水瀬いのりおすすめアニメランキング 20

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの水瀬いのり成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年11月24日の時点で一番の水瀬いのりおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

79.9 1 水瀬いのりアニメランキング1位
少女終末旅行(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (835)
3243人が棚に入れました
繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が終わりを迎えてから長い年月が過ぎた。人間たちのほとんどが死に絶え、生き物さえもいなくなった終わりを迎えた世界。複雑に建造された都市はまるで迷路のような廃墟となり、整備するものがいなくなった機械たちは徐々にその動きを止めていく。いつ終わってしまったのか、いつから終わっているのか、そんなことを考えることさえなくなった終末の世界であてのない旅を続ける二人の少女。チトとユーリは今日も愛車ケッテンクラートに乗って廃墟の中を彷徨っていた。

終末の世界をほのぼのと生き抜くディストピアファンタジーが今、幕を開ける。

声優・キャラクター
水瀬いのり、久保ユリカ

のび太 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

終末を旅行しようw

原作は、つくみずによる漫画作品。

全てが廃墟になって何十年もたったような地球で、チトとユーリという二人の少女が、食料や燃料を求めてあてのない旅を続けるという物語です。

少し変わっているのが、彼女たちの乗る乗り物ケッテンクラート。
文明としてはかなり未来の世界みたいなのに、第二次世界大戦で使われていた車両が妙にマッチしていましたw
こういう雰囲気が好きな人は、結構はまるかも。

ごく稀に、他の生存者にも出会いますが、基本は二人旅の日常を描いた作品です。
チトの考察とユーの迷言wで、廃墟の世界でゆっくりとした時間をのんびりと楽しめます。

けど、一気見すると少し退屈かもしれませんw

本当にいい終末でした。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 31

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

終末旅してますか? 燃料ありますか? ごはんもらっていいですか?(3の倍数になると「短編映画」になっちゃう!)

同タイトルのマンガ原作は未読です。

第1話を観た限りでは、なんで世界が「滅んで」いるかは視聴者には良くわからないまま、少女ふたりが世界をさまよう「日常」を追いかけるお話のようです。

背景とか物とか人物の動きとか、作画はけっこう良いですね。

なんで乗り物がケッテンクラートとか、ふたりの服は軍服っぽく見えるし銃器もあるけど元軍人というわけでもなさそうだしとかツッコミどころはありますが、ツッコんだら負けな感じですね。

基本的に「生産」というものが行われていない世界のようで、食料も燃料も基本的には遺物に頼るしかなさそうな世界観。

一応、世界が滅ぶ原因は戦争だったようなことは風景やふたりの会話の内容でわかりますが、どんな戦争だったのかは謎でした。

頭脳担当のチトと体技担当のユーリ、非日常的世界のなかでの「日常」を描く物語のようで、この先も楽しみです。

2017.10.14追記:
「エンディングアニメーション: つくみず」- 原作者本人、マジか(笑)!

2017.10.16追記:
原作マンガを読み始めたら止まらなくて一気読みしてしまいました。ちなみに未完です。どこまでアニメ化されるんでしょうね。あと、原作のこの先も楽しみ。

2017.11.4追記:
第5話、音響最高! 演出最高!! 特殊ED最高!!!

2017.12.23追記:
最終話まで視聴完了。うーん、「アート」だなあ…。

シリーズ構成でわざとそうしたのかたまたまなのか知らないんですけど、3の倍数回はわりとその1話でも観れてしまうような「短編アニメ映画」的になっています。

アバンタイトルからのタイトルの出し方や、EDでのクレジットの出し方、脚本(本編中でのイベントの配置)…。

これはやっぱり、狙ってやっていると考えた方がしっくりきますね。

やー、こいつはスゲーや…。

2018.7.18追記:
情報更新。原作は全6巻で完結しています。それと、公式アンソロジー・コミックが1巻出ていて、つくみず先生本人の8ページ作品も収録されています。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 83
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

その先にあるのは希望か、絶望か?

原作未読。最終話まで視聴。

【物語】
終末を思わせる風景の中を、二人の少女が旅をする物語。

何故、世界は終末を迎えてしまったのか?
何故、チトとユーリは二人きりで旅を続けているのか?
何故、何故、何故・・・?

物語が進むにつれて増えていく疑問点。

そして、それらが一気に解き明かされる{netabare}最終話{/netabare}。

素晴らしい物語・演出だったと思います。

【作画】
ほのぼのしたキャラデザと、すっかり荒廃した近未来の風景のミスマッチが良かった。

私もチトちゃんと同様に高所恐怖症なもので・・・。
第8話のらせん階段の迂回路のくだりは、見ているだけなのに心臓がバクバクしちゃいました(笑)
見ているだけなのに・・・。
本当に見事だったと思います!

【声優・キャラ】
水瀬いのりさんと久保ユリカさんの好演が光ります。
時折、暴走しすぎるユーリが評価の分かれ目か?

【音楽】
物語には合っていたと思います。
私の好みではありませんでしたけど・・・(笑)

投稿 : 2020/11/21
♥ : 78

74.8 2 水瀬いのりアニメランキング2位
ソマリと森の神様(TVアニメ動画)

2020年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (301)
1227人が棚に入れました
森の中で私は"それ"と出会った。それ(人間)は、わたし(ゴーレム)を「おとうさん」と呼んだ----。地上は異類異形の人外たちが支配する世界。人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。そんなある日、森の番人である「ゴーレム」とひとりの人間の少女が出会う。滅びゆく種族「人間」と森の番ゴーレムの父娘の絆を綴った旅の記録・・・

声優・キャラクター
水瀬いのり、小野大輔、七海ひろき、鈴木達央、小野友樹、早見沙織、小林ゆう、速水奨、関智一、茅野愛衣、高垣彩陽、柴田理恵
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

ファンタジーだからこそ心理描写が大事

原作未読


つくづくジブリは偉大だと思う。


『ラピュタ』のロボット兵が『トトロ』のメイちゃんを連れ『千と千尋の神隠し』並に素性を知られてはいけない世界を闊歩する話。


これでこの作品どんなん?の回答となり得るからである。共通認識ができてるんですよね。

完全なファンタジー世界です。先述のロボット兵みたいなのが“ゴーレム”森の番人。メイちゃんみたいなのが“ソマリ”ゴーレムに拾われた人間。
長寿命であるゴーレムは寿命が尽きる日が近いことを自覚し、ソマリのために同種族の人間のもとへ彼女を返すあてのない旅に出ます。種族はいろいろ。人間は捕食対象で絶滅種扱いという世界です。

例によって世界観構築が勝負のファンタジー世界ということでは、概ね成功しているように見えます。
原作連載中の事情もあってか中途半端な終幕ではありましたが、一区切りつけてはいるのでそこは賛否両論というところですね。


ソマリのフード姿。目的のあるあてのない旅。このへんは↓

 {netabare}『銀河鉄道999』のメーテルと星野鉄郎の関係を彷彿させる。{/netabare}

感情のない大人と身寄りのない娘の交流。このへんは↓

 {netabare}『LEON』のレオンとマチルダの関係とも言えなくもない。{/netabare}

いずれも名作の予感を感じさせる立ち上がりではありました。


 {netabare}二人はどうなるのか?{/netabare}


本作のテーマです。
そしてこのテーマにこだわるか否かで作品評価が変わるといえるでしょう。
私はテーマ(と感じたもの)にこだわるとした上で「きちんとした結末から逃げたな」とネガティブな評価をしてます。なぜ逃げたのかな?と考えると原作(未読)のまずさに落ち着きました。このへんは後述。
意見は別れるところで、ファンタジーの世界観、全12話で一区切りと評価すべきポイントもある作品です。1クールだし観て損はない作品だと申し添えておきます。
そして声優“柴田理恵”。これはこれからどしどし仕事来るんじゃないかなというくらいの水準でした。貴重なのでこれ見たさという視点でもお釣りくるかもしれませんよ。


以降に展開するのは、本作品を面白いと感じた方には面白くない内容かもしれませんのでご容赦を。

※ネタバレ所感


■ソマリちゃんごめんよ

水瀬さん良かった!の声が並ぶはずですが、そここそ声が甲高くて苦手でした。周波数高めです。

{netabare}声だけでもないです。お使いにもいけるので5歳以上小学生低学年程度の設定でしょう。教育受けてないからの言い訳も立つし物分り良い必要はないです。だが我慢ならぬ鬱陶しさ。当初は天真爛漫キャラなんだろうなぁくらいで流してましたけど、作品自体の人間種の描き方が雑で、単に人間を描けないのね、という方向に考えが向いていきました。{/netabare}


■種族としての人間(重要)

ゴーレムとソマリの関係が作品のテーマとしたら、人間とその他種族との関係や未来は作品テーマを貫いてる重要な部分です。
この人間の描かれ方に首を捻りまくった私です。さっき後述するとした原作の不味さに繋がる部分。

{netabare}排他的になる理由が薄くないですか?むしろ「理由は無い」といってもいいんじゃないですか?
自分と違うからといって排斥する。そんな人間種の描写が繰り返されました。

・ケモノに襲われた人間の子供を助け、負傷してるその子を抱きかかえ親元を訪ねたら銃殺さる
 →さすがにそれはヒドイんでないかい?
・それまで仲良くやってたのに人間の幼女助けるために空を飛んで身バレしたらアウト!
 →え?目の前で助けてるの見てるのに言い分も聞かないんですか?
 →幼女とだけは理解し合えてた!っていい話にならんよ

“排他的な人間”を描きたいがための結論ありきで深掘りできず無理筋な描写になってます。こっち(異形)は何にも思ってないのにむこうがヒドイからは充分伝わってくるけど。人間があんなん(DQN)なのでこの点は説得力ありましたがなんだかなぁ。{/netabare}

これは嫌な感覚でした。

{netabare}人間だけが排他的でだから滅亡したというのを言いたいのでしょう。
なお、人間以外の異形の種族間での軋轢は一切描かれてません。

異なる種族は始めから仲良しなのです。以前は軋轢があったけど克服したよ的発想が作者になさそう。
人間だけひどい奴らです。そのひどい理由が全く描けてません。差別する奴はただ差別したいから差別するんだ!って浅っ!!そして薄い。杉村太蔵の政治評論ばりに薄口でございました。{/netabare}

この人間とその他種族との関係が納得感のあるものであれば幾分ましだったことでしょう。
巡り巡って異種族間のつなぎ役にもなってたソマリの存在意義が生じてくるからです。
ここも原作者はせいぜい「話せばわかる」くらいの発想なんだろうなぁと気持ちがひいてきました。
さらに巡り巡って連載終わってないのを考慮するとしてもアニメの結末はしょうがないだろうと諦観。きっと{netabare}「シビアなの描けないな」「描いてもつまんなかっただろうな」{/netabare}期待できなかったので、このお茶濁しエンドが限界だったと思えるのです。



あらためまして、、、ジブリは偉大です。
一方で巨匠の限界は主に後期の作品で露呈してました。
戦闘機設計者の意思や奮闘を描きつつ、その熱意の結晶の活躍の場は徹底的にぼかす。そんな作品が彼の最後(一応ね)の作品となってます。

奇しくもそれと同じ感覚が湧いてきた『ソマリと森の神様』。全般的に悪くない雰囲気で流れてくのに「そこ描かなかったら意味ないじゃん」という残念さ。そんなとこまでジブらなくていいのになぁ。



視聴時期:2020年1月~3月 リアタイ

-----


2020.04.06 初稿
2020.05.02 タイトル修正/修正
2020.10.11 修正

投稿 : 2020/11/21
♥ : 56
ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

今観てる

2話までの感想{netabare}
80年代?90年代?ポストアポカリプス世界が舞台で先代文明のロボット(かなりガタがきてる)が人間の生き残りを育てるって話は結構あって。
自分がパっと思い出したのは“ガイアース”だけど、他にも一杯あったハズ。
元を辿れば狼少年の発展系だと思うのだけど、ポスアポと相性良くて結構好きだったり。
というかその時代のOVAはアホみたいにポスアポというか荒野(砂漠)が多くて、この作品はそこを森林に置き換えたモノって感じがしてならない(悪いという意味ではない)。
更に同期放送の“映像研~”でやっぱりそこら辺の時代を思い起こさずに居られないような気分にさせられて…うん、ガイアース見よう、1巻だけでいい。

とはいえ、もし昔のOVAのノリを踏襲するならゴーレムは目からビーム撃ってソマリは戦士として育つことになって…そんな話ではなさそう。
のんびり旅の自然観察系なのかのう?2話までの印象としてはそんな感じ。

ってかオトギリソウってあの世界にあるのかw
薬ってのは毒と紙一重なので、ヒペリカムならそこら辺に植栽されてるけど決して薬用にしようとは思わないように…ってそんなの居ないか。
(ちょいと調べたら紫外線に当たると毒になるらしい)
もう一個出てきたクズ(葛)の仲間…あれは葛根湯を作ってたんだろうけど、こっちは多分安全。{/netabare}

8話までの感想{netabare}
まず4話まで。
あれ?ソマリが病気になったら以前薬師に教わった薬使うんじゃないのか。
と思ったんだけど、まさかひょっとしてアニメは原作と順序入れ替わってたりして?
最近他の作品でそういうことがあって、そのクセ辻褄合わをしてなくて変になってたのを思い出した。
ソマリはどうなんだろ?ちょっと調べる気力が無い。
とはいえフード被ったまんま床に就くなよw

次に6話まで。
ハーピーもセイレーンも似たようなモンだろという暴論の元、ああ、こっちでも人魚の肉食っちまったかw
“自縛少年花子くん”“虚構推理”と並んで同期に同じネタ3連発(私が見てない作品にもあったりして?)、モンスタ-の肉を食らう(特殊効果がある)という括りにするとMMO系の他2作も追加かなw
“空挺ドラゴンズ”は特殊効果は無いっぽいので違うと思う。
ネタ被りは仕方ないにしてもどうしてこうも同期に集中しちゃうんだろう、前期に人魚の肉食らう作品ってあったっけ?

でもって8話まで。
その本を読みたがる人が居るかどうかは関係無く、蔵書の紛失は魔女にとっては沽券に関わるんじゃないの?
けどそっちでは全然騒ぎにはならなくて、館長に会おうとしたら侵入者として大騒ぎ。
ぶっちゃけ「おいおい、ここにはハライソの伝記無いのかよ。魔女なんて大したことねーな」と町中で声上げれば普通に謁見出来たんじゃないかなw

異種族を描く割にはそれぞれ種族としての矜持を感じられない気が…。
ただしこれは多分同期に“異種族レビュアーズ”があるせいで気になるだけ、かも?
あとソマリがウザいって意見をちょくちょく聞くけど、キャラデザが話に関与してるとは思わないけど伊藤郁子繋がりでセーラームーンのちびウサの方がよっぽどキツいです、自分には。
あれに比べりゃ全然マシで…っていうか個人的には「大人の仕事に首突っ込んで足を引っ張るガキ」が苦手で(昔の特撮に多い)、この作品はそこら辺は気を使ってるんじゃないかな?

そうそう、8話の館長の回想シーンで何かの染物をしてて、液に浸してる間は紫だけど空気に晒すと酸化してピンクになってて、こういうニクい小ネタはちょくちょくありますね。{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 14

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

「人間」とは何か? 「親子」とは何か?

== [下記は第4話時まで視聴時レビュー: 以下、追記あり。] ==
第4話まで観た時点で、このレビューを書いています。原作は未読です。

ここでいう「人間」は、作中の種族としての人間って意味ではなくて魔物も含めた「心を持った生き物」って意味ですけど、ゴーレムは人工生命的なもので本人(?)も「ゴーレムに心や感情はない」って言ってますが、じゃあそもそも「心」とか「感情」って何なのかという、わりとAI研究寄りでもある問題がこの作品では扱われているように思われます。

また「実の親」に対して「育ての親」という言葉があるわけですが、成長途中の子供にとっての「親」とは何なのかという問題もこの作品では扱われているように思われます。

そういった問題について、ファンタジー世界をバックに考えてみようという中々の意欲作のようですね。背景美術が美しかったりする点もあって、あにこれではわりと高評価を得ているようです。

こういうストーリーへの向き不向きはあるとは思うのですが、ハマる方はハマる感じの作品じゃないでしょうか。

上記の他にも人間とその他の種族たちとの関係とか、それと関わって残されている伝承とかもわりと気になりますよね。

追記:「共同体への帰属意識」という問題も扱われそうですね。ソマリの生い立ちでは、もはや「普通の人間の社会」では暮らせないように思われます。
== [第4話まで視聴時のレビュー、ここまで。] ==

2020.3.27追記:
第12話(最終話)まで視聴終了。

最初のレビューで「気になる」と書いていた「人間に関する伝承」については、作中でけっこう明かしてもらえたように思います。

「人間」にしろ「魔物」にしろ、「被害を受けた」と思っている当事者たちはどうしてもその怨恨を拭い去ることができませんし、それを子々孫々に渡って語り継いでしまうというのは世の常といったところでしょうか。

一方、森の中で共同体との関わりを長らく絶っていたゴーレム、あるいはそのゴーレムに育てられたソマリにはそういったわだかまりはないわけです。

本作の問題を現実の人種や国籍に当て嵌めて考えてみるといろいろと思うところは出てきます。そういう意味で「良い作品」だったんじゃないでしょうか。

もちろん情緒面でも心情に訴えてくるものは多かったです。親子関係とは最初から「ある」ものではなく「作る」ものといったところでしょうか。仮に「生みの親」であったとしても、「親であろう」としない限り親子関係は成立しないんですよね…。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 49

77.2 3 水瀬いのりアニメランキング3位
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (1156)
6324人が棚に入れました
ネトゲの女キャラに告白! →残念! ネカマでした☆ ……そんな黒歴史を秘めた少年・英騎が、今度はネトゲ内で女キャラに告白された。まさか黒歴史の再来!? と思いきや、相手であるアコ=玉置亜子は本物の美少女! でもリアルとネトゲの区別が付いていない、コミュ障ぼっちの女の子だった!? 英騎は彼女を“更正”させるため、ギルドの仲間たちと動き出すのだが……。

声優・キャラクター
豊永利行、日高里菜、水瀬いのり、M・A・O、大和田仁美、南條愛乃
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

ネトゲをネタにすれば面白くなると思った?

メインヒロインがワタモテのもこっちに少し似てる。こういう微妙な容姿のヒロインは好みなのでスルーできなかった。汚いなさすがボサ髪きたない。
FF11で有名なブロント語ネタとか壁殴り代行AAとかネタがマニアックだが、わかるとより楽しめるだろう。ニコ動向きだと思う。
ブロント語でも「さすがに○○は格が違った」みたいに普及しすぎてもはやブロント語だとわからなくなっているのもあるね。淫夢ネタも同様。

内容はネトゲ内で結婚したネトゲ廃人のヒロインをどうにかまともにしようとするラブコメ。
ストーリー開始時点でメインヒロインとネトゲで結婚しているという設定はBTOOOM!が先にやってるね。このアニメが気に入った人はそっちも見るといいと思う。

1話ですでに話が起承転結になっていて、これでハッピーエンドに感じてしまう。
2話を見てると、別にアコはこのままでいいのではと思う。言われるほどアコはゲームとリアルを混同しているわけじゃなく、ネトゲが好きな普通の女の子に過ぎないように感じる。見る前はゲームと現実が完全に区別がつかないくらい病んでいるキャラなのかと思った。

3話
{netabare}「俺の怒りが有頂天」「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない!」{/netabare}のパロは吹いた。知ってると知らないとで大きいだろうけど。
アコの心の闇が見えてきたのも良かったね。ちょっとヤンデレっぽくなってきた。
個人的に今期No.1になりつつあるかも。

ニコ動で2話以降有料だと…おいィ?この内容だからニコ動のコメント見たかったのに…俺の怒りは有頂天!(ニコ生はやってるけど)

4話
うーん3話がピークだったのかな…やっぱり長く話を続けられるような設定じゃないのか。

5話
{netabare}シリアス展開か…でも、もっとアコのリアル生活での辛さを描かないと感動には持っていけない。アコのクラスメートは親切だし。
しょうがないにゃあとか見抜きネタをやったけど、ハッカドールで先にやられちゃってるんだよね。
それにしても主人公の自制心、性欲が無いのかと。{/netabare}

6話
{netabare}夫婦だから恋人は嫌だってのはみえみえだったよね。次に持ち越さないでCパートでオチをやったのはまだよかったけど。
どうしてこうなったAAネタはわかりにくいと思うw{/netabare}
やっぱり設定的に出落ちアニメなのでグダグダになってるな。

7話
恵まれているアコは現実の何が嫌なのかいまだに謎。
{netabare}ルシアンは夫婦以前の恋人との甘酸っぱい体験がしたいんだろうが、男の感覚だとピンと来ないよな。別に夫婦でいいじゃんって思っちゃう。
ルシアンはフィッシング詐欺にひっかかったっぽいな。{/netabare}

8話。神回?今回はアニメスタッフ頑張って話を詰め込んだみたいだね。
{netabare}垢ハック野郎をどう追い詰めるか…IPを抜くために釣りブログを捏造とか、デスノート丸ごとコピーを思い出したw
チャットだけで途中で気づいたアコの愛は本物ってことで綺麗に落ちた。
消したネトゲのキャラって運営が復活できるものなのかな?こういうケースのためにしばらく保存してるんだろうか。{/netabare}
ネトゲならではの話で良かったな。

9話
前回で全てやりつくしてしまったんじゃないかという懸念通り、今回はグダグダな話だった。
{netabare}ネットスラングのパロネタをちりばめた女子のお泊り会。「声に出して読みたいブロント語」は笑った。
でもブロントってFF11の個人ユーザ名なんだし作品に出しちゃっていいんだろうか。{/netabare}

10話
このアニメはもう恋愛物じゃなくてネトゲ―マーの日常物として見るしかないんだろうね。主人公とヒロインが相思相愛で完結してるから恋愛を描きようが無いし。
{netabare}アコが夏は家ですっぱだかなのはけしからん。ウヒョーと思う以前にはしたない!って思ってしまった。もう歳か。{/netabare}

11話
{netabare}次で砦を取り戻して終わりか。アコの成長を描いたり、ルシアンがネトゲでも学べる事があると気づいたりと、話の締めに入ったね。{/netabare}

12話
{netabare}結局課金の勝利か。{/netabare}

【総評】
最初の時点で主人公とヒロインが相思相愛で、それが互いに伝わっているという珍しい設定のラブコメ。
それゆえに期待していたが、結果としては退屈な作品でしかなかったように思う。
二人が最初から結ばれてしまっているため、どちらかが浮気をするか、ロミジュリのように二人が引き離されるか、もしくはヒロインが未来日記の由乃のように病んでいてトラブルを繰り返すといった展開で盛り上げるしかないのだが、この作品はどの手法も選択しなかった(3話まではヤンデレ話で面白かったのだが)。
じゃあ終始二人がイチャイチャしているのかと言えば、それほどベタベタしているわけでもない。
中途半端な関係のまま淡々と話は進み、ただのネトゲ―マーの日常物でしかない内容で終わってしまった。
アコのキャラクターは気に入っていたので、凡庸な作品に終わってしまったのはとても残念に感じる。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 32
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ご都合主義が・・・。

原作未読。ネドゲ未経験。

ネトゲとリアルを混同し過ぎている女の子とネトゲとリアルを別物と考えすぎている男の子のラブコメディといった感じでしょうか?
ただし、後半はラブコメ要素が薄れ、ネトゲあるある的な話が多くなるかなぁ・・・。

{netabare}
タイトルから『ネトゲの中で結婚した相手が同じ歳の可愛い女の子だった』という事実を主人公が知るまでの話をもう少し引っ張るのかと思っていたんですが、あっさりと第1話で・・・。
個人的には、この展開の速さは高評価です。
むしろこの後の展開の方が気になりますし・・・。
{/netabare}

作品中“ご都合主義”が大量発生します。
ご都合主義が気になる人には不向きかも。
私は、この“ご都合主義”もこの作品の魅力の一つかと思い始めているところです。

結局最後は『課金』って、ネトゲってそんな物なんですかねぇ?

投稿 : 2020/11/21
♥ : 60

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

原作はタイトルで避けてました、面白かったです、ごめんなさい。

原作は同タイトルのライトノベル(電撃文庫刊)。現在、原作未読です。

2016.06.25: 観終わったので更新

ライトノベルは有名作品についてはそれなりに読んでると思うんですが、本作に関してはそのタイトルからなんとなく回避していました。ちなみに『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』もそんな感じです。大変申し訳ないんですが、タイトルはあまり面白そうな話に思えません(笑)。

で、そういった作品でもアニメ化でテレビ放映されると、視聴はタダですので気になってた作品は観てみることも多いんですが本作もそんな感じで視聴を始めました。

めでたく最終回まで観終わりました。個人的には今期の作品では面白さ上位でした。タイトルで避けててごめんなさい(笑)。

原作者がどんなつもりでお話を作ったかは知らないんですが、本作には「アイデンティティ」というものに関する重大な問題提起が含まれているように思います。

本作はネトゲ(オンラインRPG)をプレイする上での「あるある」が一つの見どころなのだとは思うのですが、意図したものなのかはわからないのですが「ネット内人格(アバター)と現実社会での人格の同一性/乖離性」って結構普遍的なテーマだと思うのです。

ネトゲ上の出来事と現実の区別を区別しないことを作中で問題視される本作ヒロインのアコ(亜子)ですが、自分としてはそんなに変なことを言っているようにも思えないのです。

別に私はネトゲにハマってませんけれどもたとえば複数の SNS を利用してまして、それらの SNS ではもちろんアカウントのみ知っている人もいますが、リアルに知り合いな人もかなりたくさんいます。

で、SNS 上での振る舞いとリアルのそれを変えているかというと、私の場合ほとんどそんなことはありません。たぶん「あにこれ」の私しか知らない人が現実の私と話をしても、大きくイメージを変えることはないんじゃないかと思います。(まあ、本名とハンドルは違いますけれども)

まあ、主人公のルシアン(西村くん)のように「ネトゲと現実を区別する」ことをしないと生活に支障が出るかもしれないのですけれども、逆にそれは必要最小限で良いのではないかと思うのです。

第9話でのアコの例え話には、一面の真実が含まれていると思うのですよ。最終回で亜子が求めた「ご褒美」もそうですね。

だからまあ、法律上の夫婦じゃないかもしれませんけど「亜子は西村くんの嫁」で良いじゃないですか(笑)。(…気持ちの上でだけでも)

※2017.4.13誤字修正

投稿 : 2020/11/21
♥ : 54

83.7 4 水瀬いのりアニメランキング4位
政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (1115)
5933人が棚に入れました
美少女・安達垣愛姫(あだがき あき)にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗(まかべ まさむね)が、激ヤセして名字を変えイケメンに変身。残虐姫の異名を持つドSな愛姫を惚れさせ、最高の形で振るために復讐を果たそうと奮闘するリベンジラブコメディ。

声優・キャラクター
花江夏樹、大橋彩香、水瀬いのり、三森すずこ、田所あずさ、早見沙織、小倉唯、大亀あすか、伊瀬茉莉也、伊藤かな恵、佐藤聡美

oxPGx85958 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

話がつまらない

2018年10月に追記

アニメを見た直後の感想では酷評しました。で、最近、原作のマンガを読んだのですが、あの原作をまがりなりにも一貫性のある1クールのアニメ・シリーズにまとめた脚本家は凄腕だ、という感想を持ちました。原作マンガとアニメの比較をあまりしたことがないので、これが普通の水準の仕事なのかもしれないけれども。

大橋彩香、水瀬いのり、三森すずこのキャラクターはマンガよりもアニメでの方がずっと厚みがあり、魅力的に描かれている、と感じました。いま思うと、本作はマンガのアニメ化という分野の中では大成功の部類に属するのかもしれません。


----
2017.04.02

単刀直入に言えば、話がつまらない。シーズン終わりまで見ても、これをどうすれば面白い話としてアニメ化しえたのか想像することができない。考えつく唯一の解決策は、ストーリーを徹底的に薄めて、日常系萌えアニメにすることなんだけど、それを貫くには設定とキャラクターのえぐみが強すぎる。制作時点から、そういう無理ゲーだったのではないかと思います。

主役の男の子の演技が気持ち悪かった。主役声優の演技って大切なんだと痛感しました。

早見沙織による男の子の演技は職人技だと思った。大橋彩香と水瀬いのりによるラジオやその他のコンテンツは面白かった。そういう楽しみ方はできるので、アニメ本編はそういうものを打ち上げるためのプラットフォームていどに捉えておくべきなのでしょう。声優を含む関係者たちの実績を作るためのルーチン・ワークみたいな。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 5
ネタバレ

明日は明日の風 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

イケメンになった男子とお嬢様で美少女(性格きつい)のラブコメ…続きや伏線は原作で

普通にラブコメっぽくて面白そうです。普通が一番な気がします。

名前が…政宗に小十郎に愛姫だと? 宮城県民で歴史好きなら知らない人はいない名前ですね。もっとも愛姫の読み方は違いますが。これだけで個人的に興味持ちます。作者は宮城県民なの?

1話…黒歴史を変える努力家
{netabare}ナルシストな主人公。イケメンだが、それは普段の努力の賜物。元々はぽっちゃり…というよりはデブ。過去、好きになった愛姫に「豚足」と言われてフラれたのがきっかけ。
その愛姫、通称を「残虐姫」と言われている。お嬢様で美少女なため言い寄って来る男子が多数。そのたびに残念なあだ名を付けてフッてきた。
愛姫に復讐(愛姫に告白されてそれをフルという…なんともラブコメチックな)するために近づく政宗、はたして遂げることができるのだろうか?

性格きつい上に、超大食いという愛姫の設定が面白い。男嫌いと噂されているが、本当のところはよく分からないんですよね。
政宗はナルだが、その分努力しているし、突き抜けているところが良いです。ただ、過去のデブだったころの写真、愛姫にこやかな顔していた気がしたんだが、気のせいだろうか?
普通にラブコメそうなので、これからの展開が非常に楽しみです。{/netabare}

2話…政宗くんは鈍感男の典型だった
{netabare}可愛い委員長の誘いを断るとは…チキン野郎め。とはいえ、黒歴史を持つ男の子に育ってきたことがそうさせたという展開は納得です。
愛姫は相変わらず食えない性格(大食いだけど)、吉乃をパシリにさせ隠れて大食い。一方、政宗は豚足の手紙を誰が書いたのか怯えながら過ごす毎日。その犯人は意外にも吉乃だった。政宗が愛姫に復習するのを手伝うという。愛姫に恨みでもあるのだろうか?
愛姫のメルアドをゲットしようとした政宗。愛姫もOKするが、さんざん焦らした挙げ句「お断り」の返事。復習するのは並大抵なことではないようだ。

イケメンの裏に隠されたトラウマは深い。メル友も一人もいないという事実が笑ってしまいました。イケメンは表の顔だけで、裏の性格は隠せないというところが面白いです。頑張れ政宗。{/netabare}

3話…お似合いの二人
{netabare}試験が近づく。余裕の小十郎かと思ったが、全教科十点以下のおバカさんだった…。政宗が小十郎の勉強の面倒見ることになり図書館で勉強していると後ろでは吉乃の面倒見ている愛姫。なぜかひと悶着になり、結局は吉乃と小十郎も加えた総点数勝負に発展。愛姫が負けたら政宗とデートする約束をする。余裕の愛姫だったが、政宗が編入試験満点を知り愕然。
勉強頑張った政宗は悠々としていたが、何と、昼食後に腹がピーピーで数学のテストを吹っ飛ばしてしまう。が、愛姫は一日欠席で仲良く(?)補習へ。
愛姫から(正式には吉乃から)連絡があり、愛姫とデートになる。待ち合わせに向かった政宗を待っていたのは某テレ朝日曜の変身魔法少女のコスプレをした愛姫だった。何でも吉乃から初デートのドレスコードの指定だと言われたらしい(恐るべし吉乃)。なんだかんだ言いながらデートする二人。その中で愛姫には何かがあり大食いになったことを示唆する内容が。

愛姫がとても可愛い回でした。世間知らずのお嬢様なんだけど、それがかえって可愛い方に向かってしまうのはラブコメの良いところかもしれません。
吉乃がよく分かりませんね。愛姫の性格を矯正するなんて言っているけど、何だか政宗に惚れてきているような…。
政宗が愛姫の昔を話しているところ見る限り愛姫が好きなんでしょうね。怖かったのと同じくらい優しかったなんてくだりはそのままでしょう。{/netabare}

4話…愛姫が落ちた…のか?
{netabare}読者100万の人気少女マンガで恋愛勉強の政宗。早速実践するも、愛姫からは「マジキモイ」と思われていた。吉乃から押すだけではだめといわれ、無視を徹底。すると、愛姫がおかしくなり始め、政宗に八つ当たり(と捉えたが)。惚れた感じかと思ったら、次の日には怒りモードに。混乱する政宗だったが、実際には吉乃と政宗が話しているのを見られて愛姫も混乱していたのだ。
吉乃から政宗は愛姫しか見ていないと言われ、さらに戸惑う愛姫。ふらふらと歩いていると赤信号の横断歩道にふらりと飛び出し、間一髪で追いかけてきた政宗に救われ…。そこで終わりかと思ったら、車に乗っていたと思われる女性が駆けつけ、無事を確認し、政宗を見てなぜか「お会いしたかった…」と抱きつき次週へ。政宗いわく「誰?」

愛姫の心の変化がよく伝わった回でした。政宗への気持ちに混乱きたしているのは過去のトラウマも関係しているようで、どんな過去なのか、これから明らかになっていくのでしょう。
政宗もまた、恋愛なんてよくわからない状況なので、愛姫への気持ちがよくわかっていない。復讐とは言うものの、政宗も心の変化が始まっている感じです。このあたり、いかにもラブコメチックで面白いです。
ようやく始まるかと思ったら、また余計な人物の登場。さて、いったい何者なんでしょう。政宗に記憶がないということは、政宗に似た誰かのことを思っているのだろうか。{/netabare}

5話…はいてないのか?
{netabare}突然現れた謎の少女、可愛い女の子に政宗は困惑するばかり。そして怒りを表す愛姫。その子は政宗を追いかけて転入してきた。名前は「藤ノ宮寧子」という。
愛姫に宣戦布告とばかりに挨拶に向かうが、その時に寧子がはいていないことが判明。政宗に突っかかる愛姫、裏拳が先生に当たり、二人は罰としてプール掃除に。
仲良く喧嘩する二人。愛姫がプールに落下、助けようと政宗が飛び込むものの、足はつき、そこからまた言い合い。そこで投げ掛けた愛姫の本当に好きなら「キスするとか」で次週。

「寧子」を「ねこ」と読ませるとは芸が細かい。伊達政宗の妾の一人で長子の秀宗(宇和島伊達氏の祖)を産んだ別名「猫御前」から来ているんだろうね。
スレ違いとライバル(っぽい)、うんうん、ラブコメの王道みたいで良い感じです。寧子のはいてないは唖然としましたが。
政宗が愛姫以上に鈍感なのがポイントかも。愛姫には復讐って言い続けているものの、政宗もまたワケわかんない状態なのが見てとれます。このまま王道のラブコメで進んでほしいです。{/netabare}

6話…白そうに見えて黒だと思う
{netabare}キスするとか…と言って政宗を探る愛姫。政宗は覚悟を決めて(?)キスしようと迫るが、当然のごとくアッパーを食らう…。互いによく分からない状況である。
プールから離れたあと、寧子と遭遇。寧子の心遣いと可愛さにちょっと気を向ける政宗。それを見ていた吉乃は寧子の素性を探ろうと寧子を尾行するが、ばれてしまい、対峙することに。そこへ政宗の母が現れ、家へ連れ込まれる。寧子が居たのは政宗の家の前だったのだ。
帰ってきた政宗は驚くが、寧子と吉乃と政宗家族で夕食をすることに。その後、花火を楽しむが、政宗は寧子の姿を見て心が動かされる。吉乃からは心変わりしないようにと言われるが…。帰り、寧子は政宗が隠しておいた過去の写真を盗んできた。その写真を見て何かひらめく寧子。政宗の母が寧子を知っているようだったのだが…。

なかなか近づかない政宗と愛姫に割って入ってくる寧子、実に良い展開です。その寧子はどう見ても分けありなんですが、一体何が目的なのか?
この作品は主人公が鈍感ではなく、思いが分からないのが面白いです。どんどんハマっていく感じがツボです。{/netabare}

7話…落としたのは…
{netabare}夏休み、愛姫の別荘に政宗たちが行くことになった。ここで進展しないとばらすと吉乃に言われ、勝負に出る政宗。愛姫宅の秘書の由井崎の前で付き合っていると宣言したのだ。女子の前ではプライドの高い愛姫は仕方なくそれに従った。
由井崎は男嫌いだった愛姫に彼氏が出来たということで面白くない。肝試しで政宗を驚かしてカッコ悪いところ見せようと企んでいた。一方、政宗は愛姫が怖いものが苦手なのを良いことに、吉乃を使ってカッコいいところを見せようと企んでいた。由井崎の前にジェイソン姿の吉乃が現れ、ドタバタに。由井崎が気を失い、政宗が由井崎をおんぶして連れていき、そこで由井崎が政宗を認めたのだった。

政宗と愛姫の距離が縮まりそうで縮まりません。政宗は意地でも愛姫を振り向かせようとするし愛姫は恋愛感情が欠落してます。このドタバタラブコメがいつまで続くのやら…
寧子、口からだしてたのは血糊じゃなく、本物の血じゃない? いくらなんでもこのシーン多いように思います。ひょっとして、病弱なんじゃ…{/netabare}

8話…そこまで惚れられたら…
{netabare}島から戻った政宗は相変わらず筋トレ。そこに、なんとなんと愛姫から電話が。何でも、政宗がバッグをひとつ忘れてきたらしい。宿題をしようと机を開けたら例の写真がない。政宗は寧子が持っていたのではないかと疑う。
せっかく愛姫と二人きりで会ったのに、上の空の政宗。愛姫は怒りで帰ってしまう(しっかりと食べるものは食べて)。そこに寧子から電話があり、政宗は意を決して寧子の家に。
寧子の家に行き、政宗は写真の行方を探る。こっそり部屋に入り物色してると寧子が…。写真はしっかりと寧子が持っていっていた。そこで政宗は自分の過去を語る。その過去はデブだった頃のつらい過去で、そのために黒歴史として閉じておきたいものだった。しかし寧子は言う、デブでも関係ない、好きなんだと。ぐらつく政宗だったが、寸前のところで振りきり、愛姫を選ぶ、それが俺の復讐だと。
フラれた寧子は翌日行方をくらました。秘書が政宗のもとにやって来て問い詰める。秘書が寧子の本当のことを話す、寧子が病弱で大量の薬を飲んでいて、それを残したまま居なくなったと。政宗は寧子を振り愛姫を選んだと話す。

寧子は何なんだろう…政宗が本気で好きなのは分かったけど、何者なのか分からないからモヤモヤです。愛姫を選んだとみんなの前で宣言した政宗だけど、あの残虐姫を思い通りに落とすのは簡単ではないと思うが、はたしてどう展開するんでしょうか。すごく気になります。{/netabare}

9話…愛姫はそっちの方が好きだった
{netabare}寧子が居なくなり、みんなで探すことに(政宗の告白はスルー)。なかなか見つからないことに焦る政宗は学校で愛姫とばったり。愛姫は寧子が嫌いだけど振られた時の気持ちが分かるというのだ。解せない政宗は豚足を聞いてみるが、愛姫はキョトンとするだけ。そんなとき、屋上から紙飛行機が落ちてくる。政宗は寧子が好きになった漫画のシチュエーションを思いだし、屋上へ行くと寧子がいて、すぐに病院に運ばれた。
病院で寧子は愛姫と政宗を個別に呼び出し、思いを伝えた。政宗にはこれまでのいきさつを話した。病気でどうなるか分からない、思い残すことは恋をしてみたいということで、選ばれたのが政宗だったと。しかし、後悔はしていないという。政宗には伝えなかったが、寧子は幼い頃に政宗に会っており、思いを感じていたのだという。
寧子は愛姫には政宗が愛姫に本気なこと、素直になった方が良いと伝えていた。愛姫は分からなくなっていた。政宗のことをどうしたらよいのかと。愛姫には過去に好きになった男の子がいた。その子はポッチャリしていて愛姫の好みだったのだ。そんなとき、目の前にポッチャリした子が現れる。自分は「まさむね」だと名乗った。

寧子の気持ちが切ない…。本気なのか、作りなのかを曖昧にしたままだけど、多分、初恋の相手なのだろうと思います。はじめは適当だったはずが、幼いときの思い出と重なっていったのかな。
愛姫の好みはポッチャリだったか…。政宗はまさに逆のことをしていることになるな…。恋心は政宗が突然消えたことで破れて、それ以来、男を信用できなくなったということなのか。う~ん、ラブコメ終盤のスレ違いが続くのか…しかも、偽者まで登場かよ。どうなることやら…{/netabare}

10話…その展開は頭になかった
{netabare}愛姫の前に突如現われたぽっちゃりボーイ、「雅宗兼次」(がそうかねつぐ:通称マサムネ→たぶん自称)。安達垣家当主のお墨付きを持って、愛姫の婚約者だと名乗り出た。動揺する吉野は政宗に連絡しようとするが、繋がらない。政宗はなぜか山篭りをしていたのだ。
筋肉増強してようようと新学期登校してくる政宗の目の前に、海外で手術を受けて元気になっている寧子がいた。驚いた政宗はさらに、愛姫がぽっちゃりマサムネと歩いているのを発見した。それでも自分の敵ではないと言い聞かせて愛姫にお土産を渡しにいくと、ぽっちゃりマサムネが愛姫と親しくしていて、さらには許婚であると宣言した。
動揺する政宗、吉乃に真意を確かめると許婚の件は本当で、しかも愛姫は恋をしているというのだ。
政宗はマサムネを追いかけた。運動ができて勉強もできる、しかも誰とでも打ち解けられ、信頼も寄せられると、いいこと尽くめ。さらに、マサムネは愛姫の取り巻きたちにも信頼され、政宗を取り巻きたちの標的に仕立て上げた。
文化祭で白雪姫をすることになった政宗の組と愛姫の組。どちらが良かったか、投票で決めようということになった。政宗の組は白雪姫が小十郎で王子が政宗、愛姫のほうは白雪姫が愛姫で王子がぽっちゃりマサムネだった。


ここに来てこの展開はいかがなものか…。ぽっちゃりは寧子が前に言っていた似てるとかなんとかいっていた奴だと思う。なら仕掛け人は寧子?
それにホの字になる残虐姫が単なるデブ専にしか見えないところが下手な脚本だと思います。過去の政宗のことを思い出してという表現があれば、全然違いけど、今のところ見えてません。それと、政宗が単なる復讐なのか、実は愛姫に惚れているのかも全然伝わってきません。取り巻きたちも邪魔でウザイだけ、ラブコメになってない。ヒロインの魅力も感じられないし、これでは…。あと2回かな?ちゃんとラブコメで終わらせることができるのだろうか…{/netabare}

11話…「やられたらやり返す、倍返しだ」…でもこの行為は犯罪です
{netabare}白雪姫で競うことになった政宗と愛姫&兼次。委員長は蜷川幸雄並みにノリノリで演出する(逃げる小十郎)。
政宗と兼次がばったり出会うが、兼次の言葉にたじろぐ政宗だったが、兼次の女の子への対応をメモる政宗だった…。
突然現れた兼次だったが、兼次の家はかなりピンチだったらしい。そこで目を着けたのが愛姫で、過去のこと(過去、おデブ政宗にホの字だったこと)を知って近づいたのだという。
本番当日、政宗は風邪をひいた。寧子に保健室に連れていかれ時間まで安静にとの配慮だった。そして政宗は愛姫のお付きの一人に拉致監禁された。主人公が消えたらそれでおしまいと考えたお付きの者たちのバカな発想だった。
一方、着替え場所を探していた兼次は謎の白雪姫の老女によって倉庫に閉じ込められてしまった。老女は吉乃だった。
主役を失った両クラスは対応に苦慮したが、政宗は機転を利かしてアホの子から逃れて脱出した。愛姫の方は兼次不在のなか、演劇を始めてしまった。

拉致合戦…。それにしても取り巻きのウザいこと。終盤に来て要らない子達だ。原作通りなのか?
兼次の近づいた理由が自分の家の安定化にあっただなんて、薄っぺらい。それよりも気になったのが、女子更衣室に入っていったことだ。自然に入っていった感じなんだよね。しかも慌てた感じもしないし。まさか、まさかだよな、兼次は女の子?
それにしても、最終回手前なのに、政宗と愛姫の互いの感情が分からない。どう決着つけるんだろう…。最後でまるっきり評価が違うことになりそう…。{/netabare}

12話…俺たちの恋愛はこれからだ!…原作読めということかい…
{netabare}難を逃れた政宗が見たのはすでに上演が始まっていた愛姫のクラスの白雪姫だった。完璧なまでの内容に動揺する政宗。とともに、雅宗がいないことでぶち壊れるのは心苦しく思った。肝心の吉乃は舞台で雅宗の行方はわからない。政宗は自分が出ると言い、舞台に上がる。熱で朦朧としながらも演技をする政宗、クラスの連中も乗ってくれる。そして、ラストのキスシーン。ふらふらだった政宗は本当にキスをしてしまう。
この後、政宗は完全にダウンしてしまい、自分のクラスの白雪姫は演じることはなかった。後日、打ち上げでカラオケに。政宗は…音痴(全カット)だったらしい。帰り、愛姫と二人きりになり、いいところになりそうなところでおしまい。

う~ん、実に中途半端で終わってしまった。雅宗はなんだったのか分からないし、二人の関係もあいまいだし、どこからどう聞いても幼少のころに聞いた「豚足」は吉乃だったのにそれがあいまいだし、全部あいまいなまま終了です。原作を読んで納得させようか…{/netabare}

ラブコメらしいラブコメ展開で進んできたので、かなり楽しめた反面、回が進むごとに心配になってきました。どこをどう転んでも12話では収まりきれない伏線の張り方と、謎。最後まで見てやっぱり…という感じでした。二期がないとこのモヤモヤはどうにもなりませんが、なさそうな気配がしてなりまえん。あとは原作で補完しようと思います。ここが残念でした。

主人公とヒロインのの二人、政宗と愛姫、これまた最後まで感情移入ができないまま終わった感じです。これは、過去にあった出来事の掘り下げが薄いからにほかなりません。政宗の感情が復讐のためから変わったのかどうかも分からないし、愛姫の気持ちも今の政宗を本心ではどう感じているのかも分かりません。これも原作補完なんでしょうか…寧子や吉乃のほうがヒロインぽいし、ちょっと残念でした。

作画はまずまずだったと思います。OP、EDもなかなか良かったです。特にEDは80年代アイドル風の曲調に愛姫と寧子のデュエット映像がどこからどう見ても「無表情アイドルデュオ」(つまりWink)ぽくて、懐かしさを感じて良かったです(これってAT-Xだけだったとか)。

ラブコメとして楽しめる作品でした。ラブコメ好きな人にお勧めします。また、原作で補完することも忘れずです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 46

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

面白そうなので期待!

同タイトルのマンガ原作があるようですが未読です。

原作マンガで作画を担当されているTivさん、最近はいろいろなマンガやラノベのイラスト担当としてよく見かけますね。

ストーリーですが、むかし太っていた主人公の真壁政宗(まかべ まさむね)は、幼少時にヒロインの安達垣愛姫(あだがき あき)に告白するも「豚足」と呼ばれあえなくふられてしまいます。

そんな愛姫に復讐するために政宗は一度実家を離れて身体を鍛え、痩せたイケメンに変身して愛姫を自分に惚れさせた後にこっぴどくふるという目標を立てて愛姫の通う高校に転入する。果たして復讐の行方はどうなるか…、といった感じです。

政宗に愛姫以外の女性キャラ、そして「総受け」男性キャラの朱里小十郎(あけさと こじゅうろう)がどうからんでくるのかが楽しみです。

2017.3.24追記:
ということで全話観終わったわけですが、原作が続くので仕方がない面はあるにしてもいささか中途半端な終わり方をしてしまいましたね。終わり方がもっと良ければストーリーの点数はもっと高くつけたかと。ただ、原作に関心を向かせ販促アニメとしてはそこそこ成功したんじゃないかと思います。

アニメでも続編をやってほしいです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 37

82.4 5 水瀬いのりアニメランキング5位
五等分の花嫁(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (810)
3694人が棚に入れました
貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。ところが教え子はなんと同級生!! しかも五つ子だった!! 全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児! 最初の課題は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!? 毎日がお祭り騒ぎ! 中野家の五つ子が贈る、かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

声優・キャラクター
松岡禎丞、花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのり
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

船頭多くして船山に上る

原作は雑誌でパラパラと


視聴動機は、マガジン案件だったから。けっこう近年のマガジン頑張ってるんですよね。
そして蓋を開けてEDのキャスト陣を見たらこれまた豪華。

中野家のご姉妹
長女 : 一花 (いちか) CV 花澤香菜
次女 : 二乃 (にの) CV 竹達彩奈
三女 : 三玖 (みく) CV 伊藤美来
四女 : 四葉 (よつば) CV佐倉綾音
五女 : 五月 (いつき) CV水瀬いのり

進級も危うい五つ子ちゃんの家庭教師を請け負う学年一の秀才上杉風太郎主演のハーレムラブコメとなります。風太郎の声は松岡禎丞さん。日本にはハーレムラブコメに松岡さん以外を出演させると禁固刑となる法律でもあるのでしょうか?出ずっぱりです。
富裕層中野家と貧民層上杉家の対比です。バイト代の高さを動機付けになにかとたいへんな五人の成績を上げるべく奮闘しながら、とはいえ同学年の美人五姉妹相手に健康な高校生男子が何も思わないわけでもなく、、、いやその前に先方が機先を制してデレ始める鉄板の展開でした。
わりきって観る感じでしょうか?キャラとストーリーを持て余してる序盤です。


観終わって、、、
ぶーぶー言いながらも後半面白くてそれなりに満足しました。
結局のところ、

{netabare}五人まとめてかかってこいやー!{/netabare}

というわけで選べん。


まずは良い点。キャラの配置から。五人がそれぞれ個性的でキャラが被りません。おかげ様で名前と顔の一致が早い。

一花:THEお姉ちゃん。ふわふわしながら締めるところは締める。長子の割に合わないところを飲み込んで責任を全うしようとしてる。意志の強さがショートヘアーに表れているのか?{netabare}良い{/netabare}
二乃:勝気さと家族思いのギャップ。女子力も高い。風太郎への警戒は人一倍強いが、こういった子のバリアを突破した時に見せるだろう情の深さは楽しみである。{netabare}良い{/netabare}
三玖:不器用女子。人との距離の取り方に難があれど、あばたもえくぼってやつ。心根の良さと頑固さが見え隠れしほっとけないタイプ。{netabare}これまた良い{/netabare}
四葉:奉仕の心。明るくアホそうに見えてそのくせ周りへの気遣いを欠かさない。もっと自分だしていいんだよ、の守ってあげたいタイプ。{netabare}なんだかんだ良い{/netabare}
五月:キタ!ツンデレ。頑張っても結果が出ない。そこを男のValueで彼女の不足を補ってあげるぜ!と勘違いしたい。主人公にだけ冷たい。落としたい。{netabare}というわけで良い{/netabare}

声優さんの魅力もさることながら、誰がヒロインでも一本書けそうです。さらに風太郎の妹らいはも存在感出してくるので侮れません。


ただしこちらは全体のバランスを無視して単品で一人一人に焦点を絞ったら?という前提が必要なんです。みんな良い=どうでもよい、なのです。

・みんな巨乳はやりすぎでは?安直な感じもします。
・狭い空間(中野家のマンションの中)が主戦場なので一対一になりにくく、かといって姉妹同士牽制しあう描写もソフトで消化不良。
・順に攻略した末での落としどころが見えづらい。結局情感揺さぶられるほど感情移入するにはせいぜい三角関係ぐらいにしとかないと破錠するよね。難しい設定。
・言っても同年代5人ですから。先輩後輩のような縦の関係もないと物語を膨らませることは難しい。これも設定になるのかな。


こういった背景もあって、数話観ると割りきってブヒる視聴姿勢で臨むか、嫌気さすかどちらかになりそうな気配です。

{netabare}アバンの結婚式描写などご都合展開飛び越えての超展開も期待できそうな伏線は配置されてますが、{/netabare}

作品の焦点をどこに置けば良いのかイマイチ掴みきれておらず、途中しんどかったです。船頭多くして船山に上る感じ。
まるで、ホテルのビュッフェで和洋中華それ以外と単品のクオリティがそこそこ良いけど全部食べろと言われると持て余しちゃうような感覚に近いかもしれません。

それと、五つ子全員お勉強が出来ないというのもなんか釈然としません。
勉強ができるのと地頭の良さは別物とはいえ、一定の尺度の中でだったり要求水準を求められて成果を上げるとか努力することって人として必要でしょうに、それがないというのが一点。それなりにインプットがないとアウトプットするネタに困るのが人間だと思うよ、が二点め。
それが揃いも揃って全員かよ!ある意味すごい姉妹だと思われます。

 {netabare}お母ちゃんも空の上で泣いてるで。{/netabare}


{netabare}林間学校編に突入してから{/netabare}加速していった後半が良かったのでOK!とします。
ちょっと五人それぞれが揺れ動いてくるあたりから物語が締まってくるので序盤で切っちゃうともったいないかもしれません。


OPの ご ・ と ・ お ・ ぶ ・んっ  もTHEアニソンらしくて良かったですよ。
{netabare}タイムリーにスキー場で流れてて、ウチの子供は「きもっ」って言ってましたが。。{/netabare}



-----
2019.09.16追記


視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴


2019.04.06 初稿
2019.09.16 追記

投稿 : 2020/11/21
♥ : 54
ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

豪華声優陣だけが魅力!?

原作未読。最終話まで視聴。

美人揃いの五つ子。
家庭教師は同級生の男の子。

設定がありえなさ過ぎてどこからツッコめばよいのやら・・・。

せめて、コメディ要素が強ければラブコメとして楽しめたんだろうけど・・・。
コメディとしては笑いどころが少なすぎ。

さすがにヒロインが5人もいると、1クールでは間延びし過ぎかな。

{netabare}ご想像にお任せします{/netabare}エンディングも、何だかいただけない。

まさか、原作完結していないとか?
だったら、こんなエンディングにしなければよかったのに・・・。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 48
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

物語のゴールを明確に見せていることだけはいいと思う

五つ子のハーレム物。男性向けおそ松さんと言った印象。
それぞれの性格は一花=トド松、二乃=カラ松、三玖=一松、四葉=十四松、五月=チョロ松だろうか。異論はあるだろうけど。

ハーレムヒロインたちが五つ子であるメリットは、
・乳のサイズが平等
・顔が同じでも非難されない
・先にゴールのシーンを見せても顔が同じなので誰と結ばれるか分からない
だろうか。全員平等で誰とくっつくか分からないと言うのはハーレムラブコメとしては大きなアドバンテージだろう。

この作品は中高生男子に強く支持されているようだが、内容自体はシスタープリンセスの頃から山ほどあるような古くっさいハーレムラブコメでしかない。
主人公の恋愛アンチでガリ勉な性格など「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」に似ていると思った。

最も矛盾を感じる点は五つ子の顔が同じ事を利用したトリックで、原作マンガは無声の白黒なので髪型を変えられると区別がつかなくなるのだろうが(でも原作の時点でそれぞれ髪の色が違う設定なんだが…)、アニメは髪の色の違いがあるので「なんで入れ替わりに気づかないんだ?」としか思えない。さらにアニメでは声の違いもあるので入れ替わりトリックが全く成立してなくて疑問ばかりを感じた。

あとは、
{netabare}「俺はこいつらのパートナーだ!(ドヤァ」
これほんと意味不明。パートナーだから何だと言うのか。
それと12話のハゲ出っ歯の教師が雰囲気ぶち壊してるw{/netabare}

そもそも長期連載前提のせいだろうが、{netabare}みんなで花火を見るだとか{/netabare}どうでもいいようなことをさも重大な事のようにして引き伸ばしていてテンポが悪い。
ただゴールは明確に見せているので、ラストまでのストーリーは決めているのだろう。でもその分引き延ばしずらいだろうなと思う。

あと細かい点では、{netabare}三玖が信長は頭蓋骨に酒を入れたと言っているが、入れてない。信長公記では薄濃にして飾ったと書かれているだけ。講談社に入れた編集者ならそのくらい知ってて当然だと思うんだが。
それと石田三成と大谷吉継の逸話で垂れたのは鼻水と確定してないんだよな。ハンセン病で崩れた顔の肉片とも言われている。
ただ戦国ネタで歴史の勉強の興味を引く手法は自分が家庭教師バイトの頃にやっていたのでなつかしかったw{/netabare}

声優陣については、五月の水瀬いのりがいつもと違う固い演技をしているので個性が出せていない(ネトゲ嫁とかもそうだったが)。これだったら水瀬いのりじゃなくてもいいような。
三玖と五月を逆にすべきだったと思う。水瀬いのりは三玖みたいなクールキャラは得意だし、伊藤美来は五月をろこどるのなにゃこみたいに演じればそれでいい。
そもそもこの一期は{netabare}五月だけが冷遇されているように感じた。一期は三玖がメインヒロインのように感じる。二期から違ってくるのだろうけど。一期のラストは前田夫妻が全部持って行った感じ。{/netabare}

問題にされた作画だが、確かに悪い。崩れているというより、表情や歩き方、体の動きがおかしいと感じることが多い。12話のキャンプファイヤーで炎が動いているのに皆が固まってるのは酷すぎた。
11話はシャフトが協力して改善していたが(山村杉山伊藤潮月となぜかシャフトオールスターwマギレコはどうなったの…)この作画で普通だろうってくらい。
ただ「ゲーマーズ!」「Just Because!」「はじめてのギャル」辺りよりは作画はいいと思った。←クソ作画アニメで鍛えられている

投稿 : 2020/11/21
♥ : 16

76.3 6 水瀬いのりアニメランキング6位
多田くんは恋をしない(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (553)
2319人が棚に入れました
カメラを手に、満開の桜の写真を撮りにきていた光良は、異国から日本にやってきたばかりだという少女テレサに出会う。日本に着いて早々に、連れとはぐれてしまい、迷子になっていた彼女を助けることになった光良は、祖父が営んでいる多田珈琲店へとテレサを連れていくのだが…。まだ“恋”を知らない少年と少女を中心に繰り広げられるドタバタラブコメディーが幕を開ける。

声優・キャラクター
中村悠一、石見舞菜香、宮野真守、下地紫野、梅原裕一郎、石上静香、下野紘、水瀬いのり、櫻井孝宏、大塚明夫
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3

ろくに考えずに作った多田恋、考えすぎてダメになったサクラクエスト

「月刊少女野崎くん」スタッフによるオリジナルのラブコメアニメ。OPもオーイシマサヨシ。

私は「魔法少女まどか☆マギカ」の大ファンなのでそのキャラクターデザイン担当の谷口淳一郎さんのファンでもあるのだが、長い間「谷口さんの絵柄ってどんなだろう?」と思ってた。過去の谷口さんのキャラデザは全て原作付きで、原作を再現することで定評のある人なので(監獄学園のような絵柄まで再現してしまう)、谷口さん自身の絵柄というのがわからなかったからだ(Twitterの趣味絵は多く見ているがアニメとなるとまた違うだろう)。
しかし今回は完全なオリジナルアニメなので、この作品の絵が谷口さん自身の絵と言えるだろう。…で、見て思ったのは、同じ谷口さんの「刀剣乱舞-花丸-」に似てるな、と。花丸は谷口さん自身の絵で描いていたってことなのだろう。

うだうだ言ったが肝心の内容は、少女漫画的な金髪碧眼の外国人少女とのラブコメみたい。オリジナルアニメとしての意義がちゃんとあればいいんだけど、まんま{netabare}「ローマの休日」{/netabare}って感じ。
ヒロインのテレサもなんかあまりにもステレオタイプの外国人すぎるし…。
どうでもいいけどシュタゲ二期と同シーズンで宮野真守キャラが目立ってるのは結構な偶然やね。これがシュタインズゲートの選択か。

1話
{netabare}テレサの声、ゲーマーズ!の千秋の人なのでかなり似てるw
皇居周辺か。
3度目とか偶然で出会いすぎだろ!
水瀬いのりが妹か。全盛期のざーさんみたいな売れっぷりになってきたな。
アレクが真姫ちゃんにしか見えない。
ラルセンブルクという国は調べたけど無い。都市はあるが。
テレサがお姫様なのははっきりわかるようにしているがひねってくるかなあ。{/netabare}
石見舞菜香ちゃんは歌はちょっと残念だな。
EDの協力企業すげえ!!キヤノンソニーニコンパナソニック。
1話見る限りすっげーベタでオーソドックスだがその分見やすいことは見やすい。
ただカメラ趣味を題材にしているのは「Just Because!」とネタカブリ感ある。

2話
{netabare}ナットゥー!?
ヒナと委員長が同一人物なの気付かないとかお約束すぎるwww
伊集院が意外と常識人。
山下犬は下野紘ですか。{/netabare}
相変らずベタな内容だった。恋愛関係になりかけの男女が複数(4組?)いるのでそれを見守るような感じ。
次はオリアニ勝負の3話だが予告見てても別に何も無さそう…。

なんか宮野真守の声ばかり聴くシーズンやな…グールの月山も控えているし。なんでも1シーズン7本が最多記録で今期は8本出るそうなので記録更新らしい。

「多田くんは恋をしない」というタイトルの謎なのだが…OP映像にも色々と伏線があるけど。予想すると、
{netabare}①テレサがお姫様なので恋をしない(安直すぎ)
②多田が幼い頃好きだった子がいて新たな恋はもうしない(ありがち)
③多田が実はホモ(これだったらビビるわ){/netabare}

3話
{netabare}ニャンコビッグがスネークの声。
10年過ぎたってことは死ぬ展開もあるのかな。
両親が亡くなってるのか。
まさかずっと猫視点か?
オカリン元気になったな←錯乱
まんまゴルゴやんけ!って1話にもいたか。
午前中暇とかいって客来まくっとるやんけ。
キュウリサンドってイギリスでは高級料理なんだよな。というネタは使わんか。
ホットチョコレートスプーンというのは本当にあるんだね。
伊集院とアレクはくっつくのだろうか…。
多田とテレサは8秒には全然届かず。
日常回だったか…。次は委員長の正体がばれそう。{/netabare}
オリジナルアニメの3話は勝負回と言われるがこれでは切られるかな。私は別につまらないとは思わないが。

4話
{netabare}部長と委員長の関係はパーマンのミツオとパー子を思い出すな←おっさん
HINAのそんな細かいところまで見ててなんで気づかないのとか言ったら負けやね。
委員長の件でテレサにも本当の自分を知ってもらいたい気持ちを自覚させるって流れか。
はがされたw
周りに対しては気づかれてないことにしたのか。
次は風呂サービス回か。{/netabare}
うーんキツイなこれ…昭和に放送しても古臭いって言われるんじゃね?

5話
{netabare}あれ?オカリン元気になったな。って毎回思ってしまう。今期は宮野真守出すぎ!
どうせ多田を元気づけるためにやってたとかだろ?ってOPでわかるな。
OPで最後にテレサが消えるからそういうことなんだな。
写真のアップの作画がちょっと…谷口さーん!
さすが委員長グラビアアイドルだけある!
うーんラブコメのはずなのに日常回ばかりで恋愛関係が進まんよな。伊集院とアレクのフラグが立つのかなと思ったが。
次で多田とテレサは進展するようだが。{/netabare}
今期は宮野真守の出番がやけに多いけどこのアニメが一番はっちゃけてるのでは?オカリンは落ち込んでるし。

6話
{netabare}主人公のライバルのヒロインの婚約者が登場するベタベタな展開。
この手のテンプレだとシャルルが実は悪い奴ってオチなんだろうが…。
シャルルがアレクとくっついて伊集院が泣くのか?
テレサ貧乳すなあ。
伊集院はアレクにこだわってないのか。
多田とテレサの関係は邪魔されて結局進まなかったような。「恋はしない」かね。
あと多田の祖母はテレサの乳母と同一人物っぽいね。{/netabare}
このベタな展開をいつまで貫くのか…。
前から思ってるんだが登場人物のファッションがダサいよな…谷口さん…でも監督は女やろ?

7話
{netabare}ひまわり急行 恋する事件簿という小説は実在しないようだ。
じじいに何すんだw
ニャンコビック跳躍の距離は十分だったな。
いのりんの恋が終わった。
もう後半だが多田とテレサの関係が全然進まん。後がないぞ。{/netabare}
さすがいのりんは場数踏んでるだけにいい演技だった。

EDのカバーソングの歌詞って、{netabare}恋人が死んでしまうという内容なんだがまさかそうなるんだろうか?最後はテレサが死んで終わり?まさかなあ…テレサが不治の病で最後の思い出に日本に来たとか?ベタすぎる内容だと思ったら驚愕のエンドになるのだろうかw{/netabare}

8話
{netabare}宙のまにまにを思い出すな。
第二期第三話とかアニオタみたいなこと言うな。
多田とテレサをアレクが気にしてるな。
もう終盤だし強引に恋愛話を持ってきてる感w
卓球の作画で本気出してどうするんですか谷口先生!
えっ京大現役で行けるのピン先輩!?森見登美彦リスペクト感ある。
ゆるキャンが始まった。
宙のまにまにだと男女が近くで寝てたせいで問題になったんだけどな。
えっ「それが後悔した意味なんだと思う」で惚れるのかよ…まあ恋は理屈じゃないだろうけどしかし…。
あれがアルタイルデネブベガ~
次でアレクがテレサに火遊びをするなとはっきり言うか。次でやっと修羅場?予告見ると風邪ひいてもっと接近するパターン。EDの歌詞通り多田が死んだりしたら驚愕だがw{/netabare}
それにしても宮野真守のテンションの高さ…話がつまらないので自分が盛り上げようと思ってるのだろうかw

9話
{netabare}まぁさすがに終盤だしアレクもテレサにストレートアタックを仕掛けたか。
レイチェルは多田の祖母?そうなると多田はクォーターか。
なんで芋虫がついてんだよ。この脚本家ラリってるのか…。
蒸気機関の歴史は世界史で一応やったかな。
ほんと宮野さんテンション高いわー。
スローシンクロの説明消えるの早すぎ。dアニメストアだから止めて読んだけど。
チノちゃんとティッピーはなかなか絡まないな。
「テレサ、終わりましたか」「はい」はそういうことね。{/netabare}
なんかテンション高い宮野さんや金木研をストーキングする宮野さんやシュタゲゼロで{netabare}鬱でゲロ吐いてる{/netabare}宮野さんとか見せられて混乱するわ。もし銀英伝も見てたら余計混乱するんだろうな。

10話
{netabare}ぼちぼち強引に多田にテレサを好きにさせるかwはぁ~ほんと糞脚本。
テレサはこんなぶっきらぼうな奴のどこが気に入ったんだか。あの謎セリフだけで…ほんと糞脚本
ゴルゴってこの時のためのキャラだったのか。
偽物将軍の逆さ虹のセンスってそれってありがたいものなのか?
好きになる所かむしろ多田がテレサのことをうざがっているように見えるんだが…。
谷口さんは食べる時の作画はいいんだよな…それ以外がダメでも。
違う名前で呼んでたから祖母だと気づかなかったのか。
名字違うから離婚してんのか?
テレサが欲しかった言葉は…。
多田がラルセンブルクまでテレサを追っていくって展開になるのか。最後までベタやなー。{/netabare}

11話
{netabare}ピン先輩浪人決定か。つーか声が杉田智和さんになってるwやっぱ声低すぎるな。
18世紀はラルセンブルクは属国だったのか?
時間が必要っつっても2ヶ月くらいたってるのでは。
清川さんに縁起でもねえこと言わすな。
多田くんは恋をしないんじゃないかったの?
王女の写真で賞取るとやばくね?
いや機内でそんなかっこしてたらテロリストだと思われるでしょw
次回は謎の国ラルセンブルクか。残り2話でどうなるかな。{/netabare}
1クールアニメで途中で声優交代はどうにかならなかったのだろうか。スケジュール厳しいのか?
それにしても清川元夢さんは鉄人やな。100歳過ぎてもやるべき。その頃でもエヴァ終わって無さそうだが。

12話
{netabare}謎の国ラルセンブルクに到着。
やはりピン先輩の声…。
ここは黒人差別とか言われそう。不愛想で人間味が無いように描いてしまうと。まぁドマイナーアニメだから安心だろうが…。
じっちゃんとレイチェルの関係は本当にそれだけなのか?
アレクの本心発覚でなんか昼メロみたいな展開になってるw
落ちた大福は捨てろよw
ピン先輩の中の人はお元気ではないんだよなあ。
えっ多田そこで泣く?女監督&女脚本家だよなあ…。{/netabare}

これは次の落とし方次第だろうなあ。でも超展開ENDにしたらそれだけ見ればいいアニメになりそう。
結局は、もっと{netabare}アレクとシャルルを上手く使って、 {/netabare}岡田麿里アニメみたいなどろどろ展開にした方が面白かったというオチになるのは間違いない。

13話
{netabare}じっちゃんさん。
この川のシーンw寒い。
ラルセンブルクの国旗はルクセンブルクに似てるな。
もう残り時間的にクソENDにしかならんな…。
やっぱこうにしかならんよなうんうん。シャルルは本当にテレサが好きだからな。←この時点ではまだいいオチだと思っていた。
ピン先輩なんで東大なんや…。

え?婚約破綻はアカンだろ。シャルルは本当にテレサが好きだったんやろ。なんでアレクに乗り換えてんだよ。
多田はラルセンブルクの王にでもなるの?おとぎ話じゃあるまいし!{/netabare}
もうわけがわからないよ!!!!!!!!!!谷口さん助けて!

【総評】
オープニングでスカーフを巻いたテレサがスクーターに乗るシーンから、この作品がそれと同じシーンがある{netabare}「ローマの休日」{/netabare}のオマージュであることは明確になっている(監督インタビューによると{netabare}「星の王子様 ニューヨークへ行く」{/netabare}も参考にしたとのこと)。しかし、なぜ今敢えてそれを作ったのだろうか?
誰もが深夜アニメを見るようになる前に、他の媒体(実写・小説・漫画・ゲーム等)の作品に触れているはず。
そこで散々作られているような話と比較してオリジナリティが感じられない作品を、深夜の「オリジナル」アニメにする意味があるのか?(何を作ってもどうせ既存作とかぶる?それでも必死に考えて、女子を南極に行かせたり冬キャンプやらせたり競走馬にしたりしてヒットさせるのがプロだろう?)
いっそ{netabare}ローマの休日をそのままアニメ化してNetflixで全世界配信でもしたほうが良かっただろう。ローマの休日の著作権はパブリックドメインらしいので。
なおストライクウィッチーズ二期ではローマの休日のオマージュ回があるが、{/netabare}ああいうのはとても良いと思う。

そういったマンネリ感は度外視するという前提で見るにしても、主人公とメインヒロインの恋愛模様が中盤までさっぱり描かれず、終盤になって意味不明な理由でいきなりフラグが立つという、ラブコメとしてお話にもならない陳腐な出来になってしまっている。{netabare}多田は終盤までテレサに無関心でテレサの一方通行だったが、終盤唐突に多田が行動しだすも最終回はウジウジとめめしく、ラストはテレサの事が本当に好きだったシャルルが唐突にテレサを諦めてアレクに乗り換えとかご都合主義どころじゃない。多田とテレサが結ばれてめでたしめでたし…ラルセンブルクは開かれた国らしいので王族と平民の壁は薄いのかもしれないが、それにしても幼児向けのおとぎ話レベルだろ…。{/netabare}

プロデューサー・監督・脚本家はなぜこれでいいと思ったのだろうか?同じくオリジナルアニメの駄作「サクラクエスト」の再来のように感じる。★ただ、そのサクラクエストを無理矢理高評価していたような、駄作オリアニを「俺だけにはこれの良さが分かる!」と理由も無く絶賛するのが趣味のしょうもない人間だけにはお勧めできる。

なお山崎みつえ監督のインタビューを読むと、この作品はあまり考えずに安易に作ったようで、考えすぎて駄作になったサクラクエストとは対照的と言える。登場人物を高校生にした経緯も実に適当。練りに練って中学生にした「月がきれい」とは大違い(比較するのは岸誠二監督に失礼ですね、すみません)。取材もかなりやったそうだが…やっぱ才能ないんだろうなあ。

話がダメでも作画が良ければ救いがあるのだが、絵にやる気を全く感じられない。崩れているわけではないが線数が少なく、写真を拡大してボケまくってるといった雑に感じるカットもある。
総作画監督の谷口淳一郎氏はずっと前にTwitterで自身の所属する動画工房についてネガティブな発言をしていたので(まどかファンの私は炎上するのではと心配していたが…結局、別件で炎上することになったけど)、自社のアニメはあまりやる気が無いのかもしれない。ゆるゆり一期も谷口さん担当回は作画が良くなかった。水島努監督については素晴らしい監督と絶賛しているので、監獄学園のような超作画を実現できたのだろう。
ただまどかの総集編の前に絵柄が統一されてないのが気持ち悪いから直すと言っていただけに、この作品も絵柄の統一はしっかりできている。線数は少ないけど。
Twitterでキャベジン飲んでるって言ってたけど色々と上手くいって無さそう。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 12
ネタバレ

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

もしかしたら野崎くんは、こんなマンガを描くだろうか?

本作品は「『月刊少女野崎くん』をアニメ化したスタッフによるオリジナルTVアニメ作品」という触れ込みで話題になりました。

OP主題歌の背景アニメを見てわかる通り、本作品は映画『ローマの休日』をかなり意識して作られていると思われます。

舞台(ローマ→日本)、タイムスパン(1日→数か月)、主人公(新聞記者→高校生)などなど翻案されていはいるわけですが、視聴者はなんとなくこの物語の結末を想像するわけですね。

すると結局のところこの物語はあの結末を覆してくれるのか、視聴者の想像を超えた結末を提示してくれるのかというところに興味が向いてくるわけです。

具体的な結末については詳しく書きませんが、スタッフは頑張ったんじゃないでしょうか。

{netabare}ただとても悪意のある見方をするとあの結末はこの物語の結末ではあっても、多田くんやテレサちゃんの人生の結末ではないのだという言い方もできて、実は……という話かもしれないです。(もちろん、だとしてもこの恋を忘れることはないでしょうけど。) {/netabare}

上記解釈が可能な結末にしたという点でも、製作スタッフは有能だったと思っています。

なお、個々のエピソードには出来不出来がそれなりにあったかもしれないです。全話通して観ようとすると中だるみのようなものは感じるかもしれません。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 42
ネタバレ

明日は明日の風 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

動画工房版「ローマの休日」

【1話を終えて】
京アニ、PAと並んで個人的に安心安定と思っている動画工房の作品。楽しみにしていました。で、始まって開始5分で引き付けられてしまいました。もう今期中心に据えたい作品です。

大好きなラブコメみたいですが、ちょっとした二人のやり取り、二人の周りの人物、会話、動き、これは面白い。キャラデザインが動画工房ではあまり見ないスマートな感じですが、背景とか、演出はやっぱり良いです。

{netabare}見ているうちにふと思ったのが、「これって、ローマの休日がモチーフ?」ということ。テレサは最初、おっちょこちょいの外国人かと思ったら、アレクとの会話で姫様?という感じになって、よく見りゃ、雰囲気がローマの休日のオードリーヘプバーンだし、多田がカメラで彼女をとらえるところとか、そうだよね、ローマの休日だわという感じ。{/netabare}となれば、面白くないわけがありません。オリジナルらしいし、どんな展開になっていくのか。楽しみです。

【2、3話】
相関図が見えた2話、過去を描き出しはじめた3話といった感じです。
{netabare}光良とテレサ、一(はじめ)と日向子の恋の話が中心で、薫とアレク、後輩の研太郎と妹のゆいがサブ、ニャンコビックにも(笑)という感じかな。
光良とテレサの関係はこれからどんどん揺れ動くだろうな。一方の一、日向子が隠していること(どう考えてもグラドル日向子なんだろう)を知ったあとの話がどうなるか。{/netabare}先が分かっていても面白い。
話の進め方が上手。恋も過去の話もゆっくり進めていく感じ。それぞれの立場や考えも表だって見せないし、第三者的な視点で見せていくのもよいです。
ニャンコビックの心の声も良いです。

【4話】
日向子と一の回。案の定というか、{netabare}一の好きなグラドルの正体は日向子でしたとさ。{/netabare}気づいたのはアレクだけってていうのもね…。いや、意外と多田も気づいていて黙っているだけかも。日向子のことでナニモ言っていなかったし。
「好きになったら負け」のアレクの言葉通り、日向子は一が好き。この阿呆が日向子に振り向く日は来るのだろうか…。

おや、テレサの様子が…。「本当のこと」で効いちゃっている。これはもしかして、もしかする?

【5話】
伊集院薫ショー、銭湯ありの詰まった回。なんだかんだで暖かい作品なんだよねこれは。薫が単に阿呆じゃないのはなんとなく流れで来るだろうと予測していたけど、思った以上に熱い友情でよかった。
サービスの銭湯シーン、野郎から取り上げるとは、すかすじゃねぇか(苦笑)。そして一はやっぱり阿呆だった。
それにしてもテレサが光良を見るシーン、もう恋心丸出しじゃないか。で、なんかイケメンが登場と。また鍵を握る人物なんだろうな。
それと、研太郎の好きな人って?これまたなんかありそうな予感が。

【6話】
分かりやすい、実に裏切らない話で安心します。{netabare}テレサは次期女王で、シャルルは婚約者。アレクはシャルルが好きで、でもどうすることもできずと。
テレサ、光良ともにかなり意識し始めて、止まりそうもない。雨宿りのシーン、実に良いシーンだ。で、薫はアレクからテレサの事実を知っちゃたんだろうな…。これからこれは鍵を握りそう。{/netabare}
この作品の良いところは表情と視線。これだけでどんな感情を抱いているのかがよく分かります。単純なことなんだけど、余計な演出要らないし、視聴者にどう伝わるのか、実は技術が必要だと思い運ですよね。このあたりが動画工房上手いなと思います。

【7話、8話】
まさかのニャンコビック主役2回目の7話(ただし、この回は心の声なし)。妹の恋心を通じて恋ってなんだろうと考える回でした。山下に好きな人がいるというのは伏線を張っていたので、ここで回収。とても切ない話なんだけど、時折笑いを入れてくるのでこのあたりでうまくバランスを取っていたなと思います。シャルルの本音を聞いて、光良は何を思う?

8話。恋に落ちる瞬間を描いた秀作の回。{netabare}光良を意識していたテレサだけど、星空の下での二人きりの会話でとうとう本気で恋に落ちたテレサ。ここの描写がとてもい良いです。感情移入しやすい。朝日に笑顔のテレサを写した光良、もう意識しているのだけど、彼の恋はどう描いていくんでしょうね。{/netabare}
「あれがベガ、アルタイル、そしてデネブ」…歌いたくなるセリフだ。
それにしても、シャルルがイケメンの完璧な人でかえってすがすがしい。シャルルの恋の行方も気になるところ。意味深なセリフ残して去っていったけど、ラスト近くに再登場でしょうね。

【9話】
テレサが光良を本気で好きになってしまったことで、光良に会うとぎこちない。その態度の怪しいことといったら…。光良のさりげない優しさにさらに「ほ」の字になるテレサ。しかし、その結果、光良は寝込むことに。そしてこの回の最大の見せ場、{netabare}キスをしたのか、寸前で止めたのか。どっちにも取れる見せ方の上手さたるや。視聴者の想像にお任せしますってか。そうですか、そうですか。{/netabare}このシーン、今後の展開でテレサの気持ちがどうなっていたのかを理解するうえで重要なシーンだと思います。好きなのに先がないつらさなのか、気持ちに嘘はつけない切なさなのか。
そうそう、いまさらだけど{netabare}ゴルゴはレインボー将軍の中の人だよね、たぶん。ほんと、いまさらだけど。きっと、最後の最後でおいしいところ、もっていくんだろうな。{/netabare}

【10話、11話】
テレサと光良のデート回の10話、光良の思いが募る11話でした。
{netabare}テレサが覚悟を決めてのデートの誘い。アレクといい、フラグ立ちまくりで、最後は「やっぱり…」と言うしかないのですが、重かった…。最後、光良は何を伝えたかったのだろう。

レイチェルが日本人で、しかも多田じいちゃんと知り合い。3人並んだモノクロ写真、時折写していたのはここへの伏線だったんだな。上手いわ。ラストの大きな鍵になりそうだ。{/netabare}

{netabare}テレサとアレクが去って、気持ちが乗らない光良、写真部のみんな。時は過ぎて冬に。年末の部室掃除でアレクの写真が出てきて、思いがどんどん募っていく光良。そんな時、一が勝手に応募していた光良の写真がコンクールで優秀賞を取った。それは笑顔がまぶしいテレサの写真だった。
じいちゃんの後押しを受け、光良はアレクのところへ旅立つ。

とうとう光良も気持ちに気づいた。恋心って、そのときになってみないと分からないけどね、表現がとても上手いです、この作品。さて、後悔しないために旅立った光良の運命はいかに?{/netabare}

今回から一の中の人が杉田さんに。梅原さんの病気の報が流れたのは5月あたまくらいだったと思う。ということは、けっこうギリギリ進んでいるということなのか?

【12話】
光良がテレサを探しに行って、真実を知った回でした。
切ない…後半はそう言うしかない展開。
{netabare}シャルルに恋しているアレクそれを悟ったテレサ、再会してもそこにいたのは次期女王であるお姫様、すべて決まっていて心を押し殺している姫…。{/netabare}どう結末つけるんでしょうか。大団円という感じにはならないと思うけど、さてさて…。
レイチェルとじっちゃんの関係、本当にオーナーとアルバイトだけの関係だったのでしょうか。3人写っている写真、この物語も知りたいところです。

【13話】
光良とテレサの恋の結末。
薫の友情シーンに熱くなり、告白シーンはきれいでグッときました。
最後の最後までシャルルは聖人。少しは落とすところもあっていいんじゃないかとおもいけど、ここまで聖人だと応援したくなってしまう…。
予想に反しての大団円。そういやこの作品、予想に反することが多かった気がします。ゴルゴは単なるれいんぼー将軍好きの常連だったし、薫が途中でテレサの正体知ることはなかったし…。

【視聴を終えて】
全体的にまとまった良い作品だったのかなと思います。
最近のドラマ、マンガ、アニメの物語は決着をつける、強引でもハッピーエンドが主流に感じます。ひと昔前なら絶対にこの終わり方は描かなかったでしょうね。なんか切なく、でも二人の未来を感じ取ることができるなんていうように。でも、なんだかんだで、最後のシーンは感動しました。

惜しいのは、光良とテレサ以外の物語が中途半端になってしまったこと。一と日向子は結局わけわからないし、薫もアレクをどう思っていたのかも分からずじまい。じっちゃんとレイチェルの関係もご想像に状態だし。主人公以外の登場人物に光を当てちゃうと、その結末まで描いてほしい気もします。

作画は安定感あり、中の人もまずまず。とにかくテレサが可愛かった。宮殿でのドレス姿はオードリーをモチーフにしているのが伝わって、本当にきれいなシーンだったなと思います。

ラブコメ好きな人でも意見が分かれるかも知れませんが、一見の価値はある作品でした。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 46

74.9 7 水瀬いのりアニメランキング7位
徒然チルドレン(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (499)
2312人が棚に入れました
本作は、どこにでもいる様な、ごく普通の高校生たちが、
恋に燃えたり、揺れたり、悩んだり、
笑ったり、泣いたり、傷ついたり、
うまくいったり、いかなかったりしながらも、
かけがえのない青春の日々を過ごしていく様子を描いた、青春群像劇です。
主人公は、登場人物全員。
あなたもきっと、誰かの気持ちに乗っかれるはず。

声優・キャラクター
石川界人、水瀬いのり、前野智昭、小倉唯、小野賢章、佐倉綾音、熊谷健太郎、三宅晴佳、花澤香菜、天崎滉平、戸松遥、浪川大輔
ネタバレ

エロマンガ先生(仮) さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

香取せんぱぁぁぁい!

めちゃくちゃ笑えた。

香取先輩まじ好きだわ。
残像ってなんなん笑
{netabare} ロマンスの神様にいっちょフルボッコかましてきますか {/netabare}とか言われたら惚れるな笑
この人が絡む話はずっと笑いが止まらんかったな。

他のカップリングのキャラもやりとりとか、表情とかも面白可愛くて1話15分で観やすいし、個人的には楽しめた作品。

最後に、漫画も読んでみたけどこっちも四コマで読みやすいです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 15
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

ラブコメバラエティパック

1話
様々なタイプの高校生のカップルがいちゃいちゃするのを立て続けに見せつけられるショートアニメ。それぞれのキャラはリアルドラマ路線ではなくラブコメ漫画的な性格なので、月がきれいのCパートに近い感じかな。
ヤンキー女と生徒会長はエロ漫画みたいな組み合わせだと思った。
見ているうちに壁殴る気力も尽きて「もういいや…お前ら気が済むまでちゅっちゅしてるがいいさ」という気持になりだんだん体から力が抜けていった。
キャラデザが落描きみたいでテキトーな感じだけど、むしろそれがいいのかな。

2話
小倉唯と水瀬いのり投入!
前回出たキャラもいるけど新キャラが多め。
{netabare}古屋のブラコン妹はキャラ濃いなw
天文部のお団子ヘアーの子は先輩と付き合ってるんだろうか?後輩に好かれてしまったようだが。
そして高野さん、いのりんが恋愛に疎いクールキャラを上手く演じてたね。ちょっとチノちゃんっぽかったw{/netabare}

3話
{netabare}今回も新キャラ続々登場。今回は男の方がバカな奴が多かった。
最初のカップルはお笑い系の男の方が鈍感すぎw最後は丸く収まったが。
2つめの先輩後輩は恋愛関係じゃないのか。
3つめのカップルは緑髪の男キモすぎ!なんであんな男を好きになったんや。
最後はいのりちゃんキャラで前回同様勘違い。{/netabare}
しかしアホガールとこれを連続で見るのは疲れる…。

4話
{netabare}このアニメでまさか初めてのセックス(未遂)の話をやるとは…TVアニメでセックス展開と言えばいつも未来日記を思い出すな。
今回は全員おなじみのキャラクターだけどやはりいのりちゃんの高野さんが見ていて一番落ち着くな。{/netabare}
…ところで文春砲を食らった生徒会長(小野賢章)と皆川さん(花澤香菜)がからむシーンは今後あるのだろうか?原作に無いならアニオリで作って欲しいw

5話
{netabare}神田沙希と七瀬薫が女子の新キャラ。天文部は変な三角関係になってるな。部長に彼氏がいることが分かれば終わりって感じ。
剛田と綾香は初々しい感じでぎこちなさがいいね。鼻水w{/netabare}

6話
今回の内容はアホガールよりアホだったようなw
{netabare}生徒会長とあやねるは相変わらずちゅっちゅしまくりやね。
次の漫才コンビはまだキスも出来ないのに。
次のオタク男は男同士の話だけで終わりとは。
最後の「残像だぞ♪」「ナポリタンだから大丈夫」は笑った。{/netabare}

7話
やっと新キャラが出なくなったかw
{netabare}最初のブラコン妹の話は下ネタで来たか。
恋愛マスターの存在感が増している。アドバイス通り本当に抱きしめてしまうのか?
いのりちゃんキャラは最後までかかりそうだね。{/netabare}

8話
だいたいレギュラーのキャラが固まってきた感じだね。天文部あたりはフェードアウトかなw
{netabare}剛田武のカップルは一気にキスまで行った。
それを受けてお笑いカップルが焦り出すが…この二人は互いを知りすぎててやりづらいんだよね。キスしづらい角度は笑ったw最後は鼻にw
生徒会長とヤンキーはおっぱい揉む所が見たかったな。
そして締めはまた恋愛マスター。動きがバトルアニメみたいになってきたw{/netabare}

9話
{netabare}最初の2つはなんだかもどかしいな。スマホカップルは全然関係が進展しない。
小倉唯の子は積極的だな。エッチな子なのかな…とか思ってしまった。
最後の花澤さんの演じ分けは流石に上手かった。{/netabare}

10話
{netabare}剛田は女子にモテモテやな。さすが男らしいイケメン高身長。
パトリシアがメインの話はやらないのだろうか?
千秋が酒飲んでたけど未成年だからボカしてたなw
お笑いコンビに破局の危機?ここまでは順調な話ばっかりだったから新展開。{/netabare}

11話
{netabare}水瀬いのりvs小倉唯。剛田カップルって噂になり過ぎだろwいのりんの子はLOVEしてるのをそろそろ自覚しそう。
お笑いカップルは復縁はまだ無理かな。防水スマホなら湯舟落してもすぐ取り上げれば大丈夫では?
シャー芯の子はここまであまり出てこないよな。
最後のヤンキーあやねるは生徒会長と同じ学費の安い国公立大に行きたいが…原作見るとその後も厳しそうなんだよな。隣の緑髪の子は誰だろう。{/netabare}

12話
{netabare} 最後はいつもの4話でなく2話形式。前半のサッカーはパトリシア大活躍でワロタwパトリシアメイン回やればよかったのに。
後半は海に行く計画の話で、千秋・香奈の仲直りと千鶴・卓郎のカップル成立で終わり。結局は千鶴から告白する形になっちゃって卓郎はなさけねーなー。まぁ最初にバスで告ってはいるけど。{/netabare}

【総評】
複数のカップルの恋愛模様を短い時間に4話ずつ、立て続けに見せるという変わったスタイルの群像劇ショートアニメ。
登場人物が多いが決してそれぞれの描写が薄いということはなく、恋愛のクリティカルな部分だけを切り取っているので、慌ただしさはあるものの濃い内容を楽しめる。忙しい人に最適。
ラブコメの多くのパターンを網羅していて、シリアスもあればギャグもあってバラエティに富んでいる。

飽きっぽい性格の私にはとても合っているアニメで、個人的には前期の「月がきれい」に引けを取らない作品だったと思うが、ただ原作にあるパトリシア・姫宮アリス・本山友道のメイン回が見られなかったのはちょっと残念。
結ばれなかったカップルもいるので二期がやれればいいんだけどね。

作画についてはキャラデザがユリ熊嵐と同じ人だと途中で知ったが、言われてみると確かに目がぱっちりしている感じが似ている。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 19

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

2期希望!!!

高校生カップル達のオムニバス形式のラブコメです。
元々原作ファンだったので楽しみにしていました♪

積極的なカップルだったり、両想いなのに上手くいかなかったりと、初々しさがありちょっと気恥ずかしさが見えるキャラ達がとても懐かしく、心暖まり、壁を殴りたくなる気分になります♪

あぁー学生戻りてぇ(´;ω;`)

「君が好きって言えない君へ」ってサブタイトルがまさにその通りで応援したくなるキャラばかりです。
元が4コマなのでテンポもよくコメディも面白いので気軽に観られます。

私としては古屋ほたるちゃんと皆川さんの絡みが大好きなのでもっと観たかったですね♪
恋愛マスター香取慎一も想像どうりのウザさで最高でしたw

なによりまだ出ていないキャラのストーリーがまだまだあるので是非二期もやって頂きたいですよろしくお願いしますm(_ _)m

茶道部柴崎さん、図書委員東条さんの話とか観たいですね♪
もうホントOVAでいいんで作ってくださいお願いしますm(_ _)m

投稿 : 2020/11/21
♥ : 11

81.5 8 水瀬いのりアニメランキング8位
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(アニメ映画)

2019年6月15日
★★★★★ 4.1 (297)
1742人が棚に入れました
空と海が輝く街“藤沢"に暮らす梓川咲太は高校二年生。先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。

声優・キャラクター
石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、東山奈央、種﨑敦美、内田真礼、久保ユリカ
ネタバレ

ぽ~か~ふぇいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

初日舞台挨拶にも行ってきました

~・~・~・~・~公開記念舞台挨拶に行ってきました~・~・~・~・~

第一希望の上映後舞台挨拶は落ちて
上映前舞台挨拶に行ってきました

上映前ということはつまり
これから見る人に向けたメッセージですから
原則ネタバレ無しということです

本当はネタバレありで面白い裏話をたくさん聞ける
上映後舞台挨拶の方が好きなのですが
まだ観ていない大多数の方にも
ネタバレなしでトークの内容をお伝えできる点は
いいかもしれませんね

原作は現在読んでいる途中で
まだ劇場版相当部分に辿り着いていませんが
映画の内容は原作の6巻と7巻にあたるようです
TVシリーズは
1巻バニーガール先輩
2巻プチデビル後輩
3巻ロジカルウィッチ
4巻シスコンアイドル
5巻おるすばん妹
までを中心に
最終話で6のエピソードを少し添える形で
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
という題名で放送していましたが

今回の劇場版は
6巻ゆめみる少女
7巻ハツコイ少女
の二つを
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
というタイトルでアニメ化しています

1~5巻がそれぞれ
麻衣、朋絵、理央、のどか、かえでの話なので
舞台挨拶に行くまではゆめみる少女という題名から
翔子がメインの話だと思っていました
しかし舞台挨拶でこれから見る人たちに向けて監督から出た言葉は
「TVシリーズはそれぞれの女の子達の話でしたが
劇場版は咲太の話です」
というもの
そして実際翔子が重要な役割を担って入るものの
咲太が自身に起きている思春期症候群を解決するため奔走する話であり
TVシリーズで少しずつ蒔いてきた伏線を
がっつり回収する構成になっています

したがってTV版見てないよ!という方は
これを観る前にTV版を見てくるか
原作小説を5巻まで読む必要があります

逆にTV版を観たのであれば
ぜひ劇場版もセットで見るべきだと思います
TV版とは独立したエピソードというよりは
TV版の完結編とでも言うべき作品なので
(原作はそこで完結せずにそのまま続いていますが)
これを見ることでTV版の評価も変わるんじゃないかと思います

一般公開前ということもあり
内容に関してのより突っ込んだ話は控えることにして
一般公開後に原作読了状態で
再び劇場に足を運ぶ予定なので
そのあとでまたレビューしようと思います

おまけ:舞台挨拶雑感(ネタバレ無し)

{netabare}監督:増井壮一

4日前まで今日が何曜日かもわからないような
忙しい生活を続けていた
ふらふらと入ったコンビニで
ちょうど青ブタコラボをやっていて
コラボ商品をぼんやり眺めながら思ったのは
「へぇ・・・青ブタ映画やるんだなぁ」

あんたがボロボロ二なりながら作ってるやつだよ!

梓川咲太役:石川界人

作品の見どころを聞かれて

「人間の限界を越えようと頑張ったけど
実際には全然できてなかった
あれは山寺宏一さんにしかできないやつだと思う」

簡単に説明するとテンションの違う二人の掛け合いを
一人芝居でこなさなきゃいけないシーンがあるんですね
実際には無理だったということなので
おそらく2度に分けて録ったのだと思います

彼は山ちゃんにしか無理と言っていましたが
君嘘フィナーレにおける朗読劇では花江夏樹が
公生と黒猫の一人芝居を見事に生で演じきっていましたよ?(・x・;

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

水瀬「アフレコがだいたい・・・2月くらいだったと思うんですけど」
瀬戸「あれ?3月じゃなかった」
石川「いや4月だったような気も・・・」
瀬戸「それはないよ!4月じゃ昨日じゃん!」

いや・・・昨日ではないと思うよ?
というかそこはそんなに掘り下げ必要かなw?

牧之原翔子役:水瀬いのり

事前情報の無いサプライズ登壇でした
水瀬「この後でみんながツィッターとかにあげて
私のファンが悔しがるやつですよ(にやにや)」
石川「でも、絶対欠かせない役だし、水瀬さんのイベントスケジュール確認して、サプライズ目当てでここにきてるファンもいるかもしれませんよ?」
水瀬「・・・」
司会「今日水瀬さんが来るのを予想してここに来た人っていますか?」
ぱらぱらと手が上がったのを見て、心の底から嫌そうに
水瀬「怖っ!!」

ファンにそういう態度とってるとまた換金所のババァって言われちゃうよw

思春期症候群の話になって
それぞれどんな思春期を送っていたかという質問になりました

監督:増井壮一

「高校の時は勉強とか全然してなかった
数学の二階建ての公式が覚えられなくて
こんなもの覚えて俺の将来に何の役に立つのか?
と先生に訊いたけど
『とにかく覚えろ!』しか言わないから
それ以来勉強するのをやめた」

まぁ勉強なんかしなくてもほかの手段で食べていけるなら
それはそれでいいと思いますねw

梓川咲太役:石川界人

石川「高校生くらいの頃は・・・周りに誰もいませんでしたね」
司会「それはぼっちというやつでは?」
石川「人の傷をえぐらないでください(悲)」
石川「まぁ・・・人間が嫌いでしたからね・・・」

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

瀬戸「高校に入って知り合いが全然いない環境になったのをきっかけに
いわゆる高校デビューってやつで
クールな一匹狼キャラになろうと思った
そういうのがカッコいいと思ってた
でも入ってすぐにクラスの子に話しかけられて
すぐ仲良くなって部活とかにも入って
全然そういう感じにならなかったw」
石川「( ゚д゚)<・・・」

一匹狼がカッコいいとか言い出した時は
石川君のフォローしてあげるのかな?
とか思ったんですが最終的には
石川君のぼっちぶりが際立つ方向にw

牧之原翔子役:水瀬いのり

水瀬「高校生くらいの頃は
大人のどこがえらいのか?
ちょっと30㎝くらい大きいだけで
なんでそんなに偉そうなのか?
オーデションに行っても
お前ら私を評価するとか何様のつもりだよ!?
って思ってました」
瀬戸「評価してもらうために自分からオーディションにきて
評価されたくないって矛盾してますねw」
水瀬「ほんとその通りですよね
まぁそれでたくさん炎上したりもしました・・・」
瀬戸「自分からほじくり返さないでいいからw」

どうやら炎上の件を多少は気にしている模様w
{/netabare}

~・~・~・~・~公開記念舞台挨拶にも行ってきました~・~・~・~・~

原作をしっかり読んだうえで初日舞台挨拶に行き
その翌日に3回目をあにこれメンバーといってきました

これでもかというくらいぎゅうぎゅうに詰め込んだ作品なので
原作からはいろいろ削られてる部分があったり
地の分の説明が無くなってわかりにくくなっているところがあったり
原作で補完してから見た方がより引き込まれる作品でした

実際初見のときより原作読んでから見た2回目の方が
一人一人の細かい心情まではっきりとわかって倍くらい泣けた
というか上映時間の半分くらい泣いてた気がします(つдT)

おまけ:舞台挨拶雑感(ネタバレ込み)

{netabare}司会(天津向)

どうも!司会のムカイオサムでーす

へー・・・天津の向って下の名前おさむだったんだね
とか思ってたら

梓川咲太役:石川界人

石川「どうも梓川咲太役の向井理です」
向「それさっきダダ滑りだったから!
  傷口に塩塗り込まないで!
  大体やったらバカウケだよって煽ったの君らでしょ!」
石川「いやー・・・面白かったですよね?」

観客に同意を求めるもまばらな拍手

向「義理の拍手すら最低限じゃん!」
瀬戸「そろそろ挨拶してもいいかしら?」
向・石川「…」

初日の映画のヒットの話になって

石川「僕いつもエゴサしてるんですけど・・・」
周りがみんなかわいそうな目で見るのを受けて
石川「エゴサ位したっていいだろぉぉぉ」
周り「・・・」
石川「エゴサして全部のツイート読むようにしてるんですけど
  #青ブタがトレンド入りして
  読んでも読んでも読み切れなくなってる
  嬉しい悲鳴」
水瀬「皆さんこれ終わった後タグ付けてつぶやけば
  もれなく石川さんに読んでもらえますよ!」

たぶん客層的にいのすけに読んでほしいオタクの方が多いと思うんだw

桜島麻衣役:瀬戸麻沙美

「初日舞台挨拶ももう4回目
朝から初日舞台挨拶してきましたが
ようやく初日なんだなぁって実感がわいてきました!」

いやもう夕方だよ!
これ最後の舞台挨拶だよ!
初日の上映終わっちゃうよ!

牧之原翔子役:水瀬いのり

「最初にタイトルを聞いたときに受けたイメージとは全然違ってすごく素敵な話だった
みんなが自分を犠牲にしてでも誰かを救いたいっていう
すごく優しい世界だった」

青ブタは本当にタイトルで損してる作品だと思う・・・

古賀 朋絵役:東山奈央

「キグルミの咲太はどういうつもりで飛び込んだのかすごく気になってます
結果的にはとってもいい結末を迎えたわけだけど
ああいう風になるって事前にはわからなかったわけじゃないですか
私の考えでは咲太はあの時代の咲太を助けて死んで
自分の心臓を翔子ちゃんにあげて
麻衣さん含めた全員を助けるつもりだったんじゃないか?
って思ってます」

なるほど・・・確かにあの結末は結果論で
最悪はねられた方の咲太に収束して
何一つ解決しない可能性もあったわけだなぁ

さすがインテリ声優目の付け所が違う!

双葉理央役:種﨑敦美

(見どころを聞かれて)
「全部が見どころ
見どころが思いつかないんじゃなくて
見どころしかないんです
私もう3回見てるんですけど
見るたびにどんどん序盤の何でもないようなシーンが好きになっていって
後半のいろんなシーンも含めて
全部が見どころだと思ってます」
・・・というようなことを
たどたどしく断片的に
あの独特の話し方でしゃべっていました
しかしそれだけ引っ張っても最後には
「踏切で最後に理央が小声で感情を吐き出すところ」
と無理やり見どころを吐かされていましたw{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 27
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

藤沢バタフライ・エフェクト

6月に本作を劇場鑑賞した帰り路……。

俺は長い間、自己責任論に蝕まれ、
自分がどうにか助かればそれで良いと言う人生を歩んで来たけれど、
このままじゃお前、いくらなんでも、もうダメだろう……。
との強烈な観念に襲われました。

寄付や募金なんて学校や職場の同調圧力に屈した時以外、
ほとんどろくに手を差し伸べてこなかった男が、
この映画をキッカケに俄に毎回少額ながらネットで寄付とかやり出している……。


本作の評価は?と聞かれれば、
劇場鑑賞後の時点だと、TVアニメ版からの流れを汲んだ良くできた続編映画。
原作未読組の私にとっては想定以上に内容の濃い展開が詰め込まれて、
一回観ただけだと、ちょっと理解が追い付かない&忙しいかも?……位の感想。

劇場鑑賞後の自分の心に起こった現象と作品との因果関係解明などの難題を前に、
長らく書きあぐねていた本作のレビューを年内投稿するため、
寒気強まる季節の威も借りて、先日、レンタル配信で再鑑賞しました。

二回目観て、限られた尺内に、複数の"思春期症候群”が絡まる複雑なシナリオを、
破綻なく成立させつつ、しっかりとキャラ総出演&見せ場あり。
相変わらず毒キツめの"青春ブタ野郎”ギャグ?(笑)も散りばめられた。

私の作品理解度も上昇し、素晴らしい続編映画に格上げされたものの、
やっぱり、TVアニメ版振り返りもOP主題歌も一切ないまま濃厚な本編に突入して行く、
事前予習必須のご新規さんお断り映画なんだよな……。
今年は単体の良作アニメ映画も豊富にある中で、
他の方に広く薦められるか?と言う観点からは優先順位は高くはならないよな……。
との感想は変わらず……。


けれど、私の人生に影響を与えた作品と言う意味では、
本作は今年ぶっちぎりのNo.1でした。

ほんの小さな心境の変化が世界に奇跡を起こすと信じることができた。
私の人生が切り替わるタイミングとかち合ったこと等を考慮しても、
本作のシナリオには、完成度に裏打ちされたパワーがあったのだと思います。


本シリーズの正ヒロイン・麻衣先輩は
TVアニメ版でもサブヒロイン回を経る度に"正妻力”が増していった印象ですが、
本劇場版のそれは極め付けと言って良いと思います。

レビュータイトルは2004年アメリカ映画『バタフライ・エフェクト』より。
「ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスで竜巻が起こる」
小さな差異が大きな変化をもたらすカオス理論「バタフライ効果」をシナリオに取り込んだ、
野心的なSFスリラー映画。

私は主人公&ヒロインらのピンチを『バタフライ・エフェクト』の鑑賞記憶とも重ね合わせて、
ドキドキしながら本作を観ていましたが、
それだけに咲太&麻衣先輩の決断の凄まじさが倍増した感じ。


『バタフライ・エフェクト』では最後……(※重大なネタバレ)
{netabare} 主人公青年はヒロインと幸せになろうと過去をいじると、誰かが不幸になると悟る。
だからヒロインと親密になる過去をなかったことにして、皆を守る決断をする。
そして過去を改変する手段を処分し、ヒロインとは赤の他人として生きていく……。
と言う、運命を変えるリスクの重たさを思い知らされる、
かなり哀しい"ハッピーエンド”でした。{/netabare}


対して本作では最後……(※重大なネタバレ)
{netabare} 咲太は、翔子ちゃんの過去の心境を変えることで、
中学時代の咲太と翔子さんが出会わない未来を選択する。
これは『青ブタ』がここまで紡いできた物語を、
丸ごとリセットしてやり直すことを意味する。

決断前の未来も、咲太と麻衣先輩が二人でいられる割とマシな未来であったはずですが、
これを捨てて改変すれば、咲太と麻衣先輩が全く出会わない未来すらあり得る。
しかも、過去を変えた記憶は手段も含めてせいぜい夢で残り香として見る程度。
気に入らない未来だったからって、やり直しはまず出来ない。

それでも彼らは再び出会い、世界を善意で満たして、
正真正銘のハッピーエンドを掴み取ってみせました。

運命を変えると言う大きなリスクを取ってでも
咲太との未来を信じて決断した麻衣先輩マジ半端ないです。{/netabare}


麻衣先輩どんだけ咲太との運命の赤い糸に自信持ってるんですか!?
今後、"青春ブタ野郎”の眼前にどんな美少女が現れても
麻衣先輩にはまるで勝てる気がしませんw


6月の鑑賞時、夏を前に12月のシナリオなんて季節的にチョット……(苦笑)
と思ったのも事実w
けれどBD/DVD発売&配信レンタル等が始まったこの冬ならば、
おうちで聖夜のムード取り込みも含めて、季節の効果も見込めるはず。

私にとっては2010年代でも指折りの年末クリスマス映画としても、
心に残る作品になりそうです♪

投稿 : 2020/11/21
♥ : 38

E=mc² さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

「ありがとう」 「頑張ったね」 「大好き」 を大切にして生きていく

期待しかない!!

めちゃくちゃ楽しみにしてた作品、やっと見ることができました。
真っ先に出てきた言葉は「原作読んでてよかった…」
尺とストーリー上仕方ないのかもしれないが、ざっと小説2巻分を1時間半に収めているので兎にも角にも時系列を追うのが大変すぎる。
その中でも上手くまとめられてはいたと思うが、鑑賞前でも後でも良いので原作を読むことを強くお勧めします。
後作画が放送時に比べてちょっとお粗末な感じで、若干声優さんが声を忘れてる?(今までとは空気が違うので仕方がない?)といった感じです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 9

66.1 9 水瀬いのりアニメランキング9位
CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (423)
2282人が棚に入れました
2015年、渋谷。

6年前に起きた大災害、渋谷地震から復興された街に新設された私立高校『碧朋学園』に通う青年宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレーションの狂気の再来』と称される連続殺人事件を追っていた。

情報強者を自称する拓留は持ち前の好奇心と行動力、そして周囲の手助けや偶然もあり、とうとう事件の第一発見者となる事が叶う。

真相の究明をする事で自身の有能さを知らしめる事ができると考えた拓留は、義理の姉を自称する来栖乃々の制止も聞かず、幼なじみの尾上世莉架や親友の伊藤真二と共に動く事となる。

やがてそれは、渋谷に生きる全ての人々を巻き込む狂気となって拓留に襲い掛かり、拓留もまた、自身の過去と向き合う事となって行く。

声優・キャラクター
松岡禎丞、上坂すみれ、ブリドカットセーラ恵美、三森すずこ、水瀬いのり、仲谷明香、真田アサミ、藤原祐規、阿部敦、原由実、菊池こころ、くじら、志村知幸、加藤将之
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

これの原作持ち上げてる人は他作品知らなすぎ。

原作ゲーム未プレイかつ前作カオスヘッド未視聴だけど原作がとても評価が高いので見てみた。
初回は0話と1話の一時間スペシャル。
0話は前作カオスヘッドの話の一部らしい。グロい猟奇事件ばかり見せられてわけわからんが、6年前にこのような事件があったというのを見せるためだけの物なんだろうか。
1話の本編については、{netabare} 主人公がメガネでヘタレなのがちょっとおもしろかった。ヒロインより先に気絶ってw
みもりん声のツインテの子はおっさんとラブホに何度も行ってたって、それはそういうことなんだろうか…。{/netabare}

内容はサイコホラー物って感じで、かなりグロいシーンが多く{netabare}(手を食うシーンをニヤ動のコメントで隠すって斬新やな){/netabare}「セブン」「羊たちの沈黙」が好きな人は合いそう?

2話
あんま話が進まないなーと思ってたら{netabare}最後乃々が襲われて終わったけど。あれで死んでたら凄いが。乃々はサブヒロインみたいだからそういうこともありうるか?でも世莉架はメインヒロインにしては地味だよな。{/netabare}
OPの曲はいとうかなこの中でもかなり好きな方だな。

3話
またグロい事件が起きたが…面白くなるまで時間かかるのかなあ。
今のところオカルティック・ナインに比べると色々と見劣りする。これじゃ切られるだろう。
白衣の人が演技が棒読みだけどなんでだろう。中の人はローゼンのジュンやデートアライブの狂三やってるベテラン声優なんだが。←原作の声の種田梨沙に似せようとした結果らしい。

4話
いつ面白くなるんだよこれ。話の展開も強引だし…{netabare}いきなりうきを拉致るとか意味不明。演じてるいのりちゃんも呆れてるできっと。{/netabare}

5話
{netabare}見所はおもらしシーンだけ。よくある異能力バトルをやたら大げさに扱ってるし、良い所が何もない。
ディラックの海とかまたエヴァですか?
集団共通認識の具現化とかSerial experiments lainからやりなおせや。{/netabare}
こんなの見るよりシャーロット見直すほうがまだマシってくらい。

6話
{netabare}今回の内容はうきが成長しないことと炎使いが幼馴染らしいのと第五の事件を阻止した(追記:してない)ことくらい?あとみもりんの子が透明な武器持ってる。{/netabare}

7話
{netabare}死んだのは妹の結衣か。バラバラにして箱に入れるとか別にどうとも思わない。
みんな南沢泉理に操られてました、で終わりだとほんとしょうもないな。
せいぜい、実は拓留が全部操っているってオチだろうけど。{/netabare}
原作ファンによると、ここからようやく面白くなるそうなのだが…。

8話
{netabare}来栖乃々が南沢泉理だったというのは意味あるのかな。
犯人は伊藤が会った二人組?6話で合宿所にいなかった誰かが犯人?うきとか?
拓留も赤い涙を流してたから拓留が操ってるというオチはなくなったのか?{/netabare}
確かに少し面白くなってきたが、予想を超える衝撃のENDになるのかどうか?

9話
結局は、{netabare}世莉架が拓留の具現化したイマジナリーフレンドで、拓留が光を見てギガロマニアックスになった時にネガティブな願いを持っていたから殺人を遂行しているってだけか。
世莉架についての伏線が全然無いのが不満。最初から見直せば見つかるかもしれんがこんなクソアニメ見直したくない。{/netabare}←ネタバレ注意!!
その程度のオチかよ…。あとやっぱカオスヘッドを先に見た方がいいんじゃないのかと思った。見ないけど。

10話
{netabare}黒幕の正体全然意外性ないなあ。目的が発生した能力者たちが邪魔だったからとかテキトーやな。
でも真の黒幕はうきちゃんってオチじゃないの?あそこで一人でいたのは明らかに怪しいし。
ゲロをはっきり描いているのはビビったw食後にはキツいw{/netabare}

11話
{netabare}おっさんの目的は「面白いから」とかいうマッドサイエンティスト的な適当なやつだし…{/netabare}これで次で終わり?オワタ

12話
あーはいはい、{netabare}世莉架の目的は拓留にやりたいことを与えることだった、だから拓留やおっさんや自分に茶番を演じさせたと。よくあるメタフィクション落ちですよ。{/netabare}こんなの持ち上げるのは恥ずかしいぞ。

【総評】
他作品に触れてない人がこのタイプの作品に初めて触れると、過剰に持ち上げてしまうのはわからないでもない。でもこういう{netabare}実は茶番だった!というオチのメタフィクション{/netabare}作品ってのは昔からあって、私の初めては{netabare}ゲーム「龍騎兵団ダンザルブ」{/netabare}だった。有名なのは{netabare}「魔界塔士Sa・Ga」{/netabare}だよね。
アニメで言えば{netabare}「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」やメタフィクションの旗手・下倉バイオが絶賛した「プリンセスチュチュ」{/netabare}が草分けだろう。最近では{netabare}「BLOOD-C」{/netabare}とかあるし。それと{netabare}殺人事件を起こして解決して活躍したいと思ってセカイ系能力で実現するという筋書はハルヒの孤島症候群{/netabare}に似ている。
とにかくこれの原作を過剰に持ち上げるのは、恥ずかしいことだよw

そういうのは置いといて、一アニメとしての評価は、8話から少し面白くなるもののわざわざ見る価値はない。グロ目当てで見るにしても全編にわたってグロいわけでもない。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 24
ネタバレ

rFXEy91979 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

西條拓巳に憧れた宮代拓留の皮肉な末路

第0話「CHAOS;HEAD」
{netabare} 主人公・西條拓巳がコンテナで寝泊まりする訳。”ニュージェネ”の名前の由来、そしてあの石田彰氏があっさり退場しちゃってるワケ(いやこれは重要じゃないかな)。外部から得る情報がちょっとザックリ過ぎるかな(初見の時は新参者に優しくないダイジェストだなって)
でも6話までしっかり見ると、0話で抱いたモヤモヤが大分ハッキリしてくるので、『~CHILD』の”カエル(人形?)”も含めてこの0話は侮れないです。渋谷を覆いつくほどの謎の広大な閃光から主人公や『~CHILD』の主役・宮代拓留はどう影響されたのか?とても行く末が気になります。
ところで0話は『~HEAD』内の何話に該当するパート? {/netabare}

第1話「情報強者は事件を追う」
{netabare}ラブホで男がロープに巻かれて絞殺された後の鮮血。あそこの音響・血飛沫がさっそくエグさ全開でした。Aパート終了直後の血が滴り落ちる音も余計にスプラッター度合いを加速させてました(よくこれでモザイクだとか画像修正、避けれたなあ)。
8話までクリアすると見えてくる伏線ありで、”カエル”であったり”乃々”であったり、見えぬものが見えました。やはり渋谷の8年前のあの閃光と関係あり?あとメガネで胸が大きい香月華の活躍は如何に! {/netabare}

第2話「事件が彼らを嘯く」
{netabare}Aパート終了間際の墓前の”誰か(アングルから見て南沢泉理ですね)”に呟く乃々。拓巳のセリフ(”最高の結果になれば、先手を打って犯人の目星は付く。最悪でも無駄骨だったで終わる”)等々既に伏線だったんだね。「AH東京総合病院」も登場して、振り返るとここからがスタートラインだったんだね(乃々が刺される最終カットも、アニメ本番の合図みたいで)。
でも乃々はカメラのこと、どこで知ったのかな?それにカメラ回収もちょっと手が早すぎるし、よくよく見ると終盤のシーン、いくらか謎で染まっていたな。{/netabare}

第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」
{netabare} 能力者が主犯なのはここで大分ハッキリしたけど、力士シール嘔吐による窒息死は「物質転移」?でも現状そんな能力持ってる奴って居ないはず(7話までの流れを見て)。今のところ「思考誘導」が絶対的にクロだけど、この事件もその能力で発生させたケースの一つ?楽屋から登壇までさほど時間はないはずなのに、力士シールを身体が膨張するほど飲める猶予があるかな…。まだ謎の渦中だから解決までは時間があるし、モヤモヤは最終回で晴れることを祈るのみか。
しかし拓巳ら新聞部が『名探偵コナン』のまるでコナン扱いなとこは吹いたし、題名も内容の的を射てたね。悪くない。 {/netabare}

第4話「お話の裏側が妄想を始める」
{netabare}ここでも伊藤は運ナシかよw逃げるために解剖室へ隠れる羽目になった上、中は既に先客が眠っていたオマケつき(笑)案外乃々と伊藤ってこのアニメの災難役だな。
脳への人体実験に性格診断テスト(「ロールシャッハテスト」)を駆使。ロボトミー手術といい、脳は研究に役立つのかな?「ディソード」「ギガロマニアクス」のキーワードが登場して、「AH東京総合病院」が実験のための隠蔽場所と、かなり設定の掘り下げを一気に仕掛けてきたね。
悪くないけど他のアニメもやっぱり見ておくべきだったかな?{/netabare}

第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」
{netabare}妄想が現実を侵食、パイロキネシスを操る女…能力者モノ要素が今回一気に増加し出したね。有村の「ディソード」は防衛反応で発現ぽいが、拓巳のディソードは彼の能力「妄想の現実化」の影響から?ここは謎が晴れるどころか、余計に増しただけだから、モヤモヤする人いるかもね。それどころかうきも能力持ちだけど詳細は謎。病院の地下にうずくまってる背中がとにかく不穏だった。味方なのか敵なのか、あまりに不審が多すぎる。
ここはまあ溜め回かな?{/netabare}

第6話「侵した過去に間に合うために」
{netabare}また”カエル”の1カット、パイロキネシスの妄想トリガー、妄想以後の眼からの出血。大分カードは出揃ったな。ここで乃々が南沢泉理の容疑を否認する行動、ニュージェネの再来を無傷で死なずに生き残った事実。これね初見の時とにかく不穏で不安でしょうがなかった。そしたら次の7話でねえ、あんな事になるんだからさ……だからこの手の死体の山が積まれる話の死者ゼロは相変わらず信用におけないんだよ。困ったものですw
さて8話まで見終えたあとだと、南沢泉理と思われた子や、何気ないメニュー手渡し……これらが今回の妄想への伏線と思っていいでしょうね。{/netabare}

第7話
{netabare}アニメ見て目が潤んだの、いつ以来だったかな…実は事前に7話のネタバレ、画像付きで知っちゃったんで、もはやゴアに走ったような気がして、見るの迷いました(そしたら録画ミスったんで、嬉しいやらそうでないやら)。
今やっとネットフリックスで7話を無事観れましたが、これホントに辛いけど、演者の方々巧すぎですね。まず伊藤役・藤原さんは思考誘導下の伊藤と自我が戻りかけた伊藤、それに両方がごっちゃになって混乱する伊藤の声をよく表現できたものだと、今書きながら驚いてます(改めて声優という役者の凄さを実感しました)。これ相当伊藤の心に寄り添って洞察しなきゃまずできないはずですよ。事前にネタバレ情報が頭の中にあったおかげか、問題の残虐描写にショックは大分薄れましたが、ゆえか今回二人の芝居に終始圧倒されてました。
もう一人は乃々役のブリドカットセーラ恵美(本名だったとは)。この人のお芝居見たのは『ハルチカ』が初めてでしたが(『RDG』も出てましたけど、ほとんどアニメ覚えてなくて)、あの時は快活な天然百合持ちっ子でしたね(あくまでこっちの命名です)。でも今回は家庭的な、まあ堅物女の子で、でも本質は心の優しい作品の良心みたいな子です。これまで誰かに刺されたり、拓巳に”家族じゃない”と言われたり、ちょっと不憫なことばかりが先行しているだけでしたが、今回初めてブリドカットさんの芝居の力を実感しました。特に”箱詰め(そのままの意味です)”された結衣を抱きかかえて泣き叫ぶ声、もうね見てるこっちまで辛くなってしまいました。あそこで自我が崩壊せず、真犯人に問い詰めるのが、なお余計に起きた悲劇を一層引き立ててましたし…。
作画もキャラに寄り添いながら、残虐場面をゆるくさせず、より切実に最悪な事態を僕らに突き付けてました(日中で見た方がダメージ少しは減りますよ)。
ようやく見れて感じたのは、ビビらずちゃんと録画すれば良かったという後悔と、夜見ないで正解だったと思える安堵感でした。取り敢えずこれから見る人、心の準備をしといてください。レビュー。ここまで長くなるとは…。
追記:ところで題名がなかったのは、何故なんだ?{/netabare}

第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」
{netabare}拓巳の知っていた来栖乃々=南沢泉理だという事実と、親友の為にギリギリまで助けようと動いた伊藤。それぞれの仲間たちが決意のもとに動くところは感動とはいかなくても、胸が熱くなりました。
遂に”カエル”の謎を明かして、犯人は二人いることが判明。その内の一人ですが、どう考えても”あの子”としか思えない最後でした。これね、夜に本編見るとやっぱり怖くなりますね。寝る前とかには絶対になるべく見たくないですね(苦笑){/netabare}

第9話「錯綜する思惑の行き着くところ」
{netabare}西條拓巳に憧れて、西條拓巳と同じシチュに。でも拓留は『CHAOS;HEAD』の「将軍」でしたの種明かし回(拓巳のポジは世莉架だった)。
ほとんど室内劇なうえ、アクションはキャラの会話だけ。なのに目が離せない展開が待ってました。別に斬新で驚きの展開というわけでないけど、ジワジワっと受け入れさせる話の流れは見易かったです。”イマジナリーフレンド”がいつどこで誕生したか。渋谷地震と白い光、ギガロマニアクスとの関連。発生因子の”頭痛”直後に起きた動き、その他諸々。ここで大分伏線を一気に吐いてきましたけど、かなり知的好奇心を擽るワードがいっぱいでした。
面白いけどどう終わるか、今はそこが気になってきました。{/netabare}

第10話「迫りくる過去の記憶」
{netabare}拓留の孤独が世莉架を生んで、ニュージェネの再来を生んだ。これで6か8割ぐらい全容開示されたかな?溜め回だし動きは微少、でも悪くはなかったかな。尚更ここまで駆け足すぎた流れが悔やまれるところだけど。
佐久間恒の異常性や拓留の親がネグレクト。もっともそれを異常だとは向こうは思ってないんだろうね(殺人鬼なり人間ってのは自分を正しいと思い込むしね)。現に親は拓留の抵抗、訳が分からず顔だったし、あとは佐久間恒の反応がどうなるかに注目かな?
”統合失調症”にしても、”エピソード記憶のすり替え”にしても、脳はホントに研究者にはうってつけなんだろうな…。ただそれが世莉架のようなグレーゾーンな時ならまだしも(良くはないけど、マシって意味で)、佐久間のように輩の場合はさすがに勘弁してほしいな。もう唯一マトモな大人って神成刑事と百瀬さんだけ?{/netabare}

第11話「彼の戦い」
{netabare}やっと拓留が主人公ぽい活躍見せると思いきや、ラストでKOされるとは、残念ですけど仕方ないか(あそこでクリアは早すぎるしね)。でも彼が仲間にどれだけ支えられて、大事にしてるか。幸せだった回想シーンの効果もあって伝わりました(痛いほど)。
まあ佐久間恒に関する感想は”はしゃいでますね”。やってることの異常性は今更語る必要ないけど、あそこまで活き活きしていると、演者は子安にオファーが良い気が(子安がやるとすべてネタキャラ一択で終わりますし)。
いよいよ次で最終回。今回作画が危なげだったし、締めはしっかりお願いしますよ!{/netabare}

第12話「彼女の思惑」
{netabare}落とし前をつける道を選んだ拓留にグッと来ました。妄想が具現化して、願いを歪に叶えてしまう。中々苦いし救われたのか救われなかったのか曖昧で、でもその曖昧さが何ともいえぬ余韻ですね。
まあ1クール圧縮は無茶と無理がありすぎたので、残念ながら『ロボティクス・ノーツ』以下と言わざるを得ないです(あれはちゃんと決着付けたし、好きな場面も沢山でした)。
にしても次エピソードは劇場公開作品とは。それ果たして利点あるの?と最後に言っておきたいかな。
まあ酷評するほどではない作品でしたけど、過去シリーズを凌駕したとは絶対言えない出来でした。ゲームの『らぶchu☆chu!!』ってこれの続きで合ってるかな(多少気にはやっぱりなるので)?{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 3
ネタバレ

てけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

桃太郎のストーリーを140文字以内で述べよ

原作プレイ済み。

推理モノと妄想・超現実をかけ合わせた作品。
ショッキング・グロシーンが多いので、苦手な方は注意です。

CHAOS;HEAD(カオヘ、https://www.anikore.jp/anime/1267/)の続編にあたります。
続編と言っても、本編内で重要事項の解説があります。
カオヘは未視聴で問題なし。


問題なのはストーリーの密度の高さです。
シュタインズゲートの1.5倍という文量に対し、発表された話数は12話+α。
原作プレイヤーからは「尺が足りないだろう」と言われていました。


結果、尺が足りませんでした。

内容はほとんど原作通りであり、悪改変もありません。
しかし、尺が足りなすぎて、視聴者が単なる傍観者でしかなくなっています。

* 主人公の心理がわからない
* 日常がカットされているので、キャラに愛着がわかない
* 情報量が多く、眺めているだけでは置いていかれる
* 伏線設置が一瞬過ぎて記憶に残らない
* 演出が短いので感傷に浸れない

原作では、日常が壊れていく感じとか、疑心暗鬼になっていく感覚などの心理的効果が大きいです。
売りのひとつであるアフターエピソードも6月ですし、TV放送ではありません。
この時点で魅力は激減。


ただ、制作スタッフは頑張っていると思うんですよ。
限られたリソースを工夫して、ドラマチックに見せようとしているのが伝わってきます。
声優も美術も音楽も悪くないです。

正直言うとね、12話で泣きました。
気持ちを知っているし、気持ちがこもっているから。

でも、流し見してきた一見さんは12話でポカーンの可能性があります。


時間が足りないとどうなるか、名作「桃太郎」を例に出してみましょう。
Twitterの制限文字数で収めます。


「桃から生まれた桃太郎は犬、猿、雉を連れて鬼を倒し、財宝を持ち帰りました。」

ただの強盗殺人です。


「昔々の話。
桃から生まれた桃太郎は、鬼退治に向かうことにしました。
途中で犬、猿、雉をお供にし、鬼ヶ島へ到着しました。
鬼を退治した桃太郎は、財宝を手にしました。」

賞金稼ぎの桃。
こまけぇこたぁいいんだよ!!


「昔々、おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。
桃を割ると中から元気な赤ちゃんが生まれ、桃太郎と名付けられました。
成長した桃太郎は、きびだんごを手に、犬と猿と雉をお供にし、鬼ヶ島を目指しました。
鬼を退治した桃太郎は、金銀財宝を手に無事に家に帰りました。」

これで140文字です。


いやー、ストーリーを曲げず、なるべく多く語るのは難しいですね。
でも、肉付けは全然足りない。おじいさんいないし。。。


「情弱と情強の差」というのがストーリーに関わってくる本作。
骨組みは一緒でも、情報量によって大きく印象が変わる、というのをアニメ自ら実演してくれていますね。


原作を知っている人にとっては、「キャラが動いてる!」という感動はあります。
実際楽しめました。

知らない人にとっては、
「ショッキングだけど、結局なんだったの?」とか、
「なんとか理解したけど、気持ちがわからん」とか、
「何この{netabare}茶番{/netabare}」という感想が出そう。


販促としてはきつそうですし、ネタバレダイジェストをしている本作は、原作の驚きを低減させます。
ちょっと厳しい立ち位置にいるかもしれません。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 52

71.7 10 水瀬いのりアニメランキング10位
えんどろ~!(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (271)
1106人が棚に入れました
人々とモンスターが共存して暮らす剣と魔法の大陸「ナラル島」。そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者――それからも、様々な時代で何度も何度も魔王は蘇り、同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。物静かなヲタク魔法使いの、メイ。勇者パーティーを目指す4人の、いつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる~いファンタジーライフがはじまります。

声優・キャラクター
赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李、水瀬いのり、麻倉もも、久野美咲
ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

観終わった

2話までの感想{netabare}
うおっ、前期“リリースザスパイス”をやった直後でこれって、なもりどうした?借金でも抱えた?
別にファンでもアンチでもないけど、こうも仕事立て続けだと心配しちゃいます、大きなお世話ですねハイ。

内容はこれ…「ドラクエ4コマ」じゃ~ん!
今更?って気もするけど今まで無かった方のがおかしかった?
ソレっぽいのはかつても有ったけど、ここまでソレってのは珍しいんじゃない?
未来を知ったデスピサロがシンシア殺さずに山奥の村で先生始めましたって感じか。
タイトルもドラクエのカジノで御馴染みハイエンドローとエンドロールのダブルミーイングじゃないかな。
2話では更に世界観の説明がされて、魔王誕生して勇者が倒すのは伝統文化のようになってる世界だそうな。
パジャマパーティでの「こんな魔王四天王はイヤだ」の内容聞きたかったなぁ、ってよりも実際の魔王に四天王居ないじゃないかw{/netabare}

3話感想{netabare}
まずは前回の感想が言葉足らずだったので補足から。
どこまで正確かは知らないけど、あくまで個人的な解釈ではこの世界(島)は『「魔王が現れて勇者が倒す※」が何度も繰り返され、人間の間ではそれはもはや伝統行事と化してる』。
これってゆるい作風を作りあげる上でよく考えられた設定だなぁ、と感心してまして。
ここでいう伝統行事ってのは…えっと、神事というかお祭りというか、「魔王対勇者」は神に奉げる舞台みたいなもので、筋書き(※のこと)はもう出来上がってて覆ることはない、とその世界の人間の間では信じられてる。
あとはもう舞台で踊る巫女さんがどれだけ上手く舞えるかだけが重要ポイントになってて、冒険者学校はその練習の場って扱いなんかなー?と思うと世界観への違和感がスっと抜ける。
緊張感が無いのもさもありなん、文字通りお祭り気分なんだろうなぁと許せてしまう。
この作品を楽しむために無理やりこねくり出した解釈ではなく直感でそう思っちゃいまして…なので全くの見当違いかも知れないけどね。

ただこの解釈はあくまで「どうせ魔王が現れても最後は勇者が退治してくれるし」っていう人間側の思想で、「最後は負けるのが決まってる」魔王側としてはたまったもんではない。
ってことで魔王側の抵抗・悪あがきっぷりが見所なのかなー?と思ってたら、2話最後でサクっと諦める描写が。
まぁどうせ1話完結モノで次回には再び勇者潰しを企み出すんだろう、と予想してたら…3話魔王出番ナシ!
くっそw引っ張りおるww
ってかマジ?1話完結じゃなくて続きモノになるのか?

あと見てて「あー、あのネタ欲しいなぁ」と感じたのがドラクエネタに倣うなら精霊ルビスやマスタードラゴン、いわゆる勇者を勇者と認定する存在(作中ではまだ自称勇者に過ぎないよね?)。
OPに姫様と思しきキャラが出てるので、そんな神的存在じゃなくて姫様がその役を担うのかな?と、ふと公式覗いてみたら(この段階で初めて公式見た)「ローナ姫」って名前で爆笑。
あっぶねえ!ギリギリ攻めてないか?
(一応書くとドラクエ1の姫様の名前がローラ姫)
それ言ったら3話の塔の最上階にはリーザス像があるんじゃないかとスゲーヒヤヒヤしたんだけどさ。
スポンサーがスクエニだったらこんなヒヤっとしないんだけど、セガだぞこれ?
…。
だったらアルゴル星系(ファンタシースターの1~4)パロやってもいいんやで?と一瞬思ったが、PSOのアニメは全然見てないことに気付いて自戒。
って、あれ?定期的に魔王が復活するって…あいや、マオは前任の記憶引き継いでる訳でもなさそうだしダークファルスがモデルではなかろう。
まさかね、ハハハ。{/netabare}

4話感想{netabare}
うわああ、共同発明ってかタンノくん出たあああ!!
更に邪神が…マインドフレイア?
だからさ、これスクエニじゃなくてセガだからな?
どんだけ攻めるんだw
スイカ型モンスターはマンカバー(PS2)っぽかった、最近のゲームでもっと似てるのは居るのかも知れないけど。

とりあえず、魔王以外にもヤバい存在が居たことにちょっと驚き。
外にも同格の魔物が居たりする?…最後魔王と勇者で共闘することになったりして。
他の方の感想(予想)で、最後魔王が勇者のためにワザと負ける展開かも?みたいなことを書かれてて、それやられたら泣くかも知れんって思ってたので、他の可能性が見えてきて(外れるだろうけど)ちょっと安心。{/netabare}

最終回まで見ての感想{netabare}
“魔方陣グルグル”的なドラクエパロディ作品…いわゆるドラクエ4コマみたいな内容で楽しめた。
なによりこれにスクエニは関わってなくて、スポンサーがセガやホビジャパなのがツボw
↑で書いた様に、この世界では「勇者vs魔王」は伝統行事みたいなものになってて住民はそこまで危機感を抱いてないって解釈(合ってるかどうかは不明だけどね)は個人的にかなり強い説得力を受けた。
ゆるい世界を形成する上でしっかりとした設定を考えてあるのは大したものかと。

個人的に驚いたのは後半、このゆるい感じがダラダラずっと続くって〆方をするのだろう、と思ったらしっかりと物語を〆て来たこと。
但し〆方としてはどうなんだろう…メイドゴーレムが一気に全貌を語りだし、チビがデウスエクスマキナの如くまるっと解決というのは急ぎ足に感じた。
ってかチビってマスタードラゴンやーーーん!
ドラクエの4~6のどれか知らないとマスドラオチだと気付かずに唐突に感じるかも。
こんな急展開で〆るのならダラダラしたのをずっと続けた方が良かったのかも?
いやどうなんだろう、自分にはちょっと判断つけられないな。
いっそのこと年老いたローナが「…という話だったのさ」と孫に本を読み聞かせてエンドだったら大爆笑だったんだけど…一般的にはマズいか。
あ、それとメイゴは頭にキノコを生やしてたら完璧だった。{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 20
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

ユーリア・シャルデットは勇者である

視聴前
RPG風ファンタジー世界で4人の女の子が冒険する話。公式サイトのコミカライズは2話まで読んだ。
この手の作品はダンまちみたいに主人公が男のハーレム物であることが多いが、みんな女の子なので斬新だと称しているらしい。

…が、同じコンセプトの作品は既にある。
「ビキニ・ウォリアーズ」がRPG世界+女の子だけパーティで、全く同じ。
どんな作品を作っても過去の何かとカブるのだから、公式は安易に「ありそでなかった」などと言ってはならない。

あとまだアニメ化してないがなろうラノベ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」も女の子だけのパーティで、アニメ化予定の「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」も女キャラがメインの話。男主人公ハーレムばかりなので女ばかりにしてみようと考えるのは皆同じということだろう。

肝心の面白いかどうかは、コミカライズを読む限りはダメだと思う。RELEASE THE SPYCEに次いでハズレならばなもり先生も気の毒。
ただこの作品のキャラデザはリリスパと違ってなもり先生の絵をちゃんと再現してないが、リリスパみたいに忠実にするとゆるゆりにしか見えなくなるからむしろ良いのかも。

1話
{netabare}出だしの魔王戦~エンドロールはあおしまたかしらしいwこれってあおしまさん初のオリジナルか?
じじい先生が幼女先生に変わるのってぱにぽにだっしゅ!パロだよね。見ておいてよかったw
なんか「結城友奈は勇者である」っぽく感じるけどStudio五組だからそうなるか。最後にロリ魔王先生と血みどろの対決をする鬱展開は…ないだろうな。{/netabare}

コミカライズ通りだとつまらないと思ったけど、{netabare}魔王戦からのタイムリープ要素を入れて{/netabare}面白くしたのはさすがのあおしま大先生。コミカライズもそういう設定だけど伏せているのかもしれないが。{netabare}勇者が生まれる前に潰すってドラクエ6か7と同じような話だけどオマージュってことで。{/netabare}
作画はPVはしょぼかったけど実際見たらかなり力を入れているように見える。ゆゆゆよりも良いのでは…。
声優的にはTrySailで雨宮天だけ出てないのが気になる。水瀬いのりは水色髪キャラを演じる決まりでもあるのだろうか。

2話
{netabare}設定でも書かれてるけどファイが常識人ポジションなんだよね。
今回の回想が魔王戦の真実なら1話Aパートは何だったのかw
2話にして魔王が魔王をやめて万事解決って。{/netabare}
このアニメゆるすぎるだろ…だがそれがいい。

3話
{netabare}どっちでもゆうしゃん→どっちでも言うじゃん、は無理があるやろ。
玄田さんまだ出番あったw
あの蜘蛛はなぜ猫をさらって縛ったのか…。
マオ先生はもうあまり出てこないのかな。{/netabare}
ニコ動で「うるさいですね…」流行りすぎwこれ元ネタが超下品エロなんだが。

4話
{netabare}FF7で水中呼吸のマテリアという都市伝説があったな。
ドラクエ2のハーゴンパロw{/netabare}
作画が所々崩れててバトルシーンの出来が悪かったのが残念。

5話
作画戻ったか。
TrySailで雨宮天だけ出てないのが気になる。
脚本があおしまさんに戻って絵コンテがまじぽかの監督だったけどあまり面白くはなかったな。

6話
{netabare}魔王って元から幼女だったんか。
褐色の女性がウザメイドにしか見えん。{/netabare}

7話
{netabare}このアニメは4人対1人の話ばかりだからつまらないと思っていたが今回はまさにそれ。実はファイ回なのだが、脚本があおしま先生じゃないせいかファイはたまに醒めた事を言うという設定が無視されていた。{/netabare}

8話
{netabare}またローナ回かー。
そんなに強い四天王がいるなら勇者いらないんじゃ?{/netabare}

9話
{netabare}メイちゃん回。{/netabare}

10話
{netabare}ミルキィホームズみたいなぬるカオス回。{/netabare}

11話
日常{netabare}が崩壊したー!自分的にケムリクサ11話よりこっちの方が衝撃かも。
この作品のタイムリープはパラレルワールドじゃなくて巻き戻し方式なんだろうな。でもそれだとマオが過去に戻った後にまた魔王戦までを再現できず不可逆に感じるんだが、禁断の魔法の失敗のせいで世界が改変された、で済ましているんだろうか。あとローナ姫の記憶は戻ってないの?カード使った人は例外?
あおしまさんはこの作品の最初と最後だけ考えていたんだろうけど、その間も何とかして欲しかった。{/netabare}

12話
{netabare}全部チビちゃんの万能の力で解決かよ!しかもチビちゃんが何だったのかはわからず。あおしま大先生はこれしか思いつかなかったんだろうな。シリアスな作品だったらマオが自害して終わりなんだろうけど。{/netabare}

【総評】
{netabare}1、2、11、12{/netabare}話だけストーリー展開があって他は全て日常回という変則的なファンタジー日常アニメ。
そのせいかほとんどを占める日常回が相対的につまらなく感じてしまった。この構成上の欠点は「がっこうぐらし! 」に似ている。
他の人気の日常系アニメと比較して、4人の女の子同士の関係性・絡みが描かれていないのが特に気になった(カップリングが全く思い浮かばない…)。常に4人対マオ、4人対姫、4人対敵みたいな話ばかりなので単調で面白くない。多くの日常物を担当してきたあおしまたかし氏ならこれじゃだめなことはよくわかっていると思うのだが。
あおしまたかし以外の脚本家の担当回が特につまらなく感じたが、1クールなので全話一人で執筆して頂きたかった。他の付き合いのある脚本家や弟子に実績を作らせたいとかしがらみがあるんだろうけど、見る側にとってはどうでもいい事情である。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 8
ネタバレ

鰺鱒 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

うん。「その先」が気になっちゃってさ。。。

原作知らず。

多くの方にお薦めしたくもあり、薦めづらくもあり。
そんな作品です。

魔王との対戦において魔法の発動に失敗し、勇者や魔王等が過去;勇者パーティーが出会った頃の過去に飛ばされてしまう。魔王はそこで、勇者たちを含む冒険者を養成する学校の教員となる。。。主たる登場人物がいずれもゆるっとふわっとした女の子達で、お話そのものもゆるっとふわっと進みます。

作画はそこそこ高値安定。
声の演技は申し分ないと思います。主要人物はいずれも良かったし、可愛らしかったです(ごく一部のへんた。。変な人含め)。

この手のタイムリープものって、世界線の継承や入れ替わりなどを考え出すとワケわかんなくなってしまうのですが、細かいこと()はスルーしとけってことですね。いつも、ゼノンのパラドクス的なことを考え出してしまい、自己解決ならぬ自己破綻であたまがぽーってなてしまうのです。

===お薦めしたい理由
最終盤は、{netabare}それまでの展開が嘘のように物語が展開します。そして、全く思いもかけない形での終幕へと突き進みます。よくあるファンタジー世界の存在事由そのものを揺るがす、それでいてやっぱりゆるく、でもほっこりハートウォーミングな展開でした。正直なところ予想もしていなかっただけに、結構うるっときてしまいました。こういう不意打ちは好きです。{/netabare}

===お薦めしづらい理由
先述の通り{netabare}大変に良い終盤の展開なのですが、そこにたどり着くまでがしんどいのです。ゆるふわ過ぎというか、だらだらしすぎというか、無駄というか。1, 2, 4, 6, 11, 12話だけで物語の骨子が成立します。なんなら4話と6話もなくてよいです。それ以外は日常回、単発ものです。いちおう最終盤で使われるネタの提供もしていますが(だったかなぁ。。。?)、必須なものはありません。キーとなる回でおさらいが入ります。
作品全体にたゆたう、このまだるっこしさがお薦めしづらいおおきな理由です。{/netabare}

さらに、{netabare}物語のキーとなる存在を特に説明も紹介もなく置きっぱなしにしておいて、最後の最後に「ま、いっか」で片付けるなど、お話の作り方が粗っぽいところも、特に目の肥えた方にお薦めしづらくしてくれます。{/netabare}


===とはいえ、
僕個人としてはまだるっこしいパートも含めて結構楽しめました。それぞれのエピソードが、それなりによく作られているとおもいます。
あれが{netabare}まさか、農産物だとは思いもよらなかった。{/netabare}

主要人物の造形はそれぞれが好ましく、かつ、ギャップ要素も含めて解りやすいです。一番、脳筋ライクなキャラが実は一番ロジカルってのは、個人的にはありそでなかった、かな?いやどうかな。


===とかいいながら、不満がないわけではなくて。

というか、大ありでして。
フィナーレの本当の最後までは良かったのですが、主人公の最後の台詞がどうにもこうにも・・・・ラスト10秒で、本作に対する僕の評価が揺らぎました。

物語の終わりは、 {netabare}「概念」を消去するというチビちゃんの能力を用いて、勇者・魔王という対になる概念を共に消去することで勇者たちが大好きなマオちゃん先生を倒さずに済むようにし、一段落となります。いまさらチビちゃんの処遇をどうのこうのはいいません。彼女ら全員が「ま、いっか」でスルーしているのでそこは従います。

深く考えてはいかんことは分かるのですが、それでもフィナーレのユーシャの台詞が腑に落ちないままで、モヤっとしています。

フィナーレにおいてユーシャは「やっぱり勇者になるよ」と、まっさらな物語(お姫様が持ってきた本)を手に言うわけです。無論、ユーシャの手元にある「真っ白な物語」とユーシャ自身の「真っ白だぁ」の台詞が、いままでとは違うまったく新しい勇者=ユーシャのメタファーなのだろうとは分かるのです。が、ここは「新しい勇者の概念を作っていくんだ」を明示して欲しかった。ほんの一言でいいから言葉を補って欲しかった。
「やっぱり勇者になるよ」だけだと、それまでの概念どおりの勇者になってしまうような気がするのです。とすれば、その対概念である魔王=マオちゃん先生もその概念に従わざるを得なくなり、全てが元の木阿弥ではないか、と。え?実はそのメタ要素も含めたタイムリープなの?とか勘ぐってしまうわけです。

そもそも、「勇者」という概念が消失した後も「勇者」という言葉は有効であるというのが僕には難しすぎるのです。いや、言葉と切り離された「概念」って、僕には想像しにくくてですね。チビちゃんの能力が、「ユーシャに付随する勇者(マオちゃんに付随する魔王)」という限定された範囲にのみ効力を発するものだったのだ、とかいうのなら、それはそれで明示しておく必要があったと思います(その場合は、上記の議論が再燃するわけですが。「一般論としての勇者の概念」は有効なままとなるので)。

なんか、物語の締めにおいてあまりにもいい加減というか1,2手先で論理破綻してしまうものを堂々と見せつけられて、困ってしまったというが率直なところでした。なにか重要なものを見落としてしまったのでしょうか。
{/netabare}

*
皆さんのレビュー、ざざっと拝見しました。
僕が持つ「不満」に関して、どうも僕は何かを見落としているような気がしてきました。あるいは、単純に考え違いか・・・
モヤッとしたままなのもしんどいので、どこを見落としたのか、何が間違ってるのか教えていただけるとありがたいです。一応、11、12話は繰り返し観てみたのですが・・・
[2019/08/31 v1 & *部追記]

投稿 : 2020/11/21
♥ : 24

67.9 11 水瀬いのりアニメランキング11位
信長の忍び(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (219)
804人が棚に入れました
1555年──
世はまさに戦国の時代!! ひとりの青年がでっかい夢を抱いていた。
うつけと呼ばれる彼こそ後の…、そう、織田信長である。
そんな青年を慕う少女がひとり。
信長の夢に魅せられた彼女は笑顔で言った。
「私、信長様の忍びになります!!」
目指すはひとつ、天下布武のみ!!
ど天然帰蝶、パシリ秀吉、ツンデレねね、ツッコミ光秀、死にかけ半兵衛、
脇を彩る豪華キャラと共に、超巨弾戦記ギャグアニメ、はじまりはじまり~!!

声優・キャラクター
水瀬いのり、羽多野渉、村瀬歩、たかはし智秋、三森すずこ、釘宮理恵、大川透、関智一、落合福嗣、うえだゆうじ、平川大輔、森嶋秀太、松井菜桜子、高木渉、立花慎之介、置鮎龍太郎、檜山修之
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

史実重視の戦国忍者ギャグショートアニメ

0話視聴。本編のプロローグ。
https://www.youtube.com/watch?v=3P2JRWBm8Ds
ボケツッコミギャグって感じだけど本編もこんな感じかな?大地丙太郎監督だからギャグマンガ日和みたいなのかw
水瀬いのりちゃんの声もあってると思う。チノちゃんではなくヘスティアっぽい。
音楽はノブヤボを意識してるようなw

原作は主人公が私TUEEE!な女忍者であること以外は史実に忠実らしいので期待している(織田信奈は酷かったからな…)。
それぞれの武将もステレオタイプなイメージなのがいいと思う。へうげものやセンゴクは通説と違うイメージにしていて違和感を覚えることが多かったので。
ただ今川義元が公家っぽくないけど、信長公記によると討たれる間際に大奮闘したらしいので猛将タイプの方が史実に近いのかもしれないね。

1話。残念ながら3分アニメ。
ギャグをかましつつ導入だけで終わり。
ドリフターズは見ないつもりでこっちを楽しみにしてたのになあ。
森可成はなんでチャラいキャラなんだろう。

2話
{netabare}史実ではお市はやたら背が高かったしもっとグラマーな女性だったんじゃないかと思う。{/netabare}

3話
{netabare}駿河からお茶持ち帰るのギャグ扱いにしてるけど太閤立志伝なら普通やで。
信長は暗殺はやらないイメージだけど北畠具教は殺してるな。{/netabare}
これって本能寺の変あたりまでやったら千鳥がおばさんになってしまうけどその辺どうすんだろ。

4話。今回だけdアニメストアで視聴。
{netabare} ねねがツンデレという史実はあるんだろうか?信長に秀吉の浮気の苦情を申し立てたという話はあるけど。
結婚したのは桶狭間の翌年だけどショートでも描く余裕あるのかな。{/netabare}

5話
{netabare}米五郎佐を小者扱いするな。へうげものでも悪く描かれてるんだよね。{/netabare}

6話
{netabare}千鳥の存在を除いて桶狭間の戦い序盤を真面目にトレースしたね。普通に今川本隊を狙っただけで奇襲説や迂回説を取らないのが最近のトレンド。それにしてもくぎゅ推しすぎwメインヒロインはねねだな。{/netabare}

7話
{netabare}血しぶきが舞う合戦を描いているのにちょっとギャグを盛り込み過ぎのような気がした。
服部小平太を返り討ちにした義元の最期の奮戦もちゃんと描いてほしかった。{/netabare}

8話
{netabare}そうかーだから千鳥は信長公記には出てないのか―、って、太田牛一って信長の配下の頃は右筆じゃなくて弓の得意な武将だったからなんか誤解を与えるような。信長公記は信長死後に編纂されたみたいだし。{/netabare}
千鳥は必要なら人もあやめると言ってるが、同監督のオリアニ「今、そこにいる僕」は必要でも殺さない、がテーマなので対照的だな。

9話
{netabare}くぎゅの声で「結婚したんだから早く出世してよね!」という希少なセリフを聞けるアニメ。
家康は史実では若い頃は痩せてたのに…ここは残念。
服部半蔵が武将なのは史実通り。この時19歳だからこんな感じでいいのか。{/netabare}

10話
{netabare}竹中半兵衛が小便かけられる話は史実とされているな。あと跡継ぎに学問をしている間は小便で席を立つなその場でしろとも言っている。{/netabare}

11話
{netabare}龍興はこの時は子供だったからちょっとおかしいな。{/netabare}

12話
{netabare}稲葉山乗っ取りは動機が良く分かってないんだっけか。{/netabare}

13話
{netabare}割と素直に史実をなぞった感じ。千鳥が斬りまくってたけど無血入城だったような?{/netabare}

14話
OP変わった、さすが2クール。
釘宮キャラの奥さん役って他にあるんだろうか?ゼロ魔で結婚はあったそうだけど。

15話
{netabare}秀吉がいきなり凄い人になったみたいなので半兵衛が入れ知恵したとかにした方が良かったような。どうせ墨俣一夜城は史実性が不確からしいし。蜂須賀小六は秀吉の弟の小一郎が説得したという説もあるようだけど。{/netabare}

16話
{netabare}小一郎初登場だけどちらっと出ただけ。有能と言われてるけど私腹を肥やしたりもしてたんだよな。{/netabare}

17話
稲葉山城を天守閣が無くてリアルに描いてるんだけどニコ動でどこが堅城だとか文句言われてるw立派に描いてるノブヤボとかが悪いんだよな。
{netabare}今回はちょっと政治思想的な話があって良かったな。ニコ動でも議論になってた。
(戦国時代というのは内戦なのだから、龍興の言っていることは正当性は無い。ただこの時点での信長はまだ日本統一の力があるようには見えないので言われるのもやむを得ない部分はある)
龍興はこの後本気出してしぶとく抵抗したからなぁ信長公記読むと龍興と三好三人衆が延々と出てくる。
原作は天正伊賀の乱までまだ行ってないのかな?同胞が大量殺戮されて千鳥はどうするんだろうか。
最後さらっと岐阜県ディスってたなw{/netabare}

18話
{netabare}義元上洛説は今は否定されてるみたいね。
千鳥がナイスバディになってる。もう17歳くらいだっけ。{/netabare}

19話
千鳥は忍者としての活躍より思想を語ることが多いような。まあ出番作らないと秀吉が主役みたいだしな。現時点でもそうなってるし。

20話
{netabare} 戦国一の美女のはずのお市よりねねのほうが可愛いのは大河でもよくある。お市は凄い長身という史実は合わせて欲しかった。
長政はデブだったんじゃないかと言われてるよな。{/netabare}

21話
{netabare}明智光秀の尽力で足利義昭を迎え入れたみたいになってるけど信長公記の該当箇所には光秀の名前は無いんだよな。和田惟政が活躍した様に書かれている。光秀が濃姫との縁を利用したという説はあるようだけど。まあ信長公記は光秀の手柄はあまり書かないわな。{/netabare}
二期が決まったけど4月から連続でやるから最初から決まってたのかな。

公式サイトに一期最終回の予告が載っているけど、{netabare}入京して千鳥が改めて信長の忍びであることを自覚する話で終わるようだね。{/netabare}
まあ二期が決まったから中途半端に終わる心配がなくなって良かった。

22話
{netabare}名臣遠藤直径がなんでこんな人相悪いんだろう。{/netabare}

23話
{netabare}遠藤直径が後の浅井の織田離反に反対する伏線の話。{/netabare}

24話
{netabare}初の忍者バトルだけどやっぱりギャグw鈎の陣は知らなかった。大学受験で日本史選択なら知ってるのが普通なのかな。
タイトルの影の伝説はあまり関係ないwクソゲーだったな。{/netabare}

25話
{netabare}六角攻め一回で終わりかー。{/netabare}

26話
{netabare}三好三人衆が雑魚扱いだったけど三好政康はしぶといんだぞ。
千鳥が天下統一後は信長に人間味があることを広めたいって言ってたけど何の伏線だろうか?出雲の阿国にでもなるのか?{/netabare}

【総評】
基本的にはギャグ路線の作品だったが、他の戦国物よりも圧倒的に史実ベースの内容なんだし、もう少しシリアスな内容でも良かったと思う。17話みたいな君主論を戦わす回がもっと多ければ作品としてより深みが出ただろう(ニコ動は大荒れだったが)。逆に言えばこの回が無かったら評価を下げていた。
すぐ始まる二期からは重い内容になって行くようなので楽しみにしている。

あと秀吉をまるでラノベの主人公みたいに感じたが、むしろテンプレラノベのベースが太閤記なのかなとも思った。織田信奈の野望はまさにそれだし。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 21

スラえもん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

「笑いあり♪涙あり♪感動あり♪ツンデレあり♪ヤンデレあり♪筋肉あり♪吐血あり♪なでなであり♪火縄にグルメにお色気あり♫」

史実に忠実なショートコント。

金ヶ崎編の方から見始めて、面白いなとはまってたらラッキーにも最近0話から再放送が始まりました。
現在第8話まで視聴。

「笑いあり♪涙あり♪感動あり♪ツンデレあり♪ヤンデレあり♪筋肉あり♪吐血あり♪なでなであり♪火縄にグルメにお色気あり♫」
これ、信長の忍び単行本のTVCMのキャッチコピーなんですが、言われてみれば確かに全部あります 笑
いや待て、あれがお色気か?

今川家桶狭間の戦いの少し前からを、信長に仕える架空の忍びの女の子の目線から描いてます。

テンポよくクスッと笑えます。
そんなスピード重視の子供から大人まで楽しめる良作です。

<2017/11/7追記>
ようやく一期と二期両方見終えたので感想です。
面白かった。
史実に忠実に、且つ細かくボケてつっこんで。
信長も斎藤道三も松永弾正も明智光秀もみんなみんな笑える楽しいキャラになってるところが良いです。
秀吉なんて天才的なボケキャラだしね。
自分の中の「ショートコントアニメベスト3」にランクインしました。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 25

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

その時歴史は動いた

小さいながらも疾走感溢れる良品です。

これは油断しました。
歴史好きならかなり面白いです。
桶狭間の合戦から、
信長の京上洛までを描いています。

会話の妙と構成の上手さで、
まったくストレスを感じない。
テンポがとにかく良く、クスッと笑える。
デフォルメされたキャラも、
それぞれ個性を上手く掴んでて好感が持てます。

死ぬときはサクッと逝きます(^^;
大名や戦国武将だけでなく、
お市・ねね・まつなど、
大河ドラマで有名な女性陣もかわいい。

僕の知る限り史実にも忠実で、
シナリオはきちんと仕事していますね。

アニメの楽しさを、
再認識させてくれるポップな作品でした。

次の展開が楽しみだ。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 43

58.6 12 水瀬いのりアニメランキング12位
18if(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★☆☆ 2.9 (125)
536人が棚に入れました
ここは夢世界。
欲望、希望、絶望が形を成した意識と無意識の狭間。

いつも夢見る自分の部屋の中で、
再び眠りにつこうとした月城遥人は、偶然にも他人の夢に紛れ込んでしまう。
それは、この夢世界に心を囚われた魔女達の夢。
現実を拒絶し、夢に逃げ、眠り続ける「眠り姫病」に陥った彼女達の夢の姿。

魔女の夢世界に迷い込んだ遥人は出口の扉を探し、
彼女達と出会い言葉を交わしていく。

声優・キャラクター
島﨑信長、子安武人、名塚佳織、福圓美里、東山奈央、加隈亜衣、浅倉杏美、遠藤綾、田村奈央、折笠富美子、水瀬いのり、嶋村侑、新田恵海、南波志帆

ミミック さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

ここまで見ごたえのないアニメは久しぶり

全話視聴したのですが、まあ評価通りですね。
設定が面白そうなので視聴を始めたのですが、
良いところもあったのですが、いろいろとま
ずい点のほうが目立ってしまったのかなという印象。


気になったところ
・夢に主眼を置いているんで設定的矛盾が多々あり。
・なんでもかんでも、夢だからで片付けられる。
・ひたすら重い話を続けて強引にハッピーエンド。etc.


それでも
・夢という難しい題材を扱いSF的展開に挑戦したところ。
・展開の先読みが難しいところ。
・アニメならではの視覚からの演出。
など良いところも観れたので、少々もったいなかったかな
という感じも否めません。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 17

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

1話は最悪だが。。。判断難しいアニメ 一見の価値は有り

見てます。予備知識なし
1話目 訳が分かりません。
ただでさえ わかりづらい設定っぽいのに 1話目の役割を全然していない。
これから見る人は2話目から見よう。はっきりいって1話目不要。

2話でこのアニメの設定、展開がわかる。
このあとどんなテーマで話数が進むかわかんないけども、もう少し見続けることにします。

あ、あと言葉とか表現は結構暴力系18禁だと思います。

■見終わったので追記 2018.4.2
2話がよかったので見続けて、6話目までは良作アニメですね。まさにアニメだからできる表現かもしれない。おすすめです。
ただ、この作品の決定として、「作画」「音楽」が残念。これだけ目をつむりつつ、7話以降~11話までの迷走も耐えつつ最終話まで見てみましょう!

難しいアニメというのは確かです。いかんせん1話完結オムニバスなので時間とか尺が足りなさすぎる。シナリオはいいんだろうなーきっと。
シーンすっ飛ばし感や説明シーンがたりないから評価されにくいと思った。

ちょっとグロあるけど、現実社会にうったえたいテーマのアニメを理解してみるか!って思ったからは見てみてください。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 5

どどる さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

1話完結の佳作

1話完結をベースに全体がつながっていくアニメ。

法律に守られる未成年殺人者への復讐を行う2話、初恋をテーマにした淡い3話、天才の苦悩を扱った5話、いじめの話+アニメオタク的な遊びのある6話、本意の通りにアイドルができないアイドルの9話は5つ星をつけてもいい回でした。
とても好きです。
前半の方が地に足の着いた共感しやすい話であり、最終話に向けて少しずつスケールが大きい話が増えていった印章です。

特に評価項目がないサイトでしたら星4か5をつけていい内容でしたが、作画は良くはないし、物語も全体を通すとそんなに良いものばかりでもなく、音楽もまあ普通だし、分解して冷静になってみると褒めにくい作品です。
特に絵が気になるタイプの人はちょっと厳しいかもしれません。


各話で扱うタイトルがなかなか重く、1つの人生に踏み込んでいく感覚があります。その解決方法も独善的過ぎず、突き放しすぎず、現代的なバランスを持っています。
なかなか良いアニメです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 3

70.2 13 水瀬いのりアニメランキング13位
信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (145)
487人が棚に入れました
2016年秋から放送されていた第1期から続けて、4月より二期としてオンエアー!

大和国大名である松永久秀に書簡を送っていた信長は、はっきりしない態度にもどかしさを覚えて千鳥に忍び込むよう命じる。しかし久秀の居城・多聞山城は、攻め込むことも忍び込むことも不可能と言われていた!

織田信長と忍びの少女・千鳥が愉快な仲間たちとともに天下統一を目指す壮大なストーリー!

声優・キャラクター
水瀬いのり、羽多野渉、村瀬歩、たかはし智秋、三森すずこ、山口勝平、釘宮理恵、大川透、関智一、落合福嗣、うえだゆうじ、平川大輔、森嶋秀太、松井菜桜子、VALSHE、内匠靖明、梁田清之、岸尾だいすけ、竹本英史、松山鷹志、坂本頼光、高橋伸也

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

2期目っていうか…

放送時期的にも、普通に続いてるよね。話数カウントも積算継続だし…。
ああ、あの真面目な作品レビューは1期目の方を見てください。

ここに書くべき内容も、だいたい同じです…(笑)。

2017.10.7追記:
観終わっていながら更新し忘れてました。1期目同様、無難に原作をアニメ化できていると思います。大地監督、有能。

3期目があったら、本願寺勢とかも出てきますかね。原作マンガの顕如と如春尼は好きなので出てきて欲しいです。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 24
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

史実重視の戦国ギャグショートアニメ

二期開始。このタイトルだとやるのは金ヶ崎の退き口までで姉川の合戦は三期なのだろう。三期があれば。
原作は天正伊賀の乱まではまだ行ってないそうだが、伊賀出身の千鳥の苦悩はどう描かれるんだろうね。
なお千鳥の名前の元ネタは天下人秀吉が石川五右衛門に暗殺されそうになったエピソードだと思われるので、原作者はそこまでの構想があるんだと思う。その頃には千鳥はかなりのおばさんになってしまうけど。
つーかこの二期開始時点では千鳥は18歳くらいだけど全然そうは見えないんだよなあ…。

27話
{netabare}松永久秀登場の話。{/netabare}

28話
{netabare}原作者かなり松永弾正好きだなwww久秀の三大悪事って史実では信長が他人に得意げに話してたんだよな。久秀はそれが嫌だったらしい。{/netabare}

29話
{netabare}原作者が久秀好き過ぎ問題。秀吉の台頭を予見したのは安国寺恵瓊なのに。{/netabare}

30話
{netabare}しばらく光秀視点になるんだろうか。{/netabare}

31話
{netabare}細川幽斎ってへうげものだと子孫の細川元首相と同じ顔だった。{/netabare}

32話
{netabare}太田牛一がフロイスをライバル視してるのは笑った。{/netabare}
なんか二期は歴史人物紹介しかしてなくて千鳥を主役としたストーリ性に欠けるような…ショートアニメの宿命か。

33話
{netabare}信長の創作で北畠攻めをちゃんと描くのは偉い。普通飛ばされるのにw
滝川一益は創作でキャラ定まらないよな。織田五大将の他はキャラ固まってるのに。米五郎座は微妙か?へうげものだとなぜか嫌な奴に描かれてたが。{/netabare}

34話
{netabare}北畠攻め結構長いなw来週もそうみたいだし北畠の話をこんなちゃんとやる作品って初めて見た。{/netabare}

35話
{netabare}千鳥つえーな。戦国最強という設定なんだろうか。{/netabare}

36話
{netabare}織田信雄が10年以上先に千鳥の運命を左右するって何のことだろ?小牧・長久手の戦いで千鳥が信雄を説得して秀吉側につかせる伏線?そんなのわざわざ張らんでもいいと思うが。←天正伊賀の乱で信雄が伊賀を攻めるがその時に伊賀出身の千鳥が関わるようだ。この伏線だと信雄が全て悪いように描く懸念があるが信長を美化しすぎるのはどうかと思う。まぁこの作品の「原作」の信長公記からしてそうなんだけど。{/netabare}

37話
{netabare}前半のまとめみたいな回。ここからが本当の地獄だ…武田滅亡あたりまでは殺戮の連続になるで。{/netabare}

38話
{netabare}家康は若い頃は痩せてて気が短かったのになー三方ヶ原の戦い敗北後の肖像画も有名でしょう。{/netabare}

39話
{netabare}茶々(淀殿)は喋らなかったが…下手に声優をつけるとずっと起用しなければならなくなるしなwといっても原作がどこまで描くのかわからんけど。{/netabare}

40話
OPが変わったがこれはwww暗い内容になるからせめてOPだけでもギャグ調にってこと?
{netabare}小豆袋をあくまで逸話であるって言ったらここまでのネタも逸話ばかりなんですがそれはwww
ここで藤堂高虎を出すのって何かの伏線になるかなあ?史実では鬼島津を蹴散らした怪力の大男なんだがあっさりやられたw{/netabare}

41話
{netabare}真柄直隆がグレンラガンのカミナみたいだった。弟はいなくて一人説をとるのか。{/netabare}

42話
{netabare}秀吉より光秀の方が活躍しているように見えるけど史実で秀吉と光秀はここで同じくらい活躍したとされてるのね。{/netabare}

43話
{netabare}千鳥は真柄直隆よりは下という扱いなのかな。{/netabare}

44話
{netabare}この原作者松永久秀好き過ぎだよなw大地監督も好きなのかもしれんが。信長はこの借りを忘れず、久秀が謀反しても最後まで助命しようとした。{/netabare}

45話
{netabare}今回シリアスシーンが多いけど今までの流れでギャグに見えるw朝倉義景をフォローしてたな。戦が無い世ならそこそこの殿様だっただろうけど。{/netabare}

46話
{netabare}朝倉義景は新しい戦術も積極的に取り入れていたと言われるが…{/netabare}

47話
{netabare}タイトル通り金ヶ崎までで終わりそう。三期はできるんだろうか。{/netabare}

48話
{netabare}純愛ものみたいな展開だけど長政には八重の方という側室もおったんだよな?{/netabare}
この二期では姉川の合戦の手前で終わりそうだが、姉川の合戦の後も浅井朝倉との戦いは続くし先は長いな。志賀の陣で苦戦してるし。三期はやれるのだろうか?

49話
{netabare}千鳥が狙撃から救ったことに改変したか。こうでもしないと主人公の出番無いしな。光秀のマントのミスリードはここで殺しておけば…ってことか?{/netabare}

50話
今回は千鳥メインの話で面白かったな。くぎゅねねもかわいいし。二期は史実なぞってるだけ感ある…。

51話
{netabare}信長公記ってお市についてのこの辺の記述は無いんだよな。信長が闇落ち。しかしその信長を描いた3期は無さそう。{/netabare}

52話
{netabare}帰蝶って謎の人物だから創作に使いやすいよね。{/netabare}
俺たちの戦いはこれからだ!

【総評】
一期よりも信長に関連する史実をただなぞるような内容になった印象。司馬遼太郎作品が好きで大河もいくつか見ている私の場合は既視感のある歴史ネタ話ばかりだった。そうでない人は楽しめると思うけど。ただ信長の創作で普通はカットされる伊勢の北畠攻めをちゃんとやったのは良かった。
もっと忍者千鳥の物語を見せて欲しかったがショートじゃ無理だよね。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 14

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

信長の夢に魅せられ、少女は信長の忍びとなった…。

この作品の原作は未読ですが、1期が面白かったので2期の視聴も決めていた作品です。
それに、主人公である忍びの千鳥役はいのすけ…でもこの作品はそれだけじゃないんです。

信長の正妻である帰蝶役にたかはし智秋さん、秀吉の妻であるねね訳にくぎゅ、信長の妹であるお市の方がみもりんという豪華配役で構成されているんです。
1期の時は5分枠の作品なのに声優さんが凄いなぁ…と思っていましたが、ここまで続くと既にショート作品の一般概念が通用しない作品だと思います。
だってしっかり2クール52話まで放送されたのですから…

こうして始まった2期ですが、1期で固めた地場を足掛かりにいよいよ天下統一に向けて動き出してからが描かれています。

ですが、1期とは少し様相が異なり、どちらかというと史実を追う方に軸足があるので、様々な戦国武将の影に千鳥が霞んでしまったような気がしました。
確かに、史実を追うのは大切な事だと思います。
でも、その分千鳥の登場機会が減ったような気がしてなりませんでした。

1話1話の物語のテンポがとても良いので、5分間なんてあっという間です。
ギャグ漫画がベースにあり千鳥は専らボケ役なので、要所での登場が肝心なのは分かっているつもりです。
ですが、信長陣営最強の使い手であり戦闘力は一騎当千の超人クラスであると共に、忍びとしても傑出した能力そのものだって十分すぎるくらい格好良いんです。
ボケていない千鳥だって可愛さ100倍なのに…

一方、ねねは今期も最高でした。
出番は決して多くありませんでしたが、ツンデレという設定が妙にしっくりくる上、CVは「ツンデレ女王」であるクギュ…
これ以上の最強の組み合わせを他に私は知りません。
出番が少なかった分、登場した時のパンチ力が半端ありませんでした。
きっと釘宮病に罹患されている方でも十二分にご満足いただけたのではないでしょうか。

この作品のアニメ化で気になったことと言えば1点だけ…
終わりがとっても中途半端な気がしてなりません。

思い返せば1期最終話のタイトルは「おいでやす京へ」
この時は連続して2期が放送されたのでそこまで気になりませんでしたが、2期の最終話のタイトルは「そして姉川へ」
信長の…そして千鳥の戦いがさらに激化するのはこれからじゃありませんか…

これは次期への布石…と思って良いのでしょうか。
いいえ、そう思いたいです。

2期の主題歌は、蓮花さんの「白雪」とLily's Blowさんの「花の影」
蓮花さんの歌が良いのは1期から知っています。
今期お初だったLily's Blowさんの曲もアニメとピッタリ合ってて良かったと思います。

2クール全26話の物語でした。
ここからは史実からも更に面白くなると確信しています。
激動の時代を生きた織田信長…その忍びは何を考え、何を選択するのでしょうか。
もう…ワクワクが止まらないデス。
次期の放送を宜しくお願いしますね。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 15

85.7 14 水瀬いのりアニメランキング14位
彼方のアストラ(TVアニメ動画)

2019年夏アニメ
★★★★☆ 4.0 (733)
2616人が棚に入れました
宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは……!?

声優・キャラクター
細谷佳正、水瀬いのり、武内駿輔、黒沢ともよ、木野日菜、松田利冴、内山昂輝、早見沙織、島﨑信長
ネタバレ

フィリップ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

私たちは変わることができる、そして人生は続く

アニメーション制作:Lerche
監督:安藤正臣、シリーズ構成:海法紀光
キャラクターデザイン・メイン総作画監督:黒澤桂子、
音楽:横山克、信澤宣明、原作:篠原健太

子供たちだけで惑星キャンプが行われる時代。
ケアード・ハイスクールのB5班は、
無人の惑星で5日間過ごす野外学習に出かけた。
9人の少年少女たちは、惑星マクパで降ろされ、
楽しい日々を過ごすはずだった。
しかし、彼らの前に謎の球体が現れ、事態は急変する。

集英社のウェブコミック配信サイト『ジャンプ+』で
連載された作品。口コミなどで評判が広がり、
『マンガ大賞2019』の大賞を受賞した。
宇宙という舞台、子供たちだけの冒険、
陰謀がうごめく背景、9人全員が抱える事情、
惑星でのサバイバルなど、様々な要素のある
エンターテインメント作品となっている。

原作漫画は完結しているため、
1クール12話、しかも1話と12話を
1時間ずつを使う特別編にすることで、
5巻分を余すところなくアニメ化している。
{netabare}無料開放の漫画を少し読んでみると、
原作に忠実に作られているだけでなく、
宇宙空間に飛ばされたアリエスを
カナタが助けるシーンでは、全員が手をつないで
ふたりを救助するという改変も行っている。
(漫画では、このシーンは残されたワイヤーに
戻り、それを辿って帰還している。
1度ワイヤーを巻き取って、再度、別の誰かが
助けに行けばいいなどの意見もあるだろうが、
ここは全員で手をつなぐという行為に意味があったわけで、
良改変だったと個人的には思う){/netabare}

SFの部分では突っ込みどころが多く、
アニメが終了した後にSNSなどで大論争が巻き起こり、
作者が降臨する事態にまで陥った。
ある意味、SF要素のある人気作の宿命だ。
ただ、この作品はSFを見せようとするものでないことは
明らかで、批判する人の気持ちは分かるが、
そこについて深く突っ込み過ぎるのは違和感がある。
この作品において、SFのリアリティは枝葉の部分に過ぎない。

では、どこを重視しているかというと、
9人の子供たちが抱えている問題と、
その悩みを解消するために、仲間が相手のことを
思いやり、本当に大切なものを得ることについてだ。
9人の子供たちは、それぞれ幼少期から、
大きな喪失感を抱えながら生きてきた。
旅を続けるなかで、一人ひとりが体験してきた背景を
各々が理解しながら、解決していく構成になっている。
9人もいるキャラクター全員の過去について、
しっかり語っているため、彼らが失い続けてきたものに
思いを巡らせることができる。
だから、そこから彼らが何かを獲得する様子に
カタルシスを感じられるのだ。
それがこの作品の最大の見どころだろう。

舞台装置としては、孤島の閉鎖空間での
ミステリーと同様の形を取りながら、
それだけに止まらない群像劇として、
最初から最後までしっかりとまとめられている。
{netabare}特に11話『CONFESSION』での回想から
カナタの怒りにつながる流れは素晴らしい。
カナタ役・細谷佳正の演技は、抜群の説得力がある。
反重力シューズを履いてきて、
ワームホールを飛び越すという展開からの
決着の付け方も完璧だった。
この回は、夏クールの私が観た全話のなかでも
出色の出来だったと思う。{/netabare}

9人の少年少女たちは、数ヵ月の旅の間に、
自分の支えになる原点を獲得することができた。
アストラ号で過ごした日々は、
何事にも代えがたい時間として
今後の人生の支えになるに違いない。

引きこもりや親子断絶などが、
もはや当たり前になった現代において、
子供たちの心に響く物語に思える。
ここではないどこかに行けば変われるかもしれない。
行動すれば誰かとの出会いによって、
人生が動くかもしれない。
親から愛されない境遇にあったとしても、
生きていていいのだ。

そして、人は絶対に変わることができる。
(2019年10月19日初投稿)

投稿 : 2020/11/21
♥ : 85
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

判別可能なキャラ達と金太郎飴的な惑星群

原作未読

漫画の評判がいいから、が視聴動機。
全12話ただし初回と最終回が1時間枠だったので実質14話分のボリュームです。
序盤はもの珍しい細谷佳正さんのハイテンション演技を堪能することから。SF興味なくともこの一点で “ 買い ” かもしれません。2~3話経過してからはBパートの引きが良く毎話楽しみながらの完走です。

ざっとあらすじ:子供たちだけでどっかの惑星で5日間自活してこよう!スケール大きめの林間学校に意気揚々と出発したらトラブルに巻き込まれて帰ってこられなくなりました的なやつです。

キャストは多め。性格ははっきりとキャラ毎に別れており、キャラ回というよりキャラパートを設けてあまり尺を使わずにさらっと紹介。それでいて不思議と名前は覚えていられました。
{netabare}みんな多かれ少なかれ境遇は一緒だよ、との本作の特徴を活かしこのへんばっさり切りましたね。英断だと思います。{/netabare}


カナタ・ホシジマ(CV細谷佳正):リーダー 十種競技選手 アツい!
アリエス・スプリング(CV水瀬いのり):天然ドジっ子に見えて意外と有能
ザック・ウォーカー(CV武内駿輔):頭脳明晰鉄面皮 キトリーと幼馴染
キトリー・ラファエリ(CV黒沢ともよ):医者の娘 フニシアの姉 基本ガヤ
フニシア・ラファエリ(CV木野日菜):最年少 キトリーの妹 パペットマペット
ルカ・エスポジト(CV松田利冴):政治家の子 僕っ子亜種「オイラっ子」
シャルス・ラクロワ(CV島﨑信長):貴族出身 なんというかムツゴロウさん
ユンファ・ルー(CV(早見沙織):国民的歌手の娘 超内向的隠れ美人
ウルガー・ツヴァイク(CV内山昂輝):教頭の息子 本人はアウトロー志向

ポリーナ・リヴィンスカヤ(CV生天目仁美):ゲスト ポリ姉


途中経過時点ではおおむね今期多かった中間層上位 ( 自分比 ) の作品という見立て。完走は苦にならずそこそこ面白いが一皮むけてないといった「惜しい!」作品の一つ。
ただしそれは物語の全容が明らかになってくるまででした。起承転結の転から加速しきっちりまとめてゴールイン!一気に観るのがいいと思います。

引っ掛かったところ先に述べとくと、全12話のけっこうな部分を占める各惑星描写についてもっとエンタメに振り切って欲しかったな~ということですかね。


※各惑星の簡易説明

{netabare}惑星マクパ:当初目的地
惑星ヴィラヴァース:最初に訪れた惑星。肉食恐竜みたいなのとにょっきーん植物が脅威
惑星シャムーア:脅威のない草食動物。毒胞子まき散らすポールツリーが脅威
惑星アリスペード:リゾート惑星。地震と津波が脅威
惑星イクリス:自転してない過酷な環境。超獰猛な可動性植物が脅威
惑星ガレム:最後の惑星。わりと平和

一覧すると、植物らしきものが脅威だよというパターンが被りヴァリエーションに乏しい。{/netabare}

いきなり遠くの宇宙空間に放り出され、かくかくしかじかで食糧の備蓄量を見据えながら惑星を中継して帰還するという一大作戦決行中の若者たちです。

 未知の惑星にどんなものを持ってくるか?

これがいってみれば想定の範囲内。観てるこちら側の斜め上をいくようなタイプの惑星が登場してたら、

 本当に生還できるのか?

SFサバイブもののドキドキワクワク感はさらに増したことでしょう。
{netabare}そしてサバイバルパートが際立てば際立つほど第9話「全容見えてきました!」回との目線ずらしが奏功してたと思います。サバイバルと見せかけてサスペンスでしたの落差で評価は爆上がりしてたことでしょう。{/netabare}


この引っ掛かり以外は気にならず、中盤までゆるやかに右肩上がりで面白くなっていくストーリーだったと思います。サバイバルという題材と+αの謎{netabare}(「裏切者は誰だ?」){/netabare}を早々に提示してくれたおかげで、なにがなんだかよくわからないまま後半に種明かしみたいな不親切設計でもありませんでした。
起承転結の構成も手堅く、転からの終盤はオチも含めて意外性と納得感のある内容。このへん詳細は本編で!

ジャンプ連載だったわりには、下手に引っ張らず撒いた伏線を回収して短くスッキリと終わらせた構成にも好感を持ちました。良作です。



■物語の構成について ※ネタバレ

{netabare}出来過ぎなくらいハッピーエンドでしたね。それが嫌らしいと感じませんでした。
物語は以下の順で明らかになっていきます。

1.アストラ号メンバーの共通項
2.刺客はこやつ
3.この世界の秘密

序盤から2.は提示されていて視聴者の興味を引っ張る材料になってました。そして2.が明らかになれば当然「どうして?」がでてくるわけで、その説明が1.と思ったわけです。
これで1クールでも充分だったと思いますがおかわりがありました。3.です。期待値の一段上をいってました。{/netabare}


■優しい人たち

これは雑感です。人間の善意を信じようという作者の意図が根底にあったのだと思います。
{netabare}・ユンファのライブ会場に押し入ろうとしたキトリーと警備員とでひと悶着。直後、隣にいたアリエスのとある報告に控えめに拍手を送る警備員さん。さっきまでもめてたのにw
・アリエスの母ちゃんに連絡を取ろうとした時に、だれも疑わなかった。普段ならご都合とか平和ボケみたいに感じたろうにこの時はクルーの絆みたいなのをより強く感じました。不思議なもんだねぇ
・ピンポイントでしか覚えてなさそうなカナタが本を執筆できるわけなかろうもん。きっと隣にいた超絶記憶力の持ち主がサポートしながら書き上げたんだろうね、と妄想。{/netabare}




■(余談)カナタのアストラ

冒頭に戻るわけですがハイテンション細谷佳正さんが個人的にはイチオシです。
アツい!とにかく勢いがあるキャラでした。そして、彼は脳筋一歩手前の絶妙なバランスで好感度を保っていると思しき立ち居振る舞いをします。行動に根拠がある。よって知性も感じる。

モデルは武井壮?と思った人他にいないかしら。

なかやまきんに君でも春日でもないんだよなぁ 
武井壮なんだよなぁ



視聴時期:2019年7月~9月 リアタイ視聴

-------


2019.09.20 初稿
2020.04.07 修正

投稿 : 2020/11/21
♥ : 74
ネタバレ

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

これは良作である!

酷評派の私が良作というから間違いない(←ゴーマン化サーセンw
まあ、↑は半分冗談、半分本気です。
今年で上位に入ってる『約束のネバーランド』よりも余裕で面白かったです。

1クールの作品ですが、2クール分くらいのボリュームに感じました。
色んな伏線や謎があって、それらが見事に回収されましたね。
1クールという短い枠の中で、よくここまでまとめたものです。
物語の構成が上手い作品だなと感じました。
また、登場人物も皆感情豊かで一緒に冒険をしてるような錯覚を感じました。
自然と彼らに感情移入することができましたね。

この作品はネタバレをすると物語を楽しめないと感じたので、内容に関しての感想は控えようかなと思います。が、大雑把な感想は書いて行きたいかな。
SFと冒険活劇を合わせたようなストーリーで全般的にポジティブな内容。
ですが、登場人物の不幸な生い立ちやスリル満点の惑星探索など、ポジティブ一辺倒でもないですね。
やはり、良い作品というのは陰と陽のバランスが良いです。
歴史の謎・刺客の正体・なぜ登場人物の親は薄情者ばかりなのか?など、それらの解答は衝撃的でしたが、私が一番衝撃を受けたのはルカが{netabare} ユニセックス {/netabare}だったことかな。
私、この作品でこの子が一番好みだったんだよね(´・ω・`)

逆に欠点はSF的な視点で見ると詰めが甘いのと、ギャグが少々寒い。。。
まあ、この作品はSF的要素はそこまで重要ではないので許容範囲内かな。
ギャグは・・・、まあ、これも好みだしねw

終わってみると感涙もので、観て良かった作品でしたね。
私も一緒に旅をしたような気分になって、彼らと家族に成れたように感じました。
たまにこういう良作に出会えるからアニメ視聴は辞められないんだよなw

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

投稿 : 2020/11/21
♥ : 47

54.2 15 水瀬いのりアニメランキング15位
コメット・ルシファー(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (313)
1646人が棚に入れました
青く輝く鉱石、ギフトジウムに覆われた大地、惑星ギフト。

ソウゴ・アマギはギフトジウム採掘で栄える街、ガーデン・インディゴに住む純朴な少年。希少な鉱石を集めるのが趣味のソウゴは、ある日、同級生のカオン、ロマン、オットたちが引き起こす騒動に巻き込まれ、鉱山跡深くの地底湖へと迷い込んでしまう。

そこでソウゴは不思議な少女と出会う……

風にそよぐ青い髪、まっすぐに見つめる赤い瞳。

いったい彼女は何者なのか、この出会いがソウゴに何をもたらすのか。

そしていま、結ばれた絆が冒険への扉を開く――。

いま冒険の旅がはじまる。君と仲間と、運命を連れて。

声優・キャラクター
小林裕介、大橋彩香、高橋李依、寺島拓篤、諏訪彩花、水瀬いのり
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0

何年経っても色褪せない駄作w

[文量→中盛り・内容→酷評系]

【総括】
ボーイミーツガールの冒険譚。エウレカを700倍に薄めた感じ。はっきり言って、駄作です。でも、ここまでの作品は少なく、視聴から2年経っても記憶が薄れません。むしろ、なんだか愛しくなってきましたw アニメ上級者?の方へ、ネタ的な意味合いでなら、視聴をオススメしますよ♪

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
第1話、まずまず面白かったです。古き良き、といったドタバタ展開の中で巻き起こるボーイミーツガール。不可思議なロボットと謎の少女。名作、エウレカセブンを思い出させる始まりでした。

私の好き系の話で、この時点ではワクワクしましたよ、ええ。(てか、この1話目が最高潮です。鳥人間コンテスト並の低空飛行だけどねw)

しかし、回を重ねていくごとに、加速度的につまらなくなっていきます。特に、ラスト3話くらいはヤバいです。

どこがどう、というと、枚挙にいとまがないです(ドモンの無意味な死に様とか、最終話で新設定の説明会が始まるとか)。

とにかく、「設定を詰めるだけ詰め込んだのに、まとめる力も話数もなく、最後は超展開で無理矢利まとめる」という、一期尺の世界系アニメでやりがちなミスを思いっきりやってます。オリジナルアニメって、難しいですね^_^;

思えば、IS、武装神姫と、監督の菊地さんと合わないのかもしれせん。

久々に、「時間の無駄」を感じたアニメ。でも、なぜ、最後まで視聴したんだろう? やっぱ、何かを期待したのかな? よくよく考えると、意外と、評価2は途中で切るのに、評価1は結構最後まで観ている、謎(笑)
{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 27

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

久々の一話切り

放送前は水色の髪のロリヒロインを全面に押し出したオリジナルアニメという触れ込みだったので、天体のメソッドやプラスティック・メモリーズのようなものを想像して期待していたのだが…。
これ、結局ロボットものだよね。
まぁロボが守護神のような存在で乗って戦うわけじゃないのかもしれないけど、どっちみちロボットバトルが多くなりそう。

なんか裏切られた気がしたので切る。
キービジュにロボットも少し出してたので、決してミスリードしてたわけじゃないのかもしれないけど。
バンダイビジュアルならロボット物に決まってるだろ?という声が聞こえた気がした。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 11

猫耳サイクロップス さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.7

はあ(威圧)?

序盤は面白くなりそうな雰囲気だしてたのに。
思えば200m崖下に落下したはずなのに無傷だったところからすでに怪しかった。

ストーリーが皆目意味不明。無駄に壮大にしようとして大失敗したんかな。
いきなり最強キャラ死亡。無駄にキャラ殺すな!って突っ込みましょう。
主人公が無能。主人公なんていらなかったんや・・・
最終話とその前の話が繋がらない。違和感MAXでした。
主人公サイドは殺戮者。民間人なのに最後の方はしれっと敵ぶっ殺してるし。

とにかく矛盾点を挙げたらきりがない。何を思ってコレ作ったのだろうか・・・

総評;
「は?これが面白いわけないじゃん」

投稿 : 2020/11/21
♥ : 6

68.7 16 水瀬いのりアニメランキング16位
天体のメソッド(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (921)
4567人が棚に入れました
「この町の空には、いつも円盤が共にあった――」
「願いをかなえるために、ここにいる――」

霧弥湖上空に現れた謎の円盤。
出現当時は世界中を大混乱に陥れたが、そこに留まるだけの円盤への恐怖心は消え、次第に観光地となり、徐々に人々の興味も薄れて行った・・・

二人の少女が出会うとき、それは止まっていた時間が動き出す兆し。
想いが人を変えて行き新しい物語を刻む。

中学校生活最後の年。それは一生忘れられない時間(とき)。

声優・キャラクター
夏川椎菜、豊崎愛生、佳村はるか、小松未可子、水瀬いのり、石川界人

ato00 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

美しい風景の中での納得のいかない物語

申し訳ありません。
最初に謝っておきます。
萌絵につられたのが運のつき。
アニメの視聴選定を誤りました。

謎の円盤が浮かぶ観光地が舞台。
4人の女子と1人の男子。
それに、一人の謎の幼女の友情物語です。

最大の問題が、ヘッドホーンの娘。
いきなり「何しに・・・」はないでしょう。
でも、EDの腰振り後ろ姿は、可笑しかった。
それに、不思議幼女は何で生計をたてているのやら。
普通に考えるとおかしいでしょう。
トドメは、何?何?何?のラスト三段攻撃でした。

何故最後まで観たかって?
それは風景が美しかったからです。
聖地は洞爺湖温泉。
火山オタク憧れの地、有珠山へ数年前に行きました。
洞爺湖はもとより、ホテルから見る花火が綺麗でした。
生きている大地を感じられる稀有な場所。
皆さんも一度訪れてはいかがでしょう。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 63
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

キャラデザと音楽は素晴らしいんだけど…※極めて高い音楽の評価…

かわいいキャラデザとキャッチ―なOPED曲のイメージに反する、ギスギスした重苦しい雰囲気とわかりにくいストーリー展開(わかってみると「なんでその程度で怒ってるの?」と呆れるだけ)で失速した、作り手が何を見せたかったのかわからないオリジナルアニメ。
このアニメ、どうすれば良かったのかな。
{netabare}序盤の柚季を中心としたギスギス展開がまずはアウトなんだけど、彼女が折れた因果関係が明確じゃなかったしなぁ。花火をやる日付が過去と同じで、それでなんで改心するのやら。
その後の温泉回は好評だったけど、それからの汐音の態度はこれまた不評だった。それと、ノエルが汐音が自分が消えるのを気にしているのを気づいているようなことを言うので、ノエルって冷たくね?しょせんは人間じゃなくて感情の無い宇宙人か?キュゥべえなのか?とか思ってしまった。

11話でノエルが泣きだすシーンはうるっと来たんだが、その後の唐突なループ展開。
円盤とノエルは本来この世界に存在してはならないからリセットされて、乃々香と汐音だけ記憶残っている理由は、二人がにっこりになるのに必要だから、という理由はあるんだろうけど、見てる人の大半には伝わってなかったような。
そして最終回ではノエルが戻ってき…てないと思う。ノエルがラフイラストタッチだったのは、ノエルが「別次元」の存在で、現実世界ではやっぱり戻ってきてくれないってのを表しているんだと思う。{/netabare}
久弥直樹になんでこれでいいと思ったのか聞いてみたい。今のアニメをナメてるんじゃないかとすら思う。

音楽はよかった。「約束」は名曲、サントラをレンタルしたい。
ほんと、作画と音楽スタッフは気の毒。
Studio 3Hzには次で頑張ってほしい。まともな脚本家が付くといいね。

2015/11/9
最近はレンタルしたサントラをよく聴いてる。
「約束」が目当ての曲だが、それ以外は「希望を胸にのぼる丘」「夜へと駆け出す扉」「邂逅の天文台」が明るい曲で好きかな。全体的に暗い曲が多いんだよね。
でも同時期だとやっぱり結城友奈のサントラの方が勝るな。

2017/10/27
テレ朝の18:00台の番組でこのアニメの音楽がBGMに使われていてワロタw
どんだけ音楽の評価だけ高いんだよ…悲しいね。脚本がもっとマシだったら…。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 24

takarock さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

能動的な視聴と受動的な視聴と

keyの大ヒット作品「kanon」を手掛けた久弥直樹氏が原案、脚本を担当する
オリジナルアニメ(全13話)。

本作は、演出が非常に繊細で、表情や仕草だけでなく、
背景だったり、さらには何気なく出てくるアイテムを使って
キャラの心情を表現しています。

じゃあ、具体的にどの場面が?と言われると
視聴時には「あっこの演出上手いな」とか思った場面も
今ではもう何となくしか思い出せませんw(役立たず)

なんでこんなことになってしまったのかというと
本作の視聴時、萌え絵然としたキャラデザということもあってか、
ゆる~いアニメを観るような、
ただ漫然と眺めているといった極めて受動的な視聴姿勢だったからでしょう。

今になって思うのは、こういう受動的な視聴をしていては、
本作の良さというのになかなか気付きづらいと思います。

観終わった後に、
「ノエルが可愛いだけのアニメだった」とか
「訳が分からない切れ方をするヒステリックなやり取りがうざかった」とか
そんな感想になるのではないでしょうか。

訳が分からない切れ方というのも、そこにはちゃんと理由があって、
本作ではそれを逐一説明していないから分かりづらいのだと思います。
説明を求めるのでなく、自ら探っていくという能動的な視聴をしなければ、
その理由にも辿り着くことができないままということもあるでしょう。

アニメなんて娯楽なんだからだら~と眺めていたいというのは当然の要求だと思いますが、
1つ言えるのは、娯楽=受動的快楽ということではないということです。
ミステリーのように自ら犯人やトリックを推理していくという
能動的な楽しみ方をする娯楽だってあるわけですからね。
あと、劇場作品なんかは能動的な視聴をする人が多いですよね。お金払っているからですかねw
だから劇場作品の評価は比較的高めになるのだと思います。

私見ですが、オリジナルアニメには、
視聴者に能動的な視聴を求めてくる作品が多いと思います。
例えば「グラスリップ」。 私は観てませんけど(おい)。
ここでいくつかのレビューを読ませてもらいましたが、
「理解不能」という声が圧倒的に多かったですw
能動的な視聴をしなければ、その魅力に触れられないという作りなのでしょうし、
製作側は視聴者に挑戦状を叩きつけているのかもしれませんねw
オリジナルアニメという場で、何か新しいことをしたいという
高い志だったり、モチベーションだったりが、
そうした作品を作り上げていったのかもしれません。

私たち視聴者はその作品を視聴するかどうかを選べるわけですから、
制作側から真剣勝負を挑まれても、
疲れるから付き合いたくないということであれば、
それを回避することだってできるわけです。

自分が視聴している作品が、
能動的な視聴をこちらに求めているのかどうかを見極めることによって、
作品の観方も、そして評価も変わってくると思いますよ。

投稿 : 2020/11/21
♥ : 52

74.4 17 水瀬いのりアニメランキング17位
ご注文はうさぎですか?? (第2期)(TVアニメ動画)

2015年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (1053)
5418人が棚に入れました
この春から高校に通うべく新しい街にやってきたココア。
道にまよって偶然に喫茶ラビットハウスに入るが、実はそこが彼女が住み込む事になっていた喫茶店だった。
ちっちゃくてクールなチノ、軍人気質なリゼ、おっとり和風な千夜、気品あふれる庶民派シャロと全方位的なかわいさの登場人物に、チノの同級生マヤ&メグ、常連客の青山ブルーマウンテン先生も加わって、ラビットハウスは今日もすべてがかわいい!

声優・キャラクター
佐倉綾音、水瀬いのり、種田梨沙、佐藤聡美、内田真礼、徳井青空、村川梨衣、早見沙織、清川元夢、速水奨、茅野愛衣
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

まあまあの二期※6巻読了

4巻購入。
感想は…{netabare}モカの巨乳早くアニメで見たい…←変態
チノちゃんのバレリーナ姿早くアニメで見たい…←ロリコン

マヤとメグの出番が多いからそらまるりえしょん好きはいいね。

それにしてもなぜ吹き矢…なんでシャロが吹き矢の天才なんだw

ずっと謎の人物だった千夜のおばあちゃんがさらっと登場してたのは衝撃を受けた。

あと青山先生担当の編集さんはアニメで名前付きそう。
あとシャロはいつもコーヒー飲んでハイになってる方がいいんじゃないかと思った。
あとモカとココアの母もちらっと出てたが、今後出番増えそうだね。

ごちうさってサザエさん時空だと思ってたけど、進級とか1年たったとか成長してラテアートが上手くなったとかいう話が出てくるし、実は時間が流れてるのか?{/netabare}

ごちうさはなぜ面白いのだろうか?他の日常物に比べ何が優れるのか?という疑問について考察してみた。
{netabare}四コマ漫画の基本は起承転結である。ごちうさの原作を読んでみると、このセオリーに従った回も多いが、そうせずに3コマ目まで平坦な描写が続き、4コマ目で超展開になって一気に落とす、という回も目立つ。いわば起承承転である。
この起承承転という構成がアニメ向きなのではないだろうか。起承転結だけの四コマ漫画をアニメ化すると、ドタバタして落ち着きがない昔からよくあるギャグアニメになるが、ごちうさの場合はゆっくりと溜めて落とす、またゆっくりと溜めて落とす、というワルツのような様式美が形成されているのだと思う。
ごちうさは大げさに言えば「次世代四コマ」と称しても良いのかもしれない。
これは仮説にすぎないが、今後も検証していきたいと思う。{/netabare}

※注 以下、原作とアニメの相違点を多く指摘していますが、全てではなく気になった箇所だけです。
1話。
二期が始まるにあたり、二つの懸念があった。
{netabare}1.OPがDayDreamCafeに遠く及ばないのではないか?
2.ストックが少し足りない気がするのでアニオリが入るのでは?

…1.は覚悟してた通りノーポイッ!はやはり心ぴょんぴょんに及ばなかった。ニャル子の1期OP→2期OPくらいの差がある。まぁあの1期の神曲に及ぶ物はそうそう作れないよね畑先生も。これは仕方ない。EDもぽっぴんジャンプに負けてると思うが、ただチマメ隊の中の人が今や絶頂期の人気声優なので、オーラと風格で押し切った感があった。
2.についても懸念通りで、微妙に引き延ばししたりちょいちょい原作に無いティッピーのセリフを入れていたりして(その割に原作からのカットが多かった!)、一期よりテンポが悪くなったように感じる。こっちのほうがやばいよなぁ。うーん…まだ1話だし!{/netabare}

で、肝心の1話の内容は{netabare}1期で使わず残っていた2巻の第一話の写真の話と3巻第十話の取材の話。この二つは確かに親和性良いね。写真の話はチノちゃんの表情が微妙に変化してるという千夜のセリフや、リゼの「指だろ」や、粉末せっけんネタをカットしてたのが残念…なんでこんなにカットするんだ!?(一期で使ってたっけか?)原作知ってるとなんか不幸な気分。

取材の話は、雑誌の裏がゆゆ式の宣伝だったwココアのパン屋は原作よりはっきり見せてたので後の伏線っぽくしたね。
あとチノの母親は原作では顔をちゃんと見せてなかったけどアニメでははっきり見せていたので驚いた。チノちゃんそっくりやな。
{/netabare}

2話。背景の作画が凄くいいよな。感心する。
{netabare}今回は3巻の5話と9話。ワイルドギース襲来の時からリゼが捻挫していたことにしてうまくつなげたね。そのせいでシャロがメイドをやる理由が変わったけど原作のシャロの「あの時私が止めなかったから悪化して…」はピンと来なかったからこれでいいと思う。
P83,84まで使って超原作準拠で良かった。違いはしいていえばグラサン坊主とリゼパパが照れる表情を追加したとか最後に青山先生が驚いてないとか重箱の隅くらい。{/netabare}

いまいち盛り上がってないけど原因は明らかにOPだろう。安全策を取って心ぴょんぴょんという歌詞を入れたDayDreamCafeのアレンジ曲にすれば良かったのに。
ポイってポイってしないでよというフレーズがネガティブなのでノリにくいし。それに皆も薄々感づいていると思うが、この歌詞って日中関係や安保法案についての政治的なメッセージが込められてるよね。
「自分の力小さいノーノー」(個別的自衛権?)
「世界平和だご近所訪問」(首脳会談をやれ?)
「何人たりと私の前でケンカしちゃやだやだ」(尖閣問題?)
「趣味は違うけれど気が合いそう」(日中の対立)
良くも悪くもそういう現実から逃避するための作品なのに、そんなOPじゃポイされるのも当然。

3話。
{netabare}3巻の6話と4巻の8話。チマメ隊の絵と創作ダンスで親和性が良い…でも最近は無理につなげなくても普通に別の時期の話としてやればいいんじゃないのという気もする。

メグのお母さんは井上喜久子wこの人母親役多すぎ。でもこれでココアの母親役がわからなくなってきたな。ラブライブみたいに三石さんで締めとか。
ラブライブと言えば今回はレッスンの時のマヤがにこにーみたいだったな。
千夜の鎧姿は原作にはなかったね。
パースについての質問が一周してしまうシーンは、四人が最初から近くに居たのでアホみたいになってしまった。これは原作尊重してほしかったな。
ココアのお姉ちゃんぶってんじゃないよ!の顔も原作の方がいい←どんどん原作厨に…
今回は孫承希が絵コンテ担当で出来が悪かったらしい。韓国人だからだめだとは言いたくないが、ちゃんとやってほしいんだけど。{/netabare}
3話を見直して気づいたがパースの話をした後、カメラの動きでパースを見せるのが面白かった。

4話。どうでもいいオリジナルを入れて原作の重要な個所をカット!まさかごちうさで原作レイプが起こるとは…。
{netabare}4巻の2話と3話。
チノちゃんの酔拳はオリジナル。ちょっと笑った。
マヤが兄をパシりにするところはジャ○プが問題あるからかゲームに変えてたな。
そして今回の致命的なところだが、栗羊羹のキューピッドをカットしやがった!ここは千夜とシャロが感慨にふけるいいシーンなのに…ココアがいないとみんな出会えなかったという重要な会話。
その後に微妙な千夜シャロとタカヒロティッピーのオリジナルシーン入れるより、原作の一番いいところをちゃんと再現しろよ!
モカが来るシーンが列車だったのは面白かったかな。あの町って外から見るとああなのか。{/netabare}
ごちうさの良さの一つってしみじみとしたシーンだと思うんだが、そこを切るのってもう…。
やっぱこの二期はダメなのかなぁ。

5話。そうそう、このニヤニヤ感がごちうさ!見ながら顔がほころんでいた。俺はやっぱりごちうさが好きなんだと再認識して安心もした。一期の良さを取り戻したかな。オリジナル分多めのほうがゆったりした感じが出ていいのかも。
{netabare}4巻の4話。いつもより倍に引き伸ばしたね。これでストックは安心か。
最後にモカがチノがふとんに入ってくるのに原作では気付いてたのはカットしてたけど、まあいいか。
最後のにょぽみ先生のエンドカードwシャロ悲惨w{/netabare}

6話。今回も前半はずっとニヤケ顔で見てた。
{netabare}4巻の5話と6話。さぁまた細かい原作厨の突っ込みの時間だー。
シャロがココアが親にいじめられたと誤解する妄想はカットされてたけど鬱要素を省いたのかな。ココアとマヤとメグの会話もカット。あとアイスココアについての千夜のセリフを変えているね。
モカのココアの友達は年齢層が広いなあというモノローグはカットしないでほしかった。
鬱要素と言えばココアがモカと距離置いたのはアニメで見ると割と鬱展開っぽく感じた。
風呂と駅に行くシーンはオリジナルだけど良かったと思う。あの鉄道ってフランスの新幹線かな?
あと最後のタカヒロのお父さんに任せなさいは笑った。{/netabare}

7話。原作にあるマリア様がみてるパロはカットするかなと思ったらそのままやるとは。前の方でジャンプパロをカットしてるからやらないと思ったんだが、許可取ったのかな。
{netabare}3巻4話と11話。
カーテンを足で洗うのはオリジナル。なぜ青山さんの出番をカットした…。
シャロの愛想笑いには原作通りビカーッという擬音文字を入れてほしかった。でもこの手のアニメで擬音をよく入れるのってわかば*ガールくらいか。やっぱわかばは名作やったわ。
シャロの酔い方はアニメのほうはワイルドになってたな。{/netabare}

8話。
{netabare}4巻7話と3巻8話。シャロのノートのPyonpusにちょっと笑った(これはアニオリ)。
シストの話をまだやってないから秘密の抜け道がカットされてたね(細かい)。
後半の尾行の話は未アニメ化部分で一番好きだったりするが、アニメはまあまあだったかな。
シャロフィルターのカットは残念。ココアと千夜はアニメは汗流しすぎw
でも進級前の3月の話と夏の話をセットっておかしくね?{/netabare}

9話。
{netabare}3巻の7話と4巻の10話。確かにこの2つをつなげるのは自然だね。
シャロが記憶を思い出す時原作はナレーションなんだけどアニメだとシャロの独り言になってた。
ティッピー存命時の姿がはっきり出たのは初めてかな。目だけ隠れてたけど。
ババアのもてなしはモナカと羊羹だけでなくお茶も追加されてた。
そしてアニメだけのサービスで千夜のブラが!シャロの貧乳コンプっぷりも強化されてた。
千夜の祖母の声優は一条みゆ希という人だが聞いててくじらかと思った。{/netabare}

10話。
{netabare}4巻の9話と11話。青山先生の担当編集の人が出てくる話でつなげた。
4巻の時点では名前は不明だが、EDによると真手凛という名前らしい(一部で既に周知だったのできららMAXで発表されてたのかな?)。声優はみゃーもり。
前半で千夜がシャロが吹き矢が得意って話すのは最初に持ってきたんやね。これのせいで意外性が薄れたような。
シャロの勝負中千夜が頭をよぎったってセリフがカットはいいとして、最後のコマのラビットハウスで吹き矢が流行ったというオチを切ったのは残念だ。こんな失望感ばっかだなこの二期…。
その代わりかリゼが山遊びに誘う手紙を出す伏線が入ってた。でも原作だと手紙じゃなくて携帯メールなんだけど。
後半は、リゼの家って原作よりパワーアップしてんだな。
ココアとティッピーのベンチでの会話のカットが残念…。
チノがボトルシップを作る様子も入れる前に作っていておかしいと思った。{/netabare}
他にも細かい違いがあって原作を再現する気がないなと感じた。
Twitterで橋本監督が今日はゆゆ式の監督が演出だから期待してと言ったが、逆にだめになった感じ。名作ゆゆ式の監督でも慣れてる作品じゃないとだめなんだね。

11話。今回は良かった!原作で2話連続の話をそのままやると完成度は高くなるね。大自然の作画の出来もいい。
{netabare}4巻の12話と13話。山に行く話。
いきなりチノちゃんが空気を集めるネタをカット。ただし、不安なチノちゃんをココアとシャロが元気づけるアニオリ演出は良かった。アニオリでいいと思ったのは初めてか?
チノちゃんは原作では中州に取り残されるのではなく完全に溺れてるんだけどアニメだと時間的タイミングの兼合いで変えたのかな。
アニメではメグのスピン竜巻がパワーアップしている。
あとアニメではゾンビ演出もパワーアップしてる。バットはがっこうぐらしを意識しているのか。
あと回転踊りで原作はシャロが木に激突してるけどアニメはそれはしなかった。
あと原作のシャロはリゼに抱き付きまではしない。
あとチノの流れ星への願いへのマヤメグの反応がちょっと違う。
あとチノ父とリゼ父のシーンに吹き矢ネタが追加。
あと最後のオチは原作は全然違う。原作はチノちゃんが不眠で見張ってたで終わり。アニメはちょっとココアがかわいそうに見えた。{/netabare}
今回かなり原作と違いが多いな…ただ出来は良かったけど。

12話。
{netabare}4巻の1話と14話。シストの話を写真の話の間に割り込ませるという変則的な回。
チノのぼっち姿はコミックでもカラーなんだけどアニメはグレーにして悲壮感を出したね。
燃えるチノちゃんを熱がるココアはカット。
マヤメグがチノちゃんと仲良くなりたいから脱線してた話は原作より分かりにくいような。
シスト中4人が寄り道するところはカット。
あと全体的に原作にいる兎を描いてない。
あと肩たたき券がシャロのであるのをアニメは明確にしてない。
なお原作はシスト回最後のページにココアシャロ千夜リゼの幼い姿が描いてあって、これがとてもかわいい。アニメで見たかったな…。
原作14話の方は、青山さんがいないのと、千夜のはぐらかされてる?というセリフが無い。
最後のオープンカフェはオリジナル。1期の最後はチノが寝ているココアに話しかけるが、今回は逆になっている。
EDの新曲は良かったな。
…3巻1話のココアが自転車に乗る話だけがアニメ化されなかった。3期待ちか…。{/netabare}

【総評】
ごちうさの良さとは何か?現時点においては「世界観の新鮮さ」だと考えている。
ヨーロピアンな街並みに優雅な音楽、他では作れそうで作れないこの上質な空気感がウケて一期はブレイクしたのだと思う。
しかし二期ではその新鮮さが薄れてしまった(そんなの二期でよくある事じゃんと言われれば結局はそうなのだが)。
一期はココア・チノ・リゼ→千夜→シャロ→マヤ・メグ→青山の順に新キャラが登場し、その人物紹介が話の大半を占めていた。二期でもモカ登場回は良かったが、主な新キャラは彼女だけなのでそれ以外の話はマンネリ感を打破できなかった。
また、一期は図書館・温泉プール・映画館に行く話があったが、二期は山のキャンプを除くと店内や近所での話に留まっていたので、話に広がりがなく退屈に感じる事も多かったのだろう。

以上は原作からの問題点だが、アニメとしての問題点は上に挙げた4話と6話の、ココアが居なかったらみんなこんなに仲良くなれなかった・ココアの友達は年齢層が広いと言うシーンのカット。これが致命的。それがあっても多くの人の反応は変わらないだろうけど、人々の絆という作品テーマを端的に表す数少ないセリフをカットするこの愚行を自分は許せない。それと3話などの出来の悪さも痛かった。

ところで3期をやるとしたらいつ頃可能なのだろうか?2期は原作の23話分を使用している。2015/12月時点の残りストックは使用しなかった3巻の1話と、5巻予定分の8話。あと14話必要なので休載が無いとしても14カ月待つ必要がある。さらに序盤のアニメ制作期間もいるので最低1年半は待つ必要があるだろう。
まぁ現時点で3期が決まってないなら、実際は早くても2年後だろうね

2016/8/27
5巻購入。以下感想
{netabare}・ラビットハウスの夏制服…前との違いがわからん…。

・千夜はマヤメグの事ほとんど知らないように描かれてるけどそうだったっけ?メグとはキノコ狩りに行ってたけど。

・マヤが背が低いのを気にし出してるな。チマメでチノちゃんが一番背が高いんだよね意外だけど。

・千夜が伊達政宗みたいなぬいぐるみが欲しいと言ってるのでこの世界の歴史は現実の日本と同じと確定した?

・ココアが自転車に乗れるようになったと言ってるけどアニメではやってないんだよな。

・モカがココアと原付で二人乗りしてるけど、前回会ったときから1年経ってないんじゃない?その後に免許取ったような言い方だけど。

・ココアはあくまでも弁護士になりたいようだね。ガチ理系なのに。

・真手凛さんのチア最高や~。みゃーもりの声で脳内再生。

・最初のキャラ紹介はチノちゃんの音楽会のイメージだったのか。ラパンもまじってるけど。

・やっぱ千夜は演歌好きなんだ。

・チノ母の顔出たの漫画では初めてだな。ちなみにチノ母が亡くなったと明言しているのはココアのセリフ一度だけなんだよね。アニメでチマメ音楽会とチノ母の過去のジャズを見てみたい。

・チノ母との思い出の品を売っちゃっていいのか?

・シャロって千夜の古着着てるのか。すげえ経済的援助されてんだな。

・やっぱマヤの家は貧乏みたいだね。特待生狙えるほど勉強できる設定だったとは恐ろしい…。マヤメグがリゼの高校でチノはココアの高校に進学で決まりか。最終ページでもそんな感じ。

・ココアと千夜の高校で風水占い好きな子とか居候先が大工の子とかギャルっぽい子とかメガネ委員長とかクラスメートが沢山出てきているけどレギュラー化する気?特に委員長をやたら推しているが。{/netabare}

全体的に千夜の出番が多くて良かったと思う(不人気と言われたのを気にしてテコ入れ?)。ココアの高校のモブたちはアニメで名前付きそう。
3期のためには2冊分のボリュームが必要なので、3期があるとしたら最短であと1年半先くらいだろうか。

2017/8/2
ご注文はうさぎですか? アンソロジーコミック1巻の感想。

タイトル:カバーイラスト・漫画
著者:ハノカゲ(代表作「魔法少女まどか☆マギカ」コミカライズ)
感想:絵がまどかと全然違う…漫画はまあまあ。

イラスト:得能正太郎(代表作「NEW GAME!」)
感想:漫画だと思って楽しみにしてたのに…チノちゃんはコメントレター含めて違和感ある。幼女の絵は苦手?

タイトル:「これはウサギですか?」
著者:クール教信者(代表作「旦那が~」「小林さんちのメイドラゴン」)
感想:これが目当て。きらマギの短編はまどかという作品に対し批判的に感じたが、さすがにごちうさについては普通に描いていた。元々丸顔の絵柄が良く合っている。Koi先生自身もまどかの短編は微妙に批判的な内容だったしな…。

タイトル:「あたらしいこと」
著者:くろば・U(代表作「ステラのまほう」)
感想:相変らずこの漫画家はセリフが多すぎ…。絵柄は原作に無理に合わせてる感じ。くろば先生は千夜はシャロが好きだと誤解しているような…本命はココアでしょ。

タイトル:「アメリカンうさぎですか?」
著者:あfろ(代表作「ゆるキャン△」)
感想:まどかファンにはおなじみの作家。絵柄を原作に合わせてないのが良い。まどかでもそうだったしな。内容はごちうさでやらなくてもいいような。

タイトル:「結果的に餌付け」
著者:水無月徹(代表作「To Heart」)
感想:芳文社のアンソロって一人だけ凄いベテラン作家が入ってることがあるな…。

全体的にシャロの話が多い。シャロ以外のキャラは百合恋愛感情を持ってないからだろう。
あと七六という作家が軍オタのようでリゼがヤバくて面白かった。

2017/11/9
6巻購入。以下感想
{netabare}5巻は不人気と言われる千夜をてこ入れしたように感じたが、6巻は脇役たちにスポットを当てた回が多いように見えた。特に真手凛の躍進が目立ち、モカとポジションが入れ替わり下剋上感がある。
また今まで接点が薄く疎遠だったココアとシャロの関係を強化している。
それと後半でチノちゃんの成長をしっかり描いている(でも映画でも原作とちょっと変えてチノの成長を描くようだが…)。

アニメ化については、これで5・6巻の1クール分ストックが出来たけど映画で少し使うから三期はもうちょっと先だろうか。

個別に見て行くと…

巻頭カラーの人物紹介ページに真手凛さんが登場。そして名前は無いけどチノ母も…。

1話
千夜は腕力あるのかないのかわからんな。

2話
リゼは小学校の先生になりたいんか。つーか3年目のリゼ卒業問題はどうすんだろ。大学に行きながらラビットハウスでバイトという無難な展開になると思うけど。
大学には推薦とかさすがリゼさんですね。

3話
ついにきた凛さんメイン回!
凛さんは生論社という会社の社員なのか。外注の編集プロダクションの人かもしれないけど。
凛ちゃんさんはコーヒーが飲めず。Koi先生はレギュラーにする気はないようだ。

4話
青山のセクハラ度が増している…。
凜ちゃんさんのせいで青山さんの出るコマ数が削られるな。
凛ちゃんさん結局コーヒー飲んどるやんけ!

5話
ハロウィンか…2年目10月末まで来たんだね。
千マメ隊…。

6話
ハロウィンとは死者が訪れる西洋のお盆…そしてチノ母降臨。ここは雑誌でも読んだが、ごちうさ史上最大の問題回だと思う。
チノ母の頭にかわいい目のティッピーがいるが、ここの考察は説が分かれるんだよね。
・ティッピーは冥界と現世をつなぐ触媒であり、ティッピーにチノ母が憑依することでチノ母が現界している。
・チノ祖父がティッピーから一時的に離れ、ティッピーは本来のメス兎になり、自分に憑依させるのではなくチノ母の体を現界させる降霊術を発動した。
どちらの説もチノ母が降霊している間にチノ祖父がどうなっているのかわからない。
あとチノ祖父は天国に門前払いされたままと言っているのでやはり経営難による自殺だったのだろうか。

7話
リゼは推薦なのに受験勉強してるの?
なにげにレギュラーでチノちゃんが一番勉強できないんだよな。一見優等生キャラなのに。
なにげにエリート意識が高いマヤ。

8話
生徒会候補は千夜に。負けたメガネ委員長の声優は誰になるんだろう…。
千夜の演説、トップをねらえ!パロが入ってるぞwKoi先生があれを見ているとは…。

9話
もうクリスマスか!意外とペース早い?
シャロの様子を見ると、ココアの胸がかなり成長している?
ココアとシャロのからみを強化してるっぽい。

10話
ココアを欲丸出しの間抜けな雰囲気とかチノちゃんの毒舌冴えわたる。ここは声優演じるの大変かな?でもまれいたそもシュガ美も行けそうな気がする。意外にシュガ美さんは低い声得意だしね。
メグがココアに憧れているっていう最初の設定はどっかいったな。
店にリゼ父がいるだけで十分怖いと思うが…。
ここでティッピーを振り切り千夜シャロに支援要請したのはチノちゃんの成長の証。

11話
つーかチマメは受験勉強あるのにね。マヤは推薦だけど。

12話
メグは甘兎庵で働きたいのか。
凛ちゃんさん結局出番多いなwその分青山さんが…。
ココアがチノにあげた目覚まし時計は破壊されてしまったのだろうか…ぬううううん!!ってw

13話
やっとモカ登場。真手凛に食われたな。
チノちゃんのドヤ顔ええな。
最後に衝撃の事実・ココア母とチノ母は同じ高校で仲良しだった。それが縁でラビットハウスに来たのか?{/netabare}

投稿 : 2020/11/21
♥ : 40
ネタバレ

戸愚呂(青春) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

かわいいは作れる?ってレベルじゃねーぞ

1期のレビューはもふもふなので、2期まで通して視聴した感想でもつらつらと書きたいと思います。

まず多くの人がこの作品に対して抱いているように、「かわいい」に特化した、むしろ「かわいい」だけを楽しむ作品。で間違っていないと思います。

ですので、キャラクターに対して「かわいい」と感じなかった方はほぼ100%楽しめないと思います。

しかし、はたしてこの「かわいい」だけでこんなにも多くの人から愛され、誰もが知るタイトルに成り得るでしょうか?
もちろんそれにはそれなりの理由があると考えます。

真っ先にに浮かぶのは「キャラクター」の魅力であると思いますが、主要5人について事細かに全て書いていてはレビュー投稿が半年後くらいになりそうなので止めておきます。
ただ、これだけは言っておきたい。

「シャロが1番好きです。」

それ以外の観点から、ごちうさが何故こんななも魅力的と感じたのか、大きく分けて3つの項目で書いていきたいと思います。
多分長くなります。

◼︎尋常でない「かわいい」の追求
{netabare}
大量のかわいさで構成されているごちうさという作品は、その「かわいさを引き立てる情熱」が光る作品であると思いました。

自分が感じたのは「コスチューム」と「髪型」です。

それぞれのお店の制服をストーリーに則って着せているのは巧いと思いました。
加えて私服のバリエーションの豊富さが素晴らしかったです。
そしてどれもキャラらしさが出ていて、拘りを感じ取れました。

髪型に関しては本当にずるいですね、ちょっとお出かけや、運動するときなんかにちょこっと結んだりしてるんですよね、凄く自然に!(ここ重要!)
気になるあの子がいつもと違う髪型をしてるのを見ると「おっ!」てなりませんか?その感じです。
{netabare}

1期2話で、ココアがおさげ、チノがちょこっと2つにしてるのですが、チノの髪型を見てココアが嬉しそうにマネするみたいな微笑ましいワンシーンを妄想できますしね、たまらんな。
んー、チノがマネをしてるでもとても微笑ましいのですが、この時期だとそれは考えにくいかなと。
あ、もしかしたらココアが半ば無理矢理チノの髪を、、、
{/netabare}
こんな感じに、いい調子で気持ち悪いもとい心地よい妄想もできます。
他にも髪型がいつもと違うシーンがたくさんあります。
なんでこの髪型なのか、とか、
その髪型になった経緯とか想像すると凄く楽しいです。

このように、「かわいい」に関して飽くなき追求をしているのです。
それにより、こちらは飽きることなく、そして何回か観てもまた新しい発見があったりする訳ですね。
{/netabare}

◼︎無いようである内容
{netabare}
最初に「かわいい」だけを楽しむことを、間違っていないと書きました。
少し曖昧な表現をしたのは、
決して「かわいい」だけの作品ではないと思っているからです。

1,2期通してきちんとした成長物語があります。
個人的には1期では主にチノの成長、2期ではココアの成長が目立ちました。
友情面ではシャロが印象的でした。

塞ぎ込みがちで、あまり人に頼ろうとしないチノが2期ではチヤにアドバイスするまでに成長していたり、ココアの影響を受け心を開いていく様子が1番わかりやすいですね。

内容の面で1番良かったと思う点は、「ココアがしっかりと主人公」なところです。
そう感じたのは2期9話のチヤの台詞、ココアに感謝している。ココアと出会ってなかったらラビットハウスと甘兎庵は友達になれなかった。
というものです。
これはお店に限った話では無いと