小室正幸おすすめアニメランキング 10

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの小室正幸成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月13日の時点で一番の小室正幸おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.0 1 小室正幸アニメランキング1位
トップをねらえ!(アニメ映画)

1989年6月10日
★★★★☆ 3.4 (26)
157人が棚に入れました
原作・脚本=岡田斗司夫、絵コンテ・設定=樋口真嗣・庵野秀明、キャラクター原案=美樹本晴彦という豪華な顔ぶれが制作した、青春ロボットアニメ。話は全6話に分かれており、前半部は他アニメ作品へのオマージュやパロディを中心に。後半部はぐっとシリアスに深みのある物語を展開する。最終話の第6話が全編モノクロ映像だったこともファンを驚かせた。舞台は、謎の巨大宇宙生物に侵略されつつある未来の地球。その脅威に対抗するため、軍部は人が乗るロボット型の兵器“ガンバスター"を開発し、パイロットの養成を行っていた。ノリコはそんな養成学校の1年生。何をやっても鈍くさい彼女は、パイロット訓練生の中でもやはり飛び抜けて下手な落ちこぼれだった。だが、ある日赴任してきたコーチに潜在的な才能を見いだされ、パイロットとして大抜擢される。異常に厳しい訓練やライバルたちの嫌がらせに耐え、恋の予感もちょっぴり感じたりしながら、ノリコはパイロットとして成長していく。だが、現実の戦闘は予想以上に過酷で…。果たして、ノリコを待ち受ける過酷な運命とは!?

MDO さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.1

21点。6話でさっくり見れるレトロアニメ

21点てとこですかね。
勧められたので見てみましたが、特に楽しめませんでした。

宇宙での半年という時間が
地球では15年という時間経過になるという、
時系列が全く謎の設定。

精神と時の部屋ですか?


人、ロボも特に魅力は無く話は進み、そして終わります。
若干の百合物?あと、乳首が出たりするのでお子様が興奮するのかな?


昔、見ていた人にはいいかもしれないけど、今からわざわざ見る価値は無いと思います。



監督みたら庵野じゃん。
しょせんエヴァとかの駄作しか作れない監督の作品だなぁと感じました。
ストーリーに重要な筋というか、柱が無いんだよね、この人。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

ガイアのアース さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

絶ッッ対にOVA版の方が良い!

トップをねらえ!の映画版

全6話だったOVA版を約90分に収めているので、大分ストーリーが削られているが、これは尺の問題だからしょうがない。

僕が文句を言いたいのは声優の演技である。もっと言うならコーチ役の若本氏!
OVA版では渋い声がとても良かったが、劇場版では殆どがいわゆる「ブルァァ」声になってしまい、僕はもう悲しいですよ

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

56.4 2 小室正幸アニメランキング2位
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (187)
991人が棚に入れました
剣と魔法が支配するクナアーン大陸。そこには協力な三つの国が存在していた。聖アモリア王国、イシルフェン王国、ヴァンロディス王国の強力な三国である。三国の力は均衡状態にあり、いずれか一国で変事が起これば、大陸全土に戦火が広がるのは目に見えている。クナアーン大陸には、各地に出没し大地を焼き、破壊をほしいままにしていた邪竜と恐れられるダガンゾートが存在していた。10年前、ヒイロの両親バイロとキスミテーテをはじめ魔導士たちはダガンゾートを封印しようと魔法の儀式を行ったが、何者かによって邪魔が入り、封印に失敗した。のちにこれは「バルバゴアの惨劇」と呼ばれる。幼いヒイロはギルーに助け出され、両親の仇を討つために剣の修行に励む。そして10年後、16 歳になったヒイロは、邪竜退治の旅に出ると勝手に家を出るヒイロ。そんなヒイロにギルーはしかたなくついていくしかなかった。邪竜ダガンゾートを探し出す旅の道中で、ヒイロは様々な種族の人々と出会い、いつしか仲間となってダガンゾート討伐を目指すのだったが…。果たしてヒイロは、自らが負った宿命に打ち勝ち、ダガンゾートを倒すことができるのだろうか…?!

声優・キャラクター
松岡禎丞、M・A・O、内田真礼、楠大典、小笠原亜里沙、咲野俊介、伊瀬茉莉也、沼倉愛美

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

この作品・・・原作はゲームだったんですか^^;?

この作品の原作は未プレイです。事前情報は声優さんだけ・・・松岡さん、M・A・Oさん、内田真礼さん、伊瀬茉莉也さんが出演される事を知り、殆ど条件反射的に視聴を決めた作品です。
何も考えず脊髄で行動するから、毎期の視聴数がとんでも無い事になっている自覚はありますが、一度視聴スタイルが定着してしまうと、中々変えられないんです。
特に期の変わり目は未視聴作品が一気に溜まってしまっていますが、レビューを書きながら気長に視聴していきたいと思っています^^;

この物語の舞台はクナアーン大陸・・・この大陸は聖アモリア王国、イシルフェン王国、ヴァンロディス王国という3国・・・
そして何とか3つの王国の危うい均衡が保たれていました。

この大陸には最悪の災いが・・・それは邪竜と呼ばれるダガンゾートが村や街に猛威を奮っていたのです。
その事態を重くみた魔導師たちはダガンゾート封印しようと試みますが、妨害を受けて作戦は失敗・・・
その場に居合わせた殆どの魔導師が生命を落としてしまったのです。
その魔導師の中には、この物語の主人公でるヒイロの両親も含まれていました。
作戦当時は年端のいかない子供だったヒイロ・・・そして月日な流れ、両親の仇討ちのためヒイロが立ち上がり・・・物語が動いていきます。

松岡さんが主人公であるヒイロ役を演じられていたので、主人公無双系なのかな・・・と思いきや全然そんな事はありませんでした。
それどころか、自らを「剣士」という割に腕前はどちらかというと残念系だったような・・・^^;

そんなヒイロの仇討ちの旅に同行する華がサラート(CV:M・A・Oさん)と、エリン(内田真礼さん)です。
サラートは長く青い髪に青い瞳をした謎の美少女で、ヒイロの事が気に入ったようで、良く行動を共にしています。
感情を表現するのが苦手なサラートですが、ヒイロ達との旅の中で変わっていく彼女を見るのもこの作品を堪能する上でのポイントになっているかと思います。

そしてエリンの同行する理由は・・・こちらは物語の中で明らかになっていきます。
一癖ありそうな彼女ですが、根は優しい女の子なんだと思って視聴していました。
なんといっても演じてるのが内田さんですし・・・(//∇//)

でもこの旅の中で一番変化を遂げたのは、何といってもヒイロだったでしょう・・・
本人は一流の剣士を目指して日々の鍛錬にも耐えてきました。
それでも、剣術の腕が一向に上がらないんです。
どんなに下手な人でも毎日必死に練習すれば、それなりに上達すると思います。
でもヒイロはどんなに頑張っても上達しないんです・・・
一体それは何故なんでしょうか・・・
剣術のセンスが無い・・・確かにそうかもしれません。
でも実際にはセンスなどという言葉では表し尽くせない位の業が存在しており、感想して振り返ってみると、物語の核となる部分だったように思います。

ヒイロの背負った業とは・・・気になる方は是非本編でご確認下さい。
色んな事に納得できる物語の構成だったと思います。

でも物語終盤の展開・・・流石にこれには胸が痛みました。
きっと一番知りたくなかった事だったのかもしれません。
そして絶対に見たく無かった場面だったように思います。
紆余曲折を経た事の顛末は如何に・・・?

オープニングテーマは、内田真礼さんの「Resonant Heart」
エンディングテーマは、三森すずこさんの「Xenotopia」
どちらも文句無しに格好良い曲で優劣は付けられません。
この曲の発売前に内田さんの満面の笑みがネットの情報っとして流れたのが
印象的でした。
先日のカラオケでオープニングを歌ったので、今度はエンディングにチャレンジしてみたいと思います。

1クール13話の物語でした。中盤まで「もしかしたら1クールでは終わらないかも」と思っていましたが、物語的には一区切りついたところまで描かれていて良かったと思います。
でも、物語は未だ続くようです。
彼らの旅がこの先どうなっていくのか・・・もしそんな続編があるなら是非視聴したいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 12
ネタバレ

ゆ~ま さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

何とコメントすべきか。観終わってみて、何故完走できたのか謎・・・。

原作ゲームは当然ながら未プレイ。

「ソシャゲ」ベースのアニメって何があるのか?と
調べてみましたら・・・意外とあるものですね~。
記憶にあるところで「戦コレ」「GF」などなど。
というか「シンデレラガールズ」も元はゲームじゃないか、とw
(アイマスというコンテンツが
僕の中では何でもアリな形になっているのでしょう)

採点や感想や-----
●物語●
{netabare}
物語の舞台になる大国や
スケールの大きそうな龍の話などにちょっとは期待してましたが・・・
色々歩き回った挙句に、結局主人公PT対悪徳商人に終始したかな?と

親の仇討と形見を回収したい主人公サイドはともかく、
ラスボスサイドは・・・結局何が目的だったのやら。
荒稼ぎ?戦争?龍の力?
{/netabare}

●声優・キャラ●
{netabare}
黒い剣士で松岡ボイスって・・・
某SAOかよ!?と思いましたがw
結局自身は剣士というより魔導士向きという、
何という宝の持ち腐れ・・・。

ヒロイン?のサラートはひたすら謎の娘さんでしたが、
最終的には人間らしい表情も見れるようになって・・・。
ダガンゾートさんには悪いですが、
ある意味ハッピーエンド的な要素があって
最後まで視聴した身としては、救われたかな?とも。

ギルーはとことん苦労する役だったかな。
稼ぎに食事に戦闘に。
暴走とはいえヒイロに斬られたり。

シャリシャルーは
ナンブーコに利用されるだけされて、
もっと酷い結末を迎えるかな?と思ってましたが・・・。
(若干発言がどうかと思える)部下達が残ってくれて
裏切られるだけのキャラでは無く良かったかな?
(城の崩壊に巻き込まれてる部下達も沢山いたので・・・)
{/netabare}

●作画●
{netabare}
原作がどんな画風なのか知らないわけですが・・・。
個人的にはそれほど不満を抱くほどではありませんでした。
(そこまで注目してたわけではなく、片手間で視聴してた面も)
{/netabare}

●音楽●
{netabare}
OP・ED共に、
聴けば「あぁ○○さんね~」と分かり易い歌声で。
BGMについては・・・イマイチ印象的な物は無かったかと。
{/netabare}

●感想・総評●
{netabare}
何故完走できてしまったのか、自分で全く分からないw
スケジュール的な側面では有利だったとは思う。
(はいふりがストックになっていたのに、こっちはマメに消化してた)

正直、他の人に薦められる作品では無かったと思う。
色々謎な展開、強引な展開、ムチャな展開ありますし。
(なので録画は残っていない)

ヒイロとサラート。ヒイロの身体の謎。
その辺りで何とかモチベを保っていたのかもしれません。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

1話開始17分50秒から別のアニメになるwこの主人公を好きになれるかどうかが全て

よくあるようなファンタジーソシャゲ原作の凡アニメか…と思って見ていると、1話開始から17分50秒で良い意味で裏切られる。
{netabare}この手のアニメは主人公が俺TUEEEして敵をバッサバッサと倒しまくるのが普通だが、この作品の主人公・ヒイロはいつもザコにサクっとやられてしまうというお約束破りを繰り返す。やたら自信家の割には滅法弱く、バトルで常にやられてはいつもギルーに助けられる展開がじわじわ来る。
彼の持ちネタの「しまった、剣が無い!」は結構笑える。9話ではサラートにお姫様だっこされる始末だが、ヒロイン型男主人公なのは狙っているのだろう。
ただヒイロに剣の才能は無いというギルーの見立ては伏線だったことが後で分かる。最後にヒイロがナンブーコを剣で倒したのは師匠の言う恐ろしい魔力とやらのおかげなのだろう。それは原作ゲームをやればわかるのだろうか?既にサービス終了しているようだが…。でもいっそ最後のナンブーコもギルーに倒してもらっても良かったかなとも思う。その後に自分の心臓でサラートを甦らせるのはさすがにご都合主義すぎる気がした。{/netabare}

近藤信宏監督の他の作品はケロロ軍曹や少年アシベなので、こういったおもしろ演出アニメになったのも必然なのだろう。シリーズ構成の大野木寛も大ベテランであるせいか、13話で一応綺麗にまとまっていて(終盤強引な所もあったが)、作りのしっかりした古き良き王道冒険アニメに仕上がっている。

キャラクターは敵味方とも魅力があって(敵のシャリシャルーはしっかり悪役をやっていてかつどこか憎めない良いキャラ。敵ボスのナンブーコは軍人ではなくあくまでも商人なので、他作品のボスと毛色の違いがある)、ソシャゲ原作ではかなりの当たりだと思う。ただ{netabare}メインヒロインの水色髪クールキャラのサラートが感情を知って行く展開は、まんま綾波レイだとは思ったが。あと11話のシャリシャルーの合体はもろにメガテンw{/netabare}
ヒイロが綺麗系イケメンで仲間はマッチョオヤジとかショタとか男が多いので{netabare}(トミッテって結局ついて来た意味なかったよな…){/netabare}、女性受けもいいんじゃないかと思う。

声優陣はソシャゲ原作なので人気声優揃いだが、松岡さんの演技は主人公の天然キャラをよくわかっていると思う。{netabare}もし変に受けを狙ってヘタレな声を上げてたりしたらきっと台無しになっていただろう。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

62.7 3 小室正幸アニメランキング3位
イナズマイレブンGO(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (161)
649人が棚に入れました
円堂守率いる雷門イレブンとともに、かつての敵やライバルたちによって結成された、少年サッカー日本代表「イナズマジャパン」。世界一を目指し「フットボールフロンティア・インターナショナル」に出場したイナズマジャパンは各国の強豪と激闘を繰り広げ、ついに世界の頂点に立った。その輝かしい栄光から10年―。イナズマジャパンのFFI世界制覇によって、日本におけるサッカーの人気と地位は向上し、サッカーの強さがそのまま学校の社会的評価となるまでになっていた。イナズマジャパンに多くの選手を輩出した雷門中は、サッカー名門校として全国にその名を轟かせるまでになった。サッカーが大好きな少年、松風天馬は、夢にまで見た雷門中への入学を前に、期待に胸を膨らませていた。サッカー部を目指して雷門中の中を歩き回る天馬。ところが、天馬がそこで見たものは、たった一人相手にボロボロに打ちのめされたサッカー部員の姿だった!その相手とは、サッカー管理組織「フィフスセクター」から送り込まれた剣城京介。いまや全国のサッカーは「フィフスセクター」によって管理され、学校はフィフスセクターの指示通りの試合を行わなければならなかった。サッカー初心者ながらも、熱い想いを胸に秘めた天馬は、剣城京介にたった一人立ち向かう。少年たちよ・・・今こそサッカーを取り戻す「革命」を起こせ!

声優・キャラクター
寺崎裕香、大原崇、斎賀みつき、小林ゆう、佐藤健輔、戸松遥、北原沙弥香

ランヒソラ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

私がアニメにハマッた原因です。

イナイレ時代から見ている人は、すごく楽しいと思います。
ファンサービス、という点では評価できます。
ドラマCDやキャラソンまで派生していて、ふつうの男子向けアニメではまずないんじゃないかと思っています。

が、しかし。

まず、負けを知りませんね、この子たちは。
ちょっと頑張ればすぐ勝てます。技完成します。化身だせます。
リアリティ…は、「超次元」な時点で皆無かと思われますが、やはりもう少し…現実味をいれてみてもいいと思いました。

それと、声優の使い回しがすごいです。
登場キャラが多いためか、敵チームの声優と味方チームの声優がほぼ同じ、なんてこともよくあります。
もう少し、新しい風を入れてほしいものです。

ともあれ、まぁ、全体的にまとめると、面白いと思いますよ。
超次元なところがイイ、というのは、私個人の意見ですが。

以上、腐女子がお伝えしました。
長々と申し訳ございませんでした。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

紘菜 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

前作に続き

まだ途中までしか見ていません。最近は見れていません。それをご理解のうえ以下の文へお進みください


このアニメはサッカーアニメでも途中からすこしずれている気がします;;いや、サッカーなんですけど超次元ですね。すごく。

前作のイナズマイレブンを見たことがある人はおっってなると思います(・∀・)作中に前作のキャラが何人か登場しますので。しかも役の設定がけっこうすごいです!そこは高評価できる点だとおもいます!!

あとは、タグにもあるように性別詐欺ですwwゆえにこのアニメでも例のフラグがたっているようにおもいます。

ストーリー的にはそこまで熱くもなく。すごく感動するわけでもなくですね。今のところです。今後の展開に期待です!!

好き嫌いが分かれやすいのかなと思いました

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

Maggie さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

これが子供に同影響を与えるのでしょうか

前作よりも、主人公をはじめとする登場人物の"努力"をしているエピソードが少なかったのと、物語の性質とはいえ"負ける"ことがない試合展開になんだかなぁ...と。
"超次元"を売りにしているので、奇抜な技や化身には触れませんが各主要人物の"何となく技習得できた""ちょっと張り切ったら化身出た"みたいな雰囲気にびっくりです。

このアニメに限った事ではないのですが、勝つ事も大切だとしても負けて得る事もまた大きいし、何よりもこのアニメを見ている小さい子達が"願えば夢は叶う"何て思わないといいなと。結局は当人の努力次第ですからね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

63.2 4 小室正幸アニメランキング4位
グラップラー刃牙(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (106)
460人が棚に入れました
 板垣恵介の同名人気格闘コミックをTV化。アニメでは主人公・刃牙の子供時代からじっくりと成長を描く。いたるところで描かれるリアルな格闘技のテクニックが話題を呼んだ。範馬刃牙は13歳、中学生にして向かうところ敵なしの喧嘩巧者だ。しかし、100人相手の喧嘩に挑み、リーダー格の2人は倒したものの、37人で力つきてしまう。こんなことでは駄目だとイラつく刃牙。地上最強と呼ばれる父親の勇次郎に近づき、いつか彼を超えることが彼の夢なのだ。

声優・キャラクター
菊池正美、乃村健次、日野由利加、中田雅之、小室正幸、中田和宏、高塚正也、北沢勝博、遊佐浩二、小室正章、麦人
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

脳みそ8割、筋肉2割で見るアニメ

格闘漫画の金字塔、刃牙の1作目です。

若干13歳の少年が世界レベルのファイターに挑んでいく。
不良、巨漢、ヤクザ、世界チャンピオン、軍人、野獣、常に苦戦しながらも実戦の中で、強さと繋がりを身につけていきます。

それは、{netabare}「父親を超え、母に愛される」{/netabare}ため。

作者が格闘技経験者であることもあり、戦い方、肉体の動き、強さの表現などにリアリティがあります。
漫画だけではわからない細かい動きがアニメだとはっきりわかります。

そして、ちゃんとストーリーしているんですよね。

最後の戦い、{netabare}父&女vs息子&母{/netabare}、あそこがグラップラー刃牙のクライマックスだと思っています。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 14

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ネタキャラ・オンパレード。B級好きの聖典

 範馬勇次郎にせよ、烈海王にせよ、おいしすぎる…ドリアンもオリバも、B級好きには涎のとまらない最高級品です。

 原作はたぶん、最新刊まで含めて全巻読みました。わたしは、刃牙がかなり好きです。とりあえず、刃牙好きのB級系の友人がいたら、それだけでこの作品はしあわせになります。

 アニメはぜんぶきちんと見てませんが、花山さんが病院から刃牙にあてた手紙「あ い た い」のくだりを見てしまって、これが、漫画よりもさらにどうしようもなく、つっこみを入れたくなってたまらない、B級としての完成度をたかめた出来になっていることに、たじろいでしまいました…。見ていて「どうしよう…」的な気分におそわれること、間違いナシ!



 また原作者の板垣さんも大好きです。
 というのも、板垣さんは、一貫して狂った人で、すばらしいんです。 
 もちろん、刃牙の中身が異常な理由のひとつである表現の過剰。これは、『ガラスの仮面』や『ゲームセンター嵐』といった、少年漫画的な、強さを表現するための過剰さがどんどんと、グレードアップしていかざるを得ない、というごく素朴な理由によるものでもあります。
 しかし、それ以上に板垣さんの狂気を感じるのは、前代未聞のエロ漫画…というかセックス表現に格闘漫画の方法をもちこんでいる漫画『バキ特別編 SAGA[性]』。そして、最近連載しはじめた『どげせん』なる「謝罪の達人」を扱った漫画。この二つはいずれも、何か一点だけで異常にエスカレートしてしまったものの「一貫性」みたいなものを、表現しようという欲望にあふれていて、まったくもって馬鹿みたいな話といえばそれまでなんだけれども。その馬鹿みたいな話に意味不明の説得力を出現させるための、有象無象の努力にあふれていて、これほど快活な馬鹿はほかに類をみません。
 『空手バカ一代』『巨人の星』の梶原一騎や、『野望の王国』『美味しんぼ』の雁屋哲にも、似たような<ザ・エクストリーム・馬鹿>の称号を与えたい欲望にもかられますが、やはり板垣さんは現時点においてはもっとも輝いているエクストリームな馬鹿でしょう。こういう人こそ、表現者として大事にされなければいけない、とけっこう本気で思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4
ネタバレ

四畳半愛好家 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

男と生まれたからには、誰でも一生の内一度は夢見る「地上最強の男」‼

 「地上最強」を目指す多くの男たちとの、極限の状況下での様々な死闘を通し、「地上最強の生物」と謳われる父・範馬勇次郎を超えを目指す主人公・範馬刃牙の活躍を描いた”熱い”「バキシリーズ」の記念すべき一作目「グラップラー刃牙」のアニメーション。

 とりあえずファンが熱い今作は、ツッコミどころを含めて、ファン同士で語り合うのが本当に楽しい作品です。(「テニプリ」なんかも、話してて楽しい作品ですね!)

 グロイシーンや痛いシーンも多いですし、物語のテーマ的にも『完全に男向けの作品』。女性の「バキ好き」って存在するのかな…?

 原作は     「地下闘技場編」→「幼年編」 ですが、
 このアニメーションは、「幼年編」→「地下闘技場編」 と言うことで、完全に時系列に沿った構成になっています。

個人的に本当に面白いのは、世界中から最強を目指す格闘家が集められる(現役の横綱とかでさえ集められます 笑)「最大トーナメント編」(2期)なんですが、「母の愛」や「絆」を深く描いている今作も、なかなかドラマチックで楽しいです。

 格闘アニメが好きな方にお勧め!

 欲を言えば、原作漫画の方がお勧めですけどね…。絵柄がなかなか凄くて。でもアニメも十分面白いと思います。

 大人気の花山薫を筆頭に、鎬兄弟、ガイア、ユーリ、夜叉猿、独歩などなど、キャラが特徴的で面白い今作ですが、まだまだ楽しいキャラが沢山いるので、はまった人は「最大トーナメント編」へ!

 以下、初期勇次郎の情けない描写(黒歴史)のアニメ化について{netabare}

 独歩戦でまさかの苦戦を強いられた勇次郎の情けない表情、有名な2chネタ
・勇次郎「ウワァ刃牙だァッチャンピオンじゃねーかッ」(実際は客のセリフです笑)についてですが…。
 原作初期の別人みたいな絵柄をアニメでは矯正していることもあって、あまり情けない表情にはなりませんでした…無念。

 つづいて「鎬紅葉ごとき」にドアノブでの握力勝負で負ける描写について
・勇次郎「おっおっお!?なんて握力だっっっ ヌウッ!?」
 ドアを開けようとした勇次郎が、ノブを回そうとすると、ドアの向こうで紅葉が逆側に回していることで、ノブが回らないという「衝撃のシーン」ですが、これは今の勇次郎からすれば生涯残る黒歴史だと思います…。いや、紅葉好きだけどさぁ…。
 確かですが、アニメでは完全にカットされた気がします…無念。

 アニメの勇次郎の方が、初期の原作勇次郎より強そうですね!
 まあ、彼は成長し続けていますし…多少の情けないエピソードも、そりゃありますわな!
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

66.4 5 小室正幸アニメランキング5位
今日から俺は!!(OVA)

1993年4月1日
★★★★☆ 3.6 (49)
233人が棚に入れました
同時に美容院と理髪店から出て来たふたりの高校生は一時間前とは見違えるヘアスタイルになっていた!金髪パーマの三橋、バリバリ・ウニ頭の伊藤。それぞれ千葉県の新興住宅地にある軟葉高校への転校をきっかけに”今日からツッパリ”を決意したのだ。その翌日。軟高2年4組の派手な転校生2人は、一躍全校に名を轟かすことになった。シメにかかる番長グループも、正義感・伊藤とヒキョーな三橋の攻撃の前に敗退。軟高を支配下にいれた2人だが、彼らの本当の試練はまだ始まったばかりであった…。

たっぷりおから さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

きっかけは偶然、見始めたらド嵌りしたシリーズの一つ

2000年代前半「今日からマ王」が放送していた時期、手抜き検索をかけたら出てきた不良漫画の傑作。検索して出てきたのは漫画の方であり、しばらくあとでOVAアニメが出てると知って驚いた記憶がある。

数ある不良ものとは違い主人公2人は根からの悪人ではなく「今日から不良デビューして思う存分ツッパろう」とかなり短絡的なきっかけで不良を始めており、序盤実際に出会う不良たちにビクビクしながらツッパる彼らがおかしく見え、笑いを禁じえなかった。このような異色の冒頭から始まる不良漫画は他に「エリートヤンキー三郎」くらいしか知らない。

不良ものの定番と違い不良ならではのかっこよさを追求するものでなくかなりギャグ寄りである。シリアスな場面ですらボケ倒す登場人物達、3枚目要素ばかり前面に出る作風の前には「不良ものの設定はギャグのおまけ」くらいにしか感じられない。

アニメも原作準拠、ギャグよりのシナリオである。1話40分とやや長いが、全10話と物足りなさも感じた。ジャンプ漫画アニメやコナンのように長々と放送されても見なかったと思うが…。ともかく、ギャグアニメが見たいならこのアニメもおすすめする。これもなかなか面白いはずだ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

ISSA さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

TVドラマで再び脚光

原作 西森博之
少年サンデー連載中はこれが目的でハマっては読んでたヤンキー×ギャグ漫画
金髪の三橋、ツンツン頭の伊藤、ヒロイン赤坂理子の「三ちゃん~」だけは今でも記憶に…

アニメ化されるも、なぜかOVAで作りもの雑だった印象でした、漫画めっちゃ笑えて面白かっただけに残念。
TVアニメシリーズで作りが良ければヒットしていたはずなのに…

西森博行さんの次のシリーズ、「天使な小生意気」はアニメ化でもヒットしていただけに、「今日から俺は!!」の扱いが何故って思いでした。
TVドラマで再び脚光浴びて良かったかな。

ちなみに現在連載中の「柊様は自分を探してる。」面白いのでアニメ化あるかも?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 15

あーるわい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

西森作品・・・ギャグ漫画の登竜門的な存在

西森作品はある異次元漫画以外は好きな作品多く、今日から俺は!も購読させて頂きました。

OVAでは三橋、伊藤というダブル主人公で話が進みます。

あらすじは、
高校デビューと称して転校先の理髪店で髪型を変えようとする時に、もうひとりの主人公の伊藤くんも高校デビューしようとしてて・・・

こんな感じでしょうか。


不良学園ものとしても漢の喧嘩が繰り広げられるのでいいかと・・・

ただその中にもセコイ戦いをする主人公と、真っ向から立ち向かう主人公が居るけれど好きな女の子を守りたいという感情はどちらも同じ。

他の高校との戦いも白熱します。

是非ご覧下さい!!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 6 小室正幸アニメランキング6位
ハンサムな彼女(OVA)

1992年1月21日
★★★★☆ 3.1 (8)
49人が棚に入れました
『ハンサムな彼女』(はんさむなかのじょ)は、吉住渉による漫画作品。集英社の少女漫画誌「りぼん」1988-1992年まで連載。コミックス版全9巻。文庫版全5巻。萩原未央(はぎわらみお)は中学3年生だが、女優。芸能科のある学校へ俳優仲間と通っている。ある日、未央は、アメリカ帰りの青年・熊谷一哉(くまがい いちや)に出会う。彼はまわりに天才少年と呼ばれる、監督を目指している男。最初は気の合わない2人だったが、やがて未央は一哉に惹かれていく…。

sana さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ちょっとしたワンパターンだった。

作者がきになって見た!でも、特に好きにもなるアニメではなかった。それに、いま、パソコンで見ようと思って検索してみたところ、なにもでなかった。ってか削除されてた。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

naoki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ハンサムな彼女

吉住渉先生の漫画の中で一番好きだった作品。
先生の絵は綺麗で夢中で真似した
「りぼん」でも人気作品だったな。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

52.1 7 小室正幸アニメランキング7位
爆裂天使-インフィニティ-(OVA)

2007年3月23日
★★★☆☆ 3.0 (11)
45人が棚に入れました
摩天楼ニューヨークを恐怖に陥れる、凶悪な殺人鬼。かつてメグと暮らしていた幼いシャーリーが、無残にもその標的となり重傷を負う。かたきを討つべく調査に乗り出した2人にも、姿なき敵の魔の手が・・・。二挺拳銃デザートイーグルが効かない強力な敵に、果たして2人はどう立ち向かうのか。絶対絶命、窮地に陥るジョウとメグ!感情のない人間兵器"ジェノサイド・エンジェル"だったジョウは、「愛する者を守りたい」というメグの思いに触れ、その心に変化が生じていく。

りおんぱん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

2人の絆

TVシリーズ エピソード#14 「その後」のお話

~感想~
ジョウとメグの2人の絆が深まる話がテーマなので
本編のようなアクション系は少ないので物足りないって人は多いかも

ジョウはメグの事をすごく大切に思っている
メグはジョウの事を依存し信頼している
思っていたより内容は薄く本編のような関係ほどの内容ではなかったかと…
ともあれここでもメグは役立たず。笑
活躍しているメグを観てみたい!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

葱塩ホルモン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

う~~ん・・・

OVA1話完でTV版の前編ストーリー。
tv終了後に出たOVAなのにtv版よりパワーダウンしているのが不思議。
あくまでもtv版ファンの為の話といった位置づけで話は面白く無かったです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

唯衣 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

タイトルなし

OVA全1話
2007年3月23日発売

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 8 小室正幸アニメランキング8位
GR GIANT ROBO-ジーアール ジャイアントロボ(OVA)

2007年1月19日
★★★★☆ 3.2 (7)
37人が棚に入れました
世界各地に謎の組織GROに操られる謎の巨大ロボットが出現し、古代遺跡を破壊するテロが行われるが、その目的は不明のままだった。沖縄の島でアルバイトをしている青年・草間大作は、不思議な少女に導かれ、古代遺跡の巨大ロボットの専任操縦者となり、謎の組織と対決する事になる。GROの目的は? そして、巨大ロボット同士の戦いの結末は?

ふもふも さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

伝説のロボットアニメ、ここにリメイク

 びっくり人間(+ロボット)アニメ、を近代的な世界観にしてリメイクした作品。国連やアメリカ軍等の登場により、今回はリアリティがあります。よってアルベルト的な超人達は出てきません。
いろいろ設定も変わっているので別物といえなくもないですね。ロボも製作者が草間父から古代人?に変わり、作られた目的は物語のなかで徐々に解っていきます。とりあえず「世界を我が手中に!」とかではないです。


 あと戦闘シーンがよくできています。昔のほう(人間が強すぎたぁ~)と違い重量感ある巨大ロボ達がガチでぶつかります。結構種類があるので見てて面白いです。「次はどんなのくるかな?」といったような楽しみがあって。


旧作を見ていない方でも見やすくできています。というかほとんど別物なので。逆に旧作好きの人はカルチャーショック受けるかも・・・。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

ジャイアントロボ好きですが、コレはチョット・・・

 嫁さんの謎調達の結果、家にコレ有るんですが見返そうと思わないんですよね。
絵は綺麗ですし、話が面白くないって事も無いとは思いますが・・・
元の特撮TVを今風にアレンジした訳でも無く、今川GRをリメイクでもなく。
確か、いわくつきの原作マンガもこんな話では無いと聞いたような・・・

そんだったら、何もジャイアント・ロボでなくても良くね?と思っちゃう作品でした。
私は過去のジャイアント・ロボの良いイメージが刷り込まれたオッサンだから受け付けないだけかもですね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

計測不能 9 小室正幸アニメランキング9位
鉄拳チンミ(TVアニメ動画)

1988年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (4)
29人が棚に入れました
『月刊少年マガジン』で連載された、前川たけしによる中国風拳法漫画をアニメ化。姉のメイリンがさらわれたため、事件を解決する際に並外れた拳法の技能を発揮する少年チンミ。そんな彼の才覚を、旅の大林寺拳法老師ローが見出した。チンミを大林寺へと連れていく老師。大陸一とすらうたわれる武術・大林寺で、チンミは修行中の少年少女とともに鍛錬に励むことに。本作の制作は葦プロダクションが担当。ゴールデンタイムのTVシリーズを手がけるのは同社にとって久々だったこともあり、作画などは従来以上の力が注がれた。

声優・キャラクター
坂本千夏、中原茂、水島裕、坂上とし恵、佐々木優子、久保田雅人、向殿あさみ、増岡弘、中村正

計測不能 10 小室正幸アニメランキング10位
地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー(TVアニメ動画)

1986年夏アニメ
★★★☆☆ 2.8 (2)
9人が棚に入れました
世界征服を企むコブラコマンダー率いる秘密組織「コブラ」が活動を開始した。世界中から優秀なエキスパートを集めた、アメリカの秘密部隊「G.I.ジョー」は、コブラの脅威から世界平和を守るため、今日も戦い続ける。アメリカの玩具会社ハズブロの人気玩具『G.I.ジョー』をアニメ化。実制作は東映動画(現・東映アニメーション)が担当。日本では、1986年にテレビ朝日系で全34話(関東圏では第34話は未放映)が放映された。劇場版も制作されていたが、先に公開された、ハズブロの玩具原作の劇場アニメ(『トランスフォーマーズ:ザ・ムービー』、『マイ・リトル・ポニー』)の成績不振を受けて劇場公開は中止。1987年にビデオ版にて発売された。

声優・キャラクター
屋良有作、大塚芳忠、小山茉美、秋元羊介、笹岡繁蔵、曽我部和恭、福士秀樹、喜多川拓郎、鈴木勝美、田中亮一、小室正幸、若本規夫、幹本雄之、伊井篤史、江原正士、麦人、仁内達之

ポール星人/小っさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

流石にコレは参りました

 ホント大昔ですがG.Iジョーって男の子向け着せ替え人形が有ったんですよ。オッサンの私ですらリアルタイムでは遊んでない位昔です。
軍服とか軽車両なんかがラインナップされてて大変な人気だったらしいです。
私ら世代だと変身サイボーグって人形なんですが、こっちはイナズマンとかキカイダーとかのヒーロー物の衣装を着せる奴でした。

80年代にもノスタルジックな楽しさを見直された時期があって、タカラからコンバットジョーって名で同じ路線が発売されました。バンダイもちょっと男の子向け着せ替えって路線に絡もうと、スパイラルゾーンって商品出してました。もっともコレはSFテイストの戦闘服的な奴でしたね。モノシードとかいう1輪バイクも添え物で出てたような。私も名前はっきり覚えてませんがセンチネル・ベア(?)って重装甲の奴買いました。ちょっとG.Iジョーよりスケール的に小さいんですけどね。

んでアニメの方ですが、先述の人形が絡むお話 と思わせといて何ですが内容的に全く関係ありませんw
大本のG.Iジョーの名だけ使って小さなアクションフィギュアが当時売ってたんで、その絡みでアニメが有ったんでしょう。日本のおもちゃ屋さんにもブリスターでぶら下がってました。

内容はGIジョー達正義の味方チームと悪のコブラ団との戦いです。
絵柄は当然アメコミですw
友人が 一度見た方がいい とニヤニヤしながら言うので、騙されてるの覚悟で見たんですけどね。
10代の日本人がアメリカ産子供向アニメを楽しんで見れる訳ねえですw

ただね、このコブラ団の首領の

コォ~ブラ~!

って雄叫びが超印象的でして。暫く私の笑いのツボでした。

という事で見なくても全然OKな作品ですが、コォ~ブラ~!は機会が有れば聞いて欲しいです。そんな機会無いと思うけどw

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ