栗田貫一おすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの栗田貫一成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月08日の時点で一番の栗田貫一おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

66.6 1 栗田貫一アニメランキング1位
ルパン三世 新シリーズ(part4)(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (361)
1885人が棚に入れました
外伝やスピンオフではない純粋なTVシリーズとしては、1985年の「ルパン三世 PARTIII」以来30年ぶりの新作。舞台はイタリアとサンマリノ。総監督の友永和秀さん、シリーズ構成・脚本の高橋悠也さん、キャラクターデザインの横堀久雄さん、音楽の大野雄二さん、アニメーション制作のテレコム・アニメーションフィルムなど、シリーズを熟知したスタッフがそろう。

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、藤井ゆきよ、咲野俊介

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

彼の世界

2015年10月から2016年3月まで放送。全24話+日本未放送2話。

イタリア・サンマリノを舞台とした『ルパン三世』の新シリーズ。

何ていうかもう、詳しい設定や世界観の説明はいらないですよね。
誰もが知っていて、そして誰もが楽しめる、
天下の大泥棒の活躍と冒険を描いた国民的アニメ作品の新シリーズです。

基本一話完結。実に様々なエピソードを見させてもらいました。

『ルパン三世』らしい物語から始まり、ある時は格好良い物語を、
またある時は騒々しくて楽しいお話を。ホラーを感じるエピソードもあれば、
切なさが沁みるエピソードも。力強いアクションを描いた時もあれば、知能戦を描いた物語も。

もちろん主人公のルパン三世以外の次元や五右ェ門、峰不二子や銭形警部、
いつもの面々の活躍も描かれ、それぞれにスポットライトが当たる物語も用意されています。

鮮やかな作画と心地の良い音楽に彩られた、たくさんの物語。
観ていて湧いてくる感情はそれぞれ違うのに、
でも、どのエピソードも(変な言い方だけど)
ちゃんと『ルパン三世』を感じさせてくれるので、
どこか安心しつつ、最後まで楽しむことができました。

渋いけどユーモアがある。笑っちゃうけど、決める時は決める。
格好悪いけど、でもやっぱり格好良い。
大人から子供まで楽しめる『ルパン三世』の世界に、きっと誰もが連れていかれると思います。

個人的には、第20話『もう一度、君の歌声』のお話が切なくて、特にお気に入りです。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 22

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

30年振りに再来したルパン一家・・・色々と相変わらずでした^^

多くの言葉を必要としない往年の名作です。作品を見た事の無い方はいらっしゃると思いますが、物心の付いた方なら「ルパン3世」という名前に聞き覚えがあると思える位、幅広い層に人気のある作品です。
何でも、ルパン3世が最初にアニメ化されたのは1971年らしいです(wikiより)
この数字を見るとルパン3世の持つ歴史の重さを感じずにはいられません。

そんな往年の名作がアニメで蘇る・・・
昔と今とでは作画は言うに及ばず、技術的なあらゆる面で大きく進歩しています。
現代の圧倒的な技術を駆使したルパン3世が見れる・・・心が踊らない訳はありません。
「何故、今なの・・・?」
という気持ちもありましたが、視聴を楽しみにしていた作品の一つでした。

でも、この作品の再来について作り手側は相当なプレッシャーがあったと思います。
誰もが知っているキャラの作品・・・視聴者側にとっては入り込みやすい一面、どうしてもこれまでの作品と比較してしまいます。
これだけ幅広い層に支持されてきたのは、所謂これまで良作が多く輩出された事と、縦横微塵に走り回る他に類を見ない個性的なキャラが愛されてきたから・・・
なので、勝てば官軍になれますが、もし負けたら賊軍になってしまう・・・しかも相手は現在の数々の作品を視聴していて、目が半端無く肥えている不特定多数の視聴者たち・・・
これでプレッシャーを感じない訳はありません・・・
あとは物語がどの様に転がっていくかが重要なのですが・・・

でも、この作品・・・1話のオープニングからやってくれました^^
流れてくるのは万人が知るルパン3世のテーマソング・・・アニメで使用されたのは35年振りとの事です(wikiより)
曲調もですが、キャラはモンキーパンチさんの原作に即しているので懐かしさを感じてしまいます。
でも、映し出される光景は往年のモノとはまるで異質・・・

革靴の紐を結ぶルパン・・・この革靴の艶と色合いが昔の作画との決別を示すかの如く現代チックです。
青ジャケを羽織り颯爽と車に乗り込むルパン・・・キャラの細かい動作に懐かしさを残しつつ、ディテールに現代技術の粋があちこちに感じられる・・・
そしてそれはルパンに限らず次元、五右衛門、不二子に至っても一緒・・・
キャラ本来の魅力を活かしつつ、今の技術とうまく融合した好事例だと思います。
このオープニングには正直テンションが上がりました^^

そして、斬新さを感じるのはキャラばかりではありません。
物語においても次元、五右衛門や不二子と方を並べるほど存在感のある新キャラが登場するんです。
その名はレベッカ・ロッセリーニ(CV:藤井ゆきよさん)

モデル、デザイナー、女優と天からたくさんの才能を与えられた彼女ですが、やる事なす事破天荒の連続でまるでびっくり箱・・・
こんなに才能に恵まれているにも関わらず、彼女にとってはそれすら退屈に感じてしまう日常に辟易していたところにルパンと出会い・・・いきなり衝撃的な展開から物語が動いていきます。

ルパン一家は代々泥棒稼業・・・勿論ルパン3世もなのですが、ただ有名な骨董品ばかり盗む手口を延々と見せられては、流石に飽きてしまいます。
ルパンらにとって銭形はスパイスの一つではありますが、それでも物足りなく感じた事でしょう・・・
でも、レベッカの投入は個人的には当たりだと思っています。

これまで手に入らないモノなんて無いと思っていたレベッカ・・・
でもルパンと出会い彼女が得た最大の経験は「知る事」だったのではないでしょうか。
「知る事」でこれまでの当たり前が当たり前じゃ無くなる・・・
人間は知る事によって変わる・・・進化が彼女にとって成長の証なのだと思います。

ラストでのレベッカ・・・きっと今までの彼女だったら口にした台詞は違っていた事でしょう・・・
でもこれまで積み重ねてきた時間が思いを留めます・・・
それでも想いは伝えたい・・・貴方に知っておいて欲しいから・・・貴方の中に住まう存在でいたいから・・・
そんな彼女の精一杯があの一言に凝縮されていたんだと思います。
その時の彼女は紛れもなく健気な一人の少女・・・そんなレベッカの姿に思わず胸が熱くなってしまいました(//∇//)
藤井さんの熱演がレベッカの魅力に拍車をかけていた・・・のもあったんでしょうけれど^^

物語の内容については・・・是非本編をご覧下さい。
昔懐かしの皆さまが所狭しと暴れまわるシーンは見ていて痛快でした^^
渾身の2クール作品だったと思います。
レビューの前半で作り手のプレッシャーについて触れましたが、完走して思ったのはプレッシャーが制作に良い意味に働いてくれたのではないでしょうか^^
しっかり堪能させて頂きましたm(_ _)m

投稿 : 2020/08/08
♥ : 18

シャベール大佐 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ルパン三世のイメージを壊さない新シリーズ

ルパン三世の30年ぶりのテレビシリーズ。全24話。
そこそこ楽しめました。
基本的には1話完結の作品ですが、お馴染みのルパン一味と銭形警部以外にも準レギュラーの新キャラが登場して、シリーズ全体を通したストーリー的なものも多少あります。各回の面白さにはかなりバラつきがあった印象で、個人的には全体の大きなストーリーに絡む話よりも、完全に1話だけで終わる軽いエピソードのほうが面白い話が多かったように思いました。
作画は良かったです。舞台となるイタリアの町並みや、ルパンたちが乗る自動車など、そもそものモデルが絵になる素材ということもあってか、映像自体を観ていて楽しめる作品でした。アクションシーンなどのキャラの動きも悪くなく、女性キャラも魅力的に描けていたと思います。OPの映像も素敵でした。
声に関しては、オリジナルの声優は次元役の声優さんだけとのことですが、どのキャラもイメージとのギャップは特に感じませんでした。また、レベッカという女性の新キャラが登場して、このシリーズの中では峰不二子よりもヒロイン的な扱いでしたが、このキャラの声は結構好みでした。
音楽は、昔ながらのルパン三世のOPテーマは普通にカッコいいですし、ED曲も作品の雰囲気には合っていたと思います。
最後まで観終わって振り返ってみると、話の内容はそれほど完成度が高いというわけではないのですが、ルパン三世という有名作品に抱いていた事前のイメージを壊すような部分は特になかったので、悪くない新シリーズだったのではないかと思います。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 14

67.1 2 栗田貫一アニメランキング2位
LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(アニメ映画)

2014年6月21日
★★★★☆ 4.0 (123)
759人が棚に入れました
今回の主役は孤高のガンマン・次元大介。ターゲット奪取作戦、強敵との対決、そしてルパンと“相棒”になっていく男の生き様を、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションで描く。
秘宝「リトルコメット」を狙い東ドロアに潜入したルパン三世と次元。東ドロアは自国の歌手クイーン・マルタが、隣国・西ドロアで暗殺され、この事件を契機に、西ドロアと一触即発の緊張状態が続いていた。「リトルコメット」奪取に成功したルパンと次元。だが、逃走中に次元が狙撃されてしまう。次元を狙ったのは誰か?

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、沢城みゆき、山寺宏一
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

あばよ、次元

小池健監督作品、原作モンキーパンチ。
ハードボイルドな大人のルパン。
キャッチコピー「あばよ、次元」

舞台はヨーロッパ、
東西に分断されているドロア。
秘宝「リトルコメット」を狙い、
東ドロアに潜入したルパンと次元。
歌姫クイーンマルタが西ドロア領内で暗殺され、
両国は一触即発の緊張状態が続いている。

ルパンと次元、まだ出会って間もない頃の話。
ハードボイルドへの原点回帰。
世界観が徹底されていて気持ち良い。
コントラストを強調した絵が素晴らしい。
シケモク、ボルサリーノ、コンバットマグナム。
粋なガンマンの浪漫が詰まった作品。

次元らしいセリフが聞けて嬉しい。

ラストはファンサービスでしょうか。
{netabare}有名なあのキャラ出て来ますよ。{/netabare}

投稿 : 2020/08/08
♥ : 38

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

『~峰不二子という女』から『1stルパン』へ・・・新シリーズ幕開けの序章か!?

2012年春期に27年ぶりのテレビシリーズとして放送された『~峰不二子という女』でキャラデザを務めた小池健が監督
監督とは『REDLINE』でタッグを組んだジェイムス下地が音楽を担当


物語の7日前
緊張関係にある隣国に平和活動のため訪れていた歌姫、クイーン=マルタから個人的にボディガードを依頼されていた次元大介
だが彼女は凄腕の殺し屋、ヤエル奥崎によって狙撃され絶命してしまう
謎に包まれたプロフィール、やけにフォーマルで奇妙な出で立ち、サイコロで出た目に従って殺害までに使う弾数を決めるという銃の腕前
ヤエル奥崎がクイーン=マルタの次に標的したのは、なんと次元大介だった・・・


原作漫画や『~峰不二子という女』の作風を意識し、現代ではなく1970年代が舞台
お馴染みのテーマ曲は流れずハードボイルドなストーリー、アダルティな描写、グロテスクな描写が絶えず、とにかく人がバンバン死ぬアクションスリラー的な要素も含んでいます
みどころはガンマン同士の対決ってことでモチロン銃撃戦
アルファロメオGTVとマセラティ・ボーラのカーチェイス
それと【ぬるんぬるんのローションの中でもがく“全裸”の不二子ちゃん】(´∀`)b
ルパンシリーズというよりは『~峰不二子という女』がお好きだった方には特にオススメしたい1作です
かくいうオイラも前作がとても好きだったので今作には満足b


前作では本筋と並行してルパン一味の出会いが描かれていましたが、今作では「次元、死す」等と大袈裟なキャッチコピーを掲げておきながら、ルパンと次元が如何にして“相棒”となったのかが描かれるバディものとなっております
ちなみに五右ェ門は出ません


原作や初期シリーズに習って、表立って社会に報道されている“悪”の裏には必ず“真の悪”が潜んでいて、それらとルパンが対峙する・・・という単純なストーリー
オチが『007』的なガジェットってのは良い意味でも悪い意味でもルパンらしい
しかしながら25分×2の短い時間の中でよく魅せてくれたものだと拍手です
尚且つラストに待ち構える“ある男”の登場によって
『峰不二子という女』

『次元大介の墓標』

「初期ルパン作品」
という時間軸を成立させ、旧作シリーズファンへのサービスもこなしてみせました
(ココで言う「初期ルパン作品」とは監督が『1stルパン』と明言してますが、今後ありうるやもしれない旧作のリブートという意味でしょう)
今後は『VSコナン』のようなファミリー向け路線と並行して、こういったアダルティーな新生ルパン三世シリーズも展開していくと見受けられます


しかしまぁ、単館1週間限定上映ってのはいくらなんでもナメてる気がしましたけど;(延長はされましたが・・・)
これはOVAなのか?映画なのか?オイラにはワカリマセン┐(´~`)┌


最後に一番のお気に入りのシーン、寡黙で冷酷なヤエル奥崎がやたら美味そうにステーキを頬張る場面が好きですw
久々に画面の中の食べ物にヨダレがw

投稿 : 2020/08/08
♥ : 22

紫煙の心 by斑鳩 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

時の流れは残酷

劇場版『カリオストロの城』以来このシリーズからは遠ざかっていたが
本作『次元大介の墓標』を視聴してみた。
私のとってはルパン役が栗田貫一さんに変ってからはじめてのルパン3世であり
また不二子や今回は出番が無かった五右衛門の担当声優が変ってはじめてのの作品。

TVシリーズ第一作の時、視聴率が振るわず途中からテコ入れとして参加した
宮崎駿が改変して作ったコミカルな宮崎色が強いルパン3世が原型のストーリーに
慣れ親しんだアニメ「ルパン3世」のファンにはとても違和感があるであろう
歴代のアニメ『ルパン3世』とは違いどちらかと言えばモンキーパンチが書いた
原作に近い雰囲気の全編ハードボイルドな物語と渋いキャラデザで
実に私好みの作品でしいた。

作画は手間を掛けたであろう丁寧な仕上がりで、アクションシーは俗に言う
ヌルヌル動く作画と迫力のある画面構成が相まってとても満足できる絵が
良かった。
ストーリーも歴代の作品のように突飛なご都合展開にならないストーリーが
とても満足できるストーリーだったが、いくら次元がメインの物語とはいえ
五右衛門が出てこないのはちょっとさびしいな。

そして本作で惜しむのはキーマンである「次元大介」の担当声優である御年81歳
の小林清志さんの声の衰えかな、本作で次元大介の第一声を効いた時の感想は
「おじいちゃん」としか思えず、しかも滑舌も悪いのでさらに老けて聞こえて
しまっているのは残念。
TVシリーズ第一作製作時に担当声優が変更になった旧レギュラー陣とは違い
旧レギュラー陣の中でも一番古くパイロットフィルムから関わり、ルパン担当
声優だった故山田康雄氏などと作ってきたキャラクター像には敬意を払うが
そろそろ担当声優の交代も考えた方がよろしいのではないかな
事実、不二子や五右衛門、銭形は高齢を理由に交代している。
栗田貫一さんが演じているルパンを始めて見たが、もう代役のルパンではなく
立派なクリカンのルパン3世なっていて、また不二子役を交代した沢城みゆきさん
の演技も他の担当している役とイメージが多少かぶってしまう事は否めない
けど満足できるものでした。

本作は2012年に放映された『峰不二子という女』の流れを汲んでいるらしい
ので、当時はスルーしていたが改めて視聴してみようかと思う。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 16

64.5 3 栗田貫一アニメランキング3位
ルパン三世 グッバイ・パートナー(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (18)
131人が棚に入れました
今回ルパンが狙うのは、海底に隠された“タイムクリスタル"。全世界を混乱に陥れるスーパー量子コンピューター。起動の“鍵"を手に入れたルパンの前に、最強の敵・次元大介が立ちはだかる。仲間であるはずの次元の裏切り…。そしてルパンと共謀した罪で逮捕された銭形警部の運命は!?

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、諏訪部順一、寿美菜子、塩田朋子、小山剛志、上田燿司、内田莉紗、内田夕夜、佐々木省三、内野恵理子

71.5 4 栗田貫一アニメランキング4位
ルパン三世 PART5(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (168)
680人が棚に入れました
ルパン三世と次元大介はフランスにいた。ある田舎町のアパルトマンの一室からドラマが始まる。麻薬や銃など非合法な物まで何でも買える闇のサイト、‘マルコポーロ’。デジタル通貨を盗み出すため、ルパン達は厳重に警備されている巨大サーバ施設へ侵入する。そこで出会ったのは謎の天才ハッカー少女、アミ。ルパンはアミと共に、マルコポーロの罠に立ち向かっていくが、敵が仕掛けた‘ルパン・ゲーム’により、全世界から監視されるハメに。。。しだいに明かされるアミの謎、そしてルパン三世の過去を知る男の出現―――ルパンはいまだかつてないほどの窮地に立たされていく!

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、水瀬いのり、津田健次郎、島﨑信長
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

お約束の安心感と実験的試みの両立…これは観てもいいルパン

2018.09.20 完走後追記


なぜ「カリオストロの城」が名作と呼ばれるのか?

暴論を容赦いただけるのなら、それは『2時間かけたから』


IT時代に旧態依然とした泥棒さんがどう生きていくのか?

本作のテーマです。


ルパンと言えば、一話完結ものとしてイメージが固定化されてます。
本作では往年の一話完結ものを挟みつつ、複数回にまたがってのエピソードがいくつか出てくるのですが、もともと強烈なキャラクターをじっくり描けるのなら、面白みは増すもんだというのを実感しました。

さらに中盤までの一見バラバラだったエピソード群が後半に関連付けされて集約されていく作りになっており、全体2クールの中で一つのまとまりのある作品に仕上げてきました。


これはお馴染みの旧作を再放送で飽きるくらいに観た私達の先入観を軽く超えてくる体験です。
昔懐かしのメロディー、みたいな印象で視聴を敬遠されてるならちょっともったいないかもしれません。


本作独自のサブヒロイン「アミ」は感情移入しやすいキャラ設定でした。
声あてている水瀬いのりさんの抑えた演技も意外性がありましたね。
なお、イントネーションは ア↑ミ↓ ではなく ア→ミ↑ です。ここ重要(笑)
{netabare}まさか名前のイントネーションが伏線になるとは思わなんだ。{/netabare}


そして大事なことで、本作で視聴者をざわつかせるのが、ルパンファミリーの面々の内面を描いてきたこと。
これはたいへんな冒険だったことでしょう。ルパンらしさへの挑戦です。

おそらく今回の製作陣はオリジナルへの造詣が深く、基本の型を抑えられるスタッフだったことで、ある意味、型を破る資格があったものと好意的に私は受け止めてます。


ルパンらしさを失わず、それでいて新たな視点を視聴者に提示する。
時代に合わせて作品としてはチャレンジしつつ、ルパンはかっこいいルパンだねと感じられた私にとっては満足のいく一品でした。


思えば、「カリオストロの城」もTVシリーズのルパンのイメージに少しずらしを加えてました。監督チャレンジしたんだなぁと今更の再確認です。


視聴当初は、それこそ懐かしのメロディーを楽しむくらいで構えてました。
途中のレビューにそれは表れてるので余力あれば後述の途中レビューもご笑覧くださいませ。


-----------------

2018.06.03記 ※途中観戦記

レビュータイトル『次元大介を見に行こう 大野雄二を聴きに行こう』

{netabare}
キャラ付け、物語の展開はすでに完成された設定があるので、それを逸脱してなければ安心して観れるといったところでしょう。
その前提でしたら、オリジナルに敬意を払っているよね、というのがわかるので◎。
詳細レビューは不要かと思ってます。もともと嫌いじゃなきゃどうぞどうぞ、という作品です。
今回のシーズンでの着目点はずばり『オリジナルメンバーを堪能しよう』。


OP『ルパン三世のテーマ』本作はシャンソン風アレンジです。アルセーヌルパンがフランス人だからなんですかね?フランス舞台の話もありまして、ルーツを意識した製作をしてるのかもしれません。アレンジは大野雄二氏、オリジナルメンバーです。

オリジナルメンバーと言えば、次元大介役の小林清志さん。御年85歳(2018年6月現在)です。
視聴時の第一印象は、
『声が細くなってる』
『早いセリフ回しはしんどそう』
正直言って観ててツラいのです。

賛否両論あれど代替わりした声優さんたちはオリジナルを意識した演技をしており、ルパンの世界観を受け継いでます。そして一定の評価を得てます。
小林さんも後進に譲っていただいたほうが、、、と思うのは私だけではないでしょう。

しかしながら配役に小林さんを充てる選択を製作陣はしてます。小林さんの意向かもしれません。
そうときたら40年以上同役を勤められたこれまでの功績に敬意を払うべきかと3~4話観て考えを変えました。


プロスポーツ選手の引退時期は、所属チームから言い渡されるか自分で決めるのどちらかです。ファンの声もあるかもしれませんが決定するのは雇い先か本人です。
あたかもKAZUを見にスタジアムに足を運ぶように、勝敗を超えたなにかがそこにあるはず。普段はチャンピオンズリーグ観ててもかまいませんがその尺度で観るのとはちょっと違う。

タイトルの通りです。皆さま伝統芸能を堪能しましょう。
{/netabare}



-----
2019.03.06追記
《配点を修正》


80歳をゆうに超える小林清志さんの演技をリアルタイムで触れられるのも残り少なかろう、という心持ちでのスタートだったのが、なかなかどうして見応えがあり、しっかり『ルパン』してたのが良い意味の裏切りだったかと。

クレヨンしんちゃん、ドラえもん、サザエさんのような定番ものだから観ない。
声優変わってからはちょっとなー、と思って観ない。
本作は仮に『ルパン』の冠を外したとしてもしっかり鑑賞に堪えうる良作。それだともったいないかもしれないです。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 33

四文字屋 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

なにこの旧作過剰リスペクト。って言いつつ嫌いじゃないんだけどねスポイルされるのはw

イタリア篇が評判よかったのでしょうか。
今更ながらのPART5。

スタート早々旧作各シリーズのいろんなシーンがインサートされて、
懐かしさフラッシュバック。

ちゃんと観てなかったから見落としもあるだろうけど、
カリ城と1stがしっかり組み込まれていて、

古いファンにアピールしまくってるw
本編中でもフィアットのスーパーチャージャーとか
潜水芸とかちょいちょいみせてくれるし。

やってることも、ガジェット的には現代に置き換えられてるけど、
昔のルパンをそのままやってくれてます。

アミという今シリーズのヒロインもなかなかいい。
色気と幼さとクレバーさとダウナー加減が絶妙。



気になるのは、ここまで旧作好きにおもねって、
payできるのかってこと。

そして最大の問題がCv。
栗田ルパン、やっぱムリだわ私には。
山田ボイスじゃなくていいから、Cvは声優さんにお願いしたい。
そして小林さん。もういいよ。つらい。


予想完視聴確率:45%
クール内BEST10到達予測:12%
予想涙腺刺激度数:5%
平均エロチックメーター指数:33%

投稿 : 2020/08/08
♥ : 15

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

旧シリーズに戻ろうとしている感じ

8話まで視聴。脚本が大人向けに練に練られている。往年のハリウッド映画のオマージュがところどころ見えるのは良いと思うのと、ハードボイルド路線は個人的に好きなので好感が持てます。007やミッションインポッシブルはもちろんのこと、「第三の男」などの40年代フィルムノワールを基に制作しているようなので、モノトーン調が似合う犯罪ドラマになっているのも映画好きには高得点。全体的に旧シリーズにもどってもしかしたら劇場版を視野に入れている感じがします。

PART4より現代的でアダルティで良いと思います。

全話視聴:全体的にシリーズ構成がしかっりとしていて、脚本に相当力を入れていることがわかります。作画で見せ場を作らないぶん、演出と脚本で押している感じ。まあそれでも普通の深夜アニメに比べたら予算は桁違いでしょうが。
名作かと聞かれたらやはりそこまでは面白くなく、いつものルパン三世って感じが否めませんでした。また時折、シリーズとして続いていくのでしょうがラストにルパンの「秘密」というのが出てきましたが正直微妙です。変に設定を増したことによって今後のシリーズに繋げようのないことはやらないほうが良かったのではないかと思います。うーん。全体を通してやはり旧作には及ばない感じがします。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 13

69.7 5 栗田貫一アニメランキング5位
LUPIN THE lllRD 峰不二子の嘘 (アニメ映画)

2019年5月31日
★★★★☆ 3.7 (25)
117人が棚に入れました
不二子は逃げていた。 父親が横領した5億ドルのカギを握る少年ジーンとともに。二人はジーンの父・ランディを襲った殺し屋ビンカムに命を狙われていた。呪いの力によって人の心を操るビンカムから一度は逃げ延びるが、拘束されてしまう不二子とジーン。ビンカムの鋭利な爪が今、不二子に襲い掛かる――!

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、沢城みゆき
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

ピンクパンサー

小池健監督作品、原作モンキーパンチ。

次元大介の墓標、血煙の五エ衛門に続く、
ハードボイルドシリーズ第3弾。
最高のミューズ、峰不二子の登場です。

今年は劇場版当たり年でしょう。

どこかコーマック・マッカーシー的な、
荒涼と渇いた世界観でルパン一味は疾走する。
消えた5億ドルを巡る攻防。
殺し屋ビンカムはアントンシガーのように、
執拗に不二子と少年を追跡する。
その呪われた身体で、呪われた悲しき人生で。
{netabare}その裏で暗躍する国際的な殺し屋の組織。{/netabare}

監督の描くこの世界観が感性に響きます。
僕には相性が良く、ここに描かれる全てが好きだ。
美貌と知性で欲望のまま生きる女、
粋なガンマンと世界的な大泥棒、怪盗ルパン。
セリフ、音楽、演出、どれも印象深い。
彼の作品はこれからも注目していきたいと思う。

ゲストキャラの参戦により過去の映画と繋がる。
どうやら共通の世界で事件は起こっているようだ。
ますます興味は尽きないですね。

さてさて次の獲物は何であろうか。

モンキーパンチ先生、ありがとう。
ルパンよ、永遠に。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 21

KANO さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

永遠のセクシーレディー

本作はハードボイルド仕様、大人向けルパン三世。
内容は峰不二子の魅力を余す事なく(全て)題名も含めて描かれています。
長きに渡り、関わる男を全て自分の手駒にしてしまうさまは正しく最強の悪女かつセクシーレディー。
子供の頃から聞き慣れた2代目不二子の声を、本作の仕様では、沢城みゆきさんが払拭してくれたのは、流石の一言です。
カッコいいルパン三世の峰不二子をご賞味あれ(^^)

投稿 : 2020/08/08
♥ : 12

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

1カット1カットに「意味」がある。

これはすごい。

まあ、誰もが知っている「ルパン三世」シリーズなので一切手が抜けないというのもありますし、予算も段違いだとは思いますが。

TVアニメと劇場用アニメが何が違うのかと言えば、一重に「直接視聴者からお金をもらっているか否か」なんですが、

なので、TVアニメは原作の小説なり漫画なりを売るための「販促」であり「コマーシャル」なので、ある程度のクオリティが維持されていればどうにでもなるわけです。
しかし劇場用となれば話は別で、直接お客からお金をもらっているわけですから生半可には作れないのでクオリティが上がるのです。

今回の「ルパン三世 峰不二子の嘘」はそれ以上の計算し尽くされた脚本、演出、作画によって正味「1時間」という中編の内容にも関わらず、「3時間」くらいの濃密なアニメ映画になっています。

本作のアニメメゾットはハリウッド映画式の演出方法で、人物の役割や数秒の1カットに至るまで全てに「意味」があります。勿論、大人向けなので直接的なお色気シーン(今回は不二子のトップレスまで描かれている)がありますが、それすらにも映画的な「意味」やリアリティがあります。

なかでも今回主役の峰不二子の性的で肉体的なエロス(直接的な)にかなりこだわって描かれているので相当手間が掛かっているほか、作画スタッフがかなりクールなのがわかります。

エロティックなのにポルノではなく、人間の女性の生身の性的な魅力を表現しているので、他のアダルト向けのアニメから抜きん出ています。

凄いですね。ここまで意識が高いアニメ映画もそうそうありません。

業界のお手本だと思いました。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 9

59.0 6 栗田貫一アニメランキング6位
ルパン三世 princess of the breeze ~隠された空中都市~(TVアニメ動画)

2013年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (78)
446人が棚に入れました
オランダ・アムステルダム上空で多くの宝物を乗せた巨大飛行船で「シャハルタ共和国開国記念レセプションパーティー」が開催された。そこに現れたのは空賊たち。狙いは巨大飛行船に展示されている或る水晶。会場に潜り込んでいたルパンは、お宝を奪うために空賊と争奪戦になるが、女性空賊ユティカとの宝の入ったバッグを奪い合った末、ルパンはバッグごと飛行船から落下してしまう。その後、無事にパリのアジトに辿り着いたルパンだったが、宝と思っていたバッグの中身は赤ん坊のラームと空のケースだった。ルパン一世の遺した記録によると、クーデターにより共和国となったシャハルタには、王国だった時代の宝物が隠されている筈だったのだが。真のお宝を手に入れるために或る策を思いついたルパンは、ラームを連れてイギリスやフランスなどの名だたる博物館をこれ見よがしに襲い始める。

声優・キャラクター
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、石川由依、宮本佳那子、神谷浩史、楠大典、菅生隆之、渡辺明乃、諏訪部順一、金田朋子、千葉繁

Britannia さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ルパン映画沢山有り、何見たか忘れたなぁ

007の様なボンドガールが愛せるかで評価が変わる。

くりかん、山寺、沢城の現代版ルパン
似たキャスティング、演技は流石。

やはり昔に比べ映像は格段に向上してるが
表現・シナリオはチープになってる。

心に響く、音楽・シナリオは昔にはとても勝てない。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 10

エロマンガ先生(仮) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

とりあえず沢城みゆきさんさいこー。

ふじこの声優さんって沢城みゆきさんだったってのは初しりでした!

めっちゃ色っぽかった♪

沢城みゆきさんマジさいこーです!

投稿 : 2020/08/08
♥ : 10
ネタバレ

おなべ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

ルパンたちが隠された空中都市を謎の赤ちゃんとヒロインと一緒に探すよ☆

毎度お馴染みTVスペシャルのルパン三世。
作画の面に関しては申し分なく、並外れた崩壊もないままレベルを上げていますが、物語の方はというと「イマイチ…」と言わんばかりなのが私めの実情でございます。それでも毎回何だかんだ言いつつ「今年こそは!」なんて思って見てしまうのです。

サブタイトルは「隠された空中都市」
自分を含めた多くの人は空中都市=ラピュタのイメージを抱き合わせているのは最もだと思います。ジブリ級の映画に辿り着けるのは難しいにしろ、空中都市を巡る冒険活劇にはロマンスな期待をしてしまいますね。


そして今作のルパンはというと…
ロマンスなんかとは程遠く、自分のグツグツと煮え切ったマグマの如くの感情が鍋の蓋から今にも溢れそうな有様でした。そうなった根拠はいろいろとあります。しかしどんな作品にも褒めるべき点はあるので、それも踏まえて挙げさせて頂きます。

(以下、酷い感想。酷評をお許しください…ッ!)



・流石の加々美高浩作画
「遊戯王」の海馬社長がイケメン作画の時は大体この方、信頼と安定の作画担当加々美高浩氏の功績により、とても綺麗な作画です。


・ルパンのキャラデザは個人的には良し
今回のルパンのキャラデザ、目がキラキラしているので放送前から賛否両論でした。とはいっても、TV第1シリーズのルパンも目も光っていたので左程気になりませんでした。
しかしサブキャラがどこかで見た事あるような…「テイルズオブシンフォニア」のキャラデザに似ていました(シンフォニアのレビューで述べましたが、あまり好きなキャラデザではないのでちょっぴりガッカリでした笑)。


・声優もまあ良し
ヒロインの声が若干大根のような気がしましたが、この際はまあいいです。ルパンファミリーの新しい声優さんも、あまり気になることはなく普通に聞けました。


・どこかで見た事がある展開とノリが…
今や有り余る程の作品がある分、多少似ている展開や物語は仕方ないかもしれません。それでもキラリと光る演出やあっと驚く伏線やヒネリがあれば満足出来るもんです。
しかし本作は、どこかで見たシナリオを取って付けただけのようなものでした。だから、別段感動も薄いし熱くなるはずの山場も、言ってしまえば大した事なく感じてしまうのです。それをオマージュやリスペクトと捉えるのは無理があります。
ともかく今作で一番ゲンナリしたのは、深夜アニメ定番のネタをいとも容易くやってのけた事です。そういうTPOをはき違えたノリはやめてください。「ルパン」なんですよこれは!
例としてあげると
{netabare}ヒロインが直ぐに頬を染めたり、「きゃっ」とかあざとい声出したり、ドラム缶で風呂入ったり、歌を歌ったりすることです。何故最近のヒロインは何の前触れもなく歌うんだ。流行ってるの?
若奥様の設定でもお腹いっぱいなのに、さらに際どい衣装でお尻アップはもう本当やめてください。アダルトとエロは違うと思うんですよ!
はたまた残念だったのは、序盤に死んだと思ってた頭領たちが生きていた展開。爆発直前に夫婦で手を重ねた描写が台無しです。というか死ぬだろ。いくらなんでもご都合主義過ぎです。{/netabare}


・キャラデザはよくともキャラが違うとは…
そもそも今回の件はルパンが絡む必要性ないんじゃね?というのは今に始まった事ではないので目を瞑ります。ルパン達の行動は後々の展開に繋がることが多くて、銭形警部が逮捕出来ない通りくせ者なんですが、本作はルパンファミリーが小物レベルに弱っちく、ビジュアル面以外での格好良さを見出せません。このキャラはこんなこと言うっけ?と首を傾げてしまう言動が多々あり、制作者はルパンをどこまで網羅しているのか知りたくなります。
{netabare} 不二子は悪役の側近になっている最初はいいんですが、カルマの奴に(次元も含めて)いとも容易く操られるのは納得がいかなかったです。警戒心も人一倍強い所を見せて欲しかったのに、正気に戻った後「いやん、エッチ!」なんて不二子だったら言わないでしょう。
一番心底ガッカリしたのはルパンです。序盤に赤ん坊と一緒に泥棒する描写も特に意味なし。途中カルマの奴に銃弾で撃たれるののも「いやいや、ルパンがフツーに撃たれるわけねーじゃん!誰かに変装してるんでしょ」と思ってたのに、本当に撃たれて血を流すだけでした。深慮が浅過ぎます。
その後、ルパンを助ける銭形警部の行動がさらに宜しくない。銭形は非常事態の時だけ仕方なしにルパンと手を組むことはありますが、ルパンを助けるのはいくらなんでもキャラが違うのでは…。{/netabare}


・オリジナルキャラ
キャラもどこかで見た事あるような感じなので、魅力がありませんでした。ヒロインもこれと言って特徴がなく可愛いだけです。特に目が片方赤く光り「お前のカルマは何色だ」とかぬかしてた敵キャラは能力に至っても何の説明もないのでマジで謎でした。
ただcv千葉繁のドクターは良いキャラでした。彼だけはレギュラーキャラに選抜しても文句ナシです。それと赤ちゃんのキャラデザだけ、あまり可愛らしく描いていないのは一体何ゆえでしょう。
{netabare} 他の方々もレビューしてますが、赤ちゃんの用を足すシーン(超オブラードに包みます)をドアップで映すのは制作者の神経を疑いました。どうしてそんなことをするのよ。
赤ちゃんは物語のキーマンと思いきや、結局そうでもなかったのは拍子抜けしました。ただ宝石を飲み込んだだけという…。もっと他になかったのだろうか。イケメン王子は高笑いして死ぬ必要ないのに死んだことしか印象に残りませんでした。 {/netabare}


・結局「峰不二子という女」の実験は一体…
「峰不二子という女」は賛否両論ありつつも、製作者が新しい「ルパン三世」を目指した意欲的な作品と感じました。原作を意識したアダルトな作風は素晴らしい出来具合でした。
しかし近頃のTVスペシャル版はどれも「峰不二子という女」の実験的な要素を一つ足りとも生かしていない気がします。作画も綺麗なのはいいけど少しくらい作風のこだわりも見せてほしいものです。



・総評
金曜ロードショーで放映する作品は、普段映画を見ない方にもわかりやすい、それでもって安定した上質な物語を提供してくれます(そうでない時もあります)。
特にアニメというのは、やはり一般の方々にはまだまだ取っ付きにくい、萌え萌えのイメージも相俟って未知なる空間のような只ならぬものではないでしょうか。その中でも老若男女問わず楽しめる「ルパン三世」ならまだ見れる方もいるわけです。

しかしその「ルパン」が物語に特に深みもあるわけでもなく新鮮味もない、ただ冗長に感じてしまう作品になっているのは如何なものかと思います。時間帯が違うアニメなら、まあ見れたかもしれません。せめて背筋が痒くなるようなキャラの掛け合いはどうにかしてほしいです。脚本家は三人もいるんだから、もっと頑張ってほしかった…。
次こそは…!映画一本見るような深みのある「ルパン三世」を見たいものです。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 6
ページの先頭へ