落合弘治おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの落合弘治成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月05日の時点で一番の落合弘治おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

64.1 1 落合弘治アニメランキング1位
劇場版 MAJOR-メジャー 友情の一球(アニメ映画)

2008年12月13日
★★★★☆ 3.7 (145)
865人が棚に入れました
小学4年生の主人公・本田吾郎率いる三船ドルフィンズは、強豪横浜リトルとの試合で見事勝利する。しかし、吾郎は連投の疲れで右肩を痛めてしまう。そして、母親と結婚したプロ野球選手の父・茂野英毅の移籍に伴い福岡へ転校することになり、吾郎はチームメイトに何も言わずに引っ越してしまう。福岡に来た吾郎は、名門・博多南リトルの入団テストを受けるが、両親から右肩の故障を受けて「絶対にピッチャーをやらないこと」を約束させられる。自身の野球センスで打者として入団する吾郎だったが、やがて彼を絶望の淵に追いやる出来事が起こってしまう…。

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

行けば分かるさ 自分で決めた道だ

2008年12月公開。約1時間40分。原作漫画未読。

主人公・茂野吾郎の野球を通じた成長、活躍を描いたTVアニメ『メジャー』その劇場版。
リトルリーグ時代、彼がなぜサウスポー(左投手)に転向したかを描いた、
原作でもTVアニメ版でも描かれなかったエピソード。

原作漫画は読んだことないし、アニメ『メジャー』も途中までしか観ておらず、
そんなに詳しいわけではないのですが、今作の主題歌をバンド・レミオロメンが
担当しているという事で気になり視聴。
(こちらもそんな詳しいわけでもないですが、レミオロメンも大好きなんですw)

ひたむきでまっすぐ、少年漫画の王道の熱さや力強さが集約されたアニメ映画でした。
早足感はありますが、でも原作やTVアニメの『メジャー』シリーズを
知らない人でも楽しめるよう作られています。

基本的に熱いアニメは苦手なんですが(笑)
でもやっぱりたまに観ると見入ってしまうし、燃える気持ちにさせられますね。

冷静になって観れば気になるところもいろいろあるのですが、
フィクションでスポーツを描くのなら、その描写、その所作、
一つ一つオーバー気味に描いてくれる方が、観ていて熱く伝わるものがあります。

もちろん上でも書いた今作のレミオロメンの主題歌『翼』も、
夢を追う者の背中を力強く押すような、
そんなつき抜けるような清涼感があって、すごく好きです。
レミオ、活動再開しないかなぁ~…。

特段オススメというわけでもないですが、
大人から子供まで熱く楽しめて、最後には爽快感を残してくれる作品です。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 23
ネタバレ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

全ての謎がここに明かされる。

メジャーシリーズの劇場版でテレビアニメ版の

第一シリーズと第二シリーズとの間の物語です。

吾郎はなぜ突然サウスポーになったしまったのか

その謎が明かされた作品です。

吾郎の養母となった人が再婚しその結果

{netabare}福岡に転校すること{/netabare}になってその後の

物語です。

転校先での少年野球チームのメンバーと対立したり

するも実力を認められ和解しチームのエースとなる。

その後の{netabare}北九州リトルとの{/netabare}試合で

{netabare}まだ完治していない肩をかばいながらも{/netabare}

ここで培ってきた友情のために勝利のために

投げ続け、ついには{netabare}その肩を完全に痛め二度とは投球できないように{/netabare}

なってしまった。

でも自分を犠牲にしてまでもチームの勝利のために渾身の

チカラで投げ続けるのはすごいと思いました。

しかもその後言った{netabare}「自分で選んだことだから後悔はない。」

(たぶんこんなセリフだったはず。){/netabare}

ことは本当に胸が熱くなる感じになりました。

その後父茂野英毅にサウスポーになることもできる可能性

があると言われ、なれるかどうかわからないにも

関わらず、やってみることを決意したのは

本当にすごいことだと思いました。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 13

ヌンサ(亢宿) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

野球やりたかったな・・・

原作では描かれていなかったという、吾郎がサウスポーになるまでのエピソードを補完した劇場版です。

親の所属している球団が、原作やテレビアニメと違って実在するチームになっていたのは、野球ファンとして非常にうれしかったです。実在の選手も少し出ているとは太っ腹。

声優陣では、野田順子さんの声が大好きなので癒されましたね。しかし、当時旬の芸人とかを起用するのは個人的には好きではありません。ギャグアニメであれば問題ないのですが、素晴らしいストーリーに水を差す結果になってしまっているのは少し残念でした。

子どもに野球を教える人間は、絶対に故障に気がついてあげないといけないなと思いました。この作品でも、違和感を感じた人間だったら、監督でも審判でもいいから何か行動するべきだったでしょうね・・・難しいです。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

57.4 2 落合弘治アニメランキング2位
BLUE DRAGON ブルードラゴン(TVアニメ動画)

2007年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (48)
363人が棚に入れました
遥か昔、光と闇の戦いがあった。そしてその戦いは、七人の光の戦士と呼ばれた者達の力により闇が封印されたことで終わりを迎えた。その事実は神話となった後も、彼らの持っていた影の能力は秘かに受け継がれていた。そして影の能力に目覚め、世界征服に乗り出し、殺戮と破壊を始めたグランキングダムの王、ネネ。同じく影の能力を持つゾラはその野望を阻止するため、七人の光の戦士の末裔のジーロと共に、残りの末裔を探していた。

凡打 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

ドラクエ×ファイナルファンタジー

ドラゴンクエストシリーズ、ドラゴンボールで知られる鳥山明さんがキャラクターデザインを担当され、ゲームのシステムやストーリーをファイナルファンタジーシリーズのスタッフさんたちが担当されたXBOXのゲームが原作です。
当時、「ドラクエ×FFだ!」と僕の周りの友人たちがこぞってこの原作ゲームで遊んでいたのを覚えています。

今作品はそんなゲームを原作としたアドベンチャーものになっています。
子供向けだと軽く見ていたのですが、いざ見始めると意外にも緻密に物語や設定が作られていて、非常に面白かったです。
特に最終話付近での話の流れには思わず感動させられ、驚きました。

アドベンチャーものが好きな方、是非一度見てみてください~( ´ ▽ ` )ノ

投稿 : 2020/07/04
♥ : 2

ぶたおやこ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

やや超展開ぎみですかねぇ

物語は最初からかっ飛ばしてる感じがしますねぇ。
ドラゴンボールに似てるような…。
好きな人は好きなんじゃないでしょうか。

無茶な展開についていける人だけ、おすすめします。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

クロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

タイトルなし

ゲーム原作の子供向けの王道冒険ものだが終盤に多少ヒネリが
あるが、すごい面白いわけではないし説得力が少し無いかな。
まぁ子供向けなので仕方なしといったところか。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0

計測不能 3 落合弘治アニメランキング3位
スペースバグ(TVアニメ動画)

2018年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (4)
19人が棚に入れました
「あの星には一体何があるんだろう?」――子供のころ、夜空を見上げてそんな事を考えたことはありませんか?きらめく星たちはいつの時代も人々の心を掴み、広がる宇宙は今までに幾度となく冒険の舞台になってきました。今年7月から放送が始まる「スペースバグ」もそのひとつ。ただし主人公となるのは、小さな昆虫たちです。1940年代から世界で始まった本格的な宇宙開発。その開発の歴史には、いつも人間以外の生物が存在していました。1947年、ライ麦の種、綿の種と一緒に打ち上げられたミバエ。1957年、スプートニク2号に搭乗していた犬のライカ。1970年、宇宙酔いについての研究のため打ち上げられたウシガエル。その他にもクモ、コオロギ、ネズミ、メダカ… 様々な生物たちが実験のために宇宙に旅立っていきました。彼らがもし宇宙に取り残されたらどんな気持ちになるのだろう、というところから発想した物語です。


この物語を作り出したのは、NHK でシーズン6まで放送された後、映画化もされた大人気シリーズ「タイムスクープハンター」や日本テレビ深夜ドラマ「卒業バカメンタリー」などを手掛ける中尾浩之。ファミリー向け作品でありながら大人が見てもハラハラドキドキが止まらない、大興奮の手に汗握るストーリーになっています。また、キャラクターデザインにはコミックアーティストとして活躍するグリヒルを起用。MARVEL作品、ピクサー作品など数多くの人気作品のコミックブックにて作画を手掛け、その豊かな色彩とポップなキャラクター造形は国内外から熱い支持を得ています。身近にいる小さな蚊や、クモ、コオロギ、カエル。彼らはその小さな体にすごい力を秘めています。実は誰にだってそんな力があるのかもしれません。主人公のミッジと一緒に宇宙を旅すれば、今まで気づかなかったあなたの力がきっと見つかるはず。

声優・キャラクター
小川夏実、丸山智行、佐野康之、藤原貴弘、落合弘治、田中英樹、ブリドカットセーラ恵美、堀越富三郎
ページの先頭へ