気持ちいいおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの気持ちいい成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2022年11月27日の時点で一番の気持ちいいおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

70.5 1 気持ちいいアニメランキング1位
チェンソーマン(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (126)
708人が棚に入れました
『チェンソーの悪魔』ポチタと共にデビルハンターとして暮らす少年デンジ。親が遺した借金返済のため、ド底辺の日々を送る中、裏切りに遭合い殺されてしまう。薄れる意識の中、デンジはポチタと契約し、悪魔の心臓を持つもの『チェンソーマン』として蘇る──。

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

「夢」見ることを止めても、「チェーンソー」は叫び続ける。「save the cat」は脚本の基本。

 日本だけでなく世界のオタクにとっても待望の作品がついに始動!。楽しみ過ぎるので敢えて原作漫画は読まずに来ました(多少は知ってますが)。


 とりあえず一話を見た感想としては、上手くリソースの配分を考えているという感じ。流石に全編超絶作画では物理的に不可能なので、3Dモデルで省力している部分もある。しかし、それ以上に画作りがもたらす雰囲気の魔力が作品にピッタリマッチしている。バトルシーン以上に平場の部分の味わいが素晴らしい。物語と画作りが噛み合った時しか出せない、多弁を要さない魅力が静かに満ちている。


 テーマ部分としては、少年漫画のもう一つ最先端である「モブサイコ」と同じように単なるバトルバトルの連続で果てない「夢」を追う段階を終え、より地に足のついた世界へと踏み出していく点で共通しているように思えた。しかし、「モブ」は実はなんだかんだいって色んな意味で「持っている」人だったのに対して「デンジ」は…。その辺が悪い意味ではないが優等生な「モブサイコ」とは違う回答に導いてくれそうでワクワクしますな。


 現代の若者の気分といっても言い、もう夢なんて見ないで自分の生活さえ守れればいいじゃん、それで何が問題なの?というのがデンジのモチーフだろう。しかし、それだけでは現代では生きていけないのが人間であり、人は真空の中で生きているわけじゃないから環境を操作できる立場のクソみたいな連中に左右され操られかねない。その辺にどんな落とし所を見せてくれるか楽しみ。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 16

とまと子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

空っぽの英雄

 
「○○マン」なんていうタイトルの漫画、いまどきない
アンパンマンを見てるくらいの年齢を超えちゃったらもう「ヒーロー」なんていない

だって「正義」と思われてることは反対側から見たら「悪」だし
「英雄」だって立場が違えば「悪漢」だし

「正義」を語るのはうさんくさい政治家
「真実」を説くのはインチキ詐欺師の教祖
「愛」をふりかざされてもめんどくさい
「心」を看板にしてるその裏には保身と打算


殴るのも壊すの殺すのも「理由」があるほど罪が深い
本人以外はどうでもいいような執着が 殴る「正当な理由」になんかなるわけない


だからもし今ヒーローを求めるのなら「空っぽ」な奴がいい
ただ「生きたい」という自分ひとり分の欲望だけであるのがいい

それは「正義」でもなんでもない
でも嘘や言い訳は少しもない


切り裂いた分だけ血を流す
無垢なる魂の地獄の英雄


それがきっと「チェンソーマン」なんだと思う
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 16

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

マキマ CV:楠木ともりさんは22才…え?

5話のマキマさんの魅力にデンジ化した男性も多かったのではないでしょうか。

私も原作コミックを読んだ記憶を消去したくなりましたよ。

完全に私が原作でイメージしていたマキマさんの魅力を圧倒しています。

そのマキマさんを演じる楠木ともりさんは22才!
しかも独学で声優になられたそうですよ!…え?天才?

楠木ともりさん以上にマキマの魅力を引き出せた声優さん…いないんじゃないでしょうか?
5話の問題のシーン。母性を感じさせる優しさとエロさを同時に感じさせる演技力!あの声で耳元で囁かれたらデンジ君じゃなくても「ワン!」って、言いますよw

…ヤヴァ〜イ。毎話レビューを書き換えることになりそうな予感がします。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 3

69.4 2 気持ちいいアニメランキング2位
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ 新章 迷宮篇(TVアニメ動画)

2022年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (150)
671人が棚に入れました
迷宮都市オラリオ―― 『ダンジョン』と通称される、壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。この街で、一柱の小さな女神と出会った冒険者志望の少年は、 仲間をつくり、ダンジョンに挑み、多くの死地をくぐり抜け、 さらなる<昇格ランクアップ>を遂げていた。そんな彼のもとにもたらされた一通の書状。 書かれていたのは、ダンジョン未到達階層への遠征任務。 未知なる冒険へ向けて、仲間たちと共に、少年は新たな一歩を踏み出す。これは、少年が歩み、女神が記す、――【眷族の物語ファミリア・ミィス】――

まーさ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

神々と人類。1000年の時を超えた壮大な物語の新たなステージが幕を開ける!

ご存知「ダンまち」こと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズ4期TV版が7月22日より放映されます。原作 大森藤ノ(ラノベ) 制作J.C.STAFF。TVアニメ版 1~3期 全37話+各話OVA(外伝含む)。劇場版1話 構成。他コミック等メディアミックス作品。

【前書き】
知らない方は少ないメジャータイトルの1つ。J.C.STAFF渾身の力作。先日、本作の第4期放映が正式に公開され、そのPV2本他を視聴し「新章 迷宮編」の内容とOP楽曲「sajou no hana 天灯」に感動したので新章への期待を込めて書きます。

公式サイト︰https://danmachi.com/

PV︰ベルクラネルの軌跡︰
https://youtu.be/RglcGT_IoX0

PV︰新章 迷宮編︰
https://youtu.be/1Z_0xP-bS4Y

【本シリーズ振り返りを含めて】
2015年4月~TV版が放映開始され、劇場版「オリオンの矢」も人気だった、シリーズ新作が4期目となる長編人気タイトルです。時代は神々と人類が通じ合う約1000年の昔…。英雄に憧れを抱く少年ベル・クラネルが、神ヘスティアと出会い冒険者として歩み・成長する姿を中心に、仲間、友情、絆、愛、神々、人間、モンスター等、エンタメ要素満載の話題作。
当時の作画レベルとしては細かい描写に多少荒さはあるけど、キャラの個性豊かな描写に好感を持ったし、ストーリーにも引き込まれました。特に1期 8話…当初駆け出しでLv1のベルが、冒険者として憧れるアイズ・ヴァレンシュタインの稽古を受けた後、ある女神の策略で強敵ミノタウロスと対決するシーンには惚れました。このシーンで掴まれたきっかけは音響です。
当時の調べでは、音響担当 井内啓二氏による作品で明確な楽曲名は示されておらず、盛り上がりを観せるシーンで度々使われたため「英雄願望」「 英雄回帰」作中で描かれる英雄譚(物語)から「アルゴノート」などと呼ばれた壮大なオーケストレーションです。これは素晴らしい!後に2017年6月リリースの「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 〜メモリア・フレーゼ」に伴い、ゲーム版のサウンドトラックとして正式に配信されました。

https://youtu.be/wq1Aftaq_wI
(JASRAC準拠)

本作放映後は女神ヘスティアの衣装が「例の紐」と呼ばれ、キャラとして海外でも話題となったりと、注目度の高い作品です。
個人的には1~2期でベルの冒険、成長をワクワク観られたましたが、3期、モンスターがゼノスとなり、接触したベルは彼らを庇う役回りに…これまでモンスターはダンジョン内の人間と敵対する者として描かれていましたが、展開の変わり方に戸惑いました…。実は、ダンジョンには秘密が隠されているとの伏線はあったし、次期に繋げる期だとは解ってはいましたが、ベルが偽善者的な役回りで、人間側もゼノス側も戦わなければならない…辛かった事を思い返します。ラスト1期 8話で降したミノタウロス…アステリオスと再戦するシーンで「僕は英雄になりたい!」と発するベルに違和感も覚えました…。でも…敗北するも「僕、強くなりたいです」と言ってくれた事で、次期の展開、成長、変革が予感され、少しほっとし…期待値がアップしました。

本作を通じてベースとなる物語はギリシャ神話です。改めて背景等を確認し発見した事を少々…。

前述した楽曲から繋がりで「アルゴノート」って何だ?…。
文献を漁ったところ、ギリシャ神話に記されるアルゴー船に乗船した英雄達アルゴナウタイをモチーフにしていると思われ、なる程…繋がりますね。メインキャラはもとより、神様キャラやモンスターの描写も見直して、改めて作家(脚本家も含め)って、作品を描くのにベースとなる時代背景やキャラ設定を行うのに、ものすごぉ~く色々調べてるんだなぁ…って。凄いなぁと…。感激!

創造、創作ってとってもパワーが必要だから、作品を世に送り出してくれる関係者には心から感謝!

して…4期…。実はダンジョンは神々が人間に課した試練の場?…。その秘密が明かされて往く?…。ベルは!?仲間は?ダンジョンとは何なのか?…。放映を楽しみに待ちます♪

投稿 : 2022/11/26
♥ : 5

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

白兎の脚(ラビット・フット)

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ第1期~第3期までと、外伝および劇場版は視聴済です。

第3期では迷宮の本質ともいえるべき面を垣間見させて貰いました。
新しい仲間との出会いは嬉しい限りですが、知り合ったことに端を発した不幸と厄災…そして沢山の涙と血を目の当たりにして、モンスターと人間との共存の道が一歩遠のいた気がしました。

そんな絶望的な第3期でしたが、もたらしたモノは悲しいことばかりではありませんでした。
ベルがレベル4にランクアップし、新しい二つ名である「白兎の脚(ラビット・フット)」を得ることができましたから。


迷宮都市オラリオ――

「ダンジョン」と通称される
壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。

この街で、一柱の小さな女神と出会った冒険者志望の少年は、
仲間をつくり、ダンジョンに挑み、多くの死地をくぐり抜け、
さらなる<昇格(ランクアップ)>を遂げていた。

そんな彼のものにもたらされた一通の書状。
書かれていたのは、ダンジョン未到達階層への遠征任務。
未知なる冒険に向けて、仲間たちと共に、
少年は新たな一歩を踏み出す。

これは少年が歩み、女神が記す、
――【眷属の物語(ファミリア・ミィス)】――


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

完走して振り返って思うこと…
今回は辛い展開の方が多かったかな。

ダンジョン未到達階層…
誰も踏み入れたことが無いから、当たり前ですが殆ど情報が無い階層ということになります。
ダンジョンの中では常に危険と隣り合わせ…
だから事前にしっかりとした下調べと入念は作戦の立案が必要不可欠です。
これが出来ると、出来ないとでは雲泥の差があるんですけどね。

でも、これまでも、先人が切り開いてきたから今の階層にまで到達することができました。
先陣を切る役目は、結局誰かが追わなきゃなんですよね。
そして、ベルたちもようやく道を切り開く側になったのが、何より成長の証だと思います。

今回の物語は、はやみん演じる「リュー・リオン」にスポットの当てられた展開でした。
これまで色々と謎めいた感じの方だとは思っていましたが、遂に彼女が背負った十字架から解放される時がやってきた、ということなんでしょう。

こうして物語が進んでいくのですが、バトルシーンはこれまで視聴してきたこのシリーズの中で最も厳しい戦いを強いられたことだけは間違いありません。
これまでに無いくらい胸が痛みましたから…

これまでは、ベルの主人公力で何とかなってきましたが、今回の相手はベルの主人公力をもってしても相手の方が上回っていましたから…
多分、仲間全体の総力を合算しても今回の相手には届いていなかったことでしょう。
奇跡の綱渡りを繰り返しながら命のやり取りをしていた…
そう言っても過言では無いと思います。

ヘスティア・ファミリアの運命は如何に…!?
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、sajou no hanaさんによる「天灯」
エンディングテーマは、はやみんによる「Guide」
はやみんの楽曲は早めに配信されたので視聴していましたが、sajou no hanaさんの楽曲が配信時期が遅かったので、リアルタイムでのC/Kを完全に失念していたので、ようやく最近聞きはじめましたよ^^;

1クール全11話の物語でした。
少し尺は短めでしたが、物語の展開上、ここで切るのがベストだったのでしょう。
何せ23年の冬アニメで続編の放送されるのが決まっているので…
続きの視聴を楽しみにしています。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 12
ネタバレ

やまげん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

久しぶりのダンジョン遠征

原作は読んでいない。

2期と3期はあまりダンジョン攻略をしていなかったので、久しぶりに普通のダンジョン攻略が再開したことがまずうれしい。ストーリーも面白かった。

{netabare}第5話のココノエとウチデノコヅチの詠唱シーンが、演出も作画も声の演技もかっこよくて、何度も見てしまった。

強化種を撃破したシーンが意外にもあっさりしていたのは少し残念{/netabare}

分割2クールで次は来年1月とのこと。今回の話にどう決着をつけるのか、期待が高まる。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6

66.2 3 気持ちいいアニメランキング3位
陰の実力者になりたくて!(TVアニメ動画)

2022年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (69)
388人が棚に入れました
『我が名はシャドウ。陰に潜み、陰を狩る者……』 みたいな中二病設定を楽しんでいたら、まさかの現実に!? 主人公でも、ラスボスでもない。 普段は実力を隠してモブに徹し、物語に陰ながら介入して密かに実力を示す「陰の実力者」。 この「陰の実力者」に憧れ、日々モブとして目立たず生活しながら、力を求めて修業していた少年は、事故で命を失い、異世界に転生した。 これ幸いと少年・シドは異世界で「陰の実力者」設定を楽しむために、「妄想」で作り上げた「闇の教団」を倒すべく(おふざけで)暗躍していたところ、どうやら本当に、その「闇の教団」が存在していて……? ノリで配下にした少女たちは勘違いからシドを崇拝し、シドは本人も知らぬところで本物の「陰の実力者」になっていき、そしてシドが率いる陰の組織「シャドウガーデン」は、やがて世界の闇を滅ぼしていく――。

なんとか さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

多分、今期1です

何んと言うか、漫画だと普通に読めたのだが、アニメだと不自然に感じてしまう所ってあるな。そういう所は、アニメ用にやっぱし作り直しがいるかも・・・。

原作は「そこそこ面白い」という感じでしたが、アニメは素晴らしいですね。いいアニメは動きと声をつけて、話をトレースするだけでなく、視聴者をストーリーに引き込むいろんな工夫をしてくる。この作品はよい例だと思います。多分、監督や演出さんが上手いんでしょう。OPは最初「なんだこれは?」と思いましたが、あそび心があってよいですね。毎週の放送が楽しみです。

投稿 : 2022/11/26
♥ : 2

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

ジェットコースター作品を期待!(2話まで視聴して)。

1話まで視聴して
原作未読、予備知識なしでの視聴です。

序盤のヒロイン?の声が安定した魅力ある声♪。
聞き覚えがある感じでは「堀江さんかな?」と期待高まる。

ヒロイン?の目と口が”へ_へ”のような簡易作画表情が
どことなく、はたらく魔王さま1期でのまおうの
”めんどくさい客対応時の感情を殺した表情”と重なって草w(好感)。

主人公との会話で、お約束的なパターン会話が入るが
堀江さん的に聴こえる声のおかげで、ずっと心地良く観ていられます^^。


とかいってる間に、少しずつ主人公像も見え隠れし始めます。
自作の手帳?切り貼り?を見返しながら発した「more ○○○○!」

あれ?。笑かしにきてます?、この作品。
発音、無駄に良すぎに聴こえるけど、なんか嘘くささも満載w。

と思ってたら、クラシックの某名曲?。
なんか雰囲気いいけど、嘘くささも満載w。

と、思ってたら、一気にバイオレンスに。

んで、何?、「スタイリッシュ○○○○○○○○」ってw。
他のキャラ達も、1回聞いただけで普通に何回も
「スタイリッシュ○○○○○○○○」復唱ってww。

狙った”バカ作品”ですね♪(誉め言葉)。
突っ込んだら負けのような・・w。


あの軍人さんの動き、どことなくKOFのラルフのような・・。
軍人さん、やられ中なのに、丁寧に状況説明セリフw。
主人公、バ○ルに可能性を見出したといってるが
1周回って、普通誰でも思いつく程度の使い方にw。

「陰の実力者」って何?。
そもそもこの単語自体がアバウトすぎるんですけどw。

で、ED。
ここで堀江さんの名前確認できて一安心^^。
ここまで視聴できたのは、ほぼ100%堀江さんのおかげです♪。


んで、あれ?。まだ続く?、Cパート??。

あれ?。なんかサムメンコっぽいこと言ってるんですけどw(最大の誉め言葉)。
もしかしてサムメンコの意思を継ぐ作品だったりする??。


あれ?、ここで転生??。

え?、こっからが本編??。

堀江さんは??。堀江さんはいるんですかー!、この世界に??(←ココ最重要)。
真(本編)ED?観る限りでは、キャスト名記載なし・・><。

EDでヒロイン達が何らかの戦隊服?っぽいのを着用してるのもかなり気になる・・。

1話では、どんどん場面が展開していって先が読めない
ジェットコースター展開に感じて、個人的にかなり好印象です。
全体的に作画も良い。

・・ただ今後、堀江さんのいない世界にずっととどまるならば評価下がる(断念)かも。。

できれば2話以降もいろんな世界を渡り歩くジェットコースター展開を期待します!。
 
-------------------------------------------------
2話まで視聴して

正直、2話での断念を覚悟してましたが、予想外に2話も楽しめました^^。

堀江さんはどこにも見当たらず、モチロンここは大きなマイナスでした><。


・・がっ、あれ??。これってアレですか?。主人公はハルヒ??。
自らが望んだ世界に改変できる能力もってます??。
じゃないと、周りのキャラ達が、どこまでが本気の発言・行動なのか意味不明すぎますw。

では、すべてが主人公の思い通りに話がすすんでしまう??。
・・いや、ラストの引きで、それも見事に裏切ってくれてます♪。←上手いですね。

”コードギアスを参考にしてる感”を、随所に感じます(誉め言葉)。


中盤では、姉の見せ場がありましたね!。
ココ、かなりグッときました!!(高評価)。
中の人が日高さんというのも感慨深いです^^(スタドラ好きとして)。


アルファにも、今後ガッツリ注目したいです!。
この理由はもちろん、1月のバディゴル2nd Seasonまでのつなぎですね^^。(天鷲葵)


(余談)
「この、○ゲー!」って、アレですね。やっぱ強烈にイメージが脳内に残ってます。
でも、その発言の中の人のイメージチェンジにはホント驚かされました。
・・なんというか、学ぶべきことが多くあるように思えます。。
 
 

投稿 : 2022/11/26
♥ : 6
ネタバレ

羽宮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

異世界転生なろう風、黒の騎士団

頭がかなりおかしい(厨二病)アイタタタ主人公、シャドウくんの……鈍感ハーレム?コミカル俺TUEEEEE?なんともカテゴライズが難しいヒーローアニメ。
外の皮はギアスっぽく、中の皮はオバロっぽい雰囲気を感じる。
「最初のうちは間違いなく面白い」という声が多数聞かれるため、とりあえず3話コース。
制作はA-1やP.A.の制作協力で偶に見かけるネクサス。協力じゃない直近の作品は、ダーウィンズゲーム。
キャラクターの登場人数は多そうだが、バトル中よく動いてくれたら嬉しい。
1話はほとんどアニオリだったらしいが、これが意外と好評……?

5話視聴。3.6から上方修正。

7話視聴。3.9から上方修正。
折り返してやっと面白さがわかってきた。ギアス要素もオバロ要素も面白いのは当たり前なのだが、真骨頂はやはりモブムーブか。モブせかは外見と(序盤の)地位だけがモブだったのに対し、こっちは学園内縛りはあるとはいえ言動までもがモブ、しかもそれが「完璧なモブだー!」といいたくなるくらい洗練されている。ある種の芸術。
{netabare}あとは三角関係の行く末も気になるところ。シェリーちゃん可愛かったなぁ……。いや、今回正妻っぽいのが増えたから全然三角じゃないかもしれない。{/netabare}

投稿 : 2022/11/26
♥ : 1
ページの先頭へ