根岸弘おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの根岸弘成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年09月20日の時点で一番の根岸弘おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

63.4 1 根岸弘アニメランキング1位
天地無用!(TVアニメ動画)

1995年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (78)
486人が棚に入れました
ごく平凡な高校生、柾木天地は帰宅途中、宇宙海賊に襲われている美少女、魎呼と出会う。成り行きで彼女を自宅にかくまうことにした天地であったが……。そして夜、夕方の敵が柾木家に現れた。相手の話によると、魎呼こそが宇宙海賊で、自分は銀河警察(ギャラクシーポリス)の刑事・美星であるというが……。

声優・キャラクター
菊池正美、折笠愛、高田由美、横山智佐、水谷優子、小林優子、天野由梨、小桜エツコ、青野武、緒方賢一、高木渉、大塚みずえ、矢島晶子

coldikaros さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

異様な壮大さ

壮大です。いい意味でも、悪い意味でもです。
序盤は伏線張りとどうでもいいハーレム展開が続き、あまりのわけの分からなさに困惑してしまいました。
話数の半分程そんな感じで費やし、そこからの展開がまぁ激しかったですね^^;
序盤の展開から考えてここまでストーリーがきっちりしているものだとは思いもしませんでした。
まとめていうなら、面白いと思うことを全部詰め込みましたっていう作品だと思います。
それぞれの分野に特化した作品にはどれも及びませんが、特に後半は王道の安定した面白さを感じました。
この作品の前身となったOVAがあるのですが、あちらの方が出来がいいらしいので、全部見る気が初めからあるのならこちらから見た方がいいと思います。
あちらを見てからこちらを見ると、もしかしたらがっかりしてしまうかもしれませんので。
逆にぱっぱと面白いほうだけ見て、切り上げたい方は向こうのOVAから見た方がいいでしょう。
その場合、こちらはOVAを見た後に視聴を考えればいいです。
非常に立ち位置が微妙になってしまっている作品ですが、そう見下げたものではないと思います。
壮大であるが故にチープなこういう作品も、またアニメとしてありだろうと僕は思いますよ^^;

投稿 : 2020/09/19
♥ : 5

負け猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

確かに天地無用ではある

TV版の天地無用。
(確かOPの時のタイトルにわざわざTV版てあったような^^;)

OVAとは全く違う、パラレルワールドとして最初から話しが始まります。

ヒロイン達は1人を除いて皆デザインは一緒です。
ただ、全てのキャラの設定や各キャラ同士の関係性がかなり変わっている。
(性格はそのままです)

主人公の設定はほぼ変わらずです。

ストーリーはやっぱり天地無用らしく、ギャグやハーレムものとなっていますが、
メインストーリーがしっかりと存在しており途中から
ラストまでシリアス回となり、その中にギャグを混ぜて進んで行くようになります。


OVA版を見た後だとやっぱりイマイチですが、
しっかりと天地無用という雰囲気は出せています。
(やっぱりOVAの方がキャラも多いし、正史ってのもあるからね^^)

ちなみに、天地無用の劇場版はこのTV版がベースとなっています。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 1

ヌンサ(亢宿) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

やっぱりOVAが一番・・・かな

 「OVAシリーズと微妙に設定が違う」という作品の感覚は、サクラ大戦シリーズとかに近いものがあるかもしれません。

 毎度この作品のレビューで言っているように、僕はご近所レベルでのドタバタ劇こそが「天地無用!」の醍醐味だと思っています。なので、後半の宇宙篇は・・・でした。

 この作品で最も優れていたのはエンディングアニメーションだと思います。ますなりこうじ(現・舛成孝二)さんによる魎皇鬼のアニメーションが最高に可愛いです!曲も非常に耳に残ります。折笠愛さん、高田由美さんによる歌は・・・アレですが(笑)、素の声が美しいので何度も聴きたくなりますね。

 P.S.次作の「新・天地無用!」はキャラクターデザインとストーリーの幼さについて行けず、さらに続く「天地無用! GXP」も途中で視聴を断念してしまいました・・・すいません。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 3

65.5 2 根岸弘アニメランキング2位
NG騎士ラムネ&40-エヌジーナイトラムネアンドフォーティー(TVアニメ動画)

1990年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (39)
300人が棚に入れました
ゲーム大好きな熱血小学生馬場ラムネは、ある日、一個10円の大安売りで偶然手に入れたファミコンゲーム「キングスカッシャー」をクリアした所、いきなりテレビから出てきた女の子ミルクに別世界へ連れて行かれる。そして伝説の勇者ラムネスとして復活した伝説の大悪魔「妖神ゴブーリキ」を倒す為にタマ Q、ミルク、姉のココアとスタン帆船で旅立っていく…。

声優・キャラクター
草尾毅、横山智佐、玉川砂記子、神代知衣、矢尾一樹、松井菜桜子、TARAKO、飯塚昭三、肝付兼太、飛田展男、菅原淳一、ならはしみき、真柴摩利、梁田清之、梅津秀行、中原茂、松本保典
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

僕は今猛烈に・・・!

ギャグ系ファンタジー熱血ロボットアニメ。

【良い点】
最初の頃は普通って感じだったけど
どんどん面白くなっていったアニメですね。
{/netabare}特にダ・サイダーたちが実は仲間?{/netabare}
という辺りからは格段に面白くなっていきました。

・キャラクター
メインキャラ、守護騎士ともに良かったですが
特に好きなのがダ・サイダーです!
{netabare}面白いからってのもあるけどドン・ハルマゲの洗脳から
咄嗟にレスカを逃がすしたりとかで格好良かった。{/netabare}
決め台詞の「やぁってやるぜ!」はダンクーガっぽいと思ってたら
制作会社が同じだったからなんですねw。

・主題歌
草尾毅さんが歌うノリのいいOP。
特に後期OPの「めざせ! 1番!!」が大好き。

【総合評価】
一クール減ったという割には綺麗に終わっていたと思います。
特に最終回が大好きです。
{netabare}最終決戦はもちろんダ・サイダーとラムネのやり取りと
ミルクとの約束のシーン{/netabare}がすごく良い!見終わったときまさに
「俺は今猛烈に感動している!」って気分でしたw。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 2

あぱぱ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

究極に熱血!

あかほりアニメで有名な作品。
複数シリーズを含めたレビューです。

同あかほりアニメのセイバーマリオネットJキャラクターが
混じっていても違和感がない独特なあかほりキャラクターが出てきます。

1990年頃といえば家庭用ゲーム機が流行していた時期でしたので、
ゲームをクリアした主人公が異世界へ召還される展開になっています。

ラムネスCV草尾毅とダ・サイダーCV矢尾一樹の台詞まわしが
ひたすら熱いです。
とにかく賑やかなので、なんとなく視聴していても楽しめます。

かといってシリアス場面は、手のひら返したように物語を
盛り上げたりするので、ふいを突かれるところは見所です。
このあたりの演出は非常に見せ上手だと思います。
(最近はこのような見せ方をしてくれる作品が減ったように感じます)

音楽といえば、この作品シリーズのオープニング曲はとても
耳残りがよくて、本編を見ていなくてもなんとなくワクワク感や
熱血ぶりが伝わってくる不思議なオープニングです。
「めざせ一番!!」と「未来形アイドル」は個人的に大好きです。

作画はアクションシーンのアングルと速さが魅力。
勢いだけで描写したシーンは視聴していて気持ちがいい。

一時期ブームを起こした、あかほりアニメを視聴されたい方には
オススメです。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 4

62.9 3 根岸弘アニメランキング3位
VS騎士ラムネ&40炎-ヴァーサスナイト・ラムネアンドフォーティー(TVアニメ動画)

1996年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (28)
224人が棚に入れました
ゲームが大好きな馬場ラムネードはある日、二人の少女からゲーム機用のCD-ROMを買わされる。それは妖神ゴブーリキを倒した2代目ラムネスの戦いを記録したものだった。ゲームをクリアすると先ほどの少女二人がテレビから出現。二人はラムネードを自分たちの世界へ連れて行き、3代目ラムネスとなって復活した大邪神アブラームを倒し、自分たちの世界を救ってくれと頼む。初めはとまどっていたラムネードもしぶしぶ承知し大邪神アブラームを倒す旅が始まる。

声優・キャラクター
草尾毅、矢尾一樹、宮村優子、氷上恭子、こおろぎさとみ、TARAKO、塩屋浩三、優希比呂、松本保典、根谷美智子、矢島晶子、森久保祥太郎、うえだゆうじ、岡野浩介、今井由香、高野直子、川上とも子、横山智佐
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

うーん・・・

【良い点】
・主題歌
草尾さんが歌う曲では無くなってしまったものの
曲はどれもよかったと思います。

・2代目ラムネスとダ・サイダー
{netabare}あの2人が無事結婚まで行くことが分かって嬉しかった。
ダ・サイダーは今作は無駄に喧嘩しまくってた印象もあったけれど
3代目ラムネスが過去に飛ばされて戻ってきた時に憎まれ口を
叩きながらも涙を流してたりとか
最終回でのセリフとかでやっぱりいいキャラだなーというのを再認識。{/netabare}
このVS騎士ラムネでの新キャラは好きになれる
キャラがほぼ皆無だったのでだいたい前作組が救いでした。

【悪い点】
○キャラクター
・3代目ラムネス・・・ダ・サイダーを軽く扱い過ぎてた感じがしますねー。
おまけ扱いどころか他の人の名前呼んだけど
完全に数にすらいれてないこともあったし・・・(ギャグ以外でも)
まぁ終盤は前より仲良くなったからこの部分はまだいいですけどー。

・その他のキャラクター
なんかのキャラに似てるのはさておき
ドラムとかミトとか正直魅力がない・・・。
あと敵キャラもマッチョとか明らかに狙いにいった
感じのキャラなのに見事に滑ってた。

○ロボット
なんで2人組にしちゃったのかなー。
3代目ラムネスとダ・サイダーの方はまだいいのだけど
ミトとドラムのロボットはメインの1人以外が
あんまり目立ってないというかほとんどしゃべってない?
前作NG騎士ではたくさんの守護騎士とかも出て楽しかったのになー。
そーいえば今作で守護騎士が使われなかったのも結構謎なんですよねー。
{netabare}1話での説明では2代目が18以上だからもう勇者じゃないからとかいってた。
その時はそれで納得したんだけど・・・
過去から18になる前の2代目ラムネスが登場して
ブラックラムネスの動きを封じてたのを見て不思議に思った。
あれ勇者の間ならまだキングスカッシャー呼び出せるんじゃない?と。
それにその他の守護騎士はOVAにおいて
ミルクたちが守護騎士をタマQから呼び出していたので
せっかく前作からいろいろ出してるなら
他の人が呼んで使えばよかったのにーと思いました。{/netabare}

○終わり方
戦闘の方はいい雰囲気の挿入歌とかダ・サイダーがいい味出してたんだけど
その後が問題で・・・
{netabare}「メインヒロイン全無視エンド」というひどいのやってしまった。
「あたしだってこんなにラムネスの事が好きなのに」
とまでパフェに言わせといて
後半でひょいと出てきた他キャラに
全部持ってかれるとかパフェが可哀想・・・
寂しげな表情で見つめてるパフェとカカオの姿がとっても悲しい。
それに加えてこの後「どうだった冒険は?」→
「とっても素晴らしい冒険だったよ!」→「よかったな。」
の流れだから余計に・・・いやいやよくないよー!って言いたくなった。{/netabare}

○その他
パフェの疑問って口癖は無理矢理すぎる。

投稿 : 2020/09/19
♥ : 1

計測不能 4 根岸弘アニメランキング4位
超音戦士ボーグマン(TVアニメ動画)

1988年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (9)
65人が棚に入れました
葦プロが製作したサイボーグ変身ヒーローもの。同社の作画を中心に活躍してきたアニメーターきくちみちたかのキャラクターデザインが話題に。人工都市メガロシティで進む新種のサイボーグ研究=バイオテックシステム。だが研究者のひとりギルバートは世界征服の野望から犯罪集団ギルを組織した。ギルの妖魔軍団に対抗するため天才美人科学者メモリーは、若者・響リョウたちをもとにバイオテックシステムの結晶である戦士ボーグマンを誕生させた。

計測不能 5 根岸弘アニメランキング5位
BURN-UP W バーンナップ ダブル(OVA)

1996年4月10日
★★★★☆ 3.5 (8)
28人が棚に入れました
1991年に刊行された美少女ポリスアクションOVA『BURN-UP』の世界観を活用して作られた続編的な性格を持つ新シリーズ(全4巻)。 近未来の最先端都市TOKYO CITY。科学の発展に比例し、凶悪犯罪やテロも増加の一途を辿った。これに対し警察は特殊SWATチーム「WARRIOR」を組織。かつてTOKYO CITYを前線で守ったマキをリーダーとするこのチームは利緒、真弥、リリカ、ナンベルの美少女らに加え、唯一の男性ユウジから構成された。そんな彼女たちに新たな任務が下る。国際平和フォーラムが催されているホテルキングダムを謎のテロ組織ファルコン・クロウが襲ったという。各国の要人を人質にする敵が要求してきた内容は……。本作の実制作はAICが担当。キャラクターデザインと作画監督は山下敏成が手がけた。

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

WはWARRIORの略かな?

20年近く前の作品にしては作画は安定していて見易い。
女性キャラデザはトランジスタグラマー風?やや誇張が強い
ラインで描かれているが 綺麗系とセクシー系の合間??
所々制作側の嗜好・・拘りを感じる艶かしい描写もある。

SF色が強めの未来設定での犯罪組織などに立ち向かうポリス
アクションもののようですが・・ド派手なアクション描写は
控えめで・・作画と演出で巧く派手に魅せている感じかな。

緩急で言えばシリアスとコメディを巧く織り交ぜた感じ。
勢いとノリは悪く無いと思う。

所々に20年以上前の時事ネタを含むギャグが全く分からない
等の難点もあるけど・・其のネタを探しに行くのも又一興?

そういえば・・「はいてない」ってこんな昔からあるのね。


FILE 1 スキンダイブ
人質を取ってのビルジャック・・
犯人達の要求が中々笑える
一応今後の展開の軸になりそうな伏線も盛り込まれている。

特にメインになるキャストの紹介や掘り下げはないけど
充分キャラが解りやすく先の展開も読みやすく見易い。
掴みとしては充分な個性を発揮する描写があり愉しめる。
コメディタッチで描かれていてソコソコに起伏も有る。


FILE 2 電脳アイドルを捜せ
タイトル通り電脳云々絡み
FILE 1より更にセクシーバトルが増えた感じ?

巨大ロボが出てきたり電脳アイドルが出たりで更にSF要素
も多くなっているけどノリは相変わらずで根明な感じ
新キャラも増えるが・・特に説明はない・・まぁ不要だし。
たぶんこの手のアニメ視る人は女性キャラが増えることに
疑問や不満を持つことはないだろうし?w
んで・・・特にオチらしいオチもなく終わった。


FILE 3 ポリスタウン強襲!! ACT.1
公務員が・・しかも警察署員がブルセラに下着を売りに・・
そして買いに・・という如何にもなお笑いパートから・・

あれ・・タイトルの強襲は何処に・・・いつ始まるのん・・
前半は完全なギャグパートですね^^;

ラスボスのチラ見せ的な描写や伏線になる描写が多くて
何となく退屈に感じ始めた中盤から頃合い良く本編?が
動き出してシリアスな展開に・・成る程・・所謂溜めの
序盤だったのかな。


FILE 4 ポリスタウン強襲!! ACT.2
シリアスモード全開のままやや重苦しく始まるけれど・・
所々に独特のノリを忘れずに盛り込む事は忘れない。

全体としてお色気露出路線にコメディーやギャグでノリ
と勢いで見せつつ最終的には硬派に事件解決するが・・
やや爽快感に欠けるシリアスなままのラストに少し不満。

どうせならスカッと持ち直して欲しかった気も・・
まぁ殉職者が出る内容では無理からぬ事だけれど・・
結構まじめにあっさりと終わってしまった^^;

投稿 : 2020/09/19
♥ : 2

計測不能 6 根岸弘アニメランキング6位
装鬼兵M.D.ガイスト(OVA)

1986年5月21日
★★★★☆ 3.7 (4)
22人が棚に入れました
メカデザイナーとして活躍してきた大畑晃一が原案・絵コンテなどを務めたバイオレンスSF。M.D.とは“MOST DANGEROUS=最も危険な"の意味。欧米で大ヒットを飛ばし、アクションシーンなどを追加した完璧版や続編も作られている。惑星ジェラで敵対する二つの陣営両方から恐れられる男、冷酷非情の戦士M.D.ガイスト。彼は自分の所属していた正規軍の手で幽閉されていたが、事故で姿を地上に現す。だがガイストは正規軍の戦艦を敵から救い、勝利へ導く。その真意は…?

61.8 7 根岸弘アニメランキング7位
妖逆門(TVアニメ動画)

2006年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (27)
208人が棚に入れました
冒険好きの少年・多聞三志郎は謎の男・フエに「逆日本」という日本にそっくりな所に導かれる。そこで44年に一度行われる、妖怪・逆門が主催する壮大で奇妙なげえむ「妖逆門」が今始まる。

声優・キャラクター
小林由美子、郷田ほづみ、斎賀みつき、大坂有未佳、加藤奈々絵、保村真、ゆかな、浪川大輔、神崎ちろ、福原香織、茶風林

57.5 8 根岸弘アニメランキング8位
ダイバージェンス・イヴ(TVアニメ動画)

2003年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (25)
178人が棚に入れました
『ダイバージェンス・イヴ』は、日本のホラーSFアニメ作品。2003年にUHFアニメ(アニメ魂内)として放送された。
【ストーリー】西暦2317年、地球から10パーセク離れた宇宙ステーション「ウォッチャーズ・ネスト」に駐留する特殊部隊「セラフィム」に、紅葉みさき、スサーナ・ブースタイン、ルクサンドラ・フレイル、キリ・マリアレーテの4人の候補生が配属された。
たった1名のセラフィム隊員を目指し、仲間として、ときにはライバルとして訓練に励む候補生達。しかし、彼女らは本当の任務を知らされてはいなかった。ウォッチャーズ・ネストに幾度も襲来する人類の脅威とも言える存在・グール──それが自分達が戦う真の敵であることを…。
そしてある日、グールは容赦なくみさき達に襲い掛かる。初めて本当の任務を知らされ、宇宙の深淵より迫り来る恐怖からもはや逃れることは出来ないことを悟るみさき達。さらに彼女たちの前に、ウォッチャーズ・ネストの隠された過去が、人類とグールとの接触に秘められた謎が、次々と明らかになっていく。
しかし、それはまだ、ある意思が仕組んだプロジェクト…人類を「新たなる進化の分岐点」すなわち「”ダイバージェンス・イヴ”の誕生」へと導こうとする、巨大な策謀のほんの始まりに過ぎなかった。紅葉みさきは、己の遺伝子に記された運命を知らずに背負ったまま、”監視者の巣(ウォッチャーズ・ネスト)”に囚われていく…。


声優・キャラクター
かかずゆみ、小林沙苗、水沢史絵、高木礼子、木内レイコ、佐藤利奈、松来未祐、子安武人、沢木郁也、吉野裕行、大友龍三郎

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

色々試したかったのかな

1期2期視聴済み。
というか全期みないと完結しません。メカデや戦闘シーンは3D処理してあります。
内容はワープ?航法により地球と遠く離れた場所に人類の宇宙開拓ステーション?を建設しており、そこに主人公達が候補生として赴任します。そこで彼女達は本当の任務を知る事になります…未知の宇宙生物との闘い…しかし主人公はそれが何か知っているような…。
キャラデと対象的に全体的に重たい内容です。やはり人間の欲というか…。SF好きなら大丈夫じゃないですかね。私は難しい事はわかったふりして観ますから。

私のツボ:そのED曲はないだろう

投稿 : 2020/09/19
♥ : 3
ページの先頭へ