最新おすすめ胸が痛いアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ胸が痛いアニメランキング

検索結果:7件
アニメを並び替え:
総合得点 89.0 感想・評価 3670 棚に入れた人 13616
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.3  作画 : 4.4  声優 : 4.2  音楽 : 4.4  キャラ : 4.2

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった元天才少年・有馬公生。モノクロームだった彼の日常は、一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。
傍若無人、喧嘩上等、でも個性あふれる演奏家・宮園かをり。少女に魅せられた公生は自分の足で14歳の今を走り始める。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

PPN

トラウマを抱える天才ピアニストと
個性で聴衆を魅了するヴァイオリニスト。
2人の中学生を中心に描かれた学園青春もの。
2クール、全22話。
原作:月刊少年マガジンにて連載。
   2015年3月に完結(未読)



色彩の豊かな作画は圧倒的。
響いてくる音楽は作品の世界観を
秀逸に表現し、観てる者を魅了する。
彼らの青春を紡ぐストーリーは
彼らと共に海図のない航路を旅している
そんな気持ちにさせてくれる。


残念ながら…
これ以上この作品について語るすべを
にわか者のおいらは持ち合わせておりません。

良いレビューがたくさん並んでいますので
その方々のレビューをぜひ読んでほしいです!

あにこれでも本当に評価の高い作品。
ノイタミナ枠という事で注目していました。
放送終了直後、一気に投稿されたレビューの数々が
気になってしまいネタバレタグも気にせず
皆さんのレビューを読み漁ってしまいましたw

しっかりとした優良レビューが多く
軽く一周目しちゃったような状況での視聴にw
結末を知りつつ楽しめるのか、完走できるのか
不安でしたが…浅はかな自分を反省しました。


それでも『感動』を与えてくれる『名作』!!
それをも『音楽』で答えてくれる『名作』!!


間違いなくそんな作品だったと思います。
視聴後に押し寄せてくる寂寥感と余韻は
言葉になりませんでした。
アニメの持つ奥深さや素晴らしさを改めて知る
良い機会になった事に感謝です。

たくさんの方に触れて頂きたい作品です(*´∀`*)ノ





《キャスト》

有馬 公生(CV.花江夏樹)
宮園 かをり(CV.種田梨沙)
澤部 椿(CV.佐倉綾音)
渡 亮太(CV.逢坂良太)
柏木 奈緒(CV.石上静香)
井川 絵見(CV.早見沙織)
相座 武士(CV.梶裕貴)
相座 なぎ(CV.茅野愛衣)
瀬戸 紘子(CV.園崎未恵)
有馬 早希(CV.能登麻美子)



《主題歌》

OP
『光るなら』/Goose house(第1話ー第11話)
『七色シンフォニー』/コアラモード.(第12話ー第22話)
ED
『キラメキ』/wacci(第1話ー第11話)
『オレンジ』/7!!(第12ー第21話)

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

まずはアニメ化が決定おめでとうございます(。>ω<)ノ

「本当の友達とは?」を考えされる作品!

この作品は、
小学生の頃、いじめていた聴覚障害の女性をきっかけに、主人公の友達関係が崩れていった・・・
高校になった主人公。女性との再開をきっかけにいじめていた・いじめめられていた過去と葛藤しながら、友達関係を修復していく話です!!

僕たち私たちにとって「友達」とは何か考え直させるきっかけになる作品!

聲の形読んでるとすごく心が痛むけど、読まなきゃいけない気なります!


待ちきれないと思う方
ぜひ、漫画を読んでみてください!!

総合得点 87.3 感想・評価 3402 棚に入れた人 15128
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 4.3  声優 : 3.5  音楽 : 4.2  キャラ : 3.6

東京の小学生・遠野貴樹と篠原明里はお互いに対する「他人には分らない特別な想い」を抱えていた。しかし小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校してしまい、それきり会うことが無くなってしまう。貴樹が中学に入学して半年が経過した夏のある日、栃木の明里から手紙が届く。それをきっかけに、文通を重ねるようになる2人。しかしその年の冬に、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まった。鹿児島と栃木では絶望的に遠い。「もう二度と会えなくなるかもしれない…」そう思った貴樹は、明里に会いに行く決意をする。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

知る人ぞ知る「新海誠」監督の作品!!
映像の完成度には驚愕です!
稚拙な表現しか出来ない自分に情けなく思いますが
キレイです!!
やっぱりこれが一番わかりやすいですかね♪

声優さんの声もまたそんな世界を
キレイに彩ってくれて、
まるでその世界に居るかのように
導いてくれます。

ショートストーリーが三本、
それぞれの時間が流れますが…
全てが繋がっていて違和感はまったくありません!

映画と言うよりも「小説」といった方が
いいかも知れません☆

エンディング曲でまさかのアーティストの方が!!!
衝撃でしたが
好きになりましたよ!彼が!!

個人的な楽しみ方を一つ!!!
DVDメニュー画面で放置!!!
BGMは最高の癒しですよ♪
同じ楽しみ方されてる方いるかな???


総合得点 78.8 感想・評価 1218 棚に入れた人 4836
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.2  作画 : 4.6  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.2

新海誠監督による長編アニメーション。

千年ぶりとなる彗星の来訪を一ヶ月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。
小さく狭い街で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会へのあこがれを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の町並み。
念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見た。
言ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。
二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

出会うことのない二人の出逢い。
運命の歯車が、いま動き出す

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

2016年8月公開の長編アニメーション映画。新海誠監督作品。

東京で暮らす男子高校生・立花 瀧。都会に憧れる田舎の女子高校生・宮水 三葉。
出会うはずのない2人が、不思議な夢を通じて繋がっていく、恋と奇跡の物語。

最初に。アニメ作品、特に内容が凝縮されたアニメ映画はやっぱり、
全く何も知らないままに観た方が楽しめる、と自分は思っております。

以下の自分のレビューは、ネタバレはしていないつもりですが、
それでも自分のただの感想が、これから観る方の楽しみを
少しでも削ぐとしたら、それは自分の本意ではありません。
ネタバレ注意の側面も持つ作品なので、これから本作を観る予定の方は、
どうか、無理に自分のレビューも読まず、あまり作品についての情報も調べずに観る事をお薦めします。
その点を踏まえて、しかし自分のレビューも読んでもらえたら、それはやっぱり、とても嬉しいです。(笑)

最近の自分は、実はアニメに対する熱意も、レビューを書きたいという意欲も、かなり少なくなっていました。
今回試写会で観に行けた今作に対しても、実は最初はあまり、期待値が高くありませんでした。

しかしひとたび、新海誠監督の最新作『君の名は。』に触れると、
その物語に、その映像に、その登場人物に、その音楽に、そのすべてに、
今の自分の気持ち、全部が魅了され、強く強く惹き込まれてしまった。
観終わった時、「早く『君の名は。』のレビューが書きたい!」と思っている自分がいました。(笑)
素晴らしいという言葉では足りないほどに、素晴らしい作品に出逢えた
熱い気持ちが、幸福な高揚感が、いまだに収まりません。

新海誠監督の代名詞といえばやっぱり、現実よりも美しく、
そして観た後は現実の世界もより美しく感じるような、圧倒的な映像美。
もちろん『君の名は。』でも、その光と影の美麗な世界観が存分に発揮されています。
彩りと輝きに満ち溢れた一つ一つの場面。時に世界の豊かさを表すように、
時に登場人物の心情を表わすように描かれ、どの場面もとても印象に残っています。
キャラクターデザインに田中将賀氏を迎え入れた事で、作品への親しみやすさも一層増したように思います。

しかし自分は今回(語弊のある言い方になるけど)
実はこの映像美をあまり気にせずに映画に見入ってました。
美しい映像も、もちろん印象に残ったけれど、
何よりもそれ以上にこの『君の名は。』は、物語が本当に素晴らしかった。

これまでの新海作品以上にスケール大きく、エンターテインメント性もあって、
コミカルな面も増しつつも、実に丁寧に緻密に、そして繊細に織り成された物語。
でも作品の根底には新海誠監督が持つ切なさが流れていて。
最後まで夢中になって観る事が出来たし、
何度も胸が締め付けられる思いに駆られ、何度も涙が込み上げてきました。

偉そうな言い方になるのを覚悟の上で(笑)それでもずっと新海誠監督の世界に
魅了され続けているファンの一人として言えば、ここまでクオリティの高い物語を観れた事に驚きました。
その世界を、切実な想いを持って諦めずにまっすぐに歩む登場人物にも、
幾度も気持ちを揺り動かされました。
ある一定の層にだけではなく、大人から子供まで、性別も年代も問わず、
幅広い世代の方々の心を掴む作品になっていると思います。

と同時に、この『君の名は。』を最も楽しめるのは、
過去の新海作品に触れてきた、新海誠監督の深いファンだとも思っています。

何故なら『君の名は。』には、新海誠監督の過去の作品、
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』
『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』等の、
遺伝子のような、断片のような、欠片のような、受け継がれてきたものが、
モチーフとして数多く描かれているからです。
過去の新海作品に触れてきた方なら、一目見たら分かる、多くの楽しみにきっと気付くはずです。
正直今の自分も、その辺りに関して、誰かと語り合いたい気持ちでいっぱいです。(笑)

そして音楽をロックバンド・RADWIMPSが担当。4曲の主題歌と22曲の劇伴が書き下ろされました。
作中のシーンの心情に寄り添った劇伴も、歓びや悲しみ、感情のピークに達した時に
鳴り響いた主題歌も、それぞれ名曲でした。間違いなくCD、買います。(笑)

主人公の瀧を演じた神木隆之介さんの芯を感じる声。
ヒロインの三葉を演じた上白石萌音さんの透明感のある声。
そして脇を固める豪華声優陣。声優、俳優の垣根関係なく、皆とても良かったです。

不思議な夢で繋がった少年と少女の物語。
思いきり楽しくて、でももどかしいほどに切なくて、
思いもよらない秘密も、壮大な奇跡も、胸を焦がすような恋も、すべて描かれた『君の名は。』

今までの新海誠監督の作品に触れた人にとっては、集大成として。
初めて新海誠監督の作品に触れる人にとっては、新境地として。

そして少年と少女の、不思議な夢で紡がれた、恋と奇跡の時間が終わりを迎える時。
醒めない夢のように、『君の名は。』という映画が、きっとあなたの心にも残るはずです。

星に手を伸ばすように、か細い糸と糸とが巡り合うように、
一人でも多くの人に、この映画が届けばいいなと、本当に、心から強く思います。

自分でも読み返すのが嫌になるくらい長々と書いたわりには、
あまり上手に作品の良さを書く事が出来ませんでした。(笑)
でもなんとなく今回は、長くなっても不格好になってもいいから、
初めてレビューを書いた時の、初期衝動のような気持ちで書いてみようと心掛けてみました。

こんなに長いレビューを最後まで読んでくれたあなたに、心から感謝します。ありがとう。

総合得点 90.0 感想・評価 1898 棚に入れた人 9586
★★★★☆ 4.3   物語 : 4.4  作画 : 4.3  声優 : 4.3  音楽 : 4.4  キャラ : 4.4

「笑い男事件」が解決して半年…労働力不足を補うため国外から招かれた約300万人の招慰難民。日に日に存在感を増す招慰難民と、国家の孤立を謳うインディビジュアリストたちの対立は深まり、テロが頻発するようになった。その状況の中で「個別の11人」を名乗るテロリストがテロと自決を決行する。
だが「個別の11人」のその行為の背後には、あるからくりがあり、その仕掛けに踊らされていただけだった。それに気づいた公安9課は、その事件の黒幕へと迫っていく。
一方、自決した「個別の11人」の生き残りであるクゼは、招慰難民のカリスマ的指導者となり政府と対立を深めていく。そして素子(もとこ)はそのクゼとの間に奇妙な因縁を感じ始める…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

前回に引き続き、監督は神山健治、しかしストーリーコンセプトにはあの押井守が参加しています。

主軸のストーリーは公安9課VSテロリストという感じですが、1話完結のストーリーも要所に織り交ぜながら進行します。
相変わらず、非常に細かいデティールで綴られており、見ていて飽きません。

少し難解な思想論も出てきますが、それが攻殻の世界観です。

文句なしに高評価できる作品です。
個人的にはパズが最高にかっこいいです!

総合得点 66.0 感想・評価 294 棚に入れた人 2338
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 3.6  声優 : 3.6  音楽 : 3.7  キャラ : 3.8

玖楼(クロウ)国に住む考古学者を志す少年小狼(シャオラン)と、その国の姫サクラは幼なじみ。ふたりは互いにひかれあっているが、どちらもその思いを口にできずにいる。
ある夜サクラは、彼女の持つ力を手に入れようとする飛王・リードの陰謀によって、記憶を失い、その記憶は無数の羽根と化して異世界へと飛び散ってしまう。サクラの命を救う手立ては、その記憶の羽根を全て集めて、サクラの体に戻すことだけ。
さまざまな次空に飛び散った羽根を集め、サクラの命を救うために、小狼は同行する事となった黒鋼、ファイ、モコナらと共にそれぞれの想いを胸に秘め異世界へと旅立つのだった…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

多くの方がレビューされていますので詳細は省略。

見終わってからだいぶたちました。

大筋のストーリー、世界観と背景、音楽はとても好きです。
ここでこのシリーズ全てについて書きますが、とにかくなんでこんな無駄にひっぱるのか?
ほのぼの日常系ならわかるが、最後の作品終わってもう何年たつかな~。
ローゼンメイデンも同じように「つづきはよっ!」と思っていたが、今やってるので安心してます。

しかし、あれだけの展開をどう収束させるのか。
CLAMP作品は好きだが、どうも「心残りオブジイヤー」のアニメです。

小狼とさくらをこのままにしてては気の毒だ。
とは言え、その後の他のCLAMP作品において色んなキャラが出たりしてますので、よしとしよう。

まさか×××HOLICの侑子さんがこの人だったとは・・・。

2013.9.23追記
ツバサシリーズは、XXXHOLIC・CCサクラとリンクしてますので、理解するにはかなりの時間が必要になると思います。

総合得点 59.8 感想・評価 44 棚に入れた人 310
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.4  音楽 : 3.1  キャラ : 3.3

『新・天地無用!』は、テレビ版『天地無用!』の続編として企画されたが、監督の高本宣弘とシリーズ構成の関島眞頼の意向により、原作OVAやTV版とは設定も雰囲気も全く異なる内容の作品となっている。 平凡な高校生、柾木天地は帰宅途中、魎呼と名のる美少女と出会う。しかし、彼女の正体が指名手配中の宇宙海賊であった。魎呼を追う銀河警察(ギャラクシーポリス)の刑事・美星との大騒動。その後、樹雷星の皇女・阿重霞&砂沙美、天才科学者・鷲羽、美星の相棒・清音が現れて、天地のまわりは騒がしくなっていくことに…。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。