後藤敦おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの後藤敦成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月07日の時点で一番の後藤敦おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

56.0 1 後藤敦アニメランキング1位
太陽の黙示録(TVアニメ動画)

2006年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (12)
66人が棚に入れました
舞台は大震災で富士山噴火や首都・東京及び関西水没により国土の五分の一を失い、地割れによる日本海峡誕生で本州が東西に分断されてしまった近未来の日本。南(サウスエリア)をアメリカ、北(ノースエリア)を中国に管理され、福岡と札幌にそれぞれ首都を構えて互いに自らの正当性を主張する南北両政府、分断された国民、台湾へ流れた難民、全世界に散った『棄国者』などを描く。

声優・キャラクター
松田洋治、小山力也、森川智之
ネタバレ

じぇりー さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

【注意】震災トラウマのある方の視聴は慎重に…

と、表題には書いたものの、私自身も被災経験があるが、冒頭の震災のシーンはそれほど見てて辛くなる…ということはなかった。当然、思うところや感じることは色々あったけれど。

ただ、今のご時世このアニメを見て、何も感じないということは、もうないと思う。

むしろ、私が戦慄を覚えたのは、他国による「復興援助」という大義名分を掲げた事実上の簒奪行為や政治的介入、そして国が2つに分断されてそれぞれ別の政府が立ち上がることにより、もはや別々の国家になってしまうこと、そして台湾への難民となった日本人たちが{netabare}受ける迫害や差別、そしてそれに抗うためにテロリストとなってしまう姿だ。{/netabare}

もちろんこの話はフィクションだけれども、実際に、このアニメのような日本の中枢を壊滅的にさせてしまう災害が起こっても、このような状況には陥らないと、言い切れるだろうか。

「黙示録」という言葉が示す通り、私はこの物語をある種の予言…というか、「首都圏、関西主要都市、中部地区が一気に大災害を被ると恐らくこうなるよ」という「予測」と捉えた。

本アニメは80分程度でそれぞれ「海峡」編と「国境」編の2話構成だ。特に前編の海峡編は、震災のシーンからその後の政治的な動きが非常にリアルに描かれており、この物語の世界観が出来上がるまでの内容を含んでいる。

後編でようやく主人公が動き出し、日本を変えるべく旅立つまでの様子が描かれている。

娯楽作品では全くない。観終わった後の気持ち良さなんてまるでない。

向き合えるかどうか、観ていて試されている気がしたアニメだった。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 3

Moji さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

某宗教アニメ作品みたいなタイトルですがこれは違います。

前編「海峡」では、大地震に見舞われ日本が壊滅状態に陥ります(「日本沈没」みたいに)。
やけに正義感の強い小学5年の舷一郎の落ち着きぶり、日本の行く末を真剣に考える政治家の落ち着きぶり。
原発でガタガタ騒ぐどこかの国の政治家に見せたい作品です。(「ローゼンメイデン」好きの首相もいましたが ・・・注)私も好きです)
後編「国境」では、舷一郎が青年になり、米中に分割統治されている日本から台湾に渡った難民達の苦悩の話です。
「国」とは何なのかを考えさせられる作品になっています。
原作漫画ではまだまだ続きます。今みたいに年一ペースで全話製作してほしかった作品です。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

HeX さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ハードな社会派アニメ?

かわぐちかいじ原作のものらしく、非常に考え込まれて作られた、ハードな世界観。

大災害で壊滅的打撃を受け、首都機能や政府機能が麻痺した場合、近隣の大国に占領・統治を受け、その結果日本人はどのように生きることになるか。東日本大震災を経験した直後だと、妙なリアルさを伴ってみてしまいそう。

漫画原作をすべて網羅できていないので、ちょっと物足りなさはある。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

計測不能 2 後藤敦アニメランキング2位
パッテンライ!! ~南の島の水ものがたり~(アニメ映画)

2008年11月15日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
大正末期に偉業を成した日本人技師の奮闘を描く劇場用アニメ。日本統治下の台湾で、南西部に位置する嘉南平原は不毛の大地と呼ばれていた。総督府から技師として派遣された八田與一は、この地に広大な灌漑施設を造るという計画を立てる。その信憑性を疑う地元の農民たちは八田に対して敵意を抱く。その中に農民の子、英哲もいた。英哲は八田の土木にかける切実な想いに動かされ、次第にダムの必要性を理解し、自らも土木技師になる夢を抱くようになる。そんなある日、トンネル工事中の爆発事故により、五十余名が殉職してしまう。結果工事の中止が囁かれ、八田は苦悩に陥る……。主題歌には、台湾人の父をもつ人気歌手・一青窈が起用された。ちなみにタイトルの意味は、現地語での「八田が来た!」。
ページの先頭へ