おすすめ衝撃の展開人気アニメランキング 10

あにこれの全ユーザーが人気アニメの衝撃の展開成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月17日の時点で一番の衝撃の展開アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

87.6 1 Another(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (4758)
20744人が棚に入れました
その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある・・・。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女 見崎鳴 に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?

声優・キャラクター
高森奈津美、阿部敦、前野智昭、米澤円、野中藍、山本和臣、榊原奈緒子、平田広明

cross

★★★★☆ 3.7

BGMが醸し出すホラーな雰囲気は抜群!!BGMの重要性を実感!!【総合評価:76点】

2012年冬に全12話で放送された作品。

自分にとっては未開のジャンル、ミステリーホラーと言うこともあって、視聴前からかなりの期待を寄せていた作品でした。

ミステリー的な要素としては、少しご都合主義で物語がそこまで緻密に組み立てられていると言った感じではなかったのが残念ではありました。
内容としては、怪奇現象を相手取っていて、根本的な解決には至らないタイプでした。
解決の方法がかなりご都合主義だったのが残念、そこまで入り組んだ作りでない分、ミステリー的な要素としては弱かったです。
とは言え、ラストでは今まで疑問に抱いていた点に関しても一通りの合点がなるようにはなっていたので、ミステリーとしては不成立と言う訳ではないです。
まぁ、そこまで予想外のどんでん返し的な展開は無く、途中である程度予想できた展開でちょっとガッカリではありましたがね。

ですが、ホラー的な要素としては、少し残念なミステリー要素を補って尚余る、非常に雰囲気の出ていた作品です。
ホラー的な要素を見事に演出していた一番の要因はBGM
この作品のBGMは本当に良い仕事をしていました。
BGMが見事にホラー的な雰囲気を演出していて、ついつい息を呑んで画面に釘付けにされていました。

背景などの作画はとてもレベルが高かったのが印象的です。
キャラクターに関しては、デザインのタイプが好きでも嫌いでもない感じでしたが、まぁ綺麗に描かれています。

雰囲気抜群の作品で気が付けば、画面に釘付けになっていることもしばしば
幽霊やらが登場したりする直接的なホラーシーンがあった訳ではないのですが、雰囲気を味わうには抜群です。
それほどまでに、BGMとカメラワーク等の演出は請っていましたね。
この作品を通して、BGMがいかに、シーンの雰囲気を作り上げ、盛り上げるのに重要であるのかを再確認させられましたね。
ラストはホラー要素と言うよりもパニック映画っぽくなってしましました。
でも、それはそれで、緊迫した息を呑む展開では合ったので、良しとしたい感じです。


物語面ではそこまで突出してはいませんでしたが、まぁ視聴が苦になることはありませんでした。
やはり、脅威のBGMの力でホラー要素としての雰囲気は抜群に楽しめるので、全体を通せばかなり楽しみながら視聴できた作品でした。
ちょっと雰囲気を楽しんでいた点が強すぎるので、二度目の視聴には踏み切れないでしょうが、一度目の視聴は十分に楽しめます。
是非とも一度視聴してみてください。BGMの重要性を実感できるはず!!

投稿 : 2019/09/14
♥ : 105

アシュコロン

★★★★★ 4.3

「恐怖」と「音」が醸し出すAnother【もう一つの】世界

今まで見てきた数少ないホラーアニメの中では
トップレベルの面白さでした^^

「ホラー」要素はもちろんですが
「推理」要素も含まれるため推理アニメとしても楽しめました。
なのでホラーチックな描写ばかりに目をとられて
余韻に浸っていると内容の把握が疎かになって
いつのまにか置いてけぼりになるので注意が必要。

このアニメはなにより「音」によって醸し出される
臨場感が本当に素晴らしかったです。
特に音響によるフェードイン効果にはとても感化されました。
※ヘッドホンでの視聴を推奨します。
でもホラー映画特有の
いきなり音のボリュームが高くなったり
大きい音で体がビクッっとなるような場面は
ほとんどなかったのでそういうのが苦手な方でも
あまり心配しなくてもいいと思います。

どのアニメもそうなのですが
「次回が気になって 早く続きが見たい」と
毎話おいしいタイミングで終わらせてくるので
そのもどかしさや惹きつけ方は
このアニメには特に顕著に表されてたと思います。
なのでこの作品は一挙に視聴することをおすすめします。

Another=「もう一つの」
という意味深長なタイトルですが
この単語を頭の片隅で意識しながら
観てみるといいかもしれません。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 101
ネタバレ

せもぽぬめ(^^*

★★★★★ 4.6

3年3組の後輩へ送るアニメです (o ̄∇ ̄o)ノッ♪

■Anotherって怖いんだよね… (〃゚д゚;A アセアセ・・・
まず注目は推理小説作家の綾辻行人さん原作の作品であるって事ですね♪
綾辻さんの作風は、今までのストーリー展開を暗転させるような手法を好まれているらしいのです!
また、叙述トリックを得意としているようなので、登場人物の心理や感情を巧みに表現してくるのでしょうね。
精神的な怖さをたっぷり味わうことになる…の…かな…ε=ε=(/*~▽)/キャー

そんな綾辻さんの作品をアニメ化するのが私の大好きな制作会社の「P.A.WORKS」なんです!
「P.A.WORKS」と言えば、”true tears” や ”花咲くいろは” で有名ですね♪
情景の描写を忠実かつ美麗に表現する事に長けている会社なのです!
そのリアルな描写で、今までは「温か味」を感じられましたけど、「Another」ではどうやら真逆の「冷たさ」を感じる描写になってた感じがしました!さすがです♪ウマイウマイ ""ハ(^▽^*) パチパチ♪
原作に沿ったオーダーを受けるのは「P.A.WORKS」にとっては初めてといえる作品だけに「新たな挑戦」って言える作品になるのではないのでしょうか!そういった視点からも期待したいと思います♪

ちなみに物語は、主人公の榊原恒一が夜見山市の祖父母宅へ引っ越してきたところから始まるのでした!
夜見山北中学に転入直前に気胸を起こして入院した恒一は不思議な女性と出逢うのです。
眼帯をして霊安室に向かう少女と…
入院明け転入先の中学校では、なにやら不隠な雰囲気なのです。
先生といい…生徒といい…何かに怯えているかのように…
果たして恒一は、無事に学園生活を送れるのでしょうか…


■Anotherと出逢った日の日記 |恐|д・) ソォーッ…
1話はまだ雰囲気だけミョーな感じですけど、嵐の前の静けさってやつですね(>▽<;; アセアセ
本当に、校舎の錆びた手スリとかリアルで怖いんですけどw
この作品を観るときはクッションが必要ですね♪
ぐぅぅ…どいつもこいつも信用出来ないw 
ここは雛見沢なのって錯覚してしまうような閉鎖的な雰囲気…逃げて!恒一くん!!
怖いけど気になるから結局完走はしちゃうと思うけど、スッキリ納得の完結をたのみますぞぃw


■総評
σ( ̄∇ ̄*)アタシ的にこういったジャンルは、どうしても名作『ひぐらしのなく頃に』を基準に見てしまいます(^=^;
もちろん単純に比較は出来ないんですけど、怖さシナリオ構成は『ひぐらし』に及ばずだったかなって印象です!
しかしながら、映像・BGM・S.E.(Sound Effect)についてはさすが「P.A.WORKS」って感じで軍配が上がりました♪
週刊ディアゴスティーニじゃないですけど、「ディテールにこだわり抜いた映像美の数々」って感じです!
人形専門店に飾られていた人形なんて、妖艶な雰囲気が凄すぎて一人で入っていくなんて絶対(ヾノ・∀・`)ムリですw
時代背景も90年代後半で携帯電話とかどことなく古臭い感じが妙にリアルで恐怖感を煽ってましたね♪

一方で、叙述トリックに注目しながら観ていたんですけど、アニメで表現するには難しかったのかもしれませんね(^▽^;)
視聴者にバレないようにするにはちょっと無理しすぎた感じです…髪の色とかねw
最終的に突っ込みどころがたくさんあるので、ミステリーとしてじゃなく、単純にホラー作品として見るっていう方が割りきれていいかも知れませんね♪

また、最終話までは(*^o^*)ドキドキ(*゚O゚*)バクバクだったんですけど、クライマックスではちょっと拍子抜けでした♪
これでもか~って言うくらいの負の連鎖に思わず(*≧m≦*)ププッってなってしまって緊張感の糸が…w
意外な結末には腑に落ちない点もあるのですけど、ホラー作品としては適度な緊張感と恐怖感が味わえたので面白かったと思います♪
根本的な解決ではないので続編とかあれば是非見てみたいですね(*^_^*)


■一番((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪してC=(^◇^ ; ホッ!とした場面は…
{netabare}
怜子さんが運転する車をタンクローリーが追い越していくシーンです⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃
(゚∇゚ ;)エッ!?このタイミングでタンクローリー!?
シーー( ̄、 ̄*)ーーン…なーんにも起こらないwwww
って思いながらも(´▽`) ホッっとしちゃってました♪{/netabare}


■MUSIC♫
OP曲『凶夢伝染』
 【作詞】宝野アリカ【作曲・編曲】片倉三起也【歌】ALI PROJECT
 ダークでドラマティックなゴシックロック色の強いナンバーですね♫
 ホラーという作品の世界観を見事に表現してます!
 
ED曲『anamnesis』
 【作曲・編曲】myu【作詞・歌】Annabel
 ひぐらしのなく頃に解のEDも歌っていたAnnabelさんですね♫
 とっても優しいC=(^◇^ ; ホッ!とするような歌声が素敵です♪
 緊張した心と体を優しく癒してくれる口直し的バラードですw


2012.01.22・第一の手記
2012.05.20・第二の手記(追記:■総評、■一番~、■MUSIC♫)

投稿 : 2019/09/14
♥ : 100

84.7 2 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(アニメ映画)

2009年6月27日
★★★★★ 4.2 (1959)
11316人が棚に入れました
2007年9月1日に公開され、全4部作のうち、序章的な位置づけにあたる。本作のベースとなったのは、TVシリーズのうち第壱話から第六話まで。14歳のシンジ少年が汎用ヒト型決戦兵器・人造人間エヴァンゲリオンに乗って正体不明の敵性存在「使徒」と戦い始める契機と、自分の暮らし、友人、街など身近なものを認識する過程が、丁寧なタッチで再び語られ、1本の映画として再構成されている。クライマックスは、国家規模のオペレーションを描いた「ヤシマ作戦」。日本中の電力を箱根の一点に集め、シンジのEVA初号機が狙う陽電子砲の起動エネルギーとする大プロジェクトだ。自在に変形と攻撃を繰り返し、ネルフ本部へ侵入しようとする使徒。人類すべての運命が自分の双肩にかかったとき、シンジの心中に芽生えたものは・・・。

声優・キャラクター
緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、山寺宏一、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人

shino73

★★★★★ 4.5

心のかたち 人のかたち

時代を象徴する作品ですが、
もっと楽に視聴すれば良いかと。
いかにこの物語が面白く力強いか。
いかにキャラクターデザインが秀逸か。
この映画が娯楽としての、
エヴァの素晴らしさを教えてくれる。

序盤から息をのむ戦闘シーンの連続。
新キャラの登場。アスカ参戦。
戦闘シーンはウルトラマンへのオマージュか。
有名になった台詞やシーンも盛りだくさん。
ラブコメシーンも追加で益々面白い。
終盤は一気に緊張感が増し、
弐号機VS最強の使徒ゼルエル。
ゼットンみたいなデザインが秀逸すぎて困る。
そしてトラウマの始まり。
初号機の覚醒、圧巻のラスト。

不朽の名作。
エヴァは語り尽くせない。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 39

せもぽぬめ(^^*

★★★★★ 4.8

σ(・・*)アタシ的ヱヴァ補完計画!! ( *゚ロ゚)<破 ⊂☆===≡≡≡)))☆

■新しいエヴァの世界へ(*^-^)
いきなりオープニングでやってくれました♪
劇場版らしい演出の中、新キャラのマリがいきなりの登場ですね♪
もうこの時点で((o(^∇^)o))新しいエヴァへの期待感が右肩上がりでした!!
そしてお待ちかねのアスカ登場♪
ヾ(゚0゚*)ノアレアレー??・・・「式波??」名前がちがいますけど。。。
疑問を抱きつつ、ここからパラレルワールドのような新しいエヴァの世界へ引きずり込まれるのでしたw
 
 
■総評
「序」ではヤシマ作戦までを描いていましたけど、「破」というだけあってTVシリーズのストーリーとはまったく違う方向へ向かっていきましたね♪
いちばん感じたのは人間関係がかなり違ってましたね、加持、アスカ、レイ、シンジの関係がかなり違うものになっていて、ちょっとびっくりするくらいです!
しかも呼び方も若干ちがうので、ちょっとした注目ポイントですね♪
 
でもちょっとだけ残念だったのが、尺の関係だと思うのですけど、その人間関係が急展開すぎて・・・・
∑('◇'*)エェッ!?そうなんだぁー!?って印象を受けてしまいます。
そういう点ではTVシリーズ化した新劇場版を是非観てみたいなっていう、わがままな欲望が生まれてしまいましたw
 
とにかく、新展開については観て感じていただきたいです♪
きっと・・・アスカーーーーー!!って叫びたくなるでしょうw
エヴァファンであれば必ず観るべき作品であることは間違いないですね♪
はやく次回作「Q」がお披露目になる事を期待して待つとしましょう(*^-^)
 
 
■お・ま・け
「序」に続き「破」でもミサトさんの( ̄▽ ̄)=3 プハァー が見れました♪
いつ見てもビールが飲みたくなっちゃいます♪
(  ̄ー ̄)/C□☆□D\( ̄ー ̄ )カンパーイ!
 
 
2011.08.22・第一の手記

投稿 : 2019/09/14
♥ : 34

◇fumi◆

★★★★★ 4.4

新時代エヴァついに始動!嬉しいような寂しいような・・・

2009年公開の劇場用アニメ 新エヴァ第2弾 108分

前作より10分伸びただけなのに大変な大作と感じました。
20世紀テレビ版とほとんど変わらないストーリーだった前作よりは相当新しいシーンが多い。

新キャラクター「マリ・イラストリアス」(坂本真綾)登場。
真ヒロインだった「アスカ・ラングレー」も今回初登場。

「序」もそうだったんですが、20世紀版と比べると日常ギャグパートが大きく削られて、
シリアスシーンが長時間続くという、観るのにパワーが必要な作品です。

「序」を超える壮絶かつ正確無比な作画、永久保存版にふさわしいんですが、
声優がもう無理なのではと思うシーンが。
決定版を作るにあたって、全員入れ替えるべきだったと思わざるを得ません。
まあ、それもすべて超展開の「Q」を見越してのことだとは思いますが。

どうも当初はエヴァンゲリオンの単なる直しを3本で作る予定だったらしく、
「序」のヒットで考え直して、庵野監督が自分では無理だと引っ込み、
鶴巻和哉監督や摩砂雪監督に任せる形になっていった模様です。
トップをねらえの経緯に近いのでしょうか?

一言でいえば、庵野監督の限界点だった20世紀エヴァを、
やや若手が手を加えまくって半分別物にした作品でしょうか。
破からQの流れはオールドファンにとってはどうなんでしょうか?
まだ分かりません。観てないのでw

庵野監督なら絶対にやらないようなシーンも後半に現れ、
新エヴァがついに姿を現した「新劇場版 破」
大変な力作のため見るのに覚悟が要りますが、解らない部分は少ないと思います。
解からないからこそのエヴァとは一味違う、新時代エヴァ。
ついに始まったな、という感じで次作視聴に進みたいと思います。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 25

66.6 3 sola-そら(TVアニメ動画)

2007年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (653)
3459人が棚に入れました
御池学園に通う高校一年生の森宮依人は友達とワイワイ遊ぶよりは一人で趣味に勤しむタイプ。そんな依人の趣味は「空」の写真を撮ること。
石月真名は活発な依人のクラスメイト。真名の妹、こよりは小学二年生。体調を崩し、海が見下ろせる丘の病院に入院している。この病院で、こよりは、依人の姉・蒼乃と知り合い、依人と真名はよく二人のお見舞いに来ていた。
その日も夜明けの空を撮ろうと、森公園に日の出前からやってきてカメラを構えていた依人は、不思議な少女・四方茉莉と出会う…。
依人と茉莉が出会い、少女達が出会ったとき全員の物語が動き始める。
ネタバレ

メルヘン◆エッヘン

★★★★☆ 4.0

哀切感と空の透明感、坂の町並みを舞台に繰り広げられる、悲しい物語

■残った印象はぬけるような透明感

『sola-そら』は、丁寧にシリーズ全体が構成された秀作ではないかと思います。

バトル要素があったことはすでに忘れていますが、今、残っているのは、叶わない愛を叶えようとした愛の物語という印象で、それがボクには響いたのではないかと感じます。ぬけるような透明感が鑑賞後に強く残っています。

■物語の展開

一話づつ、薄皮を一枚づつはがしていくように、背景や登場人物たちのの出自などがあきらかにされていくさまは、かなり高度なテクニックによって脚本が構成されていることを示しています。

■登場人物間の相互関係の作りこみは、{netabare}

物語に深みを与える旨味の基礎になっているようです。当初は、敵対関係がなぜなのかあきらかにされないし、単純な完全懲悪、二元論の世界でもなさそう。善悪で割り切れない相互関係が成立し、前に進もうと人物たちが動き出せば、そこにはかならず葛藤と軋轢が生まれます。

主人公の存在感の希薄さなども最後に説明がつくわけで、キャラが弱いという見方はボクにはできないです。それがこの世界の一部なのですから。
{/netabare}

■エンディングへの道

また、エンディングへと導かれる流れでは、隠されていた核心が見事なタイミングであきらかになります。それは、この作品のタイトル『sola-そら』が示すさまざまな暗喩であったり、登場人物たちの相互補完関係の必然であったり、行動原理の意味であったりするわけです。

その時点で、観る側はこの作品に少し打ちのめされた気分になり、物語に望む、作り手側の正しい裏切りにカタルシスを得るのです。

一部については、わざとらしい終わらせ方という印象をもつこともできるものの、すばらしいできというそれの方が強く残りましたし、小さな無理、齟齬がないわけではありませんが、それはそれとして、まだの方はぜひ一度、素直な視点で観てください。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 41

.

★★★★★ 4.4

良い意味で裏切られる作品その3か4ぐらい。

パッケージ絵からは全く想像も出来ない、まさかのバトルアニメなのです。当然の様に恋愛ストーリーを期待したのですが、良い意味で裏切られる作品でした。(あ、勿論恋愛もバッチリ有りなのでご心配なく!)


(ストーリーについて)
”空”が好きで、勉強そっちのけで空の写真を撮ることが趣味の高校生、森宮依人君が主人公。彼はある日明け方の公園でいつもの様に空の写真撮影をしています。そこで不思議な少女、四方茉莉さんと出会います。明け方の公園、時間は午前4時。どう考えても普通じゃないこの少女。彼女は森宮依人君の話す”空”の話に引かれ、そして”空”を見てみたいと願うのです・・・。あれ?空って普通に見れる物じゃないのかな?? この少女、一体誰なの??

空を見たいと願う少女、四方茉莉さん。そして空が大好きな森宮依人君が紡ぐ切なく儚い恋愛ストーリー・・・。依人君は茉莉さんの正体を知りながらも、彼女に本物の”空”を見せてあげたいと願うのです。
そんな2人の前に茉莉さんを執拗に付け狙う謎の男が登場。どうやら彼女の正体に関係して、深い因縁をもっている様子。果たして依人君の望みは、そして茉莉さんの願いは叶うのでしょうか?


(作品について)
お話の舞台は長崎です。眼鏡橋や実在の建物がモチーフに使われ、長崎を訪れたことがある方なら思わずニヤリとしてしまう筈。キャラクター原案は七尾奈留さん。彼女のキャラクターが大好きなワタクシは、この時点で既に☆×4評価....異論ウケツケマセン。原案はKanonで有名な久弥直樹さん。非常に良く練られたストーリだと思います。声優さんはヒロインの四方茉莉さん役に能登麻美子さん。いつも明るい不思議少女役を好演しています。そしてもう一人のヒロインで、主人公の森宮依人君のお姉さんである森宮蒼乃さん役に中原麻衣さん。AngelBeats!の天使ちゃんを彷彿させる(いや、こっちの作品の方が遥かに古いんですが)ぽつりぽつり喋りキャラが実にハマっています。主人公のクラスメイトの妹で石月こよりちゃん役の清水愛さんも実に名演技。化物語で言う八九寺真宵さんの雰囲気と言えば解って貰えますかね? 他にもともかく個性的な声優さんが多く、すごく豪華な印象! 音楽は全部の曲が良いですね。作品に非常にマッチしています。だけどあえて上げるなら、OP曲では「colorless wind」(結城アイラさん)、ED曲の「mellow melody」(Ceuiさん)がお勧め。特に「mellow melody」は何度も聞くほど味の出る、ひじょ~に味のある神曲。ともかくお勧め!


(私の感想だよ)
先ず感じるのは登場する女性キャラ全員が個性的で可愛いと思いました。ヒロインの皆さんは勿論の事、クラスメイトの女子までもが個性的であり、とてもキャラクタが立っていると思います。なので、お気に入りの女の子を見つけられると、より作品に深く入り込むことが出来るかと思います。

お話は4話までは正直少しダルいです。但し5話から徐々に盛り上がりを見せますので、5話まで観られた上で視聴を止めるか判断される事をお勧めします。5話の内容で面白く無いと感じるのなら、多分その先を観てもやっぱり面白く無いかも・・・。(残念ですが) そしてお話は10話からは急展開。恐らく誰も予想できなかったであろう衝撃の事実が判明し、一気に最終話まで駆け込みます。

バトルシーンは圧巻です。特にR.O.Dよろしく紙を武器に使ったバトルは素晴らしい! 流星のように降り注ぐ紙の刃、そして剣への変化。一瞬で形作られ、そして崩れていく様相の変化。七尾キャラの可愛さと相まって、素直に美しい、カッコ良いと思える描写でした。


悲しい運命を背負ったメインヒロインである四方茉莉さん。彼女はいつも一人でした。ずっとずっと長い間一人でした。そんな彼女が始めた触れた人の温もり・・・。彼女は人の温もりの心地よさを知り、そしてそれを求めた。ただ人の温かさが欲しかった・・・。ただそれだけの事なのに、その事は思いも寄らない悲劇を生んでしまいました。
彼女は狙われ、そして恨まれる存在。でも彼女は自分の命を狙う存在に対してまでも思いやりを忘れなかった。そして最後まで優しかった・・・。
彼女の優しさがどうか全ての人に届きますように。そう思った私にとって、ラストは納得がいく終わり方だった様に思います。しっかりと彼女の思いが伝わった様に思えたからです。


人に優しさを伝えた四方茉莉さん。果たして彼女自身は幸せだったのかな・・・。 ううん!きっと幸せだよね! だって2人はこれからもいつも一緒だもの・・・・。






投稿 : 2019/09/14
♥ : 37
ネタバレ

ワタ

★★★★★ 4.2

過去と現在を結ぶ、幻想的で切ないストーリー

久弥直樹×七尾奈留によるエロゲ界で有名なライター&絵師によるオリジナルアニメ。
それなりに話題性は見込めたはずですが、やはり宣伝量が足りなかったかなあ。
同時期放送にグレンラガン、電脳コイル、DTB黒の契約者、らきすた、なのはStrikerS、などなど
そうそうたるラインナップの中に埋もれてしまったのも大きい。何かと不遇な作品です。

内容に関しても序盤の引き込みが弱かったのが痛い。
思わせぶりな描写ばかりでストーリーが進展せず、退屈感は否めません。
しかし5~6話辺りから、なかなかの盛り上がりを見せてくれます。
バトルシーンが蛇足という意見が多いですが、個人的には全然アリ。
作画もよく動くし、周囲の壁や柱を駆使した戦術など無駄に凝ってますw

「依人が茉莉に本物の青い空を見せる」ことがメインテーマではありますが
最後まで見ると依人の姉・蒼乃の救済の物語、という印象が強いですね。
もっと言ってしまうと、蒼乃が主人公兼ヒロインですw 中原麻衣の演技も絶品。
普段は無口で無感情な蒼乃が抑えていた感情を爆発させるシーンにゾクゾクさせられました。

敢えて描写を省くことで、視聴者に脳内補完させる作りになってるのが本作の特徴。
これは本作の美点であり、同時に欠点にもなっています。
キャラの心情や設定など必要以上に語り過ぎると安っぽくなってしまいますが
必要最低限の描写がなければ説得力に欠けるし、モヤモヤ感も残ってしまう。
エピローグが特に顕著。釈然としない人、綺麗に纏まったと感じる人に分かれるでしょう。

個人的にエピローグの存在は嬉しかったですね。
この作品、「折り紙」や「トマトしるこ」などの小道具の使い方が秀逸で
そういった小道具を見事に活かしたエピローグは、非常に切ない余韻が残るもので良かったです。
{netabare}ラストカットの、2つ並んだトマトしるこの缶。ベタですがこれは反則級の演出( ;∀;){/netabare}

OP/EDも素晴らしい。過去と現在を結ぶ、幻想的で切ないストーリーを引き立てています。
1話OPと最終話EDは特別仕様。冒頭とラストに相応しい雰囲気を与える心憎い演出です。

シナリオの完成度よりも、どちらかと言えば雰囲気重視。
傑作とまでは言えないけど、個人的にかなり好きな作品です。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 49

63.5 4 デスビリヤード(アニメ映画)

2013年3月2日
★★★★☆ 3.7 (214)
1010人が棚に入れました
「ここがどこなのか、という問いにはお答えできません」
「これよりお二人にはゲームをして頂きます」
「ゲームは命をかけて行なって頂きます」
「そして、ゲームが終わるまで当店から出ることはできません」
強制的にルールを課せられた男二人。
やがて剥き出しになっていく人間の本性。
デスゲームの果てに待ち受けるものは?

声優・キャラクター
前野智昭、中村悠一、筈見純、瀬戸麻沙美

maruo

★★★★★ 4.1

この世で一番怖いものを描いた A+

経験済みのことや、想像できることから沸き起こる恐怖心をはるかに越えたものがあるとすれば、それは「未知への恐怖心」ではないでしょうか。

このビリヤードで勝敗が決した後に何が起こるのかは、主人公達には全く明らかにされていません。そのような状況下では、否が応でも緊迫感を高めることになります。

そして、我々視聴者にとっては、その緊迫感は楽むべきものに、未知への恐怖心は好奇心へと転化されます。主人公達があがけばあがく程、我々の期待は高まるという、少し悪趣味な楽しみ方をする作品ですね。

また、この作品では、未知への恐怖に対峙した人間の姿が対極的に描かれています。同じような状況になったら、自分はどちらになるのだろうかという視点で見ても良いでしょうし、1度目と2度目で視点を変えて見るのも良いかも知れません。

25分という短い時間に綺麗に纏め上げられた作品です。見ていて納得できないところも出て来ると思いますが、それは、このような境遇に陥った主人公達の心情そのものなのではないでしょうか。


追記:
この作品はネタバレのラインが非常に難しいです。核心には触れていないつもりですが、「ネタバレじゃない?」と思ったら気軽にメッセに書き込んで下さい。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 34

けみかけ

★★★★★ 4.6

チクショウw何を言ってもネタバレじゃねぇかw

ハッキリと今年のアニメミライは失敗だったんじゃないかと思います
大手制作会社や著名なスタッフが実制作に介入し過ぎたと各所で騒がれたのは言うまでも無く、オイラ個人としてはヲタ向けに振り切った作品ばかりで子供と一緒に観れるようなファミリー向けな作品が皆無だったのが残念でなりませんでした
多くの人へアニメミライというプロジェクトへの理解を深めてもらうために、ヲタ向けの作品ばかりに偏るのはちょっと違うじゃないかと思うからです


そんな中でも今作、『デスビリヤード』はシリアスな内容ながらも普段アニメに親しみの無い方でも楽しめるような受け口の広い「大人向け短編映画」と呼べる作品に仕上がっております
今年度のアニメミライ最高傑作に相応しいでしょう


エレベーターを降りると知らない間に見覚えのないバー『クインデキム』へ来てしまっていた腰の曲がったヨボヨボの老人
カウンターには一人の若い優男
バーテンダーは二人に“命をかけて”ゲームをしてもらうと告げる
ゲームが終わるまで店からは出られない
ゲームの内容がビリヤードに決まる、命をかけた勝負の行方は如何に・・・?


往年の名画『ハスラー』に福本伸行『カイジ』をプラスしたような作品です
正直、何を言ってもネタバレになるため内容を深くお伝えできないのが残念ですw


丁寧な作画
中村悠一の熱演
前野智昭の怪演
しっとりと、しかしジワジワ来る音楽
時折入るギャグ?w
全てが緊迫した空気感を生み出す要素へと繋がっている短いながらにも丁寧に作り込まれた作品です
最後までドキドキしながら楽しめること間違いないでしょう^^b


“命をかけて”の言葉に炙り出される人間の本性
短編アニメがお好きな方はこの作品を観ない手は無い
濃厚な25分間、是非ご堪能あれ!

投稿 : 2019/09/14
♥ : 31
ネタバレ

ninin

★★★★★ 4.1

アニメミライ2013の作品 その3

約25分。全1話

エレベーターで上がると大きな社交場wような不思議な閉鎖した空間で、おじいさんとサラリーマン風の若い男が命をかけた、まさしくビリヤードおこなうお話です。

どちらかというと会話劇ですね。必死さがよく表れていました。

ある{netabare}入れ歯が飛び出す{/netabare}シーンが、妙にリアルすぎましたねw

落ちも良かったです^^

最後に、{netabare}おじいさん{/netabare}色々な意味で凄すぎですねw

投稿 : 2019/09/14
♥ : 23

58.5 5 L/R -Licensed by Royal-エルアール・ライセンスドバイロイアル(TVアニメ動画)

2003年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (18)
101人が棚に入れました
舞台はイングランドに隣接する島国・王立国家イシュタル国。この国では、国中で起こる様々な事件を未然に解決する為に、王室近衛隊からライセンスを与えられた私設エージェンシーが数多く存在する。
その中でも確実に任務をこなし、王室からの信頼も非常に厚い王室エージェンシー・CLOUD7。その中のメンバー、ロウ・リッケンヴァッカーとジャック・ヘフナー。通称「L/R」と呼ばれる2人の凄腕エージェント。彼らは王室から発注された任務『IMPOSSIBLE MISSION』を様々な特殊装備と頭脳的且つ大胆なアクションでこなしていく。

1061000you

★★★★☆ 3.3

悪くないと思う

かなり前の作品で、いろいろ時代を感じますが、
スタイリッシュというか、大人を意識したアニメなのでしょうか。

全13話なので、登場人物それぞれについて
それほど深くは描かれていませんでしたが、

その辺+それぞれの関係性まで掘り下げたモノを
みたい気がする作品でした。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 1

65.7 6 マジンガーZ対暗黒大将軍(アニメ映画)

1974年7月25日
★★★★☆ 3.7 (12)
40人が棚に入れました
永井豪原作のヒーローが競演するマジンガーシリーズ劇場オリジナル作品第2弾。今作のもう一方のヒーローはグレートマジンガーだが、この映画は同名のTVシリーズより1ヶ月以上も先駆けて公開されている。暗黒大将軍の命令によって、海底基地のゴーゴン大公が地球の中心都市に攻撃を仕掛けてきた。ニューヨーク、パリ、ロンドン、モスクワなど、大都市が次々と壊滅的な打撃を受けるなか、マジンガーZは東京を守るべく出撃していく。だが、超合金Zをも破壊する強敵には歯が立たず…。

柴犬→柴猫

★★★★★ 4.1

破壊の美学、そしてニューヒーロー見参!

【視聴メモ】
1974年の『東映まんがまつり』の一作。
前年の『マジンガーZ対デビルマン』ではジェットスクランダーを放送中のTV版に先駆けて登場させ、
子供たちを歓喜させたが、今回はそれどころではなかった。
何と最終回を先に見せたのだ。
しかし『マジンガーZ対暗黒大将軍』。
このタイトルからこんな内容を想像していた子供はいなかっただろう。
途中まではいつも通り。
ピンチになっても最後は勝つ。
だが、不利な条件の重なった戦いではあっという間に大ピンチ。
というかもうボロボロ。
無敵のヒーローという地位を確立していたロボの無残な姿に映画館で見ていた私も放心状態。
ついにとどめの一撃。
「もうダメだ!見てられない!」と目を覆った瞬間に現れるグレートマジンガー!
そして流れる主題歌!
圧倒的な強さ!
固唾を呑んで見守っていた子供たちはこの瞬間、ニューヒーローに心を奪われた。
完璧なる主役交代。
70年代のロボアニメ映画の金字塔だ。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 4

kuroko85

★★★★☆ 3.9

東映マンガ祭

子供の頃おせわになったというか、
恋い焦がれましたよ(笑)

あの暗黒大将軍を筆頭とする
機械の中のどこかに悪人の顔が
あるビジュアルに惹かれました。
そしてボロボロになりながらも
立ち上がるマジンガーZ、その限界に
達した時に表れるグレート!
グレートの圧倒的な強さの中、
満身創痍で戦い続けるマジンガー。

子供の頃、グレートを初めて見ただけで
兄弟機でありながら
完全なバージョンアップだと分かりました。
あのビジュアルって、斬新でした。
あざと(奇抜)過ぎず、
原作を大切にしながら
しっかりと改良されていて、、
永井先生って、当時の子供が望むものが分かっていた
かのようでした。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 2

計測不能 7 カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編(TVアニメ動画)

2016年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (5)
32人が棚に入れました
ヴァンガード普及協会が主催した一大イベント、「ジェネレーションクエスト」。
クロノ、シオン、トコハたちチームトライスリーは、数々の試練を乗り越えつつ見事優勝を果たした!

一方ジェネレーションクエストを利用して《ギアクロニクル》十二支刻獣のユニットが着々と地球上に召喚。
その全てが明神リューズの下に揃った時、リューズの恐るべき野望が実現する!

愛すべきユニットたちとの絆を守るため、その野望を阻止しようとする伊吹コウジとクロノたちの前に、
リューズの理念と野望に賛同する謎の集団、カンパニーが立ちはだかる!

声優・キャラクター
石井マーク、榎木淳弥、新田恵海、宮野真守、愛美、工藤晴香、佐藤拓也、神原大地、阿部敦、森久保祥太郎、奈良徹
ネタバレ

yuugetu

★★★★★ 4.5

繋がり回る無数の歯車

ヴァンガードGシリーズ第3期。24話、第2期から通算で全50話。

第1期で感じた「子どもの世界と大人の世界、世代間の関係性」は、クロノ達が大人の世界に踏み込んで、次第に大人と肩を並べる関係に。覚悟と責任が問われる、時に理不尽な大人の世界に踏み込んだことが明確に描かれます。

さらに第2期の「”個”と”繋がり”」というテーマからも踏み込んで物語は展開しています。

【全体の総括】
罪や過去と対峙し、それを受け入れて未来に繋ぐこと。
個々の想いを繋いで皆で希望のある未来を創っていくこと。
この二つのテーマが「歯車」と「犠牲」というキーワードと共に綺麗に繋がっていたのが素晴らしかったです。
{netabare}
3期はギアクロニクルを中心に物語が進みます。
ED2の演出で各キャラクターをあしらった歯車が繋がって噛み合って回っているのが象徴的でした。

「犠牲」もキーワードだと思います。誰しもが何かの犠牲の上に生きていて、それをまっすぐに受け入れられるかどうか。
犠牲を強要するのは以ての外だけど、”自己犠牲”と”死者の想いを継承すること”はどう違うのか、とか色々考えてしまいました。

クロノ・ドランのために命を削るライブの行為や、ドラン覚醒のためにリューズに命懸けで挑んだ伊吹の行動は自己犠牲と呼ぶべきなのか、とか…。
私がそれを自己犠牲と感じなかったのは、二人の想いや力を受け継ぎさらに伝えていく誰かがいるからだと思います。
特に伊吹については2期から描写が増えていて、ライブから受け取ったものをクロノに伝える立場です。さらにラストでは普及協会の本部長となり、サトルの今後を案じてもいる。これからも人と繋がり誰かを見守っていくことになるのでしょう。

自分のミスで誰かが傷つくという経験を真摯に受け止め次の行動に移る覚悟が、クロノ達トライスリーや伊吹を成長させ、精神的にも大人にしていきました。

カンパニーの面々の中では江西サトルは特に対比的かも知れません。
サトルは友人の犠牲の上に生き延びたと思い込み、リューズと同じく他者と断絶し、自分の過去を受け止められないでいる。
サトルは自分が生き残った意味をこれから自分で作り上げていくしかないのですが、その時にきっと伊吹やルーナ、アムが繋がっていてくれるだろうと思えました。サトルが自分を許す物語も見たいな。第4期再登場するので楽しみです。{/netabare}


【リューズについて】
{netabare}この作品はコミュニケーションをとても大切にしていますね。それこそ第1期から。
その点でクロノとリューズの描写が正反対なのも良かったです。

クロノは安易に誰かの心がわかるとは言いません。自分のことさえもわからない部分があると良く知っている。
ありきたりな言い方だけど、「自分が変われば世界が変わる」を体現してきたのがクロノなんですよね。
自分を変えるには誰かと繋がりを持たねばならず、他者との関係性を取り持ったのがクロノにとってはヴァンガードでした。だから仲間や家族に対して常に言葉を尽くすし、周りの人たちと支え合って生きているとこれまでの経験からちゃんと理解している。

リューズにとっても最初はヴァンガードは誰かと解り合うためのものだったけれど、いつしか相互理解を諦めてしまいました。言葉を尽くすことが無いから、ライブとの間にさえ溝が生まれた。
リューズには繋がりを持つ相手がおらず、想いを受け継いでくれる誰かがいません。だから死を前にしてクローン体を用意しなければならなくなった。あどけない少年の姿と絶望した大人の精神のアンバランスさは、ベタだけど実に効果的に明神リューズというキャラクターを印象付けています。

リューズの描写のために、宮沢賢治の書籍を登場させたのもとても良かったです。
『銀河鉄道の夜』はリューズの高い理想を端的に表現していますし、どこかで「リューズが子どもの頃に仲良くしていた男の子がカムパネルラ」という意見を見て、なるほどなと。
『なめとこ山の熊』も象徴的。リューズ自身が人間社会に翻弄された一面があり、自分が命を捨ててでも実現しようとするものを誰かに理解してほしいという欲求も感じさせる。

リューズについては悲しい面だけでは終わらないのが本当に良かったです。
リューズは自分が未来を諦めていることを心のどこかでわかっていながら、児童福祉施設を作っていました。辛かった子ども時代に向き合った(無意識かも知れないですが)ことによって、リューズは誰かと繋がり、自身の想いを伝えていたということなのだと思います。そして、そのことが最後にはリューズ自身をも救うことになる。
児童福祉施設の描写は一時施設で暮らしていたクロノがリューズに親近感を抱くように演出したのだと思うけど、こういう形で再登場するとは思わなかった。隅々まで行き届いていて素晴らしかったと思います。{/netabare}


【雑感】
{netabare}ED1がまたほのぼのしてて可愛い。ていうかこのアニメほのぼのを超大事にしてる感じ。
ED2も1期からのストーリーを追っていて素晴らしいです。
天野心愛さん本当に上手な子役さん。ウラハラのみさちゃんの人かあ…凄いなあ。初登場の時と最終回とでは少し演技が違っていて良いですね。
アイキャッチも好き。小さなシーンやカットにも愛を感じる。

最終話のEDの絵が本当に可愛くて格好良くて楽しくて、凄く良かった。それぞれのクランに興味が湧きますねこれ。…ところで伊吹さん、それお好み焼きだったんだねw{/netabare}

最後まで優しく温かくコミカルに纏められていて、本当に良い作品。
いつになるかわからないけど、続きも楽しみです。


【各話メモ】
{netabare}27話「突入!リューズ・ラボ」明神の本拠地に乗り込む。クロノ・ドランと出会う夢を見るクロノ。カンパニーの大義「ギアクロニクルの十二支刻獣と契約の証12枚のディペンドカードが揃った時、ストライドゲートが開く。理性と知性で成り立つ完全なる世界を作りたい」実体化したユニットたちは転送され別の場所へ。クロノと伊吹の目の前でリューズはこと切れる。

28話「明神リューズ」クロノ達は3年生に進学し、皆同じクラスに。ラミラビとは連絡が取れない。東雲の行方を自分の伝手で調べ始めるシオン。不良のリーダー良いキャラなんだからせめて名前をください…。クローン体に意識を移したリューズと出会うクロノ。父が生きていると告げられる。

29話「守山ヒロキ」伊吹を問い詰めるクロノ。ユナサン支部に現れるヒロキとエース。タイヨウとヒロキがファイト。エースによりディペンドカードでユナサン支部は半壊してしまう。

30話「神崎との再会」ディペンドカードの情報を得るため神崎に会いに山に入るクロノとタイヨウ。色々付き合わされてるのが和むw神崎は何年も前にリューズがユニットを実体化したのを目にしていた。神崎はユナサン支部でクロノと戦った時のことを指摘。伊吹とシオンの前に現れた東雲は不吉な言葉を残して去る。伊吹への罰ってなんだろう。
「ユニットの声を聞く」タイヨウへの言葉など聞いていると、神崎の本質は探求者なのでしょうね。ユナサンにまだ神崎を気に掛けている人がいる理由がわかる。お礼をして去る二人。クロノを眩しく見る神崎。この作品は敵対したキャラクターへのその後の気遣いが素晴らしいなといつも思う。

31話「タイヨウVSヒロキ」自分と周りの人を信じることがタイヨウの強さ。クロノが完全に先輩。アムのためにカンパニーに協力することを選ぶルーナ。ミクルが父親が生きていたことを知っているとわかり、家を飛び出すクロノ。

32話「ドラエン支部崩壊」リューズと行動を共にするクロノ。リューズの児童福祉施設はクロノと親密度を上げるためかな?子どもっぽい行動と大人の思考で煙に巻かれてる感。クロノは特異点であり、最初にクレイとこの世界を繋いだのはクロノ。ドラエン支部で臨時支部長会議が開催中にカンパニー襲撃。マモルに敗北するサトル。ルーナがユニットを実体化させてドラエン支部を破壊してしまう。ピースメイカーの覚醒。犠牲を出してでも理想の世界を実現するのか。リューズ「私は皆に笑顔でいて欲しいだけなんだ」

33話「不機嫌な見舞客」ルーナは自我を失い目覚めない。トコハを守ってけがをしたマモルが入院している所へ、羽島リン来訪。リンとのファイトで吹っ切るトコハ。落ち込む伊吹に発破かけるカムイ。ドラエン支部の惨状を目の当たりにしたクロノは、リューズにファイトを挑む。

34話「クロノの記憶」リューズとのファイトで記憶を蘇らせるクロノ。クレイとの道を作った時にクロノは特異点になった。リューズはクレイを犠牲に地球に平和をもたらそうとしたため、ライブは決別した。

35話「ディペンドカード覚醒」リューズはクロノを連れ去る。「幸い」という言葉は銀河鉄道の夜からかな?アンタレスって企業名とかも。クロノを追う伊吹達は東雲達に襲われる。クロノを説得しようとするリューズだが、クロノはもう決断している。「ヴァンガードの意味をお前が決めるな」ディペンドカードが奪われてしまう。

36話「歌姫の三重奏(トライアングル)」ドラエン支部でのイベント。息抜き回。さあや再登場。ラミラビは「ステージでは素直に自分を出せる」っていう描写があったと思うけど、この回の3人は観客を喜ばせるのを第一にしているという印象ですね。

37話「三人で、再び」ハイメになぜか南の島へ連れていかれるクロノ達。カンパニーとの戦いに備えて特訓。ギアクロニクルの何体かのカードが白くなってしまっている。クロノジェットを使えないのでデッキを組み直すクロノ。砂浜にファイト台って立てられるんだろうか…。山登りしながら決意を新たにする3人。将来の目標もきちんと考えてる。海外留学すると言うトコハのバイタリティに誰も驚かない所が解り合ってる感じするわ。

38話「ライブとリューズ」「なめとこ山の熊」の絵本がリューズの手元に。父親のことに素直に向き合おうとするクロノ。シンが若い時に会ったリューズの話も。リューズの子ども時代はあまり良いものではなかった様子。リューズとライブの過去。

39話「約束」櫂の調べで衛星軌道上に十二支刻獣があることがわかる。お好み焼きの演出すごい好きw伊吹とクロノ、お互いに頭を下げられるようになっているのが良い。二人とも大きな失敗をしたことで自分の力不足を自覚し、結果的に腹を割って話せるようになっている。クロノの敗北だけど、その素直さが成長した証。コーヒーがブラック無糖なのも意図的なのかな?EDが変わりました。キャラの歯車がかみ合って回る演出好き。

40話「激闘!トリニティドラゴン」ドラエン支部のあたりで若水がストライドフォースを集めるために行動している。若水VSカル、若水VSツネトは若水の勝利、ケイが勝利。なかなか意外な対戦カード。

41話「江西VSアム」ルーナを助けるためにカンパニーを裏切るアム。サトルの過去。騎馬ホールディングスを奪い取った東雲。

42話「東雲の愉悦」若水VS東雲。東雲が勝利し、システムにわずかに手を加える東雲。アムはトライスリーに助けを求めるがシオンは当然突っぱね、トコハが受け入れる。

43話「完全なる未来」冒頭シーンのBGMドヴォルザークの「家路」だね。アムの情報で計画の最終段階がわかる。リューズがクロノに接触し、ストライドゲート開放、ストライドジェネレーションにより望む世界を見せられる。全ての人が眠る。5人は因縁により「最後の審判」へ。伊吹だけがいない。

44話「審判の刻」東雲の細工のせいで伊吹は眠らず、先行してリューズの元へ。タイヨウVSヒロキ。タイヨウがヒロキに伝えたのは、挫折や敗北も自分の力になり未来に繋がること。世界の一部が正常に戻る。

45話「機械仕掛けの神」背負った使命は伊吹が自分を縛る鎖。だけど、自分の思惑を超え続けるクロノを見守ってきたことがそれを解きつつある。将来見たい光景があるということが過去を乗り越える一歩。リューズの言葉「運命の歯車」歯車はいくつもが噛み合って回る。伊吹は敗北したけど、クロノ・ドランが覚醒してクロノの元へ。クロノジェットが復活する。

46話「光輝の剣」シオンVS東雲。割とまともなキャラが多い本作で東雲が出てくると正直ちょっと…しんどいぃぃ…。その分東雲の過去や背景が気になる気もする。シオンの結論もタイヨウに近い感じ。ラスト…このアニメたまに衝撃の展開しますよねw

47話「本当の気持ち」トコハVSサトル、アムVSルーナ。トコハもサトルもアムとルーナのためを思って行動している(と言ってる)けど、サトルの行動はやっぱり違うよね…。サトルは敗北し、自分の弱さと亡くなった友達の心に向き合う。トコハは一度二人の気持ちを優先したことで後悔し、自分の気持ちに向き合い整理をつけている。その点で勝負は着いたようなもので、サトルはやっぱり勝てませんよね。

48話「クロノVSリューズ」二人とも命を懸けると宣言する。自己犠牲が自己満足ではないと何故言えるのか。他人と完全に解り合う手段が無い以上それを証明する術はなくて、結局その思いを受け取ってくれる誰かがいるかどうかだと思う。リューズの気持ちが理解しやすく描写されているのがこのアニメの本当に良い所。

49話「イメージを超えた未来」誰もがお互いの気持ちを完全に理解しあうことは出来ない。「個」と「繋がり」の在り方…ギアースクライシス編で感じたものがここに繋がった感じ。まあ実質一つの物語だから当たり前なのだけど。陳腐な言葉だけど「自分が変われば世界は変わる」をクロノは体現してきているのが感慨深い。久々のクロノのストライドジェネレーションバンク良いなあ。イメージ=未来の可能性。完全な未来を最後の希望と思って欲しているのはリューズで、自分が未来を諦めているのをわかっている。
半壊したユナサン支部(かな?)の前にいるレンがちょっと気の毒…;;

50話「NEXT STAGE」ファイトの最後クロノジェット・ドラゴンがクロノファング・タイガーを撃破する。同じ10年の歳月を経たユニットだけど、クロノ・ドランはクロノジェットに成長していて、クロノファング・タイガーはリューズに出会った頃のまま。これも意図的な演出なんだろうか。
リューズもまた新しい命として、失われた年月を取り戻す機会が与えられる。「戻ることは許されない」リューズは自分が自分を許せないだけで、周りの皆がリューズの新しい未来を望む。伊吹が自身と同じような境遇にあるサトルを激励するのがとても良かった。リューズの孤児院がここに繋がるとは思わなかった。そしてクロノの筆記試験でオチがw{/netabare}
(2019.3.5)

投稿 : 2019/09/14
♥ : 2

計測不能 8 バイオレンスジャック/地獄街編(OVA)

1988年1月1日
★★★★☆ 3.1 (7)
30人が棚に入れました
漫画家・永井豪の代表作でもある『バイオレンスジャック』。本OVAは、原作漫画版の新章というべき80~90年代の「漫画ゴラク」連載版の一編を元にしており、同じ永井豪の『ゴッドマジンガー』のネタが観られる。成人指定の作品ゆえ、暴力描写も激しい。 関東を瞬時に荒廃させた大地震。地獄のような無法状態と化す中で人々は必死に生きていた。新宿の地下街で生き延びていた人々はA~Cの3グループに分派。A地区は男性、B地区が無法者、そしてC地区が女性を中心にしていた。ある時、A地区でガレキの中から謎の大男ジャックが出現。B地区のボス・マッドザウルスはジャックに興味を抱き、三地区合同のフリーマーケットを開催して人々を集める。そこでジャックに対しC地区の代表アイラは、A地区の男がかつて女性たちを蹂躙した事実を告げ、自分たちの味方になるよう懇願。だがB地区がA地区とC地区にキバを剥き……。 本作の実制作はStudio88が担当したが、作画協力として『聖戦士ダンバイン』などのビーボォーも名を連ねている。
ネタバレ

Dkn

★★★★☆ 3.7

理性を無くした動物の群れ

はーい! すごく汚い言葉をいっぱい使うから
良い子もお兄ちゃんもお姉ちゃんも帰った帰った~!

↓【マジでエログロ耐性ない人は見ないでね☆】
{netabare}
基本はレイプと殺戮です。

レイプ→殺す→レイプ→殺す→レイプレイプレイプ
って感じにストーリーが構成されてますw

パッケージにもでてますが、ゴッドマジンガーのアイラ・ムーのそっくりさん
アイラ武藤がメインヒロイン的な扱い。

北斗の拳の世紀末ってなんだっけ?ってくらい、人としての倫理観なんてお母ちゃんの股に置いてきたわ糞が
・・と、食らって殺してSEXします。なんだろ・・ショッキングとかじゃなく、(ノ∀`)アチャーって感じ。
レイプシーンに至ってはエロさというより悲惨さが勝ってしまい、もうちょっと艶っぽく
細かに描いても良かったかなー?とは思ってますけど、趣旨と違うのでいいでしょうw

OVAとしては4作出ていますが、ジャックの声優は違います。
石塚運昇さんは2作声を当ててらっしゃいますね。この地獄街編では小林清志さんが声を当てています。
原作からジャックは人格変わったり方向性が変わったりするのですが、そこは原作見ていただくしか無い。

荒れた街に住む人々は、一欠片のハムで殺し合いをします。ゴキブリの足を毟って喰ったりで大変。
カニバリってるシーンでは、亡き恋人(腰にペニスバンド付けてる女)を食らって人外になるマッドザウルス。

このマッドザウルスと(cv青野武)ジャック(cv小林清志)の対決が燃えました。
『貴様のような地獄のケダモノの 住むべき世界ではない!!』
モノトーンで背景動画ヌルヌルの、爪とナイフの刹那の切り結び。
まるで永井豪の絵がそのまま動いてる様な臨場感に大興奮。
その後は赤と黒の2色だけで作画がされ、人外をとっくに超えてる2人は、
ついには赤の主線だけで表現される。その死闘具合が伺えます。

戦闘後の余韻や、地上に出ることが出来た人々が見た、
壊滅し廃墟と化した東京の描写も結構心に残るものでした。
{/netabare}

オススメなんか一切しませんが、永井豪の世界観を、板野一郎はじめ素晴らしいクオリティーであげてくれた
この『バイオレンスジャック 地獄街編』は、80年代OVA作品の中でも印象に残ってる気がします。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 10

72.5 10 蟲師 続章(TVアニメ動画)

2014年春アニメ
★★★★☆ 4.0 (672)
3700人が棚に入れました
およそ遠しとされしもの──下等で奇怪、見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしきモノ達。それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、いつしか総じて“蟲"と呼んだ。時に蟲はヒトに妖しき現象をもたらし、そしてヒトは初めてその幽玄なる存在を知る。ヒトと蟲との世を繋ぐ者──それが“蟲師"。すべての生命は、他を脅かすために在るのではない。みな、ただそれぞれが、在るように在るだけ──。

声優・キャラクター
中野裕斗、土井美加

ninin

★★★★★ 4.4

蟲師は蟲師

分割2クール、2クール目は秋に放送予定

原作未読 全10話 + 蟲語(むしがたり、スタッフによる座談会)全2話(6.5話×2回・10.5話)

蟲という普通の人には見えないが生命を根幹をなす生き物に、人々が干渉することにより様々な出来事が起こります。
その地域、地域での蟲とのかかわりあいを、蟲師と呼ばれる蟲についての生業としているギンコを通じて描いています。

きめ細やかな背景の描写と作画、そこに流れてくる素敵なBGM、怖くも美しい蟲の描写、蟲師の世界が帰ってきました!

1期と同様、いえそれ以上に作画や音に圧倒されましたね。

ギンコが旅の中の蟲に関するお話で、1話完結なので観やすいです。

全話印象深いお話ですが、その中でも6話の「花惑い」は非常に印象深かったですね。

全てがハッピーエンドには終わりません。人間の欲深さや醜い部分も出てきます。

でも観終わった後は嫌な気持ちにはなれません。作画、演出、内容がそうさせるのかも知れませんね。

2期から観ることも出来ますが、1期から観るとギンコの生い立ちから仲間との出会いなども描かれていますので、お時間があれば是非観てくださいね。
オススメです。

OP・EDともに蟲師の世界に引き込まれますね。

最後に、6.5話が2回もあって違う話なのかと思いましたが、同じでしたw あれだけのクオリティを保つように頑張っている制作現場は大変なのでしょうね。

8月にある特別編「棘の道」と2クール目楽しみですね~

投稿 : 2019/09/14
♥ : 44

PPN

★★★★☆ 4.0

雰囲気漂う伝奇もの( - . ¦¦¦ )y-~~

名作、良作の呼び声高い伝奇もの作品。
分割2クール、全20話。


前作から約10年を経ての続編となるようです。
今回、時間の都合で前作は未視聴でしたが
前作からの繋がりを気にする事もなく視聴できました。

物語の概要は至ってシンプル。
「蟲師」である主人公・ギンコが「蟲」と
対峙していくというもの。

見慣れぬ「蟲」や全体的に暗い配色、音楽など
一見、不気味な雰囲気が漂うアニメですが
そこはこの作品の世界観を盛り上げる要因。
丁寧な作画も特徴の1つですね。

ギンコ役の中野裕斗、ナレーションの土井美加も
いい味を出してくれています(・∀・)v

心温まる話から不思議な結末を迎える話まで
各話充実したお話が揃っていました。
どの話も1話完結で構成されているものの
観ている人を引き込む力を持った仕上がりは秀逸。


まだ観てない方にはオススメしたい作品ですが
「蟲」の映像がダメって方もいるかも(;´∀`)
数話観て判断して頂ければとw

元来、人の持つ心の闇や恐怖などを「蟲」という存在と
独特の世界観で表現した見事な作品だと思います。




《キャスト》
ギンコ(中野裕斗)
ナレーション:土井美加



《主題歌》
OP
『SHIVER』/ Lucy Rose

投稿 : 2019/09/14
♥ : 50

てけ

★★★★★ 4.6

やっぱり蟲師、8年経っても大丈夫!

原作未読。

見る人を不思議ワールドに吸い込む「蟲師」が帰ってきた!

1期の放送は2005年~2006年。
8年以上という長い空白がありながら、クオリティは健在です。

安定感がものすごいです。
1話完結なのですが、どの話から見てもすいすい入れます。
そして、時間を引き延ばせば、そのまま映画にできるようなレベルの高さです。

シナリオだけではなく、アニメーションの質にも注目。
咳き込むときの細かい服の動きとか、風になびく草花の動きなど。
ぬるぬる動くし、原画の枚数が多分やばいです。
激しい動きは少ないですが、その分ごまかしがききません。


さて、「蟲師」の世界では、人間も蟲も、ただ在るように在るだけ。
それなのに、お互い影響しあってしまう。
その相互干渉で引き起こされる異変を、解決して歩くのが蟲師の役目。

今回は「自然のままでいることの大切さ」というのが目立っていた気がします。
存在領域を侵し、蟲の世界に手を染めた人間は、その代わりに何かを失うことになる。

ただ、それを見たギンコは、忠告はしますが、無理に止めたりはしないんですよね。
ギンコは蟲師の中でも特に蟲寄り、ほぼニュートラルな立ち位置にいます。
しかし、やっぱりギンコも人間です。
最終的には本人の意志を尊重します。

その結果、因果応報となることが多いですが、必ずしもバッドエンドというわけではありません。
一度懲りた人間が、成長して再び歩み出す。
そんなパターンが多いです。
1期に比べれば、どうしようもない状態というのが少ないですね。
 
しかしまあ「蟲師」って、ハッピーにもバッドにも簡単に転びそうな話ばかりなんですよね。
ちょっと選択を変えるだけで結末ががらりと変化する。
そして、結末のパターンをどちらか一方に決め打ちしない。

淡々とできごとを追いかけるだけで、ルールみたいなのがない気がします。
言ってしまえば、日常アニメなのかも。
ただし、蟲のいる日常。


ギンコのキャラは相変わらずいいですね。
無表情で淡々と専門知識をしゃべるギンコ。
それでもずっと聞いていたくなるような不思議な語りぐさ。
無愛想に見えて、義理堅く、結構お茶目。

声優(俳優)さんの力も強いです。
1期の雰囲気をそのままに、自然体で演じてくれています。


「蟲師」、私は大好きなアニメです。
しかし、もちろん合う合わないはあります。
絵がのっぺりしていて苦手とか、ストーリーの起伏が少ないとか、理由はいろいろ。

ただ、オリジナリティだけは確かなものだと思うんですよ。
「蟲師」に似た作品を挙げてくださいと言われても、ちょっと浮かびません。
ときどき「夏目友人帳」が引き合いに出されますが、「異形のものが見える」という以外、共通点はないと思います。
この「独特な世界観と雰囲気」にハマる人が増えることを願います。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 60
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ