杉島邦久おすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの杉島邦久成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月12日の時点で一番の杉島邦久おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

64.5 1 杉島邦久アニメランキング1位
ゴクドーくん漫遊記(TVアニメ動画)

1999年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (38)
214人が棚に入れました
その名の通り自分勝手で極道な性格の冒険者「ゴクドー・ユーコット・キカンスキー」は自由気ままに生きることを本分としており、金儲けなどの悪巧みのために仲間を利用することも多々あるが、大抵はしっぺ返しに遭っている。彼を取り巻く個性豊かなキャラクターが繰り広げる笑いあり涙あり?の冒険活劇。寓話的要素が見られることもある。

声優・キャラクター
石田彰、吉田小百合、島香裕、金月真美、三木眞一郎、水野愛日、堀絢子

よると さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

あの先生が原作なんですよね

中村うさぎは当時無名(ライトノベル界では有名だったけど)で、よくこんなのを書けたなあって思います。

ゴクドー君は下品だけど、かなり自己中でとんでもない性格。
あまり石田彰さんが演じるようなキャラじゃないなって今、思えば爆笑ものですね。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 2

chance さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

【FTラノベ】【悪逆非道バカギャグ】駄菓子菓子!初見作品

ラノベありきたりFT世界でゴクドー・ユーコット・キカンスキーが悪逆非道を繰り返すギャグコメディー。

自分の都合の良い方に流れる(結果裏切り)は日常茶飯事、自分に気の有る女がいれば酒場に売る、召還に応じる魔剣を手に入れたら質に売った後召還する、戦闘になったら女を盾に置いて逃げる等々「自分が一番大事」を臆面も無く堂々と行う主人公の人間臭さはもちろんながら、そんな主人公に呆れ卑下しつつ、これまた自己中心的な正義をかざす、自己の都合に利用する、局面打破の為に嫌々協力する脇役達も人間味溢れ、数あるラノベ作の中でも一風変わった珍作。
当時「ロードス島戦記」「スレイヤーズ」「フォーチュンクエスト」とあわせて見てたであろうメジャー作でもあります。よね?

愛と友情と正義にムズシが走るタイプにオススメ?ながら、本質はギャグコメディなので昭和のギャグノリに耐えれないと辛いかも。

ちなみに私はED曲のWAKE UP!WAKE UP!WAKE UP!WAKE UP!好きで当時よくカラオケで歌ってました。

別な話、原作者の中村うさぎは最近朝日ニュースター等の政治番組にコメンテーターとしてよく出てくるので違和感バリバリです。ゴクドーくん作者→悪党心理に精通→政治コメンテーター、な訳ないか・・・

イースOVAの評価書きたいなぁ・・・

投稿 : 2020/08/08
♥ : 2

たこ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

一昔前のラノベ王道的物語

ラノベにはそれほど詳しいわけではないのだが
『悪党で自己中な主人公が大暴れ』的な作品は一時期流行しており
アニメ放送時の典型的ラノベ、いわゆる「スレイヤーズ」時代の産物である。
今や悪影響どうこうで夕方に放送することなんて出来ないだろうが
不良がいいことをすると~なギャップに近い感覚として
単なる悪党退治物語も主人公が悪側になるだけで結構新鮮に映り
その酷い行動・発現には痛快さを感じていた。
テンションの高さとテンポの良さで見る人を選ばずそれなりにウケそう
後半は若干失速したが許容範囲内。
作品の質こそ違えどいつの時代も『かっこいい悪』は憧れの対象である。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 1

56.8 2 杉島邦久アニメランキング2位
メタルファイトベイブレード(TVアニメ動画)

2009年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (16)
76人が棚に入れました
相手が強ければ強いほど燃える熱血ブレーダー銀河。
ベイバトルが大好きで、より強くなることを目標に、強敵を求めて武者修行をしている彼はキョウヤ率いる悪のグループ首狩団(フェイスハンターズ)との1対百機という無謀なベイバトルをすることになる。このバトルがきっかけで銀河と知り合ったケンタは、銀河を兄のように慕うようになり、銀河もケンタの実力はまだまだながらもベイバトルへの真摯な取り組みに好感を持ち、行動を共にし、様々なベイバトルを通して彼らは成長していく。

計測不能 3 杉島邦久アニメランキング3位
メタルファイト ベイブレード 4D(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (9)
54人が棚に入れました
宇宙では、一つの異変が起きていた。数百年ぶりに地球に飛来する星の欠片(隕石)。星の欠片に秘められた謎の力は、それを手にした人間によって善にも悪にもなる。もし、星の欠片が悪の手に渡ってしまっていたら……。そんな、ある日……。銀河たちは謎の少年ヨハネスに攻撃されている少年ユウキを助ける。ユウキは、実は天才少年天文学者にして、アヌビウスを持つブレーダーであった。ユウキは銀河たちに、星の欠片の声を知らせに来たのだと言う。彼は、ある日、空から降ってくる星の欠片(隕石)を目撃。その一つの光がアヌビウスに宿り、その夜、星の欠片の声を聞いたのだという。大いなる災いが、星の欠片の未知なる力を使って、黒き太陽、破壊神『ネメシス』を復活させようとしていると。星の欠片は、地球の命運を、選ばれし戦士『レジェンドレーダー』へ託すために自らの力(欠片)を分散させた。その力の一つは銀河のペガシスへ宿っていたのだ。地球の何処かで復活を待つネメシスを正しき力として復活させるべく、銀河とその仲間たちの新たな冒険が始まる。

声優・キャラクター
金田アキ、日野聡、加藤英美里、真堂圭、牧口真幸、津田健次郎

計測不能 4 杉島邦久アニメランキング4位
鉄拳 -TEKKEN-(OVA)

1998年1月21日
★★★★☆ 3.2 (4)
22人が棚に入れました
人気格闘ゲームのアニメ化作品。世界の軍事産業を牛耳る三島財閥の総帥・三島平八が、格闘技大会アイアンフィスト・バトルロワイヤルを開催。戦いの舞台は、平八の本拠地が置かれる島であった。そこには、平八の抹殺を狙う一八、平八を仇と目すメシェール、アイアンフィスト・バトルロワイヤルを姉妹ゲンカの決着の場としたニーナ・アンナ姉妹ら、様々な格闘家たちが集う。その中には、三島財閥の動物密輸及び動物実験の疑惑を解明すべく、自然保護団体W.W.W.C.から派遣された密輸動物監視官・風間準の姿もあった。さまざまな思惑が入り乱れるなか、バトルロワイヤルが開催されたのだった……。
ページの先頭へ