磯辺万沙子アニメOVAランキング 1

あにこれの全ユーザーがアニメOVAの磯辺万沙子成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年04月08日の時点で一番の磯辺万沙子アニメOVAは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

55.7 1 磯辺万沙子アニメランキング1位
コイ☆セント(OVA)

2011年2月25日
★★★★☆ 3.2 (45)
130人が棚に入れました
時は2710 年─。遷都2000年祭を迎える奈良。歴史保存と観光化のため、文化財などの建物を取り入れた超巨大ビルが並列して立ち並ぶ、そんな世界…。高校2年生のシンイチは修学旅行で奈良を訪れていた。周囲はどこもシカ、シカ、シカ…。うんざりするシンイチだったが、その時、突如白いシカがシンイチのカバンを奪って逃げてしまう。奈良の街を激走する一人と一頭。そんなドタバタの中、何者かに追われている謎の美少女トトを知らないうちに助けてしまうのだった。ひょんなことから、二人は奈良の名所を巡りデートをすることに…。しかし、その最中トトを追っていた連中がシンイチたちを見つけてしまう。さてはて、二人と一頭の運命は!?

シス子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

出会いは偶然

この作品
HDDの予約に
たまたま引っかかってて録画されてました

「あれれ、変態なんとかっての録れてない~!って来週からだった~」
な~んて
混乱状態で視聴しました^^


平城遷都1300年記念作品ということで
未来の奈良がモチーフとなっています

舞台は平城遷都2000年のお祭りに沸く未来の奈良

古都
奈良のノスタルジックなイメージに
未来的な幾何学模様を
混ぜ合わせたような背景デザインで
最初に観たときは
なんだか
不思議な感覚をおぼえました

メインのお話は
九州から修学旅行に来た
「シンイチ」くんと
謎の少女
「トト」ちゃんの
淡いラブストーリーです

30分一話完結の短い作品ですが
お話の展開が速くて
すぐに
ストーリーに引き込まれてしまいました


恋愛要素意外にも
アクションなどの
内容が結構詰込まれていて・・・

というより
30分の作品にしては
色々な設定を
詰込みすぎでは
と思うくらいでしたが

シンイチくんとトトちゃんの
ストレートに惹かれあう様子を見てたら
それだけで
お腹がいっぱいになってしまうくらい
「熱々」でしたよ
まったく(怒

でも
個人的には
こんな
単純でプラトニックな恋愛物語のほうが
感情を動かされやすいからなのでしょうか
最後は
ちょっとだけ涙してしまいました


一方で
突然
我に返り

奈良のPR作品なのに
シンイチくんやシンイチくんのお友達の九州弁が
妙にリアリティがあって

おぉ
九州もいいなぁ・・・

・・・あれれ?
いったい何をPRしたいの?

って思ったりもしましたが^^


ご当地PR作品なのに
なぜか
心を動かされた作品でした


最後に
作品の
終わりに出てきた
万葉集の歌が
なんだかとても印象的でした

たまさかに 我が見し人を いかならむ 
      よしをもちてか また一目見む

意味:偶然に私が出会った人にどのようにすればもう一度逢うことができるでしょうか

と~っても
ロマンチックな内容ですね

予約録画に引っかかってて
この作品に出会えたこと

ちょっとラッキーな偶然なのでした^^

奈良にいったら運命の人に出会えそう?

投稿 : 2020/04/04
♥ : 17

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

平城遷都1300年記念作品

『平城遷都1300年記念作品』として制作されたアニメ作品だが、
舞台になるのは、今よりもずっとずっと将来・・・
遷都2000年の祝祭に沸く、西暦2710年の奈良。

スーパーハイテクノロジーによって、さまざまなものが進化する中、
東大寺などの歴史的建造物は健在。
古いものと新しいものが見事に融合した街並みは、
なぜか日本というより、中国に見えてしまった。

主人公は、九州から修学旅行で訪れている平凡な高校生、シンイチ。
彼のリュックを盗んだ白い鹿を必死で追っているうちに
偶然出会った少女、トトとの短くて淡い恋を描く25分間のお話。

まるで千代紙の紙吹雪を舞い散らせたような色彩の中
展開される奇想天外な物語。
しかしながら、たった30分以内なのでどうしても説明不足。
短い時間の中で、説明もセリフも一切必要ないほど伝わってくる作品だって
たくさんあるのに、なぜこの作品ではそれがなかったのか・・
おそらく、シンイチとトトの想いが軽すぎたからなのかも。

それでも、緑豊かな奈良公園や、大仏様のある東大寺、
鹿の集まる丘の上からの景色などなど、よく知っている場所や建物が
たくさん登場するので、観光気分を味わえたのは良かった。

また、「柿本人麻呂歌集」より作られたという挿入歌も、
透明感があってとても良かった。

そしてラスト、「イーーーーッ!!」っと一斉に鳴いたシカ達が
仮面ライダーに登場するショッカーにしか見えなかったのは、内緒ですw

ちなみにEDの、シカのラインダンスも必見(笑)

投稿 : 2020/04/04
♥ : 32

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

奈良に行くシカないよね!

西暦2710年になって遷都2000年となっている奈良が舞台。
施設から逃げ出したトトを成り行きで助ける形となったトトとシンイチの冒険物語。

作品の舞台は奈良。
奈良と言えば大仏などの仏像や奈良公園のシカが有名ですが、奈良の醍醐味のオンパレードです。
トトとシンイチが未来の奈良を観光したり逃げたりするのですが、とにかく奈良が前面に出ています。
大仏の鼻の穴を通る場面ですが、実際に大仏をつかうのではなく同じ大きさの穴を通るはずなのですが、これだとさすがに地味な画になってしまうのかな^^;

作画はCGを使っていますが、かなり色鮮やかな出来になっています。
現在の仏像は地味な色になっていますが、本作品に登場する仏像等は作られた当時の色を再現しているのでしょう。
1000年以上同じ色を保つ技術は難しいので当然の結果なのですが、その枯れ具合を風流とかいう人もいます。

作画も音楽も良く出来ています。
約30分というショートアニメですが、技術を惜しみなく使っています。
製作費が気になりますが^^;

本作品は平常遷都1300年記念に制作された作品だそうです。
続編が観たい人は長生きして100年後に期待かなw
1300年というのは微妙な記念年に感じられますが、アニメ制作には丁度いいタイミングだったのでしょう。
アニメ好きな人であれば奈良観光する前に一見しておきたいPR作品。



       奈良にいくナラこれシカない!

投稿 : 2020/04/04
♥ : 18
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ