最新おすすめ神EDアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ神EDアニメランキング

検索結果:212件
アニメを並び替え:
総合得点 69.2 感想・評価 566 棚に入れた人 2329
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.7  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 3.7  キャラ : 3.6

我聞悠太は高校2先生。

一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく、日夜オカルトに挑んでいた。
ところが、そんな彼のブログをきっかけに、徹底的にマニアックでおかしな同志たちが大集結。

自己矛盾型自称救世主
神癒霊能媒介者
全否定型超理論派大学生
萌え系占い大先生
死後の世界案内人
未来予知型同人漫画家姉さん
黒魔術代行屋
リア充系雑誌記者
残念系コスプレオタク刑事

出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、やがて想像を絶する大事件へと発展していく──

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

私の「2016年秋作品10月末視聴時点ランキング」からは漏れてますけど、面白いとは思っていました。まだ作っていませんが12月視聴終了時ではTOP 10入りの予定。

作中のオカルトの種類が妖怪とか神様ではなくて、生霊とかのガチでオカルトなアニメ作品って意外と少ないような気がします。

ああ、『心霊探偵 八雲』とかはそうだったか…。

ということで、本作は小説とゲームとアニメのメディアミックス展開作品でどれが原作とは言いにくい感じではあります。

小説版が先行して出ていたようですが、アニメが途中で追い越してしまいました。

もう「オカルト」って言いきってしまっているので「ノックスの十戒」的にはミステリー作品とは言えませんが、作中で状況を推理する場面は多々あり、ミステリー的な楽しみ方ができる作品です。

人物の影の有無など画面内にいろいろなヒントが隠れていて、作画がちゃんとしていないと成立しない作品だったと思うのですが作品が要求する作画クオリティは終始保たれていたと思います。

我聞くんをはじめとする登場人物のキャラはかなり立っていたと思います。OP/EDも作品に合っていて、特にED曲が好きでした。

尺に収めるために早台詞になって演じるのも聞き取るのも大変とかいう事態になっていた気もしますが、スタッフ&キャストのみなさん、楽しめる作品を作っていただきありがとうございます。

おつかれさまでした…。

総合得点 92.3 感想・評価 11918 棚に入れた人 40308
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.3  声優 : 4.3  音楽 : 4.3  キャラ : 4.4

高校3年生の少年 阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、3年間ろくに話したことのないクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。ひたぎは体育の時間には全く参加せず、病院通いを続けているのだが、実は彼女には体重と呼べるものが殆ど無かったのである。暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと執拗な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さをそっくり持っていかれたのだと言う。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1.1話の学校の廊下での怖いけどすらりとした黒ニーハイが夕日に美しすぎる戦場ヶ原
2.12話の阿良々木の内股を執拗にイヂワルする私服姿の戦場ヶ原
3.2話の阿良々木に逆切れする柄アンディーズ姿の戦場ヶ原
4.5話の教室で修正済み阿良々木と幸せそうに話す流し目が美しい戦場ヶ原
5.7話の線路の上で微笑しながら立ちパンチラするガードルも似合いそうな戦場ヶ原
6.1話の駐輪場で阿良々木の要求に「え?え?」といきなりイノセントに戸惑う戦場ヶ原
7.15話の自転車の後ろで阿良々木によりかかる幸せそうな戦場ヶ原
8.3話の尻を突き出して公園の肉バイク(?)に乗るいきなりMになったギャップがいい私服姿の戦場ヶ原
9.8話の白パーカー姿でも凛々しい戦場ヶ原
10.12話で阿良々木に黒い悪い子と言われツンデレなのに涙ぐむ戦場ヶ原

総合得点 76.7 感想・評価 254 棚に入れた人 1432
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.2  作画 : 4.5  声優 : 4.3  音楽 : 4.3  キャラ : 4.3

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫―― その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。
≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。
フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。
≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。
その爆発的な広がりを牽引したのは、、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。
アスナたちもプレイするそのゲーム に、キリトも参戦しようとするが……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

SAOファン必見と言いましたが自分はファンとかではなかったです。
一応、TVアニメは全て見ています。
今までファンではなかったけどこの映画ファンになりました。

《レビュー》
※見終わってる人は読まなくていいです。

あらすじは予告編を見ていただいたと思います。

キャラの言動や「どうして?」と思ったところを
2時間ちょっとの間で全て解決してくれていて
丁寧に作れてる映画だと思いました。
かんに障る展開も特にないし。

戦闘シーンは今までTVアニメで見てきたものより迫力があり・・・

ネタバレになってしまうのでレビューはここまでにします。
見る前にハードル上げるのもしゃくなので・・・

キャラ達は今までよりももっと魅力的に書かれています。

SAOに好きな部分が少しでもあるならとてもオススメです。
SAO1期第1話のワクワク感が帰ってきてます。

《感ོ想ོ》
※見終わった人だけ読んでください。
{netabare}
まず、言いたいことは
神演出神作画で最高の映画でした!!!
100層での戦闘は常に鳥肌が立っていました。
何よりキャラの服装デザインが良かった。
1番見慣れた服装で1番かっこいいと思います。

★鳥肌が立ったシーン
100層での戦闘で途中でアスナが参戦してシリカを救ったシーン
みんなの服装が初期になったシーン
ALOやGGOで登場した準レギュラーたちの登場シーン
アスナが100層のボスに攻撃した時にユウキの姿が出たシーン
というか、100層でのボス戦はほとんど鳥肌立ちっぱなし。

こんなに演出や作画に鳥肌が立っていたの
最近ではハイキュー3期とポケモンXY&Zくらいだったので嬉しいです。
心の中で「うおおおおお」と叫びました。
映像作品としてのとてもいい映画だと思いました。

主人公最強系とか言われてたけどこの映画は主人公以外も強くて
俺TUEEEEという感じも無かったです。
特にクライン率いるおっさんチームのコンビネーションとても良かった。
エギルが少し呆気なく感じたけど。

キリトがアスナに抱きつくシーンも良かったけど
でもやっぱりアスナのお風呂シーン良かった。
アスナおっぱいあんなでかかったんですね。
キリトに大きくしてもらったのかな???
キリトとアスナの絆を最後まで感じれた気がします。



最近、
『ファンタビ』『ローグワン』『バイオハザード』
『ドクターストレンジ』『ミス・ペレグリン』
と、3D視聴が多かったから2Dは目の負担が少なかったです笑

今日(2017年2月24日)見たのですが
MステでLiSAが主題歌『Catch the Moment』を
見れてまた更に興奮させてもらいました。
作曲が田淵智也(UNISON SQUARE GARDENボーカル)と聞いてすごい納得笑

鳥肌立ちっぱなし最高の映画でした。興行成績が良い結果になることを望みます。
せめて、深夜アニメ歴代最高収入を出してほしい。
{/netabare}

総合得点 63.7 感想・評価 173 棚に入れた人 655
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.7

あなたには、世界はどう見えているんだろう―――。

扉をひらくカギを手にしたふたりのヒロイン、パピカとココナ。

少女と少女は出会い、そして別の時間、異なる空間「ピュアイリュージョン」での冒険が始まる。

願いを叶えてくれるという謎の結晶体"ミミの欠片"を求め、ピュアイリュージョンを巡るふたりの前に 様々な困難が立ちふさがる。

ふたりに危機が迫ったとき“ミミの欠片”が輝き、そして彼女たちは変身するのだった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ピュアイリュージョンとは何なのにょろか。
ココナの飼っているウサギの「ユクスキル」から、ドイツの生物学者ユクスキュルの唱えた「環世界」がピュアイリュージョンの元ネタといわれているにょろーん。
では、ピュアイリュージョンとはなんなのか、考えていきたいにょろーん。

↓長いのでたたむにょろーん。読まなくても大丈夫にょろーん。
{netabare}
日高(ドクターヒダカ・・・!)によれば、世界というのは必ず主体があって成り立つものであるにょろーん。そして
「客観的環境というようなものは、存在しないことになる。それぞれの動物が、主体として、周りの事物に意味を与え、それによって存在するのは、彼らのこの環世界であり、彼らにとって意味のあるのはその世界なのであるから、一般的な、客観的環境というものは存在しない。つまり、いわゆる環境というものは、主体の動物が違えばみな違った世界になるのだというのである。」(日高:39)
みんなが感じるような、前提となる環境というもの、それ自体、存在しないというのだにょろーん。

では、主体がみている世界とはなんなのか、それこそが、イリュージョンということにょろーん。
動物にとって、イリュージョンとは世界そのものであるにょろーん。
「イリュージョンはそれぞれの動物のその知覚の枠というきちっとした根拠のあるものの上にたっている。人間の場合もまた同じである。そうすると人間の構築している世界もイリュージョンで成り立っているといってもよかろう。」(日高:18)
人間にとっても世界はイリュージョンで成り立っているにょろーん。

そもそも、動物にとって、それが実在しているかどうかなんてことはどうでもいいことにょろーん。
「ある動物主体が構築している環世界というものは、「実在」している現実とは非常に違うものであるということになる。われわれはなるべくものを客観的に見ようとするので、今、そこに見えてるものが真実かどうか、いちいち問う。しかし、動物たちはそういうことは問わない。ある信号があればそれがどういう意味をもつかは遺伝的に決まっているので、それに従って世界を構築していく。そして、できあがる環世界は現実のものとはまったく違ったものになる。」(日高:78)
環世界というのはイリュージョンのことにょろーん。できあがったイリュージョンは、そのイリュージョンは「実在」する現実とは別のものにょろーん。

つまり、動物はイリュージョンのなかで生きているにょろーん。
「動物たちの環世界というものは、現実の客観的なものというよりは、イリュージョンが作り上げた世界なのである。そして、動物たちは、ほとんすべて、このイリュージョンの世界の中で生きており、それによって単に生きるだけでなく、何十万年にもわたって、子孫を残し続けてきたのである。」(日高:82)
それぞれのイリュージョンのなかで動物は世界を構築し、繁栄してきたにょろーん。

ここまでは、動物からみた世界がイリュージョンであるということを述べてきたにょろーん。
しかし、動物だけでなく人間にもイリュージョンがあるにょろーん。
「人間は概念によってイリュージョンを持ち、そのイリュージョンによって世界を構築する。他の動物はおのおのがその知覚的な枠に基づくイリュージョンによって環世界をもっている。知覚的なものはおいそれとは変わらないから、代々まったく同じ環世界をもっている。」(日高:151)
つまり人間も「実在」する現実とは違うイリュージョンのなかで生きているのであるにょろーん。

さらに、人間のイリュージョンは時代によって変化するにょろーん。
「人間は、時代により文化によって変わることの可能なイリュージョンを展開させることができ、それによって世界を認識する。」(日高:171)
例えば昔天動説が本気で信じられていたように、「実在」する現実と人間が思ってる現実とは違うにょろーん。
そもそも、「時間」という定義は自明(当たり前)だと思われているが、「時間」は近代社会固有の定義なのであるにょろーん。
アフリカのホピには時制はなくて、「顕在態」と「潜在態」というものがあり、過去や現在は有るものとして蓄積していると感じられているにょろーん。
ホビに限らず、多くの原始社会では「非時間的」な感覚があるにょろーん。
つまり、「時間」がある世界、これも「実在」するかどうかはわからない、近代社会の作ったイリュージョンだということがいえようにょろーん。

そして、イリュージョンは人びとには欠かせないにょろーん。
世界をみるときに必ず、色眼鏡をつけなければならないにょろーん。
アニメ『ハマトラ』で「人は皆、価値観という名のフィルターを通してでしか世界を見られない」というセリフがあったにょろーん。
日本語としておかしいだろという違和感があったが、この「価値観」という言葉がいわゆる色眼鏡で、見ている世界がイリュージョンなのではないにょろか。
そして、色眼鏡を通してみた世界が構築されていくということにょろーん。
「その時々に必ずなんらかの認識があったということである。その認識はその後改められ、変化しているから、人びとが信じていたのはひとつのイリュージョンにすぎなかったということであろう。けれど、それなしに、その人びとの世界は構築され得なかったのである。」(日高:176)
イリュージョンによって僕らの世界はできているにょろーん。

参考文献
日高敏隆 2003,『動物と人間の世界認識 イリュージョンなしに世界は見えない』ちくま学芸文庫.{/netabare}


ここまでを要約すると、人間を含む動物は色眼鏡をもってしてイリュージョンという世界を見ていて、それは「実在」する現実とは違うにょろーん。
そして、イリュージョンなしには世界は成り立たないにょろーん。

それは、ピュアイリュージョンのなかでも見られたにょろーん。
このアニメで登場するピュアイリュージョンは、登場するキャラに関連する世界だったにょろーん。
つまり、そのキャラから見える「世界」を描いているにょろーん。

興味深いのは、5話、6話、7話にょろーん。

5話では全寮制のお嬢様学校の中で、12時(24時間かは不明)がくるたびに、時間が巻き戻ったかのように、同じ日常を繰り返すループものだったにょろーん。
そして外に出ようとすれば幻想をみて気絶してしまうにょろーん。
この世界には学校しかなくて延々と同じ時間を過ごしているにょろーん。
(っていうと『Angel Beats!』の世界と同じ・・・!)
先に述べたように、「時間」という概念は近代社会特有のものであるにょろーん。
すなわち、無限にループする「世界」が存在するということにょろーん。
最終話でミミが「ピュアイリュージョンは連続している」というように、どこかには時間がループする「世界」があるということにょろーん。

6話では、エルピスという、ピュアイリュージョンの元となっている人に直接干渉する世界に入るにょろーん。
ココナとパピカがそれぞれ違う、「いろ」になるにょろーん。
つまり、この「いろ」にとっては、自分の人格は二つあり、「世界」も二つあるということにょろーん。

7話では、パピカが七変化するにょろーん。
ココナと、七変化するパピカしかいないにょろーん。
ココナは、パピカが迷子になったと話していたが、本来のパピカと再会することによって、なにかに気づくにょろーん。
迷子になっていたのは、パピカではなく、ココナからみた「パピカ」だったにょろーん。
ココナにとって「パピカ」はどういう存在なのか、それを悩んでいるココナこそ迷子だったともいえるにょろーん。
「パピカ」は、ココナがかける色眼鏡によって、いかようにも変わるということにょろーん。


このように、人によって見える世界は違うにょろーん。
身近な話をすれば、哲学的には見えてる色というのは人によって違うにょろーん。
色盲の人がいるのがその証拠だし、色というのは社会から与えられた記号にょろーん。
それに、ピュアイリュージョンの世界にいくと、髪の毛をはじめ、色が変わっていたにょろーん。
そして、ピュアイリュージョンによってたくさんの「世界」をみるのは、ココナもいっていたように「ドキドキする」にょろーん。
当たり前だと思っていた時間や空間、人格から解き放たれる感覚を味わえることがとても楽しいにょろーん。
そしてこのいま自分がみている世界は、イリュージョンのひとつにすぎないということにょろーん。

長々と文章書いてみたけど、それでも僕がこの作品を楽しめた理由はわからないにょろーん。
おそらく、今後何年間か考察される対象になると思うにょろーん。
だから、意味がわからないという理由で見ないというのはもったいないにょろーん。
意味がわからなくても楽しめるにょろーん。
大きなストーリーは、ココナがピュアイリュージョンを冒険するなかで成長していくというありがちでわかりやすいものなので、是非見てほしいにょろーん。

総合得点 69.1 感想・評価 394 棚に入れた人 1954
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.9  作画 : 3.7  声優 : 3.9  音楽 : 3.8  キャラ : 3.9

小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた契約書の束である「友人帳」を
継いで以来、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪たちに名を返す日々。
夏目は、さまざまな妖怪や心優しい人たちと出会い、あたたかな場所を築いていく中で、人と妖、大切なものの守り方について想いを巡らせていく……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

4年ぶりに復活のテレビシリーズ「夏目友人帳」の第5期に当たる作品です。

今回のシリーズでは4期に続き、人と妖怪の関わりもさる事ながら、人と人との心の距離を描く事に重きを置いている印象を受けました。シリーズお馴染みの妖怪に名前を返すシーンが描かれるお話も今期ではただ1話のみとなっています。

1期から続く夏目と田沼君の、不器用さありありの距離感は相変らずままですが、今期1話の夏目の台詞、「いや、聞いてくれ」には彼の大きな成長の片鱗が見て取れました。

優しい人は大切に思っている人への思いやりから、その人に頼るという事を嫌煙しがちで、悩みを自分の内にのみ溜め込む傾向がありますが、頼られる立場の人間はそれを迷惑に思うどころか、喜びと思う事の方が多いのではないでしょうか? 私見ですが。異性からでも同性からでも、人から頼られるという事以上の喜びはそうそうあるものではないと私は思います。

愛の力は偉大(笑)なもので、自分の為だけなら大した事が出来なくとも、人の為と思えば普段の自分には出来ない事が出来てしまうという事は往々にしてあるものです。そんな覚えのある人なれば尚更の事、たまには逆の立場に立って、人を信じて頼ってみる事も必要なのでは無いでしょうか? それは相手にこちらの友愛を示すと同時に弱点を晒す行為でもあります。それ故に照れくさかったり、怖かったりで踏み切るのがなかなか難しいのですが‥創作物で描かれがちな完璧過ぎる思いやりや、理想的な反応が返って来るとは限りませんが、あなたの信じるその人ならば、きっと何らかの助け舟を出してくれる事でしょう。

実の両親では無いという理由から生じる遠慮も手伝って、夏目は未だに塔子さんと滋さんに自身の抱えている妖怪に関する悩みを話す事が出来ませんが、私は今後少しずつでも、それらの悩みを夏目が2人に打ち明けていく展開があればいいなと思います。見える者と見えない者、決して埋める事の出来ない視野の隔たりがあるゆえ、直接手を差し伸べる事は出来ないとしても、両者間の心のわだかまりがいくらかでも減り、少しは心が軽くなると思うので‥。

夏目の危惧している様に、それは自身の抱えている問題に他者を巻き込む行為に他なりませんが、大切な人たちにだからこそ、自らの持つ信頼を伝えて置く事は大事なのではないかと私は思います。まぁ、家族ならともかく、むやみやたらと人に頼るのは利己心の表れなのでダメなんですけど‥(汗)

大人は子供よりかはいくらかずる賢いので、打算的になったり、体裁を気にしたり、卑屈に振舞う事が多い生き物ですが、生来ヒトの持ち得る利他的精神を強く成長させている大人も少なからずいます。そんな大人達は年若い人達が頼ってくれる事を心待ちにしているものです。(と思います。)

甘ちゃんな考えかもしれませんが、そうして人と人とが互いの悩みや秘密をちょっとずつでも打ち明け合い、支え合って生きていければ、大抵の困難は乗り越えられるのでは?‥とか思う事はあります。心優しい人たちが手を取り合って支え合う関係を築いてゆく‥奇麗事でも素晴らしい事だと思います。人は一人では生きてはいけないとは言いませんが、結構しんどいものでしょうから‥。

現実の話、田沼君みたいな同性の友人に優しくされ過ぎたら私だったら困ってしまいますが、それでも自分の事を気遣ってくれる人が一人でもいるっていう事は嬉しい事ですよね? もし異性だったら? 多分惚れちゃうのでしょう(笑)
{netabare}
3、4話は祓い屋関連の話、8話では的場さんと名取さんの過去の話も描かれます。4期の七瀬さんのお話の時にも感じましたが、事情が複雑に絡み合い、その結果見える、ただ一面だけが、七瀬さんや的場さんの、一見すると冷酷にも思える表層であるのだとしたら、彼女等もまた悩み傷付き選択している、自分を繕いながらも必死に生きている不器用な大人たちの一人と言えるのではないかと思われました。

私は出来ていない人間なので、他人の事情を良く知らずに、その人の行為や言動を持って、悩んだり疑ったりする事が度々ありますが、もしかしたらそんな事の多くは邪推で根っからの悪人というのはこの世にはいないのかも知れません。(だといいな‥)どんなに酷い行いにも何かしら原因があるものです。

10話は滋さんと塔子さんのお話。この二人の、奥ゆかしさの中からもしみじみと感じられる深い愛情と信頼を目にすると、結婚願望の薄い私ですら、ひと時の気の迷いの様な、羨望に似た感情が芽生えてしまいます。年を重ねても変わらずお互いを思いやれるお二方、とても素敵ですね。ひとりぼっちに見えたカラスに優しく話しかける塔子さんの姿も可愛らしかったです。うちの母も野良ねこさんに「ねこさん、ねこさん」って話しかける事ありますが、これについては微笑ましくもありますが、自分の母親なだけにちょっぴり恥ずかしくなる光景だったりして‥(笑)
{/netabare}
自ずと穏やかな気持ちで綴りたくなる、夏目とそのかたわらにいる人や妖怪、友人たちの優しさに満ちた、いつもと変わらぬ夏目友人帳なのでした。

蛇足に、特別編「ニャンコ先生とはじめてのおつかい」を含めれば、これまでのシリーズよりも1話少ないだけですが、あっという間に終わってしまったという印象の第5期でした。もっと見たいな‥と思っていたら今年6期が公開される予定だそうですね。嬉しいお知らせでした。


※:5話でやっとタキさん登場ですよ。OPムービーには映像あったけれど、本編にはずっと登場せず、いつ姿を見せてくれるのか少しだけ心配だっただけにとても嬉しかったです。夏目の頼もしき理解者の一人ですからね。

総合得点 79.7 感想・評価 2241 棚に入れた人 11258
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 3.9  キャラ : 3.9

「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも──。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

いきなり1話目から最終回みたいT_T
{netabare}1週間で記憶無くす{/netabare}ってどうすんのこれ。。。

■第2話
{netabare}
日記をつける展開・・・これは泣けるTT
またも最終回みたいな内容でした。
いつか記憶の一部でも残る日は来るんでしょうか。。。
{/netabare}

■第3話~第7話
{netabare}
いやもう純粋ですわぁ^^
1週間で長谷くんのこと、もう忘れなくなったのかな??
降格?昇格?(笑)
{/netabare}

■第8話~第12話
{netabare}
九条くんが転校してから色々ゴタゴタしてきましたが
最後うまくいって良かったですね^^

神社のシーンよかったです^^
でも友達どまりなんですね(笑)
{/netabare}

総合得点 79.2 感想・評価 750 棚に入れた人 3012
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.1  作画 : 4.4  声優 : 4.1  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

吹奏楽コンクール京都府大会を突破した北宇治高校吹奏楽部は、強豪ひしめく関西大会に向けて練習を開始する。
臨時講師の先生も迎えて、レベルアップに勤しむ久美子たち。
しかし、そこへ昨年退部した傘木希美がやって来て……!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

原作小説『響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部の一番熱い夏~』(第2巻)および『響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部最大の危機~』(第3巻)のアニメ化作品です。

先に『響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ!~』がアニメ化されており、本作はその続編にあたります。

なお、本作を2期目から観ても良くわからないと思いますので、1期目から観るかもしくはストーリー的には1期目の総集編となっている劇場版をご覧になってから本作を観ることをおすすめします。

たぶん1期目には2期目でキャスティングされるキャラクターたちがちゃんと画面に映っていて、例えば続けて一気見しても違和感なく観られると思うのですが、そのことこそが本作の「奇跡」といえます。

本作でメインキャラクターのひとりとなる2年生の鎧塚みぞれですが、1期目から合奏の場面でオーボエ奏者としてしばしば画面に登場しています。ですが、実は第2巻は1期目制作中には刊行されていなかったのです!

ではなぜ2巻の設定を踏まえたみぞれ先輩が1期目からいるのかというと、原作者の武田綾乃先生から、京アニは2巻のプロットや草稿を提供してもらいそれをアニメに反映したというのです!

佐々木希美が1期目最終回で吹奏楽コンクール京都府大会の観客席に現れるのもそういう事情によるものです。

誰にも2期目を約束されていないうちから、本作はそういう努力をしてきたのです。OP「サウンドスケープ」の歌詞にある通り♪奇跡が努力の先にあるなら 限界は私が決める!♪という具合に本作は制作に取り組んで、それが報われたわけなのです!

演出に必要なら同じ曲を異なったイメージに聞こえるように何度も録音し、小説の記述に合うよう作曲し、楽器作監を立て、演奏に合うよう運指やブレスの作画をして、そうした努力の先に奇跡の作品が生まれたと思っています。

本作5話では作中での吹奏楽コンクール自由曲「三日月の舞」フル演奏で、一切の台詞無しに演奏描写のみを見せるという前代未聞レベルの超絶演出をやっていますが、それも1期目からの演奏描写の積み重ねがあって初めて成立可能なのだと思っています。

実に、大変な作品に出会えたと思っています。

2016.12.30追記:
そういえば本作品のもうひとつの奇跡は、こんな作品づくりをする音響監督(台詞/BGMとも)がTVアニメに関わっているってことでしょうか。

特に台詞は、ドラマや洋画の吹替えを連想します。今風のアニメにはあまり無い感じで凄く良い芝居でした!
(これが商業的に正解かは、わかりかねますが…。)

== ↓これにサンキュー下さった方もいるので置いときます。 ==
5話久美子がTV観てるシーンが凄い。(←放送終了まで自重とは書いたけど…)

「フルートの音に苦しむ」から真っ先に連想するのがキカイダーのギルの笛とは、なんというおっさん…。
原作小説既刊分すべて既読です。以下、放送終了まで自重(笑)。(評価も保留)

→ 2016.11.03追記
5話で久美子がテレビで強豪校の演奏を観ているシーンですが、なんと画面からの光で久美子の服の色が微妙に変化しているのです。

予告映像で気づいたのですが、なんというこだわり映像なんでしょう…。
(アホやろ、京アニ…(笑))

→ 2016.10.14追記
第2回「とまどいフルート」においてみんなプールに行ってて水着なのは、原作に沿ったものです。京アニがわざわざそういう演出にしたのではないので、原作未読の方は勘違いなさらぬようお願いします。

なお、明日香先輩と香織先輩の水着が黒白色違いのお揃いというのも原作の記述通りです。

「わざわざ水着回を入れる必要などない」という意見がネット上で散見されたため、念ため。

→2017.1.7追記
ちなみにプールのシーンですが、原作では水着の部長もいました。部長の水着はあすか先輩、香織先輩とお揃いではありません(笑)。

総合得点 89.0 感想・評価 3670 棚に入れた人 13616
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.4  声優 : 4.2  音楽 : 4.4  キャラ : 4.2

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった元天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。
傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり。少女に魅せられた公生は自分の足で14歳の今を走り始める。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

PPN

トラウマを抱える天才ピアニストと
個性で聴衆を魅了するヴァイオリニスト。
2人の中学生を中心に描かれた学園青春もの。
2クール、全22話。
原作:月刊少年マガジンにて連載。
   2015年3月に完結(未読)



色彩の豊かな作画は圧倒的。
響いてくる音楽は作品の世界観を
秀逸に表現し、観てる者を魅了する。
彼らの青春を紡ぐストーリーは
彼らと共に海図のない航路を旅している
そんな気持ちにさせてくれる。


残念ながら…
これ以上この作品について語るすべを
にわか者のおいらは持ち合わせておりません。

良いレビューがたくさん並んでいますので
その方々のレビューをぜひ読んでほしいです!

あにこれでも本当に評価の高い作品。
ノイタミナ枠という事で注目していました。
放送終了直後、一気に投稿されたレビューの数々が
気になってしまいネタバレタグも気にせず
皆さんのレビューを読み漁ってしまいましたw

しっかりとした優良レビューが多く
軽く一周目しちゃったような状況での視聴にw
結末を知りつつ楽しめるのか、完走できるのか
不安でしたが…浅はかな自分を反省しました。


それでも『感動』を与えてくれる『名作』!!
それをも『音楽』で答えてくれる『名作』!!


間違いなくそんな作品だったと思います。
視聴後に押し寄せてくる寂寥感と余韻は
言葉になりませんでした。
アニメの持つ奥深さや素晴らしさを改めて知る
良い機会になった事に感謝です。

たくさんの方に触れて頂きたい作品です(*´∀`*)ノ





《キャスト》

有馬 公生(CV.花江夏樹)
宮園 かをり(CV.種田梨沙)
澤部 椿(CV.佐倉綾音)
渡 亮太(CV.逢坂良太)
柏木 奈緒(CV.石上静香)
井川 絵見(CV.早見沙織)
相座 武士(CV.梶裕貴)
相座 なぎ(CV.茅野愛衣)
瀬戸 紘子(CV.園崎未恵)
有馬 早希(CV.能登麻美子)



《主題歌》

OP
『光るなら』/Goose house(第1話ー第11話)
『七色シンフォニー』/コアラモード.(第12話ー第22話)
ED
『キラメキ』/wacci(第1話ー第11話)
『オレンジ』/7!!(第12ー第21話)

総合得点 61.3 感想・評価 200 棚に入れた人 1996
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.3  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.3  キャラ : 3.4

美少女・安達垣愛姫(あだがき あき)にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・真壁政宗(まかべ まさむね)が、激ヤセして名字を変えイケメンに変身。残虐姫の異名を持つドSな愛姫を惚れさせ、最高の形で振るために復讐を果たそうと奮闘するリベンジラブコメディ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

dai

主人公の性格が三枚目、ツンデレなヒロイン、ハーレム要素など、どこか懐かしくも王道なラブコメで久々にこのジャンルのアニメにはまりました
ハーレムアニメによくある何の努力もないのになぜか主人公がモテるのではなく一応努力の結果、今に至る設定はいいと思います
まあ運命的な部分もあるのにはありますがそこは一応ご愛嬌ということで
ちなみにキャラデザが自分的にかなりドンピシャで見ようと思ったポイントで、さらにEDの曲がすごく良くてハマっていく後押しになったと思います
ぜひとも2期も作ってもらいたい

総合得点 75.8 感想・評価 1812 棚に入れた人 9106
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.7  作画 : 3.9  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 4.1

ごく普通の生活を送る高校生・夜ノ森小紅の16歳の誕生日。許嫁なのに影が薄い三峰白夜と、小姑なのにどう見ても幼女の三峰真白が現れた。ブリーフィング無しでいきなり始まった奇妙な同居生活。シスコンで変態な姉・夜ノ森紅緒まで加わり、事態は相当ややこしいことに。小紅の生活は普通じゃなくなった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

あらすじ
ごく普通の生活を送っていた高校生・夜ノ森小紅は
16歳の誕生日を迎えていた
そんな彼女の前に突然許婚だという三峰白夜が現れて
さらに白夜の妹で小姑だという三峰真白も現れて
一緒に暮らすことになってしまい奇妙な共同生活が始まる



ちょっとファンタジー入った日常系って感じ
ほのぼのとしてて見てて安心する
それでいてちゃんとラブコメの要素もあり
そっちの方でも楽しめている

そこまで大盛り上がりするって感じではないが
毎回安定感があってそこそこ笑える作品だと思う
日常系では結構すきな作品ですね

キャラもそれぞれ個性的で面白いです
小姑だけど子供っぽい真白とか
小紅と真白に異常に執着する紅緒とか

それに物語が進むにつれて
だんだん小紅と白夜もいい感じになってきて
照れる小紅も見れたし
それがかわいくてよかった♪
一番好きなのは真白なんですけどねw

あとなんといっても
OPとEDが良かったな♪中毒性があった
ああゆう感じの曲は割と好きですね

それに背景とか色んなところが
細かく凝っていてきれいで
丁寧に作られてる作品だと思った

またこの作品は、BGMがあまり目立つ形で使用されない。
日常の音と台詞を大切にしているのだろう。
シナリオ全体はバランスのとり方が上手な反面、
味付けはちょっと薄い感じ。

ファンタジー要素をさらっと流して、
ほとんどアピールしてこないのだ。
意外なほどどっしり落ち着いている感覚。
いつも小紅が料理をしているキッチンの風景が、
最も印象に残るという不思議な世界観だった

総合するとかなり楽しめてよかった
本当に最後まで日常系らしく
安定した作品といった感じだった
2期があったら見てみたい♪

総合得点 56.5 感想・評価 108 棚に入れた人 980
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 3.3  声優 : 3.4  音楽 : 3.4  キャラ : 3.2

両親がアメリカへ行くことになり、姉妹と一緒に暮らすため東京の高校へ転校生てきた榛名優。
内気で人付き合いが苦手な彼のコミュニケーションツールは、もっぱらツイッターでのやりとりがメイフィールド。
引っ越してきた街を散策していた優は、ツイッターのチェック中に目の前に現れた少女、秋月風夏とぶつかってしまい……。

内気で人付き合いが苦手な榛名優と、不思議な魅力を持つ少女、秋月風夏。
2人の前に現れる優の幼馴染、氷無小雪。

音楽が紡ぎ出す新たなラブストーリーが今、始まる――。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

◇主要な人物
♂)榛名優  ・・・無愛想でネット弁慶な主人公。
♀)秋月風夏 ・・・主人公と同じ高校に通っていて非常に明るく元気な少女。
♀)氷無 小雪・・・主人公の幼馴染で通っている高校は違うが売れっ子の歌手。

まだ3話までしか放送されてませんが面白いです!
テンポがよく無駄なシーンで長引かせないのもいいですね(〃∇〃)
沼倉愛美さんが歌うOPテーマ「Climber's High!」もかっこよくていい感じです。
作曲は魔法少女育成計画OPテーマ「叫べ」と同じくWEST GROUNDさん。

総合得点 67.0 感想・評価 823 棚に入れた人 4756
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.5  作画 : 3.9  声優 : 3.8  音楽 : 4.0  キャラ : 3.7

異界(ビヨンド)と人界とが交差する変わり果てたニューヨーク、「ヘルサレムズ・ロット」。深い霧に閉ざされ、様々な勢力と様々な種族がせめぎあう危うい均衡の上に浮かぶ街。
クラウス率いる「秘密結社ライブラ」は、いつ破れるとも知れぬ世界の均衡を守るために様々な事件へと挑んでいく。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

たまたまTVで8話を見てタレ目の褐色キャラの個性と
映像の素晴しさEDに引き付けられイッキに視聴開始

多少解りにくいとこもあるがその分引き込まれる
原作未読ですが
内容は1話完結のを
オリジナルキャラを使って多少繋げてるみたいですが
オリジナルキャラも違和感も無く可愛いw

個人的には
キャラ個性・映像・世界観・音楽と◎
今年初めて夢中になってる作品かな

そして時間枠に収まりきらないらしく最終回延期・・・
3ヶ月後に放送したがまあまあ待たせただけあって映像も展開もよかったかな

総合得点 63.7 感想・評価 406 棚に入れた人 1568
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.6  声優 : 3.6  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」には、何万人かに一人の割合で本物の魔法少女になれるという噂が存在していた。
幼い頃から魔法少女に憧れていた中学生、姫河小雪もゲームをプレイするひとり。
ある日、いつものようにゲームをプレイしていると、マスコットキャラクターのファヴが突然、小雪に語り掛け、本物の魔法少女に選ばれたことを告げる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

心だけはなくしてしまわないでほしい…。

原作未読。
何もかもが無力。まるで弄ばれるかのように、残酷な運命を背負わされ、仕向けられた先は血みどろな殺し合い。
惨殺などの生々しい描写がしっかり描かれていて、救いのなさを容赦なく見せつけられた。
{netabare}それでも唯一の救いは、救うことが出来なかった命を、主人公(スノーホワイト)が無駄にしていないっていうのが分かったこと。 {/netabare}想像を絶する悲しみは多く生まれたけれど、おかげで彼女は小さな一歩かもしれないが変わることが出来たのだから。皮肉なことだけど、これで良かったんだと思える終わりだったと思う。後にも繋がっていきそうな展開でもあったから、悲しみを超えて成長した主人公の活躍に期待したい。
期待度は低かったけど、観終わってみれば心に残る神作品だった。
主人公が何も変わらなければ、ただ胸糞の悪さだけが心に残った作品でもあったと思う。
魔法少女というのは、純粋無垢な普通の少女の憧れでなることが多い故、もっともいとも簡単に心を蝕まれてしまいやすい存在なのかもしれない。
{netabare}今回はお年頃の少女に限らず誰もが魔法少女の姿になり得たけれど、魔法少女としての道を選んだのは僅かだった…。生きるか死ぬかという状況に立たされて、それぞれがそれぞれの道を選んだだけともいえるけども。{/netabare}

追記:
自分は最終回あっての高評価なのですが、実際のところ最終回に関しての評判は芳しくないようですね(;'∀')

追追記:
OP・EDレンタルしてじっくり聴いてみたらハマりました(;'∀')沼倉愛美さんの歌う『叫べ』、ナノさんの『DREAMCATCHER』どちらもとてもいい曲です!音楽の評価上方修正いたしました。

総合得点 87.7 感想・評価 6364 棚に入れた人 25719
★★★★☆ 4.1   物語 : 3.8  作画 : 4.3  声優 : 4.0  音楽 : 4.4  キャラ : 3.9

「僕にはわからないんだ、みんなと何を話したらいのか。だから内心焦りながら”友達風”のものを増やして、生きてきた。」
 時は2039年。「僕」の名は、天王州第一高校に通う高校二年生桜満集(おおま しゅう)。欝屈した気持ちを抱えながら、どこか世間に覚めた視線を送る彼はクラスメイトたちとも一定の距離を保ち、ただ漠然と、平穏な日々を送っていた。学校の休み時間に交わされる退屈な会話。ヘッドホンから流れる少女の歌声。「…でも、これでいいのかな?」10年前、突如発生した”アポカリプスウィルス”の萬延によって、大混乱に陥った日本。無政府状態となったこの国は、超国家間で結成された”GHQ”の武力介入を受けその統治下に置かれることとなる。のちに「ロスト・クリスマス」と呼ばれるこの事件をきっかけに、日本は独立国家としての体を失い、形だけの自治権を与えられ、そして人々は、カリソメの平和を享受していた。スピードを上げていて走り抜けていく”GHQ”の装甲車。テレビから流れるテロのニュース。「僕にももっと、やれることってないのかな・・・・・・」しかし集の平穏である日常はある日、突然、打ち破られる。放課後、お気に入りの場所で出会った、ひとりの少女。彼女の名は、楪いのり(ゆずりはいのり)といった。集は憧れ、ウェブ上で絶大な影響力を誇る人気の歌姫。そして彼女には、もうひとつの裏の顔があった。”GHQ”からの「日本の解放」を謳い、命をかけて孤独な戦いを続ける

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

正直評価が難しい作品です。
おもしろいのはおもしろいのですが、各回毎におもしろかったりおもしろくなかったり波があります。

他の方のコメントの方が詳しく書かれているので、自分の書きたいように書きます。

僕のオススメは1クール目が終わったあとの13話~15話が自分的には非常におもしろっかったです。
正直1クール目よりも2クール目の方が話の転換がよく起こり『えっ・・・』と驚く展開があるので続きが非常に気になり一気に見られます。

最後に、時間のない人には酷になると思うので時間のある人はどうぞ見てください。自分的にはお気に入りの作品です。

総合得点 72.6 感想・評価 759 棚に入れた人 3490
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.8  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

なんのへんてつもない普通の学び舎「月杜中学校」にある、普通の美術部。
そこには、絵の才能があるにも関わらず理想の「二次元嫁」を描くことに使命を燃やす内巻すばるくんと、そんなどーしようもない内巻くんのことが気になっちゃう宇佐美みずきさんがいた。
そして、2人を気にしていないようで気にしている寝てばかりの部長に、そこはかとなく気配だけしている謎の部員コレットさん。
そうした少し残念な人達が集まった美術部では、今日も何か問題が起きてーーー。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

マンガ原作、最初の方は既読。(4コマじゃなく一応ストーリー漫画)
→ だったのですがアニメ化を機会に単行本既刊分全巻通読。

基本的にはうさみん(宇佐美みずき)の妄想と空回りを楽しむ感じの学園(ラブ?)コメディー。

制服姿なのでわかりにくいかもしれませんが、舞台は高校ではなく中学校の美術部です。

第1回Aパートは、登場人物(みずき/すばる/部長)もエピソードも原作通りっぽい。Bパートを観るに、エピソード順には変更ありでしょうか。

気楽に観られる作品だと思います。

原作の各話サブタイトルは活かす方針みたいですね。回想エピソードにアニメオリジナルのブリッジ的なシーンを入れたり、別々のエピソードにアニメオリジナルで関連を持たせたり、原作踏襲しながらシリーズ構成や脚本は良い仕事をしてますね。

2016.8.19追記:
アイキャッチもストーリーに絡めたり、原作の構図をアニメでも上手く使っていて放送前に思った以上に「マンガ作品のアニメ化」としてのレベルが高いです。アニメを観て原作へ移行しても違和感はほとんどないでしょう。

第6話で伊万莉まりあも登場し、第7話でOPに出てくるキャラもたぶん全員揃いました。このままの勢いで突っ走れ!

2016.9.23追記:
…ということで無事に全話完走。原作では美術部が市主催のコンテストに出品する作品が文化祭用になったりと軽い改変はありましたが、大きく原作エピソードを損なうことなく、エピソード追加なども違和感なく交えて無事に完走しました。

本人ではないのでわかりませんが、おそらく原作者としても幸せだったアニメ化だったのではないかと思います。

エピソードの消費率を考えると当面2期目は作れないような気もしますが、できれば2期目も観てみたい作品です。

総合得点 91.2 感想・評価 6548 棚に入れた人 25906
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.0  作画 : 4.2  声優 : 4.3  音楽 : 4.5  キャラ : 4.4

高校1年生の春に、軽音部に入学した楽器初心者の平沢唯。部長の田井中律、恥ずかしがり屋の秋山澪、おっとりした琴吹紬の3人とともに、普段の部室でのお茶を中心に、合宿、学園祭、クリスマスと楽しい日々を過ごしていた。高校2年生時には、真面目な新入部員の中野梓を迎え、軽音部2度目の学園祭を5人のバンド「放課後ティータイム」として大成功を収める。そして、唯たちは高校3年の春を迎える…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ


H23年6月27日にやっと見終わりました。(19話以降いっき見)
18話までほぼリアルタイムで見てましたが、
もう、あれです。お互いに気を配りすぎな、慣れ合いが
気にくわなくなり、ついに切ってしまいました。しかし
そんなことをしてしまった私は、どうしようもないアホでした。

ゆい、みお、りつ、むぎ、の四人は高校三年生。
あずさは唯一の二年生。
卒業し学校を去るものと、卒業生を見送るもの。
この二つの心理が、とてもきれいに、丁寧に描かれています。

高校三年生になると、どれもこれもが「最後の~」になって
それを聞くたびに、考えるたびに、さみしさに襲われたのは
私だけではないはず。それはアニメのなかも同じ。
だんだんと、卒業が近くなるにつれて、部活メンバーはソワソワしてきて
ボケるしぐさにも、なにをするにも、冬の学校のうす暗さ、そして卒業の二文字が
ひしひしと憂いさをよんでいます。
部活メンバーにとっても、見ている側にとっても辛かったとおもいます。

最後の学園祭、最後のライブ、最後の放課後、最後の演奏、そして卒業式。
学校を去るもの、見送るもの、どちらにとっても目をそむけたくなる現実です。
最終話。「ずっとみんなと演奏したい、ずっとみんなとお茶してたい
ずっとみんなと一緒にいたい、なんでもするから、
お願いだから卒業しないで」というのが、これまで溜まりにたまった
あずにゃんの心境でしょう。卒業証書と胸に花をつけている先輩を見たら
だれだってそう言ってしまうと思う。累計40話以上のけいおんだからこそ
理解できる、あずにゃん心境、そして共感だったとおもう

また来年出来たことが、来年は出来なくなる。
それに気づかぬふりをして、しゃべる気持ちは、だれもが共感できて
誰もがさみしくて、誰もが泣いてしまう。究極のシーンでした。

ささいな日常を描いてきた「けいおん」だからこそできた
悲壮感ただよう「卒業」の演出でした。途中退出した人も、もったいないから
みてください。

けいおん!!のテーマは卒業です。(自分のなかでは)

総合得点 90.6 感想・評価 5302 棚に入れた人 19778
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.4  声優 : 4.2  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

海と地上、そのどちらにも人が暮らす世界。中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをした瞬間だった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

物語は海の人と地上の人がいる世界
ある日、海の中学校が廃校になり、光、まなか、ちさき、要の海村の幼馴染4人が地上の学校へと転校する...
海の人、地上の人。いがみあっていた別世界の人たちが出会いそこから物語が生まれていきます。

制作がP.A.WORKSということで映像が素晴らしい。風景、顔の表情、瞳の中に映る心の揺れに至るまで繊細に描いています。
映像を豊かに彩るサウンドを聴いてください、歌詞がまるで情景からあふれでたようです。音楽が醸し出す幻想的な世界に心惹かれます。

海はこの世界の美しさを強く表現しています。圧倒的な存在感で私の心を掴む。
沖へいくにつれて海の色は透明、水色、青、深い青…神秘的な程美しく、波の動きにあわせて太陽の反射した光がきらきら揺らめく、多彩に変化する光や波の表情を見てください。

出会い、友情や恋愛が生まれ、人の数だけ かけがえのない物語がありました。
{netabare}
自分の想う人は違う人を見つめている…
それに気づいていても諦めきれない
ちょっとした言葉に一喜一憂している自分がいて
気付いているからこそ何気ない自分への優しさが辛かったり
それぞれに想いをよせ、交差する気持ち

例えば好きな人が違う子を想っていたら・・
自分が身をひいて応援できますか?
私は、そんな風に思えないかもしれない
頭では分かっていても、きっと心が追いついてこない
心の中で何度「切ないね」って叫んだことでしょう...


一番感動したドラマティックな場面

踏み切りのシーン

さゆから要への告白

「あんたがいない間も、あんたはここにいた!ちゃんと、この真ん中にいた!」

電車が目の前を通り過ぎ、遮断機がゆっくりと上がる

踏切を挟んで、さゆと要

想いを全てぶつけた、さゆがそこにいた。

そして、あの要が涙をながす...
「そうか、僕は、さゆちゃんの中にいたんだね、本当は淋しかった・・・」

5年ごしの気持ちをストレートな言葉で伝え、それを受けとめた要。
心の底から感動しました。

切ないのも、苦しいのも、楽しいのも、全部大切な気持ち…恋なんですよね
{/netabare}
それぞれが想いを抱く恋する気持ち、葛藤、繊細な表現はどこまでも美しく、最後まで泣いたり笑顔になったり、感情を揺さぶられ続けました。
ストーリー、作画、デザイン、音楽、本当に素晴らしい。
この作品に出会えたことに感謝します。ありがとうございました。

最後に、またいつか皆に会えることを願っています!!

総合得点 62.6 感想・評価 243 棚に入れた人 1114
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 3.6

俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー。父親の死をきっかけに故郷に帰った宗太は実家のうどん屋で、釜の中で眠りこける子供を見つける。

一見ふつうの人間の子供のように見えるが、実はその子は人間の姿に化けたタヌキだった!?

ゆったりと時間が流れる通称”うどん県”こと香川県を舞台に、やさしくてあたたかい、ちょっと変わった家族の物語が始まる―。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2016年10月から12月まで放送。全12話。原作漫画未読。

父親の死をきっかけに故郷の香川県に戻った青年・俵 宗太は、
実家であるうどん屋で、釜の中で眠る不思議な子どもと出逢う。
青年と不思議な子どもの交流を描いた物語。

その少しおかしなタイトルから、実は最初はあまり期待せずに観始めましたが(笑)
物語が持つ優しさや温かさ、登場人物達の愛おしさ、流れる時間や空気の緩やかさに
すっかりハマってしまい、いつのまにか毎週楽しみにしているアニメの一つとなっていました。

主人公の青年・宗太の前に現れた不思議な子ども。後にポコと名付けられるのですが、
このポコがとっても可愛らしい!好奇心旺盛で元気いっぱいに動き回る姿や、
泣いたり笑ったり表情がころころと変わるところなど、可愛らしくて見ていてとても楽しいです。

そんなポコと突然出逢った宗太。物語の始まりでは、
いろんな悩みや迷いを抱え込んでいた彼も、ポコとの交流の中で、
故郷の温もりや家族の想い、様々な想いに触れ、少しずつ少しずつ変わっていきます。
いろんなことを改めて見つめ直していく彼の姿も、見ていて素直に胸にグッとくるものがありました。
宗太の成長や心の変化も、この物語の見どころの一つだと思います。

家族や友人、宗太とポコが出逢っていく人々も、とても魅力に溢れています。
彼ら彼女らが繰り広げる物語が、時に笑えて、時に泣けて、何度も心打たれました。

主題歌も良くって、個人的にはエンディング曲がお気に入り。
いつも物語の終わりには、心地の良い余韻を残してくれました。
次回予告のナレーションを担当した香川県出身の俳優・要潤さんも、毎回いい味出してました。(笑)

気付かなかった大事なことに気付かされるような。
忘れていた大切なことを思い出させてくれるような。

ここに何かの答えがあるわけではないけれど、宗太とポコ、二人の姿は、
何かに迷っている人、悩んでいる人の心に、温かくて優しい光を与えてくれると思います。

総合得点 82.8 感想・評価 2583 棚に入れた人 12134
★★★☆☆ 3.9   物語 : 4.2  作画 : 3.6  声優 : 3.8  音楽 : 3.9  キャラ : 3.8

渡辺早季は、閉鎖的だが穏やかな田舎町「神栖66町」で幸福に少女時代をおくった。ある日、町の外へ同級生たちと出かけて小型図書館端末ロボット「ミノシロモドキ」と出会う。質問することにより21世紀前半の超能力者誕生から非能力者との敵対、その抗争から能力者の勝利と文明の崩壊、その後の暗黒時代、町の管理支配の実態といった禁断の知識を知ってしまう。その直後、バケネズミ同士の戦争に巻き込まれ、命からがら町に戻るがしだいに恐ろしいことが起き始める。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

視聴前→
{netabare}小説『新世界より』が原作。
著者は、貴志祐介さん。他の作品は『黒い家』『クリムゾンの迷宮』『青の炎』など。
最近だと『鍵のかかった部屋』がドラマ化していましたね。
制作は『宇宙ショー』『アイマス』『あの花』などの会社。

ジャンルはSFですがホラーやミステリー要素も含まれています。
原作は結構面白いですし、制作会社も実績のあるところなのでコケることはないと思いますが、
表現が難しい作品というのも事実なので、どうなることやら。
{/netabare}
-----------------------------------------------------------
懸念していた通り、尺不足でしたね。
そのせいで、駆け足になったりなど残念な部分が目立ちました。
製作者の苦労が悪い形で表れてしまっているのが残念でしょうがないです。(特に5話)
しかし、それ以外は決して悪くない。
映像化不可能とまで言われていた作品をここまで再現したのは称賛の一言。(感謝の意を込めて☆+0.5)

物語の方は特に言うことなし。とても良く出来ていたと思います。
完成度という点では、歴代アニメの中でもトップレベルと言って良いでしょう。
敢えて欠点を言うなら、伏線を張り巡らせて、ある地点で一気に回収するという構成なので、
慣れてない人は少し忍耐がいることかな。(その分、回収時の快感も大きいです)
特にタイトルの意味を理解した時は肝が冷ますよ。

それにしても上手い構図を描きますね。色々なものに当てはまりそうです。
大きく分けると4つの視点(咲、その他の人間、奇狼丸、スクィーラ)でしょうか。
どの視点で見るかで、大きく印象が変わりそうです。
個人的に一番危ないのは、その他の人間の視点なのかなぁ、なんて思ったり。

気楽に見るような作品ではないですが、出来れば多くの人に見てもらいたい作品です。
細かいところが気になる方は小説をどうぞ。


  『天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らずと言えり』
  全ての人が平等でなければそこには必ず火種が生まれるだろう。
  だから、この世からは争いがなくならない。
  全ての人が平等ならばそこには何の価値も生まれないだろう。
  だから、この世に真の平和は存在しない。
  理は常に表裏一体である。だから、人は抗い続ける。
  おそらくそれが、生きるということだから。
  ――旧世界より

総合得点 64.2 感想・評価 799 棚に入れた人 3888
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.3  作画 : 3.9  声優 : 3.6  音楽 : 3.8  キャラ : 3.6

「この町の空には、いつも円盤が共にあった――」
「願いをかなえるために、ここにいる――」

霧弥湖上空に現れた謎の円盤。
出現当時は世界中を大混乱に陥れたが、そこに留まるだけの円盤への恐怖心は消え、次第に観光地となり、徐々に人々の興味も薄れて行った・・・

二人の少女が出会うとき、それは止まっていた時間が動き出す兆し。
想いが人を変えて行き新しい物語を刻む。

中学校生活最後の年。それは一生忘れられない時間(とき)。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

辛かった…、そしてあきらめなくて良かった…。
こんなにもじっくり攻めてくる作品というのは
なかなか厳しい目で見られることが多いような気もしますが、
最後は本当に見続けてよかったなぁと感じました。

中盤にかけてかなり長い間、キャラクター同士が上手く交わらない
かなりギスギスとした展開にはかなり見ているこちらとしては
ハラハラ、そしてげんなりとさせられてしまいました。

しかし柚季が円盤を心から嫌悪していた理由が明かされた後は
「物事の始点にはワケがある」事を再認識することができたので
単純にそのキャラクターを嫌悪するという思いもなくなり、
逆になぜその行動に至ったのかに重きを置いて作品を見ることが出来ました。

良くも悪くも中学生という、子供と大人のハイブリッドみたいな
実に不安定な心身を持ったキャラクター達なので、
子供の頃の事件を引きづりつつ大人びた行動を真似してしまう柚季には
そんな年頃のキャラクター像がよく反映されているように感じました。

戸川汐音というキャラにも、作中では随分と振り回された印象でした。
ノエルの暖かさでせっかく心を再び開くことができたのに、
その力となってくれたノエルが円盤と共に消えてしまう事を阻止するため
自らの犠牲を選ぶあたり、誰よりも一番乃々香の事を気にかけていた人物で
かつ一番辛い思いを抱き続けてきた人物だったのではないでしょうか。

後で振り返ってみると、ただの嫌な奴なのではと思っていた頃が嘘のような結末でした。

円盤が消えた後のストーリーは、まさにノエルがみんなの願いを叶えた結果で
5人の仲間+1人の全員が「にっこり」になるという最高の結末でした。

はじめから円盤が来なければここまでの悲劇は起きなかったじゃないかという
話も出てしまいますが、これまでの円盤があるルートを経由しなければ、
汐音とノエルが出会っておらず、さらに汐音は乃々香の事を7年前待つことなく
引っ越してしまうため「5人がいつまでも仲良く一緒に」という願いは叶わない世界になってしまいます。

そこで円盤によって汐音と乃々香をつなぎ合わせておくことで、
最終的には5人が全て揃うという流れを生み出そうとノエルは考えていたのでないでしょうか。

正直なところこの作品には考察するべき個所と、着地させる個所があまりにも多く
自分の力不足もあってか、ストーリーに決着をつける事が全くできませんでした。
でも最終的には5人とノエルが一緒になって「にっこり」することができたのであれば、
ここまで続けてきたすべてのストーリーが美しく印象に残ったのでした。

ダラダラ続きそうなのであとは表面上のお話でも…。

劇伴回りはかなり評価が高い感じですが、特にEDに関しては
動画の美しさも相まってか実に素晴らしいチョイスだったのではと思います。
人物の動きから物の動きに至るまでが実にリズミカルかつ自然で、
やっとアニメーションでもここまで動かせるようになったかと感じました。

ただ、EDアニメーションという短い時間だからこそ生きた動画であって、
本編で同じことをやると、デフォルメに違和感を感じる人もいるかもしれませんが。

総合得点 74.7 感想・評価 846 棚に入れた人 3679
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.7  作画 : 4.0  声優 : 3.9  音楽 : 3.8  キャラ : 4.0

高校を卒業して、幼い頃に夢中になって遊んでいたゲームを作った制作会社「イーグルジャンプ」へ入社した青葉は、そこでそのゲームのキャラクターデザイナーを務めていた八神コウと出会う。
憧れの人の下で働くことになった青葉は、初めてのお仕事に戸惑いながらも、コウを始め個性的な先輩社員に助けられながら少しずつ成長していく。
ゲーム会社で働く女の子たちの日常を描いたお仕事ガールズコメディが今、幕を開ける!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

白箱ゲーム製作盤と思いきや、けいおん!のOL盤て感じのゆる~い癒し系アニメでした。

会社のアルアルネタでくすっと笑える。
主人公の青葉ちゃん含めて従業員みんな可愛い会社…こんなの実際は無いけど。


癒しに振りすぎてるのか、白箱とかけいおん!の様に感動するとか1話1話の引き込まれはあまり無いですが、とにかく癒し求める人にお勧めアニメかな。

視聴完了、はーぁ一週間の疲れを取ってくれるアニメ終わって残念。
私的にはねねっちとあはごの絡みが笑えて楽しかったです。

欠点が無くて癒しと笑いをくれる精神ビタミン剤的なアニメでした。

総合得点 89.7 感想・評価 8621 棚に入れた人 31498
★★★★☆ 4.2   物語 : 3.9  作画 : 4.1  声優 : 4.2  音楽 : 4.4  キャラ : 4.3

私立桜が丘高校に入学した1年生の平沢唯は新しいことを始めようとするが何も思いつかず、2週間もの間部活の入部届けを書けずに日々を過ごしていた。同じく1年生の田井中律は幼馴染で一緒に入学した秋山澪と共に軽音楽部の見学に行こうとするが、部員が前年度末に全員卒業してしまったため、4月中に新入部員が4人集まらなければ廃部になると聞かされる。合唱部の見学に来るつもりで間違えて軽音楽部に来てしまった1年生の琴吹紬は、律と澪の掛け合いを聞いているうちに彼女達が気に入り、入部することに同意する。3人は部の存続のため、あと1人を入部させるべく勧誘活動を開始した。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

全14話。
4コマ漫画原作。原作未読。

個人的満足点:83点
アニメ系統:日常系

私は正直、ほのぼの日常系は大の苦手である。
いつも3話程度で飽きてしまう。
下手をすると1話で封印なんていうことも。

「けいおん」も日常系ということで、ずっと敬遠してきた。
アニメから遠ざかっていた私の耳にもその名前は届いているぐらいの社会現象にまでなったアニメ。
アニメ好きならば避けては通れないということで、意を決して視聴することにした。

まず、日常系が苦手な私でもあっさり完走できてしまった。
日常系なのでストーリー展開でぐいぐい引き込むという
作りではないが、細かいイベントをうまく見せているので
飽きずに視聴することができた。
イベントのつなぎも高校生活を連想させる季節感のあるイベント。
入学→入部→夏合宿→文化祭→クリスマス→正月→・・・
と実に連想しやすいイベント構成、軽快なテンポ。
これが飽きずに視聴を可能にしていたと思われる。

「けいおん」らしからぬ、練習風景の少なさw
ほぼ部室でお茶を飲んでいるのではあるが、
いざ、学際ライブなどの音楽イベントをアクセントにもってこられると
自分の高校時代の学際なんかを思い出してしまい感動してしまう。
泣くまでは行かなかったものの、こんなメリハリが良かったのだろう。

作画もきれいで細かく見やすい画で非常によかった。
演奏中の動きなどはすごいの一言。
よくもまあ、あそこまで動くなあと関心する。

そんな中でも、このアニメの特質はキャラではないだろうか。
それぞれのキャラの個性が生きていて非常によかった。
お気に入りのキャラを見たいがために次見るという所も大きいと思う。

特にメインキャラの5人がすごくいい。
思わず
「萌か?そこが萌えなのか!」
と思ってしまったw
私が新しい能力「萌え」を習得した瞬間であった。
貴方の好みのキャラもきっと見つかることであろう。

そして、「けいおん」らしくOPEDと作中の曲がいい。
OPED曲と作中の曲は雰囲気が全く違う。
これは、設定が異なるためと思われる。

OPEDは彼女達がプロになっている設定で歌われている。
そのため、音楽のレベルが高い。
素人の私が聞いていてもドラムとか難しいんじゃない?と思う。

打って変わって、作中の音楽はまさに女子高校生が作った感を出すためであろう。
可愛らしい歌詞に音楽のリズムもオーソドックスな物が多いように感じた。
そこに、この作品のすごさを感じた。
もし作中でOPEDなみの曲を入れていたなら、ほのぼの日常系の世界を壊していたのではないかとさえ思う。
そんなバランス感がなんとも良いと言える。

まあ、それでも個人的にお気に入りはEDなんだけどね。
そして、作中の曲をかき集めたのは言うまでもない。

さらに、「けいおん」のすごさは大人から子供まで楽しめることにあると思う。
例を挙げるなら、女児向け「プリキュア」大人向け「銀英伝」などと区別されることが多いが
「けいおん」は女児からおっさんまで、どちらの層にもうけている。
なかなかこういった幅広い年齢層にうけるアニメというのは無いように思う。

私は、この「けいおん」には本当に感謝している。
私に日常系の楽しさと萌えという感覚を教えてくれた。
私にとって貴重な作品となった。

私のように日常系が苦手で敬遠している方も1度見てみてほしいものである。
きっと新しい発見があることと思う。


と、まあいろいろ書いてきたが
つまり、何が言いたいかというと

貧ニューではないが、澪に萌えた(`・ω・´)キリ

総合得点 91.3 感想・評価 5082 棚に入れた人 22811
★★★★☆ 4.2   物語 : 4.2  作画 : 4.4  声優 : 4.1  音楽 : 4.2  キャラ : 4.2

これは始まり「ゼロ」に至る物語――― 奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の 魔術師(マスター)が七人の英霊(サーヴァント)を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇……聖杯戦争。 三度(みたび)、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち。だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。彼の名は――言峰綺礼。 運命の導きを解せぬまま、綺礼は迷い、問い続ける。なぜ令呪がこの自分に授けられたのか、と。だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。それが――衛宮切嗣。誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。 大人気ゲーム『Fate/stay night』では断片的に語られるのみだった、10年前に起こった「第四次聖杯戦争」の真実。士郎の養父が、凛の父が、そして若き日の言峰綺礼が繰り広げた戦いの真相が、いま明らかになる!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

問おう。汝が我を招きしマスターか。―――――


重厚な世界観とクールな登場人物が圧巻の作品。
作画のクオリティが映画並みの素晴らしさだったのに驚嘆しつつ、ベテラン声優陣の迫力ある演技にも息を呑みました!

あらゆる奇跡を叶える「聖杯」を巡り、七人の魔術師【マスター】が七人の英霊【サーヴァント】を召喚して覇を競い合う聖杯戦争。『Fate/stay night』のスピンオフ作品、始まりに至る物語の1stシーズン。
『stay night』をより楽しんでもらうために制作された前日譚という位置づけの物語ですが、この作品単体でも十二分に面白く仕上がっています。

前作ではおもに主人公の目線でのみ話が展開されていましたが、今作は登場人物それぞれにスポットを当てつつ物語が展開していく群像劇。
皆が主役を担っているような見事な演出は本当におもしろいです!
また一癖も二癖もあるサーヴァントの大物ぶりが尋常ではなかったです。
キャラクターの洗練されたデザインももちろん個性的で素敵ですが、なんといっても周囲を惹きつける個人の魅力が凄まじい。
<歴史や伝承に名を残す超人・偉人が、死後、人間という枠組みから除外され精霊の域にまで昇格したもの=英霊>
さすが英霊というだけあって召喚された者はみな自分達の『色』が溢れ出ていました!


かつての自分の所業を悔いている者達が再び自らの命を賭して挑む人生のリターンマッチ。
それぞれの“運命=Fate”が交錯するなか聖杯を手にするのは果たして…。
壮大な背景をベースに繰り広げられる『Fate/Zero 2ndシーズン』に期待大です!

総合得点 90.2 感想・評価 4417 棚に入れた人 20003
★★★★☆ 4.1   物語 : 4.3  作画 : 4.0  声優 : 4.1  音楽 : 4.0  キャラ : 4.2

魔妖怪が見える少年、夏目貴志はある日祖母の遺品である「友人帳」を手にする。しかし、その「友人帳」は祖母・レイコが負かし、名を奪った妖怪の名が書いてある契約書だった。
それ以来、名を返してもらおうとする妖怪達から狙われるようになってしまった夏目は、とあるきっかけで用心棒となった妖怪のニャンコ先生と共に、妖怪達に名を返す日々を送りはじめる─。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2012年1月2日から四期開始と聞き、さっそく見てみました。

日常とはかけ離れた「妖怪」アニメですが、いや、だからこそこのアニメを見た後はなんとなく、日常の尊さを感じてしまいます。

作品概要としては…

原作:緑川ゆき
監督:大森貫弘
   :
   :

夏目貴志     神谷浩史

ニャンコ先生   井上和彦

夏目レイコ    小林沙苗
 
名取周一     石田 彰

田沼要      堀江一眞

笹田純      沢城みゆき

西村悟      木村良平

北本篤史     菅沼久義

夏目(少年時代) 藤村 歩

藤原塔子      伊藤美紀

藤原滋 伊藤栄次

的場静司 諏訪部順一

総合得点 87.0 感想・評価 3018 棚に入れた人 16512
★★★★☆ 4.0   物語 : 3.9  作画 : 4.1  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

《SAO》事件から一年が経ったある日、キリトは、総務省《仮想課》の菊岡誠二郎から奇妙な依頼を受ける。それは、銃と鋼鉄のVRMMO《ガンゲイル・オンライン(GGO)》で突如発生した怪現象《死銃(デス・ガン)》事件の捜査であった。漆黒の銃を持つ謎のアバターに撃たれたプレイヤーは、実際に現実世界でも《死》に至る……。その不気味な事件の捜査を断り切れなかったキリトは、《仮想世界》が《現実世界》へ物理的に影響を及ぼすことに疑いを抱きつつも、《GGO》へとログインする。《死銃》の手懸かりを掴むべく、不慣れなゲーム内を彷徨うキリト。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、長大なライフル《ヘカートII》を愛用するスナイパーの少女・シノンだった。彼女の力を借りたキリトは、自らがターゲットとなって《死銃》との接触を試みるべく、全ガンナーの頂点たる対人トーナメント《バレット・オブ・バレッツ》に挑む……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

バトルと恋愛の両要素を見事に融合させた第1シリーズに比べると、主人公&ヒロイン達の感情の交差に決着がついた後の第2シリーズは、いささか消化試合のような感がありますが、それでも安定的に面白い良作と思いました。


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

============== ソードアート・オンラインⅡ (2014年7-12月) =============

{netabare} - - - ファントム・バレット編、 OP「IGNITE」、ED「Startear」 - - -

第1話 銃の世界 ☆ GGO殺人事件
第2話 氷の狙撃手 ★ シノン登場、銃バトルの迫力が高評価
第3話 鮮血の記憶 ☆ シノンの過去
第4話 GGO ☆  GGO初ダイブ、シノンとの出遭い
第5話 銃と剣 ★ BOB予選開始、ラフィン・コフィン生き残りとの遭遇
第6話 曠野の決闘 ★ BOB予選決勝(対シノン戦) 
第7話 紅の記憶 ☆ BOB本戦(バトルロワイヤル)開始
第8話 バレット・オブ・バレッツ ★ 続き
第9話 デス・ガン ★ 続き
第10話 死の追撃者 ★ 洞窟でのシノンとキリト双方の告白
第11話 強さの意味 ★ BOB本戦続き
第12話 幻の銃弾 ★ デス・ガンとの死闘
第13話 ファントム・バレット ★ BOB本戦決着、もう一人のデス・ガンのキモさは×
第14話 小さな一歩 ☆ 現実世界での結末

- - キャリバー編、 OP「courage」、ED「No More Time Machine」 - -

第15話 湖の女王 ☆ ヒロイン総登場(アスナ・リーファ・シノン+リズ・シリカ・ユイ)
第16話 巨人の王 ☆ ALOの地下世界であるヨツンヘイムで聖剣クエスト
第17話 エクスキャリバー ☆ 続き

- - - - マザーズ・ロザリオ編、 OP「courage」、ED「シルシ」 - - - -

第18話 森の家 ☆ ALO移植ver.SAO第22層別荘の購入
第19話 絶剣  ★ 明日奈の家庭事情、ユウキ登場、アスナVS.ユウキ
第20話 スリーピング・ナイツ ★ 第27層ボス戦(前哨戦)
第21話 剣士の碑 ★★ ボス戦(本戦)
第22話 旅路の果て ★ ユウキの秘密
第23話 夢の始まり ★ 木綿季(ゆうき)の高校見学、明日奈と母親
第24話 マザーズ・ロザリオ ★ オリジナル・ソード・スキルの伝授{/netabare}
------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)1、★(良回)14、☆(並回)9、×(疑問回)0 但し×(疑問ありの描写)1 ※個人評価 ★ 4.0


原作はまだまだ続いており、なおかつ大人気のようなので、続編には大いに期待したいです。


-----------------------------
※以下は、放送途中に書いたレビュー。

《GGO編も安定の面白さ(12話まで)→敵キャラのキモさも安定(13話)》

{netabare}SAO編(ヒロイン=アスナ)
ALO編(ヒロイン=リーファ=直葉)

ときて、今度はどうなるかな?と思ってたら、何事もなかったかのように普通に

GGO編(ヒロイン=シノン)

になってて、過去のヒロインは皆(シリカ、リズも含めて)邪魔にならないように外部でギャラリーしてて笑っちゃいました^^

最強キリト君またまた・・・もて過ぎだよ^^

作画も演出も相変わらずの高クオリティで、ストーリーも文句の付けようのない面白さ。

第2話まで視聴した後、一気見に方針を変えていましたが、気まぐれに今晩、最初から視聴してみたところ、面白くって、最新の第11話まであっという間に見切ってしまいました。

大きく感動する作品ではないけれど、エンタメとしては、やはり最高の部類だと思います。

=================
13話まで視聴時点の感想。

しかし、敵キャラも安定のキモさですね。
ストーリーとキャラの評価を4.5→4.0に引き下げます。{/netabare}

<< 前へ 123456789
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。