おすすめ東城日沙子人気アニメランキング 8

あにこれの全ユーザーが人気アニメの東城日沙子成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月23日の時点で一番の東城日沙子アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.9 1 ひなこのーと(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (432)
1777人が棚に入れました
桜木ひな子は人前に出るとかかしのようにかたまってしまう女の子。
動物に好かれるため、田舎では本当にかかしとして働いていた彼女だったが、口下手で人と話すことが苦手な自分を変えるため、憧れの演劇部がある藤宮高校への進学を決意する。
田舎から出て、下宿先であるひととせ荘にやってきたひな子が出会ったのは少し変わっているけれど、とっても可愛い住人たち。
同級生のくいなや一つ上の先輩にあたる真雪に、演劇部に入るために上京してきたことを伝えると、彼女たちから返ってきたのは演劇部が去年で廃部になったという話で……。

声優・キャラクター
M・A・O、富田美憂、小倉唯、東城日沙子、高野麻里佳、吉田有里
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0

デフォルメキャラ演出多すぎ!

1話
今期唯一の美少女日常なので義務感で視聴。演劇がテーマらしい。
見た所、設定はごちうさ、デフォルメギャグ演出はきんモザ(キャラデザがきんモザと同じ人なんだね、そりゃ似るわ)、OPと脇役の一人はらきすたって感じ。
つーか、くいなはこなたに似すぎやろ。大食い天然キャラみたいだが、見た目がこなたで声がガヴリールなのでクズ系キャラに見える。
主人公が巨乳は珍しい。風呂シーンは頭身が上がってるように見えるが。
男が結構出てくるのは良し。
総じて、「うらら迷路帖」よりはマシだと思う。つーかうららほど酷い日常アニメをよく作れたと思う。

2話
今回は出だしはのんのんびよりに似てたな…大家さんの×の髪飾りはひだまりのゆのっちと同じ。
所々乳や尻を強調するエロいカットが入るのが気になる。もう売るためになりふりかまわない感じ。
でも作画はとてもいい。キャラデがきんモザの人だけど、きんモザよりずっといいと思う。きんモザは監督の天衝が無能なのだろう。

3話
デフォルメ使いすぎだよなあ…非デフォルメの時はひなこはナイスバディだから凄いギャップがある。
あとひなこコミュ障すぎ、ゆあ性格悪すぎやろ。
今回もエロカット満載でそういう方向に突き進んでるんだなと。

4話
{netabare}9歳の顧問は巨乳じゃない方がいいと思うんだが…。
M・A・Oさんは歌上手い。
ひなこがヒロインを演じて最終回かな?{/netabare}

5話
相変らずおっぱい強調しすぎ、デフォルメ使いすぎ。
最後はスポ根みたいになってきたけどその路線のほうがいいかも。

6話
第一部・完。ひなこ急激に上達しすぎ。この手のアニメってみんなそうだな。
一つ気になってるのだが、
桜木 ひな子=春
夏川 くいな=夏
萩野 千秋=秋
柊 真雪=冬
とそれぞれ季節をイメージしたキャラクターになっているが、中島 ゆあは何なんだろうか。
→四人はひととせ(春夏秋冬)荘の住人だから季節がモチーフだが、ゆあは住人ではないから無関係という指摘を見かけた。
なおみなみけ、俺修羅、生徒会の一存のヒロインの名前も季節がモチーフになっている。

7話
水着回。
{netabare}顧問の先生の水着姿はもっと胸大きいと思うんだが。
こういう迷子になる話ってスマホ時代は作りづらいんだよね。デレマスでもスマホを無理矢理壊れる展開にして苦労が伺えた。{/netabare}

8話
デフォルメキャラ演出やりすぎだろ!7割くらいデフォルメに感じる。もはやデフォルメのほうが普通。
作画を崩すよりはデフォルメにしてしまえってことなんだけど、リアルになったりデフォルメになったりコロコロ入れ替わるから違和感ありすぎる。
BDでは直すんだろうか。
内容については、ゆあって劇団ひととせに入ってたんだっけ?どうでもいいや。←6話の終わりで手伝うと言ったのが入ったということらしい。

9話
大家さんのあざといパンチラシーンがあったけどああいうストレートなのはやめてほしい。

10話
エロまみれの回。その分デフォルメ演出が少ないのは良かったが…。ひととせは自主的にやってる劇団だからルリ子が仕切らないほうがいいのでは?
あとどのアニメも17歳の人を母親役に起用しないと気が済まないのかと。

11話
季節外れの年末年始回。
乳と尻しか記憶に残ってねえ…。

12話
すずらんって下北沢に本当にあるんだろうか?というかひなこにすずらんを教えたとかいう話自体忘れてるんだが。
やっぱデフォルメを減らすと作画が悪くなるな。店内でメイド服着て働いているシーンが崩れてた。
あまり最終回らしい内容じゃなかったが日常系だからいいんだろ(投げやり)。

【総評】
このアニメ、キャラクターはココアやこなたそっくりの子がいるし(本を食べるのは「文学少女」)、OPは「らき☆すた」「日常」にそっくりだと指摘されている。EDは「じょしらく」のEDに似ている。
これは「トップをねらえ!」のような他作品のオマージュを大量に盛り込む手法を萌え日常に持ち込んだのではないだろうか。
しかしこのジャンルのファンは成熟してないので「パクりだ!」って叩かれて終わりだと思う。私も別に擁護する気も起きない。

作画については彩色が明るく綺麗でキャラデザの出来もとてもいいのだが、デフォルメキャラになる演出が非常に多く、それで作画コストをケチってるのがミエミエ。急にリアルな頭身に戻ると違和感を覚えることが多かった。
またデフォルメでは無い時でもあまり絵が動いてない。どエロい静止画でごまかしている。手を抜くのが上手いスタッフだと言えるだろう。「崩れた動画より綺麗な静止画」というコンセプトで制作したのだと思う。

色々言ってきたが、じゃあこのアニメが嫌いなのかと言われるとそうでも無かったりする。美少女日常アニメ好きなら余裕で楽しめることでしょう。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 21

こた

★★★★★ 4.7

全部真剣に観ると冗長になってしまうと思われ

ダイジェストで視聴したら丁度いいです。
一応全部観ました。自分自身はというと、とくに苦にならず観れてしまうので焦りました(^^;(いつまでもこののんびりとほわほわした空間に浸ってしまう…ってな感じでw)
OPとED両方とっても良いんで好きになりました。
キャラクターの可愛さを愛でるのがメインだと思いますが、毎回楽しめる要素はありましたし個人的にはかなりおすすめしたいところです!

タグに「ドロップアウト」が入っていますが、たしかにガヴリールがいましたね(笑)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 35

みむう

★★★★★ 4.8

THE日常系

この作品は萌の日常系です!萌系好きにはたまらない♪
観てて思ったことがあまり他作品の名前を出したくないですが「ご注文はうさぎですか?」に似てるな〜と思いました。
まあ日常系だけあって同じ感じになるのは無理ないかなとは思いますが構成とキャラの感じがごちうさっぽいです。
萌系、日常系が苦手という人にはおすすめしない作品です。
背が小さい子くて可愛い子も出てくるんで言い方ちょっと悪いですけどロリコンの方にも楽しんでもらえると思います。
自然味が出てて良い作品だなぁと僕は思いましたね!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

67.0 2 灼熱の卓球娘(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (341)
1319人が棚に入れました
雀が原中学にやってきた転校生・旋風こよりは、普段はどんくさい子だけど、いざ卓球を始めると……。王者が陥落し、波乱の時代を迎えた中学女子卓球界に、彼女は新たな風を巻き起こす!?

声優・キャラクター
花守ゆみり、田中美海、高野麻里佳、桑原由気、今村彩夏、東城日沙子
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 4.0

百合×卓球

1話
女子中学生が卓球する話。
OPは出だしはゆるい感じで始まってサビで熱血バトルになるのは上手いと思う。

{netabare}なんか主人公が道場破りみたいになってるw
天才肌の主人公のこよりと努力家のライバルのあがりのライバル関係で話が進むらしい。
こよりは卓球が好きだからやっているが、あがりは皆に褒められるから卓球をやるというその不純な動機のギャップを埋めることが次の成長へのステップの鍵になるんだろう。{/netabare}
ベタベタなスポ根だけどまあ見られる。
キャラデザに抵抗があったけどすぐ慣れた。汗の描写にこだわっている。

2話
{netabare}他のスポーツ物みたいに非現実的な技は使わないのかな?
ほくとのデジタル卓球とかいかにもありそうな設定。
ほくとのスタイルはカットマンにも近いのかな?カットマンタイプは今後出てくるのだろうか。
こよりの追い上げはちゃんと描いてほしかったな。

全然ゆるくない雰囲気イイヨイイヨー。
こよりもただ楽しいだけじゃ上に行けないんだろうね。

フォアハンドとかバックハンドは解説欲しかった。わからん。{/netabare}

原作の1話を読んだら{netabare}最初のムネムネ・ほくと・ハナビとの試合は原作ではほとんどまともに描かれて無くて(ほくととは試合すらしていない){/netabare}アニメは大幅に描写が増えているのを知って驚いた。
アニメのほうが原作を端折るのが普通なんだけど逆とは。

3話
OPにセリフ入れてきたw熱いな。
今回はちゃんと解説入れてきたか。
{netabare}だんだんガンダムのニュータイプ同士のバトルみたいになってきたな。
あがりに負けフラグ立たせまくってたので勝つのかなと思ったらやっぱり負けた。
フォアファンドを解禁するのは予想通り。{/netabare}
EDが回想の映像入れて長いがWUGを売り込むためだろうか。
{netabare}部長はカットマンらしいが楽しみ。{/netabare}

4話
{netabare}あがりがこよりにあっさり勝利。
こよりはつえー奴が出てきてオラワクワクしてきたぞタイプだな。女悟空。
部長はユーフォの田中あすか先輩みたいやな。つーかはやくこよりと試合しろやァ!と思ったら続きは次回。{/netabare}
3話までと雰囲気ガラッと変わってしまった。観る前のおそらくこういうアニメなんだろうな、という想像通りの内容になった。まぁ中休み回かな。

5話
{netabare}ここでOPとEDの入れ替えとは。灼熱スイッチのロングバージョンが聴けた。
こよりに足りないのは全国を目指す向上心だったがこよりも覚醒した。
この作品のテーマは百合ラブこそパワーか。
つーかこの監督出崎演出好きだよねwグラスリップ思い出した。
後半ちょっと間延びしてたかな。もっと試合を引っ張っても良かったと思うが作画リソースの限界か。
第一部「校内激闘編」完って感じ。
次が日常回で、1クールでこのペースだと練習試合だけで終わりかも?{/netabare}

6話
{netabare}日常回。
ほくとはなぜ口を見せないんだろうか?傷がある?
部活で使う金は親がくれるやろ。
OPで目立ってる緑の子が出てきたけど頭いかれてるな。
粘着性ラバーっていいのか?野球でそういうことして回転かけるのは反則だよな。
しかし小学生の頃から店員はねーわ。{/netabare}

7話
{netabare}部長のおっぱい枕がデフォになっててワロタ。物理的に無理な体勢なんだけど。
くるりはキャラを立たせようとして盛りすぎ感あるな。この手のキャラってちっこい事が多いけどくるりはガタイでかいな。
だっこするシーンで背景ざくろの花になってるw
蠍田、かませかと思ったら結構強い。ああいう長距離レンジばかり打つ戦術ってあるのかな。ダメと言われたのは最初の2敗?
ゆらぎがどう強いのかは次回?
ライバル校に最初全く歯が立たないのはスポ根のお約束だな。
一期はこより対くるりで終わりっぽいね。やはりくるりがラスボス。{/netabare}
自分の中では今期ユーフォ2より上だね。ユーフォは百合度が30%くらい入ってて中途半端だけど卓球娘は100%振り切ってるのが良い。

8話
{netabare}ゆらはゆらゆらしながらプレイするのかと思ったら違って普通に強かった。
キルカ…やはり田中あすか先輩を思い出す。
非現実的な技は使わない作風はいいと思うが、その分地味やな。
トップをねらえ!の「お姉さま、あれをやるわ」「ええ、よくってよ」を思い出した。{/netabare}
静止画がかなり増えて紙芝居試合みたいになってしまっているが、そろそろ作画リソースが限界に来たか。予告見てもずっとこんな感じかな…。

9話
{netabare}くるりの過去…ラブライブのにこにーみたいだな。
部長を譲ったくるりの愛が重い。
こよりが卓球をするのは相手とドキドキしたいから。
ここまで非現実的な打球はなかったけどこのドライブの曲がりはさすがにないだろw
予告だとくるりも苦戦するみたいだね。
このペースだとくるり戦で2話かけて最後になんかやって一期は終わりかな?{/netabare}
静止画のアップのクオリティも若干落ちたかな。序盤は凄く上手い人が描いてたんだろうなあ。このキャラデザはやりにくそうではある。

公式サイトにある9話の原作該当部分を読んでみたが、以下の違いがある
{netabare}・原作では第一戦~第四戦はみな一斉に試合をしていて内容は描かれていない。
→アニメではこよりはあがりの試合を見てドキドキしたいから卓球をすることに気付くという筋書だが、こっちの方がいいと思う。原作は唐突に感じる。ただ練習試合なのにアニメは公式試合形式で皆やたら緊張してるのは変と言えば変だけど。
・くるりの回想で、原作では皆に退部された時はくるりは泣いていない。ざくろが来てくれた時はアニメ同様泣いている。
→アニメのほうがくるりが根はまともな人格で、原作はよりサイコパスに見える。{/netabare}

10話
{netabare}そんな曲がるわけねーだろwwwwだんだんテニプリみたいになってきたか。
気持ちいいとこ探しだと!?二人でナニしてたのやら。
部長がカーブドライブ攻略法はいくつかあるって言ってるけど部長でもなんとかなりそうだな。
最後のくるりには感動したけど敵のほうがキャラ立ってるのもアレだな。
あと二話で月ノ輪紅真深の話をやると{/netabare}中途半端な終わりになりそう。
作画は凄かったwこの回のためにパワー溜めていたのかなw

11話
{netabare}GWずっと合宿か。
紅真深は腹話術というか解離性同一性障害じゃねーかその上クレイジーサイコレズ。でも残り1話だからこの顔見せだけで終わりじゃない?出さなくても良かったのでは…。
やはり部長が最強なのだろうか。
今回はこよりが積極的だな。紅真深にライバルの匂いを感じたか…三角関係きたこれ。
卓球人!{/netabare}

12話
{netabare}11話からこよりがえらく積極的になってキャラ変わったような…。
おれたたENDは仕方ないけど、10話が盛り上がりすぎた分、11・12話の合宿は間延びした感じで2クール欲しい!というスタッフの声が聞こえる気がした。
先輩としてのあがりとこよりを描いたのはいいと思うけど。
作品テーマとして、個の強さより絆の強さが勝る、を訴えて終わった感じ。
最後に燕女学園のメンバーが出てたりと、二期作りたい!を感じる終わり方だった。
最後のこよりと隼学園との試合は一年先の全国大会?三年生はみんな服装違うから卒業した後っぽい。
くるりは少し変わった、くらいで安心した。人間そう簡単に変わらん。{/netabare}

【総評】
このアニメが合う合わないは単純に、百合が好きかどうかだろう。
本作品は汗がしたたり顔を赤らめ上気させる試合をレズセ〇クスのメタファとして描いているので、かなり百合耐性が無いとキツいと思う。
普通の女子卓球アニメが見たかった人はご愁傷様としか言えない。
(なお百合とレズビアンは別物である。百合は友情から一歩踏み込んだ段階であり、あくまでもプラトニックな関係である。ただし、この作品は試合をレズ行為のメタファにしているのだからレズアニメと言っても過言では無いのかもしれない。とはいえ実際にしているわけではないのだし、ここでは桜Trickのキスと同程度かそれ以下のコミニュケーション表現と捉えたいと思う。今期ではっきりレズだと感じたのは「月曜日のたわわ」でアイちゃんをラブホテルに誘った友人や「魔法少女育成計画」のウィンタープリズンとシスターナナの関係性だが、これらは明らかに卓球娘よりエスカレートした表現と言えるだろう)

ストーリー展開がベタすぎるという指摘があるかもしれないが、これは欠点ではないと思う。スポ根でストーリー性を高めるには、タッチみたいに登場人物をいきなり死なせるまでする必要がある。試合で番狂わせが起こる程度ではストーリー性があるとは言えない。

この作品は少女達が百合チックな友情を確かめ合う姿を愛でる物なのである。試合の作画・演出も一部を除き大迫力でかなりの見ごたえがある。非現実的すぎる技は敵味方使わずリアリティを重視しているのも好感が持てる({netabare}打球が凄く曲がる{/netabare}くらいはあるけど)。主人公に必殺技が無いというのも珍しいと思う。
まぁ今期百合アニメが多すぎだというのはわからんでもない。最近のアニメは百合かBLに偏りすぎという傾向は確かにある。来期は男女恋愛物が多いのでNL派はそちらに期待だろう。

ところでこのアニメの脚本はあの悪名高いレガリアのシリーズ構成の小柳啓伍が一部を書いている。ただこの人が書いた話は別に悪い出来ではなかった。監督が優秀ということなんだろう。さすがハガレンの監督。
エイリアン9の監督もしていて、なるほどと思った。卓球娘とちょっと似てる。

2016/12/24
https://twitter.com/syakunetsu_PR/status/812228402409193472
金銭的支援はできないのでせめて得点アップ。優れた感情描写と迫力ある試合演出からこのくらいの点はつけられる。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 16

褐色の猪

★★★★☆ 3.5

似て非なるもの

「はねバド!」見終わったら

ぜひこちらも再鑑賞を、

またも3話で脳みそ沸騰しましたw

同じ様な球技アニメでもアプローチが違うとこうも変わるもんですね。


そして、やっぱBGMいいのぉ(´ω`*)



2016.12.21 11:11 ----------

笑い有り、熱血有り、感動有り

マンガはまだ続いてますがアニメは良い所で区切り
「笑い有り、熱血有り、感動有り」
1クールに巧く纏まってます。

こーいう止め絵で見せるタイプのアニメは基本好みではないのですが
原作があーいう大胆な構図で魅せるマンガなので致し方ないか、
逆にアニメスタッフはマンガの構図を上手に熟していて感心しました。
もし普通のロボットアニメでこれ(止め絵)やったら完全否定しますが、
まあこの「灼熱の卓球娘」はスポーツ(ラブ?)コメディ路線として、
仄々TVアニメならこーいうのもアリですかね。

あとBGMが心地良いです。

オススメ、2期も希望します(^-^)




3話まで視聴 ----------

3話スゲー!

色んな意味でスゲー!

www

投稿 : 2019/08/17
♥ : 9

白猫

★★★★★ 4.2

とにかく面白かった!

萌えキャラの熱血スポコンアニメ?
そして、スポコン物らしいさわやか(?)な感動。
スポコン物の典型という感じですが、それが良かった。
絵と演出のおかげで、スポコンなのに暑苦しさはあんまり感じない。

最初は絵に抵抗がありましたが、
見始めたらとにかく面白くて一気に見てしまいました。
アニメが面白くて原作も読んじゃうくらいハマった。

特別作画がキレイなわけでなく、音楽が印象に残ってるわけでも無い。
物語・声優・キャラ・作画・音楽という評価を聞かれると
私の中ではどれもあまり高評価ではありませんが
好きか、面白いかと言われたらかなり高評価な作品です。

2期は制作されるのでしょうかね。
制作が待ち遠しいです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

71.9 3 三ツ星カラーズ(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (364)
1219人が棚に入れました
上野の平和を守るため、朝から夕方まで街を駆け回る小学生3人娘・カラーズの活躍が描かれる。

声優・キャラクター
高田憂希、高野麻里佳、日岡なつみ、田丸篤志、玄田哲章、名塚佳織、朝井彩加、東城日沙子
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.4

行きつく先はうんこだけだ…

上野公園に秘密基地を構える女子小学生トリオの日常アニメ。
1話からもう長い間視聴してきたような安定感を感じる。それは「みつどもえ」「みなみけ」辺りに似ているからだろう(琴葉がひとはや千秋にそっくり)。きれいなみつどもえ、という印象もあるがお下品ネタ皆無というわけでもなく、ウンコネタやちょっとした暴力描写などもあってそこは小学生らしさと言える。
実際に上野公園にこんなバラックを建てたらすぐ撤去されるだろうし、大都会をJSたちが駆け回るのも違和感があるが(こういうアニメって普通田舎を舞台にするよな)そこはファンタジーってことで。
上野周辺の実在の場所が多数登場する背景絵は綺麗に描けていて聖地巡りが捗りそう。行きやすい場所だし。
OP・EDはとてもノリが良く、さすが畑亜貴と言える。

1話
{netabare}あの花の「超平和バスターズ」感があるよなこのアジト。
ラブホの看板が視界に入るとかさりげなく毒が入っている。
おまわりさんをいじるのは天才バカボンリスペクト。{/netabare}

2話
{netabare}やはり秋葉には行ったか。2駅も先と言うけど歩いて余裕の距離なんだけど。
逆に鶯谷の方に行ったらアカンような。まあ上野と言う時点ですでにアレなんだけど。ソー〇の送迎待ちの人と話す回とかあるのだろうか。
地面塗ってて立ち入り禁止の話は自分が子供の頃に乾いてないコンクリを踏んで台無しにした過去を思い出したwスゲー怒られたな。
不忍池ってそんなに汚いんだろうか。汚れた環境で生きることを選択して人類は救われた。漫画版ナウシカ理論やね。{/netabare}
このアニメ背景作るのが凄く大変そう。

3話
{netabare}カラーズの黄と青は性格悪すぎに感じるが親が悪いんだな。ホストの兄ちゃんたちがいい人で良かったね。
アメ横の地下街って一度だけ行ったことあるな。さっちゃんのうんこ問答が哲学的だった。行きつく先はうんこだけだ…。ののかは何をしていたんだろう。
このご時世にニセ爆弾とか作ったらシャレにならないよな。
アメ横の看板に登ったのは危なすぎた。つーかどうやって登ったんだよ。{/netabare}

4話
{netabare}ののかの店は元々は瀬戸物屋だったのだろうか。名字はササキ。実在する「マルヤのパン」がモデルらしい。
うんこが輪廻するとか万物流転論を説くさっちゃん。また哲学か。
姉のももか登場。灼熱の卓球娘のキルカの人だけどハナビもいるんだよなw
ののかが地下街にいたのはこのためか。
そしてパレード…さっちゃんの「ハゲなのにパレード出る勇気。ドラゴンの後に誰がハゲを見るんだ?」は感動したwあまりに酷すぎて。
結衣はなんで他校のさっちゃん琴ちゃんと友達になったんだろうか?
琴ちゃんはちょっと百合っぽいね。{/netabare}
今回止め絵多すぎ!ある程度は仕方がないにしても、完全に紙芝居になってた。もうSILVER LINK.はだめなのか…ニコ動でもかなり言われてた。

5話
{netabare}昔のおもちゃで遊ぶカラーズ…しかしその面白さを理解できないのであった。斉藤がめんこの遊び方教えてやれと思ったが斎藤も若いんだね。俺の世代でもめんこはギリギリだなあ…スーパーカー消しゴムではよく遊んだが。おやじが子供の頃はつまらなかったことを教えたかったのだろうって酷すぎるw
かわいそうなぞうは泣けるよな。さすがの琴ちゃんも泣いた。
そして待望の上野動物園回。
斉藤に似てるから信用できないは笑った。
結衣ちゃんのギャグにちょっとは笑ってやれよさっちゃん。笑い上戸の琴ちゃんもスルーしているし。
動物にエサやったらあかん。{/netabare}
今回は面白かった。どうも人気無いようだが…。
作画も前回よりは頑張ってたと思う。{netabare}琴ちゃんのけん玉の動きが良かったし、動物も全部静止画と言うわけでは無かった。ハシビロコウは当然静止画だけど。{/netabare}

6話
{netabare}雑草を煮て食うカラーズ…食った時の絵がデフォルメなのか崩れてるのかよく分からんかった。
琴ちゃんのゲームが下手な弱点発覚でさっちゃんが今まで意外と気を使ってたのが分かって面白かったwバカを自称しつつ意図して道化を演じている面もあったのだ。結衣は結構意地悪なところあるな(予告含む)。
そして西郷どんに言い掛かりをつけるカラーズ。五時になったら上がるホワイトな仕事であった。{/netabare}
面白いと思うんだがやはり作画がな…動かないモブの間をすり抜けるカラーズ…。

7話
{netabare}結衣と琴葉は仲が悪化してきている…さっちゃんがいなかったら解散やな。ただ結衣は琴葉に、そっちはさっちゃんしか友達がいないんじゃないの、と言うのをこらえたのかもしれないが。それを言ったらカラーズは本当に解散だろう。
ゴミ拾いをさぼるヒントを与えた斎藤は警官失格。反対しない結衣もクズやなw
銀杏はさっちゃん母にでも料理して欲しかった。
ハロウィンは上野の人たちノリよすぎ!{/netabare}

8話
{netabare}結衣はツッコミ上手いと思うけどなあ。いざやれと言われるとやりづりらいのだろう。
上野の科学館は存在自体知らなかったな…。
日常アニメにはなぜか必ず福引の話がある謎。{/netabare}

9話
{netabare}結衣がドSキャラにまい進している…。琴葉もよく我慢してるよな。
結衣みたいな片結びって髪に変な癖つかないのかな。
おやじは意外と歳行ってたら10年後大丈夫じゃないかもな。{/netabare}
琴葉が帽子を取らない謎はいつかわかるんだろうか?

10話
{netabare}斎藤は青森出身なのか。青森に謝れは笑った。
このアニメは禿げに厳しすぎ!
招き猫盗難事件はさっちゃんは真相分かってたから黙ってたのか。
猫にメロンはもったいないと思った。{/netabare}

11話
{netabare}上野公園には本当に杉は無いんだろうか。
お花見の話は次であるんだろうか?
今回さっちゃんが本編でうんこと言わなかったな。{/netabare}
今回は作画が良かったがいつもこのくらいならいいのに。

12話
{netabare}便秘は腹筋を鍛えればよくなる。
さっちゃんが交番の電話に出るのはさすがにイラっとした。
コロッケ屋の事件は結局何だったのか。
最後に上野公園名物花見の話来たね。
よっぱらいとバトルするのかと思ったら騙して稼ぐ方向で来たか。
桜が咲く時期で就活ってするか?
道端で寝るのはやめさせろよ警察官。一番クズなのは斎藤でしたってことで。{/netabare}
最後にまさかの同じ原作者のアニメ発表。ショートっぽい気もするが。
作画は最後まで良くなかった。動かないモブの間を駆け抜けるのだけはやめて欲しい。

【総評】
ウケが良さそうなジャンルの割にあまり人気が無いように見えるが、「苺ましまろ」や「みつどもえ」と同様に、お行儀の悪いJSたちのキャラが合わない人が多いのかもしれない(私は苺ましまろは喫煙の方が不快だが)。そういう人はオーソドックスな作りの小学生日常アニメ「今日の5の2」を見るといいだろう。もっともこれはこれでエッチネタのせいでやっぱり不評かもしれないが。

あとこれはヨタ話。ゆゆ式で「ゆずこと縁は唯の幻覚で存在しない説」というネタがあったが、三ツ星カラーズでも「さっちゃんと琴葉は結衣の幻覚で存在しない説」が成り立つと思う。以下は根拠。
・さっちゃんと琴葉だけ髪の色が非現実的
・結衣はさっちゃんと琴葉とは違う学校でどういう経緯で一緒になったのかわからない
・夏祭りやお花見で結衣の友達はさっちゃん・琴葉と接触しなかった
・カラーズ3人と話す年上の登場人物は結衣の知人ばかりで、病気の結衣に合わせてあげている(知人でない場合も多いがそれは全て結衣の幻覚)
・モノクロ大佐の世話は結衣がしている
・結衣はだんだんドライな性格に変わっていくが(大人に近づいている?)、さっちゃん・琴葉は変わらない。ゲームも上手くならない(自分より下の人間が欲しい結衣の潜在意識によるもの?)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19

野菜炒め帝国950円

★★★★☆ 3.6

何故ロリアニメを見るのか? そこに幼女がいるからだ

上野を舞台に3人の女子小学生たちの日常を描いた意欲作。

はっきり言えば物語的には大して面白くもなんともない。
あくまで日常系なんでカラーズ達の行動と街の住人たちとの微笑ましい交流を眺めてほっこりするのが正しい楽しみ方と言える。

しかし人によっては不快感を覚える場面も多々あるかもしれない。

それは何故か?

カラーズの行動が明らかに行き過ぎてる場面も決して少なくはないからだ。
まるで狂ったYOUTUBERのごとく正気を疑うような行為もあるのは否定出来ない。

子供のやることだからとニッコリ流せる人ならいいがそうでない人ならイライラ限界突破間違いなし。

そういう自分も寛容ぶってるわけでもないが実は前者の人間なのだが子供だから許せるというのとは少しばかり違う。

そう。(可愛い)幼女だから許せるのである。

これが仮に幼男・・・例えば野原しんのすけ辺りが同じことをしたとしたらおそらく時と場合によっては殺意の波動を抑えきれなくなってしまうかもしれない。

そして作品最大の美点。
それは今更言うまでもないが可愛い3人のカラーズたち。
3人とも見た目も性質も違うんでそれぞれ誰がお気に入りかというのは割れる部分かもしれないが個人的には1強状態だった。

誰だ?

琴葉しかいないだろう。

実はこの子の場合1話だかで人の頭を踏みつけてた場面から心を鷲づかみにされていたのだ。
あのルックスにクールを装った愛くるしい性格に毒舌。
完璧すぎて怖い。
そんな子に踏みつけて欲しいなんて願望はM男なら誰しもが思う健全なモノではないだろうか。

それ以来OPから含めて本編でも我の視界の中心には常に琴葉がいた。
やばいストーカーのように琴葉の姿を追い続けたのだ。
千と千尋の顔なしと今なら分かり合えて友になれそうな。そんな気がした。

赤と黄色の2人も可愛いのは間違いないのだが琴葉の前では霞んでしまう。

本来なら黄色のような子は見た目も含めて好みなのだがこの子の場合致命的な欠点がそんな思いを破壊する。

それは何?

品が無さ過ぎる。

うんこうんこ言いすぎやねん。

自分は女の子には一定の気品がないと萌えない性質なんで例え小学生でも譲れないのだ。
気品は大事。すごく大事。

別アニメの話になるがいくら見た目が良くてもはいてないと分かった時点で瞬時に萎えてしまうのだ。
いや穿けよ・・と。
単純に下着描くのが面相なだけではないのかと。

萌えと羞恥心と気品について話すとこれまでの2倍以上の長さになりそうなんで話をカラーズに戻す。

戻してはみたがもう作品について特別語ることもないことに気づいた。

結局は最初の2行~4行目に書いたことがほぼすべてだろう。

萌えなさい さすれば道は開かれん。

そう言えばロリアニメの割りに唐突なシャワーシーンだの事あるごとに映し出されるお尻や太もものアップ等が比較的控えめだったのは良かった。

幼女でそういうのは割りと引く。

「豚ども これで満足か!? ゼハハハハ! ロリの夢は!終わらねえ!」とか言われてるようでなんだかなあ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 38
ネタバレ

ezo

★★★★★ 4.2

カラーズぱわーで乗り越える(BD全巻購入

1話目感想
{netabare}
黄色はよくいる感じの悪ガキタイプ。

青は見た目大人しそうだけどサイコパス。

赤は少し気弱で一番まとも。

そんな3人に付き合う斉藤は優しいのか暇なのか。

キャラは特徴あるしマイナス要素も特にないし気楽に観れる感じで良いと思う。
{/netabare}

2話目感想
{netabare}
秋葉原までのあの道は見覚えある。知ってる場所が映るとなんか嬉しい。

赤はツッコミ上手。将来有望。

そしてとにかく黄色がクソガキ。「大声出すよ」は笑った。
{/netabare}

最終回まで観終えて
{netabare}
やってることは酷すぎるんだけど観ていて楽しいのはアニメだからこそかな。

結衣の辛辣な部分が見え始めてから面白さが加速していった印象。

子供の無邪気さを良く描けている良い日常ものだったと思う。

{/netabare}

個人的には円盤を買うほど気に入った作品だったけど売上はたったの604枚...。メイン3人がクソガキすぎて受け入れられなかったのかな...。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 13

63.8 4 アニメガタリズ(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (261)
919人が棚に入れました
高校一年生の阿佐ヶ谷未乃愛(CV:本渡楓)は、同級生の上井草有栖(CV:千本木彩花)に誘われ、アニメ研究部を発足させることに。同級生の高円寺美子(CV:東城日沙子)やアニメ好きの先輩を出会い、未乃愛はどんどんアニメはまっていく。そしていつしか、世界を滅ぼす展開に!? 個性的なアニメ研究部員達の活躍と、アニメを熱く語るマシンガントークが炸裂する新感覚日常アニメです。

声優・キャラクター
本渡楓、千本木彩花、東城日沙子、寺島惇太、伊藤節生、伊波杏樹、高橋李依、西明日香、高森奈津美、高木美佑、花澤香菜、古川慎、丸山ナオミ
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.7

怒涛の如く放たれるパロディネタ…そしてメタフィクション展開へ※「ユクトシ、クルトシ」追加

前置き:{netabare}俺のアニメ知識に嫉妬するような荒らしレビューも見かけるけど、別に自分の知識量は普通だと思っているし(ケチつけてるクズが無教養なだけw棚やレビュー数からしてニワカ丸わかりw)、俺もテニプリネタとか分からないのが有ったのは他の人に言っているので別に得意げになっているわけではない。まあそういう悪質な荒らしのレビューは読む価値無いしサクッとブロックするだけだが(嘲笑)向こうはブロックしてないから「どうかうざっしーさん読んで下さぁい!お願いしますぅ~」って思ってるのかなあwバ~~カ。あにこれってカスばっかw{/netabare}

女子たちがアニメを語るためにアニメ研究部を立ち上げる話。今期のサブカル枠?(新興のDMM Picutes制作であのAKIBA'S TRIPもここなんだよね…カルトアニメを作るのが好きな会社のようだ)
作品の性質上、大量の他作品のパロディネタが盛り込まれていて、それに突っ込んで楽しむアニメではある。
一瞬しか出ないネタもあるので停止と巻き戻しをしながら見ると良さそう。
なるべく最近のアニメのネタを使うようにしているようで、見ていて新鮮さはある。古いアニメの定番ネタも押さえているけど。
ただひっかかったのは2話で{netabare}「うちを入れて6人や」と言ってたけどオリジナルのラブライブは「9人や、うちを入れて」なんだよな。{/netabare}

一見アニメに詳しい人向けに感じるが、むしろアニメオタク入門アニメとしても有用なのではないかと思う。男キャラの出番も多いので女性にもオススメ。

アニメガタリズと言うだけにアニメについての議論をする回もあるが、上井草さんのような{netabare}アニメ>原作を主張する{/netabare}アニオタって現実にはいないと思うんだが…。
アニメであまり描かれないような対立を描いた2話の展開は「げんしけん」を思い出したが、あの名作を彷彿とさせるだけ良かったとも言えるだろう。

終盤は賛否両論になりそうなメタな展開になるが、こういうメタフィクションな作品の代表として「勇者特急マイトガイン」が挙げられるのでdアニメストアで最終回だけ見てみた。しかし{netabare}ラスボスの三次元人は監督でも視聴者でもなく、二次元を支配しているという妄想に憑りつかれただけにしか見えなかった。{/netabare}思ったほどメタじゃなかったなという印象。

各話感想
1話
序盤からパロディネタ満載だな…わからんのも多いが。というか分からないネタはそれがパロディかどうかもわからないよね。
{netabare}ガルタン(ガルパン)の経済効果のニュースやっとる。
ばくそう(ばくおん)を日常系の皮をかぶったバイク物と言っているけど日常系だよなあ。
いやいつも今みたいなキモオタトークはあかん。
ぬる星やからってwwww
時かけとレプリカ(パプリカ)って、パプリカは初心者向けじゃなくね?
あのすばらしき愛と祝福を!ってwあのすばって略されてんだろうな。命かけてと~♪{/netabare}
1話は微妙。予告で1話で切るなよって言われてるけどそれがトドメになって切られまくってそう。

2話
{netabare}新聞で宇宙エレベーター。Gレコで採用してたな。冨野監督は嫌いなSF設定らしいけど。
ハルヒパロきたあああああああああ!!新入部員募集と言えばバニーガール姿に決まってるじゃありませんの!
未乃愛のほうが胸があるなw
「ラノベ枠」なんて言い方するか?
リゼロネタきたwあなた勤勉ですわねwwww脳が震えますわww
ラノベオタとアニオタの対立が始まる。
ガガストは文ストのことなのか。
でたー3話で死ぬアニメは名作。でも艦これは…。
主人公機が量産型機だと名作ってアルドノア(ry
ついにでた禁忌ワード・原 作 信 者
またダメってループしてる伏線?
うちを入れて6人や!!!!!!!!!!でもオリジナルは「9人や、うちを入れて」なんだよなwwwwwwwww{/netabare}
話題になっただけに結構楽しめた。

3話
{netabare}オータムウォーズ(サマーウォーズ)、色々混じってないかw
エリカ先輩は腐女子枠かと思ったがレイヤーか。
とうまぶとか泣き虫サドルとか女子向けのやつがポンポン出るな。
アニメイトに許可取らなかったのか。実名で出てくるアニメたくさんあるのに。
ダブトーンってラブライブなのか?
ミクロスγ→マクロスΔは笑う。
かわいいは正義って言うならぐぬぬもやってほしかった。
緋眼のアリナ(緋弾のアリア)ってガンバトル物だからそういう作品じゃないやん。
コインって超電磁砲のこと?弾丸として使ってるんだしこのケースで言うのはちょっと違うのでは。
でた「原 作 派 で す が」
やっぱりまどかネタきたああああああああああああああ!!マミさん他作品でも食われまくりやな…最初にやったのはgdgd妖精sだと思う。
でもまたマミるネタか…とも思うので、その後のラブライブ3話ネタのほうがツボだったかな。
つーか俺は1~2話で切ることが多いけど。
3話でどんでん返しが無かったらずっとその路線というのは言い過ぎだよな。
…で、このアニメの3話はどうなの?
未乃愛はカイカイ先輩がタイプなん?
まおえい(まおゆう)って見てないんだよな…あの原作者が嫌だからw
やっぱギレンパロ来たかwww「そのネタ、いく?」って視聴者も突っ込むわw
カイカイの演説の内容ってあまり有効に思えないんだがw
腐女子は高円寺の方かw腐女子票も入ったw
水槽は魚じゃなくてけいおんのカメにした方がいいと思う。つーか最後ネコ先輩に食われてたけど。{/netabare}
パロディネタに「いや違うだろ」って感じることも増えてきたような。でもベタとは言えまどかネタをやったので満足だけど。
女の子アニメかと思ったら男も結構目立っているのが良い。

4話
{netabare}田村君はいつもけだらけ←たなけだの扱いひどい
カオス・マッドノヴァはカオスヘッドか?
このすばのゲロシーンとか細かい所拾うなwそこ繰り返し見てどうすんねん。
売上ネタきたー。SHIROBAKOでもやってたけどね。えくそだすが四千(多分出荷)しか売れなかったって平岡に言われてた。
製作委員会はやっぱゼーレのイメージか。
水槽の魚が復活している。
中野先輩がラブライブの話をしているのに未乃愛に全然通じないという。
イミワカンナイwww
はいシュタゲネタ。未来ガジェット。
先輩なら作れますよね!って何気に酷いな未乃愛。
次はコミケに出るのか。ますますげんしけんに近づいて行くな。{/netabare}

5話
{netabare}あると思ったコミケ回。
甘々と稲妻とかアンジュ・ヴィエルジュとかマイナー所をネタにしてる。
未乃愛のお姉ちゃんはオタク知識がある?お姉ちゃんとエリカ先輩は「アニメガタリ」でコンビになるんだよな。これは前日譚。
缶バッチの「Roux:0 ゼロから始めるカレーのレシピ」w究極のカレーを求めて死に戻りしまくる話か?
トイレが最大手w
今の時代はスマホあるから道迷うイベントはおかしい。
唐突なざーさんキャラ。
無彩限のファントム・ワールドのパロw京アニの黒歴史。
えっ企業ブースだけでおわり!?これはちょっと…。{/netabare}
失速。内容が薄くなってきてネタ切れ感が漂ってきた。やはりげんしけんに似てげんしけんに遠く遠く遠く及ばずという印象。

6話
{netabare}ガルパンの聖地巡礼回か。
カイカイは高円寺さん狙いなの。
ガルパンに絵を似せ過ぎに感じるw音楽も似てるw
ガールズタンクトップってタイトルだけどやっぱ戦車が出てくるのか。
ユーリオンナイスw
ドンマチはわかるがアエコイはわからん。ニセコイ?ドンマチがダンまちとも限らんか。
俺様物語って俺物語か。
本当に光を入れるのかw
なお本当の意味での白い光は入れない模様。
安定の腐女子オチ。{/netabare}
ぬるい内容になったな…序盤のギスギスのほうが良かったのだが。伏線もだいぶ忘れてきた。

7話
{netabare}高校生がアニメ製作とかSHIROBAKO1話思い出すわ~。
アイドルマイスターwラブライバーなのに。
絵里香先輩の絵がガチ女の子絵。
挙がっているショートアニメが自分が見てない奴ばかりで悲しいw
アイキャッチがヤッターマンパロ。生徒会3人はドロンボーのイメージなのか?
序盤の伏線をぼちぼち回収開始?
ちゃんみこチョロいな。
それ監督じゃなくて演出じゃね。絵コンテ描く監督も多いけど。
でた線多すぎで動かせないw
脚本家はコンテチェックで修正権限あるんじゃないのかなあ…実際は直せないのは業界の闇だね。
絵里香先輩の仕事は制作進行でもあるな。
アフレコで絵が出来てないってネタ、もう何度見たことだろうw
中野先輩が音響監督として有能すぎる。
制作進行の逃亡あるあるすぎるってw
でた万策尽きたw
アニメ製作が題材だけど{/netabare}このアニメ自体の動きがカクカクしてるところがあったw

8話
{netabare}しょっぱなから前回のラブライブパロwwww
口元エロとかマニアックすぎる。
いのりんキャラが姉ってやっぱ違和感あるな。
AKIBAKOってw
唐突なアムロパロ入れんな。
安西先生パロは最近ラブ米でやってた。
テニスの若様は笑えるw
グデンダランってwパパはロボオタなのかな。
絵里香がマヤに会ってしまうとアニメガタリで困るのでは。
アニメの出来ひでえw製作中は見てるともっとマシなのが出来そうだったのに。
ユイリンがめぐみんと同じ声なんですがー。
いや面白くないだろwww
ダンスはEDのつかいまわしやんwww
最後はらきすたEDパロか。{/netabare}

9話
{netabare}アニメの打ち上げについて「~だそうだ」といちいち伝聞調なのが笑える。
やけに弱虫ペダルを推すな。この辺は見てても分からんw
童夢くんって名作なのか?これもわかんねーなー。
ロボコンはグレンラガンよりロボティクス・ノーツを勧めた方が良くね?
咲→シャケは無理がなくね?
響くフレンチホルンってw橋の上からうまくなりたーい!
出崎演出って言えよ。アキバズトリップでは金田パースとか言ってたやん。
アイキャッチがスカイラブハリケーン。
ずっとAパートだったのか…。
ショウアップロッキン?
聖帝十字陵wwwww
囲碁バレーって日常の囲碁サッカーのパロかw北斗の拳ネタの直後で落差が大きすぎw
ロボの足のシーン尺稼ぎしたねw
ガーリッシュナンバーの主人公の性格は俺は嫌。
中野オーロラ先輩はなぜ裏切ったのか。{/netabare}

10話
{netabare}OPが唯だけになってるw
学園長がマシンガンの如くパロネタを飛ばしている。
学園長は古いアニメ好きだなw
おそ松さんパロかw
しふくぅ~やめろw
ぬるぽ←ガッ!
魚だけ生き残ってどう感動するんだよw
やはりオーロラが黒幕か。{/netabare}
今回は「アニメガタリ」だったな。

11話
{netabare}世界が昭和アニメ化してる…。
マチコ先生のパロきたかー。
画面が4:3になってるw
アニメキャラがアニメの中にいることに違和感をおぼえるというメタフィクション展開。
うわーメタ、帰宅部活動記録やえとたまを思い出す。
ホラー展開やな。
ラスボスは監督か?
実は原画で作られた世界だった…いや全てのアニメはそうだけど。あいまいみーでもやってたなこの演出。{/netabare}
なかなか斬新なメタフィクション展開だったwこういうことやったアニメは過去にもあるけど。エクセルサーガとか。

12話
{netabare}なんで2016年?
黒幕は森井ケンシロウ監督…。メタですね~。
オーロラというDQNネームを変えたいというただそれだけのために…。
ポプテピピック延期ネタを入れるとはwww大川ぶくぶ先生反応するかな。
妹さえいればいい。は提携してるから実名出せるんだね。
この展開って「マトリックス」「BLOOD-C」「彼女がフラグをおられたら」に似てるな。
ネコ先輩の説明がマサルさんのパロw
総集編に飲み込まれかけてるw
このスタッフってグレンラガン好きだなあ。
企画段階の名前ってメタすぎぃ!
なんか終わり方が微妙だな…最後は実写になって現実世界に戻るでも良かったのでは。
部室にいた猫耳の子がよくわからなかった。{/netabare}

2018/1/1
http://www.nicovideo.jp/watch/1514427547
ショートエピソードが公開されてる。
{netabare}みのあが独りで喋るだけだけど。攻殻や東のエデンとかのパロ入ってるね。
パプリカ好きだなあw
わけがわからないよとかまどかマギカネタもキター!{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 21

えたんだーる

★★★★★ 4.2

今期大穴枠…(笑)!? アニオタ談義か世界の危機か…?(終盤展開は物議を醸すかも?)

オリジナルTVアニメ作品。

映画館(TOHOシネマズ)で作品上映前に上映されるショートアニメ『アニメガタリ』シリーズの前日譚らしく、高校のアニメ研が舞台となるようです。

主人公は「小さい頃は人並み(か、ちょっと上?)くらいにアニメを観ていた」という阿佐ヶ谷未乃愛(あさがや みのあ)、お金持ちのお嬢様でアニメオタクを隠している上井草有栖(かみいぐさ ありす)、ラノベの好きなオタク少女である高円寺美子(こうえんじ みこ)、みのあの友人で陸上部所属の小幡唯(おばた ゆい)あたりがメインキャラなんでしょうか?

みのあの姉の摩耶(まや: CV.水瀬いのり)は『アニメガタリ』からの横滑りキャストのようですね。

第1話ではみのあが「小さい頃に観ていたアニメのタイトルがわからない」と唯に話していたのをありすとみこが横で聴き耳を立てていたところからの展開。

さあ、どうなるんでしょう? 楽しみにしています!

2017.10.16追記:
第2話を視聴。青山絵里香(あおやま えりか)も『アニメガタリ』のエリカからの横滑りキャストですね。タイトル通り(?)、アニメについては結構「語り」ますね。「アニメ→原作派 vs 原作→アニメ派」とか。

これだけアニメネタをぶち込んできても、ちゃんとストーリーが進んでいるのが凄いです。

他はともかく『ルドルフとイッパイアッテナ』(ネコ先輩のセリフ:「いっぱいあってな」)、元ネタめっちゃわかりにくい…(笑)。

2017.10.23追記:
「三話切り」の話題で未乃愛が三つに輪切りにされたちくわを思い浮かべるんですが、その後にまどマギとラブライブ!がネタにされているときも説明の時の絵が謎のちくわキャラのまま続くのが何かシュールで面白かったです。

アニメショップ店内BGMが『AKIBA'S TRIP』のOP「一件落着ゴ用心」。これは正式にEDでクレジットもされていましたね。

あと、大量のDVD(or BD?)を目にしたときの未乃愛の「ぎゃふん顔」、昭和かよ…(笑)。

そして各分野のエキスパートからおたく知識を仕込まれる未乃愛ちゃんの、『おたくのビデオ』における久保(主人公)ポジションぶりが板についてまいりました。

2017.11.6追記:
夏コミ回、と見せかけつつたぶん伏線回…?

お父さんは早朝から謎の行動ですね。(棒)

そして新キャラの中国人美少女が登場したり、絵里香先輩はコスプレ仲間の参加サークルから謎の噂を聞いたり……。

初心者がいたということもあってか、1年生女子組は企業ブースを回っていました。美子はもしかしたら全日参加かも?

そしてカイカイ先輩……(笑)。

2017.11.13追記:
前回の夏コミ回、お父さんがやっていたのはもしかして行列を整理してたスタッフ…?

今回の第6話は、大洗でのガル〇ン聖地巡礼+温泉回。そしてネコ先輩の予告にもあった「謎の光」について。いろいろあるけどある意味順調な、アニ研の合宿なのでした。

2017.11.27追記:
素人高校生が3ヶ月かけてできたのがアレっていうのは、凄くリアリティ高いなあ…(笑)。ちなみに全て手で作画していた30年以上昔だと、事態はもっと厳しかったかもしれないです。

Flash万歳! やっぱITは人類の至宝、まさに科学の勝利ね!
そして『らき☆すた』な特殊ED…。

2017.12.25追記:
最終回まで視聴完了。一応各種フラグは回収したと思いますけど、10話以降は超展開(あるいは同人アニメ的ストーリー展開)に感じる人がいるかもしれません。商業作品でそれをやってしまうのか、的な…。

メタな話も含めて、一応タイトル通りにアニメについては語っていたと思います。それとED「グッドラックライラック」は背景アニメも含めてとても良かったです。

まあストーリーがどうこうじゃないんですが、「あえて楽しいか楽しくないかでいうと、観ていて楽しかった」という感想でまとめておきますね…。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 42
ネタバレ

scandalsho

★★★★☆ 4.0

あなたのアニオタ度が分かる!?小ネタ集アニメ!

最終話まで視聴。

第1話。{netabare}『美術、日本文化史、郷土研究、華道、軽音部、古典部、NJ部』{/netabare}のくだりを見て思った。
この作品は物語自体より、『小ネタを楽しむ』作品なんだと・・・。

アニメ研究部を目の敵にする生徒会長。
{netabare}言う事を聞かなかったら廃部とか、リアルでは考えられないほどの強権ぶり。
だけど、アニメの世界では、割と有り有りなんだよね。{/netabare}
ということは、こういう設定自体も小ネタってこと?

この作品に関しては、物語自体について云々言うのは野暮な気がする。
という訳で、物語は☆3のままにしています。

それにしても、終盤の展開は評価が分かれちゃうかも!?

投稿 : 2019/08/17
♥ : 44

71.9 5 同居人はひざ、時々、頭のうえ。(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (219)
679人が棚に入れました
他人が苦手で、人見知りの小説家・朏 素晴と人に捨てられ、過酷なノラ生活を生き抜いてきた猫。ふとしたきっかけで一人と一匹はいっしょに暮らし始めるが・・・?

声優・キャラクター
小野賢章、山崎はるか、下野紘、堀江瞬、安済知佳、中島ヨシキ、村瀬歩、津田健次郎、杉田智和、東城日沙子、豊口めぐみ、小野大輔、南條愛乃
ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 3.8

同居人は昭和のオカン

原作未読


手っ取り早く視聴率を稼いでくれる3つの素材は「グルメ」「子供」そして「動物」なんだそうです。
翻って当方、この中で反応するのは「グルメ」のみ。幼少期から現在に至るまで犬や猫、熱帯魚含めて愛玩動物を飼いたいと思ったこともなければ、動物を見て可愛いと思ったことも記憶にございません。

本作はとある事情で古家に一人住まいする青年“朏素晴(みかづきすばる)”とその素晴に拾われた野良猫“陽(はる)”のハートウォーミングな交流のお話です。
視聴動機が猫という方は多いでしょう。そこで冒頭で述べてるような殺風景な人間が楽しめるかどうかに興味があり、本作の視聴の動機ということになります。

結果、

 そこそこ良い

でした。動物案件に食指が動かない方でも楽しめると思います。


作品紹介で“すばる”は人間側の主人公、“はる”は動物側の主人公とありました。猫は猫で視聴者にだけわかるように感情を言葉に表わすので猫ちゃんの心情がわかる仕掛けです。また1話の中ですばる(人間)視点での前半パートと同シチュエーションを今度ははる(動物)視点で描く後半パートと対になっていて、互いの思いがすれ違ったり交錯したりを楽しむ構成になってます。

会話での意思疎通ができないこの両名がどう関係を築いていくのか?
お互いの共通項みたいなのがあって少しずつ共感していくことで距離を縮めていきます。共通項とは“痛み”。
{netabare}お互い大切な人(猫?)を亡くした経験があり、蓋をしててもふとした瞬間に後悔の感情が顔を出し暗い影を落とすのです。{/netabare}

すばるにしてもはるにしても同情すべき事情があり、そこに囚われて序盤はお互い前を向けません。
言葉を交わせないからこそ、ゆっくりとそれこそ全12話かけて、時には停滞しているような場面さえ大事な時間に変えながら関係を築いていくのでした。とても優しい作品です。


周囲も善意のキャラばかり。
OPEDにも優しさが溢れてます。奥華子さん作曲、南條愛乃さん作詞・歌のEDはウチの娘のお気に入り。
そうです。子どもと一緒に安心して観れるのも良いところですね。


猫ちゃんかわいい!が自分は薄めですが、傷ついた者同士の「取り戻す」物語はなかなか見どころがありました。


ただし、主人公への共感は意見が別れそうです。私の場合こんな感じ↓

■昭和のオカン“はる”
昭和初期?いや大正?のご婦人かしら。。。
食糧難を経験している世代はとにかく
「食べてるか?」
「しっかり食べるんだぞ?」
と口酸っぱく言ったものらしい。本編視聴済の方はいかにこの猫が昔ながらのオカンみたいだったかはご理解いただけることでしょう。


■“良い”ではなく“そこそこ良い”となった理由
主人公のすばるがイマイチ。
極度のアガリ症。対人関係が苦手ということですが、挨拶くらいしようや。
{netabare}三日月先生サイン会にて、目を合わせない、返事をしない、極度の対人恐怖症ぶりを発揮。作家に奇人は多かれどファンをないがしろにする作家さんは斬新でした。他人が目に入らなさすぎ(笑){/netabare}
このキャラ造形じゃないとダメだったんだろうか?このすばる。周囲の優しさに触れても反応薄いし、むしろ迷惑だぐらいで思ってるし、普通なら「お前なんか知らん」というくらいのレベルじゃなかろうかと。

本作は、幼少期からの内向的すぎる性格が土台にあり、両親との素っ気ない関係を経ての不慮の事故による追い打ちだったわけで、物語成立の条件みたいなところもあるので一概に否定できないのがつらいところです。



猫が喋るファンタジーっぷりより、周囲の人が例外なくすばるに優しいことがファンタジーと感じたため、とても惜しい作品という位置付けです。
すばるは無理せんでゆっくりでいいから傷を癒していってくれとは思います。
{netabare}第一話と最終話を見比べると彼の表情明るいですからね。{/netabare}


遅まきながら、ペットが人間にとって大事な存在たり得ることが少しばかり理解できた気がします。それが一番の収穫かも知れません。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 43

フィリップ

★★★★☆ 3.7

哀しみと温もりのファンタジー

アニメーション製作:ゼロジー、監督:鈴木薫、
シリーズ構成:赤尾でこ、
キャラクターデザイン、作画監督:北尾勝、
原作:みなつき、漫画:二ツ家あす

昔、実家で猫を飼っていたこともあり、
猫の登場する物語は好きだ。
小林まことの『ホワッツマイケル』や
杉作の『クロ號』は楽しく読んでいた。
大佛次郎の『猫のいる日々』も持っている。
最近はそういう作品とも縁遠くなっていたため、
懐かしい気持ちになって視聴を決めた。

両親を事故で失った小説家の朏素晴(みかづき すばる)が
両親のお墓がある場所で猫を拾って同居を始める。
人との交流が苦手な素晴が肉親を失った
同じ境遇の猫とふれ合うことで、
自分が受けていた愛情やかつての大切な日々を思い出し、
新たな道へと歩んでいく。

この作品はファンタジーの括りと言える。
素晴と猫のハルの両者の視点から物語が展開するからだ。
つまり人間と猫がそれぞれ何を考えていたのか、
どのようにすれ違っているのかが、
分かるようになっている。
ただし、リアルではなく、ファンタジー色が強い。
病気になった素晴を心配して、
ハルがエサを後回しにして素晴の元に駆け寄る描写などは、
猫を飼ったことのある人なら、
誰もが「絶対にあるわけない」と思ってしまうだろう。
猫同士や犬と会話するシーンもある。

しかし、そういうファンタジーが
この作品の最大の特徴で魅力だろう。
特に素晴とハルが分かり合えないお互いのことを
少しずつ理解して、ゆっくりと関係を育んでいくのがいい。
ハルが名前の意味を知り、優しいものに
ふれた気持ちになって心を通わせるシーンには
気持ちが揺さぶられて驚いた。

大切なものを失ってしまったとき、
たとえ、その時には感情があまり動かなかったとしても、
時が少し経ち、思い出が蘇ってきたとき、
不意に哀しみに襲われることがある。

素晴は幼年時代にそれほど友人もおらず、
本ばかりを読んでいる人生を送ってきた。
そのため、他人と心を通わせる感情が欠落している。
だが、両親が健在だったときには、
その欠落を意識しなくても、
両親からの愛情を無意識ながらも感じ、
快適に生きていくことができたのだ。

ところが、両親がいなくなると、
自分の欠落をより大きく感じてしまうことになる。
そんなときにハルに出会い、
両親がいかに自分を愛していたのかに改めて気づかされる。
ハルも姉として弟たちと暮らしていたことを思い出す。
自分たちの失ってしまった大切な者に対する気持ちを
お互いに感じ合い、人間と猫が家族になっていく。
この作品は、あまり人間と猫ということに
こだわり過ぎず、コミュニケーションのできない、
喪失感を抱えた者同士が少しずつ相手を思いやって
癒されていく話というくらいに捉えたほうが、
すんなりと観られるかもしれない。

私たちは大人になるに従って、
何もかもが永遠には続かないことを実感する。
時間が経つごとに色々なものを失い続けるからだ。
だから、心のどこかに哀しみを抱えているわけだが、
それを知るからこそ、誰かと過ごす時間が
より大切なものだと思えるのだろう。
(2019年4月6日初投稿)

※それにしてもEDの奥華子の曲は、相変わらず素晴らしい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 53

元毛玉

★★★★★ 4.3

目力の強い猫

ほとんど事前情報なしで視聴

お話のざっくり概要
主人公は小説家で人嫌いの偏屈な人みたい。
両親がなくなって天涯孤独かと思いきや
人嫌いなのに親友?(悪友?)っぽいのはいるみたい
墓参りの時にマグロを喰いあさった猫を拾って同居する事になる
って感じ

1話観た感想としては面白かったです。
Aパートは主人公視点で
Bパートは猫視点で描かれてて
対比とそれぞれの考え方の違いが面白かったw


にゃんこの名前が決まりました♪
やっぱりAパートとBパートの視点の違いの対比が面白い!
安心して観てられます。はたして主人公の人嫌いは治るのだろうか?
凄く好きな作風なので、暖かく見守りたいと思います。

Bパートがやっぱ面白いです!!!


2019.04.14 視聴完了追記

見終わって
最後まで楽しく見れました。
なんていうか、現実が仕事で忙しすぎて疲れてるので癒しを求めているのです。
そんな自分にピッタリな感じでした。

皆、いい人ばかりで心があったまる作品です。
でもごめんなさい。実は犬派なので、好きなキャラはタロウなんですw
でも飼っている犬が杉田ボイスで語り掛けてきたら、
犬を動物病院に、自分を精神科に連れてくと思いますw

癒しを求めてる人にオススメの作品です!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 39

61.2 6 ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士(TVアニメ動画)

2018年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (127)
559人が棚に入れました
王位継承権を巡りフランス王国とイングランド王国が苛烈な戦いを繰り広げている15世紀の世界が舞台の歴史ファンタジー。フランスがアザンクールの戦いでの大敗によってパリが陥落し、貴族の息子で魔術や錬金術の研究に没頭し充実した日々を送っていた少年・モンモランシの運命が一変してしまう。すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う。

声優・キャラクター
逢坂良太、大野柚布子、東城日沙子、沼倉愛美、大西沙織、高田憂希、石上静香、桑原由気、間島淳司、高橋英則、糸博、日野聡、興津和幸、阿部敦、斧アツシ、平田広明、玄田哲章、富田美憂、子安武人、諏訪彩花、石塚運昇
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.8

4巻まで読んだが新刊の5巻を読む気がしないという程度の原作…

視聴前(長っ!)
大学受験で世界史選択だったので気になっていた作品。一念発起して原作を4巻まで読破した(合計1600ページ以上もあってキツかった…)。なお前日譚の外伝・ユリシーズ0は読んでない。
結論としては、これはアニメ向きじゃないと思う。放送後はこんなのより織田信奈の二期をやって欲しかったという評価になるのではないだろうか。ダメなアニメになる根拠は後述するように2巻までを1クールでやるのでは拍子抜けな終わり方にしかならないのと、仮に4巻まで2クールでやるとしても、面白いアニメになるような原作だと思えないからである。

タイトルのユリシーズとはユリスという言葉の英語版で、作中においてユリスとは賢者の石の力を得た能力者を意味する。ただし後書きによるとジェイムス・ジョイスの文学作品「ユリシーズ」のように日常と神話を平行して描く構成を示す意義もあるそうである。実際にこの作品は現代編・過去の学園編・神話編の3部構成になっている(このうちの神話編が非常に冗長で読みづらくて辛かった…アニメはここはかなりカットすると思うが、エンリルがキャスティングされてるからある程度はやるのか…)。なお神話編は古代メソポタミア神話がモチーフになっている。

原作は「織田信奈の野望」と同じ作者で、この作品も歴史人物が女性化されているが、男性のまま登場するキャラクターも結構いる。アニメしか見ていないが織田信奈よりも男性比率が高く感じた。男ばかりずっと出てくるシーンも結構ある{netabare}(オルレアンを守る男三将とモンモランシがエロ談義をするシーンなど){/netabare}。織田信奈の姫武将設定に近い姫太子や姫騎士といった設定もあるが、織田信奈のように第一子なら女でも跡継ぎにするというしきたりはこの世界には特に無く、資質が優れているので女性でも活躍しているという扱いになっている(特に女傭兵のラ=イル)。

作品の内容は百年戦争末期のフランスの女傑・ジャンヌ=ダルクの戦いを題材にしている。賢者の石や妖精と言ったファンタジー要素もあるが(なおタイトルに反して錬金術を行うシーンはあまり無い)、アザンクールの戦い・オルレアン開放・パテーの戦い・ランスでのジャルル7世戴冠…といったストーリーのおおまかな流れは史実に沿って進行する(ただしそれぞれの出来事の細部はファンタジー要素を除いても史実との違いはある)。前情報で「物語後半の場所の(オルレアン南の)トゥーレル要塞」とあるので、1クールでは2巻までで終わるらしい。私は内容を端折ってもっと先までやったほうがいいんじゃないかと思うのだが…。
なぜ端折ったほうが良いのかと言えば、まず当時のフランスは、イングランドが支配する北部・ヴァロア朝が支配する南フランス(ヒロインのシャルロットが姫太子)、西に位置するブリテン人が多いブルターニュ公国(ヒロインのリッシュモンの出身国)、東のブルゴーニュ公国(ヒロインのフィリップの国)、という分裂状態の乱世であり、この物語はそれにソロモン王伝説・聖杯伝説・アーサー王伝説・七つの大罪・フランク王国の興亡・十字軍遠征・テンプル騎士団・ノルマンコンクエスト・エドワード黒太子の活躍・フス戦争…と言ったヨーロッパの伝承や中世史が複雑に絡み合い、それらへのある程度の理解が必要な内容で、それにノアの洪水伝説をモチーフにした作品独自の神話が賢者の石とエリクサーの存在のベースとなっていて、原作はそれを説明する極めて冗長な文章が大半を占めており(それとエロシーン)、これをそのままアニメ化すると視聴が非常に辛い作品になるとしか思えないからである。受験で世界史選択の私でも読んでいてきつかったので、そうでない人はなおさらではないだろうか。原作は世界史の教科書を読んでいるようで、これじゃヘビーノベルだよとすら思った。
また一見、本格的な歴史物のようでいて、{netabare}その実態は兵権を握っているハーレムヒロインたちが主人公を奪い合う痴話喧嘩、痴情のもつれで戦争をする展開が悪い意味でラノベ的で、非常に薄っぺらい。特にフィリップのモンモランシとジャンヌへの執着は気持ち悪いと感じた。悪役のラ・トレムイユが彼女たちが理性で行動しないことを嘆くのに共感してしまった。{/netabare}

だから私としては色々とばっさりカットして(PVを見ると学園編もやるようだがそれもカット)、いっそ1クールで4巻までやってしまった方がいいのではないかと思う。今の予定の2巻までだと{netabare}オルレアン開放で終わるが、世界史を少し知っていればオルレアン奪還はジャンヌダルクの活躍の最初のスタートでしかないことはわかるだろう。「これで終わり?ジャンヌ何もしてないやん」という印象しか残らないのではないか。そもそもこの作品のオルレアン開放戦も、史実通りジャンヌが敵の矢を受けるのはいいとして、その後はジャンヌが昏睡してしまい、アランソンたちがジャンヌの治癒に必要なエスカリボルグを探して東奔西走するという微妙な展開になるので、ジャンヌが無双してスカっとするという展開を期待するとがっかりするのは確実である。なお主人公のモンモランシもジャンヌとキスするばかりのエリクシル供給装置なので、バトルでは作戦立案以外は活躍しない。{/netabare}
4巻は感銘を受ける箇所もあったので{netabare}(ジャンヌが宿敵ラ・トレムイユとお互いを理解し、シャルロットやモンモランシと和解し、フィリップとの対話で自分が処刑されることでキリストのように殉教者となり、人民が「フランス人」という国民意識を高めるための犠牲となることを決意表明するくだり){/netabare}、そこまでやればごく一部の人間が高評価する作品くらいにはなると思うのだが。
しかしヘンリー五世やジャン無怖公やカトリーヌ等の出番が少ないキャラまでキャストが発表されているとなると、かなり細かい所まで映像化されるのだと思われる。

でも結局は、アニメ化すると1クール2巻まででも歴史ネタの大半はカットが必要で、内容スカスカなエロハーレムアニメになるのかなぁと予想している。歴史ネタがあっても深い作品だとは到底思えないが。
原作を読んだ人間が「アニメはちゃんと再現してほしい!」と思わない時点でダメな原作だろう。私はこれより「境界線上のホライゾン」のほうが西洋史をモチーフにしたラノベ作品としてはずっと優れていると思う。

登場人物を三国志に例えてみた。知ってる人が見るとかなり異論もあるだろうが…。
{netabare}ジャンヌ・ダルク 劉備
ラ=イル 張飛
ザントライユ 関羽
アランソン 趙雲
リッシュモン 諸葛亮
モンモランシ(ジル・ド・レ) 魏延
バタール 廖化
シャルロット 献帝
ラ・トレムイユ 董卓
ヘンリー五世 呂布
ベッドフォード公 曹操
ジョン=タルボット 夏侯淵
ファストルフ 于禁
ジャン無怖公 孫堅
フィリップ 孫権{/netabare}

1話
原作1巻(全442P)のP19~P101、「I アスタロト」の部分。学園パートが主で神話パートはすっとばした。これは正解。
{netabare}前半のバトルは1巻には無いのでアニオリかユリシーズ0の内容かな。最初にバトルがあったほうがいいと判断したのだろう。でもリッシュモンとモンモランシのエピソードをカットせずにやった方が良かったと思うけど。{/netabare}
後半は駆け足でわけわからんよなあ…{netabare}アザンクールの戦いがあっさりなのは原作通り(ユリシーズ0では詳しく書かれてるそうだが)。
イギリスの王族ヘンリー5世・ベドフォード公、フィリップの父のジャン無怖公は出さなくてもよかったと思うが…原作でもここでは名前が出るだけだし。男共はそれよりシャルロットの舎弟のバタールとリッシュモンの舎弟のアランソンの出番をもっと増やした方が良かったくらい。
あとブルターニュ公国貴族のリッシュモン・フランスのヴァロワ朝の皇女シャルロット・ブルゴーニュ公国の公女フィリップのそれぞれの政治的に微妙な関係をもっと説明したほうが良かった。
やっぱてーきゅうの監督で30分アニメは久々なので感覚がちょっと狂ってたのかな。
ジャンヌ出てこないのかよ!って思うだろうけど、原作読んでてもジャンヌ出てくるまで長く感じたわ。{/netabare}

2話
原作1巻のP112~P227、「II ドンレミ」の部分。ページ数消化に比例してかなり駆け足。
{netabare}妖精たちが殺される所は原作は内臓ぶちまけるとかグロい描写なんだがアニメでは抑えたな。
ザントライユは原作ではオルレアンから出てくるんだが早めの登場に改変。
モンモランシとジャンヌが信頼関係を築くのは唐突に感じられるがこれは原作もそうなんだよなw
異端な存在に成り果てたジャンヌを生かすためにフランスの救国の英雄に祭り上げるというモンモランシの描いた戦略は、次でちゃんと説明するよね?{/netabare}
てーきゅうの監督だけに30分アニメなのにてーきゅうみたいにカクカクに感じる所も多かった。コンテの出来が悪く視点の直線移動がダサくて昔のアニメみたいに感じる。
EDは神話編をモチーフにしたのはいいと思う。ここまでスキップしている神話編もどこかでやらなきゃならないとは思うんだが…。

このペースだと1クールで3巻までやるのかな?でも3巻の{netabare}シャルロットのランス戴冠は切りが悪いんだよなあ…そこでジャンヌが闇落ちするから。{/netabare}

3話
原作1巻のP239~P368辺り(原作と一部前後している)、「III シノン」の部分。
ジャンヌが救世主と祭り上げられるのがあまりに胡散臭いが…でもそれは史実なんだよなぁ。ただ史実でそれをやったのはジルドレじゃないけど。
{netabare}森での妖精の大群とのバトルは飛ばしたかー。まぁ妥当だと思う。
リッシュモンがイングランドに降った理由は母に会うためというのもあるのだがカットしたな。
ヘンリ―5世とベドフォード公についてはわかり難すぎるよな。ヘンリ―5世が急死したことくらいは触れろよ。
俺の好きなザントライユの巨乳講義は今回の予告で終わりなんだろうか?{/netabare}
このペースなら次で1巻終わるからやっぱ3巻までやるんだな。3巻で切るのは良いと思わないんだが全6巻だから2クール目があるならいい所なのか…2クール目があるとは思えんが。
神話編はEDで表現するつもりなんだろうか。原作読んでいる俺でもさっぱりわからんが。

4話
原作1巻のP369~P442、「III シノン」「IV ユリスの騎士」の部分。
あー大幅にカットしちゃったな、{netabare}シャルルとジャンヌの会話。原作はかなり話し込むのだが、ここをごっそり減らしたせいでジャンヌがシャルルの孤独を理解して、二人が信頼関係を築く過程が薄っぺらく感じてしまう。
フィリップがモンモランシとのキスの後にエリクシルを頂いたと言ったが原作にこのセリフは無い。これのせいで後の展開が読まれやすくなってしまうが…伏線をわかりやすくした方がいいというてーきゅう監督の判断かな。
ジャンヌダルクで有名な処女検査は原作は「この子が処女じゃないわけがない!」とかでさらっと流したが、アニメは次で長くやるのか?なんかアニオリ展開の臭いがするな…。{/netabare}

5話
原作1巻の終盤にアニオリ展開を追加した内容。今まで散々カットしまくったのにアニオリ話を入れる…よくあることだよな。ともかく1巻はここで完了。
{netabare}リッシュモンがブルターニュから兵を出そうとする話はアニオリ。原作だとモンモランシがリッシュモンを痴情のもつれで怒らせて決裂するんだが、アニメではブルターニュの独立について失言したシャルロットだけが悪いような描かれ方になってしまった。原作ではモンモランシの祖父の赤髭のジャンに出兵を依頼するんだがそっちはカット。
処女検査は原作では異端審問官たちがジャンヌを一目見てこの子が処女じゃないわけがない!とひれ伏して解決するのだが、アニメではこじらせる展開にしたな。
最後にアスタロトがモンモランシをジルドレと言ってどや顔するのは原作通り。ネットで調べればジルドレであることはすぐわかるのだが…。
フィリップのアレはアニメでは最初からバラすことにしたのかー原作では伏せてるのに。声優が演じ分けすれば隠せると思ったんだけどなあ。けもフレとかでもそうやって演じ分けを駆使して正体を隠すトリックはやってるんだけどな。{/netabare}

6話
原作2巻(全435P)のP24~P136、「I オルレアン」の途中まで。
バトルの動きが酷すぎる…絵は崩れてないけど動きはいもいもと同レベルじゃないか。最前線なのに全く緊迫感無いし…。
{netabare}オルレアン入城の時のバトルのカットは痛いなージャンヌがまともに活躍するのはこの後あまり無いんだが…。
原作ではオルレアンにはバタールとアランソンだけじゃなくザントライユもいるんだがアニメはなぜかいないことに。ムードメーカーがいないせいでギスギス感が増したような。ここでやる巨乳談義も予告でやることになってしまった。あれを忠実にアニメ化したら話題になったと思うんだが。
原作だとアランソンはここまで嫌な奴には感じないんだけどな。
アスタロトが見せた女性は原作4巻まででもはっきりしてないが神話パートのあの人物だよな。
ジャンヌが矢で撃たれること自体は史実通りだがここからの展開が面白くないと思うんだよね…。
ノワールのCVはEDには無かったけどアニメはヒント沢山あるから正体はミエミエやな。声優さんの演じ分けはがんばるぞい!って感じでバッチリだし隠せばよかったのに…。{/netabare}

7話
原作2巻のP137~P244辺り(原作と一部前後している)、「II ブルターニュ」の途中まで。
ここから地味な展開になるんだよな…。
{netabare}原作ではモンモランシたちの留守中はザントライユが一人で頑張って城を守るんだが、アニメはラ=イルの方が活躍しているようになってしまった。
カトリーヌの話はカットして兵を借りることができました、でいいと思ってたんだが…CVが富田美憂だからがっつりやったのだろうか…。
なおモンモランシとカトリーヌは子作りはしていません。{/netabare}

8話
原作2巻のP176~P286辺り、「III オルレアン再戦」の最初のあたりまで。
{netabare}ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~何でもできちゃうバット エスカリボルグ~♪
トマス・マロリーとの会話は原作ではすっげー長いんだよな…アーサー王伝説は本来はウェールズ人の神話なのにブリテンを制服したノルマン人に奪われてしまった複雑な思いが彼…いや女性化されてるから女か…にはあるわけで。歴史好きのアランソンとトマスのイングランド中世史蘊蓄会話が延々と続いて読むのがキツかった。{/netabare}
このペースだと3巻の途中で切るんだろうか?キリのいい所なんてないんだが…パテーの戦いの直前とか?ないわー。
作画は相変わらずダメ。

9話
原作2巻のP287~P352辺り、「III オルレアン再戦」の部分。
一週休んだが特に作画は良くなってない。
{netabare}ジャンヌは目覚めたらモンモランシが結婚したのに気づいてすぐ嫉妬するんだがアニメはちょっと変えたな。
バビロンの穴から出てくる七十二柱の神々の作画もしょぼいな。{/netabare}
このペースだと次の次には2巻終わって1話分余る気がするが、神話編をやるのかな。
予告で偏差値の上がるアニメとか言ってたけど受験世界史でジャンヌの辺りはほんのちょっとしか出ないしプラスにならんぞw

10話
原作2巻のP353~P360辺り。神話編(でも最後の部分だけ…)と神話がらみのアニオリ展開を大幅に入れてきた。
{netabare}原作では暴走したモンモランシはラ=イルが割と簡単に救出するのだが、アニメは神話編で倒されたエンリルに乗っ取られるというオリジナル展開にしてきた。
イナンナ(アスタロト)の従者のドゥムジってあんな姿してたのか。モンモランシはドゥムジの生まれ変わりかと思ってたけど声は違う声優だったな。
ジャンヌが史実通り火あぶりになるシーンを先んじて入れてきたね。{/netabare}
まぁ神話がらみの所は原作読んでないと分からんよな。最後のシーンだけやられても…。テンプル騎士団についても原作では詳しく説明されてるんだが。
絵的にはかなりグロい箇所がいくつかあったけどええのんか。

11話
オリジナル回…でも話のテンポが悪くなっただけにしか感じない。
こんなんより今までカットした所をちゃんとやったほうがずっと良かったのに。

12話
オリジナル+原作2巻のP361~P426「IV ロッシュ」あたりでフィニッシュ。最後の方がちょっと残った。
{netabare}エンリルを倒した後は色々端折りながらランス戴冠を目指すロワール川越え作戦が発動でおれたたEND。
ジャンヌとカトリーヌが会うのはアニオリだな。
ラ=イルが大食いになったのは賢者の石は七つの大罪に対応する副作用があって、ジョワユーズは大食の呪いがあるからなんだよな。ジャンヌの石は傲慢で、聖杯は色欲だからフィリップはエロくなった。前の持ち主のイエスは聖者だから性欲を抑えられたということらしい。
最後にパテーの戦いとランス戴冠の話をしちゃってたけど、それは3巻の内容なんだけどな。{/netabare}

【総評】
フィリップのブルゴーニュ公国とリッシュモンのブルターニュ公国の歴史的背景・イングランドとフランス王家に対する利害関係、そしてジャンヌとシャルロットが強い信頼関係を築くまでの過程、ここが物語を理解する上での重要なポイントである。アニメはここがおざなりになので、3人のヒロインの言動がぼやけてしまっている。
原作者はさすがにそれはわかっているようでこれについては執拗なくらいに長々と描写しているのだが、アニメはそこを簡素にしてしまっているので薄っぺらく感じるのは当然だろう。尺が無いとはいえ、アニオリを入れるくらいならちゃんと描けたはずなのだが。

エロ目当てで見ている人から、主人公とサブヒロインとのエッチシーンが少なすぎるという不満が出ているが全くもってその通り。
織田信奈の場合はサブヒロインは信奈の部下なので主人公といつも一緒にいてエッチが描けるが、この作品のサブヒロインはそれぞれが一軍の将で、話がある程度史実に沿っているためモンモランシと離れていることが多い。そのため例えばリッシュモンのエロシーンはモンモランシが絡まないが、これではハーレム物として成立していない。
原作のあとがきによるとジャンヌは史実で女性だから女性化にふさわしい題材だと思って書き始めたそうだが、安易だったと言わざるを得ない。

まあこのアニメはぶっちゃけもうどうでもいいけど(休養している大野ちゃんは心配だが)、板垣伸監督は大丈夫なんだろうか。
この人はてーきゅうをやる前までは動かすのがとても上手い凄腕アニメーターとして名高かったが(化物語の八九寺OPなど)、てーきゅうを9期もやってからはどうも腕が鈍ってしまったように見える。このアニメでは監督が絵コンテ切った回の構図や動きがダメダメだったが、これでは今後アニメーターとしてやっていけないのではと心配になった。
キャラデザ自体は良かったのでほんともったいない。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.3

皮肉な話が多いですね

中世暗黒時代の「魔女狩り」がテーマなのか、ヒロインやモブが異様に拷問を受けたり、惨殺されるシーンが多くて非常に見ていて辛いです。

最近はなんでもダークファンタジーにすればいいと思っているのか、グロテスクかエロシーンがやたら多いライトノベルが増えていますが、視聴者は別にグロテスクなシーンが見たいわけではなく、奥深い物語が見たいわけで。。本作はそのレベルにまで達していません。

まあ、昔から一定数そういうアニメは作られていますが、最近は本当にただ残酷なだけが多いので教育上良くないと言われるのも仕方のないことかと思います。

後、余談ですがジャンヌ・ダルクが主人公ということはすべからく今後の展開がバッドエンドに向かっていくことはもはや必然ですね。

最終話まで視聴:作画はまあまあいいですね。特に色彩はこういう作品にしては結構凝っているのかと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14

徳寿丸

★★★☆☆ 2.4

不快(腐海)

ラノベ原作未読。
ユリシーズって何?って調べたらアイルランドの小説家J,ジョイスの作品でギリシャ神話の英雄オデュッセウスを題材に20世紀を代表する小説のようです(無知ですいません)。でこのオデュッセウスの英語名?がユリシーズなんだそうです。でこの作品はギリシャ神話とは関係ないのでどうもジョイスの小説を意識してんのかなぁ。乱暴な言い方するとジョイスのようにギリシャの英雄をモチーフにパロディ?小説書いたように百年戦争の聖女ジャンヌ・ダルクと当時の実在の人物達をパロった小説ってことかな。
・・・いや単に最近の流れに乗っかって歴史上の人物の性転換とハーレムモテモテやりたかっただけにしか見えん(笑)。自分はクリスチャンじゃないけどジャンヌといえばキリスト教の聖人の1人であり世界で最も有名な女性一人であろう。その悲劇的な一生からもあんまり面白おかしく扱えない気がするんだけども・・・ちょっと酷い(私感)。昔、「一騎当千」(三国志の英雄を題材にしたパンチラ、はみ乳格闘漫画)を知った中国人が激怒したって聞いた事あるけど大丈夫?(笑)。
それはさておき、最後まで不快感しかない作品だったなぁ、ダークファンタジーってそういう部分は多分にあるけどとにもかくにも主人公の事がみんな大好きでたまらないっていうのがね、作者の願望か妄想かしらんけど気持ち悪すぎる・・・そこにとってつけた妖精や少女に対する残虐シーンとか・・・ちょっとおかしいんじゃないかと思ってしまう。原作読んでないんで何とも言い難いけどアニメ観る限り不快でしかなかったかな・・・口直ししないと・・・。


私のツボ:この主人公「青ひげ」なんだよね


追記:作者「織田信奈」と同じ人ね・・・あれワンギリだったわ、自分に合わないはずだよ・・・(笑)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

57.9 7 はいたい七葉(TVアニメ動画)

2012年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (105)
473人が棚に入れました
喜屋武七葉(きゃんななふぁ)は、元気な中学生の女の子。
おばぁが経営する沖縄そばの店「かめーそば」で、
高校生で美人の姉・七緒(なお)、小学生で霊感が強い「サーダカ」の妹・心七(ここな)と暮らしています。
ある日、七葉の目の前で、ガジュマルの木に住み着いている精霊・キジムナーを封印するおまじないの釘が抜けてしまいました。
現れたのは、可愛い女の子の姿をしたキジムナーのニーナ。
ニーナと同じキジムナーのラーナや、シーサーの化身であるイーナも次々と現れて、
平和だった七葉たちの暮らしに、不思議な騒動が巻き起こります……!

声優・キャラクター
與那嶺里都、松田るか、やびくかりん、松嵜麗、井ノ上奈々、五十嵐裕美、東城日沙子、新垣正弘、喜舎場泉、川満彩杏、新垣奈々、小潮川愛祈、崎原安珠、佐久川若菜、宇久村紀子

シス子

★★★★☆ 3.8

しょせんはいたい・・・

舞台は沖縄

沖縄そばのお店「かめーそば」の3姉妹
七葉(ななふぁ)ちゃん
ななのふぁちゃんお姉さんの七緒(なお)ちゃん
妹の心七(ここな)ちゃん
のお話

ひょんなことから
木に住み着いているキジムナー(妖精)のニーナちゃんが
封印するためのおまじないの釘が抜けて現れるところからお話が始まります

他にラーナちゃんというキジムナーや
シーサの化身のイーナちゃんも
次々に登場するのですが

キジムナーなどの人外キャラ属性は
お話にほとんど影響を与えていません

3姉妹と3人のお友達のお話ですね


一番印象的だったのはデザインです
映像がとても綺麗でした
南国沖縄をイメージしているのでしょうか
パステルカラーの色調を多用して
とてもカラフルです
っていうか個人的にはちょっとキツイくらいの色使いなのですが

花びらが風に流れるイメージや
木漏れ日が風に揺れる描写は
日常系ショートアニメとは思えないほどのクオリティ

一話約3分っていうのが
なんかちょっともったいない感じがしました


お話は
日常系で一話完結の構成です

ニーナちゃんなどキジムナーの
特殊な能力(魔法みたいな)の描写はほぼ皆無で
どちらかといえば
ギャグ系路線ですね

そして
日常といっても
沖縄ならではのお話がたくさんあって
新鮮な感覚です

お喋りもみんな沖縄の方言で
人間の登場人物のキャスティングを沖縄出身の方にされているみたいで
なんだか温かみを感じます

特に
5話に登場した
みみちゃんとここなちゃんの会話がとてもハマりました


沖縄ならではといえば
ナルホドって思うお話が2つほど・・・
3つほどでしょうか

ひとつは
11話から13話(最終回)にかけて

11話はフール(沖縄の方言でトイレ)の水が出なくなって
みんなが困るお話

12話と13話は
ある理由で水の精霊の「カーナ」ちゃんを怒らせてしまい
罰としてお店の水を止められてしまいみんなが困るお話

まあ
トイレのお話なんかは
他のアニメ作品なんかでもありがちですが(最近はないかな)

3話続けて
しかも水にまつわるお話でまとめるなんて

周りを海に囲まれていて
水はとても貴重なんですね


もうひとつはEDの「ゆいまーる☆わーるど」という曲
三線(さんしん)の演奏が沖縄って感じで
アップテンポでかわいい曲です

タイトルの
「ゆいまーる」って
沖縄の方言で
「相互扶助」を順番にかつ平等に行っていくこと(wikiより)

集団でお仕事を回して共同作業をすることから
ゆい(結)とまーる(回る)でゆいまーる
だそうで
広い意味では親戚や近所
友人と長い付き合いをする意味でもあるそうです

海に囲まれ
他の土地からの人の出入りが少ない土地柄から
隣近所や友人との繋がりが強い
沖縄ならではの
方言ですが

言葉自体のやわらかいイメージが
なんだか"沖縄"って感じがしました


さりげなく
沖縄のトリビアを知ることができる作品ですね

投稿 : 2019/08/17
♥ : 20
ネタバレ

ninin

★★★☆☆ 3.0

なんくるないさー!

5分アニメで全13話。

はいたいとは「こんにちは」という意味らしいです。つまり「こんにちはー!七葉ですー!」という感じでしょうか?
ちなみに男の子は「はいさい」、女の子は「はいたい」と言うそうですね。

沖縄を舞台にしたローカルアニメ作品です。メインの声優さんも地元(出身)の方がほとんどみたいなので方言に違和感がないのが良いですね^^
(オーディションで選ばれた新人さんみたいなので、演技はこだわらないでくださいね)

地方ものはドラマや映画、アニメでも地元出身じゃない方が演じるとどうしても違和感を感じることがあるのですがその点は良かったです(といっても私は沖縄出身ではないのですがw)

沖縄のお店でおばーと暮らしている中学生 喜屋武 七葉、姉の高校生 七緒、妹の小学生 心七3姉妹ところに色々な精霊 ニーナ、ラーナ、イーナ、カーナがやってきて起こるコミカルで不思議な日常のお話です。

この精霊が個性的で、私が抱いていた精霊のイメージが脆くも崩れ去りましたw

短い作品なのでサクサク観れます。可愛いキャラクターと沖縄を少し感じたい方にはオススメです^^

OPは可愛いキャラと明るい曲で「はいたい!」が多く使われます。元気で可愛い曲です^^
{netabare}
エンドカードは全話化シリーズのキャラクターデザイン「ぽよよん ろっく」こと渡辺 明夫さんが描いてました。どっかで見た事あると思いましたね^^
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 34
ネタバレ

泉 時雨@ゆーたくん

★★★★☆ 4.0

方言って沖縄っていいね^^

沖縄限定で放送してる時から、見たかったので
やっと見れて嬉しいです^^


本当に沖縄らしいのどかなアニメですね~
沖縄特有のものや話などがたくさん出てると思います。


一応、1度沖縄へいったことがあるんですが、
アニメ見てるとまた行きたくなるもんですね!

私の住んでいるところは方言があまりないので羨ましいのもありますし^^

方言とかで意味がわからないのもあるので調べたい!
で、調べたらもう1度見たいです!w


また、声優とか絵やスポンサーも沖縄の人がやってるみたいで、
地元のアニメだなぁって思いますね・・地元愛を感じますw

いいですね・・私の住んでいるところでも地元アニメあってほしいですねー。
聖地とかもないもんで^^;


{netabare}最後のお話で、七葉とニーナは喧嘩しちゃったけど、
水の妖精さんに許してもらうため美味しい沖縄そばを一緒につくろうと仲直りすることができました^^

よかったですね!

今まではのーんびりのおはなしばっかだったけど、
12話と13話は少しシリアスのおはなしだったからびっくり。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12

66.6 8 八十亀ちゃんかんさつにっき(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (106)
300人が棚に入れました
東京育ちの高校生、陣界斗(じんかいと)が転校した先の名古屋で出会ったのは方言丸出しの女子高生「八十亀最中」(やとがめもなか)だった。ネコのような風貌と露骨な名古屋弁を操る八十亀ちゃんは全然懐いてくれず…。かわいい八十亀ちゃんを観察し、名古屋の地位を向上させる、大人気局地コメディ!!

声優・キャラクター
戸松遥、若井友希、小松未可子、市来光弘、東城日沙子、安藤正基、アダチ
ネタバレ

フィリップ

★★★★☆ 3.3

名古屋弁の不思議な心地良さ

アニメーション制作:サエッタ
監督:ひらさわひさよし、
シリーズ構成、脚本:WORDS in STEREO
キャラクターデザイン:早坂皐月
原作:安藤正基

愛知県出身の漫画家・安藤正基が息抜きで
ツイッターに投稿したことがきっかけとなり、
思わぬ人気を得たことで、
連載化、アニメ化された作品。

関西出身の私にとって、
名古屋は幼少期から近くて遠い土地だった。
旅行では九州や伊勢、長野などには行くものの、
名古屋に足を伸ばすことはなかった。
名古屋を知ってしまったら納得。
観光地があまりない土地なのだ。

名古屋弁が変わっていることは、
噂では耳に入ってきていたが、
実際に足を踏み入れることなく時が流れる。
ところが、学生時代の友人が
愛知県で働くことになったことで、
ある時から毎年のように訪れるようになった。
観光する場所がないという不思議な都市だが、
味噌文化に染まった食べ物が、とても美味しい。
味噌煮込みうどん、味噌カツ、味噌おでんを始め、
ひつまぶし、手羽先、名古屋コーチン、
スガキヤラーメン、そして、喫茶店のモーニングまでが
名古屋グルメとして、堪能できる。

グルメを中心に色々と楽しんだが、
地元の人と交流する機会もあったのに、
名古屋弁を耳にすることはなかった。
「おみゃー」なんて言う人は皆無なのだ。
そんな私たちの期待に応えてくれるのがこの作品。
現地でも聞くことができない名古屋弁が
次々と出てくるのが新鮮だ。
しかも、愛知県出身の戸松遥の話す
名古屋弁がとても可愛いのだった。

ストーリーは名古屋の高校に転校した
東京出身の陣界斗が、高校生ながら
生粋の名古屋弁を話す八十亀(やとがめ)最中に出会い、
名古屋弁と名古屋の魅力を知っていくというもの。
八十亀ちゃんが所属する写真部も彼らとともに
名古屋を紹介していく。

1話が5分にも満たない
ただの名古屋紹介コメディなのだが、
八十亀ちゃんが可愛くて、
それを観ているだけでも癒される。
そして戸松遥が「みゃー、みゃー」という声に
惹かれて、つい毎週楽しみに観てしまうのだった。
何が優れているかというと、
やはり八十亀ちゃんのキャラクターが可愛い!
それだけでも満足できるのが不思議だ。

そして面白いのがEDの曲。
ポップなメロディに名古屋のことが盛りだくさん。
とっきん、とっきんとか、まずほかの場所では
聞くことができないだろう。
2期も決定したということで、
引き続き、癒されたい。

{netabare}※それにしてもジャパンレンタカーが
同じ名前でカラオケ屋としても経営している
店舗があるのは初めて知った。{/netabare}
(2019年6月28日初投稿)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 39
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.6

お前はまだナゴヤを知らない

視聴前
あーあれね、「お前はまだグンマを知らない」の名古屋版だろうなこれ。
でもキービジュは女子三人だからゆるふわ日常系なのかな?
あ、シーモアで35ページもためし読みできるわ、読んでみよ。

…主人公が男だぎゃあ!萌え日常みたいに偽装しとるがね!
序盤読んだけどやっぱお前はまだ~の名古屋版に感じた。

名古屋は何度か行ったことがあるが、以下の印象
・味噌煮込みうどんはさほどうまくない。鶏肉が一番美味かった(名古屋コーチンじゃなかったけどそれがあるせいで鶏肉は名物らしい)。
・日本三大電気街の大須はとてもしょぼい、関東にいくらでもあるような商店街にすぎない。秋葉:日本橋:大須=10:2:0.1くらい差がある。
・有名な喫茶店のモーニングは老人ばかりで暗い雰囲気。
・名古屋城は歴史博物館。

1話
OP(ED)は「名古屋はええよ!やっとかめ」の声優カバーにして欲しかった。
5分枠は短すぎ。15分枠でやって欲しいがや。
dアニメストア版はTEAM SHACHIが大須を探索するコーナーがあるけど見ない。
TEAM SHACHIって活動歴長いんだね…。

2話
{netabare}でたコメダ珈琲店wEDでちゃんと協力してた。
はやくも2話でもってきたか…名古屋って他に(ry
ココイチとかも出てくるのかな?{/netabare}

3話
EDが微妙に変わっている。黒髪ショートの子はいつ出てくるんだろう。

4話
{netabare}ナナちゃんて夏色キセキとラブライブサンシャインで見てこれでアニメで見るの3度目だわw
しるこサンドは名古屋人のソウルフード?{/netabare}

5話
いや名古屋とか東京と比較したら下の下の下下下だよ。次元が違う。大阪と同レベルだっての。まぁどちらかに住まなければならないなら泣く泣く名古屋にするが。大阪は無理。

6話
{netabare}やっと妹出てきたな。
スガキヤって行ったこと無いw関東なら日高屋だな。
ココイチはGoGo一番になってたから出てこないみたいだ。{/netabare}

7話
{netabare}ローカル版だがしかしになってるwクッピーラムネは愛知産だったのか…。
お前の体内は東海に侵されてるがね{/netabare}ってすげーパワーワード。

8話
{netabare}キター大須回!
でた、二人きりにする展開。
秋葉みたいと言うと喜ぶんちゃう?三大電気街であることが誇りじゃないの?{/netabare}
今回名古屋人以外分からないネタ多すぎないw

9話
{netabare}なんでかんなぎ!?と思ったら同じ月刊ComicREXだからか。{/netabare}

10話
{netabare}名古屋市長いい声だなw
だからローカルCMネタわからねーってのw
つーか100%CM回じゃんw
そしてラブコメオチ。{/netabare}

11話
{netabare}本当に名古屋襟と言うものはあるのか?なんか鵜呑みにしない方がよさそう。{/netabare}

12話
{netabare}名古屋のカラオケボックスそこまで関東と違うか。
かんなぎOPwwww
最終話EDが燃えよドラゴンズのアニメってwww{/netabare}
二期あって良かったね…もしこれで終わりだったら…

【総評】
一応ラブコメなのだが、好きな女の子に対して男が超積極的なのは最近珍しいので逆に新鮮に感じた。

今期は作画が酷いショートアニメが目立つが、このアニメはキャラの喜怒哀楽の表情が上手く描けていてとてもかわいい。
さすが名作「バーナード嬢曰く。」を作ったCreators in Pack。

つーか「ぷりぷり県」アニメ化しようよ。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 6

ISSA

★★★★☆ 3.4

おにぎりせんべい…関東の人は知らないのか。

1話視聴

陣界人:東京都出身(市来光弘:鹿児島県出身)
八十亀最中:愛知県出身(戸松遥:愛知県出身)
只草舞衣:岐阜県出身(岩井友希:岐阜県出身)
笹津やん菜:三重県出身(小松未可子:三重県出身)

名古屋弁全開のアニメぽい、ミャーミャー言ってそう(=^ェ^=)
自転車→けった
疲れた→えらい
ちんちん→熱い
明日、明後日、しあさって→明日、明後日、ささって、しあさって(三重県だけ?)

名古屋アピール
六甲おろし→板東英二の燃えろドラコンズがゃ
ミヤネヤ&グッディ→14時は石井アナのゴゴスマ見るがゃ
名古屋と言えばスガキヤラーメン
台湾ラーメン行くなら味仙
手羽先行くなら世界の山ちゃん

祝選抜高校野球優勝おめでとう東邦高校。

三重県在住、奈良県出身の精一杯の名古屋アピールでした。

衝撃的…おにぎりせんべい、東日本の人は知らないのか?
ちなみにクッピーラムネ大好き、飲みのあてに最高w
かにチップ食べたことないかも。


「つけてみそかけてみそ」「献立いろいろみそ」回両方共にCM印象に残る、名古屋ならではの調味料w
でもこの地区最近インパクトCMは
「近藤産興」CM違うかな?

『はい~何でも貸します、近藤産興、ジェットも、祭りも、イベントも、ルーラー…』
ジェットの部分でジャンボジェットの映像が…近藤産興、ジャンボジェット貸してくれる!?w

探偵ナイトスクープで一度、「何でも貸します」部分が愛知県民以外は「エサセモ貸します」に聞こえるって取り上げられてましたね。
YouTubeに近藤産興の動画は有りますので聞いてみては。


最終回はカラオケ♪
ジャパンレンタカー・・・ジャパレンってこっちでは言ってます。
こっちに引っ越した時はジャパレン??何だったw


地元ネタが楽しい、作画&演出もいい、地元出身の声優さん方言もナチュラル。
戸松遥さんの名古屋弁が楽しい。

3分アニメなので補正して評価は下げてますが、今期楽しめたアニメの一つです。

2期決定!!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 23
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ