おすすめ紙芝居人気アニメランキング 17

あにこれの全ユーザーが人気アニメの紙芝居成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月21日の時点で一番の紙芝居アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

56.9 2 闇芝居(TVアニメ動画)

2013年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (146)
766人が棚に入れました
昭和の紙芝居風に語る日本にある都市伝説的なストーリーの大人向け短編アニメーション。アプリとも連動し、都市伝説キャラを捕獲するゲームが配信され、番組放送中に仕掛けが施されている。

声優・キャラクター
津田寛治、村井良大、平野良、植田圭輔、相沢梨紗、大西礼芳、田中稔彦、白水桜太郎、深海誉、増本庄一郎

だわさ

★★★☆☆ 2.7

何か書こうと思ったので…闇芝居について少々。

5分ショートアニメ全13話
短編ホラー


それなりに怖い短編ショートアニメなので、お手軽。裏を返せば、内容は薄い。
ホラー系に割と耐性のある人なら、はっきり言って怖いとは言えない内容だと思う。
しかし、このショートアニメは紙芝居というモチーフを扱い、古き良き日本再生に一役かっているばかりか、
美化が進んできた映像界に対し、静画の可能性を見せつけるという点で一石を投じている。

まず、闇芝居というタイトルだけあって、紙芝居のような見せ方をする。
毎回、冒頭に「よってらっしゃい見てらっしゃい」と
紙芝居(闇芝居)をしてくれる知らないオッサンが広場で子供に語りかけ、紙芝居が終わると最後は「おしまい」で締める。
今時、知らないオッサンが寄ってらっしゃい見てらっしゃいなんて言ってると子供は
「お母さんが知らないオッサンに話しかけられたら逃げなさいって言ってた。キモイ」とか普通に言って逃走しそうだが、
本編においては、1960‐70くらいのノリで子供が集まってくる。

もちろん本編、完全な形での紙芝居ではない。
登場人物は喋るし、ある程度絵も動かしている。
ここで注目したいのは、静画の使い方がうまいと思うこと。
静画と動画のコントラストによって視点が操作され、静画に想像力を膨らまさせる。
それは動くアニメが発達した今だからこそ新鮮であり、独特なホラーを生む。
静画の可能性と古き良き日本を一石二鳥で再生するというのだからなんともおもしろい。

そしてそこに輪をかけるように、
闇芝居本編で扱っている話の内容が古き良き日本の都市伝説。
やろうとしていることが全くブレていない。

以上の理由で、一見の価値があると思う。

怖いかどうかは、静画と動画から受け取った情報を
あなたの脳みそがどう受け取り、どう再生するか。
そのあたりなんじゃないだろーか。

なので、怖くなかったからといって偉そうに人に言うのは少し残念な奴に思えてくるワケだが、
何を隠そう俺は怖くなかったよ。
俺の想像力は少々残念なのかも。
むしろそれが怖いわwww

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19

ninin

★★★☆☆ 3.0

よってらっしゃい~見てらっしゃい~闇芝居が始まるよ~

全13話 5分作品

夏の作品らしい不気味な怪談話(都市伝説)の作品です。
紙芝居感覚で物語ははじまります。
1話完結のお話です。

くすんだ作画にあまり動かない絵で怖い雰囲気を演出してます。
オチもなかなか怖いですね~
最後の方はちょっと狙いすぎて少しマンネリ気味になりましたが、なかなか怖かったです。

5分と短いので、サクサク観れると思います。怪談好きな方にはオススメです^^

ED 十分気味の悪さを出してます。レコードの使い方はローゼンメイデンのEDと違って不気味ですね。

最後に、私はお化け屋敷は怖いというよりビックリして驚く方ですw

お・し・ま・い~

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.4

よくある不条理系都市伝説ホラー

dアニメストアに入ったので早速見てみたが…さすがにこれで怖いとは思わないなwむしろ笑える回も多い。
子供だましとは言わないけど。でも子供が見たら怖がると思う。
紙芝居の演出通り絵はアニメーションしないけど、それで味が出ている。
たまに出てくる女子高生のキャラデザは妙にかわいかった。
内容は{netabare}わっと出てきて驚かす系のありがちな怪談話が多いけど、グロい怪物にじわじわと迫られる話もある。
傘神様の話は八尺様の亜流だね。疼憑きは有名なくねくね。
こういう都市伝説って見てしまったら終わりってパターンが多いのかな。{/netabare}
お し ま い。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

52.0 3 戦国無双(TVアニメ動画)

2015年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (60)
304人が棚に入れました
小田原攻め“豊臣vs北条”が描かれる。


「何のために戦う――」

世は戦国時代。
日本(ひのもと)は混乱の時代に陥り、各地で激しい勢力争いが行われている中、どこまでも共に戦い抜こうと誓った兄弟がいた――

天下統一を目前にした豊臣秀吉が残すは、”相模の獅子”北条氏康の守る小田原城のみ。
前線に位置する、秀吉子飼いの将、石田三成、加藤清正、福島正則や、大谷吉継、島左近、直江兼続らの陣の中に、真田家の若き武士(もののふ)、信之、幸村の兄弟の姿があった。
膠着状態を打破しようと、単騎で飛び出した幸村。
兄・信之もその後を追う――

乱世の運命に翻弄される、真田兄弟の熱く切ない物語が幕を開ける!

声優・キャラクター
草尾毅、小野大輔、竹本英史、高塚正也、永島由子、大本眞基子、日野聡、松風雅也、山田真一、杉田智和、藤本たかひろ、小西克幸、山崎和佳奈、石塚運昇、鈴木真仁、佐藤聡美、檜山修之、石川英郎、海老名翔太、大塚明夫、中田譲治

とってなむ

★★★★☆ 3.7

どうか私を討ち取って…。

最初に断っておきます。
アニオタになる前はサッカーオタ(一応継続中?)。
そしてその前が戦国オタ。
最近は戦国時代について触れることは少なくなりましたが、
それでも戦国武将や戦の話になると熱くなってしまいます。
従って、アニメについて参考になるかは微妙なところです。
悪しからずm(__)m


原作:ゲーム『戦国無双4』
これは、プレーヤーが戦国武将となって、
戦で無双しまくるアクションゲームですね。
雑魚兵を駆逐しまくる、ストレス発散ゲームとしても名高いです。

私はアニメの題材である4はやってませんが、
プレステやWiiなど、計5作品プレイ済みです。
現在も、1ヶ月に1,2回ほどやってます。
一番ハマったのは『無双OROCHI』。
ねね、お市、大喬、貂蝉、孫尚香などなど…。
アニメにハマる前はこの娘たちにぞっこんでしたよ。
てか今見てもみんな可愛い…。
って…!こんな話どうでもいいんじゃなイカ!?



失礼、アニメの話へいざ参る!
本作の主人公は真田兄弟(幸村&信之)。
幸村はご存知の方も多いはず、人気の高い正統派武将でございます。
私も好きです。
でもこのアニメでは微妙だったかな…w
今回は弟の信之ほうがかっこよかったです。


あにこれのあらすじでは、
小田原攻めが描かれるとありますが、それが全てではありません。
というか、言ってしまえば導入部分です。
物語の中心は、秀吉が死んで家康が台頭してきた頃。
すなわち、かの有名な『関ヶ原の戦い』『大坂の陣』であります。
歴史の忠実性は低くないですが、
やはり完璧に再現は無理です、アニメ(ゲーム)ですしね。


簡単な内容は、
真田の家を滅亡させないために、
幸村が豊臣陣営、信之が徳川陣営に分かれて戦うというもので、
この兄弟愛、そして家を存続させる信念が私からするとたまりません。
家系が滅びぬ限り野望は潰えぬ、
といったところでしょうか。
はい、最高です。
とまぁこんな感じで重症戦国オタクになると、
アニメの出来云々の前に楽しむ準備が整ってるのです。
世間の評価どおり、アニメの完成度は低いかもしれません。
ですが私はわりと真面目に楽しんでましたね。
幸村の無双っぷりも爽快でした。
雑魚兵の存在意義が問われるところではありますが。


武将がアニメに出陣しまくってて楽しかったです。
それと、くのいち可愛かったな。
終盤のシーン(三成の○○で防御)は笑いましたが。
それに、甲斐姫まで出てくるとは。
なんか嬉しかったです。
このように、やはりゲームやってる人向けなのかなぁとは思います。
これ観てゲームやりたい!と思うかは微妙ですしね。
なので、特別おすすめは出来ないです。
戦国好きなら観てみるのもアリでは?くらいです。


OP「戦-ikusa」 歌ー和楽器バンド
ED「なでしこ桜」 歌ー和楽器バンド

最近こっそりと自分のなかでジワジワきてたんですよね、和楽器バンド。
「千本桜」や「カゲロウデイズ」などのボカロ曲。
ボカロの音声は正直苦手で(好きな方すいません!)、
でも曲自体は好きで…という頃に出会ったのがこのバンド。
和風のテイストを加えたボカロ曲が、
私にとっては至高の味となっていました。
そして、本作のOP,EDも素敵でした。



好き勝手書いてしまった…。
ほんと参考にならない駄文で申し訳ないです。
ここまで読んで下さった方には感謝を通り越して自責の念でいっぱいです。
かくなる上は切腹でござる…。

戦国激ラブで原作ゲーム大好きの私がこのアニメを客観的に評価することなんて最初から無理だったのですね。
最終盤にて気付くヘナチョコ武将・私です。
何でレビュー書いたの?
なんてつっこまれたら返す言葉が見つかりません。

従って、ここは戦略的撤退です!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 25

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.7

真田家を守った兄と武士(もののふ)としての生き様を貫いた弟の物語・・・

この作品の原作はゲームだったんですね^^;
歴史モノなのでシミュレーションかと思いましたが、アクションゲームだったとは・・・^^;

物語の舞台は戦国時代・・・戦国時代は豊臣秀吉によって終焉を迎えようとしていました。
ですが、その矢先・・・秀吉は倒れ・・・亡くなってしまいます。
そして、物事は史実通り・・・徳川家康が戦乱の世を終わらせると立ち上がるのです。

亡き秀吉公の意志を受け継ぐか・・・徳川の圧倒的な戦力に従うか・・・
諸国の大名は、この2択を迫られていました。
それは、真田家でも同様でした。
幼い頃から共に過ごした兄信之と弟の幸村・・・
兄弟の仲も決して悪くはありません・・・

それでも今後の身の振り方については、兄弟で意見が分かれました。
真田家を存続させるため徳川につこうとする兄信之・・・
武士としての誇り・・・義を重んじ豊臣側につこうとする弟幸村・・・
兄弟同士で戦いたくなんてありません・・・けれど、自分の置かれている状況や信念が妥協を許さないんです・・・

今から起こるのは生死を掛けた戦・・・
そしてその戦には中途半端な結末は存在していないということ・・・

現代では兄弟で敵味方に分かれて殺し合う・・・なんて考えられませんが、この時代にはあったんですよね^^;
こうしてお互いが己の意志を貫き通す事を確認し・・・物語が動いていきます。

今では起こりえない状況だからでしょう・・・兄弟同士で刃を交える光景は切なかったですね^^;
そして、大名級の武将の方々の強さ・・・これは半端ありませんでした。
エイヤっと武器を一振りするだけで何人もの兵隊が吹っ飛んでいくんですもん^^;
しかも持っている武器が刀や槍だけではなく、どこ製の武器なの・・・と思わず突っ込みたくなる位の見た事の無い武器がたくさん登場します。

このように違和感は山ほどあるのですが、それでも毎週見続けられたのは信之と幸村を支える稲姫とくのいちの存在が大きかったと思います。
戦国時代・・・女性の活躍できる表舞台は決して多くはありませんでした。
それでも、想いを寄せ最後まで寄り添おうとする・・・必死で守ろうとする言動が、とてもいじらしいんです^^
良い巡り合わせだったのではないでしょうか・・・

オープニングテーマは、「戦-ikusa」
エンディングテーマは、「なでしこ桜」
どちらも和楽器バンドさんが歌っています。
オープニングとエンディング・・・どちらも格好良い歌でした^^

1クール12話の作品でした。
真田の家を守ることに徹した信之と最後まで武士であろうとした幸村・・・
お互いの覚悟が凝縮された作品だったと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12

Baal

★★★★☆ 3.5

戦国無双ハイスクール!

コーエーテクモゲームスより発売されたアクションゲーム

を原作とする作品です。全12話、原作未プレイ


数多の戦国武将が見た天下統一の夢。そして今、一人の男の手が

夢を掴みつつあった。その男は豊臣秀吉、天下統一は目前となって

いた。残すは相模国、小田原を拠点に関東一帯を支配する北条氏康。

大軍勢の攻撃にも関わらず小田原城の守りは固く、戦いは膠着状態に

陥っていた・・・


序盤にちょっとよく分からない所があって話の流れを掴むのが

大変でした。こういった歴史の中のものを扱うような作品は話が忠実

だろうがそうでなかろうが自分の教養不足でどうなっているのかは

分かりません。

まあそんな事はさて置き、なんだかんだ言って最後まで見れたのは

最後のCパートでの戦国無双ハイスクールがカオスだったからですw

ちゃんとした本編よりもこちらの方が楽しめたし、覚えている内容も

こっちの戦国無双ハイスクールの方が断然多いかとw


ゲームをどういう風に使って出来ているのかはゲームしたことないので

よく分かりませんが、した事ない人は色々と厳しいものがあるのかな

と思います。

それと無双というくらいですから戦いの所はしっかりと見せなきゃだと

思うのですが戦いが激しくなればなるほど絵が安定しなくなっていたよう

に感じました。声優陣は割と豪華だったと思います。

◆個人的点数評価 72.266点

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

52.6 4 闇芝居(第3期)(TVアニメ動画)

2016年冬アニメ
★★★☆☆ 2.8 (58)
302人が棚に入れました
前作をはるかに凌ぐ斬新な恐怖演出になっているという。また、都市伝説を引き起こす個性豊かな100体超の不気味なキャラクターが登場するのも特徴で、彼らが縦横無尽に暴れ回る。

声優・キャラクター
村井良大、相沢梨紗、鳥越裕貴、山本侑平、喜屋武ちあき、酒井瞳、未来みき、川村あやの、増本庄一郎、池田優斗、板尾創路

野菜炒め帝国950円

★★★☆☆ 3.0

なぁ?なぁ?なぁ?これホラー?なのかYO

ショートホラー。
1話 4~5分あるかないかくらい。
1と2期は見てません。

今回は久々にゲート以来2度目のまどマギのまどかと振り返る闇芝居3です。


絵柄と言いタイトルといい中々のホラーっぷりを予感させてくれる期待の一品。

まどか「い、いや…だから…あのね。ホラーじゃなくてね。その…ギ、ギャグっぽいなぁなんて」


まず絵柄が結構独特で不気味さが倍増する実にホラーに合ったモノだったと思うのです。

掴みもそれなりに良くて一応引き込まれるものは感じるわけです。

まどか「何言ってるのよもう…嘘でしょう?」

いいえ 本心です。
そう、ここまでは確かにそう悪いものではなかったはずなのです。


そのすべてをぶち壊すワルプルギスの夜・・・ではなくてオチさえまともなら。

なので純粋にホラーというものを期待して視聴してた私を含め純粋な方々は・・・

まどか「みんな騙されてただけじゃないっ!!」

となるわけなのです。

(情緒不安定な)まどか「ひ…ひどいよ、怒鳴らなくても」

ならオチがどのように弱いのかと言うと・・・。
総じて雑なんですよね。丸投げというかなんというか。
しかも最後が判で押したように化物系のオチなわけで。

化物系てのはホラーとしては弱い部類だと個人的には思います。
ホラーに期待するものはやはりそっちより心理的恐怖、心霊系恐怖だと思うのです。

このオチのいい加減さ、雑さは同じホラー系短編ドラマ?の「新耳袋」を彷彿とさせます。


そのせいでホラーであるはずの闇芝居がどういうわけかどこかギャグっぽく見えてしまうような。

まどか「私があなたと契約したら、闇芝居ちゃんの体をホラーに戻せる?」

ホラーに戻すとかではなくてこれはもうそういうものとしてギャグホラーとして割り切って楽しむほうが妥当なのだと思うわけです。


他に大きな見所はと言うと・・・。

実は本編すっ飛ばしてEDにあるのです。
このEDが一風変わったものでして無表情な少年?の周囲をベルセルクのベヘリットみたいな気味の悪い顔が取り囲み意味不明なラップを刻むというものなのですが。

このベヘリットが最初は1人なのですが話が進むごとに1人づつ増えていき見事なフォーメーションを形成していくわけなのです。

こんな感じですね。

2話 

(´^ω^`) (´・ェ・`) (´^ω^`)

3話
      (´^ω^`)

(´^ω^`) (´・ェ・`) (´^ω^`)

当初闇芝居に期待してたホラー的な何かに対する興味等消えうせ、次はどこにキモいベヘリットを出現させるのだろうというおかしな方向への興味へと変化していくわけです。

まどか「さやかちゃん、やめて。お願い、思い出して。こんなこと、さやかちゃんだって嫌だったはずだよ」
さやか「やっぱそいつ(ベヘリット)、私にしか見えないんだ・・」

あ、これは不味い。
さやかファンに吹っ飛ばされる。


もう1つの見所は最終話のラストのオチかなあ・・・。

紙芝居を前にした子供らの顔がそん時の自分の表情まんまでねぇ・・・。

お前ら今こんな表情して見てんだろ?とか言われてるようでなんだか謎の敗北感。

え?本編の見所?
う~ん・・・・・。
サクサク見れる所?

まどか「もうやめて…!みんな、みんな信じてたの。信じてたのに裏切られたの」


ともあれ内容はともかくこの手のアニメは感想書く側からしたらとてもフリーダムに書けるのでそういう意味では大好きです。そういう意味では。

つかよくこれ3期まで続いたな・・。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 19
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.6

作風変わりすぎ…でも最終話は(略

第1話「貸して」
これじゃギャグだろ…絵のタッチからして変わってしまった。オチを見てアチャー!って感じ。影鰐は闇芝居と同じ絵だったのに。あーあ、一番楽しみにしてたショートアニメだったのにな…。
女の声優の演技も怖さがなくてコミカルすぎた。
三期を見て一期と二期の良さを再認識したわ。じめっとしたざらっとした本当にいい味があった。

むっちり村の谷口崇が作ってるのか…それじゃこうなるよ。同じスタッフでやってくれ~。

第9話「4人目」
今回は二期までに近い学校の怪談的作風で良かったと思う。監督が途中で変わってるしな。

第13話「絵」
超展開w{netabare}全てはOPEDのお絵かき少年の仕業で、しかも二期までの仮面オヤジと通じた存在だったという落ち。おじさんの少年時代だったのか、紙芝居の中の話の一つにすぎなかったのかよくわからないけど。
ん~でも作風変えたんだから無理に二期までとつなげなくても良かったような…。{/netabare}

【総評】
二期までのざらついたようなラフな絵が醸し出す怖さが無くなって、ギャグみたいな作風になったのが残念。最後だけああしてもねえ…。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 9

daruma

★★★☆☆ 2.9

確実に劣化

 一期、二期とはちょっと変えてきましたね。 

 ひたすら意味不明でした。毎回ストーリー性がなくて最後にグロテスクな化け物が映って終了...ってワンパターン

 一期、二期、と確実につまらなさが加速していっています。

 最終話はOP、ED、一気につながる感じにしたのは良かったんですがそれに関しても説明不足というか解釈がいろいろできすぎて、明確な回答が欲しくなってしまいます。

 声優として、でんぱ組.incのりさちーが出演していたことがうれしかったので声優の評価はちょっと高くなりました。すごく上手かったと思います!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

60.1 5 或る旅人の日記(OVA)

2005年1月26日
★★★★☆ 3.4 (50)
264人が棚に入れました
「つみきのいえ」でアカデミー賞を受賞した加藤久仁生監督によるファンタジックな連作短編。パステル調の美しい色彩で描かれた異世界。その街から街へと旅するひとりの男が行く先々でめぐりあう人やイベントを、わずか数分の時間に凝縮して描く。長い人生の中でも、ほんの一瞬しか起きないような奇跡の瞬間。それは驚くほど短く終わり、はかないがゆえに、たとえようのない美しい輝きを放つ。言葉にすればもろく崩れてしまいそうな、そんな感興を人肌の感じられる「絵」の中に塗りこめ、孤独かもしれない旅人の視点から、かけがえのないものとしてとらえた。短いからこそ、深い味わいが後々までじわりと残る、そんな感動の作品である

メア

★★★★★ 4.1

私の名前はトートフ・ロドル

「つみきのいえ」の 加藤久仁生による短編作品です。
その作画は「つみきのいえ」同様に、まるで絵本を読んでいるかのような気持ちにさせる不思議と、温かい作画でした。
それに加えて1話およそ2分というものすごい短さ。
しかし、これが更に「絵本」のような感覚を増幅させてくれるのです。

相変わらず会話という会話はありませんでしたが、今作でも音楽と作画とのマッチングは素晴らしいできであり、また、主人公である旅人の驚きや考え、説明的なものが文字としてでてくるため、「つみきのいえ」とは違う感覚にもなれます。

内容は旅人が旅の途中で遭遇した不思議な出来事、心温まる出来事などを記した日記を読んでいるかのよう・・・・・つまるところ『或る旅人の日記』でした。
似たところをあげるとすると『キノの旅』なのでしょう。
旅をして、国を訪れたり、その道中で何かを発見したり。
しかし似ているといっておきながら可笑しいのですが、『キノの旅』とは何か、違うような雰囲気の内容であった作品でした。

僕個人としては「憂鬱な雨」が一番好きな話でした。


夜が明けた。
心地のよい朝の光を浴びながら、
私は地図を広げた。

この旅は、まだ続くのだ。

私の名前はトートフ・ロドル。
トルタリアの旅人です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 13

takumi@

★★★★★ 4.3

蒼い世界に碧を足したら

『つみきのいえ』で絶賛を浴びた加藤久仁生氏の短編アニメーション。
旅人トートフ・ロドルが旅の途中に出会う不思議な出来事や
おかしな人々との交流を通して、幻想の国トルタリアを描いている。

今作でも、動く絵本のごとく、映像と音楽のみで
独特の世界が展開され、観ているこちらも旅のお供をしている感覚。

まず、音楽が個人的にとても好み。
ゆらゆらと静かに、時には踊っているように、
かき回したコーヒーに落としたミルクのように、
ゆるやかに広がっていく旅の世界。

夜明け前のブルーに少し緑色を混ぜて、ちょっと褪せさせたような
簡単に言えば青みがかったセピア色、とでも言えばいいだろうか。
その色合いそのままに、くすんだせつなさと、やさしさと穏やかさが
1話から6話までの旅のあちこちで展開されたアート系な作品だった。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 35

大和撫子

★★★★☆ 3.1

渋い雰囲気の不思議なアニメです

無声のショートアニメなので評価はざっとです。
大人が楽しめる絵本のようなアニメといった作品でしようか。
幻想的な世界感でとても静かなシーンが流れますが、そこにちょっとだけアッと驚くような出来事が起きて軽く驚かせてくれます。
全体的に青緑色で描かれた背景には心穏やかな気持ちにさせられて、落ち着かせてくれるユーモアな作品でした。


2~3分×6話構成の作品ですが、DVDには6分程度の続編が追加されております。
この続編「赤い実」はこれまでの6話とは少し変わった作風となっていました。
キャラのデザインは柔らかくなり背景も明るめ、内容もコミカルになっておりちょっと微笑ましく見れる内容でした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 13

48.4 6 VAMPIRE HOLMES(TVアニメ動画)

2015年春アニメ
★★★☆☆ 2.7 (49)
209人が棚に入れました
ロンドンで探偵業を営むホームズは、助手であるハドソンには崇拝されているが、実際には名探偵ではなく“迷探偵”。そんな彼の元に来る依頼は、迷子の犬探しや部屋のリフォーム、と事件ではないものばかり。そこに難事件が飛び込んでくるが…。

声優・キャラクター
瀬名快伸、島﨑信長、高垣彩陽

あおちゃん

★★★☆☆ 2.1

瀬名快伸さんががんばった作品

マルチクリエイターの瀬名快伸さんが原作、監督、音楽、主演声優、脚本、絵コンテなどなどを手がけています。玉置成実さんが歌う主題歌の作曲と編曲もされていますね。
アニメは基本的にSD(?)になっており、作画は少し雑な部分もありましたが、瀬名快伸さん仕事しすぎという点でしかたないかな、と思いました(笑)
島﨑信長さん目当てでみていたのであまり最初からアニメじたいに期待はしていなかったのですが、期待せずに見るとまあまあ楽しめる作品だと思います(笑)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.6

何故バンパイアだったんだろう・・・^^;?

この作品の原作ゲームは未プレイですが、キャラデザが嫌いじゃ無かったのと、「バンパイア」と「ホームズ」の組み合わせに興味があったので視聴を楽しみにしていた作品です。

物語は何かを予感させるようなオープニングで始まります。
オープニングアニメに登場するホームズやワトソンが格好良いので尚更期待してしまう・・・のですが、蓋を開けてみると、色々とビックリする作品でした^^;

ホームズと聞くと頭に思い浮かぶのはシャーロックホームズ・・・数々の難事件をワトソン君と一緒に解決していく姿が目に焼き付いているのですが、この作品に登場するホームズはちょっと異色でした^^;

それと、この作品のオープニングとエンディングを見て気付く事があります。「瀬名快伸」さんの名前がやたらと目に入ってくるんです^^;

調べてみると原作・監督・脚本・絵コンテ・音楽・撮影監督・プロデューサー、そして主人公ホームズのCVと幅広く担当されていたようです。
これだけ色々な事を一人で出来るという事は、とても凄いことだと思います^^

主題歌は、玉置成実さんの「Everlasting Love」
この曲はオープニングとエンディングのアニメにも合っていて格好良い曲です。
正直この曲とOP,EDアニメで完走してしまったようにも思える程です^^;

1クール12話のショート作品です。
・何故バンパイアだったんだろう・・・?
・何故ホームズだったんだろう・・・?
完走してもこの2つの疑問が払拭される事はありませんでした^^;
別にバンパイアやホームズという設定じゃなくても、この作品は成立したように思えるのは私だけでしょうか^^;?
それでも、ホームズのキャラデザとオープニングとエンディングが良かったので、結果オーライ・・・というところだと思います^^

投稿 : 2019/08/17
♥ : 12

chariot

★★★☆☆ 3.0

予算の以前の問題だろうか・・・【リタイア】

スマホ用ゲームが原作の5分ショートアニメ。
TVK(テレビ神奈川)とニコニコチャンネルのみの放送。
やる気のない探偵・ホームズと小説家志望の助手のワトソンが・・・
家でドタバタしてる話・・・・・・なの???


ショートのギャグ物なんでしょうけど、何がしたいのかさっぱり解らない作品。
作画は低予算っぽい紙芝居。
そもそも原作、監督、脚本、絵コンテ、主題歌の作詞作曲、ホームズの声をひとりでこなす…というとオールマイティっぽく聞こえるかもしれないけど、低予算につき自分でやりました感が。。

何故、このクオリティでアニメ化に踏み切ったのか・・・
そこが最大の謎ですが、このホームズさんは「謎は解かない、推理しない」設定なので誰も解決してくれないまま、僕が断念するとともに迷宮入り確定なようです。。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

49.2 7 DYNAMIC CHORD(TVアニメ動画)

2017年秋アニメ
★★★☆☆ 2.4 (63)
206人が棚に入れました
今注目のアーティストが多数所属している音楽事務所兼レコード制作会社「DYNAMIC CHORD」、その中でも特に人気を集めている4つのバンドが存在する。

プログレッシブなロックサウンドで独特の世界観を表現する[rêve parfait]
静かな中にも激しさを感じさせるエモーショナルなロックサウンドのLiar-S
激しさを持ちつつも妖艶なロックサウンドと圧倒的な演奏力で魅せるKYOHSO
ダンスナンバーとロックをミックスさせたサウンドで若者に人気を誇るapple-polisher

華やかな世界に身を置く16人のバンドメンバーが、様々な出会いや別れを経て、それぞれが目指すステージに向けて奏でていく軌跡――。
日本の四季を背景に彼らのリアルを描いたドキュメンタリームービーが、今、幕を開ける。

声優・キャラクター
江口拓也、鳥海浩輔、寺島拓篤、柿原徹也、森久保祥太郎、石川界人、蒼井翔太、中島ヨシキ、木村良平、広瀬裕也、岡本信彦、斉藤壮馬、立花慎之介、八代拓、櫻井孝宏、梅原裕一郎
ネタバレ

ezo

★★★☆☆ 2.9

ニコニコとかのコメントを見ながら楽しむダイナミックなアニメ

放送後少し話題になっていたので視聴。

1話目感想
{netabare}
なぜ30分枠にしてしまったのか。

PV部分はゲーム絵も入ってる?

最近だとろんぐらいだぁすとかクオリディアコードが目立ってたけどこれはそれらと比じゃないくらい作画がヤバい。

ストーリーも全然だし総じて駄目駄目だけど銀髪の使い回しのギター&ドヤ顔、センターラインの上を突っ走る車のシーンは大笑いした(笑)

ネタアニメとして割り切ればそこそこ楽しんで観れるけどこれをTVで観る気にはならない。

最速は諦めてニコニコの配信を待とう。
{/netabare}

2話目感想
{netabare}
ダイナミック左折だったり、ダイナミック足跡だったり今回も笑った。

それと同時に展開が遅すぎてこれをTVで一人で観るのはとてもじゃないけど耐えられないとも感じた。

もう大分話題にはなったしその時点で勝ちではあるんだろうけど純粋にアニメを楽しみにしていた原作ファンは可哀想。
{/netabare}

3話目感想
{netabare}
自転車の運転はまさにダイナミック!

自転車乗りながらバイクに対して「追い付けねぇ!」とか言ってたのが地味に面白かった。(結果的に追い付いたけど)

「なんとかって難病」もざっくりしすぎて笑った。

良い話風だったけどやっぱりよく分からない脚本。
{/netabare}

4話目感想
{netabare}
皆が無言でドヤムの方を向いたシーンは軽くホラー。

予告の「"今度は"ライアーズが全員いなくなってしまった」は笑うしかない。

この作品はバントアニメじゃなくて失踪アニメだったのか。

相変わらずメチャクチャだけどキャラは面白いので少し評価UP
{/netabare}

最終回まで見終えての総評
{netabare}
後半になっても土壌おじさん、すり抜けバグ、ルシファーなどネタ要素に尽きずニコニコで視聴する分には非常に楽しめました。

ストーリーに関しては八雲さんがひたすら可哀想でレバフェがひたすら遊んでいたという印象。

笑えるクソアニメとして爪痕は残してくれた良くも悪くも唯一無二の作品だったと思う。

視聴するのであればニコニコ等のコメントを見ながらの視聴をお勧めします。
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10

noindex

★★☆☆☆ 1.8

MUSASHI-GUITAR道?

1話
悪い意味で話題になっていたので1話だけ見てみたが…

こ れ は ひ ど い ア ニ メ じ ゃ な い

女性向けの男性プロミュージシャンのバンドアニメなのだが…
ストーリー性ゼロの日常シーン紙芝居と動かないライブシーンが交互に入るだけ。
終わりの方のライブが特にあまりにも動かなくて不自然すぎて酷かった。
これ1クール続けるのか?正気じゃない。
女子にCDが売れれば何でもええやろって感覚なんだろう。
紙芝居でもいいからせめて何かの物語を見せようよって思う。

アニメの制作本数が多すぎるからこういうのが出てくるんだよなあ。00年代のアニメバブルでも酷いのあったけど。

2話
今回も酷かったwwww原付で走ってる奴を尾行するところが色々と遠近感とか作画酷すぎるし、極め付けの墓地のくっきり足跡www
今期のネタ枠としてかなり注目されてきているし、ちゃんとは見ないけどちょこちょこ見ることになりそう…。
あにこれ最下位の可能性も出てきた?ヴァラノワールを死守している人がいるみたいだけど。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 10
ネタバレ

剣道部

★☆☆☆☆ 1.0

やっぱり、アニメはまだまだ男性のモノなんだな~

[文量→一言・内容→酷評系]

【総括】
ちょっと同情してしまうアニメでした。

作画、悪いですね。過去にもなかなか例のないレベルで。顔は同じ角度からの静止画。演奏はパラパラ漫画。絵が下手というより、動かな過ぎです。ストーリーにしても、1話目なんて、内容的には5分くらいで充分な情報量です。

感じたのは、「女性視聴者(ファン)は、どう思ってるのかな?」ということです。本作は乙女ゲーム原作らしいですが、まがりなりにもアニメ化されるということは、それなりにファンがいて人気があるわけで、もし自分が原作ファンだったら、このクオリティでアニメ化されても悲しいだろうな~と(こうして、様々な媒体で叩かれるわけだし)。

(プロなんだから)制作スタッフに力がないわけはないんで、それだけ低予算(か、狙いのク○アニメ化)なんでしょうけど、本作だって、ちゃんと予算つけて、しっかり構成考えて作画がんばれば、それなりにおもしろいアニメになったかもしれません。

自分ら男性視聴者は、そういう「神作画」「良シナリオ」のアニメを何本も観させてもらっていて、すごく幸せなんだけれども、こういうアニメが好きな女性の視聴者のことを考えれば、なんか、かわいそうだな~と思ってしまいます(余計なお世話かもしれませんが)。

たまには、作画がメッチャ良い女性向けアニメがあっても良いのでは? とは思うものの、アニメ制作だってボランティアじゃないんだから、やはり、男性向けアニメの方が(これだけライバルが多くても)儲かるということなんでしょうね。世知辛い 、、、。

【視聴断念(2話まで)】
{netabare}
1話目の22分あたりの、ウサギのぬいぐるみの隣にウィスキーのグラスがあるシーン、ウィスキーの中から何故かボコボコと(風呂でする屁的なw)気泡がでていたので、「ナンダコレ?」と思って何度も観直してしまった(苦笑)
{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 22

49.2 8 こぴはん(TVアニメ動画)

2011年夏アニメ
★★★☆☆ 2.8 (43)
188人が棚に入れました
西暦2034年、東京箱柳市。近代化へと進み続ける波は留まることを知らず、人々に便利を与えると同時にいくつもの、かけがえのないものを失おうとしていた。たとえば、お金。2029年、全国に導入が完了した電子マネーシステムにより、人々は現金を持つことがなくなった。すべてが暗号化され、どこかの誰かが管理しているらしいが、持つ人にとって重要なのは、「今月いくら使えるのか?」と、無くしたら全てを失う緊張感だけであった。
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.8

テーマはマスメディア不信?

あまりに不評なので興味がわいて、dアニメストアにあったので見てみた(こういう微妙なショートアニメは変に充実してんだよな…)

まともなオチもないようは話ばかりで何を伝えたいのかわかりづらいが、ほとんどがテレビ・ラジオ番組(校内放送だけど)や雑誌の身勝手さとそれに流されてしまう人々の話で、マスコミに支配された社会(だから近未来の設定にしている?)を描くことがテーマなんだろうかと思う。
{netabare}特に校内放送にハマって周囲の誰とも話さず腹話術で代弁しかできない少女はちょっと考えさせられるものがあった。
最後はマスメディア云々よりも根本的な話で、情報は何もかも見えればいいというわけではない、というオチで締めたということだろうか。{/netabare}

ニコ動のアニメだから、テレビではやれないネタをやるぜ!という意気込みで作ったのかもしれないが、見る側にとっては面白いテーマではなかった、と…。
つーかしば漬CMと北の国からのパロとかおっさんスタッフの自己満足としか…これじゃ評価下がるわな。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

とってなむ

★★★☆☆ 2.9

近未来の作品!? 人類には早すぎたアニメ

1話約6分(その内OPで1分消費)のショートアニメ。
全7話。
最初に言わせて頂きます。
このアニメ、私にしては低評価ですが嫌いじゃないです。
しかし、酷いアニメということもまた事実。
酷すぎるというのも個性になってしまうのですね。


素晴らしい。素晴らしすぎる。。
感服致しました。。
こんな中身が空っぽなアニメは初めてです。
ショートアニメだからとかそういうのを超越してます。
今までにも何度かそういうアニメも観てきたつもりでしたが、
これを観るとそれらがただの私の理解不足だったのだなと思えてきます。
それくらい内容が無いアニメであります。

あらすじには近代化がどうとか電子マネーシステムがどうとか書いてありますが、その要素はかなり少ないです。
近未来っぽい世界観は微かに感じ取れましたが、
それを全くと言っていいほど活かせてません。


物語の構成からしておかしいと思います。
たった5分×7という時間の中、オムニバス形式を採用。
一話一話メインのキャラが変わり、そのキャラの何でもない日常を描くだけ。
ギャグもほとんど無いですし、あってもお世辞にも笑えません。
オムニバスの形をとったためか、キャラの名前を覚えることはおろか顔もほとんど思い出せぬ始末。
放送部の双子ちゃんは何となく印象にありますが…。


作画が普通に綺麗だったのが救いですね。
キャラデザは可愛らしいです。
低予算感は否めませんが。


OP「ループ」 歌ーやゆゆ

無駄に良い曲使いやがって…w
これなら6分しかない中で1分もOPに注いでしまうのも納得です。



『わけが分からない<何がしたいのか意図が読めない』
多分、私を含めた誰でもこの物語は作れます。(映像関係はなしで)
それくらいシンプルかつ空っぽな内容です。

もうこれは逆に観て頂きたい。
一人でも多くの方の意見を聞きたい作品です。

実験的アニメということは分かりました。
制作側の意図も調べてるうちに何となく分かってきました。
分からないのはニコ○コ動画で何故有料なのか。
これについては未だ理解不能の境地でございます。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 24

大和撫子

★★★☆☆ 3.0

ちょっと未来のお話

こんなアニメもあったのですね。
ネット配信、約6分×全7話のショートアニメです。

◆この作品の概要は・・・
時は西暦2034年。
電子マネーシステムにより現金が必要なくなった近未来のお話らしいですが・・・はっきり言ってよくわかりません^^;

◆声優陣は・・・
瓜野比呂美 : 伊瀬茉莉也(ベン・トーの槍水仙)
門倉優奈   : 世戸さおり(ストライクウィッチーズの坂本美緒)
鬼藤蛍    : 田中理恵(ガンダムSEEDのラクス・クライン)
雲桐万年青 : 柿原徹也(みなみけの藤岡)
栂山あさぎ  : 松嵜麗
栂山晴彦   : 櫻井孝宏(あの花のゆきあつ)
栂山ゆずき  : 大久保瑠美(ゆるゆりの吉川ちなつ)
美柱沙弥   : 下田麻美(ISの凰鈴音)
美柱沙遊   : 長谷川明子(アイドルマスターの星井美希)

◆総評・・・
とにかくよくわからない作品です。
制作している人は「初音ミク」をデザインした人、制作会社は「最終兵器彼女」や「咲-Saki-」や「ぼくらの」を制作した「GONZO」。
公式ホームページを見たり、OP曲を聴く感じではかなり期待できる作品かと思いました。
しかし実際見てみるといったい何がしたいのか全くわからない内容。
この作品のあらすじ紹介文も興味が引く内容ですが、その説明文関係ないです。
6分間の暇つぶしになんとなく見るような作品ですね。

◆最後に一言・・・
お賽銭をポィッ(*´-ω-)ノ⌒◎ |//賽銭箱//|、(-m-)” パンパンという神社のお参りも、現金を使わないこのアニメの社会では・・・(゚ロ゚;)エェッ!?

◆追記・・・
このアニメ、ちょっと調べてみたら意外な事実がわかったので追記致します。
このアニメがよくわからないと上にも書きましたが、これはまさに制作者の意図だったらしく、視聴者に「わけがわからない作品」と言わせたかったらしいです。
そもそもこの作品は全コンテンツの外郭部にしか過ぎず、TV放送でなくネット配信にしたのも、1話6分程度にしたのも明確な狙いがあり、今後この作品は大きく展開する予定らしいです(。 ・ω・))フムフムナルホド
いったいどんな展開をしていくのでしょうかね^^;

投稿 : 2019/08/17
♥ : 16

55.1 9 闇芝居(第4期)(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★☆☆ 2.7 (45)
175人が棚に入れました
新シリーズは、紙芝居屋の“おじさん”役 に13 人の俳優陣を起用。紙芝居表現の原点である“語り”に一層こだわり、新たな恐怖を創り出す。

声優・キャラクター
小倉久寛、野村昌司、松尾諭、寺田農、渡辺哲、増本庄一郎、ひのあらた、竹井亮介、宮崎吐夢、山崎直樹、龍坐、あらい汎、津田寛治、村井良大、茉莉邑薫、春名風花、石賀和輝、岸野聡子
ネタバレ

noindex

★★☆☆☆ 1.6

三期よりさらにひどい。

4分ホラーアニメ。三期よりさらにダメになってしまったような…。

1話
{netabare}実写www{/netabare}
ナレーションの声がホラー向きじゃない。

2話
{netabare}えっ?なんかはっきりしなさすぎ。水槽の中の奴見せろよ。{/netabare}

3話
{netabare}1話と同じアパート。後ろにいるのはみえみえ。{/netabare}

ED曲が全然ホラーらしくないし。

4話
今回は怖かったと思うが実写で怖さを出すのは卑怯だと思う。もうアニメじゃない。
ナレーションは声優でなく役者使うのはいいとしてもホラーらしさが無い喋り方だった。最後の笑い声ダメでしょ。
…そーいやムスカの人だったなwムスカの声でやってくれたら評価爆上げだったんだが…

6話
絵柄がいきなり古い萌え絵みたいになって吹いた。西川伸司という漫画家の絵らしい。

11話
絵を描いた人が気になったが、EDにキャラクターデザイン・作画の人の名前無し。アニメとして最低。

13話
{netabare}最終話に三期のような驚く仕掛けも無し。横道に行ってたら助かったのか?{/netabare}

【総評】
二期までの作風で新作が見たい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

ブーブコム

★★★☆☆ 2.2

闇芝居の時間だよ~

今回毎回ナレーションのおじさんの声を変えたり
実写を取り入れたり、ときどき作画を変えるなど新しい試みが見れた

個人的には影鰐とごっちゃになってるような3期よりも4期の方が
闇芝居ぽくてよかった♪

ただナレーションのおじさんの語り手の他に声が入るんだけど
それがあまりにもボソボソと喋っていてイヤホンしても聞き取れない
そんなんだったら入れてくれない方がよかった

でも闇芝居って毎回評価が低いけど、つい最後まで観てしまうアニメのような
気がする

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

57.8 10 闇芝居(第5期)(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★☆☆ 2.9 (28)
120人が棚に入れました
『闇芝居』は身の回りの怪奇な都市伝説をテーマに、現代では珍しくなった“紙芝居”をデジタル表現で見せる昭和テイスト満載のホラーショートアニメである。このたび放送が決定した第5期は、全ての脚本を女性が担当することになった。舞台を中心に女優としても活躍するイチキ游子と岸野聡子、そして「かわいすぎる怪談師」として話題の山口綾子が、女性ならではの視点で『闇芝居』に新たな息吹をもたらしていく。

声優・キャラクター
津田寛治、石川由依、田上真里奈、春名風花、桜あず、東城咲耶子

hidehide

★★★★★ 5.0

多分間違ってますが…

全期通して☆5
なので、ここに5を点けてしまうと5期の底上げに
なってしまうのはルール違反ですよね…
ただ、全部レビューするのも手間なので、
1期 なるほど、なるほど。嫌いじゃない。
2期 ネタがやや… でも、嫌いじゃない。
3期 どした?テコ入れする程、長尺&ロングヒット
してないですが?
4期 あ、テコ入れが迷走を呼び、俳優と実写推しで
もはや知ってる『闇芝居』じゃないな、と。
5期 日常生活に支障はないけど、1、2、に及ば
ず、3で発症、4で悪化、の後遺症が…

そんな印象ですかね。加えて言うなら、
4期のエンディングは、絶対間違ってる。
曲のせい、ではなく、使い所が違うのではと。
一応、『闇』芝居。闇。…爽やかに終わってどうするのか。

そして、やはり、津田さんのナレーションでいい。

最近、
こんな愚痴コメしかしてないです

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.8

女の闇芝居

あの酷かった四期と違い、一応一期・二期をリスペクトしているようで原点回帰の姿勢は感じられる。特に「隠連母」はそうだろう。{netabare}最終話には仮面のおじさん出てくるし。{/netabare}
ただし、話が女性脚本家だけで作られているだけにほとんどが女性視点の話になっている。
おなじみのOPの闇芝居おじさんのシーンの周りにも女性しかいない。
今まで女性として生きてきて嫌だったことや、学生だった頃に友達の間で流行っていた怪談を元ネタにして話を作っている印象。

画面にわざとノイズを入れているが、それでも絵が綺麗すぎるかなと感じる。絵柄もアニメ絵から実写調までバラバラ。
一期・二期はあのざらついたような絵柄が怖さを増していたのだが。

結論としては
一期&二期>(超えられない壁)>三期>五期>四期って感じかな。
今回は四期のように「こんなの全然闇芝居じゃない!」とまでは思わなかった。一番良かった話は「花占い」かな。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

ninin

★★★☆☆ 3.0

紙芝居の闇

全13話 5分枠のショートアニメ

闇芝居の5期です。この作品から観ても問題はないと思います。都市伝説を主題にしている作品。物語は1話完結です。

4期で週替わりナレーションだったのが、この5期は元の1人のナレーションに戻りました。

紙芝居風の作画も以前と同じで内容はホラーですが、やっぱり結末はよく分からないことが多いですね。

6期がありそうな終わり方でした。箸休めにどうぞ~

最後に、EDは鬼気迫るような曲だったので結構迫力がありました。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 9

60.3 11 黄金バット(TVアニメ動画)

1967年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (20)
74人が棚に入れました
アトランティス大陸の棺から1万年の時を経て甦った謎のヒーロー・黄金バット!悪の科学者ナゾーが次々と繰り出す恐ろしい怪獣達を相手に、シルバーバトンで立ち向かう!!昭和初期から紙芝居で絶大な人気を誇り、その後漫画にもなった「黄金バット」を、後に「妖怪人間ベム」を手掛ける事になる先鋭的な制作会社・第一動画がダイナミックな色彩とアクションでTVアニメ化。

声優・キャラクター
小林修、島宇志夫、村越伊知郎、高橋和枝、たてかべ和也、松島みのり、栗葉子、内海賢二、藤本譲
ネタバレ

ぶらっくもあ(^^U

★★★☆☆ 3.0

元祖主人公最強かも、ってより超最強~(笑)

★の数は当時としては、、ってことで(^_^;大目にミテネ

チャー研(チャージマン研)がニコ動等で話題になってたのはしってたけど、このアニメ版黄金バット(1967)も発掘されてワリと観られてたらしい、
元々は昭和初期(元ネタ黒髑髏は昭和5年とも言われてる)の紙芝居の登場人物で金色ドクロ仮面の正義の味方、紙芝居と並行し絵物語~雑誌を経て1966年千葉真一主演で実写映画化、翌1967年4月より第一動画によりアニメ化される、この時の主題歌は実写映画と同一であり連動企画であったらしい、
以下ちょっとしたあらすじと登場人物
{netabare} ~
正義の味方サイド
黄金バット  一万年前に沈んだとされるアトランティスの地下で眠っていた黄金の髑髏の姿をした怪人。全身金色ドクロの仮面に黒マント、怪力とシルバーバトンと超能力で悪と戦う正義の使者。

ヤマトネ博士 正義の味方の偉い博士
タケル    ヤマトネ博士の息子(小学生?)
マリ     ヤマトネ博士をおじさまと呼ぶ(姪か何かかな)タケルと仲良しで黄金バットを呼び出せる(コウモリさんコウモリさん)唯一の人間。
ダレオ    なにもできないデブのダメ男(何のために居るのか判らないおそらくドジな笑い取りキャラと想われる)

悪者チーム
ナゾ~    悪の権化、色違いの目が四つ、左手はカギ爪、下半身は円盤、口癖「ローンブロゾ~」(註)ブロンズ像ではない
マゾ     その手下、ネーミングだけど、、狙ってないんじゃないかな~時代的に当時のガキにSMだのあまり一般化してないし(今のお子様にも一般化してないっ、、タテマエ上)

1話で水を求めてアトランティスにやって来たヤマトネ博士一行に棺を発見され、復活のための真水を一滴与えられたことにより復活する。以降はマリー(女の子の主人公、男の子はタケル)に呼ばれることによって姿を現し、ヤマトネ一行を助け日夜正義の為に闘うのであった。
{/netabare}

さてこのアニメ版黄金バットだけどとにかく強い、ウルトラマンやスーパーマンの比じゃない、どんくらい強いかって言うと、、
{netabare}
まず弱点が無い、あっても絶対死なないので大丈夫(ナンダソレハ)、武器はシルバーバトン!銀色の先の尖ったスティックらしきものもってて、そこから出る?光線は何でも溶かす、消す(それだけで最強~どういう設定だ)、最強なんだけど一応CM前くらいに敵の罠とかにかかって空飛べるにも関わらず落とし穴や崖から落ちたりする(註、最近の研究によればワザと危機に陥ってるとしか考察しようもないこのような行動は「舐めプレイ」と称されている)、CM明け以降串刺しにされようが怪獣に飲み込まれようが何されようが「黄金バットは無敵だ不死身だ」の一言とともにいとも簡単に高笑い(ハハハハハハハのハ~みたいな)とともに復活し悪者徹底的にボテクリまわす(けっこう容赦なかったりする)、そしてナレーション、「強い!絶対に強い!我らが黄金バット!」、、、どんな目に遭ってもハハハハハでこたえないんだから敵にすりゃタマッたもんじゃないよね~、、

一方悪者もけっこう面白い、何かというと放射能だの水爆だの使う(今だとけっこう問題かも)、ただ放射能と言ってもナントナク怪しいもの的扱いで(視聴者だけでなく制作側からしてってテキトウってのがナントモ、、)とりあえず放射能やら水爆やら使ってる、使っても黄金バットは水爆?も何ともないので何にもならない、、、(けど普通に考えたら黄金バット様大丈夫でも半径数百キロメートル壊滅だわな)
悪玉ナゾ~の手下もけっこう沢山いるようなんだけど失敗するとナゾ~に殺される、けっこうバカな手下なので尚更殺される、自分の手下コロしてまわってどうすんだろ?
そのナゾ~だけど何か喋る前や登場時等頻繁に「ロ~ンブロゾ~」と言う(註、ブロンズ像ではない←ヒツコイ)因みにこのロ~ンブロゾ~だけどイタリアの医学者か何かで昔犯罪者の脳解剖したりしたりしてた実在の人物らしい、けどそこから来てるかどうかは定かでないらしい(ナンナンダ、、)

{/netabare}
これ放送されてた当時私は小学校上がったばかりだったようで、当時は何の疑問もなく(だから~年齢的にも時代的にも~そういう世代だったし~、、←言い訳に必死)喜んで観てたけど、
現在このアニメ掘り返され「チャー研」レベルまで行かずとも改めてそういう目線なりで見直してみるとナルホド突っ込み処も満載でけっこう面白いのかもしれない、
あらためて観つつ面白い事あればまた更新しようかな~と(^_^;

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

Prism_Ace

★★★★★ 5.0

地球の平和を頼んだぞ(チョコレート食べながら)

懐かしい紙芝居のひとつとして有名な黄金バットのアニメ版です。約50年前のアニメですがその面白さは不変です。

【物語】徹底して勧善懲悪です。それは正義!
【声優】( ゚∀゚)フハハ八八ノヽノヽノヽノ \
【キャラ】お気に入りのキャラはもちろんバケツいっぱ…一滴の水で蘇った強い!絶対に強い!正義の味方、我らが黄金バット!! その正体はこうもりだけ~が知っている ※知りません
【作画】安定してます。
【音楽】雰囲気を引き立てています 場所~は何処だか知らないが~深ーいヒマラヤ山中に~人~の知らない村がある~♪ミュータントの住む村があ~る~あ~る~♪

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

REI

★★★★☆ 3.4

紙芝居からアニメへ

ハッハッハッハッ・・・・(黄金バットの笑い声)
黄金バット
どこどこどこから来るのか 黄金バット
輝くドクロは正義の味方
ひゅっと風切るシルバーバトン
宇宙の怪物やっつけろ
どこどこどこから来るのか 黄金バット
こうもりだけが知っている

っていう主題歌でした(聞きたい人は、ゆうつべでお探しください)

子供のころ観て骸骨(顔だけ首から下は骸骨のようで骸骨ではありません)
が主人公なんだけどあまり怖さは感じなかったです。
黄金バットの強さは先人のレヴューに色々書いてあるのでそちらを見てくださいね。

 紙芝居から実写→アニメとなったのは知る人ぞ知る事なんですが私は紙芝居の方を後に見たという稀有な経験をしました(笑)
 小学生の頃両親が共働きで夏休みや冬休みには母方の実家(地方)に預けられていたのですが、ある夏休み例年のように母方の実家に預けられていたのですが、
 ある日従兄弟が紙芝居が来るから見に行こうと誘ってくれたのですがその紙芝居でやっていたのが黄金バットでした
 母方の実家は当時テレビ局が3局しかなくて黄金バットは放送されていませんでした。
 という訳で思い出に残るアニメなのでした。

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

48.5 12 BATON バトン(OVA)

2009年10月27日
★★★☆☆ 2.8 (12)
69人が棚に入れました
宇宙旅行が可能になり、惑星間での移民も行われるようになった未来、「惑星アベル」では人間とロボットが共存する世界であった。ある日、この星にやってきた宇宙船から降り立った乗客の一人は、実は密航者であった。その密航者は、この星の入り口である空中エアポートを強行突破、惑星への侵入を試みるが、失敗してしまう。その密航者を発見したのが、「アポロ」と、「ミカル」だった。その密航者が持っていたメモリーの中には、最新モデルに偽装した謎のOS「サイファ」が入っていた。そうとは知らず、アポロは面白半分にサイファのメモリーを手に入れる。その時、アポロに突如異変が起こる。戸惑うミカル。この時二人は、これから先、そのOSを巡って巻き起こる事件など知る由もなかった。

黒羽翼

★★★★☆ 4.0

自分の中でベスト3に入るアニメ

横浜港開港150周年記念「開国博Y150」で上映された作品。


最初は何がなんだかわからないで見に入って、
いきなり2話から見たわけだけど、
まさかの面白さに続けて偶然やっていた3話目を見に入り口に走った。

その後、会場の前にあったファミマでDVD買いました。


あたしは技術的なことは何もわかんないけど、
俳優さんたちが一度ちゃんと演じて、
それをアニメにしているのがおもしろいなぁと思った。


主人公はみたまんま市原隼人で、
出演者はちょー豪華俳優人。

でも、そんなことは関係なく、内容がとにかくよくて、
ここの上映とDVD販売だけではもったいないと感じた。
できれば、どんなかたちでもいいから、
もっと目立つところで流してくれればいいなと思った。


出演者たちのアドリブも笑えるし、
上戸彩のかわいさや、ケインコスギの動きのよさにも注目(笑)。
イッチーは純粋にカッコよかった!!!

EDのマッチ具合もばっちり!

BATONというタイトルも納得。

みんな開国博Y150は大失敗だったと言っていたけど、
これを上映しただけで、じゅうぶんすぎるほど大成功だと思った!

新しいアニメとして、是非、たくさんの人に見てほしいです!!!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

おふとん

★★★★☆ 3.1

脚本岩井俊二・監督北村龍平でアニメだと?

2009年制作。全3部構成計65分ほどのSFファンタジー。
横浜港開港150周年記念「開国博+Y150」で上映してたから一応映画。
脚本が「花とアリス」「リリイ・シュシュの全て」「Love Letter」の監督・脚本を手がけた岩井俊二、
監督が「あずみ」「スカイハイ」「VERSUS」の北村龍平。
どちらも実写映画界では実績充分な監督さんなので期待して視聴。


人間とロボットが共生する未来の世界。謎のOS「サイファ」を拾ったアポロとミカルの小さな冒険物語。
全般的に説明不足なのですが、映像から読み取れる情報だけで基本的な世界観がイメージできてしまう程度の作り込みだし、ストーリーとしては単純なので置いてかれる視聴者はまずいないと思います。

本作の大きな特徴なのがロトスコープ。最近では『惡の華』の記憶が新しいかな?
実写で撮ったものをトレースしてアニメにするやつです。
主演は市原隼人、ヒロイン上戸彩、他に藤原竜也・大杉漣・内藤剛志・ケインコスギ等の豪華キャスト。
良かったのはケインのアクションと、藤原竜也が声優並みに声で感情表現できていたこと。

以下は問題点。
実写畑の本職がやってるのだから、実写撮影時の演技指導も演技そのものも悪くないはずなのに、
トレースしてアニメになると決定的に表情の変化が乏しい。無表情連発ですごく・・シュールです。
中途半端にデフォルメして書込線が少ないうえに、陰影で顔の凹凸を再現していないので、俳優さんたちの微細な表情の変化を拾えてないのが痛い。人物以外の動画部分に至ってはFLASHと見まごう紙芝居。SFというジャンル故にアニメという媒介を選択したのはわかりますが、せめてアニメ制作は実績のある会社に依頼すべきでは?ググってもhitしない制作会社「ワイルドボアメディア」ってどこ?
(私が無知なだけで、実は海外の有名な会社とかだったら御免なさい。)



テーマはSFものにありがちなアレ。無機物の集合体に過ぎないロボットにゴーストが宿る!みたいな。
でもそこから導き出される、『ただ機械的に「記録」を蓄積させるのではなく、人との繋がりを感じながら「記憶」を紡いで行く』というメッセージは秀逸。タイトルのBATONにも横浜開港150周年にも合ってる。

欲を言えばプロデュース・脚本だけでなく監督も岩井俊二にお願いしたかったですね。
監督北村龍平ということで必然的(笑)に得意分野のアクションに多くの時間が割かれていて、せっかくのメッセージも、ほろ苦い青春群像劇を得意とする岩井脚本の妙も伝わりづらい仕上がりだったかな。

要するに水と油ってぐらい方向性の違うこの二人。畑違いのアニメーションということも手伝い、
うまく混じりあえず互いの特色をスポイルしあって、無難で平凡な物語が出来上がった印象。
それ自体の珍しさで目を引くロトスコープを除けば、極々ありふれたSFファンタジーでした。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 9

51.0 13 レディスポ(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★☆☆ 2.4 (21)
58人が棚に入れました
全銀河を巻き込んだ宇宙戦争が勝利者なしで終わった世界を舞台に、プロスポーツの賞金稼ぎが、宇宙を股にかけて戦う姿が描かれる。

四文字屋

★★☆☆☆ 1.3

さあみんな、原画1枚あたり20秒だ。しっかり止まっておこうぜ!

うわわわわわわ↓
これはすさまじく凄まじい。
180秒の本編で、
使われる原画は9枚、
アニメーションは一切なし、
インサートカットの口パクとまばたきのみが動く。
ストーリーも凄くて、
主人公チームの3人がトイレから出てこないので、
監督が強制テレポート。
トイレから飛ばされた3人の前には、
敵チームのメンバーが待ち構えていて、
キャプテンらしき人と、
啖呵の切りあいらしき口頭でのやりとり(もちろん口パクのみ)がある。
そして何の勝負かは明かされない。
それだけなんだけど、
一周まわっても
何もないのは当然ではある。

すごかったのは、
つづいて冬クールのショートアニメ(これも大概なOne Room)の再放送があったのだが、
素晴らしくよく動くように見えてびっくりした。
何これ名作かよって程に。
うっかり感情移入しちゃうところだった!
アニメは絵が動くから面白い、と再認識。
この前後のTOKYO-MX放送枠は、
ティラミスから魔法少女俺へと墜ちていく災害指定エリアかも知れない。

このレディスポ、「イラストアニメーションムービー」とか自称して、
こういう制作スタイルを斬新な手法だとうたっているらしいが、
こういうの昭和40年代にもたくさんあったような気がする。
たしか、テレビ紙芝居って言ったんだ。
交通事故にあったような気分。
よく5分間も我慢できた!ということで。


予想完視聴確率:0%
クール内BEST10到達予測:0%
予想涙腺刺激度数:0%
平均エロチックメーター指数:0%

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8
ネタバレ

pister

★★★☆☆ 3.0

狂人の真似とて大路を走らば

3話までの感想{netabare}
確か新タイラーは4・5話で心が折れました、今度はどうかなーと思い挑戦。
まぁ劇メーション以下、ヒデーなぁと思いつつダラーっと流し見してたんだけど、3話はもはや耳を疑うレベルでした。
高校からのライバル同士で、戦績は99勝99敗で「100勝を賭けた記念すべき戦い」とのたまいます。
…。
いや待てって。
お互い同時に勝利ポイントの付く試合があったでもなければ、どっちかが先に99勝(100勝へのリーチ)になったってのは確かなハズで。
つまりは先に99勝を取ってた側=あと1勝で100勝になる側はその段階で最低でも1回は負けてる。
そうでなければ遅れてた方が99勝を取れない、なので最低でも「100勝を賭けた記念すべき戦い」は2回目のハズ。
ついでに言えば追い上げてた方は最低でも1回は相手の100勝を阻止している。

で、恐ろしいのはそういったことを匂わす台詞(「今度こそ勝たせてもらう」でも「連勝させてもらう」でも)が一切無い、考えてないとしか思えない。
1回目の勝負からってことではなく、たった1回前の戦績を想像するだけで思い付くことだぞ!?
ってか想像って書いたけど、実際はこんなの考えるまでもなく反射的に思い付かない?
少なくとも「○本(ポイントでもいい)先取した方が勝ち」って勝負をしたことがある人なら意識しなくても勝手に浮かんでくるのでは?

つまりは、だ、いくら動かないアニメだとしても、ここまで考えてない作りってあるのか?という驚き。
ワザと考えてなさそうなフリをしてもこんなナチュラルに「今思いつきました」感を演出できるものなのだろうか?
こんな内容…うん、“こんな内容”な作品であっても作るには手間かかると思うんだ、撮影したり録音したり演技指導したり時間合わせしたり。
それでこんなお粗末なのは…ワザとだと思いたいんだが、なんか怖くなってきた。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

TAMA

★★☆☆☆ 1.2

観ても時間の無駄だと思いました。

イラストアニメーションムービー…ですか。
で?その言葉で逃げてるのかな?ってのが第一印象でした。

原作・未読。
アニメ・3話切り。(全12話。5分アニメ)

結局何がやりたかったの?ってのが感想です。
1話、トイレに入ってる女子を観せて何を思えと?

『カバディ』取り上げてたけど試合中別に『カバディ』ってあまり言わないよ?国際試合でもね。ゴールとかそーゆー肝心なとこは言うけどあんなに頻繁には言わない。口をもごもごしてるくらい。
それくらい調べてから作品を作って欲しい。『レディ「スポ」』って言うならね。

イラスト、絵が描ける学生レベル。
それに声優さんを付けて話させてるだけ。
紙芝居劇としても低評価です。
とにかくストーリー・脚本・題材が酷い。
なんでアニメ化したのか不思議なくらい。

良いところ…
EDがノリが良かったくらい。

私からは全くオススメしません!

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

59.3 14 彼岸島X(Webアニメ)

2016年10月15日
★★★★☆ 3.4 (19)
56人が棚に入れました
『彼岸島』初のショートアニメ化作品。アニメで描かれる物語は、原作での人気エピソードを踏襲しつつオリジナル要素を持たせた1話完結型で、ファン垂涎の名シーン・名台詞の数々がアニメ-ションとして再現されています。
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

屍鬼をギャグにしたようなショートアニメ

1話
速水奨さん無双www
{netabare}女の人が漏らしたのはびびった。{/netabare}

2話
隔週で土曜20:00に更新するらしい。
{netabare}ダルマにされて最後は斬首されるとか{/netabare}今回はちょっと笑えなかったな。別に原作はギャグ漫画ではない?
あおおにと共に和製ハッピーツリーフレンズの双璧を成しているような…。

3話
{netabare}そんなジャンプ力があるならロープいらないと思うんだが…あ、ギャグに突っ込むの無粋ですか。
壁を斬れるなら最初から斬れば…あ、上からの奇襲が重要なのかな。
味方一人死んだけど気にしなさすぎw{/netabare}

4話
{netabare}声が千葉繁さんに変わったw吸血鬼がヒャッハーなモヒカンに見える。
ただ明と師匠の演じ分けが出来てなかったのが残念。{/netabare}

5話
{netabare}不意打ち吹いたw{/netabare}

6話
{netabare}千葉繁さんがイケボ演技をしているのが面白かった。話的にはギャグ無しでストーリーを進めた感じ?{/netabare}

7話
{netabare}関智一さんにバトンタッチ。カラス役までやるとは。今回はかなりイカれてた。{/netabare}

8話
今回は原作に合わせたっぽい話だったな。

9話
{netabare}最後の明さんのさわやか笑顔は何なんや。{/netabare}

10話
さすが山ちゃん、演じ分け凄い。まあ日本アニメーター見本市でも一人でやってたけど。

11話
{netabare}やっぱギャグ落ちかw実力は雅のほうが上なのかな。{/netabare}

12話
{netabare}最後はキャラ勢ぞろいって感じ。山寺さん大変そう。{/netabare}

【総評】
大御所声優の一人芝居が売り。グロショートギャグアニメとしては「あおおに〜じ・あにめぇしょん〜」「ハッピーツリーフレンズ」とセットで見るといいと思う。

特別編
https://youtu.be/EpC-s53-pR4
やっぱ雅の声は石田彰さんが一番しっくりくるな。意外と千葉繁さんも良かったけど。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

KNY 休止します

★★★★☆ 4.0

なんだか妙にかっこいいです ショート(ホラー…一応グロありです)

紙芝居アニメというタイプだったでしょうか

第一話
まだ、視聴し始めたばかりですが
妙にかっこいいです
「ドーン」と出てくるタイトルも
気持ちがいいです

演じられる声優さんの人数が
限られているからでしょうか
若い女性の声を男性があてられていることは
違和感がありましたが
楽しめそうです

引き続き視聴したいと思います

 …

気づくのが遅かったのですが…
声優さん…

CV
1~3話  全キャラ「速水 奨」
4~6話  全キャラ「千葉 繁」
7~9話  全キャラ「関 智一」
10~12話 わかりませんでした


全登場人物 同じ声優さんのようで (⌒-⌒;
エンドロールのキャストのの見せ方も
魅力のひとつみたいですね
特に4話以降かな

ぜひ ご覧ください

(灬ºωº灬)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0

45.4 15 Legend of DUO-レジェンドオブデュオ(TVアニメ動画)

2004年秋アニメ
★★★☆☆ 2.3 (15)
51人が棚に入れました
Legend of DUO(レジェンド・オブ・デュオ)は、テレビ埼玉、AT-Xなどで放送されているアニメ天国内で放送されていたアニメである。
番組内での放送枠はわずか5分だったこともあり、アニメ天国を見ていない人の中ではあまり知られていない。

takumi@

★★★☆☆ 2.3

観てしまった

吸血鬼をテーマにしているホラーということで興味があり、
1話5分だし、12話なんてあっという間だろうと思っていた。

がしかし、甘かった。
人形のように瞬きしないまま口も開かずセリフを言うデュオ。
ルックスはそこそこでも、どこか魅力に欠ける主人公ジーク。
原作は知らないけれど、もう少しは堀り下げた内容なのだろうか。
もしそうだとしたら、すごくもったいない出来だと思う。
なんとなく各話のダイジェストを12話分見せられたという感じ。

唯一考えさせられたのは、「永遠の命」と「限られた命」
自分ならどちらを選ぶか?ということ。
普通の人間なら、いつか終わりがくるわけで、
そういった限りある命、限りある未来だからこそ
持てる夢があったり、幸せに感じることもあるんだろうなと。

もし、永遠の命と永遠の若さを保てたとしても、
愛する相手が同じように永遠の命を持っていない限りは
確実に死によって別れる時がくるのだし、
もしふたりで永遠の命を持っていたら逆にそのほうが
苦痛で仕方なくなる場合だってあるよな・・などと
物語とは逸れてレビュー書かざるをえないほど、感情移入はできなかったし
共感できる部分がほとんどなかった。

それと、ジャンルとして「ボーイズラブ」とあるが
私にはどこがボーイズラブなのか理解できなかった。
人間の欲深さ、愚かさ、裏切り、はかなさを
コミカルとシリアスごちゃ混ぜに描いただけだと思う。

いや~~もしこの作品のファンの方がいらしたらごめんなさい。
私の理解不足なのかもしれないので、この作品の魅力を語れる方は
ぜひ、その見どころを教えていただきたいと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 17

たっぷりおから

★★★☆☆ 2.3

見どころがないアニメ。だって動かないもの。

口以外ろくに動かないアニメにはもう慣れたはずだったのに…。

戦闘シーンはしょぼく尺稼ぎの回想ばかりで戦闘が始まるのに4話、2合交えるのに4話くらいかかった。話終わってまうやろ、12話しかないんだから。

一応吸血鬼ものらしく吸血シーンがあり、「死の症」と呼ばれる人間のみの病気のせいで人間が吸血鬼の血を吸う逆転行動があるのは面白かったと思う。でも結局「死の症」とは何ぞ?全部見たけど分からなかったよ。

この不治の病、「死の症」によって人間達は希望を失い、わずかな可能性に縋って吸血鬼を狩り始めたと、ネタバレを極力隠すとこんなあらすじになるかな。

世界がどうこう語ってる割にレギュラーが4人くらいしかいないのも話を小さくしていると思う。一応その4人を列挙。

・ジーク … 王子さまみたいな美形。後述のデュオを殺すために追っている。
・デュオ … 女の子みたいな美形。作中最強。吸血鬼の掟を破った。
・ステファン … テイ○ズのロ○ド。半吸血鬼。友のジークを探している。
・リジー … 好青年系。ジークに止めを刺されなかったことを恨んでいる。

その他はすべてモブ。名前すら出てこない者ばかり。

見たことは後悔してないけど、この出来は結構傷ついたというか…もうひどいね。色々と。チャ-研のように惹かれるものもないし、見るならネタのような感覚で見るべきかと。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

ワドルディ隊員

★★☆☆☆ 1.8

アニメーションとは何かを考えさせてくれたアニメ

このアニメは、吸血鬼物の一種である。
ただ、あまりにも酷いため吸血鬼アニメが
好きな人でも見るのは控えた方が良い。

このアニメ、基本的に口しか動かないからだ。
戦闘シーンも盛り上がることはできず、
延々と紙芝居を見せられているような錯覚に陥った。
アニメってこんな陳腐なものだっけ?と自分に問いかける始末。

脚本も酷い。
とても早い段階で、デュオとジークに焦点を当てすぎたせいで
全く楽しめないのだ。こうなってしまっては、ただの茶番だ。
回想が延々と続いていくため、何か片手間で作業しながら
視聴すべきだと感じた。
少なくとも、ほとんどの視聴者はこう思っただろう。
「お前ら早く戦えよ」と。
8話では、なぜか陳腐なギャグが登場する。
さすがに、寒すぎる。しかも、動かないためしょうもなさに
さらに拍車をかけている。

このアニメのキーワードは、「死の症」であるのは
なんとなくわかった。だが、あまりにも説明不足すぎて
理解しずらい。むしろ、こっちに焦点を当てろよといいたい。

某アニメと比べれば、まだストーリー性はあるが
動きがなさすぎるのが致命的だった。
この手の作品で感じたのは、声優がいなければ
ただの苦行アニメであるということ。
そして、アニメーションの動きが作品の面白さと
密接にかかわっていることだ。
ネタとして見るならありだと思う。
(面白いわけではない。)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 7

計測不能 16 猫のダヤン「ダヤンとジタン」(アニメ映画)

2019年5月10日
★★★★☆ 3.4 (2)
7人が棚に入れました
わちふぃーるど創世の秘密を解く長編物語から「ダヤンとジタン」という、二匹の運命の猫たちの冒険とわちふぃーるどの仲間達との友情をテーマにしたストーリー。

根越 詠汰

★★★☆☆ 2.9

ジダンはサッカー選手にいたけど、ダヤンは誰が付けたの?

 海沿いで猫たちが戯れる映像が、終わったときに上映された後編アニメだったです。

 これは映画というより絵本、紙芝居を見ているような感覚だったです。ある意味夢の世界みたいなお話ですねです。
 これも、NHKで放送したほうが、良いと思うです。

 ジダンを追ってくダヤンだったです。まぁ、いろいろあるです。不思議な仲間も加えて、邪悪な陰謀を阻止して、街を守るお話でしたです。

 蛇ヘビー、みんなと一緒に守ったぞ~でしたです。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

52.9 17 ふるさと再生 日本の昔ばなし (TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (16)
75人が棚に入れました
『ふるさと再生 日本の昔ばなし』 は、日本各地に根付いた民話や昔話を紹介するアニメ番組。語り手には、ベテラン俳優の柄本明と松金よね子を迎え、日本各地に伝わる民話、祭事の由来、神話・伝説など、庶民の文化を底辺で支えてきた話を楽しく伝える。

takumi@

★★★☆☆ 3.0

語り継いでいきたい話たち

子供の頃、『まんが日本昔話』を観て育った。
しばらく観ないうちに打ち切りになってたようだ。

で、このたび、放送局は違うけれど
『日本の昔話』として内容も新たに帰ってきた。

語り手には、俳優の柄本明と松金よね子。
ついつい市原さんや常田さんと比べてしまうけれど、
こちらは、ややあっさりした感じの語り口。

各地の民話や神話、伝説など、私たち日本人が代々
語り継いでいくべき物語が1回につき3話構成で放送されている。

また、物語ごとにアニメ作家が変わるのはいいと思う。
よく知っていたはずの話でも、けっこううろ覚えだったことに
気づかされ、子供の頃に感じた部分は今観てもどうってことなく、
むしろ子ども心に何とも感じなかった部分が
今観ると泣きのツボだったりというのが興味深い。

日曜日の朝9時から放送なので、お子さんのいらっしゃる方は
親子で一緒に観てはどうでしょう?
自分はすみません、観るものが多すぎて途中ですがリタイアします(汗)

投稿 : 2019/08/17
♥ : 28

atsushi

★★★☆☆ 2.5

ネタが尽きるまでは続いて欲しい

語り手は声優じゃないので誰がやってるんだと思ったら、柄本明と、松金よね子。

誰かと思いググってみたら、昭和生まれの人なら名前は知らなくとも誰もが顔は知っている名脇役。
タレントじゃなくて、立派なコメディ役者だ。

1本3話形式のオムニバスなのだが、内容は紙芝居につき、単純にストーリーを見るものだと思う。

結局のところ、たまにしか見ていなかったがまさかの2年目突入。
dビデオ的な見放題サービスにでも入れておいてくれたら、子供に見せる機会があったら使うかも。
毎週見るのはツラい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ