鈴木信一おすすめアニメランキング 8

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの鈴木信一成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月18日の時点で一番の鈴木信一おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 鈴木信一アニメランキング1位
ガンバとカワウソの冒険(アニメ映画)

1991年7月20日
★★★★☆ 3.8 (6)
31人が棚に入れました
 今もなおファンの間に根強い人気を誇るTVアニメ「ガンバの冒険」の劇場用オリジナル作品。斎藤惇夫の同名の原作を、TVシリーズと同じキャラクターを使って描いている。港で出会った美少女ナギサに、島へ渡る切符を譲ったシジン。ところが、彼女はいつまで経っても帰ってこない。心配になったシジンは、ガンバや他の仲間たちに、一緒に彼女を捜してくれと頼む。その頃、港では変わったウワサが囁かれていた。港に注ぐ大川のどこかに、カワウソが隠れ住んでいるというのだ。そのカワウソと、ナギサが共にいるという情報をキャッチし、ガンバたちは大川を上ることにした。

声優・キャラクター
野沢雅子、水城蘭子、内海賢二、富山敬、堀絢子、島田彰、南杏子、三石琴乃、折笠愛、塩屋翼、井上瑤、嶋俊介、鈴木れい子、辻村真人、島田敏、大塚明夫
ネタバレ

ユニバーサルスタイル さんの感想・評価

★★★★★ 4.9

前作を踏襲した「良い」リメイク作

この映画は1984年に公開された映画(こちらはほぼTV版の再編集です)と異なり、完全新作の作品となります。

あらすじとして、行方が途絶えたシジンの婚約者ナギサを探すため南の島へ旅立ち、その島で出会ったカワウソ達と新たな敵に立ち向かう・・・というようなストーリーです。

{netabare}
この敵というのは野犬のことなのです。彼らは前作のイタチ以上の強敵で、実際にイタチを容易く殺してしまいます。ノロイほどではなくとも、中々鬼気迫る迫力がありました。
{/netabare}


スタッフが一新されているので、ガンバ達や作品の雰囲気が変わっています。
そのため前作に感じられた不気味さ、壮大さはやや薄れていた感があります。牧歌的な背景や挿入歌にその一端が見られます。


しかしスタッフなりの前作への意識や工夫も随所に感じました。

まず、川の水の美しさが綺麗に描かれていました。出崎監督の場合は海にこだわったそうですが、こちらも水の表現が良かったです。

それからネズミ達の繰り広げるドラマ、一匹一匹の個性が見事に表現されていました。ゲストキャラの使い方も上手かったです。無駄なキャラもシーンもなく、隙のない構成だったと思います。
{netabare} ・島ネズミのカゲロウ、ウキクサ
最期まで漢らしくてカッコイイ奴らでした。

・カモメのキマグレ
彼女は謎だらけで悟ったような言動をしますが、どういう生き方をしてきたのか非常に気になります。本編では判明せず。

・港ネズミのナギサ
ウキクサを引っ叩くシーンは感情がこもっていて素晴らしかったです。情に厚いネズミで、シジンが惚れるのも頷けます。

・カワウソのカワモ
いつもカモクを気遣い時には守るため戦う。「女は強し」を体現したようなキャラでした。 {/netabare}


この作品独自の特色も見られます。以下ネタバレ
{netabare}
この島でカワウソが激減したのは人間による環境汚染が原因という描写があります。野犬も同じく人間に行き場を追われた被害者であり、ガンバ達の真の敵は人間であった、という見方もできます。 {/netabare}



やはり、「ガンバの冒険」という名作の陰に埋もれて見えないのは仕方ないですが、今作も素晴らしいアニメ映画だと思います。見る機会があれば是非見ることをおすすめします。大人から子供まで楽しめること間違いないです。


あと蛇足ですが
{netabare}
シジンに婚約者がいることに驚きました(笑)意外にしっかりしてるんですね。
ナギサちゃんも確かに可愛らしかったですが、それ以上に自分はカワウソのカワモさんが魅力的でした。
ガンバの冒険でも忠太の姉シオジさんに魅かれましたが、弟持ちというより子持ちにしか見えない艶やかさがあります。 {/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

60.7 2 鈴木信一アニメランキング2位
怪物くん [1980](TVアニメ動画)

1980年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (23)
136人が棚に入れました
新作「ドラえもん」を大成功させたシンエイ動画による、藤子不二雄原作作品のさらなるアニメ化。東京ムービーの旧作から数えて、11年目のリメイクになる。怪物ランドの王子・怪物太郎が人間界にやってきた。平凡な少年ヒロシと友情を結んだ怪物くんだが、オモシロオカシなモンスターや悪魔組織デモーニッシュの悪魔たちが町に事件を巻き起こす。さらにカワイイが怒るとコワい怪物くんの婚約者・怪子ちゃんまでが、人間世界に現れた。

声優・キャラクター
野沢雅子、肝付兼太、神山卓三、相模太郎、兼本新吾、三輪勝恵、川島千代子、潘恵子、増山江威子、金井大、鈴木清信

maruo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

カワイコちゃんには弱いけど B

原作一部読了

「さあ、始まるざますよ」(ドラキュラ)
「いくでガンス」(オオカミ男)
「フンガー」(フランケン)

どこかで聞いたことはありませんか?
「らき☆すた」(1クール目)のオープニングです。
その元ネタが、この怪物くんのOPなんです。
もし知らなかった人がいたら、ぜひ覚えておいてください。

さて、本作の内容ですが、怪物ランドからやってきた王子・怪物くんが、お付きのモンスター3匹とともに巻き起こす騒動を描いたコメディーです。

ドラキュラは血を飲むのが好きなのですが、怪物くんから禁じられており、普段はトマトジュースで我慢しています。

オオカミ男は、怪物ランド随一の料理人です。普段は単なる小太りの男なのですが、月や丸いものを見ると変身します。ある日、月見うどんを見て変身してしまいました(←ここギャグの部分です)。

フランケンは人語が話せず、「フンガー」としか発声できません。見た目のとおり怪力の持ち主です。

世界中のモンスターの中でも、選りすぐり3匹を従える怪物くんは、容姿はただの幼い子供なのですが、怒ると誰にも手を付けられなくなります。手足が伸びたり、様々な顔に変身できたりと、ご都合主義・・・いや、特殊な能力を持っていたりもします。
いつも被っている帽子の中は謎で、一説ではハゲなのではないかと言われています(私の通ってた小学校だけの話かな?)。

怪物くんには、人間界で友達になったヒロシという子供がいるのですが、最初のころはものすごく恐れおののいていました。こんなモンスターに囲まれたら普通そうなりますよね^^;
それがいつの間にかごく普通に付き合うようになっていくのですから、アニメの中とはいえ慣れとは怖いものです。

白黒版とドラマ版は見ていませんが、ドラマ版は偏見だけで敬遠したいですね^^; 好きな人いたらゴメンナサイ。

個人的には、ドラキュラとは付き合いたくないですね。いつ寝首をかかれるか分からないので・・・^^;

投稿 : 2020/01/18
♥ : 6
ネタバレ

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

ゆびさきひーとーつでー ダウンさー(怪獣×3)

1・2の3・4で たたんーでノーシイカ!

(私はカラー世代w)

最近、子供向けアニメで「怪物くん」ネタが出てきて思い出しました。ドラマをやったからかな?(観てないですが)

ドラマ化記念に再放送をしたりして、リバイバルも悪くないですね。テレ朝主導なんでTBS版は勿論やってません。

少し前に東京ムービー版とシンエイ動画版のDVD-BOXが出たらしい。限定生産なんで、もう手に入らないですね。

怪物くん(怪物太郎)役は「野沢雅子」
旧作は星明子、ミライ・ヤシマ役の「白石冬美」

白石冬美さんは、パタリロ!の「パタリロ・ド・マリネール8世」のイメージが強いですね。あの抜けた演技が素敵。

なんでシンエイ動画版のOPって皆知ってるんだろ?・・と思ってたら・・・納得。「らき☆すた」でした(笑)


そうか、パロってましたね!

「さぁ!はじまるザマスよ~!」
「いくでがんす~」
「フンガー!」

ガヤガヤ・・・

「うるさ~い!!!」

(まともにはじめなさいよ!(空耳))


友人が、最終回ってこうだよね?と言い出し、私達もうろ覚えであーだこーだなり、結局全員答えが違ってました。
最終回がアニメとマンガで違うと思っていて、{netabare}帽子の下が実はハゲてました!{/netabare}で終わってると答えた人数が多かった。

怪物くんは、「少年キング」「少年画報」の2誌で連載していて、2つのENDがマンガで存在するのです。

カラー版では両誌のENDを2話構成のA・Bパートで補完してくれていて、まさに完成形ともいえるアニメ化でした。


↑原作からどう構成したのか知らないor忘れてる人が多いと思うので補足(その時は一人だけ知ってましたw)





最後に・・・。怪子ちゃんが可愛い!(笑)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 14

ace さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

藤子F系最高傑作の1つ

F先生の最高アニメ作品は
自分はダントツでドラえもんだと思っていますが
それに次ぐ完成度の高い傑作が、ジャングルくろべえ
そしてつぎに、この怪物くんだと思います
アホでど派手でめちゃくちゃな怪物たちの日常を描く物語

ジャングルくろべえに比べると爽快感や疾走感が足りない気がしますが
怪物君のソックリさんのこそ泥の話とか、粘土細工の話とか
感動させるような話もちょくちょく入っている
なにより外れ回がない!!
全話それなりにおもしろいという、極めて希少な傑作!!
今なら不謹慎すぎて放送不可能な話もいっぱいある
まぁ昔はそんなのばかりですけどね

怪物の造形がめちゃくちゃ怖い
怖いというか、不気味・・・やべえ

我らが怪物くん!
ゴムゴムの能力者にして、武装色まで使う
そのうえ瞬間移動、念力、爆破など
間違いなく怪物界において大王の次くらいに強い
そこそこおもしろいバトルもあり
ギャグ、アクション、バトル、友情、おまけにロマンスもある
全ての要素がつまった現在アニメにおいても参考にすべき点がたくさんある
素晴らしい作品だった

キャラもめちゃくちゃたってる
スネオ位置のキザオがこれがまぁまたいいキャラでした
ジャイアン位置のバンノってのも不愉快要素もなくいい味出してたよ
F先生作品でジャイアン、スネオ位置にいるキャラの不愉快要素が
ないってのは極めて稀

あ、最後に
F先生作品では珍しく、パンチラが一切ありません
そもそも女キャラが滅多に出てこない
しずかちゃんの位置にいるべき女の子が存在しないためです
一応ひろしのガールフレンド的な少女や怪物くんのお嫁さん候補みたいな
のがいますが、出番は控えめです
なのでパンチラの期待はしないように

投稿 : 2020/01/18
♥ : 0

計測不能 3 鈴木信一アニメランキング3位
夢枕獏 とわいらいと劇場(OVA)

1991年5月21日
★★★★☆ 3.5 (2)
12人が棚に入れました
「魔獣狩り」「陰陽師」シリーズなどで大人気のSF作家・夢枕獏の短編ミステリーの連作アニメ化。 大学2年の冴えない青年・壬生は同じ大学の1年生で絶世の美女・文緒に一目惚れし、アタックする。だが文緒の同級生の美男子・氷室がそんな壬生の前に現れ、彼女は危険だから近づくなと警告した。そう、妖しい美女・文緒には、実は誰も知らない恐ろしい秘密があったのだ……(『夢蜉蝣(かげろう)』)。 作風の異なる複数の作品を同時収録して刊行するマガジンタイプのOVA「レンタマン」(発売元ネクスタート)に毎巻収録された、読み切りタイプの短編連作。毎回、登場人物や設定が異なる、海外ドラマ『ミステリーゾーン』風の挿話『夢蜉蝣』『深山幻想譚』『骨董屋』『四畳半漂流記』の全4話が、順番に制作された。

計測不能 4 鈴木信一アニメランキング4位
森の妖精(TVアニメ動画)

1992年冬アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
1991年の暮れに放送された単発作品。当時よく取り上げられていたエコ問題をテーマに、伐採に伴う森林保護の実情を描く。主人公のひとりである少女メグは『無限のリヴァイアス』のネーヤ役などで有名な佐久間レイが演じた。ある時、少年ティムと少女メグが森で遊んでいると、森の妖精グリーンフェアリーが出現。人間が森を伐採すると動物たちが住みかを追われ、妖精は森からもらうエネルギーが減少し、苦しんでいるという。これを聞いたティムとメグは国の王様に伐採の中止を訴えるが、王様は森の重要性を認めつつも多くの国民を養うために伐採が必要なことだと語る。ティムが身を呈して伐採をやめさせようとしたその時、大嵐が……!! 本作の企画は日本環境協会によるもの。アニメの演出はOVA『エースをねらえ!2』や劇場版『犬夜叉』シリーズの監督として知られる篠原俊哉が務めた。

65.6 5 鈴木信一アニメランキング5位
緑山高校 甲子園編(OVA)

1990年7月25日
★★★★☆ 3.6 (22)
67人が棚に入れました
第66回全国高校野球選手権福島県大会。創立されたばかりの緑山高校が決勝へと駒を進め、優勝候補の神堂高校を破り甲子園出場を決めた。甲子園大会でも強豪校を次々と破り勝ち進んでいくのだった…。

タチ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

熱血野球アニメ

なにぶん古い作品なので、昔に数話みただけなのですが広めていきたいと思い書かせていただきます。

とりあえず熱いアニメです。
主人公チームが全員1年なのに甲子園までいってしまう色々とすごいチーム。なにがすごいって二階堂という投手があまりに自己中心的なため無理やりおろしたり、その空いた投手をじゃんけんで決めようとしたり。チームメイトは常に罵倒の嵐で声援なんて一言もかけない。半分くらいのチームメイトは負けて帰りたがってる。監督は常に寝てる。
書いてるかぎり近年の普通の野球アニメとは打って変わってのめっちゃつまらなそうなこのアニメですが・・・・・・・意外とおもしろい!

罵倒し合っているのですがそれが意外にテンポよくて笑えるw二階堂のワンマンチームかと思いきや「お前が打つのかよ!w」とツッコミみたくなるようなチーム。
それと描写が大好きです。歯の食いしばり具合や走り方、投げ方、打たれたときの絶望してる表情などなど今までみた野球アニメで一番力強く表現されていると感じます。
一番気に入っているのは二階堂の超剛速球がよく表現されているところ。キャッチャーが吹っ飛ばされる球ってどんだけだよw

ちなみにエンディングも良い曲です。もうこれ高校野球のテーマにしてほしいw

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

ブランドン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

すごい野球マンガ

レビューが1件も無かったので書きます(。´Д⊂)うぅ・・・。

だいぶ前にケーブルTVで観ました。
創設したばかりの緑山高校の一年生野球部が
甲子園で大暴れする作品です。
大変面白い作品ですが、終始思ったのは
「お前ら野球マジメにやれっ!!」
ということですww

まず、殆どの部員が野球好きじゃない。
打順はジャンケンで決める。

●主要登場人物(緑山高校部員)
ピッチャー…二階堂定春 主人公で目立ちたがり屋
身長198cm、体重110kg
Σ(*゚Д`;) ナンデヤキュウヤッテンダ
直球の速さ200km/h 
ホームランでバックスクリーン貫通
Σ(っ゚Д゚;)っナンデヤキュウヤッテンダ

キャッチャー…犬島雅美 病的な熱血漢
二階堂のボールを捕れるただ一人の人物
よく二階堂とケンカする

サード兼ピッチャー…花岡祐平 唯一の常識人
トイレ行ってる間に勝手にキャプテンにされる

他の高校にも規格外の猛者がいらっしゃいます。
彼らが高校球児なら、この世界のプロ野球は
どんな連中がやってるんだろうと疑問が絶えません。

試合シーンはかなりアツい描写です!!
本当に規格外なので絵で判断せずに
観て欲しいですm(_ _)m

投稿 : 2020/01/18
♥ : 6

アレイ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

無茶苦茶ですw

ストーリーは甲子園を勝ち抜いていくという単純明解な作品です。
しかし、普通のスポーツ漫画ではありません。根性や情熱も各キャラにあったりしますが、それさえも一種のギャグになってます。とにかく色々とぶっ飛んでます。
ふざけてる、いやふざけ過ぎてるとしか言いようがない。でも所々熱くなる所もあるんだよな〜。
個人的には準決勝の南国高校最強打者カイホウとの対戦と対戦前のカイホウとのトラック対決での一悶着(何者なんだよ、このおっさんは...おっさんじゃないけどw)が気に入ってますw
地味に「年季の入った馬鹿」と言わしめた北辰一刀流打法の○魚っぶりも悪くないです。
作画も崩壊してますが、それも一種のギャグになってるシーンもありますのでご理解くださいw
お世辞にもアニメ史に残る名作とは言えないですが、いい意味での迷作なのは間違いないです。
この隠れた迷作が世に広まったら面白いですね。
しつこいようですが、名作ではないですw
僕は好きですね!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1

計測不能 6 鈴木信一アニメランキング6位
オヨネコぶーにゃん(TVアニメ動画)

1984年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (5)
46人が棚に入れました
小学館の『週刊少女コミック』その他に連載された、市川みさこの少女漫画『しあわせさん』が原作。原作はゆでた家の長女たまごを主人公にした日常コメディだが、アニメは助演キャラの怪猫オヨヨを主人公にして映像化された。ゆでた家に押しかけて住み着いた太った猫のオヨヨ。オヨヨはぐうたらで意地汚い性格で、イモが大好き。マイペースを通すオヨヨにゆでた家の面々は大弱りで、とくに長女たまごは彼への闘志を燃やす。だがそんなたまごも、学校では憧れの同級生モンブランくんにお熱。恋敵のひなぎくちゃんに対抗心を燃やす。そんなたまごの内心を知ったオヨヨは……。アニメ製作は『ドラえもん』などのシンエイ動画。多くのアニメや実写番組で不条理コメディを執筆する浦沢義雄も脚本に参加。他のスタッフも健闘している。

ひげ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

当時は子供過ぎておぼえてないが、EDは忘れない。超おきに。

ケーブルだかテレ東だかで学生時代に再放送を。
いっしょに見た友人と懐かしすぎて歌いまくり。

『何かくれ、腹へった、優しい声より、イモがいい 』
『ほとんどブタ・・・でもネコ』

EDが最高だから聞いてみてくれ。ダイエット中の人間をいじめるために使える。ダイエットをしているときに自虐でも使える。

神谷明演じるオヨネコがとんでもなくキモカワ、ブサカワ。くぁわいいんだけどイモイモうるせー。イモといえばぶーにゃん。
たしかいつの間にかぶーにゃんって呼ばれてんだよね。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

計測不能 7 鈴木信一アニメランキング7位
グスコーブドリの伝記(アニメ映画)

1994年7月16日
★★★★☆ 3.8 (4)
22人が棚に入れました
宮沢賢治晩年の傑作である「グスコーブドリの伝記」の童話をもとに描かれたアニメーション。賢治没後60年、生誕100年を記念して制作された。イーハトーブの森に住む木こりの子ども、グスコーブドリは妹のネリと両親の4人で暮らしていた。しかしある年の冷害が原因で、家族全員がバラバラになってしまう。てぐす工場や沼ばたけで働いたあと、クーポー博士を訪ねてイーハトーブの町へ向かうブドリ。火山局に勤め、火山活動の調査や観測を農業に役立てたいと考えた彼は、大寒波から人々を救うためカルボナード山へ向かう。

計測不能 8 鈴木信一アニメランキング8位
ロボタン(アニメ映画)

1989年3月11日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ある日、平凡な小学生・カンちゃんの家のパソコンから、ロボロボ星のスーパーロボット・ロボタンが現れる。カンちゃんと友達になったロボタンは、ロボタン・スナッチなどの7つの機能を使って方々で騒動を引き起こしていく。当時、よみうりTV系列で放映されていたTVアニメ『ロボタン』の劇場版で、1989年3月11日に公開。同じよみうりTVで放映されていた(制作も共に東京ムービー新社)『それいけ! アンパンマン』の初の劇場用作品『それいけ! アンパンマン キラキラ星の涙』と併映された。監督は、TV版のシリーズディレクターも務めた奥脇雅晴。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ