絵梦おすすめアニメランキング 5

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの絵梦成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月14日の時点で一番の絵梦おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.7 1 絵梦アニメランキング1位
セントールの悩み(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (207)
812人が棚に入れました
【姫】こと君原姫乃は、【人馬(ケンタウロス)】の形態をした女子高生。この世界の人類は、現実とは別の進化をたどっており、【翼人】【竜人】【長耳人】【角人】【牧神人】【人魚】【人馬】といった形態に分かれています。そんな様々な形態をしたクラスメイトの少女たちと、楽しい高校生活を送っていく人外娘たちの日常コミックが原作。

声優・キャラクター
桑原由気、深川芹亜、白石晴香、鎌倉有那、綾瀬有、桐生朱音、宮島えみ、黒木ほの香、大泊貴揮、本橋大輔、矢野智也
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

雑草という名前の草はない

[文量→大盛り・内容→感想系]

【総括】
亜人娘達による日常系アニメ。基本は日常系だけど、どこかにうっすら怖さというか、深みみたいなのは漂っていて、近い系統だと「けものフレンズ」みたいな感じなのかな? とかも思ったり(けもフレほどの深みはないけど)。

設定だけなら、「モンスター娘のいる日常」や「亜人ちゃんは語りたい」に近いけど、似て非なるアニメです。

亜人萌え出来る方、ちょっと色々考えたい方には、オススメです♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
ちょっと、ひねくれたレビューになりますm(._.)m

「亜人ちゃんは語りたい」「モンスター娘のいる日常」と、本作との明確な違いは、亜人が少数派ではないということだ。というか、進化の過程で?全人類が亜人化した世界を舞台にしている。

つまり、「普通じゃない」ことが「普通」の世界。それはとても理想的で、皆が「普通じゃない」から差別なんてない世界のはずだ(極端な話、現在の地球上に60億種類以上の種族や民族がいれば、誰が多数派とか、誰が変とかにはならないはずだ)。

が、そんなことにはならない。彼女らを「普通じゃない」と思うのは、我々視聴者(人間)から見た場合で、このセカイの住人も自分達なりの「普通」を作り出し、「普通じゃない」人達を差別をする。南極人を「ヘビ」と言ったり、人魚族に対する妬みであったり。形態差別罪があるというのは、法律で罰さないと差別が起きるからだろうし。

それはまるで、(仮にいるとしたら)宇宙人から見た我々地球人のよう。宇宙人から見れば、多分地球人なんてみんな同じような外見をしているのに、肌の色や生まれた場所、身分なんかで差別する。同じ国で生まれて同じような境遇であろうと、ちょっとした外見の違いや性格の違いで、いじめや差別をする。第9話(戦時下の収容所の話)では、それがはっきりとした描写、言葉で描かれた。

皆が違う姿であっても差別は生まれ、皆が同じ姿であっても差別は生まれる、そんな「詰んだ世界」。

それが、この「世界」。そして多分、私達が暮らす「世界」の負の面を強調した姿。

でも、そんななか、姫、希、羌子、スーの四人は、互いを対等ととらえ、歩み寄ろうとする。ジャン・ルソー氏や、彼を対等と捉える会長など、救いはある。

結局、「総体としては悪」だが、「個としての善はあり得る」と、そんな皮肉な現実を突きつけてくるようなアニメだったのかな。

レビュータイトルだが、これは昭和天皇の言葉。第11話で、姫が「どんな小さな花にも名前がある」と言っていたのを聞いて思い出した。人は勝手に自分の物差しで、「雑草」とか「花」とか、なんでもひとまとめにしてしまう。例えば「チューリップ」といったって、ひとつひとつの花はそれぞれ微妙に色や形、成長速度も違う。「翼人」「人馬」「南極人」などとひとくきりにしているが、同じ人馬でも、姫と綾香は全く違う人格だし、「南極人」の中ではスーは異質なのだろう。

簡単に言えば、「個性の尊重」。それが本作で伝えたい一番のことだろう。

勿論、これらが考えすぎで、普通に「亜人娘達に萌え~」、「日常に癒される~」で良いと思うのだが、私は基本的に、容姿があまりに人からずれると萌えにくくなる(例外は「亜人ちゃん」の「マチ」♪)ので、どうにも他の部分に目がいった感じかな(下半身馬の水着姿に萌えられる境地にはまだ至っていないもようw)。

日常系として観た時、キャラ的には、委員長のお母さん感は良かった。三つ子との絡みは最高! ただ、なぜ途中で、世の中のお父さんと現代美術を殺しにきたのかは謎(笑) あとは、ボーイッシュな「希」が良かった。90年代は主流だったボーイッシュなキャラ、最近はめっきり減ったように思うし(ボクっ娘とは違う)。もう一人の友達の、糸目の「羌子」も理路整然とした普通さが良かった。まあ、やや百合だったが、姫を含めた3人の関係性は良かったと思う。

ライトな感想としては、印象に残ったエピソードとして、3話の希に萌えw 6話で委員長が正論を用いて世の中のお父さんを殺しにいったことw 9話の深い話。10話でなぜか現代芸術にケンカを売りに行った謎w 11話は神回、三つ子の性格に深いメッセージ性、オチもビシッと決まっていて、ここだけは☆5!

ちょっと疑問だったのだが、「(人間にも)セントールにも共通する悩み」を描きたかったのか、「(人間にはなくて)セントールならでは悩み」を描きたかったのかが微妙で分かりにくかったなと。

多分、テーマ面は前者で、エンタメ面は後者で描きたかったのだろう。2期あったら観るかな。
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
百合がメインなの?

2話目
人魚族はレア、ということなんですね。

3話目
ユリユリしてますな~。急にバカみたいな展開に。希の下着姿はあざといですな~。嫌いじゃないw

4話目
どエロですなw 鏡を使え、鏡を。

5話目
話が展開しそうだね。南極人に対する潜在的な差別。

6話目
四者四様の家族の在り方。なんだ? 委員長の正論は、世の中のがんばるお父さんの何割かを虐殺したいのか(笑)

7話目
なんか、チアフルしてたな(笑)

8話目
衝撃的に斬新な水着回w

9話目
なるほど、哺乳類人は自分を同等に見てくれているのに、同じ両生類人の方が自分を特別視していると。

10話目
なぜいきなり、現代美術にケンカを売った(笑)

11話目
痛いのいや~→叩いたことないでしょ!→説教もいや~ は、笑ったw「雑草と言う名の草はない」。三つ子、良い性格してる(笑) 今までで一番好きな話。「どうしていつもお説教が入るの?」(爆笑)

12話目
平和な日常回。&ちょいサービス回。なぜこれを最後にしたの? このアニメは日常系ではあるけど、もうちょいなんかの結論出して欲しかったな。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 20
ネタバレ

ヲリノコトリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

割と深くて割と楽しめた

【あらすじ】
文明を持つ生物の外見がより多様化した世界を描く。

【成分表】
笑い★★☆☆☆ ゆる★★☆☆☆
恋愛★☆☆☆☆ 感動★★☆☆☆
頭脳★★☆☆☆ 深い★★☆☆☆

【ジャンル】
獣人、ケモ耳、尻尾、羽、角、ヘビ、ケンタウロス的な

【こういう人におすすめ】
いろいろな要素のオムニバス的作品なので誰におススメするかと言われるとムズイ。少なくともケンタウロス的な女の子が生理的に無理なら無理っぽい。萌えとか恋愛とか設定とか小難しい話とかが混じっているが、それらの要素を単体で好きな人にはおすすめできない。それらが混じったものを受け取ったときに、セルフで噛み砕いて楽しめる人向け。

【あにこれ評価(おおよそ)】
58.4点。注目度も評価も低い。

【個人的評価】
「コメディ少なめな日常系」の皮をかぶっているが、割と深くて割と楽しめた。タイプでいうと「それでも町は廻っている」とか「世紀末オカルト学園」みたいな器用貧乏タイプ。

【他なんか書きたかったこと】
{netabare}
 原作未読。
 昨年の作品を観てるんですがデミちゃんとかボールルームとかを断念してたので、これが久々の完走作品。

 「セントール」ってなんか西洋の人馬の魔獣?と思ったらまんま「Centaurus = ケンタウロス」の読み方をネイティブっぽく変えただけっぽい。「s」って消えるんだ。まあ「g」も時々消えるしそんなもんか。英語とか苦手だからまあいいや鵜呑みで。


・浅いとこについて
{netabare}  「人馬の外見無理」って人が多かったらしく、思ったより評価が低かったです。私は大丈夫だったけどなあ。むしろ結構「生物として美しい」感じが。中世の芸術家だったらこの子の裸婦画を描きたいんじゃないかなあ。
 ま、私が実際考えてたのは「横隔膜はどのラインだろう」とかですが。心肺機能も消化器系もめちゃ強そうですよね。燃費は悪そう。

 ツッコみどころは、まあ6本足のうち2本が角になるのは無理やり過ぎだろってとことか。羽はまあアリですが、生存競争だとケンタウロス型かカイリキー型が強そう。あと天使のわっかは「ハリガネ」で浮いてるのかと思いきや「ハリガネのような強靭な髪の毛」で浮いてるらしい。進化の過程で変な遺伝子残ったな(笑)
 と、人魚。足の付け根割れてる(笑)むれて痒くなるぞーあれ。あと上着ない設定はどっから思いついた。あんな画面チカチカする設定やめちまえ(笑)

 あとセントールの服。腰回りの伸縮性がハンパない驚きの新素材でした。Gパンみたいに腰回りはチャックとボタンがいいんじゃないかなあ。それか着ぐるみみたいに背中にジッパーつけると楽そう。トイレとか。 {/netabare}


・深いとこについて
{netabare}  南極人らへんから原作者の変なスイッチ入ったのか割と深い話が混ざるようになりました。この「割と」ってのが大事で、別にそこまで深いわけではないです(笑)
 原作者がその場で思いついたちょっとした「思想」を、他に発表の場がないから、「セントール」という作品に無理やり混ぜ込んで世の中に発信してみましたが何か、みたいなことです多分。

「画家の苦悩」とか「霊媒師は実はこんなこと思ってるんだぜ」とか「不思議な存在ってイイよね」とか「幽霊は自分の記憶にある姿じゃないと~、逆に記憶にないってことは……!」とか「"全体としての個"っていう生命体どうよ?」とか「ここらで"争いの醜さ"ぶっこみます!」とか。脈絡もなにもあったもんじゃないです。

 ただその一つ一つは面白い発想だと思うので、その1つの発想をさらに深めていった結果1つの作品が生まれるような芸術活動をしていただけると……。まあ今は「セントール」という、"見てもらえる作品"にすがるしかないんですよね多分。最近なんでも引き伸ばし引き伸ばし、続編続編ですから。漫画もラノベも売れなくなるまで引き延ばして、売れなくなったら終わるもんだから、どの作品も終わるときには人気ない。名作が生まれるわけもない。

 しかし、「これは取り上げたい」と思うセリフが出てきました。
 それがこれ↓

「しかし、忘れないでほしい。我らは、彼ら哺乳類人とは平和裏に共存していかなくてはならない。そうしなければ滅ぼされるのは我々の方なのだから。そして、我らの神は、我々や彼らと同じく実在する存在であり、ゆえに我々の願いではなく、神自身のために振る舞うのだということを」

 この後半部分。
 一瞬何言ってんのかわからなくて聞きなおしました。

 要するに「俺らに恵みをくれるってことは、神さまはなんか企んでるぜ。気をつけろ」ってことですね。「考えてみりゃ、そりゃそうだ」って感じですけど宗教家には盲点の発想な気がします。
 「神を信じて祈りなさい。そうすれば救われる」「まじか。でもそれ後で高額請求くるやつだよね」みたいな発想ですよ(笑)

 まあこのセリフもその後の伏線になるわけでもなく「良い発想だね」で終わっちゃうんですが。

 このセリフが引っかかったんで最後まで見れました。
 ま、たぶん神様は南極人で漫画ではこの後なんか起きるんでしょう。
{/netabare}
  {/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 23

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

「人間だけど人間じゃない」娘たちのキュートな日常…

この作品の原作は未読ですが、キャラデザからモン娘的臭いを感じたので視聴を決めた作品です。
でも放送開始早々、ふと感じたことがありました。

この作品のアニメーション制作はHAOLINERSなんです。
HAOLINERSといえば、「Spiritpact」や「一人之下 the outcast」のような中国発の出生が謎に包まれた無双系…或いは「銀の墓守り」や「縁結びの妖狐ちゃん」のような血の繋がりを大切にする作品を輩出するイメージを強く思っていました。

でもこの作品はこれまでの作品と明らかに毛色が違います。
それだけじゃありません…HAOLINERS枠の放送でもなければキャラデザも悪くないし何より面白いんです。
正直謎だと思っていました。
でも、完走してレビューを書くためにwikiをチラ見してようやくこれまで抱いていた謎が解けました。
この作品…もとは日本のコンテンツでHAOLINERSが制作を請け負っていたんです。
だから総監督は「蒼の彼方のフォーリズム」や「えとたま」を手掛けられた追崎史敏さんでその他のスタッフ陣も日本人が勢揃い…
決して中国発の作品が面白くない訳ではありません。
ですがクオリティは流してきた血と涙の量に比例すると考えているので正直差はあると思っています。
それに日本人ならではの風習や考え方も自分に合っているので…

この物語は女子高生の日常を描いた作品なのですが、ポイントは様々な人種が入り混じって生活していること…
肌の色が違う…というレベルではなく、人馬・竜人・翼人といった根本から違う方々が共生しているんです。
そして人種差別が法律違反になる事から人種間の争いもなく皆平和な日々を謳歌しています。
だから殺伐とした雰囲気は微塵も無く、とてもほのぼのとした雰囲気が感じられる作品です。
そして、このほのぼのとした雰囲気はとても心地よく感じられるのですが、この作品の持っている武器はそれだけではありません。

この作品の盾と矛に匹敵するのが笑いと可愛らしさだと思っています。
登場人物はいつだって一生懸命…だけど、それが逆にクスッと笑える時ってあると思います。
この作品の笑いはそういう類です。
そしてもう一つの可愛らしさ…人馬である主人公の姫を取り囲む高校の友達は皆さんそれなりに可愛いと思いますが、私にとって核爆弾に相当したのが姫の翼人の友人である三つ子の妹たちでした。

別に三つ子の妹…ちぐさ、ちなみ、ちほが保育園児だったから、という事は断じてないんだからねっ…
息のピッタリ合った年相応の言動が堪らなかっただけなんだから…
こんな言い訳が思わず頭をよぎるほどの存在…
好奇心旺盛で、元気一杯で、お姉ちゃんが大好きで…
そういう意味からすると、姫の従妹の紫乃も三つ子の妹と同格だったかも…

何をするにも全力投球で言動が素直で裏表がなくて…
人間幼い頃は誰だってそんな感じだった筈なんですが、年齢を重ねていくうちに幼い頃の面影はどこへ行ってしまったのやら…
生きていくために必要なこと…だと思います。
人は必要に迫られながらどんどん変化していきます。
今の自分はどっちを向いて変化しているかは分かりません。
けれど、願わくば退化ではなく進化であって欲しいと思っています。

声優陣は若手を中止に実績のある方を織り交ぜたような布陣です。
山賊の娘ローニャのローニャ役、あんハピ♪の雲雀丘瑠璃役を演じた白石晴香さん…
灼熱の卓球娘の出雲ほくと役、小林さんちのメイドラゴンのトール役を演じた桑原由気さん…
ハイスクール・フリートの宗谷ましろ役、風夏の秋月風夏役を演じたLynnさん…
因みに三つ子役は大図書館の羊飼いの小太刀凪役、響け! ユーフォニアム2の鎧塚みぞれ役を演じた種崎敦美さんでした。

日常を描いた作品なので展開に抑揚はありませんが、日常ならではの良さがしっかりと感じられる作品だったと思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、ピュアリーモンスターさんの「教えてダーウィン」
エンディングテーマは、亜咲花さんの「Edelweiss」
どちらの曲も大好きでした。
でもより心を惹かれたのはオープニングでした。
マイナー調のサビのメロディとか私にとってのストライク…
誰が作ったんだろう…と思って調べてみたら志倉千代丸さんでした。
そっか…いとうかなこさんを彷彿させる曲調にも納得です。

1クール12話の物語でした。
物語上、きっと1クールで終わるんだろうな…と思って見ていましたが、いざ実際に終わってしまうと寂しさを感じてしまいました。
毎回の視聴が楽しみでしたから…
もし続きが制作されるなら絶対に視聴したいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13

58.7 2 絵梦アニメランキング2位
TO BE HERO(トゥー・ビー・ヒーロー)(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (53)
218人が棚に入れました
主人公・おっさんは容姿端麗だがだらしがないダメ親父で、便座デザイナーの仕事をしている。妻と離婚し、勉強もスポーツも万能な娘のミンちゃんと二人暮らしをしている。ある日、おっさんは用を足している最中になんと便座に吸い込まれ、地球を救うという大役を与えられヒーローになってしまった!その代償に、イケメンな容姿からぽっちゃり姿に大変身!! おっさんの地球とミンちゃんを守る戦いが、ここから始まる……

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

何となく完走してしまった作品…

この作品は日中合作アニメで絵梦オリジナル作品の第一作となった作品です。
実はキャラデザもあまり好みじゃないし、物語の内容が少し汚いし…
強いて挙げればヒロインのミンちゃんはそれなりに可愛いですが、それほど出番がある訳でもなし…

きっと「ワンパンマン」の様な作品をイメージしていたのかもしれませんが、両者を比較すると出来上がりにだいぶ差がある…と思いました。
「ワンパンマン」に登場したサイタマは、世間一般で認知されているヒーローランクこそ決して高くありませんが、その実力は「最強」の称号にふさわしいものだと思います。
それにサイタマも…物語の展開的にも汚くありませんし…

でもこの作品の主人公である「おっさん」とその取り巻き…例えば王子もですが、扱うモノ自体が汚いんです…
それにメタボのヒーローって有り得ないと思います。
メタボ体系の人って…身体に纏わりつく脂肪のお陰で俊敏な動きができませんから…

そして唯一の華であるミンちゃんも普段はメッチャ怖い感じ…
空手が黒帯らしいので、触るとそれなりに怪我をしてしまいそう…それに典型的なツンだし…
なんですが、ほんの時折…ほんのちょっぴり見せるデレはそれなりに可愛いんです。

ほんの少しのデレ要素という栄養ドリンクを片手に大海原に漕ぎ出すような気持ちでの視聴でしたが、最後までその気持ちに変わりはありませんでした。
でも物語の終盤…いよいよミンちゃんも本格的に登場して、大切な事にようやく気付いた位から一気に物語が面白くなります。最終話の叫びにはは思わずうるっとしてしまうほどです。
でもホントの終盤なので切れる前に輝きを増す電球の様な作品になってしまったのが少し残念でした。

でも日本のアニメ業界もこれまで数えきれないほど下積みの結果がいまの技術を支えているんです。
そう考えると、自分たちでしっかり実績を積み上げていこうと実践する姿勢は評価できると思いました。

オープニングテーマは、BRATSさんの「アイニコイヨ」
エンディングテーマは、林和夜さんの「私のパパが地球を守る 〜我爹守护地球〜」
エンディグはよさそうなきがしましたが、歌詞が日本語じゃないので何を言っているかが分からず断念しました。

1クール12話の作品でした。日中合作作品にき興味のある人にならお勧めできる作品だと思いました。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

北山アキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2

単品としては見る価値無いけど・・・ガンバレ

1話観て
海外の資金が日本のアニメ産業に流れ込むのはよいことと思う。
(この作品はEDを見る限り中国人スタッフ率がかなり高いけれど)
また、制作国への先入観や偏見に曇った目でアニメを観る奴はバカだと思う。
その上で感想を言えば、
これは小学生レベルの下ネタを詰め込んだだけのアニメだ。
観るに値しない。

実写の中国映画には良いものもある。
家電製品や産業用機械でも徐々に日本製品の市場を侵食している。
人口が多いというだけでも中国の底力は計り知れない。

それに、量をこなしてこそ初めて良作が生まれる。
毎回良作を作れる人間がそうそういるわけは無い。
日本のアニメだって数多くの駄作がある一方、良作はわずかだ。
漫画、小説やゲームといった原作コンテンツの母数の巨大さがあるからこそ、
日本のアニメも存在している。

今季ハオライナーがクソみたいな作品を量産しているという評価には同意するが、
このペースで作っていけば、そのうち当たるんじゃないか?
数撃ちゃ当たるというだけでなく、ノウハウも蓄積できるし。
表現規制の墓場みたいな環境に埋もれているわずかな天才を掘り当てるかもしれないし。

だから、敢えてガンバレと言いたい。。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

MDO さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

2016年秋No1アニメ。90点。もしイケメンや美女になったら。

2016年秋アニメ、一番のお気に入りです。
90点。
最終12話まで見ました。2時間程度で見れるので、映画アニメ感覚で見てもいいのではないでしょうか。


下ネタ、ブラックジョークが好きな人には全力でお勧めしたい。
あと、世界観が独特で、ついてこれる人だけついてこい的なノリはあります。

もしイケメンや美女になったら。といったケースはありますが。
逆にイケメンパパが、トイレに吸い込まれてデブおやじになったら。というケースです。

奇想天外な創造からくるストーリー。
1話10分てとこです。


中国と日本の合弁会社のようです。
正直、中国というお国柄は嫌いだが、このようないいギャグネタを作ってくれる人には好感が持てる。好きです。

気に入った方は、「呼んでますよアザゼルさん」もお勧めします!

おっぱいアニメなんかよりも超絶面白い。
俺は、好きだ。この変態、大好きだ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7

68.4 3 絵梦アニメランキング3位
詩季織々(アニメ映画)

2018年8月4日
★★★★☆ 3.7 (36)
207人が棚に入れました
【陽だまりの朝食】北京で働く青年シャオミンは、ふと故郷・湖南省での日々を思い出す。祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事...子供時代の思い出の傍には、いつも温かい、心のこもったビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの祖母が体調を崩したとの電話が入る。【小さなファッションショー】広州の姉妹、人気モデルのイリンと専門学校生のルル。幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら仲良く一緒に暮らしていた。しかし、公私ともに様々な事がうまくいかなくなってきたイリンはついルルに八つ当たりしてしまい、2人の間には溝ができ、大喧嘩をしてしまう。【上海恋】1990 年代の上海。石庫門(せきこもん)に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけとなり、リモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代、社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つけるのだった。

声優・キャラクター
『陽だまりの朝食』坂泰斗、伊瀬茉莉也、『小さなファッションショー』寿美菜子、白石晴香、安元洋貴、『上海恋』大塚剛央、長谷川育美

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

全然観に来てる人が少なくて嘆かわしい!!!これは正しく2010年代版『秒速』ですよ!!!

新海誠監督の制作拠点としてもお馴染みのコミックスウェーブフィルムの新作
新海作品に強い影響を受けた新世代スタッフを中心に、中国のハオライナーズが「中国の都市を舞台に、中国の衣・食・住・行(行は交通)といった文化をテーマにした『秒速』みたいなのを作りたい!」と実に10年も前に持ちかけた話がキッカケとなった短篇3部作です




~陽だまりの朝食~
雨の降る北京を足早に行く男性、シャオミン
彼は喧騒とした都会の朝の中で、ふと故郷の朝の思い出を蘇らす
幼少期の好物であった三鮮米粉(さんせんビーフン)を祖母と食べた日々
そして淡い青春の日の隣にも三鮮米粉はあった
いま彼の目の前にあるのは、チェーン店で量産された米粉だ
もう思い出の味を口にすることは無いのか…そう思った矢先、1本の電話が入る…


~小さなファションショー~
中国第3の都市、広州は世界中のアパレルメーカーが拠点を置く現代のシルクロード
そんな広州で一流ファッションモデルとして働く女性、イリンは服飾の専門学校に通う実の妹のルルと二人暮らしをしていた
順風満帆かに見えたイリンの人生だったが、モデルとしての人気にも陰りが見えてきたことに焦りを感じ、自分を追い込んでしまう
やがてやるせなさの矛先は妹のルルに向けられ、イリンとルルは喧嘩してしまう
仲直りのキッカケを掴めぬまま、イリンはモデル引退をマネージャーに切り出すのだが、マネージャーからは1枚のメモが託される…


~上海恋~
90年代、上海の石庫門(せきこもん)と呼ばれるポピュラーな集合住宅で青春を過ごしたリモ、シャオユ、パンの3人
リモ青年は建築設計士となって上海に戻ってきたが、仕事は上手くいかず憤りを感じていた
そんな最中、男友達パンが引越しを手伝ってくれていると1本のカセットテープが発見される
それは淡い想いを抱いた幼馴染、シャオユとの交換メッセージを送りあったテープだった…
なぜリモはテープをシャオユに返さなかったのか?
なぜリモとシャオユは離れ離れにならなければいけなかったのか?
全てを思い出す為に、リモはテープを再生出来るラジカセを探し始める




まず率直に今作、『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『君の名は。』といった新海作品が好きな人に是非観ていただきたいです


美麗な美術や作画は言うまでもありませんが、今作が描いているのはSFでもファンタジーでも無く、中国の等身大の日常です

中学校の制服がジャージだ、とか
蕎麦でも饂飩でもなく米粉が朝食だ、とか
日本で言うところの団地や長屋に相当する石庫門の作り、とか
色んなものが“あの『君の名は。』クオリティ”で丁寧に描かれつつも、オイラの様な日本人にはとても新鮮な光景に映るんです


ところが今作のストーリーの根幹で、“国や文化の違いがあっても人の青春は新海作品で描かれているモノと同じなんだ”という新海作品との共通点に辿り着くんです


新海作品と違うアプローチをしながらも、新海作品と同じ着地点に辿り着く
こんなに美しく、斬新で、面白い映画は今までにありませんでしたよ
文字通り、10年前では思いつかなかったであろう、2010年代版『秒速』ですねこりゃ


にも関わらず、プロモーションが上手くないのか東京都でも封切り時の公開館数は僅か5館
大作サマームービー真っ盛りの季節ということもあって、上映回数も来客数もまばら…


おかしい!
こんなに新鮮な作品を、今観ないで何時観るのか!?
けみかけは『詩季織々』を応援していきたいと思います
鑑賞料金は一律1300円の特別興行でお得
どうせ後からBDを後出しするんでしょうけど、鑑賞チケット提示で本編DVDも買えます(買いましたw)


個人的に、今後の日本のアニメ業界は“日本のアニメ制作の技術を海外の顧客や出資者に買ってもらう時代”が来てると思ってます
もう日本のヲタクの財布をアテにする時代は終わりました
そういう意味でもハオライナーズ、ビリビリ動画、NETFLIXが配給に協力している今作は新時代への回答を既に提示してると言えるでしょう


その一方で、エンドクレジットを観れば純粋な日本人のスタッフが制作現場の中心を担っていることがよくわかります


誰にでも出来るわけではない
日本人だからこそ作れるアニメを、世界の人にお金を払って観てもらう時代の到来と言えます
あなたも今作を鑑賞してみて、時代の先駆者になってみるのは如何でしょうか?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 20

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

新海インスパイア系の海外第一号店

2019.01.14記


日中合同のアニメ映画(配信はNetflix)


詩季織々・・・“しきおりおり”と読みます。
キャッチさんのご推薦もあり鑑賞の機会に与りました。観たのは昨年です。

3つの短編。合計74分。さくっと観れるサイズなのでお気軽にどうぞ。
 1.陽だまりの朝食
 2.小さなファッションショー
 3.上海恋


■コミックス・ウェーブ・フィルム
言わずと知れた『君の名は。』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』を手掛けた製作会社さんが中国の製作会社と合同で制作にあたってます。
「陽だまりの朝食」と「上海恋」をChineseの監督さんが担当してたりします。よっぽど新海誠が好きなんでしょうね。モノローグの多用、内向的な男、時間軸を利用したストーリー構成と静謐さを湛えた演出などなど、新海誠作品をところどころ彷彿させるところがあって、同監督作品が好きな方でしたらチェックしておいてよい作品なんじゃないかと思います。
むしろ舞台を中国に移し、彼らの日常を切り取ったほどよく切なさを感じさせる物語はどれもきらりと光るものがあります。
お国柄、劣化コピーだろ?とか抗日映画のイメージしかないぜ!といった先入観は不要です。プロパガンダ映画でもないのでご安心ください。普通のアニメです。


■“面子”と“同族愛”と“ゴーイングマイウェイ”
とはいえ、登場人物それぞれところどころChineseっぽいところがあって、そこは比較文化の点で興味深いところでした。
そこは話聞けよ!(ゴーイングマイウェイ)とか、そこは素直になんなよ!(面子)とか、そこまでしてやるんかねぇ(同族愛)とか、お国柄を反映した表現も見どころの一つです。
こう書くと突っ込みどころ満載のように聞こえるかもですが、意外と違和感なくて不思議と物語に溶け込んでいますのでむしろ気づかないかもしれません。


■中国の高度成長
土地計画で変わりゆく街並み。農村と都市部の対比。価値観の逆転。
人民にとっても激動であったろうここ20年の変化は日本の比ではありません。その変化といった部分がストーリーの背景になってたり、さりげなく挿入されてたりと、これは現代日本では描けない物語でもありました。
劣化コピーではないよ、といえる理由でもあります。


新海テイストを盛り込みつつも独自の演出が光るお奨めの一品です。


■オマケ
寿美菜子さんが出演されてます。
寿さんと言えば、特別な存在であったユーフォニアム吹きの先輩役だったり、特別である自分に縛られた生徒会長役だったりと、私の少ない視聴遍歴のなかでも“特別”がつきまとう声優さんです。
本作では2.小さなファッションショーでの出演。案の定、“特別”につきまとわれていたなぁと思いだしたのが、レビュー執筆のそういえばきっかけでした。
姉妹の姉役での出演。妹はこちら『ゴールデンカムイ』のアシりパ役を好演されてた白石晴香さんの抑え気味の演技もなかなかだったりします。


-----
2019.04.27追記
《配点を修正》

投稿 : 2019/12/07
♥ : 32

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー

この作品は日中合同アニメ映画です。
2018年8月から日本、中国、シンガポールを除く全世界でNetflixが独占配信しているそうです。
かく言う私もNetflixで視聴しましたけれど。

視聴後にレビューを書くためwikiをチラ見して知ったのですが、本作品の総監督であるリ・ハオリン氏は、新海監督作品である『秒速5センチメートル』を鑑賞して感銘を受けて、同作の制作会社であるコミックス・ウェーブ・フィルムにオファーしたそうです(wikiより)。
でも中々スケジュールの都合が合わず、「君の名は。」の完成後から制作に着手したんだそうです。

新海監督の作品に感銘を受けるのは理解できます。
あの圧倒的な作画…見惚れちゃいますよね。
もちろん、この作品でも圧倒的な作画を堪能することができます。

この作品のもう一つの特徴は、描かれているテーマだと思います。
中国の作品って、「実は凄い血族の末裔だった」とか「とある危機に超人的な力に目覚めた」という感じの作品が多い中、この作品が取り扱っているのは生活の基盤そのもの…
そのため物語の激しい抑揚はありませんが、しっかりとテーマの伝わってくるのが感じられます。

そんな珠玉の物語が全部で3つ…
「陽だまりの朝食」
「小さなファッションショー」
「上海恋」

「陽だまりの朝食」は、一人の青年の成長の物語…
彼は朝食にビーフンを食べるのが習慣になっているのですが、温かいビーフンと都会の冷たさのギャップがどうにも埋まらなくて…
幼い頃、祖母と食べたビーフンはもっと美味しかったのに…
土地柄でビーフンの味や具材に違いを感じながら昔を懐かしむ…そんな感じの物語です。

「小さなファッションショー」は、ファッションモデルの姉と服飾専門学校に通う姉妹の物語…
幼い頃に両親を亡くしてから、実質的に姉が生活と妹を支えてきました。
でもずっと姉に頼ってばかりもいられません。
ファッションモデルという仕事は水物で、すぐに時代から淘汰されてしまう職業です。
でもそんな頑張りをちゃんと見てくれている人がいて…そんな感じの物語です。

「上海恋」はタイトル通り淡い恋の物語…
幼馴染に対していだく淡い気持ち…中々言葉に出せない気持ち…
でも言葉にしなくても、お互いがお互いの気持ちに気付いている…
そんな関係がずっと続くと思っていました。
けれど、成長に伴い必ず訪れる進学という選択…
あと一歩踏み出していれば、状況は劇的に変わっていたと思います。
その一歩を踏み出すことができなかった…そういう後悔の気持ちって誰にでもあると思います。
すれ違う時間と気持ち…
でも彼らに用意されていたのはそんな陳腐な結末なんかではありませんでした。
3本の中で一番好きだった物語です。

上映時間74分の作品です。
ハオライナーズの作品ですが、深夜に放送されているハオライナーズ枠とは
一線を画した作品だと思います。
目線を上げて、前を向いて歩いていく…そんな人の背中を優しく押してくれる作品だと思いました。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 15

60.7 4 絵梦アニメランキング4位
一人之下2 the outcast 羅天大醮編(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (26)
118人が棚に入れました
特殊能力を持つ異人が集まる祭典「羅天大醮」。その武闘会への出場は、真相を探る旅でもあった! 平凡な大学生であった主人公・張楚嵐は不老の秘密を抱えるヒロイン・馮宝宝と手を組んで、様々な異人達と対戦する! この戦いの中、張楚嵐と祖父にまつわる謎の真相も徐々に明かされていく。

声優・キャラクター
田丸篤志、早見沙織、鳥海浩輔、興津和幸、平川大輔、野島健児、立花慎之介、赤羽根健治、河西健吾、原由実、森下由樹子、日笠陽子
ネタバレ

pister さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

姐さん柳みたいな髪ーに、花を挿して~花を挿して~

5話までの感想{netabare}
1期がまさかの(といいつつ中華アニメではデフォ)ブツ切りエンドで「あーあ」と思ってたところにまさかまさかの二期。
見てみると面白いんだけど…面白いんだけど、どうせまた謎は明かされないで終わるんだろうなぁって思うとどうしても乗り気になれない。
ここでいう謎ってのは1944(コウシンの乱)と1994(創始者クラス13人対決)に何があったか、ね。
あと主人公の親父がずっと失踪中で話に絡んでこないのだけど、これも何かあるんじゃないの?と。
当時を知る十老が出てきたので1994の方くらいは明かして欲しいんだけど…1944の方はホウホウの謎と直結してるのでまず無理でしょう。
ってか1期と同じように後半はロウテンシの回想話になったりして。

ホウホウはクロノスの神の末裔でケイに記憶食われたんじゃね?なんてこと思ったり(時間の支配者ネタ)。
推理っていうか妄想は膨らむんだけど…中華系はどうにも不老ないし寿命が違うネタが多いっすよね。
国産でもレガリアとかあるけどさ…仙道が根底にあるとそうなりがちなんかね?封神演義もそうだし。

といううか、これの2期やってくれたんだからブラヴォの二期も早くやってくれんかのう?
面白い面白くないの問題じゃなく、話ブツ切りでスゲーモヤモヤしてるんで…。{/netabare}

18話までの感想{netabare}
13話以降も終わる気配も無く放送が続き「え、2クールやってくれるの?」と驚き、16話からは“全性編”となり「え、全性の掘り下げやってくれるの?」と続けてビックリ。
なんだかんだでこれまで全性って何?ってのはあんまり語られてないので、そこをやってくれる…のか?本当か?なら有難い。

一期からの情報では全性は、異人それぞれが属してる流派・門派の戒律に対し「そんなん守ってらんねぇ」と飛び出した連中の集合で、これといった組織だったものではなくリーダー的な存在もあるような無いような?って感じ。
なにより不思議なのが中華系…っていうか仙道みたいな話なので「歳食ってるほど偉い(強い)」ってノリがあって、だけど全性には老人らしい老人が居ない。
要はならず者集団なので、どうやってまとめ上げてるんだ?ってのが謎でして。
十老の中に居るのかなと思ったりもするけど、三十六賊狩りでそこら辺は清算されてるのかな?

と思ってたら…17話キター!全性側のジジイ登場。
更に予告で吹いた。
でもって18話、やっぱり歳食ってるほど強いって思想は盤石でレイギョクの手には負えんという展開に…インゴライってめっちゃ強かったんじゃないのかよーと、ここはちょっとガッカリかも。
ってかツウテンロクとっとと修得すればいいのに…時間がかかるものなのか?

全性の襲撃目的はホウホウっぽい、ツウテンロクはついでって感じ?
また下の連中は↑で書いた全性の条件の通り、戒律敷いてる本家を恨んでて、それをブッ壊せりゃそれでいいってだけなのも多いみたい。
ならず者動かすのはこれで充分か。


話はちょっと変わってホウホウについて。
甲申の乱のあった1944年に突如田舎の農村に現れたのが最初で、そこで出会ったジョショウ(幼名コイヌ)へ気の操り方(=異人入門)を伝授した。
その後大人になったジョショウはそれまで各流派・門派がやってた異人の取り締まりを政府もやらにゃアカンかなぁと設立された速達に入り(もしくは創立した?誘われて入ったって流れだったけど設立条件だったのかもしれない)、また二人の息子ジョサン・ジョヨンも異人で速達入り。
で、この流れだとジョサンジョヨンの師匠って親父だと思うのだけど、ホウホウはそんな師匠の師匠的立場。
ジョサンジョヨンからしたら大師匠?になるのかな?
とはいえ歳食わない得体の知れない存在で、速達で匿うにしても一応は政府機関だし正式な社員とするワケにもいかず(身元が明らかでないと公務員にはなれないでしょう)バイト扱いってことだと思うんだ。
大師匠をずっと下っ端扱いせにゃならんジョサンジョヨンの胸中どんなだろ?って想像するのも面白いけど、果たして速達内でのホウホウってどの程度の扱いなんだ?
正体知ってるのはごく少数で本当にバイト扱い…なのかねぇ?
まぁ全性と同様、速達の規模もよくワカランのよね。
今後もし全性に捕まるようなことがあっても、対外的には「たかがバイトだし」で切り捨てられる(=救出は少数でやることになる)展開とか来そうな予感。
え、ホウホウは捕まったりしないって?そっちの可能性のが高いかなぁ。{/netabare}

23話までの感想{netabare}
中国にアネクドートは存在するのだろうか。
“当局”はとっくに気付いてながらもガス抜きとして気付かないフリをしてる?
そして視聴者(俺)はこういうのって気付いてながらも気付かないフリをするのが礼儀なんかのう?

デン大使は超会議の秘密を知りつつも仲間に対して「そんなの知らん」と振舞った模様。
超会議の行方を追う“何者か”に拷問を受けたってのも自作自演?と思ったが、実際に追っ手は居た…のかな?ってかそれ全性じゃなかったのか、これまたややこしいことを…。
とにかく超会議と会話をした(秘密を知った)ってのは隠し続けてて、それを申し訳ないと思う気持ちから「すまない」と寝言で出る。
周囲の人間は「こんな体になってすまない」と錯覚したみたいだけど、実際は「秘密を明かせずにすまない」であり、それを悟られまいと寝ない修行を積んだ。

失礼ながら…
嘘(もしくは知っておきながら知らない振りをする)をさも事実のように振舞うことに対し、後ろめたい気持ちを抱えるって精神は中国にもあるのか!!
全性のトップにしても、今回の計画(テンシフ襲撃)で成果を上げなければ処分されるという、後がない・盤石ではない状態ってのは共産党に対する皮肉に見えてしまったり。
実際のトコ“当局”がどこまで目を光らせてるか知らんけど、“セントールの悩み”(これは原作日本だけどアニメは中国資本)なんて思い切り皮肉った作品でして、何気に中華アニメってそこら辺の「化かし合い」が水面下で激しく火花散らしてるんじゃないか?と思ってしまったり。
深読みしすぎかのう?
ってかそこら辺読み取らずしてやれ中華だってことで目の敵にしてる人は拙速な気がする。

ところでソランがロウテンシを激怒させた質問って「どうやったら平気に人を殺せるようになれますか」って感じかなぁと思ったり。
それに対する回答が「悪に染まらない限り師匠」だし、辻褄は合うかなぁと。

まぁそれはそれとして、次で最終回?結局コウシンの乱の謎は明かされないような予感。
何やら(物語に大きな)意味ありげに登場したショカツセイやオウヤが下山した時点で終わらない予感はしてたけど…結局中華中華した中華アニメで終わるのかなぁ?{/netabare}

最終回までの感想{netabare}
おおっと、ロウテンシを激怒させたソランの質問明かされました。
そっちか~。
でもってこの作品の内容全体としては…

ホウホウの秘密はコウシンの乱にあるぜ→コウシンの乱はロウテンシが知ってるぜ→ロウテンシはラテンタイショウで優勝したら教えてくれるってさ→優勝したら口止めされそうになったので聞くの断ったぜ→コウシンの乱自体を暴かなくてもホウホウの過去調べられるぜ(ラテンタイショウで知り合った人間から手がかり探るぜ)

で終了。
…引っ張り過ぎじゃね?
手段と目的を冷静に考えたらそりゃそうなんだけど、かといって周囲は放ってはおかんだろう、特に全性は。
当主代理のキョウケイがな~んかホウホウっぽい姿に…ひょっとして対なる存在的な?
インゴライとヨウゴライみたいな、なんかこう対極が存在するっての好きそうだし。
更には「お上」からソラン指名で指令が下りーの…お上の動きもややキナ臭い(速達バイト廃止の方向で動いてるとか)、ひええそっちまで話広げるの?
ついでに言うとこれは一期から気になってるのだけど、ソランの親父が全く関わって来ないのが気になる。
ってかシキュウサを施してる回想シ-ンで押さえつけてたのは親父だよね?
別に知恵比べしてるワケではないけど、作り手側にはどうとでも使える強力なカードを持ってる状態で…いい加減切ってくれんかのう。
悪くはないんだけど風呂敷広がってばかりで閉じる気配が無い。

三期あるのかどうか不明だけど、もしあっても流派含めキャラ数多すぎて大変なことになりそう。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

「ハオライナーズ枠」始まりの作品…2期を迎えました。

この作品は、「一人之下 the outcast」の2期に相当する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

馮宝宝(ふうほうほう)というヒロインを演じるのが「はやみん」と知って視聴を始めた作品ですが、「ハオライナーズ枠」の作品の中でも個人的には面白いと思っていました。
そのため、2期である本作は何の躊躇もなく視聴を始めた作品でした。

この物語の主人公は、一見平凡な大学生っぽく見える張楚嵐(ちょうそらん)ですが、彼は「異人」としての特異能力を隠しながら生活をしていたところ、馮宝宝に誘われて速達の社員となり、1期の物語が動いていきました。

今期は大きく二つ…
羅天大醮篇と全性篇の物語が描かれています。

羅天大醮篇はいわば天下一武道会のようなモノです。
腕に覚えのある者が集い、最強の座をかけて勝負に挑む…
そして優勝者には、知る人からは喉から手が出るほど欲しい賞品が授与されると聞けば、大会も俄然盛り上がります。

様々な流派の武人が、我こそはと名乗りを上げて戦場に赴く…
展開としてはまずまずなのですが、見どころは優勝の筆頭候補と名高い老天師の最後の弟子である張霊玉(ちょうれいぎょく)や武侯・諸葛亮の末裔など、物凄い技を繰り出す輩が次から次へと登場するところでしょうか。
そんな中でも張楚嵐と馮宝宝の試合っぷりからは、良い意味でも悪い意味でも目が離せませんでしたけどね。

そして、羅天大醮篇の完遂と同時に強制的に発動したのが、次の物語である全性篇です。
間髪置かずに始まった…という印象です。

羅天大醮篇の最中…いえ、もっと昔から全性は企んできたんです。
様々な思いが蠢く中、この物語の核心に近い部分が少しずつ明らかになるのですが、真の核心からみると、きっとまだ外周の片鱗でしかないのだと思います。
だって、まだ分からないことだらけ…

例えば、速達のことも…そして馮宝宝の事だって依然闇の中です。

それに…2クール全24話まで続いたとはいえ、物語の途中でブツ切りで終わったような感じでしたから…
きっと未だ続くんでしょうね…いえ、続けて欲しいです。

ただ、視聴していて全く頭に入らないのがキャラの名前です。
日本のアニメ作品でも覚えるのが危ういのに、中国のキャラの多い作品はまず頭に入らないです。
まぁ、キャラの名前は分からなくても視聴に差し支えは感じませんでした。
これはキャラの設定にちゃんと特徴があるからだと思います。

まだ浮き沈みの大きい「ハオライナーズ枠」の作品ですが、この作品は当たりだと思います。
総じて堪能できた作品でした。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

ちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

2期で化けた!!!

まず初めに1期の作画は忘れて下さい(笑)
2期の作画は今季アニメの中でも上位に入る程、丁寧に作り込まれてると思います。
一度ついてしまった印象の為か、観もしてない人が多いのが残念です。

戦闘シーンも手抜き等は無く、臨場感溢れてます。

物語の内容としては私個人としては好きです。国産アニメだと最近この手のアニメって無いですからね。(異世界、転生、ファンタジーに疲れて来たので・・・)
ズルする辺りは序盤のロクでなし魔術講師を匂わせニヤリとします。

少し古臭いとの意見もありますが、異能力バトルって点に関してはHUNTER×HUNTERが近しいのかな?とも思います。

兎にも角にも切ってしまうには惜しい作品です。但し、いっき見が好ましい作品かもしれません。毎週1話づつ・・ちょっと内容的にリアルタイム視聴はキツイかなあと思います。(このレビュー直前にMXで視聴しましたw)

溜めて溜めて・・・続きを見ようと思います٩( ᐛ )وわらい

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

59.7 5 絵梦アニメランキング5位
Spiritpact -黄泉の契り-(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (12)
89人が棚に入れました
絶強の霊力を持ち、自らの命を削りながら天脈地流のバランスを保つ祭司を陽冥司(ようめいし)という。陽冥司を務める端木煕(たんもく・き)は、世間の万霊を沈めることを責務としている。しかし、陽冥司の命と霊力を狙い続けている悪霊だけに止まらず、その地位や権力を巧む人間たちかも常に狙われるという宿命を背負っていた。彼らの攻撃は一刻も止むことがなく、端木煕は常に戦い続けなければならない境遇である。そんな状況の中で、唯一、端木煕が自分自身として向き合うことが出来た存在――それが楊敬華(よう・けいか)、陽冥司である端木煕と運命をともにする守護霊――「影霊(えいれい)」であった。二人の関係は単なる「陽冥司」と「影霊」というだけなのか? どのような因縁によって二人は出会ったのか? 第1期アニメでは語りきれなかった端木煕の過去。そして新たなストーリーが幕を上げる。彼の記憶に眠っていた“章軒(しょうけん)”という人物は一体何者なのか……。

声優・キャラクター
井口祐一、武内駿輔、佐藤拓也、大久保瑠美、生天目仁美、三宅貴大、杉山紀彰、空見ゆき

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

君を守ることが、僕の信念…。

この作品は、「Spiritpact」の続編に位置する作品です。
物語の内容に繋がりがあるので、前期未視聴の方はそちらからの視聴をお勧めします。

しかし女性向け作品だからでしょうか…?
5月には放送が終了していたにも関わらず、途中までは視聴していましたがこの盆休み中に一気見するまで視聴の順番が下がってしまっていました。

別にこの作品の視聴順番を意図的に下げている訳ではありません。
視聴したい作品がたくさんあって回らないんです。
結果的にお盆までずれ込んでしまいましたが、視聴して良かったと改めて思えた作品でした。

2期の序盤は、1期の延長みたいな感じで少しの退屈感は否めませんでした。
ですが、中盤以降巻き返してくるのがはっきり感じられた作品です。

1期で主人公である楊敬華は、端木煕の影霊になりました。
でも影霊としての契約を結ぶだけでは、お互いを守れないんです。
お互いを守れなければ、おのずと末路は決まってしまいます。
それにお互いに背中を預けられる間柄だとしても、その関係だけで相手を守れるとも限りません。

そう…この作品では、「一緒に居る方法」について深掘りした作品だと感じました。
「俺の背中はお前に預ける…」
こういう台詞は、これまで何度も見聞きしてきました。
お互いがお互いを信頼し合っている間柄だからこその台詞だと思います。

でも…これって、見方を変えると「自分の背中を守ってくれ」と頼んでいるのと同義なんですよね。
きっと口からでる台詞は咄嗟だし、お互いの信頼関係あってのことだと思います。
だからこの台詞は、自分の大切な相手を無意識のうちに足枷で縛っているんです。

ここで怖いのが無意識であるということ、だと思います。
だって何事にも完璧…は有り得ません。
何らかの理由で、背中を守れない事だってゼロではないでしょう。

そこでお互いが何を感じるか…?
背中を守って貰えなかった人は、相手に懐疑の念を抱くかもしれません。
自分の立ち回りに問題が無ければ尚更です。
でも、明日も同じように立ち回れるか…その保証はどこにも無いんですけどね。

そして背中を守れなかった人は、後悔の上に自分を責めることでしょう…
もちろん、上手くいかないときばかりじゃありません。
きっと圧倒的に上手くいくときの方が多いのでしょう…

それでも上手くいかなかった事実が僅かな綻びを生み…
やがて、取返しのつかないところまで破れる可能性だって秘めているんです。

この作品で取り扱っている「一緒に居る方法」
とても大切なテーマだと思いました。
この作品でアッと言わされたのはテーマだけではありません。

とんでもないサプライズゲストが、何の前触れもなくいきなり登場するんです。
確か、ハオライナーズ枠始まりの作品に登場する人物だったような…
まぁ、大人気の声優さんで私も大好きな方なので、きっと直ぐに分かると思いますけどね^^;

1期は1クール全10話でしたが、2期は1クール全12話でした。
2期は中盤以降着実に面白さが増し、終わるころには普通に次回の楽しみな作品になっていました。
そして2期でも物語は途中で終わっています。
しかも、そこで切る理由が分からないような場面で終わるから悶々としてしまします。
男同士の絡みの多い作品…である事は変わりませんが、作品に対する意識はだいぶ変わったと思います。
続編…制作されるなら是非視聴したいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ