【2019年07月最新】石黒昇アニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ石黒昇人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメの石黒昇成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年07月17日の時点で
一番の石黒昇アニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

検索結果:40件
アニメを並び替え:
総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 7
★★★☆☆ 3.5   物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 2.5  音楽 : 4.0  キャラ : 3.0

『宇宙戦艦ヤマト』『超時空要塞マクロス』などの演出家・石黒昇が原作、監督、脚本を担当した宇宙冒険&美少女もののOVA。貨物船アイアンゴブリン号の若きオーナーで船長の葵星太郎。彼は相棒のスケベなロボット・チラクおよび女性人格コンピューターのプリンプリンとともに、生活のためポルノグッズの密輸を行なっていた。そんな中、全地球圏のエネルギーの供給と制御、さらには人々に奉仕するロボット全般の管理を行なう南極のスーパーコンピューター「エテルナ」が人類に反乱。その影響で、お嬢様学校ルナフェリス女学院の高校二年生トリオ・ライラ、メイファ、ジョージョだけが乗る宇宙客船も機動停止してしまう。密輸船ゆえ自機のエンジンで動いていたアイアンゴブリンはエテルナの干渉を受けず、救難要請を受けた星太郎は三人の少女を救助に向かうが……。アニメ制作は、石黒昇率いるアートランドが担当。

総合得点 77.9 感想・評価 408 棚に入れた人 1844
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.0  作画 : 4.1  声優 : 3.7  音楽 : 4.3  キャラ : 3.9

50万周期にわたり大宇宙で抗争を続ける巨人族の二大勢力、男のゼントラーディ軍と女のメルトランディ軍。西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ軍の奇襲をうけた地球統合軍の巨大宇宙戦艦SDF-1マクロスは、脱出時の動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。追撃をうけながら地球への自力帰還をめざす航海の5か月目、土星の衛星タイタン宙域から物語は始まる。地球を離れる際避難した5万8千人の民間人は、広大な艦内に市街地を建設し生活を営んでいた。バルキリー隊パイロット一条輝はアイドル歌手リン・ミンメイや、上官早瀬未沙と近しい関係になっていく。そんなありふれた日常風景が、接触した巨人族たちの規律に思わぬ混乱を招くことになる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

基本設定はオリジナルTVアニメ『超時空要塞マクロス』に準拠の劇場版作品。

キャストも同じで、主人公は可変戦闘機VF-1Aのパイロット一条輝(いちじょう ひかる)。今やマクロスシリーズの代名詞となったWヒロインは早瀬未沙(はやせ みさ)とリン ミンメ... ▼もっと読む

総合得点 64.1 感想・評価 25 棚に入れた人 168
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.6  作画 : 3.2  声優 : 3.5  音楽 : 3.7  キャラ : 3.5

ガミラスとの苦しい戦いが終わって一年後、地球は空前の繁栄の時を迎えていた。しかし、地球はまだ、宇宙の果てからやってくる新たなる災厄である魔の白色彗星の存在を知らなかった。太陽系外周艦隊に配属された宇宙戦艦ヤマトは、地球への帰還途中に正体不明の飛行物体に狙われる。時を同じくして、地球に送られた強力な謎の怪電波、それは地球や宇宙に迫る危機を伝えるメッセージだった。古代はさっそく、防衛会議にこれらの事件の原因究明を進めるべきと説くが、繁栄に酔っている地球の人々は耳を貸そうともしなかった。新たなる危機に備えて、ヤマトは反逆者の汚名を着ながらも、メッセージの発信源のテレザード星に向けて飛び立ったのである。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」が上映された後にTV版の長編アニメとして再制作された作品。
基本的なストーリーは同じものの、劇場版とは違う結末を展開します。
近年のSFアニメにも見られない規模の強大な敵勢力との戦闘が見られて非常に面白い内容です。
またヤマトを終わりにする予定... ▼もっと読む

総合得点 63.8 感想・評価 30 棚に入れた人 151
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.6  作画 : 3.3  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

小学生の吐夢(トム)は、学校帰りに、ぽつんと空を見あげるネコをみつけた・・・その表情に強くひかれてしまうトム。ある日、そのネコは、トムの気持ちに応えたのか、トムの家までついてきて、飼ってもらうことに・・・。 そして、トムは、夜中に台所の異変に気づく、「えっ?ねこが・・・酒盛りをしながら・・・うたってる・・・?」 そうなんです「みかん」と名づけられた、そのねこは、人間の言葉がしゃべれるのです!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

みかん、好きです。登場人物も皆さん、好きです。猫好きには堪らない、作品です。 ▼もっと読む

総合得点 61.9 感想・評価 16 棚に入れた人 101
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.3  作画 : 3.0  声優 : 3.2  音楽 : 3.4  キャラ : 3.4

スウェーデン王国の児童文学作家ルーネル・ヨンソンが1960年代に著したジュブナイル冒険譚をアニメ化。バイキング・フラーケ族の族長であるハルバルには息子がいた。その名はビッケ。身体が人並みよりも大きくて力自慢のハルバルに対し、ビッケは身体こそ小さいが大層な知恵者だった。妻のイルバに苦言を呈され、名誉回復を望むハルバルは息子のビッケに石の運びくらべで勝負をしようと提案。だがその結果は頭脳を活かしたビッケの勝利に終わり、これを機に彼はバイキングの遠征に加わることを認められた。詩人のウルメたちとともに大海に躍り出るビッケ、一行を待ち受けるものははたして。本作の製作は途中までズイヨー映像が担当し、第53話以降は日本アニメーションに委ねられている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

・・・いや、こっちの方が古いんですけどね(^_^;)

子供の頃「食事中はテレビを消しなさい」と言う父が
ビッケだけは別という我が家のルールを思い出します。 ▼もっと読む

総合得点 62.1 感想・評価 10 棚に入れた人 81
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.3  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

『鉄腕アトム』(てつわんアトム、日本での英題はMighty Atom)は手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもある。21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)がエネルギー源の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。
初めてカラーで制作された作品。第1作よりもアクションシーンがかなり重視されたが、9回に渡って繰り広げられた「アトム対アトラス」のシリーズを見れば、「心を持つロボット」というテーマは本作でも健在といえよう。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「漫画の神様」の代表作ですね。
私は不遜ながら、神様の話を見てそれほど
強く感銘を受けた事はありません。
(もちろん普通に感銘を受けた作品は山ほどあります)
どちらかと言えば神様に感銘を受けた方々の作品に強く
感銘を受けました。
(石ノ森、永井、大友、寺沢、出崎、りんたろう)
た... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 20
★★★☆☆ 3.6   物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

1960年代に人形劇で大人気を呼んだネズミのキャラクター、トッポ・ジージョを主人公にした新設定のTVアニメーション。時は24世紀。人類とネズミ族は高度な文明を共有し、対等の立場にあった。そんな中、ネズミ族の英雄トッポ・ジージョは宇宙ロケット操縦の任務に就く。だが着陸艇のトラブルから、ジージョは時空を超えて400年前のカサリナタウンに不時着してしまう。24世紀の親友ネズミの先祖アルノールに救われたジージョは、さらに人間の少女ジーナ・ハーネスとも知り合い、この時代=1988年の世界で元気に生きていこうと考える。制作は日本アニメーション。キャラクターデザインは同社制作のアニメ諸作で活躍の白梅進が担当し、1960年代の人形ジージョの資料写真をもとに綿密なデザインの推敲が繰り返された。番組の内容はオリジナルのSF設定をもとに、メルヘン調のものから社会派ドラマ風のものまで幅広い広がりを見せる。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 11
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

日本アニメーション制作のTVアニメシリーズ『トッポ・ジージョ』の続編。24世紀から1980年代にやってきた未来の英雄ネズミ、トッポ・ジージョ。彼は人間の少女ジーナやそのペットであるハツカネズミのミミたちと楽しく暮らしていたが、そこに船員だったジーナのパパが一年ぶりに帰宅。それはいいが、パパは船乗りネズミでキザな性格のホーリーまで連れてきた。男臭いホーリーにミミはよろめきかけ、ジージョは突然現れたライバルに対抗心を燃やすが……。前作が諸事情で急に終了したのち、放送局を変えて登場した第二シリーズ。世界観は前作から、ほぼそのまま継承されている。内容面では、ファンタジー系の回や冒険アドベンチャー風の前作より挿話が多くなった。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 10
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.5  作画 : 3.3  声優 : 3.3  音楽 : 3.3  キャラ : 3.5

かわぐちかいじ(画)と狩撫麻礼(原作)によるハードボイルドアクション劇画『ハード&ルーズ』を約45分のOVA化。本作は原作第1巻の「5000gの恋」と「夜の拳」を中心に構成している。 私立探偵・土岐正造。売れているわけでもないが、仕事にはあぶれてもいない。外見こそ強面(こわもて)の土岐だが、内面的には人情味にあふれており、どんな小さな依頼でも引き受ける。そんな人の心を大切にした土岐だが、同時に元はボクサー志願だったこともあって、ラフなアクションが必要な時には全身で体当たり。土岐のところに舞い込んできた依頼は……。 本作の実制作は日本アニメーション。脚本や絵コンテ、監督を石黒昇が担当し、キャラクターデザインと作画監督を『タイタニア』などの杉光登が手がけている。主人公・土岐を人気俳優の渡辺裕之が演じたことも話題となった。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 7
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

『銭ゲバ』『浮浪雲』ほかで有名な個性派漫画家・ジョージ秋山による青年コミック『恋子の毎日』のOVA化作品。 ハンサムな若手ヤクザのサブ。彼は、明るく可愛い恋人の恋子と結ばれて半年目の新婚生活を営んでいた。たがいに惚れ合うサブと恋子だが、それぞれが周囲の異性の注目を心ならずも引いてしまう。伊達男のサブ、天真爛漫な恋子、そんな二人を取り巻く日常の行方は? 監督は『宇宙戦艦ヤマト』『メガゾーン23』の石黒昇、脚本は『男はつらいよ』シリーズなどを執筆の宮崎晃がそれぞれ担当。サブのCVは『マジンガーZ』兜甲児役の石丸博也、恋子のCVは『うる星やつら』のラム役が有名な平野文が演じた。

総合得点 87.0 感想・評価 854 棚に入れた人 3503
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.6  作画 : 3.8  声優 : 4.5  音楽 : 4.2  キャラ : 4.5

西暦2801年を宇宙暦1年とした遥かな未来。宇宙に進出した人類は、専制政治を敷く銀河帝国と民主共和政を唱える自由惑星同盟の二大勢力に分かれ、 150年にもわたる断続的な戦争を続けていた。長く不毛な戦いが永遠に続くかに思われていた宇宙暦700年代末、両陣営に2人の英雄が出現する。銀河帝国の貧乏貴族の家に生まれたラインハルトは、姉を皇帝に奪われた事をキッカケとして、銀河帝国を奪い取る野望を胸に軍人となり、出世していく。 一方、敵国である自由惑星同盟にあって、不本意ながら軍人になってしまい、不本意にも関わらず功績を立て続けるヤン・ウェンリー。 一見正反対の彼ら2人の登場により、人類の歴史が大きく展開し始める

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

チビの頃バブリーな友人宅でひたすら掻い摘んで観てた。
このサイトのおかげで見直すことになったわけで・・しかしまぁ長い・・・。

作品概要
三国志がベースになっているのは他でも語られる通り、その他様々な史実のオマージュで構成されている。
歴史好きな田中のオジサマらしく、後年の歴史家が語... ▼もっと読む

総合得点 71.0 感想・評価 301 棚に入れた人 1571
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.9  作画 : 3.3  声優 : 3.6  音楽 : 4.0  キャラ : 3.9

西暦1999年、突如宇宙より飛来し太平洋上の南アタリア島に墜落した巨大物体は、全長1,200m超もの宇宙戦艦だった。これにより異星人の実在と彼らの間の戦争の存在を知った人類社会は、宇宙からの脅威に対処すべく地球統合政府を樹立。世界規模の紛争(統合戦争)を経て、墜落艦を改修し「マクロス」と命名する。2009年のマクロス進宙式当日、地球付近に異星人の一方の陣営ゼントラーディ軍の艦隊が出現する。その存在を感知したマクロスの主砲システムが勝手に動作し、戦艦群を撃破してしまう。マクロスの正体はゼントラーディと敵対する陣営、監察軍が仕掛けたブービートラップであり、人類は否応なく宇宙戦争(第一次星間大戦)に巻き込まれることとなった。ゼントラーディ軍の包囲網から逃れるため、マクロスはフォールド航行により月の裏側への待避を図る。しかし制御に失敗し南アタリア島一帯を巻き込み、冥王星軌道付近に到着する。さらにフォールドシステム自体も消失し、通常のロケット推進のみでの地球への長い帰還の旅を強いられる事になる。その途上、南アタリア島住民5万8千人はマクロス艦内に街を再建し、戦争の傍らで普段の生活を営んでいた。アクロバットパイロットの一条輝は戦火の中で出会った少女リン・ミンメイを守るため軍に入隊し、可変戦闘機バルキリーのパイロットとなる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

<2018/8/24初投稿>
本放送時に観ました。

空前のアニメブームを巻き起こしたファーストガンダムの影響を色濃く受けた作品の一つ。

そして後にちょっとブームとなったマクロスFを始めとするマクロスシリーズの元祖となります。

1999年。
太平洋上に浮かぶ南ア... ▼もっと読む

総合得点 60.2 感想・評価 97 棚に入れた人 591
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.6  作画 : 3.4  声優 : 3.5  音楽 : 3.3  キャラ : 3.5

広大な宇宙に進出した人類は多数の星間国家を築いたが、その大半は実質的にタイタニア一族の支配下にあった。星暦446年、宇宙都市国家エウリヤはある権益を巡るトラブルからタイタニアの攻撃を受けるが、意外にもこれを撃退してしまう。この戦いを機にタイタニアの覇権を快く思わない人々が動き始め、さらにはタイタニアの内紛も絡んで銀河は激動の時代を迎えようとしていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

スペースオペラ・・・と、呼んでいいのか。
宇宙を舞台にした、支配者側とそれに抵抗する人々の物語。
原作者が銀河英雄伝説のあの方ですから、どうしても比較しがちになりますが、あそこまで政治色は強くありませんし、戦術面でも結構ご都合主義です。
(銀英伝をご存知ない方の方が楽しめるかと思います)... ▼もっと読む

総合得点 70.6 感想・評価 112 棚に入れた人 524
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.9  作画 : 3.8  声優 : 4.1  音楽 : 4.0  キャラ : 4.1

常勝の天才ラインハルトと、不敗の魔術師ヤンの初対決である第4次ティアマト会戦を中心に展開する。遙か未来において、銀河系に進出した人類は銀河帝国と自由惑星同盟という2つの陣営に分かれ、約150年間という長きに渡って戦争を繰り返していた。宇宙歴795年、帝国軍の若き大将、19歳のラインハルト・フォン・ミューゼルは、遠征艦隊を率いて自由惑星同盟との戦いに向かっていた。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

銀河英雄伝説の視聴にあたって
(視聴とレビューの方針を1作目の「螺旋迷宮」に代表して記載しています)
https://www.anikore.jp/review/1475830/

【銀河英雄伝説の時系列】
 (1) 「螺旋迷宮」
 (2) 「白銀の... ▼もっと読む

総合得点 72.5 感想・評価 45 棚に入れた人 417
★★★★☆ 4.0   物語 : 4.1  作画 : 3.7  声優 : 4.1  音楽 : 3.9  キャラ : 4.1

田中芳樹の手掛けた壮大なSF小説を原作としたOVAシリーズ。 遥か未来、宇宙に進出した人類は銀河系を二分する社会体制を構築していた。片や専制政治で統治された銀河帝国、そしてそれに対するは民主政治を敷いている自由惑星同盟である。この二国間は150年余の長きに渡り戦争状態にあったが、この停滞した状況に風穴を開けるべき逸材がほぼ同時に双方の軍にて頭角を現した。貴族社会を憎み自らが頂点たらんとする野望を抱く帝国軍のラインハルトと、卓越した用兵術を度々披露しながら本人は戦争嫌いという同盟軍のヤンである。この両雄の周囲にそれぞれ異才が集結し、やがて互いの国家の存亡を懸けた戦いが始まった! 音声だけ聴いていても十分楽しめる、といわれるほど超豪華なキャストによる掛け合いは絶品。外伝も含め計160エピソード以上もある圧倒的ボリュームは空前にして絶後だ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

過去に視聴済み。

アニメではまりすぎて
原作も円盤も両方とも買い揃えた最初の作品です。
原作の本編10巻外伝4巻の再現に興奮しながら
かぶりついて見ていました。

大変良かったのですが
残念だったのは富山敬さんが亡くなられ
ヤン役の交代があったことですね。

当時、円盤... ▼もっと読む

総合得点 66.1 感想・評価 33 棚に入れた人 162
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.8  作画 : 3.2  声優 : 3.6  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

西暦2062年、地球は軌道エレベータの所有権を巡り、2つの陣営に分かれて争っていた。桂木桂(かつらぎ けい)の所属する自由宇宙軍(フリーダム・スペース・コープス)は最新のD兵器・時空震動弾を用いて軌道エレベータのエネルギープラント破壊作戦を敢行する。だが、相手陣営の抵抗が激しく撤退せざるを得ない状況になり、憤慨した桂は未調整の時空震動弾を作動させてしまう。その結果、暴走した時空震動弾により時空は混乱し、世界はあらゆる多元世界の混じったパッチワークのような世界、相剋界に包まれた「混乱時空」と化した。そして桂自身も時空転移に巻き込まれ、時空振動弾破裂の20年後、混乱時空世紀20年(西暦でいえば2082年)の世界に飛ばされてしまった。桂はエマーンの隊商に拾われ行動を共にするが、混乱時空修復の鍵となる「特異点」とみなされ、各勢力の争奪戦にさらされる身となる。さらに、もう一人の特異点、オルソンはチラムのエースパイロットとして桂の前に立ちはだかる。過去と現在が複雑に絡み合う中、時空再生に向かって桂木桂はオーガスを駆る。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1983年 マクロスの影に隠れ過ぎてとってもマイナーな作品になってしまっている

ざっくり言うと主人公と戦友が時限制御爆弾の巻き添えになって、どことも分からない世界に飛ばされてしまう
後にそこは未来の地球である事が分かるけど様々な平行宇宙の重なった複雑な世界になっていた

久しぶりに... ▼もっと読む

総合得点 66.1 感想・評価 29 棚に入れた人 119
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 3.4  音楽 : 3.8  キャラ : 3.6

省吾がB.D.に敗れ去り、何処へともなく去って半年後。軍に智美の殺害容疑を掛けられたという理由もあり、新たな友人のライトニング率いる暴走族「TRASH(トラッシュ)」の元に身を隠していた省吾は、半年ぶりに由唯に再会する。その頃、街では軍に支配されたバハムートにより軍の広告塔と成り果てていたイヴを通して、人々を戦争に駆り立てるメッセージが連日流されていた。しかし、実はバハムートは完全には軍の管理下に落ちてはおらず、本来のイヴとも呼ぶべきもう一人のイヴ(軍によって作り出されたものではない、以前同様のイヴ)が現れ、7Gのオペレーターである省吾に対し、自分にコンタクトして欲しいとの呼び掛けを続けていた。省吾は半年間自分を待ち続けた由唯のわだかまりを身と心で解いて想いを伝えると、本来のイヴに会う為、そして彼女が何を自分に伝えようとしているのかを知る為、TRASHの助けを借りる。その頃、デザルグは本格的なMZ侵攻を開始していた。MZ側の一部が極秘裏に試みていた平和的接触も空振りに終わり、迎撃に出た最新鋭艦FX-101とその護衛部隊も、デザルグの圧倒的な戦力の前には為す術もなく壊滅してしまう。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

パートⅡはサブタイトルが、
(秘密ください)なのですが、
く・だ・さ・い、とドットが入るのが特徴です。
当時そういった手法などが流行りました。
そんな軽いタッチに相反して、
1からキャラデザが劇画調に一変します。
主役は1から引き続いていますので、
最初は戸惑うかもしれません。
... ▼もっと読む

総合得点 63.8 感想・評価 20 棚に入れた人 108
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.4  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.7

前作の好評から1年ぶりに再開された新シリーズ。物語の設定は完全に前作を踏襲する。数ヶ月の冬眠期を経たムーミン谷の住人は、春の訪れと共に目覚める。旅から帰ったスナフキンとも再会したムーミンの新たな毎日が始まった。ムーミン家には、ちょっと気弱な愛犬のメソメソくんが仲間入り。また谷の新しい住人として、男の子だか女の子だかわからない物静かなおしゃまさんも現れた。今日のムーミンはどんな体験をするのだろう?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

・・・・旧ムーミンって、二つあったんですね(゜Д゜)
 
ちょいと調べてみたんですが「大人の事情」ってヤツですねd(`・ω・´)
 
現在、視聴は困難なようですね(´・ω・`)
原作者の意向は尊重しなければいけませんが、何とかしてほしい... ▼もっと読む

総合得点 65.1 感想・評価 21 棚に入れた人 99
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.7  作画 : 3.6  声優 : 3.2  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

平野俊弘ら「マクロス」の作画スタッフが主力となって制作された青春SFアニメの第1作。もとはOVAとして作られたアニメで、同ジャンル黎明期の作品だが、同時に金字塔としての評価も高い。都内に住むバイク好きの若者・矢作省吾が友人から託されたバイク・ガーランドにはロボットへ変形する秘密が備わっていた。これを機に省吾を取り巻く状況は一変し、彼は軍から追われることに。やがて省吾はこの東京に隠された真実の姿と直面する…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

WOW WOWで全三作を再放送するというので、
ガチで見直しました(笑)

この作品に出合ったのは遠い昔、
関西で春休みや夏休みにその名もベタな
【アニメ大好き】という特集をしていました。
確か読売系のTV系列で放送しており、
その中のプログラムとして、
シリーズ三作を見たのを... ▼もっと読む

総合得点 61.4 感想・評価 19 棚に入れた人 88
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.2  作画 : 3.4  声優 : 3.2  音楽 : 3.4  キャラ : 3.5

省吾達の帰還から数百年が経った時代。人々はコンピューターシステムに支配された街「エデンシティ」で暮らしていた。それは、かつての人類の過ちを繰り返さない為に取られた手段だった。しかし、その支配を嫌ったレジスタンスによる反攻作戦が開始される。そして明らかになった支配者ウォン・ダイの正体は、あの矢作省吾だった。地球に帰還した際、彼を7Gのオペレーターと認めなかったクリエーター達は、バーチャルではなく人間であるオリジナル・イヴと彼との接触を恐れ、システムの操り人形ウォン・ダイと化してしまったのだった。省吾はその支配から開放された直後、後を本作の主人公であるエイジ・タカナカに託して死んでしまう。それを知ったイヴは単身、A.D.A.M.へ向かう。人々を救う為……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品といったら、マクロスのようなアイドル、歌

ゼーガに近い世界観

そして、子供と大人の葛藤

みんなが待ち望んでるラブシーンだったのに、


すべてなくなってしまっているのがこの作品だった。


正直がっかりだった。 ▼もっと読む

総合得点 60.3 感想・評価 20 棚に入れた人 73
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.3  作画 : 2.8  声優 : 3.4  音楽 : 3.3  キャラ : 3.4

アトランティス大陸の棺から1万年の時を経て甦った謎のヒーロー・黄金バット!悪の科学者ナゾーが次々と繰り出す恐ろしい怪獣達を相手に、シルバーバトンで立ち向かう!!昭和初期から紙芝居で絶大な人気を誇り、その後漫画にもなった「黄金バット」を、後に「妖怪人間ベム」を手掛ける事になる先鋭的な制作会社・第一動画がダイナミックな色彩とアクションでTVアニメ化。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

懐かしい紙芝居のひとつとして有名な黄金バットのアニメ版です。約50年前のアニメですがその面白さは不変です。

【物語】徹底して勧善懲悪です。それは正義!
【声優】( ゚∀゚)フハハ八八ノヽノヽノヽノ \
【キャラ】お気に入りのキャラはもちろんバケツいっぱ…一滴の水で蘇っ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 5 棚に入れた人 34
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.1  作画 : 2.9  声優 : 3.2  音楽 : 2.8  キャラ : 3.1

 聖悠紀のライフワーク的作品であるSF超能力コミック『超人ロック』シリーズのOVA化。「ロック」がアニメ化されるのは84年の劇場版に続いてこれが二度目。制作も劇場版と同じく日本アニメーションが担当した。金属製の手足を持つ優れたエスパーのロード・レオン。惑星ハノンに拠点を置く、多くの者から恐れられる宇宙海賊だ。そんな彼が狙う相手は仇敵のグレード・ジョーグ。巨大コンツェルンのアストリス会長であるグレード・ジョーグの一族抹殺に生涯をかけ、ロード・レオンは相手が支配する惑星を次々と襲っていた。ロード・レオンの行動の影には自分の手足が失われたことや愛する妹フローラが失明したことにグレード・ジョーグが関係しているという。宇宙連邦のヤマキ長官からの依頼を受け、ロード・レオンの調査に赴く超能力者ロックだが。本作のオープニングには全37巻(当時)にもおよぶ原作コミックのキャラクターが一挙に登場するという趣向も。なお監督は同時期に『銀河英雄伝説』も兼任した石黒昇が担当。

総合得点 計測不能 感想・評価 6 棚に入れた人 29
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 2.8  声優 : 2.8  音楽 : 2.9  キャラ : 2.9

三万年前、南極大陸に栄えていた超古代文明・ソロン王国[3]は、宇宙からの侵略者インベム星人の攻撃で滅亡の危機に瀕する。ソロン王国では、インベム星への直接攻撃のために、5人の少年戦士を強力な戦闘力を持つサイバノイド(改造人間の本作中での呼称)に改造した。彼らはガイスラッガーと呼ばれた。しかし、ガイスラッガーは遠いインベム星への長旅に備えた人工冬眠の実験中不慮の事故により、ソロン号諸共氷河の底に閉じ込められ、インベム星へ立つ事も出来ず祖国が滅びたことも知らないまま氷の下で眠り続けることになる。ソロン王国を滅ぼしたインベム星人だが、地球は氷河期を迎えたため、利用価値のない星として一度は撤退した。そして、三万年後の現代、地球を再び利用価値のある星と認識した彼らは、再び地球侵略を開始した。三万年の時を越えて覚醒したガイスラッガーは、インベムに殺された犬のジロをサイバノイド犬として改造し、5人と1匹のチームで、地球を守るためにインベム星人に立ち向かう。インベムを倒したとしても帰る祖国は既にないのだが、ガイスラッガーは母なる星・地球のために万能戦闘機ソロン号を操り、孤独な戦いを続ける。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

言うまでもなく、石ノ森章太郎先生の作品で
「サイボーグ009」の要素がふんだんに含まれています。
ある意味リメイクと呼んでも良いかも。

3万年前に故郷ソロン王国(地球の南極に
栄えた古代王国という設定)を
侵略者インベム星人に
奪われた5人の戦士の物語です。
5人は3万年も氷... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 15
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.4  キャラ : 3.0

英国の人形劇番組「サンダーバード」の新規映像化を企画意図に制作されたSFアニメ。西暦2006年。世界連邦の発足と同時に、地上から戦争は抹消された。だが進んだ科学の誤用や悪用から、新たな種類の災害や犯罪が続発する。これに挑んで人々を救うのは、連邦の下部組織・国際救助機構テクノボイジャーのメンバーだ。火鷹雷児たちテクノボイジャー隊の精鋭はそれぞれ機能を特化させた救助メカを操縦。今日も被災地に直行する。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 10
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.0  作画 : 3.3  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

 庄司卓原作の大長編ライトノベルのOVAシリーズ第2弾。400年のときを超えて転生した十幽将と異形のモノとの戦いを描く。魔界の住人である“憑物”は、現世に魔界からの出入口を出現させるため、魔界を封印する守人たちが襲撃される。守人の一人・木宮幻笙は封印を一人娘の楓に託し、自分の命と引き換えに楓を憑物の魔の手から救った。憑物から必死に逃げ続ける楓は、やがて十幽将の双葉と出会い、ともに魔物との戦いに打って出る。しかし彼らの奮戦をよそに、ついに魔界の門は開いてしまった。迫り来る魔物たちを打ち払い、現世に平和が戻る時は訪れるのだろうか……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

監督にはヤマトやマクロスの監督、銀英シリーズ監督の石黒昇
(もう亡くなってしまったが)

声優は有名どころで、

堀江由衣 緑川光 小杉十郎太 置鮎龍太郎 三石琴乃 

大塚芳忠 檜山修之



とある新作のアニメに酷めの事書いて、レビュー消したんだけど、
普通に面白い... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 9
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

『翔んだカップル』『特命係長・只野仁』などで有名な漫画家・柳沢きみおの青年コミックのOVA化。 高校三年生・海津龍一。彼は胸中で、『罪と罰』作中の富豪にして悪漢スヴィドリガイロフを信奉する、選民主義者だった。クールでプレイボーイの龍一は見栄えの良い外見を活用し、病院長の娘を攻略。その後に相手の弱みにつけこんで手切れ金・一千万円を要求した。金と出世と女を手玉に取る生き方を突き進む龍一だが、その先に待つ運命とは? 1990年代の実写映画や実写ビデオ作品に携わった制作会社・日映エージェンシーが企画制作したOVAの一本で、監督には『宇宙戦艦ヤマト』『メガゾーン23』の石黒昇が就任。アニメの実制作も石黒率いる制作会社アートランドが主体となっている。脚本は実写特撮番組『禁じられたマリコ』『仮面ライダーブレイド』などの今井詔二。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 9
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

 北米の女流漫画家マージョリー・ヘンダーソンが、新聞に30年以上に渡って長期連載し、世界的な人気を博したコメディーを、日本アニメーションの制作によりTVアニメ化したもの。アメリカのとある町で、心優しい夫婦であるダディとマミィの間に生まれたひとり娘のルルは、ちょっぴりマイペースだが好奇心旺盛で毎日を楽しく過ごしていた。同じ町に住む強気な下町っ子のアニー、太っちょで心優しいトビー、金持ちの御曹司だが控えめなウィルバー、ケンカっ早いイギー……といった面々は、いずれも個性豊かなルルの友達である。彼らは今日もまた、大人顔負けのバイタリティをもっていろんな騒動を繰り広げていく。純然たる和製アニメーションながらも、原作のもつカートゥーン的な雰囲気を色濃く残したビジュアルになっている。

総合得点 計測不能 感想・評価 2 棚に入れた人 8
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

1965年に萬画家の石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)が『週刊少年マガジン』で連載したSFギャグ作品をアニメ化。原作は他誌でも散発的に掲載され、このアニメ版放送当時は、読売新聞にも連載されていた。両親や姉と暮らす小学生ヤスシの家の隣に、不思議な親子が引っ越してきた。気が弱い恐竜のポチをペットにしていることも含めて何かと不可解なこの親子、どうやら未来からやってきたらしい……!? タイムマシンを使って珍騒動を巻き起こすその子供=仰天たまげ太くんのため、ヤスシの平凡な日常は一変して大変なことに! 本作は早朝のバラエティ番組「おはよう!こどもショー」の1コーナーとして月~金曜に放映された5分のミニ番組。たまげ太の“とんがり頭が火をふく”描写は児童層の間でちょっとした話題になった。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 8
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

松田優作主演映画『ア・ホーマンス』の原作でも知られる狩撫麻礼(原作)&たなか亜希夫(作画)コンビのもう一つの代表作で、カルト的な人気を博した日常劇画のOVA化。中近東で知り合った日本人同士、蜂須賀と久保田。今は二人は安アパート「月光荘」の住人で、特に、蜂須賀は格安の便所部屋暮らし。東大志望の浪人生・木村とともに、一般社会を彼岸に見据えた無為で過激な「ボーダー(ライン)」上の迷走生活を送る者となる。そんなその日暮らしの蜂須賀と久保田がありついた、おいしそうな仕事。それはTVのドキュメント番組のヤラセ要員だった。仕事の内容は不安だが、金は欲しい二人は……。監督は石黒昇。アニメ制作は石黒率いるアートランドが担当し、制作協力で日本アニメーションも参加。CVの蜂須賀=屋良有作、久保田=堀内賢雄のコンビが熱演。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 7
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

放映当時のオーストラリアブームを背景に制作されたメルヘンコメディー。おしゃまな女の子・サンディーが住む家に届けられた小包。それは38年前に行方不明になっていた祖父から祖母に宛てて送られたものだった。中身はコアラのぬいぐるみで、あまりの可愛さにサンディーは自分の鼻とコアラの鼻をコッツンコ。その途端、ぬいぐるみと思われていたそのコアラはまるで生きているかのように動き始め、人間の言葉すらも話すのだった。ブリンキーと名乗る彼は超能力を使い大好きなサンディーのため日々奮闘するのだが、水を被ると元のぬいぐるみに戻ってしまう。そんなブリンキーを連れ戻すため、異次元からコアラの女の子プリンティまでやってきて? オーストラリア繋がりということで、当時のCMにおけるユーモラスな疾走姿で一世を風靡していたエリマキトカゲも、劇中のところどころで姿を見せていた。

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 3
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

『六三四の剣』『JIN-仁-』などの代表作で知られる人気漫画家・村上もとかによる、青春ボクシングロマンの劇場アニメ化。ボクシング界に夢を求め続ける老マネージャーのA・ゴートンは、ニューヨークで天性のファイターである若者ガイ・ヒューガに出会う。ベテランのトレーナー、L・ローマンを迎えてプロボクサーへの道を歩み出すガイだが、ゴートンとローマンの体はそれぞれ病魔に蝕まれていた。だがローマンの過酷な修業のもと、必殺パンチ「竜巻(トルネード)アッパー」を修得するガイ。その彼に、ついにデビュー戦の日がやって来た! 監督は石黒昇。アニメの本編は50分で、全8巻の原作の前半=ガイのデビュー戦までを描く。脚本は『禁じられたマリコ』『仮面ライダー剣』などの今井詔二。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 1
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

天界から人間世界にやってきた可愛い天使を主人公とする、帯放送枠のギャグコメディアニメ。 藤野カン太郎とピン子の兄妹は、両親が経営する食料品店「マルフジ」を手伝っていた。そんな二人の前に、雲の合間から足を滑らせて人間界に落ちてきた、天使のチッポが登場。まだ子供で背中の羽根が小さいチッポは天界に帰ることもできず、そのまま藤野家の家族になる。人間界についてよく知らないチッポは純真無垢。だがとてもイタズラ好きで、今日も町に騒ぎを巻き起こす。 フジテレビ18時代の帯アニメ『そばかすプッチー』『ピンチとパンチ』に続く、ギャグコメディアニメ路線の第三弾。制作は同じフジテレビの子会社フジテレビエンタプライズで、スタッフも前二作とほぼ同様。受験勉強や教育ママゴンの登場で息がつまる現代児童、そんな彼らのストレス解消を意図した人気番組だったが、フジテレビエンタプライズが共同テレビに吸収合併されるのを契機に終了。そのまま本路線の終焉も迎えた。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

『ここだけのふたり』『エンヤ』などでも人気の女流漫画家・森下裕美による大人気四コマ漫画のOVA化。 大工の父ちゃんと明るい母ちゃんを親に持つ小学生・芦屋アシベは、元気で地声の大きな小学生。そんなアシベは、ある日、魚屋のトラックから落ちたあざらしの赤ちゃんを拾う。ゴマちゃんと名付けたアザラシを家族に迎えたアシベ。彼はまた別の日、ヤクザ風の男にからまれている中華料理店のお姉さんリャンリャンを助けて、彼女と仲良くなるが……。 1991年から放映のTVシリーズに先行して発売された、別個のOVA作品。内容は原作初期の物語をまとめたものだが、TV版とはCVのキャスティングなどの面で相応の違いが見られる。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

小学館「ヤングサンデー」誌に連載された漫画家・六田登のバイクアクションコミック『TWIN』を約90分の長編OVA化。母・可奈絵に精神障害を引き起こすほどの難産の末に誕生した日野ヒョオ。叔母に育てられて17歳に成長した彼はそんな出生を呪い、自殺願望を抱く。だが身を呈してヒョオを救ったのは一人の少女・内田響だった。彼女もまた元・恋人の一也との関係から心を病み、自殺を考えていたことすらある。そんな響は好きになってしまったヒョオへの想いを現在の生きる目的とし、そしてヒョオも響に少しずつ心を開く。彼女が教えてくれたバイクの魅力を知り、生きる意味を見出すヒョオ。自動車学校々長の五味や悪縁のあった不良・龍たちと力を合わせてレーシングチームを作り、世界GPを目指すヒョオだが……。本作の実制作はライフワークが担当。総監督は『超時空要塞マクロス』などの演出を手がけた石黒昇、監督は『機動戦士ガンダム』など多くの富野アニメに携わってきた演出家の関田修によるもの。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

俳優・萩本欽一が総指揮を務めるオムニバス映画「第2回 欽ちゃんのシネマジャック」の中の一作品として公開された約20分の短編アニメ。タレントの山田邦子のエッセイ的作品『一家ランラン』が原作である。山田自身もナレーション役で出演。東京・下町のどこにでもありそうなごく普通の家庭。そこで暮らしている直子は、運動音痴の政弘を兄に持った、元気で明るい7才の少女。そんな直子の母・正子の妹・義子に、お見合いの話が持ち上がった。お見合いにやってきた戸山洋はスポーツ好きの青年で、直子はそんな彼とキャッチボールで意気投合。やがて戸山と義子は晴れて結婚して子供を授かる一方、正子にもまた子供が……。本作の実制作は日本アニメーションが担当。なお全2回まで制作された「欽ちゃんのシネマジャック」は複数の短編映画で構成されているもので、観客が観た本数を自己申告して入場料(1本につき300円)を支払う独特の上映方式が採用された。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

ギャグやシリアスなど硬軟の作品を手がける鬼才漫画家のジョージ秋山が「週刊漫画アクション」で連載した青年漫画『恋子の毎日』のOVA第2弾。 料理、掃除もダメでさらには金銭感覚もゼロの恋子。だが明るく天真爛漫な彼女は愛する若手ヤクザ・サブとの生活に満足し、伊達男のサブもまた恋子との毎日を心から受け入れていた。ある時、サブの組長を救った恋子。これがきっかけで組長も恋子を気に入るが、そんな中、組長は敵対するヤクザに狙われてしまう。再び組長の命を助けた恋子だが、その一方でサブが刺されてしまい、さらに敵の魔手は恋子にまで及ぼうとしていた……。 本作の実制作は日本アニメーションが担当。監督の石黒昇や主演声優の平野文と石丸博也をはじめ、メインのスタッフやキャストは前作からそのまま引き継がれている。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

イタリアの名作児童文学『少年トトイとアザラシ』を原作とするエコロジーテーマの長編アニメ。当初は91年春季の地域公開を予定していたが、92年の初夏に衛星放送で初放映され、以後あらためて劇場上映された。 工業都市で生まれ育った少年アントニオ。母を公害病で亡くした彼は父とともに自然の美しい故郷の地中海サルジニア島へ引っ越す。そこでトトイというニックネームを与えられたアントニオは、島の観光名所である洞窟へ入った。彼は洞窟内にアザラシの母子を見つけ、その子供にザバイオーネと名づけるが……。 本作の実制作は日本アニメーションとアートランドが担当。美樹本晴彦のキャラクターデザインと、作画監督の杉光登による美麗なビジュアルは一見の価値あり。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

大正末期に偉業を成した日本人技師の奮闘を描く劇場用アニメ。日本統治下の台湾で、南西部に位置する嘉南平原は不毛の大地と呼ばれていた。総督府から技師として派遣された八田與一は、この地に広大な灌漑施設を造るという計画を立てる。その信憑性を疑う地元の農民たちは八田に対して敵意を抱く。その中に農民の子、英哲もいた。英哲は八田の土木にかける切実な想いに動かされ、次第にダムの必要性を理解し、自らも土木技師になる夢を抱くようになる。そんなある日、トンネル工事中の爆発事故により、五十余名が殉職してしまう。結果工事の中止が囁かれ、八田は苦悩に陥る……。主題歌には、台湾人の父をもつ人気歌手・一青窈が起用された。ちなみにタイトルの意味は、現地語での「八田が来た!」。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

冒険好きな正義の少年プッチーの活躍を描く、帯放送のSFアニメ。
目玉が大きく、そばかすが印象的な少年プッチー。彼はまだ子供だが、悪を憎み、正義を愛する冒険児だった。プッチーの仲間は、のろまな怪獣ネタローと、せっかちなオウムのガン公。彼らはミルクを燃料にして陸海空を移動するミルクカップ型のスーパーマシン・カップ号で世界を駆ける。そんなプッチーたちの前に立ちはだかるのは、欲張りな悪の天才ワルジーだった。『マリンキッド』の制作、『ジョニーサイファー』の制作協力などを行なってきたアニメ会社・テレビ動画の流れを汲む、フジテレビ・エンタプライズの制作作品。メインの演出スタッフには、のちに「世界名作劇場」シリーズや『忍者ハットリくん』などで活躍する池野文雄などが参加している。

総合得点 計測不能 感想・評価 0 棚に入れた人 0
☆☆☆☆☆ 0.0   物語 : 0.0  作画 : 0.0  声優 : 0.0  音楽 : 0.0  キャラ : 0.0

園山俊二の人気サラリーマン漫画を原作とするTVアニメシリーズ。それを元にした劇場版作品。ゴリラのような外見の中年男性・綾路地麻朱磨呂(あやろじ・ましゅまろ)。彼は公家の血筋ゆえ大層な名を持つが、現実は一般会社の係長職につく普通のサラリーマンだ。とはいえ現在の境遇に大きな不満を持っている訳ではない麻朱磨呂は、マイペースに仕事をこなして出世を願い、妻のヨーコや息子の太郎により良い暮らしをさせてやろうと思っている。さぁ今日も出勤だ。1976年10月から半年にわたって放映された、毎週2話一組の社会人向けアニメ。その第4、30話、7話、13話、26話を再編集してTV版の5年後に、完全新作のアニメ映画『マンザイ太閤記』の併映作品として公開した。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。