岡本麻弥で横山智佐なおすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの岡本麻弥で横山智佐な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月15日の時点で一番の岡本麻弥で横山智佐なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

72.7 1 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング1位
機動戦艦ナデシコ The prince of darkness(アニメ映画)

1998年8月8日
★★★★☆ 3.9 (396)
1996人が棚に入れました
先の戦争終結より3年が経った西暦2201年。地球と木星間に和平(休戦条約)が結ばれ、人類は再び一つになろうとしていた。そんな中、ボソンジャンプを新たな交通手段として使用する計画「ヒサゴプラン」のコロニーが次々と襲撃される事件が発生する。連合宇宙軍ナデシコB艦長ホシノ・ルリ少佐は、事件調査のためターミナルコロニー「アマテラス」へ向かうが……。

声優・キャラクター
南央美、うえだゆうじ、桑島法子、日髙のり子、三木眞一郎、伊藤健太郎、高野直子、岡本麻弥、飛田展男、小杉十郎太、小野健一、横山智佐、菊池志穂、長沢美樹、置鮎龍太郎、松井菜桜子、大谷育江、一城みゆ希、山寺宏一、仲間由紀恵

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8

テレビ放送編から5年…状況は大きく変化していました

この作品はTVアニメ版の続編に位置する作品です。物語の内容に繋がりがあるので、TVアニメ編を未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

火星での壮絶なラストから5年…物語は突飛なところから始まります。
ミスマル・ユリカの父が墓前の前でお墓に向かって話しかけているのですが、その相手が何とTVアニメ版の主人公とメインヒロインだったアキトとユリカなんです。

メインキャストを序盤でバッサリって…頭の中は?マークでいっぱいになりました。
「どんな展開になっていくんだろう…」
と思っていた矢先にナデシコが登場するのですが…艦長はなんと電脳美少女のホシノ・ルリだったんです。

ルリちゃんは16歳になっていました。
世間では「史上最年少の天才美少女艦長」と呼ばれており、大人から子供までもが知っている人気ぶりなんだとか…
そしてこの劇場版は彼女を中心に物語が動いていく事となります。

TVアニメ版のナデシコの乗組員は個性派揃いでしたが、憎めない人たちばかりでした。
劇場版で見たかったのはみんなの勇姿…けれども蓋を開けてみると当時の面影は僅かにしか残っておらず、みんな地球でバラバラになってしまっていたんです。

「ナデシコに乗り込む」という事は、危険に向かって自ら進んで行く事…
だから地球上で危険と隣り合わせではない普通の生活を臨んでも構わない訳ですし、自分がその立場なら間違いなく安全を取ると思います。

でも、全員が安全を選択したかというと必ずしもそうではありません。
ナデシコの新艦長であるルリちゃんが良い例です。
彼女はナデシコを自分の居場所とし、メインコンピューターである「オモイカネ」との繋がりをとても大切にしていました。
それにオモイカネも相変わらず茶目っ気タップリで応えています。

変わる事は決して悪い事ではありません。けれど、変わらない事を選択する勇気も大切だと思います。
彼女が変わらずナデシコに自分の身を置いているのは、この場所を守りたかったから…
アキトがいて…ユリカ艦長とみんなと過ごした大切な場所だから…
自分を変えてくれた場所だから…

改めて考えてみると、ナデシコに乗り続ける理由ってたくさんあるように思います。
自分の意思でそれを忠実に実行しているルリちゃんを見ていると本当に彼女は変わったんだなぁ…と思いました。

一方、物語の方は謎のコードネーム「OTIKA」がコンピューター上に表示されてから予想外の方向に転がり始めます。
ここで感じるのは5年の歳月がもたらした傷の深さ…だったと思います。

絶対変わりたくなかった…だけど変えられて…もう戻れなくなった…
時間の使い方は自分で決める…そんな当たり前の事すらできなくなった…
途切れない思いと行き場を失った思いが交錯する…答えなんて出せないくせに…

そしてルリちゃんは呼びかけます…
旧ナデシコ乗組員はその呼びかけにどう応えるのか…気になる方は本編でご確認下さい。

約80分の作品でした。ラストも綺麗な纏まっていたと思いますが、個人的にはそこまで綺麗に纏めなくても…と思ったのも事実です。
でもルリルリの衝撃発言や続編を示唆する伏線がたくさん残されています。
絶対続編を期待させる展開なのに…
大人の複雑な事情が色々あるようですが、続編が決まったらファンが大喜びする事間違いなしの作品だと思いました。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 16
ネタバレ

Dkn

★★★★★ 4.2

アキトはどこへ行きたいの~?

七人の侍のように散り散りになった
ナデシコクルー達が、1人ずつ集結するという展開が燃えましたね~

{netabare}
小説版でアキトとユリカがTV版の最終回から、拘束された後に
2人でラーメン屋の屋台をルリちゃんと一緒にやりはじめる話は、心の底から祝福をしたというのに
最後の最後で事故って・・。悪魔かよ神様。
{/netabare}
作中でも、らしいな~と思った銭湯のシーンや電車でのシーンなど、
劇場らしい、シーン先行の印象深い場面が好きですね。


後の木星とのパワーバランスや関係性など、本編で気になっていたことや
ある種、国家反逆罪ともいえるネルガルの暴走にどういう制裁があったか。
クルー達の再就職先などw 解決してスッキリした部分も多くて、
ガチのナデシコファンなら結構納得できた劇場だったんじゃないかな?

劇場版単体で観ても意外といけんじゃないかって思ってます。

もし今からナデシコ観るって方は、先にコッチ観るのもありですね。


続きは・・まあ・・

投稿 : 2019/11/09
♥ : 13

Etzali

★★★★☆ 3.8

闇に堕ちた王子様と光に囚われた姫

(2014.2/13)

TV版の放送終了後から、2年後に制作された約79分の作品。やっぱり、劇場版となると作画の質が断然よくなっているのは当たり前ですが和気あいあいとした雰囲気のTV版とは異なり、一貫してシリアスな雰囲気で物語は進んでいきます。

TV版のレビュー・感想(http://www.anikore.jp/review/782811/)にトラジカル(悲劇的)な部分もあったらな。と書きましたが、この劇場版はサブタイトルの「The prince of darkness」の通り、主人公のアキトが最終回の後どうしてこうなったのか?その過程は描かれていないのは残念でした。

しかしその結果を観ると、戦争を嫌がっていたアキトがナデシコのクルー達との交流・異星人との戦いを通して戦争に飲み込まれながらも大切な人を守りたい意思が劇場版で意志に変わったのだと思います。

ただ、79分では尺が足りなかったんじゃないかと…欲を言えば2クールで観たかったです。まぁ、アキトの人生の一片をTV版からこの劇場版で観たと思えばいいか^^;

続編制作について佐藤竜雄監督のHPで制作中止とあったので非常に惜しい気持ちです(-_-;)

投稿 : 2019/11/09
♥ : 11

61.2 2 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング2位
魔法少女プリティサミー(TVアニメ動画)

1996年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (16)
142人が棚に入れました
砂沙美の前に、魔法の国ジュライヘルムの女王・津名魅が現れる。津名魅は魔法少女の使命を砂沙美に一方的に押しつけると、パートナーの魎皇鬼を残してジュライヘルムへと帰ってしまう…。
 『魔法少女プリティサミー』(まほうしょうじょ ぷりてぃさみー)は、別作品『天地無用!』に登場するキャラクター・砂沙美を主人公としたスピンオフ・パラレルワールド・ストーリーのシリーズ作品の総称。

声優・キャラクター
横山智佐、小桜エツコ、笠原留美、岡本麻弥、石村知子、折笠愛、高田由美、小林優子、矢尾一樹、岩坪理江、松野太紀、川上とも子、森谷密、水谷優子

ヌンサ(亢宿)

★★★★★ 4.8

斜に構えた魔法少女もの・・・好きなジャンルです

 OVA版と比べると、キャラクターの設定や一部のキャラクター(母親など)に変更が見られます。松本梨香さんが演じる母親ではなくなってしまっていた点は少し残念でしたが、岩坪理江さんが演じる母親も違った魅力があって良かったとは思います。

 作品全体に流れる"夕方アニメ感"が非常に心地良かったです。ある程度先の読める笑いでも、ベタな笑いでも、やっぱり笑えました。横山智佐さんによる抑揚たっぷりなツッコミ演技なども最高でした。

 しかし、声優陣の中で最も存在感を示していたのは、天野美紗緒役の笠原留美さんでしょう。普段の引っ込み思案な演技と、ピクシィミサに変身した後のブッ飛んだ演技とのギャップがすさまじかったです。

 スタッフ陣には、今をときめく実力者ばかりで目を疑ってしまうほどでした。そりゃあ、面白いわけです。

 OVAを見たときは、テレビシリーズがOVAよりも面白いわけがないと思っていましたが(OVAがあまりにも面白かったので・・・)、そんなことはありませんでした。僕の「お気に入り」棚に見事仲間入りです!

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1

64.9 3 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング3位
サクラ大戦 神崎すみれ 引退記念 す・み・れ(OVA)

2002年12月18日
★★★★☆ 3.8 (24)
128人が棚に入れました
 セガから発売された人気ゲーム『サクラ大戦』の人気キャラクター・神崎すみれを主役にしたOVA。帝国歌劇団のトップスターとして、また闇から帝都を守る華撃団の一員として戦い続けてきた神崎すみれ。しかし、いつしか戸惑い悩む姿が増えるようになっていた。そして悩んだ末、誇りを胸に彼女が選んだ結論は「引退」。歌劇団の舞台からも、華撃団として戦うことからも、潔く身を引くことだった。 突然のことに衝撃を受ける仲間たち。しかしすみれの決意は固く、引退が覆ることはない。誰もが心にいろいろな思いを抱えたまま、「神崎すみれ引退記念公演」の開演の時が迫る……。製作総指揮の広井王子をはじめ、これまで「サクラ大戦」シリーズに携わってきたスタッフが集結。

大和撫子

★★★★☆ 3.4

すみれらしい

すみれ役の声優が結婚で一時降板の為、制作された作品。
声優を変えればわざわざこの作品を制作しなくてもいいように思えるが、キャラそのものを引退させるのは、すみれというキャラを考えればすみれらしいか・・・。
引退記念なので、ほぼすみれのカットを入れて制作されています。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3

ガルル

★★★★★ 5.0

神様がくれた至高の一品

確かに

凄く悲しい

だが

だかしかし

可愛くて、綺麗で、美しいすみれの最後

この目にしかと焼き付けました



まぁ後々パチンコとかDSで見ましたけどねぇ~

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3

イブわんわん

★★★★★ 5.0

綺麗なラストステージでした

OVAで1話24分くらい。

サクラ大戦ファンは見ておくべき作品。
詳細はあらすじ参照。

それにしても、残念だなあ。
最後の最後まで気高く綺麗で、すみれさんらしかったですね。

たった24分ですが、神埼すみれというキャラに対するスタッフの愛情がヒシヒシと感じられました。



☆帝国華撃団花組☆はやっぱりすばらしい♪

投稿 : 2019/11/09
♥ : 8

計測不能 4 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング4位
ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!!(OVA)

1998年2月21日
★★★★☆ 3.4 (7)
40人が棚に入れました
元々は『機動戦艦ナデシコ』の劇中劇であったが、あまりの人気のためスピンオフして制作されたOVA作品。制作陣の70年代のロボットアニメに対する愛情とオマージュに溢れた一作。なお、ゲストとしてナデシコ本編のキャラクターたちが登場する。 地球征服を企むキョアック星人の魔の手を退けるため、国分寺博士は超古代縄文人が遺した設計図を基に、熱血ロボ・ゲキガンガー3を建造。3人の若者を操縦者に任命し、キョアック星人との熾烈な戦いを続けていた。そんなある日、宇宙から超古代縄文人が来襲。その恐るべき戦力の前に、ゲキガンガーとキャック星人のアカラ王子は共闘を余儀なくされる。

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.8

レッツ、ゲキガイン!

機動戦艦ナデシコ内でちょくちょく登場していた
アニメ作品をメインにした特別編。

ナデシコで登場してる時から思っていたけど
いい意味で無駄に作りこまれている作品で
70年代ぐらいのロボットアニメの雰囲気や
絵柄や勢いを見事に再現している作品ですねー。
音楽も気合が入っています。

ゲキガンガー以外の部分だと戦争が終わったといっていたので
どうやって終結したのかが気になるけど
小説版とかゲーム版とか見ればわかるのかなぁ?

【総合評価】
パロディネタを入れるアニメはありふれていても
その当時の雰囲気を再現してるアニメって珍しいですよねー。
またこうゆう○○年代の雰囲気とか絵を再現しているアニメを見てみたいけど
今の時代はもうセル画がなくなり完全デジタル以降だし
もうこうゆうのは無理なのかなぁ・・・。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 2

計測不能 5 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング5位
甲竜伝説ヴィルガスト(OVA)

1994年1月1日
★★★★☆ 3.3 (3)
21人が棚に入れました
RPGなどにマルチメディア展開した作品を原作にしたファンタジー。人間界とは異次元に存在するヴィルガスト。復活した邪神が、平和だったヴィルガストの国々を破壊して闇と恐怖で覆い尽くし支配しようとしていた。女神ウィンディーネは、迫り来る暗黒の世界を打ち砕くため、クイたち8人の勇者をこの世界に解き放つ。

計測不能 6 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング6位
魔法少女プリティサミー ~電脳帝国の逆襲~(OVA)

1996年1月1日
★★★★☆ 4.0 (3)
18人が棚に入れました
「天地無用!」で人気のキャラ、砂沙美を魔法少女役で主人公にしたOVA。脚本は天地シリーズでおなじみになった黒川洋介が担当。魔法の国、ジュライヘルムの皇女、津名魅に選ばれた地球人の少女が魔法の力でプリティサミーに変身する。普段はその正体を隠して暮らしているのだが、電脳ソフトで世界征服を企む会社と戦う。サミーはその舞台となる秋葉原に赴くことになり…。
ネタバレ

ユニバーサルスタイル

★★★★★ 4.8

90年代の秋葉原を舞台に大暴れ。知ってる人には懐かしい雰囲気

プリティサミーに関してのあらすじは1話の方にて。

この2話は想定外に面白かったです。

今のアニメ・漫画で溢れる前の電気街として栄えていた頃の秋葉原を舞台に、やりたい放題やっちゃってます。

主人公?の天地くんもPCオタクだったようで、今回は色々活躍します。
もちろん、砂沙美ちゃんも美沙緒ちゃんのためにプリティサミーとして奮闘します!


OVAらしくマニアックな方向性で大変良いと思います。でも小ネタが分からなくても普通に楽しめる、秀逸な出来です。(オチはちょっと強引なような・・・気もします)


他の魔法少女でいうと、‘ナースウィッチ小麦ちゃん’とか‘まじかるカナン’なんかでも秋葉原ネタが出てきますね。
今回のサミーはそれらのあるあるネタを踏襲した上で、一つのストーリーを作り上げている点に感心しました。


下らない話なのに何故か壮大な物語のように感じてしまう、男の野望ってテーマはやはり燃えますね。
ちなみに、EDテーマ「愛の負け戦」は松本梨香さんが演歌を歌い上げます。本気で上手いです。

{netabare} 天地と隠れPCショップ店員の合言葉の交わし合い「秋葉原は?」「飯屋が少ない」で笑いました。昔は今ほど飲食店は立ち並んでいなかったので、あるあるネタとして通じるんですね。

あとビフ・スタンダードが天地に自慢のソフトを「処理速度が遅い」と貶され、逆切れするシーンも笑ってしまいます。
「標準化のためには仕方ないんだ!マウスなんか使うな!コマンドを使え!せめてショートカットを覚えろ!」って・・・とても悲痛な叫びでした(笑) {/netabare}

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3

計測不能 7 岡本麻弥で横山智佐なアニメランキング7位
魔法少女プリティサミー~スーパーキッス(OVA)

1997年1月1日
★★★☆☆ 2.9 (3)
13人が棚に入れました
集団SF美少女もののOVA『天地無用!』シリーズからスピンオフした魔女っ子ものの「プリティサミー」OVA版第3弾。 魔法の国ジュライヘルムの美女・津名魅(つなみ)から魔法の力を授かって魔法少女サミーへの変身能力を身につけた小学生・河合砂沙美。河合家のCDショップが伊豆の海岸に慰安旅行へ行くことが決定し、ちひろママに連れられて砂沙美や親友の美紗緒も一緒に旅行へ。慕っている天地少年が不在のため少し残念な砂沙美だったが、旅行先で出会った年上の少年・摩己斗(まこと)にドキドキ。一方の美紗緒は魔法世界で暗躍する裸魅亜(らみあ)を探すために悪の魔法少女ミサへ変身するが、そこに今度はさらなる謎の男・碑露志が現われた。彼は砂沙美の変身した姿=サミーに用があるといい、ミサを魔法でボロボロにしてしまう。これを知った砂沙美は……。 本作の制作はAICが担当。なお「サミー」は1995年からOVAがスタートし、途中で完全新作のTVアニメシリーズも放映開始。このOVA第3弾はTVシリーズの完結後に発売された最終巻である。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ