田尻智で林原めぐみなおすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの田尻智で林原めぐみな成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月21日の時点で一番の田尻智で林原めぐみなおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.0 1 田尻智で林原めぐみなアニメランキング1位
ポケットモンスター[ポケモン](TVアニメ動画)

1997年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (260)
1382人が棚に入れました
 世界的にヒットしたゲームボーイ用の同名ソフトをもとに、97年から放送開始されたテレビアニメ。不思議な生き物、ポケットモンスターと人間が互いに助け合って生きている世界。この世界ではポケモン同士を戦わせるスポーツ「ポケモンバトル」が盛んに行われており、多くの少年少女たちが最強のトレーナーであるポケモンマスターを目指して旅をしていた。マサラタウンに住む10歳の少年・サトシもポケモンマスターに憧れる一人。彼は10歳の誕生日に、村に住むポケモン研究家のオーキド博士からポケモンをもらって旅立つことになっていた。しかしサトシは旅立ちの朝に大寝坊して、憧れていたヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメ(特にゼニガメ)の3匹を全てライバル達に持っていかれてしまった。そんなサトシに博士が差し出したのは電気ポケモン・ピカチュウ。かわいい容姿のピカチュウにサトシは一目ぼれ。こうしてサトシの旅は始まったが、一方のピカチュウはサトシに心を開かなかった。

nagi さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

ピカチュウ

非常にいいアニメでした。子供向けで昔ながらの単純なアニメです。常にロケット団が出てきておきまりな展開に。しかし、確実にストーリーが進んでいき最終的にはポケモンリーグで激闘していました。ぴかぴかショックもありましたが、それだけ視聴者が多かったのだと思います。幽遊白書なんて、もっとピカピカしてませんでしたっけ。それにしても、犯人のピカチュウのかわいさは異常です。未だにポケモン人気が続いているのはピカチュウの存在が大きいと思います。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

日暮 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

小さい時から好きです!///

私がポケモンにハマったのは、
2歳の時ですねww

「えっ!2歳から!!?」と思う人がいるかも
しれませんので、言っておきます///
それは。。。本当のことです^^;
母が言っていましたです(^^;
母からお話を聞くとですね。。。
凄く見入っていたそうです///
自分でも驚いています^^!

あっ!内容に触れていませんね^^;
そうですね、ストーリーからキャラ・音楽・声優
すべて良いですね^^★
大好きです(*´д`*)

私の場合!ネタばれになってしまう時が多い
ですので。。。(´;ω;`)
ここまでにします^^;

すみません。゚(゚´Д`゚)゚。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 6

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

OPを聞くとあの頃を思い出す。

遠い昔にまだ3~6歳頃に見た記憶を頼りに

書くので、何を書いてるのか「???」に

なっているかもしれません。

当時の記憶だと結構良かったように思います。

(当時の年齢から考えてのことですが・・・)

サトシの熱さ、ポケモンを思う気持ちが

色々な状況下に置かれ、悪い方向に変わって

いった心に響き、改心させていたように

思います。まあワンパターンな展開と言えば

そうなると思います。

あとは、OPを聞くと当時のことを思い出せる

くらいすごい記憶に焼きついています。

(どんだけ当時のインパクトが強かったのやら・・・)

とまあ、思い出深い作品です。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 19

64.4 2 田尻智で林原めぐみなアニメランキング2位
ポケットモンスター アドバンスジェネレーション[ポケモン](TVアニメ動画)

2002年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (116)
624人が棚に入れました
ポケモンマスターを目指す少年サトシの戦いと活躍を描くバトルアドベンチャー。日本中を席巻し、アメリカやヨーロッパでも大ブームとなった同名の携帯ゲームのTVシリーズ第4弾だ。ポケモントレーナー・ハヅキから、海の向こうのホウエン地方について聞いたサトシ。一緒に旅をしていたカスミ、タケシと別れ、ピカチュウ以外のポケモンを全てオーキド博士に預けて、ホウエン地方へと旅立った。そこで、サトシはハルカと名乗る少女と出会う。

KAISER-KEN さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

全てはここから始まった

ポケモンシリーズは小学校の頃からずっと見ててんけど、俺的に一番好きやったんはアドバンスジェネレーション時代かな☆

ストーリーはホウエン地方がメインで、キャラクターはサトシ、タケシに加え新しい仲間であるハルカちゃんとマサト君達が色々ポケモンバトルしたり、ゲットしたりーのの青春的な物語が描かれていますなのです(笑)www

ちょうど俺が中学1年の頃からやっとって、いつもビデオに録ってて学校が終わった後よう見とったわ^^w よく笑わせてもろうたし、時には感激させてくれました!!個人的にはハルカちゃんのアフターストーリーを描いてほしいぐらいです☆


ちなみにこの作品に出とった声優さんがめっちゃ好きやった!! 特にハルカちゃんの役を演じてたKAORI.さんとはこの作品がきっかけで、彼女が率いるロックバンドでよくライブに行っています!!

もしポケモンファンでまだ見てない人はおすすめっす!!良かったら見てください!!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 0

赤羽. さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

懐かしいなぁ・・・

初めて見たポケモンはこれでした。
無印も見た記憶がありますが、年齢的に低すぎてあまり覚えてません;;

このシリーズも全部覚えてるわけではないですが、かなり感動する回があって衝撃でした
確かラルトスが出てくる話、ハルカとニャースが主人公の話は泣きました゚(゚´Д`゚)゚

今の子は無印はともかくこのシリーズも知らない子がほとんどでしょうね(´・ω・`)
是非見て欲しいです!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

しろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

思い出の一部

アニメレビュー 懐かしシリーズ

中学進学と共に部活等で忙しくなりポケモンを卒業

このアドバンスジェネレーションは恐らく完走してません

それでも序盤はビデオで録画していっぱい観てました

内容は覚えていませんが、今作から登場のハルカが可愛かったです

曲はED1「そこに空があるから」が一番好きです


ゲームのルビー・サファイアはガチ勢でした

裏技とかもやって色々楽しんだ思い出が今でもあります

小学生時代にお世話になったポケモンには本当に「感謝」の一言です^^

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

62.9 3 田尻智で林原めぐみなアニメランキング3位
ポケットモンスター ダイヤモンド&パール[ポケモン](TVアニメ動画)

2006年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (90)
465人が棚に入れました
優秀なポケモンコーディネーターだった母の影響で新人ポケモントレーナーのヒカリは、ポケモンコンテスト出場を目指して旅に出る。
まず、最初のポケモンをもらうために、隣町のポケモン研究所へ出発するが、途中で道に迷ってしまう。
そのころ、研究所では新人用ポケモンのナエトル、ヒコザル、ポッチャマがケンカをはじめて大さわぎ!さらにポケモンたちは、研究所から逃げだしてしまい…。

シェリングフォード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

なかなか面白かったです。

初代『ポケットモンスター』からゲーム共々大ヒット作品です。
赤・青、金・銀、ルビー・サファイア、この次にくるのが本作であるダイヤモンド・パールです。

初代ポケットモンスターは僕らの幼い頃の記憶に強く結びついていることもあり
その面白さが正確には表現できませんが、興味津々に観ていました。
もうホント大好きでゲームもやっていましたし、指人形もめちゃめちゃ集めていました(笑)
アドバンスジュネレーションはいいとしてw
このダイヤモンド・パールは今観てもなかなか良かったのではないかと思います。

柱となるお話は3つ。
一つは、サトシのシンオウリーグ優勝に向けて。
2つめはライバル・シンジとの戦い。
3つめは今回のヒロイン、ヒカリのトップコーディネーターを目指して。

そして今回のシリーズの中心的テーマはおそらく「挫折からの奮起」。
本作は3つの軸を使い、このテーマをすこぶる生かせていたと思います。
サトシがバトルで負けたり、ヒカリがコンテストの一次予選に落ち
それでひどく落ち込んでしまうわけです。
そのときにどうするか、次に向かうための力をどう溜めるのか。
それは時間が埋めてくれることもあるけれど
『ポケモン』ではポケモンたちが励ましてくれたり、
サトシがヒカリを、ヒカリがサトシの背中を押したり、
また道中で出逢った仲間に奮起させられることもしばしば。
何度転んだって、遠くにある目標を見失わずに歩いて行けるんだ、という
小さな子どもたちに向けて良い教訓となるストーリーだったと思います。



3つの柱を見ていこうと思います。


一つめのサトシです。
初期から観ている人からすれば「お前はなんで成長をしないんだ。」とイライラしますね。
ピカチュウは進化しないまでもちょっとくらい強くならないのかな(笑)
まあこれは仕方ないですね。
『ポケモン』が子ども番組である以上、片手くらいの歳から観始めても
いくらか歳を重ねてしまうともう見なくなるわけですから。
主人公を交代しない限り彼を成長させてしまっては番組が終わってしまいます。
それに幼い子がどこから観ても面白く感じるようにサトシはお馬鹿さんでいなくてはなりません。
同じ目線というものが必要ですから。
だから効果のない、効果いまひとつの攻撃だってちゃんと放って
相手に通じないことを視覚的に視聴者に伝えなくてはいけないのです。
サトシはいわば永遠に廻り続ける観覧車の中にいるようですね(笑)
抜けることのできない半永久的ループw そりゃ、サトシだってつらいさw
シンオウのジム戦はなかなか良かったと思います。
面白い展開も何度かありました。


2つめ、ライバルのシンジ。
シンジはサトシと目標とすべきところは同じですが、ある部分で対立する存在です。
それは彼のポケモンの育て方にあります。
サトシは巡り会い捕まえたポケモンを大切に大切に育てていきますが
シンジはポケモンを捕まえるときに同じポケモンを何匹か捕まえ
使える、使えないを判断し必要のないポケモンは全て逃がしてしまいます。
そして選んだポケモンを彼は追い込んで追い込んで厳しく育てていきます。
サトシはシンジのやり方を否定しますが、シンジもサトシのやり方を否定します。
もちろんどちらのやり方も間違ってはいませんし、悪いこともないのです。
目標に向かう頑張り方は人それぞれなのです。
しかし、そのやり方が合わずに伸び悩むポケモンも出てきます。
(少しネタバレになりますが、知ることでつまらなくなるタイプのものではないので書きます)
シンジのポケモンの中にヒコザルというポケモンがいます。
ヒコザルはシンジの環境に順応することができませんでした。
だから特訓も痛いものでしかなく、シンジの口からでる言葉も罵倒にしか聞こえませんでした。
そんな状況では力も伸びず、ついにはシンジに捨てられてしまいます。
そこでサトシはヒコザルに手を差し伸べ、仲間に引き入れます。
ヒコザルはみんなが仲良しで協力し合うその環境に喜びのあまり涙を流し
そして新天地でその力に花を咲かしていくという3つの柱には挙げませんでしたが
本作はヒコザルの話でもあるといっても過言ではないです!(笑)
このあともシンジに対する恐怖心を克服しながら強くなっていく
ヒコザルのストーリーはとってもいいお話です。
僕もそういう経験があるので自分と重ねて泣いてしまいましたw
ちょっとねー、自分でもまさかと思いましたけど止めようのない涙がねw
終盤で行われるシンジとサトシのバトルは素晴らしいですよ。


ああそういえば今回ロッケト団はすごくフレンドリーです(笑)
なんなら協力してきたりもします。
どんどん立ち位置が分からなくなっていきますが僕は好きでした。

閑話休題。

3つめのヒカリ。
僕はこのヒロインがまあ好きですw
豊口めぐみさんの声がとってもいいですし、ビジュアルも好きです。
ゆりっぺもそうだったけど白い帽子かわいいですね。
まあかぶってないときの方が好きなんだけどねw
彼女はちょっと意地っ張りで優しい女の子。「大丈夫、大丈夫」が口癖で。
落ち込み方や塞ぎ込むところがすごくリアルで応援したくなります。
そうですね、応援したくなるところが一番の魅力かもしれません。
他にも身なりを気にする女の子らしいところもしっかりしてます。

彼女がコンテストを回っているときにノゾミという人物に出会います。
僕はノゾミもすごく好きです。
彼女はヒカリと同じでトップコーディネーターを目指し
1人で旅をするとてもストイックな女の子。
ヒカリが落ち込むときには出てきて励ましてくれる良きライバルです。
注目したいのはこの励ましに使われる言葉です。
基本ノゾミの発言はきついものが多く、そして重いです。
たまにドキッとしてしまうものもありました。
ノゾミの声優早水リサさんの声も鋭く、その真剣さは身に染みてきました。
彼女はすごい。ホントすごい。

コンテストといえば残念な点が一つ。
コンテストバトルとジム戦の戦いの違いが
作画の際にどれだけエフェクトをいれるかくらいしか違いがなくて
なんかあんまどっちも変わんないじゃんって思いました。
僕が6歳でもそれは感じたと思います(笑)




ええ、なぜか長々と語ってしまいましたw
けっこう面白かったと思うのですがどうなんでしょう。


まあ暇なときにでもいかがでしょうか(笑)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4
ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

自分にとって一番記憶に残っているポケモンシリーズ

全193話。191話で3人が分かれて区切りがつき、残り2話は特別篇扱いでそれぞれ、ヒカリが旅立とうとする話とタケシの話。{netabare}タケシの両親が頭おかしすぎる。石に気を取られてタケシの弟をジムリーダーにするための書類をなくすし、ジムの査定にジョーイさんがきて、ジムがなくなるかもしれないのに動じない。それにしても、タケシの父親の遺伝子強いな。一人くらい母親似がいてもいいのに。黄疸も強い。{/netabare}

シンオウ地方を舞台にしている。ヒカリ役は豊口めぐみだったんだね。作画も可愛いけど、声も可愛い。大丈夫、大丈夫が口癖だけど、大丈夫じゃない。

サトシのライバルとしてシンジが登場。{netabare}最初はポケモンの個体値を気にして勝利に執着することから育て方次第でどんなポケモンでも強くできると言うサトシと対立していたが、リーグ戦でサトシが勝利した後は良い雰囲気になってた。他にも、臆病で力を発揮できなかったヒコザルを手放したけど、ポテンシャルをずっと信じていたような描写や彼のドダイトスがサトシのハヤシガメにアドバイスするのを許すのもあった。{/netabare}

タケシは相変わらずだった。そして、止めるのはグレッグルの役割。痺れるけど、復活は早い。この作品ではなんと2回もチャンスがあった。{netabare}ミルタンクのメイド喫茶の娘とマルチバトルの大会で出会ったお姉さん。前者に至ってはすごいチャンスだったのに、他のお姉さんにいこうとする。勿体ない。{/netabare}

{netabare}ヒカリはコンテスト惜しかったな。あと少し。熱いバトルだった。ライバルのノゾミは強かった。ムサシの頑張りも中々熱が入っていた。ヒカリの替え玉でコンテストに出て優勝した王女のリボンをしっかり貰っていたけど。{/netabare}

{netabare}この作品でもサトシはリーグ戦で勝てなかった。でも、ベスト4行けてよかったね。伝説厨に負けちまうのは悔しい。それとは関係ないけど、サトシは相変わらずポケモンの相性を気にせず戦うよな。それで勝てるって凄い。{/netabare}

ギンガ団の話があったけど、結構あっさり終わっちゃった印象。{netabare}ポケモンハンターJも絡んでいるわけだが、そこまで話を掘り下げてはいなかった。ディアルガやパルキアを出現させるが、そこまで暴れることもなく、アカギが異空間に消えて、もう終わり?という感じ。幹部たちも深追いはしない。それまでに、一応、サトシ、ヒカリ、タケシがアグノム、エムリット、ユクシーの影を湖で見かけてという伏線めいたものがある。そのときに流れるミステリアスな感じのメロディが好き。{/netabare}

アルセウスを除いてレジギガス、シェイミ、ダークライ、クレセリアが伝説のポケモンとして登場。ダークライに至っては{netabare}伝説厨が使っているから2回登場。{/netabare}

この作品も出会いと別れが描かれている。別れのシーンは辛い。中でも、{netabare}サボネアを草タイプ大好きな変態?ナタネにコジロウが託す場面。ナタネはバトル中に草ポケモンを見ると奇行に走ってしまうが、その分、情熱が凄い。強くしてほしい気持ちはあるし、いくら強くするとはいっても、長く過ごしてきたのに、人に託すのは寂しいね。{/netabare}

OP
Together あきよしふみえ
Together2008
ハイタッチ! サトシ(松本梨香)&ヒカリ(豊口めぐみ)
ハイタッチ!2009
サイコー・エブリデイ! あきよしふみえ
サイコー・エブリデイ! (BAND VERSION) あきよしふみえ with THE GREATEST-BAND

ED
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜 HIKARI・Project グリン
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜(PopUp. Version)
君のそばで 〜ヒカリのテーマ〜 (Winter. Version)
風のメッセージ 水橋舞
風のメッセージ (PokaPoka-VERSION.)
あしたはきっと 歌奈子
もえよ ギザみみピチュー! ギザみみピチュー starring しょこたん
ドッチ〜ニョ? モーモーミルクとアラキさん
君の胸にLaLaLa MADOKA
挿入歌:過去作品で使われた楽曲が要所要所で流れる。

あきよしふみえの印象が非常に強かった。元気な明るい歌声が好き。
ヒカリのテーマはEDとして長い期間流れていてこれもまた、頭に残った。
風のメッセージを歌う水橋舞がGARNiDELiAのMARiAだったことは最近知った。そんなに前から活動してたんや。
最後のEDである君の胸にLaLaLaは残りの10話ちょっとくらいしか流れなかったのだが、もう少し聞きたかった。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 0

63.5 4 田尻智で林原めぐみなアニメランキング4位
劇場版ポケットモンスター/ピカチュウのなつやすみ(アニメ映画)

1998年7月18日
★★★★☆ 3.4 (31)
264人が棚に入れました
1998年に『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』と共に上映された『ポケットモンスター』の短編映画。夏休み、ポケモン広場にやってきたサトシたち。そこでピカチュウは、サトシに他のポケモンの面倒を見るように言われる。ポケモン広場を楽しもうとしたピカチュウだったが、一緒にいたトゲピーがお腹を空かせたのか、泣き出してしまう。ピカチュウたちはあやしたり、子守唄を歌ったりして、トゲピーを寝かしつけるが、そこにブルーやライチュウたちがしゃべりながら通りかかり、その声でトゲピーが起きてしまう。慌ててピカチュウたちがブルーたちに駆け寄るが、それがきっかけで言い争いとなり、やがて対決モードに……。ポケモン広場で、ピカチュウたちの熱い夏休みが始まる。

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

いつまでも大切にしたいものといえば

ミュウツーの逆襲と同時上映のおまけ映画で、
サトシたち人間は登場はするものの顔は映らず、
ポケモン達がメインのお話です。

いつも以上にかわいらしいポケモン達が見れる映画で
僕としては特にOP映像のサトシたちのポケモンが
全員にこにこして歩いているところが好きです。

仲が悪かった者同士が協力して物事を達成して
仲良くなるというストーリーも良かったですが、
間に挟まれるリズムに合わせたポケモンの鳴き声も良かったです。

そしてED曲で泣かされた・・・!小
さい頃は普通に聞き流してた曲がこんなにいい曲だったなんて!
歌詞がとても素敵・・・


「君がいつか開くこころのアルバムに 今年の夏の輝きをセーブしておこう」
普通に小さい頃を思い出すという事でも充分いい歌詞だけれど
小さいころこの映画を見た思い出が「今年の夏の輝き」として、
そして今久しぶりに再視聴したことが
「君がいつか開くこころのアルバム」って思うとなんか更に泣ける。

「ピカピカ魔法を解かないで いつまでも」
いい締め。
どんなに成長したとしてもあのなにもかも
全力で楽しんでいた気持ちを忘れちゃいけない。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

57.9 5 田尻智で林原めぐみなアニメランキング5位
劇場版ポケットモンスター/ピチューとピカチュウ(アニメ映画)

2000年7月1日
★★★★☆ 3.2 (18)
141人が棚に入れました
長編映画『結晶塔の帝王ENTEI』の同時上映作品。サトシたちがやって来たのは大都会ミレニアムタウン。待ち合わせの約束をした時間までしばしピカチュウは仲間と別行動をとるが、そこで出会ったのはピチューの兄弟だった。アクシデントから街中を走り回るハメになる三匹だけど、果たしてピカチュウはサトシとの約束に間に合うのかな……? かわいい新ポケモン・ピチューのアニメデビュー作。ナレーションと主題歌は酒井法子が担当している。

58.0 6 田尻智で林原めぐみなアニメランキング6位
劇場版ポケットモンスター/ピカ★ピカ星空キャンプ(アニメ映画)

2002年7月13日
★★★★☆ 3.2 (10)
70人が棚に入れました
世界中で愛されるキャラクターへと成長した“ポケモン"の劇場版シリーズ第5弾「水の都の護神 ラティアスとラティオス」の同時上映作品。おつかい帰りに森に迷ってしまったピチュー兄弟と、森で出会うさまざまなポケモンたちとの交流を描くミュージック・ファンタジー。タレントの優香がナレーションに初挑戦。 大事なおつかいの帰り道、ふとした不注意で乗っている機関車から落ちてしまったピチュー兄弟。森の中で迷子になってしまったが、そこで兄弟はピカチュウたちと偶然出会う。兄弟はみんなと一緒に森で一夜を過ごすことになり、さっそく楽しいキャンプがはじまるのだった。ところが、そこに再び思いもよらぬ事態が発生してしまう。たび重なるハプニングの連続に遭遇してしまうピチュー兄弟たち。果たして彼らはみんな無事に家に帰れるのか? 愉快な新ポケモン“ソーナノ"もスクリーン・デビューする短編作品。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ