葉山いくみおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの葉山いくみ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月05日の時点で一番の葉山いくみおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

72.3 1 葉山いくみアニメランキング1位
citrus(TVアニメ動画)

2018年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (448)
1761人が棚に入れました
ギャルだけど初恋も未経験なjk・柚子は、親が再婚した都合で女子高に編入することに。彼氏ができない!と不満爆発の転校初日、黒髪美人の生徒会長・芽衣と最悪の出会い方をする。さらに、義理の姉妹になった芽衣と同室で生活することに・・・!?

声優・キャラクター
竹達彩奈、津田美波、藤井ゆきよ、久保ユリカ、井澤詩織、葉山いくみ
ネタバレ

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

女子高に通ってしまったが為にアブノーマルな性癖に目覚めてしまったJKの悲喜劇

このアニメを観る前に言っておくッ! 
おれは今、奴らの性癖をほんのちょっぴりだが体験した。

い…いや…、体験したというよりは、まったく理解を超えていたのだが……。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!

「彼氏が欲しいと思っていたら、彼女ができていた!」

な…、何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何を観たのか分からなかった。
頭がどうにかなりそうだった……。
フェミニズムだとか性転換だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。



普通の女子高生が百合に目覚めてしまうまでの過程を丁寧に描いた恋愛ラブロマンスアニメですねw
主人公の柚子は最初の頃は『あ~彼氏欲しい』みたいな事を言っていたのに、気付いたら彼女ができていたw
どうしてこうなった?(^ω^;)

まあ、個人的には期待してた以上に面白かったですね。
似たようなテーマを扱った作品に『桜トリック』や『クズの本懐』がありますが、それらの作品よりは遥に観易かったです。
その理由は、キャラが魅力的で感情移入し易いのと、ストーリーが起承転結があって面白かったからだと思います。
主人公の柚子が能動的な性格なので観ていて飽きないのがよかったですね。
柚子のお蔭であまりドロドロした展開にならかったのも個人的には高評価です。
エロシーンも一応ありますが、どちらかというと柚子と芽衣の恋愛がメインの話なのでそこまで気にならなかったかな(私はだけどw)。

柚子と芽衣の他にハルミンや副会長が物語のアクセントに効いてて、彼女たちもなかなか魅力的でした。
特にハルミン、あなたイケメン過ぎるわよw
ハルミンは芽衣パパが出国しようとした時に『柚子っち、乗れ!(`・ω・´)』といって柚子と自転車に乗ったシーンが一番印象深かったです。
あと、この作品で唯一ノーマルな主要キャラなんだよなー。。。
副会長も良い味だしてたわ。
マジメなんだけど、一番変態なのがこの子w
一番ヤバイ性欲を隠し持ってる『とある科学』の黒子のようなタイプだなw

それと中二美少女”まつり”も良かった。
本作で一番魅力的だと思うが、一番性悪でもある小悪魔な女の子。
そして、何故か左利き。
本作では特に意味はなかったが、原作だと何か意味があるのだろうか?
アニメでは時々左利きキャラが出て来るが『けいおん』の澪みたいに物語に絡んでくることもあるので、何か意味があるのかも知れないと深読みしてみる。

序盤のキスシーンで秋山優花里みたいに
『ひゃっほーい! 最高だぜー!』
と叫んだのは私だけではないハズw
男性視点で観るとかなりウハウハなシーンなのだが、女性視点で観るとどうなんだろう?
気になるなw
今期は『からかい上手な高木さん』や本作のように男性視点と女性視点で評価が分かれる作品が多かった印象。
百合がテーマのアニメなので人を選ぶ作品だと思うが、ストーリー・キャラ・背景ともに個人的には高評価でした。
もし、2期が来るようでした視聴すると思います(たぶん来ないと思うけどw)。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

***

女同士のXXXが描かれてるアニメ。
柚子が押し倒されるシーンからの百合キッス……、グッと来たねw
内容を忘れないようにメモしていこう。

EP1{netabare}
主人公はJKの柚子。
天真爛漫なギャル系女子だが、実は一度も恋愛経験がないことがコンプレックスだった。
そんな時、母親が再婚し女子高に通う事に。
派手な服装から生徒会長・芽衣に目を付けられスマホを奪われる。
初登校、クラスメートに強引に絡むも友達になれず……。意外にコミュ力は低そうw
色々あってスマホを取り返すが、校舎裏で芽衣と先生がキスしてる所を目撃!(しかも、バレるw)
焦って自宅に帰ると、母親から義理の妹が居ることを告げられる。
再婚相手の娘と同居することになったのだが、その義妹がなんと生徒会長の芽衣だった!
柚子に対し鋭い眼光を放ちながら距離を置く芽衣。
イライラが募った柚子は校舎裏での出来事を嫌味を込めて言うと、なぜか芽衣に押し倒されてキスされた!w
ファーストキスを同性に奪われた屈辱に震えながら夜を明かす……。
{/netabare}

EP2{netabare}
柚子は母親&芽衣とショッピングへ。
柚子はぼんやりしていたのか池へダイブ。その拍子に芽衣も一緒に池に落ちる。
身体を洗うために柚子と芽衣が一緒に風呂に入る(エロイw)
そして再び押し倒される柚子www
次の日の登校日。
服装その他のことで理事長に目を付けられる。柚子、逆切れ。
その後、校舎裏で芽衣とキスしてた先生が良からぬことを携帯ごしに話していた。その内容は理事長の孫である芽衣を出汁にして金を搾り取るような内容。
義姉である柚子がそれに憤怒し、朝礼でそれを暴露。その先生はクビになった(ざま~w)
諸々の事件を起こしたことによって、柚子は義理の祖父である理事長に嫌悪を抱かれる。それがキッカケとなって芽衣は理事長の屋敷へと連れて行かれることに。
芽衣の本心を探るために理事長の屋敷へと向かう柚子。
そして、またしても芽衣に犯されそうになる柚子!w
その現場を抑えられ、柚子は理事長から退学処分を受ける(誤解なんだ理事長!)
芽衣の本心とは……?
そして柚子の伝えたい気持ちとは……?
次回、乞う御期待(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
柚子っち、理事長に抗議をするために学校に乗り込むが、なんと理事長が倒れていた!
柚子の手腕によって理事長は無事、命を取り留めた模様。
場面は病室に移る。
理事長、倒れたことで頭が冷えたのか急に物分りが良くなる。
柚子の退学処分は取り消しになり、さらに芽衣は自由の身に。
場面が変わって友達とメイドカフェ。
柚子さん、ネットカフェで百合マンガを読むw
ちょっとこれ、やばくないか?(^ω^;)
禁断の領域に足を踏み入れ始めた柚子に不安を感じた場面であった。。。
家に帰ると、なぜか部屋にダブルベッドが……!
柚子と芽衣、二人で寝ることになったのだが、今夜は百合展開はなくケンカして終わり。
柚子が思っているほど、芽衣は柚子と親密になりたいとは思っていなかったようだ。
さらに場面が変わって学校へ。
柚子、芽衣に百合マンガを所持していることがバレ生徒会室に呼び出される。
芽衣に叱責を受ける柚子だったが、感情を抑えきれず柚子は芽を押し倒しキスをしたw
いつもは受けの柚子が今回は攻めに転じた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
真の変態は副会長だと判明!
柚子と副会長に愛される、モテモテな芽衣。
ハードコアな百合展開になりそうな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
今回は柚子や芽衣の家族に関する描写が多かった印象。
副会長の柚子に対する嫉妬心の描写も多かったけど、柚子の父親が他界してたり芽衣の父親の謎だったりと、物語に重層感が出て来たね。
まあ、柚子の芽衣に対する恋愛感情は無くなってないんだろうけど、『芽衣にいま必要なのは恋人ではなく家族だ』ということで柚子っちは普通の姉を目指すことに。
てか、それが普通だよね?(´・ω・`)
序盤で遊園地に行くという話しがあったけど、アレは結局どうなったんだろう?
最後に謎の男性が家に上がり込んで来た。
芽衣の父親かと思いきや、芽衣の『先生……!?』って言葉で『?』になる。
謎が深まって来た所で次回へ~(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
芽衣が『先生』と呼んだそのオッサンは、やはり芽衣のオヤジだったようだ。
しかし、チャラいな~w
ノリが柚子と似てるから、この二人の方が親子に見えるわw
まあ、このオッサンに学園を継がせるのは確かにムリだわな。
芽衣は父親に学園を継がせるために今まで頑張ってたみたい。
過去の父親とのエピソードシーンがあったけど、今とはかなり雰囲気が違うね。
先生らしく硬派を装ってたんだけど、本当のキャラはチャラ男でそのギャップを埋めるのが難しかったのかな?
まあ、祖父があの老害理事長だったから色々抑圧されてたんだろうねw
というわけで、帰って来たオヤジの姿はノリの良いチャラ男であった。
芽衣はこの姿に絶望した様子で部屋に入って引き籠る。
柚子は芽衣を慰めるために部屋に入るが、何故か百合展開に。
柚子がキレて芽衣に平手打ちを喰らわす。
『馬鹿にすんな。人の気持ちを何だと思ってんだ!』
全くだよ(´・ω・`)

場面は変わってハルミンとの食事シーン。
柚子がハルミンの乳を揉んだ時に携帯の着信音が鳴る。
相手は柚子ママで、その内容は『芽衣パパがまた海外に行く』というものだった。
落ち着きがないオヤジだな~。。。
それを聞いたハルミン『柚子っち、乗れ!( `・ω・´)』
イケメンなハルミンと自転車2ケツで学校へ向かう。

舞台は学校へ。
校内放送で強引に芽衣を呼び出し、芽衣と2ケツで上野駅に向かう。
上野駅で芽衣パパ発見。
芽衣は躊躇いながらも、パパと会話。
パパと別れた後、芽衣は学園を継ぐ決意を固める。
ラストは柚子と芽衣の百合キッス。
二人の仲は深まり、本当の意味で恋人になった瞬間であった。

今回印象に残ったのは、チャラ男の芽衣パパとイケメンのハルミンだったなw
ラストのラストに謎のピンクの髪の女の子が登場。
何だこの展開?
色々と盛り上がって来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
冒頭、反抗期真っ盛りのクソガキ『まつり』の登場から始まる。
ピンクの髪で表情が何かヤバイ。。。
売春っぽいアルバイトをして金稼いでるような事を言っていた。
不穏な空気が漂う。
柚子の幼少期からの知り合いで幼馴染だそう。
執拗に柚子に付き纏うのは何故だろうか?
自分の予想だが、柚子を出汁にして金を稼ごうとしてる気がする。
柚子っちが犯罪に巻き込まれそうで心配でござる(´・ω・`)
物語の終盤、まつりは柚子の居る学校に押し掛ける。
通行止めの看板に蹴りを入れて倒す辺り、毒のある性格をアピールしてるな。

しかし、まつりの声が苦手だ。。。
他のレビューでも書いたが、萌え萌えした声は苦手なんだよねw
ヤバイ女まつりが登場した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
柚子・芽衣、そしてまつりの3Pデート(?)で始まる。
柚子はいつも通りだが、まつりと芽衣がギクシャクしてる感じ。
というか敵対まで行ってるなw
まつりがパンチラを覗いてたガキを捕まえて悪巧みをする。
芽衣に対して、リベンジポルノ的な事をするつもりだと思う(何故か芽衣がまつりにキスをしたw)
なんという超展開!
芽衣は色んな女に手を出し過ぎw
柚子は楽しそうな感じで、芽衣とクリスマスの約束を取り付ける。
しかしラスト、まつりが芽衣の前に立ちはだかる。
波乱の予感がした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
案の定、まつりはリベンジポルノを使って芽衣に脅しを掛ける。
まつりは芽衣に対して売春を強要。
やらないなら芽衣とキスした画像をばら撒くと、脅しを掛けてきた。
芽衣は相変わらず無表情だが、これに応じたのだろうか?

場面は変わって、まつりと柚子が二人でデートw
柚子と一緒にカフェでケーキを食べる。
どうでもいい話だが、まつりが左利きであることが判明。
フォーク持つ手やスマホ弄る手が左手である。
『けいおん』の澪が左利きであることがネタになったりしたが、アニメではたまに左利きキャラが居たりする。
本作の場合、どういう意図があるかは不明。

柚子が執拗に芽衣の話をすることに嫉妬したのか、まつりは芽衣が居ない原因は自分のせいであることを暗に伝える。
そのことに激怒した柚子。まつりに頭突きを喰らわす。
必死に芽衣を探す柚子。
そして、ひょっこり現れる芽衣。
そして、帰り道。
3人で電車に乗って帰る途中で、まつりと芽衣が会話をした。
二人とも愛情に飢えていたが、それを与えてくれるお節介な柚子に好意を持ってるといった感じの内容。
柚子は二人の間で眠ってて、夕日の陽射しが気怠さを象徴している。
まつりは心の中で芽衣と和解した模様。リベンジポルノ用の画像を消去した。

場面が変わって芽衣と二人っきりの自宅。
ここからは大人の時間だぜ(`・ω・´)キリッ
といった感じでガチ百合な展開になった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP10{netabare}
大人の時間(!)、服を脱ぎつつ柚子に迫る芽衣。
が、その気迫にビビった柚子が芽衣を拒絶してしまう。
それが尾を引いてるのか、芽衣は柚子と距離を置くようになってしまった。
それから数日後の修学旅行の日。
柚子っち、寝坊してダッシュで駅に向かう。
が、点呼の時間に遅れてしまったため誰も居ない。
仕方なくブラブラしてると”ゆずぼっち”というどこかのユルキャラに似てるキャラがw
商品を物色してるとニナという白髪の女の子に出会う。
ニナも修学旅行の点呼に間に合わなかったため、一緒に修学旅行先の京都に行くことに。
新幹線の移動中、ニナは運命の人(女)に出会ったという類のことを言った。
さすがcitrus、主要人物が尽く百合キャラであるw
まともなのってハルミンだけじゃね?w
そんなこんなで京都に到着。
しばらくニナと一緒に観光した後、ホテルに向かう。
偶然、柚子の学校とニナの学校は同じホテルに泊まるみたいだ。
副会長から説教を受ける柚子。
しかし、柚子は副会長は眼中に無く、芽衣の後ろ姿を追いかけるが・・・。
さらにニナの運命の人が芽衣であることが判明。
ここからさらに一波乱あるのだろうか?
芽衣が柚子に『あなたは私のことをどう思っているの?』と問いかけた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP11{netabare}
サラが芽衣に告白し成功する。
片や柚子は芽衣に自分の思いすら伝えることができない。
姉のニナは柚子に対して妹サラの恋の行方を応援してくれるよう頼むが、これがニナの策略とは柚子は気付いていない。
次回でラストだけど、どういう展開になるのか気になるね。
ガチ百合アニメで癖が強いアニメだけど、個人的には意外に楽しめたアニメでした(人は選ぶけどねw)
次回の展開が楽しみな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP12{netabare}
サラたん良い奴過ぎるな。
自分の恋を友人の為に犠牲にするなんて。
それとニナの姉に対する愛情も深い物がある。
結局、柚子と芽衣は付き合うことになったんだけど、これから恋が始まる感じの終わり方だったな。
たぶん2期は来ないと思うけど、来たら観ると思います。
それくらい登場人物に感情移入できた良いアニメでした。

以上、視聴完了です(・ω・)ノ
{/netabare}

投稿 : 2020/07/04
♥ : 24

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

純情ギャル×黒髪生徒会長=×××

この作品の原作は未読です。
原作の掲載誌は「コミック百合姫」で、これまで「ゆるゆり」「犬神さんと猫山さん」「捏造トラップ-NTR-」などを輩出してきた雑誌です。
2018年春アニメで放送が予定されている「立花館To Lieあんぐる」もこの雑誌からの作品になります。

そしてこの物語の主役を演じるお二人…あやちと津田美波さんの組み合わせは今回が初めてではありません。
二人が主役若しくは準主役で活躍する作品…私の知る限り「モモキュンソード」「おくさまが生徒会長!」に続き、これが3作目になると思います。

あくまで個人的な私見ですが、この作品の様に女性同士が対峙する…というシチュエーションにお二人の声質が合っているから、集まるべくして集まったんだと思います。
コロコロ転がるようなあやちの声質と、津田さん演じるキャラの声質は水と油の様に共通点が見出せません。
だからこそ、この作品の様にキャラの心情を重視される作品には欠かせないんだと思います。
スタート地点はバラバラ…向かっている方向すら根本から異なる二人…
天と地ほどの差を表現するのに、声質は欠かせないと思うんです。

この物語の主人公は高校1年生の藍原柚子…母親が再婚して藍原性を名乗るようになった今どきのギャル風な容姿が特徴の女の子です。
母親の再婚に伴い、住むところも学校も変わった柚子でしたが、気合いを入れて身なりを整えて登校した彼女に待っていたのは、全身校則違反という洗礼…その学校は校則の厳しいお嬢様学校だったんです。

そんな彼女の前に現れたのが1年生なのに生徒会長を務めている藍原芽衣…
黒髪ロングの美人さんで清楚な出で立ちは柚子とまるで真逆…
何もかもが違う二人…ですが、親同士が再婚して義理の姉妹になった二人だったんです。

お互い「その他大勢」から身内としての「ただ一人の存在」に昇華した二人…
柚子のお節介なまでの優しさと、芽衣の凜とした言動を慕う存在を巻き込みながら柚子と芽衣の物語が動き出すのです。

言葉にするだけで良いのに…
一人の視聴者の立場というだけなら、きっとこの思いは払拭できないと思います。
きっと「その他大勢」同士の立場だったら、悩むことも苦しむことも無かったと思います。

でも、お互いの距離が近すぎると逆に言えない事もあるんですよね…
まぁ、二人の場合は各々を構成する人格が凝り固まっていたので、余計に事がややこしくなった点も否めませんけれど…。

だから二人を見ていると駆け引き…にすら行き着いていない事に気付きます。
自分と相手の立ち位置を理解して、次の一手を模索するのが駆け引きとするなら、二人ともお互い自分の事だけで精一杯なんですもん…

でも、そんなになってしまうのも理解できます。
これまで自分が経験したことの無い感情のコントロール…決して易しくはありませんから…
それに自分の領域の境界が曖昧だから境界線上でのせめぎ合いもできない…
人は知らない事に対して臆病になる…当然の事だと思います。

この堂々巡り…
これではいつまで経ってもお互いが噛み合う事はありません。
でも、お互いがもう少し歩み寄りながら理解し合う選択肢は絶対あったと思うのですが、これはだいぶお預けを食った気がします。

だから井澤さんや金元さんといった外乱には正直ちょっと期待しちゃいました。
何故なら直ぐに展開が膠着状態になるからです。
その原因は芽衣の言動だった訳ですが、振り返ってみると彼女の鉄壁の防御こそが彼女自身の最大の魅力だったのかもしれません。

だって、何人たりとも侵入することのできない彼女の絶対領域を守っているのですから…
逆に考えると、彼女の鉄壁の防御は彼女が心を許した人しか掻い潜る事が出来ない類のモノなんです。
それって特別以外のナニモノでもありませんよね。
彼女の燃え上がるような情熱…それに触れられるのは本当に特別な人だけ…
柚子と芽衣の気持ちはどこに向かっていくのか…届ける事ができるのか…
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、nano.RIPEさんの「アザレア」
エンディングテーマは、Mia REGINAさんの「Dear Teardrop」
nano.RIPEさんの曲は相変わらず痺れる曲ですね…
格好良過ぎて鳥肌モノでしたよ。
もちろん、カラオケでもチャレンジ済です。

1クール12話に物語でした。
感想して振り返ってみると、やはり私はあやちと津田さんの組み合わせが根本的に好きみたいです。
これからもお二人の共演を楽しみにしています。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 22
ネタバレ

一言 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

ストーリー展開とキャラの描写がダメ

一言で言えば、キャラクターの考えてることが理解できないアニメ。


タイトル通り、ストーリー展開とキャラ描写のことは後程記載するとして。
きらら系の女の子が仲良くしてるゆるい百合が好き…くらいなライトな百合好きオタクには濃厚すぎるかもしれない。
百合というよりガチレズ、そんなアニメです。


しかしレズ依然に展開が無理やり過ぎてギャグアニメと化してたり、ただ単にエロ描写を描きたいだけのストーリー展開がめちゃくちゃなアニメだった。


※ここからはこの作品に対する愚痴のようなもので、オタク特有の早口な作品に対する批判()なのであまり推奨しません。
{netabare}
例えばゆず。
メイにキスしたいだの、告白したいだの、レズ漫画買うだの、女のメイが好きなことを自覚したうえでの行動だったくせに、いきなり最終話間近で「やっぱり姉妹のスキンシップとしてはやりすぎだと思うんだ…」とか今更すぎて…。

もっと早い段階でぶつかる問題では…?
もはやこのタイミングでこんなこと言うの意味がわからなさすぎる……。自分からいろいろとメイに積極的に関わろうとしてたくせにここでそれ言うか?

女同士はおかしいからやめようという葛藤を描くなら、もっと序盤ですべき。
{/netabare}

話の持って行き方が唐突で、キャラクターの考えてることが意味不明になっている…。

{netabare}
メイも、ビッチ生徒会長を描きたかったんだろうけど、初っ端からゆずにキスしまくったり、ことあるごとにちょっかいかけている理由がほしい…。
最後の最後までゆずをいつ好きになったのか理由がなかった…。
{/netabare}

描写がたりてないと思う。感情移入できないどころか何考えてどうしてそんな行動を取るのか理解できないからもやもやしてしまう。

{netabare}
あと双子姉妹も登場した意味なかったな…。
修学旅行回は特に謎。
双子姉はただふりまわされただけだった。
メイはなぜクリスマスに拒否られただけで、ゆずをあそこまで完全拒絶したのか、しかもすんなり双子姉と付き合うことを承諾したのか謎すぎる。

クリスマス回といえば、そもそもゆずがメイを受け入れなかったのも意味がわからなかった…。あそこまでメイを求めていたのになぜ今更拒否する?理由がほしい。(序盤なら拒否するのもわかるけど…)

ビッチ中学生もあんなに執着してたのにあっさり改心するからつまらなかったな。
双子の新キャラをいれて意味不明な展開をやるより、ビッチ中学生と人悶着やるのをていねいに描いたほうがよかったのでは。


クリスマスの夜以降、メイがなんであんなに塩対応で、もう話すこともないとか、関わるなとかいってたくせに、最後の最後でころっとゆずの返事をオーケーしたのか、理由付けがないし、まじで意味がわからない。

それに、ほんの一時的に付き合った双子姉と別れることになったとき、あなたを失いたくない…とか言ってたところは本当に意味がわからん。
出逢って間もなさすぎるのにいつそんな重い感情生まれたんだよ…てかゆずにすらそんなこと言わなかったのに……。
{/netabare}


感情移入どころかキャラクターの行動原理が謎だから話としておかしすぎる。
それが気になって仕方がなかった。


ただ、レズなら何でもいいと言う人や、ストーリーの粗探しも含めて楽しめる人ならいいと思う。一話を見て判断してみてはどうでしょう。

ツッコミどころあってニヤニヤするというよりは、鼻で笑う感じ。


ボロクソに書いたんですが、どんなことをやらかしてくれるのかという意味では楽しめたし、ここまで頭のぶっ飛んだレズアニメを見たことがなかったので新感覚な感じで楽しめました。

二期があれば見るとは思う。
やらないと思うけど。
{netabare}
個人的には、はるみんとゆずが絡んでそれをビッチ中学生が掻き回す感じのストーリーのが面白かったんじゃないかなぁと思う。
まあ要するに、ストーリーの展開+メイメイの考えてることが見えにくすぎてもやっとしたんですよね!
{/netabare}


opとED最高に好きです。
あと、竹達のギャル演技、とても良かった。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 8

55.0 2 葉山いくみアニメランキング2位
ほんとにあった!霊媒先生(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (25)
139人が棚に入れました
新しく担任として赴任してきた木林(きばやし)先生の趣味は降霊、特技は除霊。そんなキバヤシ先生を中心にしたおバカ学園ライフが描かれる。

stone0819 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

まぁまぁ面白い

4分40秒のフラッシュアニメ。
かなりいい加減な降霊術などを得意とする霊媒先生、木林呪理とそのクラスメートが引き起こすドタバタギャグアニメ。
一応オカルトものらしいがまったく怖くない。あ、でも最初の貞子風の教室への登場の仕方はちょっと怖かったかな。

で、全22話と結構長い。

木林先生が一人の生徒に織田信長を降霊したり(以降ずっととりついたままだけど、どうすんだw)、教室を爆破したりで、はちゃめちゃぶりが面白い。

最後までずっとこんな感じかなって思ったけど、18話と21話にはちゃんとほろりとくるシーンもある。
最終回の22話のみフラッシュアニメではなくフルアニメーションになってて、最初録画間違えた?って思った。
出てくる女の子が全然知らないキャラで、あれ?って思ったらキャラデザインが統一されてなかった。
貧乏少女の美幌素子がフラッシュアニメでは薄い茶色っぽい肌色だったのにフルアニメではピンクになってるとかってこれはありえないだろ。顔も違いすぎるし、健康的になってるしwww

ま、そんな感じだけど全体的には楽しめた。悪くはなかった。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

水咲 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

♪メーウマイユーヌゥラールーン

降霊術が出来るという先生と生徒と猫達の話。
最初の方はギャグ色が強くて結構笑えるけれど、後半になると良い話もちらほら。
個人的には木林先生(霊媒先生)と長良先生(科学)の掛け合いや猫のふざけた話が好きだったので、後半は微妙かなぁ。
話としては良いんだけど、どうしても5分アニメなので感動さはちょっと欠ける。
最終話はフラッシュアニメじゃなくなってて先生の違和感が凄かったw
曲は全部メーウというバーチャル歌手ユニット。
ボーカロイド(でいいのかな?)はめったに聴かないけど、主題歌になった3曲はどれも好きです。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 1

robelt さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

最後の一話!!!w

グダグダですが、おもしろかったです。
先生と一部の生徒のキャラがすごくユニークで笑えましたw
ショートストーリーでオチもあって上手に作ってあると思います。
息抜きにどうぞww

タイトルに関しては作画のことです。
終始(笑)な作画ですが、最後の一回だけ「マジかいなww」ってことになってましたww
ちゃんと全話見てから最後みましょうねwww

投稿 : 2020/07/04
♥ : 3

64.4 3 葉山いくみアニメランキング3位
妖怪アパートの幽雅な日常(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (227)
966人が棚に入れました
両親を亡くしたため、親戚の家で肩身の狭い生活をしていた稲葉夕士は、高校入学を機に一人暮らしを決意する。そこで見つけた格安の下宿先「寿荘」。しかし、そこはなんと妖怪・幽霊・人間が入り混じる奇妙な「妖怪アパート」だったーー‼ 不気味な姿をした妖怪達と個性的すぎる住人達にはじめは戸惑う夕士だったが、彼らとの奇妙な共同生活の中で、それまで閉じていた心が徐々に開いていく・・・。

声優・キャラクター
阿部敦、中村悠一、子安武人、沢城みゆき、石田彰、中井和哉、森川智之、杉田智和、速水奨、遊佐浩二、釘宮理恵、田村睦心、三石琴乃、関俊彦、折笠富美子
ネタバレ

kororin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4

チュチュンがチュン♫・・・

電線に雀が三羽とまってた それを夕士が鉄砲で撃ってさ、煮てさ、焼いてさ、食ってさ
ヨイヨイヨイヨイ オットットット ヨイヨイヨイヨイ オットットット?
・・・
まあ、オチャラケたくなるような「電線音頭」はさておき、2クール目も決まったことなのでチョット小言を。

とにかく「女子想像&創造」「女子嗜好」「女子理想」「女子妄想」が出てるおかげで一般的に受けつけがたい感じがしますが、共感できる人もいるんでしょうがねぇ・・・(恐らく)。

稲葉夕士は中一の時に両親を失い、預けられた親戚の家では叔父・叔母に気を使い、従姉には何故か嫌悪される。そんな居心地の悪い所から抜け出すために寮制の高校入学を機に自立を決意。しかし春先の火事で寮が全焼。寮の復旧見込みの半年先まで、新しい住処を探さなければならなくなり、なんとか見つかったのは格安物件「寿荘」。しかしそこは異界の住人が集う別名「妖怪アパート」だった・・・
そんな不運(物語性にとっては仕組まれた”幸運”)に見舞われた夕士少年を作者(又は制作側)はイジりながらも過保護に、且つ「理想多め」に成長させていくストーリーのようにも思えます。

ここからは、小姑のように辛辣な文感想を書くかもしれませんので気分を害したくない方はココで止めておいてください。{netabare}
[主人公・稲葉夕士]
・均整のとれた「サッパリ美形」。高校生というより何か「大学生」っぽく見えます。(大人っぽい容姿が女子受けには良いのでしょうか?少年より青年の方が見栄えがイイ?)
・上記の通り不幸な身の上で、周りに気を使い、自身に「何かと」貯めこんでそうなのに「妙」にサッパリした性格で生真面目すぎるのが不思議?
(普通はダークサイドに陥るようなものですが、そんな主人公って見たくないよね?)
・「不思議耐性&順応」が乏しすぎて「普通すぎるリアクション」に見ていると時々物凄く苛々させられます。(とにかく一般常識・良識で乗り切ろうとする行動がチョットまどろっこしい。)
・半年住んで馴染んだ「妖怪アパート」を出て、学校の寮に入った夕士。しかし人間関係が上手くいかず再び「妖怪アパート」に戻ってくることに・・・(自己解決の答えが当初と同じ『逃避』という事を肯定してるようで腑に落ちないけど、「異界」との絡みがないとストーリーが進まないからしかたないよね?)
・周りに女子はそれなりに存在しますが、夕士との「恋」の展開は『絶対』起こさせません。(夕士の恋人は泉貴だと腐女子が望む限り・・・)
・プチヒエロゾイコン(小魔導書)の「マスター」に成り行きでなってしまった夕士。もう「自覚が乏しい」は、学校で不用意に使うは・・・(これが若さか?)
・「妖怪アパート」の先輩年長者に対して使う言葉の語尾に「ウッス」「〇〇ッス」と言っていることに違和感が。体育系クラブやってるわけでもないのに。(何か不自然に感じますが、これもある種の乙女理想?)

[長谷泉貴]
・夕士の親友で『心の恋人』。容姿も美形、腕っぷしも強く、家も裕福な家庭。学力もかなり良さそうで、性格も善人。しかも根回しの達人。(完璧すぎて引くわーーー。嫉妬になるかもしれませんが。こんな出来過ぎキャラも乙女理想?)
・高校進学は別々になる夕士と泉貴。中学卒業式後、友情確認の殴り合い。しかも笑顔で。しかも顔が全然腫れてない。(こんな「コト」は「絶対」あり得ませんが女子にとっては「カッコイ友情&愛情」という乙女理想像なのでしょうか?)
・第⑧怪:「寿荘」に遊びに来て子供幽霊「クリ」が気に入った泉貴はクリのパパ宣言。夕士には「本妻」勧告。(あ~あ、やっぱり・・・BⅬしたいんだんぁ・・・)
・第⑧怪:泉貴に感極まって抱き着く夕士のシーン。(ホラ、やっぱりね。腐女子の「グッ!」が目に見えるようだ・・・)

[寿荘の面々]
・個性的なキャラは面白いが全員「良い」人(&妖怪&幽霊)すぎ。夕士にとっては憧れるデキる大人ばかり。(夕士との絡みはあるものの、夕士を困らせる事件が無いのが物語としては味気ないような?みんな「仲良し」が良いのでせうか?良いのでせうね。)
・住人とのコミュニケーションは「人型」だけ。異形種とはあまりないのが残念。(アノ大家さんとの絡みって無いですね)
・男性キャラは当然イケメン。渋い人、ワイルドな人、カッコイイ人等、みんな余裕のあるデキる大人達。女性キャラはツマミ程度なセクシー幽霊と明るく元気なお姉さん。(如何にも女子嗜好って感じが・・・)

あと説明&解説が妙にゴリ押しで入って来るような感じがして、キレの悪い長さの尺が不自然すぎて面白くない(ように)思えました。

そして[BGM]。
ワザとそうしてるのか?制作側のセンスなのか?見ていて80~90年代の日常系アニメのような錯覚をを起こさせるほど「古く」感じます。(コレが良いと思うか悪いと思うか?)

シナリオは時たま人生教訓めいたものがあるので好感ですが「不思議重視」なのか「少年の成長重点」なのか曖昧過ぎて何か気持悪いです(個人的に)。

そんな小言を言いつつも、とりあえず視聴はしていきたいと思います。

※余談ですが第⑪怪でネタになった古典SF名画『禁断の惑星』とキリスト教が初めて負けた古典ホラー名画『エクソシスト』。
「エクソシスト」を、ながら歓談している「寿荘」の面々。劇中描写がマトモなのにBGMが軽すぎて、失礼だなぁ~と思いました。
世間的に「イドの怪物」という名称が知られるキッカケとなった映画『禁断の惑星』(1956年)。子供の頃に見たって・・・何か渋いねぇ。
{/netabare}

【観終わって・・・】
一つ一つのベクトルはシッカリしてるみたいだけど、何か見事にかみ合ってないような感じがしました。{netabare}なんせ、
・個性豊かすぎる寿荘の面々。各キャラで1話分の話が出来そうだけど何人かは捌ききれなかった(主人公は夕士なので)。
・夕士の学校生活・部活や人間関係で起こった問題と解決のための展開。(納得できないオチもありました)
・寿荘における夕士のスタンス。談話だったり問題談義だったり「(疑似)家族ドラマ」のようにしたかったのか?
・プチヒエロゾイコンのマスターになってるにもかかわらず、あまり自覚の無いような展開にシラケてしまう事もあったのでは?
・毎話出されるルリ子さんの料理。おいしそうなんだけど、ただ出されて「美味い」というだけでは何かモノ足りないような…
etc、etc・・・{/netabare}
ネタが多く詰込み過ぎて収拾がつかず、やむなく強引な演出になってしまったために全体のバランスが非常に悪くなって、あまりイイ印象にならなかったように思えます。
BGMのセンスの悪さ(80年代、日常・ファミリーアニメ風)がさらに拍車をかけてたような気もします。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 20

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

そのアパートでは「不思議」はいつもそばにいた。

この作品の原作は未読ですが、沢城さんとくぎゅが出演されると知り視聴を決めた作品です。
沢城さんとくぎゅ…この組み合わせを想像すると、視聴前から口元がにやけてしまいそうですけれど…

この作品は2004年に第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しており、原作の累計発行部数が550万冊を超えてるとか…
でもそれだけ人気があるのも分かる気がします。
私はアニメしか視聴していませんが、全体的な作りがとても丁寧で細やかな部分まで目の行き届いた作品、という印象を受けましたから…

この物語の主人公は稲葉 夕士。
彼は中学の頃、両親を事故で無くし中学時代を親戚の家で過ごしました。
ですが、親戚とはいえ他人が突然家に押しかけてくる…
事情も状況も理解できますが、時としてうまく折り合いが付かない場合があると思います。

例えば、これまで一人っ子で両親の寵愛を全身に受けてきた人のところに、他人が突然入り込んで、これまで受けていた寵愛の一部を横取りされたら…?
誰だって横取りするつもりもありませんし、親の愛は本来分けるものではなく広がるモノ…

でも頭では分かっているつもりでも、心が追い付かない時ってありますよね。
稲葉と親戚の関係もちょうどそんな感じ…
だから、稲葉は高校進学と同時に学生寮での一人暮らしを決断するのですが、入寮直前に火事で全焼してしまうんです。
きっと学生寮が復興するまで親戚に厄介になる選択肢もあったと思います。
でも、稲葉はあまりにも格安すぎる物件を見つけ、一人暮らしを実行に移しました。
ですが、格安すぎる=いわくつきである事は、これもまた世の常…
そう…ここ、出るんです…
こうして稲葉の新しい居場所である「寿荘」での生活が始まり物語が動いていきます。

私も学生時代に親元を離れて寮で暮らしていたので、厳しさと楽しさは理解しているつもりです。
自分の身の回りに事に気を遣う機会が増え、常に友達が部屋に入り浸る毎日…
あの頃は「プライバシー」という概念なんて微塵もありませんでした。
学校が終わって部屋に帰ると友達がいて、私が寝た以降も誰かがゴソゴソしてる事なんて日常茶飯事でしたから…

だから、稲葉が新たに得た「寿荘」の居場所…私的には全然OKでしたけど、これまでの生活と一変した壁の無い生活を突然突きつけられたら戸惑いを覚えるのも仕方ありません。
人との触れ合いがとても大切だと実感して、本当の自分の居場所と受け入れた以降、この物語は面白さに拍車をかけていきます…

物語は大きく3本の幹があり、ほど同時に進行しています。
一つ目は、寿荘での日常、
二つ目は、稲葉の学校での出来事、
そして3つ目は稲葉自身について…という感じです。

寿荘での日常は羨ましい空間が広がっています。
毎日ワイワイ賑やかなのも結構ですし、るり子さんの絶品料理に舌鼓を打つ毎日は堪らないと思います。
でも、一番羨ましいのは悩みを話して…それを真摯に受け止めてくれるところだと思います。
高校生の稲葉は寿荘の中で最も年齢含め最も新米…
学生同士でいくら相談しても解決できないことも、人生経験な大人が稲葉の目線で親身に相談に乗ってくれるなら…相談もしやすいですよね。
相談って年齢を重ねるごとにし辛くなっているような気がするので、そういう空間って改めて貴重だと思います。

学校での出来事…稲葉は勉強、クラブ活動にバイトと大忙し…
日々バタバタとして生活を送っていますが、それは充実している証でもあると思います。
一見学校生活って平坦っぽいんですが、決してそんな事はありません。
不特定多数の人間の集まりなのだから仕方ないのかもしれませんが…
そこで何を感じて何を選択するかは本人次第…
この本人次第を学生時代にもっと大切にしていれば、と個人的にはちょっぴり後悔を感じたり…

そして稲葉自身については、この物語の核心に迫る部分になるので、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。
きっと寿荘でしか得られなかった可能性だと思います。

オープニングテーマは、ロザリーナさんの「Good Night Mare」とWi-Fi-5さんの「始まりのカレッジ」
エンディングテーマは、稲葉夕士と長谷泉貴の「日常識Broken down」とロザリーナさんの「音色」
兎にも角にもロザリーナさんの曲が素晴らしかった…
ロザリーナさんの独特の声質が胸に染み渡りました。

2クール全26話の物語でした。
人と人の繋がりを大切にした作品です。
昭和の頃…日本のあちこちで見られたこの作品の様な風景や人同士の関係が、今では物凄く貴重なモノになっている気がしてなりません。
人との繋がりに温かさを求めたい方…きっとこの作品を堪能できると思います。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 14
ネタバレ

▒▒▒ ⇒ムフ♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

こんなに楽しめるとは思わなかったよぉ♪(*‘ω‘ ≡ ‘ω‘*)♪

絵が気に入らなくって絵に慣れるまで6話までかかったよぉ(ノ∀`)アチャー

【これって日常系?】
アニメの日常系ってただ単にカワイイだけで私にはつまらない作品が多いのだが、この作品は現日常の人間関係でかかえている切実な厄介な問題を取り上げてるなぁと感じてしまった。
{netabare}
私はネットで誰かと関わるようになって、今の人間関係って...

気軽に楽しくで、いいんじゃないの?

(;-ω-)ウーン

確かにそうなんだけど、希薄というか、厄介な奴までにそれをする人がいるし...
なんだかなぁってな感じで、なかなかなじめない...

でも感情的になったり、厄介な奴に注意したらたちまち炎上だし...

やっばり気楽に接する方が無難なのか...

(;-ω-)ウーン

いつも悩んでしまう( இ﹏இ )

嫌な奴は嫌だァ!ι(`ロ´)ノ

と、叫びたいけど我慢してしまう(;´д`)トホホ…

だから、主人公が厄介な奴に絡んでいくのが凄いなぁと感心してしまうのです( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン

そんな主人公がそうなのは、周りにいい大人がいるおかげ♪

とくに若い男の子は身近に尊敬できる大人さえいれば、悩んでも壁にぶち当たっても、どんどん前に進んでいける単純な生き物♪

現実世界でも同じ事なんだけど、そんな大人なかなかいまへん(ヾノ・ω・`)イナイナイ

かくいう私も尊敬に値する大人にはなれなかったとです(ヽ´ω`)トホホ・・
{/netabare}

【お気にのキャラは…】
作品は気に入ったんだけど、思い入れの強いキャラはいなかったなぁ。
{netabare}
しいてあげれば、料理上手な「るり子さん」かな(〃艸〃)

るりるり~♪結婚してけれぇ~♪

そしてその手でԅ(¯﹃¯ԅ)グヘヘヘ

そうだ!嫌いなキャラはいたわ!
英語教師の青木!
現実世界でもこういう奴が希にいるけど1番嫌いだ!( ✧Д✧) カッ!!
{/netabare}

【OPのモナリーザが…】
大きな収穫は主題歌を歌ってた「モナリーザ」♪
{netabare}
どストライクやんけ~(*´Д`*)
ハスキーな声がたまりまへん(*´Д`*)
ぶた鼻さいこ~う(*´Д`*)

メジャーなりたてみたいだし、今後期待でおま♪(´∀`*)ヘヘ
{/netabare}

【前からレビューで気になってた事…】
この作品のレビューにも…
「説教くさい!」
「価値観の押し付け!」
{netabare}
とか、書いてる人が多く見られた。

えっなんで?

私は何十年もアニメを見てるけど、アニメにたいしてそんな気持ちになった事がない!

そもそも、「説教くさい」って主観的じゃないと言えないのでは?
アニメのキャラから説教受けてると思ってしまうのかしら?

私はアニメをほとんど客観的に見てるけど、主観的になるのは魅入ってる時ぐらいかな?!

でも、そういうレビューを書いてる人の文面からは、魅入ってる感じがしない…

(;-ω-)ウーン

それか、好みじゃないアニメとかで人生観みたいな事を発してると「説教くさい」とか感じてしまうのかしらん?
それなら見なけりゃいいだけの話だと思うけどww

(;-ω-)ウーン

こういう人達は、気に入ったアニメとかは「メッセージ性が強い!」とか言ってそうww

ようは、気に入る気に入らないの感情で「説教くさい」という言葉を選んでしまってるのかな?

(;-ω-)ウーン

私はレビューで「説教くさい」や「価値観の押し付け」というのを見ると…

この人達とは絡めないなぁと感じてしまう…

私自身が説教くさい奴なので(´∀`*)ヘヘ


結局、私だけが「説教くさい」という言葉に過敏なのかもしれない…

今の時代の流れなのかな?
誰か教えてぇ!

私は説教くさい奴なので、絡むと痛い目あうと思いますが♪(´∀`*)ヘヘ
{/netabare}
( ・θ・)( ・θ・)( ・θ・)チュ♪チュンガ♪チュン♪

投稿 : 2020/07/04
♥ : 5
ページの先頭へ