。
まずは本筋と関係ないところで、作画的に良かった点
・キャラ造形が良い。女の子は萌えキャラじゃないけど可愛い。
・胸の大きさが現実的で、大人でも大きくない。少年、青年、壮年まで顔が描き分けられている。←これが結構すごいことだと思います。
イマイチだった点
・肝心の戦闘シーンが全体的に暗すぎ&速すぎて、よく見えない。

ここから本筋です。
本作の見所は、
「ロボット戦」、「政治・人間ドラマ」の二軸あると思います。

ロボット戦は、敵が {netabare}圧倒的に強い武器を一つ持っていて、それを普通の武器でどう倒すか、という頭脳戦ですが、 {/netabare}これが非常によくできていて、面白かったです。
このような戦闘形式はいわゆる {netabare}「能力バトル」であり、ジャンプでジョジョから始まりハンターハンターでほぼ完成しているジャンルですが、これをロボットでSF的考証をつけてやったことが斬新でした。 {/netabare}

自分としては戦闘が最も面白い要素だったので、もっと見たかったのですが、 {netabare}ネタが切れたのか戦闘の数自体は少ない(37家門もあるから期待してしまった)し、スレインの乗ってた白いの(名前が覚えにくい)とかスレインの部下(人の名前も覚えられない)の乗ってた赤いの(名前が・・・以下略)とか紫の丸いの(以下略)が結局攻略されなかったのが残念でした。 {/netabare}


次に第2の要素のドラマ部門ですが、正直なところ、不満でした。
ロボットの {netabare}能力を考えるだけで精一杯だったのかな?というくらいに稚拙でしたね。 {/netabare}例えば、 {netabare}
・火星人だけど火星人嫌いなライエ、イナホが好きなインコ、マリト大尉のPTSD、など初期からずっと引っ張ってきた各個人の設定が、有耶無耶のまま終わるのですっきりしない。
・スレインが地球を侵攻する理由が「敵をなくして戦争を終わらせる」ためと言いながらヴァースに敵を作りまくる。 {/netabare}
など、枚挙にいとまがありません。

ただし、おそらく本作で最も批判されていて、クソアニメと言う人までいる理由と言えば、

{netabare}・アセイラム姫がぽっと出の貴族(名前が・・・以下略)と結婚宣言したこと

だと思いますが、これは、妹のレムリナ姫がスレインと結婚宣言したのを帳消しにする必要があったので仕方がなかったのだと思います。

しかし、イナホに好意を寄せていたんだから、宣言する前にはかなり葛藤があったと思うのにその描写がなかったことと、イナホも好きだったんじゃないかと思ってたのに、戦争終結後にアセイラム姫・イナホともあっさりした顔をしていて、こりゃエンドロール後に会うシーンがあるでしょ?と思いながら見ていたのにそのまま終わったところは、本当にクソアニメ。 {/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 36
ネタバレ

Appleモンキー

★★★★☆ 3.9

タイトルなし

1期でまさかの最終回{netabare}アセイラム姫もオレンジも死亡?{/netabare}でした。

さすがにあれは{netabare}生存ルート{/netabare}は無いかなぁと思っておりましたが、なんと!2期では{netabare}あっさり生存している{/netabare}ことが判明!{netabare}

この展開の方が絶対面白いですもんね♪

第2話(EP14)の展開はアツかったですね!
{netabare}オレンジ VS コウモリ{/netabare}は2期の見どころの一つで間違いなしです^^

■第1話~第12話
{netabare}
最後はイナホくん、アセイラム姫がきっちりシメてくれましたね。

しかし、スレインって一体・・・
1期の途中までは(不憫&)イイ奴だったのですが、行動に一貫性のない
ただの迷走くんでした。。。

イナホ×アセイラム姫
スレイン×アセイラム姫
・・・の組み合わせのどっちになるのか気になってましたが、
まさか、ぽっと出のクランカインにとられちゃうなんて・・・^^;

マズゥールカ、もっとキーマンになってくれるかと思ってましたが
対して活躍できず。。。

いろいろ投げっぱなし感があるのが残念。
ゲームでいうと、フラグを立て忘れて「BAD END」に突入しちゃった感じ。

でも、いつか「TRUE END」を見てみたい!
そんな気はしちゃいますね^^

{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 62
ネタバレ

◇fumi◆

★★★★★ 4.1

激化する惑星間戦争 主要キャラは斜め上へと飛翔する。

2015年放送のアルドノア・ゼロ第2クール 全12話

第1クールから1クールあけて放送。スタッフ・キャストに変更なし。

第1クールのラストはロボットアニメらしい主要キャラ全滅エンドでしたが、
もちろん、そんなことは無く、普通に第2クールが始まりました。
本来の主要キャラである3人、貝塚伊奈帆、アセイラム姫、スレイン・トロイヤードの物語は続きます。

第1クールはオリジナリティを確立しつつ、物語性を失わない理想的な創作劇でしたが、
第2クールはどうも様子がおかしいようです。

地球生まれの火星騎士スレイン・トロイヤードが、生死不明のアセイラム姫の権威を利用するために、
アセイラムの異母妹「レムリナ・ヴァース・エンヴァース」をアセイラム姫に仕立てて、地球との全面戦争の旗印にするというのが発端です。

いくつか気に入らなかった点がありますので挙げます。

火星の描写については最も期待したのにかかわらず、ほとんど見られませんでした。
これは、月のハイパーゲートに火星軍が送り込まれ続けるためで、
特に火星の風景などの描写の必要が無いのは分かりますが、
そのせいで、火星側は貴族や軍人しか描かれずリアルな戦争を映すべき民間人の姿が無かったこと。

同様に、崩壊した地球の描き方もあまり重視されなかったようで、
荒地と生活地との境界線が分からず、まるで違う世界のように感じました。
前回の戦争で人口の半分が死んだという現実も感じられず、
セカイ系と言うよりは社会性の描写不足、別世界の人間がゲームをしているように見えたと言うこと。

物語に関してはネタバレ扱いにしますが、量は少ないです。
{netabare}主要キャラの言動が非常に子供っぽく、行動理由も浅はかに見えてしまい、
多くの軍人たちが信頼するような説得力が感じられませんでした。
人気沸騰するべきヒロインの扱いは商業的に見てまずいと言わざるを得ません。
リアルかどうかより、物語性の優劣で考えると失敗です。
後半になると主要登場人物の主張はどんどん幼児化して、到底将の器でないものが惑星間戦争を主導していきます。
主人公3人の行動も幼児化して、到底受け入れられるものではありませんでした。
最近放送された某「レクリ」という作品の後半に近いです。
ガンダム以前のアニメであればぐっとこらえて時代性で飲み込むところですが、
個人的感想ではありますが、これと「レクリ」の展開は作者の感覚を疑いました。

ここで思い出した一言があります。
虚淵先生原作のアニメ「ブラスレイター」より
「すまなかった・・・」{/netabare}

何はともあれ、志村貴子先生の美しいキャラが惑星間戦争で躍動する、
高予算と思われる力の入ったロボットアニメの秀作として無事完成はしたと言えます。
ラストはお馬鹿アニメ化していましたが。

オリジナリティを何よりも重視していると想像できる「あおきえい監督」には、
段階を踏んだ本物の衝撃的傑作を期待してやや評価を下げました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 33

68.3 2 夏川椎菜アニメランキング2位
天体のメソッド(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (899)
4428人が棚に入れました
「この町の空には、いつも円盤が共にあった――」
「願いをかなえるために、ここにいる――」

霧弥湖上空に現れた謎の円盤。
出現当時は世界中を大混乱に陥れたが、そこに留まるだけの円盤への恐怖心は消え、次第に観光地となり、徐々に人々の興味も薄れて行った・・・

二人の少女が出会うとき、それは止まっていた時間が動き出す兆し。
想いが人を変えて行き新しい物語を刻む。

中学校生活最後の年。それは一生忘れられない時間(とき)。

声優・キャラクター
夏川椎菜、豊崎愛生、佳村はるか、小松未可子、水瀬いのり、石川界人

ato00

★★★☆☆ 2.7

美しい風景の中での納得のいかない物語

申し訳ありません。
最初に謝っておきます。
萌絵につられたのが運のつき。
アニメの視聴選定を誤りました。

謎の円盤が浮かぶ観光地が舞台。
4人の女子と1人の男子。
それに、一人の謎の幼女の友情物語です。

最大の問題が、ヘッドホーンの娘。
いきなり「何しに・・・」はないでしょう。
でも、EDの腰振り後ろ姿は、可笑しかった。
それに、不思議幼女は何で生計をたてているのやら。
普通に考えるとおかしいでしょう。
トドメは、何?何?何?のラスト三段攻撃でした。

何故最後まで観たかって?
それは風景が美しかったからです。
聖地は洞爺湖温泉。
火山オタク憧れの地、有珠山へ数年前に行きました。
洞爺湖はもとより、ホテルから見る花火が綺麗でした。
生きている大地を感じられる稀有な場所。
皆さんも一度訪れてはいかがでしょう。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 63
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.9

キャラデザと音楽は素晴らしいんだけど…※極めて高い音楽の評価…

かわいいキャラデザとキャッチ―なOPED曲のイメージに反する、ギスギスした重苦しい雰囲気とわかりにくいストーリー展開(わかってみると「なんでその程度で怒ってるの?」と呆れるだけ)で失速した、作り手が何を見せたかったのかわからないオリジナルアニメ。
このアニメ、どうすれば良かったのかな。
{netabare}序盤の柚季を中心としたギスギス展開がまずはアウトなんだけど、彼女が折れた因果関係が明確じゃなかったしなぁ。花火をやる日付が過去と同じで、それでなんで改心するのやら。
その後の温泉回は好評だったけど、それからの汐音の態度はこれまた不評だった。それと、ノエルが汐音が自分が消えるのを気にしているのを気づいているようなことを言うので、ノエルって冷たくね?しょせんは人間じゃなくて感情の無い宇宙人か?キュゥべえなのか?とか思ってしまった。

11話でノエルが泣きだすシーンはうるっと来たんだが、その後の唐突なループ展開。
円盤とノエルは本来この世界に存在してはならないからリセットされて、乃々香と汐音だけ記憶残っている理由は、二人がにっこりになるのに必要だから、という理由はあるんだろうけど、見てる人の大半には伝わってなかったような。
そして最終回ではノエルが戻ってき…てないと思う。ノエルがラフイラストタッチだったのは、ノエルが「別次元」の存在で、現実世界ではやっぱり戻ってきてくれないってのを表しているんだと思う。{/netabare}
久弥直樹になんでこれでいいと思ったのか聞いてみたい。今のアニメをナメてるんじゃないかとすら思う。

音楽はよかった。「約束」は名曲、サントラをレンタルしたい。
ほんと、作画と音楽スタッフは気の毒。
Studio 3Hzには次で頑張ってほしい。まともな脚本家が付くといいね。

2015/11/9
最近はレンタルしたサントラをよく聴いてる。
「約束」が目当ての曲だが、それ以外は「希望を胸にのぼる丘」「夜へと駆け出す扉」「邂逅の天文台」が明るい曲で好きかな。全体的に暗い曲が多いんだよね。
でも同時期だとやっぱり結城友奈のサントラの方が勝るな。

2017/10/27
テレ朝の18:00台の番組でこのアニメの音楽がBGMに使われていてワロタw
どんだけ音楽の評価だけ高いんだよ…悲しいね。脚本がもっとマシだったら…。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 24

takarock

★★★★☆ 3.9

能動的な視聴と受動的な視聴と

keyの大ヒット作品「kanon」を手掛けた久弥直樹氏が原案、脚本を担当する
オリジナルアニメ(全13話)。

本作は、演出が非常に繊細で、表情や仕草だけでなく、
背景だったり、さらには何気なく出てくるアイテムを使って
キャラの心情を表現しています。

じゃあ、具体的にどの場面が?と言われると
視聴時には「あっこの演出上手いな」とか思った場面も
今ではもう何となくしか思い出せませんw(役立たず)

なんでこんなことになってしまったのかというと
本作の視聴時、萌え絵然としたキャラデザということもあってか、
ゆる~いアニメを観るような、
ただ漫然と眺めているといった極めて受動的な視聴姿勢だったからでしょう。

今になって思うのは、こういう受動的な視聴をしていては、
本作の良さというのになかなか気付きづらいと思います。

観終わった後に、
「ノエルが可愛いだけのアニメだった」とか
「訳が分からない切れ方をするヒステリックなやり取りがうざかった」とか
そんな感想になるのではないでしょうか。

訳が分からない切れ方というのも、そこにはちゃんと理由があって、
本作ではそれを逐一説明していないから分かりづらいのだと思います。
説明を求めるのでなく、自ら探っていくという能動的な視聴をしなければ、
その理由にも辿り着くことができないままということもあるでしょう。

アニメなんて娯楽なんだからだら~と眺めていたいというのは当然の要求だと思いますが、
1つ言えるのは、娯楽=受動的快楽ということではないということです。
ミステリーのように自ら犯人やトリックを推理していくという
能動的な楽しみ方をする娯楽だってあるわけですからね。
あと、劇場作品なんかは能動的な視聴をする人が多いですよね。お金払っているからですかねw
だから劇場作品の評価は比較的高めになるのだと思います。

私見ですが、オリジナルアニメには、
視聴者に能動的な視聴を求めてくる作品が多いと思います。
例えば「グラスリップ」。 私は観てませんけど(おい)。
ここでいくつかのレビューを読ませてもらいましたが、
「理解不能」という声が圧倒的に多かったですw
能動的な視聴をしなければ、その魅力に触れられないという作りなのでしょうし、
製作側は視聴者に挑戦状を叩きつけているのかもしれませんねw
オリジナルアニメという場で、何か新しいことをしたいという
高い志だったり、モチベーションだったりが、
そうした作品を作り上げていったのかもしれません。

私たち視聴者はその作品を視聴するかどうかを選べるわけですから、
制作側から真剣勝負を挑まれても、
疲れるから付き合いたくないということであれば、
それを回避することだってできるわけです。

自分が視聴している作品が、
能動的な視聴をこちらに求めているのかどうかを見極めることによって、
作品の観方も、そして評価も変わってくると思いますよ。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 52

81.9 3 夏川椎菜アニメランキング3位
亜人ちゃんは語りたい(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (909)
4261人が棚に入れました
サキュバス、バンパイア、デュラハン。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。
そんな亜人の生態に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男と、生徒である「亜人」ちゃんたちとの少しだけ刺激的な新学期がスタートした!

声優・キャラクター
諏訪部順一、本渡楓、篠田みなみ、夏川椎菜、日笠陽子、Lynn

えたんだーる

★★★★★ 4.1

「温かい社会」への幻想…?

同タイトルのマンガ原作がありますが、私は未読です。

放送終了からずいぶん経ってのレビューになります。とっくに観終わっていたのですが、どうもすみません。

亜人(デミ:「デミヒューマン」の省略から作られた通称?)が実在し認知されている社会において、デミである生徒や教師がいる学校に赴任してきた生物教師である主人公、高橋鉄男とその周囲の人々のお話です。

作中での亜人(デミ)は、いわゆるマイノリティ(社会的少数者)を身体的・生理的特徴によって記号化したものだと考えられますよね。作中の亜人(デミ)達を「かわいい女性」にしているところがあざといといえばあざといわけですが、話の根底には「でも、彼女たちも人間だよね」という点があるように思います。そして作品のメッセージ性としては、「差別、良くない」的な…。

高橋先生自身は亜人(デミ)の研究者でもあって、実際に亜人(デミ)と接する機会を持って、彼女たちの行動や生理的な特徴について知りたくていろいろと質問をするわけです。

一方で高橋先生は、彼女たちが生徒であったり同僚であったりという部分でも関わりを持つ必要があって、結局のところ生活面での相談に乗ったりするようになります。

そして接する時間が長くなっていくにしたがい、その親身さなどもあって徐々に彼女たちの信頼を勝ち得ていくわけです。

そしていわゆる「ハーレムラブコメの鈍感主人公」の役割をも高橋先生は背負っていくのです。

このストーリーには、おそらく作者が「このようにあって欲しい」と考える温かみのある社会が描かれていますが、現実に亜人(デミ)が認知されたとして、この作品のように受け入れられるとはあまり思えないというのが悲しいところですね。

一応、ラブコメ的にはまあまあ面白かったです。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 45

gazabata

★★★☆☆ 3.0

正座をして懺悔をしながら見ましょう

このレビューはレビューというよりもエッセイに近いのでこのアニメが面白いかどうかということに関してはあまり触れない。だが一応最初に全体的な感想は言っておこうと思う。

全体的な感想:
ストーリー、アニメーション、声優、大して気になるようなことは見つけられなかった。1~3話はすっごく良い。4話は個人的にはそこまでの面白さが全部なくなるほど嫌なことに気づいたのでそこから面白さはほとんどなくなった。ただ普通にみる分には問題はない。大して変化を感じることはないだろう。

アニメとしての点数:6/10

ここからはこのアニメのとても否定的で屁理屈じみた分析を試みるのでこのアニメが大好きな人は読まないほうが良いかと思う。あとこれは結構実験的なのでうまくできていない可能性が高い。暇な方だけ読んでいただけると嬉しい。


ではこれからは、このアニメの世界についてとこのアニメの登場人物と原作の作者について、の2つに絞って話していきたいと思う。長くならないようになるべく簡潔にいきたい。

キャラ/作者:
私はこのアニメ/漫画の作者のキャラの使い方は好きではない。
アニメの4話は最悪だったと先ほども言ったがその理由がこれである。4話で大きなシーンが二つある。それはひかりが陰口をしていた女の子に立ち向かうシーンと、先生がひかりの妹のひまりに亜人の個性についてどう思うか説明するシーンだ。このシーンの両方が本当に説教臭い。作者が正しいと思っていることをただただ聞かされるためだけに存在するシーンである。なんかもう正直聞いていて胃が痛くなるほど気分が悪かった。あの言葉から感じられる優越感はもう半端ではなかった。「私は正しい意見を持っていて批判のしようがない」という様に構築された文章だった。その証拠に先生がひまりに説明した後、ひまりが「うっ、非の打ち所がない」みたいなことを言っていた。どれだけ自分が大好きなのだ?原作者は大真面目に自分が考え付いた亜人の扱い方について視聴者に説教をした後その考え方に「非の打ち所がない」と別のキャラに言わせたのだ。原作者はここまで自己認識力が低いのか?
そしてひかりのいじめっ子に対するスピーチも似たようなものだ。いかにも何時間もかけて考えた陰口に対する返答。「陰口はしていいけど私がそれを見つけたら絶対に文句を言うからね!」みんながこのようにすればいじめはなくなる。いじめは論破された。このように考えつくされた「いじめ」に対する返答はまるで作者が「俺がもし学校に戻っていじめを見つけたら絶対にこう言う。そしていじめっ子を論破するんだ」と思って考えられた返答に思える。そして作者は間違ってはいない。間違ってはいないが論破をしたところで何も変わらないことに作者は気づいているだろうか。いじめは論破するものではないのではないだろうか?実際アニメでもいじめっ子たちを変えたのはひかりのうざいスピーチではなく、そのあとに続いた感情ではないのだろうか?にもかかわらずなぜあのスピーチをそこまで重要視したのだろうか?
このような説教じみた、作者のエゴを膨らませるような内容がいっぱいちりばめられている。
他にも道徳的でない部分でも作者の見せびらかしは止まらない。デュラハンの首のワームホールがどうのこうのとか、雪女の物語はどうして似通っているのかとか、このようなことを説明するときに使われるのが主に主人公の先生である。しかもその説明の仕方が変だ。普通自分の世界を作ったときはその世界のルールは常識として説明されることが多い。歴史の授業だったり、年寄りが説明してくれたり、だがこのアニメは違う。このアニメにおける我々の世界とは違う「常識」はいつも「発見」として提供される。主に先生が「よく考えてみたらこうかもしれない」と誰かに教えるのだ。ではなぜこの「常識」を「発見」として提供されたのか。もちろん発見したほうが面白いからという理由もあるのだが原作者が頑張って考えた設定を視聴者に説明してすごいと思ってほしいからではないかと思う。常識として説明してしまえばそのすごさはなくなってしまうから、ちゃんとどういう風にその結論にたどり着いたか過程も加えて説明すれば視聴者もこの「常識」がどれだけすごくて、これを思いついた人がどれだけ頭がいいかわかってくれるはずだ。こういうことではないだろうか?

原作者は主人公の先生を自分であるかのように扱っているような気がする。もちろん他のキャラを通して原作者の「説教」を聞くこともあるのだが先生を通して聴くことが一番多い。個人的には先生が原作者の代わりであるということだと思うのだがそう思うちょっと面白い根拠を一つ。
最初の三話の中で先生が一度自分のことを「屁理屈野郎」だと言うシーンがある。だがその三話の中で先生が「屁理屈野郎」だと感じるシーンは一つもないしアニメの中でも一度もない。多分この「屁理屈郎」は原作者が現実でよく言われていたのではないだろうか?それで自分を漫画に入れるときに、自然と「屁理屈野郎」と言ったのではないだろうか?とまああんまり説得力はないかもしれないがもし本当だったら面白いなと思う。
話題は戻して、もし先生が原作者の代わりであれば、(そうであると言っているわけではないが、その可能性は高いと思う)原作者のナルシシズムはスピーチだけでは止まらない。先生は完ぺき人間だからだ。欠点がひとつもない。いや、二つある。一つは「女たらし」であるということ。もう一つは「頑張りすぎ」であるということ。アニメの中では欠点であるかのように提供されていたがこれは欠点だろうか?自分で言う欠点が欠点でないどころか、見方によれば誉め言葉ではないだろうか?実際頑張りすぎなのは後でひかりに「頑張る人に追いつけないからと言って頑張るなというのはおかしいと思う」と言われていたし。
それに加えて先生による数々のセクハラとも呼べる行為を合わせるとまた嫌な気分になる。自分の生徒に「吸血は性的な要素があるならセックスと比べてどうか?」と聞く教師がどこにいるだろうか?それでもって許しがたいのが、そのセクハラとも呼べる行為が「熱中するとデリカシーがなくなるから」ということで正当化されているということだ。生徒になれなれしすぎだ。疑似デートに出かけたり、ハグをしたり、生徒にキスをされても何も言わなかったり、関係性が完全におかしいのはよく分かる。「鈍感」や「デリカシーがない」で正当化できるものだろうか?しかも挙句の果てには最終話で「生徒は自分の子供みたいにしか見れません。恋愛感情はありません。」と何の信ぴょう性もないことを言う。これは最初の何話かで済ませるものではないだろうか?本当にこの方向性で行くつもりだったのだろうか?最終話でやってしまっては今まで視聴者からの関係性への疑問や心配への投げやりな返事のようにしか見えない。批判を緩和する目的にしか見えない。やり方が卑怯臭くないか?先生が生徒に対して恋愛感情がないということは最終話の感動的なシーンで言うようなことではありません。
先生はモテる。先生は頭がよくて筋肉がある。先生は亜人を理解して受け止めてくれる。先生は生徒に人気がある。
要するに原作者のナルシシズムでてんこ盛りなアニメだと言いたいのだ。少しだけならまだしもここまでひどいとさすがに引いてしまう。

もう一つだけ言いたいことがある。十一話くらいに先生とサキュバスの先生が「話し合い」をするシーンがある。その中でサキュバスの先生が「人と話するのは楽しいなぁ。意見が一緒じゃなくても意見の言い合いをするのは楽しい」に似通ったことを思うシーンがあるのだがそのシーンはものすごく変だった。
まずサキュバスの先生が自分の意見を言う。次に先生がその意見は違っていて自分が正しいと思う意見を言う。するとサキュバスの先生のさっきのナレーションが流れる。で何か反論していたがナレーションがかぶさっていたので何を言ったかは分からない。もしかして作者は自分が考えた意見に対する反論を思いつけなかったのではないだろうか。この作者なら考えられる。意見の言い合いは楽しいと言いながらも自分の意見の反論を思いつくことすらできない。結局は自分が考えた問題に関する答えを出していただけで会話にすらなっていなかったのではないだろうか。このアニメはそういうのが多い。会話と称して実はただ作者が自分で思いついた問題に自分で結論を言って、周りのキャラはみんな納得する。いっつも納得してちゃ口論じゃないじゃん。結局は一人芝居なのだ。
あと社会に当てはまらない人を受け入れるアニメにしては意地悪なジョークがあったと思う。柔道技かけられてクラスメイトの前で自分がMであることを知られたあの子は本当に可哀想だった。それを笑いのネタにするのは意味が分からない。いじめっ子だったからよかったと思っただろうか?結局いじめをする人は悪なのだろうか?

この部分の結論として言いたいことがある。
これを読んでいる人は自分の言葉に酔った人を見たことはあるだろう。アニメのレビューサイトにいれば見たことがあるのは当たり前である。もしかしたらこのレビュー自体がそうかもしれない。そしてこのアニメは私から見れば、自分の言葉に泥酔して中性アルコール中毒になっているひとが作った話である。それが言いたかった。以上。


一番言いたかったことはここまでなので疲れた人はここで終わってもらって構わないです。ここから下は追加というか、続きみたいなもんです。暇な方はどうぞ。

アニメの世界:
私はこのアニメの世界があまりうまく作られていないように感じる。亜人が実際存在したということだけが我々のいる世界との違いなわけだが、このアニメはとても現実的な取り入れ方をしている。市役所には亜人科という部署があり、ヴァンパイアには国から血が支給される。だいぶ細かいところまで考えられているのはとても良いことなのだが、細かいせいで逆に気になるところが無数に出てきて大変だ。このアニメはもぐらたたきのように出てくる問題をとりあえず解決していたわけだが全然追いついていない。結局は説明がつかないようなことがあったり現実世界では考えられないような部分があったりする。
まずはこのアニメの人たちは亜人に対する知識において考えられないほど無知であるということがある。
主に主人公が気づいたり、考察したりして出た結論は明らかに一般知識であるべきだと思う。それまで実験はされなかったのか?学者は亜人を研究しようとは思わなかったのか?人類は理解ができないことができる人を快く受け入れることなどはしない。勿論このようなことはあまり考えたくないような内容ではあるが、そのような質問をされてもおかしくないような世界であることは分かっていただけるだろうか?
この細かい疑問を相殺するとしたらいくつか理由が考えられるわけだが個人的にはただ単に作者が怠けているだけだと思う。亜人がいる世界が作りたいけど主人公に亜人たちの手助けをしてほしいし、でも障害者の比喩だからちゃんと社会になじみこんでないとだめだし、でも自分で亜人の秘密を発見してほしいから亜人の性質が知れ渡っていると困るし、とまあこんな感じで現実との比喩と自分の妄想の中間をとることでこのようなとっ散らかった説明のしようも無い世界ができるわけだ。
あと一つものすごく気になったのはサキュバスが教師になれるということ。無理だろ、どう考えても。別にサキュバスに対して差別とかそういう意味でなくて、現代でサキュバスが存在したとしたら、世界(特に日本)は絶対に学校で働かせることなどしないはずだ。あと毎朝早く学校に行かなくても車の免許取ればよくないか?


読み返してみたらこれは良いレビューではないな。長すぎるし。うるさいし。好きだったアニメがダメになるのって悲しいですね。せっかく楽しみにしてたのに。最初の三話だけまた見ようかな。残念...

投稿 : 2019/11/16
♥ : 11

みのるし

★★★☆☆ 3.0

じつはあんまりおもしろくないのですが

毎回みてしまうのだなー。

ふつーはこう、なんとゆうか、恋愛だったり、特殊な体質に悩んだりだとか、学校での人間関係やらのトラブルがあったりだとか、ストーリーの基軸となる何らかのテーマ的なものがあるもんやと思うのですが。

この話はまったくないんですよ!!

いや、あるんかもしらんすけども、全然わっかりません。


それでもなぜだか毎回見てしまって、見終わった後もそれなりに充実感もありで。


いったいなぜなんだ!
だれかおせーて!!

そおゆう謎な作品ですw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 12

71.5 4 夏川椎菜アニメランキング4位
ハイスクール・フリート (はいふり)(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (809)
3501人が棚に入れました
多くの国土を水没によって失ってしまった日本。
海上交通の発達により、海の安全を守る「ブルーマーメイド」が
いつしか女生徒達の憧れの職業になっていった。

そんな「ブルーマーメイド」に憧れ、海洋高校に入学した岬 明乃(みさきあけの)は
陽炎型航洋直接教育艦「晴風」の艦長に任命され、
早速初の海洋実習に出発したのだが・・・。
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.7

これ迷家よりクソなんじゃね?

放送前の情報では、港の海洋女学校でみんなが青春を送るような平和な日常物かな~って…思って…いや。

ま、オリジナルアニメだしさ、実際の内容は見当ついてたけどね…

{netabare}がっこうぐらしのようなミスリードをするってことはね!みえみえだったよアニプレックス!
教官がいきなりバンバン砲撃してきて、魚雷で反撃したら反乱軍扱いとはね!

そしてラストは関東が水没した絶望的世界を映すカット。

うん、これでこそ今時のアニメの正しいミスリードだよ!

さーて何人死ぬのかな~。

まぁ船の操舵や攻撃とかはかなり本格的なんだと思う。ミリオタじゃないからわからんが。

ところで正式名称はハイスクールフリートらしいけど、あにこれのタイトルも変更するんだろうか?{/netabare}

2話。
{netabare}日露戦争後にメタンハイドレートを採掘しすぎて地盤が沈下して都市が水没…不戦の意志を示すため女性を船員にした…気球はあるけど飛行機は発明されてない世界…(なおスマホやかっこいい水上バイクはある)。
ねーよwwwww吉田玲子さーんこれだめでしょwまぁいいや。

設定ガバガバもそうだが、ストーリーも無理矢理戦闘に持ち込み過ぎでちょっと無理がある。晴風は戦いたくないはずなのに。

白旗あげても機関停止しないと降伏とは見做されないって坂の上の雲の日本海海戦で読んだな。

主人公が超人的に活躍してるけど、このままだと心労で倒れそうだな。{/netabare}

3話。
{netabare}今回も無理矢理戦闘を発生させた感じ。魚雷ってああやって目視で確認してから舵を切ってかわせるものなのか?
この事件の黒幕は歴史の改変を狙う未来人じゃないかと予想している。根拠はOPの歌詞の「未来と過去が交差する100年目の歌」。{/netabare}
ただTwitter見てるとガルパンの方が何もかも良かったように言ってる奴が多いがそれは無い。ガルパンはTVやってた頃はさほど評価されてなかった、あにこれの点数が80点越えてないのがその証拠。なおSHIROBAKOもユーフォもガルパンの点数は超えてるのでそれ以下の評価ってことだ。

4話。
{netabare}あの赤い目のハムスターのせいで人間も赤い目になって凶暴化して攻撃してしまうようだね。機関砲ぶっ放した割には処分が甘すぎる気がするがw
これでだいたい先が見えてしまったような…どうせ武蔵と対決するんでしょ?{/netabare}
それにしてもキャラ多すぎ。

5話。
{netabare}いくら武蔵でも現代の艦船に囲まれてあんなに無双できるものだろうか。主砲の連射も旋回速度もありえないって言われてる。そこはネズミたちの助力や妨害によるものなんだろうけど。{/netabare}
その設定がだめだよね…。このしらける前提条件でバトルにリアリティがなくなってつまらなくしている。

6話。
今日唯一面白かったのは{netabare}にわか仕込みのドイツ料理にミーちゃんが突っ込み入れる所。それ以外は全然だめ。
凶暴化ウイルスとか、今更ひぐらしをパクってどうするよ…嘘だッ!{/netabare}

7話。
{netabare}今回はバトルでなく海難救助の話。ブルーマーメイドはこれが本来の任務だよね。そのせいか今までよりは良かったような。バトルより心理描写ができるからね。
前半の水不足は女の子にはきついな。{/netabare}
そういやこのアニメって入浴シーンに白い光全然入れないよね。それ故にその筋には根強い支持があるのだろう…。

8話。
{netabare}雛見沢症候群もどきの説明と比叡から逃げ回って座礁させるバトル。どっちもすっきりしない。{/netabare}設定上、敵の人物を全く描写できないからつまんないんだろうね。{netabare}ウイルスで狂ってるのを映すのを避けてるから。{/netabare}

9話。
えー!?{netabare}ミーちゃん離脱って誰得よ。てっきり晴風と同行するんだろうなと思ったら。
今回はずっとバトルだったけど乗り込んでからの白兵戦はリアリティゼロで酷かったな。ドイツ娘が皆あんなちびっ子ばかりでなぜかウイルス強化が無くて弱いのっておかしいでしょ。
テオ艦長とミーちゃんはカチューシャとノンナ思い出した。いつも通り時間無くて全然新キャラが描けてないけど。{/netabare}
もうキャラを愛でるしかなくなってるのにそれを妨害するとかますます悪い方向に向かっていくな。

10話
{netabare}ぐだぐだ日常回。腐ってるクロちゃんの機嫌を直させるという意義はあったが、やはりミーちゃんがいないのが痛い。この場にミーちゃんが居ればどんだけ面白かったかとそればかり考えてた。{/netabare}

11話
TV見ながら「これまたネットで叩かれるだろうなぁw」ってニヤニヤしてしまった。もうなんかどうでもよくなってくるw
{netabare}ブルーマーメイド無能すぎ!電子兵器狂わされるのは知ってるのにまた繰り返すし、気球なんかすぐに落とされるのは当然だし、武蔵一隻に対し有利な状況なんだから他に打てる手いくらでもあるやろ!最悪全艦で体当たりでもええやん。
艦長の明乃もこの期に及んで急に落ち込んで鬱状態になるとか、ほんとしょうもない。みんなで励ます展開にしたいから落ち込ませただけ。やっす~。
クロちゃんが活躍するのは10話からの流れなんだろうけど、{/netabare}その程度じゃどうにもならない糞っぷりだわ。

12話
{netabare}武蔵の斉射をあれだけ浮けて直撃しない晴風…晴風以外は間に合わないと言われてたのに金剛とか援軍が沢山間に合ってるのはなんでだろうね。相変わらずまりこうじさんのなぎなた攻撃が無双すぎるし。
あと一番の問題はウイルスをまき散らす原因を作った責任者が処分されなかったことだよね。
最後、晴風が港で沈むのは映画「Uボート」のオマージュだろう。そこはニヤリとした。{/netabare}

【総評】
駆逐艦の操船のリアルな描写と{netabare}(でもひぐらしもどきの凶暴化ウイルスのせいでバトルが茶番臭くなってるが){/netabare}、女の子のキャッキャウフフな日常描写、それぞれはそれなりによくできている。だがその2つが水と油のように分離していて全くなじんでいない。それをなじませることを吉田玲子に期待されたのだろうが、全く果たせなかった。

このジャンルで一番の成功事例は蒼き鋼のアルペジオだろうが、アルペジオは非戦闘パートではメンタルモデル達のかわいそうな境遇や苦悩、そこから生まれる少女たちの共感と友情を描いているので、それが少女達の共闘につながっていて、戦闘と非戦闘パートがシームレスに感じ取れた。

艦これは非戦闘パートで「艦娘とはかくあるべきか」というテーマを描こうとしてはいるが、アルペジオと違い忠節の対象の提督が透明人間であるため、主従の信頼関係は全く描けていなかった。少女達の絆については吹雪と加賀・金剛・大和のふれあいはそこそこ描けているが(百合ハーレム…)もの足りなかったのは事実である。それでも日常で戦いに必要な絆が生まれる過程を描こうとはしていた。

はいふりは上記2つ以前のレベルである。バトルと日常の両方を描くことに何ら必然性は無い。バトルが日常に降りかかる災難だから仕方が無いとはいえ、面白くないのには変わりない。★また設定の都合上、バトルで敵の乗組員の様子を映せないのがつまらなさに拍車をかけている。 {netabare}ウイルスで発狂している様子を見せちゃってもいい気もするけど。{/netabare}
晴風を無理矢理活躍させるためにブルーマーメイドを極端に無能に描いているのもしらける。
吉田玲子はハルチカに続きやらかしてしまったわけだが、その上のPと監督は大反省してもらいたいと思う。アニプレのまどかファンとしてもこんな酷いアニメばかり作られては困る。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 34
ネタバレ

ヒロウミ

★★★★☆ 3.8

幻となった劇場版。アニメ業界も10年も経たないうちに再編期となるのか。

2017年発表作品なけりゃそりゃそうだ。


非常に残念ではあるが破産手続きに入ったそうで版権はどこが買い取るのか見物だが恐らくもう世にでることはないだろう。
企業として魅力があればどこぞが「買い」に出る。しかし創業者が在籍していたAICも借金だらけで転売されまくって首も回って無い状況。作品自体バカ売れしてる訳でも無いし急いでパチスロ化したのは借金の足しにしたいが故か。

小さい企業に買い取られるほど弱体化しちゃった製作会社も増えているようで外資がそれなりに絡んできてもいる。売れる売れないに拘らず下手な鉄砲数打ちゃ当たる(当たらないのに)商法となっているこの業界は恐らく少しずつ縮小傾向となっていくだろう。テレビ業界自体その流れがあるしそのテレビコンテンツの一部でしかないし。
新進気鋭の監督や新しく立ち上がった製作会社の多くは劇場版作品に拘り作る。儲けの底下げする媒体が少ないからなのかな。知らんけど。

視聴者流出、上がらない視聴率、縮小の一途を辿る広告収入、売れない劇場版チケット。
金の無い市場に魅力は無い。技術と商売の国外流出に製作会社の大きな再編の動きは待った無し。だが「一流大企業」と言える大きな受け皿が無いこの業界に救いの手が有るとも思えないのが現状じゃなかろうか。


潰れた製作会社の作品ってVODからはどうなるんやろうか?見れなくなるのかな?
円盤ある内に買うか・・・、いや続編無いし買う必要ないか・・・。

【以下過去レビュー】
{netabare}
この作品は私の欲求不満解消ツール!
もう何周したか忘れました。レビュー更新何回目だろう!すでにレビューじゃなくなって来たが。

OPほどヌルヌル動かない関節の硬いキャラクター、ヒラメの香草焼き定食を頼んだら小さく身の付きの悪いヒラメが一尾のっただけでしかも喉に骨が刺さって悶えるようなストーリー。ガルパンほど燃え上がらない物語と艦コレほどキャラクターが映えてない、キャラクター判別しにくい、覚えにくい。とゆーか覚えてないけど!ってか何でブルーマーメイド艦隊長は猫耳やねーん!頻繁にある下着スケスケや水着シーン全然エロくなーい!無人機で無誘導爆弾落とせばええのにな!

そんなちょっと残念な作品何故何回も見るかって?いちゃこらして盛り上がったら取り敢えずやる!ムラムラしたら取り敢えずやる!ってノリで見ちゃうんですよねー。かき氷嫌いなのにたまーに白熊食べたくなるって感じで見ちゃうんです。

私は目の前がきったない色の瀬戸内海の竹原育ち。潰れた小さな造船所に秘密基地をつくり、休みの度に伯父のポンポン船でする舟釣りは機械島のすぐ近く。母親にねだり国道からフェンス越しに海自の船もよく見に行ってました。原付の免許を取ってからは暇を見つけては一人で行ってました。原付の夏の熱ダレは本当に悲惨!岩国基地(飛行場)の祭りにも毎年行ってましたねぇ。海自と海兵隊の合同イベントって珍しいんじゃないかな?
更には大人になりハマって毎週行ってたフカセ釣り。月イチで会社の同僚と磯に出るときに見ていた未明の工場の群れ。因みに広島ではレギュラーサイズが20~30cmと小さく潮も強くないので1号の道糸、0.8号のハリス、竿もクロダイ用の0~1号のものを使ってました!分からんか!
そんな育ちの私は海豚なのかもしれませんね。イルカじゃないよ!更には昔から見ていたメカのお陰で無機物豚。配管豚。

だから大したことない物語、可愛くない女の子、萌えないサービスシーンがあっても見ちゃうんです。そう、軍艦があるから!
終始安定したバトル描写。小さい船で大きな船に立ち向かいハーレム作品のラッキースケベのような幸運で毎回勝っちゃうバトルも見入っちゃうんですよね。タマちゃんの「この一発に思いを乗せる」ってセリフにゾクゾクする。
そうキャラクターに萌え豚じゃない私はオタクではありません。フェチなだけ!
主人公の1話のセリフ「晴風カワイイ!」みたいなフェチな女性がいらっしゃいましたらご連絡を!連れと別れて全てを捧げます!{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 26
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.8

世界線は変わってもアドミラル・トーゴーは偉大なのです

オリジナルアニメ 全12話+OVA


2019年1月からの地上波再放送で。
地上波の再放送は重宝してます。劇場版や続編を控えているという事情はあるにせよ、それはフォロワーがいる証。数多ある作品の中からわりと受け身で佳作以上のものに当たる確率が高いと言えます。
そして本作『ハイスクール・フリート(はいふり)』。自分からは手を伸ばさなかったであろう作品。あにこれの評点見る限り可もなく不可もなく、キービジュの桜並木を歩く女の子たちのショットは平和そう。事前情報・予備知識なしで突入です。


日露戦争後、メタンハイドレートの採掘による地盤沈下で土地の大部分が海中に没した架空の日本。{netabare}公式では、第一次世界大戦で欧州が疲弊したことで、第二次世界大戦は起こらずアメリカとも仲が良い模様。日本が戦わずに済んだのは自前資源があったからでしょうか。それなら海没も悪いことではないかもしれません{/netabare}
海洋国家として発展し、諸事情により、女性が海上乗組員の主流となり海の安全を守ってます。海洋国家とは現実の日本も同じ。領海及び排他的経済水域を合わせた面積は世界第6位ですから、もう少し海保には予算をやっておくれ。

そんな日露戦争100年後くらいの日本の平和は女子高生に守られているというお話と思いきや、{netabare}外敵設定はないけどドンパチするという…{/netabare}艦隊ものでした。
ポンコツ組が集まって、すったもんだしながら絆を深めて成長して・・・が基本の流れとなります。


実は観終わってけっこう満足してます。
ざっくり序盤◎→中盤△→終盤○でした。

ツッコミどころは少なからずあるアンバランスな作品ではあります。
艦隊戦+日常の描写が多く、サブタイは10話を除き“〇〇でピンチ”と心の落ち着くしまがないはずなのですが、どうにもこうにもゆるい。軍規など語りだしたら説教が止まらなくなりそうです。登場人物も旗艦“晴風(はれかぜ)”の乗組員が31名、まず覚えられません。キャラ名を覚えてもらえるような名前連呼もなく、某ウマ擬人化アニメのようにお名前テロップが出るわけでもなく、本名・あだ名・役職名入り乱れるため私は諦めました(笑)

もしかすると擬人化したほうが収まりが良かったかもしれません。戦(いくさ)と日常の繰り返しがメリハリや緩急ではなく同時進行していて、感覚としては水と油を同時摂取するかのよう。

とはいえ擬人化しなかったことがなにより本作をユニークな存在に仕立てました。艦隊戦の見た目の迫力たるや、武蔵や比叡の大砲ズドンはワクワクしますし、きちんと戦(いくさ)が描かれてるので面白いのです。

冒頭良いスタートをきれました。
{netabare}第1話。ポンコツ主人公かと思いきや、初っ端のピンチで以下3点。
・真っ先に交戦する艦との通信に着手。始めは音声信号、切り替えて手旗信号、と優先順位を間違えてない。
・頓挫したら、現場離脱を目標に設定し、現有戦力で取り得る最適解を導き出してる。
・晴風の他の乗員も即時報告を挙げてくるし、それが簡潔で適切。
この子達すごいな~と自分的にはつかみはバッチリでした。{/netabare}

中盤ダレるというよりはなんか変でしたね。すぐ水着になって風呂入って、{netabare}トイレ事情でけっこうな尺を取ります。{/netabare}そしていつまでたっても誰が誰だかわからない。名前覚えられない問題は口癖や行動が各人ごとにくっきりと別れてるため、脳内でキャラの棲み分けは不思議とできてはいたことが救いです。そのうちまぁいっか、と気にならなくなりました。
へんてこな日常シーンも気にしなければ味になります。そのうち、「もともとセーラー服は水兵が元だし、むしろJKが乗艦してるのが自然だ」と都合よく脳内変換し始めるように調教されてきます。


けっこうだれてても寛容でいられたのは、期待したかったからです。いつかOP映像で見せる良い面構えの彼女たちを拝める時を。
本作のOP「High Free Spirits」は気持ちが高揚する良曲でした。AメロBメロそしてサビと聴けばわかるのカッコいい仕上がり。数十秒後にきゃっきゃうふふをおっぱじめる子たちとは思えぬ映像にしびれます。{netabare}特に航海長りんちゃんが舵を切る一瞬のカットに鳥肌が立つ私でした。{/netabare}
果たしてそんなイケメン顔の彼女たちを拝める日がくるのか?またはそのまま終わっちゃうのか?は本編でお確かめください。先述の“終盤○”への回答があります。

{netabare}振り返ってみれば、“赤道祭”に象徴されるグダグダな日常描写は、最終回に彼女らを輝かせるためのフリなのです。{/netabare}


そんなアンバランスさが王道とは一味違う本作ならではの味わいを醸し出してました。おおっぴらにお薦めというほどでもありませんが、なかなかの良作だったと思います。



※オマケ
■リアルではメタハイきちんと研究してほしいやね

太平洋側の砂層型のメタンハイドレートなら地盤沈下も少ない可能性であるかもしれんが、シェールガスの悪イメージそのまま流用している感じ。
日本海側の海底から湧くプルームタイプのメタハイならまずありえません。OP開始直後は海底から泡が出る描写から。これ日本海タイプ。


■東郷平八郎に始まり東郷平八郎に終わる

言わずと知れた日本を代表する海軍提督。めっちゃイケメンです。
日露戦争以来、戦争してない世界線なら自国の直近の戦史が日本海海戦だったりするんでしょうか。よく勉強しているJKたちです。

{netabare}第2話。「降伏するのであれば、その艦は停止せねばならない。しかるに、敵はいまだ前進している。」有名な逸話を彷彿させる一言がましろさんから発せられてましたね。{/netabare}
{netabare}最終話。「やりました!敵前大回頭!」ココさん、それで日本海海戦の趨勢が決まりましたからね。{/netabare}


なお、あんだけドンパチやってるのに{netabare}戦死者が出ない{/netabare}…との指摘はごもっともです。
ただそんな疑問にも東郷閣下は答えを用意してくれてたのです。
幼年学校で教鞭をとられていた閣下がある日生徒に陸軍海軍どちらに進むべきかと問われて一言!

「だったら海軍が良い。陸軍は死ぬからな、入るのなら海軍だ」




視聴時期:2019年1月~3月再放送

2019.03.11 初稿
2019.08.07 加筆修正

投稿 : 2019/11/16
♥ : 40

67.9 5 夏川椎菜アニメランキング5位
Classroom☆Crisis(クラスルームクライシス)(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (564)
3070人が棚に入れました
火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、
航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。

この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の
担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。

物語はこのA-TECに転校生・霧羽ナギサがやってくることから始まる。
創業者一族の名を冠するこの男は、先行技術開発部部長に就任するやいなや、A-TECがこのまま高コストのお荷物部署であり続けるようならばメンバーをリストラし、部署を解散させると宣告する。
それを防ぐには今まで湯水のように使ってきた予算を節約し、開発コストを大幅に削減しなければならない……。
今まで目を逸らし続けていた現実をつきつけられたカイトは、果たしてA-TECの危機を乗り切ることができるのか。
そして霧羽ナギサの真の目的とは――。

声優・キャラクター
森久保祥太郎、雨宮天、小澤亜李、洲崎綾、夏川椎菜、津田美波、豊永利行、南條愛乃、近藤孝行、堀江由衣、阿澄佳奈

神撃のニャンコ

★★★★★ 5.0

5.5話を観なかったら 評価するの忘れてたw

一話を見て 今後このクラスの行く末を観たいと思いました
面白いかは 最後迄見る事が出来たとき改めてコメントします

とりあえず 面白そうな気がしたので 観て観ようかな~

※その後の追記
 最終話を見終えた後 評価にいたるまで だいぶ時が経ってしまいました
 5.5話が放送を観た時 改めて あぁ~ 面白かったな~って思い
 
 なんか かなり贔屓目な ☆になってしまったかもです
 其処は、私の気紛れで 減点するかもです

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3
ネタバレ

るるかん

★★★★★ 4.2

最初の1~3話からは想像できない面白いシナリオです。

十分楽しめる作品です。最初の印象とは全然違う話になっていき、1話目からは全く想像できない最終話でした。私は今夏の作品の中で一番好きな内容でした♪

最終話{netabare}
霧羽ナギサ救出作戦とA-tecの新エンジン公開プレゼンを同時にやってのけ、霧科コーポレーションから独立宣言をするカイトとナギサ。爽快な終わり方で良かったと思う。ただ、続きがあるんじゃないかな・・・?と思わせるエンディングで2期があったらいいなぁ…とも思うが、これはこれで、完結ということでも十分に楽しめたシナリオでした。{/netabare}人間関係とビジネス感の融合度合いが非常にいい割合で、一定の距離感がある人間関係の構図がうまく描けていたと思う。グダグダでドロドロな人間関係に陥らず、常に前向きな方向へ動こうとするカイトとA-tecの仲間たちの爽快さが観てて気持ち良かった。淡白な人間関係に見えて芯では結びついている信頼関係の描写はしっかりと受け止めることができました。
12話{netabare}
ユウジに囚われの身になったナギサの救出のために、ハナコ達はユウジのアジトを突き止めるが、ナギサは救出できず、ナギサは超高性能なロケットエンジンを積んだ宇宙船でコールドウッドへ飛ばされ、7時間後にはそのまま爆死ということになるのだろう。ハナコはユウジに銃で撃たれるし、緊迫の展開でした。来週はどうなるんだろうか・・・。本物の科宮ナギサ(イリス)は守れたわけだが、コールドウッドへ向かったナギサ(霧羽)を救えるのはA-tecの再生計画のプレゼンで使うジェットだけじゃないかな?カイトはその腹づもりみたいだし、来週も緊迫した内容になりそうだ。ハナコは生きてて欲しい!!{/netabare}
11話{netabare}
ナギサを中心に目まぐるしく変わる状況の推移が非常に分かり易く紐解かれてきました。自分が守ろうとしたA-tecをカズヒサの策略から守りきれないと一度はあきらめるが、ミズキのひたむきなエンジニアとしての生き方に触れ、ナギサはカイトと共にA-tec再建計画を図ろうと動き出し始めた矢先に・・・なんと、ユウジに刺されてしまう。
また、イリスは幼き頃のナギサとのいきさつの記憶を徐々に取り戻し、ナギサに話そうとするが、ミズキとナギサの抱擁・キスシーンを目の当たりにし走り去ってしまう。記憶を失くす前のイリスはナギサを好きだったんだろうな・・・と思わせる描写に見えたが・・・。
しっかりと考えられた展開で、事件と人間模様が絡み合っていて、よくできたシナリオだと思います。今夏NO.1といえる内容じゃないかな?次週、ナギサとイリスがどうなるのか・・・また、A-tecは存続できるのか、興味は尽きない緊迫感のある状況となります。{/netabare}
10話{netabare}
常務取締役に昇格したナギサは役員会でA-tecの存続を訴えつつ、カズヒサの解散政策に批判的なプレゼンをするが、ナギサ以外の全員が反対に回り、権力構造の中の裏切り・策略の罠にはまった感じがする。一方、A-tecでは新型のロケットを開発し、イリスがテスト飛行に出るが、アクシデントに見舞われ、過去の記憶が呼び覚まされていく。イリスは自分が科宮ナギサであることを思い出す。会社で窮地に追いやられた霧羽ナギサとパイロットのイリス(科宮ナギサ)との関連性はかなり明確になったが、A-tecc存続のために霧羽ナギサがこれからどのように奔走していくのか、色々と興味は尽きない。見続けてよかった♪どんどん面白くなっていきます。{/netabare}
9話{netabare}
ナギサはA-tecを踏み台にしてユウジとカズヒサへの復讐を仕掛ける。まずはユウジを蹴落とすことには成功。カズヒサとの抗争が見物です。
しかし、A-tecを見捨てるような今回の行動は当然カイトを怒らせた。
今後はカズヒサとの抗争がメインになるのか・・・。
しかし、ナギサとイリスとの関係が曖昧だし、イリスの記憶に関しても未だ謎。A-tecのロケット開発の話がここで流れるような感じでもないので、A-tecと霧科コーポ抗争をどう絡めていくのかが非常に興味深い。なかなか面白いです!!{/netabare}

8話{netabare}
A-tecの予算を不正流用していることが判明し、霧羽ユウジをどう追い込んでいくのかが今後のみどころの一つです。ユウジの不正を暴けば、A-tecの開発予算も作れそうだし、霧科コーポレーションも大きく変わりそうです。
宇宙開発費用を捻出するために、やはり政治家やスポンサー会社が必要で、それを悪用する人をどう成敗してくれるのか・・・ナギサ君の手腕が試されるとこだね。{/netabare}

7話{netabare}
話が複雑になってきていますが、最初の頃よりもずっと面白くなってきています。霧科コーポにおける覇権抗争もありそうで、A-tecのメンバーがどのようにナギサの心を動かしていくのか、物凄く興味深い感じに深まっていきそうです。アンジェリーナ先生強い~~!!カッコ良かった!!
{/netabare}

5・6話{netabare}
霧科コーポレーションの内部事情は込入っているけど、話の辻褄は合っていると思う。ナギサの本心はどうなのか・・・?
ストーリーの焦点はどこにあてられているのか明確ではないけど、これから面白味が増しそうな予感もするし、学園青春ものに落ち着いていくような危惧もある。{/netabare}
 
4話
ようやくこの作品の面白い部分が見えてきた感じです。イメージとしては学園の予算を確保するための{netabare}半沢直樹的な感じの話になるのかな?エンジニアの資金確保の難しさを通して、アニメ制作における資金集めの大変さがメタファーとしてあるのかもね?
お仕事アニメのカテゴリーに突入していくようなら、{/netabare}それはそれで面白さがある。興味深くなってきました!!
 
3話{netabare}
3話でアンジェリーナという経理のプロが登場し、ごもっともな経費論を盾にAtecの杜撰な現状を戒めにかかる。当然のことではあるが、ビジネスにはコスト意識が必要だ。ただ単純に夢だけ追い求める若者や教師の話で終わらないのなら、もっと視聴しようと思う。社会の薄汚い一面も影に隠れていそうだし、展開次第ではもっと面白くなりそうな気がします。
先生が、自分の思い通りにいかなくてホッピー飲んで騒いで酔い潰れるシーンは同情もできないし、逆にこんなやつが過去の栄光を背負って教師面してんなよ・・・とも思ったが、この先生も含めて、残った生徒達の奮闘も今後の楽しみな点です。
論理的なアンジェリーナは色ボケしなければ、個人的にはとても好きなキャラだったのだが・・・。
{/netabare}

1・2話
正直パッとしないお話で始まりましたが、キャラは嫌いじゃないし、ただの学園ものでもなさそうなので、一応継続視聴してみます。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 26

のか

★★★★☆ 3.9

これ、普通に面白いですよ^^

オリジナルアニメ? 全13話

あらすじ・・・※かなり重要!
会社が経営している学校でロケットを作る特殊クラス。
経営圧迫の為、解散させられることに。
クラス存続の為、四苦八苦する担任と生徒たちの物語。


では感想を
あにこれユーザーの(にゃん^^さん)や(タッキーさん)(GEGkF65540さん)(kamekoさん)(浩平さん)など色んな人のレビューを見て視聴しました。

とりあえず重要な事は
1.最初にある程度のあらすじを頭に入れておくこと
2.4話以降から面白くなるって事
3.会社が学校を経営し、技術職人の育成しているという事

この3つはこのアニメを見るにあたって頭に入れておかなければならないと思います。
じゃないと1~3話で心が折れそうになります(苦笑)

内容が分かっていると4話目以降からはノンストップで見たくなるぐらい面白かったですよwww

仕事に関しての考え方や会社の在り方。政治家や労働組合などのお話も出てくるので、ぜひ現在学生さんたちに見てもらいたいアニメです。

反面、13話に無理矢理まとめた感もあります。
2クールだったらもう少しキャラごとのお話しや背景などもっと深みが出たんじゃないかな~って。

青春、恋愛、熱血系アニメです。

作画は本当に少しですが崩壊あり。気にならないかもしれません^^
声優さんも普通に凄いです。
音楽に関しては個人的にOPは好きでした(好みです)

男性でも女性でも大人でも学生でも楽しめるアニメだと思いますよ。
社会&会社の実態を知らない小学生にはちょっときついかな(笑)

これから見る人は上の方に書いた3つの事を頭に入れて視聴してくださいな
決して情報なしで見ないようにね
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ


では最後に一言
絶望した~!最終話でいきなりの2股フラグに絶望した~!
それはないと思いますよ~!そして電話で黒幕が~
2期が絶望的なのに2期フラグを乱立させないでください~!

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

70.9 6 夏川椎菜アニメランキング6位
えんどろ~!(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (241)
875人が棚に入れました
人々とモンスターが共存して暮らす剣と魔法の大陸「ナラル島」。そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者――それからも、様々な時代で何度も何度も魔王は蘇り、同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。物静かなヲタク魔法使いの、メイ。勇者パーティーを目指す4人の、いつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる~いファンタジーライフがはじまります。

声優・キャラクター
赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李、水瀬いのり、麻倉もも、久野美咲
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.2

ユーリア・シャルデットは勇者である

視聴前
RPG風ファンタジー世界で4人の女の子が冒険する話。公式サイトのコミカライズは2話まで読んだ。
この手の作品はダンまちみたいに主人公が男のハーレム物であることが多いが、みんな女の子なので斬新だと称しているらしい。

…が、同じコンセプトの作品は既にある。
「ビキニ・ウォリアーズ」がRPG世界+女の子だけパーティで、全く同じ。
どんな作品を作っても過去の何かとカブるのだから、公式は安易に「ありそでなかった」などと言ってはならない。

あとまだアニメ化してないがなろうラノベ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」も女の子だけのパーティで、アニメ化予定の「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」も女キャラがメインの話。男主人公ハーレムばかりなので女ばかりにしてみようと考えるのは皆同じということだろう。

肝心の面白いかどうかは、コミカライズを読む限りはダメだと思う。RELEASE THE SPYCEに次いでハズレならばなもり先生も気の毒。
ただこの作品のキャラデザはリリスパと違ってなもり先生の絵をちゃんと再現してないが、リリスパみたいに忠実にするとゆるゆりにしか見えなくなるからむしろ良いのかも。

1話
{netabare}出だしの魔王戦~エンドロールはあおしまたかしらしいwこれってあおしまさん初のオリジナルか?
じじい先生が幼女先生に変わるのってぱにぽにだっしゅ!パロだよね。見ておいてよかったw
なんか「結城友奈は勇者である」っぽく感じるけどStudio五組だからそうなるか。最後にロリ魔王先生と血みどろの対決をする鬱展開は…ないだろうな。{/netabare}

コミカライズ通りだとつまらないと思ったけど、{netabare}魔王戦からのタイムリープ要素を入れて{/netabare}面白くしたのはさすがのあおしま大先生。コミカライズもそういう設定だけど伏せているのかもしれないが。{netabare}勇者が生まれる前に潰すってドラクエ6か7と同じような話だけどオマージュってことで。{/netabare}
作画はPVはしょぼかったけど実際見たらかなり力を入れているように見える。ゆゆゆよりも良いのでは…。
声優的にはTrySailで雨宮天だけ出てないのが気になる。水瀬いのりは水色髪キャラを演じる決まりでもあるのだろうか。

2話
{netabare}設定でも書かれてるけどファイが常識人ポジションなんだよね。
今回の回想が魔王戦の真実なら1話Aパートは何だったのかw
2話にして魔王が魔王をやめて万事解決って。{/netabare}
このアニメゆるすぎるだろ…だがそれがいい。

3話
{netabare}どっちでもゆうしゃん→どっちでも言うじゃん、は無理があるやろ。
玄田さんまだ出番あったw
あの蜘蛛はなぜ猫をさらって縛ったのか…。
マオ先生はもうあまり出てこないのかな。{/netabare}
ニコ動で「うるさいですね…」流行りすぎwこれ元ネタが超下品エロなんだが。

4話
{netabare}FF7で水中呼吸のマテリアという都市伝説があったな。
ドラクエ2のハーゴンパロw{/netabare}
作画が所々崩れててバトルシーンの出来が悪かったのが残念。

5話
作画戻ったか。
TrySailで雨宮天だけ出てないのが気になる。
脚本があおしまさんに戻って絵コンテがまじぽかの監督だったけどあまり面白くはなかったな。

6話
{netabare}魔王って元から幼女だったんか。
褐色の女性がウザメイドにしか見えん。{/netabare}

7話
{netabare}このアニメは4人対1人の話ばかりだからつまらないと思っていたが今回はまさにそれ。実はファイ回なのだが、脚本があおしま先生じゃないせいかファイはたまに醒めた事を言うという設定が無視されていた。{/netabare}

8話
{netabare}またローナ回かー。
そんなに強い四天王がいるなら勇者いらないんじゃ?{/netabare}

9話
{netabare}メイちゃん回。{/netabare}

10話
{netabare}ミルキィホームズみたいなぬるカオス回。{/netabare}

11話
日常{netabare}が崩壊したー!自分的にケムリクサ11話よりこっちの方が衝撃かも。
この作品のタイムリープはパラレルワールドじゃなくて巻き戻し方式なんだろうな。でもそれだとマオが過去に戻った後にまた魔王戦までを再現できず不可逆に感じるんだが、禁断の魔法の失敗のせいで世界が改変された、で済ましているんだろうか。あとローナ姫の記憶は戻ってないの?カード使った人は例外?
あおしまさんはこの作品の最初と最後だけ考えていたんだろうけど、その間も何とかして欲しかった。{/netabare}

12話
{netabare}全部チビちゃんの万能の力で解決かよ!しかもチビちゃんが何だったのかはわからず。あおしま大先生はこれしか思いつかなかったんだろうな。シリアスな作品だったらマオが自害して終わりなんだろうけど。{/netabare}

【総評】
{netabare}1、2、11、12{/netabare}話だけストーリー展開があって他は全て日常回という変則的なファンタジー日常アニメ。
そのせいかほとんどを占める日常回が相対的につまらなく感じてしまった。この構成上の欠点は「がっこうぐらし! 」に似ている。
他の人気の日常系アニメと比較して、4人の女の子同士の関係性・絡みが描かれていないのが特に気になった(カップリングが全く思い浮かばない…)。常に4人対マオ、4人対姫、4人対敵みたいな話ばかりなので単調で面白くない。多くの日常物を担当してきたあおしまたかし氏ならこれじゃだめなことはよくわかっていると思うのだが。
あおしまたかし以外の脚本家の担当回が特につまらなく感じたが、1クールなので全話一人で執筆して頂きたかった。他の付き合いのある脚本家や弟子に実績を作らせたいとかしがらみがあるんだろうけど、見る側にとってはどうでもいい事情である。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

ninin

★★★★☆ 3.7

異世界ゆるふあ勇者パーティー冒険ファンタジー

全12話 オリジナル作品

勇者ユーシャ・聖者セイラ・戦士ファイ・魔法使いメイの4人のパーティが魔王を倒すお話ではなくてw 魔王と戦う前の冒険者学校で過ごす毎日をゆる〜く描いた作品です。

キャッチコピーは「ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ〜!」

キャラ原案がなもりさんなので、やっぱりゆるゆり!を思い出しますね。

この作品もゆる〜い異世界ものでした。

1話完結で観ていて心地いい感じが好きです。

ゆるゆり!が好きな方、日常系が好きな方、癒されたい方は観てもいいかもしれませんね。

OP 勇者パーティの4人、赤尾ひかるさん、夏川椎菜さん、小澤亜李さん、水瀬いのりさんが歌っています。明るく楽しい曲ですね。
ED 水瀬いのりさんが歌っています。

最後に、まおちゃん可愛すぎ、ちびちゃん凄すぎw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 28
ネタバレ

元毛玉

★★★★★ 4.1

カルタード祭りはじまるよ~

事前情報なにも無しで視聴しました。

お話のざっくり概要
ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ~
らしいっす

ちなみにえんどろ~見てからメイ(水瀬さん)の口調が凄く好きで
今年に入ってからあにこれのメッセとかで多用してるっすw

うん。なんていうか全く期待してなくて見てたんですけど、
なんか段々とおもろくなってきて、最終回の頃には凄く楽しんで観てました。
全体的にゆる~いです。最終回はちょこっとほっこりホロりとします。
{netabare}しかし、概念まで食えるとは…てっきりユーシャのペットだと思ってたけど誰のものでも無かったw{/netabare}

キャラはメイ推しっす。可愛いっす。カルタード命っす。
{netabare}しかしなーまさか生えてるものだとは思いもよらなかったw{/netabare}

それにしてもこの作品の良さをうまく説明できない…
何かにとんがってる訳では無くって、何が良いのかと聞かれると
返答に困るんですけど、面白かったんですw
なんだろう?全体的に醸し出されるふわふわ感的なのを楽しむ感じ?
爆笑するってよりは、「ふふっw」ってちょっとなごむ笑いみたいな感じ
んーやっぱうまく説明できないっす!見て下さい!
(レビューとしてどうなのか…というのはさておき)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 33

69.6 7 夏川椎菜アニメランキング7位
文豪ストレイドッグス 第3シーズン(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (89)
441人が棚に入れました
白虎と黒獣――中島敦と芥川龍之介の共闘がフランシス・Fとの決戦を制し、大国より襲来した「組合(ギルド)」との巨大異能戦争は終結を迎えた。その戦いの中で結ばれた「武装探偵社」と「ポート・マフィア」の休戦協定も継続する中、彼らによって壊滅の危機から守られたヨコハマの街は、今日も路辺に日常という物語を紡ぐ。だが、そこには、流入する海外犯罪組織の噂や、「組合(ギルド)」残党の影も見え隠れし……。一方で、太宰治は案じていた。“魔人”の目覚め、新たなる災厄の始まりを。暗渠にうごめくは、盗賊団「死の家の鼠」の頭目、フョードル・D。その恐るべき謀略が、ついに牙をむく!

声優・キャラクター
上村祐翔、宮野真守、細谷佳正、神谷浩史、豊永利行、花倉洸幸、嶋村侑、諸星すみれ、小見川千明、小山力也、小野賢章、谷山紀章、羽多野渉、小清水亜美、瀬戸麻沙美、宮本充、雨宮天、櫻井孝宏、植田ひかる、森川智之、花澤香菜、福山潤、石田彰

デルグ

★★★★★ 4.1

人の為に生き、自分を肯定する事。

【2019/07/13 追記】

全体的に物語で勝負ではなく
キャラ萌えで勝負した3期だったかな。と、思います。

娯楽としては間違っていないと思いますが、
自分は文ストには文学や哲学書を読むような
少し、捻くれたテーマも求めてもいるので
残念な所もある。

最終話だけは熱く密度の高い話でしたが、
敦と孤児院の院長の話と
共喰いに関しては原作の端折り方が少し下手。

この二点はかなり期待していたので
肩透かしを喰らいました。

唯、ED曲の「Lily」
歌詞が素敵です。人を支える事に
充足感と自己肯定を感じつつも何処か
縛られ、息苦しさを感じる生き方。
己をさらけ出す様で恥ずかしいですが共感できます。

共喰い以降の原作は正直迷走している様にも
見受けられるので、アニメという媒体は
まだ続くのか…少し期待しながら待ちます。

追記は以上です。

---------------------------------------------------
たまには放送中のアニメもレビューを。
また追記します。

放送前のPVでやたらと2016年のテレビシリーズと
劇場版の映像を流用していたので、
制作間に合ってないのかと少し憂いていましたが…成程。

劇場入場特典。後に劇場版円盤に特典として付属した。
過去話、「太宰、中也、十五歳」を
やるんですね。客層が解ってますね…。

文ストのノベル全て読破した感想としては、
「黒の時代」以外は陳腐です。

オチがワンパターンで、独自の作風以前の問題。
少しでも小説に触れた人間が読めば、
執筆者の器が透けて見えてしまう。
第1シーズンの「蒼の使徒」関連。あれはノベルです。

2016年放送第2シーズンの「黒の時代」は
ノベルも面白く、物語に味わいを加える為。

また、太宰というキャラクターの多面性を
知る為にも面白い仕掛けでしたが。

原作漫画は更に加速して楽しめる事が解っているのですが、
ノベルだと、正直不安です。
この話は中也に深く関わる内容なので、
女性層には受けは良いと思います。

自分、男なので余り中也と太宰の関係に
惹かれる物はないですけど。
(どちらかと言うと敦と鏡花の方が…。)

背景美術、撮影は変わらず、世界観がブレていない。
アクションも良く動く。キャラクターも演者も魂がこもってる。

まだ1話目なので、今後の放送待ちです。
ただ、放送前は期待100%だったのが、少し不安も混ざりました。

後、1話で気になった点。新規OSTが1曲も無い。
全て前テレビシリーズと劇場版から流用してます。
放送前PVでは新OSTも確認できているので、
ここも不安を混ぜつつ期待します。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

のんちくん

★★★★★ 4.6

15歳の太宰と中也と、芥川。

太宰と中也には、こんなことがあったんだね。
でも、小説家と詩人で、結局理解されない。
説得力があるのは、二人のあらを隠した芥川的(小説:羅生門)見解だろうか?
太宰の推理も時間の制約で消え、中也は自分の体験として経験論を導き出す。それこそが、羅生門的なのであるが、要は、犯人はわかったんだから、説明などいらぬという脚本家の思念が、あの事件を解決するという、羅生門的な、じゃあ、あの二人と同じく、私も口を濁そうか。だと思うんだけど、コメント受け付けます。メッセやメール頂戴。僕は詩人ではないから、中也の詩はわからないよ。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 4

ninin

★★★★☆ 4.0

やつがれは

原作未読 全12話

文豪ストレイドッグスの3期です。1期・2期から観ることをオススメします。

横浜を舞台に文豪の名前をしたキャラクターたちが集う武装探偵社と横浜を拠点しているポートマフィアたちとの異能力を使った戦いを描いた作品です。

今回序盤は、太宰のポートマフィア時代のお話でポートマフィアになる前の中原中也との出会いを描いていました。

次に現代に戻り、間にギルドの話を挟み、武装探偵社とポートマフィアに試練が待っていましたね。

程よくコミカルなところは変わりませんし、太宰は相変わらず切れていましたね。

まだまだ続きがあるような終わり方でした。

OP は1期でこの作品のOP歌っていたGRANRODEOさん、EDはラックライフさんが歌っています。歌はかっこいいし映像も凝っていましたね。

最後に、EDを歌っているラックライフさんはこの作品で知りましたが歌詞も曲も好きですね^^

投稿 : 2019/11/16
♥ : 11

63.7 8 夏川椎菜アニメランキング8位
星合の空(TVアニメ動画)

2019年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (53)
279人が棚に入れました
舞台は、廃部寸前の男子中学ソフトテニス部。様々な想いを胸に抱く少年たちはソフトテニスを通してどこへ向かうのか。少年たちの等身大の青春ストーリー。

声優・キャラクター
花江夏樹、畠中祐、松岡禎丞、佐藤元
ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0

☆アニオリ作品のみ、1話ずつレビュー☆

【1話ごとの感想】
1話目 ☆4
{netabare}
作画はかなり綺麗だし、ソフトテニスの動き、音はかなりリアルな気がする。この闇の深さ、吉とでるか凶とでるか。

《今後の展望》
はねバド、みたいな感じになるのかな? 天才の闇深中学生が、色々と部内をかき回しながら、次第に友情を深めていくんだろうね。
{/netabare}

2話目 ☆3
{netabare}
どんな競技でもそうだけど、いくら運動神経良くても、初心者がちょっとやったくらいじゃあ、経験者には勝てない。そもそも、中学生のソフトテニス部って、シングルあるの? 家庭内暴力に、いじめ、BLまで、色んな闇を入れてくるのはよいが、処理しきれるか? EDで(本編にない)爽やかさを演出しようという、3年A組的な演出か? あのダンス。

《今後の展望》
仲間とすったもんだし、一人ずつの「闇」を描きながら、それを解決していく。んで、11話くらいから試合? 団体戦を、じっくり描いていくのかな。一進一退の。
{/netabare}

3話目 ☆3
{netabare}
中学生の不良なんて、あんなもんだよな。刺される覚悟、という危機意識があるのかな? まあ、ないんだけど。ポットのくだり。これは、エグい。確かに不良もわるいが、ラケットでぶん殴って額かちわった方が更に悪い。のわりに、処分が甘々。それはそれでどうかと思う。

《今後の展望》
外れて恥ずかしい思いをする覚悟で、新ペア予想を(笑)

現状のペアは、【前衛 晋吾・後衛 大洋】【前衛 凜太朗・後衛 翅】【前衛 直央・後衛 樹】だと思います。ヒントになるのは、「親分子分じゃん」「まるごと全部」なので、現状組んでいる相手とは組まないことは分かります。また、親分子分ペアは引き離すと。あとは、プレータイプと人間関係かな。


新ペア予想

【前衛 竹ノ内晋吾 ・後衛 曽我翅】
乱暴者ペアですね(笑) 口喧嘩を繰り返しながら、お互いに「テメエにだけは負けるか!」とプレーする感じ。テニプリでいうところの、「モモ&マムシ」ペアのイメージで。

【前衛 布津凜太朗・後衛 雨野樹】
現状、一番闇が深くてキレやすい、でも高い技量をもつ雨野樹を、人が良い布津凜太朗がなだめつつ、プレーする。暴力後の慰めをみていると、この二人は固い気がします。

【前衛 月ノ瀬直央・後衛 石上大洋】
不思議キャラの直央と癒し系の大洋。大洋は現状、晋吾の影に隠れ、全て言いなりになっている。そこで、ほとんど頼りにならない(笑)直央と組ませることで、大洋の積極性を引き出すことが狙い。
{/netabare}

4話目 ☆3
{netabare}
先週やったペア予想。ペアは全部当たった\(^-^)/が、前衛・後衛を逆にするとは思わなかった(汗) だって、あと何週間かで大会で、いきなり逆のポジションとか、キツいだろ。後衛で、ボレー練習とかしてきたん? 自信も適性も確かに大事だけど、基本的な技術はそれ以上に大事だし。

他の競技は知らんが、剣道に関しては、弱いチームは更に弱いチームと試合した方が強くなる。強いチームとやっても、何も見つからない。強いチームとやっていいのは、ある程度以上強いチームだけ。

《今後の展望》
次は、眞己が理由を言わず退部するとか言い出し、仲間がそれを止める、みたいな青春ど真ん中展開? あのクソ親父の「信じたいよな」は伏線だろうしね。最終的には、夏南子が警察に通報しそうですね、「こんなん警察に任せとけば良いじゃん」とか言って(笑)
{/netabare}

5話目 ☆3
{netabare}
自分のトラウマを、告白。母さんも、どういう感じなのかな? マインドコントロールされてるのかな? マキのため? 殺すの連打。名前が3つ。ここにも闇が。次は、養子。全力で奴等を潰しにいくぞ、は、ある意味で彼らの闇(家族の問題か)。そんな不遜な中学生いねぇよ(苦笑)

《今後の展望》
もちろん、ボコボコにやられるんでしょう。そっから、どう這い上がってくるか。と思ったけど、Cパートで喧嘩売られたから、そこそこ通用する場面もあるんだろうな。「負けたけど下手くそではない」とか、あの赤頭がツンデレを見せるのかな?
{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14
ネタバレ

(*´ω`*)

★★★★☆ 4.0

テニス部におっさんがやってきた

■本編を視聴して
{netabare}
2話で急に面白くなった気がします。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
を思い出しました。
懐かしいです。


弱小テニス部に新風を巻き起こす新入部員がやってきます。

女子マネージャーだったら嬉しいのですが、
見た目は男子高校生、頭脳はおっさんでした。
しかも世知辛い現実の中で心の擦れたおっさんです。
残念です。


現代経営学を活用して優しくモチベーションを上げてくれるわけではありません
夢も希望もない言葉を投げつけ、
子供相手に理詰めで畳みかけます。
可哀相です。


ショック療法が効果を出す兆しもありました。
おっさんの奥底にも少年の心が残って居そうです。
楽しみです。
{/netabare}


■作画について

テニスの作画がとても忠実で驚きました。
テニス(軟式硬式共)をやっていたので、それだけでも嬉しい作品です。


■追記

EDの件で炎上していて驚きました。
これはあかん・・

私事ですが、振付師という職業には昔から敬意を払っているつもりです。
マース・カニングハム、ウィリアム・フォーサイスに興味を持ったことをきっかけに、
伊藤千枝子さんの活動に興味を持ち、公演に行った時期もありました。
このような事態が起きたことは残念です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 11

レオン博士

★★★★☆ 3.4

ソフトじゃないソフトテニス部

中学ソフトテニス部アニメということでとても期待していました。
テニスの動きそのものは作画のクオリティが高く、かなり実際のテニスの動きを忠実に描いていると思うので高評価。

ただ、シナリオはかなり重めで、部員あおったり、もめたり、家庭内暴力とかいじめとかかなり闇が深いシナリオ。部活内でも家庭内でも雰囲気が悪い。
爽やかなスポ魂ものではなさそうなのが好み分かれる部分。

私の個人的な好みで言うなら、適度の闇は刺激としていいが、星合の空はやり過ぎのように思う。
闇の部分が比重大きくて肝心のソフテニの試合がオマケみたいになっていてかなり勿体ない。
そういう闇の部分がシナリオにプラスになってればいいけど、どんどん空気悪くなる部活。ちょっと見ていてしんどいです。

これ、ソフトテニスなのに全然ソフトじゃない! ヘビィストレスやん!

私は野球やら水泳やらバレーボールやら経験していてスポーツ大好き人間なので、あんまりスポーツに暴力とかいじめとか持ち込んでほしくないと思っている。ラケットで人の頭叩くのはあかんよ。相手も最低だが、あれはあかん。
あんな事件起こしたら停学だよ普通は。
相手も相手でかなりしょぼい中途半端な悪ガキで、中学生らしいと言えるが、この一連のガキくさいやりとりが主人公たちへの好感度、共感を著しく損ねており、シナリオを残念なものにしている。

素直に爽やかなスポ魂アニメにすればいいと思うのだが。

今後のみんなの成長や、シナリオ展開次第ではあるが、重い人間関係が中心になるなら途中で切るかもしれない。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 7
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ