意味が分からないおすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの意味が分からない成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月10日の時点で一番の意味が分からないおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.0 1 意味が分からないアニメランキング1位
ブラック★ロックシューター(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (934)
4972人が棚に入れました
中学校へ進学した黒衣マトは、同じクラスの小鳥遊ヨミと親しくなる。1年間を通じて友情を深めあった2人だったが、2年生になって違うクラスに分かれ、マトに友人が増え始めた頃から、2人は少しずつすれ違うようになっていく。ある日、ヨミが学校を欠席していることを気にかけたマトはメールや電話をしてみるが、一向に通じない。落ち込むマトの携帯に一通のメールが入るが、それはヨミからではなく母からのものだった。「小鳥遊さんが行方不明になり、警察が事情を聞きに来ている。すぐ帰ってきなさい」と…

同じ頃。この世界とは違うどこかの世界で、左目に青い炎を灯し、大型の砲を左腕に装着した謎の少女が、何者かと戦いを繰り広げていた。
ネタバレ

チョビ髭 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

初音ミクはオリンピックで歌えないんか?

ソチ五輪が終わった今思う事は2020年東京五輪 オープニングセレモニーで初音ミク出演しないかなってな希望だ。
こんなことリアルで喋ればオタク脳であることがたちまち明るみになり、その後の人間関係を考えると安易に話題にできない痛発言である事は認識はできる。しかしどっかのコンビニが艦コレラッピングを施す時代だ。初音ミクならオリンピックぐらいで丁度いいだろ。
レビューの方向性を明言する為に言わせてもらうが、オープンソースが注目を集めるネット時代においてそれを象徴するエンターテイメントをいち早く具現化したバーチャルシンガーは日本の誇る発明だと思っている。

本作は初音ミクの為の「逆AMV」である。内容はsupercellによる楽曲に沿ったものであるが、着想は*初音ミクそっくりのキャラクター、から膨らませた歌詞、によって構成されており、オープンソースを発生源ととらえれば、鏡の中の鏡を覗きこむかのよう。

正直あまりに前衛的な内容に1話で脱落した。しかしミク五輪を応援するからには、本質を体現したともいうべき本作を無視はできない。いつかまた挑戦したいと思う。
現実と妄想、リアルとネット、リア充と非リア充、何をテーマにしているのか当然まだ咀嚼できてはいない。が、二極化の対比軸の中にいくつかのメタファーを含ませ現代を切り取った作品な気がする。VOCALOIDの裏返る声音を二面化された世界観に感じはした。

オリンピックに初音ミクは途方もない野望の様な気もするが、現在の歌謡曲のあり様をみると割と現実的な気もする。ネットの普及によりメディアによってつくられてきた芸能に疑問符が付いたのだ。そんな新時代の日本によるお祭り、初音ミクは神輿としてふさわしく思う。
賛同者のサンキューなんかいらない。気運の高まるレビューをくれ!!

原キャラ:ブラック★ロックシューター
イラスト:huke
   ↓
原曲:ブラック★ロックシューター
作詞/作曲:supercell(ryo)
歌手:VOCALOID-初音ミク
   ↓
アニメ2012年放送 全8話
監督:吉岡忍
脚本:岡田麿里
アニメーション制作:Ordet、サンジゲン
(本編の前身にOVA作品も存在するが内容に繋がりはないらしい)

* hukeによるオリジナルイラストから膨らませたと主張し、また商品活動をしているがそれは「営利目的でキャラクターを使用してはいけない」との禁止事項をかわす為と利用者には暗黙されている。しかし一般視聴者に誤認されることは明らかであり、さらにVOCALOIDによるオリジナル曲の浸透の経緯を考えれば初音ミクに見えて当然である。
(要するにアニメを作るには金が必要。そしてその作品の波及により本家の認知度も上がりWin&Winなのだ。だからこの作品を酷評しようとはしていない。いち正直者による落書きである。)

B面) {netabare}んじゃ公式でアニメ作ればいいんじゃねって意見も当然出ると思うが、固定イメージがあまり強く付くことはアイドルにとってその後の活動の制限になる。これがピアプロ戦略の根幹にあり、クリプトン側のデコイ歓迎に見え隠れする。
(喩えて言えばコマーシャルと役者の関係。日本ではCM女王などと持てはやしているが、自身の魅力を商品へ付着させエッジの丸くなった役者がつまらなくなっていくのと似ている。新鮮味が無くなるのと同時に監督/ユーザーにとっては束縛と成り使い勝手が悪くなるのだ。その辺の間隙を縫った立ち位置な訳だ。)

ここまで書くとアジの意味が薄れてしまうが、ミク五輪が実現したのちという未来予想がこの話に繋がる。祭りが終わった後、彼女の存在がどのように映るのか。旬を過ぎた花、ぼくらのアイドルが世界のアイドル、そんな心配もあることはある。
けどきっと祭りは盛り上がる。そんな先の心配してたら何もできない。大体「バージョンアップ」という切り札があるのだ。これこそがデジタルアイドルが手に入れた「パラレル年齢」と双璧をなす最強の切り札だ。こんな新陳代謝 生身のアイドルではまねできない。既存の推移ではないはずだ。なんとかなるだろ。

ってことで結論、【やっぱり初音ミクはネ申である】な訳だ。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

1曲の歌から作られた「心のつながり」を扱った物語。十分な出来じゃないか!

OVA視聴済み。

「ブラック★ロックシューター」というボーカロイドの曲から作られた物語です。

主人公の黒衣マト(くろいまと)は、中学生活を始めたが、同じクラスの小鳥遊ヨミ(たかなしよみ)と親しくなることで、周囲の環境が変化していく。
その頃、どこか別の世界ではブラック★ロックシューターが何者かと戦い続けていた。
通常世界のキャラクターと、精神世界のキャラクターが密接にリンクするストーリー。


十分な出来じゃないか!

迫力のあるキャラクターの動き、色鮮やかな世界、スピード感あふれるアクション。
映像作品としてだけでも楽しめました。

ただ、精神世界での戦いと日常の作画に差がありすぎたのがちょっと残念。

設定に関していえば、世界観の説明不足があります。
しかし、何でもかんでも説明し尽くしてしまうと、キャラクターの行動に矛盾が生じたり、ご都合主義な展開が目立ってしまうんですよね。
世界観を小出しにしていったのは、プラスに働いたと思います。

そして、要所要所に歌詞と全く同じセリフが出てくるのも、忘れちゃいけないポイントです。
視聴前に歌詞を見ておくといいかもしれません。
内容、セリフともに歌詞と上手に繋がっています。

たった1曲の歌から作られたアニメとしては、ストーリーも演出も満足のいく仕上がり。


テーマは「心のつながり」です。
人間はそれぞれ自分の「色」を持っている。
しかし、他人と触れ合うことでその色は混じり合い、やがて濁ってしまう。
そんな真理を「コトリトリ」という本のエピソードを通して表現しています。

また、中学生という多感な時期の少女の心。
ちょっとしたことで、心が大きく傷ついてしまいます。
それが、異世界での激しく、そして痛々しい戦いとして描かれています。


みなさんのレビューを読むと、「意味が分からない」という意見が多いようですね。
世界観が明らかになるのは後半ですし、前半は抽象的な表現を使っているので、流し見していると、たしかに意味が分からないと思います。

↓分からなかった方はこちら(私の解釈です)↓
{netabare}
心が傷つくたび、その傷を異世界の自分が、肉体的ダメージとして代わりに引受けてくれる。
そして、異世界の自分が死んでしまえば、その傷は綺麗さっぱりなくなってしまう。
その影響は現実世界にも及び、「忘却」という形で心の奥底にしまいこまれてしまう。

他人や自分が傷つく(他の色に染まる)のを怖れ、心を開くことなく暮らしてきた黒衣マト。
おかげで彼女の分身であるブラック★ロックシューターは、力を隠し、常に戦い続けています。

一方、現実世界での苦しみに耐えきれず、精神世界のストレングスと役割を交換した神足ユウ(こうたりゆう)。
ここから、現実世界と精神世界は互いに行き来できることが分かります。

そして、この二人の立場から、心のつながりによって生じる「痛み」をどう扱うか描いています。
心の痛みの原因を作らないようにするのか、心の痛みから逃げるのか。

自分のせいでヨミがおかしくなってしまったと思ったマトは、現実世界にいたユウ(=実はストレングス)の力によって、精神世界に行くことになります。
しかし、それがブラック★ロックシューターの本当の力を目覚めさせてしまうことに……。


コトリトリのエピソードにあるように、人間の持つ色は、混じり合うとどんどん濁ってしまいます。
しかし、そうしないと人間は繋がっていけないものです。

異世界での戦い、そして、ストレングスやサヤ先生の呼びかけの中、人間は傷つけ合わないと、本当の意味で繋がっていけないことを知ったマト。
彼女は、自分を傷つけ、人を傷つけ、そうやって繋がっていく方法を選択……つまり、心を開き、世界の壁を壊すことを決意しました。

そして、最後に放った光は七色に輝き、真っ白な世界を作り上げました。
その時に混じり合った色は、絵の具の色ではなく、光の色だったのかもしれません。

すべてが終わり、精神世界にいたマトもユウも現実世界に戻ってきました。
この後も、精神世界での戦いは続くでしょうが、それはお互いがいがみ合っているからではなく、そうしないと人は繋がっていけないから。
好きだからこそ、傷つけあい、本当の友情をはぐくんでいく。
そうやって、彼女たちは大人になっていく、という物語です。
{/netabare}

8話という短さですが、内容は濃いです。
もっともっと評価されてもいい作品だと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 41
ネタバレ

ブリキ男 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ブラックロックシューター 逃避と再生の物語

イラストレーターのhuke氏が姿を与え、ryo氏と初音ミクが心を与えたキャラクター"ブラックロックシューター"から生まれたアニメ。脚本は鬱物語の脚本に定評のある?岡田麿里さん。

本作に先立ってOVA版が2009年に公開されており、こちらは2012年の製作のノイタミナ枠のテレビ版。いずれも視聴しましたが、それぞれ独立した物語の趣があるものの、テレビ版がOVAの物語を補完する役割を担っている様にも見えるので、視聴する順番をあえて決めるとしたら、やはり公開順通りOVA→TVと観た方が良い様に思えます。私は逆順に観てしまいましたのでOVA版の方をあまり楽しめませんでした(汗)

少女達の友情とも恋愛ともつかぬ傷つきやすい感情とともに、逃避と再生の物語を「現実」と「虚の世界」、二つの世界を通して描きます。

登場キャラは何事にも前向きで真剣な中学生の主人公のマト、マトの幼馴染で優しさに満ちたユウ、静かで大人びた雰囲気の帰国子女のヨミ、ワガママイジワル少女のカガリ、明るく元気、乙女な心のこはっち先輩、そしてミステリアスなさやちゃん先生。主に以上の6人。他に「虚の世界」の住人が何人か登場します。

「虚の世界」におけるバトル描写は圧巻ですが、心象世界に限り無く近い世界を表現するために、血で血を洗う戦いを前面に押し出すのは若干の強引さを感じました。ただブラックロックシューターを動かしたかっただけなんじゃないかという気も‥。後半に描かれる戦いから外れた表現については好感が持てましたが、終始無言で戦っているばかりの印象があるので全体的に観るとやはりバトル偏重の表現が気になりました。

現実世界について、この物語で描かれる様に、男子でも女子でも、体が成長し切って性差が顕著に表れるまでの時代は、恋愛の対象が同性だったり異性だったりする事は珍しくないと思います。友情という言葉で繕われてはいますが、好意を寄せる相手にとって自分が一番でありたいという気持ちや、優しさを惜しみなく謙譲したい気持ち、身を粉にしても守りたいと思う気持ち‥こういうのは必ずしも異性に向けられたものではなかったと私自身は記憶しています。成長して、自分の肉体を段々好ましくないものと思い始めると、だいたいの人の場合は、好意の対象を自然と異性に移していくものですが、その当たり前の流れをものともせずに、精神的な繋がりを求めて大人に至るまで同性、異性、係わり無く、恋愛の対象と出来る人も少なからずいるのも事実です。

おと子供達がこういったゆりゆりした物語に感動させられてしまうのは性別を好ましい形に置き換えて、少年時代に同性に抱いていた、懐かしい恋愛に似た思慕の情を思い起こさせ、郷愁に浸る気持ちで感動出来てしまうからなのかも知れません。

女の子達がBLについつい思いを馳せてしまうのも多分同様の理由で、自分自身の性別についてまだ明確な認識の無かった子供時代に同性に対して抱いていた恋慕の情を、そのままの形ではなく、やはり男性という好ましい形に逆転させて、思い出を懐かしむ様な気持ちで愛でてしまいたくなるのが原因ではないかと私は思っています。

OPテーマ「ブラック★ロックシューター」について、ボーカロイド「初音ミク」による歌声は、人によるものとは情感の表現において明らかに劣っていますが、心の無いものから発せられる声は何故か物悲しく哀れみを帯びていて感情を揺さぶられてしまいます。ボカロの声にあまり好意的で無い人がいる事はわたしも知っていますが、この曲と「初音ミクの消失」だけは、これを機会に多くの人に聴いてみて欲しい曲だと思ってます。アンドロイドの悲しみに滅法弱いわたしはあれを聴いた時、泣いてしまいました。

EDテーマ「僕らのあしあと」こちらを情感たっぷりに歌い上げるのは当時ryo氏を中心とした音楽ユニット「supercell」のゲストボーカルとして参加されていたこゑださん。当時のryo、huke、両氏の心情を如実に表している様でもあり、味わい深いものがあります。

最後まで観終えて(!以下ネタバレがあります。視聴後にお読み下さい)
{netabare}
後半さやちゃん先生の目的が明らかになりますが、大切な友達を守るためとは言え、むしろ罪滅ぼしのつもりで、何の関係も無い純朴で優しい子供たちの心を次々と傷付けていく行為には、憤りが湧いてくる気持ちもありましたが、物語の荒の様なものも感ぜられました。マトもヨミもカガリもこはっち先輩もかわいそ過ぎる‥。もし現実にこんな事あったら、修正出来ないほど悲惨な事態になる事の方が多いのではと思います。もっとも、それが修正出来てしまうのが奇跡も魔法もあるファンタジーの良いところなのですが‥(笑)

憎しみや悲しみ、愛情や嫉妬を乗り越えて辿り着いた大団円には深い安堵感を覚えました。でも、苦悩にまみれて傷つき、嘘で繕い欺いた過去のもう一人の自分の姿をしっかりと見据えて、自分自身を好きになり、全き者となるなんて、大人だってそうそう出来るわけではありません。少女達の2つの世界での戦いは、まだまだ続きそうな予感がします。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13

54.5 2 意味が分からないアニメランキング2位
僧侶と交わる色欲の夜に…(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★☆☆ 2.6 (125)
403人が棚に入れました
同窓会で再会した初恋相手は、「僧侶」で「野獣」でした!?――実家のお寺を継いで僧侶になっていた初恋相手の九条君。昔のままの紳士な彼に油断していると「僧侶の前に、俺だって男だよ」と迫られて…。一夜をともにした翌日から、婚約者のフリをさせられ、ゴーインに始まったお寺での同棲生活。僧侶なのに野獣な彼に迫られて、24時間ドキドキが止まらない…!


声優・キャラクター
原舞香、鈴城葉、恋津田連也、狂々パーマ、秋山ねりね
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0

どこの官能小説のタイトルですか(苦笑)

[文量→小盛り・内容→余談が本論系]

【総括(3話まで)】
このアニメで凄いな~と思うのは、各レビュワーさんの戸惑いっぷりです(私も戸惑っている1人です)w これまで、様々な作品に対し、時には讃え、時には批判し、時には深く解釈をされていた力あるレビュアーさん達が、こぞって戸惑っている印象。なんか、「なんて言ったら良いんだろうか……」と困っている感じに親近感を覚え、なぜか癒されました(笑)

このアニメの楽しみ方は、むしろ、あにこれのレビューを読むことっすよ、きっとw


【視聴断念(3話まで)】
{netabare}
まあ、タイトル通りのアニメっすね。「よくぞアニメ化した!」なのか、「なぜアニメ化した?」かは、視聴者によってですね。私は後者ですが(苦笑)

過度なエロは苦手な上に、女性目線のエロでダブルパンチ。さらに、アニメ自体の低クオリティでトリプルバンチをくらい、完全にノックアウトされました(汗)

とはいえこのアニメ、若い女性向けらしいんで、私のようなオッサンがとやかく言うもんじゃないっすね。本来のターゲット層がどう観るかでしょう。そこが名作と言えば名作だろうし、駄作と言えば駄作です。ただ、少なくともある程度(原作の)人気が出たからアニメ化したんだろうし、あにこれのレビューは(私含め)大半酷評なので、むしろ高評価される方の視点でのレビューを読みたいっすね♪
{/netabare}


【余談1 ~ TLって、何? ~】
{netabare}
ネズミのいるテーマパークじゃないっすからね(笑)

他の方のレビュー拝見して知ったのですが、このような作品(原作)を「ティーンズラブ(TL)」って言うんですね。普通にレディコミ原作だと思っていました。

レディコミとの共通点は、「女性目線で過激な性描写がある」こと。違いは、「絵柄が少女漫画風」「編集者が女性」「ターゲットは10代の女性」だそうです。

なるほど、ターゲットが「10代の女性」って、その対義語たる(私のような)「オッサン」がハマらないのは当然なわけですね。子供だましで充分。むしろ、オッサンから高評価をうけたらまずいのでしょうw

確かに、中高生が普通にスマホを持ち、使いこなしている現代。webでなら、女子でも10代でも堂々とエロ本が読めるわけですね(隠し場所にも困らんし、タダのものもあるだろうし)。そりゃ、需要もあるわな。

うちらの世代(30代前半)は、ギリギリ携帯が(大人にしか)普及していないなかで小・中学生時代を過ごしているから、エロはエロ本が主流でした(少なくても田舎は)。1冊買うのに、どれだけの勇気がいるかは知っていますw むしろ、人生で最大の勇気を出した瞬間かもしれません(笑)

決して小さくない自尊心と引き換えに、また、バレたら先生及び親に叱られる、女子からキモいと言われる、店員から年齢を指摘されたらどうしよう……そういうリスクを犯しての、やけっぱちの行動でした(いや、マジで買うの恥ずかしくて、万引きした奴とかいたしね)。

思えばあの時、「真の成果は、リスクの先にしかない」「等価交換」という世の真理を学んだのかもしれませんw あと、隠す知恵とか、兄貴の思考を読み、隠し場所を見つける知恵とか、エロ本を買ったことを打ち明けられる友達を見定める、人を見る目とか(笑)

かたや、スマホでちょちょいとエロ本が読め、(昔のエロ本に比べ)過激で直接的なエロ画像や動画も観られるようになった、現代の子供達。だから、チャレンジ精神や想像力や野心に欠けるんですよ(暴論)

いや、ホンとは羨ましいだけですけどねw ただ、「エロを安易に得られるようになると、人間、頑張らなくなるぞ」と思っただけっす(笑)
{/netabare}

【余談 ~ とある有名なお寺でバイトして ~】
{netabare}
勿論、このアニメと違い、また、これから書く内容とも違い、真面目に真剣に信仰している、あるいはお勤めを果たしてくれている僧侶(お坊さん)が大多数なことは、承知の上で。

学生時代、知り合いのつてで、超有名なお寺でアルバイトしたことがあります。そこは、修学旅行なんかでもよく行くお寺で、初詣の時期には(何万人とか来るので)バイトを募集してるんです(時給が超良くて、1300円も貰いました)。

そこで感じたのは、「お坊さんも普通の人、いや、むしろ普通より……」ってことです。バイトに対しての態度も横柄だったし、昼食は普通に焼肉弁当。酷かったのは、閉門した後、(若いお坊さんが)普通に風俗に行く相談をしていたこと。流石にあれにはドン引きでした。

ちなみに、住職は金のロレックスをつけていました。確かに、正月のシーズンだけでウン千万、いや、億単位のお金が動くとこだから(しかも元手はタダみたいなもんだし)、儲かっているんだろうとは思いますが、なんだかな~と。

いや、そんなんは一部の超有名なところだけで、地方の小さなお寺なんて、檀家も減ってきているし、本当に一生懸命やられているんだとは思います。それでも私個人としては、「戒名とかいらんな」程度には、信仰心を失いましたよ(苦笑) だから本作を観ても、「不謹慎だ、冒涜だ!」なんて思わず、「そりゃそうだよね」と思っていました(汗)
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 24

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

同窓会で再会した初恋相手は、「僧侶」で「野獣」でした!?

この作品の原作はwebコミックの様ですが未読です。
ここまでハッキリとアダルティな雰囲気を醸し出すタイトルの作品が放送された事なんて無かったのではないでしょうか。

この物語の主人公は女子大生の深谷美桜…中学の頃淡い恋心を抱いていた九条隆秀と大学の同窓会でバッタリ再開…
ここまでの展開はテンプレなんですが、この作品の「らしさ」を感じるのはここから…
なんと九条隆秀は実家の家業を継いでお坊さんになっていたのです。

お坊さん…俗世の汚れや煩悩とは無縁の世界の人…と深谷は自分の思考を直結させていたのですが、きっとそういうお坊さんが存在したのはずっと昔…
「僧侶だって、恋愛するし、結婚もするし、それに…」この台詞を皮切りに物語が動いていきます。

物語の展開的ですが、この手の作品はきっとこんな感じなんでしょう。
可もなく不可もなく…といったところです。

でも声優さんは頑張っていたと思います。
色んな役どころがあって、この作品ならではの特徴はあったと思います。
でも声優さんの実情(王室教師ハイネのレビューで記載しています)を知ってから、役を掴んだだけでも凄いと思うようになりました。

もしこれが初めてなら立派なスタートラインだと思います。
だってスタートラインに一度も立つことなく夢半ばで諦める人が多い中、自分を表現できる場所を勝ち取ったんです。
やっぱりこれって凄いことだと思います。
今後の活躍にも期待しています。

キャラデザ…は嫌いじゃありませんでした。

しかし、今は本当に色んなジャンルの作品がアニメ化されていますよね。
この作品のジャンルは「ティーンズラブ」というそうです(wikiより)。

アニメもそれだけ多様化しているからだと思いますが、このパワーを続編が待ち望まれている作品に向けて頂けると、なお嬉しい思います。

1クール全12話で5分枠のショート作品でした。
「亜人ちゃんは語りたい」で、高橋先生がサキュバスの佐藤先生を見て時折「エロいっ…」と言っていたのが脳裏をよぎる様な場面も何度かありましたが、その手の作品と割り切ってみれば決して悪くはなかったと思います。

内容が内容だけにあにこれのレビュー数は大人しいと思いますが、現在この作品の後継に位置付けられる作品が放送していることを踏まえると、それなりに需要のあるジャンルなんだと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 19
ネタバレ

K.S さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

う・うん・・・面白いかな?

2話まで視聴

 タイトルに惹かれて視聴
 {netabare}なんなんだ!あの木魚は!ふざけんな!
 こっちゃ大人じゃ!全部見せろ!ゴラァ!
 といいたいけど無理だよね・・・
 こんなに見えないのがストレスになると思わなかった。
 内容はどうでもいい・・・{/netabare}

3話まで視聴

 {netabare}かぁちゃん可愛い!
 でも、コイツどうなのよ!
 けしからんぞ!ちみは!{/netabare}

4話まで視聴

 {netabare}愛してるの言葉はいつわりか?
 今後、分かるんだろうけど・・・
 この姑さんならうまくやれんじゃないっすか?{/netabare}

5話まで視聴

 {netabare}これ地上波大丈夫なの?
 どういうプレイなのさ?{/netabare}

6話まで視聴

 カクカク動いて内容以前の問題だと思う。
 なんなのこれ?今回はひどすぎる・・・

7話まで視聴

 ショートアニメじゃなかったらとっくに切ってる・・・
 でも前回に比べたら多少は・・・
 でも木魚版って見る人いんの?
 面白いとかつまんないとか以前の問題だと思う。
 意味不明だもん

8話視聴

 49日知らなかった・・・そういうもんなんだ・・・
 仏教の教えって・・・ベタな本だな・・・
 しかし女子絵と男子絵のクオリティ違いすぎないか?

9話視聴

 冒頭からエッチィシーンどうもでした・・・
 ストーリーに関係ないよね?
 弟さん?イケメンじゃん。
 おっ!NTR展開か?やっとちょっと面白くなってきた!

10話視聴

 声優さんの演技が棒・・・弟が見てる前でHとは・・・
 これ何プレイ?俺のモノだ!か・・・
 いいたい気持ちも分かるけど・・・
 しかし母ちゃん可愛いな・・・

11話視聴

 いきなり{netabare}立ちバック!{/netabare}へ、変態だ・・・
 しかし、コイツどうすんだ?
 おぉこうきましたか!よくやった!

最終話視聴

 これ{netabare}あまりにもエロを全面に押し出し過ぎて
 なんだかな~の作品になってるけど{/netabare}
 この部分を排除すればもう少しマシな作品になったんじゃないか?

 いっそ最後までアレだったんですがすがしいほどだったが・・・
 まっエロが見たい方はどうぞ。
 ラスト数話は最初よりはずっと良かった。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 16
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ