おすすめ山下敏成人気アニメランキング 8

あにこれの全ユーザーが人気アニメの山下敏成成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月23日の時点で一番の山下敏成アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.0 1 つぐもも(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (265)
1096人が棚に入れました
ごく平凡な少年・加賀見かずやは、ある日現れた着物姿の美少女、桐葉と出会う。
初めて出会ったはずのかずやに「久しいのう」と声をかける桐葉。
はたしてその正体は、かずやが亡き母の形見として、片時も離さず持ち歩いていた「帯」の付喪神だった……。

ドSな美少女付喪神の桐葉とともに、次々と起こる怪異事件に立ち向かう「妖怪アクションコメディ」いざ、開幕!

声優・キャラクター
三瓶由布子、大空直美、久保ユリカ、松井恵理子、芝崎典子

◇fumi◆

★★★☆☆ 2.3

ハーレムラブコメ風妖怪退治と見せかけたその域に達してないアニメ

コミックのアニメ化ですね。
スタッフは書かないでおきます。

ストーリーは作りようによっては佳作になるレベルでしたが、
もともと、ひねりの無い中学生向けコミックなので制作側のセンスが必要です。
和風ならいろいろ調べるべき事柄があったと思うんですが。

自宅と学校を行き来するだけのストーリーでも名作は沢山あります。
制作時間に余裕があれば、ロケ地の選択などで楽しい作品にすることも可能です。
コミック原作アニメはアニメオリジナルとしての背景が最大の見せ場と考えます。
神社にしても自宅も学校も、きちんとロケして丁寧に書いてくれれば、
原作クラッシュしなくても名作を作ることは可能です。

いろいろ事情があるのは想像できますが、
作品に愛が感じられなかったため評価は落としました。

ソフト化後の作品を見慣れている人にとっては衝撃の作画が見られます。
もちろん修正するでしょうが。
エロもバトルも妖怪も、愛が無ければ成り立ちません。
サターニャには愛があったんですけどね。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 19

えたんだーる

★★★★☆ 3.7

人外ラブコメ: 意外と面白かったです。

マンガ原作は未読です。

他の方のレビューにもそういった感想はみられますが、昭和っぽい古風なキャラクターとストーリー展開ですね。今クールでのアニメ化部分についても「長くなりそうなお話の序章」といった感じで、メインキャラが揃ったところで終わったという感じです。

「俺たちの妖怪退治はまだまだ続く」といった感じで、かつ主人公の出生と失われた記憶に関する秘密が軸でお話は進むのでしょうが、導入部分としては悪くないまとめ方だと思いました。

ただ、何周も観直す感じではなさそうですね。


==[以下、視聴途中の感想]==
4話目まで視聴。

・主人公(かずや)は自覚がないが血統による能力者
・ヒロイン(桐葉)は人外(付喪神)で小さい頃から主人公を見守っていた
・やはり能力者の母親は不在(名目上は死亡)
・能力により神様(くくり:土地神)から役目を押し付けられる

以上、四翻で満貫です。どうもありがとうございました。
(しかして、「数え役満」ではないビミョーな感じ…?)

そして、お話の展開が古臭いです。私は嫌いじゃないですが。
CMが入るのが『まもって守護月天!』なので余計にそう思います。

あと、肌色成分多めです。まあ、描写的にあまり気にはなりませんが。

ちなみに原作マンガは読んだことないどころか知りませんでした。
(でもまあ、たぶん読まない。)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 33

sMYVP12210

★★★☆☆ 2.2

ロリエロに期待してたけど裏切られたw

表題のとおり、原作しらないけども1話がおもしろかったので録画していたものを視聴開始。4話まではまあ一気に見れた。
5話でちょっと違和感発生w
なんか、ロリすぎてきちゃった。このヒロインさんは年齢が下がる体質っぽい。つるぺた属性がないので、ここでマイナス評価に。
そして、5話目がとにかく「某ぬーべー」にしか見れなかった。
こんなアニメなんですかね?と勝手に思いつつ、視聴断念することに。
もののけアニメだとどうしてもこういうアニメになっちゃうのかなー。他アニメのノラガミは良作なんだけど、なにが違うんだか。。人間設計がうすっぺらいのかなーこのアニメは。だから、小学生キャラのおままごと妖怪退治にしか見えない。

原作好きの方には評判いいっぽいのでそういう方から見ると良作なんでしょう。
残念ですが視聴断念です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 0

60.1 2 森田さんは無口(TVアニメ動画)

2011年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (427)
1857人が棚に入れました
他人より優し過ぎ、また考え過ぎで無口になってしまう女子高生・森田真由。時に周囲に誤解を与えながらも、楽しく学園生活を送る。

声優・キャラクター
花澤香菜、戸松遥、早見沙織、南條愛乃、平賀三恵、佐藤亜美菜、七瀬亜深、山口理恵

メア

★★★★★ 4.1

冷凍イカ 冷凍イカ 悲しいお目々の冷凍イカ♪

とりあえずOVAを見た感想です。

基本ほのぼの系のアニメ。
 特別面白いというわけではない作品だったけど、クッスッと笑ったり、和んだりはできる作品だったと思います。

作画はそんなに・・・です。
歌は個々で差が出るでしょうが、ほのぼの系アニメらしいな、といった感じの歌です。

主人公の森田さんの声優が花澤さんでした!
 完全にノーマークでしたんで驚き(゚o゚)
他には戸松さんに早見さん、fripSideの南条さんなどと結構豪華な声優人でした。DVDでは。
アニメ放送しても変わらないでいて欲しい。

森田さんは無口。じゃなくて、話すことがまとまらない、恥ずかしがりというのか、言葉を考えるのが少し苦手な少女です。
そうなった原因は母親の言葉で、ちょっと深く捕らえすぎてこんな性格になってしまった残念な子でした。

返事はしてないのに会話ができていることや
無口な森田さんの周りに自然と人が集まっていくことなどが
不思議であって、森田さんのいいところなんだろう。

7月からアニメが放送開始ですので
 先駆けにOVAを見るのも悪くはないでしょう。
  暇な人は探せばたぶん出てくるので、見てみてください。

 ※見つかんなければサイト教えますんで、メールでもください。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11

チュウ

★★★☆☆ 3.0

的確に的を得ていたアニメ

3分という本当に短い時間で、物事の要旨を的確に得ていたアニメだと思います☆
ただ、OPが始まったと思ったら、すぐ終わりますwwでも、なんか雰囲気が良い♪

13話合計しても40分にも満たないアニメなので評価し辛いですが…
決められた枠の中で、よく表現できているアニメだと思います!!

-----簡単なあらすじ-----
主人公、森田真由は他人に優しく、考え過ぎで無口になってしまう女子高生。
時に周囲に誤解を与えながらも、楽しく学園生活を送る。

-----  声優陣  -----
森田 真由(cv:花澤 香菜)

-----  音 楽  -----
OP「もっと愛しあいましょ」野水いおり

投稿 : 2019/09/21
♥ : 10

天駆ける漆黒の双龍

★★★★☆ 3.1

さっ、3分ですか!ラーメン作っている間にみれる! でも今のラーメン5分のやつありますよね…あと2分どうすれば…?

3分あっという間です
OP が終わってあっという間にアニメが終わる
ぼーっとしてたら
えっ!もう終わったの?ってなりますよww (^-^)

------1話----------
キャラ可愛いです(>.<)y-~
森田さんは目が死んでるような…
でも笑った顔に胸キュンです!
なんて声をかければいいか悩んでいるとこも可愛いです♪

森田さんの声の花澤さんは、流石って感じです
もっと声聞きたいです♪
でも無口だからな~(^o^;)

------2話---------- 
2話も一瞬でしたね~
森田さんまたほとんどしゃべりませんでしたね…
心の中ではしゃべってるのに…

森田さんと打って変わって
美樹はよくしゃべりますね~^^
なんか美樹が主役みたいでしたね

確かに森田さんと美樹を足して2で割ったらちょうどいい子が生まれそうですね♪

 ------3話---------
また一瞬で終わってしまった…
この話で分かったことそれは
森田さんはほんとにやさしい人以上ww

 ------4話---------
この話で注目してほしいところは
森田さんがノリノリでボケてる?
みたいなところですww


-------5話---------
森田さん分かりやすすぎですよね^^
まぁそんなところも可愛いんですが♪
美樹は森田さんのよき理解者?って感じですww

-------6話---------
『黒・白・レース付き・花柄』ってところで
も、妄想なんてしてないもんww
ところであの妄想メガネさんは誰ですか!?
いきなり出てこられても…

-------7話---------
好みのタイプ
美樹は見た目、千尋は金、森田さんは考えすぎ(笑)
そして花ちゃんは、親と同居しない人!
『姑と別居させてくれるなら誰でもいい』って…
一体花ちゃんの家ではどんな嫁と姑の戦いが繰り広げられているんだ!!?

美樹は
『格好いい』以外の条件をあげると森田さんにピッタリ当てはまってしまって…
まさかの百合展開?ww
みんな引いてますけどww

-------8話---------
確かに祭りって何でも高いですよね…
でも買ってしまうんですよねww

千尋…(´Д`) =3 ハゥー
それは美樹には禁句でしょ( ̄Д ̄;;

-------9話---------
森田さん、なぜ潜水が得意なんでしょうねww
て言うか潜水しか得意じゃないんですね(;^_^

-------10話---------
やっと照準が当てられました山本りつき!!
見た目通りのクールキャラですね^^
いきなり森田さんにムラムラする!!?
いやいや…
ムラムラとイライラを間違えるって…
しかも森田さんの目を"冷凍イカ"みたいって(;^_^
さすがに女の子相手に失礼ですよ…

-------11話---------
この話は…
森田さんが単純に気を使ってしまって
もんもんしてしまう話ですww
森田さんらしいと言えば森田さんらしいですww

-------12話---------
今回の話は森田さんのお父さんと、お母さんの話です^^
そんな二人の家の中での夫婦げんかと仲直りが描かれています^^
まぁそんなところですww

-------13話---------
森田さんがでかいぬいぐるみをチョイスし、
ご満悦そうな顔している、その表情が…
めちゃ可愛いです^^
とっても平凡な休日でしたww

最後になりますが
こんな長いだけのレビューを
最後まで読んでいただきありがとです(v^-^v)♪







投稿 : 2019/09/21
♥ : 31

74.6 3 ぐらんぶる(TVアニメ動画)

2018年夏アニメ
★★★★☆ 3.7 (351)
1489人が棚に入れました
北原伊織は大学進学を機に、伊豆にある叔父のダイビングショップ「グランブルー」へ居候することになった。
聞こえてくる潮騒、照り付ける太陽、一緒に暮らすことになるかわいい従姉妹…
青春のキャンパスライフ!
そんな伊織を待ち受けていたのは――野球拳以外のジャンケンを知らない屈強な男どもだった!!

入学早々大学のダイビングサークル「Peek a Boo(ピーカブー)」に目をつけられてしまった伊織は、会長の時田信治と、三年生の寿竜次郎に唆され、いつの間にかサークルの一員としてバカ騒ぎに加わることとなる。

大学で知り合った、イケメンだが残念なオタク・今村耕平も加わり、彼らの青春はどんどんおかしな方向へと転がっていく。

居候先にはかわいい従姉妹である古手川姉妹がいるのに、
妹の千紗には汚物扱いされるし、姉の奈々華は重度のシスコンで相手にされず。

愛すべき全裸野郎どもに囲まれた伊織の大学生活、一体どうなってしまうのか……。

声優・キャラクター
内田雄馬、木村良平、安元洋貴、小西克幸、安済知佳、内田真礼、行成とあ、阿澄佳奈
ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.4

全力でトッキー先輩とブッキー先輩を擁護するスレ

2018.08.12記

原作はちょっと既読。

まずは番組冒頭に必ず流れる注意書き ↓

======================
この番組はフィクションです。
未成年の飲酒は法律で固く禁じられています。
またアルコールの強要、暴飲、
宴席での破廉恥な行為等についても
それらを推奨する意図はありません。
あくまでギャグアニメとしてご覧ください。
なお本作の登場人物は全て20歳以上の成人です。
======================

推して知るべし、です。
そして、そういうものとして受け入れましょう。


東京から伊豆大学入学を機に叔父のもとに越してきた新入生北原伊織(20)が主人公。叔父はダイビングショップ『Grand Blue』を経営。そこを根城にしてる大学サークル『Peek a Boo(PaB)』の面々に巻き込まれ気味に新生活スタート。同居する従妹に美人姉妹を据えてむさ苦しさに一石投じてます。

大学デビューを狙って空回るアホな面々をアホだなーって堪能するアニメです。酒と裸を主成分にした「稲中」「アフロ田中」と思えばわかりやすいかも。

作中では大学ということもあって、サークル活動、講義(ガイダンス)、女子大との交流(インカレ)、学園祭、合コン、バイトといった要素が万遍なくちりばめられてます。普通の大学生なら必ず通る道ばかり。
現役世代はもちろん、その時代を通り抜けた社会人にこそ観てほしい作品です。


-----
2018.10.06完走後追記


↓視聴後

毎週楽しく、次の回が待ち遠しい、そんな秀作ギャグアニメでした。
間違いなく今年の10本には入ってきそうです。

酒と裸(×繰り返し)→学内イベント→酒と裸(×繰り返し)→無駄に豪華なMIXVOICE→酒と(・・・しつこい)→やっとダイビング

だいたいこんな感じです。
繰り返し褒めますが、堪能しました。笑いました。そして涙が出ました(?)。

概要は前述の通り。
乱痴気騒ぎに目がいきがちなものの、けっこうギャグの鉄板どころをおさえています。

・美女を複数配置
 ⇒やらかす男をゴミを見る目で蔑むキャラは必須。他、天然、素直な子、奔放、と役被りががない。
 ⇒なお、ぶちゃ子を入れるとピントがぼけそうなので入れないで正解。
・メインに二人を据え掛け合いを見せている
 ⇒ぶつかり合う。墓穴の掘り合い。共闘して失敗する。そしてたまに友情、というギャップ。勢い重視の作品においての掛け合い漫才は必要。
・緊張と弛緩の連続
 ⇒まじめパートから落とす。恋愛モードから落とす。一話の中で複数回訪れるため、テンポが良く中弛みしにくい。

お笑いほどツボに個人差があるので、「ひとまず観てみよう」以外の言葉が見つからないところですが、わりと正統な作りをしてますので見た目ほど受けつけ難いということはないと思います。

それでも、お酒が絡んで脱いでのバカ騒ぎという題材からして入口で拒否感を持たれてしまうことはしょうがなく作品の宿命だとは思います。
さらに、大学生活でのイベントをわりと忠実に描いてる分、自身の大学生活を思い出し場合によっては悪感情が生じて途中断念もあり得るでしょう。

なので、そういう場合は早々に撤退して他の作品鑑賞に時間を費やしましょうね。

 誰一人嫌悪感を抱かないお笑いは毒にも薬にもならない!

のです。



それでは本題。

大学時代、PaB気質のサークルに身を置いていた経験のある知人の言を借りまして、作中では悪魔の如き、時田信治&寿竜次郎の両先輩の魅力について語ってまいります。彼に言わせるとPabは「全くもってヤリサーとは根本的に違う」とのことです。 


まず飲み会には暗黙のルールがあるようです。※以下、文調が変わります。


その1 「当たり前!」
男には弁解の余地なし。命令は絶対。それで結束を強めていくんだよ。場合によっちゃ命の危険があるスキューバだからこそ、バディとの絆は絶対だろ。そりゃ無茶してさらけ出してーの飲みニケーションが手っ取り早いわ。
灯油ポンプ持ってこないだけでもマシってもんだろう、このサークル。

その2「女には酒を無理強いしない」
男がバカやってるのを遠巻きに見れる位置、というのを男は死んでも守れ。決して無理に酒を勧めてはいけない。宴席の場で手を出してもいけない。そうしないと女は離れてく。たまに新入生あたりがオイタしにくるからその時はヤキを入れろ(=呑ませ潰す)。ただ女を過剰に守ってはダメ。必ず1~2杯ぐらいは振って「あたしさっき飲んだわ」と言い訳できるようにさせとけ。疎外感を感じさせちゃいけない。
梓はともかく古手川姉妹、ケバ子らがなんだかんだサークルを辞めないのは、ここらへんトッキーやブッキー先輩あたりがにらみを効かしているからだろう。テニサー「ティンベル」のギスギスぶりとの違いはここにある。

その3「地味男、地味女を舞台に上げろ」
ノリのいい奴だけで固まるな。無口な奴、ブサ男、童○、その他実生活で日の当たってなさそうなのにスポットライトを浴びせ、そいつのキャラを引き出すんだ。そこが彼らの居場所になる。
そうやって鍛えられたのが、最終話でいきなり出てきたように見えるこれまでモブだった横手先輩と東先輩だ。根拠はないが、風貌から大学デビューに間違いない!3年になった彼らを見てみろ、頼もしいじゃないか。

その4「そもそもヤリサーって」
外部(他大学)調達しないとまわらん。近場で手を出せば女は去るからな。そんな集団で女を酔い潰すマネするくらいなら、ストリートに出て自分磨くわ。
あーただ「王様ゲーム」やっちまってたな。アニメ仕様でソフトにしてたがリアルじゃしゃれならんことになるで。


以上



先輩たちは酒の席とスキューバの時とでガラッと変わったように見えますが、違います。大なり小なり危険なスポーツに取り組むとか団体スポーツをやってるという場合は激しい飲み会を経て結束を深める、という手法は合理的であるように思えます。
時田&寿先輩はサークルメンバーは仲間だと思ってるからこその愛に満ちた行動(スピリタス)なんでしょう。{netabare}事実、バイト先のBarでの寿先輩は紳士的ですし、引っ越しバイト中の時田先輩はとても謙虚です。{/netabare}

メリハリが効いてその振れ幅が広いというギャップ。ガタイの良さ。そこそこ見れる顔。まあ普通にモテるでしょう。
{netabare}その点、宮古島の空港に着いていきなりOrion空けようとする伊織と耕平はまだまだ1年生って感じですね。{/netabare}
まだまだこれからの1年生コンビですが、シラフの時はそこそこ気が回りますし、これから年次を経て成長していってほしいと思います。それでギャグとして面白いかどうかまでは責任取りません。


OPEDは作品に合ってるというか、飲んだ後のカラオケで盛り上がれる仕様になってます。こだわりなのかどうかはわかりませんが細部まで飲み会重視と徹底しているのも好感です。


ということでみなさま、お酒は飲んでも飲まれるな。自分の限界を知って楽しくお酒を飲みましょう。
そして、お酒の限界値をなるべく若いうちに伸ばしときましょう。
大人になって無茶すると、しばらく前にあった「草○クン、六本木の公園で全裸で逮捕」みたいなニュースの発信源となりかねませんから。



-----
2019.03.16追記
《配点を修正》

投稿 : 2019/09/21
♥ : 47

明日は明日の風

★★★★★ 4.3

青い海と青い空の青春物語…という幻想の作品

【6話まで】
原作未読。

湘南乃風のOP、青空と海、大学生のキラキラな青春物語…ではありませんでした。でも、突き抜けて面白いです。自分の笑いの線にぴったり合ったため、毎回腹抱えて笑っています。

酒が主役(?)のため、一年生なのに無理やり二十歳以上の二浪にしてしまうあたり、いかにも現代の世相が反映されて残念な感じもしますが、差し引いても面白いです。

「汚いあまんちゅ」との評もありますが、全部引っくるめて誉め言葉だろうと思います。暑すぎる夏、これだけ頭の中空っぽにして見れる作品はかえって清清しい(すがすがしい)です。

【視聴を終えて】
暑い夏のせい…を理由にしたいくらい、この作品が気に入りました。
頭空っぽにして、笑ってみているだけでOK。
このご時世、コンプラだかテンプラだか分からないが、クレームを気にしすぎて表のTVは優しいものばかり。ネットや深夜に昔見ていた「なんでもあり」を期待するしかありません。とはいえ、この作品も酒が入るので年齢あげたり、けっこう気を使って作っているのが分かりました。

とにかくテンポもいいし、キャラもたっているし(たいがいアホだがそれが良い)、無駄な場面も無駄に感じないくらい流れが良いです。下らなすぎる話も良いですが、個人的には伊織と千紗、愛菜の微ラブコメチックな関係も良かったと思います。

けっこうネットでは好きなヒロインで千紗派と愛菜派に分かれていた感じですが、断然、愛菜派。ケバコとのギャップ、ケバコのくせに突っ込み役、伊織へのほのかな思いで顔赤くなったりするところが可愛い。

来年の夏、また暑ければ見直してみたい。頭空っぽにして。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 37

える908

★★★★★ 4.5

下品! 大好き!!

あまんちゅは、とっても素敵な
「日常、ときどきダイビング」だったけど、

ぐらんぶるはその日常が、
超サイテーwww

「酒盛り&男裸祭り、ときどきダイビング」です(///ω///)♪

もともとイケメンなだけだった主人公の
人格崩壊と、
変顔だらけ。

でもダイビングのシーンは徹底して真面目で、
おふざけも下品も全然なし。

こういう下品なら、大好き!!

投稿 : 2019/09/21
♥ : 17

59.4 4 森田さんは無口。2[にじょう](TVアニメ動画)

2011年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (265)
1105人が棚に入れました
アニメ森田さんは無口の第2期。他人より優し過ぎ、また考え過ぎで無口になってしまう女子高生・森田真由。時に周囲に誤解を与えながらも、楽しく学園生活を送る。

大和撫子

★★★★☆ 3.6

森田さん再び

森田さんがまた見られるのは嬉しいですね♪

◆この2期は・・・
約3分間のショートアニメ。
2期といっても1期が終わった翌週にはもうこの2期が始まり、OP曲以外は何も変わっていないです。

◆OP曲が・・・
1期ではリンドバークの曲でしたが、この2期では「にゃあにゃあ気分」という曲(=^・^=)
4人の女の子がにゃあにゃあ歌っています♪
「ふわわか」という結成したばかりのユニットらしいですが正式名称は「ふわふわしすぎてわかりません」というらしいです。

◆最後に一言・・・
書く事これくらいしかない、ふわふわレビューで申し訳ありません^^;

投稿 : 2019/09/21
♥ : 14

チュウ

★★★★☆ 3.2

3分ピッタリ!インスタントアニメ2!!

OPが変わったということ以外、前作と全く同じですね☆
と言うか何故、無駄に分けたのかが、森田さん最大のミステリーですねww
相変わらず、3分という短い尺の中で的確に的をを射ているアニメです!

キャラも可愛いし、内容も悪くはないのですが如何せん短すぎて評価に困りますねww
声優さんに関しても、主役を【花澤香菜】がはっていますし問題なく、いや純粋にかなちの高いレベルです☆
前作と比較すると、OPだけだ少しレベルが下がってしまった感じで他は現状維持ですかね☆

投稿 : 2019/09/21
♥ : 11

noindex

★★★★☆ 3.4

にゃーんにゃにゃにゃーんにゃーん

二期も相変わらずゆるくてオチなし、相変わらず森田さん喋らない、だがそれがいい。
このシーンで喋らないのは変だな…と思い始めてきたけど。
でもこういうゆる女子日常って相性が全てみたいで、私はこの作品がとても合うようだ。
ただ唯一気になったのが山本さんの声優の演技が良くないこと。メイン4人の声優が強力なので目立ってしまう。
メガネ娘はAKBなのに演技がなかなか上手いのがなんか皮肉な…。
内容的にはガチ百合っぽいシーンもあり、ほんのちょっとだけ険悪な展開もありと少しひねりを加えているけどやっぱりゆるい。
三期みたいなぁ…。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

61.2 5 DIVE!!(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (148)
631人が棚に入れました
中学二年生の坂井知季は、水泳の飛び込みに励む毎日。
始めたきっかけは幼い頃に見た3つ年上の富士谷要一の美しい飛び込みに魅了されたこと。
友人の陵、レイジとともにミズキダイビングクラブ・通称MDCに通う知季だったが、
ある日MDCに謎の女性・麻木夏陽子が現れ...?

声優・キャラクター
梶裕貴、櫻井孝宏、中村悠一、名塚佳織、逢坂良太、内山昂輝、小林裕介、杉田智和、小野賢章、蒼井翔太、河西健吾、木村良平、日高里菜、小西克幸、羽多野渉

ecot

★☆☆☆☆ 1.0

今さらごめんなさい。

原作がすっごい好きで、それこそ溺れるように読んだ。だからすっごい期待したのに、ここまで期待外れな作品って他にない。大概は文句を言いつつも最後まで見るのに、それさえできなかった。

❬後日追記❭コメントが短絡的すぎるかと思い、みなさんのレビューからなぜ完走ができなかったか探ってみようと思う。
小説の内容および飛び込みという競技が、アニメ化にそもそも向いていなかったこと。なのにそれを補えるほどのクオリティーや工夫がたりないと思われること。
個人的な好みの問題だが、公式サイトトップの要一なんかは、面長気味に描かれていて大人っぽく美形な感じがするのだが、作中の要一は顔が平たい感じでイマイチ。声も櫻井さん自体は好きな声優さんなのだが、要一に関してはイマイチ。他のキャラも有名な声優やイラストレーターをキャラ原案に起用した割には、魅力が引き出せていない。
でも、私が過大な期待をしすぎたのが、完走できなかった一番の原因だと思う。それを踏まえてもう一度視聴できる機会があればいいんだけど…

投稿 : 2019/09/21
♥ : 5

ISSA

★★★☆☆ 3.0

海パンモッコリ部

明らかに女性向けなんでしょうね、高飛び込みで東京オリンピックを目指すお話みたいです。

万人向けじゃないノイタミナなぜこのチョイス。
私モテのヒロインなら歓喜するけど(笑)

そっちの趣味はないし何も響かないけど、もう少しだけ見ます。

やっぱり一話で断念…
夏の暑苦しい時に男の裸は見たくない…ノイタミナなぜこんなのする。

今期はやたら視聴者の選ぶアニメが多い。
百合、ロリ、4期、棒読みヒロイン、下品エロ、顔芸、謎のリメイク、テンプレなろう系、乙女ゲーコンビニ。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 13
ネタバレ

ようす

★★★★☆ 3.8

飛込み競技に青春をかける。自分の限界にDIVE!!

森絵都の小説「DIVE!!」を原作としたアニメ。

森絵都さんの小説が好きなので、
いつか読もう…と思いながらも
まだ読めていない作品だったので、

今回のアニメ化の知らせは嬉しかったです♪

1巻は2000年に刊行されているので、
「今さら?」と驚きはしましたが。

同じころに刊行されていた「バッテリー」も同制作会社で
アニメ化されたばかりだし、そういう流れができているのかしら?

全12話です。


● ストーリー
坂井知季(さかい ともき)は幼い頃に見かけた飛込みに憧れ、
ミズキダイビングクラブ(通称:MDC)に通う中学生。

放課後も休日も、
練習に打ち込む日々。

MDCが経営の危機だという噂もある中で、
新しいコーチ、麻木夏陽子(あさき かよこ)がやってきた。

彼女は、MDCの存続のための条件が、
オリンピック代表選手をクラブの中から出すことだと宣言。

そうして、
オリンピックを目指す知季たちの練習が始まった。


この作品の題材は、飛込み競技。

まず目に飛び込んでくるのは、
イケメンで筋肉ムキムキの男の子達の、ビキニ姿(/ω\)

いやもうほぼ全裸じゃん。笑

しかも登場する男の子たちは中学生~高校生という…
いやもうほんとごちそうさまです(*´Д`)ハァハァ

あれ?私この作品にこんなこと期待してたんだっけ?
と騙された気分になりながら、見ていましたw


水着姿のインパクトが強いですが、
原作が小説なのもあり、やはりメインはストーリーです。

主人公は知季の他に、
・知季の憧れ、富士谷要一(ふじたに よういち)、
・麻木コーチがスカウトしてきた、沖津飛沫(おきつ しぶき)
を合わせた3人です。

悩みを抱えながらも、
それぞれが最終的にどのように飛込み競技と向き合っていくか。

それが見どころとなっている、スポ根ものです。

演出面での不満はあるものの(後で記載)、
ストーリー自体は面白かったです^^

これは原作の評価が高いのも納得です♪
サラサラと進んでいくから見やすかったです。

葛藤から己の壁を乗り越えていくような、
思春期ものが好きな方にはおすすめです♪


● 作画
キャラデザは好きです。
要一くんがイケメンすぎる(/ω\)

こんなにイケメンなのに彼女ができなくて、
女の子に免疫がないところもギャップがあってかわいいww


しかし、問題は演出面でして…。

この作品の題材は何度も言っているように、飛込みです。
試合のシーンもあります。

しかし、肝心の試合のシーンに見ごたえがない…!

空中で演技をする。それは一瞬の出来事。
だから余計に演出が難しいとは思うのですが…。

沖津の迫力とか、
要一くんの圧倒的な強さとか、
知季の新技とか。

いっぱい見どころあったはずなのに、
試合のシーンがあまり盛り上がらなかった…。

あっさり流れてしまったのは、
本当に残念です。

飛込みを題材にした作品で、
飛込みの魅力が伝わってこないって…(;´Д`)

最近作画がすごいアニメを見すぎて、
目が肥えてしまったのかしら^^;

結局全飛込みシーンの中で
私が見返したいと思って巻き戻したのは、2回だけでした。
({netabare} 最終回のレイジと要一くん {/netabare})

飛込みの魅力がサブ扱いになり、
ビキニ姿に萌えるアニメになり下がってしまっているのだとしたら、

森絵都ファンの私としては、
それはとても残念なことだとがっかりでした。


普段はあまり演出面の細かいところは気にしない方ですが、

BGMが中途半端なところでブチっと不自然に途切れたり、
天候を使ったありきたりな演出が過剰だったり、

なんだかなーというところも気になってしまいました^^;


● 音楽
【 OP「太陽もひとりぼっち」/ Qyoto 】

歌詞は作品によく合っているし、
この曲を聞くとアツくなった心を思い出す♪

OPとEDなら、
OPの方が好きです。


【 ED「NEW WORLD」/ 橋本裕太 】

いい声だな~と思うし、
曲単体ならいい曲なのでしょうけれど、

EDの曲としては、普通です。

あ、でもアニメーションの要一くんがかっこよかったな。
微笑み+首傾げの破壊力…(*´Д`)


● まとめ
意外とアツいところもあり、
ストーリーは好きでした^^

原作の小説で読んだらもっとおもしろいのかな~。

キャラデザもかっこよかったし、
主人公3人を演じるのが好きな声優さんだったので、
その点では大満足です。

もっと飛込みの魅力を感じたかったな、というところだけ、
惜しかったかな。

でも、こうして過去の小説に注目してアニメ化してくれるというのは、
個人的にはとても嬉しかったです^^

投稿 : 2019/09/21
♥ : 20

57.6 6 ダイバージェンス・イヴ(TVアニメ動画)

2003年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (23)
170人が棚に入れました
『ダイバージェンス・イヴ』は、日本のホラーSFアニメ作品。2003年にUHFアニメ(アニメ魂内)として放送された。
【ストーリー】西暦2317年、地球から10パーセク離れた宇宙ステーション「ウォッチャーズ・ネスト」に駐留する特殊部隊「セラフィム」に、紅葉みさき、スサーナ・ブースタイン、ルクサンドラ・フレイル、キリ・マリアレーテの4人の候補生が配属された。
たった1名のセラフィム隊員を目指し、仲間として、ときにはライバルとして訓練に励む候補生達。しかし、彼女らは本当の任務を知らされてはいなかった。ウォッチャーズ・ネストに幾度も襲来する人類の脅威とも言える存在・グール──それが自分達が戦う真の敵であることを…。
そしてある日、グールは容赦なくみさき達に襲い掛かる。初めて本当の任務を知らされ、宇宙の深淵より迫り来る恐怖からもはや逃れることは出来ないことを悟るみさき達。さらに彼女たちの前に、ウォッチャーズ・ネストの隠された過去が、人類とグールとの接触に秘められた謎が、次々と明らかになっていく。
しかし、それはまだ、ある意思が仕組んだプロジェクト…人類を「新たなる進化の分岐点」すなわち「”ダイバージェンス・イヴ”の誕生」へと導こうとする、巨大な策謀のほんの始まりに過ぎなかった。紅葉みさきは、己の遺伝子に記された運命を知らずに背負ったまま、”監視者の巣(ウォッチャーズ・ネスト)”に囚われていく…。


声優・キャラクター
かかずゆみ、小林沙苗、水沢史絵、高木礼子、木内レイコ、佐藤利奈、松来未祐、子安武人、沢木郁也、吉野裕行、大友龍三郎

徳寿丸

★★★☆☆ 3.0

色々試したかったのかな

1期2期視聴済み。
というか全期みないと完結しません。メカデや戦闘シーンは3D処理してあります。
内容はワープ?航法により地球と遠く離れた場所に人類の宇宙開拓ステーション?を建設しており、そこに主人公達が候補生として赴任します。そこで彼女達は本当の任務を知る事になります…未知の宇宙生物との闘い…しかし主人公はそれが何か知っているような…。
キャラデと対象的に全体的に重たい内容です。やはり人間の欲というか…。SF好きなら大丈夫じゃないですかね。私は難しい事はわかったふりして観ますから。

私のツボ:そのED曲はないだろう

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3

56.4 7 みさきクロニクル ダイバージェンスイヴ(TVアニメ動画)

2004年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (20)
110人が棚に入れました
『みさきクロニクル~ダイバージェンス・イヴ~』は、「ダイバージェンス・イヴ」の続編にあたるセカンドシリーズ2004年にUHFアニメ(アニメ魂内)として放送された。
【ストーリー】ウォッチャーズ・ネストの居住リングごと長距離ワープさせる“エクソダス・プロジェクト”。それにより、ヴェルンスやライアー達ウォッチャーズ・ネストのクルーは地球圏への脱出に成功する。しかし、そこには、グールとの最終決戦に臨んでいたみさきの姿はなく、眼前の地球は“時間障壁”に覆われた世界へと変貌していた。時空の迷宮から抜け出すべく、クルー達は脱出の方法を模索し続ける。
その一環として、ライアーは原因究明のため、時間障壁に覆われた地球へ降下することになる。幾つも現われる“今”とは異なる時間軸の世界に降り立ったライアー。そんな彼女の前に、行方不明になっていたはずのみさきが様々な姿で現れる…。


声優・キャラクター
かかずゆみ、小林沙苗、水沢史絵、高木礼子、松来未祐

計測不能 8 菜々子解体診書[アメージングナース菜々子](OVA)

1999年7月5日
★★★★☆ 3.1 (6)
37人が棚に入れました
七千草菜々子は両親が作った莫大な借金のせいで天才外科医の拝狂児に肉体の108箇所を担保として取られてしまう(この設定は『どろろ』に因む)。菜々子は見習い看護師として毎日激しい訓練を課せられる。狂児は菜々子を鍛え上げ、自身が発明したロボット『ビーナス2000』に生体移植しようとしていたのだった。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ