山本天志おすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの山本天志成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の山本天志おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

62.6 1 山本天志アニメランキング1位
いつか天魔の黒ウサギ(TVアニメ動画)

2011年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (657)
3831人が棚に入れました
「私の毒を、あなたに入れる。決して離れられなくなるように」 そうして僕の物語は、始まった―─はずだったのに。宮阪高校1年、鉄大兎。自分は人生の主役で、頑張れば報われるなんて幻想はもう信じていない。彼の毎日は平凡に消費される。大兎は、忘れていた。“彼女”の笑顔。交わした“約束”。血肉に溶けた呪い。大切な記憶は、なぜ奪われたのか? それでも失われたはずの想いの中で、“彼女”は微笑む。『やっと死んでくれたね。この日をずっと待っていた―』 “7回生きて君と出逢う”学園リバース・ファンタジー、開幕。

声優・キャラクター
立花慎之介、高本めぐみ、中村悠一、野水伊織、美名、堀川千華、喜多丘千陽、福山潤

セメント さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0

イツカァテンマノォクロウサギィ

何故か外国人ナレの予告編には吹いたw
今期ワーストアニメ候補なんじゃないでしょうか
劇中に出て来たナンバーに”発売BD 天09-30”と表記のある車が、そのすぐ後大破するなんていう自虐に走った時は、もはや同情めいたものを感じましたが


前回何が起きたのかを全く覚えてないんですよね、内容が頭に入ってこないんです
ストーリーの感想として書くことがほんとに浮かばないんですよね
同原作者の「伝勇伝」の”求めるは雷鳴”をもじって、”求めるは説明”とはうまく言ったもので、実況スレじゃ毎回”何が何だかわからない・・・・”のAAが貼られてましたね
まぁなんかそのうち、クソアニメとしてはかなり見所のあるアニメなんじゃないかと思うようになり、最終的に放送されるのをワクワクして待つようになるまでに至りました

制作がゼクシズとあって、作画は珍しく頑張ってると思うも結局のところクソアニメソムリエの肥やしになっていましたね
監督によれば、序盤で世界観や設定の説明をせず、後出しで分かってくるような鏡先生の物語構成を、活かしつつ、いかに噛み砕いていくかに大変苦労をされたようで、その苦労が見て取れる本編でした
「伝勇伝」アニメ化で、散々たることになったのに、よくこっちも企画倒れせず通りましたね
アニメを売るより、原作を売りたいってスタンスの角川作品ですからね、なんだかんだアニメ化すれば原作は売れるんで、それでいいのかも知れませんけど・・・
そういえば放送が始まる前のことになりますが、youtubeで公式配信してたPVが消されたり、1話が放送コードに引っかかって納品できなかったりという話がありましたね
なるほど確かに、前々からクソアニメソムリエの間で関心が熱かったのも頷けます

角川お抱えのキャスチング、特に女性声優に強く感じますね
つか単に、プロダクションエース所属声優が多いだけですけど、美名さんとか、野水さんとか、堀川さんとか
まぁ悪くないと思います、特に違和感も感じないですね
「R-15」の香学創役では色々すごかった月宮みどりさんも出てますが、今回は人外だったんで・・・
男性声優は、普通に有名どころを起用してますしね、まぁ際立ったマイナス要素はないです

OPはダチャーンこと原田ひとみさんが歌ってるんですけど、本編に出てないっていう・・・
EDは流し聞きしてたんで、変則的にで替わっていることに気付いたのがほとんど最終回前くらいっていう・・・
1,2,4,7,12話のEDは志方あきこさんが歌ってるんですよね、アニソンだとうみねこOPで有名な人ですね
同人音楽を嗜んでいる友人が期待していると言っていたのですが、彼は結局1話も見ることなく終わったっていう・・
でっていう・・・

ヒメアの頭上には見えないミラーボールでもあるんでしょうかね
無駄に光ってる髪の毛の反転は、気にしたら負けって奴でしょうか
その他、この作品に出てくる女キャラの髪にはグラデーションが毎回かかってるんですけど
これはやっぱ原作イラストレーターの榎宮祐先生の絵のリスペクトなんでしょうかね
あんな描きにくそうなキャラデザでよく動かせれてたと思います


超店頭型とは一体何だったのか
始終( ゚д゚)ポカーンで、面白い要素を見つけがたいクソアニメだったとは思いますが
だからこそ楽しめるっていう人がきっといるはずです
ものは試しに見てみてはいかがでしょうか、自分の知られざる素質に気付けるかもしれません

投稿 : 2019/12/07
♥ : 12

せもぽぬめ(^^* さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

製作者サイドの努力が足りないのです“(`(エ)´)ノ彡☆ プンプン!!

■「いつか天魔の黒ウサギ」ってどんなアニメ?(*'ω'*)
ラノベ原作で『伝説の勇者の伝説』でお馴染みのラノベ作家「鏡貴也」さんの作品なのです。
他の人のレビューから「説明不足」との声が多かったので、色々補完してから視聴することにしたのです♪
なるほどwこれはいきなりアニメだけ見始めても置いて行かれてしまいますねって思いました。
最低限本作品の設定を理解した上で視聴しないと楽しめないかもしれませんね♪
結局原作を読むのが一番楽しめるって事なのでしょうね(*'へ'*)
 
どうもこの物語の根底には、予言に記されている世界破滅のシナリオを巡った「天魔」と「軍」の対立があるのです!
そんな対立に巻き込まれていった、少年少女達を描いた作品なのです♪
 
主人公の大兎は9年前のある日(小学1年生の頃)、ある公園でヴァンパイアで永遠の命を持つヒロインのヒメアと出逢うのでした。その出逢いこそ物語の始まりでもあったのですよ(*^-^)
不思議な夢を見る大兎は9年前の記憶が消されていたのでした、不思議な夢とは9年前の記憶の断片だったのです。
ある日、夢の中の声がヒメアの声と気付き、彼女が待っていると言っていた公園へ向かう事に。
その公園でヒメアとの9年ぶりの再会となるのですけど、再開こそが壮絶な戦いの始まりでもあったのですね!
ヒメアを狙う日向を命懸けで守ろうとした大兎と、自らの永遠の命を捨ててまで生き返らせようとしたヒメアとの愛の真意とは・・・ヒメアへの愛が洗脳された愛だとは気付かずに2人の物語が綴られていくのです♪
 
 
■総評
この作品に限った事ではないのですけど・・・原作があってそれなりのシナリオが出来ているにも関わらず、アニメーションにする事でそれぞれの良さを引き立て合うどころか、打ち消し合ってしまう・・・そんな作品が多いような気がします。
 
確かに原作を読んで、読み手の脳内で色々肉付けされた物語の世界観は人それぞれ違ったものになると思うのですけど、そんな些細な違和感はアニメ化した時の完成度の障害にはならないと思っているのです。
作品の世界観を具体化しビジョンとして視覚で感じる事が出来るようにする事は、本来持つ作品の面白さをより助長させ、より魅力ある作品とすることが出来るはずだとσ(^_^)アタシはかってに思っているのです。
 
もちろん、原作がありきだと、作品作りの自由度は制限されますし、アニメ制作の上で色々制限があるはずなので、言葉で言うよりも難しい事とは思うのですけど、せめて原作と同様に、もしくは原作を超える魅力のある作品を知っているだけに、とっても残念に思ってしまうのです(>o<")
 
この作品は世界観は面白いと思いますけど、キャラ設定が高校生で、9年前の過去のシーンが小学生っていうのはちょっと無理があったように感じます。
確かに学園を舞台にしたい意図はわかりますけど、シリアスな物語の核となる回想シーンの年齢設定とその発想や発言に違和感を感じた人も多いような気がします。
作画やキャラデザはかなり力を入れている出来栄えだったような気がしますけど、キャラの髪の毛のグラデーションの色彩については、個人的には好きではなかったですo(´^`)o ウー
同系色のグラデーションは嫌味も無く温か味すら感じるのですけど、暖色から寒色といった系統が違う色へのグラデーションは毒々さを感じてしまうのです!
それが狙いだったのかも知れないのですけど、σ(・・*)アタシの好みでは無かったのです♪
 
辛口な評価になってしまってますけど、物語の土台をしっかり理解した上で視聴するととっても面白いのではないかなぁとも思う作品なのですよ♪
そこまでの努力を視聴者に求めるのはどうかと思いますけど、決してつまらないお話ではないと思うのです♪
双子の「月光」と「日向」の関係や、「天魔」と「軍」の関係など、謎が多く本作品の最終回もすっきりとしない終わり方だっただけにストーリー的にはまだまだこれからって感じではないでしょうか?
 
製作者スタッフ一同にはもっと頑張って貰いたいと強く思うのですけど、それなりに楽しく見ることは出来たので、2期があれば続きを観たいと思ってます♪
 
 
2011.10.22・第一の手記

投稿 : 2019/12/07
♥ : 35
ネタバレ

偽ニュー隊長 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2

「くそ面倒くさい物語の始まり」って「くそ物語の始まり」の間違いじゃないのか(30点)

全12話。
ラノベ原作。原作未読。

個人的満足点:30点
アニメ系統:ファンタジーラブコメ?

そうとう、酷評なので好きな方は見ない方がいいと思う。
それでも見たければどうぞ。
















序盤、世界の説明もほとんどなく、
設定もかなりごちゃごちゃとしていて複雑。
伏線ばら撒くだけばら撒きろくに回収もしないで、さらなるばら撒き。
アニメだけで世界観をつかむのすら難しすぎる。
原作を読んでいればまだついていけるのかもしれないが
初見に優しいアニメとは到底いえない。

中盤までろくに回収されていないので否な予感はしていたが
結局回収しないまま、2期あるよ的な終わり方。
結局、最後まで何がしたいのか分からなかった。

もしかして、そういうアニメじゃないのか?
と思いなおし、別の視点で考えてみる。

キャラ萌えか?
確かにキャラ萌え要素はあるかもしれないが
個人的にキャラデザが趣味じゃないのでキャラに萌えることも不可能。
キャラデザが気に入れば萌えれるかもしれない。

厨二バトル物?
まあ、確かにこう考えればなんとなく・・・
しかし、バトル物にしても中途半端な気がする。

と、色々な視点で見てみたが、結局何がしたいのか分からない。

何か期待感だけ大きくて内容がまったくないアニメだった。
正直点数を何点にするか迷ったが感覚で30点とした。


と、まあ色々書いてきたが
つまり、何が言いたいかというと

2期があっても絶対観ない。

-----------------------------------------------------

以下、毎話の感想。
ネタバレがある場合があるので
未視聴の方はスルー推奨。

-----------------------------------------------------

{netabare}
1話視聴。
いっさいの情報なしに見始めた。
色々な設定がありそうだが
まだほとんど分からない状態。
伏線だけ大量にばらまいた感じ。
とりあえずは続きが気になる。
今後面白い展開になってくれればいいのだが。

キャラの絵は好き嫌いがでそう。
個人的にはあまり好きな感じではない。

兎に角様子見かな。


2話視聴。
何か話がぶっとびすぎでよく分からない。
学園ラブコメとバトル物かな。
このぶっ飛びかげんは伏線ととらえればいいのだろうか?
何か色々な意味で危険な香りがするw
「くそ面倒くさい物語の始まり」ということなので
まだまだ様子見かな。


3話視聴。
少し設定が見えてきたが、
まだまだ、謎だらけ。
伏線はりまくりだが、12話で収拾つくんだろうか。
今のところ、今一面白みに欠ける感じ。
まだ様子見。


4話視聴。
なんだか意味不明な感じになってきた。
相変わらず伏線ばらまきまくり。
なんだか不安ばかりつのる展開。
とりあえず、がんばって継続視聴。


5話視聴。
ちょっとだけ物語が見えてきたのか。
それでも、まだまだ謎が増えるいっぽう。
ん~これから面白くなるのかな?


6話視聴。
向かっている方向が分からなくなってきた。
けっきょくラブコメにいくのか?
いまいちよく分からない。

7話視聴。
少しずつ伏線回収が始まったのかな?
それでもまだまだ分からないことだらけの上
新しい伏線まで置いていく始末。
なんだか1クールでは終わりそうに無い気がしてきた。
中途半端に終わって2期を匂わせて終わるんじゃねえかな?

新キャラにゃんきちw
これはあのにゃんこ好きの方が食いつくかなw

8話視聴。
先生つえええ。
水着&修行&修羅場
そんな回だった。
少しは面白くなってきたかな。
しかし、今一何が目的かよくわからん。
もう8話なんだが・・・どうなるんだろこれ。

9話~11話レビュー書くのも忘れてた、すいません。

12話視聴。
なんだかなあ。
7話での予感ががががががががが
2期やりますよって終わり方。
正直、まともに終わるとは思ってなかったが
結局、何も分からないまま終わりやがった。
もう、2期とかあっても観ない予感。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 24

61.4 2 山本天志アニメランキング2位
ななついろ★ドロップス(TVアニメ動画)

2007年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (171)
1134人が棚に入れました
石蕗正晴は、ごく普通の高校2年生。ところがある日、怪しいジュースを飲んでしまい、日が沈むと羊のぬいぐるみになってしまう体質となる。
元に戻るためには、星のしずくを七つ集めて作る薬が必要だと如月先生に知らされる。しかも、星のしずくを採るのは選ばれた人間にしかできない。偶然にも秋姫すももの許に降り立ち、すももは星のしずくを集めることになった…。


声優・キャラクター
野島裕史、結下みちる、後藤麻衣、清水香里、松岡由貴、谷山紀章、高橋広樹、黒河奈美、日野聡、久保田恵、あおきさやか、本井えみ、井上和彦、伊藤美紀

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ピュア。恋を描くことに注力した良作

恋する魔女っ子アニメ。
調べてみるまでエロゲが原作と気付かない程、ピュアなお話です。
アニメとしては王道なんですが、エロゲ原作深夜アニメとしてはちょっと他と路線が異なります。
毒気のない善人なキャラクター達、成り行きで変身して魔法で「星のしずく」なるものを集める事になるストーリー展開、可愛らしいマスコットキャラ、とまぁ、魔女っ子ものの大定番で進んでいきます。
エロ要素、殆どありません。
ハーレム要素、殆どありません。
ちゃらけたコメディ要素、殆どありません。
恋愛とメルヘン成分たっぷり。是非ともお子様達がご覧になる夕方に放送してほしい素敵な作品でした。
正直、かなり好きです。いい歳してw


本作の特徴は、とにもかくにも「純粋」です。
他人のために懸命になれる健気なヒロインと、ぶっきらぼうだけど優しい主人公が互いに惹かれあっていく恋物語。
星のしずくを集めるうちに、魔法の才能を開花させていき、出生の秘密が・・・・・
などなど、まったくもって面白味がないありきたりな設定とストーリー展開でした。
ですが、これがもう、ほんとに丁寧なまでにピュア。嫌味がないんです。
ヒロインはイイコ!
主人公はイイヤツ!
周りのみんなは優しく2人を応援する!
そう納得せざるをえない細かいエピソードをコツコツ積み上げて、空気を作り出しています。
「かーわーいーいーー!」
コテコテだけど、相手を思いやり顔を赤らめたりニヨニヨしたりして一喜一憂するカップルを見て、何度もつぶやきましたとも。いい歳してw

1クールしかないので余計な要素を入れず、”いい関係の2人”を表現するのに妥協なく注力してる。これが本作の魅力になってます。
だから、このコらが好きになれる。

ホント、ヒネリもクソもない内容なんだけど、イイ!
恋の喜びや切なさを感情移入して味わえます。いい歳してw


何度もいいますが、内容はありきたり、定番の魔女っ子もの。
登場人物もロリッぽいちょっと前のギャルゲのキャラです。
作画は丁寧ですが演出面で、もうちょっと工夫すれば・・・という所も多々みられます。
ですが、そういう批評家じみた評価をチャラにする、強烈な”恋”の魅力を放っている良作。
もうね、胸がキュンとしますよ。いい歳してw

投稿 : 2019/12/07
♥ : 18
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

ただの人間には興味ありません。この中に魔法少女がいたら、あたしのところに来なさい。以上。

エロゲ原作。でもエロ要素はほとんど無くて、幼女向けっぽい魔法少女アニメになっている。というか、実際に幼女に見せても(風呂シーン以外)問題ないこの健全なアニメの、どこをどうしたらエロゲになるのかさっぱりわからない…少女漫画原作と言われた方が納得いくような内容。
男の主人公の恋愛物でこういう女児向け魔法少女物っぽいのも珍しい。ラノベ原作の魔法学園物ハーレムなら大量にあるが。

内容は男子高校生の正晴がひょんなことでぬいぐるみになってしまい、元に戻るためにクラスメートの女の子のすももに魔法少女になってもらって助けてもらうという話。つまり、もし魔法少女物の主人公が魔法少女ではなくマスコットだったら?という設定。

序盤は王道魔法少女といった展開で、キャラの感情描写が素晴らしく、劇伴も雰囲気を盛り上げていてキラキラ感をとても良く出せている。演出はCCさくらやリリカルなのはを凌駕しているとすら思った。
{netabare}設定的には魔法少女の服が最初はコスプレだったり、知世ポジションの撫子がいたり、主人公が人に見られた時は普通のぬいぐるみのふりをしたりと、{/netabare}CCさくらはかなり意識していると思う。{netabare}男のマスコットがヒロインと一緒にお風呂に入ってしまい、ヒロインが後で真相を知って恥ずかしくなる展開はリリカルなのはのユーノ君を思い出した。{/netabare}
エロゲの魔法少女物なので虚淵玄先生に影響を与えた可能性もあるだろう。ピンク髪で白タイツのすももを見ているとまどかを思い出す。

ただ、恋愛話が始まってからはちょっと微妙な空気になる。恋愛描写は良く言えば「月がきれい」のように初々しいが、悪く言えばもどかしい(作中でじれったいと言われている)。
{netabare}愛の力=魔法力という設定なので、へたれ魔法少女誕生→恋愛成就→最強魔法少女に覚醒という構成にしたのだろうけど。{/netabare}

ラストは{netabare}携帯の変換候補が記憶を取り戻す切っ掛けというのは面白いと思った。やっぱメール消すだけじゃなくて初期化しないとだめだなw{/netabare}
ご都合主義感もあるが、綺麗に終わって( ;∀;) イイハナシダナーと思えた。

ヒロインのすももは泣き虫でけなげでまっすぐでかわいいのだが、高校生のはずなのに小学生くらいに見える。正晴と一緒だと父と娘みたい。これで原作はエロゲって…。
正晴の方は煮え切らないヘタレなので、意図的とはいえこれがこの作品の欠点のように感じる。{netabare}初デートを誘ったのも初めての名前呼びもすももだし、雫が揃った時に記憶を失うことも揃う直前まで言えないし…。{/netabare}

キャラデザ原案はいのうのいぢ氏なので確かにハルヒに似ている。Anotherよりもずっと似てる。撫子は鶴屋さんにそっくり。鶴屋さんの中の人は違うキャラで出ているけど。
制作会社はディオメディアの前身のスタジオバルセロナだが、ディオメディアより作画が良いと思うw

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5
ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

エロゲー原作《萌え萌え&純愛系》魔法少女

←シナリオはそこまで酷くない(むしろ感動系かも?)

◆いとうのいぢ氏キャラデザ原案《魔法少女×マスコット少年》の純愛もの

本作は2006年4月発売の18禁恋愛アドベンチャーゲームが原作で、キャラクターデザイン原案が同時期のラノベ原作アニメの大ヒット『涼宮ハルヒの憂鬱』、『灼眼のシャナ』と同じく「いとうのいぢ」氏となっています。
そのため、両作に比較してキャラの萌え絵化が激しいとはいえ、

(1) ヒロイン(兼主人公)の少女 → 『涼宮ハルヒ』のサブヒロイン(朝比奈みくる)似
(2) ヒロインの親友の少女    → 朝比奈みくるの親友の少女(鶴屋さん)似
(3) ヒロイン相手役の少年    → 『灼眼のシャナ』のサブキャラ(池速人)似

・・・となっていて、シナリオ的にはレビュータイトルのとおりですが、個人的には、それよりも先ずは『ハルヒ』『シャナ』のアナザー・ストーリー的な楽しみ方ができてしまいました。
(※そういえば、『ハルヒ』に朝比奈さんが魔法少女のコスプレをさせられてハルヒに散々弄(いじ)られる映画撮影の話がありましたね。)


◆初っ端の印象は「なんじゃこりゃ?」ですが・・・見慣れてくると、そこまで酷くない内容です。

『ハルヒ』の朝比奈さんは県立北高の2年生という設定ですが、本作のヒロイン(秋姫すもも)は星城学園2年というだけで、作中にはそれが同学園の中等部なのか高等部なのかの説明が一切ありません。

彼女の余りにも初心(うぶ)で引っ込み思案で騙されやすくて子供じみた性格を見てると、「この子、どうみても中等部だろう?」と思うのですが、彼女の同級生である親友(撫子さん)や相手役の少年(つわぶき君)の言動を見てると、どうも高等部っぽいし・・・数学の授業で黒板に書かれている数式・グラフも高等部っぽいし・・・??

・・・ということで、見始めの頃の違和感が半端ない作品なのですが、そこはエロゲー原作だし考えても余り意味ないかも?と諦めて視聴していくと、次第に慣れてくる不思議・・・。

因みに、《魔法少女もの》にはヒロインに魔法の指南をしたり魔法を使って何をすべきか指示を与える小動物型のマスコットが付き物ですが、本作の場合は、ヒロインの同級生の少年が、何かの手違いで夜間だけ強制的にマスコットになってしまうという設定になっていて、ちょっと珍しいなと思いました。

そして、本作には「First love that enompasses you」(※直訳すると「貴方をすっぽりと包み込む初恋」)という副題がついていて、全12話という限られた尺の中で、あまり脇道をせずに、このヒロインと相手役の少年との純愛ものとして一本筋を通したシナリオとなっていることで、意外にもスンナリと楽しめて多少の感動も出来た作品となってしまいました。

《まとめ》
エロゲー原作&萌え絵・萌えキャラで敬遠する人も多い作品だろう・・・とは思いますが、シナリオ的にはむしろ少し前までサンリオ企画でテレビ東京で放送されていた『ジュエルペット』シリーズ、とくにその最大のヒット作となった『ジュエルペットてぃんくる』にちょっと近い作品だった気がします。
(※こう書くと同シリーズのファンの方に怒られそうですが笑・・・少なくとも、ヒロインは同作のヒロイン=桜あかりちゃんと、かなり似ていると思う)
・・・ということで、戦闘系の魔法少女ではない、萌え萌え&純愛系の魔法少女ものを試しに見てみたい方には、意外とお薦め出来る作品かもしれません。


◆視聴メモ
{netabare}
・第1話視聴終了時点
マスコットが実は普通の人間、というのは珍しいかも。
・第2話視聴終了時点
すもも&撫子は、まるで『涼宮ハルヒ』のサブヒロインの一人・朝比奈みくる&彼女の親友・鶴屋さんコンビみたくて笑。
因みに、主人公の初年は『灼眼のシャナ』の主人公(坂井悠二)の親友・池速人に似てる気がする。
・第9話視聴終了時点
第1話に描かれたつわぶきの事故の犯人が確定。{/netabare}


◆制作情報
{netabare}
原作         @ピース(ユニゾンシフト:ブロッサム(2006年4月原作ゲーム))
監督         山本天志
シリーズ構成     島田満
脚本         島田満、成田良美、中弘子
キャラクターデザイン いとうのいぢ(原案)、伊部由起子
音楽         山川恵津子
アニメーション制作  スタジオバルセロナ(※現・ディオメディア){/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

=============== ななついろ★ドロップス (2007年7-9月) =============
{netabare}
第1話 運命はなにいろ? ☆ 星城学園2年・石蕗(つわぶき)正晴の園芸部入りと災難、ステラスピニア・秋姫すもも「星のしずく」集め開始
第2話 あじさい色の記憶 ★ すももの親友・八重野撫子(なこ)のすももサポート ※挿入歌「私のそばに…」
第3話 金いろ願い星 ★ プリマ・アスパラスの侮蔑、すももの七夕の願い、結城ノナ転入
第4話 夏色のプールサイド ★ 異世界フィグラーレの2つの学園の「星のしずく」争奪戦、すももの水泳特訓
第5話 ときめき色の星空 ☆ 夏休み・臨海学校、恋の勘違い(すもも&つわぶき)
第6話 やさしさいろの夕焼け ★ 入学式の出来事、結城との対決、すももの大技・敗北、つわぶき告白
第7話 はちみつ色のとまどい ★ 伝説のステラスピニア・カリン、すももの家庭事情(18年前の出逢い、如月先生との関係)、植物園の一幕
第8話 幸せいろの翼 ☆ 初デート、結城との本気勝負、飛行レシピ習得・輝る翼(すももの才能開花と結城の焦り)
第9話 かなしみ色はサンドベージュ ☆ 結城邸お見舞い、結城との最終決戦、結城のレードル暴走、すももの結城救助、つわぶき身バレ・異変   
第10話 ぎんいろの満月 ☆ つわぶきを救う高難度レシピ、結城の協力、救助成功、カリン帰還、つわぶきの記憶混乱
第11話 なみだ色決心 ☆ ユキちゃんに変化以降の記憶忘却の告知、7つ目の星の雫、つばぶき記憶忘却
第12話 初恋はななついろ ☆ 結城の秘薬調合、好きという気持ちの思い出し、球根の開花 ※ED「コイスル★フローライト」{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)5、☆(並回)7、×(疑問回)0 ※個人評価 ☆ 3.7

OP 「Shining stars bless☆」
ED 「mo・o!」

投稿 : 2019/12/07
♥ : 12

59.3 3 山本天志アニメランキング3位
Φなる・あぷろーち[ファイナルアプローチ](TVアニメ動画)

2004年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (139)
991人が棚に入れました
あるバレンタインデーの日、水原涼の家に1人の少女が訪ねて来た。彼女の名は益田西守歌。彼女は1包みのチョコと共に指輪を取り出し、強引に涼の指にはめる。それも、無理に外そうとしたら爆発するという言葉と共に。西守歌は更に、自分が涼の許嫁だと語る。こうして涼の、波乱に満ちた結婚相手選びが始まるのであった……。

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

「RTP推進委員会」少子化は漢の浪漫?

2004年10月 - 12月TV放送された。 全13話
2004年10月7日に発売のPS2用のギャルゲを元に制作された。

如何にも美少女ハーレムゲーム風のドタバタコメディ作品。

突然押掛けた爆弾テロも厭わない許嫁の猛攻(アプローチ)
による非常識な日常を送る事になる少年が次々と恋愛関係
に巻き込まれ翻弄される学園ラブコメ風の極一般的な作品。

一応シナリオはあるが、キャラ依存の作品なので特に意味
は無く、シチュエーションに過ぎないので過度の期待はNG。

「権力って便利でしょ?」という・・ある意味ポンコツ残念な
腹黒ヒロインに萌えるかどうかは正直微妙・・

国家権力とか何だとかと「押し掛け女房」タイプの鬱陶しい
ヒロインのパターンなので、本当に鬱陶しいヒロインです。

容姿は大和撫子。自称「超高性能の大和撫子」。中身は腹黒。
当然後半に其れ等のギャップを跳ね返す魅力をアピールする
エピソードが盛り込まれていますが・・他のヒロインなどの
掘り下げだったりTV向けの受けの良い描写が軸で薄い感じ。
軽くて陽気なノリで如何にもギャルゲな雰囲気なら味わえる。


水原 涼(声:岸尾大輔)私立鹿角高校2年生。
両親は既に交通事故で他界。妹の明鐘と二人暮らし。
極度のシスコン。笑穂曰く「我がクラスが誇る罵倒キング」
学費免除の義務感と保護者"春希"への恐怖から学業優秀。

益田 西守歌(声:野川さくら)鹿角高校2年に転入してくる。
突然"涼"の家に押掛け許嫁を名乗り爆弾で脅し婚約した女。
炊事/洗濯/掃除等家事技能は万能。天真爛漫で素直な正確。
何時も周囲を振り回し猪突猛進のトラブルメーカータイプ。

水原 明鐘(声:松来未祐)鹿角高校1年生。涼の妹。
引っ込み思案な性格。母親は慶子(声:田村ゆかり)
涼とは異母兄妹だが、父親も違い血縁がないと思っている。
兄妹愛は既にブラコンの域を超え完全な恋愛感情の域。

陸奥 笑穂(声:たかはし智秋)私立鹿角高校2年生。
男じみた冷徹な性格と喋り方。資産家の娘でお嬢様。
自覚は無いが美人でモテる。百合嗜好と誤解されてる。

守屋 美紀(声:田村ゆかり)私立鹿角高校2年生。
涼の幼馴染。声優養成校に通う為高校入学時に一人暮らし。
プロレス技が得意で、必殺技はスコーピオン・デスロック。

芽生 百合佳(声:皆口裕子)春希の恋人。
涼のアルバイト先での先輩。おっとりした性格。
童顔だが涼より一つ歳上で、お姉さんぶる事がよくある。

武笠 春希(声:岡野浩介)
趣味で喫茶店「プラーヴィ」を経営。通称「ハル」。
涼と明鐘の保護者。明鐘の従兄で、涼と血縁は無い。
何時も"指定席”でノートパソコンを使い何かをしている。
美形で彼目当ての女性客が多い。破天荒で無表情で冷徹。

益田 守(声:中國卓郎)西守歌の祖父。
益田グループの総帥。総理大臣とも知己。少子化対策の
"国家的お見合いプロジェクト"「RTP推進委員会」の黒幕。

益田 誠一郎(声:飯島肇)益田グループの現代表者。
「RTP推進委員会」に反対。西守歌を連れ戻そうとしてる。
西守歌の父で娘思いの頑固親父。

黒服(声:保村真)
西守歌の命令に絶対服従の容姿が同じボディーガード集団。

ノッポさん(声:中國卓郎)「プラーヴィ」の常連客の青年。

陸奥 直洋(声:中國卓郎)笑穂の兄で大企業に勤める。

犬飼(声:保村真)親が決めた笑穂の婚約者。
資産家の両親を持つ。破天荒・見栄張り・ナルシスト。

担任教師(声:稲村優奈)涼たちのクラスの担任の女性教師。

水兵(声:篠原誠、飯島肇)全員同容姿の陸奥家の用心棒。
いつも笑顔で隆起した筋肉を見せて相手を圧倒する。
口癖は「HEYHEY(ヘイヘイ)」「HAHAHA(ハハハ……)」。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

TimuTimu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

とても観やすい作品です

10~12分×13話なのでサクサク見ることができます。この時はWwishと分割で放送してたそうな。。。当時の時代背景はよく分かりませんが、藍より青しとかまほらばみたいな大和撫子系の作品の流行に乗ったような感じでしょうか。

作中で田村ゆかり役のヒロイン守屋美紀がアイドル声優目指してると言ってましたが、今やアイドル声優が当たり前みたいなところがあって時代を感じました。もちろん当時のことだからゆかりんはもちろんのこと、林原さんとみたいな人の事を言ってたんだろうなと思いしみじみしました。


悪いところは10分1クールと短いので、キャラの心理描写の掘り下げが酷い点、話の展開が普通だけど展開内容が滅茶苦茶な点(でも生物学的な男女像を描いていると思う)です。


良いところは、ギャグが軒並みのアニメより面白い点、僕が西守歌みたいな大和撫子()系ヒロインが好きな点、デザイン担当が西又葵なので、西守歌が「俺たちに翼はない」の渡来明日香を彷彿とさせるのが良かった点です。


自分の評価は低いですが、ギャグが面白く、展開もベターなので見てて損はしない作品だと思います。Wwishを削れとまでは言いませんが(あの作品も好きなので・・・)、24分1クールでやればもっとキャラの心理描写を掘り下げられるし、ギャグも取り入れられると思うので、もっかいアニメ化しないかなあ・・・。でも、もうここの制作会社7年も音沙汰がないっていう。。。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

浩平 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

バレンタインデーに壮絶な出会い

~あらすじ~
バレンタインの夜に突然現れた女の子は主人公・水原涼の許婚?
平和な日常がその日を境に一変。
これが、とんでもない日々の幕開けだった・・・。
彼女はお近づきのしるしにとうさみみバンドを主人公の頭に装着させる。
外すと爆発するという、うさみみバンド。
そして、自分は主人公の許婚だと宣言する。

ドタバタラブコメとしては大好きな作品です。
15分アニメということもあり、テンポは早いです。
また、キャラクターも魅力的です。

PS2用ゲームが原作となりますので、アニメを気にいった方は原作をプレイすることをオススメします。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

67.9 4 山本天志アニメランキング4位
ジュエルペット てぃんくる☆(TVアニメ動画)

2010年春アニメ
★★★★★ 4.1 (103)
359人が棚に入れました
宝石の瞳を持つジュエルペットは魔法の世界ジュエルランドで暮らしている。ジュエルペットのルビーはパートナーをさがして人間の世界にやってきた。
偶然ルビーと出会った桜あかりは、あかりのためにがんばるルビーが大好きになり、ルビーのパートナーになることを決意。ルビーとあかりの目標は魔法コンテスト・ジュエルスターグランプリに出場して、何でも願いを叶えることができるジュエルスターになること。
クラスメイトと魔法学校に通って魔法の勉強がんばろう!

声優・キャラクター
高森奈津美、齋藤彩夏、沢城みゆき、竹達彩奈、平野綾、清水愛、榎あづさ、ささきのぞみ、大原桃子、江里夏、赤羽根健治、福山潤

前原由羽 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

ジュエルペット10周年!!

Q:このアニメの面白いところは?
A:桜あかりという存在自体かな。私はすごく憧れるね...
自身のことは後回しにして、他人を決して卑下にしたりねたんだりしないキャラ。様々な苦難の最中にも、最後の最後まで貫き通せるなんてすごいとしか言いようがない!!
私もあかりちゃんを見習って、他人を卑下しないように頑張ってはいるんだけど難しい...
大体、卑下したくなる相手ってこちらが控えめにいると調子に乗る奴らが大半。確かに、ミリアとかそんな感じかも。だけど、環境が良いんだろうね。ミリアが暴走したら、それを止めてくれるレオンや先生たち、サンゴ、ガーネットらジュエルペットがきっちりと注意してくれる。だけど、私たちが住むレアレア界では誰も護ってくれないからね...
常識の通用しないレアレア界とみんなが笑顔になれるジュエルランド(プリパラの世界!?)の大きなギャップを感じて、私たちも私たちの下の世代も、こういう社会を作っていかないとなと思ってはいるんだけど難しい(><)

あと、魔法だよね...唱えてる呪文に何か法則性があるのかな...入れ替え魔法、10倍魔法、タイムトラベル魔法とか、いかにもハリポタを連想させるようなものも。魔法世界は科学世界とは独立したものと思ってたけど、魔法物理学というなぜか魔法を量子化できる学問があって、意外とジュエルランドって科学・魔法の入り混じった世界だったりして!?何だかんだ結構魔法は登場するけど、マジカルチェンジとは違って、ちゃんと物語があって、それに合った魔法の呪文で解決するところが爽快ね。

あかり、ミリア、沙羅のトライアングルもまた見ていて憧れるな...決して最初から仲良かったわけではないけど21話を通してからすごく深まっていったような...あかりちゃんの貢献度が大きいと思う。ミリアと沙羅の立場に立って、2人の考えを聞いて共感して、2人を仲直りさせるキューピッド役を自然とやってるように見える。友達のことを親身になって気遣ってくれるあかりちゃんもすごいし、そのあかりちゃんを護ってくれるジュエルランドという世界もすごいね。

Q:どんなテーマ?
A:友情、理想世界は書いた通り。後は、夢、教育かな。
ジュエルスターの3つのお願いの考え方も、自分思考から、他人指向、そして全員指向と変わっていくあたり、夢って何だろうなって。私の自己実現だけでない、私の周りとの関係を良くしたいわけじゃない、みんなが笑顔になれるような世界を作りたい!っていう夢、果たして今の私たちが声にして言えるほど持ってるのかな??

教育、特に感じたのが、ジュディの登場回の話。本当にジュディにしか、鐘を直せなかったのか、本当は校長先生は直せるのに敢えて生徒に直させるという流れにしたのではないかと。そして、鐘を直させるためにあえて他人への思いやりが強いのに魔法使いへのモティベーションが低いジュディを鐘つき係にしてやる気を引き起こしたのかな...そのほかにも、校長先生が出す試験もその時の主人公たちに合った難題(?)を出すことが多く、主に主人公たちはテスト中に足りなかったことに気づくという展開になることが多々なような。このようなところから、教育者はあくまでも、陰で支えて、生徒に自分から足りないものを気づかせるものなんだね。

あとは、自由ということかな。レオンが言及していた回もあったけど、確かに学校での講義よりも、放課後や課外活動の方が多いような(笑)その割に、グランプリの成績は1人を除いてみんな良かったし...こんな世界だからこそ、あかりちゃんのキャラクターが十二分に発揮できたのかも。

とにかく、あかりちゃんが大好き、この世界がずっと残ってほしいなって思ってました。2018年になって、あかりちゃん20歳記念で名作を集めたBDが発売されるそうで何だかとっても嬉しい!!この機会により多くの方々がてぃんくる☆という世界観を味わって頂けたらなって思います!!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 11

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

キャッチコピーは「女の子は誰でもステキな魔法使い!」

あにこれでキャッチさせて頂いている方から薦められて今回の視聴に至りましたが、改めて「あにこれ」繋がりの大切さを感じました。何故ならあにこれ内での情報交換やオフ会などが色んな作品を知り合えるきかっけになったから…

普段の日常では突っ込んだ話のできる環境に居ないため、日常から一歩離れて好きなアニメの話題を思う存分できる友人と出会えたこと…そして一緒の時間を共有できるのは私にとって生活の一部になりつつある…といっても過言ではありません。

この作品もあにこれでの繋がりが無ければ、きっと辿りつけなかった作品だと思います。

この物語の主人公はウィンストン学園初等部に通う桜あかり…ごく普通の優しい女の子です。
物語はあかりとジュエルペットのルビーとの出会いから始まります。
ジュエルペットは女王ジュエリーナが魔法で作ったジュエルランドの住人なのですが、自分と相性ピッタリのパートナーを見つけるために、私たちが住んでいるレアレア界に訪れるのです。
そして、ルビーは自分と相性抜群のあかりと運命的な出会いを果たす事になります。
ジュエルペットに見初められた人間のレアレアは、パートナーと一緒にジュエルランドにある魔法学校に通うことになるのです。

その魔法学校ではジュエルペットとパートナーのレアレアが一緒に魔法を勉強します。
そして魔法を覚えたりレアレアが成長する事でジュエルストーンが貰えます。
ジュエルストーンが2つ増えると1学年進級する…というシステムになっており、最終的にはジュエルストーンを12個集めるとジュエルスターグランプリに出場できる資格が得られ、そのグランプリで優勝するとジュエルスターになり、ティアラと3つの願いを叶える事のできる「ミラクルジュエルマジック」が与えられるのです。

ですが入学したばかりのあかりにとってジュエルスターは夢のまた夢…
同じ魔法学校に通う仲間と共に切磋琢磨しながら…物語が動いていきます。

全52話の大作です…あかりとあかりを取り巻く仲間についてとても丁寧に描かれているのがこの作品の特徴です。

レアレア界に住むあかりとあかりの仲間です。
桜あかり(CV:高森奈津美さん)パートナーはルビー(CV:齋藤彩夏さん)とラブラ(沢城みゆきさん)
ミリア(CV:あやち)パートナーはガーネット(CV:平野綾さん)とサンゴ(CV:清水愛さん)
沙羅(CV:片岡あづささん)パートナーはサフィー(CV:ささきのぞみさん)
ニコラ(CV:大原桃子さん)パートナーはチターナ(CV:江里夏さん)
レオン(CV:赤羽根健治さん)パートナーはディアン(CV:福山潤さん)

普段はこの5人が一緒に魔法を勉強しています。
でも入学タイミングはみんな一緒ではないので、学年はバラバラです。
そして普段みんなとは一緒に魔法の勉強はしていませんが、物語の鍵となっているこの人の存在抜きにこの物語は語れません。
アルマ(CV:高本めぐみさん)パートナーはダイアナ(CV:宍戸留美さん)とオパール(CV:沢城みゆきさん)

レアレア界での生まれた場所が違っても…学年が違っても5人はいつも一緒だしとても仲良しです。
特にあかり、ミリヤと沙羅の女の子3人組…作品の中で著しい成長が感じられます。
だってあかりが入学したばかりの頃は、決して本当の仲良しでは無かったから…

レアレア界とジュエルランドは全く別の世界…だからたとえばレアレア界で悔しい事や悲しい事があっても魔法学校に来れば…レアレア界から離れられるその間は例え上辺だけでも笑っていられた…
でもそれは問題を先送りにするだけで本当の解決じゃない…

世の中には自分の事ですら自分自身で解決出来ない事がある…
本当に苦しい時には寄りかかれる場所がある…
信じた道を突き進むために背中を押してくれる人がいる…

思わず感情が爆発して…周りを困らせた事もありました…
孤独に押し潰されそうになって泣き出した事もありました…
自分の不注意でたった一つしかない宝物を壊してしまった事もありました…

苦しみも悲しみもみんなが抱いている感情…
一人じゃどうしようもなくなったら寄り添えばいい…
ここには本音を曝け出しても受け止めてくれる仲間がいるんだから…
こんな心の繋がりと温かさが随所に散りばめられているんです…
見ているとどんどん優しい気持ちになれる作品だと思います。

でもこの3人の仲の良さはこんなものじゃありません…
物語の終盤…特に沙羅の言動は思い出しただけで目頭が熱くなります。
あかりの優しさに触発されてどんどん進化していくジュエルランドのみんな…
終盤に向け物語が一気に盛り上がりましたが展開含めて良かったと思います。

アルマ…についてあまり触れませんでしたが、あかりと対極の位置にいたのがアルマでした。
思いは純粋…けれど思いが強すぎるため結果的に思いと真逆のカードを引いてしまった…
大切で失くしたく無いモノが手からポロポロ零れ落ちていく…
そんなアルマに救いはあるのか…そして物語の顛末は…気になる方は是非本編でご確認下さい。
このレビューでは触れていない感動ポイントがたくさんありますよ。

全52話の大作です。視聴するのにそれまりの時間を要しますが、時間を割いた分だけ堪能できる作品だと思います。
個人的には節目となる「見終わった」通算1,000作品目を飾るに相応しい作品だったと思います。
これからも時間の許す限り色んな作品を視聴していきたいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 11
ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

女の子目線の正統派魔法少女(親和動機の強い内向感情タイプ)

魔法少女まどか★マギカ(TV版)を見て以来、魔法少女ものに凝っているんだけど、しかし私の心にモヤモヤとした雲のようなものがずっと掛かっていたのも事実でした。
そう、それは私の見ている魔法少女ものって、結局は男目線つまり男から見た魔法少女ものであって、“本当の”魔法少女ものとは違うんじゃないの?という強い、そして根拠のある疑念でした。

まどマギは何度見ても飽きないくらい超絶的に面白いし、魔法少女リリカルなのはも凄く面白いと思う。
しかし、これってやっぱり・・・。

ということなので、TV放送4クール全52話+OVA1話=計53話とかなり長いけど、ジュエルペットシリーズの中でも評判の特別に良いこの作品を一通り視聴してみることにしました。

{netabare}
《結果》
これは・・・新発見!
やっぱり違うよね。正統派魔法少女は。

基本的に男目線の魔法少女は「達成動機(=自分が何かを達成したい、という思いが行動原理となっていること)」が強くて、ユングの性格分類に従えば主人公は「外向的感情タイプ(まどか)」や「外向的思考タイプ(なのは)」、そしてサブヒロインもやはり「達成動機」が強い「内向的思考タイプ(ほむら、フェイト)」に見えるんだけど、

女目線の魔法少女は「親和動機(=周囲の人と仲良くしたい・心を通じ合いたい、という思いが行動原理となっていること)」が強くて、主人公が典型的な「内向的感情タイプ(あかり)」、そしてサブヒロインの方は「達成動機」が強い「外向的思考タイプ(ミリア、沙羅)」って感じでしょうか。

でも女目線でも、ccさくらは「親和動機」「達成動機」が半々くらいの典型的な「外向的感情タイプ」なので、一概にはいえないと思うけど、このジュエルペットていんくるのヒロインあかりちゃんは「親和動機」が物凄く強い「内向的感情タイプ」なので、これはこれで中々・・・というよりかなり考えるところが多かったです。

※以下は各回の評価
★が多いほど個人的に高評価した回
===============================================================
01 ルビーとあかりでドッキ☆ドキ! 2010/04/03 →★ とっつきはまあまあ
02 夢みるジュエルでドッキ☆ドキ! 2010/04/10
03 ラブラのひみつでドッキ☆ドキ! 2010/04/17
04 ミリアの魔法でドッキ☆ドキ! 2010/04/24
05 消えて縮んでドッキ☆ドキ! 2010/05/01
06 魔法通販でドッキ☆ドキ! 2010/05/08
07 月夜の魔法でドッキ☆ドキ! 2010/05/15
08 ディンドンベルにドッキ☆ドキ! 2010/05/22 → ジュディと鐘を鳴らす話。ジュエルスターを初めて目指す。
09 初めての試験でドッキ☆ドキ! 2010/05/29 → 調和の心のシュエルストーン。あかり2年生に進級。
10 ふしぎな夜にドッキ☆ドキ! 2010/06/05
11 パパの会社でドッキ☆ドキ! 2010/06/12
12 夢とマンガでドッキ☆ドキ! 2010/06/19 →★ 「私まだ恋の話を書けないよ」
13 レオンの秘密でドッキ☆ドキ! 2010/06/26
===============================================================
14 ミリアの歌でドッキ☆ドキ! 2010/07/03 → ミリアのお母さんとミリアのオーディション
15 スィーツバトルでドッキ☆ドキ! 2010/07/10 → マジカルエンジェルズ(マリアンヌ達)登場
16 ライバル登場!?でドッキ☆ドキ! 2010/07/17
17 虹のシュートでドッキ☆ドキ! 2010/07/24 →★誕生日&祐馬君のバスケット試合 
18 オババの試験でドッキ☆ドキ! 2010/07/31 → 人の心を開くJS。あかり3年生に進級
19 ニコラとチターナでドッキ☆ドキ! 2010/08/07
20 10倍魔法でドッキ☆ドキ! 2010/08/14 → ★優しい心を持ったレアレアに与えられるJS
21 どっちがどっちでドッキ☆ドキ! 2010/08/21
22 夏だっ!海だっ!でドッキ☆ドキ! 2010/08/28 → マジカルエンジェルズ再び&4年に進級
23 謎の魔法使いにドッキ☆ドキ! 2010/09/04 → 2学期開始&アルマ登場回
24 謎の旧校舎でドッキ☆ドキ! 2010/09/11 → ★急展開、アルマの本当の姿は・・・
25 禁断の呪文にドッキ☆ドキ! 2010/09/18 → ★急展開2、アルマ・祐馬の秘密、battestの封印
26 ほほえみの呪文にドッキ☆ドキ! 2010/09/25 → ★★前期〆。あかり5年生、裕馬の前で泣き出してしまう
===============================================================
27 マンガ合宿でドッキ☆ドキ! 2010/10/02 → 背伸びしないで素直に
28 音符の魔法でドッキ☆ドキ! 2010/10/09 → ミリアの嫉妬と成長。ミリア5年生
29 イケメンバトルでドッキ☆ドキ! 2010/10/16 → サルファー先生と母親回
30 思い出の写真にドッキ☆ドキ! 2010/10/23 → あかりのママの誕生日
31 沙羅とサフィーでドッキ☆ドキ! 2010/10/30 → 友情と仲直り、サラ11個目JS
32 魔法運動会でドッキ☆ドキ! 2010/11/06 → ルビー大活躍。あかり9個目JS
33 夢に向かってドッキ☆ドキ! 2010/11/13 → ★★★頑張る姉&告白。あかり6年生に
34 天秤にかけてドッキ☆ドキ! 2010/11/20 → 裕馬君返事に悩む
35 熱血コハクでドッキ☆ドキ! 2010/11/27
36 アルマと祐馬でドッキ☆ドキ! 2010/12/04 → ★急展開。裕馬&アルマ再会
37 アルマの叫びにドッキ☆ドキ! 2010/12/11 → ★急展開2。BATTEST封印解除
38 花の封印にドッキ☆ドキ! 2010/12/18 → ★急展開3。BATTEST再封印
39 スノーナイトでドッキ☆ドキ! 2010/12/25 → ★裕馬の誕生日、あかり初デート
===============================================================
40 キラキラコロンでドッキ☆ドキ! 2011/01/02
41 キノコの森でドッキ☆ドキ! 2011/01/08 → あかり&沙羅JS12個でグランプリ出場決定
42 グランプリ開幕でドッキ☆ドキ! 2011/01/15 → ★人を思いやるJS、ミリア回
43 レオンとニコラでドッキ☆ドキ! 2011/01/22 → GP一回戦、ニコラ敗退
44 夢のドレスでドッキ☆ドキ! 2011/01/29 → GP決勝T、ミリア勝利
45 ラブラブ大作戦でドッキ☆ドキ! 2011/02/05 → ★★ヴァレンタインDAY、裕馬の返事
46 逆転また逆転でドッキ☆ドキ! 2011/02/12 → GP準々決勝、沙羅&あかり勝利
47 謎の少女にドッキ☆ドキ! 2011/02/19 → GP準々決勝、アルマVSレオン
48 あかりとミリアでドッキ☆ドキ! 2011/02/26 → GP準決勝、達成動機と親和動機の融合
49 沙羅のピンチにドッキ☆ドキ! 2011/03/05 → GP準決勝、沙羅の見せ場
50 最後の魔法にドッキ☆ドキ! 2011/03/12 → ★GP決勝、意外なシリアス展開へ。
51 輝く奇跡にドッキ☆ドキ! 2011/03/26 → ★★クライマックスから収束へ
52 3つの願いにドッキ☆ドキ! 2011/04/02 → ★★★あかり魔法学校卒業&中学生へ
===============================================================
特別編 ほほえみの虹にドッキ☆ドキ! (未放送OVA) → ★★★卒業から1年後(中学生編) .
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 24

計測不能 5 山本天志アニメランキング5位
レッドバロン(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
15人が棚に入れました
風来坊メタルドライバー・紅拳はチャンピオンになるために日本にやってきた。ある事件により偶然にも冴場翔子と出会い、彼女が開発したメタルファイター「レッドバロン」を操縦することになった。成り行きからチームを組んでメタルファイトに出場することになる拳たち。だが、レッドバロンを狙う鉄面党の魔の手が彼らに忍び寄る。レッドバロンの秘密を守るため、拳は鉄面党のメタルファイターを打ち破っていく。

声優・キャラクター
山口勝平、岩坪理江、亀井芳子、水原リン、龍田直樹、塩沢兼人、高木渉、小林優子、松尾銀三、茶風林、中村大樹、沢木郁也

計測不能 6 山本天志アニメランキング6位
Reporter Blues(TVアニメ動画)

1991年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
イタリア国営放送RAIと日本の東京ムービー新社(TMS)が制作したTVアニメシリーズ。他社と異なりTMSが携わった海外向け作品は日本側のキャラクターデザインを活かすことが特徴の一つだが、本作も名アニメーターである杉野昭夫のものが採用された。時は第一次世界大戦後の1920年代。フランスの新聞社「LA VOIX DE PARIS」で働く一人の活発な美人記者がいた。その名はアントワネット・プラトゥ。トニーの愛称で親しまれる彼女は、相棒のカメラマンである青年アラン、チーフのシャイヨ、その秘書で星占い好きの女性ウラリア、さらにトニーの愛猫フィリッポたちとともに様々な事件を日夜追う。オフの時はマークたち多くの仲間が集まった音楽グループ「パリ・ブルース」でサックスを奏でるトニーだが、フランスだけでなくヨーロッパ各地に出没する女賊マダム・ラパンとその部下イゴーの悪事は決して見逃さない。持ち前の行動力をふるい、トニーとアランはマダム・ラパンの犯罪計画に挑むが。本作はTMSの作品らしくハーモニー方式を用いた画面も散見。作画にはビーボオーら日本のアニメスタジオも参加している。

計測不能 7 山本天志アニメランキング7位
ビーストウォーズII ライオコンボイ、危機一髪!(アニメ映画)

1998年12月19日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
CGアニメ『ビーストウォーズ』の後を受けて日本が独自に制作したTVアニメ『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズII(セカンド)』。その完全新作の劇場版が本作で、CGアニメ版のサイバトロン総司令官コンボイの活躍がセルアニメとして描かれる。 惑星ガイアで続くサイバトロン戦士とデストロン軍団の戦い。まだ生まれたばかりのサイバトロン戦士ライオジュニアは早く一人前に認めて欲しいと願うが、そんな彼を悪事に利用しようとデストロン軍団の破壊大帝ガルバトロンは企てる。これと前後してガイアには伝説の巨大デストロン・マジンザラックが出現。次元を超えて現れた強敵を前に苦戦するサイバトロンのライオコンボイ総司令官だが、そこに何者かが……? 葦プロダクションの実制作だったTV版『II』と異なり、本作は円谷プロダクションが実質的な作画作業を行っている。『映画版ビーストウォーズ スペシャル』全3作のひとつとして上映された。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ