藤井まきおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの藤井まき成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年07月09日の時点で一番の藤井まきおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

53.7 1 藤井まきアニメランキング1位
京四郎と永遠の空(TVアニメ動画)

2007年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (65)
498人が棚に入れました
大崩壊から10年が経ち、復興のシンボルとして作られた巨大学園都市「アカデミア」。そこで学園生活をエンジョイしながらも、どこかなじめない少女「白鳥空」の前に、彼女が夢の中で見た王子様と瓜二つの少年「綾小路京四郎」が現れる。空は、「絶対天使」と呼ばれる人造生命体を巡って人知れず戦いを繰り広げる京四郎と親しくなっていくが、京四郎のパートナーであるせつなとの間の三角関係や、自分自身もまた人間ではなく絶対天使であったという真相に苦悩を深めていく。

声優・キャラクター
矢作紗友里、小西克幸、松岡由貴、川澄綾子、下屋則子、田中敦子、望月久代、岸祐二、間島淳司、緒方恵美、成田剣
ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

『神無月の巫女』のアナザー的な何かだが・・・

敢えてお薦めはしません。
(※ジャンルは一応、これも「百合×ロボット」ものでいいのかな?)

マンガ原作者&アニメーション制作者が『神無月の巫女』と共通している作品ということで興味を持って視聴してみたのですが・・・シナリオが全然頭の中に入ってこない・・・ここまで訳の分からない作品は久々でした。

《まとめ》
『神無月の巫女』のダブルヒロインの片割れ(姫宮千歌音)そっくりなキャラが出てきて、もう片方のヒロイン(来栖川姫子)に性格が近いキャラも出てくるので、同作のファンの方は最初の数話だけお試し視聴してみると良いかも知れません。

あと、気が向いたら第7話まで頑張って見続けると、ちょっと良いシーンがあるかも?


◆制作情報
{netabare}
原作マンガ      介錯(『月刊ドラゴンエイジ』2005年5月-2007年7月連載)
監督         柳沢テツヤ
シリーズ構成・脚本  植竹須美男
キャラクターデザイン 介錯(原案)、藤井まき
音楽         窪田ミナ
アニメーション制作  ティー・エヌ・ケー{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

================== 京四郎と永遠(とわ)の空 (2007年1-3月) ================
{netabare}
第1話 永遠の空(とわのそら) ★ 白鳥空の王子様、綾小路京四郎転入、猫娘の襲撃
第2話 三華月百夜 ☆ 
第3話 舞い踊る螺旋 ☆
第4話 恋蛍 ☆
第5話 くちづけ洗礼 ★ 空の真実(絶対少女)
第6話 ゆめはて十字路 ☆
第7話 彷徨いの哀歌 ★
第8話 刻(とき)の目覚め ☆
第9話 乙女見果てぬ ☆ 
第10話 天使の牢獄(バスティーユ) ☆
第11話 天使回廊 ☆
第12話 永遠の空(えいえんのくう) ☆{/netabare}
---------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)3、☆(並回)9、×(疑問回)0 ※個人評価 × 3.4

投稿 : 2020/07/04
♥ : 7

とってなむ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

私と永遠の空虚

これはキツかった…。
☆の評価の平均値が低いわけです。
私もこれは苦手でした。


ジャンルは恋愛にミステリー的要素を混ぜたもの。
ロボットの成分も含まれています。
ごく普通の女子高生・白鳥空と超イケメン(設定上)の綾小路京四郎の
恋愛と悲劇を描いたものであります。(多分←)


内容が二転三転するので話の流れが掴みにくいです。
それに理由はあれども、途中から『京四郎、お前誰?』
と問いたくなるようなキャラブレが目立ちました。
まぁ序盤の京四郎にはイライラさせられたものです。
それを考えれば、ヒーローらしく成長(キャラブレ)したのは
良かったのかもしれません。

他にも、空の『拝啓、私の王子様~』という台詞。
たまになら全く問題ないんです。
でも多すぎやしませんか。
1話に3,4回もリピートされると、さすがにちょっと…。


非難するだけでは何だかな~なので、
良かった点を挙げたいと思います。

1.物語の展開としては悪くなかった。
正直この作品、1話でこれは相当ヤバいんじゃないか…と思ったものです。
それを考慮すれば、立て直したほうではないかと。
特に盛り上がりを見せたわけではありませんが、
展開にそれなりの起伏を持たせた点は評価したいです。
とは言え…ですが。

2.場面ごとのBGMが雰囲気に合致していた。
言葉通りです。
時には明るく時には寂しく…。
特に最終回の物語の背景に流れる音楽は素敵でした。



OP「クロス*ハート」 歌ーCooRie
ED「微睡みの楽園」 歌ーCeui

うわっこれ私の大好きなアーティストコンビ。
OP,ED共に透き通った綺麗な歌声に癒されました。
観ながら早くED来ないかな…とか思ったり。笑



フォローは一応入れたものの、
やはり私にはちとダメな作品でした。
ロボットを取り入れるならバトルにもう少し迫力を求めたいです。
というかロボットの必要性…。
物語とロボットの混在が上手くいっていないように感じました。
純粋な恋愛ものとして成立させればまだ何とかなったものを、
などと素人目からですが思ってしまいます。

…あまりオススメ出来ませんm(__)m

投稿 : 2020/07/04
♥ : 29

ネロラッシュ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

拝啓私の王子様…

恋にこがれる妄想癖のある主人公白鳥空は実は…というのは予想外であったが、神無月の巫女の続きなのか?円盤皇女ワるきゅーレに魔法少女猫たるともミックスされてるよな?
たるろって…中の人まで一緒とは(笑)

柳沢テツヤ監督の見せ方と藤井まきのキャラデザは嫌いではないのでラストまで観れるのだが、なんか頭の中に残らないんだよね。
思うに、このアニメもロボットは必要か?である。

OP、EDは素晴らしい!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 6

62.0 2 藤井まきアニメランキング2位
あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ(TVアニメ動画)

2001年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (80)
415人が棚に入れました
あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ TV-BOX 天和響(あまわひびき)は体育教師を目指す青年。彼が教職を希望したのは女性教師しか雇わないという青鞜三ノ宮学院中等部。ストレートに行ったところ案の定断られ、下宿・五地荘の家主・三条るるのアドバイスにより、女装し名前を天和ひびきと変えてどうにか就職することができた。
ひびき先生は教育に対する熱心さと学院の古風な伝統教育に立ち向かう勇気、それに美貌により男子のみならず女子生徒からの人気も高く、特に樟葉楓子(くずはふうこ)とは恋愛感情のようなものを抱くようになる。
しかしそんな人気とは裏腹に、「彼女」を不審に思っている教頭は、様々な手を使って正体を突き止めようとする。

声優・キャラクター
渡辺明乃、高橋美佳子、折笠富美子、南央美、奥泉愛子、折笠奈緒美、鳥居彩香、吉川茉絵、三島冨美子、瀬戸沙織、大前茜、うえだゆうじ、山口隆行、橘U子、林毅史、水樹洵、大武芙由美、森訓久、渡邊太一、山崎新、石塚堅、増田ゆき、谷口里佳、川崎恵理子、岸祐二、くじら
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

女装教師の笑いあり涙ありの学園物語!

男を認めない学院長に一泡ふかすため
女装して先生になるという所からまず面白いですよね!
明るい雰囲気とは裏腹にメインで扱ってる
テーマの一つは「男女差別」という難しい問題です。
この作品の場合はちょっと行きすぎな
男性嫌いな校風でしたが今でもまだまだ残ってる問題でしょう。

【良い点】
・キャラクター
なんといっても主人公である天和ひびき先生でしょう!
生徒たちの待遇で納得の行かないことなら自分よりも
立場の上の人間にも立ち向かい
生徒達に真摯に向き合う姿はまさに先生の鑑ですねっ!
セリフも結構心に残ります。

生徒達も良かったですね。特に楓子ちゃんと深江くんと・・・
あと青木くんが好きですね。
{netabare}青木くんは特になんとも思ってなかったんだけど
最終話でみんなが先生への気持ちを
手のひら返している時に一番最初に
ひびきちゃんと先生の名前を呼んでるあたりで好感が持てました。{/netabare}

それから婆ちゃん。
女装へのメイク術を完璧に知っていたり、
山とか所有してたり、バイク改造して
ロボットにしたりとか超有能。しかしその実態は・・・!本編を見てね!

【悪い点】
・教頭が酷すぎる。
{netabare}これに耐えられるかが一番の問題かもしれません。
常に行動が酷いのもそうなんですが、
特に酷いのがひびき先生の正体を暴く所で
病院での無許可な撮影・・・
しかもそれをみんなが集まっているところで晒すという
今の世の中で言う「いじめている所を撮影して動画サイトに投稿!」
みたいな感じですよねこれって・・・
しかもひびき先生本人だけでなく更にひびき先生を追い詰めるために
生徒が映っている所まで撮影して晒すっていう・・・
これでなんで教頭のほうは問題に
ならないのでしょうかとはちょっと思ってしまう。
しかも教頭は過去に女子生徒のプライバシーを
守るために録画や録音をされて情報を漏らさせないように
「身体検査防衛計画」とかを率先してやった本人なのに、
生徒のプライバシー自分で侵害してどうするんでしょう。

学院長はまだ男嫌いが分かるんですよ・・・
過去にいろいろあったとかそうゆうこともあって
でも教頭があんなことする必要性といえば
ただひびき先生をいじめたいだけってことですよね・・・。{/netabare}

・話数
{netabare}最終回で生徒一人一人の名前を呼ぶところが
あるんだけど{/netabare}13話しかなかったから
名前言われても誰かわかる人が少なかった・・・
せっかくの感動がちょっと薄まっちゃって残念でしたー。
それでもぼろぼろに泣いちゃったんですけどねー。

【総合評価】
やっぱり「男女平等」をテーマに掲げてる作品なんて珍しいですよねー。
自分も結構今まで生きてきてこれって不平等なんじゃないの?・・・
と思うこともあったので
結構真剣にひびき先生を応援してましたね。
だけど学院長の言ってた「男は野蛮だ」とか「気持ち悪い」
とかそーゆーのも分からなくはないんですよねー
僕も前に周りの男の子達に対して
「そーゆーことしか考えてないの?」
とすら思った時期もありましたが
このアニメのように男の子だっていやらしい子ばかりじゃないし
そーゆー子だっていい所はあるはずですからね。
この作品を見ればみんな男女仲良くなれるんじゃないかな!
(さすがに無理かなぁ?w
恋愛物としても学園物としても成り立ってていい作品でした。
結構好きな作品です。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 2

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

2年藍組天和ひびき先生

WOWOWノンスクランブルで放映後に独立UHF系放送局でも順次放映されていたアニメ。UHFは深夜帯が当たり前の為、学生で1時30分のリアルタイム視聴は精神的にきつかったのを覚えています。

ニコニコによる配信(当時はニコニコ動画自体なかったですからねー。今はいい時代です)や録画環境が整備されておらず、毎週放映を見逃さないようにしていた私にとっては思い出補正が非常に高い忘れられないアニメです。先週、偶然中古本屋でBOXが投売りされていたので、つい衝動買いしてしまったのを機に再視聴しての感想となります。

伝統と格式を重んじる女尊男卑がまかりとおる学校に体育教師として主人公が女装して潜り込むというお話から、ちょっとエッチなイメージを持たれるかと思いますが、そういった部分も無きにしもあらずなものの、主軸としては生徒への愛情と熱意を持った指導を厭わない熱血教師ものとしての要素を含んでいる作品です。当時のみならず現在でもこのようなアニメというのはあまり見かけないですね。大抵の場合学園ものってどうしても生徒の方が主役である事が多いですから。先生を主人公に据えたというのは英断ではあったでしょうが、明るく懐が大きい天和ひびきというキャラクターは作中においても動かし易かったとも思います。女装しているという事で学校行事等で男とバレるかもしれないヒヤヒヤ感を織り交ぜつつ、生徒との交流を描いた暖かなアニメとなっていますね。生徒役では樟葉風子という娘が主役の立場を担い、ひびきとの授業をきっかけに心を寄せるといった恋愛要素の行方も加味されていたりもしました。

しかしながら秀逸なのは思春期を迎えた生徒達の感情をシナリオに上手く落とし込んでいるのが上手い事。彼氏が出来ていてそれに思わず嫉妬してしまう話や身体検査で自分だけ発育が遅れている事に悩みを抱えたり、好きな男の子が自分には振り向いてくれず思わず寂しさを覚えたり、小林靖子さんが脚本を担当されているからか、女の子のちょっとした気持ちの動きを的確に台詞や心中の独白といった点で視聴者に伝えているのが分かります。そのせいかテンポは全く悪くなく、むしろ早過ぎるかのような感覚を覚えます。かといって決して各キャラクターの掘り下げが浅いかというとそんな事はありません。生徒の方も風子を中心にキャラクターがほぼ立っていたと感じます。

驚きなのはうえだゆうじさんの千両役者ぶりですね。彼はこの作品でかたや学校内でも有数のイケメン生徒を演じていれば、かたや職業不詳の冴えないおじさんといった全くキャラの違う2人を見事に演じ分けています。声も意識して聞かないと同一人物だと分からないレベルであり、これには正直驚きました。

ちなみにこの作品で使用されているOP「Dearest」は全くのオリジナル曲ではなく、「親愛なる人」という曲のアレンジという形で使われております。以上どうでもいい豆知識でしたw

タイトルのライトさに反して1クールという限られた枠の中で先生と生徒の交流というのをよく描いており、封建的な学校社会に対しての体制を打破していくといった痛快さも併せ持った王道的な作品です。知名度という意味ではかなり低いので、視聴するのは少し難しいかもしれませんが、是非オススメしたい作品です。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 13

大和撫子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

女装という設定は面白いですが・・・

おそらくこのアニメが制作された2001年にリアルタイムで見たならば、素直に感動モノとして見ることができたのでは?と思います。
しかし近年の可愛い女装要素のアニメが流行している今では受け入れられるのが難しい。
女装という設定は実に面白く次の展開が非常に気になるという気持ちには十分させてくれますが、主人公はガタイのいい青年で声も太く肌も茶系、そんな人が女装するので正直気持ち悪い。
それでも、見慣れてくるとそれなりに見られるのは不思議なところ。
また主人公は青春を感じる熱血教師ぶりを見せますが、いくら「ごくせん」や「金八先生」のような綺麗な青春を演出しても、女装教師という設定が素直に感動に結びつかない。
つまりは熱血教師=女装教師がうまく成り立っていないと感じました。
その点を除けば終盤まではそれなりに良いストーリーですが、最後の展開はかなりひどく、イライラさせたあげくあっさり手のひら返したような無理矢理感動展開はストーリーを破綻させたとも言えなくない。
ただヒロインの樟葉楓子は実に良いキャラで、この子の恋愛心情は実に良かったです。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 3

60.5 3 藤井まきアニメランキング3位
セラフィムコール[Seraphim Call](TVアニメ動画)

1999年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (15)
73人が棚に入れました
『セラフィムコール』(Seraphim Call)は、電撃PCエンジン(1996年6月号より「電撃G'sエンジン」、現「電撃G's magazine」)1996年4月号から電撃G'sマガジン1998年8月号まで連載された読者参加企画。連載終了後にテレビ東京系でアニメ化。近未来都市"横浜ネオ・アクロポリス"を舞台に、11人の女の子たちの日常的&非日常的生活を描く1話完結型のオムニバス作品。

えくいてぃ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

いろんな物語が詰まってる~w

1999年の作品でサブタイトルが「2010年11少女物語」
11人の少女(ではない人もいたような?)の物語が
1話完結で最終話がまとめになっていますw

アニメなので自由なのですけど、
1999年から見た2010年ってこんな感じだったのかな~?

学校の授業は家で制服に着替えて
部屋のパソコン(みたいなもの)で受けたりとか、
ロボットが普通にいたりとかw
ちょっと今の現実とは違いすぎるというか・・
先を行き過ぎているというか・・・でしたww

少し理解しづらいこともありましたけど、
考えさせられることもあって、最終話まで観終わった感想は
「嫌いではないけど、もう1度は観ないかも?」です^^

投稿 : 2020/07/04
♥ : 5

Shemhazai さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

地味だが良い

11人の少女の物語を描いたアニメ。一話で1人ずつ物語が完結するので掘り込みは浅いが、奥が深く良い内容が多い。大筋の物語が無く、恋愛要素が無いのも特徴。特殊だが不思議と面白く、最終話の作品の設定を生かした演出も良かった。個人的にはもっと知られてもいいアニメだと思う。

投稿 : 2020/07/04
♥ : 10

MameJ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3

駄作

なにを描きたいのか意味不明。
キャラクターの設定も理由がわからない。
見る価値なし!

投稿 : 2020/07/04
♥ : 0
ページの先頭へ