梅原隆弘おすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの梅原隆弘成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月12日の時点で一番の梅原隆弘おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

61.4 1 梅原隆弘アニメランキング1位
天上天下(TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (139)
904人が棚に入れました
百余年の歴史を持ち日本中の武道家の子弟が通う統道学園に最強のケンカ屋を目指す凪宗一郎とその相棒・ボブ牧原は入学する。
だが、気合や根性では太刀打ちできないツワモノたちの存在を知るのだった。凪とボブは柔剣部に入部し部長の棗真夜らと共に、学園を強大な力で支配する執行部に対し戦いを挑むのだった。
それはまた、数百年に渡り日本の武道界を裏で支配する謎のフィクサーとの時代を超えた因縁の対決の始まりでもあった。
血ぬられた宿命、叶わぬ想い、取り戻せぬ命。この戦いの最後の勝者とは…。

声優・キャラクター
保志総一朗、茅原実里、久川綾、三木眞一郎、関智一、森川智之、矢尾一樹

ジョニー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

後半

前半はストーリーもスムーズに展開され、天上天下の世界を楽しめます。
が、問題は後半からで、過去編の中盤で一旦止まり、現在のストーリーに変わると、急にストーリー展開のスピード感が無くなり、グダグダし始めます。
ストーリー自体は面白いのですが、24話という決まった話数でそこまで長くない過去編をアニメ化したためなのか後半はグダグダしすぎてもう一度観る気にはなれませんでした。
クオリティーに関しては、当時としては十分のレベルですが、今観るとどうでしょう。。
二話の主人公フルボッコシーンは頑張ったと思います。
棗慎という今は亡き、棗姉妹の兄の過去の話は、結構面白いのでオススメします。
評価は辛口ですが、自分はこのアニメから漫画にハマったクチなので漫画を未読の方は挑戦してみるのも良いでしょう。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

アルカット さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

原作既読。リメイク希望。

”師匠のいない”史上最強の弟子ケンイチと言えば分かりやすいでしょうか。


まず、原作よりも進行が遅いように感じました。せっかくアニメ化したならサクサクやってほしかったです。

で、初めて観た人は2話ぐらいまで観た後、「お前の方が主人公だったんか~いw」って思われるかと思います。でもご安心を。どちらも主人公です。

次に声優陣ですが、今でも活躍されてる方ばかりで非常に豪華なのですが、いかんせん亜夜(ヒロインの女の子)の声が棒で棒で、げんなり・・・・。
でも、この棒声の人、じつは茅原実里さん(みのりん)なんです。声優ファンの人は、意外なみのりんの棒声時代を聞けると思いますよ。貴重です。

そして何と言っても最大の魅力は主題歌OP「Bomb A Head!」でしょう。一度このOPだけでも聞いてみて下さい♪楽しいですよ。

リメイクする際は、真夜の声優を釘宮理恵さん、亜夜の声優を戸松遥さん辺りでどうでしょうか。マッドハウスさんにお願いしたいものです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

萩原一至の嫡男

小学館の広江礼威、少年画報の平野耕太、そして集英社の大暮維人と言えば、
恐らくはオタクの界隈で「萩原一至」の一族に数えられるであろう。

萩原一至といえば、少年ジャンプで「バスタード」を連載していた漫画家であり、若い頃の冨樫義博が生原稿を見て負けを認めたくらいの衝撃だったそうな。

非常に遅筆、良く休載をし、女の子は全員巨乳、過度のエログロ、デジタルによる漫画制作と、実はオタク系の漫画家の始祖とも言えるほど定番を確立した人物でありながら、悪いところまで全員そのまま受け継いでいる。

実は一度もお会いしたことはないのだが、「天上天下」や「ヘルシング」、「ブラックラグーン」はほぼ同時期に連載されてたこともあって、全て当時に読んでいる。

どの作家も「。。。誰かに似ているよなあ。。」と思って、部屋をあさってみたら萩原一至が出てきたという具合である。

自分も少なからず影響を受けていることも認めます。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

74.6 2 梅原隆弘アニメランキング2位
闘牌伝説アカギ 闇に舞い降りた天才(TVアニメ動画)

2005年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (759)
3840人が棚に入れました
昭和33年。チキンランで生き残った少年・赤木しげるは初めて打つ麻雀でも異才を発揮し、ヤクザ相手の勝負に次々と勝利を収めてゆく。なかでも盲目の雀士・市川を破った夜は伝説となる。昭和40年“神域”と称され、天才の名を欲しいままにするアカギは、権力を利用して巨大な富を築いた怪物・鷲巣を狩るため、生き血を賭けた大勝負に挑む。

声優・キャラクター
萩原聖人、小山力也、玄田哲章、中田浩二、高木渉、田中秀幸、風間杜夫、古谷徹

ligame さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

裏社会 伝説の雀士

カイジでお馴染みの福本伸行の代表作であるこの作品。
原作は近代麻雀で1992年から連載開始されていて現在も連載中です。
10年以上かけて連載された作品を全26話に収めているので完全に原作通りというわけにはいきませんでしたが、それでも完成度は素晴らしかったです。
福本作品は細かい心理描写や強烈な人間描写が特徴で最大の魅力です。
また、この作品の特徴としては女性キャラが一切登場しません。
福本さんは生命を賭けた極限の男達の勝負描くことが多いので女性キャラが出てくることが少ないのですが、一切登場しないというのはアニメ作品としては珍しいです。

ストーリーはヤクザや賭博といった裏社会に突然現れたアカギ(赤木しげる)の伝説を築き上げていく姿を描いたものです。
賭けとしての麻雀が当たり前、イカサマや暴力もありの裏社会でアカギがのし上がっていく姿は凄まじいです。
アカギの凄さは何といっても天性の才能です。また相手を呑み込む洞察力や判断力、そして死をも恐れない精神力などアカギの凄さを言い出したらキリがありません。
それぐらいこのアカギという男は常軌を逸していて周囲からは『悪魔』と呼ばれています。

物語の構成としては主に矢木編、市川編、浦部編、鷲巣編の4つに分かれています。
矢木編はアカギがその場で麻雀のルールと役を覚えただけで戦う姿に注目です。
市川編と浦部編はアカギの天才ぶりが存分に発揮されてるので、自分はこの2人との闘いが大好きです。
そしてこの作品の肝でもある鷲巣編ですが、正直に言いますと引きのばしすぎです。
アニメではおよそ1クール、原作も鷲巣編だけで10年以上連載中です。
アカギにとっての最強の相手なので話数を割くのは仕方ないとは思いますが、いくらなんでも長すぎるってのが正直な感想です。
原作も終了してないのでアニメでも決着はつかないのですが、もう少し終わり方を変えてほしかった気がします。
あまりすっきりしない終わり方でした…
自分は原作がどうやって終わるのかに注目しています。

この作品には名言と言いますか自分がとてもかっこいいと思ったセリフや描写がたくさんあります。
中でも自分が一番好きなのは浦部戦の「その牌には魔法がかけてある」というセリフとそのシーンです。
ここでアカギの常人じゃないほどの観察力を垣間見ることができます。
単なる確率ではなく理に適っているんです。
まさに究極の心理戦です。
大げさかもしれませんが、それほど自分にとってこのシーンは衝撃的でした。

主題歌についてですが、OPはまさに昭和といった曲でした。映像、音楽ともに作品の雰囲気に見事にマッチしていて哀愁の漂う曲でした。
EDは前期後期と2曲あるのですが、正直後期の曲は覚えていませんw
前期EDであるマキシマムザホルモンの『アカギ』の印象がかなり強いです。
なんだか耳に残る曲で自分は結構好きでした。

この作品は麻雀を知らない人にはあまりおすすめできません。
そして、賭博やイカサマなどが嫌いな人にもおすすめできません。
福本作品は好き嫌いが分かれると思います。
劇画のような作画、角ばった顔、尖った顎、鋭い鼻などかなり独特です。
自分も初めは抵抗がありましたが見ているうちに慣れました。
絵で敬遠しているけど麻雀が好きって人はぜひ見てみてください。
きっと好きになると思います^^

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9
ネタバレ

アレク さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

真剣勝負というものは技量にかかわらずいいものだ、決する瞬間互いの道程が花火のように咲いて散る

点数計算もよくわからないし役もうろ覚え、そんな残念脳の自分ですが
岡目でも何となく伝わる勝負の駆け引き、緊張感、
さらに運が大きく作用するゲームで勝負を決する分水嶺を作者がどこに置いているか
そんな勝負ごとに対する作者それぞれの美学、哲学みたいなのが
うかがえて麻雀に限らずギャンブル物は好んで見ちゃいます。
{netabare}
麻雀というゲームは運の要素が強く例えばスポーツものなどにある
練習や積み重ねといったものがあてになりにくい
(まぁそんな中でも強い人はいるわけでそんな人がいわゆる玄人なわけだが)
とにかく不確定要素が多すぎるなか自分の判断を信じるメンタリティが要求されるわけで、
しかも今作では一回の勝負で大金が動き後々の人生まで大きく左右されるゆえ生じる
ひりついた緊迫状態とそんな重大事を水物であるのギャンブルで決めるという
矛盾、だからこそ躍起になざる得ない極限まで圧縮された時間
不条理が生み出した特異な空間。

それに主役のアカギ本人の根本の部分から
強い心、鋼の精神が引き寄せる謎めいたカリスマ性と牽引力
そんな諸々が融合し刹那的で破滅的ですが思わず
魅入られてしまう招き寄せられてしまう妖しい魅力を形成してると思います。


作画は常に暗めの色調、BGMも一貫して緊張感のあるシリアスなもので
光の当たらない深海の世界でのやりとりみたいな世界観を形作る好アシストになってるし
何よりナレーション、ガンダムのアムロ役で有名な古谷徹さんですが見物人が説明したりすると
緊張感が削がれ冗漫になってしまうであろう所を張り詰めた空気を保ったまま的確な状況説明
ベテランの仕事、たっぷり堪能させていただきました<m(__)m>
それにアカギ自身は戦略を組み立てているだろうがそんな独白をあえてカットする
ワンピースのルフィでもそうですがそうすることによって偶像性を高めてますね
(ニセアカギは頭の中でごちゃごちゃした確率を計算してる演出だったのでそこらへん対照的ですね。
彼もそれなりに優秀だったが魑魅魍魎がうごめく世界ではそれでは足りなかった、恐ろしい世界です)
時に絶体絶命な場面でもガタガタ騒がず身を削ることも厭わないブラフで流れを引き寄せる
黙って行動や背中で語る、かっこいい男はそうでなくちゃ。

あ、でも浦部戦の後でアカギは自分の手の内を明かしてたか、でもあそこは
このアニメの総決算ともいえるシーンで即ち人を観て癖を見抜きその裏に罠を隠せ
その理念があったればこそ代打ち矢木戦で小技を仕掛け迷いを誘う
こすいやせた考えを逆手に取り今度は自分がハメられる側だと思い込ませ勝負から降ろす
市川戦では合理的打ち回しの陰に牙を潜ませたった一筋の細い勝ち筋に狙いを絞り
喉を食いちぎる、浦部戦ではそれに加えて自分の情報を悟られないようにし
浦部自身の経験に頼らざる得ないよう誘導する
100%のオカルト麻雀ですがだからこそ色濃く炙り出されるアカギの活きた理、そして

圧倒的・・・悪魔じみた・・奸計っっ・・・!


勝負の中で避けようもなく晒されるその人の
奥底に息づく地金を看破する、なんだか
ハンターハンターでメルエムがそんなこと言ってたような気がします、
多面張の待ちの計算すらもたつく前提すらおぼつかない自分にとっては
雲の上のレベルですが何事も天上の域に達すると同じ結論に至るようですね
とにかく勝負事に関しては王と同等の境地のアカギさん
マジぱねぇっす

全編を通じて感じたことはなにより自分の頭で考え続け思考回数を重ね対策を練る
万物に通じる道理を刹那的快楽の極地
ギャンブルの世界で出会えたのは何とも不思議な心地でした。
しかしまぁそんな芸当を方程式が通じない、変わり続ける状況の中で人相手に
やってのける憑依するほどの洞察力と判断力、いやはや憧れちゃいます。

一番好きなシーンは一話の南郷に取引を持ち掛けるとこです
あそこは漫画ではもうちょっと詳しく描かれていて厄介ごとを
避けるためアカギを引き渡そうとする寸前なとこだったんですが
頼れる人が誰一人いない、それも本人が一番ひやひやする
そんな状況で取引の材料を用意する、独力で道を切り開く真の意味での
無頼。

タイトルにある言葉はこのアニメにも通じるものがあると思い
幽遊白書から引用させていただきました。厨二乙

あ、鷲巣編は・・・色々あるけどやっぱり適切な長さって大事だね(/・ω・)/
あと南郷さん借金背負ったダメ男で途中でフェードアウトするのにキャラ濃すぎませんかね・・・{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 14
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

「引き延ばしは傑作を凡作に変える」…わかったから早くツモれ鷲巣!

カイジの福本伸行の麻雀劇画アニメ。
麻雀のルールは序盤で少し説明しているものの、全く知らないと無理だろう。

アカギがカイジと違う所は、カイジはカッコ悪くもがき苦しみながら最後になんとか勝利を掴むのに対し、アカギは常にスマートでパーフェクトなプレイで連戦連勝するところだろう。アカギが周りから天才だ天才だと持ち上げられるのを見ていると、劣等生みたいな主人公最強ラノベっぽいとすら感じた。
アカギが一番かっこいい所は、{netabare}倒した相手に対し容赦の無い所だと思う。「次こそは倒してやる!おぼえてろ!」と言う敵に、それなら今すぐ再戦すればいい受けてやる、それを躊躇するのではハナから勝てないと言い放つ。常に勝ち続けられる圧倒的強者にしか吐けないセリフだろう。
それにしても哭きの竜にしろアカギにしろ咲にしろ、麻雀主人公の必殺技ってカン!リンシャン!ツモ!カンドラ!がお約束なんだなと思う。見た目が派手でかっこいいしね。{/netabare}

ツッコミ所を挙げると、後ろで見ている味方がやたら驚いたり喜んだりするせいでブラフが敵にバレるんじゃないかと思った。お面でもしていた方がいいんじゃないかとw
{netabare}また前半はアカギが結構イカサマをするが、5話のようにあまりにもあからさまで通るわけがないと感じるものもあった。モロバレのイカサマをやって「アカギ、この大舞台でなんという度胸だ!」みたいに言われているのは萎えた。{/netabare}

前半の13話までは視聴が止まらなくなるくらい面白く、理想の麻雀劇画アニメだとすら思ったが、後半の鷲巣麻雀の話になってからは引き延ばしが酷くなる。後ろで見ている味方と(仰木のセリフ多すぎ!)古谷徹ナレーションの長セリフや回想ばかりで対局がなかなか進まない。終盤は鷲巣が「リーチ後の」ツモをするたびに長い演出を入れてきて、さっさと進めろや!としか思えなかった。
鷲巣麻雀のルールもあまり面白いように感じられなかった。{netabare}透明牌ならそれをやるだろうな、という予想通りの展開が目に付いた。透明牌の3DCGは綺麗で良く出来ていると思うけど。{/netabare}
敵の鷲巣も同じ老人ボスのカイジの兵藤に比べると小者感があって魅力に欠けるように感じた。{netabare}鷲巣はこんなものではないはずだ、で終わるのでその後の原作で大物ぶりを発揮しているのかもしれないが…。{/netabare}
後半はカイジのパチンコ「沼」編と全く同じ状況に陥っていると思ったが、福本先生の作品は竜頭蛇尾になりやすいのだろうか。

各話感想
{netabare}1話
ALWAYS三丁目の夕日みたいやな。
鼻と顎とんがりすぎ!
えーこの手なら5ピン切りで勝負だろwだから勝てないんだよ。
そう、死中生ありだよな。
老けた中学生だなw
そりゃバレるよなw

2話
5ソーがドラなら三色消えても2ソーでもいいじゃん。2ソーも危ないけど。
声が聞こえるって…
アカギ、意外と理論を重視している打ち方w
リーハイするとこうやって読まれるからしない人もいるよね。
わざと和了らないで混乱させるとかいう戦術ってあるのかw

3話
リーチして無ければノーテンと嘘をつくことも出来たが…チョンボ代払ってでもノーテンと言い張っても良かった?
ついにイカサマが始まったか。まあ最初にやったのはアカギだけど。
ドラ8手への振込みを回避するためにチョンボしてしまうのはどうよw
「リーチは天才を凡夫に変える」いいセリフやね。
まあさすがに経験不足やな。
見せ牌wwwしらじらしい演技www
暗槓子に違うの入れるってそれってルール違反じゃないのかなあ。まあ麻雀にそんなチョンボは無いからいいんだろうけど。つーか今日麻雀始めたのにそんなの思いつかないだろw
矢木の指はどうなったの?
矢木かわいそうになってくるな。

4話
本当に中学生なのかよ。

5話
いやいやいやこのイカサマは通らんでしょw
哭きの竜か咲みたいな打ち方やな。

6話
アカギはいつも覆してきたって2日目のつきあいやんw
地獄待ち多すぎィ!
まーたイカサマか。相手が盲目だから見抜けなかったってのはあるんだろうけど。

7話
大明槓責任払いとか咲を思い出す。まぁ咲の方がずっと後の漫画だけど。
だんだんイカサマ勝負になってきた。そうなると最初のサイコロの目次第やね。
大明槓を恐れるとかほんと咲みたいやなw普通の麻雀をしようよw

10話
麻雀漫画ってダブロンなくて「悪いな、頭ハネだ」ばかりだよね。
待たされてるアカギ退屈やな。
ノーテンリーチでチョンボ覚悟か。

11話
オサムとかw
ノーテンリーチチョンボが何の布石やねん。
後ろで驚いた顔をしたら浦部にばれるのではw
こらもうタコ麻雀や…。

12話
いやそこはむしろその北が怪しいと思うべきじゃね?
リーチドラ10www
役無し裸単騎キターとなると後はホーテイか。

13話
消去法でリャンピン切らせる迷彩が効いていたってことか。
でも11話のチョンボの必然性はあるように思えなかったw手牌見せないためと言っても…。

15話
透明牌とかめんどくせえルールだな鷲巣麻雀。
人間の命は麻雀の点数20万点か。
このジジイがそんなに麻雀強いのかと。

16話
これじゃ足りないと言うと思った。
始まるまでが遅い…もう引き延ばしに入ってるんだな。
この部下は主人思いだなw
やっと始まったか。と思ったらまた話が長いな。

17話
ウマがあるから振らなくても順位が上になられるだけでアウトやな。
400ccは結構きついな。

18話
透明牌ならこれは基本じゃね。鷲巣はそこまで驚くこともないような。今までの相手はそんなに弱かったのか?
鷲巣餅が血を賭けてないからこうなるんだよな。
4ソーのドラを何で一旦手に入れたんだろう。鷲巣を翻弄するため?

19話
その6万切ってたらこの物語はここで終わってたのにw
ん?鷲巣以外の当たり牌を見逃すのなんて基本でしょ。普通の状態なら読むかもしれないが、とかフォローはしているけど…。
血液って抜いてすぐ戻せばそれでセーフなんだろうか?輸血って抜くときほどのスピードで出来ないよね。

20話
仰木がしゃべってばかり!安岡よええw

21話
そういや仰木の腕も賭けてるんだったなw
いや西単騎なら部下がすぐ打ち込んでるでしょ。
どうせ西を切るなら北の前に切ったほうが良かったじゃん。フリテンになるからセーフだし。

22話
解説なげえwでも西をすぐ切らなかったのはそういうことか。

23話
鷲巣はツキではこの作品で最強なのかな。
和了がっとけばいいのにwトップになればウマで血を抜けるんだし。
しんじゃうツモ。
鈴木の嫌な予感は正しかったというオチか?トラップは印象付けたからもう和了ってもいいんじゃね?

24話
鷲巣のツモのたびに長い演出入れるのどうよ…。
ドラ表示牌が1ピンというオチかと思った。
わかったから早くリンシャンツモれや。必然ならツモれよw
「イーピンどこだ~」とか言っちゃってるやんw
この引き伸ばしはアニメのDBZ並では。

25話
手袋でも白くらいは分かるんじゃないかなと思ってたが。
この手を和了れなかった場合の流れの悪化を考えた方がいいだろ。
いやもうイーピン待ちを読んでないことはないだろ。
安岡のアタマハネは読めた。アタマハネネタ使いすぎだよね。
鷲巣なかなか素直やんけ。

26話
四回戦飛ばされた。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

59.6 3 梅原隆弘アニメランキング3位
ドラゴンドライブ(TVアニメ動画)

2002年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (31)
358人が棚に入れました
何をやっても長続きしない中途半端な中学生、大空レイジ。
彼はある日幼なじみの雪野麻衣子に連れられて、駄菓子屋「竜宮城」へとやってくる。そこで出会ったヴァーチャルゲーム「ドラゴンドライブ」。自分のパートナーとして与えられたキャラクター「チビドラゴン」との出会いがレイジを成長させていく。
また、ドラゴンドライブは単なるヴァーチャルゲームではなくレイジ達の進む先には驚くべき運命が待ち受けているのだった…。

声優・キャラクター
朴璐美、笹本優子、四反田マイケル、西村ちなみ、杉田智和、ゆかな、鈴村健一、宮崎一成、篠原恵美、黒田崇矢、大原さやか、吉沢希梨

ナナエ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

おもしろい

おもしろかった
バーチャルゲーム有ったらいいな〜

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

55.3 4 梅原隆弘アニメランキング4位
アイアンマン(TVアニメ動画)

2010年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (32)
172人が棚に入れました
軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。帰国後トニーは自社の軍事産業からの撤退を発表。自らは自宅の作業部屋に篭って、新型パワードスーツの開発に没頭する。彼の周囲は恐ろしい陰謀がうごめいているとも知らずに……。

声優・キャラクター
藤原啓治、岡寛恵、石塚運昇、本田貴子、伊藤静

pear さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

自由なヒーローおじさんが日本で事業を展開するお話

アメリカで有名になったアイアンマンが日本に来日し、
日本で世界平和プロジェクトの一環として
アークステーションをの建設をするも
謎の組織ゾディアックによってアイアンマンの行く手を拒むお話。


ヒーローものやロボットものが好きな方は
おすすめする作品です。
私的には、戦闘シーンが多すぎて
いまいちさっぱりでしたが
最後は感動する結末だったので
よかったです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

とある名無し さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

まさかのアニメ化、まさかのアメリカ

まさかのアニメ化、まさかのアメリカ

アメコミが映画、そして日本でアニメ化ですか・。

映画はそれなりにおもしろかったのでみてみようかな

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 5 梅原隆弘アニメランキング5位
Bビーダマン爆外伝V[ボンバーマンビーダマン](TVアニメ動画)

1999年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (7)
66人が棚に入れました
宇宙警察「ビーダコップ」として宇宙各地をパトロールしていたしろボンとあおボンは、ボーダー星が宇宙海賊団「デビルベーダー」に襲われているところに遭遇し、応援に向かう。デビルベーダーはボーダー星にある秘宝「ビーダキャリバー」を狙っていたのだが、ボーダー王は侵略される直前にビーダキャリバーを12個の「クリスモンド」という石に分割し、さまざまな惑星のさまざまな時代にばら撒くことで、ビーダキャリバーを守った。(そのときにボーダー王本人も行方不明になった。)しかし、デビルベーダーは12個のクリスモンドを全て集めてビーダキャリバーを復活させることを狙い始めた。しろボンたちビーダコップはボーダー星に基地を構えて時空転送装置により様々な時空へ向かい、ボーダー王の捜索とデビルベーダーより早くクリスモンドを回収することを目指す。

計測不能 6 梅原隆弘アニメランキング6位
ネクスト戦記EHRGEIZ [エーアガイツ](TVアニメ動画)

1997年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (4)
35人が棚に入れました
「S.A.C.」通称Sという最新鋭無人兵器を回収する為に、アカネ・アオイ隊長が率いるネクスト同盟軍、地球政府軍、ハルが率いる地球革命組織(TERRA)が三つ巴で戦っていた。それとは別に、かつての戦いで廃墟となってしまった「ネクスト7」というコロニーに暮らす主人公達がいた。彼らは、宇宙を航行する船をMVで襲って生活物資や武器を調達して、勝手気ままに生きていた。そんな主人公達が、Sと関わる事になり…。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ