山内則康おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの山内則康成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月11日の時点で一番の山内則康おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

68.4 1 山内則康アニメランキング1位
シティーハンター'91(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (81)
593人が棚に入れました
シティーハンター・冴羽リョウは、都会のスイーパー。美人ならば幽霊の依頼でも受けるという底無しのモッコリ野郎だ。パートナーは、かつてリョウの親友だった故・槇村の義理の妹・香。リョウのモッコリパワーに、すぐに制裁を科す香であるが、その内面には孤独な影も潜む……。

runa21 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

シリーズの中で音楽が・・・

正直シリーズの中で一番
曲がどうもぱっとしません。
EDの曲のほうがいいかなぁ。
でも、今までの曲のクオリティーを考えると・・・。

大体感想としては
3と変わりません。
やっぱり2に比べてちょっと落ちます。


ただ、
なんというのでしょう?
カットイン?っていうのかな?
おそらくCMに入るときだと思いますが、

香さんと遼が走ってきて
「シティーハンター」
っというロゴが入るのですが、

海ちゃんの一日のときだけ
美樹さんと海ちゃんが走ってきて
「ファルコン」
っというロゴが入りますww

こういった遊び心は好きです。
ちょっとテンション上がります。


っというわけで
テレビシリーズを制覇させていただきましたが、

2>1>91>3

の順番で面白いかなぁ。
91と3は曲では3の方が勝ってますが、
内容や先ほどいった遊び心が入っている点で
91の方が若干面白いかなぁ。


ただ、キャラクターは相変わらずかっこいいですし、
大まかなストーリーとしては申し分ないです。


なので、有名なタイトルですし、
知らない方は居ないとは思いますが、
もう一度見てみることをオススメします。

細かい制作側の遊び心とか、
昔は理解できなかった
かっこいいセリフや
香さんと遼の関係や
美樹さんと海ちゃんの関係とか

再度楽しみながら見ることができました!!

再視聴してよかったです。

投稿 : 2020/07/11
♥ : 10

ちゃちゃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

物足りないけど、好きなものは好きだからしょうがない!

3から少し間の空いた本作も1クールと短いです。
様々な都合によって中途半端になった感は否めないですね。

3と違い、原作ものが多いですが、所々改変されたものもあります。
ラストはオリジナルですが、ラストにしては内容的には少し物足りないです。
できれば、原作を最後までやって欲しかったんですが。

と、不満も多いんですが、でも、やっぱり、なんだかんだで、
シティーハンターが好きでしょうがないので、O.K.ですw

私的には7話の海坊主回が好きです。
海坊主は獠ちゃんに次いで好きなキャラクターです。
玄田さんすげーいい声。

投稿 : 2020/07/11
♥ : 3

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

A

放送期間 :1991年04月~1991年10月に見た

投稿 : 2020/07/11
♥ : 3

65.9 2 山内則康アニメランキング2位
紺碧の艦隊(OVA)

1994年3月1日
★★★★☆ 3.5 (49)
178人が棚に入れました
 荒巻義雄原作の人気小説をOV化。監督は「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」で有名な神田武幸。第二次世界大戦を舞台に大日本帝国海軍が欧米列強よりも強い戦力を保持していたら……という架空戦記。太平洋戦争が勃発し、満を持して戦いを挑む高野五十六は連戦連勝の快進撃を繰り広げる。

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

仮想戦記の元始作

90年代、書店の新書版小説コーナーには「○○の艦隊」と名のつくものが、雨後の筍のごとく沢山並んでいました。
今でこそ廃れてしまいましたが、いわゆる「IF戦記」「仮想戦記」「空想戦記」と言われるジャンルです。
紺碧の艦隊は、その先駆けとなった小説。
小説のヒットにあやかって、徳間書店から、当時としてはまだ珍しいメディアミックス戦略が展開されました。
ゲーム化、コミカライズ、そしてこのアニメ作品化。
かなり刊行を重ね、アニメだけでも32話も作成されています。

ストーリーの大綱は、第2次世界大戦で戦死した英傑達が、パラレルワールド 『後世』 に記憶を持ったまま転生し再度歴史をやりなおすというもの。
これから起きる戦争の記憶があるわけですから後出しジャンケンも同然。周到な戦略&戦術と、新基軸の兵器で敵さんをボコボコにします。
国土を焼かれて無条件降伏という辛酸を舐めたあの戦争を、
もっとマシに戦うには?他にやり様が無かったのか? あそこで勝っていればどうなった? あの爆弾がなかったら?
と、政治的・軍事的にシミュレートするのがIF戦記と呼ばれる所以。
大国を相手に一歩も引かずに戦い抜いた先で、果たして日本は平和で秩序ある世界に貢献できるのか。
・・・・そんな事を想起して楽しむ作品です。
(そんな単純に上手く行くものか!って野暮な突っ込みはナシです)


で、このアニメですが、内容の半分は戦闘シーン。
第二次大戦当時の航空機、戦艦、巡洋艦、潜水艦の戦いです。
戦闘機が機銃をを打ち、戦艦が艦砲射撃を行い、潜水艦が魚雷で艦船を沈める、至極真っ当な戦争を描いています。
SFチックな超兵器はありません。(終盤は原作者がトチ狂って そういうのも一部出てきますが)
ちょとだけ優秀な兵器で、愚直に職業軍人として作戦行動を行うオッサン達の物語。ただそれだけです。

ちなみに、「紺碧艦隊」は潜水艦で構成される隠密艦隊。
噴進弾(トマホークミサイル)、酸素魚雷(航跡の出ない魚雷)、ワルター機関(電池を必要としない推進機関)など、色々な秘匿装備があります。
飛行艇も搭載できる潜水空母でもあります。・・・・・むむっ、結構超兵器かもw


反戦の倫理観や歴史的な正当性などを抜きして正直に申しますと
日の丸をつけた艦船や航空機が活躍するのは、やっぱりイイ!

万人には決してオススメしませんが、兵器好き、軍事モノ好きにはたまらない作品です。

投稿 : 2020/07/11
♥ : 12

ひげ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

架空戦記の決定版

某艦娘アニメが萌えアニメと悪魔合体させようとしたものがこちらです。

連合艦隊長官 山本五十六が後世と呼ばれる『照和』に転生します。
そこは『昭和』とまったく同じ戦前に日本。違うのは自分の苗字。
五十六さんは同じく転生者がいること知り同士を集め戦争回避に努めます。
しかし元乗艦の艦娘と同じように『逆らえないなにか』的なものの存在を感じながら開戦日を迎えてしまうのです。

ですが2週目の人生、前世の教訓を生かし電探開発、震電改的航空機、大和型の予算であのイオナ、しおいちゃんこと『伊400型』を大量に生産します。
通商破壊こそ正義!まさに『オリョクルいってこい』です。

その潜水艦艦隊の名前が作品名となっています。


前半は『戦闘機の制空権の取り合いは物量負けする』という長官の超理論の元、魔改造された戦艦比叡がレーダー+ショックカノンで米軍機を全滅させたりはしますが比較的『真面目な架空戦記』です。

後半になるとナチスドイツ、ヒットラーやフリーメーソン、ライフル協会みたいな悪の組織と戦うエンターテイメントに!


敵がドイツになるわけですので二次大戦潜水艦モノの傑作映画『Uボート』へのリスペクトみたいな演出があったりしますが、比べるのが失礼なブっとび具合。
馬鹿馬鹿しいと思うかこれくらい頭が悪いほうが割とありと思うかは視聴者様次第。

島田兵ならぬ飛田兵が大活躍します。

投稿 : 2020/07/11
♥ : 8

alpine さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

日本軍無双

山本五十六がブーゲンビル島上空で戦死するシーンから始まるのですが
死んだはずの山本五十六は、38年前の執務室で目が覚めます。
それから、過去の日本の過ちを正すべく、大日本帝国軍を掌握する工作を始めるのだった・・・。

本作品は潜水艦隊「紺碧艦隊」と司令官の前原を中心にストーリーが進みます。

まあ、良い意味でも悪い意味でも日本軍無双のアニメです。
史実の人物も出てきますし、概ね第二次大戦に沿った流れとなっています。
と言っても、日本軍有利の戦局が続くので、大局はかなりオリジナルになっていますが・・・。

開戦の時点から現実の終戦間近の試作兵器が投入されており、後半になるにつれてカオスな状況になってきます。
戦闘シーンも派手なので、気持ちいいぐらいの日本軍圧勝ストーリーを拝めます(笑)

中盤以降はストーリーもグダグダですので、見たい人だけどうぞ的な作品です。

投稿 : 2020/07/11
♥ : 6

58.2 3 山内則康アニメランキング3位
AIKa ZERO アイカゼロ(OVA)

2009年8月1日
★★★★☆ 3.4 (61)
347人が棚に入れました
高校を卒業し、大学の理工学部に通う傍ら、見習いサルベイジャーとして相田郷造の仕事を手伝う日々を送っていた皇藍華。
そんなある日、高校時代のクラスメイト真海エリから藍華に仕事の依頼がくる。待ち合わせのコスプレ喫茶には、エリの他にもう一人懐かしい少女-女子高の制服を着た-美波野カレンがいた。挨拶もそこそこに依頼の内容を聞くと、カレンの通う女子高で変な事件が起きているため調査して欲しいという。
仕方なく、エリが用意した制服を着てお嬢様が通うあるクリスチャン系の女子高に潜入した藍華を待ち受けていたものとは…。

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

おっぴろげパンツのエロ。その後

元祖パンツアニメ。 前作のOVA、『AIKa R-16』から数年後という設定です。 作風は同様、パンツとパンツとパンツとパンツ。
藍華達ご一行が謎の事件を追って学園に潜入、例によっておパンツ丸出しのアクションバトルを繰り広げるというもの。 下着を見せる事を最優先に特化したアクションです。


ストーリーや設定は、正直わけがわからん状態です^^
もともとSF要素が含まれている作品ですが、今回の事件もSFチックに未知なる存在によって引き起こされたもの・・・というのはよくあるパターン。
ただ、その未知の存在が何なのか、どんな方法で藍華たちがそれと戦い退けたのかなど、思わせぶりを沢山振りまく割には肝心の事は何もみえません。
(初代AIKaの設定につながっているのですが)

SFを使うのは構わないですが、それに頼っているおかげでバトルが随分と大味に。
しかも、未知なところを勿体つけているおかげで雰囲気に隠遁とした暗さが目立つようになってしまい、バカバカしいいけど爽快なエロアクションアニメであった本 作の味が失われています。
こりゃあ、正直いただけない。
あわよくば続編も・・・と、それっぽい伏線を張りたいのかもしれませんが、こんな内容じゃ続編なんか作れませんぞ?


エロについては語るまでもなくパンツ。 卒業しようが大人になろうが、無地の白一色で統一なのも変わりません。
この世界には、下着をデザインするという概念がないのでしょうw
神である監督の福音(性癖という名の拘り)が行き届いてますね(゚∀゚)
(と言いながら、本作は初代AIKaからの西島監督じゃないですが)

例によって、バトルの敗者に義務付けられた、尻を放り出したポーズが、そこはかとなく笑いを誘います。

特殊なバカエロ作品であるAIKaシリーズ。
とても他人にオススメできるようなシロモノではありませんが、イロモノとして楽しめた作品。
ですが、『R-16』とこの『ZERO』では明らかにパワーダウンが見られます。 熱意が冷めたのか、制作会社の自力が落ちてきたのか・・・・その事情は知る由もありませんが、本作をみていると、そう感じざるをえないものがあります。

こんな奇特なアニメ、なかなか無いので細々とやって欲しいとは思いますが ・・・・言っても詮無い事ですね(´・ω・`)

【エロ成分】
パンツ :☆☆☆☆☆
おっぱい :☆☆☆
裸 :☆☆☆
性行為 :☆
マニアック:☆☆☆☆
エロス総評:☆☆

投稿 : 2020/07/11
♥ : 14

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

悪い子達はこれからお仕置きですbyカレン。

2009年「R-16」の3年後を描いている。OVAシリーズ第3作。
1997年から1999年にかけて発売された「AIKa」OVA第1作目、
2007年「AIKa」の10年前を描いた「AIKa R-16」第2作もある。

2作目の最終話に次回予告で・・やる事全部やってしまった
では次は身体検査ね♪ それだ! となってますが身体検査
ではありません。

1話 ホワイトナイツ 2009年8月25日
2話 E.T.A.I.    2009年10月27日
3話 ゼロ      2009年12月22日

オープニングテーマ「FLYING KID」歌 - 小清水亜美
エンディングテーマ「Dream Hunter」歌 - 小清水亜美

19歳になった藍華の活躍を描く。AIKaシリーズメインでも
あるパンチラシーンやお色気シーンが本作でも多く登場?

真海 エリに呼び出されたC級サルベイジャー・皇 藍華は、
女子高の「聖エアロ学園」で発生してる連続女生徒失踪事件
の捜査を依頼される。また、美波野 カレン、凪紗 りさこ
とも再会する。聖エロ学園に潜入した藍華達に、生徒会長
白鳥 美由率いる美少女軍団「ホワイトナイツ」、そして謎の
触手が襲いかかる・・・。やはりぴゅあほわいつ!ですね。

3年後なので高校卒業ですが、学園に潜入で学園モノ路線!
視聴層のニーズに必至に報いた感じでしょうか?

キャラデザは前作と基本一緒で少し綺麗系で丁寧な感じ。
バトルが少し減りエロ演出が逆に活きる感じになってる?
とは言え・・お馬鹿な描写演出は健在でバカ台詞も多い。
@露出で言えば時間辺りの密度は可也濃くなっている様。
少しミステリーで少しスルルングで少しアクションで・・
何時もながら過激な認証で・・お下劣・・元々か?・・
見処はオマケ映像?この作品にこれ以上の特典映像?・・
ギャグ/コミカル描写は要所に絞った感じで活かされる。
道交法「はみ出し禁止」違反常習者がスタッフに居るよう。
クライマックスの描写は少し頑張ったみたいです。

一応此処から7年後の「AIKa」※一作目に繋がる様です。

能登麻美子さんの取扱に一層の磨きがかかってる様です。
小林ゆうさん密かに頑張ってました。
小清水亜美さんは普通に何時もどうりかな~

オマケはピクチャードラマ。
動きもないのでボディラインに並々ならぬ拘りが覗える。
台詞が滅茶苦茶お馬鹿でギャグです。本編より笑えます。
後藤邑子さんも可也切れてるかもしれない・・声優って
本当に凄いな・・高橋美佳子さん・・出番少なかった・・
此処で大役か・・この作品の本質・・変わるわよ・・
初モザイク其処か?!能登さんって本当にこういう人?
ってどの作品見てもそのままの性格のように感じる・・


皇 藍華:小清水亜美:女子大生。C級サルベイジャー。

真海 エリ:福圓美里:女子大生。真海重工業の令嬢。

美波野 カレン:能登麻美子:「永遠の17歳」クローン少女。
前作から大活躍ですが・・今作では更に個性的に成長♥

凪紗 りさこ:桑谷夏子:カレンの保護者。
性エロ学園の保険医を務めており、捜査に協力する。

相田 郷造:大塚明夫:藍華の養父でA級サルベイジャー。

船長:黒田崇矢:「レジーナ・エリ号」の船長。

白鳥 美由:後藤邑子:聖エアロ学園の生徒会長。
「ホワイトナイツ」のリーダー。18歳。

白菊 凛:高橋美佳子:18歳。ホワイトナイツの一員。

白石 香奈:下田麻美:18歳。ホワイトナイツの一員。

E.T.A.I:沢城みゆき:美由達を背後で操っていた黒幕。

ルドルフ・ハーゲン:岡野浩介:裏で暗躍する謎の人物。
後(第1作目のAIKa)に藍華達と対決する天才科学者。

ネーナ・ハーゲン:桑島法子:ルドルフの妹。
兄の命で聖エアロ学園に潜入してその秘密を探っている。

ハムレット役:小林ゆう

マーセラス役:伊藤美穂

投稿 : 2020/07/11
♥ : 2

kiji さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

前作よりは良い

露骨な描写は継承されてます。

続編では無く、新たに学園舞台の空戦、白兵戦。

意味不の部分が結構残ってる感じ受けたけど、次に繋がってるのか、どうなのか。

3話完結。 3部いってみようか・・・

投稿 : 2020/07/11
♥ : 2
ページの先頭へ